タグ:Ravenna(ラヴェンナ) ( 7 ) タグの人気記事

c0345705_13334278.jpg
by Ediz. Salbaroli

 天使は霊魂だけの存在なので、食事はしない。ただ天上から降りそそぐ雪のようなお菓子、マナを口にするだけという。ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会に、天使がアブラハムの食卓に招かれる場面があるが、このときはアブラハムをがっかりさせないよう、食べるふりだけしたらしい。画面の上方には天使が二人、脚の曲線もなまめかしく、円板を捧げ持って浮かんでいる。「リストランテ+クルス」の看板かメニューに見えなくもない。


Il primo Piatto(第一の皿)

 天使の主食がマナならば、イタリア人の主食はもちろんパスタ。その起源には面白い話がある。パスタを作ったのは魔法使いだが、その様子を隣家の女がのぞいていた。女は、夢で天使が作り方を教えてくれたと言い張り、手柄を横取りしてしまったという。そういえば、スープの浮き実に使われる極細の麺カッペッリーニは、英語でエンゼルヘア(天使の髪の毛)と呼ばれていたっけ…

 髪のような細麺もあれば、讃岐うどん風の太麺ピーチもある。卵入りの平打ち麺フェットッチーネは、一見着色料入りかと思うほど真っ黄色だが、かじれば黄味の風味が口中に広がる。蝶々形のパスタ、ファルファッレは天使の翼のよう。ただ、この二枚の翼の間にセラフィムやケルビムの顔を想像すると、食欲が減退してしまうのだけれど。

c0345705_14242361.jpg
ピーチと付合せのパン

 パンもポピュラーな主食のひとつ。パニーノは歯ごたえのある丸パンを使ったサンドイッチでボリュームがある。食パンを使ったトラメッツィーノはお腹に優しく、疲れたときにお勧め。ラヴェンナのサンルーム風のカフェで頬ばった卵サンドのまろやかさは忘れがたい。

 そしてピッツァ。ピッツェーリアには、前もって焼いたピッツァを切って温めてくれる所と、一から焼いてくれる所とがある。ヴェネツィアの小運河沿いのピッツェーリアでは、陽気なお兄さんが二人、並んで生地をこねていた。ほんのり塩味のきいた香ばしい生地にシンプルなトマトソース。店内にはピッツァ生地でこしらえたクリスマス飾りがぶら下がっていた。

c0345705_14244389.jpg

 お米が恋しくなれば、リゾットの本場ミラノで黄金色のサフラン・リゾットを。カボチャの黄色いリゾットは高級感はないものの、カロチンやビタミンが補給できる。米でも一筋芯の残ったアルデンテは、日本でも定着しつつある。
 もっとも、ヴェネツィアのイカ墨リゾットは歯ごたえがなくぼやけた味がした。見回せば、お客は私と友人の二人だけ。向こうのテーブルでにぎやかに食事を始めたのは、暇そうなコックやカメリエーラたちだった。

c0345705_14363380.jpg
魚介のリゾット

 同じヴェネツィアの主食でも、ポレンタはやさしい味がした。トウモロコシの粉を練って焼き色をつけてある。ほんのりした甘みがどんな料理にも合う。フィレンツェではリボッリータというパン入りのリゾットが、凍えた体を温めてくれた。


Il sedondo piatto(第二の皿)

 ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)は最上のスタミナ源。炭火で焼いた骨付きのキアーナ牛は切り口が真っ赤で柔らかい。とろけんばかりの旨みを、ハーフ・ボトルのキャンティ・ワインが引き立ててくれる。それでも私たちには二人で一皿が精一杯だ。隣のテーブルではおじさんが巨大な肉塊と格闘中。ラヴェンナのモザイク画を思い出す。アブラハムが天使に出した皿に、仔牛が一頭まるまる載っていた。(この記事のトップ、画面向左) 
 ゆるやかな丘陵に囲まれたフィレンツェには兎料理もある。トラットリアのミートソースパスタには兎の挽肉が使ってあった。ふつうの合挽き肉と近い味だが、骨か腱のかけらがコリコリ歯に当たる。トスカーナの野山を駆ける兎のしなやかな脚を想像した。

c0345705_14461983.jpg
Bistecca alla fiorentina


 海や川のある町では魚も豊富だ。海の都ヴェネツィアの人気トラットリアで注文した舌平目のムニエル。無口な老カメリエーレが魚の皿をワゴンで運んできて、目の前で鮮やかに骨を外してくれる。そういえば魚はキリストの象徴、にこりともしないカメリエーレは、キリストの遺体を清める天使に見えなくもない。優雅に盛り付けられた皿を前に友人と嘆声をもらすと、空気の和らぐ気配。見ると、彼は口元に浮かぶ笑みを抑えていた。

c0345705_15070827.jpg
舌平目と焼きポレンタと、cameriere, Nicoに似た肖像画の切り抜きと


Il terzo piatto (第三の皿)

