タグ:Peinture (絵画) ( 141 ) タグの人気記事

「雪景色 広重 切手」の画像検索結果

c0345705_07253109.jpg


天からの画家の手紙か寧楽(なら)の雪 (2月1日撮影) (歌川広重の切手*google search)

Est-ce que des lettres du peintre des cieux , la neige en Nara? (le1 février)



ゴッホ「雪景色」*Snowscape by van Gogh


snowdropは、ゴッホの画集を一冊も持っていない数少ない美術愛好家の一人です。
それは、ゴッホの絵を長い間見つめていることができないからです。
それが、或るブログでゴッホの雪景画を見て、展覧会に足を運びたくなりました。

Snowdrop is one of the rare art lovers who do not have a book of paintings of van Gogh, because she cannot observe his paintings for a long time. And yet one of his snow landscapes in one of her favorite blogues made her visit his exhibition in Kyoto.


c0345705_07240186.jpg
c0345705_07274118.jpg


京都へ出かけた1月下旬、雪は降りみ降らずみ…
ゴッホの夢みた日本の青空と、ゴッホの愛した日本の雪とが交互に訪れました。

It snowed off and on when she visited the exhibition in Kyoto in January.
The blue sky Gogh dreamt and the white snow he loved, both of them appeared alternatively.




「mountain village in japan」の画像検索結果

ゴッホ「雪景色」と広重 「東海道五十三次の内蒲原夜の雪」(pinterest)(広重は出品されていません)
snowscape by Gogh(left) and by UTAGAWA Hiroshige (right)


日本の風景を求めて南仏アルルへ旅立ったゴッホを迎えたのは、白一色の雪景色でした。けれど、ゴッホはそこに日本の雪景の版画を連想して感激します。

Gogh traveled to Arles in pursuit of Japanese landscapes, where he saw a white snowscape. It was for him a Japanese woodprint representing the snowscape!


c0345705_07293762.jpg
ゴッホ「糸杉の見える花咲く果樹園」
Orchard in Blossom, Bordered by Cypresses, Gogh


やがて春、白い果樹の花々が咲き始めました。まさに桃源郷!ゴッホの日本の夢はじつは「白」から始まったのです。

The spring has come. The fruit trees began to bloom like Japanese white plum, peach, and cherry blossoms. Here is the Utopia! Gogh's dream of Japan started from "white".


「じゃがいも を 食べる 人」の画像検索結果
ゴッホ「じゃが芋を食べる人々」(pinterest)(出品されていません)
The Potato Eaters, Gogh


そもそもゴッホは「黒」からスタートした画家でした。牧師を父とし、かつて聖職者を志した青年は、貧しき人々を暗い色で力強く描きました。やがてパリに出た彼は、色とりどりの印象派絵画や日本の浮世絵と出会いました。彼は日本の色彩を求めて、さらに南仏アルルへと旅立ちます。そして、白い雪と花に迎えられたのでした。

Gogh had started with "black" in the first place. A young man whose father was a priest originally aimed to be in holy orders. He painted the poors with dark colours. He went up to Paris and met colorful Impressionist paintings and Ukiyo-e. Moving to Arles after Japanese images, he was greeted by white snow and flowers.


c0345705_09480693.jpg
ゴッホ「アイリスの咲くアルル風景」(上)尾形光琳「燕子花図屏風」(下)(wiki)
c0345705_21220791.jpg
「北斎  燕子花」の画像検索結果

北斎「燕子花」(pinterest)(青が退色し、輪郭線がよく見える)
(光琳と北斎の燕子花は出品されていません)
Iris by Gogh, Korin, or Hokusai. Hokusai's blue is faded and the outlines are seen better.


白い春が過ぎ、青いアイリスの咲く夏がやって来ました。ゴッホが「日本の夢」とたたえたアルル風景、何かに似ていませんか。ほら、手前の青いアイリスと金色の小麦 ― 光琳のカキツバタの金屏風を思わせます。ゴッホは画廊か雑誌のなかで、この屏風を見たことがあったのでしょうか。それとも、輪郭線のくっきりした北斎の版画を見たのでしょうか。輝かしく鮮やかなるジャポン!現実の日本は、透明な空気とは正反対の湿気に包まれた国なのですが…

White spring passed into blue and yellow summer. This landscape of Alres that Gogh praised "a dream of Japan" resembles Iris by Korin or Hokusai ― the former's colour combination of gold and blue, and the latter's outlines of flowers. Brilliant Japon!But in reality, Japan is a humid country far from the clear and transparent air.


c0345705_15305795.jpg
ゴッホ「ひまわり」(部分)*Sunflowers(google search)(出品されていません)


 盛夏、ゴッホは友人のゴーギャンとともに黄金のひまわりを描きました。日本の版画家(画師、彫師、摺師)が共同制作するように、自分たちも芸術の共同体を営んでいるのだ!有頂天になるゴッホ。
 しかし、現実は ― 日本の版画制作は完全な分業体制で、今でいうコラボとは異なっていました。また、ゴーギャンはゴッホのような夢想家ではありませんでした。やがて共同生活は破局を迎え、ゴッホは耳切り事件を起こし、サン・レミの病院に入院します。


 In high summer, Gogh painted a series of sunflowers in yellow with his friend Gauguin. Gogh was in the skies because their cohabitation seemed to him the community of Japanese woodprint artists.
 But in fact, Japanese woodprint was produced not by such a collabration but merely by a division of labor. And Gauguin was not a dreamer like Gogh. Soon their cohabitation collapsed and Gogh entered a mental hospital in St. Remy.


c0345705_10084647.jpg
ゴッホ「草むらの中の幹」(部分)* Tree trunks in the grass by Gogh(detail)


 ゴッホの絵から、黄色が薄れてゆきます。代わりに表に出てきたのが白でした。この絵の草原を埋めるのは白い花ばかり。わずかに木の根元に黄色いたんぽぽが、夢の名残のようにひっそり揺れています。
 白は、しかし、ずっとゴッホに寄り添ってきた色でした。彼のひまわりの連作は、チューブから絞り出した黄の絵具一色ではありません。濃淡さまざまな黄色を操るには、白絵具もたくさん必要だったはずです。

 In Gogh's paintings the yellow began to retreat and the white has emerged in turn.This grass is full of white flowers and only several yellow dandelions bloom around the bottom of a tree like the obscure traces of his dream.
 The white, however, was the colour that had been beside him from the beginning. His sunflowers were painted not only with the yellow but also with the white mixed into the various tones of yellow.


「gogh star moon」の画像検索結果

ゴッホ最晩年の「星月夜」*The Starry Night(MoMA HP)(出品されていません)


 ゴッホは心の奥底ではずっと、白の清らかさ、白の安らぎを求めていたのかもしれません。
 死の一年前に描かれた「星月夜」では、黄色い月と白い星が拮抗しています。左手前には黒々とした糸杉、右奥には青白い教会堂…糸杉は死、教会は救済を象徴しています。
 黒の画家(じゃが芋を食べる人々)から黄の画家(ひまわり)、そして白の画家(星と教会)へ……ひょっとしてゴッホは、失われた聖職者の夢を、無意識のうちに色でかなえようとしていたのでしょうか。

 Gogh might have seeked for the pure and peaceful white at the back of his mind.
 In The Starry Night painted one year before his death, the yellow and white coexist. Black cypresses are the symbol of the death, and a pale church the salvation.
 From a painter of the black(The Potato Eaters), that of the yellow(Sunflowers), and to that of the white(The Starry Night)…Gogh might have wanted to recover his lost dream to take in holy orders through the colours unconsciously?


c0345705_10045207.jpg
平安神宮の大鳥居、雪山の麓の金戒光明寺
Torii (right), Kyoto Municipal Museum of Art (middle), and Temple (left) in the snow


3階のゴッホ展に続き、4階の日本の近代絵画を見ながら、ゴッホの夢の日本と、現実の日本について思いを巡らせました。ああ、ゴッホがもっと長生きしていたら!あるいはフォーヴィズムの先駆者として名声を得、大正時代の日本人画家たちの訪問を受けていたかもしれないのに!(3階には、ゴッホの墓参りをする日本人の写真なども展示されています)

In this exhibition, you see the photographs of Japanese artists who visited his grave since the Taisho period. Snowdrop thought about the non-coincidence between Japan in Gogh's dream and real Japan. Helas, if the painter had lived longer! He might have gotten the fame as a pioneer of Fauvisme and might have received visits from Japanese painters!


c0345705_10051354.jpg
京都国立近代美術館からのぞむ京都市立美術館と南禅寺
Kyoto Municipal Museum of Art (left) and Nanzen-ji Temple (right) from MoMA, Kyoto



