タグ:Venezia(ヴェネツィア) ( 12 ) タグの人気記事

c0345705_15183985.jpg



ヴァレンタイン商戦のころココア農園だったデパートの一角は
立冬を前にイタリアの広場となっていました。(阪急ですから!)

That floor of that department store that had been a cocoa farm in February
has changed to piazza d' Italia, before the first winter day(November 7).


c0345705_15212304.jpg



ヴェネツィアでこんなマスケラ見たかしらf字の髭のシニョール・ヴィオリーノ

Have I seen
such a maschera
in Venice ?
Signore Violino
with f-shaped mustache !



c0345705_17052969.jpg
















(1999年)


ハロウィンでヴェニスの仮面をかむるのはいつの頃からどこの国から

when and where
people began to wear
Venetian masks
not only during Carnival
but on Halloween also ?


c0345705_15243200.jpg



ヴェネツィアから出張してこられたマスケラ(仮面)職人さん。
手前には、花粉症マスクならぬ ペスト予防用マスケラが…

I saw a craftman of Venetian mask. Beside him,
there was a mask which inhibits plague bacilli!!!!!




c0345705_15332673.jpg















c0345705_15371135.jpg

(1999年)


ギャラリーまで足をのばせば、あら、電車にも乗らずフィレンツェに到着!
街のシンボルフラワー、アイリス匂うサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の展示場です。
記念撮影スポットを、現実の薬局(1999年)と見比べてみました。 ↑

Without taking a train, I arrived at Florence,
the gallery in the department store exhibiting the products of
Officina profumo-farmaceutica di Santa Maria Novella, Firenze.



c0345705_15350642.jpg















霜月の苔の森へと踏みこめば篝火花(シクラメン)と酸塊(スグリ)のかをり

stepping on the moss
in a Tuscany forest
in November
rises the perfume of
cyclamen and gooseberry


c0345705_16475788.jpg

(10月撮影)


季節は秋から冬へとうつろう頃ですが…

From Autumn(AUTUNNO) to Winter(INVERNO)…


c0345705_15361197.jpg

















アイリスの香水があれば、いつも皐月の国にいられます。
憧れのジネストラ(エニシダ)の香水は乾いた野原の匂い。
イタリアでも香水は「オー・デ・コロン(ケルンの水)」なんですね。

With perfume of iris, you can always stay in May.
In Italia, the perfume is called Eau de Cologne (Acqua di Colonia)!


「botticelli primavera iris」の画像検索結果

ボッティチェリの描いたアイリス * Iris by Botticelli(pinterest)


アイリスの香りを聴けば ディアナの森 聖母の庭へ たゆたふこころ

smelling
the scent of iris
my heart wanders in
Diana's woods and
Madonna's lily garden



c0345705_15311377.jpg



ローマの巨大松ぼっくりをなつかしみつつ階下へ向かいます。
その前に、ちょっとお化粧室へ…

The big pine cones remind me of those in Rome.
Pardon, I would like to go to the restroom.


デパートのパウダールームで目を閉ぢて聴くせせらぎと小鳥の声と


c0345705_15442943.jpg



ティファニーで朝食をとる時間は過ぎていますから、
ローマの休日を楽しみましょう。
ここでもアイリスの香水を聴くことができました。
フィレンツェの爽やかなアイリスよりも甘くロマンティックな香りです。

Because it is too late for breakfast,
let's enjoy Roman Holiday!
Tiffany also has a perfume of iris,
which is sweeter than the fresh fiorentino.


c0345705_15445849.jpg



ティファニーのペンダントより水いろの壁に懸りし写真を見入る


デパートを出て本屋さんへ… 📚 From the department store to a book store…


あたらしき帯ひるがへし水いろのカモメは目指すわうごんの浜


a0332314_20523184.jpg

小津夜景さんに再び拙歌を引用して頂きました。↓
Yakei Ozu's quotation of snowdrop's tanka

そこから更にもう一首、短歌が生まれました。↓
snowdrop's tanka inspired by Yakei Ozu →




おうちで浜ごはん。フィレンツェ風コキール、ダンテのオリーブオイル添え。

Our lunch*Coquille alla fiorentina, DANTE extra virgine oil


c0345705_16262609.jpg


ダンテはフィレンツェ出身です*Dante è Fiorentino.

「dante extra virgin olive oil logo」の画像検索結果

(google search)

「宇野昌磨 月桂冠 2018 NHK杯」の画像検索結果

宇野昌磨選手も月桂冠(NHK杯)

Uno Shoma won his laurels.

(google search)

c0345705_08014989.jpg

(All Rights Reserved)












[PR]

-私の2017-今年を振り返ろう

c0345705_10311442.jpg
日本経済新聞(左)(NIKKEI, left)

20171月、遠藤周作原作の映画「沈黙」が日本で公開された。また、「遥かなるルネサンス 天正少年遣欧使節がたどったイタリア」展が4月から12月まで、神戸、青森、東京を巡回した。菊の節句(9月9日)の朝、新聞にこんな記事が載っていたのをご記憶の方はおられるだろうか。少年使節の一人、千々石(ちぢわ)ミゲルの墓から、ロザリオの一部が見つかったというのだ。彼はキリスト教を棄てたとされていたのだが…

ミゲルは仲間とともにローマ法王との謁見を果たし、イタリア各地やスペイン、ポルトガルで歓待を受け、それらの見聞を伝えるべく帰国した。日本を神の国に変えようと夢見て…  
 しかし、故国は変わり果てていた。彼らが旅立って数か月後、本能寺の変で信長が倒れ、彼らが帰国する3年前に秀吉がバテレン追放令を出していた。江戸幕府もキリスト教を禁じ、弾圧が厳しさを増してゆく…彼らの没後、島原の乱が起き、『沈黙』の時代が訪れることになる。

 

Scorsese's film Silence was published in Japan on January 21th in 2017. And the exhibition Sol Levante nel Rinascimento Italiano traveled in Kobe, Aomori, and Tokyo. A news was reported on one of the boys of the Tensho Youth Mission to Europe in Japanese newspapers on 8-9 in September. A part of Miguel CHIJIWA’s rosary was discovered in his grave. It had been said that he renounced Christianity early.

