タグ:Roma, Vatican(ローマ・ヴァティカン ( 14 ) タグの人気記事


c0345705_09033532.jpg
ヴァティカンで貰ったヨハネ・パウロ2世の硬貨
the coin of John Paul II that snowdrop got in Vatican in 1999


4番目に踊ったのが私だった。マンショがトスカーナ大公夫人と踊った、あのピサの舞踏会。きらめくシャンデリア、香水の香り、心浮き立つ楽の音…私はすっかりのぼせていた。それで、こちらを見つめていた視線の持ち主に、やみくもにダンスを申し込んだのだ。どっと笑う声がした。マンマ・ミーア!私は足元もおぼつかぬ老婦人を選んでしまったのだ!ああ、どうかあのご婦人が、日本の少年に恥をかかされたと思っていませんように!(*>ω<*)

It was I that danced the lastin that ball where Mancio danced with Bianca Capello. Glittering chandeliers, perfume, musicI was totally beside myself. Someone was gazing at meI invited her to dance without looking at her properly. A peal of laughter!! Mamma mia!! She was an old lady who barely walked!!!! Ah, I wish she was not ashamed because of me!!!!!!!!



c0345705_10440636.jpg


4番目に選ばれたのは私だったのだと思う。正使の二人ほどは身分も高くなく、マルチノのように語学ができるわけでもない。なぜ選ばれたのか、自分でもよく分からない。
 そもそも、なぜ自分がキリスト者になったかもはっきりしないのだ。天狗めいた異国人の思いがけず柔らかな笑顔や、オルガンの響きや、紅茶の香りや、プレゼピオという人形の家に心奪われ、親にせがんでセミナリオに通うようになった。私はのめり込むたちなのだ。

I think it was I that was chosen the lastI was not as noble as two senior commanders and was not good at speaking Portuguese like the other vice commander, MartinoI do not know why I was chosen as a member of Tensho Youth Mission to Europe.

In the first place, I do not know very well why I got baptized. That unexpected sweet smile of tengu-like foreigners, the sounds of an organ, the smell of red tea, the mysterious doll house: presepio, which all charmed me to ask my parents to let me go to semianrio. I was the type of person who concentrates on something attracting.



c0345705_12052013.jpg
戦国のキリシタン大名、高山右近 記念聖堂のプレゼピオ*東方三博士の人形▲(2011年)
マルチノがマカオへ発った翌日、右近はマニラへ出航、その地で没した。

Presepio in Takayama Ukon Memorial Church (2011)
Ukon was deported to Manila on the day following Martino's departure to Macau and died there in 1615. ▶https://en.wikipedia.org/wiki/Dom_Justo_Takayama

 リスボンへ向かう船では、釣りに没頭するあまり、釣り針を壊してしまったっけ。しょげる私を励ましてくれたのは、気の優しい甘えっ子ミゲルだった。あの、はちみつのような笑顔…
ジュリアンは釣りが上手か。さすが海の子ばい。ローマ・カトリック教会の祖、ペトロも漁師だったたい!わいはペトロのごと素直で、ひたむきやん


I was absorbed in fishing and broke a hock on the ship for Lisbon. I blushed for shame. It was gentle Miguel who encouraged me, a mamma’s boy with a honey smile.

“Jurian is a good angler! That's Jurian, a 'child of the sea' all over!” You know, St. Peter also was a man of the sea. You are as honest and single-minded as he.”


c0345705_18364207.jpg

狩野派の画家たちが描いた南蛮船と南蛮人
a ship from Europe and European people painted by Kano school painters


 あるジパングの美術史家は、私がスペアだったのだと述べた。少年は3人しか要らなかったのだ。そのころドイツやオランダがプロテスタントに、イギリスが国教会に改宗し、カトリックから離れて行った。ローマのパパ(教皇)は息子たちを失った…そこへ、はるか東の国から新しい息子がやって来た!それも三人!東方三博士の再来だ!

どうして寄りによってローマで、風邪なんか引いてしまったのだろう。旅の疲れが出たんだ、ゆっくり休んでいなさいと皆が言う。けれど、マンショはトレドで疱瘡になったし、マルチノはマドリッドで不整脈と高熱に苦しんだ。たかが風邪くらい…いやいや、ご高齢の法王様にうつしたら大変だ、ご遠慮しなさい。そして結局、グレゴリウス13世との謁見はおろか、新しく就任したシスト5世の戴冠式にも出席させてもらえなかった。


 A Japanese art historian, WAKAKUWA Midori said that I was a spair member.They needed only THREE boys. Papa in Roman Catholic Church has lost Protestant sons, i.e., Germany, Holland, etc. at that time. But his new sons have arrived from Far East! THREE oriental boys! The Magi’s second advent!

Why did I catch a cold in Rome of all places! Everyone said to me that I was fatigued from the trip. But in Tredo, Mancio had been attacked with the small pox and in Madrid, Martino had had a high fever and an irregular pulse. It was just a cold, butthey persuaded me to stay in bed in order not to give a cold to the aged Pope. In the end, I could not meet officially not only Gregory XIII but also Sixtus V.


c0345705_11410924.jpg
「天正遣欧少年使節がたどったイタリア」展覧会図録


これは正使マンショの肖像画…2年半の船旅と、冬でも強い南欧の陽射しで、私たちは浅黒く日焼けしていた。けれど、ここまで黒くはなかった。それに、マンショは一番年長だったとはいえ、これほど大人びてはいなかった。このもみ上げの男くさいこと!
 この肖像画は、若桑みどりの没後7年目に発見された。ああ、やはり彼女の説は正しかったんだ。ここには年かさの東方博士のイメージが重ねられているに違いない。マンショの絵は、彼女の説を裏付け、彼女の労作に応えたのだ。その赤い唇は、研究半ばにして倒れたイタリア美術史家に微笑みかけているかのようだ。


Here is a portrait of Manciotrue that we have been suntanned during our voyage and stay in Portugal, Spain, and Italy, but not so black! And Mancio did not look so macho. What manly sideburns!

This portrait was discovered seven years after the death of that art historian, 2014. Ah, her hypothesis was correct! The image of senior Magi might be superimposed on his figure. This picture seems to support that hypothesis and smile to the art historian who died halfway through her study on Italian art.


c0345705_10462265.jpg
『天正遣欧少年使節の教皇謁見に関する報告書』の挿絵(同展覧会図録)
Avisi Venuti Novamente da Roma delli XXIII di Marzo M D LXXXV.


どうか私を憐れまないでほしい。きらびやかなパレードに交じることも、カステル・サン・タンジエロ(聖天使城)の橋を渡ることもなく、ただ祝砲の音を遠くから聞くほかなかった私を。法王様にハグされ熱い涙を注がれることもなく、フランスやヴェネツィアの公使とともに華々しく旗をかつぐこともなかった私を。

誰が知ろう、落胆した者、挫折した者、心に空洞をもつ者こそが、それを埋めるために残りの人生を捧げ尽くすことが出来るということを。挫折は強靭なバネとなるのだ。漁村出の一少年だった私が、マンショとともにマカオに留学して司祭となり、迫害を耐え抜き、信仰を全うできたのは、ローマで枕を濡らす悔しさを味わったおかげかもしれない。

 Please do not pity me, the forth boy who could not participate in that flowery parade crossing ponte Sant'Angelo and could only hear the salute of guns from far away. The forth boy who was not hugged by Papa and did not carry the flag with French and Venezian ministers.

