人気ブログランキング |

タグ:Poème(短歌/俳句) ( 171 ) タグの人気記事

c0345705_04561131.jpg



三月書房を訪ねて、風薫る五月の寺町通りへ。
飾り窓のロッキングチェアには、緑の布が掛かっています。

Voici Rue Teramachi au mois de mai, au mois du vert !


c0345705_11055444.jpg



金工品店の「月」という名の銀の一輪挿し。
うすべにの花は大和の撫子、それとも唐撫子(石竹)?
どちらもカーネーション(阿蘭陀石竹)の仲間です。

Un oeillet rose disposé dans un argenterie "La Lune" .


c0345705_05003240.jpg



もうすぐ母の日。。。

Au Japon, on offre des oeillets à sa mère
à la fête des mères, le 12 mai cette année.


c0345705_16264555.jpg



あなたのお母さまはイケる口?藤棚の下、冷酒をどうぞ♪

Votre mère aime à boire ?
Voici le sake froid et un photo des glycines ♪



c0345705_05011148.jpg



ボタン屋、エクランさんの店先にも紫陽花や金鎖の鉢が♪
今日もお客さんで賑わっています。また今度寄りましょう。

Des hortensia en pot à Écrin aussi.


c0345705_05023947.jpg



さすが風格ある店構え。虫籠窓(むしこまど)にブルーの海鼠壁(なまこかべ)。

Un magasin d' antiquités au machiya, un maison en bois typique de Kyoto.



c0345705_05040565.jpg



この町家にも虫籠窓。ポップな籠が吊るされています。

Des corbeilles et paniers devant un autre machiya.



c0345705_05071871.jpg



この飾り窓はフェアリー・テイル調。「フェアリーって、あたしのこと?連れてって!」

Une vitrine comme un conte de fées. Tu es une fée des hortensia?


c0345705_10281786.jpg


ごめんね。。。またいつかね。

Au revoir。。。

c0345705_05092730.jpg



小津夜景さんの本の装丁を思わせる飾り窓も、衣替えしました。
小津さんはかつてこの通りを歩き、今はフランスに住む俳人です。

Une vitrine comme des livres d' OZU Yakei ♪
Elle est une haiku-poète qui habite en France.


c0345705_20330048.jpg

(2018年撮影)

小津さんは5月25日に東京でトーク・イベントを開きます。
行けたらなあ。。。
「ほんものの中華菓子」って、なにかしらん。(^ڡ^)
( 国立の小鳥書房にて*「漢詩のおいしい暮らし方」→)

Elle donnera une séance de thé le 25 mai en Tokyo.


c0345705_07550943.jpg



この日、三月書房でもとめた本はこちら。
「未来」は ITS の先輩のおススメ、「塔」は店のご主人のおまけです。
青い栞は、むかし琵琶湖の見える所に住んでいた時期に見つけました。
大谷雅彦さんは高校時代に前登志夫に学んだ、近江の歌人です。


J' ai acheté ces livres à la librairie Sangatsu Shobo (pas de Fnac!).


Img_2460_800x543
(2016年撮影)

三月書房で初めてもとめたのは『前 登志夫 全歌集』でした。
三十余年前、高校で講演を聞いたとき短歌を始めていれば… !


三年(みとせ)かけ前登志夫を読む 三十年(みそとせ)をうた詠まざるをくやしみながら

(I have been reading complete works of Mae Toshio for three years,
regretting these thirty years I have not made tanka.)(2017年 詠歌)



c0345705_10400385.jpg

(2016年撮影)

おまけ*Bonus

ブロ友さんから聞いていた小川洋子の小説、去年の暮れに文庫化されていたのですね!

Mon parachutiste, je suis entrée de nouveau un autre association des tanka-poètes.


c0345705_15334768.jpg

↑『琥珀のまたたき』が対談に出てきます。

2018-9年の本と1990年の本(林あまり「あなたの短歌」Moe)とを重ねてみました。

(All Rights Reserved)








c0345705_06273719.jpg
白川の水面(みなも)の光

 四天王寺の「弱法師」は有名ですが、聖書にも、盲目の乞食が登場します。
「一行はエリコの町に着いた。イエスが弟子たちや大勢の群衆と一緒に、エリコを出て行こうとされたとき、ティマイの子で、バルティマイという盲人の物乞いが道端に座っていた。ナザレのイエスだと聞くと、叫んで、『ダビデの子イエスよ、私を憐れんでください。』と言い始めた。多くの人々が叱りつけて黙らせようとしたが、彼はますます、『ダビデの子よ、わたしを憐れんでください』と叫び続けた。



c0345705_06224042.jpg
醍醐池の花筏

イエスは立ち止まって、『あの男を呼んで来なさい』と言われた。人々は盲人を呼んで言った。『安心しなさい。立ちなさい。お呼びだ。』盲人は上着を脱ぎ捨て、躍り上がってイエスのところに来た。イエスは、『何をしてほしいのか』と言われた。盲人は、『先生、目が見えるようになりたいのです』と言った。そこで、イエスは言われた。『行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。』盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。」(新共同訳 マルコによる福音書10章46~52節)

There are blind beggars in the Bible as well as Yoroboshi in a Noh play. Only Bartimaeus' name is written in the Bible(Mark 10-46~52).