He and other two boys had papal audiences, were welcomed in Italy, Spain and Portugal, and returned to Japan in order to report their experiences. But during their trip, Japan was changed. After their departure, Nobunaga was assasined, Hideyoshi promulgated the Purge Directive Order to the Jesuits, and Edo bakufu began the Ban on Christianity and suppression of Christians. After the boys’ death, the time of “Silence” came.
「市川 海老蔵 織田 信長」の画像検索結果「おんな 城主 直 虎 信長」の画像検索結果
信長(市川海老蔵)「今夜は本能寺!」Nobunaga (ICHIKAWA Ebizou)(google search)

c0345705_10443852.jpg
『遥かなるルネサンス』展覧会図録より(以下同)

ミゲルの独白
 私もまた天正遣欧少年使節団の正使だった。天正10年(1582)、晴れがましい船出の日、母は涙をこらえていた。私たちは母一人子一人だった。これから命がけの航海になるのだ。母にしてみれば人身御供に出す思いだったろう。出発の前夜、私は母にこう言った。

「そいけん母上、たとえこん身は海の藻屑と消えるとも、それは犠牲の子羊となる事たい。行かんばならん。漁師ペテロが網ば捨て、親ば捨ててイエス様について行ったごと…さんたマリヤ様ば拝むたび、私はきっと母上ば思い出しますけん」

Monologue of Miguel

 I also was a senior commander of the Tensho Youth Mission to Europe. On the day of my departure, my mother was trying to hold back her tears. She was a single mother and I was her only child. She should have felt like she offered her irreplaceable son as a human sacrifice to the dangerous trip. I said to her the night before that.

“Mother, even if I will be swallowed by the sea, I should go as a sacrificial lamb. I should leave you like Peter, a fisher who left his family and followed Jesus. Every time I pray to Santa Maria, I will remember you, mamma...”

「roma mosaic octopus」の画像検索結果
タコのモザイク*Roman mosaic of an octopus,Villa Giulia, Rome (pinterest)

 長い船旅はときに苦しかったが、楽しく充実していた。私たちはラテン語をみっちり学び、チェスで遊び、釣りをした。副使の中浦ジュリアンは海辺の村の出だったから、鰹や鯛を釣りまくり、釣針を壊してしまった。私は生まれて初めて生きた蛸を間近に見た。ぬらぬらした、いぼだらけの、八本足の不思議な生物…こんな醜悪な海獣も、主が創造した物だとは!
「ひどかぁ、ミゲル。わいもゆで蛸、食べるやろー?」
蛸をわしづかみにしたジュリアンが、白い歯を見せて笑った。


 Our long voyage was sometimes hard and yet joyful and fulfilling. We practiced Latin, played the game of chess, and enjoyed fishing. A vice commander from a fishing village, Jurian NAKAURA would fish bonitos, sea breams, etc. enough to break a hock. I saw a live octopus so close up for the first time. A slimy, warty marine creature with eight legsis this ugly monster also created by God?

“That's not fair, Miguel! You also eat the boiled octopus, don't you?!” 

Jurian laughed while grabbing a slippery octopus!

c0345705_10353021.jpg
メダルに表されたグレゴリウス13世(上、図版)
snowdropがヴァチカンで貰ったコインには、ヨハネ・パウロ2世の横顔が…(下、実物)
Do you find a real coin of John Paul II that snowdrop got in Vatican in 1999?


 天正13年(1585)、私たちはローマでグレゴリウス13世に謁見した。法王様は感涙にむせびながら一人一人を抱擁してくださった。そして、我らのローマ到着からわずか18日目に亡くなった…。なぜだか、法王様は私たちを見つめながら、どこか更に遠いところを見ておられた気がする。

 いっぽうで、人々が私たちをみる眼差しには、奇異なものへの好奇心が隠れていた。彼らは我々が白い人なのか黒い人なのか思案している。キリスト教会が異人種の崇める寺院や神仏を排斥していたことを、私は知らなかったわけではない。黒い人を醜悪とする偏見に気づかなかったわけではない。

 We THREE had papal audiences in Rome in 1585. Pope Gregory XIII was moved to tears while hugging each of us.And he died eighteen days later than our arrival in RomeI do not know why, but the Pope seemed to see somewhere far away through us

 On the other hand, the people’s eyes hid the curiosity to us, the stranger. They were wondering whether we were black or white. I noticed that they were expelling other religions of the black people, of the ugly people for them…




秀吉の前で演奏されたとされる、ジョスカン・デ・プレ「千々の悲しみ」(舞踏会版)


 天正18年(1590)に帰国した時、私たちは少年ではなく紳士になっていた。8年間で背は伸び、面差しは変わり、母上さえ私を見分けられなかったほどだ。私たちは秀吉公に旅の報告をし、クラヴォ、ハープ、リュート、ヴィオラを御前演奏した。喜んだ秀吉公は我らを召し抱えようとしたが、全員が辞退し、イエズス会に入った。
 最初にドロップアウトしたのが私だ。あんなに勉強したのに、マカオに留学できず、司祭になれなかった。私が日本人だから?ゆえなき疑念が心を蝕む。ヨーロッパで浴びた視線のなかに、冷んやりしたものが交じっていたことを思い出す。…いや、人のせいにはするまい。私の信仰が薄かったのだ。母親っ子の私は聖母マリアを慕っても、イエスを神(偉人ではなく)と信じ切ることができなかった。

 When we returned home in 1590, we were no longer ragazzi but signori. Even my mother could not distinguish me from the others. We met Lord Hideyoshi andplayed the clavichord, harp, lute, and viol. He was so moved that he tried to hire us, but we excused ourselves to enter the Society of Jesus.

 It was I that dropped out first. Though I studied hard, I was not chosen as a student to study in Macau and could not become a priest. Is it because I am a Japanese? I remember the peoples eyes to us in Europeno! It’s my fault. My faith was fragile. I mixed up my mother’s image with Mary and could not belive in Christ, as God (not as a great man).


c0345705_13594334.jpg

棄教し、法華宗徒になると、更にやり切れぬ日々が待っていた。これまで学んだ知識を逆手に持ち替え、キリスト教を攻撃する武器にせよと…。ああ、どの宗教も同じだ。なぜ互いを拒み、否定し、飲み込もうとするのだ。なぜ互いの自由を尊重しないのだ。

私は何も信じぬ者となった。無神論者となったのだ。私はパライゾ(天国)からも極楽からも遠ざかり、仕官した藩からも追放され、長崎の町をさまよった。夜ごとの浅い眠りに夢見たものは、遥かなるイタリアでの栄光の日々。目が覚めるたび、故国でよるべない身となっている己を見出し、暗然とした。―


 After having renounced Christianity, I had to live a more unbearable life. I was recommended to turn my knowledge into the sword against Christianity! Ai, all the religions are the same! Why does every religion reject, deny, and try to swallow each other? Why don’t they respect the freedom of worship each other ?

