タグ:Peinture (絵画) ( 160 ) タグの人気記事


「エミリ・ディキンソン」の画像検索結果「式子内親王」の画像検索結果google search


エミリと式子、国も時代も遠く離れた詩人と歌人が
うた合せをしたなら…(お題は「虫」)

Further in Summer than the Birds Emily Dickinson


Further in Summer than the Birds
Pathetic from the Grass
A minor Nation celebrates
It's unobtrusive Mass.

No Ordinance be seen
So gradual the Grace
A pensive Custom it becomes
Enlarging Loneliness.

Antiquest felt at Noon
When August is burning low
Arise this spectral Canticle
Repose to typify

Remit as yet no Grace
No Furrow on the Glow
Yet a Druidic Difference
Enhances Nature now

鳥たちよりもさらに夏遅く  エミリ・ディキンソン

鳥たちよりもさらに夏遅く
草むらのかげで悲しげに
ちっちゃな群れが挙行する
人目につかぬミサを。

(…)

八月が燃えつきようとする頃
真昼というのにたいそう古めかしく
この幽霊のような聖歌はわき上がり
寂滅を表象する

恩寵はまだ取り消されたわけではなく
輝きにはさしていない
(…)

(亀井俊介の訳から一部を引用)(『対訳 ディキンソン詩集』岩波文庫)



アマーストの秋(O.H.ヒッチコック)(wikipedia)
Autumnal Scenery, lithograph after Orra White Hitchcock


引用部分の最終行で「」と訳されたのは ”Furrow” という単語です。
訳注によれば、furrowとは「畝と畝の間の溝」という意味だとか。
畝の影を光と対照させる感性は型にとらわれず、こまやかです。
この畝にひそんでいるのは、ちっちゃな群れをなすこおろぎです。

"Furrow" means the shadow contrasted with the Glow.
In these furrows live and sing a minor Nation, the cricket.



cricket and
pine cricket




跡もなき庭の浅茅にむすぼほれ露の底なる松虫のこゑ 式子内親王

entangled
in the cogon grass leaves
in the garden without tracks,
in the bottom of the dews
a pine cricket's cry

(Princess Shikishi, tr. by snowdrop)

人の足跡もない庭に茂る浅茅の露の底から
ほろほろとたちのぼる松虫の声…
まつむしはすでに誰をまつことも諦めたかのよう。
詩よりずっと短い和歌の半ばを草の描写が占め
ただか細い声が聞こえてくるばかり。

"Matsumushi (pine cricket)" implies "matsu (wait) ".
While Emily simply depicts "from grass",
Shikishi "entangled in the cogon grass leaves".
The latter's grass encloses the insect.




式子内親王が蜘蛛に咬まれる歌物語を作ったことがあります。
(snowdropのフィクションです)

いっぽう、エミリにも蜘蛛をうたった詩があります。



The Spider holds a Silver Ball (蜘蛛が銀の玉をかかえている)
In unperceived Hands –(目には見えない手で – )
And dancing softly to Himself(そして、そっと一人踊りながら)
His Yarn of Pearl – unwinds – (…)(真珠の糸を繰り出す) (…)

(the first stanza of a poem by Emily Dickinson, tr. by snowdrop)


c0345705_10250961.jpg

(2017年撮影)


華厳経では、微塵のなかに世界がすべて含まれていると説きます。
毘盧遮那仏が帝釈天につくらせた宝網である因陀羅網においては、
「結び目にある珠玉が互いを映し合い、映った珠がまた映し合うという
無限の関係によって、華厳の無尽が説明される」のだとか。
宮沢賢治の「インドラの網」がこれに当たります。
英語では、これをパール・ネットワークと呼ぶそうです (2015年記)。

Avatamska sutra explains that a monado includes whole world.

Indra's net (the net made by Indra by orders of
Vairocana Buddha
to which Miyazawa Kenji refferred) has a multifaceted jewel at each vertex,
and each jewel is reflected in all of the other jewels.
This image shows the infinite world of
Avatamska sutra,
which is called “Pearl network” in English.



(2017年撮影)

 

c0345705_10524505.jpg




空高み真珠(まだま)のやうな白雪は見えぬ糸もて繰り出されくる

Heaven unwinds his yarn of pearl-snow (inspired by Emily)




c0345705_06434919.jpg

Trois Petits Flocons(left)*Neige par Nakatani Ukichiro(right)


(All Rights Reserved)







c0345705_11210063.jpg


この絵本の主人公は、隣人エミリ(・ディキンソン)を訪ねる少女です。
The heroine visits Emily(Dickinson), her mysterious neighbour.





