タグ:Poème(短歌/俳句) ( 176 ) タグの人気記事

今朝、あふれる月の光に目覚めたら、重たそうなまるい月が山の端へ落ちてゆきました…

c0345705_21232306.jpg

スーパームーン(2015年)*Super Moon*snowdrop撮影*短歌とは無関係です


ときどきは耳を澄ますこと月に射されたままからだ   勺 禰子

sometimes
straining my ears
on a pass
still with the body
bathed in the moonlight
― Shaku Neko, tr.by Yukiko Kawakami


c0345705_11103389.jpg


今月号の『角川短歌』の「短歌のさじ加減」でも取り上げられた
禰子さん(しゃく ねこ)さんの歌集『月に射されたままのからだで』。
2017
年の夏、勺さんのブログ( 🐈)で拝見して以来
サインを頂きたいと願ってきました。先日勇気を出して願いをかなえました。

Here is the first collection of tanka composed by Shaku Neko,
Still With the Body Bathed in the Moonlight
and a tanka-magazine, one of whose articles refers to her tanka.



c0345705_11112300.jpg

勺 禰子さんと会ひて
リュックよりさらりと出せる筆ペンは歌人の矢立の流れをぞ引く 

恋文ペン字で
ベレー帽ななめにかぶるウタビトは万智ちやんみたいなボブカット・ヘア
a tanka-poet
cocking her beret
was charming,
with bobbed hair
like that of Machi-chan

→ Tawara Machi(wiki)


c0345705_21102443.jpg

主菓子「梅の窓」(菊屋、大和郡山市)
撥鏤(ばちる)菓子切(守田 蔵作 🌸
🌸『古事記』をテーマにした創作も…

勺さんが所属しておられる短歌結社の機関誌『短歌人』
二月号の表紙は
です。如月から弥生の窓辺で味読しましょう。
主菓子「の窓」に入った筋は、大和郡山市の町家の格子窓を思わせます。

The tanka association which Shaku-san belongs to
publishes the above magazine (Februray 2019 Issue).
Do you recognize the
plum blossoms on the front cover ?
A Japanese cake in the shape of
plum blossoms by a window
reminds me of a window of a traditional townhouse in Nara.



c0345705_11535177.jpg


町家の窓*Former residence of Kawamoto family in the ex-red light district (2016)


勺さんの眼を通して歌われた関西は、古代史に連なりつつ

いま、ここの現代をも生き生きと映し出しています。

Kansai district in hertanka reflects vividly the contemporary life
while leading to the ancient history.




今はむかし国際港と思ほえばコスモスクエアといふ名を肯ふ  勺 禰子



c0345705_21220247.jpg

梅二輪(コンデジ内蔵の魚眼レンズで加工)

関西方言の短歌もあります。
It is difficult for me to translate our tanka in Kansai dialect



「カーネーション」2011年秋、朝の連続テレビ小説

言うちゃるわ、早よ寝り、食べり、行っちょいで。
糸子の母は祖母の面影   
勺 禰子



2016年夏、祖母の追憶
枝豆をみしってきちょうと渡されし手籠に勇みき
幼ごころは  snowdrop


c0345705_14001827.jpg

















農林会館(大阪)(2016年)* snowdropの祖母もよくミシンを使っていました

「カーネーション」の周防龍一(綾野剛) ミシンをしょっています (google search)

関連画像




キーボードに引き裂かれゐし子音母音なつかしみつつ

君の名を呼ぶ   勺 禰子


c0345705_17105308.jpg



snowdropは高校時代、英文タイプライターに挫折しました。

大学時代にワープロが登場。さて、ローマ字入力か仮名入力か?
迷った末、外国語にも応用のきくローマ字入力を選びましたが
子音と母音をたえず引き裂いている罪悪感はいまも拭えません。
新仮名遣いで痛めつけられた日本語を、さらに鞭打っている気がして。
けれども、慣れとは恐ろしいもの。
今や鉛筆を握るよりキーボードを叩く方がするする歌が生まれるのです。
ピアノのように両手を使うと、左右両脳が刺激されるからでしょうか?
果たしてこのままでいいのか … 言霊が弱まったりしないでしょうか?

I once gave up typing in English during high school.

Then the word processor appeared when I was at university.
I have chosen Roman letter input rather than Japanese one
because I can apply it to foreign languages also.
But according to Shaku-san's tanka, the Roman letter input
tears Japanese into the vowel and consonant !
To tell the truth, I can compose tanka more smoothly
with PC than with a pen, like playing the piano with both hands!
Will typing in English weaken the spirit of Japanese language ?!


東大寺境内の黄葉と月の歌の栞(90年代)

c0345705_11533295.jpg

挿画 山本じん 銀筆「淤能碁呂島」『絵本古事記 よみがえり―イザナギとイザナミ』

ドレ筆の『神曲』めきたる銀鼠の『古事記』にうねる(かづら)の言霊


ドレによるダンテ『神曲』の挿画(
google search)


「illustration of La Divina Commedia by G. Doré.」の画像検索結果


The above silver cover illustrating A Record of Ancient Matters
reminds me of the illustration of La Divina Commedia by G. Doré.