ゴッホが日本を夢見てアルルへ旅立ったように、多くの日本人がヨーロッパを夢見て軽井沢などに滞在しました。ゴーギャンから受け入れてもらえなかったゴッホの芸術家の共同体構想は、のちの武者小路実篤や志賀直哉らの「新しい村」に通じるものでした。

While Gogh traveled to Alres seeking for Japan, not a few Japanese stayed in Karuizawa seeking for Europe. The community of the artists that had been rejected by his friends was in some way realized in Japanese "New Village" founded in 1918.▶https://en.wikipedia.org/wiki/Atarashiki-mura

c0345705_10081039.jpg



星ふる夜 天使の声のふりつもり かそけくうたふ日本の雪を
in the starry night
angels' voices also fall
singing faintly
Japanese snow
which van Gogh dreamt
「vincent van gogh sterrennacht」の画像検索結果



立春に詠める*on the first day of spring
あたらしく生(あ)れし命をことほぎて画家の遺せし絵の花の白
Celebrating
a new life of his nephew
the painter
painted white flowers
like Japanese cherry blossoms

「アーモンドの花 ゴッホ pinterest」の画像検索結果

ゴッホ「花咲くアーモンドの枝」(出品されていません)
Almond blossoms by Gogh(pinterest)


憧れのジャポンをパッチワークしてゴッホは描く錦絵の夢
patchworking
the admired Japon
the painter, Gogh
painted and painted
his dream like colorful ukiyo-e

c0345705_11063183.jpg

(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_13414012.jpg
lecture sur mon lit

鈴木三重吉編集の雑誌「赤い鳥」は大正7 (1918) 年6月に7月号を創刊号としてこの世に生まれた。(…)「赤い鳥」という名前は複雑な三重構造になっている。
①三重吉の愛着深い自作のタイトル ②若い不倫の恋人への燃える愛 ③日本児童文芸革命のシンボル
(…)ぼくは「詩とメルヘン」を創刊する時「赤い鳥」を目標にした。(…)ぼくのやっていることは鈴木三重吉とはまったくちがう。しかしその精神のある部分は共通するはずだ。それは(…)決して芸術至上主義に走らず、むしろ正当な通俗を目指していることだと思う(…)
― やなせたかし「飛べ!赤い鳥」(「詩とメルヘン」1987年6月号)


「アンパンマン 初代」の画像検索結果

アンパンマンと元祖アンパンマン
Anpanman (animation&original version) (google search)
Anpanman gives his face, anpan (a bun filled with red bean paste) to the fatigued.
Do not worry, his face is soon made again by his baker!


YANASE Takashi, the founder of Japanese magaginze Poem and Maerchen and creator of Anpanman said:

Akai Tori
(Red Bird) , Japanese children's literary magazine editied by SUZUKI Miekichi, was born in June, 1918. The title has three connotations.
①the title of his own novel ②the passion for his young affair-lover ③the symbol of Japanese children's literary revolution
When I first published Poem and Marchen, I set Red Bird as a target. What I am doing is completely different from that SUZUKI Miekichi was doing. But a part of our spirits should share some element. It is the proper popularities. (English summary by snowdrop)


c0345705_13415925.jpg
「詩とメルヘン」1987年6月号(「赤い鳥」特集号)より
Akai Tori (Red Bird) listed in Poem and Maerchen


 2018年は雑誌「赤い鳥」創刊100周年に当たります。赤い鳥の系譜をつぐ雑誌「詩とメルヘン」は1973年創刊・2003年休刊、そして「詩とファンタジー」として2007年に復刊しています。
 こちらは「赤い鳥」に1932年に発表された新美南吉の『ごんぎつね』。「詩とメルヘン」で活躍した黒井健の挿絵で、1986年に絵本になりました。

 The year 2018 marks the 100th anniversary of Akai Tori (Red Bird) , Japanese children's literary magazine. Poem and Maerchen was publshed from 1973-2003 by YANASE Takashi, a Japanese illustrator, cartoonist, and poet who loved Red Bird.https://en.wikipedia.org/wiki/Takashi_Yanase
 Gon, the Little Fox written by NIMI Nankichi is published in Red Bird in 1932. Here is one of the picture books, illustrated by KUROI Ken in 1986, who was popular in Poem and Maerchen.


c0345705_15143472.jpg
『ごんぎつね』(新美南吉作、黒井健絵、偕成社)より


「赤い鳥」を手に取りたくなったら、ココアショップ「アカイトリ」へ出かけます。テーブルや勉強机でバックナンバー(復刻版)を自由に読むことができます。前回訪ねたのは、苺の季節でした。

Red Bird 's back numbers (reprint) are available both at the coffee table and at this writing desk in the cocoa shop Akai Tori.(photo in the strawberry season in 2017)



c0345705_13425181.jpg


「赤い鳥」には日本の物語も…机のそばに飾ってあった土鈴は、大宰府天満宮の鷽(ウソ)だとか。

A Japanese tale in Red Bird and bullfinch-shaped earthenware bells.


c0345705_13445260.jpg


ハイカラな西洋の写真や物語も…カラーの挿絵はスウェーデンのトムテでしょうか。

Swedish photos and fairy tale in Red Bird … is this Tomte? ↓


c0345705_13452294.jpg



どこでせうムーミン谷は スウェーデン?いえいえ それは心のなかに…
https://www.asahi.com/articles/DA3S13314710.html(朝日新聞)
Where is Moominvalley?
in Sweden?
in Finland?
…it is a cartoon question in university exam…
it is in everyone's heart…
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201801160051.html(News in English)


c0345705_13460159.jpg


どこでしょう、アカイトリは? 実は、道頓堀の近くに…
雪印乳業の前身は大正14(1925)年創業、カイゲン(改源)ファーマは大正13(1924)年)創業です。そして、グリコのキャラメルは大正10(1921)年生まれ。みんな雑誌「赤い鳥」と同世代です。↓

Where is Akai Tori(red bird)? Nearby Doton-bori, Shinsaibashi, Osaka, where the regulation of signboard's size is said to be not so strict as in other places.
Snow Brand Milk Products Co., Ltd (*) was founded in 1925, Kaigen Pharma Co., Ltd (Wind God is a symbol of their cold medicine) in 1924, and Glico's caramel (one caramel gives you the stamina for running 300 meters!) was born in 1921. They are all the contemporary of Red Bird !!!! ↓


c0345705_13471799.jpg
Doton-bori, Osaka*How colorful and vivid!


「アカイトリ」のイースターのインテリアや、バードネスト(鳥の巣)ケーキはこちら↓



(All Rights Reserved)



[PR]

チャイコフスキー「炉端で」♪ Au Coin du Feu

c0345705_10395436.jpg


これは西洋で一番古い雪景色といわれる絵です。「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」の「2月」の挿絵。描いたのはランブール兄弟、15世紀前半にさかのぼる細密画です。なんて豪華なカレンダーブック!「2月」に描かれているのは、けれど、フランスの田舎の冬、素朴な農民の暮らし…

On dit que ce peintre est le plus ancien paysage de neige: le mois de février de Les Très Riches Heures du Duc de Berry (1438-1442) par les Frères de Limbourg. Quel riche calendrier! (figs: Bibliothèque de l'Image) Et pourtant cette illustration nous monte la vie paysanne humble.


c0345705_10402880.jpg
Les chasseurs portent guêtres pour chauffer leurs mollets


こちらは小正月(1月15日)のどんど焼き…ではありません。「やまと編」(1月8日)でご紹介した北斎の「百人一首姥がゑとき」(1835-6年)の一枚です。http://ramages3.exblog.jp/238179878/
雪の夕暮れ、猟を終えた男たちが焚火にあたっています。画面右上の色紙形に綴られているのは、百人一首第28番。

「山里は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば」(源宗于)

…さびしさとは真逆(まぎゃく)のにぎやかさ!男たちは草鞋に脚絆を巻いています。殿方もふくらはぎが冷えるんですね。下のフランスの女人みたいに!