 『農耕詩』の国イタリアでは、旅の野菜不足に悩むことがない。豆の種類が多く、どれもふっくら柔らかい。エンドウ豆のスープや、インゲン豆のトマト煮は、何度食べても飽きないmamma(ママ)の味だ(ウェルギリウスの『農耕詩』の時代にトマトはなかったけれど)。
 フィレンツェのトラットリアでグリーンサラダを頼むと、ボール鉢に山盛りのレタスが出てきた。イタリア人は冬に生野菜を食べないらしい。ひょっとして調理場に余ったレタスを大盤振る舞いしてくれたのだろうか。大量の葉をひたすら咀嚼していると、レタス色の虫が一匹出現!きっと農薬の少ないレタスなのだろう。 

(1999.12.25)


c0345705_15310146.jpg
キアーナ牛のソテーと青虫入り(?)サラダ



















[PR]
c0345705_11564790.jpg
クリスマスの準備

 出発の朝、空はなおも白い雲に覆われていた。通りですれちがう人々は、黒っぽいコートやジャンパーに身を包んでいる。ときおりぱっと鮮やかな赤や黄のリュックが視界をかすめ、自転車といっしょに遠ざかってゆく。
 広場から駅へ続く鈴懸の大通りへ出て、目を見張った。並木のあいだに、雪の結晶形のイルミネーションがずらりと灯っている。ふり返ると、細い路地に架けわたされた星形のイルミネーションもオレンジ色に輝いている。光の下に、脚立に乗った作業員の姿が見える。

 そういえば、今日は12月1日。Natale(ナターレ=クリスマス)の月に入ったので、試験点灯したのだろう。 ほの暗い曇り空に、橙色の光がきれいに連なって見える。まるい光が、鈴懸のまるい実とよく似合う。今宵から黄金色の雪や星くずが、この街の夜空を輝かせるのだ。
 佇んでいると、ラヴェンナの諸堂に散りばめられた黄金テッセラの星が目に浮かんだ。乳白色の空の高みに、天使の白い衣がひるがえる。天使の微笑がミーランの飛天に、そして街の人々の笑顔に連なる。この小さな古都が朝から光をいっぱいに灯して、別れを惜しんでくれている…そんなあたたかな思いに包まれた。
(1999,12,1)



プラタナス彩る光の雪と星 石の夜空と待つ降誕祭


(ぷらたなす いろどる ひかりの ゆきとほし いしのよぞらと まつ くりすます)





Isabella d'Este
のフェッラーラにて乗り継ぎてふり返りつつ目指すヴェネツィア

(イザベラ・デステの フェッラーラにて のりつぎて ふりかえりつつ めざす ヴェネツィア)



ヴェニス行きの列車探せる紫の筒帽の黒人にオセローの影


(ヴェニスゆきの れっしゃ さがせる むらさきの シェシアの おとこに おせろーの かげ)











[PR]
c0345705_10041066.jpg
Battistero Neonianoのそばで "Ecco i mosaici !"



Ravenna
をそぞろ歩けば後足で立ち示す犬 ここにもmosaico


(
ラヴェンナを そぞろあるけば あとあしで たちしめす いぬ ここにも モザイコ)


c0345705_11324998.jpg
Tomba di Dante



『新生』を読まぬさきにダンテの墓に遇ふもひとつの縁とぞ知る


(
しんせいを よまぬさきに だんての はかに あうも ひとつの えにし とぞ しる)



c0345705_11350659.jpg

帰国後詠める


読み初めはダンテの『新生』明窓に重ぬる書のかず吉事祈りて


(よみぞめは だんての しんせい めいそうに かさぬる しょのかず よごと いのりて)





c0345705_19231817.jpg
mosaique de colombes






[PR]

c0345705_15335422.jpg
by Ed.A. Longo snc (2枚)