c0345705_06400135.jpg

奈良基督教会は宮大工による和風の教会です(2011年)


 新作能には、教会でパイプオルガンを使って上演されるものもあるそうです(「伽羅沙―細川ガラシャ―」など )。そんなお能のまねごとをしてみたくなりました。
 なお、地謡(ぢうたい)とはバック・コーラスです。ナレーションの代わりをしたり、群衆の声を表したり、登場人物の心の声を代弁したりします。

場景 エリコの町。舞台上に棕櫚の葉の作り物  (記事の終りの方にイメージ図版があります)
登場人物 イエス、バルティマイ、町の人(声のみ)

This noh play is to be performed in a church with a pipe organ. The scene setting is Jericho. On the upstage, an artificial palm tree surrounded with a curtain which hides Jesus. Bartimaeus is on the downstage.

c0345705_10133077.jpg

ドイツ、ウェルナー・ボッシュ社製のパイプオルガン


地謡  エルサレムへ、エルサレムへ上るイエスの一行は、ペレヤよりヨルダン川を渡りしのち、棕櫚の町エリコに着きにけり。

バルテマイ
 これは目の見えぬ物乞にて候。町の人々の情けにすがり、日々を過ごしてをり候。今日はなにやら町の空気の騒がしく、いつにも増してよそよそしく候。
地謡  ナザレのイエスがお発ちになる。おのおのかたがた、道をあけたまへ。ナザレのイエスのお通りなるぞ。

chorus   To Jerusalem, to Jerusalem, Jesus and his disciples left Pereya, passed the Jordan, and reached Jericho, the palm town Jericho.
Bartimaeus I am a blind beggar. I live off town people's kindness. Today it is more noisy than usual.
chorus   Jesus of Nazareth leaves this town. Everyone, make way for Jesus and his disciples ! Jesus of Nazareth leaves here!


c0345705_11103938.jpg
ヴェロニカ(犬殖栗)とダビデの星(花韮)(2018年)*Veronica and Star of David


バルテマイ ナザレのイエス?イスラエルの救ひ主と預言されたるダビデの子、イエスがこの町に? メシア(救い主)、イエスがわが町に? 棕櫚生ひ茂るわが町に?!

地謡  
ああ、盲ひの悲しさよ。何も知らずにこの一日(ひとひ)、空しき物乞ひに費やせり。

バルテマイ
 [大声で] ダビデの子、イエスよ。キリエ、エレイソン(主よ、われを憫みたまへ)!

Bartimaeus Jesus of Nazareth? Son of David has been here? Messiah Jesus IS in this town? In the palm town, in my town?!
chorus   Helas! What a miserable beggar! He knew nothing and wasted all day begging.
Bartimaeus Jesus, Son of David, Kyrie eleison [have mercy on me] !




J.S. バッハ「キリエ・エレイソン(主よ、あわれみたまえ)」


地謡   声高に叫びをるは誰(た)そ、聞き苦し。その乞食(こつじき)を黙らせよ。あな、見苦し。
バルテマイ
  いま叫ばねば、ダビデの子は去ってしまふ、永久に。われを憂き瀬に残したるまま。

地謡
  目の見えぬ男の世界は音ばかり。物乞を遠巻きにする音ばかり。たまに近づく足音あれど、その手に小銭を握らせて、そそくさと去る寂しさよ。ときに足音高ければ、手荒く追はるる悲しさよ。

バルテマイ [さらに大声で] キリエ、エレイソン!キリエ、エレイソン!(主よ、憫みたまへ!)

地謡  棕櫚の町エリコはむかしヨシュアらのラッパの音の力にて城壁崩れし町なりき。ヨシュアのラッパの音(ね)のごとく、バルティマイは叫びたり。



参考 ♪ ゴスペル「エリコの戦い」(The Battle of Jericho)

chorus   Who is crying so aloud? Noisy! Shut that beggar up! Ugly!
Bartimaeus If I do not call Him now, He will leave here forever. He will leave me in such harsh circumstances forever and ever!
chorus   The world of the blind man consists of only sounds. The sounds making a wide circle around the beggar. Even when faint footsteps approach, they soon leave after having given him a small coin. When loud footsteps, they always have driven him away.
Bartimaeus Kyrie eleison [have mercy on me] !! Kyrie eleison!!!
chorus   Jericho was the town whose wall fell down because of Joshua's army's trumpets. Bartimaeus' cry was loud like them.


c0345705_08514030.jpg
桜のトンネル 🌸 MIHO MUSEUM(4月中旬)


バルテマイ
 遠くよりわれの方へと迫る足音… 
町の人 心安かれ、起て。ナザレのイエスは汝を呼びたまふ。
バルテマイ おお、わが声は届きたり!ダビデの子へ、われをいざなふ、優しき声!!やれ、うれしや!!
地謡  バネ仕掛けの傀儡(くぐつ=人形)のごとく跳ね起きて、乞食(かたひ)はよろぼひ歩み出す。よろぼひ歩む足取りの、さながら踊るごとくなり。

Bartimaeus Footsteps are coming…!
townsman Be of good cheer. Rise, He is calling you.
Bartimaeus Oh, my voice has reached Him! A gentle voice inviting me to Son of David! How glad!
chorus   The beggar jumped up and began walking totteringly and dancingly for Jesus.


c0345705_11485598.jpg



[棕櫚の葉の作り物の引き回し(カーテン)が外され、イエスが現れる。バルティマイはイエスの方へ歩みつつ上着を脱ぎ捨てる]

バルテマイ
 [独り言つ] 乞食(かたひ)には、あはれ、捨つべき物すらなし。せめて上着を脱ぎ捨てん。
イエス わが汝に何を爲さんことを望むか

地謡
  あたたかき、深き御声よ。この声をいついつまでも聴いてゐたし!この声の主(ぬし)の姿を拝みたし!主(しゅ)を、わが師と拝みたし!