"Winter loneliness In a mountain hamlet grows Only deeper, when Guests are gone, and leaves and grass Withered are:―so runs my thought" (The Hundred Poems by One Hundred Poets, Minamoto no Muneyuki, translation of C. MacCauley)
"In this mountain village it is in winter that I feel loneliest―both grasses and visitors dry up." (translation of McMillan Peter)
Hokusai represents the cheerful rest that is contrastive to the loneliness in the waka.


c0345705_10473048.jpg


フランスの山里へ戻ってみると…家の中の女人は青い衣の裾をまくって、ふくらはぎを温めています。足元には、くつろぐ白猫が…。いっぽう庭の家畜小屋、穴の開いた屋根の下では、羊たちが身を寄せ合って暖をとっています。烏は落ち穂をついばみ、蜜蜂は4つ並んだ巣箱の中で、花咲く春を待っています。白い被りものにくるまって赤い衣の女人が帰って来ました。おお寒!凍てつく戸外から、もう一度暖かな室内を眺めてみると… 炉端の幸福感がしみじみと伝わってきます。

Vous trouvez une femme qui trousse sa longue robe bleue pour chauffer ses mollets et un chat blanc? A l' extérieur, des moutons se serrent dans une bergerie avec le toit troué, des abeilles dorment dans quatre ruches en paille. Une femme retourne frileusement. Quel contraste entre la sérénité de l' inxtérieur et le froid de l' extérieur!


c0345705_10491786.jpg


室内で休む人あれば、戸外で働く人あり。敷地の外では木こりが斧をふるい、農夫がロバと歩いています。行くてには、雪山に抱かれた教会と村が見えます。青空と白雪のコントラスト!家の中でぬくぬくしていたら見られない景色です。

Tout en haut, un bûcheron, un paysan, et un âne travaillent. On compare le travail de l'extérieur avec le repos de l'intérieur. Et quel contraste du ciel bleu et de la neige blanche! Quel beau paysage avec une église et un village! On ne jamais les voit dans la maison bien chauffée comme chez snowdrop (pas encore la première neige!) …


c0345705_10514738.jpg


 北斎のこの絵には、働いている人はいません。画面の右には、男たちが眠る小屋が見えます。くつろいだ長閑な時間…けれど、ほら、煙の間に……黒いけだものの掌が?!ひょっとして、どこかに人目ならぬ妖かしの目が?!火の周りの平和と、煙の向こうの脅威…この絵もコントラストが効いていますね。えっ、snowodropの深読み?そうだといいんですけど
 あるいは、猟師たちは獲物がなくて、帰るに帰れず小屋で一夜を明かすのでしょうか。明日に望みを託して…それにしては、手前のそっくり返った男のまん円な禿頭のユーモラスなこと!北斎は森羅万象を円と三角で描けると自負していました。

 Les hommes se reposent après leur travail. Ils dormiront dans la cabane à droite. Mais parmi des stries de fumées, vous trouvez des paumes d' une bête noire? Qu'est-ce que c'est, ce monstre? Quel contraste entre la paix et la menace! Ou quelle pessimiste, snowdrop?!
 La pessimiste voit la mauvaise chasse ici…ils ne peuvent pas rentrer sans la chasse? Mais la tête ronde est trop drôle aux premiers plans! Hokusai representait tous les êtres de l' univers avec cercles et triangles.


c0345705_14193165.jpg
Chasseurs dans la neige (1565) par Pieter Brueghel l'Ancien
On voit ici la tradition du Livre d'heures et l' anticipation du paysage panoramique.


思ったように獲物がとれず、すごすご帰る猟師と猟犬たち…これは時祷書の伝統にのっとった、ブリューゲルの「月暦図」の一枚です。近景の丘の侘しさと、遠景の池でスケートに興じる村人の陽気さとが対比されています。通りすがりの宿に上がる焚火の炎。家に着いたら、炉端で休めるといいですね。

Voici des chasseurs et chiens avec peu de chasse…Pieter Brueghel montre le contraste de la mélancolie aux premiers plans et la gaieté aux arrières plans (le patinage) dans ce paysage de neige. Ils passent devant un hôtel où les gens brûlent quelque chose. J' espère que le repos au coin du feu les attend….


「Hendrick Avercamp」の画像検索結果

おまけ(Bonus)*いま気になっている冬景色の画家です。
https://www.youtube.com/watch?v=cCIvQy-lxfE

(All Rights Reserved)






[PR]


c0345705_16125550.jpg
港町神戸のステンドグラス

玻璃窓を旅せん 長崎 マカオ ゴア リスボン リヴォリ そして羅馬へ

Let's travel in the stained glass from Nagasaki to Macau, Goa, Lisbon, Rivoli and Rome!

c0345705_11551795.jpg
「遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節の見たイタリア」展覧会図録 * French pamphlet (1585)
 

私は死んだ。マカオで。中国最古のヨーロッパ植民地で。マカオの港から海を渡れば、2000キロ彼方に長崎の港がある。しかし、私は鳥ではないから海を越えられない。キリスト教はご法度だから、船で帰ることもかなわない。天平の昔、唐で没した阿倍仲麻呂のように、私は西暦1629年にマカオで客死した。

I died abroad…in Macau, the oldest European colony in China. It is about two thousand kilometers from Macau Harbour to Nagasaki Port. But I cannot cross the ocean because I am not a bird. I cannot return to my country because Christianity has been banned. ― I died in Macau in 1629, like Abe-no-Nakamaro who had died in China in 770.



「阿倍仲麻呂」の画像検索結果 阿倍仲麻呂*Abe-no-Nakamaro on carta(wikipedia)
c0345705_10403183.jpg

 マカオは、しかし、私にとって親しい土地であった。天正少年遣欧使節団の船は、季節風を待って、この港町に10カ月も留め置かれたのだ。大聖堂や修道院、司教館が私たちを迎えた。日本の南蛮寺とは全く異なる壮麗な建築…そこには、まだ見ぬヨーロッパがあった。私たちはレジデンシアに滞在し、そこから宗教儀式に参列し、音楽を学び、語学を鍛えられた。
 これはマンショがのちに綴ったレターだ。流麗かつ几帳面な筆跡であろう?彼はいつも勤勉だった…
「いやいや、マルチノの暗記力と発音、抑揚には脱帽たい…声もてげ良か……われん朗読を聞くと、力ば湧いてくるばい」
 彼は船酔いには強かったが、マカオから出た船の上で熱病に倒れたのだ。
「マンショ、熱はだいぶ下がったけん、きばらんしゃい。ゴアまであと少したい」


 Macau was, however, a familiar place for me. Our ship had to stop there for ten months waiting for the seasonal wind. The Cathedral, seminarios, and churches greeted four boys. They were completely different from Japanese wooden churches. These stone buildings were “the Europe” for us, that we had not seen yet. We stayed in Residence and went to mass, learned music and languages.

 Here is a letter that Mancio wrote later. Flowing and methodical handwriting, isn’t it? He was always diligent

Oh, Martino, YOUR memory, pronunciation, rhythm and intonation are wonderful! …YOU have a fine voice… your recitation always cheers me up…”

 He was a good sailor, but he caught a fever on the ship from Macau for Goa.

“Mancio, your temperature is going down, bon courage! We will arrive in Goa soon!


c0345705_15424999.jpg


 日本にいる時から、私は語学に長けていた。少年使節の副使に選ばれたのはそのためだろう。ゴアでラテン語のオラティオ(演説)を任されたのも私だった。
 生来私は文字というものが好きであった。子供のころから手習いを好んだし、セミナリオでローマ字なるものを見たときは好奇心をかきたてられた。下枝に並んだ小鳥のようなこの不思議な形が、何を意味するのか分かるようになりたい!

I had been already good at languages in Japan. Thanks to that I was chosen as a vice commander. It was I that delivered a long oratio (oration) in Latin in Goa on our way home.

I liked the character by nature. I liked practicing calligraphy since my childhood, and then was excited by European letters, the alphabet. I wanna learn to understand what these mysterious figures mean like a row of birds on a branch!


(ナイチンゲールのさえずり)

 ポルトガル語を習い始めると、その響きにも魅せられた。まるで鳥のさえずりか、音楽を聴いているようだ。琴や琵琶ではない、オルガンやクラヴォの節回しと突き上げるようなリズム…おお、これは我らが馬上で感じるリズムと同じだ。

マルチノ、あなたは耳がいいですね。ああ、聞かせてあげたい…わが故郷イタリアでは、小鳥もメロディアスにさえずるのですよ」
ヴァリニャーノ先生はおっしゃった。イエズス会巡察使にしてセミナリオの創設者、我らを少年使節として送り出した恩人である。


 When I began to learn Portuguese, I was charmed by its sounds. Just like bird’s song or the music, not the koto-harp or biwa-lute, but the organ and cravo’s melody and rythme
Auftakt (up beat) on my horse’s back!