 ラヴェンナで一番美しいのはサン・ヴィターレ教会(Basilica di San Vitale)だといわれる。石畳の通りを北へ向かうと、塀の向こうに赤レンガの八角堂が見えてくる。広い堂内に大理石のアーチがめぐらされ、内陣が虹色に輝いて見える。そこだけがモザイクで飾られているのだ。
 ルネッタに天の園が広がっている。黄金テッセラの空に赤や青の彩雲がたなびき、川の水が緑の大地を潤す。白百合や赤い花がいちめんに咲き、隅の方に青い孔雀や、愛らしい亀の姿も見える。ところどころに散りばめられた金の粒子が、朝露のように清々しくきらめく。
 じつはこの教会は、朝一番に訪れたサンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂とおなじく、六世紀中葉に、同じ司教によって献堂されている。野原の表現が似かよっているのはそのためだろう。けれども、こちらの野原には天使が二人いる。ほっそり引き締まった天使の顔は、青年キリストのかたわらで天国を守る誇りに輝いて見える。


 
c0345705_15255532.jpg


 天井を仰ぐと、サンタンドレア礼拝堂と同じく四人の天使が浮かんでいる。捧げ持つ円板に神の子羊が描かれ、これを果樹の帯がリースのように取り囲む。天使の背後に、色鮮やかな唐草文様が広がる。まるで豪奢なペルシア絨毯が中空に浮かんでいるようだ。
 天使たちはこちらを見下ろすのではなく、ものうげに視線をそらしている。サンタンドレア礼拝堂からさらに半世紀を経ても、ミーランの飛天に通じる東方的な面影は失われていない。
 このサン・ヴィターレ教会がとりわけ名高い理由が、なんとなく分かってきた。ここには今朝からめぐって来たすべてのモザイクが凝縮されている。天の野原も、銀河も、天使も、飛天も。ここに来れば、これまで天使の見当たらなかったお堂にさえ、天使が隠れていたような気がしてくる。
(1999,11,30)


Ravennaてふ西の都に棲まふ天使まどろむ瞳に沙漠の記憶

c0345705_16361484.jpg


夜半の鐘とガラ・プラキディア霊廟の星くづ数へ瞳をとぢぬ

(La campana della notte contando le campane e stelle della Galla Placidia, mi sono addormentata.)




















 

[PR]
c0345705_14490143.jpg
天使と星空

 ネオニアーノ洗礼堂に隣接する博物館の一角に、五-六世紀の小さな礼拝堂がひとつ移築されている。サンタンドレア礼拝堂(Cappella di Sant'Andrea)、うっかりすると見落としかねない、その小さなチャペルで天使たちに会えた。ヴォールト天井から四人の天使がこちらを見下ろしている。四方から両腕をのばし、キリストを表すモノグラム(組み合わせ文字)を捧げ持つ。おそろいの白いチュニカ(長衣)、灰褐色の翼、皮紐のサンダル。飾りけのない装いがりりしい面差しを引き立てる。

 一人一人の顔立ちには個性がある。ほっそりした穏やかな顔、頬の張った意志の強そうな顔、生身の青年僧にも見えてくる。いまにも一人ずつ違った声色でグレゴリオ聖歌でも聴かせてくれそうだ。
 その一方で、大きな瞳、どこか東方的な顔立ちになつかしさを覚える。記憶をたぐり寄せると、シルクロードのミーラン遺跡で出土した飛天の絵がよみがえってきた。くっきりした二重瞼の眼を見開き、天衣の代わりに翼をつけた風変わりな飛天が…


 飛天の起源は紀元二世紀のインドにさかのぼるという。そのころ飛天には、天衣を着けるものと、翼を生やすものとの二通りがあった。有翼の飛天は、ギリシア風の仏像で名高いガンダーラで産声を上げる。これにはギリシア・ローマの有翼の神々(愛の神アモルや勝利の女神ニケなど)の影響があったらしい。東西の文化がとけ合う、ヘレニズムの薫り濃いガンダーラにふさわしい飛天である。

 The features of angels of Cappella di Sant'Andrea (ca. 5-6th century) resemble that in Miran, an oasis city at the south of Taklamakan Desert. Their big eyes, oriental visages…
 The hiten-angel of Miran (ca. 4th century) has double eye lids and wings. At first, in the second century in India, some hiten had wings, some did not. They say the winged deities of Greek-Roman mythology such as Amor and Nike inspired them at Gandhara.