I came to believe in nothing. I became an atheist. I stayed away from both Heaven and Buddhist paradise, being exiled from the domain, wandered through Nagasaki's streets. Every time I had a light sleep, I dreamt of our glorious days in Europe. Every time I awoke, I was shocked to find myself helpless in my own country.―


c0345705_11062452.jpg

なぜ私は、あのロザリオを棄てなかったのか。墓の中まで携えていったのか。それは、数珠玉の一つ一つに、未来へのエスペランサ(希望)のまぼろしが映っていたからだ。玉を指でたぐるたびに、一つ、また一つと、友と過ごした8年の歳月が甦って来たからだ。
 トビウオが銀の軌跡を描いた青い海、甲板上で聞いた山上の説教の朗読、ともに爪弾いたリュートの音色、初めての舞踏会、庭園で浴びた噴水の水しぶき、ムラノ島の職人が飴細工のように拵えるガラス、壮麗なる石の街、動物園、植物園…。すべてが希望の光に包まれていた。
 神をも仏をも裏切ったが、友を裏切りはしなかった。このロザリオを握りしめていれば、パライゾ(天国)の友らをインヘルノ(地獄)から垣間見ることがあるやもしれぬ。ああ、もしも平和な信仰の許される日本に帰国していたならば…!

Why did not I throw away that rosary but brought it to my grave? Because the illusion of esperança (hope) in the future was reflected on every bead. Because counting the beads reminded me of the days during that eight-year-trip with my friends.

The azure ocean where a school of flying fish drew silver curves, the recitation of the Sermon on the Mount on our deck, the sounds of the lute that we played, the first ball, the splash of fountains in Pratolino, a flexible heated glass like a candy to make forms of animals or birds in Murano, botanical gardens, zoos, …everything was wrapped up in the light of esperança (hope).

While I betrayed both God and Buddha, I have never betrayed my friends. If I keep this rosary in my fist, I might catch a glimpse of my friends in Paradiso, from Inferno. Ai, if only we had returned to Japan where the faith in the peace was accepted!

c0345705_17383699.jpg

日本地図(1602年、初版1595年)『遥かなるルネサンス』図録より
the first map of Japan in the Atlas, 1602 edition (1595, the first edition)

ミゲル「ああ、不死の神が長い生命を与えてくれて、そういう(平和な)日本に住む幸福がわれわれにも与えられますように。日本の戦乱の火を消すには、それ以外にどうすることもできないのだから」(デ・サンデ『見聞録』より)(若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』より引用)


f0374041_08572502.jpg

平和」の蝋燭*アドベント第2主日(12月10日)
PEACE*Second Sunday of Advent(10 December)


地に平和ことしも祈る待降節いくさと地震(なゐ)とやむ日
知らねど

in terra PAX  
prego quest’ anno ancora
 
quando cessarano  
le guerre e terremoti
 
nel mondo ?


c0345705_13225439.jpg

おまけ*お地蔵さんのような修道僧の祠*ヴェネツィア(1999年)
Bonus*Monk statue like Jizo-Bosatsu in Japan (Venezia, 1999)

(つづく)
(To be continued)




もひとつ、おまけ*ノーベル賞晩餐会で「ヘイワ(平和)」を語るカズオ・イシグロ氏
(日本語のNHKニュース▶)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171211/k10011254031000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
Bonus 2 * Kazuo Ishiguro’ s speech on
PEACE on December 11.

(All Rights Reserved)




[PR]
2017年、ジパングを巡った展覧会
c0345705_15545869.jpg
東京展は12月3日までhttp://www.fujibi.or.jp/harukanaru/

 「あの美魔女と踊ったのは、この少年」ですって!ずいぶんなキャッチコピーですこと。そう、あたくしがビアンカ・カペッロ(1548-87)。16世紀のフィレンツェでは知らぬ者のなかった、スキャンダラスなセレブ…
 トスカーナ大公、フランチェスコ1世の妻だったあたくしは、はるばる東方からやって来た少年公子らをもてなし、正使のドン・マンショ(1570-1612)の腕をとって踊ったの。3月の夜のピサはまだ肌寒かったけれど、彼の頬は燃えるように赤かった―。

Here is the boy who danced with that beautiful witch.” …what an advertising slogan! Yes, io sono Bianca Capello1548-87, a scandal-tainted 16-century Italian celebrity! (★) In our ball, I took an arm of Mancio ITO(1570-1612), one of the senior envoys of the Tensho Youth Mission to Europe, and danced. Although it was still chilly in Pisa at night, his cheeks were burning red.


c0345705_10143053.jpg
「ビアンカ・カペッロの肖像」(1578年)『遥かなるルネサンス』図録より(以下同)
Portrait of Bianca Capello(1578) (museum catalogue) https://en.wikipedia.org/wiki/Bianca_Cappello


ジパングの男たちは21世紀でもダンスが苦手だとか。ましてや彼はダンスを稽古したこともない、東方の十代の少年。床に足裏をすりつけるように歩を進めるんですもの、驚いたわ。あたくしは彼の耳元でささやいた。
「足を引きずらないで、音楽に合わせて、ほら、このように、ステップを踏んで…」
「おそれいります。わたくしどもの国では ”すり足”で舞いますゆえ…」
「まあ、真逆(まぎゃく)なのね!」
 けれど、彼は顔色一つ変えず、すぐにこちらの動きに合わせて右へ、左へ…。堂々たる紳士!もっとも、あたくしの豊かなバストを前に、目のやり場に困っていたようだけど…うぶな小公子!ふふっ。まだ華奢な肩に故郷を背負って、海を越えてきたのねえ。2年半もの月日をかけて、命を懸けて…
 

 They say that most Japanese people are not good at dancing even in the 21th century. He was a teenager who had never practiced dancing. He shuffled his feet when dancing! I whispered in his ear.

“Please do not drag the feet, step like this to the music.”

“Pardon, Madam. We always shuffle in a Noh dance.”

“Oh, totally opposite!”

 But this poker‐faced dancer soon learned to follow me. A dignified gentleman! And yet he seemed to be embarrassed with my full bosom. A naive little lord! This boy with delicate shoulders has crossed the Pacific for two and half years…one small island country on his shoulders, and at the risk of his life in tempests !



c0345705_17032649.jpg

ヴェネツィアの思い出(1999年)* souvenirs of Venice


 あたくしも、早く大人になったわ。ヴェネツィア貴族の娘で、15の年にフィレンツェ人の銀行支店員と駆け落ちしたの。フィレンツェの町で隠れ住んでいた私を見そめたのが、支配者、フランチェスコ1世だった。しがない銀行員の隠し妻から、トスカーナ大公の愛人へ…。スキャンダラスなメロドラマに町中が、いいえ、北イタリア中が湧きかえった。色々あったけれど、互いの夫と妻が他界し、二人はおよそ十年かけてゴールインしたの。
 わが肖像の首飾りをご覧あそばせ。真珠はあたくしのお気に入り。こんな長い首飾りは大公妃でもなければ着けられなかったわ。19世紀末にミキモト真珠の養殖が成功するまではね!でも、富なんてはかないもの。跡継ぎ息子が生まれなければ、夫に何かあった時、あっという間に蹴落とされてしまう。

I also became an adult hurringly. I am blue blooded in Venice, eloped with a bank clerk at the age of fifteen to Firenze, where I was found and loved by Francesco I de' Medici. From a bank clerk’s hidden wife to a lover of Grand Duke of Tuscanythis scandal ran through the northern Italy. We married after the death of his wife and of my husband over ten-odd years.