You know, those who are dissapointed, discorraged and feel so empty inside CAN devote the rest of their lives to the compensation. You can use the frustration as a springboard! This boy from a fishing village was to study in Macau and become a priest with Mancio and to endure persecution alone to fulfill the faithTHANKS TO the chagrin in Rome, where I drenched my pillow with tears….


c0345705_13151885.jpg

アドベントのパレード(1999年)* Parade in Advent, Firenze (1999)


 4人の少年のうち、殉教したのは私一人だった。寛永10年(1633)、初めての鎖国令が出された年のことだ。私は外国人神父や修道士らとともに、暗黒の穴に逆さ吊りにされた。還暦を越えた老身が何日耐え得たのか、数えるすべもなかった。朦朧として、何も聞こえなくなった耳に、ただ、かすかに、半世紀前に船上で友らと聞いた、山上の説教の朗読がこだましていた。―

「敵をし、迫害する者のために祈りなさい。天にいますあなた方の父の子となれるように…」

それから374年後の20076月、私は教皇ベネディクト16世から福者に列せられた。グレゴリウス13世やシスト5世、そしてペトロに連なる法王様から…。このよき知らせは、その年の10月に亡くなった美術史家の耳にもきっと届いたに違いない。

The forth boy was to be a single martyr out of the four, in 1633, when the first national seclusion order was issued. I was hung upside down over a black hole with foreign priests and monks. How many days did I live, a priest over sixty? In my muffled ears, a phrase was echoing of the Sermon on the Mount I had heard on our deck fifty years before.

love your enemies, and pray for those who persecute you in order that you may be sons of your Father who is in heaven

374 years later, in June 2007, I was beatified by Pope Benedict XVI. This good news should have reached the ears of that Japanese art historian who died in November in that year.



f0374041_10033227.jpg

」の蝋燭*アドベント第4主日(12月24日)
LOVE*Fourth Sunday of Advent(24 December)


こそがすべてと歌ひしビートルズ四本ならぶ蝋燭のごと

All you need is LOVE!  
The Beatles sang
like four Advent canldes
 
in my childhood.





すべての人にとって平和に満たされたクリスマスになりますように。希望喜びに満ちた年が訪れますように

I wish you Christmas filled with PEACE and LOVE, and New Year filled with HOPE and JOY


c0345705_16173353.jpg
おまけ*フィレンツェの街角の二人(1999年) Firenze, Advent in 1999


All Rights Reserved




[PR]


c0345705_16125550.jpg
港町神戸のステンドグラス

玻璃窓を旅せん 長崎 マカオ ゴア リスボン リヴォリ そして羅馬へ

Let's travel in the stained glass from Nagasaki to Macau, Goa, Lisbon, Rivoli and Rome!

c0345705_11551795.jpg
「遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節の見たイタリア」展覧会図録 * French pamphlet (1585)
 

私は死んだ。マカオで。中国最古のヨーロッパ植民地で。マカオの港から海を渡れば、2000キロ彼方に長崎の港がある。しかし、私は鳥ではないから海を越えられない。キリスト教はご法度だから、船で帰ることもかなわない。天平の昔、唐で没した阿倍仲麻呂のように、私は西暦1629年にマカオで客死した。

I died abroad…in Macau, the oldest European colony in China. It is about two thousand kilometers from Macau Harbour to Nagasaki Port. But I cannot cross the ocean because I am not a bird. I cannot return to my country because Christianity has been banned. ― I died in Macau in 1629, like Abe-no-Nakamaro who had died in China in 770.



「阿倍仲麻呂」の画像検索結果 阿倍仲麻呂*Abe-no-Nakamaro on carta(wikipedia)
c0345705_10403183.jpg

 マカオは、しかし、私にとって親しい土地であった。天正少年遣欧使節団の船は、季節風を待って、この港町に10カ月も留め置かれたのだ。大聖堂や修道院、司教館が私たちを迎えた。日本の南蛮寺とは全く異なる壮麗な建築…そこには、まだ見ぬヨーロッパがあった。私たちはレジデンシアに滞在し、そこから宗教儀式に参列し、音楽を学び、語学を鍛えられた。
 これはマンショがのちに綴ったレターだ。流麗かつ几帳面な筆跡であろう?彼はいつも勤勉だった…
「いやいや、マルチノの暗記力と発音、抑揚には脱帽たい…声もてげ良か……われん朗読を聞くと、力ば湧いてくるばい」
 彼は船酔いには強かったが、マカオから出た船の上で熱病に倒れたのだ。
「マンショ、熱はだいぶ下がったけん、きばらんしゃい。ゴアまであと少したい」


 Macau was, however, a familiar place for me. Our ship had to stop there for ten months waiting for the seasonal wind. The Cathedral, seminarios, and churches greeted four boys. They were completely different from Japanese wooden churches. These stone buildings were “the Europe” for us, that we had not seen yet. We stayed in Residence and went to mass, learned music and languages.

 Here is a letter that Mancio wrote later. Flowing and methodical handwriting, isn’t it? He was always diligent

Oh, Martino, YOUR memory, pronunciation, rhythm and intonation are wonderful! …YOU have a fine voice… your recitation always cheers me up…”

 He was a good sailor, but he caught a fever on the ship from Macau for Goa.

“Mancio, your temperature is going down, bon courage! We will arrive in Goa soon!


c0345705_15424999.jpg


 日本にいる時から、私は語学に長けていた。少年使節の副使に選ばれたのはそのためだろう。ゴアでラテン語のオラティオ(演説)を任されたのも私だった。
 生来私は文字というものが好きであった。子供のころから手習いを好んだし、セミナリオでローマ字なるものを見たときは好奇心をかきたてられた。下枝に並んだ小鳥のようなこの不思議な形が、何を意味するのか分かるようになりたい!

I had been already good at languages in Japan. Thanks to that I was chosen as a vice commander. It was I that delivered a long oratio (oration) in Latin in Goa on our way home.

I liked the character by nature. I liked practicing calligraphy since my childhood, and then was excited by European letters, the alphabet. I wanna learn to understand what these mysterious figures mean like a row of birds on a branch!


(ナイチンゲールのさえずり)

 ポルトガル語を習い始めると、その響きにも魅せられた。まるで鳥のさえずりか、音楽を聴いているようだ。琴や琵琶ではない、オルガンやクラヴォの節回しと突き上げるようなリズム…おお、これは我らが馬上で感じるリズムと同じだ。

マルチノ、あなたは耳がいいですね。ああ、聞かせてあげたい…わが故郷イタリアでは、小鳥もメロディアスにさえずるのですよ」
ヴァリニャーノ先生はおっしゃった。イエズス会巡察使にしてセミナリオの創設者、我らを少年使節として送り出した恩人である。


 When I began to learn Portuguese, I was charmed by its sounds. Just like bird’s song or the music, not the koto-harp or biwa-lute, but the organ and cravo’s melody and rythme
Auftakt (up beat) on my horse’s back!

“Martino, you have keen ears. I want to let you listen to our birds’ melodious songs in Italy!” Padre Valignanosaid to me. https://en.wikipedia.org/wiki/Alessandro_Valignano


a0332314_22581114.jpg
百合鷗 (a lily gull with red legs)


 さらにラテン語を学ぶと、ポルトガル語の背骨に触れた気がした。大伽藍のように巧緻で堅牢な、はるか古典古代へとさかのぼる言葉。教会のミサで語られ、歌われ、法王様のもとで日々用いられる言葉…
 じつはポルトガル語とラテン語との距離は、日本語と漢文の距離よりもずっと近いのだ。自らの母語に近しい、ゆるぎない拠り所をもつポルトガルやイタリアの人々がうらやましかった。そんな私にヴァリニャーノ先生はおっしゃった。
「ラテン語も大事だが、日本語も深く学ぶべきです。母語は外国語習得の礎(いしずえ)ですから」

 司祭になるには、ラテン語で神学や哲学を学ばねばならない。その一方で、外国語の書物を翻訳するために、日本語力も求められる。両者は鳥の双の翼のようなものだ。
「日本人は忍耐強く、理性を備え、古代ローマ人のように優秀な民族です。マルチノ、あなたならきっと東西の言語で羽ばたける」

 Latin seemed for me the backbone of Portuguese. This cathedral of language is elaborate and durable going back to the classical antiquity, is the language used in the church and around Papa for everyday conversation

You know, the distance between Portuguese and Latin is nearer than that between Japanese and Chinese. I envied Portuguese and Italian people who have their Urspraphe (root language), a firm foothold. Padre Valignano said to me.