エミリ・ディキンソン
の詩から生まれた旋律Melody)をどうぞ。歌詞も添えました


Nature -The Gentlest Mother (自然 - もっとも優しき母)  
Twelve poems of Emily Dickinson (エミリ・ディキンソンの12の詩)
music by Aaron Copland (1900-1990)(コープランド作曲)

Nature - the Gentlest Mother,(自然 - もっとも優しき母は)
Impatient of no Child - (どんな子にも忍耐強い -)
The feeblest - or the waywardest -(ひどくか弱い、-或いは強情な子でも –)
Her Admonition mild -(穏やかに諭して聞かせる -)
In Forest - and the Hill -(森で – 丘で -)
By Traveler - is heard -(旅人は聞くだろう -)
Restraining Rampant Squirrel -(勝手気ままなリスや -)
Or too impetuous Bird -(気の荒い鳥を躾けている声を -)
How fair Her Conversation -(なんてフェアなお話だろう -)
A Summer Afternoon(夏の昼下がりに)
Her Household - Her Assembly -(彼女の家で - 円居で -)
And when the Sun goes down -(日が沈むときに、聞こえる -)
Her Voice among the Aisles(教会の側廊で彼女の声は)
Incite the timid prayer(臆病な祈り手を励ます)
of the minutest Cricket -(ちっちゃなコオロギや -)
The most unworthy Flower -(とるに足りない花のような -)
When all the Children sleep -(子供たちが眠りにつくと -)
She turns as long away(明かりを灯しても大丈夫なくらい)
As will suffice to light (十分に遠く)
Her lamps -(自然は身を引いて-)
Then bending from the Sky -(空から身をかがめ -)
With infinite Affection -(限りない愛情と -)
And infiniter Care -(さらに限りない心配りをもって -)
Her Golden finger on her lip -(金の指を唇に当てる -)
Wills Silence - Everywhere ?(お静かに - どこもかしこも)
tr. by snowdrop


「emily dickinson herb」の画像検索結果

エミリの植物標本から睡蓮など (pinterest) * 他の頁はこちら 🍁
Emily Dickinson's Herbarium 🍁
haruchonnsさまから教わりました。)

エミリ・ディキンソン(1830 - 1886)という詩人がいます。
『風と共に去りぬ』の舞台ともなった南北戦争前後の時代、
マサチューセッツ州アマーストの自宅からほとんど出ることなく
1800を超える詩を綴りました。
音節足らずの行とダッシュ( – )の多い詩は、沈黙と余白を感じさせます。

Emily Elizabeth Dickinson is a poet who lived the time of Gone with the Wind.
She did not leave her house and garden to compose more than 800 poems.
Their lines often lack one syllable (8 minus 1) and include many dashes,
which are filled with pauses like her own Conversation – probably.




「emily dickinson book 初版」の画像検索結果「Monotropa uniflora」の画像検索結果


エミリは自然を愛し、庭で花を摘んで押し花にしました。
東洋の私たちにもなつかしい睡蓮の花も…

haruchonnsさまによれば、
彼女の詩集の表紙にあしらわれた青白い花は、日本にもある
「アキノギンリョウソウ(秋の銀竜草)」だそうです。
🍂

She loved Nature and picked flowers in her garden including the waterlily.
Accordin to haruchonns-san,
the front cover of her book of poems is Monotropa uniflora design.
🍂
She gave us the information on Emily Dickinson's Herbarium also. 🍁


「Emily Dickinson poem portrait」の画像検索結果「式子」の画像検索結果

(google search)

ギリシア文学者の沓掛良彦は
エミリと式子内親王に通じるものを見出しています。
式子は一昨年のsnowdropの歌物語の主人公でした。
斎院として、子供時代と青春の日々を賀茂の神に捧げ、
京へ帰った後は多くの時を邸内で過ごし、歌を詠みました。
エミリの詩のように彼女の歌も、静謐と情熱を感じさせます。

Kutsukake Yoshihiko, a scholar of Greek and Latin classics,
finds the similarity between Emily Dickinson and Princess Shikishi.
I agree him.
Her waka-poems are pure and passionate as well as Emily's poems.


c0345705_09425585.jpg

「浮舟冊子」13世紀 大和文華館所蔵『古今和歌集 梁塵秘抄』朝日新聞社


式子内親王(1149-1201)とほぼ同時代の女人。筆をもつ手がはっきり描かれています。
絵本のエミリも鉛筆を握っていますね。額絵の鹿が、彼女の詩の冒頭を思い出させます。
「手負いの鹿はもっとも高く跳びます」(エミリ・ディキンソン)



Emily
and Deer illustrated by Barbara Cooney(detail)
A Wounded Deer – leaps highest – (Emily's poem)

c0345705_15285303.jpg


映画もあるそうですが…見ようかどうか迷っています。



ついでにこれも…(イタリア詩人レオパルディの映画)




(All Rights Reserved)








c0345705_16533773.jpg


c0345705_10594693.jpg

















稲架(はさかけ)(奈良、2015年)* sheaves of rice



読書始めは仕事も兼ねて英語の論文を翻訳しています(12月~)。
「バベルの塔」でおなじみのブリューゲル(父)の「穀物の収穫」。
西洋でも稲棒(ぼっち)の形で小麦を乾かすんですね。

