タグ:With Translated Version ( 63 ) タグの人気記事


チャイコフスキー「炉端で」♪ Au Coin du Feu

c0345705_10395436.jpg


これは西洋で一番古い雪景色といわれる絵です。「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」の「2月」の挿絵。描いたのはランブール兄弟、15世紀前半にさかのぼる細密画です。なんて豪華なカレンダーブック!「2月」に描かれているのは、けれど、フランスの田舎の冬、素朴な農民の暮らし…

On dit que ce peintre est le plus ancien paysage de neige: le mois de février de Les Très Riches Heures du Duc de Berry (1438-1442) par les Frères de Limbourg. Quel riche calendrier! (figs: Bibliothèque de l'Image) Et pourtant cette illustration nous monte la vie paysanne humble.


c0345705_10402880.jpg
Les chasseurs portent guêtres pour chauffer leurs mollets


こちらは小正月(1月15日)のどんど焼き…ではありません。「やまと編」(1月8日)でご紹介した北斎の「百人一首姥がゑとき」(1835-6年)の一枚です。http://ramages3.exblog.jp/238179878/
雪の夕暮れ、猟を終えた男たちが焚火にあたっています。画面右上の色紙形に綴られているのは、百人一首第28番。

「山里は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば」(源宗于)

…さびしさとは真逆(まぎゃく)のにぎやかさ!男たちは草鞋に脚絆を巻いています。殿方もふくらはぎが冷えるんですね。下のフランスの女人みたいに!

"Winter loneliness In a mountain hamlet grows Only deeper, when Guests are gone, and leaves and grass Withered are:―so runs my thought" (The Hundred Poems by One Hundred Poets, Minamoto no Muneyuki, translation of C. MacCauley)
"In this mountain village it is in winter that I feel loneliest―both grasses and visitors dry up." (translation of McMillan Peter)
Hokusai represents the cheerful rest that is contrastive to the loneliness in the waka.


c0345705_10473048.jpg


フランスの山里へ戻ってみると…家の中の女人は青い衣の裾をまくって、ふくらはぎを温めています。足元には、くつろぐ白猫が…。いっぽう庭の家畜小屋、穴の開いた屋根の下では、羊たちが身を寄せ合って暖をとっています。烏は落ち穂をついばみ、蜜蜂は4つ並んだ巣箱の中で、花咲く春を待っています。白い被りものにくるまって赤い衣の女人が帰って来ました。おお寒!凍てつく戸外から、もう一度暖かな室内を眺めてみると… 炉端の幸福感がしみじみと伝わってきます。

Vous trouvez une femme qui trousse sa longue robe bleue pour chauffer ses mollets et un chat blanc? A l' extérieur, des moutons se serrent dans une bergerie avec le toit troué, des abeilles dorment dans quatre ruches en paille. Une femme retourne frileusement. Quel contraste entre la sérénité de l' inxtérieur et le froid de l' extérieur!


c0345705_10491786.jpg


室内で休む人あれば、戸外で働く人あり。敷地の外では木こりが斧をふるい、農夫がロバと歩いています。行くてには、雪山に抱かれた教会と村が見えます。青空と白雪のコントラスト!家の中でぬくぬくしていたら見られない景色です。

Tout en haut, un bûcheron, un paysan, et un âne travaillent. On compare le travail de l'extérieur avec le repos de l'intérieur. Et quel contraste du ciel bleu et de la neige blanche! Quel beau paysage avec une église et un village! On ne jamais les voit dans la maison bien chauffée comme chez snowdrop (pas encore la première neige!) …


c0345705_10514738.jpg


 北斎のこの絵には、働いている人はいません。画面の右には、男たちが眠る小屋が見えます。くつろいだ長閑な時間…けれど、ほら、煙の間に……黒いけだものの掌が?!ひょっとして、どこかに人目ならぬ妖かしの目が?!火の周りの平和と、煙の向こうの脅威…この絵もコントラストが効いていますね。えっ、snowodropの深読み?そうだといいんですけど
 あるいは、猟師たちは獲物がなくて、帰るに帰れず小屋で一夜を明かすのでしょうか。明日に望みを託して…それにしては、手前のそっくり返った男のまん円な禿頭のユーモラスなこと!北斎は森羅万象を円と三角で描けると自負していました。

 Les hommes se reposent après leur travail. Ils dormiront dans la cabane à droite. Mais parmi des stries de fumées, vous trouvez des paumes d' une bête noire? Qu'est-ce que c'est, ce monstre? Quel contraste entre la paix et la menace! Ou quelle pessimiste, snowdrop?!
 La pessimiste voit la mauvaise chasse ici…ils ne peuvent pas rentrer sans la chasse? Mais la tête ronde est trop drôle aux premiers plans! Hokusai representait tous les êtres de l' univers avec cercles et triangles.


c0345705_14193165.jpg
Chasseurs dans la neige (1565) par Pieter Brueghel l'Ancien
On voit ici la tradition du Livre d'heures et l' anticipation du paysage panoramique.


