タグ:Poème(短歌/俳句) ( 171 ) タグの人気記事

小春日の午後、公園の木の椅子に掛けて歌集をひらきました。
栞代わりの木の葉を拾ったり、空を仰いだりする時間のほうが長くて…

Reading weather continues during Reading Week this year.
I spend more time picking up fallen leaves as bookmarks
and looking up the blue sky than reading this book.

c0345705_14473201.jpg



紅葉黄葉も「もみじ(もみぢ)」です。
でも「こうよう」は旧仮名づかいだと、その色によって
こうえふ」「くわうえふ」の二通りになります。

Chinese characters "紅葉" and "黄葉" are read "momiji" in Japanese.
While they are read "Kouyou" also in the modern kana orthography,
"kouefu"(red) and "kuwauefu"(yellow) in the old kana orthography.




c0345705_14520224.jpg

欅(ケヤキ)もみぢ




こもれびのライトを浴びて二重奏 紅葉(こうえふ黄葉(くわうえふ)音色とりどり




c0345705_17424646.jpg



さくら紅葉あふぐはいつも一人きり
いつもだれかと見るさくら花

chaque fois que
je leve les yeux vers des feuilles rouges
de cerisier
je suis seule

chaque fleur de cerisier est salue par des acclamations!


c0345705_14460965.jpg

Questioning and Answering Clouds by Kasuga Izumi



問答雲とは、高さを異にしながら ゆきかう雲のことです。
それでは、この白雲は…

Questioning and answering clouds mean the two groups of clouds
floating at different attitudes, in different directions.



c0345705_14483522.jpg



もみぢ葉楓(モミヂバフウ)の Vネックからのぞくのは
ことしの冬の雪白胸乳(むなぢ)

from V‐necked redgums
you see
the cleavage between breasts
of coming white winter



c0345705_14513716.jpg

トキワサンザシ(ピラカンサス)
「さ丹つらふ」は「丹色の頬(つら)をした」の意の枕詞です


さにつらふ常盤山査子(ピラカンサス)は 黒仮面つけたる百舌のひとみ惑はす

red cheeks of firethorn
seduce the eyes of a butcher-bird
that dresses up for masquerade


「百舌」の画像検索結果関連画像   
   百舌(モズ)(wikipedia)* ヴェネツィアの仮面(google search)


頁めくるたびに、いまは過去となり カメラはいまを追憶となす

chaque fois que
je tourne une page
le présent tourne au passé
mon appareil tourne à son gré
mes photos aux souvenirs


c0345705_14522514.jpg

撮る前からモノクロ気分追憶きぶん


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!


おまけ*Bonus(google search)

関連画像


トルコの大奥ドラマ「オスマン帝国外伝」にはまりかけています…


「Pargalı İbrahim Paşa television」の画像検索結果


ヴェネツィア出身の大宰相、イブラヒムの愛読書はダンテの『神曲』です。

Pargalı İbrahim Paşa reads Divina Commedia.

関連画像

ターバンあれこれ(pinterest)

(All Rights Reserved)













[PR]

10月27日から11月9日は読書週間です。(7月撮影)
Reading Week*October 27th - November 9th

c0345705_20455346.jpg




人生の栞は出逢ひ、別れ、旅、心に刻むやうに詠む歌


le signet de la vie

c ’est la rencontre, la séparation,

le voyage, et

tanka poème que je compose

pour graver dans ma mémoire




c0345705_21424240.jpg



モンゴルの栞には、宵待草の切手と草花の押し花が挟まれています(右上)。
それを真似てこさえたのが、五月の楓と銀杏の押し葉の栞。
その左隣には琵琶湖の栞、さらに隣にはエジプトのパピルスの栞、
室生寺の散華、フィレンツェの紙工房の栞…
展覧会のチケットも裏打ちして、リボンを通して、栞にしていましたっけ。

Like a Mongolian bookmark with a stamp and pressed flower,
snowdrop made several bookmarks with pressed leaves.
The bookmark of Lake Biwa, that of papyrus,
that of marble paper, that in the shape of a lotus petal,
one of the exhibition tickets lined and threaded with ribbon.



c0345705_10053531.jpg

(2011年)


本を読むときは、伴侶となる栞(しおり)を選ぶのも楽しみの一つです。
栞の歴史を、新聞の記事をたよりに繙(ひもと)いてみると…西洋では
修道僧が聖書のみ言葉に直接触れないよう、聖衣の一部を頁に挟んだのが始まりでした。
印刷本が普及すると、仮綴じの本を開くペーパーナイフが栞代わりになりましたが、
錆びると紙を傷めてしまうので、シルクリボンの栞が使われるようになりました。
やがて本の紙が薄くなると、高価な絹に代わって厚紙の栞が普及しました。

The bookmark was originally a part of monks' clothes
in order not to touch the sacred words of the Bible.
When the printed books spread,
the paper knife was used as the bookmark,
whose rust damaged the paper and the silk ribbon replaced it.
Then the expensive silk one was replaced by the thick paper one
as the paper of book became thinner.



c0345705_09372461.jpg


表装の余り布でつくられた栞(2015年)


日本では、『枕草子』に出てくる「けふさん(夾算)」が初出だとか。
薄く削った竹や木を裂いて上部を糸で巻き結んだものだそうです。
江戸時代に仮名草紙などを楽しんだ人々は、こよりを栞としました。
朝顔の花や銀杏の葉を挟む人もいました。
草花は紙魚(しみ)を寄せ付けないと考えられたのです。

In Japan, the bookmark is referred by Sei Shonagon for the first time.
It is said to be the thin chips of bamboo or tree whose upper parts are bound with thread.
In the Edo period, those who enjoyed reading books used the paper string as the bookmark.
Some inserted the pressed flowers (e.g. morning glory) or ginkgo leaves.
They thought the grasses and flowers keep the bookworm off.