My first reading this year is translating into Japanese
an English essay of the anthropology (since December).
The Harvesters painted by Pieter Bruegel the Elder.
The sheaves are similar to those of the rice in Japan.



c0345705_09101646.jpg


「穀物の収穫」の実物を見たことはありませんが
おなじ「月暦図」シリーズのうち「乾草の収穫」は
1990年に来日しました(最初の図版右上の絵葉書*京都国立近代美術館)
現在ウィーン美術史美術館で展示中です(Nikkei Style*右下、部分)。

Thogh I have never seen the real one,
I have seen The Hay Making in MoMAK in 1990,
which is now exhibited in Natural History Museum, Vienna.


c0345705_15105236.jpg

(2018年12月撮影)

京都国立近代美術館の隣に、京都府立図書館があります。
絵を見て、本を読めば、半日くらいすぐ過ぎてしまいます。

Kyoto Prefectural Library and MoMAK are side by side.


c0345705_14172084.jpg


京都府立図書館の窓(2016年)windows of the library(Kyoto)

建物に記された旧称の文字もそれぞれに趣き深く。。。

「京都圖書館 (Kyoto Prefectural Library) 」in the seal script(篆書体)↑
「大阪図書館(Osaka Prefectural Nakanoshima Library)」(隷書体)↓


c0345705_14443387.jpg

中之島図書館の窓(2018年)*windows of the library(Osaka)


図書館の窓の灯を仰ぐと、今日は何を読もうかとテンションが上がります。
社会人になってからは、京都の図書館で調べ物をすることが多くなりました。

The lights in a library's windows enkindle my desire to read.


c0345705_14481111.jpg

京都の窓の灯(Kyoto)


大阪の図書館に立ち寄ったのは学生時代。
あのころの私が窓辺に佇んでいるのかもしれません。

I would go to the library in Osaka in my school days.
Is this the phantom of young-snowdrop?
Le Fantôme de la Bibliothèque !


c0345705_14492063.jpg

大阪の窓の灯(Osaka)


c0345705_14433278.jpg


桜木の紅葉筏(もみぢいかだ)をふりかへる人影はなく鳥影ひとつ

there is no people
seeing these rafts
of red leaves
of cherry trees
there is only one bird



c0345705_14554104.jpg

京都の図書館は岡崎疎水のそばにあります。
花筏ならぬ紅葉筏を浮かべた流れに逆らって
金黒羽白(キンクロハジロ*tufted duck)が泳いでいました。

Kyoto Prefectural Library is near Okazaki Canal.


c0345705_14510263.jpg

大阪の図書館は淀川のそばにあります。図書館の窓辺に鳩が…

Osaka Prefectural Nakanoshima Library is near Yodo River.

(All Rights Reserved)






あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
Happy New Year !
(今年もスローなsnowdropです…)

c0345705_14514862.jpg


大阪市中央公会堂(中之島)(2018年11月)



箱から取り出したのは、公会堂開館100年記念切手。
今年はどの切手で皆さまへお便りを出しましょうか…

Which commemorative stamps do you like for my articles to you?
(Osaka City Central Public Hall was established in 1918.)


c0345705_14485335.jpg



大阪市中央公会堂は昔からの思い出がつまった宝石箱です。
むかしの振袖の写真でも蔵出しして、春を寿ぎましょう。

Osaka City Central Public Hall is a jewel box
full of various memories from my school days.
↓Here is our photo at the graduation ceremony.


c0345705_14482063.jpg
c0345705_16290890.jpg



この薄紅色の振袖は袖を切って
葡萄(えび)色に染め返してもらいました。
振袖と訪問着、それぞれの端切れです。↑

My pink furisode was re-dyed dark purple
and its long sleeves were shortened
to be a semi-formal kimono for the adult.


c0345705_09140099.jpg















c0345705_05155416.jpg




























観世清和「羽衣 彩色伝」(日経新聞およびNHK-Eテレ新春能)
金雲たなびく茜色の空に羽ばたくのは鳳凰です。
(紅地鳳凰縫箔腰巻、白地藤花蝶文様長絹)(某ブロ友さんのご教示による)

phoenix and gold clouds in the red sky


c0345705_07241926.jpg



















鴎とぶ浪華の海の薔薇の波


rose waves
of the sea of Naniwa (wave flower)
above which a gull flies

c0345705_16410034.jpg


水都 大阪のステンドグラスに澪標(みおつくし)
stained glass with a design of a mark in a waterchanel
Osaka is a city of water.