バルテマイ
 わが師よ、見えるやうになりたし。
イエス ゆけ、汝の信仰 汝を救へり。

[The curtain of the palm tree is removed to reveal Jesus. Bartimaeus walks to Jesus while throwing aside his garment.]

Bartimaeus [monologue] A poor beggar has nothing to abandon. I throw away at least my garment.
Jesus    What do you want Me to do for you?
chorus   (Bartimaeus' inner voice) How deep and warm voice! I want to hear this voice forever and ever! I want to see the owner of this voice! I want to worship my Rabboni, my Lord!!
Bartimaeus Rabboni, that I may receive my sight.
Jesus    Go your way; your faith has made you well.


c0345705_15043796.jpg


地謡  バルティマイは直ちに見ることを得たりけり。直ちに光を得たりけり。開きし眼(まなこ)にまづ映りしは主イエスのおん姿。つつましき旅の衣に身を包み、足は埃にまみれをり。双の目ばかりがきらきらと湖のごと輝けり。その湖に映りしは…
バルテマイ 澄みわたる湖(うみ)の瞳に映る吾(あ)をみまもりたまへ なまばたきそ 


chorus   Immediately Bartimaeus received his sight. Immediately he received the light. His pupils relfected Jesus. A man in simple traveling clothes, with dusty feet. Jesus' pupils were shining like lakes, which reflected Bartimaeus.
Bartimaeus please watch over me, / a man who is reflected / on your bright eyes / like clear lakes, / do not blink your eyes, please!


c0345705_10152335.jpg
水面の光 花筏(醍醐池)


地謡  救ひ主イエスの前に佇むバルティマイよ。もはや汝は盲ひにあらず。
町の人 何処(いづこ)へゆくも思ひのまま。何を為すも思ひのまま。
地謡  商ひに手を染めて、町で豊かに暮らすもよし。妻をめとり、家族とともに生きるもよし。画師となり、コクリコ紅く咲く野辺を画布に写し取るもよし。

chorus   Bartimaeus in front of Messiah Jesus, you are no longer a blind man.
townsman
 You can go anywhere. You can do anything.
chorus   You can learn business and live an abundant life in the town. You can marry and live with your own family. You can become a painter and sketch a red coquelicot field.


c0345705_18240611.jpg
白川

町の人 いざ、ゆけ。汝は自由なり。
地謡  いざ、ゆけ、とは何処(いづこ)へか?
バルテマイ わたしは主の目に選ばれてしまつた。
地謡  主の居はします所より他にゆくべき所はなし。主よ、わが手を取りたまへ。
バルテマイ ゆけ、わが心よ、主のもとへ。[イエスとバルティマイの相舞(=二人で一つの舞を舞う)]

Townsman  Go your way, you are free.
chorus Go my way? Where?
Bartimaeus His eyes have chosen me.
chorus    There is nowhere else to go but the places where Jesus is. O Lord, take my hand, please.
Bartimaeus My spirit, go to the Lord (τῷ κυρίῳ) ! [pas de deux of Jesus and Bartimaeus]


c0345705_21331280.jpg
藤原京

地謡  バルティマイはイエスに従ひて途を往けり。ヤコブ、ヨハネが漁網も父も置き去りたるごとく、無一物で、イエスのあとに従ひぬ。
 もはやエルサレムは近し。受難と復活の日は近し。
 棕櫚の葉を 振る人びとに 迎へられ 死と復活へ 到る道行 
 キリストの苦悩と光の道行につき従ひしバルティマイは、その名を聖書に残したり。ティマイの子、バルティマイといふ名をば初期教会史に刻みにけり。

chorus Bartimaeus followed Jesus on the road. Just like James and John who had left their nets, boat, and father, he followed Jesus, having nothing. Jerusalem is now near at hand. The days of Passion and Resurrection approach.
being greeted / by the people / waving palm branches, / He is to be / crucified and resurrected
Bartimaeus who followed Jesus left his name in the Bible. He left his name: Bartimaeus, the son of Timaeus in the history f early Christianity.



「作り物 能 大道具」の画像検索結果


棕櫚の葉の作り物(イメージ)(google search)


主を乗せたるロバもよろぼひ歩みけむ都大路の
棕櫚の葉を踏み  

(しゅを のせたる ろばも よろぼい あゆみけむ みやこおおじの しゅろの はを ふみ)


Jesus' ass also / walked totteringly, / stepping on palm leaves / on the streets / of Jerusalem City?


c0345705_10074683.jpg


この能をわが師、わが父母の師へ捧げます*I dedicate this noh play to our pastor.