こより(google search)*paper string

「こより 和紙」の画像検索結果

c0345705_09432213.jpg

(2016年秋)


「しおり」という言葉を造ったのは、修学院離宮で知られる後水尾天皇でした。
水戸光圀が絹で包んだ紙を献上し、「本を読むのにどうぞ」と申し上げたところ、
帝は西行の歌を引いて、これを「枝折(
しおり)」と呼んだのだとか。

吉野山去年(こぞ)のしをりの道かへてまだ見ぬかたの花を尋ねむ 西行

しをり(枝折)」とは、道しるべに木の枝を折ることです。
本にしおりを挟むのは、本の奥へと延びてゆく道の半ばでしばし佇むことです。

The word "Shiori (bookmark)" was coined by Emperor Gomizunoo(1596-1680).
The paper covered with silk that Tokugawa Mitsukuni presented to the emperor was called "Shi-ori" based on a waka poem by Saigyo(1118-1190).
In Mt. Yoshino, Saigyo would break branches ("Shi-oru") as the landmarks for next year.
Slipping a bookmark between the pages is
standing still for a while on the way to the last part of the book.


c0345705_20495817.jpg


池大雅が秋雨の夜、西行の枝折の歌を思いながら描いた吉野山
Mount Yoshino that Ike no Taiga (1723-1776) painted
while remembering the waka poem on Shiori by Saigyo


 西行の枝折をふまえたと思しき、素敵な栞の短歌を最後にどうぞ。
 この歌に出てくる『山家集』とは、西行の歌集です。恋の歌は百首以上!
「すぐれし恋のうた」とは、どの歌でしょう…栞がないと分かりませんね!


Here is a tanka by Kawata Jun (1882-1966) based on Saigyo's waka.
Sanka-shu is Saigyo's private anthology including more than 100 love songs!
Which one is the one Kawata Jun chose ? We need his bookmark!


山家集に一首すぐれし恋のうた君に見せむと栞を挿む  川田 順

there is a wonderful love song in Sanka-shu, which
I wanted to show you and slipped a bookmark there
― Kawata Jun


「西行物語絵巻」の画像検索結果

「西行物語絵巻」(google search)
from Illustrated Scroll of the Story of Saigyo

栞の歴史については日本経済新聞の記事を参考にしました。
猪又義孝「世界のしおり形とりどり」(日経文化 7月24日)

c0345705_12281091.jpg



平安時代にたくさん造られた紺紙金字一切経、平安風の栞

Sutra in the Heian period and bookmark of Heian design

(All Rights Reserved)
















[PR]
c0345705_15013414.jpg


ボタン屋、エクラン(Écrin)さんのURLです▶ http://ecrin.cocolog-nifty.com/


c0345705_15032471.jpg



三月書房へ向かうたび気になっていたボタン屋さん。
ある朝、思い切ってドアを開けました。
壁いちめんにボタン、ボタン、ボタン!!!
そこはボタンの ’ 宝石箱(エクラン)’ でした。

Une boutique sur le chemain vers la librairie mars,
elle a été un Écrin à boutons ! Quel boutonnier!


c0345705_15053865.jpg



お店のご主人とお嬢さんは、ちょうど取材を受けておられました。
お目当てのボタンを探しながらも、
お二方の興味深いお話に耳はダンボ!ついに合流させて頂くことに…
上のボタンには、Cの組み文字が…シャネル製、ハンドメイドです。


「coco chanel」の画像検索結果「Lucie Rie portrait」の画像検索結果
ココ・シャネル(google search)    ルーシー・リー(flickr)


手作りのシャネルのボタンのCの文字 足踏みミシンの記憶をとどめ

Les boutons à la main
avec le logo de Coco Chanel,
ils ont des mémoires
du temps de la machine
à coudre à pédale ?


c0345705_15193208.jpg




ルーシー・リーのオリジナルボタン(左)。図録(右)のと同じデザインです。
ルーシーは20世紀後期の英国で活躍した陶芸家。モダンなお茶碗などで知られます。

↑Des boutons dessiné par Lucie Rie,
qui est connu par ses tasses, bols, etc.↓


c0345705_15205292.jpg




↓ 左側はカラフルで華奢なフランス製。右側は重厚なドイツ製。↓

boutons français(gauche), boutons allemands(droite)


c0345705_15115661.jpg




がつしりと独逸の釦カラフルなふらんすぼたん国境はどこ?

voici
boutons allemands graves
boutons français élégants
où est la frontière ?


c0345705_15151055.jpg


c0345705_15140245.jpg























↑un bouton de la Marine nationale, France
(google search↓)

「marin francais uniform」の画像検索結果

百年前のフランス海軍服のボタン。どんな軍人さんが身に着けていたのでしょうか。
21世紀のいま、ご主人手作りの木の棚に収まって、波の夢を見ているのでしょうか…



c0345705_09460022.jpg



仏蘭西の貝の釦はなにを聴くレェスの波の泡のうた聴く

qu’est-ce que des boutons de coquillage écoutent ?
ils écoutent des chansons de vagues de la broderie


c0345705_09452175.jpg



イタリアのガラスのボタンはさすが洗練されています(下図)。

Des boutons en verre italiens sont raffinés.


カトラリー先進国のイタリーの釦はシャープなフォルムを誇る

the buttons made in Italy,
an advanced country of the cutlery
have sharp forms and designs



c0345705_15163567.jpg


16世紀ヴェネツィアの画家、ヴェロッキオの「カナの婚礼」(部分)にみるカトラリー
The Cutlery in The Wedding Feast at Cana by Paolo Veronese (detail)(1563)
(wikipedia)

c0345705_18383383.jpg




ヴェネチアン・ガラスのボタン(下図右)はさらに華麗に…


ヴェネツィアの玻璃の釦がまとふのはカナル・グランデ(大運河)の金のさざ波

bottoni di vetro veneziano
vestiti d'onde
d'oro sul Canal Grande


c0345705_20133506.jpg




根付の国、日本も負けてはいられません。ルージュの形のボタンはダッフルコートにぴったり。

These rouge-formed buttons are made in Japan, the country of netsuke.