帆船(南蛮船でしょうか?)
A ship from Portugal?

c0345705_07222356.jpg




おまけ 🐗 今年はカモメ年ではなく亥年ですから…
「南蛮図屏風」の猪をどうぞ。中央の黒い動物が猪です。

Bonus 🐗 This is the year of the boar(not of the gull).
Here is the one in Namban screens.
Do you recognize a black piglet in the middle?



c0345705_05325187.jpg

南蛮文化館蔵「南蛮屏風」(部分)『南蛮美術の光と影』より


恩師の旅を思ひて

フロイスが南蛮船より降り立ちし港にひびく風と鴎と


in the harbor
where Luís Fróis
disembarked
from a ship from Portugal
you hear seagulls and wind



坂本花織の「ピアノ・レッスン」からはカモメの声が…

Voice of seagulls in The Piano (1:57~2:00)





(All Rights Reserved)




c0345705_07075020.jpg



京都の寺町通のアドベント(待降節)。
ボタン屋「エクラン」さんの飾り窓もクリスマスしています☆彡

Advent on Teramachi Street in Kyoto!
Ecrin's show window is Christmassy!!


c0345705_07044622.jpg



お花屋さんのヒヤシンスが春を待ちかねています。
ヒヤシンス色のクリスマス・オーナメントが素敵。

The hyacinths in this flower shop wait for spring to come.
Hyacinth-colored Christmas ornaments are refined and chic.


c0345705_07064346.jpg


いかめしい町家造りのお酒屋さんも…

This traditional trademan's house…

c0345705_07033546.jpg



今年のボジョレにサンタ帽をかぶらせて、やる気まんまん!
帽子といえば、「冬支度」の記事に歌をちょい足ししたんです。

…sells Beaujolais nouveau with Santa Claus hats !
Speaking of the hat,
snowdrop added tanka on a hat in an article
"Carte de Noël de Suède".


a0332314_07144322.jpg




















snowdropもやがてこの祖母の歳…昭和の女は老けづくり!
my grandmother around the same age as snowdrop !



「シャッポンをかぶって行きや」母の母が 母へかけたる声し思ほゆ
             ”            声し遠しも
              ”            はるかなる声

Porte ton chappon (chapeau) !
la mère de ma mère
disait à ma mère
dans son enfance
il y a longtemps


a0332314_07145415.jpg


天使幼稚園の帽子と庭のバラ*hat of Angel Kindergarten



ひっそり数日遅れで追記した小さな歌に目をとめて
小津夜景さんがブログで引用してくださいました。
迷ったまんま載せた3つのヴァリエーションを
「3つの梨」にたとえてくださって…→ 🍎🍎🍎 
とても光栄です。ありがとうございます。

A haiku-poet Yakei Ozu found
these tanka additionally written several days later,
which quoted in her blog.
She compares three variations to three pears!→ 🍎🍎🍎


サティ「梨の形をした3つの小品」🍎🍎🍎




梨ではなく青林檎ですが…岸田劉生の静物画を思い出しました。

three apples painted by Kishida Ryusei(google search)


「湯呑と茶碗 劉生 」の画像検索結果



小津さんからうれしいお知らせを頂いたまさにその日、
帰宅したら、フィンランドの友からクリスマス・カードと
友の住む村のオリジナル・カレンダーとが届いていました。
友とその家族の幸せな一年を知らせる
よき便りです。

On the very day that I received her notification (the first news),
my friend's Christmas card and calendar were
delivered to my house from Finland this year also.
They had traveled in Sweden this winter,
so that this is Carte de Noël de Suède (
the second news) !



c0345705_10185333.jpg


クリスマスの一週前のよき便り福音といふ言の葉どおり

「たより(便り)」と「たよる(頼る)」は
つながりのある言葉です(『古典基礎語辞典』)


good news
have arrived at the house
one week before Christmas
they seemed to me

GOSPELS : wonderful news


c0345705_17494537.jpg
「常に自分自身であれ(Always be yourself !)」


フィンランドといえば、ムーミン、サンタ、ノキア、マリメッコ!
マリメッコの社長さんは、カードの子供たちのママの1人(友)に
どこか似ています…(NIKKEI STYLE)

Finland is a country of Moomin, Nokia, and Marimekko!
She resembles my friend, one of the mothers of the above children…


c0345705_07053005.jpg

↑Mr. Homma will appear on TV on Christmas day (the third news).


もうひとつ、クリスマスうれしいお知らせが…
ボタン屋「エクラン」さんがTVに映るそうです。

12月25日 午前9:50 関西TV「ヨーイドン:人間国宝」

↑ご主人(本間さん)もご出演なさるとか。楽しみにしています!

(All Rights Reserved)

お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!