“True that Latin is important, but you should master Japanese first of all. The mother language is the basis for learning foreign ones.”

 While we should learn theology and philosophy in Latin to become a priest, we should translate books in foreing languages into correct and clear Japanese. Japanese and foreign languages are like a pair of wings of a bird crossing the ocean.

”Japanese people are patient, rational, and excellent like the ancient Romans. Martino, you can fly with that pair of wings.”


c0345705_14083722.jpg

少年使節の署名入りの書状*You find four boys' signatures on this letter.



 少年使節団とともに帰国したのが、グーテンベルクの活版印刷機だ。これでポルトガル語の辞典を印刷できる!キリスト教の本はもちろん、日本語版『イソップ寓話集』やポルトガル語版『平家物語』『和漢朗詠集』なんてどうだろう?私たちが印刷する本は、日本とヨーロッパの架け橋になるのだ。

 私はコレジオを出た後、なつかしいマカオに留学し、帰国後マンショやジュリアンとともに司祭になった。ラテン・ポルトガル・日本語辞典を編纂し、『こんてんむつすむん地』を出版した。また、通詞として様々な政治交渉に立ち会い、顔が知られるようになった。皮肉にもそれが我が身の国外追放へとつながった。

The Gutenberg-style letterpress printing machine arrived in Japan with us! Now wecan print the Portuguese dictionary! Not only the books on Christianity but alsofor example, how about Aesop's Fables in Japanese, Tale of Heike in Portuguese, etc.!? The books that we are going to translate will serve as a bridge between Japan and Europe.

After graduating the collegio (Jesuit-founded Japanese college), I studied in fondly‐remembered Macau and became a priest with Mancio and Jurian after returning home. I compiled a Latin-Portuguese-Japanese dictionary and published CONTEMPTVS MVNDI in Japanese. I attended not a few political negotiations as an interpreter, which ironically led to my deportation with my companions in 1614.



c0345705_10392195.jpg

マカオ大聖堂のファサードのマリア像は、日本の菊の浮彫で飾られているそうです (google search)
Santa Maria of Saint Paul's Church
in Macau decorated with chrysanthemums (Japanese national flower)



 みたびマカオへ…東洋と西洋の交わる町へ!仲間とともに国を追われてからも、フランシスコ・ザビエルの伝記を日本語で出版し、『日本教会史』を共同執筆した。日本の同胞の無事を祈りつつ、無我夢中で働いているうち、あっと思うと私は病で天に召されていた。
 語学という天職に一生を捧げ、思い出深いマカオの大聖堂地下墓室に、ヴァリニャーノ先生とともに眠る私。故郷へは帰れなかったが、私は、4人の中でいちばん喜び多き人生を送ったのかも
しれない。(つづく)

Again to Macau, the town of intersection of the East and the West, where I published Japanese biography of Francis Xavier, collaborated in writing Japanese Church History. While praying safety of my "brothers" in Japan, I worked hard to fall sick and find myself drawn up to Heaven.

I devoted myself to my vocation, translation, and have slept in the catacombs of Saint Paul's Church with Padre Valignano. Although died abroad, I might have led the most joyful life among us, four boys.


f0374041_08525983.jpg
喜び」の蝋燭*アドベント第3主日(1217日)

JOYThird Sunday of Advent17 December)



歓喜(フロイデ)!千の聴衆とわが友と歌ひし第九の季節ふたたび

FREUDE
einmal sang ich die Neun 
mit tausend Zuhören
und meiner Freundin…
 
die Zeit kommt
dieses Jahr auch

und die Zeit von Santa Claus 。。。
「santa claus ももさへづり」の画像検索結果

c0345705_14182426.jpg
おまけ*パドヴァのクリスマス飾り(1999年)*パドヴァ大学はヴァリニャーノの母校です
Bonus
Padova, Advent in 1999Alessandro Valignano is a graduate of Padova University.


参考文献*
若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』(集英社)
鈴木範久『聖書の日本語―翻訳の歴史』(岩波書店)
皆川達夫『キリシタン音楽入門』(日本キリスト教団出版局)

To be continued


もひとつ、おまけ*今日は最終回Bonuson the horse's back
http://www.nhk.or.jp/naotora/
関連画像

かしらを乗せた南蛮船は…
c0345705_07012169.jpg

All Rights Reserved





[PR]
c0345705_13565469.jpg
Padova, Italia(1999)


 日本の蛙の詩人、草野心平はイタリアの蛙の詩も書いている。生物学者ガルヴァーニによる生物電流実験(生きた蛙は使われなかったようだが…)から着想したらしい。
 外国の詩を元の音で読みたくて、いくつかの外国語をかじってきたsnowdrop。しかし、この詩だけは、イタリア語で聞いてみたいと思う。そうだ、いっそ自分で訳してしまおう。
 
The poet of frogs in Japan ” KUSANO Shinpei(1903-88), wrote a poem on a frog in Italia also. Luigi Galvani
1737-98inspired him. (In fact, the biologist used a dead frog.) Snowdrop loves to read the poem in the original, but she prefers to hear this one in Italian, even in her own unskillful translation…


c0345705_16412183.jpg
(Osaka, 2015)


ケロッケ自伝 草野心平

ボロニア郊外の。
睡蓮の池に私は生まれた。
かいつぶりが逆立ちになって空をけるのを。
私はこわいものみたさに眺めていた。
私の名前はケロッケといふが。
これは私が自分でつけた名前である。
或る日私は網にかかった。
そのまま私は大学へ行った。
カルヴァニの実験室である。
多分学生かなんかだろう。
船唄を鼻でうたひながらとほっていった。
一七八〇年のその日の午後。
私の腹にメスが入った。
世界にはじめて電流の念が生まれたのである。
私は死んだ。
私はいまどこにもゐない。
イタリアの天は美しかった。



c0345705_05573423.jpg
(Roma, 1999)


Autobiografia di Kerokke   KUSANO Shinpei 
traduzione di snowdrop

Io nacqui in un stagno di ninfee

Nei sobborghi di Borogna.

Guardavo un tuffetto fare la verticale sull' acqua e calciare l’ aria

Nonostante la paura, per curiosità.

Mi chiamo Kerokke,

Il nome dato di persona.

Un giorno fui caduto in un retino.

Fui portato all’ università,

Al laboratorio di Galvani.

Forse un student…

Passavo canticchiando una barcarola.

Nel pormeriggio del giorno nell' anno 1780

Un bisturi entrò nella mia pancia.

Nacque l’ idea dell' elettricità biologica per la prima volta della Terra.

Sono morto.

Non ci sono più in nessun posto.

