タグ:Poème(短歌/俳句) ( 166 ) タグの人気記事


c0345705_19594172.jpg



ももさえずり「紀行編」の扉にぴったりのブルーの文字……↑
snowdropの百日紅をaster roseがイラスト加工してくれました。
スクエアのカード、あなたのもとにも一通届けましょう。
百日紅の切手を貼って…
立秋が過ぎ、ひんやりとした朝風が…このまま涼しくなればいいのですが。

Here is a greeting card to you made by snowdrop & aster rose.
Aster rose selected this blue letters for the tricolore blogue-design.
This square card is delivered by a stamp of Persian lilac.



「百日紅 切手」の画像検索結果

(google search)



夕空に燃ゆるくれなゐ百日紅まなこに沁みる君し想へば

the salmon pink
of the Indian lilac
in the
sunset
moves me deeply
because I miss you


c0345705_07263144.jpg



マンションの十六階より君と見しあの遠花火いまは遠しも

the fireworks above Lake Biwa
you and I saw from the 16th floor of an apartment
now they are
at a long distance
in my memories


About thirty years ago, snowdrop saw the fireworks
from an apartment with a view of Lake Biwa.


c0345705_06450749.jpg

百日紅いろの扇形花火(TV) ☆ fan-formed fireworks on Lake Biwa(BS-TV)

思い出のびわ湖花火

(2018年8月7日*びわ湖ホールより)


↓ 8月9日に追記しました。

bonus ★ book and revue set in Nagasaki

c0345705_07083474.jpg

(All Rights Reserved)


お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】












[PR]
c0345705_07055740.jpg


ドライブを終らせたのは俄か雨それとも戸惑ふ僕らの心 さねかた


C' a été l' averse qui fit finir notre randonnée en voiture
ou nos coeurs
embarrassés ?



雨は降る降る、色あひ深く花房長く咲きたる藤のごとく… 清子
(恋文ペン字)


c0345705_08492988.jpg

この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。



ごめんなさい。本当は知っているのよ。貴方が社長の息子の帽子を素っ飛ばした訳。中宮女史にカノジョを取られて、まるでプルーストの小説だ!ってからかわれたんでしょう?(注*プルースト『失われた時を求めて』では、主人公の男性が、彼女とその女友達との仲に嫉妬する)
 …それに、あの日、真っ赤なポルシェを恥ずかしがってごめんなさい。分かっていたの。私を元気づけたかったのよね。 あんなベタな車、貴方の洗練された美意識とは真逆(まぎゃく)だもの…
 あの頃の私、ちょっと辛かったのよ。中宮編集長を助けてさしあげたいのに力が足らない。ちっぽけな私にとって、未来という時間は藤房のように長すぎて、どう生きたらいいか分からなくなって…

 
Pardonne-moi,
à vrai dire, je sais la raison de ta colère
le fils du general dit “Qui vous a piqué votre petite amie, la rédactrice en chef, ou la France? Vous êtes comme les personnages de RTP, le héros, Albertine et une amoureuse (!) d’ Albertine

Pardonne-moi, je ne devais pas être gêné du Porsche rouge ! Je savais
tu voulais m’ encourager. Ce cabriolet est exactement opposé à ton sens esthétique raffiné !

J’ étais dans une situation dure
Je me sentais si impuissante pour aider Mme Nakamiya. L’ avenir me semblait trop long comme la grappe de glycine.



c0345705_09553651.jpg

白藤紫藤が同時に…


 

そうそう、メイルに添付してくれていた、街角の藤の写真をありがとう。覚えてる?車から降りて、野原でカメラを構える貴方に、私が意地悪を言ったこと。貴方はいつもきれいな所ばかり切り取る。その場の空気が伝わってこない、取り澄ました写真ばかり。世界ってそんな薄っぺらいものじゃないわ。…

ごめんなさい。貴方に濁ったものが見えていなかった訳じゃないのに。貴方はいつもきれいなものだけ選り分けて私に届けようとしていた。私を守ろうとしてくれていた…


Quant à glycine, merci de ton photo annexe des glycines dans ta ville. Tu te souviens? Je te dit mal quand tu prenais des photos dans la prairie. ― Tu prends toujours quelque chose de beau seulement. On ne peut pas sentir l’ atmosphere des lieux par tes photos. Le monde n’ est pas si beau comme ça !

Pardonne-moi, tu voyais quelque chose de sale aussi. Tu essayais de m’ offrir quelque chose de beau seulement, de me protéger



c0345705_14200516.jpg


大丈夫。いま私はここで一人で立っています。編集長の急死を潮に雑誌の世界からは離れたけれど、アート翻訳の仕事が軌道に乗りましたし。…日本へ帰らないのかって?そうね、帰る日も来るかもしれませんね。でも、いまはここでの毎日が楽しくって!
 目に映る、耳に響く、肌で感じる季節のうつろい。ゆかしい街の佇まい。さまざまな人間の営み…日本人の私だからこそ、鮮明に見えてくるものがあるのよ。

Ne t’ inquiéte pas. Maintenant je suis deboute ici, toute seule. Bien que la mort subite de Mme Nakamiya m’ ait éloigné du monde de la revue, j’ ai commencé la traduction dans le domaine de l'artMon retour au Japon? oui,peut-êtreun jour, mais maintenant je suis heureuse ici!
La saison je savoure par mes cinq sens, les amis, mon compagnon chien, une cathédrale en forme de chat
. Il y a quelque chose que une japonaise seule peut trouver ici.