10月27日から11月9日は読書週間です。(7月撮影)
Reading Week*October 27th - November 9th

c0345705_20455346.jpg




人生の栞は出逢ひ、別れ、旅、心に刻むやうに詠む歌


le signet de la vie

c ’est la rencontre, la séparation,

le voyage, et

tanka poème que je compose

pour graver dans ma mémoire




c0345705_21424240.jpg



モンゴルの栞には、宵待草の切手と草花の押し花が挟まれています(右上)。
それを真似てこさえたのが、五月の楓と銀杏の押し葉の栞。
その左隣には琵琶湖の栞、さらに隣にはエジプトのパピルスの栞、
室生寺の散華、フィレンツェの紙工房の栞…
展覧会のチケットも裏打ちして、リボンを通して、栞にしていましたっけ。

Like a Mongolian bookmark with a stamp and pressed flower,
snowdrop made several bookmarks with pressed leaves.
The bookmark of Lake Biwa, that of papyrus,
that of marble paper, that in the shape of a lotus petal,
one of the exhibition tickets lined and threaded with ribbon.



c0345705_10053531.jpg

(2011年)


本を読むときは、伴侶となる栞(しおり)を選ぶのも楽しみの一つです。
栞の歴史を、新聞の記事をたよりに繙(ひもと)いてみると…西洋では
修道僧が聖書のみ言葉に直接触れないよう、聖衣の一部を頁に挟んだのが始まりでした。
印刷本が普及すると、仮綴じの本を開くペーパーナイフが栞代わりになりましたが、
錆びると紙を傷めてしまうので、シルクリボンの栞が使われるようになりました。
やがて本の紙が薄くなると、高価な絹に代わって厚紙の栞が普及しました。

The bookmark was originally a part of monks' clothes
in order not to touch the sacred words of the Bible.
When the printed books spread,
the paper knife was used as the bookmark,
whose rust damaged the paper and the silk ribbon replaced it.
Then the expensive silk one was replaced by the thick paper one
as the paper of book became thinner.



c0345705_09372461.jpg


表装の余り布でつくられた栞(2015年)


日本では、『枕草子』に出てくる「けふさん(夾算)」が初出だとか。
薄く削った竹や木を裂いて上部を糸で巻き結んだものだそうです。
江戸時代に仮名草紙などを楽しんだ人々は、こよりを栞としました。
朝顔の花や銀杏の葉を挟む人もいました。
草花は紙魚(しみ)を寄せ付けないと考えられたのです。

In Japan, the bookmark is referred by Sei Shonagon for the first time.
It is said to be the thin chips of bamboo or tree whose upper parts are bound with thread.
In the Edo period, those who enjoyed reading books used the paper string as the bookmark.
Some inserted the pressed flowers (e.g. morning glory) or ginkgo leaves.
They thought the grasses and flowers keep the bookworm off.


こより(google search)*paper string

「こより 和紙」の画像検索結果

c0345705_09432213.jpg

(2016年秋)


「しおり」という言葉を造ったのは、修学院離宮で知られる後水尾天皇でした。
水戸光圀が絹で包んだ紙を献上し、「本を読むのにどうぞ」と申し上げたところ、
帝は西行の歌を引いて、これを「枝折(
しおり)」と呼んだのだとか。

吉野山去年(こぞ)のしをりの道かへてまだ見ぬかたの花を尋ねむ 西行

しをり(枝折)」とは、道しるべに木の枝を折ることです。
本にしおりを挟むのは、本の奥へと延びてゆく道の半ばでしばし佇むことです。

The word "Shiori (bookmark)" was coined by Emperor Gomizunoo(1596-1680).
The paper covered with silk that Tokugawa Mitsukuni presented to the emperor was called "Shi-ori" based on a waka poem by Saigyo(1118-1190).
In Mt. Yoshino, Saigyo would break branches ("Shi-oru") as the landmarks for next year.
Slipping a bookmark between the pages is
standing still for a while on the way to the last part of the book.


c0345705_20495817.jpg


池大雅が秋雨の夜、西行の枝折の歌を思いながら描いた吉野山
Mount Yoshino that Ike no Taiga (1723-1776) painted
while remembering the waka poem on Shiori by Saigyo


 西行の枝折をふまえたと思しき、素敵な栞の短歌を最後にどうぞ。
 この歌に出てくる『山家集』とは、西行の歌集です。恋の歌は百首以上!
「すぐれし恋のうた」とは、どの歌でしょう…栞がないと分かりませんね!


Here is a tanka by Kawata Jun (1882-1966) based on Saigyo's waka.
Sanka-shu is Saigyo's private anthology including more than 100 love songs!
Which one is the one Kawata Jun chose ? We need his bookmark!