Era bello il cielo d’ Italia!



c0345705_15092631.jpg
イタリア・ルネサンスの画家ジォットの描いた星空
Cappella degli Scrovegni, Padova (Giotto calendar 2000)


草野心平は宮澤賢治のもっとも良き理解者だった。心平のエッセイには『宮澤賢治覚書』が、
賢治の童話には『蛙のゴム靴』がある。

KUSANO Shinpei understood best MIYAZAWA Kenji during the latter's lifetime also.


a0332314_20300918.jpg
蛙のかたちの夕雲 * frog-shaped clouds(Nara, 2015)



夕空にあかね蛙の連れだちて星のともしび点くときを待つ


Dans le ciel deux rainettes roses attendent le temps d’ allumer des réverbères d’ étoiles.



c0345705_14015919.jpg

「逆立ちになって空をける」水鳥(鴨川デルタ、2015年)

… fare la verticale sull' acqua e calciare l’ aria(Kamo River Delta, Kyoto)

(5月下旬記*written in May




(All Rights Reserved)




[PR]
c0345705_07383849.jpg

麦秋(滋賀)(Shiga, Japon, 2011



Ambarvaliaあむばるわりあ)という不思議な名前の詩集があります。ローマの穀物祭を意味するといいます。語源的には、ambi(~の周りを)+arvum(畑)で、清めるべき畑の周りを歩くさまを表わしているとか。五月の終り、麦秋のころのお祭りです。


Il y a un recueil poétique dont le titre est Ambarvalia. Il s' agit d' une fête célébrée à Rome pour favoriser la récolte au mois de mai. Etymologiquement il vient du latin « ambire arva » qui signifie « tourner autour des champs ».



c0345705_07394568.jpg

Campo d' orzo (Shiga, 2011)



ここに集まるすべての人に恵を与えよ。(…)我が穀物と野の清めるバックスよ 我れへ来れ(…)セレースよ 汝の顳顬(こめかみ)を麦の耳で飾れ(…)―西脇順三郎「あむばるわりあ」

Date la benedizione a tutte le genti qui! (…)Bacco che purifica i miei cereali e campi, venite a me! (…)Ceres, ornete i suoi capelli della spiga d' orzo! Ambarvalia, NISHIWAKI Junzaburo (1894-1982) (traduzione di snowdrop)

http://www.allposters.com/-sp/Ancient-Roman-Harvest-Festival-in-Honour-of-Ceres-Posters_i9963908_.htm( 祭りの絵)
https://www.youtube.com/watch?v=X83IYWmcEFg
( 古代ローマの音楽*Anceint Roman Music)


c0345705_07035826.jpg
万葉植物園(Ear of wheat in May, Nara



2016年87日は立秋です。麦秋から二カ月余り、隣村の稲はまだ穂をつけていません。ただ朝露がまるくきらめいているばかり。


Aujourd’hui…la canicule (24° au petit matin, 35° avant midi). Mais le 7 août, 2016 tombe le premier jour de l’ automne au calendrier japonais. La moisson de blé est déjà passée, et le riz n' a que feuilles avec des rosées.


c0345705_07055851.jpg
c0345705_09404300.jpg



夏ふかみ青く茂れる稲の葉におく白露の消ぬべくもおもふ



遠くでにじむ、うすくれないの円い粒は槿(むくげ)の花。近くでゆれるのは野薊。(七月の写真)


L' Hibiscus syriacus, les ronds roses éloignés, avez-vous les trouvé ? Et un chardon avec une coccinelle...(au mois de juillet).




Img_0010_800x600


あけがたの眠りま深き鳥に虫に樹々はささやく潮騒のごと


(A l’ aube, à des oiseaux et insectes qui dorment encore profondément, murmurent les arbres d' été comme le bruit de la mer.)



栗の木は毬(いが)をつけ、栗の実がゆっくり熟れてゆくのを守ろうとしています。葉陰では蝉が朝の眠りを貪っています。


Un châtaignier a des bogues qui protegeront des marrons jusqu’ à l’ automne. Dans son feuillage, il y a une grosse dormeuse, une cigale.



Img_0004_800x471


珊瑚樹茄子(プチトマト)は昼の光をいっぱいに浴びて、みるみる色づいてゆきます。蝉たちは夜明けの光を待たず、順に殻を破り、飛び立ちます。日ごとに増えてゆく空蝉(うつせみ)。


Tomates cerises dans notre petit potager
deviennent vite rouges à cause des coups de soleil pendant la journée. Avant le jour, des cigales éclosent par ordre. Seulement restent leurs utsu-semi (dépouilles).



Img_0002_800x578


La récolte dans le potager est bonne aujourd’hui. Haishi doudou! (=geegee! ≠ hej då !)



太陽の光みなぎる珊瑚樹茄子われらの血となり身内をめぐれ


(Tomates cerises de rouge du soleil, devenez notre sang et circulez dans notre corps! )



さ庭で摘んだプチトマトは、口やお腹のなかと同じぬくもり。


Nos tomates cerises sont aussi chaudes que nos bouches et estomacs.



Img_0004_800x543「」の画像検索結果


伊藤若冲「蔬菜図押絵貼屏風」 * 若冲は京都の青物問屋(八百屋)の主人でした。
L
égumes par ITO Jakuchu, un marchand-de-légumes-peintre (pinterest)



茄子の実は小角(おつの)とおて小やう



隣村の畑では茄子が実っていました。八百屋の茄子でも新しければ、星形の鋭いへたが、人の指をちくりと刺します。

Dans un village voisin, une aubergine a mûri. Son calice comme une étoile aubergine ou les cornes de Bacchus, ça me pique.



Img_0004_800x600_2

Img_0871_1024x768


友の住む町は
南京終町(みなみきょうばてちょう)れと



かぼちゃは唐茄子ともいいます。関西では南京と呼ばれます。温暖な異国から伝わった野菜です。一昨年の秋、山辺の道で見つけた鳥のかたちの南京さんは瓜の味がしました。


La citrouille est introduite de l’ étranger. Le nom Kabocha vient de
Camboja, Tou-nasu de l’ aubergine chinoise.



Img_0008_800x600


母の乳しらぬわらべは無花果の茎の乳なめ をとめとなりぬ


(Un enfant qui ne savait pas le lait maternel, elle léchait du lait d’ un figuier et est devenue une jeune fille.)



無花果(いちぢく)がふくらんでゆきます。夏休みに、ひよどりと競争で食べました。熟しきる前にもぐと、茎からミルクのような白い汁が出ましたっけ。


Des figues se gonflent peu à peu. Je les mangait en rivalisant avec des bulbuls dans mon enfance. Quand on cueille celle verte, la tige sécréte du lait.



「宇治抹茶かき氷 大正ガラス」の画像検索結果

Shaved ice
with syrup and milk (Added Bonus by ggl)

c0345705_07302587.jpg

五月のアリ(片岡梅林)🐜 Fourmi en Mai (sur une prune)

 

五月のミル(映画)* Milou en Mai (Bonus par ggl search)


「」の画像検索結果


(All Rights Reserved)




[PR]
c0345705_07363357.jpg



古都京都にローマの水道橋?いえ、これは明治時代に造られた水路閣です。琵琶湖疎水の分路ですが、南禅寺境内を通るため、景観と調和した意匠になっています。26歳の若者が古代ローマの水道橋をモデルに設計したと言われます。



「」の画像検索結果

竹内栖鳳「羅馬之図」(部分) 
Rome by TAKEUCHI Seihodetail)(1903)(pinterest)



In Kyoto, an ancient capital of Japan, a Roman waterbridge has appeared? Oh no, it is an aquaduct of the Lake Biwa Canal, built in the Meiji era, in 1888. Because it is located in the precincts of the Nanzen-ji Temple, its appearance needed to harmonize with the historical landscape. They say it was a twenty-six-year-old youth that designed it after the Roman aquaducts.