(All Rights Reserved)









エジプトで食べたナツメヤシより大きいと思ったら…中に種が入っていました!

These dates are bigger than those we ate in Egypt because of the seeds.


c0345705_14221076.jpg

昭和のわが家で、昭和のフォークでいただきます!
NIKKEI STYLE(神戸モスクと神戸カトリック教会)
Kobe Muslim Mosque and Kobe Chuoh Catholique Church


バイブルで読みかじりたる棗椰子(ナツメヤシ)かじれば かをる埃及(エジプト)の風

the date
I have read in Bible,
which I eat today
which reminds me of
the wind of Egypt in 2010



c0345705_14283041.jpg



モスクのお向かいにはハラル・ショップがありました。
イスラム教で許された食品だけを扱っています。(緑のハラル認証マーク付き↑)
冷蔵庫に入ったお肉は骨付きの牛肉や鶏や羊だけ。豚は禁じられています。

There is a halal food shop right across the street from the mosque.
I saw a refrigerator with beef on the bone, chicken, mutton only.


c0345705_14302305.jpg


お酒もタブー、お茶を置いていました。↑
中国製らしき薄口しょう油が並んでいます。↓
写真はありませんが、いろんな種類の袋入りの香辛料も。

The alcohol as well as pork is not allowed.
There are tea, Chinese soy sauce, various spices, etc.


c0345705_16275234.jpg


アフリカのクスクスや、ギリシアのブドウの葉で包んだドルマ↓
イスラエルのひよこ豆コロッケ、ファラフェルも見かけました。

African couscous, Greek dolma,
and the falafel of the Middle East…


c0345705_14401754.jpg



チキンカレーやチキンのパスタソース
↓ハラル塩ラーメンなんてあります!

Chicken curry, Chicken pasta sauce,
and Halal ramen, Chinese-style noodles !


c0345705_16261809.jpg

ハラル認証マーク入り↑ * halal certification


 ヒジャーブを着けた店員さんが「なんでも聞いてね」とにっこり。
インドネシアから来日したのだそうです。
そういえば、奈良の電車で出会った家族もインドネシア出身でした。

A friendly clerk with hijab smiled and said to me, "Ask anything!"
She was from Indonesia, like a family I had met in a train in Nara.



c0345705_14314013.jpg

(2018年の汽車詠11首から → 🚃

灰色のヒジャーブ着けし赤さんは女の子なのと聞くまでもなく

赤さんの額の髪をくりかへしヒジャブの奥へ入れる母の手

皮つきのバナナのおしやぶり選びしは生後八月の真黒のひとみ 🍌

a dummy
in the shape of a peeled banana
it was the baby herself
who had chosen it
with black eyes of eight months old

(The baby with hijab was needless to say a girl!)


「ロクム オスマン帝国外伝」の画像検索結果

「オスマン帝国外伝」にも出てくるお菓子、ロクム
Turkish delight, locum in The Magnificent Century

(google search)

(All Rights Reserved)










「エミリ・ディキンソン」の画像検索結果「式子内親王」の画像検索結果google search


エミリと式子、国も時代も遠く離れた詩人と歌人が
うた合せをしたなら…(お題は「虫」)

Further in Summer than the Birds Emily Dickinson


Further in Summer than the Birds
Pathetic from the Grass
A minor Nation celebrates
It's unobtrusive Mass.

No Ordinance be seen
So gradual the Grace
A pensive Custom it becomes
Enlarging Loneliness.

Antiquest felt at Noon
When August is burning low
Arise this spectral Canticle
Repose to typify

Remit as yet no Grace
No Furrow on the Glow
Yet a Druidic Difference
Enhances Nature now

鳥たちよりもさらに夏遅く  エミリ・ディキンソン

鳥たちよりもさらに夏遅く
草むらのかげで悲しげに
ちっちゃな群れが挙行する
人目につかぬミサを。

(…)

八月が燃えつきようとする頃
真昼というのにたいそう古めかしく
この幽霊のような聖歌はわき上がり
寂滅を表象する

恩寵はまだ取り消されたわけではなく
輝きにはさしていない
(…)

(亀井俊介の訳から一部を引用)(『対訳 ディキンソン詩集』岩波文庫)



アマーストの秋(O.H.ヒッチコック)(wikipedia)
Autumnal Scenery, lithograph after Orra White Hitchcock


引用部分の最終行で「」と訳されたのは ”Furrow” という単語です。
訳注によれば、furrowとは「畝と畝の間の溝」という意味だとか。
畝の影を光と対照させる感性は型にとらわれず、こまやかです。
この畝にひそんでいるのは、ちっちゃな群れをなすこおろぎです。