スモーキー・ピンクのルージュの伝言はやまとの根付の職人宛てよ

the message
written by a smoky pink botton
in the shape of a lipstick
is for a craftman
of netsuke in Japan



c0345705_15173344.jpg




黒一色のボタンが並べば、そこは宝塚歌劇の舞台さながら…


黒ボタンずらりと並ぶ !!!!!!!!!!! 宝塚大階段の燕尾服のごと

black buttons
lining up like the actors
in tuxedos of
Takarazuka Revue at
Takarazuka Grand Theater


c0345705_14090177.jpg

「宝塚 黒 燕尾 群舞 大階段」の画像検索結果

宝塚歌劇*Scala di Takarazuka(google search)


ミラーワークやビーズの刺繍ボタンはインド製。
旧宗主国イギリスより人件費が安かったため、大量生産されたそうです。


天竺の人が作りし釦、そは英吉利統治の歴史のかけら

the buttons
made by Indians are
fragments of
Indian history,
British rule in India.



c0345705_15044634.jpg



ボタンは、タヌキ眼(上の黒いの)とネコ眼(下のベージュの)に分かれるとか。
👀     Ф Ф
The buttons are divided into those with raccoon dog's eyes and cat's eyes.


c0345705_15220986.jpg



人間の衣服あるところ、かならずボタンがあります。
世界中の人々がボタンで寒さをしのぎ、あるいは身を飾ってきました。

The button is indispensable to the human's clothes.
People all over the world have kept off the cold and adorned themselves with it.


c0345705_15233976.jpg

「karajan」の画像検索結果
(gettyimages)


この鋭い眼力(メヂカラ 👀)で世界中のボタンを買付けてこられたのが
ご主人の本間邦亮さんです。どこかカラヤンを思わせるご風貌…
ほら、カラヤンみたいな鷲のベルトを締めておられます。
ジーンズとご自慢のシューズ、爪先が少し切れてしまいました…。

The owner of this shop, HOMMA Kunisuke-san
has selected these buttons from all over the world.
He resembles Herbert von Karajan, doesn't he ?
He has a deep knowledge of classical music also !

Merci beaucoup, HOMMA-san!

c0345705_15244900.jpg




クラシック音楽にも造詣が深い本間さん。コンサートのお話も拝聴し
お礼を申し上げて店を出ようとすると、こんな鳥さんのお見送りが…
この鳥さんも何かに似ています。

When leaving the shop, this bird saw me off.
It resembles…


c0345705_15261868.jpg



これ!すくなカボチャです!
そういえば、今日はハロウィーン。カボチャのゆかりのお祭りですね。
丹波のヌーヴォーワインでも開けましょうか?
 
It resembles the sukuna-pumpkin, doesn't it ?
Today is Halloween, the pumpkin festival !
How about opening Tamba Nouveau ?


c0345705_15303071.jpg


宿儺南瓜(すくなカボチャ)(2014年撮影)



百万個のボタンを君にあげたいな ♪ エクラン・ワールド・ツアーへようこそ!

million million million boutons
je te donne ♪
ici, à Écrin, voyageons dans le monde entier !



c0345705_08392528.jpg



snowdropの選んだボタンフランスではもう初雪が ****

Voici mes boutons ****** Il neige déjà en France!


(All Rights Reserved)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!












[PR]
c0345705_20195004.jpg

寺町通のパン屋さん*Boulangerie Liberté, rue Teramachi, Kyoto



ぶらりと入ったパン屋さんで、スリッパのかたちのパンを2種類見つけた。
真ん中のパンがフランスのショーソン(chausson、フランス語でスリッパ)。
そして、左上がイタリアのチャバッタ(ciabatta、イタリア語でスリッパ)。
イタリアでは赤ちゃんの歯固めとして、このパンをしゃぶらせるのだとか!

J' ai trouvé deux sortes de pains en forme de chausson:
le chausson et la ciabatta. Selon une vendeuse,
celle-ci est donnée au bébé comme une sucette en Italie.


c0345705_20203039.jpg


チャバッタをちゅぱちゅぱ舐めるイタリアのお子のお口は唾(ちゃび)がたっぷり


西洋人は日本人より唾液が多いという。
旅先での戸外のお昼ごはん、あのオーストラリアっ子も、
水も飲まずにバゲットサンドを飲みこんでいたっけ。

このイタリアの白パン(上)は、まだしもモチモチだけれど…
日本ならお餅を使う。花びら餅(下)は歯固めの儀式を表したお菓子。

Une sucette de ciabatta?!
La salive du Occidental est plus que celle du Japonais.
Je me souviens d' une autrichien qui mangait de la baguette sans l'eau.
En Japon, mochi est donné au bébé comme cérémonie.
Ce mochi en forme de pétale la symbolise ..


a0332314_14503071.jpg


はなびら餅と山茶花、散華など(2017年新春)


パン屋にはエスカルゴというパンもあった。カタツムリの形のおっきな渦巻きパン。

Il y a un grand pain nommé Escargot !


c0345705_10024357.jpg


渦巻きをほどくと、山葵(わさび)色 が現れる。
ピスタチオのペーストとチョコチップの組み合わせがフランスで人気だとか。

Elle dit que
le mariage du pistacho et de la chocolat est populaire en France.