c0345705_09531839.jpg
散りシャクナゲ(室生寺、4月下旬)* rhodos tombés, Murou-ji


 プルーストのリンゴの花、サンザシの花はもちろん、日本を想わせる藤も、石楠花も、姫踊子草も咲くの。花は海を越えて東洋と西洋を結んでいるのよ…
 驚かないでね、私、畑の野菜で七草粥を炊くし、桜餅もこさえるの。日本にいた時は忙しくて、節句にまで気が回らなかったのに。いま、野の花を一針、一針刺繍していると、あの日の草原の風が吹いてくるよう…。

Non seulement l’ aubépine et pommier de Proust mais aussi le paulownia, rhodos, lamier pourpre, etc. ils fleurissent ici comme au JaponLes fleurs nous unissent à travers le monde.

Je cuisine osechi-ryori à la main, brode, et tricote. En brodant des fleurs sauvages sur un mouchoir, je sens le vent vert de la campagne en ce cabriolet.



c0345705_07045189.jpg
「牛車」の画像検索結果
真っ赤な牛車*Porsche in the Heian period (google search)



そうだ、実方さん。時間を作ってフランスへいらっしゃい。私の好きな北原白秋にならって、ココアをお出ししますから。そういえば、今年は雑誌「赤い鳥」百周年…童謡が生まれて百
年になるのね。


Viens en France un jour! Je te servirai une tasse de cocoa, d’ après KITAHARA Hakushu que j’ aime. Le 2018 marque le 100e anniversaire de
la publication de L’ Oiseau Rouge !!





ココアショップ「アカイトリ」は、2018年2月28日に閉店しました。

Cocoa shop Red Bird was closed on February 28th, 2018.

(All Rights Reserved)



新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】



[PR]

f0374041_09280025.jpg

雑誌「マリー・クレール * Marie Claire 」と香水瓶とネクタイ
この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。



実方さん、メールをどうもありがとう。よく分かりましたね。私のブログだと…。早いもので、こちらで暮らすようになってもう十年が過ぎました。お察しのとおり、私はフランスで詩を学び始めました。でも、勉強のためだけにこちらに移り住んだわけではありません。私はそんなに勤勉じゃないから…。


覚えておられますか。私が参加していたアート雑誌「あけぼの」の編集長、中宮定子(なかみやさだこ)さんのこと。彼女、ライバル誌「パープル」に読者を奪われ、数回のリニューアルも空しくとうとう休刊に追い込まれて…本場、フランスで巻き返すことにしたんです。それで私も一緒に…。貴方とドライブしたのは、雑誌の売り上げがじりじり落ち始めた頃でした。


Merci de votre mail. Vous avez bien trouvé mon blogue! Cela fait presque dix ans que j’ habite ici. Comme vous supposez, j’ ai commencé à apprendre la poésie européenne en France. Mais ce n'est pas la unique raison de mon emménagement

Vous souvenez-vous de NAKAMIYA Sadako (中宮定子), la rédactrice en chef de l’arts magazine Aurore que je rédigeais? Notre magazine se fit enlever une partie des lecteurs par un autre,Violet, et enfin suspendit sa publication malgré quelques reprises. Elle essaya à passer à la contre-attaque de Paris, un pays de l’ art, avec moi. Notre magazine avait déjà commencé à decliner avant le jour de notre randonnée en voiture



c0345705_15034897.jpg


父の帽子、
「マリー・クレール」の帽子 * chapeau de mon père



 そういえば、貴方も都落ちしておられたのね。ゴルフ中に社長の息子に何か言われてカッとして、帽子を跳ね飛ばしてしまったんですって?貴方はプライドが高いから…なぜそんなことまで知っているかとお思い?21世紀はネット時代ですよ。目立つ噂はSNSで瞬時に海の向こうまで届くものなの。

でも、よかったですね。平安のむかし都から遠く左遷され、そこで客死した藤原実方や道真公とは違って、貴方はまた地元に戻れて…そして、リラの花を見て思い出したのね、私たちのこと…


On disait que vous vous exiliez en province. Pendant le golf, sous le coup de la colère, vous avait renversé le chapeau d’ un fils du general de votre entreprise. Vous êtes toujours fierLe temps de SNS m’ a donné ce bruit au loin.

Mais tant mieux! Vous êtes retourné à la difference de Fujiwara no Sanekata ou Sugawara no Michizane qui mourut en province. Et des lilas, ils vous ont rappelé de mon parfum



c0345705_14542412.jpg


私の綴ったものをエセーと呼んでくれるのなら、貴方はパンセを書くといいのに。パスカルの『パンセ』風?それともレヴィ₌ストロースの『野生の思考(パンセ)』風?フランス語の「パンセ」には、(花の)パンジーという意味もあるんだ、と貴方はウィンクしましたっけ…
 それとも、ひょっとして、短歌を作っていたりして。見ちゃったのよ。貴方が若草色の手帖に緑のペンで走り書きしていた歌…


Si vous appelez mon écrit essai, vous pouvez écrire vos pensées ! A la manière de Pascal ou de Lévi-Strauss.
“La pensée signifie l’ idée, et la fleur.” Je me souviens de ton mots et ton clin d’ œil ! Ou tu peut-être écris tanka? Je l’ ai vu ! Sur un carnet vert clair…:


Quand le vent passe sur une prairie verte, le monde est devenu un cabriolet.