思ったように獲物がとれず、すごすご帰る猟師と猟犬たち…これは時祷書の伝統にのっとった、ブリューゲルの「月暦図」の一枚です。近景の丘の侘しさと、遠景の池でスケートに興じる村人の陽気さとが対比されています。通りすがりの宿に上がる焚火の炎。家に着いたら、炉端で休めるといいですね。

Voici des chasseurs et chiens avec peu de chasse…Pieter Brueghel montre le contraste de la mélancolie aux premiers plans et la gaieté aux arrières plans (le patinage) dans ce paysage de neige. Ils passent devant un hôtel où les gens brûlent quelque chose. J' espère que le repos au coin du feu les attend….


「Hendrick Avercamp」の画像検索結果

おまけ(Bonus)*いま気になっている冬景色の画家です。
https://www.youtube.com/watch?v=cCIvQy-lxfE

(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_11014718.jpg
初めてのキラキラ写真 ☆★☆彡 photo through built-in cross filter


 1月6日、あるいは1月第1主日(2018年1月7日)は公現祭。星の光に導かれてベツレヘムまで旅した東方三博士が、幼子イエスを礼拝した日を祝います。ガレット・デ・ロワ(王様のお菓子)の「王様」は、東方の三人の王様のことです。光を表す金色の円いお菓子に、三博士の王冠をのせて。切り分けらてもらったお菓子にフェーヴ(もとは空豆、いまはアーモンドや陶器)が入っていたら、あなたは王様です。
 初めの写真は、京都のとある教会のプレゼピオです。カメラ内蔵のクロスフィルターでキラキラ☆☆☆彡
でも、東方三博士の姿が見えません。。。

Le 6 janvier on célèbre l' Épiphanie, la manifestation de Dieu, la Lumière.
La galette ronde et dorée, elle symbolise le soleil.
La couronne est celles de rois mages, et
celui qui trouve la fève dans sa part de galette est surnommé « roi ».



c0345705_17482106.jpg
ガレット・デ・ロワ(上)フェーヴ(右)*Galette des rois*Dreikönigskuchen


 昨年は東方三博士のように旅した少年達についてお話ししました。http://ramages2.exblog.jp/28448473/
 もう語り尽くしたと思っていたのですが…次のフランス語の俳句を読んで、snowdropは彼らをもっと慰めてあげたかったんだ、と心づきました。
 お能に出てくる僧侶なら、供養のお経を読んであげるところですが…このフランス語の俳句を、やまとことばの短歌へ生まれ変わらせることで、彼らへの手向けといたしましょう。すべての人の心の痛みが雪に包まれて癒されればいいのに。。。

 J' ai parlé sur quatre jeunes hommes quatre fois qui voyagèrent comme les rois mages, pourtant je me suis aperçue par un haïku français que je voulais les consoler plus.
 Un moine bouddhiste dans Noh réciterait un soutra…en revanche, je fais renaître le haïku en français à tanka en japonais pour les consoler. Que le chagrin de tous passe comme des traces dans la neige 。。。

                     
        
                              
Dominiqueのオリジナル俳句*haïku original par Dominique▼ Merci *Thank you 。。。
   *
                       

   *                    
            

つかのまの(きず)のごとくに雪原の足跡は消ゆふりつむ雪に 


tsukanoma no kizu no gotoku ni setsugen no ashiato ha kiyu furitsumu yuki ni                                        

                 
haïku original par Dominique, tanka traduction par snowdrop
                          
                         
「粉引茶碗 雪の曙」の画像検索結果

「雪の曙」という銘の粉引茶碗があるとか。川喜多半泥子(1878-1963)作(石水博物館HP)

On dit qu' il y a un bol " l'aube de la neige" par KAWAKITA Handeishi(1878-1963)

c0345705_13475150.jpg

ヴォーリズ設計の大阪教会に寄付されたというプレゼピオ。右に東方三博士が…▲

https://www.youtube.com/watch?v=FU_Q1-x3AYI&list=RDFU_Q1-x3AYI#t=41
★★https://www.youtube.com/watch?v=dRhxE8Q8IDE

▲新春にお琴はいかが?皆川達夫氏によると、筝曲「六段」()はカトリック教会の「クレド」(★★)に由来するそうです。

▲According to MINAGAWA Tatsuo, Japanese koto-harp piece Rokudan (
) derives from Credo (★★).


c0345705_13502901.jpg
c0345705_05554794.jpg


まるで夕映えに染まる雪山…カトリックの国イタリア、ミラノのドゥオーモの写真(1999年)をaster roseがイラストにしてくれました(2018年)。小春日はイタリア語で「聖
マルチノの夏」といいます。四人の少年の一人はマルチノという洗礼名でした。偶然ですね!

photo by snowdrop (1999), image processing by aster rose to celebrate snowdrop's entry in International Tanka Society (2018) http://www17.plala.or.jp/ITS117/
"L' estate di San
Martino" reminds me of one of four boys, HARA Martino.


c0345705_15253300.jpg

おまけ*1999年のイタリア旅行記から。綿菓子屋のおじさん ▲

Bonus*Cotton candy, Italia, 1999

(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_15155680.jpg
(すべて12月中旬撮影)

エキサイトブログの写真家たちに触発されて、ハードなショットに挑戦してみました。ここは京都駅ビル。画面中央に伸びてゆく白い飛行機雲を眺めていると…
「駅探(えきたん)せえへん?」と太い声。

Being inspired by several photographers in excite blogs, snowdrop tried the modern photos. When she was looking up at the steel roof and a vapor trail,
"How about exploring the staion?" said a deep voice.