c0345705_14470911.jpg
『ドイツ・トルファン探検隊西域美術展』図録より


 さて、ミーランの飛天は四世紀ごろ描かれたとされる。彫りの深い顔立ちはガンダーラの仏像を思わせるが、前髪だけを剃り残した髪型は、中国の唐子そっくりだ。これはミーランが地理的にガンダーラと中国の中間に位置しているからかもしれない。ルーツのひとつのガンダーラは、はるかギリシア・ローマとつながっている。

 一方、西洋における天使の本格的な登場は、キリスト教が公認された四世紀以降といわれる。ただし、ギリシア・ローマの有翼神と区別するため、翼は五世紀ころまで表されなかったらしい。しかしやがて、この異教の神々の外見をもとに、サンタンドレア礼拝堂の天使のような有翼の天使が描かれるようになる。

 The hiten of Miran is said to have painted around the forth century. While his features resemble those of Buddhist images at Gandhara, his hair style is similar to that of Chinese children's images. Miran is located between Gandhara and China.
 The angel appeared after the forth century when Chiristianity was recognized officially. But the wings were not painted in order to distinguish the angel from the deities of classical mythology until the fifth century.


c0345705_15033770.jpg
Riproduzione Vietata(2枚のうち 部分)

 さらに、ビザンティン美術にはヘレニズム、古代アジア、ササン朝ペルシアの影響が流れこんでいる。サンタンドレア礼拝堂の天使から東方の香りがするのはそのためだろう。そういえば天使たちのあいだに、ペルシアの有翼聖獣(ラマッス)を思わせる有翼の生き物が見える。彼らは四人の福音書記家の象徴として描き継がれてゆくことになる。(そのうちの一人、聖マタイは有翼の人間として描かれるので、天使と区別がつきにくい)
 ミーランの飛天とラヴェンナの天使、時空を隔て天翔ける者たち。彼らはともに、東西の文化が融合するヘレニズムの影響を受け、ギリシア・ローマ神話の神々をもとにして生まれたのだった。

 The angels in Ravenna belong to Byzantine art under the influence of Hellenism, Ancient Asia, and Sassanian Persia. The oriental angels of Cappella di Sant'Andrea are younger brothers of the hiten-angel of Miran.

(1999,11,30)



石粒の天界に骨まで冷やされてBARで啜る熱き牛乳


(いしつぶの てんかいに ほねまで ひやされて バールで すする あつき ぎゅうにゅう)



石造の御堂のベンチのおばさんらヒータよりぬくき声とししむら

             
(せきぞうの みどうの べんちの ドゥエ ドンネ ひーたより ぬくき こえと ししむら)

due donne on a stone bench
in a cold stone chapel
in Ravenna,
whose voice and flesh
were warmer than a heater

(All Rights Reserved)























[PR]
 翌朝は早く目が覚めた。ホテル一階のカフェで朝食。パン、クラッカー、ラスク、バター、ジャムが籠に入って出て来る。オレンジジュースは絞りたて、小ぶりのポットのなかで泡立ったミルクが湯気を立てている。向うの席で、大柄な男性がイタリア式の朝食を摂っている。コーヒーと砂糖ごろものクロワッサンが一つだけ。窓の向こうに、小さなブティックのショーウィンドウが見える。少女が一人立ち止まり、マネキンの帽子やコートを眺めている。

 ホテルを出ると、いちめん乳白色の曇り空。寒々とした耕作地帯をバスで行くこと二十分、平原の真ん中にぽつんと、レンガ造りの聖堂が見えて来た。ひとりバスを降りると、最近植えたばかりのひょろひょろした松並木の先に、飾りけのない聖堂がたたずむ。サンタポッリナーレ・イン・クラッセ聖堂(Sant' Apollinare in Classe)。街の守護聖人アポリナリスの名を冠した、六世紀半ばのビザンティン聖堂である。


c0345705_13383264.jpg
by ED.A.Longo snc

 開場時間の九時を十分ほど過ぎてようやく扉が開いた。堂内は薄暗く、左手には足場が組まれていて、ここでも修復作業が行われているらしい。重厚な列柱のあいだを歩いてゆくと、アプシス(後陣)のモザイク画が近づいてくる。右手に置かれた箱型の機会に500リラ硬貨を入れると、黄色味を帯びた光が灯った。
 金色の天空と緑の野原が、ルネッタ(半円形の壁)いっぱいに浮かび上がる。天空に円くはめこまれた青空から、キリストがこちらを見下ろしている。野原では、使徒を表す子羊らがキリストを見上げ、聖アポリナリスが祈りを捧げている。すべては、テッセラという四角いガラス片からできている。