Look, my pearl necklace! The pearl is my favorite. Such a long necklace was avalable for only the rich, before the arrival of the Mikimoto cultured pearl at the end of 19 century! But the wealth is short-lived. If I cannot have my child, I will go to ruin in case anything should happen to my Francesco.

c0345705_15573730.jpg


 夫のフランチェスコはオタクだった。実験室や工房にこもって、錬金術や薬物研究三昧…フィレンツェで貴石象嵌細工がさかんになったのには、彼も一役買っているわ。この貴石モザイクのテーブル、見事でしょう?これはマンショたちも寄港した、リヴォルノの港を表しているの。

彼はパラッツィオ・ヴェッキオの書斎(ストゥディオーロ)を飾り立て、芸術品や珍しい宝物を並べ立てた。ウフィツィ美術館の原形は、彼の書斎なのよ。それに、噴水や水からくりでいっぱいのプラトリーノの庭…フランスの哲人モンテーニュも目をまるくしたわ。でも、ここの別荘に夫が閉じこもるようになると、大公が実験室でこしらえた毒薬を、魔女のビアンカが使っている、と噂されたことも!失礼ね‼でも、世間なんてこんなもの。自分の見たいように、面白おかしくしか物事を見ないのよ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Studiolo_of_Francesco_I
 My husband Francesco I
1541-1587was OTAKU, who would shut himself in his laboratory and workshop, being absorbed in the alchemy and pharmacy. The famous precious stone picture in Firenze became prosperous partially thanks to his study. For example, this fantastic talbe represents the harbor of Livorno, which Mancio’s ship also called at…(above fig.)
 My husband decorated his studiolo and exhibited his and his family’s collection. Uffizi’s prototype is this studiolo! The Park of Pratolino surprised even Michel Montaigne (1533-1592). But when my husband began to cloister himself in Villa di Pratolino, a rumor was spread that Grand Duke produced the poisons and his witch-wife Bianca used themHow rude!!!! But such is the worldFere libenter homines id quod volunt credunt. (In most cases men willingly believe what they wish. Caesar, wikisource)


c0345705_16001208.jpg

 ごめんあそばせ、ドン・マンショに話を戻しましょう。彼は、そう、一言で言って、超真面目…感情をあまり顔に出さないし、口数は少ないし。ダンスの後で、葡萄酒の入った杯を手渡しながら、何気なく尋ねたの。

「こんな遠い異国へわが子を送り出して、お母様はさぞご心配なことでしょう」

すると彼は、外した帽子を手にもったまま、切れ長の目を伏せ、静かに答えた。

「わたくしは母のことも、父のこともよく知りませぬゆえ…」

 それまで端然としていた彼のポルトガル語に、初めて生の感情がにじんだ。そういえば、彼らはラテン語もできるのだとか!でも、それよりあたくしを驚かせたのは、黒い瞳に宿る真摯な光だった。迷いも曇りもない眼差し。目の前の女の醜聞など知らず、知ろうともしない清潔な眼差し。
 あたくしのなかで、何かが目覚める気配がした。海の彼方の小島から波濤を越えてやって来た、二十年下の少年…あたくしはその時、望んでも得られなかった、りりしい跡継ぎ息子の幻を、彼に重ねたのかもしれない。

Scusi, let’s return to the story of Don Mancio. He was earnest, a little serious, a person of few words, and rarely showed his emotions. After dancing, handing a grass of cold drink, I asked him.

“Your mother should be concerned about you as you are now in such a far country.”

He answered quietly with a hat in his hand, with lowered slit eyes.

“I do not know well my mother, my father

His perfect Portuguese became emotional for the first time. They said that these boys could speak in Latin also. But what surprised me was the sincere light in his black eyes. The look without doubt, without impurity. The look that does not know, won’t know about the scandal of the woman in front of him.

Something awoke in my heart. A boy who is twenty years younger than me, who had overcome various hardships before and during the trip I might have projeted the image of my unborn, gallant son on that boy.



c0345705_16480366.jpg
「ビアンカ・カペッロの肖像」(1578-87年頃)『遥かなるルネサンス』図録*portrait of Bianca Capello(c.1578-87)

 
p.s.のマンショの絵、ティントレット工房で肖像画を得意とするドメニコ・ティントレットが描いたんですって。あの工房はヴェネツィアでも一流ですもの、巧いものだけれど…私の見たマンショは、こんなに色黒じゃなかった。航海中に日焼けしたと言ってはいたけれど。それに、もっとあどけなさが残っていたわ。きりっと結んだ唇が何かの弾みにふと、心細げに震えたりして… 
 手練れの肖像画家は、目の前の東洋人をありのままに描いたのではなく、あえて何かのイメージと重ねて描いたのではないかしら…元ヴェネツィアっ子の勘よ。この先は、深読みっぺのsnowdropがクリスマスまでに語ってくれることを希望して…。(つづく)


p.s.This portrait of Mancio is painted by Domenico Tintoretto, a good portrait painter in the workshop of famous Jacopo Comin in Venice. But Mancio was not so black like this, even after the long voyage in the sun. And he looked younger and more innocent for me. I remember his soft lips sometimes trembled like a child' s ones.

  I wonder if the painter expressed not his real figure but another personage’s imageJust a veneziese’s intuition!I HOPE snowdrop will tell you about this matter until Christmas…
(To be continued)


c0345705_11410924.jpg

「伊東マンショの肖像」(1585年)『遥かなるルネサンス』図録 * portrait of Mancio ITO1585


展覧会図録以外の参考文献*

小佐野重利『《伊藤マンショの肖像》の謎に迫る―1585年のヴェネツィア』(三元社)

森田義之『メディチ家』(講談社)

若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ―天正少年使節と世界帝国』(集英社)


c0345705_16125550.jpg
港町、神戸の博物館のステンドグラス(左)、少年使節の映像(右)
stained glass in Kobe City Museum, the video of Tensho Youth Mission to Europe


今年は12月3日から待降節(アドベント)です。天正遣欧使節の4人の少年に寄せて、4人の天使のアドベントキャンドルを点してゆきましょう。飾りつけもだんだん賑やかに…。写真と歌は2016年のものです。

Four Advent candles (2016) for four boys of the Tensho Youth Mission to Europe!


f0374041_09474639.jpg
希望」の蝋燭*アドベント第1主日(12月3日)
HOPE*First Sunday of Advent(3 December)