c0345705_10032859.jpg

















 
トトロの赤さん ↑ bébé totoro

気付きたる日よりさみしいパンとなるクロワッサンはゾエアの仲間
― 杉崎恒夫『パン屋のパンセ』


このユニークな歌を詠んだリケうたびと(理系歌人)は当時80代!
ゾエアとは、エビ・カニ類の赤ちゃんのこと。似ているかも…



「ゾエア」の画像検索結果「クロワッサン」の画像検索結果

(wikipedia)(google search)

Un poète scientifique, Sugizaki Tsuneo (90 ans) chante
le croissant appartient au zoé, le bébé des crustacés.
Il a raison….


a0332314_09143507.jpg
カイロウドウケツ(偕老同穴)エビ(日本経済新聞10月21日朝刊より)

c0345705_10230401.jpg


独逸の小さな本よりもさらに小さな和の豆本は ”赤さん本” ?
芸艸堂(うんそうどう)に来ると、つい豆本を求めてしまう。

Des livres miniatures de Unso-do sont bébé-livres ?!


c0345705_20310176.jpg

Unso-do(specialist of Japanese woodblock printing)


レオナール・フジタのをんなを てがふらん 暖簾(のれん)ひらひら北斎漫画

てがふ=手がう:「からかう」の意の関西方言


元祖、ぱらぱら漫画? ↓(Hokusai's sparrow dance on the shop curtain)

c0345705_10595557.jpg

© 日月 二人


開店前の器やさんの軒下にも、小さな茅巻(ちまき)*Zongzi ici aussi!


c0345705_20301373.jpg

ちまきは端午の節句にいただきます。お相撲湯呑でお茶もどうぞ。
Zongzi en mai(2016)

「ももさへづり 端午の節句 ちまき 粽 iris」の画像検索結果




一保堂茶舗の暖簾に茶煙かろし あはき花野と ちひさき蜂と



c0345705_20314334.jpg


寺町通は藤袴祭(10月11日ー14日)まぢかだった。

Fête d' Eupatorium japonicum dans Rue Teramachi (gauche)


c0345705_20320592.jpg

(All Rights Reserved)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!










[PR]
c0345705_20344905.jpg


(コンデジでイラスト加工*photo and image-processing by snowdrop)



京都の寺町通には、モダンなお店とレトロなお店が交互に現れる。
(2016年2月ー2018年10月撮影)

Dans la rue Teramachi, en Kyoto,
des boutiques modernes et rétros alternativement apparaissent.


c0345705_20274801.jpg




祇園祭の「放下鉾」とフクロウを表した小さな茅巻(ちまき)が軒下に…↓
さらにその下には

Sous un auvent, il y a un amulette en forme de zongzi
dont la chouette guide vous…


c0345705_20294566.jpg


こんなハイカラなブティック!

… à un boutique à la mode!

c0345705_20282605.jpg




家に帰ると、小津夜景さんの瀟洒な本がポストに届いていた。
『カモメの日の読書』(ほりはたまお+北野太一装丁)
『フラワーズ・カンフー』(しおたまこ装丁)

Quand je rentrai chez moi,
deux livres chics étaient arrivés
par amazon.



c0345705_20330048.jpg


















La Lecture des Jours avec les Goélands
Flowers’ Kung-Fu

c0345705_14283399.jpg


















まるみを帯びたページもお洒落ですね。指先にも優しいです。 
水鳥の羽や 展覧会のチケットは snowdropの栞(私物)です。


フランスで漢詩と暮らす俳人、小津夜景さんのエッセイと俳句集。
夏から読みたいと思っていたのに、本屋に行く元気が出なかった。
九月の終りに寺町通の三月書房へ足を運ぶも、品切れ。
最後の台風が去ったころ、ようやくamazonに注文した。
そのころ、snowdropのささやかな短歌が、海の向こうで、
ほかならぬ小津夜景さんの目に留まっていたなんて
日記帳の一行めいた一首が、彼女のブログで生まれ変わった。


Deux livres de Ozu Yakei, une haiku-poète qui habite en France.
Elle a publié un essai sur la poésie chinoise cet été.
Je ne l'ai pas trouvé dans cette librairie, alors
elle avait trouvé quelques tanka dans mes blogues !
L'un d'eux(from summer to autumn)a été cité
dans son essai-blogue ….



c0345705_10400385.jpg


小津夜景さんも通っておられた三月書房
Librairie Mars (三月書房) que Ozu Yakei aussi fréquentait


小津夜景「日替わりの夢にはいまだ慣れない」―Le Journal Flowers’ Kung-Fu
http://yakeiozu.blogspot.com/2018/10/blog-post_84.html


snowdrop「ジャングルジムから落ちる夢」 ― ココログ * ももさへづり
http://ramages.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-2.html




c0345705_05362604.jpg

『カタツムリの郵便屋さん』*Schneckenpost von Ida Bohatta


じき重陽の節句(旧暦9月9日は新暦10月17日)。中国では敬老の日でもある。
そうだ、海の向こうの高齢の友に、小津夜景さんのことを早く知らせよう。
ブログは超速達! amazonよりも!

Le blogue est comme Extrapost pour mon Freund-ami…
Je voudrais lui annoncer cette bonne nouvelle aujourd'hui.
Fête des personnes âgées en Chine est le 17 octobre, mais
plus tôt est meilleur que plus tard, n'est-ce pas?


c0345705_20182687.jpg


cotton rose(道中撮影)



長かりし夏の名残の芙蓉花 寒露を帯びて けふを咲きつぐ


🌹 ローズつながりのおまけ 🌹

芙蓉は英語でコットン・ローズ(cotton rose)
砂漠の薔薇はデザート・ローズ(desert rose)

砂漠の薔薇(CaSO4・2H2O)は、じつはがないと生まれない。
湖が干上がるとき、水に含まれていたミネラル成分が結晶するという。



水あればこそ生れるとふ沙漠の薔薇 花弁のかげのひとつぶ。涙

みずあればこそ あれるとう デザート・ローズ
かべんのかげの ひとつぶ。なみだ


the desert rose
is born from minerals

in the water
of a lost lake in a desert
it hides in petals one teardrop


c0345705_04583874.jpg

Rebun Island(2014


もひとつ、おまけ**Bonus

カンフーより水兵服に惚れましたジャッキー・チェンは永久の青年

Snowdrop aimait Jackie Chan, un Kung-fu acteur portant
un costume marin comme le goéland d'une chanson japonaise.