薫風が野辺の緑をわたるとき

世界は一つのオープンカーになる


(フォント「恋文ペン字」)


「野生の思考」の画像検索結果


c0345705_20532607.jpg


ごめんなさい。私、本当は知っているのよ。貴方が左遷された訳を…。


Pardonne-moi, à vrai dire, je sais la raison de ton exil


c0345705_09573419.jpg

手を合わせているようなリラ

(つづく*To be continued)

(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】


 



[PR]
c0345705_10034732.jpg

十二単の袖のような「桜衣」とうぐいす餅を枝垂れ桜のお皿にのせて…
crêpes en forme de manches de kimono pour hana-mi et un rossignol-mochi


今年もわが村のうぐいすは訛っています。ライバルがいないからでしょうか。
Un rossignol chez nous chante mal cette année aussi. C'est parce qu' il n'a pas de rival?



ホーホケケキョうつとりなまる(うぐひす)(ひな)(をのこ)の恋うたのやう


c0345705_13540503.jpg
Peter Motzという画家のカレンダー。左には林檎の花とガチョウ、右には姫踊子草が…
pommiers, trois oies, lamier pourpre ("petite danseuse" en japonais) par Peter Motz



「桜衣」を食べていると、杉田久女の「花衣」の俳句を思い出しました。
着付にはたくさんの紐を使います。お花見の晴れ着なら、なおさら…


花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ  杉田久女

kimono pour hana-mi
en se déshabillant s’accrochent
des cordons variés

haïku de SUGITA Hisa-jo, traduction de snowdrop



c0345705_08593670.jpg

色とりどりの紐のような枝垂れ桜(京都府立植物園)
cerisier pleureurs comme des cordons (Kyoto Botanical Garden)


うきよには留めおかじと春風の散らすは花を惜むなりけり 
西行



「浮世に留めおきはしない、と春風が桜を散らすのは、愛しているからだよ…」
と西行は歌いました。もしsnowdropが桜だったら、次の歌を返したことでしょう。

Un waka de Saigyo dit :
Le vent printanier disperse les pétales
pour que des fleurs de cerisier ne restent pas dans ce monde triste,
c'est parce qu' il aime ce cerisier…

Si snowdrop était le cerisier, elle lui aurait répondu par sa tanka…


c0345705_08521265.jpg

雨情枝垂れと仏の座(同植物園)
cerisier pleurer et lamier amplexicaule (siège de Bouddha)


しだれ桜に代はりて
春風よわれを(さら)へよ心あらば 嵐のかたちに咲きたる花を snowdrop

en place du cerisier pleurer

vent printanier,
enleve-moi,

si tu sais l’ amour,

disperse mes fleurs

en forme d’ ouragan


c0345705_09131253.jpg

京都府立植物園の紅枝垂れ(上)とパリの植物園の白妙桜(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanical Garden*Beni-sidare’(pink weeping cherry(upper f.)
Jardin des Plantes de Paris * Groupe Sato-zakura 'Shirotae' (lower f.)

c0345705_09122947.jpg

まるで おっきい盆栽!*bonsai gigantesque ?!
(HP de Jardin des Plantes, Paris)


パリの植物園も、ロンドンの植物園も、まだ訪ねたことがありません。
皆さんとご一緒にエア花見を…

Snowdrop n'a pas visité ni Jardin du museum d'histoire naturelle ni Kew Gardens.
Amuzons-nous ensemble hana-mi par internet !


c0345705_09255513.jpg

京都府立植物園(上)とロンドンのキューガーデン(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanial Gardenupper figure
Kew Gardens, London(lower figure


小雨でもまめに傘さす国びとは小さき桜もまめに目を留む

Japanese people 
that put up an umbrella
even in the thin rain
notice and appreciate
even a thin cherry tree


c0345705_09234657.jpg

(HP of Kew Gardens, London)

All Rights Reserved

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR





[PR]
c0345705_09154192.jpg


 品格ある偉大なる執事の道を追求してきたスティーブンスは、ドライブの旅に出る。ルートには、いま話題のソールズベリーも…。イギリスの田園風景は偉大かつ温和なる精神の象徴として、つねに物語の背景にある。そして、物語は彼の回想のなかで、さらに、回想のなかで言葉にされなかった事どもの中で展開する。

 スティーブンスは真面目な男だ。執事は彼の天職かもしれない。だからだろうか、彼は決して執事の仮面を脱がない。執事のお仕着せを脱ぐときも、彼の心は仮面を着けたままだ。少なくとも彼が物語る間は…

「まあ、ミスター・スティーブンス。(…)これは、ただのおセンチな恋愛小説ではありませんか」
スティーブンスは読書中、女中頭のミス・ケントンに本の中身を知られてしまった。彼は読者にこう語る。
「その本は(…)ご婦人のお客様のために、読書室やいくつかの客室に用意してあるうちの一冊でした。私がそれを読んでおりましたのには、明快な理由があります。それは、その種の本を読むことが、英語力を維持し、向上させるのに、ひじょうにすぐれた方法であるからにほかなりません」
 snowdropは鈍い方だが、さすがに突っ込みたくなる。「あなたはミス・ケントンのことが気になるから、そんな本を手に取りたくなったんでしょうに!」― 語られなかった恋