"Furrow" means the shadow contrasted with the Glow.
In these furrows live and sing a minor Nation, the cricket.



cricket and
pine cricket




跡もなき庭の浅茅にむすぼほれ露の底なる松虫のこゑ 式子内親王

entangled
in the cogon grass leaves
in the garden without tracks,
in the bottom of the dews
a pine cricket's cry

(Princess Shikishi, tr. by snowdrop)

人の足跡もない庭に茂る浅茅の露の底から
ほろほろとたちのぼる松虫の声…
まつむしはすでに誰をまつことも諦めたかのよう。
詩よりずっと短い和歌の半ばを草の描写が占め
ただか細い声が聞こえてくるばかり。

"Matsumushi (pine cricket)" implies "matsu (wait) ".
While Emily simply depicts "from grass",
Shikishi "entangled in the cogon grass leaves".
The latter's grass encloses the insect.




式子内親王が蜘蛛に咬まれる歌物語を作ったことがあります。
(snowdropのフィクションです)

いっぽう、エミリにも蜘蛛をうたった詩があります。



The Spider holds a Silver Ball (蜘蛛が銀の玉をかかえている)
In unperceived Hands –(目には見えない手で – )
And dancing softly to Himself(そして、そっと一人踊りながら)
His Yarn of Pearl – unwinds – (…)(真珠の糸を繰り出す) (…)

(the first stanza of a poem by Emily Dickinson, tr. by snowdrop)


c0345705_10250961.jpg

(2017年撮影)


華厳経では、微塵のなかに世界がすべて含まれていると説きます。
毘盧遮那仏が帝釈天につくらせた宝網である因陀羅網においては、
「結び目にある珠玉が互いを映し合い、映った珠がまた映し合うという
無限の関係によって、華厳の無尽が説明される」のだとか。
宮沢賢治の「インドラの網」がこれに当たります。
英語では、これをパール・ネットワークと呼ぶそうです (2015年記)。

Avatamska sutra explains that a monado includes whole world.

Indra's net (the net made by Indra by orders of
Vairocana Buddha
to which Miyazawa Kenji refferred) has a multifaceted jewel at each vertex,
and each jewel is reflected in all of the other jewels.
This image shows the infinite world of
Avatamska sutra,
which is called “Pearl network” in English.



(2017年撮影)

 

c0345705_10524505.jpg




空高み真珠(まだま)のやうな白雪は見えぬ糸もて繰り出されくる

Heaven unwinds his yarn of pearl-snow (inspired by Emily)




c0345705_06434919.jpg

Trois Petits Flocons(left)*Neige par Nakatani Ukichiro(right)


(All Rights Reserved)







c0345705_07123736.jpg

















初雪ね ささやきかはす 水仙花 

the first snow
whispering each other
narcissus


c0345705_07154308.jpg


















ドビュッシー*雪は踊っている






ちひさき鳥を教へてくれるものは雪 こゑもすがたも白にうもれて 

birds,
is taught by the snow
hidden in the white
their songs and wings
all the more I miss
(inspired by Emily's poem)

c0345705_15010727.jpg

Emily by Michael Bedard, pictures by Barbara Cooney


山ふかみ春ともしらぬ松の戸にたえだえかかる雪の玉水  式子内親王

deep in mountains
where spring seems to be far behind
on the pine door
snow melting water falls
drop by drop。。。
(Princess Shikishi, tr. by snowdrop)

c0345705_08175997.jpg

白百合 * lilium alb.

『エミリー』(マイケル・ビダード著、掛川添子訳、バーバラ・クーニー絵)


この絵本には、エミリの詩がエミリ自身の文字で引用されています。

A picture book Emily cites her poem with her own handwriting. 


c0345705_15234732.jpg

c0345705_15240069.jpg








掛川添子さんが訳した、マイケル・ビダードの本文もすてきです。日本には

エミリの詩に魅せられ、美しい品々に生まれ変わらせている人たちもいます。

Michael Bedard, inspired by Emily and her house, he writes: "What is poetry? (…) Listen to Mother play [the piano]. She practices and practices a piece, and sometimes a magic happens and it seems the music starts to breathe. It sends a shiver through you. You can't explain it, really; it's a mystery. Well, when words do that, we call it poetry. " ([…] by snowdrop)
There are Japanese also who are inspired by Emily's poems to create beautiful things.


展覧会「永遠の旋律」は去年終了しましたが…(Exhibition in 2018)



海の果てのやまとの友に囲まれてエミリの部屋は光さんさん

surrounded
by Japanese followers
beyond the ocean,
Emily's solitary room
should be filled with sunlight


エミリの部屋(アメリカ)は博物館になっています。→🏠

「emily dickinson  museum room desk」の画像検索結果
Emily Dickinson Museum → 🏠 


ふるき椅子と白き十字の聴き入るは詩人をめぐる永遠の旋律

antique chairs, white crosses
and beautiful accessories
are listening to dateless melodies
for and from Emily Dickinson

展覧会(東京)の写真(by haruchonnsさん)から生まれた歌です


「emily dickinson books 永遠の旋律」の画像検索結果

photo from Books 📚 Special thanks to haruchonns!