希望(エスポワール)といふ言の葉はため息のやうに

ふはりと心を包む

la prononciation 
du mot ESPOIR
 
comme un soupir,  
elle envelope  
mon âme doucement



c0345705_13220272.jpg

おまけ*ヴェネツィアの旅から(1999年12月)*Bonus*Venezia, Advent in 1999

(All Rightgs Rereserved)




[PR]
c0345705_10432845.jpg



 翌朝、サン・マルコ広場の鐘楼はひときわ高らかに時を告げた。高みから、華やかな和音に飾られたあかるい旋律が降りそそぎ、やむことを知らない。いつもとは明らかに違う音楽的な鐘。
 今日は128日、無原罪お宿りの日だ。聖母マリアが原罪なくして母アンナの胎に宿ったというカトリックの祝日。美しい鐘の音はマリアの汚れなき美しさを謳いあげている。昨日、街角や教会、ホテルで見た百合の花もマリアに捧げたものだったに違いない。


Le lendemain matin, Campanile di San Marco,Venezia a sonné plus joyeusement que d’ habitude. Du haut une mélodie gaie décorée par des accords éclatants, elle est versée indéfiniment. Le son extraordinaire et musical.


Aujourd’ hui, le 8 decembre, c’ est la fête catholique de l' Immaculée Conception. La cloche glorifie la purité et beauté de la Vierge Mère. Des lis que j’ ai vu dans l’ église ont dû être consacré à elle.
(le 8 decembre,1999)


(「ガラスのクリスマス 2 」snowdropのブログ『北イタリアの待降節』より)

(extrait d’ un article de blogue de snowdrop: L’Advent en Italie )



c0345705_13235951.jpg



玻璃窓のけやき紅葉の影さして木の床におく十字架ひとつ


Par la fenêtre vitrée le feuillage rouge de zelkova serrata reflète sur des planches en mettant un croix.


             床紅葉

Img_0005_800x600


日本に最初に伝えられたキリスト教絵画は、イタリア・ルネサンス絵画の流れを汲むものでした。戦国時代から江戸時代の宗教弾圧の嵐を乗り越え、わずかに今に伝わる聖画の多くが痛ましく損傷しています。この聖母像のヴェールの青もすっかり褪せてしまいました。画家の名前も分からず、イタリアの美術館で、限られた時間のなかで見れば、群小画家の一作品として見過ごしてしまうかもしれない絵画。けれども、この展覧会場では心を揺さぶられました。

The first icons transported to Japan around the sixteenth century were in Italian style. Some of them survived Christian Persecution and often damaged sorrowfully. This Virgin Mary (Mater Dolorosa) has lost the blue colour of her veil. An anomym that might be overlooked in an Italian museum for a limited time, gave a strong impression to me, a Japanese, in a Japanese exhibition room.


c0345705_16131742.jpg

「悲しみの聖母図」(部分) 南蛮文化館蔵 『南蛮とキリシタンの美術』堺市博物館

Mater Dolorosa (16-17c) (detail)  Gallery Namban



このマリア像はアジアの小さな島国で、人々に必死に守られ、伝えられてきました。ここには時間の流れだけでなく、
信仰を奪われそうになっていた人々の祈りが沁みこんでいる…だからこそ、一層かけがえのない聖画となりました。


This icon has been protected by oppressed Christians for hundreds of years in this small Asian island. Not only the time but also the prayer of people have penetrated into this painting, therefore it moves us deeply today also.

「ragazza con l orecchino di perla」の画像検索結果

L'Annunciata di Palermo di Antonllo da Messina,1476 pinterest



ヴェネツィアではティツィアーノやG.ベッリーニのほか、メッシーナの絵にも魅せられました。いつかパレルモにある彼の聖母像(上図)をじかに見たいと思っています。その絵の前できっと、「悲しみの聖母」に費やしたのと同じくらい長く、大切な時を過ごすに違いありません。


In Venice, I was fascinated by several paintings of Antonello da Messina as well as that of Tizian, Giovanni Bellini, etc. I hope to look at his Madonna Annunziata in Palermo someday. I will spend so much and precious time as I did in front of Mater Dolorosa in Japan.



c0345705_16403169.jpg
『南蛮とキリシタンの美術』堺市博物館
Cloisonne ware Cross Gallery Namban 

https://www.youtube.com/watch?v=cF2m88TjSLc (Ave maria in orasho)
https://www.youtube.com/watch?v=fwZcRVxS8iA (G.Gould plays J.S.Bach)
https://www.youtube.com/watch?v=BDdsBur3QUo (Vivaldi Stabat Mater)
https://www.youtube.com/watch?v=6fux5XNMDsk
(Charpentier Stabat Mater pour des religieuses, Le Concert des Nations Jordi Savall)

https://www.youtube.com/watch?v=GBOaXhohJ3U

(来たれ異教徒の救い主よ * Brendel, J.S.Bach Nun Komm'der Heiden Heiland, BWV659)



c0345705_17301478.jpg



植木屋のなかの細身のイスラエルびとと交はさむ平和の挨拶(シャローム)

With a slender Israeli among Japanese traditional gardeners, I exchanged greetings ” Shalompeace on you! ”




Img_0002_1024x868



クリスマスローズ咲く日は遠けれど冬のひかりに若葉ひろごる


Bien que le jour soit encore loin quand la rose de Noël éclôt, ses feuilles jeunes sont déjà écloses dans la lumière hivernale, "san-san".


https://www.youtube.com/watch?v=LT_ld-SiqyY (Auf eine Christblume Hugo Wollf)



c0345705_18140586.jpg



ヴェネツィアの聖母の前で涙せし乙女は似たり聖ガブリエルに


Une blonde qui essuyait ses larmes à genoux devant une statue de la Vierge Mère, dont le profil ressemblait celui de l' archange Gabriel.


https://www.youtube.com/watch?v=TpgC-v4Qpvo (Vivaldi's Magnificat)



(All Rights Reserved)








[PR]
c0345705_13334278.jpg
by Ediz. Salbaroli

 天使は霊魂だけの存在なので、食事はしない。ただ天上から降りそそぐ雪のようなお菓子、マナを口にするだけという。ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会に、天使がアブラハムの食卓に招かれる場面があるが、このときはアブラハムをがっかりさせないよう、食べるふりだけしたらしい。画面の上方には天使が二人、脚の曲線もなまめかしく、円板を捧げ持って浮かんでいる。「リストランテ+クルス」の看板かメニューに見えなくもない。


Il primo Piatto(第一の皿)

 天使の主食がマナならば、イタリア人の主食はもちろんパスタ。その起源には面白い話がある。パスタを作ったのは魔法使いだが、その様子を隣家の女がのぞいていた。女は、夢で天使が作り方を教えてくれたと言い張り、手柄を横取りしてしまったという。そういえば、スープの浮き実に使われる極細の麺カッペッリーニは、英語でエンゼルヘア(天使の髪の毛)と呼ばれていたっけ…