山家集に一首すぐれし恋のうた君に見せむと栞を挿む  川田 順

there is a wonderful love song in Sanka-shu, which
I wanted to show you and slipped a bookmark there
― Kawata Jun


「西行物語絵巻」の画像検索結果

「西行物語絵巻」(google search)
from Illustrated Scroll of the Story of Saigyo

栞の歴史については日本経済新聞の記事を参考にしました。
猪又義孝「世界のしおり形とりどり」(日経文化 7月24日)

c0345705_12281091.jpg



平安時代にたくさん造られた紺紙金字一切経、平安風の栞

Sutra in the Heian period and bookmark of Heian design

(All Rights Reserved)
















c0345705_10441016.jpg

60ème Anniversaire du Pacte d'amitié entre Paris et Kyoto



地下鉄を京都市役所前で降り三月書房へ向かふ長月

Descendons à la station de métro de Hôtel de ville de Kyoto
et allons à la librairie mars au mois de septembre!



c0345705_10473306.jpg



修復中の市役所の覆いに、二者二様の後ろ姿。

Chaque vue de dos est charmante !



c0345705_10501176.jpg






















イタリアのパドヴァで見たジォットの天使の背中を思い出す。
大阪の吹田で眺めた太陽の塔のうなじも…(2016年撮影)

Cela me rappelle le dos d' un ange par Girotto, en Padua
et la nuque de la Tour du Soleil par Okamoto Taro en Osaka.



c0345705_10534494.jpg


















太陽の塔は昭和のアルバムへ ”本当の「あお」”インスタ画面へ

The Tower of the Sun (1969)'s
photos had been put on albums
and "real blue(あお)"
three dimensional frames'
were put on Instagram



c0345705_14434668.jpg
















MoMAK(September)



脱線ついでに、三月書房へ行く前に見た東山魁夷展の写真も。
奈良の唐招提寺の障壁画が立看板に…!(京都での展示は終了)
東京での展示中に記事を書くかも
(10月24日-12月3日、国立新美術館)

Snowdrop a vu cet exhibition de peintures par Higashiyama Kaii
sur le chemin de rue Teramachi.


c0345705_11030602.jpg

















”あお (ao)” est un mot japonais exprimant le vert
et le bleu.



にほん語の「あお」は 蒼(あを)をも碧(みどり)をも ふふみて
人のおもひを染める



カラー補正してをらぬのになにとなく古色帯びたるヒマラヤの杉




c0345705_10431003.jpg


(京都市役所*Hôtel de ville de Kyoto, 2016)


パリからやって来たガス灯。上部はかつて共和国広場を照らしていたとか。

Cette réverbère à gaz est venu de Place de la République, Paris ?



c0345705_09181900.jpg


『星の王子さま』の点灯夫 ☆ l'allumeur de réverbères


岩波書店版(2000年)はオリジナル版(1943年)の繊細な色と線を蘇らせた。

en couleurs originals de l'édition 1943(Iwanami Shoten, Publishers. 2000)



c0345705_08334807.jpg



印刷といえば、芸艸堂は日本唯一の手木版和装本出版社。今日は赤い自転車がとめてある。

Unsodo (since 1891) is a specialist of Japanese woodblock printing. Il y a un vélo rouge aujourd'hui…


c0345705_08324452.jpg



寄り道しながらようやく着いた、三月書房。京都は自転車とバスの多い都。

Voici la librairie mars! Deux vélos ici aussi!!Il y a beaucoup de bus aussi...


c0345705_08363464.jpg


レーモン・クノー『文体練習』朝比奈弘治訳 ザジ(Zazie)色の栞?

L'autobus arrive
Un zazou à chapeau monte
Un heurt il y a
Plus tard devant Saint-Lazare
Il est question d'un
bouton

― Exercices De Style, Raymond Queneau
information d' Ozu Yakei. Merci beaucoup!


これは三月書房で求めた本、ではなくて
三月書房に通っていたフランスの俳人さんから教えて頂いた本。
(三月書房で見つけた本は姉妹ブログでご紹介します)

クノーは「地下鉄のザジ(Zazie dans le métro)」の原作者です。





クノーの『文体練習』はたった1つのエピソードを99+αもの文体で語り分けます。
必ず出てくるのがボタン。(たとえば俳句「バスに首さわぎてのちのぼたんかな」)
次回は「ボタンによる世界旅行」へ皆さまをご案内します。


To be continued to Tour du monde par Bouton


c0345705_08392528.jpg



色とりどりの雪 ⁂ snowdropが選んだボタン


色とりどりの紅葉お気に入り秋ショット2018!


c0345705_16405713.jpg















ローマのザジ?(シスターが経営する修道院の宿のsnowdrop)*Zazie en Rome?(1999)

(All Rights Reserved)
















c0345705_06435580.jpg

(2013年)



秋篠音楽堂でベートーヴェンの三つのピアノソナタを聴いたのは五年前、
季節は秋だったろうか。



秋篠の夜空に溶けし三曲のソナタに捧ぐ。三本の薔薇

à trois sonata de Beethoven
qui a fondu dans le ciel nocturne
d' Akishino
j' offris trois roses automnales
à
Valery Afanassiev


c0345705_14163816.jpg

(Moe 1992年8月号)