 スティーブンスはけっして本音を語らない。昔の主人が第一次大戦後の窮境にあえぐドイツに手を差し伸べようとし、やがてナチスに利用されてしまった事について、批判めいたことは口にしない。ただ「道徳的巨人」であった主人の高潔な人格を擁護するばかりである。それでいて、「あなたは、ダーリントン卿のもとで働いていたんでしょう?」と問われると、否定する。「いいえ、そうではございません、奥様」彼は自らに問いかける、なぜ否定してしまったのか、と。そして、主人を悪く言う言葉を耳にしたくなかったからだ、と自らを納得させる。
 じつに彼の否認は二度に及ぶ。三度目は描かれていない。思い出されるのは、主イエスを三度否認してしまった弟子ペテロ。…カズオ・イシグロは三度目の否認の場面を描かなかった。― 語られなかった悔恨

Stevens, who had pursued the dignity and greatness of the butler,embarked on a leisure holiday. The landscape of countryside, e.g. Salisbury, is the symbol of the greatness and the warmth of British spirit, always the background of this novel(). The story unfolds in his reminiscence and what has not been told with words in his reminiscence (Snowdrop remembers the difference of the landscapes between “Continentals” and “Celts”: the countrysides without and with rugged mountains!).

Stevens is square. The butler might be his vocation. He always wears the mask of butler. Even when he is not in his uniform, his spirit wears his mask, at least while narrating. For example,

“The book was, true enough, what might be described as a ‘sentimental romance’ one of a number kept in the library, () for the entertainment of lady visitors. There was a simple reason for my having taken to perusing such works, it was an extremely efficient way to maintain and develop one’s command of the English language.”


Even a slow snowdrop wanted to butt in, “Your curiousity about Miss Kenton makes you to choose such a book! ” ― untold love.


Stevens never speaks his mind. He never criticizes his ex-master, Lord Darlington, who was a fair English gentleman and moral statue whose compassion on Germany after Word War I was manoeuvred by the Nazis. And yet he denied that he had served the lord.

“Presumably you must have worked for him [Lord Dalington]””I didn’t, madam, no.”

Why did he deny? He anwers to himself “to avoid any possibility of hearing any further such nonsense concerning his lordship”.


He denied his lord twice. This situation reminds me of three denials by Peter in Bible. The third scene was not written in this novel. untold regret.



c0345705_14090821.jpg

ヘンルーダの花言葉は「悔恨」です(シェイクスピア『冬物語』)
ウォルター. クレイン画『シェイクスピアの花園』より(部分)
According to the language of flowers, Henruda means the rue (regret).


 スティーブンスは気づいていなかったのだろうか。自分の恋に。自分の悔恨に。執事のお仕着せに身も心も固めてしまって、人生が「日の名残り」に到る最後の最後まで、気づかなかったのだろうか。
 否、彼はかなり早い時期に気づいていたと思う。自分が執事の仮面の内に本音を押し殺していることを。それは、第一次大戦後、ダーリントン邸で開かれた国際会議の最終日だった。自分と同じく執事として生きてきた父が、邸内の小さな部屋で亡くなった日だった。父の死に立ち会うこともできず、人々のグラスに酒を注ぎ、足の痛みを訴える客に、父の死を診断した医師を差し向けるスティ-ブンス。彼は何度か、主人や主人の甥に声を掛けられる。
「おや、スティーブンス、気分が悪いのかかい」…
「スティーブンス、どうした?大丈夫か?」…
「なんだか、泣いているように見えたぞ」
彼は笑い、ハンカチを取り出して、手早く顔を拭く。
「はい、なんともございません」
私も、スティーブンスに声を掛けたくなった。
「スティーブンス、本当に大丈夫なの??? 」

 スティーブンスの仮面の下の素顔を垣間見た、ダーリントン卿とその甥のレジナルド。そしてスティーブンスの代わりに父を看取ってくれたミス・ケントン。この三人だけがスティーブンスに本音を漏らす。前の二人は、口の堅いよき聞き手としての彼を信頼して。後の一人は、素顔の彼に心を寄せて…けれども、スティーブンスはよき執事としての理想を優先させてしまった。あるいは、よき執事という仮面の下に逃げ込んでしまった。― 語られなかった真の人生

 スティーブンスを見守る作家の目はあたたかい。カズオ・イシグロは「忘れることが必要なこともある」と述べる。それは前へ進むためだ。スティーブンスはきっと顔を上げるだろう。
 『日の名残り』は読者が参加することで初めて完成する物語である。その風通しのよさは、日本的な「余白の美」に通じるかもしれない。
 

Had not Stevens noticed his love and his regret? Did he notice that for the first time, in the remains of his day? No, he should have noticed that earlier. It was on the last day of the conference hold at Darlington Hall in 1923. It was on the day his own father, an under-butler,died in a small room in the hall. He could not be present at his deathbed. He was serving the guests and led the doctor from his fathers room to the billiard room where a man was waiting with his aching feet. Lord Darlington and his nephew spoke to Stevens several times.


Stevens, are you sure youre all right there?”…

Not feeling unwell, are you?”…

Stevens, are you all right?

Yes, sir. Perfectly.

You look as though youre crying.

I also wanted to ask him, “Stevens, are you really OK? 

Lord Darlington, his nephew Cardinal, and Miss Kenton (who was present at his fathers final moments) : these three persons sometimes speak their mind to Stevens. The two men trusted him as a close-mouthed listner and the woman was recognizing his real face. But he did not pull off his mask. ― untold true life.