(All Rights Reserved)





あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
Happy New Year !
(今年もスローなsnowdropです…)

c0345705_14514862.jpg


大阪市中央公会堂(中之島)(2018年11月)



箱から取り出したのは、公会堂開館100年記念切手。
今年はどの切手で皆さまへお便りを出しましょうか…

Which commemorative stamps do you like for my articles to you?
(Osaka City Central Public Hall was established in 1918.)


c0345705_14485335.jpg



大阪市中央公会堂は昔からの思い出がつまった宝石箱です。
むかしの振袖の写真でも蔵出しして、春を寿ぎましょう。

Osaka City Central Public Hall is a jewel box
full of various memories from my school days.
↓Here is our photo at the graduation ceremony.


c0345705_14482063.jpg
c0345705_16290890.jpg



この薄紅色の振袖は袖を切って
葡萄(えび)色に染め返してもらいました。
振袖と訪問着、それぞれの端切れです。↑

My pink furisode was re-dyed dark purple
and its long sleeves were shortened
to be a semi-formal kimono for the adult.


c0345705_09140099.jpg















c0345705_05155416.jpg




























観世清和「羽衣 彩色伝」(日経新聞およびNHK-Eテレ新春能)
金雲たなびく茜色の空に羽ばたくのは鳳凰です。
(紅地鳳凰縫箔腰巻、白地藤花蝶文様長絹)(某ブロ友さんのご教示による)

phoenix and gold clouds in the red sky


c0345705_07241926.jpg



















鴎とぶ浪華の海の薔薇の波


rose waves
of the sea of Naniwa (wave flower)
above which a gull flies

c0345705_16410034.jpg


水都 大阪のステンドグラスに澪標(みおつくし)
stained glass with a design of a mark in a waterchanel
Osaka is a city of water.

帆船(南蛮船でしょうか?)
A ship from Portugal?

c0345705_07222356.jpg




おまけ 🐗 今年はカモメ年ではなく亥年ですから…
「南蛮図屏風」の猪をどうぞ。中央の黒い動物が猪です。

Bonus 🐗 This is the year of the boar(not of the gull).
Here is the one in Namban screens.
Do you recognize a black piglet in the middle?



c0345705_05325187.jpg

南蛮文化館蔵「南蛮屏風」(部分)『南蛮美術の光と影』より


恩師の旅を思ひて

フロイスが南蛮船より降り立ちし港にひびく風と鴎と


in the harbor
where Luís Fróis
disembarked
from a ship from Portugal
you hear seagulls and wind



坂本花織の「ピアノ・レッスン」からはカモメの声が…

Voice of seagulls in The Piano (1:57~2:00)





(All Rights Reserved)




c0345705_07075020.jpg



京都の寺町通のアドベント(待降節)。
ボタン屋「エクラン」さんの飾り窓もクリスマスしています☆彡

Advent on Teramachi Street in Kyoto!
Ecrin's show window is Christmassy!!


c0345705_07044622.jpg



お花屋さんのヒヤシンスが春を待ちかねています。
ヒヤシンス色のクリスマス・オーナメントが素敵。

The hyacinths in this flower shop wait for spring to come.
Hyacinth-colored Christmas ornaments are refined and chic.


c0345705_07064346.jpg


いかめしい町家造りのお酒屋さんも…

This traditional trademan's house…

c0345705_07033546.jpg



今年のボジョレにサンタ帽をかぶらせて、やる気まんまん!
帽子といえば、「冬支度」の記事に歌をちょい足ししたんです。

…sells Beaujolais nouveau with Santa Claus hats !
Speaking of the hat,
snowdrop added tanka on a hat in an article
"Carte de Noël de Suède".


a0332314_07144322.jpg




















snowdropもやがてこの祖母の歳…昭和の女は老けづくり!
my grandmother around the same age as snowdrop !