“Martino, you have keen ears. I want to let you listen to our birds’ melodious songs in Italy!” Padre Valignanosaid to me. https://en.wikipedia.org/wiki/Alessandro_Valignano


a0332314_22581114.jpg
百合鷗 (a lily gull with red legs)


 さらにラテン語を学ぶと、ポルトガル語の背骨に触れた気がした。大伽藍のように巧緻で堅牢な、はるか古典古代へとさかのぼる言葉。教会のミサで語られ、歌われ、法王様のもとで日々用いられる言葉…
 じつはポルトガル語とラテン語との距離は、日本語と漢文の距離よりもずっと近いのだ。自らの母語に近しい、ゆるぎない拠り所をもつポルトガルやイタリアの人々がうらやましかった。そんな私にヴァリニャーノ先生はおっしゃった。
「ラテン語も大事だが、日本語も深く学ぶべきです。母語は外国語習得の礎(いしずえ)ですから」

 司祭になるには、ラテン語で神学や哲学を学ばねばならない。その一方で、外国語の書物を翻訳するために、日本語力も求められる。両者は鳥の双の翼のようなものだ。
「日本人は忍耐強く、理性を備え、古代ローマ人のように優秀な民族です。マルチノ、あなたならきっと東西の言語で羽ばたける」

 Latin seemed for me the backbone of Portuguese. This cathedral of language is elaborate and durable going back to the classical antiquity, is the language used in the church and around Papa for everyday conversation

You know, the distance between Portuguese and Latin is nearer than that between Japanese and Chinese. I envied Portuguese and Italian people who have their Urspraphe (root language), a firm foothold. Padre Valignano said to me.

“True that Latin is important, but you should master Japanese first of all. The mother language is the basis for learning foreign ones.”

 While we should learn theology and philosophy in Latin to become a priest, we should translate books in foreing languages into correct and clear Japanese. Japanese and foreign languages are like a pair of wings of a bird crossing the ocean.

”Japanese people are patient, rational, and excellent like the ancient Romans. Martino, you can fly with that pair of wings.”


c0345705_14083722.jpg

少年使節の署名入りの書状*You find four boys' signatures on this letter.



 少年使節団とともに帰国したのが、グーテンベルクの活版印刷機だ。これでポルトガル語の辞典を印刷できる!キリスト教の本はもちろん、日本語版『イソップ寓話集』やポルトガル語版『平家物語』『和漢朗詠集』なんてどうだろう?私たちが印刷する本は、日本とヨーロッパの架け橋になるのだ。

 私はコレジオを出た後、なつかしいマカオに留学し、帰国後マンショやジュリアンとともに司祭になった。ラテン・ポルトガル・日本語辞典を編纂し、『こんてんむつすむん地』を出版した。また、通詞として様々な政治交渉に立ち会い、顔が知られるようになった。皮肉にもそれが我が身の国外追放へとつながった。

The Gutenberg-style letterpress printing machine arrived in Japan with us! Now wecan print the Portuguese dictionary! Not only the books on Christianity but alsofor example, how about Aesop's Fables in Japanese, Tale of Heike in Portuguese, etc.!? The books that we are going to translate will serve as a bridge between Japan and Europe.

After graduating the collegio (Jesuit-founded Japanese college), I studied in fondly‐remembered Macau and became a priest with Mancio and Jurian after returning home. I compiled a Latin-Portuguese-Japanese dictionary and published CONTEMPTVS MVNDI in Japanese. I attended not a few political negotiations as an interpreter, which ironically led to my deportation with my companions in 1614.



c0345705_10392195.jpg

マカオ大聖堂のファサードのマリア像は、日本の菊の浮彫で飾られているそうです (google search)
Santa Maria of Saint Paul's Church
in Macau decorated with chrysanthemums (Japanese national flower)



 みたびマカオへ…東洋と西洋の交わる町へ!仲間とともに国を追われてからも、フランシスコ・ザビエルの伝記を日本語で出版し、『日本教会史』を共同執筆した。日本の同胞の無事を祈りつつ、無我夢中で働いているうち、あっと思うと私は病で天に召されていた。
 語学という天職に一生を捧げ、思い出深いマカオの大聖堂地下墓室に、ヴァリニャーノ先生とともに眠る私。故郷へは帰れなかったが、私は、4人の中でいちばん喜び多き人生を送ったのかも
しれない。(つづく)

Again to Macau, the town of intersection of the East and the West, where I published Japanese biography of Francis Xavier, collaborated in writing Japanese Church History. While praying safety of my "brothers" in Japan, I worked hard to fall sick and find myself drawn up to Heaven.

I devoted myself to my vocation, translation, and have slept in the catacombs of Saint Paul's Church with Padre Valignano. Although died abroad, I might have led the most joyful life among us, four boys.


f0374041_08525983.jpg
喜び」の蝋燭*アドベント第3主日(1217日)

JOYThird Sunday of Advent17 December)



歓喜(フロイデ)!千の聴衆とわが友と歌ひし第九の季節ふたたび

FREUDE
einmal sang ich die Neun 
mit tausend Zuhören
und meiner Freundin…
 
die Zeit kommt
dieses Jahr auch

und die Zeit von Santa Claus 。。。
「santa claus ももさへづり」の画像検索結果

c0345705_14182426.jpg
おまけ*パドヴァのクリスマス飾り(1999年)*パドヴァ大学はヴァリニャーノの母校です
Bonus
Padova, Advent in 1999Alessandro Valignano is a graduate of Padova University.


参考文献*
若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』(集英社)
鈴木範久『聖書の日本語―翻訳の歴史』(岩波書店)
皆川達夫『キリシタン音楽入門』(日本キリスト教団出版局)

To be continued


もひとつ、おまけ*今日は最終回Bonuson the horse's back
http://www.nhk.or.jp/naotora/
関連画像

かしらを乗せた南蛮船は…
c0345705_07012169.jpg

All Rights Reserved





[PR]

-私の2017-今年を振り返ろう

c0345705_10311442.jpg
日本経済新聞(左)(NIKKEI, left)

20171月、遠藤周作原作の映画「沈黙」が日本で公開された。また、「遥かなるルネサンス 天正少年遣欧使節がたどったイタリア」展が4月から12月まで、神戸、青森、東京を巡回した。菊の節句(9月9日)の朝、新聞にこんな記事が載っていたのをご記憶の方はおられるだろうか。少年使節の一人、千々石(ちぢわ)ミゲルの墓から、ロザリオの一部が見つかったというのだ。彼はキリスト教を棄てたとされていたのだが…

ミゲルは仲間とともにローマ法王との謁見を果たし、イタリア各地やスペイン、ポルトガルで歓待を受け、それらの見聞を伝えるべく帰国した。日本を神の国に変えようと夢見て…  
 しかし、故国は変わり果てていた。彼らが旅立って数か月後、本能寺の変で信長が倒れ、彼らが帰国する3年前に秀吉がバテレン追放令を出していた。江戸幕府もキリスト教を禁じ、弾圧が厳しさを増してゆく…彼らの没後、島原の乱が起き、『沈黙』の時代が訪れることになる。

 

Scorsese's film Silence was published in Japan on January 21th in 2017. And the exhibition Sol Levante nel Rinascimento Italiano traveled in Kobe, Aomori, and Tokyo. A news was reported on one of the boys of the Tensho Youth Mission to Europe in Japanese newspapers on 8-9 in September. A part of Miguel CHIJIWA’s rosary was discovered in his grave. It had been said that he renounced Christianity early.

He and other two boys had papal audiences, were welcomed in Italy, Spain and Portugal, and returned to Japan in order to report their experiences. But during their trip, Japan was changed. After their departure, Nobunaga was assasined, Hideyoshi promulgated the Purge Directive Order to the Jesuits, and Edo bakufu began the Ban on Christianity and suppression of Christians. After the boys’ death, the time of “Silence” came.
「市川 海老蔵 織田 信長」の画像検索結果「おんな 城主 直 虎 信長」の画像検索結果
信長(市川海老蔵)「今夜は本能寺!」Nobunaga (ICHIKAWA Ebizou)(google search)

c0345705_10443852.jpg
『遥かなるルネサンス』展覧会図録より(以下同)

ミゲルの独白
 私もまた天正遣欧少年使節団の正使だった。天正10年(1582)、晴れがましい船出の日、母は涙をこらえていた。私たちは母一人子一人だった。これから命がけの航海になるのだ。母にしてみれば人身御供に出す思いだったろう。出発の前夜、私は母にこう言った。

「そいけん母上、たとえこん身は海の藻屑と消えるとも、それは犠牲の子羊となる事たい。行かんばならん。漁師ペテロが網ば捨て、親ば捨ててイエス様について行ったごと…さんたマリヤ様ば拝むたび、私はきっと母上ば思い出しますけん」

Monologue of Miguel

 I also was a senior commander of the Tensho Youth Mission to Europe. On the day of my departure, my mother was trying to hold back her tears. She was a single mother and I was her only child. She should have felt like she offered her irreplaceable son as a human sacrifice to the dangerous trip. I said to her the night before that.