c0345705_14500577.jpg

ふり返ると、巨大なツリーの根元に描かれた、ちょい悪おやじサンタ!
「今日は伊勢丹しか行かないから、乗換案内は要らないけど…」
「ちゃうちゃう、駅の探索やがな。その気になったら色んなもんが見つかるで。今年は京都駅ビル20周年やし」
おや、20周年はエキサイトブログだけではなかったのですね。


Turning to the voice, she found an illustration of rugged Santa Claus on the bottom of the big Christmas tree. He grinned and whispered,
" You know, this year marked the 20th anniversary of Kyoto Station Building! "
" Ho-ho! Just like the excite blog? "

c0345705_14544265.jpg

京都駅の大きなツリーの左隣にも、右手前にも、「20」という数字が見えます。
鉄骨の森の中、ひととき聳え立つ人工の樅の木…なんて広い構内でしょう!
「足が疲れへんか心配か?なんならトナカイ、貸すで。今日は配達の予定あらへんし」
いえ、大丈夫、遠足の子供らも自分で歩いていますもの。ありがとう。

Do you find the number "20" in this photo? In the steel woods, an artificial tree is standing…what a huge station!
"Are you afraid of being tired from walking? If you want, you can use my reindeer because we have no delivery today."
"No, thank you. Even the children are going up the stairs on foot. I am not KO bur OK!"


c0345705_14585600.jpg
馴鹿(トナカイ)タクシー?*Reindeer Taxi?

c0345705_15014214.jpg

ツリーの前で記念撮影する子供たち、階段を昇る子供たち…伊勢丹百貨店は開いたばかり。↑

The children are taking their commemorative pictures or going up the stairs. Isetan Department Store has just opened at 10:00.

c0345705_15001518.jpg

ツリーを見上げつつ、だんだん遠くへ…*The tree is receding from view.

c0345705_15051021.jpg

JRの切符を買えば、金沢だって行けちゃいます*You can go anywhere from Kyoto by JR.

c0345705_20004308.jpg

「無良崇人 オペラ座の怪人」の画像検索結果


無良崇人の「オペラ座の怪人」も凄かった…*MURA Takahito,The Phantom of the Opera(google search)+ The Phantom of the Opera by Four Seasons Theatre Company(upper fig.)

c0345705_15063479.jpg

この鐘を鳴らすのはあなた………♪♪♪ ↓ It is you who will ring this bell………♪♪♪

c0345705_15071827.jpg

鐘とツリーをつなぐ道にもまして、この空中通路の長いこと!まるで一点透視図法の見本です()。どうやら伊勢丹へは戻れそうですが…

Here we are on a looong sky-bridge, just like a sample of the one-point perspective drawing method ().

c0345705_15121310.jpg

★クライスト・チャーチ・カレッジ講堂*Christ Church College (wikipedia)

道中の展望スポットからは、京都タワーと比叡のお山がきれいに見えました。京都タワーは白い和ろうそくのデザインです。

From this passage, you can enjoy the view of Mt. Hiei and Kyoto Tower in the shape of a Japanese candle.

c0345705_15231167.jpg

気がつけば、伊勢丹百貨店内。(そのつど撮影許可を頂いています。帰るまぎわ、店内撮影不可の放送に気づきました。 ^^;)

…Snowdrop found herself in the department store.

c0345705_15400199.jpg

まだお昼前ですが、テラス席で早めのランチ。胡椒入れと京都タワー、意外にいい取り合わせです。あらら、強制フラッシュなのに、光りません。なぜ?

She had the early lunch at a table near window. Let's take a photo of Kyoto Tower and a pepper pot!

c0345705_15450591.jpg

見下ろせば、バスターミナルが見えます。おや、ダブルデッカーが走っています。ロンドンでは乗りましたけれど…

A double-decker in Kyoto as well as in London!


c0345705_15271558.jpg

店内は駅構内と同じく吹き抜けで、エスカレーターが連なっています。snowdropはいつも、この見通しのいいエスカレーターを使います。おや、新年まで使いまわせそうな提灯が…

Isetan is built in wellhole style, where you see Christmas trees and Japanse paper lanterns at the same time: a half‐Japanese, half‐Western interior decoration!


c0345705_15342686.jpg

シックなコートと草鞋(わらじ)のコラボ…このシュールな光景も、新年までこのままでしょうか。

The collaboration of European overcoat and Japanese straw sandales……chic, à la mode! (lol)


c0345705_15333366.jpg

幾つになってもときめく、ステーショナリー(文具)のディスプレイ。snowdropは年賀メールに切り替えてしまいましたが、たまに手作りの年賀状をもらうと嬉しくなります。
2017年はお世話になりました。2018年もどうぞよろしくお願いします。

Snowdrop loves this stationary's diplay. She rarely receives a handmade greeting card recently, in this Internet era.
Thank you for everything last year!!! Best wishes for a Happy New Year!!!!!


c0345705_16225490.jpg

追伸* 国際タンカ協会に入会しました。これからも、日本語と外国語で短歌をつくり続けたいです。

p.s. snowdrop has entered International Tanka Society. She continues to make tanka-poem both in Japanese and in foreign languages.http://www17.plala.or.jp/ITS117/