The author always seems to watch over Stevens. Kazuo Ishiguro says forgetting is sometimes necessary in general so as to live positively. Stevens will raise his face.
The Remains of the Day is the novel that is completed by every reader. There is a kind of the beauty of the untold blank space characteristic of Japanese culture.

映画「日の名残り」より



新聞にアイロンかける屋敷あれば折り紙のごと畳む汽車あり

While TIMES is ironed in an English manor house,
NIKKEI is folded in a Japanese crowded train.


「新聞 電車折り」の画像検索結果

(google search)
(All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_21423243.jpg

能「土蜘蛛」(右は源頼光。なお、鵺(ヌエ)を退治した頼政は頼光の家系)
Noh Spider(NHK Educational Television)



 男は細い竹箸のようなもので式子の指の傷口から蜘蛛の毛を丹念に取り除くと、女官に汲んで来させた奈良の小川の水をざぶざぶとかけた。枕を積み重ねてその上に腕を載せた。ふだんは幾重にも重ねた袖の奥深くに隠れ、人目に触れることのない斎院の腕である。雪のような白さとふくよかさが男の目を射た。しかしそれも束の間、赤い腫れは肘へ、二の腕へ、肩へと昇り、腕全体が丸太のように膨れ上がってゆく。

 男は懐から薬草を取り出し、汁を絞って傷口に塗った。あの赤黒い蜘蛛を見かけて以来、つねに携えていた薬草である。賀茂の里人や童があの蜘蛛に襲われた時は、いつどこにあっても駆けつけ、手当てできるように…御典医や御付きの者たちは男の施術を、ただ口を開けて見守るばかりであった。

「これからお熱が上がりましょう。熱冷ましと痛み止めをさし上げます。万が一、お腕の一部が死ぬると厄介です」

「明日は野宮へ戻られて、賀茂祭を締めくくりあそばすご予定なのだが…」

「なりませぬ!お褥(しとね)より動かすわけには参りません。少なくとも十日はここに留まって頂かねば―。また、人の動く気配がお体に響きます。お人払いを願います」 

 男の気迫に押され、抗弁する者はなかった。


この連載は日祝日に更新します。次回は10月22日です。

c0345705_22005873.jpg


 The man removed the spider’s hairs from her bites with something like bamboo chopsticks and poured the water that a court lady brought from Nara River. He piled several pillows and set her right arm on them. The princess’ arm that should be normally hidden in her robes, whose whiteness flashed before his eyes. But soon a red swelling climbed to her elbow, upper arm, and shoulder to change her right arm into a reddish log.

 He took out some medicinal herbs from his inside pocket and applied the juice to the bites. He had always carried the herbs with him since he had seen that red spider in the forest so that he could heal immediately the villagers or children attacked by the insect. The court doctor and servants were only gazing at his treatments with their mouths open.

“ The fever will heighten. I will give her my painkiller and fever medicine. If her arm should necrose, it would be a matter of life or death.”
“ Tomorrow she is scheduled to go back to Nonomiya and finish the festival
“ Impossible! She MUST rest quietly here at least ten days. May it please your honour, I have to order the room to be cleared so as to avoid even a slight shock to her body. ”
 His spirit made all of them hold their tongues.


(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)





[PR]

f0374041_13201400.jpg

10月8日は「寒露」の始まり(2016年撮影)。。。 Late-autumnal dew's period has begun today.


 斎院式子は朦朧としていた。何が起きたのであろう。年に一度、賀茂祭の夜、ここ神館に泊まることが式子は好きだった。賀茂の社の「みあれ野」に拵えられた一夜限りの宿は、地面に近く、壁も薄く、周囲の森の気配を濃密に伝えてくる。深い吐息のようにざわめく木々。声を合わせて歌う蛙。小鳥の寝言。

その暁、式子はひとり目覚め、寝所の隅をじっと見つめていた。これまで見たことのない小さな蜘蛛が糸を吐き、巣を編むさまに見とれていたのだ。ただ一つ点された燈台の仄かな光のなかで、赤黒い体から不断に銀の糸が伸び、その糸は規則正しく、巧緻に、羅のような同心円を描き出してゆく。不意に、時鳥が啼いた。つねより高らかに、まるで凱歌のように。はっと身を震わせた彼女は体の均衡を崩し、蜘蛛の巣へ右手を突っ込んでしまった。中指に鋭い痛みが走る。
 式子は茫然と指を、指に並んだ二粒の紅を眺め、そして蜘蛛を見た。恐れはなかった。驚かせてしまって…という心持が先に立った。しかし、ほどなく、激しい痛みが訪れた。指から手の甲が火のように熱い。それでいて背筋に悪寒が走る。
 いつも眠りの浅い命婦がいち早く目を覚まし、女主人の腫れあがった手を見て悲鳴を上げた。警護の従者が叫んだ。彼方より駆け来
る跫(あしおと)が近づく。御典医だろうか。しかし、あの老医師がこんなに速く走れるものか…薄らぐ意識のなかで、言い争いの気配がしたと思うと、式子はいきなり右手を取られていた。聞いたことのない男の声がした。