 

(image processing*ver.2)

c0345705_16462141.jpg













次回は寺町通のパン屋さんと、90才のリケ歌人の『パン屋のパンセ』を…

To be continued to the article on a 90-year-old poet's Pensée de


(All Rights Reserved)




















[PR]

c0345705_19594172.jpg



ももさえずり「紀行編」の扉にぴったりのブルーの文字……↑
snowdropの百日紅をaster roseがイラスト加工してくれました。
スクエアのカード、あなたのもとにも一通届けましょう。
百日紅の切手を貼って…
立秋が過ぎ、ひんやりとした朝風が…このまま涼しくなればいいのですが。

Here is a greeting card to you made by snowdrop & aster rose.
Aster rose selected this blue letters for the tricolore blogue-design.
This square card is delivered by a stamp of Persian lilac.



「百日紅 切手」の画像検索結果

(google search)



夕空に燃ゆるくれなゐ百日紅まなこに沁みる君し想へば

the salmon pink
of the Indian lilac
in the
sunset
moves me deeply
because I miss you


c0345705_07263144.jpg



マンションの十六階より君と見しあの遠花火いまは遠しも

the fireworks above Lake Biwa
you and I saw from the 16th floor of an apartment
now they are
at a long distance
in my memories


About thirty years ago, snowdrop saw the fireworks
from an apartment with a view of Lake Biwa.


c0345705_06450749.jpg

百日紅いろの扇形花火(TV) ☆ fan-formed fireworks on Lake Biwa(BS-TV)

思い出のびわ湖花火

(2018年8月7日*びわ湖ホールより)


↓ 8月9日に追記しました。

bonus ★ book and revue set in Nagasaki

c0345705_07083474.jpg

(All Rights Reserved)


お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】


















[PR]
c0345705_07055740.jpg


ドライブを終らせたのは俄か雨それとも戸惑ふ僕らの心 さねかた


C' a été l' averse qui fit finir notre randonnée en voiture
ou nos coeurs
embarrassés ?



雨は降る降る、色あひ深く花房長く咲きたる藤のごとく… 清子
(恋文ペン字)


c0345705_08492988.jpg

この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。



ごめんなさい。本当は知っているのよ。貴方が社長の息子の帽子を素っ飛ばした訳。中宮女史にカノジョを取られて、まるでプルーストの小説だ!ってからかわれたんでしょう?(注*プルースト『失われた時を求めて』では、主人公の男性が、彼女とその女友達との仲に嫉妬する)
 …それに、あの日、真っ赤なポルシェを恥ずかしがってごめんなさい。分かっていたの。私を元気づけたかったのよね。 あんなベタな車、貴方の洗練された美意識とは真逆(まぎゃく)だもの…
 あの頃の私、ちょっと辛かったのよ。中宮編集長を助けてさしあげたいのに力が足らない。ちっぽけな私にとって、未来という時間は藤房のように長すぎて、どう生きたらいいか分からなくなって…

 
Pardonne-moi,
à vrai dire, je sais la raison de ta colère
le fils du general dit “Qui vous a piqué votre petite amie, la rédactrice en chef, ou la France? Vous êtes comme les personnages de RTP, le héros, Albertine et une amoureuse (!) d’ Albertine

Pardonne-moi, je ne devais pas être gêné du Porsche rouge ! Je savais
tu voulais m’ encourager. Ce cabriolet est exactement opposé à ton sens esthétique raffiné !

J’ étais dans une situation dure
Je me sentais si impuissante pour aider Mme Nakamiya. L’ avenir me semblait trop long comme la grappe de glycine.



c0345705_09553651.jpg

白藤紫藤が同時に…


 

そうそう、メイルに添付してくれていた、街角の藤の写真をありがとう。覚えてる?車から降りて、野原でカメラを構える貴方に、私が意地悪を言ったこと。貴方はいつもきれいな所ばかり切り取る。その場の空気が伝わってこない、取り澄ました写真ばかり。世界ってそんな薄っぺらいものじゃないわ。…

ごめんなさい。貴方に濁ったものが見えていなかった訳じゃないのに。貴方はいつもきれいなものだけ選り分けて私に届けようとしていた。私を守ろうとしてくれていた…


Quant à glycine, merci de ton photo annexe des glycines dans ta ville. Tu te souviens? Je te dit mal quand tu prenais des photos dans la prairie. ― Tu prends toujours quelque chose de beau seulement. On ne peut pas sentir l’ atmosphere des lieux par tes photos. Le monde n’ est pas si beau comme ça !