“Mother, even if I will be swallowed by the sea, I should go as a sacrificial lamb. I should leave you like Peter, a fisher who left his family and followed Jesus. Every time I pray to Santa Maria, I will remember you, mamma...”

「roma mosaic octopus」の画像検索結果
タコのモザイク*Roman mosaic of an octopus,Villa Giulia, Rome (pinterest)

 長い船旅はときに苦しかったが、楽しく充実していた。私たちはラテン語をみっちり学び、チェスで遊び、釣りをした。副使の中浦ジュリアンは海辺の村の出だったから、鰹や鯛を釣りまくり、釣針を壊してしまった。私は生まれて初めて生きた蛸を間近に見た。ぬらぬらした、いぼだらけの、八本足の不思議な生物…こんな醜悪な海獣も、主が創造した物だとは!
「ひどかぁ、ミゲル。わいもゆで蛸、食べるやろー?」
蛸をわしづかみにしたジュリアンが、白い歯を見せて笑った。


 Our long voyage was sometimes hard and yet joyful and fulfilling. We practiced Latin, played the game of chess, and enjoyed fishing. A vice commander from a fishing village, Jurian NAKAURA would fish bonitos, sea breams, etc. enough to break a hock. I saw a live octopus so close up for the first time. A slimy, warty marine creature with eight legsis this ugly monster also created by God?

“That's not fair, Miguel! You also eat the boiled octopus, don't you?!” 

Jurian laughed while grabbing a slippery octopus!

c0345705_10353021.jpg
メダルに表されたグレゴリウス13世(上、図版)
snowdropがヴァチカンで貰ったコインには、ヨハネ・パウロ2世の横顔が…(下、実物)
Do you find a real coin of John Paul II that snowdrop got in Vatican in 1999?


 天正13年(1585)、私たちはローマでグレゴリウス13世に謁見した。法王様は感涙にむせびながら一人一人を抱擁してくださった。そして、我らのローマ到着からわずか18日目に亡くなった…。なぜだか、法王様は私たちを見つめながら、どこか更に遠いところを見ておられた気がする。

 いっぽうで、人々が私たちをみる眼差しには、奇異なものへの好奇心が隠れていた。彼らは我々が白い人なのか黒い人なのか思案している。キリスト教会が異人種の崇める寺院や神仏を排斥していたことを、私は知らなかったわけではない。黒い人を醜悪とする偏見に気づかなかったわけではない。

 We THREE had papal audiences in Rome in 1585. Pope Gregory XIII was moved to tears while hugging each of us.And he died eighteen days later than our arrival in RomeI do not know why, but the Pope seemed to see somewhere far away through us

 On the other hand, the people’s eyes hid the curiosity to us, the stranger. They were wondering whether we were black or white. I noticed that they were expelling other religions of the black people, of the ugly people for them…




秀吉の前で演奏されたとされる、ジョスカン・デ・プレ「千々の悲しみ」(舞踏会版)


 天正18年(1590)に帰国した時、私たちは少年ではなく紳士になっていた。8年間で背は伸び、面差しは変わり、母上さえ私を見分けられなかったほどだ。私たちは秀吉公に旅の報告をし、クラヴォ、ハープ、リュート、ヴィオラを御前演奏した。喜んだ秀吉公は我らを召し抱えようとしたが、全員が辞退し、イエズス会に入った。
 最初にドロップアウトしたのが私だ。あんなに勉強したのに、マカオに留学できず、司祭になれなかった。私が日本人だから?ゆえなき疑念が心を蝕む。ヨーロッパで浴びた視線のなかに、冷んやりしたものが交じっていたことを思い出す。…いや、人のせいにはするまい。私の信仰が薄かったのだ。母親っ子の私は聖母マリアを慕っても、イエスを神(偉人ではなく)と信じ切ることができなかった。

 When we returned home in 1590, we were no longer ragazzi but signori. Even my mother could not distinguish me from the others. We met Lord Hideyoshi andplayed the clavichord, harp, lute, and viol. He was so moved that he tried to hire us, but we excused ourselves to enter the Society of Jesus.

 It was I that dropped out first. Though I studied hard, I was not chosen as a student to study in Macau and could not become a priest. Is it because I am a Japanese? I remember the peoples eyes to us in Europeno! It’s my fault. My faith was fragile. I mixed up my mother’s image with Mary and could not belive in Christ, as God (not as a great man).


c0345705_13594334.jpg

棄教し、法華宗徒になると、更にやり切れぬ日々が待っていた。これまで学んだ知識を逆手に持ち替え、キリスト教を攻撃する武器にせよと…。ああ、どの宗教も同じだ。なぜ互いを拒み、否定し、飲み込もうとするのだ。なぜ互いの自由を尊重しないのだ。

私は何も信じぬ者となった。無神論者となったのだ。私はパライゾ(天国)からも極楽からも遠ざかり、仕官した藩からも追放され、長崎の町をさまよった。夜ごとの浅い眠りに夢見たものは、遥かなるイタリアでの栄光の日々。目が覚めるたび、故国でよるべない身となっている己を見出し、暗然とした。―


 After having renounced Christianity, I had to live a more unbearable life. I was recommended to turn my knowledge into the sword against Christianity! Ai, all the religions are the same! Why does every religion reject, deny, and try to swallow each other? Why don’t they respect the freedom of worship each other ?

I came to believe in nothing. I became an atheist. I stayed away from both Heaven and Buddhist paradise, being exiled from the domain, wandered through Nagasaki's streets. Every time I had a light sleep, I dreamt of our glorious days in Europe. Every time I awoke, I was shocked to find myself helpless in my own country.―


c0345705_11062452.jpg

なぜ私は、あのロザリオを棄てなかったのか。墓の中まで携えていったのか。それは、数珠玉の一つ一つに、未来へのエスペランサ(希望)のまぼろしが映っていたからだ。玉を指でたぐるたびに、一つ、また一つと、友と過ごした8年の歳月が甦って来たからだ。
 トビウオが銀の軌跡を描いた青い海、甲板上で聞いた山上の説教の朗読、ともに爪弾いたリュートの音色、初めての舞踏会、庭園で浴びた噴水の水しぶき、ムラノ島の職人が飴細工のように拵えるガラス、壮麗なる石の街、動物園、植物園…。すべてが希望の光に包まれていた。
 神をも仏をも裏切ったが、友を裏切りはしなかった。このロザリオを握りしめていれば、パライゾ(天国)の友らをインヘルノ(地獄)から垣間見ることがあるやもしれぬ。ああ、もしも平和な信仰の許される日本に帰国していたならば…!

Why did not I throw away that rosary but brought it to my grave? Because the illusion of esperança (hope) in the future was reflected on every bead. Because counting the beads reminded me of the days during that eight-year-trip with my friends.

The azure ocean where a school of flying fish drew silver curves, the recitation of the Sermon on the Mount on our deck, the sounds of the lute that we played, the first ball, the splash of fountains in Pratolino, a flexible heated glass like a candy to make forms of animals or birds in Murano, botanical gardens, zoos, …everything was wrapped up in the light of esperança (hope).

While I betrayed both God and Buddha, I have never betrayed my friends. If I keep this rosary in my fist, I might catch a glimpse of my friends in Paradiso, from Inferno. Ai, if only we had returned to Japan where the faith in the peace was accepted!

c0345705_17383699.jpg

日本地図(1602年、初版1595年)『遥かなるルネサンス』図録より
the first map of Japan in the Atlas, 1602 edition (1595, the first edition)

ミゲル「ああ、不死の神が長い生命を与えてくれて、そういう(平和な)日本に住む幸福がわれわれにも与えられますように。日本の戦乱の火を消すには、それ以外にどうすることもできないのだから」(デ・サンデ『見聞録』より)(若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』より引用)


f0374041_08572502.jpg

平和」の蝋燭*アドベント第2主日(12月10日)
PEACE*Second Sunday of Advent(10 December)


地に平和ことしも祈る待降節いくさと地震(なゐ)とやむ日
知らねど

in terra PAX  
prego quest’ anno ancora
 
quando cessarano  
le guerre e terremoti
 
nel mondo ?


c0345705_13225439.jpg

おまけ*お地蔵さんのような修道僧の祠*ヴェネツィア(1999年)
Bonus*Monk statue like Jizo-Bosatsu in Japan (Venezia, 1999)

(つづく)
(To be continued)




もひとつ、おまけ*ノーベル賞晩餐会で「ヘイワ(平和)」を語るカズオ・イシグロ氏
(日本語のNHKニュース▶)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171211/k10011254031000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
Bonus 2 * Kazuo Ishiguro’ s speech on
PEACE on December 11.