「これは唐渡りの毒蜘蛛の傷です。見たんだ、数日前に、この森で、この蜘蛛を!おそれながら、御典医の手には負えません。僕(やつがれ)にお任せを」


次回は10月15日(日)に更新します。


c0345705_21494332.jpg
Today the late-autumnal dew's period has begun in Japanese calendar(photo in 2016)


Princess Shikishi was being in a hazy state. What is happening? She liked putting up at Koudate once a year, on Kamo Festival night. This residence for one night in Kamo forest, with the lower floor near to the ground, with thinner walls, conducts the feel of the forest in the air. The voices of the trees, the chorus of frogs, a silly song of a sleeping bird

 At the break of dawn, Shikishi was awake alone and staring at a corner of the room. The spider that she had never seen was weaving its fantastic web. In the only spot of dim light, from the small dark red body, silver thread is extended and drawing a concentric circle regularly and elaborately. Suddenly cried a lesser cuckoo. More loudly than usual, like a triumphal song. The princess shivered, off-balanced and thrusted her right hand into the web. A sharp pain shot through her middle finger.

 Vacantly she looked at her finger, at two drops of ruby blood, and at the spider. There was no fear. She was sorry that she frightened and disturbed that small insect. But soon a more acute pain attacked her. The finger and the back of the right hand became hot like a fire. And yet she felt a shiver run down her spine.
 A court lady, a light sleeper got up, found her mistress’ swollen hand and screamed. A guard cried. From a distance someone’s footsteps are approaching. The court doctor’s? But can that elderly doctor run so fast? While losing consciousness, she heard a quarrel and felt the wrist held. A stranger’s voice.

“ These are a Chinese venomous spider's bites ! I have seen it in this forest several days ago. May it please your honour, this is beyond the control of the court doctor. Leave it to me, please.”


(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)



[PR]

c0345705_21412948.jpg

バレエ「眠りの森の美女」より * 毒グモを思わせるカラボスとオーロラ姫 (NHK)
Sleeping Beauty, Spider-like Carabosse and Princess Aurora


の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることのよわりもぞする

― 式子内親王 小倉百人一首89番、新古今和歌集 恋一1034

Life! Thou string of gems! If thou art to end, break now. For, if yet I live, All I do to hide my love May at last grow weak and fail. waka by Princess Shikisi, One Hundred Poets, One Poem Eachtranslation of Clay MacCauley
If I live longer I cannot bear to hide this secret love. Jeweled thread of life since you must break ― let it be now.
translation of McMillan Peter

a0332314_09571915.jpg

葵祭の斎王代(斎王の代理。5月15日)

この歌物語は、後白河法皇の第三皇女で斎王(斎院)をつとめ、忍ぶる恋の歌で知られる式子内親王をめぐるフィクションです。(なお、その他の実在の人物、実際の出来事、古代及び現代の医学的症例や治療法とも無関係です)
参考文献:馬場あき子『式子内親王』 竹西寛子『式子内親王』 白洲正子『花にもの思う春』

This poem-tale is a fiction regarding Princess Shikisi [Shokushi] (1149–1201), the third daughter of Emperor Go-Shirakawa (1127–1192, reigned 1155–1158). She served as a Saiou [Saiin] in her youth and known by her waka. (There is no relation between other characters appearing, realevents, and the ancient or current medical symptoms and treatments to those that really exist.)

「ホトトギス」の画像検索結果
ホトトギス(Lesser cuckoo)(Nikkei Style)
ホトトギスの声 * https://www.youtube.com/watch?v=JyEYApCY-dM 


ホトトギス。漢字表記は「時鳥、田鵑、杜鵑、霍公鳥、不如帰、沓手鳥、杜宇、蜀魂、子規」など数多い。朝/夏/田植えの時期を告げる鳥、あるいは、死出の田長(死出の山を越えて来る鳥)と呼ばれ、生と死の双方を象徴する。その特徴的な鳴き声は、万葉のむかしは「ホトトギス」、いまは「テッペンカケタカ」「トッキョキョカキョク」などと聞きなされる。

Hototogisu Lesser cuckoo. Symbol of both the life (morning, summer, etc.) and death. Its characteristic note is expressed in onomatopoeia “hototogisu” (in the Tempyo period) , “Tokkyokyokakyoku” (since the Meiji period, meaning ”(Tokyo) Patent Bureau”), etc.

a0332314_09350159.jpg
 

 ホットトギス! いまだ暗いしののめの空を引き裂くように、時鳥(ホトトギス)が啼いた。一声、二声、そして三声。次第に声はすぼまり、最後は口ごもるように朝の大気に溶けてゆく。男は立ち止まり、東の方角へ視線を泳がせた。緑深い賀茂の森、そこをねぐらとする鳥たちのなかで、時鳥ほど早く鳴くものはない。老い鴬も、四十雀も、まだ明け方の眠りを貪っている。木末を縁どるように星々が瞬く。

 白樫、槻、小楢、楠 ― さまざまな樹木が並び立つ森の一角に、慎み深く、しかし気高い人の営みの気配がする。神館(こうだて)か…男は目を凝らした。卯月(旧暦四月)の賀茂祭(葵祭)の夜、斎院が泊まるための仮の住まいが、この先にあるはずだ。ふつうならまだ斎院も、それに仕える人々も寝静まっている時刻。しかし今朝は、湿りけを帯びた空気を縫ってかすかにざわめきが伝わってくる。女官らの、時鳥の遠音めいた甲高い声すら混じっているようだ。何かただならぬことが?その時、叫ぶ声がした。「斎院さまが蜘蛛に咬まれあそばした!医師(くすし)」を呼べ!早く!」

この連載は日祝日に更新します。次回は10月8日(日)です。

 Hottotogisu! A hototogisu, lesser cuckoo shrieked as if it had teared the aurora’s sky. Hottotogisu!,……hototogisu……hototgus… his shrieks little by little became muffled to fade out in the morning atmosphere. A man stopped and looked toward the east. In the green forest of Kamo, the lesser cuckoo always gets up and chirps the earliest. The bush warbler and great tit are still sleeping at dawn. The stars are glistening.