 髪のような細麺もあれば、讃岐うどん風の太麺ピーチもある。卵入りの平打ち麺フェットッチーネは、一見着色料入りかと思うほど真っ黄色だが、かじれば黄味の風味が口中に広がる。蝶々形のパスタ、ファルファッレは天使の翼のよう。ただ、この二枚の翼の間にセラフィムやケルビムの顔を想像すると、食欲が減退してしまうのだけれど。

c0345705_14242361.jpg
ピーチと付合せのパン

 パンもポピュラーな主食のひとつ。パニーノは歯ごたえのある丸パンを使ったサンドイッチでボリュームがある。食パンを使ったトラメッツィーノはお腹に優しく、疲れたときにお勧め。ラヴェンナのサンルーム風のカフェで頬ばった卵サンドのまろやかさは忘れがたい。

 そしてピッツァ。ピッツェーリアには、前もって焼いたピッツァを切って温めてくれる所と、一から焼いてくれる所とがある。ヴェネツィアの小運河沿いのピッツェーリアでは、陽気なお兄さんが二人、並んで生地をこねていた。ほんのり塩味のきいた香ばしい生地にシンプルなトマトソース。店内にはピッツァ生地でこしらえたクリスマス飾りがぶら下がっていた。

c0345705_14244389.jpg

 お米が恋しくなれば、リゾットの本場ミラノで黄金色のサフラン・リゾットを。カボチャの黄色いリゾットは高級感はないものの、カロチンやビタミンが補給できる。米でも一筋芯の残ったアルデンテは、日本でも定着しつつある。
 もっとも、ヴェネツィアのイカ墨リゾットは歯ごたえがなくぼやけた味がした。見回せば、お客は私と友人の二人だけ。向こうのテーブルでにぎやかに食事を始めたのは、暇そうなコックやカメリエーラたちだった。

c0345705_14363380.jpg
魚介のリゾット

 同じヴェネツィアの主食でも、ポレンタはやさしい味がした。トウモロコシの粉を練って焼き色をつけてある。ほんのりした甘みがどんな料理にも合う。フィレンツェではリボッリータというパン入りのリゾットが、凍えた体を温めてくれた。


Il sedondo piatto(第二の皿)

 ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)は最上のスタミナ源。炭火で焼いた骨付きのキアーナ牛は切り口が真っ赤で柔らかい。とろけんばかりの旨みを、ハーフ・ボトルのキャンティ・ワインが引き立ててくれる。それでも私たちには二人で一皿が精一杯だ。隣のテーブルではおじさんが巨大な肉塊と格闘中。ラヴェンナのモザイク画を思い出す。アブラハムが天使に出した皿に、仔牛が一頭まるまる載っていた。(この記事のトップ、画面向左) 
 ゆるやかな丘陵に囲まれたフィレンツェには兎料理もある。トラットリアのミートソースパスタには兎の挽肉が使ってあった。ふつうの合挽き肉と近い味だが、骨か腱のかけらがコリコリ歯に当たる。トスカーナの野山を駆ける兎のしなやかな脚を想像した。

c0345705_14461983.jpg
Bistecca alla fiorentina


 海や川のある町では魚も豊富だ。海の都ヴェネツィアの人気トラットリアで注文した舌平目のムニエル。無口な老カメリエーレが魚の皿をワゴンで運んできて、目の前で鮮やかに骨を外してくれる。そういえば魚はキリストの象徴、にこりともしないカメリエーレは、キリストの遺体を清める天使に見えなくもない。優雅に盛り付けられた皿を前に友人と嘆声をもらすと、空気の和らぐ気配。見ると、彼は口元に浮かぶ笑みを抑えていた。

c0345705_15070827.jpg
舌平目と焼きポレンタと、cameriere, Nicoに似た肖像画の切り抜きと


Il terzo piatto (第三の皿)

 『農耕詩』の国イタリアでは、旅の野菜不足に悩むことがない。豆の種類が多く、どれもふっくら柔らかい。エンドウ豆のスープや、インゲン豆のトマト煮は、何度食べても飽きないmamma(ママ)の味だ(ウェルギリウスの『農耕詩』の時代にトマトはなかったけれど)。
 フィレンツェのトラットリアでグリーンサラダを頼むと、ボール鉢に山盛りのレタスが出てきた。イタリア人は冬に生野菜を食べないらしい。ひょっとして調理場に余ったレタスを大盤振る舞いしてくれたのだろうか。大量の葉をひたすら咀嚼していると、レタス色の虫が一匹出現!きっと農薬の少ないレタスなのだろう。 

(1999.12.25)


c0345705_15310146.jpg
キアーナ牛のソテーと青虫入り(?)サラダ



















[PR]
c0345705_10382976.jpg

Ca'd'Oro


ゴチックの四つ葉のかたちの影おつるテラッツァに寄り袖振りてみむ


(ごちっくの よつばの かたちの かげ おつる てらっつぁに より そで ふりてみむ)



c0345705_09104940.jpg
旧サン・マルコ図書館の絵葉書と仮面のブローチ

 ティツィアーノの聖母の祭壇画のあるサンタ・マリア・デイ・フラーリ聖堂を出ると、夕映えの時刻はすでに過ぎ、ヴァポレットから見下ろすさざ波に街の灯がゆれていた。運河の向こうに見えてきた、サンタ・マリア・デッタ・サルーテ寺院が夕もやに霞んでいる。岸に降り、広場に向かって歩きながら鐘楼を仰ぐと、不意にその頂が白っぽい薄絹に包まれた。あっと思うと、サン・マルコ寺院は砂の寺と化し、パラッツォ・ドゥカーレも淡い薔薇色の衝立に変わっている。これが霧のヴェネツィア。青白く湿った黄昏の空気に街灯がにじむ。静かな楽の音に誘われ、旧サン・マルコ図書館をのぞくと、カフェの片隅でピアニストとチェリストがひっそりと演奏していた。




夕湿りにじむ街灯点々と闇の深さを指す‘明’位柱


(ゆうじめり にじむ がいとう てんてんと やみの ふかさを さす めいいちゅう)



濃碧の水に流るる灯火の虹よこざまに砕くゴンドラ


(こみどりの みずに ながるる ともしびの にじ よこざまに くだく ごんどら)



街灯を囲む狭霧に身をひそめ吐息もらせる黒き舫ひ舟


(がいとうを かこむ さぎりに みを ひそめ といき もらせる くろき もやいぶね)



蒼、紅、黒の仮面(maschera)つけ替へて霧の紗まとふ海の女王(regina)