(All Rights Reserved)




[PR]
2017年、ジパングを巡った展覧会
c0345705_15545869.jpg
東京展は12月3日までhttp://www.fujibi.or.jp/harukanaru/

 「あの美魔女と踊ったのは、この少年」ですって!ずいぶんなキャッチコピーですこと。そう、あたくしがビアンカ・カペッロ(1548-87)。16世紀のフィレンツェでは知らぬ者のなかった、スキャンダラスなセレブ…
 トスカーナ大公、フランチェスコ1世の妻だったあたくしは、はるばる東方からやって来た少年公子らをもてなし、正使のドン・マンショ(1570-1612)の腕をとって踊ったの。3月の夜のピサはまだ肌寒かったけれど、彼の頬は燃えるように赤かった―。

Here is the boy who danced with that beautiful witch.” …what an advertising slogan! Yes, io sono Bianca Capello1548-87, a scandal-tainted 16-century Italian celebrity! (★) In our ball, I took an arm of Mancio ITO(1570-1612), one of the senior envoys of the Tensho Youth Mission to Europe, and danced. Although it was still chilly in Pisa at night, his cheeks were burning red.


c0345705_10143053.jpg
「ビアンカ・カペッロの肖像」(1578年)『遥かなるルネサンス』図録より(以下同)
Portrait of Bianca Capello(1578) (museum catalogue) https://en.wikipedia.org/wiki/Bianca_Cappello


ジパングの男たちは21世紀でもダンスが苦手だとか。ましてや彼はダンスを稽古したこともない、東方の十代の少年。床に足裏をすりつけるように歩を進めるんですもの、驚いたわ。あたくしは彼の耳元でささやいた。
「足を引きずらないで、音楽に合わせて、ほら、このように、ステップを踏んで…」
「おそれいります。わたくしどもの国では ”すり足”で舞いますゆえ…」
「まあ、真逆(まぎゃく)なのね!」
 けれど、彼は顔色一つ変えず、すぐにこちらの動きに合わせて右へ、左へ…。堂々たる紳士!もっとも、あたくしの豊かなバストを前に、目のやり場に困っていたようだけど…うぶな小公子!ふふっ。まだ華奢な肩に故郷を背負って、海を越えてきたのねえ。2年半もの月日をかけて、命を懸けて…
 

 They say that most Japanese people are not good at dancing even in the 21th century. He was a teenager who had never practiced dancing. He shuffled his feet when dancing! I whispered in his ear.

“Please do not drag the feet, step like this to the music.”

“Pardon, Madam. We always shuffle in a Noh dance.”

“Oh, totally opposite!”

 But this poker‐faced dancer soon learned to follow me. A dignified gentleman! And yet he seemed to be embarrassed with my full bosom. A naive little lord! This boy with delicate shoulders has crossed the Pacific for two and half years…one small island country on his shoulders, and at the risk of his life in tempests !



c0345705_17032649.jpg

ヴェネツィアの思い出(1999年)* souvenirs of Venice


 あたくしも、早く大人になったわ。ヴェネツィア貴族の娘で、15の年にフィレンツェ人の銀行支店員と駆け落ちしたの。フィレンツェの町で隠れ住んでいた私を見そめたのが、支配者、フランチェスコ1世だった。しがない銀行員の隠し妻から、トスカーナ大公の愛人へ…。スキャンダラスなメロドラマに町中が、いいえ、北イタリア中が湧きかえった。色々あったけれど、互いの夫と妻が他界し、二人はおよそ十年かけてゴールインしたの。
 わが肖像の首飾りをご覧あそばせ。真珠はあたくしのお気に入り。こんな長い首飾りは大公妃でもなければ着けられなかったの。19世紀末にミキモト真珠の養殖が成功するまではね!でも、富なんてはかないもの。跡継ぎ息子が生まれなければ、夫に何かあった時、あっという間に蹴落とされてしまう。

I also became an adult hurringly. I am blue blooded in Venice, eloped with a bank clerk at the age of fifteen to Firenze, where I was found and loved by Francesco I de' Medici. From a bank clerk’s hidden wife to a lover of Grand Duke of Tuscanythis scandal ran through the northern Italy. We married after the death of his wife and of my husband over ten-odd years.

Look, my pearl necklace! The pearl is my favorite. Such a long necklace was avalable for only the rich, before the arrival of the Mikimoto cultured pearl at the end of 19 century! But the wealth is short-lived. If I cannot have my child, I will go to ruin in case anything should happen to my Francesco.

c0345705_15573730.jpg


 夫のフランチェスコはオタクだった。実験室や工房にこもって、錬金術や薬物研究三昧…フィレンツェで貴石象嵌細工がさかんになったのには、彼も一役買っているわ。この貴石モザイクのテーブル、見事でしょう?これはマンショたちも寄港した、リヴォルノの港を表しているの。

彼はパラッツィオ・ヴェッキオの書斎(ストゥディオーロ)を飾り立て、芸術品や珍しい宝物を並べ立てた。ウフィツィ美術館の原形は、彼の書斎なのよ。それに、噴水や水からくりでいっぱいのプラトリーノの庭…フランスの哲人モンテーニュも目をまるくしたわ。でも、ここの別荘に夫が閉じこもるようになると、大公が実験室でこしらえた毒薬を、魔女のビアンカが使っている、と噂されたことも!失礼ね‼でも、世間なんてこんなもの。自分の見たいように、面白おかしくしか物事を見ないのよ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Studiolo_of_Francesco_I
 My husband Francesco I
1541-1587was OTAKU, who would shut himself in his laboratory and workshop, being absorbed in the alchemy and pharmacy. The famous precious stone picture in Firenze became prosperous partially thanks to his study. For example, this fantastic talbe represents the harbor of Livorno, which Mancio’s ship also called at…(above fig.)
 My husband decorated his studiolo and exhibited his and his family’s collection. Uffizi’s prototype is this studiolo! The Park of Pratolino surprised even Michel Montaigne (1533-1592). But when my husband began to cloister himself in Villa di Pratolino, a rumor was spread that Grand Duke produced the poisons and his witch-wife Bianca used themHow rude!!!! But such is the worldFere libenter homines id quod volunt credunt. (In most cases men willingly believe what they wish. Caesar, wikisource)


c0345705_16001208.jpg

 ごめんあそばせ、ドン・マンショに話を戻しましょう。彼は、そう、一言で言って、超真面目…感情をあまり顔に出さないし、口数は少ないし。ダンスの後で、葡萄酒の入った杯を手渡しながら、何気なく尋ねたの。

「こんな遠い異国へわが子を送り出して、お母様はさぞご心配なことでしょう」

すると彼は、外した帽子を手にもったまま、切れ長の目を伏せ、静かに答えた。

「わたくしは母のことも、父のこともよく知りませぬゆえ…」

 それまで端然としていた彼のポルトガル語に、初めて生の感情がにじんだ。そういえば、彼らはラテン語もできるのだとか!でも、それよりあたくしを驚かせたのは、黒い瞳に宿る真摯な光だった。迷いも曇りもない眼差し。目の前の女の醜聞など知らず、知ろうともしない清潔な眼差し。
 あたくしのなかで、何かが目覚める気配がした。海の彼方の小島から波濤を越えてやって来た、二十年下の少年…あたくしはその時、望んでも得られなかった、りりしい跡継ぎ息子の幻を、彼に重ねたのかもしれない。

Scusi, let’s return to the story of Don Mancio. He was earnest, a little serious, a person of few words, and rarely showed his emotions. After dancing, handing a grass of cold drink, I asked him.

“Your mother should be concerned about you as you are now in such a far country.”

He answered quietly with a hat in his hand, with lowered slit eyes.

“I do not know well my mother, my father

His perfect Portuguese became emotional for the first time. They said that these boys could speak in Latin also. But what surprised me was the sincere light in his black eyes. The look without doubt, without impurity. The look that does not know, won’t know about the scandal of the woman in front of him.