WATARIDORI鶴はやまとの鳥にして仏蘭西の鳥リトアニアの鳥

WATARIDORI

the crane is

a Japanse bird,

a French bird, and

a Lithuanian bird


Dscn0391_800x491
(All Rights Reserved)


-私の2017-今年を振り返ろう




[PR]
「durer praying hands wiki」の画像検索結果


デューラー「祈る手」*Betende HändePraying HandsAlbrecht Dürer(wikipedia)



 式子も男の手を見つめていた。いつもは己の傷ついた手ばかり見ていたが、その日は時間をかけた見立てだったので、彼の手にも注意を引かれたのだ。

― この人の手はなんと繊細なのであろう。女の命婦でも、もっといかつい手をしている。わたくしのように小さく愛らしい手をした者はいないと命婦は言ってくれるけど…わたくしの右手をとる彼の右手は、まるでわたくしの左手のようだ。わたくしの手よりひと回り大きいだけで、すうっと伸びた指は、わたくしのより長いけれど、同じくらい細い。なんと貴(あて)なる手!医師(くすし)の小刀や書巻しか執ったことのない手。鄙住まいゆえ、浅黒く日に灼けてはいるけれど…

式子の頭にひらめくものがあった。

「そなた、ただの鄙の医師(くすし)ではありませんね」
「いきなり何をおっしゃいます」
「そなたほどの医師なら、御典医はおろか典薬頭にまでも昇りつめうるはず」
「望んだこともありません」
「いつか聞いたことがあります。洛北には野に下った若き元御典医がいて、宋よりの船を通じ密かに医書を取り寄せ、新しい医術で民を癒していると。天平の行基菩薩の生まれ変わりだと人々が崇めていると」
「お人違いにございます」
「では、名を名乗りなさい」
「ご容赦を」
 その刹那、式子の目から珠を連ねたようにはらはらと涙が零れた。
「興奮なさるとお体に障ります。お願いですからお休みになってください」

式子は床に伏しながら、なおも涙を流した。
― 容赦…わたくしにそなたの何を許せというのか。わたくしはそんなに、そなたを困らせてしまったのか ―
しかし皇女は、思いを口に出すことにも、涙をみずからの手で拭うことにも慣れてはいなかった。

男は、水晶の数珠を思わせる皇女の涙から目をそらしながら、眠り薬を取り出し、それを己の指から彼女の指へそっと滑りこませた。


c0345705_14182776.jpg

「眠れる森の美女」* Sleeping Beauty (NHK Educational Television)



She also was observing his hands. While she had always paid attention to her wounded hand only during the brief medical examinations, that night she had enough time to look at his hands.

― How delicate his hands are! Even Myoubu, a court lady, has more rugged hands. She sometimes says that no one has such small and lovely hands like mines… His right hand taking mine looks like my left one. Though a size larger, whose fingers are as thin as mines. What a noble hand! The hand that has taken only a surgical knife, scrolls, and books. Though dark-colored because of the rural sunlight…
 An idea crossed her mind.

“ You are not a mere country doctor.”
“ What are you saying abruptly? ”
“ An excellent doctor like you would have gone to the top such as a court doctor, even the head doctor.”
“ I have never hoped for that.”
“ I have heard there is a young ex-court doctor in the north of the capital who left the government service and has got the medical books through trading ships from Song Dynasty China to heal the people. He is worshipped as the reincarnation of Gyoki (行基) Bosatsu in the Tempyo period.”
“ That’s not me.”
“ Then, tell me your name! ”
“ I’m sorry, I can’t.”
 At the moment, beads-like teardrops fell down her cheeks.
“ You are too excited, please make calm so that your fever does not rise.”

She was still shedding tears in bed.

― I made him say sorry, my questions troubled him…

But the princess was not used to expressing herself and wiping her own tears with her own hands. 
 He turned his eyes away from her crystal-rosary-like tears and handed a sleeping drug from his fingers to hers gently.


c0345705_11062452.jpg



祈ることをいまだ知らざる
さんの手から飛びたつ
の竹とんぼ


(Bamboo-dragonfly-like seeds take the air from fresh maple leaves like palms of the baby who does not know how to pray.)


c0345705_20502944.jpg
「竹虎」の画像検索結果

楓(かえで)の実(2017年5月、三室戸寺)* maple seeds in May, 2017
bamboo dragonfly*Japanese (Chinese) toy(google search)



「ほととぎす」は次回より「ももさへづり*やまと編」へ移り、土曜連載とします。第12回は12月2日()です。http://ramages3.exblog.jp/


(To be continued to next Saturday, at another bloguehttp://ramages3.exblog.jp/


(All Rights Reserved)




[PR]


f0374041_14501535.jpg

            むらもみぢ(2016年)


 いっぽう彼女は、薄雲がたちこめるような憂いを感じることが多くなった。しだいに二つの咬み傷が浅くなり、赤い腫れが薄れてゆくのを見れば、喜ばしいはずなのに寂しい。都に戻ったら何をしようという女官どうしのおしゃべりに耳をふさぎたくなる。そんな自分に皇女は戸惑った。