(あお、くれない、くろの ますけら つけかえて きりの しゃ まとう うみの れじーな)



ティントレットの闇の深さを失ひてミレニアム待つ
ヴェニスの高潮


(てぃんとれっとの やみの ふかさを うしないて みれにあむ まつ ヴェニスの たかしお)


c0345705_10092246.jpg

Chiesa Santa Maria dei Miracoli



大理石の教会ひとつ手函とし旅愁にひたれる文沈めたし

(だいりせきの きょうかい ひとつ てばことし りょしゅうに ひたれる ふみ しずめたし)












[PR]
c0345705_14515693.jpg




東の光の架けたる橋つたひ いざ海へ出ん友と歌ひつつ


(ひむがしの ひかりの かけたる はし つたい いざ うみへ でん ともと うたいつつ)



繋ぎたる黒きゴンドラたぷたぷと重き水音わが耳を食む


(つなぎたる くろき ごんどら たぷたぷと おもき みずおとの わがみみを はむ)



リスト、ショパン、メンデルスゾーンの舟歌の三度の和音の源は此処


(りすと、しょぱん、めんでるすぞーんの ふなうたの さんどの わおんの みなもとは ここ)



プルーストのゴンドリエーレも'O sole mio歌へりここはナポリにあらねど


(ぷるーすとの ごんどりえーれも おそれみお うたえり ここは なぽりに あらねど)



c0345705_09560826.jpg




伎楽舞楽のマスケラ被り威尼斯人に紛れてみたき♪カルネワレ


(ぎがく ぶがくの ますけら かむり べにすひとに まぎれてみたき かるねわれ)



天使の飛翔に始まる祝祭の遠き歓声伝える仮面


(アンジェロの ひしょうに はじまる しゅくさいの とおき かんせい つたえる かめん)




c0345705_10594333.jpg




ヴェニスの名冠する都の多けれど東方の夢さめぬは此処のみ


(ヴェニスのな かんする みやこの おおけれど とうほうの ゆめ さめぬは ここのみ)




c0345705_09022154.jpg



ヴィヴァルディの「嵐」フルート協奏曲(コンチェルト) (C-)長調(major)の弾める旋律


(ヴィヴァルディの あらし ふるーと こんちぇると しーめいじゃーの はずめる せんりつ)



ジョルジォーネの「嵐」に満つる翡翠いろ運河にアドリア海に注げる


(じょるじぉーねの あらしに みつる ひすいいろ うんがに あどりあかいに そそげる)



c0345705_16521687.jpg



ティツィアーノの聖母被昇天 立ち昇る緋色の渦を包む夕映え


(てぃつぃあーのの せいぼひしょうてん たちのぼる ひいろの うずを つつむ ゆうばえ)











    








[PR]
c0345705_13225439.jpg


 晴れた午後、私は一人でサンティ・ジョヴァンニ・エ・パウロ教会(Santi Giovanni e Paolo)へ向かった(ジョヴァンニという名はヨハネをイタリア語読みしたもの)。ゴシック様式の教会に、ムラノ島の職人が作った15世紀末のステンドグラスがあるという。その窓が自然光に透けるさまが見たかった。
  賑やかななリアルト橋から案内板を頼りに歩いてゆくと、しだいに信仰の気配が濃くなってゆく。古びた建物の壁に屋根つきの壁龕がもうけられ、修道士の石像が幼子を抱いている。誰が手向けたのか、薄紅色の百合がかすかな香りを放っている。
 赤煉瓦の橋を渡りきると、聖母マリアを浮彫りしたアーチに出迎えられる。狭い路地だがこちらで間違いなさそうだ。十分も歩いたところで小さな広場(campo)に出た。



c0345705_14180213.jpg


 野菜を売る屋台が見え、少し離れたところに、小さな石造りの井戸が立っている。地下水を使えないヴェネツィアではかつて、濾過した雨水を井戸に溜めていたという。近づいてみると、花輪を担いだ愛らしい天使が浮き彫りされている。


c0345705_14223474.jpg


 天使たちに導かれるように教会の扉を開けた。奥に青や黄の光がぼんやり浮かんでいる。午後の陽差しに、アーチ形のステンドグラスがひとつ輝いているのだ。澄みわたった青を基調に赤、緑、紫、黄色のガラスのなかから、聖人や騎士の姿が浮かび上がる。ゴシックの四つ葉形のなかには、ラヴェンナで見た有翼獣(福音書記者の象徴)の姿が見える。ここでも聖マタイは天使に似ている気がした。
 ふり返れば、壁に落ちる虹色の光。太陽が傾くにつれゆっくりと移りゆくさまは、さながら聖なる万華鏡… 


c0345705_13234629.jpg


 主祭壇のそばにあるマリア像の前で、若い女性が一人跪いている。時折そっとハンカチで目元を拭う。長い金褐色の髪が揺れ、白百合の花びらにかすかに触れる。目をそらしつつ、大天使ガブリエルの横顔だと思った。教会の入口で仰いだジョヴァンニ・ベリーニの祭壇画。向かって左上に、白百合を手にした、ガラス細工のように繊細な天使の横顔が見える。その横顔をもつ女性は、けれど、そのことを知るよしもない。



c0345705_13235951.jpg


 ジョヴァンニの名前を持つ教会を後にし、カムパネルラを探してガラス店をめぐる。黄昏が下りてきて焦り始めたころ、街角のひっそりした飾り窓に、食卓用の小さな鐘を見つけた。深い藍色は早朝のアドリア海の色。繊細なガラスのつまみは、白い泡に包まれた金色の魚のかたち。


c0345705_17032649.jpg
               アドリア海の朝(鐘)と昼(香水瓶)

 ここには魚の形をした都、ヴェネツィアの朝が閉じこめられている。人影のないサン・マルコ広場を横切ると、鐘楼から七時の鐘の音が落ちてくる。光が差しこむ前の深く冷たい水の青。竹箒を手にした清掃人が白い息を吐きながら一人、また一人と姿を現す。
 そんな風景に重なるように浮かんできたのが、カムパネルラ(Campanella)が沈んだ水の色と、銀河鉄道を横切ってゆく「桔梗いろのがらんとした空」だった。http://ramages.cocolog-nifty.com/blog/2014/02/post-ef4d.html


c0345705_11580514.jpg
c0345705_11225486.jpg
朝の海


c0345705_11231095.jpg
c0345705_11324112.jpg
                        昼の海


San Giorgio Maggioreの鐘楼より雪のAlpiのティアラを抓む


(サン ジョルジョ マッジョーレの しょうろうより ゆきの アルピの ティアラを つまむ)


Let 's pick up the tiara of the snowy Alps with our fingers from the campanile of San Giorgio Maggiore.