Pardonne-moi, tu voyais quelque chose de sale aussi. Tu essayais de m’ offrir quelque chose de beau seulement, de me protéger



c0345705_14200516.jpg


大丈夫。いま私はここで一人で立っています。編集長の急死を潮に雑誌の世界からは離れたけれど、アート翻訳の仕事が軌道に乗りましたし。…日本へ帰らないのかって?そうね、帰る日も来るかもしれませんね。でも、いまはここでの毎日が楽しくって!
 目に映る、耳に響く、肌で感じる季節のうつろい。ゆかしい街の佇まい。さまざまな人間の営み…日本人の私だからこそ、鮮明に見えてくるものがあるのよ。

Ne t’ inquiéte pas. Maintenant je suis deboute ici, toute seule. Bien que la mort subite de Mme Nakamiya m’ ait éloigné du monde de la revue, j’ ai commencé la traduction dans le domaine de l'artMon retour au Japon? oui,peut-êtreun jour, mais maintenant je suis heureuse ici!
La saison je savoure par mes cinq sens, les amis, mon compagnon chien, une cathédrale en forme de chat
. Il y a quelque chose que une japonaise seule peut trouver ici.


c0345705_09531839.jpg
散りシャクナゲ(室生寺、4月下旬)* rhodos tombés, Murou-ji


 プルーストのリンゴの花、サンザシの花はもちろん、日本を想わせる藤も、石楠花も、姫踊子草も咲くの。花は海を越えて東洋と西洋を結んでいるのよ…
 驚かないでね、私、畑の野菜で七草粥を炊くし、桜餅もこさえるの。日本にいた時は忙しくて、節句にまで気が回らなかったのに。いま、野の花を一針、一針刺繍していると、あの日の草原の風が吹いてくるよう…。

Non seulement l’ aubépine et pommier de Proust mais aussi le paulownia, rhodos, lamier pourpre, etc. ils fleurissent ici comme au JaponLes fleurs nous unissent à travers le monde.

Je cuisine osechi-ryori à la main, brode, et tricote. En brodant des fleurs sauvages sur un mouchoir, je sens le vent vert de la campagne en ce cabriolet.



c0345705_07045189.jpg
「牛車」の画像検索結果
真っ赤な牛車*Porsche in the Heian period (google search)



そうだ、実方さん。時間を作ってフランスへいらっしゃい。私の好きな北原白秋にならって、ココアをお出ししますから。そういえば、今年は雑誌「赤い鳥」百周年…童謡が生まれて百
年になるのね。


Viens en France un jour! Je te servirai une tasse de cocoa, d’ après KITAHARA Hakushu que j’ aime. Le 2018 marque le 100e anniversaire de
la publication de L’ Oiseau Rouge !!





ココアショップ「アカイトリ」は、2018年2月28日に閉店しました。

Cocoa shop Red Bird was closed on February 28th, 2018.

(All Rights Reserved)



新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】



[PR]

f0374041_09280025.jpg

雑誌「マリー・クレール * Marie Claire 」と香水瓶とネクタイ
この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。



実方さん、メールをどうもありがとう。よく分かりましたね。私のブログだと…。早いもので、こちらで暮らすようになってもう十年が過ぎました。お察しのとおり、私はフランスで詩を学び始めました。でも、勉強のためだけにこちらに移り住んだわけではありません。私はそんなに勤勉じゃないから…。


覚えておられますか。私が参加していたアート雑誌「あけぼの」の編集長、中宮定子(なかみやさだこ)さんのこと。彼女、ライバル誌「パープル」に読者を奪われ、数回のリニューアルも空しくとうとう休刊に追い込まれて…本場、フランスで巻き返すことにしたんです。それで私も一緒に…。貴方とドライブしたのは、雑誌の売り上げがじりじり落ち始めた頃でした。


Merci de votre mail. Vous avez bien trouvé mon blogue! Cela fait presque dix ans que j’ habite ici. Comme vous supposez, j’ ai commencé à apprendre la poésie européenne en France. Mais ce n'est pas la unique raison de mon emménagement

Vous souvenez-vous de NAKAMIYA Sadako (中宮定子), la rédactrice en chef de l’arts magazine Aurore que je rédigeais? Notre magazine se fit enlever une partie des lecteurs par un autre,Violet, et enfin suspendit sa publication malgré quelques reprises. Elle essaya à passer à la contre-attaque de Paris, un pays de l’ art, avec moi. Notre magazine avait déjà commencé à decliner avant le jour de notre randonnée en voiture



c0345705_15034897.jpg


父の帽子、
「マリー・クレール」の帽子 * chapeau de mon père



 そういえば、貴方も都落ちしておられたのね。ゴルフ中に社長の息子に何か言われてカッとして、帽子を跳ね飛ばしてしまったんですって?貴方はプライドが高いから…なぜそんなことまで知っているかとお思い?21世紀はネット時代ですよ。目立つ噂はSNSで瞬時に海の向こうまで届くものなの。

でも、よかったですね。平安のむかし都から遠く左遷され、そこで客死した藤原実方や道真公とは違って、貴方はまた地元に戻れて…そして、リラの花を見て思い出したのね、私たちのこと…


On disait que vous vous exiliez en province. Pendant le golf, sous le coup de la colère, vous avait renversé le chapeau d’ un fils du general de votre entreprise. Vous êtes toujours fierLe temps de SNS m’ a donné ce bruit au loin.

Mais tant mieux! Vous êtes retourné à la difference de Fujiwara no Sanekata ou Sugawara no Michizane qui mourut en province. Et des lilas, ils vous ont rappelé de mon parfum



c0345705_14542412.jpg


私の綴ったものをエセーと呼んでくれるのなら、貴方はパンセを書くといいのに。パスカルの『パンセ』風?それともレヴィ₌ストロースの『野生の思考(パンセ)』風?フランス語の「パンセ」には、(花の)パンジーという意味もあるんだ、と貴方はウィンクしましたっけ…
 それとも、ひょっとして、短歌を作っていたりして。見ちゃったのよ。貴方が若草色の手帖に緑のペンで走り書きしていた歌…


Si vous appelez mon écrit essai, vous pouvez écrire vos pensées ! A la manière de Pascal ou de Lévi-Strauss.
“La pensée signifie l’ idée, et la fleur.” Je me souviens de ton mots et ton clin d’ œil ! Ou tu peut-être écris tanka? Je l’ ai vu ! Sur un carnet vert clair…:


Quand le vent passe sur une prairie verte, le monde est devenu un cabriolet.