「シャッポンをかぶって行きや」母の母が 母へかけたる声し思ほゆ
             ”            声し遠しも
              ”            はるかなる声

Porte ton chappon (chapeau) !
la mère de ma mère
disait à ma mère
dans son enfance
il y a longtemps


a0332314_07145415.jpg


天使幼稚園の帽子と庭のバラ*hat of Angel Kindergarten



ひっそり数日遅れで追記した小さな歌に目をとめて
小津夜景さんがブログで引用してくださいました。
迷ったまんま載せた3つのヴァリエーションを
「3つの梨」にたとえてくださって…→ 🍎🍎🍎 
とても光栄です。ありがとうございます。

A haiku-poet Yakei Ozu found
these tanka additionally written several days later,
which quoted in her blog.
She compares three variations to three pears!→ 🍎🍎🍎


サティ「梨の形をした3つの小品」🍎🍎🍎




梨ではなく青林檎ですが…岸田劉生の静物画を思い出しました。

three apples painted by Kishida Ryusei(google search)


「湯呑と茶碗 劉生 」の画像検索結果



小津さんからうれしいお知らせを頂いたまさにその日、
帰宅したら、フィンランドの友からクリスマス・カードと
友の住む村のオリジナル・カレンダーとが届いていました。
友とその家族の幸せな一年を知らせる
よき便りです。

On the very day that I received her notification (the first news),
my friend's Christmas card and calendar were
delivered to my house from Finland this year also.
They had traveled in Sweden this winter,
so that this is Carte de Noël de Suède (
the second news) !



c0345705_10185333.jpg


クリスマスの一週前のよき便り福音といふ言の葉どおり

「たより(便り)」と「たよる(頼る)」は
つながりのある言葉です(『古典基礎語辞典』)


good news
have arrived at the house
one week before Christmas
they seemed to me

GOSPELS : wonderful news


c0345705_17494537.jpg
「常に自分自身であれ(Always be yourself !)」


フィンランドといえば、ムーミン、サンタ、ノキア、マリメッコ!
マリメッコの社長さんは、カードの子供たちのママの1人(友)に
どこか似ています…(NIKKEI STYLE)

Finland is a country of Moomin, Nokia, and Marimekko!
She resembles my friend, one of the mothers of the above children…


c0345705_07053005.jpg

↑Mr. Homma will appear on TV on Christmas day (the third news).


もうひとつ、クリスマスうれしいお知らせが…
ボタン屋「エクラン」さんがTVに映るそうです。

12月25日 午前9:50 関西TV「ヨーイドン:人間国宝」

↑ご主人(本間さん)もご出演なさるとか。楽しみにしています!

(All Rights Reserved)

お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!





f0374041_15452830.jpg



数年前、ひとりで聖アグネス教会(京都)を訪ねました。
待降節の平日の礼拝堂には、光と静けさだけがありました。


I visited alone St. Agnes' Episcopal Church several years ago.
The chapel on a weekday of Advent was full of light and silence.


c0345705_13575581.jpg


祭壇にはイエス・キリストの厩(うまや)。
その後ろに、正倉院の
葡萄唐草文の掛布が見えます。
聖餐の葡萄酒にゆかりの文様です。

The alter with a cloth of grapevine arabesque pattern,
whose original is in the Shosoin Treasure.


f0374041_15480284.jpg



この葡萄唐草文を思い出したのは、今年
馬場あき子先生の短歌集「葡萄唐草」を
翻訳・連載し始めたからです(International Tanka)。
一茶は葡萄を天の甘露にたとえました(5首目)。


I remembered this pattern because this autumn
I had begun to translate
Grapevine Arabesque by Akiko Baba
for International Tanka (from no.4~)


f0374041_09270774.jpg



長浜の黒壁の館で葡萄色のガラスペンを選んだのは
葡萄唐草」の余韻からだと 後で気づきました。
(締め切りは秋でした。)

I chose a wine red glass pen in Glass Museum of Nagahama
because that colour reminds me of the grapevine arabesque.
This pen is made in Italy, but the glass pen was born in Japan.


c0345705_13351845.jpg



葡萄酒のくれなゐを知る玻璃窓はしづかに注ぐ めぐみのひかり

stained glasses
knowing the purple
of the wine
are pouring silently
the light of the grace



f0374041_16535702.jpg


主祭壇にも葡萄唐草文


返り花よ聖母の百合よ咲ける間(あひ)返したまへよ私の母を

reflowering Madonna lily,
let my mother return home
until you withers…
(2014年)

この秋のかえり花 * Reflowering lily in this autumn



c0345705_13372422.jpg


馬場あき子先生は御母上の享年(28)をはるかに越えて
なお母恋の歌を詠み続けておられます。

Akiko Baba's mother died at the age of twenty-eight.


Akiko Baba (google search)


「馬場あき子」の画像検索結果


馬場先生から翻訳のご許可を頂きました(大槻能楽堂、6月)

She gave me the permission of my translation
at Otsuki Noh Theater in summer.