(All Rights Reserved)





ノートル・ダム(パリ)のオルガンは無事でした*l' orgue sauvé

ゴスペル・イン・文楽~イエスの生涯と十字架(豊竹呂太夫ほか)















c0345705_09210893.jpg



正倉院に伝わる美(は)しき撥鏤(ばちる)の尺(ものさし)。
守田蔵さんによって復元された天平の尺などが展示されます。
会期は来週 4月23日(火)から 5月4日(土)まで
銀座へお越しのときは、ぜひお立ち寄りください。
詳しくは下記の地図等をクリックでご覧ください。

The bachiru(撥鏤 → )works made by MORITA Kura
will be exhibited in Ginza, Tokyo from April 23 to May 4.
(Fujiya Gallery)


f0374041_10181069.jpg

Invitation quoting the impression of Princess Akiko () who visited Mr. Morita's studio


撥鏤(ばちる)作家の守田蔵さんは
浄瑠璃寺のそばに工房「獅子窟」を構えておられます。
「獅子窟」(ししくつ)は吉井勇の短歌に由来するそうです。

酒にがく女みにくしこのごろは心しきりに獅子窟にゆく  吉井勇

(獅子窟寺は、 大阪府交野市にある高野山真言宗の寺院です)

MORITA Kura's studio "Lion Cave" is near Joruri-ji Temple.
The name "Lion Cave" derives from a tanka by Yoshii Isamu:
the sake tastes bitter and the women look ugly, recently,
my heart frequently wanders toward Lion Cave Temple
(tr. by snowdrop)


c0345705_09360105.jpg

浄瑠璃寺*Joruri-ji Temple(4月上旬)


「獅子窟」工房の向かいの浄瑠璃寺には、浄土式庭園があります。
「浄瑠璃」の「瑠璃」は東方の瑠璃光薬師浄土をあらわします。
祝い歌をお届けした日、浄瑠璃寺はさながら花の浄土でした。
山茱萸(サンシュユ)、馬酔木、桜、紫木蓮、三葉躑躅(ミツバツツジ)…

MORITA Kura's Lion Cave is located near Joruri-ji Temple,
which has a famous Pure Land garden.
On the day when I delivered congratulatory forms of tanka,
the garden looked like Pure Land itself.


c0345705_09545939.jpg
東の薬師仏をまつる三重塔


撥鏤尺に撥()ね彫りされし鳳凰を詠める


瑠璃光の天の果てより舞ひ降りし鳳はいま

獅子窟に棲む

(
るりこうの てんの はてより まいおりし おおとりは いま ししくつに すむ)



c0345705_09575123.jpg


瑠璃いろの空と山桜

c0345705_11115931.jpg


鳥の翼のような紫木蓮、染井吉野

c0345705_09375114.jpg


躑躅花むらさきに咲く弁天社 守るは獅子の家族(うから)なるらむ

(All Rights Reserved)







今朝、あふれる月の光に目覚めたら、重たそうなまるい月が山の端へ落ちてゆきました…
(スーパームーンは2月20日)

c0345705_21232306.jpg
スーパームーン(2015年)*Super Moon*snowdrop撮影*短歌とは無関係です


ときどきは耳を澄ますこと月に射されたままからだ   勺 禰子

sometimes
straining my ears
on a pass
still with the body
bathed in the moonlight
― Shaku Neko, tr.by Yukiko Kawakami


c0345705_11103389.jpg


今月号の『角川短歌』の「短歌のさじ加減」でも取り上げられた
禰子さん(しゃく ねこ)さんの歌集『月に射されたままのからだで』。
2017
年の夏、勺さんのブログ( 🐈)で拝見して以来
サインを頂きたいと願ってきました。先日勇気を出して願いをかなえました。

Here is the first collection of tanka composed by Shaku Neko,
Still With the Body Bathed in the Moonlight
and a tanka-magazine, one of whose articles refers to her tanka.



c0345705_11112300.jpg

勺 禰子さんと会ひて
リュックよりさらりと出せる筆ペンは歌人の矢立の流れをぞ引く 


恋文ペン字で *「シャッポン(帽子)」はわが祖母の造語?

シャッポンをななめにかぶるウタビトは万智チヤンみたいなボブカット・ヘア

a tanka-poet
cocking her chapeau
was charming,
with bobbed hair
like that of Machi-chan

→ Tawara Machi(wiki)


c0345705_21102443.jpg

主菓子「梅の窓」(菊屋、大和郡山市)
撥鏤(ばちる)菓子切(守田 蔵作 🌸
🌸『古事記』をテーマにした創作も…

勺さんが所属しておられる短歌結社の機関誌『短歌人』
二月号の表紙は
です。如月から弥生の窓辺で味読しましょう。
主菓子「の窓」に入った筋は、大和郡山市の町家の格子窓を思わせます。

The tanka association which Shaku-san belongs to
publishes the above magazine (Februray 2019 Issue).
Do you recognize the
plum blossoms on the front cover ?
A Japanese cake in the shape of
plum blossoms by a window
reminds me of a window of a traditional townhouse in Nara.



c0345705_11535177.jpg


町家の窓*Former residence of Kawamoto family in the ex-red light district (2016)


勺さんの眼を通して歌われた関西は、古代史に連なりつつ

いま、ここの現代をも生き生きと映し出しています。

Kansai district in hertanka reflects vividly the contemporary life
while leading to the ancient history.