薫風が野辺の緑をわたるとき

世界は一つのオープンカーになる


(フォント「恋文ペン字」)


「野生の思考」の画像検索結果


c0345705_20532607.jpg


ごめんなさい。私、本当は知っているのよ。貴方が左遷された訳を…。


Pardonne-moi, à vrai dire, je sais la raison de ton exil


c0345705_09573419.jpg

手を合わせているようなリラ

(つづく*To be continued)

(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】


 



[PR]
c0345705_10034732.jpg

十二単の袖のような「桜衣」とうぐいす餅を枝垂れ桜のお皿にのせて…
crêpes en forme de manches de kimono pour hana-mi et un rossignol-mochi


今年もわが村のうぐいすは訛っています。ライバルがいないからでしょうか。
Un rossignol chez nous chante mal cette année aussi. C'est parce qu' il n'a pas de rival?



ホーホケケキョうつとりなまる(うぐひす)(ひな)(をのこ)の恋うたのやう


c0345705_13540503.jpg
Peter Motzという画家のカレンダー。左には林檎の花とガチョウ、右には姫踊子草が…
pommiers, trois oies, lamier pourpre ("petite danseuse" en japonais) par Peter Motz



「桜衣」を食べていると、杉田久女の「花衣」の俳句を思い出しました。
着付にはたくさんの紐を使います。お花見の晴れ着なら、なおさら…


花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ  杉田久女

kimono pour hana-mi
en se déshabillant s’accrochent
des cordons variés

haïku de SUGITA Hisa-jo, traduction de snowdrop



c0345705_08593670.jpg

色とりどりの紐のような枝垂れ桜(京都府立植物園)
cerisier pleureurs comme des cordons (Kyoto Botanical Garden)


うきよには留めおかじと春風の散らすは花を惜むなりけり 
西行



「浮世に留めおきはしない、と春風が桜を散らすのは、愛しているからだよ…」
と西行は歌いました。もしsnowdropが桜だったら、次の歌を返したことでしょう。

Un waka de Saigyo dit :
Le vent printanier disperse les pétales
pour que des fleurs de cerisier ne restent pas dans ce monde triste,
c'est parce qu' il aime ce cerisier…

Si snowdrop était le cerisier, elle lui aurait répondu par sa tanka…


c0345705_08521265.jpg

雨情枝垂れと仏の座(同植物園)
cerisier pleurer et lamier amplexicaule (siège de Bouddha)


しだれ桜に代はりて
春風よわれを(さら)へよ心あらば 嵐のかたちに咲きたる花を snowdrop

en place du cerisier pleurer

vent printanier,
enleve-moi,

si tu sais l’ amour,

disperse mes fleurs

en forme d’ ouragan


c0345705_09131253.jpg

京都府立植物園の紅枝垂れ(上)とパリの植物園の白妙桜(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanical Garden*Beni-sidare’(pink weeping cherry(upper f.)
Jardin des Plantes de Paris * Groupe Sato-zakura 'Shirotae' (lower f.)

c0345705_09122947.jpg

まるで おっきい盆栽!*bonsai gigantesque ?!
(HP de Jardin des Plantes, Paris)


パリの植物園も、ロンドンの植物園も、まだ訪ねたことがありません。
皆さんとご一緒にエア花見を…

Snowdrop n'a pas visité ni Jardin du museum d'histoire naturelle ni Kew Gardens.
Amuzons-nous ensemble hana-mi par internet !


c0345705_09255513.jpg

京都府立植物園(上)とロンドンのキューガーデン(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanial Gardenupper figure
Kew Gardens, London(lower figure


小雨でもまめに傘さす国びとは小さき桜もまめに目を留む

Japanese people 
that put up an umbrella
even in the thin rain
notice and appreciate
even a thin cherry tree


c0345705_09234657.jpg

(HP of Kew Gardens, London)

All Rights Reserved

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR





[PR]
c0345705_09154192.jpg


 品格ある偉大なる執事の道を追求してきたスティーブンスは、ドライブの旅に出る。ルートには、いま話題のソールズベリーも…。イギリスの田園風景は偉大かつ温和なる精神の象徴として、つねに物語の背景にある。そして、物語は彼の回想のなかで、さらに、回想のなかで言葉にされなかった事どもの中で展開する。

 スティーブンスは真面目な男だ。執事は彼の天職かもしれない。だからだろうか、彼は決して執事の仮面を脱がない。執事のお仕着せを脱ぐときも、彼の心は仮面を着けたままだ。少なくとも彼が物語る間は…

「まあ、ミスター・スティーブンス。(…)これは、ただのおセンチな恋愛小説ではありませんか」
スティーブンスは読書中、女中頭のミス・ケントンに本の中身を知られてしまった。彼は読者にこう語る。
「その本は(…)ご婦人のお客様のために、読書室やいくつかの客室に用意してあるうちの一冊でした。私がそれを読んでおりましたのには、明快な理由があります。それは、その種の本を読むことが、英語力を維持し、向上させるのに、ひじょうにすぐれた方法であるからにほかなりません」
 snowdropは鈍い方だが、さすがに突っ込みたくなる。「あなたはミス・ケントンのことが気になるから、そんな本を手に取りたくなったんでしょうに!」― 語られなかった恋