(All Rights Reserved)






小春日の午後、公園の木の椅子に掛けて歌集をひらきました。
栞代わりの木の葉を拾ったり、空を仰いだりする時間のほうが長くて…

Reading weather continues during Reading Week this year.
I spend more time picking up fallen leaves as bookmarks
and looking up the blue sky than reading this book.

c0345705_14473201.jpg



紅葉黄葉も「もみじ(もみぢ)」です。
でも「こうよう」は旧仮名づかいだと、その色によって
こうえふ」「くわうえふ」の二通りになります。

Chinese characters "紅葉" and "黄葉" are read "momiji" in Japanese.
While they are read "Kouyou" also in the modern kana orthography,
"kouefu"(red) and "kuwauefu"(yellow) in the old kana orthography.




c0345705_14520224.jpg

欅(ケヤキ)もみぢ




こもれびのライトを浴びて二重奏 紅葉(こうえふ黄葉(くわうえふ)音色とりどり




c0345705_17424646.jpg



さくら紅葉あふぐはいつも一人きり
いつもだれかと見るさくら花

chaque fois que
je leve les yeux vers des feuilles rouges
de cerisier
je suis seule

chaque fleur de cerisier est salue par des acclamations!


c0345705_14460965.jpg

Questioning and Answering Clouds by Kasuga Izumi



問答雲とは、高さを異にしながら ゆきかう雲のことです。
それでは、この白雲は…

Questioning and answering clouds mean the two groups of clouds
floating at different attitudes, in different directions.



c0345705_14483522.jpg



もみぢ葉楓(モミヂバフウ)の Vネックからのぞくのは
ことしの冬の雪白胸乳(むなぢ)

from V‐necked redgums
you see
the cleavage between breasts
of coming white winter



c0345705_14513716.jpg

トキワサンザシ(ピラカンサス)
「さ丹つらふ」は「丹色の頬(つら)をした」の意の枕詞です


さにつらふ常盤山査子(ピラカンサス)は 黒仮面つけたる百舌のひとみ惑はす

red cheeks of firethorn
seduce the eyes of a butcher-bird
that dresses up for masquerade


「百舌」の画像検索結果関連画像   
   百舌(モズ)(wikipedia)* ヴェネツィアの仮面(google search)


頁めくるたびに、いまは過去となり カメラはいまを追憶となす

chaque fois que
je tourne une page
le présent tourne au passé
mon appareil tourne à son gré
mes photos aux souvenirs


c0345705_14522514.jpg

撮る前からモノクロ気分追憶きぶん


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!


おまけ*Bonus(google search)

関連画像


トルコの大奥ドラマ「オスマン帝国外伝」にはまりかけています…


「Pargalı İbrahim Paşa television」の画像検索結果


ヴェネツィア出身の大宰相、イブラヒムの愛読書はダンテの『神曲』です。

Pargalı İbrahim Paşa reads Divina Commedia.

関連画像

ターバンあれこれ(pinterest)

(All Rights Reserved)













10月27日から11月9日は読書週間です。(7月撮影)
Reading Week*October 27th - November 9th

c0345705_20455346.jpg




人生の栞は出逢ひ、別れ、旅、心に刻むやうに詠む歌


le signet de la vie

c ’est la rencontre, la séparation,

le voyage, et

tanka poème que je compose

pour graver dans ma mémoire




c0345705_21424240.jpg



モンゴルの栞には、宵待草の切手と草花の押し花が挟まれています(右上)。
それを真似てこさえたのが、五月の楓と銀杏の押し葉の栞。
その左隣には琵琶湖の栞、さらに隣にはエジプトのパピルスの栞、
室生寺の散華、フィレンツェの紙工房の栞…
展覧会のチケットも裏打ちして、リボンを通して、栞にしていましたっけ。

Like a Mongolian bookmark with a stamp and pressed flower,
snowdrop made several bookmarks with pressed leaves.
The bookmark of Lake Biwa, that of papyrus,
that of marble paper, that in the shape of a lotus petal,
one of the exhibition tickets lined and threaded with ribbon.



c0345705_10053531.jpg

(2011年)


本を読むときは、伴侶となる栞(しおり)を選ぶのも楽しみの一つです。
栞の歴史を、新聞の記事をたよりに繙(ひもと)いてみると…西洋では
修道僧が聖書のみ言葉に直接触れないよう、聖衣の一部を頁に挟んだのが始まりでした。
印刷本が普及すると、仮綴じの本を開くペーパーナイフが栞代わりになりましたが、
錆びると紙を傷めてしまうので、シルクリボンの栞が使われるようになりました。
やがて本の紙が薄くなると、高価な絹に代わって厚紙の栞が普及しました。

The bookmark was originally a part of monks' clothes
in order not to touch the sacred words of the Bible.
When the printed books spread,
the paper knife was used as the bookmark,
whose rust damaged the paper and the silk ribbon replaced it.
Then the expensive silk one was replaced by the thick paper one
as the paper of book became thinner.



c0345705_09372461.jpg


表装の余り布でつくられた栞(2015年)


日本では、『枕草子』に出てくる「けふさん(夾算)」が初出だとか。
薄く削った竹や木を裂いて上部を糸で巻き結んだものだそうです。
江戸時代に仮名草紙などを楽しんだ人々は、こよりを栞としました。
朝顔の花や銀杏の葉を挟む人もいました。
草花は紙魚(しみ)を寄せ付けないと考えられたのです。

In Japan, the bookmark is referred by Sei Shonagon for the first time.
It is said to be the thin chips of bamboo or tree whose upper parts are bound with thread.
In the Edo period, those who enjoyed reading books used the paper string as the bookmark.
Some inserted the pressed flowers (e.g. morning glory) or ginkgo leaves.
They thought the grasses and flowers keep the bookworm off.