わたくしはもともと神館(こうだて)での一泊が好きであった。それが今年は毎朝、頻(しば)鳴く鵯(ひよどり)や雀の声を聞き分け、昼は雉や小綬鶏の叫びに驚き、夕べには蛙の合唱に聞き入ることができる。まるで草を枕に旅をしているようだ。なのに、わたくしの紙には四十雀の聞きなしも、蛙の声の高低も記されていない。ただ、わずかな言葉をつなぎ合わせた歌のかけらが散らばっているばかり。
十日目の夜、いつもより遅い時刻に男が訪れた。
「まれにこの時期、赤い尿(ゆまり)が出て容体が急変することがございます。今夜はおそばに侍らせて頂きますが、お気づかいなきよう」
男はいつものように、式子の手を取った。浮腫はさらに引き、手の甲と指の関節に膨らみが残るだけである。中指の付け根が、蚊に刺された痕のようにほんのりと赤い。彼はふとその手を、初めて見るもののように見つめた。
― このように小さな手を見るのは初めてだ…十三くらいの童でも、これよりふっくらした大きな手をしている。なんと細い指…扇と筆と箸しか執ったことのない手だ。日にさらされたことのない、白く薄い肌が戻りつつある。これまでは内出血の痣に覆われ気づかなかったが、手首に、流れる涙のしずくのような胡桃(くるみ)色の痣がある。こんな華奢なお身に、よくぞ毒が回ってしまわなかったものだ…
「よくぞここまで回復なさいました。内心、恐れていたのですよ。もしも薬が効かなかったらと…小刀を振るって何とかできればまだよいが、薬は正しく用いた後は、祈るしかありませんからね。これが小さい童だったらと思うと…ぞっとする」
 男の目が光った。式子は己が、幼子を蜘蛛の毒にさらした挙句、ひたすら祈る母であるかのような錯覚をおぼえた。

「祈り…その頭(つむり)はやはり僧を思わせます」
「いいえ、僕(やつがれ)は鄙の医師(くすし)に過ぎません」


この連載は日祝日に更新します。次回は11月26日(日)です。


c0345705_11084726.jpg
かえで(楓)は「かえるで(蛙手)」に由来します(高山寺、2015年5月)


 She came to sink into a fog of melancholy. The shallower and paler her wounds became, the more lonely she got. Hearing the court ladies talking about returning to the capital, she wanted to cover her ears…she was confused by herself.

― I used to like staying at Ko-date even only one night. Especially this year, every day I can listen to sparrows, pheasants, brown-eared bulbuls, Chinese bamboo partridges, and every night a chorus of frogs, Ural owls, etc. I feel as if I was travelling with a grass-pillow. And yet my papers tell nothing about the melodies of tits or frogs…only the fragments of my waka-poems with a little vocabulary.

 On the tenth night, the man visited her later than usual.

“ At this stage, sometimes the colour of urine changes red and the patient’s condition gets worth suddenly. I attend on you tonight, but please do not mind.”

 He took her hand as usual. The swelling has further gone down except the back and joints of the hand. Two pink spots on her middle finger were like two mosquito bites. He looked at the hand as if he had seen it for the first time.

― For the first time for me to see such a small hand…even a thirteen-year-old child has bigger ones. How thin fingers…Her hand has taken only a fan, a pen, and chopsticks…The white skin is coming back that has never been exposed to the sun. A teardrop-shaped brown mole on the wrist that I have not noticed because of the internal breeding bruises…what a delicate build…what a fortune that the poison has not passed into her system!

“ You have recovered miraculously…I was inwardly afraid, what if the medicine should not work? I would rather use my surgical knife…all I can do is to give you medicines correctly and to pray…if the patient was a small child…horrible!”

 His eyes glistened. The princess felt as if she had been a mother whose child had been bitten by a spider.

Pray…your head looks like a monk’s.”

“ No, I am a mere country doctor.”


c0345705_16093198.jpg
淡海(あふみ、おうみ、滋賀)の千鳥のかたちの雲(1990年代)



窓は舞台
書割り雲をひよどりや烏天狗ら
ひよいとかすめる


Une fenêtre, c' est un théâtre
avec des nuages à l’ arrière-plan
où un bulbul à oreillons bruns
et un corbeau-tengu,
ils passent.


(To be continued to next Sunday
(All Rights Reserved)


「烏天狗 pinterest」の画像検索結果
* bonus * pinterest *






[PR]
c0345705_13170324.jpg
十六夜の月*the moon on the sixteenth night of a lunar month

 

 八日目、腫れはさらに手首まで引いた。手袋をはめたような手が痛々しい。痛みと痺れは、しかし、男の薬のおかげで耐えがたいほどではない。

「ここまでは、医書にあるとおりの経過を辿っています」

「そなたは勉強家なのですね」

「おそれいります…けれども、唐渡りの蜘蛛の毒は、学べば学ぶほど怖くなります」

九日目、女官が運んできた洗顔用の盥(たらい)に式子は目をとめた。水鏡に自分の顔が映っている。ふだんはあまり意識することもないその顔が、満月のように輝いて見えた。曇りなき十六歳の肌はさらに透きとおるように白く、黒い瞳がぱっちりと開いて光を放っている。
 そういえば、夕べは尿(ゆまり)の色が、黄金から黄水晶に変化したと、あの人は喜んでいた。