Something awoke in my heart. A boy who is twenty years younger than me, who had overcome various hardships before and during the trip I might have projeted the image of my unborn, gallant son on that boy.



c0345705_16480366.jpg
「ビアンカ・カペッロの肖像」(1578-87年頃)『遥かなるルネサンス』図録*portrait of Bianca Capello(c.1578-87)

 
p.s.のマンショの絵、ティントレット工房で肖像画を得意とするドメニコ・ティントレットが描いたんですって。あの工房はヴェネツィアでも一流ですもの、巧いものだけれど…私の見たマンショは、こんなに色黒じゃなかった。航海中に日焼けしたと言ってはいたけれど。それに、もっとあどけなさが残っていたわ。きりっと結んだ唇が何かの弾みにふと、心細げに震えたりして… 
 手練れの肖像画家は、目の前の東洋人をありのままに描いたのではなく、あえて何かのイメージと重ねて描いたのではないかしら…元ヴェネツィアっ子の勘よ。この先は、深読みっぺのsnowdropがクリスマスまでに語ってくれることを希望して…。(つづく)


p.s.This portrait of Mancio is painted by Domenico Tintoretto, a good portrait painter in the workshop of famous Jacopo Comin in Venice. But Mancio was not so black like this, even after the long voyage in the sun. And he looked younger and more innocent for me. I remember his soft lips sometimes trembled like a child' s ones.

  I wonder if the painter expressed not his real figure but another personage’s imageJust a veneziese’s intuition!I HOPE snowdrop will tell you about this matter until Christmas…
(To be continued)


c0345705_11410924.jpg

「伊東マンショの肖像」(1585年)『遥かなるルネサンス』図録 * portrait of Mancio ITO1585


展覧会図録以外の参考文献*

小佐野重利『《伊藤マンショの肖像》の謎に迫る―1585年のヴェネツィア』(三元社)

森田義之『メディチ家』(講談社)

若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ―天正少年使節と世界帝国』(集英社)


c0345705_16125550.jpg
港町、神戸の博物館のステンドグラス(左)、少年使節の映像(右)
stained glass in Kobe City Museum, the video of Tensho Youth Mission to Europe


今年は12月3日から待降節(アドベント)です。天正遣欧使節の4人の少年に寄せて、4人の天使のアドベントキャンドルを点してゆきましょう。飾りつけもだんだん賑やかに…。写真と歌は2016年のものです。

Four Advent candles (2016) for four boys of the Tensho Youth Mission to Europe!


f0374041_09474639.jpg
希望」の蝋燭*アドベント第1主日(12月3日)
HOPE*First Sunday of Advent(3 December)


希望(エスポワール)といふ言の葉はため息のやうに

ふはりと心を包む

la prononciation 
du mot ESPOIR
 
comme un soupir,  
elle envelope  
mon âme doucement



c0345705_13220272.jpg

おまけ*ヴェネツィアの旅から(1999年12月)*Bonus*Venezia, Advent in 1999

(All Rightgs Rereserved)




[PR]
「durer praying hands wiki」の画像検索結果


デューラー「祈る手」*Betende HändePraying HandsAlbrecht Dürer(wikipedia)



 式子も男の手を見つめていた。いつもは己の傷ついた手ばかり見ていたが、その日は時間をかけた見立てだったので、彼の手にも注意を引かれたのだ。

― この人の手はなんと繊細なのであろう。女の命婦でも、もっといかつい手をしている。わたくしのように小さく愛らしい手をした者はいないと命婦は言ってくれるけど…わたくしの右手をとる彼の右手は、まるでわたくしの左手のようだ。わたくしの手よりひと回り大きいだけで、すうっと伸びた指は、わたくしのより長いけれど、同じくらい細い。なんと貴(あて)なる手!医師(くすし)の小刀や書巻しか執ったことのない手。鄙住まいゆえ、浅黒く日に灼けてはいるけれど…

式子の頭にひらめくものがあった。

「そなた、ただの鄙の医師(くすし)ではありませんね」
「いきなり何をおっしゃいます」
「そなたほどの医師なら、御典医はおろか典薬頭にまでも昇りつめうるはず」
「望んだこともありません」
「いつか聞いたことがあります。洛北には野に下った若き元御典医がいて、宋よりの船を通じ密かに医書を取り寄せ、新しい医術で民を癒していると。天平の行基菩薩の生まれ変わりだと人々が崇めていると」
「お人違いにございます」
「では、名を名乗りなさい」
「ご容赦を」
 その刹那、式子の目から珠を連ねたようにはらはらと涙が零れた。
「興奮なさるとお体に障ります。お願いですからお休みになってください」

式子は床に伏しながら、なおも涙を流した。
― 容赦…わたくしにそなたの何を許せというのか。わたくしはそんなに、そなたを困らせてしまったのか ―
しかし皇女は、思いを口に出すことにも、涙をみずからの手で拭うことにも慣れてはいなかった。

男は、水晶の数珠を思わせる皇女の涙から目をそらしながら、眠り薬を取り出し、それを己の指から彼女の指へそっと滑りこませた。


c0345705_14182776.jpg

「眠れる森の美女」* Sleeping Beauty (NHK Educational Television)



She also was observing his hands. While she had always paid attention to her wounded hand only during the brief medical examinations, that night she had enough time to look at his hands.

― How delicate his hands are! Even Myoubu, a court lady, has more rugged hands. She sometimes says that no one has such small and lovely hands like mines… His right hand taking mine looks like my left one. Though a size larger, whose fingers are as thin as mines. What a noble hand! The hand that has taken only a surgical knife, scrolls, and books. Though dark-colored because of the rural sunlight…
 An idea crossed her mind.

“ You are not a mere country doctor.”
“ What are you saying abruptly? ”
“ An excellent doctor like you would have gone to the top such as a court doctor, even the head doctor.”
“ I have never hoped for that.”
“ I have heard there is a young ex-court doctor in the north of the capital who left the government service and has got the medical books through trading ships from Song Dynasty China to heal the people. He is worshipped as the reincarnation of Gyoki (行基) Bosatsu in the Tempyo period.”
“ That’s not me.”
“ Then, tell me your name! ”
“ I’m sorry, I can’t.”
 At the moment, beads-like teardrops fell down her cheeks.
“ You are too excited, please make calm so that your fever does not rise.”

She was still shedding tears in bed.

― I made him say sorry, my questions troubled him…

But the princess was not used to expressing herself and wiping her own tears with her own hands. 
 He turned his eyes away from her crystal-rosary-like tears and handed a sleeping drug from his fingers to hers gently.


c0345705_11062452.jpg



祈ることをいまだ知らざる
さんの手から飛びたつ
の竹とんぼ


(Bamboo-dragonfly-like seeds take the air from fresh maple leaves like palms of the baby who does not know how to pray.)


c0345705_20502944.jpg
「竹虎」の画像検索結果

楓(かえで)の実(2017年5月、三室戸寺)* maple seeds in May, 2017
bamboo dragonfly*Japanese (Chinese) toy(google search)



「ほととぎす」は次回より「ももさへづり*やまと編」へ移り、土曜連載とします。第12回は12月2日()です。http://ramages3.exblog.jp/


(To be continued to next Saturday, at another bloguehttp://ramages3.exblog.jp/


(All Rights Reserved)




[PR]
「eugene onegin liv tyler」の画像検索結果

文(ふみ)を綴る女(エフゲニー・オネーギン*Onegin)(google s.) https://www.youtube.com/watch?v=ekT8QMAUz-I
The women write and write both in the East and the West...

c0345705_09425585.jpg
筆をもつ女(「浮舟冊子」13世紀、大和文華館所蔵)『古今和歌集 梁塵秘抄』朝日新聞社
lady holding a brush(pen) in the Heian period (Ukifune Book, 13c.)


 式子は焦れていた。紙と筆が欲しくてならない。回復し始めてほどなく式子はそれを訴え、きっぱり却下されていた。

「なりませぬ!お身を起こして左手で文字を書けば、お体に障ります。せっかく食い止めている毒が広がったら、どうなさいます。書き物は無理です!」

しかし、こうして緩やかに回復し始めると、目に映るもの耳にするもの、これまでに体験したこと全てがゆかしく、断片的な走り書きだけでもしておきたい。考えあぐねた式子は命婦に頼んだ。医師(くすし)に尋ねるべきことを記しておきたいからと。
 彼女は数葉のみちのく紙の一枚目に体のことを記し、自由な思いつきは二枚目以降に綴った。もとより左手であるから、自らも判読しがたい覚え書きである。それでも式子は、頭のなかに湧き返る想念の出口を得て、ほっと一息ついた。そして、「なりませぬ!」という直截な響きをなつかしみ、早めに筆を置くのであった。

男は枕もとの紙をちらりと見たが、何も言わなかった。この世に、これほど紙と筆に執着する女人がいるとは思ってもみなかった。口数は少ないが、言葉を返すよりも深いところで思慮をめぐらせている。一見なよやかだが芯が強い。しかも、童のようなみずみずしい好奇心に満ちている。男は、だが、自らも好奇心あふれる瞳で治療に当たっていることに気づいていない。(つづく)


c0345705_07235885.jpg
『王朝かな書道史』芸術新聞社 


あてもなく綴りし文を運びかね空啼きわたる山ほととぎす
  snowdrop

(Not knowing where to carry the letter written aimlessly, a lesser cuckoo creaks across the sky.)