こより(google search)*paper string

「こより 和紙」の画像検索結果

c0345705_09432213.jpg

(2016年秋)


「しおり」という言葉を造ったのは、修学院離宮で知られる後水尾天皇でした。
水戸光圀が絹で包んだ紙を献上し、「本を読むのにどうぞ」と申し上げたところ、
帝は西行の歌を引いて、これを「枝折(
しおり)」と呼んだのだとか。

吉野山去年(こぞ)のしをりの道かへてまだ見ぬかたの花を尋ねむ 西行

しをり(枝折)」とは、道しるべに木の枝を折ることです。
本にしおりを挟むのは、本の奥へと延びてゆく道の半ばでしばし佇むことです。

The word "Shiori (bookmark)" was coined by Emperor Gomizunoo(1596-1680).
The paper covered with silk that Tokugawa Mitsukuni presented to the emperor was called "Shi-ori" based on a waka poem by Saigyo(1118-1190).
In Mt. Yoshino, Saigyo would break branches ("Shi-oru") as the landmarks for next year.
Slipping a bookmark between the pages is
standing still for a while on the way to the last part of the book.


c0345705_20495817.jpg


池大雅が秋雨の夜、西行の枝折の歌を思いながら描いた吉野山
Mount Yoshino that Ike no Taiga (1723-1776) painted
while remembering the waka poem on Shiori by Saigyo


 西行の枝折をふまえたと思しき、素敵な栞の短歌を最後にどうぞ。
 この歌に出てくる『山家集』とは、西行の歌集です。恋の歌は百首以上!
「すぐれし恋のうた」とは、どの歌でしょう…栞がないと分かりませんね!


Here is a tanka by Kawata Jun (1882-1966) based on Saigyo's waka.
Sanka-shu is Saigyo's private anthology including more than 100 love songs!
Which one is the one Kawata Jun chose ? We need his bookmark!


山家集に一首すぐれし恋のうた君に見せむと栞を挿む  川田 順

there is a wonderful love song in Sanka-shu, which
I wanted to show you and slipped a bookmark there
― Kawata Jun


「西行物語絵巻」の画像検索結果

「西行物語絵巻」(google search)
from Illustrated Scroll of the Story of Saigyo

栞の歴史については日本経済新聞の記事を参考にしました。
猪又義孝「世界のしおり形とりどり」(日経文化 7月24日)

c0345705_12281091.jpg



平安時代にたくさん造られた紺紙金字一切経、平安風の栞

Sutra in the Heian period and bookmark of Heian design

(All Rights Reserved)
















c0345705_15013414.jpg


ボタン屋、エクラン(Écrin)さんのブログはこちら →


c0345705_15032471.jpg



三月書房へ向かうたび気になっていたボタン屋さん。
ある朝、思い切ってドアを開けました。
壁いちめんにボタン、ボタン、ボタン!!!
そこはボタンの ’ 宝石箱(エクラン)’ でした。

Une boutique sur le chemain vers la librairie mars,
elle a été un Écrin à boutons ! Quel boutonnier!


c0345705_15053865.jpg



お店のご主人とお嬢さんは、ちょうど取材を受けておられました。
お目当てのボタンを探しながらも、
お二方の興味深いお話に耳はダンボ!ついに合流させて頂くことに…
上のボタンには、Cの組み文字が…シャネル製、ハンドメイドです。


「coco chanel」の画像検索結果「Lucie Rie portrait」の画像検索結果
ココ・シャネル(google search)    ルーシー・リー(flickr)


手作りのシャネルのボタンのCの文字 足踏みミシンの記憶をとどめ

Les boutons à la main
avec le logo de Coco Chanel,
ils ont des mémoires
du temps de la machine
à coudre à pédale ?


c0345705_15193208.jpg




ルーシー・リーのオリジナルボタン(左)。図録(右)のと同じデザインです。
ルーシーは20世紀後期の英国で活躍した陶芸家。モダンなお茶碗などで知られます。

↑Des boutons dessiné par Lucie Rie,
qui est connu par ses tasses, bols, etc.↓


c0345705_15205292.jpg




↓ 左側はカラフルで華奢なフランス製。右側は重厚なドイツ製。↓

boutons français(gauche), boutons allemands(droite)


c0345705_15115661.jpg




がつしりと独逸の釦カラフルなふらんすぼたん国境はどこ?

voici
boutons allemands graves
boutons français élégants
où est la frontière ?


c0345705_15151055.jpg


c0345705_15140245.jpg























↑un bouton de la Marine nationale, France
(google search↓)

「marin francais uniform」の画像検索結果

百年前のフランス海軍服のボタン。どんな軍人さんが身に着けていたのでしょうか。
21世紀のいま、ご主人手作りの木の棚に収まって、波の夢を見ているのでしょうか…



c0345705_09460022.jpg



仏蘭西の貝の釦はなにを聴くレェスの波の泡のうた聴く

qu’est-ce que des boutons de coquillage écoutent ?
ils écoutent des chansons de vagues de la broderie


c0345705_09452175.jpg



イタリアのガラスのボタンはさすが洗練されています(下図)。

Des boutons en verre italiens sont raffinés.