 Quercus myrsinifolia, Zelkova serrata, Quercus serrata, Cinnamomum camphoravarious trees in the forest of Kamo hide a quiet and noble human activity. ― Koudate (the temporary residence for the Saiou-princess on the Kamo Festival night) ? It is still so early that everyone should be asleep. But today a murmur is conveyed through the moist air. Several human shrieks seem to be mixed there. Something extraordinary happened ? A CRY. “Saiou-sama was bitten by a spider! Call the doctor! Hurry!! ”

(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_17493033.jpg


ふかぶかと秋になりたる空あひや一枚読みては視線を遠くす 宮英子



 白露に入った金曜日。秋に詠まれた一首の歌を鑑賞したい。
「ふかぶかと」「秋になる」は意表を突く繋がりである。それでも納得してしまうのは、「秋になりたる」空模様、「視線を遠く」へ誘う深い空を、私たちの心が共有しているからだろう。平仮名の「ふかぶか」と、詠嘆の「や」が青の濃さを物語る。では、続く「一枚」とは、何の一枚なのか。本、新聞、それとも木の葉…迷う間、読者は、「読みては視線を遠くす」る時間を共有することになる。
 曖昧さは人の想像力を動かす。とらえどころのない表情を浮かべた肖像画が動き出しそうに見えることがあるが、曖昧な文面もまた、文字の世界のなかに風のような動きを生む。

その後、「一枚」は手紙の一枚であることが明らかになった。便箋数枚におよぶ手紙など、やりとりしなくなって久しい。一枚目から二枚目、二枚目から三枚目へ移るたび、仰ぐ青空。そこに浮かぶのは手紙をくれた大切なひとの面影だろうか。二人が共有する思い出の情景だろうか。そういえば、昔は、レコード盤にA面とB面があって、裏返す間(ま)を味わったものだった…。

 思いは文通をしていた友へと流れてゆく。病院で出会ったとき、私は十代、彼女は二十代だった。互いの退院後も神戸へ旅をし、手紙を交わした。そのころのレターセットがいくつか取ってある。
 時はうつり、友は空へ旅立ち、私は ―
今年、久しぶりの病院のベッドで、友をしのんで少し泣いた。一緒にいて楽しかった時より、離れて寂しい時の方がずいぶん長くなってしまったね。。。忘れないよ。

***
le ciel limpide après la pluie


Deeply   it has become autumn,  the look of the sky  every time I read one leaf   I look away in the distance  (tanka by Miya Hideko, translation of snowdrop)


 “Deeply” and “it has become autumn” do not connect directly. And yet this slight jump persuades the readers because we share the deep sky of Japanese autumn that invites our gaze in the distance. The dash (cutting word “ya” in Japanese) suggests the extraordinary deep blue of the sky. What is “one leaf ” ?A page of a book, a leaf of a newspaper, or a leaf of a tree…? While wondering, the readers share the time to “look away in the distance”.

The ambiguity stimulates our imagination. This ambiguity makes a wind in this tanka like some portraits whose elusiveness leads to the feeling of movement.
 Later I learned that this "leaf" is that of a letter. It is a long time since I quitted writing a letter composed of several leaves. The first leaf, …the second,… and the third…while lifting her eyes, is she gazing at her precious person's image or their precious memory in the blue-sky screen? This tasteful interval reminds me of that while turning a phonograph record from A-side to B-side.
 And I remember one pen pal whom I met in a hospital in my youth. After leaving hospital, we traveled to Kobe and exchanged letters, some of which (unused item) I keep still now.
 Time passed, she passed away, and I ― in this early summer, on a bed in a hospital, remembering her, cried a little. (She had suffered from the joint pain of her collagen disease, far stronger and wider-ranged than mine: probably mental one. I wish I had been able to share it even a little, beyond time and space.) 。。。Je ne t' oublierai jamais, mon amie.


 

c0345705_17501175.jpg
↑ トンボ * dragonfly


空白の便箋入れて心こめて手紙を出そう空の彼方へ

Mettant des papiers à lettres vides et mon cœur fidèle dans une enveloppe, je la jete au-delà des cieux.



c0345705_17505141.jpg

封筒から透けて見える木の葉の便箋

papiers à lettres en forme de feuilles mortes dans une enveloppe transparante



あの子から返事が来たよ泣き笑いしているような朝焼けの空


Une réponse est venue de l’ amie, c’ est le ciel empourpré de l’ aurore comme un sourire entre ses larmes.



c0345705_08520987.jpg

(All Rights Reserved)



[PR]

c0345705_04435510.jpg

礼文島(2014年



ユリシーズ  
ウンベルト・サバ


若いころ俺は

ダルマツィアの岸辺を帆走した

波間から

見え隠れする島々に時おり

鳥が一羽獲物を狙いとまっていた

ぬらつく藻に被われた島々は

エメラルドみたいに綺麗に太陽に耀(かがや)いた

(…)
今日 俺の王国は

あのノー・マンズ・ランド 

港は誰かのために灯をともし 俺は 沖へと

いまだに駆り立てられている

飼いならされていない魂と

人生への痛苦な愛ゆえに

(snowdrop翻訳)



Ulisse
  Umberto Saba


() Oggi il mio regno

è quella terra di nessuno. Il porto

accende ad altri i suoi lumi; me al largo

sospinge ancora il non domato spirito,

e della vita il doloroso amore.