c0345705_07371958.jpg


水路閣のある南禅寺は
13世紀に創建されました。三門からの眺めを「絶景かな」と、石川五右衛門が賛嘆したという伝説があります。(歌舞伎『楼門五三桐』「南禅寺山門の場」)
https://www.youtube.com/watch?v=FLMy69smJz8





c0345705_07393155.jpg


Nanzen-ji Temple was founded in the 13th century. This gate has the legend that Ishikawa Goemon, Japanese Robin Hood figure admired the belvedere (Zekkei kana! ) from upstairs (upper and lower figures).

https://www.youtube.com/watch?v=FLMy69smJz8 (Kabuki"Belvedere! ": 4:50~)

Ishikawa Goemon is the ancestor of Goemon in Lupin The Third.
https://en.wikipedia.org/wiki/Lupin_The_Third https://en.wikipedia.org/wiki/Goemon_Ishikawa_XIII



c0345705_07375211.jpg



疎水に話を戻すと…琵琶湖の水を京都へ流し、水力発電を行う計画でしたが、ほどなく時代遅れの技術となり、いまは防火用水や庭園の水として用いられています。船を運んだインクラインは廃線となりました。



c0345705_09355260.jpg


As for the canal, it had been planned to transport the water of Lake Biwa to Kyoto, but the technique soon became
out-of-date. Even for a while the water powered electric lights must have excited the people in Kyoto, especially the painters such as Shoen and Seiho. Today the water is used for fire fighting and for the streams in several Japanese traditional gardens*. The incline fell into disuse along with the demise of water transportation.

https://en.wikipedia.org/wiki/Lake_Biwa_Canal
https://www.youtube.com/watch?v=O1VO9UxXesg
(無鄰菴庭園 * Murin-an's picturesque garden)*



c0345705_07410411.jpg



疎水沿いの哲学の道は桜の名所です。葉桜の季節、人影はまばらで、哲学しているのは大学の先生ではなく猫たちでした。


The water running on the aquaduct in Nanzen-ji temple flows into this canal. Philosopher's Walk along the canal is a
place famous for cherryblossoms. In May, under green cherry leaves, it was not the university professors but several cats that were walking and meditating.
https://en.wikipedia.org/wiki/Philosopher%27s_Walk (Philosopher's Walk)


c0345705_07415481.jpg



小林古径の「猫」そっくりな猫に出会いました。古径の猫はエジプトの猫の女神、バステトをモデルにしています。金の瞳が神秘的です。


A cat just like Cat by KOBAYASHI KokeiThe painter was inspired by Bastet, a goddess in the ancient Egyptian religion. She loves the music and protects us against diseases and evil spirits. I was charmed by the mysterious gold eyes of a real Bastet in Kyoto.


c0345705_08551356.jpg

Img_0131_500x800奈良町の猫カフェ(Cat café in Nara, 2011


Img_0129_800x622_2奈良の「階段ピラミッド」、頭塔(8c.)
Pyramid-shaped monument in Nara, 2011)

Img_0328_800x600_3エジプトの階段ピラミッド(Saqqara, 2011

Img_0210_1024x764


アスワン・ハイ・ダムの朝陽(
The morning sun in Aswan High Dam, Egypt, 2011)




ひとの造るものも野に咲く草ぐさもかよひ合ふらし洋の東西で


Both artificial buildings and wild flowers resemble each other both in the East and the West.




c0345705_06574040.jpg

狐の釦/牡丹(キツネノボタン)(Ranunculus silerifolius (Kyoto)

c0345705_07465036.jpg

姫紫苑(ヒメジオン)と薊(アザミ)* Daisy fleabane and Thistle in Kyoto


c0345705_09595929.jpg
Villa di Livia, Roma (google search) 



ヴィッラ ディ リヴィア脚
韻をふむ館にて古代の花の絵に
ふみいりぬ


Villa di Livia, dans cette villa dont le nom est comme un poème rimé, j' ai rimé sur des fleurs sauvages de l' antiquité.


https://www.youtube.com/watch?v=rNNLpbz2bRE Liszt: Les jeux d'eau a la Villa d'Este)



c0345705_09581996.jpg

フォロ・ロマーノの猫 * Gatto del Foro Romano (1999)


(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_09581996.jpg
フォロ・ロマーノ Foro Romano (1999)


姫紫苑しとねに元老院の猫春秋しらず世紀を越ゆる


Around the Roman Senato, several cats are sitting on a mattress of Erigeron philadelphicus. They don’ t know whether it is spring or fall and are slumbering beyond the century.(1999)



c0345705_10584142.jpg


ハルジョオン・ヒメジョオン 松任谷由実

川向こうの町から 宵闇が来る

煙突も家並みも 切り絵になって

哀しいほど紅く夕陽は熟れてゆくの

私だけが変わり みんなそのまま

ヒメジョオンに埋もれてくちづけをした

土手と空のあいだを風が渡った

哀しいほど紅く川面はゆれていたの

越していった日から顔も忘れた

哀しいほど紅く 心は燃えているの

思い出すそばから 葬るくせに

哀しいほど紅く夕陽は熟れてゆくの

私だけが変わり みんなそのまま



Img_2165_800x600

春紫苑 Erigeron philadelphicus



Erigeron philadelphicus
Erigeron annuus MATSUTOYA Yumi


From the town beyond the river comes the dusk.

Both the chimneys and rows of houses look like cutout pictures.

The evening sun is ripening so red that I feel sad.

Only I have changed and others are what they were.

Buried in daisies fleabane we kissed

Between the bank and the sky a wind blew through.

The surface of the river was undulating so red that I felt sad.

He moved and since then I have forgotten even his face.

My heart is burning so red that I feel sad,

though I bury our memories as soon as they revive.

The evening sun is ripening so red that I feel sad.

Only I have changed and others are what they were.
(translation of snowdrop)




c0345705_10261374.jpg
姫紫苑 Erigeron annus


snowdrop(森のアネモネ)の愛する野花の歌の動画を見つけました*。五月、桜の終わった土手に、春紫苑や野薊、金鳳花などがゆれています。「私だけが変わり みんなそのまま」…この一節は次の古歌を裏返したものでしょうか。


Snowdrop in the woods (anemone sylvestris) found her favorite song on a wild flower in a video site
*. In May, under the cherry trees, various wild flowers bloom
daisy fleabane, thistle, buttercup or ranunculus silerifolius (whose seeds are compared to button of fox or confeito grass in Japanese). "Only I have changed and others are what they were"…is this refrain the antithesis of the following waka?



c0345705_10232499.jpg


月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身ひとつはもとの身にして 
在原業平 (伊勢物語第四段)


(月はちがう月なのか。春は過ぎた年の春ではないのか。私だけが昔のままで、すべては変わってしまったのだろうか)


The moon and the spring are no longer the same as those of last year? Only I am what I was and others have all changed?
Ariwara no Narihira, The Tales of Ise (translation of snowdrop)

Est-ce que la lune et le printemps ne sont pas même à ceux de l’ an dernier? Ils s'en vont et je seulement demeure? 
Ariwara no Narihira, Les Contes d' Ise (traduction of snowdrop)

https://www.youtube.com/watch?v=_Gf4379gdTc
 Reggiani chantant et disant Pont Mirabeau



Img_0703_800x630


詩仙堂の紫苑(aster tataricus in Kyoto, 2014)


春紫苑、姫紫苑の名は秋草の紫苑から来ています。春に咲く紫苑、あるいは小さな(姫)紫苑と見立てたのです。

In Japanese, the erigeron philadelphicus and erigeron annuus are compared to the aster tataricus in autumn. That is, the spring aster and the small aster.