今はむかし国際港と思ほえばコスモスクエアといふ名をば肯ふ   勺 禰子



a0332314_06255385.jpg
















梅二輪(コンデジ内蔵の魚眼レンズで加工)


関西方言の短歌もあります。

It is difficult for me to translate our tanka in Kansai dialect



「カーネーション」2011年秋、朝の連続テレビ小説

言うちゃるわ、早よ寝り、食べり、行っちょいで。
糸子の母は祖母の面影   
勺 禰子



2016年夏、祖母の追憶
枝豆をみしってきちょうと渡されし手籠に勇みき
幼ごころは  snowdrop


c0345705_14001827.jpg

















農林会館(大阪)(2016年)* snowdropの祖母もよくミシンを使っていました

「カーネーション」の周防龍一(綾野剛) ミシンをしょっています (google search)

関連画像




キーボードに引き裂かれゐし子音母音なつかしみつつ

君の名を呼ぶ   勺 禰子


c0345705_17105308.jpg



snowdropは高校時代、英文タイプライターに挫折しました。

大学時代にワープロが登場。さて、ローマ字入力か仮名入力か?
迷った末、外国語にも応用のきくローマ字入力を選びましたが
子音と母音をたえず引き裂いている罪悪感はいまも拭えません。
新仮名遣いで痛めつけられた日本語を、さらに鞭打っている気がして。
けれども、慣れとは恐ろしいもの。
今や鉛筆を握るよりキーボードを叩く方がするする歌が生まれるのです。
ピアノのように両手を使うと、左右両脳が刺激されるからでしょうか?
果たしてこのままでいいのか … 言霊が弱まったりしないでしょうか?

I once gave up typing in English during high school.

Then the word processor appeared when I was at university.
I have chosen Roman letter input rather than Japanese one
because I can apply it to foreign languages also.
But according to Shaku-san's tanka, the Roman letter input
tears Japanese into the vowel and consonant !
To tell the truth, I can compose tanka more smoothly
with PC than with a pen, like playing the piano with both hands!
Will typing in English weaken the spirit of Japanese language ?!


東大寺境内の黄葉と月の歌の栞(90年代)

c0345705_11533295.jpg

挿画 山本じん 銀筆「淤能碁呂島」『絵本古事記 よみがえり―イザナギとイザナミ』


(ぎん)(ねづ)の光をまとふ本えたりスーパームーンのふくらむ午後に



ドレ筆の『神曲』めきたる銀筆の
『古事記』にうねる(かづら)の言霊


ドレによるダンテ『神曲』の挿画(
google search)


「illustration of La Divina Commedia by G. Doré.」の画像検索結果


The above silver cover illustrating A Record of Ancient Matters
reminds me of the illustration of La Divina Commedia by G. Doré.


(All Rights Reserved)









エジプトで食べたナツメヤシより大きいと思ったら…中に種が入っていました!

These dates are bigger than those we ate in Egypt because of the seeds.


c0345705_14221076.jpg

昭和のわが家で、昭和のフォークでいただきます!
NIKKEI STYLE(神戸モスクと神戸カトリック教会)
Kobe Muslim Mosque and Kobe Chuoh Catholique Church


バイブルで読みかじりたる棗椰子(ナツメヤシ)かじれば かをる埃及(エジプト)の風

the date
I have read in Bible,
which I eat today
which reminds me of
the wind of Egypt in 2010



c0345705_14283041.jpg



モスクのお向かいにはハラル・ショップがありました。
イスラム教で許された食品だけを扱っています。(緑のハラル認証マーク付き↑)
冷蔵庫に入ったお肉は骨付きの牛肉や鶏や羊だけ。豚は禁じられています。

There is a halal food shop right across the street from the mosque.
I saw a refrigerator with beef on the bone, chicken, mutton only.


c0345705_14302305.jpg


お酒もタブー、お茶を置いていました。↑
中国製らしき薄口しょう油が並んでいます。↓
写真はありませんが、いろんな種類の袋入りの香辛料も。

The alcohol as well as pork is not allowed.
There are tea, Chinese soy sauce, various spices, etc.


c0345705_16275234.jpg


アフリカのクスクスや、ギリシアのブドウの葉で包んだドルマ↓
イスラエルのひよこ豆コロッケ、ファラフェルも見かけました。

African couscous, Greek dolma,
and the falafel of the Middle East…


c0345705_14401754.jpg



チキンカレーやチキンのパスタソース
↓ハラル塩ラーメンなんてあります!

Chicken curry, Chicken pasta sauce,
and Halal ramen, Chinese-style noodles !


c0345705_16261809.jpg

ハラル認証マーク入り↑ * halal certification


 ヒジャーブを着けた店員さんが「なんでも聞いてね」とにっこり。
インドネシアから来日したのだそうです。
そういえば、奈良の電車で出会った家族もインドネシア出身でした。

A friendly clerk with hijab smiled and said to me, "Ask anything!"
She was from Indonesia, like a family I had met in a train in Nara.



c0345705_14314013.jpg

(2018年の汽車詠11首から → 🚃

灰色のヒジャーブ着けし赤さんは女の子なのと聞くまでもなく

赤さんの額の髪をくりかへしヒジャブの奥へ入れる母の手

皮つきのバナナのおしやぶり選びしは生後八月の真黒のひとみ 🍌

a dummy
in the shape of a peeled banana
it was the baby herself
who had chosen it
with black eyes of eight months old

(The baby with hijab was needless to say a girl!)