c0345705_10442446.jpg
「北斎―富士を超えて」図録*Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai


Shikishi was irritated. She desperately needed pen and paper. She had already requested them to the man on the first day of her recovery and been rejected.
“No, you cannot. Even if you write with your left hand, it is bad for your body. It is impossible for you to write something now.”
 Now that she has gradually been recovered, everything she was experiencing was so interesting that she wanted to write them down even partially, even in scribbled notes. Being at a loss, she asked Myobu (court lady), on the pretext of noting the questions on her body.
 She got several papers. She wrote the questions on the first sheet, and what she thought on the second and succeeding sheets. They were unreadable memoranda with her left hand. But she felt relieved that she got an outlet for various ideas filling her head. And remembering his straightforward voice, “No, you cannot.”, she laid down her pen as early as possible.
  He glanced at the papers beside her pillow but said nothing. He had never imagined that the woman exists who clings to writing so much. She was a person of few words but of much thoughts in her depth. She looked feeble but was mentally strong. And she was full of curiosity like a child. The man did not know that he himself was full of fresh curiosity.

(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)






[PR]

「上村淳之 時鳥」の画像検索結果

c0345705_18285888.jpg
















上村松園の孫、淳之による「杜鵑(ホトトギス)」(google search)
Lesser Cuckoo (hototogisu) by UEMURA Atsuhi, Shoen's grandson 
杜鵑草(ホトトギス) * 大徳寺(2016年)* toad lily (hototogisu)


 六日が過ぎ、七日が過ぎ、腕の腫れは肩から肘にかけてゆっくりと引いていった。それでも、杜鵑草(ほととぎす)の花弁の模様めいた痣の塊はまだ腕のそこここに広がっている。いつものように控えめに、風のように速やかに触診する男の手がふと二の腕で止まった。

「くびれが戻ってまいりましたね」 

「……」

 式子は首を傾げた。自分ではよく分からなかったのだ。そもそも、そんなところにくびれがあることすら意識したことが無かった。その日はそれから女官に体を拭いてもらい、翌朝、ふたたび訪れた男に皇女は問うた。

「くびれとは、ここにあるものですか」

衣の上から指し示す白い左手指を見ながら、男は頷いた。


c0345705_09481083.jpg


北斎「杜鵑花 (ホトトギス)・子規 (ホトトギス)」(「北斎―富士を超えて」図録)
ツツジも杜鵑と綴られることがあります。「ホトトギス」の共通点は斑点です。
Azalea (hototogisu) and Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai, British Museum
These three kinds of hototogisu have the spotted patern in common.

c0345705_22210833.jpg
(5月撮影)


 Six days have passed, seven days have passed, the swelling began to go down slowly. And yet toad-lily-like bruises still covered the whole arm. The man’s palpating hands, which always moved reservedly and swiftly like a wind, have stopped on her upper arm.

“ The curve has come back.”

……?

 She inclined her head. She had never been conscious of the curves on that body region. After his leaving, she made her court lady wipe her body and asked him the next morning.

“ The curve you mentioned yesterday exists here? ”

 Looking at her white finger pointing at the upper arm from on her white robe, he nodded.


c0345705_10475577.jpg


















「北斎―富士を超えて」図録*
Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai


朝昧爽(あさまだき)ほのかに鳴きしほととぎす

けふのひとひの予感のやうに
snowdrop 

À l’ aube un petit coucou chanta vaguement
comme un présage du jour...


「上村淳之 時鳥」の画像検索結果

この連載は日祝日に更新します。前回は3日文化の日)、次回は12日)です。
(To be continued to next Sunday)


「マンレイ ヴァイオリン pinterest」の画像検索結果
Le Violon d'Ingres Man Ray (pinterest)

p.s. Translation service by Excite Blog has finished. I wish my translation (English or French only) helps you enough in my three blogues.

(All Rights Reserved)





[PR]

a0332314_13384606.jpg

蜘蛛の巣が描かれた打掛*上村松園「焔」* Flame by UEMURA Shoen (detail) 
今日は文化の日。松園は女性として初めての文化勲章受章者です。
UEMURA Shoen is the first female recipient of the Order of Cultural Merit
(on Culture Day, November 3th, 1948)



 幸いなことに、蜘蛛の毒は右肩で止まり、内腑には到らずに済みそうであった。男は式子にできる限り水を飲ませ、体内の毒を排出させた。女官たちが付きっ切りでその世話に当たった。男は彼女らに命じて尿(ゆまり)を甕に溜め、色と量を毎日測った。その量が多ければ、また、稲穂の金色であれば、最悪の事態は避けられる。尿(ゆまり)は皇女の命の緒であった。
 男は日に二、三度、数分ずつ訪れるだけになった。知らず知らずのうちに式子は、その時間を待っている自分に気づいた。

 わたくしは、物語のなかの女のようだ。男が通ってくるのを待ちわびる女のようだ。わたくしの耳は、沢山の足音の中からあの人の俊敏な足音を聞き分けている。あの人が来たら伝えようと、体の様子を自ら吟味しているのに、いざ来られると、言葉が出て来ない。けれどもあの人は、わたくしの傷口を清め、腕にそっと触れ、顔や体が黄を帯びていないか、むくみがないか確かめるだけで、すべて了解したように去ってゆく…そして、眠くなるような安心感がわたくしを包む。

時に、あの人は好奇心あふれる少年のように目を輝かせる。「ほう、五日目にはこんな色になるのですね、なるほど…」
 わたくしの腕は日を追って、灰青色に、紫に、緑に、黄に色を変えた。表に傷はなくとも、体内に血がにじんでいるのだという。
「大がかりな打ち身とでも思ってください。打ち身じたいは、下々にはよくあることです」

 わたくしは何も心配しない。この人に委ねておけば大丈夫だと感じる。そして、自分の体が彼の役に立っていると思うと、なんだか嬉しい。これまでは、自分に肉体があることさえ意識せずに生きてきたのに。五つの歳から十一年、斎院としてすべてを神に捧げてきたのに。そう、まるで人形(ひとがた)のように…
 わたくしは堕落したのであろうか。堕落だとすれば、しかし、堕落とはなんと優しく、あたたかいものであろう。まるで胸のうちを東風(こち)が吹き抜けてゆくようだ。両手(もろて)でこの世をそっと抱きかかえている心地がする。―


c0345705_05345800.jpg

十二単をまとった雛人形
* Hina doll dressed in Heian robe (2015)



堕つるとは人のこころに帰ること ししむら熱きひとの心に  

snowdrop  ししむら


この連載は日祝日に更新します。次回は11月5日(日)です。


c0345705_10250961.jpg


Fortunately, the spider’s poison stopped at the right shoulder and did not reach the internal organs. The man made the princess drink water as much as she could in order to help eject the poison from the body. The court ladies took care of her excretory needs. The man requested them to collect urine and checked the colour and volume. If the urine was much and gold like the ear of rice, she was safe. The urine was her thread of life.

The man visited her several times a day. Shikishi noticed herself waiting for his visits.

― I am like a heroine in the story where she waits for her lover. My ears identify his footsteps among various ones. Though I always enumerate the symptoms so as to report him, I can speak nothing in front of him. He cleans my wounds, touches my arm, checks whether or not my face and white of my eyes turn yellow, and examines the swelling of every part of my body. And then he nods and leaves me again. After the rendez vous médical, a sense of safety envelops me like a warm hug.

Sometimes his eyes shine like a curious boy’s.

Hmmthe patient’s limb changes colour like this, I see…”

My arm turned blue, purple, green, yellow,etc. as the days go by. According to him, there was no wound except the middle finger’s but the the arm’s vessels are bleeding internally.

The internal breeding itself is common for the people. Yours is a larger scale one.

I worry about nothing. I understand that I only have to entrust myself to him. I am even content that my body is useful for him. I have lived without being conscious of my body. I have devoted myself to deities since I was five years old, for more than ten years, like a Hito-gata (sacrifice doll).   
 Have I become corrupted ? If so, how warm and humane the corruption is ! I feel as if I was hugging the whole world softly and tenderly.


c0345705_09234053.jpg


ひとがた
(城南宮、2016年)* Hito-gata (human shape)



Corrupting is returning to the human heart, to the heart inside my warm flesh.  snowdrop



To be continued to November 5th
All Rights Reserved








[PR]