Img_0707_800x600_4


秋の野花の歌を見つけました。こちらはシャンソン、イヌサフランの歌です。英語だと「秋のクロッカス」…「春のシオン」と正反対ですね。

Here is a chanson on an autumnal wild flower, the autumn crocus, which is the contary to the spring aster.
https://www.youtube.com/watch?v=2Tgla6uJfI8
  Colchiques dans les prés 


「colchicum autumnale」の画像検索結果
Colchiques by Joseph Prestele (pinterest) 


Paroles Automne (Colchiques dans les prés) Francis Cabrel

Colchiques dans les près
Fleurissent, fleurissent
Colchiques dans les près
C'est la fin de l' été
La feuille d' automne
Emportée par le vent
En rondes monotones
Tombe en tourbillonnant
Nuage dans le ciel
S' étire, s' étire
Nuage dans le ciel
S' étire comme une aile
(…)


野原のサフラン 咲いた、咲いた

野原のサフラン 夏の終わりに

風に運ばれ 秋の木の葉が

くるくる舞い降りる モノトーンのロンド

空の雲は

流れる、流れる

一枚の翼のように流れてゆく

(…)
snowdrop翻訳)


Img_1588



水の青
草の花の蒼 春秋のみ空のあをに ひたりて()生きむ


(Le bleu d’ eau,
le mauve des fleurs sauvages, le céladon du ciel printanier, et l’ azur de celui automnal, ils m’ aident à vivre.)



c0345705_15584428.jpg

空を映したかのような瞳(哲学の道の猫)

Celadon eyes of Cat in Philosopher's Walk, Kyoto



この春もめぐりあへるや―否われは十年前の猫にしあらず


Great to see you again!! ― No, I am not the cat that you saw here in the spring ten years ago.




c0345705_16404647.jpg

c0345705_11205739.jpg
松葉海蘭(マツバウンラン)



名も知らぬみづ色の花この春も野を彩れり見るひともなく


La fleur bleue dont le nom je ne sais pas, elle a coloré le pré ce printemps aussi, sans le spectateur.




「albrecht durer」の画像検索結果


デューラーの「苧環(オダマキ)」「叢(くさむら)」「猫」
Ancolie et La grande Touffe d' Herbe , Chat de Dürer (pinterest) 


(All Rights Reserved)

[PR]

c0345705_05573423.jpg
羅馬の松 Pino di Roma (1999)


日本では長らく、林といえば常緑の松林を指していました。霧に包まれた長谷川等伯の松林図は、もっともよく知られる松の絵のひとつでしょう。薄手の紙の上に、墨の濃淡だけで描き出された松林の絵は、未完の作とも、草稿とも考えられてきました。けれども近年、類品が見つかったことなどから、いまは一つの完成作品と見なされています。

Au Japon, longtemps, le bois indiquait la pinède. Ce lavis est l’ un de peintures de la pinède qui sont les plus célèbres. Quelques pins dans le brouillard sont représentés à l’ encre de Chine sur un papier mince, qui était supposée un inachèvement ou un dessin. Mais une chose semblable a été trouvée et ces sont regardés comme un groupe d’ œuvres d’ un certain style de HASEGAWA Tōhaku. https://fr.wikipedia.org/wiki/Hasegawa_T%C5%8Dhaku


c0345705_16033876.jpg

松林図屏風(部分)長谷川等伯』京都国立博物館 Pine Trees HASEGAWA Tohaku (detail)


この、日本の湿りけに満たされた松林の絵を眺めていると、なぜかいつもダンヌンツィオの「雨の松林」という詩が思い出されます。十数年前、雲ひとつない青空のもと、あっけらかんと立つイタリアの傘松を見たときは、印象の落差に愕然としました。それでも、雨の日にこの詩を読むたびに、等伯の松林が、等伯の松林を見るたびにこの詩が、なつかしくなるのです。

Ce lavis plain de humidité japonaise toujours me rappelle un poème italien, “La Pioggia nel Pineto” par D’Annunzio. J’ ai été frappé par le fossé entre le pin sous le ciel bleu italien et celui dans le brouillard japonais il y a seize ans. Et pourtant je ne peux pas lire ce poème sans imaginer ce lavis, et pas voir ce lavis sans évoquer ce poème.



c0345705_17240266.jpg



霜月八日は立冬。昨日までは秋霖と呼ばれた雨が、今日からは時雨となります。(萬葉集などには、神無月の時雨も出てきますが…)蕭蕭[ʃōʃō]と降りそそぐ雨の音に誘われ、この詩を訳せるところまで訳してみましょう…あら、蝉や蛙が出てきました。夏の詩だったのですね!残りはきたる水無月に…それまでに、仏訳や英訳が見つかっているといいのですが。ちなみに、イタリアの雨の音は[]や[pit]の音でも表現されています。

Le 8 novembre est le premier jour de l’ hiver au Japon. La pluie qui a été appelé shūrin hier, c' est shigure aujourd’ hui. En écoutant le bruit de la pluie “shō shō” [ʃōʃō] (adv., onomatopée), je m’ essaie à le traduireoups! des cigales et une rainette sont apparus! C’ est un poème d’ été! Le rest, je le traduirai l’ an prochain. J’ espère que j’ aurai trouvé une bonne traduction anglaise / française. Le bruit de la pluie italienne est exprimé par [] et [pit] aussi.




(右隻)



松林図屏風(左隻)



La Pioggia nel Pineto ― D’Annunzio

Taci. Su le soglie
del bosco non odo
parole che dici
umane; ma odo
parole più nuove
che parlano gocciole e foglie
lontane.
Ascolta. Piove
dalle nuvole sparse.
Piove su le tamerici
salmastre ed arse,
piove sui pini
scagliosi ed irti,
piove sui mirti
divini,
su le ginestre fulgenti
di fiori accolti,
su i ginepri folti
di coccole aulenti,
piove sui nostri volti
silvani,
piove sulle nostre mani
ignude,
sui nostri vestimenti
leggieri,
su i freschi pensieri
che l'anima schiude
novella,
su la favola bella
che ieri
t'illuse, che oggi m'illude,
o Ermione

Odi? La pioggia cade
su la solitaria
verdura
con un crepitio che dura
e varia nell'aria
secondo le fronde
più rade, men rade.
Ascolta. Risponde
al pianto il canto
delle cicale
che il pianto australe
non impaura,
nè il ciel cinerino.
E il pino
ha un suono, e il mirto
altro suono, e il ginepro
altro ancora, stromenti
diversi
sotto innumerevoli dita.
E immersi
noi siam nello spirto
silvestre,
d'arborea vita viventi;
e il tuo volto ebro
è molle di pioggia
come un foglia,
e le tue chiome
auliscono come
le chiare ginestre,
o creatura terrestre
che hai nome
Ermione.

Ascolta, ascolta. L'accordo
delle aeree cicale
a poco a poco
più sordo
si fa sotto il pianto
che cresce;
ma un canto vi si mesce
più roco
che di laggiù sale,
dall' umida ombra remota.
più sordo e più fioco
s'allenta, si spegne.
Sola una nota
ancora trema, si spegne,
risorge, treme, si spegne.
Non s'ode voce del mare.
Or s'ode su tutta la fronda
crosciare
l'argentea pioggia
che monda,
il croscio che varia
secondo la fronda
più folta, men folta.
Ascolta.
La figlia dell'aria
è muta; ma la figlia
del limo lontane,
la rana,
canta nell'ombra più fonda,
chi sa dove, chi sa dove!
E piove su le tue ciglia,
Ermione.