「お身に注がれた蜘蛛の毒があらかた外へ出た証です。水をよくお飲みになられたのがよかった」と…。
 式子は嬉しかった。初めて男が笑ったからである。蜘蛛が放った毒も、体内に淀んでいた穢(けが)れも、すべてが流れ去り、空っぽの体に彼の魂の光が射しこんできたようだった。
 ― あの人は、本当に、わたくしのためを思ってくれている。皇女だからと遠慮せず叱ってもくれる。医師(くすし)なら当然のこと?でも、少なくともわたくしには初めてのこと…

 生きていたい。生まれて初めて、切ないまでに、そう思った。


この連載は日祝日に更新します。次回は11月23日です。


c0345705_22131950.jpg

十三夜の月*the moon on the thirteenth night of a lunar month


とほき歌ののちの静寂(しじま)をしのびかね木魂(こだま)のごとく啼くほととぎす

2015)(動画)https://www.youtube.com/watch?v=Zm9-TaWCWRM


Le silence après un chant lointain, est si lourd pour un petit coucou qu' il chante comme un écho.... 



c0345705_06023203.jpg
立ち待ちの月*the moon that one waits for while standing:seventeen-day old moon


 On the eighth day, the swelling went down to the wrist. Her hand looked like a glove. But the pain and numbness was tolerable thanks to his medicine.

“ Your recovery is just like as mentioned on my medical books.” “ You are a hard worker.”
“ Thank you for your compliment…but the more I learn about the poison of this spider, the more I feel afraid of it.”

On the ninth day, Shikishi took notice of the basin carried by a court lady. On the glassysurface of water, she recognized her face. The face that she used to beunconscious of, looked shiny like the moon. The skin of a sixteen-year-oldmaiden was immaculate and clear, and the black eyes were brighter than usual.

The night before, he had been pleased that the colour of her urine had turned from gold to citrine.

“ It is a sign of recovery, almost all the poison has been discharged from your body. It was good that you have drunk much water.”

 Shikishi was happy, because he smiled for the first time. After having ejected the poison and wastes in her body, the pure light of his soul straightly shined in.

― He is sincerely worrying about me. He scolds me, a princess, without reserve. Is it natural for a doctor? But for me, it is the first experience…

 I want to live.

 She felt that keenly for the first time in her life. 



(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)




[PR]
「eugene onegin liv tyler」の画像検索結果

文(ふみ)を綴る女(エフゲニー・オネーギン*Onegin)(google s.) https://www.youtube.com/watch?v=ekT8QMAUz-I
The women write and write both in the East and the West...

c0345705_09425585.jpg
筆をもつ女(「浮舟冊子」13世紀、大和文華館所蔵)『古今和歌集 梁塵秘抄』朝日新聞社
lady holding a brush(pen) in the Heian period (Ukifune Book, 13c.)


 式子は焦れていた。紙と筆が欲しくてならない。回復し始めてほどなく式子はそれを訴え、きっぱり却下されていた。

「なりませぬ!お身を起こして左手で文字を書けば、お体に障ります。せっかく食い止めている毒が広がったら、どうなさいます。書き物は無理です!」

しかし、こうして緩やかに回復し始めると、目に映るもの耳にするもの、これまでに体験したこと全てがゆかしく、断片的な走り書きだけでもしておきたい。考えあぐねた式子は命婦に頼んだ。医師(くすし)に尋ねるべきことを記しておきたいからと。
 彼女は数葉のみちのく紙の一枚目に体のことを記し、自由な思いつきは二枚目以降に綴った。もとより左手であるから、自らも判読しがたい覚え書きである。それでも式子は、頭のなかに湧き返る想念の出口を得て、ほっと一息ついた。そして、「なりませぬ!」という直截な響きをなつかしみ、早めに筆を置くのであった。

男は枕もとの紙をちらりと見たが、何も言わなかった。この世に、これほど紙と筆に執着する女人がいるとは思ってもみなかった。口数は少ないが、言葉を返すよりも深いところで思慮をめぐらせている。一見なよやかだが芯が強い。しかも、童のようなみずみずしい好奇心に満ちている。男は、だが、自らも好奇心あふれる瞳で治療に当たっていることに気づいていない。(つづく)


c0345705_07235885.jpg
『王朝かな書道史』芸術新聞社 


あてもなく綴りし文を運びかね空啼きわたる山ほととぎす
  snowdrop

(Not knowing where to carry the letter written aimlessly, a lesser cuckoo creaks across the sky.)

c0345705_10442446.jpg
「北斎―富士を超えて」図録*Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai


Shikishi was irritated. She desperately needed pen and paper. She had already requested them to the man on the first day of her recovery and been rejected.
“No, you cannot. Even if you write with your left hand, it is bad for your body. It is impossible for you to write something now.”
 Now that she has gradually been recovered, everything she was experiencing was so interesting that she wanted to write them down even partially, even in scribbled notes. Being at a loss, she asked Myobu (court lady), on the pretext of noting the questions on her body.
 She got several papers. She wrote the questions on the first sheet, and what she thought on the second and succeeding sheets. They were unreadable memoranda with her left hand. But she felt relieved that she got an outlet for various ideas filling her head. And remembering his straightforward voice, “No, you cannot.”, she laid down her pen as early as possible.
  He glanced at the papers beside her pillow but said nothing. He had never imagined that the woman exists who clings to writing so much. She was a person of few words but of much thoughts in her depth. She looked feeble but was mentally strong. And she was full of curiosity like a child. The man did not know that he himself was full of fresh curiosity.