カトラリー先進国のイタリーの釦はシャープなフォルムを誇る

the buttons made in Italy,
an advanced country of the cutlery
have sharp forms and designs



c0345705_15163567.jpg


16世紀ヴェネツィアの画家、ヴェロッキオの「カナの婚礼」(部分)にみるカトラリー
The Cutlery in The Wedding Feast at Cana by Paolo Veronese (detail)(1563)
(wikipedia)

c0345705_18383383.jpg




ヴェネチアン・ガラスのボタン(下図右)はさらに華麗に…


ヴェネツィアの玻璃の釦がまとふのはカナル・グランデ(大運河)の金のさざ波

bottoni di vetro veneziano
vestiti d'onde
d'oro sul Canal Grande


c0345705_20133506.jpg




根付の国、日本も負けてはいられません。ルージュの形のボタンはダッフルコートにぴったり。

These rouge-formed buttons are made in Japan, the country of netsuke.


スモーキー・ピンクのルージュの伝言はやまとの根付の職人宛てよ

the message
written by a smoky pink botton
in the shape of a lipstick
is for a craftman
of netsuke in Japan



c0345705_15173344.jpg




黒一色のボタンが並べば、そこは宝塚歌劇の舞台さながら…


黒ボタンずらりと並ぶ !!!!!!!!!!! 宝塚大階段の燕尾服のごと

black buttons
lining up like the actors
in tuxedos of
Takarazuka Revue at
Takarazuka Grand Theater


c0345705_14090177.jpg

「宝塚 黒 燕尾 群舞 大階段」の画像検索結果

宝塚歌劇*Scala di Takarazuka(google search)


ミラーワークやビーズの刺繍ボタンはインド製。
旧宗主国イギリスより人件費が安かったため、大量生産されたそうです。


天竺の人が作りし釦、そは英吉利統治の歴史のかけら

the buttons
made by Indians are
fragments of
Indian history,
British rule in India.



c0345705_15044634.jpg



ボタンは、タヌキ眼(上の黒いの)とネコ眼(下のベージュの)に分かれるとか。
👀     Ф Ф
The buttons are divided into those with raccoon dog's eyes and cat's eyes.


c0345705_15220986.jpg



人間の衣服あるところ、かならずボタンがあります。
世界中の人々がボタンで寒さをしのぎ、あるいは身を飾ってきました。

The button is indispensable to the human's clothes.
People all over the world have kept off the cold and adorned themselves with it.


c0345705_15233976.jpg

「karajan」の画像検索結果
(gettyimages)


この鋭い眼力(メヂカラ 👀)で世界中のボタンを買付けてこられたのが
ご主人の本間邦亮さんです。どこかカラヤンを思わせるご風貌…
ほら、カラヤンみたいな鷲のベルトを締めておられます。
ジーンズとご自慢のシューズ、爪先が少し切れてしまいました…。

The owner of this shop, HOMMA Kunisuke-san
has selected these buttons from all over the world.
He resembles Herbert von Karajan, doesn't he ?
He has a deep knowledge of classical music also !

Merci beaucoup, HOMMA-san!

c0345705_15244900.jpg




クラシック音楽にも造詣が深い本間さん。コンサートのお話も拝聴し
お礼を申し上げて店を出ようとすると、こんな鳥さんのお見送りが…
この鳥さんも何かに似ています。

When leaving the shop, this bird saw me off.
It resembles…


c0345705_15261868.jpg



これ!すくなカボチャです!
そういえば、今日はハロウィーン。カボチャのゆかりのお祭りですね。
丹波のヌーヴォーワインでも開けましょうか?
 
It resembles the sukuna-pumpkin, doesn't it ?
Today is Halloween, the pumpkin festival !
How about opening Tamba Nouveau ?


c0345705_15303071.jpg


宿儺南瓜(すくなカボチャ)(2014年撮影)



百万個のボタンを君にあげたいな ♪ エクラン・ワールド・ツアーへようこそ!

million million million boutons
je te donne ♪
ici, à Écrin, voyageons dans le monde entier !



c0345705_08392528.jpg



snowdropの選んだボタンフランスではもう初雪が ****

Voici mes boutons ****** Il neige déjà en France!


(All Rights Reserved)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!