「ロクム オスマン帝国外伝」の画像検索結果

「オスマン帝国外伝」にも出てくるお菓子、ロクム
Turkish delight, locum in The Magnificent Century

(google search)

(All Rights Reserved)










「エミリ・ディキンソン」の画像検索結果「式子内親王」の画像検索結果google search


エミリと式子、国も時代も遠く離れた詩人と歌人が
うた合せをしたなら…(お題は「虫」)

Further in Summer than the Birds Emily Dickinson


Further in Summer than the Birds
Pathetic from the Grass
A minor Nation celebrates
It's unobtrusive Mass.

No Ordinance be seen
So gradual the Grace
A pensive Custom it becomes
Enlarging Loneliness.

Antiquest felt at Noon
When August is burning low
Arise this spectral Canticle
Repose to typify

Remit as yet no Grace
No Furrow on the Glow
Yet a Druidic Difference
Enhances Nature now

鳥たちよりもさらに夏遅く  エミリ・ディキンソン

鳥たちよりもさらに夏遅く
草むらのかげで悲しげに
ちっちゃな群れが挙行する
人目につかぬミサを。

(…)

八月が燃えつきようとする頃
真昼というのにたいそう古めかしく
この幽霊のような聖歌はわき上がり
寂滅を表象する

恩寵はまだ取り消されたわけではなく
輝きにはさしていない
(…)

(亀井俊介の訳から一部を引用)(『対訳 ディキンソン詩集』岩波文庫)



アマーストの秋(O.H.ヒッチコック)(wikipedia)
Autumnal Scenery, lithograph after Orra White Hitchcock


引用部分の最終行で「」と訳されたのは ”Furrow” という単語です。
訳注によれば、furrowとは「畝と畝の間の溝」という意味だとか。
畝の影を光と対照させる感性は型にとらわれず、こまやかです。
この畝にひそんでいるのは、ちっちゃな群れをなすこおろぎです。

"Furrow" means the shadow contrasted with the Glow.
In these furrows live and sing a minor Nation, the cricket.



cricket and
pine cricket




跡もなき庭の浅茅にむすぼほれ露の底なる松虫のこゑ 式子内親王

entangled
in the cogon grass leaves
in the garden without tracks,
in the bottom of the dews
a pine cricket's cry

(Princess Shikishi, tr. by snowdrop)

人の足跡もない庭に茂る浅茅の露の底から
ほろほろとたちのぼる松虫の声…
まつむしはすでに誰をまつことも諦めたかのよう。
詩よりずっと短い和歌の半ばを草の描写が占め
ただか細い声が聞こえてくるばかり。

"Matsumushi (pine cricket)" implies "matsu (wait) ".
While Emily simply depicts "from grass",
Shikishi "entangled in the cogon grass leaves".
The latter's grass encloses the insect.




式子内親王が蜘蛛に咬まれる歌物語を作ったことがあります。
(snowdropのフィクションです)

いっぽう、エミリにも蜘蛛をうたった詩があります。



The Spider holds a Silver Ball (蜘蛛が銀の玉をかかえている)
In unperceived Hands –(目には見えない手で – )
And dancing softly to Himself(そして、そっと一人踊りながら)
His Yarn of Pearl – unwinds – (…)(真珠の糸を繰り出す) (…)

(the first stanza of a poem by Emily Dickinson, tr. by snowdrop)


c0345705_10250961.jpg

(2017年撮影)


華厳経では、微塵のなかに世界がすべて含まれていると説きます。
毘盧遮那仏が帝釈天につくらせた宝網である因陀羅網においては、
「結び目にある珠玉が互いを映し合い、映った珠がまた映し合うという
無限の関係によって、華厳の無尽が説明される」のだとか。
宮沢賢治の「インドラの網」がこれに当たります。
英語では、これをパール・ネットワークと呼ぶそうです (2015年記)。

Avatamska sutra explains that a monado includes whole world.

Indra's net (the net made by Indra by orders of
Vairocana Buddha
to which Miyazawa Kenji refferred) has a multifaceted jewel at each vertex,
and each jewel is reflected in all of the other jewels.
This image shows the infinite world of
Avatamska sutra,
which is called “Pearl network” in English.



(2017年撮影)

 

c0345705_10524505.jpg




空高み真珠(まだま)のやうな白雪は見えぬ糸もて繰り出されくる

Heaven unwinds his yarn of pearl-snow (inspired by Emily)




c0345705_06434919.jpg

Trois Petits Flocons(left)*Neige par Nakatani Ukichiro(right)


(All Rights Reserved)







c0345705_07123736.jpg

















初雪ね ささやきかはす 水仙花 

the first snow
whispering each other
narcissus


c0345705_07154308.jpg


















ドビュッシー*雪は踊っている






ちひさき鳥を教へてくれるものは雪 こゑもすがたも白にうもれて 

birds,
is taught by the snow
hidden in the white
their songs and wings
all the more I miss
(inspired by Emily's poem)

c0345705_15010727.jpg

Emily by Michael Bedard, pictures by Barbara Cooney


山ふかみ春ともしらぬ松の戸にたえだえかかる雪の玉水  式子内親王

deep in mountains
where spring seems to be far behind
on the pine door
snow melting water falls
drop by drop。。。
(Princess Shikishi, tr. by snowdrop)

c0345705_08175997.jpg

白百合 * lilium alb.