Piove su le tue ciglia nere
sì che par tu pianga
ma di piacere; non bianca
ma quasi fatta virente,
par da scorza tu esca.
E tutta la vita è in noi fresca
aulente,
il cuor nel petto è come pesca
intatta,
tra le palpebre gli occhi
son come polle tra l'erbe,
i denti negli alveoli
son come mandorle acerbe.
E andiam di fratta in fratta,
or congiunti or disciolti
(e il verde vigor rude
ci allaccia i malleoli
c'intrica i ginocchi)
chi sa dove, chi sa dove!
E piove su i nostri volti
silvani,
piove sulle nostre mani
ignude,
sui nostri vestimenti
leggieri,
su i freschi pensieri
che l'anima schiude
novella,
su la favola bella
che ieri
m'illuse, che oggi t'illude,
o Ermione.
G. D'Annunzio(1863-1938)


松林の雨 ダンヌンツィオ

しぃ…っ林の入口で

君のいう人の声は
僕には聞こえない
でも、遠くで
もっと耳慣れない
小さな雫と松葉の語る言葉が
聞こえる
聴いて 雨だ
まばらな雲から
しょっぱく乾き切った
タマリスクに降る
鱗の幹と針葉をもつ
松の木々に降る

女神の銀盃花に降る
まばゆい金雀枝の
花房に降る
香り高い実をつける
柏槇(ビャクシン)に降る

僕らの顔に降る
森の生き物たる
僕らの素手に降る
僕らの薄衣に降る
生き返った魂が明かす
みずみずしい思いの上に降る
昨日は君を欺き
今日は僕を欺く
うつくしい物語の上に降る
ああ、ヘルミオネー


聞こえるかい
雨が落ちてくる
人けのない緑の林に
蕭蕭と
まばらな また密な
葉むらによって
さまざまに変わる
雨音をたてて
(…)
 

そして 松は
ひとつの音を出す 銀盃花は
別の音を出す 柏槇

さらに別の音を出す 

無数の指が爪弾く

さまざまな
楽器

(…)

僕らは 森の

魂にひたる

木のいのちを

生きる

恍惚とした君の顔は

一枚の葉のように

雨に濡れそぼつ

君の髪は

あかるい金雀枝の
ように薫る

ああ、大地の生き物よ

その名は

ヘルミオネー`Eρμιόνη)

(…)

(snowdrop抄訳)


Photo_5




秋霖やかそけく誦するダンヌンチオ


Sotto la pioggia autunnale, sto canticchiando una poesia di D’Annunzio, La Pioggia nel Pineto.) (2014)



ひさかたの天よりおつる秋霖は紗の帳もて林をつつむ

La pluie autumnale vient du ciel lointain et entoure une pinède du voile fin.



c0345705_15372327.jpg




伊太利の傘松林の初しぐれ上つ枝下つ枝に玲瓏とふる


(
いたりいの かさまつばやしの はつしぐれ ほつえ しづえに れいろうと ふる)


(La première averse d' hiver sul pineto, elle verse sur branches hautes et celles basses. )





Img_1676


霧ふかき朝はまばゆき昼呼ぶと知れどもしばし心もとなく

(Bien que nous sachions que le matin brumeux est un préavis du jour ébrouissant, nous nous sentons inquiet un certain temps.)



柿の葉の色づき落つる朝の気に冬の吐息の忍びいりたり 
黒ネコ


Dans l' air matinal où des feuilles d’ un plaqueminier rougissent et tombent, s’ est glissé un soupir de l’ hiver.
(Kuro-neko:Chat noir)




Img_1671


鳥や獣のために木に残す幾つかの柿を木      守り柿といいます。


Nous Japonais gardons quelques kaki à l' oiseau
, qui sont appelés Komori-gaki
<kimori kaki.


c0345705_17435773.jpg

ペルシアの薔薇と鶯(ウグイス)
Binding of a Divan of Hafiz with a gul-o bulbul ﺑﻠﺒﻞ motif, Iran, 19c. (detail) g.s.



雨だれをくぐり鵯(ヒヨドリ)さけべども木守の柿はぢつと動かず


While brown-eared bulbuls chirp through raindrops, several komori-gaki keep silence.)

https://www.youtube.com/watch?v=SOLBKeZau8c



c0345705_17270785.jpg
Maple by HASEGAWA Tohaku (circa 1592)(detail) 『長谷川等伯』京都国立博物館


等伯は美しい斑紅葉(むらもみじ)の絵をも残しています。これは幼い独り子を亡くした豊臣秀吉の依頼で描かれました。真紅に色づく前の、緑や薄紅のみずみずしい葉むらは、錦秋を迎えることなく旅立った幼子への手向けの彩りなのかもしれません。

Tōhaku a peint un autre peinture de l’érable teint légèrement. Ce peinture fut commandé par vieux Toyotomi Hideyoshi qui avait perdu son enfant unique en bas âge. Le feuillage en vert et rouge tendre serait le coloris de l’ offrande à l’enfant qui partit avant sa florison.


c0345705_17302392.jpg



ちさき手のかたちにゆるる薄もみぢあをき水べにいま冴えかへる


Erables en forme de paume petite, dont les couleurs variées brillent au bord de l’eau indigo.


c0345705_17344179.jpg



浄土にて()子は片目をつむりつつ合図おくるや水のまたたきで

Enfant du Paradis nous fait des signes par clins d’œil de l’eau scintillant…tu as souri ?




レスピーギ「ローマの松」


(All Rights Reserved)




[PR]


 旅の初めと終わりをともに過ごしたステファニア。一人ではなく、二人いる。ローマのアヴェンティーノの丘で、猫と戯れる黒髪のステファニア。フィレンツェ郊外へ自分の車で連れて行ってくれた金髪のステファニア。現地ガイドの二人に導かれ訪ねた教会や古代遺跡は、いまもひときわ鮮やかに心に刻まれている。


c0345705_10342945.jpg


 黒髪のステファニアはしっかり者。天使の絵にぼんやり見入る私を急き立て、町なかの細い抜け道を通って目的地へ案内してくれる。朝早い日は手作りのパニーノを持ってきてくれたり、空き時間にボーイフレンドに携帯電話をかけたり、女らしい一面もある。


Ciao,Ciao
と仔猫の声音で彼氏との電話を切れる黒髪のella(彼女)


(チャオ チャオ と こねこの こわねで かれしとの でんわを きれる くろかみの エッラ)



 
 サン・ルイージ・デイ・フランチェージ聖堂を訪れたときのこと。
 堂宇に入ると、聖マタイの生涯を描いた三枚の絵が、三方から祭壇を取り囲んでいる。描いたのはカラヴァッジォ、劇的な明暗表現でバロック絵画への扉を開いた画家である。



c0345705_11432248.jpg
カラヴァッジォ「聖マタイの霊感」Wikipediaより


 正面の絵では、聖マタイが福音書を執筆している。ペンを握りしめたまま振り返っているのは、頭上から不意に天使が舞い降りてきたからだ。
 身にまとった白い布が漆黒の虚空に翻り、ストップモーションのように凝固している。天使の肩や腕は、少年にしては筋肉が盛り上がり力強い。仏教の転法輪印にも似たしなやかな指先とあいまって、「アダムの創造」をはじめとする、ミケランジェロのフレスコ画を思わせる。