(…)Aujourd'hui mon royaume
est cette terre de personne. Le port
fait briller pour d'autres ses lumières ; moi, vers le large
me pousse encore un esprit indompté
et de la vie le douloureux amour.

la traduction d’ Odette Kaan


c0345705_04583874.jpg

Rebun Island, Hokkaido(2014


海と空のあはひを翔る鳥を見つつ半刻なりとも

吾はノマッド * ノマッド(さすらい人)


(Quand je vois un oiseau volant entre la mer et le ciel, même si demi-heure, je suis nomade.)

 

まだ右手タイピングできない状態なのに、翻訳の仕事が増えてしまって…
しばらくブログをお休みします。
また帰って来ますので、その時はよろしくお願いします。

Although I cannot yet type with the right hand, my workload (translation) has increased. I stay away from my blogues for a while. Salut!


   

ここからは、お時間が許せばどうぞ


 2年前の夏に試訳したイタリアの詩を改訳して、私は、結びの一句から離れられずにいる。「痛苦な愛」とは何か?原詩は il doloroso amore、仏訳は le douloureux amour。
 むかし、フランス文学の恩師がこう言った。douloureux という単語は嫌いだ、長くて重苦しいから。…彼は病がちで、身体の苦痛に敏感な人だった。
 フランス語ではドゥルゥルー、イタリア語ではドロローソ、たしかにどんよりする響きである。手元の『プチ・ロベール』で引いた中身をまとめれば、「肉体的/精神的苦痛を引き起こす(もの)」という意味。痛み、苦しみ、つらさを伴う愛とは何だろう。
 私もまた痛みの諸相を垣間見た。刺痛、疼痛、痺痛、鈍痛、関節痛…。垣間見た、というのは、たいていは薬ですぐに抑えられたからだ。痛みは肉体の異常を知らせるメッセンジャー、役目が終われば不要になる。痛みによる心身への負担は最小限でよい。じっさい、体の痛みが心を傷めてしまうこともある。
 逆もまたしかり。だが、心の痛みは抑えにくい。この詩の「俺」は、おそらくは心に癒しがたい痛みを抱えながら、愛さずにはいられないのだ。人生を、人間を愛し、港を夢見ながら苦しみ、ひとり沖へと駆り立てられる。俺の王国、ノー・マンズ・ランド(無人地帯、荒野)へ。
 飼いならされていない魂が、人への妥協を拒むのか。心を引き裂く愛が、独りの内省を求めるのか。ノー・マンズ・ランド ― 寂しくも誇り高い響き。「孤高」というありふれた言葉が浮かぶ。心の痛みもまた、メッセンジャーなのだ。各人の心の在り方を模索する、迷える使者。つきまとう使者。かけがえのない使者。愛おしい使者。
 タイトルは「ユリシーズ」、海をさすらったギリシアの英雄オデュッセウスを意味する。オデュッセウスはふるさとの家族のもとへ帰っていった。手負いの獣めく「俺」の心は、そんな英雄に憧れているのだろうか。心の痛みが体を傷め、老いさせてしまう前に、魂のふるさとを見つけてほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=rkermyl_JKw

 After having translated again the Italian poem that I once translated two years ago, I am hauted by the last phrase ”il doloroso amore” i.e., “le douloureux amour”.
 My former teacher had said, “ I hate the word douloureux, because it is too long and heavy” . He had to undergo artificial dialysis from youth and was sensitive to the physical pain.
 According to Petit Robert, this adjective means “Qui cause une douleur (physiquemorale)”. What is the love that cause the pain?
 
Although I have experienced various pains (pricking; aching; tingling; dull; joint, etc.) in the hospital and at home, my medicines often have removed them quickly. The pain is a messenger of a physical trouble and he should exit after his turn. Sometimes the physical pain undermines the mental health.
 And sometimes the anxiety causes the physical pain. But it is difficult to remove the mental pain. The hero in this poem suffers from an uncurable pain and yet he cannot but love the life. While loving the life, the people, and even the port, he is alone driven offshore to his realm, no man’s land (a desert or the deserted sea).
 
Does his untamed soul reject the compromise with others? Does the love that tears his heart require the meditation in the silence ? No man’s land, whose sound is solitary and proud. The mental pain also is a messenger, a stray messenger; a haunting messenger; a precious messenger; a beloved messenger who gropes to your own standpoint.
 UlisseOdysseus)finally returned home where his family had been waiting for him. Where will the hero of this poem drift ashore? Does his soul like a wounded beast adore Ulisse? I wish he will find his spiritual home, before his mental pain weakens his body and makes him old.

 
Bonus

Michelangelo' s unfinished Pieta (Milan, 1999) ― Stabat mater dolorosa

c0345705_13453853.jpg

(All Rights Reserved)






[PR]