『エミリー』(マイケル・ビダード著、掛川添子訳、バーバラ・クーニー絵)


この絵本には、エミリの詩がエミリ自身の文字で引用されています。

A picture book Emily cites her poem with her own handwriting. 


c0345705_15234732.jpg

c0345705_15240069.jpg








掛川添子さんが訳した、マイケル・ビダードの本文もすてきです。日本には

エミリの詩に魅せられ、美しい品々に生まれ変わらせている人たちもいます。

Michael Bedard, inspired by Emily and her house, he writes: "What is poetry? (…) Listen to Mother play [the piano]. She practices and practices a piece, and sometimes a magic happens and it seems the music starts to breathe. It sends a shiver through you. You can't explain it, really; it's a mystery. Well, when words do that, we call it poetry. " ([…] by snowdrop)
There are Japanese also who are inspired by Emily's poems to create beautiful things.


展覧会「永遠の旋律」は去年終了しましたが…(Exhibition in 2018)



海の果てのやまとの友に囲まれてエミリの部屋は光さんさん

surrounded
by Japanese followers
beyond the ocean,
Emily's solitary room
should be filled with sunlight


エミリの部屋(アメリカ)は博物館になっています。→🏠

「emily dickinson  museum room desk」の画像検索結果
Emily Dickinson Museum → 🏠 


ふるき椅子と白き十字の聴き入るは詩人をめぐる永遠の旋律

antique chairs, white crosses
and beautiful accessories
are listening to dateless melodies
for and from Emily Dickinson

展覧会(東京)の写真(by haruchonnsさん)から生まれた歌です


「emily dickinson books 永遠の旋律」の画像検索結果

photo from Books 📚 Special thanks to haruchonns!

(All Rights Reserved)





あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
Happy New Year !
(今年もスローなsnowdropです…)

c0345705_14514862.jpg


大阪市中央公会堂(中之島)(2018年11月)



箱から取り出したのは、公会堂開館100年記念切手。
今年はどの切手で皆さまへお便りを出しましょうか…

Which commemorative stamps do you like for my articles to you?
(Osaka City Central Public Hall was established in 1918.)


c0345705_14485335.jpg



大阪市中央公会堂は昔からの思い出がつまった宝石箱です。
むかしの振袖の写真でも蔵出しして、春を寿ぎましょう。

Osaka City Central Public Hall is a jewel box
full of various memories from my school days.
↓Here is our photo at the graduation ceremony.


c0345705_14482063.jpg
c0345705_16290890.jpg



この薄紅色の振袖は袖を切って
葡萄(えび)色に染め返してもらいました。
振袖と訪問着、それぞれの端切れです。↑

My pink furisode was re-dyed dark purple
and its long sleeves were shortened
to be a semi-formal kimono for the adult.


c0345705_09140099.jpg















c0345705_05155416.jpg




























観世清和「羽衣 彩色伝」(日経新聞およびNHK-Eテレ新春能)
金雲たなびく茜色の空に羽ばたくのは鳳凰です。
(紅地鳳凰縫箔腰巻、白地藤花蝶文様長絹)(某ブロ友さんのご教示による)

phoenix and gold clouds in the red sky


c0345705_07241926.jpg



















鴎とぶ浪華の海の薔薇の波


rose waves
of the sea of Naniwa (wave flower)
above which a gull flies

c0345705_16410034.jpg


水都 大阪のステンドグラスに澪標(みおつくし)
stained glass with a design of a mark in a waterchanel
Osaka is a city of water.

帆船(南蛮船でしょうか?)
A ship from Portugal?

c0345705_07222356.jpg




おまけ 🐗 今年はカモメ年ではなく亥年ですから…
「南蛮図屏風」の猪をどうぞ。中央の黒い動物が猪です。

Bonus 🐗 This is the year of the boar(not of the gull).
Here is the one in Namban screens.
Do you recognize a black piglet in the middle?



c0345705_05325187.jpg

南蛮文化館蔵「南蛮屏風」(部分)『南蛮美術の光と影』より


恩師の旅を思ひて

フロイスが南蛮船より降り立ちし港にひびく風と鴎と


in the harbor
where Luís Fróis
disembarked
from a ship from Portugal
you hear seagulls and wind



坂本花織の「ピアノ・レッスン」からはカモメの声が…

Voice of seagulls in The Piano (1:57~2:00)





(All Rights Reserved)




c0345705_07075020.jpg



京都の寺町通のアドベント(待降節)。
ボタン屋「エクラン」さんの飾り窓もクリスマスしています☆彡

Advent on Teramachi Street in Kyoto!
Ecrin's show window is Christmassy!!


c0345705_07044622.jpg



お花屋さんのヒヤシンスが春を待ちかねています。
ヒヤシンス色のクリスマス・オーナメントが素敵。

The hyacinths in this flower shop wait for spring to come.
Hyacinth-colored Christmas ornaments are refined and chic.


c0345705_07064346.jpg


いかめしい町家造りのお酒屋さんも…

This traditional trademan's house…

c0345705_07033546.jpg



今年のボジョレにサンタ帽をかぶらせて、やる気まんまん!
帽子といえば、「冬支度」の記事に歌をちょい足ししたんです。

…sells Beaujolais nouveau with Santa Claus hats !
Speaking of the hat,
snowdrop added tanka on a hat in an article
"Carte de Noël de Suède".


a0332314_07144322.jpg




















snowdropもやがてこの祖母の歳…昭和の女は老けづくり!
my grandmother around the same age as snowdrop !