(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)






[PR]

「上村淳之 時鳥」の画像検索結果

c0345705_18285888.jpg
















上村松園の孫、淳之による「杜鵑(ホトトギス)」(google search)
Lesser Cuckoo (hototogisu) by UEMURA Atsuhi, Shoen's grandson 
杜鵑草(ホトトギス) * 大徳寺(2016年)* toad lily (hototogisu)


 六日が過ぎ、七日が過ぎ、腕の腫れは肩から肘にかけてゆっくりと引いていった。それでも、杜鵑草(ほととぎす)の花弁の模様めいた痣の塊はまだ腕のそこここに広がっている。いつものように控えめに、風のように速やかに触診する男の手がふと二の腕で止まった。

「くびれが戻ってまいりましたね」 

「……」

 式子は首を傾げた。自分ではよく分からなかったのだ。そもそも、そんなところにくびれがあることすら意識したことが無かった。その日はそれから女官に体を拭いてもらい、翌朝、ふたたび訪れた男に皇女は問うた。

「くびれとは、ここにあるものですか」

衣の上から指し示す白い左手指を見ながら、男は頷いた。


c0345705_09481083.jpg


北斎「杜鵑花 (ホトトギス)・子規 (ホトトギス)」(「北斎―富士を超えて」図録)
ツツジも杜鵑と綴られることがあります。「ホトトギス」の共通点は斑点です。
Azalea (hototogisu) and Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai, British Museum
These three kinds of hototogisu have the spotted patern in common.

c0345705_22210833.jpg
(5月撮影)


 Six days have passed, seven days have passed, the swelling began to go down slowly. And yet toad-lily-like bruises still covered the whole arm. The man’s palpating hands, which always moved reservedly and swiftly like a wind, have stopped on her upper arm.

“ The curve has come back.”

……?

 She inclined her head. She had never been conscious of the curves on that body region. After his leaving, she made her court lady wipe her body and asked him the next morning.

“ The curve you mentioned yesterday exists here? ”

 Looking at her white finger pointing at the upper arm from on her white robe, he nodded.


c0345705_10475577.jpg


















「北斎―富士を超えて」図録*
Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai


朝昧爽(あさまだき)ほのかに鳴きしほととぎす

けふのひとひの予感のやうに
snowdrop 

À l’ aube un petit coucou chanta vaguement
comme un présage du jour...


「上村淳之 時鳥」の画像検索結果

この連載は日祝日に更新します。前回は3日文化の日)、次回は12日)です。
(To be continued to next Sunday)


「マンレイ ヴァイオリン pinterest」の画像検索結果
Le Violon d'Ingres Man Ray (pinterest)

p.s. Translation service by Excite Blog has finished. I wish my translation (English or French only) helps you enough in my three blogues.

(All Rights Reserved)





[PR]

a0332314_13384606.jpg

蜘蛛の巣が描かれた打掛*上村松園「焔」* Flame by UEMURA Shoen (detail) 
今日は文化の日。松園は女性として初めての文化勲章受章者です。
UEMURA Shoen is the first female recipient of the Order of Cultural Merit
(on Culture Day, November 3th, 1948)



 幸いなことに、蜘蛛の毒は右肩で止まり、内腑には到らずに済みそうであった。男は式子にできる限り水を飲ませ、体内の毒を排出させた。女官たちが付きっ切りでその世話に当たった。男は彼女らに命じて尿(ゆまり)を甕に溜め、色と量を毎日測った。その量が多ければ、また、稲穂の金色であれば、最悪の事態は避けられる。尿(ゆまり)は皇女の命の緒であった。
 男は日に二、三度、数分ずつ訪れるだけになった。知らず知らずのうちに式子は、その時間を待っている自分に気づいた。

 わたくしは、物語のなかの女のようだ。男が通ってくるのを待ちわびる女のようだ。わたくしの耳は、沢山の足音の中からあの人の俊敏な足音を聞き分けている。あの人が来たら伝えようと、体の様子を自ら吟味しているのに、いざ来られると、言葉が出て来ない。けれどもあの人は、わたくしの傷口を清め、腕にそっと触れ、顔や体が黄を帯びていないか、むくみがないか確かめるだけで、すべて了解したように去ってゆく…そして、眠くなるような安心感がわたくしを包む。

時に、あの人は好奇心あふれる少年のように目を輝かせる。「ほう、五日目にはこんな色になるのですね、なるほど…」
 わたくしの腕は日を追って、灰青色に、紫に、緑に、黄に色を変えた。表に傷はなくとも、体内に血がにじんでいるのだという。
「大がかりな打ち身とでも思ってください。打ち身じたいは、下々にはよくあることです」

 わたくしは何も心配しない。この人に委ねておけば大丈夫だと感じる。そして、自分の体が彼の役に立っていると思うと、なんだか嬉しい。これまでは、自分に肉体があることさえ意識せずに生きてきたのに。五つの歳から十一年、斎院としてすべてを神に捧げてきたのに。そう、まるで人形(ひとがた)のように…
 わたくしは堕落したのであろうか。堕落だとすれば、しかし、堕落とはなんと優しく、あたたかいものであろう。まるで胸のうちを東風(こち)が吹き抜けてゆくようだ。両手(もろて)でこの世をそっと抱きかかえている心地がする。―


c0345705_05345800.jpg

十二単をまとった雛人形
* Hina doll dressed in Heian robe (2015)



堕つるとは人のこころに帰ること ししむら熱きひとの心に  

snowdrop  ししむら


この連載は日祝日に更新します。次回は11月5日(日)です。


c0345705_10250961.jpg


Fortunately, the spider’s poison stopped at the right shoulder and did not reach the internal organs. The man made the princess drink water as much as she could in order to help eject the poison from the body. The court ladies took care of her excretory needs. The man requested them to collect urine and checked the colour and volume. If the urine was much and gold like the ear of rice, she was safe. The urine was her thread of life.