 スティーブンスはけっして本音を語らない。昔の主人が第一次大戦後の窮境にあえぐドイツに手を差し伸べようとし、やがてナチスに利用されてしまった事について、批判めいたことは口にしない。ただ「道徳的巨人」であった主人の高潔な人格を擁護するばかりである。それでいて、「あなたは、ダーリントン卿のもとで働いていたんでしょう?」と問われると、否定する。「いいえ、そうではございません、奥様」彼は自らに問いかける、なぜ否定してしまったのか、と。そして、主人を悪く言う言葉を耳にしたくなかったからだ、と自らを納得させる。
 じつに彼の否認は二度に及ぶ。三度目は描かれていない。思い出されるのは、主イエスを三度否認してしまった弟子ペテロ。…カズオ・イシグロは三度目の否認の場面を描かなかった。― 語られなかった悔恨

Stevens, who had pursued the dignity and greatness of the butler,embarked on a leisure holiday. The landscape of countryside, e.g. Salisbury, is the symbol of the greatness and the warmth of British spirit, always the background of this novel(). The story unfolds in his reminiscence and what has not been told with words in his reminiscence (Snowdrop remembers the difference of the landscapes between “Continentals” and “Celts”: the countrysides without and with rugged mountains!).

Stevens is square. The butler might be his vocation. He always wears the mask of butler. Even when he is not in his uniform, his spirit wears his mask, at least while narrating. For example,

“The book was, true enough, what might be described as a ‘sentimental romance’ one of a number kept in the library, () for the entertainment of lady visitors. There was a simple reason for my having taken to perusing such works, it was an extremely efficient way to maintain and develop one’s command of the English language.”


Even a slow snowdrop wanted to butt in, “Your curiousity about Miss Kenton makes you to choose such a book! ” ― untold love.


Stevens never speaks his mind. He never criticizes his ex-master, Lord Darlington, who was a fair English gentleman and moral statue whose compassion on Germany after Word War I was manoeuvred by the Nazis. And yet he denied that he had served the lord.

“Presumably you must have worked for him [Lord Dalington]””I didn’t, madam, no.”

Why did he deny? He anwers to himself “to avoid any possibility of hearing any further such nonsense concerning his lordship”.


He denied his lord twice. This situation reminds me of three denials by Peter in Bible. The third scene was not written in this novel. untold regret.



c0345705_14090821.jpg

ヘンルーダの花言葉は「悔恨」です(シェイクスピア『冬物語』)
ウォルター. クレイン画『シェイクスピアの花園』より(部分)
According to the language of flowers, Henruda means the rue (regret).


 スティーブンスは気づいていなかったのだろうか。自分の恋に。自分の悔恨に。執事のお仕着せに身も心も固めてしまって、人生が「日の名残り」に到る最後の最後まで、気づかなかったのだろうか。
 否、彼はかなり早い時期に気づいていたと思う。自分が執事の仮面の内に本音を押し殺していることを。それは、第一次大戦後、ダーリントン邸で開かれた国際会議の最終日だった。自分と同じく執事として生きてきた父が、邸内の小さな部屋で亡くなった日だった。父の死に立ち会うこともできず、人々のグラスに酒を注ぎ、足の痛みを訴える客に、父の死を診断した医師を差し向けるスティ-ブンス。彼は何度か、主人や主人の甥に声を掛けられる。
「おや、スティーブンス、気分が悪いのかかい」…
「スティーブンス、どうした?大丈夫か?」…
「なんだか、泣いているように見えたぞ」
彼は笑い、ハンカチを取り出して、手早く顔を拭く。
「はい、なんともございません」
私も、スティーブンスに声を掛けたくなった。
「スティーブンス、本当に大丈夫なの??? 」

 スティーブンスの仮面の下の素顔を垣間見た、ダーリントン卿とその甥のレジナルド。そしてスティーブンスの代わりに父を看取ってくれたミス・ケントン。この三人だけがスティーブンスに本音を漏らす。前の二人は、口の堅いよき聞き手としての彼を信頼して。後の一人は、素顔の彼に心を寄せて…けれども、スティーブンスはよき執事としての理想を優先させてしまった。あるいは、よき執事という仮面の下に逃げ込んでしまった。― 語られなかった真の人生

 スティーブンスを見守る作家の目はあたたかい。カズオ・イシグロは「忘れることが必要なこともある」と述べる。それは前へ進むためだ。スティーブンスはきっと顔を上げるだろう。
 『日の名残り』は読者が参加することで初めて完成する物語である。その風通しのよさは、日本的な「余白の美」に通じるかもしれない。
 

Had not Stevens noticed his love and his regret? Did he notice that for the first time, in the remains of his day? No, he should have noticed that earlier. It was on the last day of the conference hold at Darlington Hall in 1923. It was on the day his own father, an under-butler,died in a small room in the hall. He could not be present at his deathbed. He was serving the guests and led the doctor from his fathers room to the billiard room where a man was waiting with his aching feet. Lord Darlington and his nephew spoke to Stevens several times.


Stevens, are you sure youre all right there?”…

Not feeling unwell, are you?”…

Stevens, are you all right?

Yes, sir. Perfectly.

You look as though youre crying.

I also wanted to ask him, “Stevens, are you really OK? 

Lord Darlington, his nephew Cardinal, and Miss Kenton (who was present at his fathers final moments) : these three persons sometimes speak their mind to Stevens. The two men trusted him as a close-mouthed listner and the woman was recognizing his real face. But he did not pull off his mask. ― untold true life.

The author always seems to watch over Stevens. Kazuo Ishiguro says forgetting is sometimes necessary in general so as to live positively. Stevens will raise his face.
The Remains of the Day is the novel that is completed by every reader. There is a kind of the beauty of the untold blank space characteristic of Japanese culture.

映画「日の名残り」より



新聞にアイロンかける屋敷あれば折り紙のごと畳む汽車あり

While TIMES is ironed in an English manor house,
NIKKEI is folded in a Japanese crowded train.


「新聞 電車折り」の画像検索結果

(google search)
(All Rights Reserved)





[PR]