 この絵の左隣が有名な「聖マタイの召命」である。収税人だったマタイがキリストに呼び出され、生き方を変える場面だ。須賀敦子に、この絵に言及した随筆がある。
 作家は薄闇のなか、照明装置に硬貨を入れながら絵に見入る。おそらく、今ここにある箱型の装置と同じものだったろう。お金を入れて明かりが点くと同時に、ガチャンと鈍い音が堂内に響きわたる。



c0345705_11044376.jpg
「聖マタイの召命」Wikipediaより

「右手の戸口から入ってきたキリストが、しなやかに手をのばして収税人のマッテオを指さしている。(…)マッテオは(…)自分の胸を指さしている中年の男だ。(…)私は、キリストの対極である左端に描かれた、すべての光から拒まれたような、ひとりの人物に気づいた。(…)そのテーブルにのせた、醜く変形した男の両手だけが克明に描かれ、その手のまえには、まるで銀三十枚でキリストを売ったユダを彷彿させるような銀貨が何枚かころがっていて、彼の周囲は、深い闇にとざされている。カラヴァッジョだ。とっさに私は思った」(『トリエステの坂道』)

  画面の片隅にひっそり坐った男の手が、作家の目を引いたのはなぜか。彼女と同じ場所に立ってみて、すぐに分かった。この絵は祭壇の左壁に位置するので、見る者にとっては画面の右が一番奥に、画面の左が一番手前にくる。だから、左端の男の手が目に飛び込んでくるのだ 
 反対に、画面の右端に立つキリストはひどく遠い。二人のちょうど中間にいるのは、「光を顔に受けた少年」である。この少年もまた画家の自画像ではないかと作家は考える。犯罪や暴力と縁の切れなかった画家の、光と闇の部分を、二人の人物を通して描いたのではないか、と。

 一方、この歪んだ手をもつ左端の人物をマタイとみる説もあるらしい。キリストの手の届かぬところで、両手を握りしめ俯く男。この醜い自画像が次の瞬間、聖なる人物への一歩を踏み出すのだろうか。「最後の審判」の聖バルトロマイの抜け殻に扮したミケランジェロを思い出す。




c0345705_11480039.jpg


 この随筆には、もうひとつの手の記憶が記されている。ローマのカンポ・マルツィオ広場のそばに、作家の敬愛するイタリア女流作家が住んでいた。その黄色い家に、須賀は何度かあたたかく迎えられる。あるとき、主人のナタリア・ギンズブルグは体を悪くしていて、疲れたよわよわしい手でコーヒーをいれてくれた。それが二人で過ごした最後の時間になった。

「もう二度と、ナタリアの声を聞くことはないのだし、あの階段を上がることもないだろう。雨のカンポ・マルツィオ広場で、私は重い現実を支えきれないでいた」(『トリエステの坂道』)
 そう記した作家もまたこの世にいない。今から一年前の春浅い日に旅立った。
 
 そのとき私の目に涙があふれてきたのはなぜだったのか。明かりが消え、絵の前を離れた私の肩をステファニアがそっと抱いてくれた。
「連れて来てくれてありがとう」
そう言うと
「お礼はカラヴァッジォに…」
ささやきが耳に落ちた。

(「天使と金髪のステファニア」に続く)


c0345705_11335523.jpg

 http://ramages.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-67ab.html















 
 


 

[PR]
 ”Do you believe in God ?”
 ぎこちない英語の質問。ここはカトリックの尼僧が経営している宿、いまは夕食の時間だ。がっしりとした血色のいいシスターが、泊り客用のテーブルに次々と料理を並べてくれる。
 前菜にはスープ、プリモ(一皿目)にパスタまたはピッツァ、セコンド(二皿目)に肉料理か魚料理。付け合わせにグリーンサラダとふかふかのパン、ドルチェ(デザート)には真っ白なモツァレラチーズの塊、クリームチーズ、果物。これで1,5000リラ(約1200円)とは良心的だ。今日はスープにカッペッリーニが浮いている。天使の髪の毛ともいわれる細麺パスタが胃にやさしい。食卓には色さまざまな髪の女性旅行者たち。この宿には、原則として26歳以下の女性しか泊まれない。

 旅の情報を交換するにぎやかな空気に誘われ、つい輪に加わるうちに、打ち解けてきたのだろうか。私を見つめるシスターのまるい頬に笑みが浮かび、つぶらなハシバミ色の瞳が輝いている。黒いセーターに真っ白なエプロン。ベールもつけず、短く切りそろえた褐色の髪。明るく歯切れのいい声色。どこを押してもローマ下町の気さくなおばさんだ。
 けれど、白いエプロンの胸で銀の十字架がきらりと光る。食堂の飾りけのない白壁にも、木の十字架が掛かっている。そういえば、ドミトリーや居間のそこここにも、聖母子像やローマ法王の肖像画がさりげなく置かれていた。中庭の茂みの蔭には、聖母マリアの石像がひっそりと立っている。

c0345705_16185925.jpg
中庭で


 たしかに私は天使を探しに来ているのだけれど、天使と同じくらい飛天も好きだ。聖書も読んでみたけれど、仏教の経典にも心惹かれる。私なりにシスターに答えるとしたら…
「なにかひとつの尊いものが私たちを見守っている、そのことは信じています。それがキリストなのか、仏陀なのか、あるいは自然そのものなのかは分からないけれど、なにかひとつのものは存在するのではないでしょうか」
 英語があまり得意ではなさそうなシスターに、イタリア人旅行者が通訳してくれた。最後まで聞き終えたシスターはにっこりと頷いた。

c0345705_16405713.jpg
シスターの執務室(壁の写真は当時の法王ヨハネ・パウロ2世)


 やがてローマを発つ朝がやって来た。レセプションの当番は、あのまるい頬のシスターだ。目が合うや何か早口で話しかけてくる。まだ慣れないイタリア語に考えこんでいると、両手を合わせて頬に当て、目をつぶり口を開けて見せる。「よく眠れた?」というジェスチャーだ。尼僧らしからぬお茶目な仕草に笑いがこみあげてくる。
 「食事は美味しかったし、お庭もお部屋もきれいで快適でした。本当にありがとう」
 するとシスターはいたずらっぽい笑みを浮かべ、両手で自分の胸を叩いてる。数秒、ぽかんとしてからひらめいた。
「私たちのことは気に入った?」
そう言いたいのだ。次の瞬間、私はシスターの首に両腕を回し、抱きついていた。二人の頬があたたかく触れ合う。ほっぺとほっぺのキス、心がひとつに溶け合うのが分かる。(ハグという言葉はまだ知らなかったけれど)

 玄関の扉を押して舗道に降り立ち、ふり返ると、表札に”CASA”という単語が入っているのに気づいた。カーサ、家、その通り、なんて家庭的な宿だろう。
 毎朝七時の鐘の音とともに、中庭に通じる戸の鍵を開けてくれたおばあちゃまシスター、テイクアウトの冷めたピッツァを、奥のキッチンの電子レンジで温め直してくれた無口な若いシスター、私たちを九時に追い出した後、部屋を掃除し、ベッドメイキングしてくれた小太りのシスター。そして目の前の…。日曜の夜には全員でテレビを囲み、ロザリオを鳴らしながら鶏のように賑やかに笑いこけていたっけ。
 そうだ、彼女らこそ、巨大な古都の真ん中で神の家に私たちを迎えてくれた、本物の天使ではないか。

(1999,11,29)










[PR]
c0345705_05381278.jpg



あっけらかんと羅馬の傘松D'Annunzio

雨の松林の陰画なるかも


(あっけらかんと ろーまの かさまつ ダンヌンツィオの あめの しょうりんの いんが なるかも)

(Nonchalantly a pine of Rome looked like a negative of D' Annunzio's pinery.)



c0345705_11484674.jpg
傘松を描いたジノリのカップ a pine tree in Italian tea cup


http://ramages.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-9dfd.html
(Japanese pine forests by HASEGAWA Tohaku)















[PR]