The man visited her several times a day. Shikishi noticed herself waiting for his visits.

― I am like a heroine in the story where she waits for her lover. My ears identify his footsteps among various ones. Though I always enumerate the symptoms so as to report him, I can speak nothing in front of him. He cleans my wounds, touches my arm, checks whether or not my face and white of my eyes turn yellow, and examines the swelling of every part of my body. And then he nods and leaves me again. After the rendez vous médical, a sense of safety envelops me like a warm hug.

Sometimes his eyes shine like a curious boy’s.

Hmmthe patient’s limb changes colour like this, I see…”

My arm turned blue, purple, green, yellow,etc. as the days go by. According to him, there was no wound except the middle finger’s but the the arm’s vessels are bleeding internally.

The internal breeding itself is common for the people. Yours is a larger scale one.

I worry about nothing. I understand that I only have to entrust myself to him. I am even content that my body is useful for him. I have lived without being conscious of my body. I have devoted myself to deities since I was five years old, for more than ten years, like a Hito-gata (sacrifice doll).   
 Have I become corrupted ? If so, how warm and humane the corruption is ! I feel as if I was hugging the whole world softly and tenderly.


c0345705_09234053.jpg


ひとがた
(城南宮、2016年)* Hito-gata (human shape)



Corrupting is returning to the human heart, to the heart inside my warm flesh.  snowdrop



To be continued to November 5th
All Rights Reserved








[PR]
f0374041_20001922.jpg


 眠る式子を見守りながら、男は、この神さびた処女(おとめ)の瞳を思い出していた。隈なく澄んだ瞳の内に、あらゆる感情が透けて見えた。初対面にもかかわらず寄せられる全幅の信頼、童のような好奇心。目を円くして蜘蛛の手わざに見入る皇女の姿が胸に浮かんだ。恐れを知らぬお方だ。悪しきもの、穢(けが)れたものを警戒することがない。
 それにしても…男は式子の腕が次第に黒ずんでくるのを見守りながら、ふたたび嘆息した。もしも腫れが腕の血管をこれ以上圧迫するようなら、腕を一文字に切開せねばならぬ。それは皇女に対して許されざる処置であった。御付きの者たちは決して承諾しないであろう。誰よりも彼自身が、それだけは避けたいと感じていた。大きな傷は体力を奪う。化膿すれば回復が遠のく。何より、この薄くすべらかな肌に刃を入れるのは、堪えがたい。

 ホットトギス!明け方、とろとろとまどろみかけていた男は時鳥の声で目覚めた。その甲高い声は、何かの予兆のように響いた。ひょっとすると、吉兆かもしれぬ…式子の寝息がやや軽くなったのを確かめ、ほのぼのと白みゆく東の空をちらりと仰いで、男は独りごちた。目を覚ました女官たちがこちらへ急ぐ気配がした。そのざわめきに、式子がぽっかりと目を開けた。
「僕(やつがれ)はしばし外します。女官たちに汗など拭いてもらい、お休みなさいませ。また後ほど伺います」
 式子は答えなかった。ただじっと男の目を見つめた。彼は一寸眩しそうに目をしばたたくと、女官らに場所を譲った。それでいて、何か後ろ髪引かれるような、まもなく召されようという幼子を残して立ち去るような思いが、しきりにした。

この連載は日祝日に更新します。次回は11月3日(文化の日)です。

a0332314_21142885.jpg
菖蒲の剣  swords of iris (2015年)


 While watching over the sleeping princess, the man was remembering this mystic maiden’s unclouded eyes. The purest reflections revealed all her emotions. The full confidence in this stranger, the child-like curiosity...he could imagine the scene where she was gazing at the spider’s craft without fear. She is too pure to be wary of what is evil or dirty.

 While observing her arm gradually getting dark, he sighed again. If the swelling would press the blood vessels, he had to incise this arm in a straight line. It was an unpardonable treatment to the noble. The servants would never accept that. He himself wanted to avoid such a situation. The long wound deprives the physical strength of the patient. If it will fester, the recovery will be delayed. Above all, it was intolerable for him to cut this smooth and fine skin.

 Hottotogisu! At daybreak, he waked up from the lightest sleep. That bird’s shriek sounded like a kind of omen. It might be a lucky omenhe said to himself, hearing her lighter breathing and catching a glimpse into the lighter sky. The court ladies were entering the room, whose low sounds awakened her.

“I leave the room.They will wipe your body and make you rest. I will come back later.”

 She did not answer. She only contemplated his eyes. He blinked his eyes and gave way to them. He did not know the reason but he felt as if he had left his heart behind, as if he had left a helpless dying child behind…


(To be continued to November 3th, Culture Day)
(All Rights Reserved)

















[PR]