 夕刻、ホテルの扉を開けると、甘い花の香りが顔を打った。ロビーのここかしこに、白百合があふれんばかりに生けられている。扉のそばに大きなクリスマスツリーも見える。レセプショニストもメイドもいそいそと、丸いオーナメントや、金色のリボンを枝に結わえつけている。


c0345705_11253256.jpg


 そして翌朝、サン・マルコ広場の鐘楼(campanile)はひときわ高らかに時を告げた。高みから、華やかな和音に飾られたあかるい旋律が降りそそぎ、やむことを知らない。いつもとは明らかに違う音楽的な鐘(campane)。
 今日は12月8日、無原罪お宿りの日だ。聖母マリアが原罪なくして母アンナの胎に宿ったというカトリックの祝日。美しい鐘の音はマリアの汚れなき美しさを謳いあげている。昨日、街角や教会、ホテルで見た百合の花もマリアに捧げたものだったに違いない。

(1999,12,7-8)


c0345705_05231429.jpg

(2015年撮影)












[PR]
c0345705_13220272.jpg
クリスマス前の飾り窓


 宿のロビーのヴェネチアンガラスのシャンデリアの下で、友人と合流した翌朝、私たちはムラノ島へ出かけることにした。午前九時、宿の勝手口に横づけにされた貸切の小舟に、五人の泊り客が乗り込んで出発する。舳が青緑の水に白いしぶきを立て、泡のなかからヴィーナスが生まれてきそうな気がする。曲がりくねった細い運河を抜けて、リアルト橋からアドリア海へ。およそ20分の水上ドライブで、島に着いた。



c0345705_13365464.jpg


 まずはガラス工房を見学する。ガラス店の手前にある工房では、炉から赤い火がのぞき、熱気が部屋の隅まで伝わってくる。Gパン姿の男性が右手にハサミを握り、左手に構えた棒の先の赤熱したガラスをのばしてゆくと、みるみる優美な花弁が生まれる。保湿室に入れてもらえず急激に冷えてゆくガラスの花は、数分もすると、パリーンと弾けてしまった。


c0345705_13222314.jpg
 


 工房を出ると、島を貫く青緑の運河沿いに、赤や橙の小さな家々が並んでいる。白い縁飾りのアーチ窓が、ヴェネツィアより簡素ながらも美しい。13世紀末、この島にヴェネツィア中のガラス工房が集められた。それは東方伝来のガラス技法を秘密にするためとも、溶鉱炉からの出火を恐れたためとも言われている。この街並みも火災にあっては再建されてきたのだろうか。青い川面に色とりどりにゆらめく家々は、さながら儚いガラス細工のよう。日曜の午前、島の教会は待降節のミサの最中だった。
(1999.12.5)


c0345705_13224023.jpg


 ムラノ島を訪ねてから、ヴェネツィアのガラス店で立ち止まることが多くなった。レース細工めいた建築装飾を閉じ込めたような華奢なワイングラス、水面の虹色の影を思わせるミルレフィオーリ(千花文)のペンダント(友人が選んだ)。いつしか私はアドリア海の色を結晶させたような小さな鐘を探していた。
 イタリア語で小さな鐘のことをcampanellaと呼ぶ。カムパネルラ、子供のころ読んだ宮澤賢治の『銀河鉄道の夜』で、主人公ジョヴァンニといっしょに旅をした友人の名前だ。祭りの夜、カムパネルラは溺れかけた同級生をかばって水死し、銀河の果てへ召されてゆく。ジョヴァンニとカムパネルラ、登場人物の名前がイタリア語なのだから、二人が暮らしていた街もイタリアに似ていたかもしれない。

(「ガラスの天使2」に続く)



c0345705_13233347.jpg
http://ramages.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-5b9a.html


















[PR]


c0345705_11191994.jpg


 マルセル・プルーストも訪れた老舗のカフェ・フローリアンは、サン・マルコ寺院から歩いて三分もかからない。彼の時代の内装をそのまま伝える店内は、いくつかのコンパートメントに分かれている。案内された禁煙席は、色鮮やかな壁画に囲まれていた。正面の壁から、黄色い衣裳の天使が微笑みかけてくる。窓の向こうにサン・マルコ広場と、寺院の一部が見える。柱廊に吊るされた紫ガラスのランプは、ジョヴァンニ・ベッリーニというヴェネツィア派画家の絵にある形だ。なんだか、汽車の車窓を眺めながらタイムスリップしたかのよう。


c0345705_17514782.jpg
二度目に訪れた午後のスケッチ(San Marco de Caffe Florian)


 やがて、車掌の検札の代わりに、蝶ネクタイ姿のカメリエーレがやって来た。カフェ・ラッテを注文すると、ポット入りのミルクにコーヒー、それにガラスの水差しが、銀製の盆で運ばれてくる。店内を見回せば、色んな国の観光客が軽食をつまんでいる。ほの暗い通路を通して、よそのコンパートメントのフランス語も聞こえてくる。今にも大きな目をしたプルーストが、ため息混じりにさまよい出てきそうだ。彼は蜂蜜をかけたアイスクリームを食べたのだっけ。


c0345705_09145146.jpg

 

 潮の香を感じながらため息橋を過ぎ、波止場沿いのホテル・ダニエリ(Hotel Danieri)へ足をのばした。プルーストが泊まったという説もある、ルネサンスの商館(fondaco)を改装したホテルだ。中へ入ると、かつての中庭(patio)は吹き抜けのロビーに変わり、大理石の床とペルシア絨毯に覆われている。壁や柱にも大理石がふんだんに使われ、レースのような浮彫りが華やかだ。


c0345705_10205443.jpg
Hotel Danieri


 最上階の窓だけが白い縁取りもなく質素なのは、使用人が住む階だったからという。家族や客人のための空間には豪華な装飾を施しながら、切りつめるべきは切りつめる、という商人魂が感じられる。宿泊客でもないのに、ついゆっくり眺めてしまった。見学と撮影を快く許してくれたホテルのフロント係にお礼の挨拶をして、再び波止場へ出た。

(1999.12.2)

c0345705_10162586.jpg
Hotel Danieri



大理石の床とペルシア絨毯の下にパティオの泉の記憶

(Under the persian carpet and the marble floor,sleeps the memory of the fountain of the patio.)


c0345705_10432845.jpg
Santi Giovanni e Pauloへ続く道で



プルーストもマンも描きし母子の旅 ヴェニスに路傍の聖母の多き

(Both Proust and Mann described the voyage of a mother and her child in Venice,where you often find the images of Vergins by the wayside.)




マルセル・プルースト「逃げ去る女」『失われた時を求めて』(1927)

トーマス・マン『ヴェニスに死す』(1912)

c0345705_13291917.jpg
Marcel Proust a Venezia, sul Canal Grande, intorno al 1900







[PR]