神無月の三連休は、台風一過の涼しさからほど遠い夏なみの暑さ!
snowdropは家でむかしの雑誌を繰っていて、砂漠の薔薇の頁を見つけた。
長野まゆみが雑誌 Moe に連載していた、石をめぐるファンタジー。
のちに『鉱石倶楽部』という本にまとめられた。


Trois jours fériés consécutifs après le typhon…
il fait chaud comme l' été!
Snowdrop a trouvé un article sur le jardin de rose d' été,
sur la rose des sables dans une revue Moe en 1992.
Cet article est publié comme une passage d'un livre en 1994, 2005.


c0345705_14170776.jpg



その本には、美しい石の写真の数々が加えられたけれど
早川司寿乃(はやかわ しずの)のイラストは収録されなかった。
如雨露を手にした有翼の少年と、小さなふたこぶラクダ。垣根の薔薇。
砂漠のオアシスに咲く薔薇は、『星の王子さま』のバラを連想させる。

Beaucoup de belles photos sont ajouté au livre, mais
cet illustration par Hayakawa Shizuno est disparue.
Un garçon ailé, un arrosoir en main. Un petit chameau charmant.
Des rose dans le désert me rappellent celle du Petit Prince.




c0345705_21022687.jpg














(2016年)



砂漠の薔薇(CaSO4・2H2O)は、じつはがないと生まれない。
湖が干上がるとき、水に含まれていたミネラル成分が結晶するという。



水あればこそ生れるとふ沙漠の薔薇 秘めし涙のしづくはいづこ

みずあればこそ あれるとう でざーと・ろーず 
ひめしなみだの しずくはいずこ


the desert rose
is born from minerals
in the water
of a lost lake in a desert
where are its hidden teardrops ?



c0345705_21335652.jpg

法隆寺の飛天(『奈良六大寺大観 法隆寺』)*hiten, Horyu-ji Temple, Japan



いっぽう、早川司寿乃のイラストの少年は
タクラマカン砂漠のミーラン遺跡から見つかった有翼天使をも想起させる。
有翼天使?天使が翼をもつのは当たり前なのに、と思われるかもしれない。
実は、むかし天使には翼が無かった。クピド(キューピッド)ら神話の神と区別するためだ。
しかも、シルクロードのど真ん中、中央アジアの仏教遺跡では
領巾(ひれ)というストールを翻して空を舞う飛天がポピュラーだった。
そこはまさに西洋と東洋が、天使と飛天が出会う場所だったのだ。

Le garçon ailé me rappelle un ange ailé à Miran
dans le désert du Taklamakan aussi.

Un ange ailé ? L' ange est toujour ailé, n' est-ce pas?
Mais il y avait plus de hiten que l' ange dans l' art bouddhist.
La route de la soie a été le lieu où l' ange et l' hiten rencontrent.



c0345705_14470911.jpg

「唐子 人形」の画像検索結果


『ドイツ・トゥルファン探検隊 西域美術展』図録(京都国立博物館、1991年)より

唐子(からこ)の前髪* Chinese child's traditional hair stylegoogle search


c0345705_16351828.jpg



















この楓の実も有翼 (カメラ内蔵の魚眼レンズ加工)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!



おまけ*Bonus(with English summary)



(All Rights Reserved)













Chopin ♪ Nocturne No.6 op.15-3

f0374041_11181739.jpg




風草に心づくのはいつも秋 なくした透かしの扇みつけた


c' est toujours l' automne
quand je trouve l'herbe du vent
j' ai trouvé
l' éventail que j' avais perdu
comme cette herbe élaborée



c0345705_19563678.jpg



野にゆるる透かし模様の檀扇は()をさしまねく風の草の穂


un éventail élaboré
secouant dans le vent,

c' est une herbe du vent

qui m' appelle
d' un geste de l' épi




c0345705_19570636.jpg




風草の写真をきれいに撮っていた友は旅に出た。
あれから僕は風草を撮るチャンスをつかまえた。
ずっとずっと待っていたチャンス。
なぜ、いまになって。
見すべき君はもう旅立ったのに。

Mon amie qui prit une belle photo de l' herbe du vent,
elle est partie.
J'ai saisi une occasion attendue de prendre cette herbe
après son départ.
Trop tard.


c0345705_21240526.jpg


金狗尾草(キンエノコロ)



シャッターを押した瞬間ひとつぶの白露ならぬ涙こぼれつ


J’ avais trop de départs et retrouvailles ces derniers temps...
je souris entre mes larmes…un peu épuisant…




c0345705_14470911.jpg

















『ドイツ・トゥルファン探検隊 西域美術展』図録(京都国立博物館、1991年)より


チャンスの神には前髪しかありませぬ中央亜細亜の天使のやうに

Kairos (Καιρός)
a une frange seulement
comme
un ange avec des ailes à Miran,
au sud du désert du Taklamakan



c0345705_20054196.jpg


神無月二日は聖守護天使の日 君の旅路をまもってあげて

October 2 is Guardien Angels Day.