c0345705_13142715.jpg
by fotometalgrafica bologna

 緑ガラスの野原にあふれるのどかな光。ひな菊や白百合、赤い野花がいちめんに咲きみだれ、木々の間を野鳥が飛び交う。野原の緑には、濃淡さまざまな青、茶、黄のテッセラが入りまじり、緻密な西陣織のよう。
 これとよく似た絵がローマのマッシモ宮博物館にあったのを思い出す
。リヴィア邸の壁画が館内の一室にそっくり移されていた。部屋に入ると、柘榴やオレンジの木、野薔薇、たんぽぽ、アネモネ、色とりどりの小鳥たち―あの古代ローマの春風が、五百年の時を越えて、このモザイクの野にも吹きわたっている。 
http://ramages2.exblog.jp/22932708/

 ひとつ違うのは、この野原が庭園ではなく、天の園であることだ。天国を象徴する花々、使徒を表す子羊や聖人が神聖さをかもし出している。


c0345705_08421320.jpg
by ED.A.Longo snc

 聖堂の十時の鐘を背中で聴きながら市街へ戻り、ネオニアーノ洗礼堂(Battistero Neoniano)へ向かう。こぢんまりした八角堂で、創建は五世紀にさかのぼる。
 一歩中に入ると、しんとした夜空に迷いこんだ気がした。狭い堂内のいたるところに、濃紺のテッセラが敷きつめられている。壁の下方のものは手で触れることが出来るほど近い。ガラスの断片が歩くにつれてキラキラ光る。紺一色のなかにも濃淡があり、仰ぎ見ると満天の銀河のよう。 夜空に輝く月と見えたのは、金色地の洗礼図。色さまざまなテッセラを巧みに組み合わせて表されたキリストの裸体が、青い水を透かしてしなやかに揺れる。天上を昼から夜へめぐってきたかのような遥かな気持ちに包まれる。
(1999,11,30)


 

金いろの光えてよりラヴェンナの花の草原天に昇れり








 



 






[PR]


Va a Ravenna
(ラヴェンナ行)?と問ふ老人にPenso di si(そう思う)!はじめて助くる旅先のひと


(ヴァ ア ラヴェンナ と とう ろうじんに ペンソ ディ スィ はじめて たすくる たびさきの ひと)


 晴天続きのローマを発って3時間、思ったより小さなボローニャ駅で、私はラヴェンナ行きの列車に乗り換えた。ローカル線の2階建て列車は乗客もまばら。窓の外を見ると、斑雪のあいだを胡麻しお頭の雀が、羽毛をせいいっぱいふくらませて行き来している。
 やがて列車は何の前触れもなく動き始め、駅舎を離れて平原に出た。畑の土も草も肌寒い憂愁を帯び、ローマとは別世界に迷いこんだかのよう。淡い雲のたちこめる空は白一色になり、その下に煉瓦造りの農家や畜舎が点在している。枯れ葉を残した葡萄の木が十字型の添え木につかまり、何列も立ち並んでいる。これがときおり窓すれすれに迫ると、人影がよぎるような錯覚を与える。たまに見えてくる柿の果樹園のなつかしい朱色。さびれた駅に着くたび、鈍い音を立てて列車は止まる。


c0345705_17261936.jpg


 ボローニャから二時間足らずで、ラヴェンナに着いた。こぢんまりとした駅舎の正面に出ると、鈴懸の木が立ち並ぶ通りが現れる。白っぽい空を背景に、黄ばんだ葉と丸い実がかすかに揺れている。小さな広場に出て案内板を見ていると、通りかかりのおじいさんが方角を教えてくれた。
 探していた石畳の通りに入る。ローマではオートバイに神経を尖らせたものだけど、ここでは老人も子供も、ゆったりと自転車のペダルを漕いでいる。黄昏のやわらかな空気。携帯電話を並べたショーウィンドーに子供たちが群がっている。
 予約しておいた小さなホテルについて一息つくと、扉のガラスにさっきのおじいさんが映っている。無事に着くまでそっとついて来てくれていたのだった。
(1999.11.29)


c0345705_16223853.jpg

















[PR]