「シャッポンをかぶって行きや」母の母が 母へかけたる声し思ほゆ
             ”            声し遠しも
              ”            はるかなる声

Porte ton chappon (chapeau) !
la mère de ma mère
disait à ma mère
dans son enfance
il y a longtemps


a0332314_07145415.jpg


天使幼稚園の帽子と庭のバラ*hat of Angel Kindergarten



ひっそり数日遅れで追記した小さな歌に目をとめて
小津夜景さんがブログで引用してくださいました。
迷ったまんま載せた3つのヴァリエーションを
「3つの梨」にたとえてくださって…→ 🍎🍎🍎 
とても光栄です。ありがとうございます。

A haiku-poet Yakei Ozu found
these tanka additionally written several days later,
which quoted in her blog.
She compares three variations to three pears!→ 🍎🍎🍎


サティ「梨の形をした3つの小品」🍎🍎🍎




梨ではなく青林檎ですが…岸田劉生の静物画を思い出しました。

three apples painted by Kishida Ryusei(google search)


「湯呑と茶碗 劉生 」の画像検索結果



小津さんからうれしいお知らせを頂いたまさにその日、
帰宅したら、フィンランドの友からクリスマス・カードと
友の住む村のオリジナル・カレンダーとが届いていました。
友とその家族の幸せな一年を知らせる
よき便りです。

On the very day that I received her notification (the first news),
my friend's Christmas card and calendar were
delivered to my house from Finland this year also.
They had traveled in Sweden this winter,
so that this is Carte de Noël de Suède (
the second news) !



c0345705_10185333.jpg


クリスマスの一週前のよき便り福音といふ言の葉どおり

「たより(便り)」と「たよる(頼る)」は
つながりのある言葉です(『古典基礎語辞典』)


good news
have arrived at the house
one week before Christmas
they seemed to me

GOSPELS : wonderful news


c0345705_17494537.jpg
「常に自分自身であれ(Always be yourself !)」


フィンランドといえば、ムーミン、サンタ、ノキア、マリメッコ!
マリメッコの社長さんは、カードの子供たちのママの1人(友)に
どこか似ています…(NIKKEI STYLE)

Finland is a country of Moomin, Nokia, and Marimekko!
She resembles my friend, one of the mothers of the above children…


c0345705_07053005.jpg

↑Mr. Homma will appear on TV on Christmas day (the third news).


もうひとつ、クリスマスうれしいお知らせが…
ボタン屋「エクラン」さんがTVに映るそうです。

12月25日 午前9:50 関西TV「ヨーイドン:人間国宝」

↑ご主人(本間さん)もご出演なさるとか。楽しみにしています!

(All Rights Reserved)

お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!





f0374041_15452830.jpg



数年前、ひとりで聖アグネス教会(京都)を訪ねました。
待降節の平日の礼拝堂には、光と静けさだけがありました。


I visited alone St. Agnes' Episcopal Church several years ago.
The chapel on a weekday of Advent was full of light and silence.


c0345705_13575581.jpg


祭壇にはイエス・キリストの厩(うまや)。
その後ろに、正倉院の
葡萄唐草文の掛布が見えます。
聖餐の葡萄酒にゆかりの文様です。

The alter with a cloth of grapevine arabesque pattern,
whose original is in the Shosoin Treasure.


f0374041_15480284.jpg



この葡萄唐草文を思い出したのは、今年
馬場あき子先生の短歌集「葡萄唐草」を
翻訳・連載し始めたからです(International Tanka)。
一茶は葡萄を天の甘露にたとえました(5首目)。


I remembered this pattern because this autumn
I had begun to translate
Grapevine Arabesque by Akiko Baba
for International Tanka (from no.4~)


f0374041_09270774.jpg



長浜の黒壁の館で葡萄色のガラスペンを選んだのは
葡萄唐草」の余韻からだと 後で気づきました。
(締め切りは秋でした。)

I chose a wine red glass pen in Glass Museum of Nagahama
because that colour reminds me of the grapevine arabesque.
This pen is made in Italy, but the glass pen was born in Japan.


c0345705_13351845.jpg



葡萄酒のくれなゐを知る玻璃窓はしづかに注ぐ めぐみのひかり

stained glasses
knowing the purple
of the wine
are pouring silently
the light of the grace



f0374041_16535702.jpg


主祭壇にも葡萄唐草文


返り花よ聖母の百合よ咲ける間(あひ)返したまへよ私の母を

reflowering Madonna lily,
let my mother return home
until you withers…
(2014年)

この秋のかえり花 * Reflowering lily in this autumn



c0345705_13372422.jpg


馬場あき子先生は御母上の享年(28)をはるかに越えて
なお母恋の歌を詠み続けておられます。

Akiko Baba's mother died at the age of twenty-eight.


Akiko Baba (google search)


「馬場あき子」の画像検索結果


馬場先生から翻訳のご許可を頂きました(大槻能楽堂、6月)

She gave me the permission of my translation
at Otsuki Noh Theater in summer.

(All Rights Reserved)