「gardien angel」の画像検索結果

Franceschini, Marcantonio
The Guardian Angel
(wikimedia)

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!









むかしスケッチブックに『十力の金剛石』(宮澤賢治) の挿絵を描いたことを思い出しました。(1987年)

c0345705_17504809.jpg

Diamant de dix Pouvoirs
illustré par snowdrop(1987, signature et tanka 2018)


やまひ癒えまつさらさらのたましひに賢治のことば鮮やけく染む

corps et âme guéris et purifiés furent colorées
par des mots aux couleurs vives de Kenji

 

c0345705_09332472.jpg


「十力の金剛石」は露でした。myイラスト、どこか永田萌ふう?

snowdrop「宮澤賢治の世界」(1987年夏) * サインと短歌は2018年
Le Monde de Miyazawa Kenji par snowdrop (signature en 2018)


国語科の恩師から譲られた絵本『十力の金剛石』
un livre d' images donné par mon ancien professeur



c0345705_10595875.jpg


宮澤賢治『十力の金剛石』より

ほろびのほのほ湧きいでて つちと ひととを つつめども
こは やすらけき くににして ひかりのひとら みちみてり(…) 」

「(…)十力の金剛石は露ばかりではありませんでした
碧いそら、かがやく太陽、丘をかけて行く風、
花のそのかんばしい はなびら や しべ、草のしなやかなからだ、
すべてこれをのせ になふ丘や野原、
王子たちのびろうどの上着や涙にかがやく瞳、
すべてすべて十力の金剛石でした。
あの十力の大宝珠でした。あの十力の尊い舎利でした 」

引用の前半は讃美歌ふう後半は仏典ふうでしょうか。^^


c0345705_11062452.jpg

ロザリオと数珠 * rosaire et chapelet (2015)

リンドウ(銀河鉄道の夜)*Train de nuit dans la Voie lactéeanimation, 1985

c0345705_09362333.jpg


Diamant de dix Pouvoirs(traduction d' extraits par snowdrop)

Bien que des flammes soient nées et aient entouré la terre et les gens,
voici le pays de la paix où il y a beaucoup de gens de lumière(…)

Le diamant de dix Pouvoirs fut non seulement la rosée mais
le ciel bleu, le soleil brillant, le vent qui court sur les collines,

les pétales et étamines de fleurs, les herbes souples,
celles qui portent tous, les collines et campagnes,
leurs vestes de velours, leurs yeux brillant de larmes,
tous furent le diamant de dix pouvoirs,
cette gemme de dix pouvoirs, cette śarīra de dix pourvoirs.

la citation comme un hymne, comme un soutra


c0345705_09390320.jpg

(



白露おく青き花野にこだまして汽笛かなしも

君し送れば


à la saison
de la rosée blanche
dans le champ de fleurs automnales

un sifflet fut triste

parce que je t’ accompagnais


98日から秋分までは白露はくろ)、今日(20日)は彼岸の入りです。。。




「袖ふる ももさへづり 萬葉 装束 見送る 額田」の画像検索結果

()()()

(2010年)



天上のむらさき野ゆき花野ゆき()たれとながめん


永久(とは)黄昏(くわうこん)


je marche

dans le champ de fleurs mauves

dans les cieux

qui regarde avec moi

le crépuscule éternel ?




c0345705_12173694.jpg

賢治の愛した法華経(『王朝絵巻と装飾経』)
Sūtra du Lotus(Saddharma Puṇḍarīka Sūtra) que Kenji aimait
岩手で求めた栞(双子みたいな迦陵頻伽=かりょうびんが=浄土鳥)
mon signet*Kalaviṅkas jumelles ?


双子の星(snowdrop 絵、1987年)
Étoiles jumelles illustré par snowdrop

c0345705_17565729.jpg


おまけ ☆
彡「星めぐりの歌」♪(宮澤賢治作詞、林光作曲)
Bonus ☆彡 Song of Constallations de Étoiles Jumelles
(words by Miyazawa Kenji, music by Hayashi Hikaru






もひとつ、おまけ 🍎 賢治の作品には林檎がよく出てきます


夏りんご
すこしならべてつゝましく
まなこをつむる露店のわかもの
 『宮澤賢治全集第3巻』



🍎 9月21日は賢治の命日、スイスではリンゴの日だそうです 🍎
🍒 桜桃忌」ならぬ 苹果忌」?!🍎

Bonus 🍎🍎 Le Jour de Pomme (le 21 septembre, Suisse)
September 21 is the death anniversary of Miyazawa Kenji.



c0345705_07024457.jpg


(イラストは1987年、サインと写真は2018年)

(illustration in 1987, signature and photo in 2018)

(All Rights Reserved)