人気ブログランキング |

タグ:Peinture (絵画) ( 162 ) タグの人気記事

フェルメールの「取り持ち女」、初来日(大阪市立美術館の展示は5月12日まで)

c0345705_09441628.jpg


ちょいと!あたしのことをお忘れでないかね?3月8日はミモザの日、国際女性デーだってのに、この仕打ちはないだろう。あたしはフェルメールのやりて婆(ばばあ)。年は食っても女だよ!日本初公開のフェルメール作品だってのに、snowdropはあっさりスルー? 許せないね!
(snowdrop注*フェルメールの他の出品作については前回の記事へ)

Hey, you, snowdrop! Don' t ignore me ! Because March 8th is International Women's Day, you should remember me and give mimosa ! Though I am the procuress painted by Vermeer and have been exhibited in Japan for the first time, you have omitted me in the previous article ?! Unforgivable!!!


c0345705_09524186.jpg
フェルメール「取り持ち女」(1656年)The Procuress by Vermeer
主な絵画図版は『フェルメール』(同朋舎)を撮影

 「やりてばばあ」じゃあんまりだと思われたのかねえ、いつしか「取り持ち女」と呼ばれるようになった。まあ、客に娼婦を世話することに変わりはないがね。ほろ酔いの赤い頬の女を抱きすくめた赤い服の男が、彼女の右手に金貨を手渡している。つかのまのカップル成立、とにんまりしている黒衣の婆があたしさ。
 主役のあたしを黒子(くろご)みたいに陰に沈めるなんて、若いのに機知に富んだ画家だねえ。あたしの隣でグラス片手に笑っている男、案外フェルメールの自画像かもしれないよ。どうです、僕の絵、一枚いかが?なあんて声が聞こえてきそうだ。

 In the above painting, a man in red is handing a coin over a drunken prostitute with red cheeks. I am an old woman in black who is smiling complacently. The young painter was so smart that he dared to set me, the title role, in the darkness. Is this smiling man in black a self-portrait of Vermeer? This figure might say "Hey, would you like one of my paintings ? "


c0345705_09531643.jpg



















ファン・バビューレン「やりて婆」(出品されていません) 
The Procuress by D. van Baburen (c.1594-1624)



 もっとも、フェルメールはゼロからこの絵を描いたわけじゃあない。妻の母親が持っていたファン・バビューレンの「やりて婆」(上図)を手本にしたと言われている。フェルメールの妻は裕福な家の出だった。カトリックのお嬢様がプロテスタントの画家と結婚!よほど将来有望な画家と見込まれていたんだろう。姑が婿殿にはっぱをかけている様子が目に浮かぶよ。

「あなたも所帯持ちになって三年、そろそろもっと売れる絵を描いてもらわなくては!さ、先日の注文、わたくしの秘蔵の絵を手本にして仕上げなさいな。
 こんな享楽的なテーマは気が進まないですって?子供のころ、親父が営んでいた居酒屋の喧騒を思い出してうんざりだ、ですって?!でも、この女たらしがルカ福音書の”放蕩息子”だとしたら、どう?
 何が描かれているかにとらわれてはダメ。どう描かれているかをよくご覧なさい。このカラヴァッジョばりの光と影の使い方、生き生きした人物描写。学ぶことはどっさりあるはずですよ!」

 They say that Vermeer painted his Procuress in reference to that by D. van Baburen, a possession of his mother-in-law. His wife was from a rich Catholic family. This young Protestant should have been a hopeful painter. From this painting, I hear a voice of his mother-in-law…
" Now that you have been married for three years, it is about time you painted more paintings that sell better. Here is a model for you to finish your recent order. Oh, you say that you do not feel like imitating such a voluptuary one? That reminds you of your father's noisy tavern? But what if this man was the Prodigal Son in Luke ? You must not think about only what is painted, but should observe how it is painted ! This chiaroscuro of a Caravaggest, these lively gestures…you will find lots of things to learn! "



c0345705_09524186.jpg
「Pieter Claesz wiki still life」の画像検索結果「Pieter Claesz」の画像検索結果

参考*ピーテル・クラース「静物」*Still Life by Piter Claesz(1630-40s)(wiki)(出品されていません)

 そして、数か月後…
「まあ、いい絵になりましたね。娼婦の手のグラスやデルフト焼のワイン差しの見事な質感…これで押しも押されぬ聖ルカ画家組合員ね。それにしても、このタペストリーを描くのにずいぶん時間をかけていたこと。そういえば、マルタとマリアの家のキリストを描いた時も、すみっこの織物に熱中していたそうね…」
 やれやれ、婿殿はやっと姑のお説教から解放されたようだ。

 Several month later…
” You have painted an excellent one ! These wine glass and wine picther look like those by Piter Claesz ! You are now in reality and in name a member(master painter)of Guild of Saint Luke! …And you took a long time to paint his tapestry…are you a tapestry-mania? ”
 At last he was freed from her surveillance !


c0345705_09531643.jpg

c0345705_09541348.jpg


















ファン・バビューレン
「やりて婆」
(出品されず)







フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」(部分)
(出品されず)


 フェルメールの絵の中に、義母の持っていた「やりて婆」はくり返し登場する(↑ 例:右の画中画)。享楽への戒めを暗示するためだろうか。画家としての初心を忘れないため?それとも、いつもの使いまわしかねえ。
 フェルメールの「取り持ち女」に戻ろう。一見、彼らしくない絵かもしれないが、あたしはこの絵が好きさ。何も自分が主役だからってんじゃないよ。でも、このいかにも苦労人らしい陰のある婆さん、いいねえ。
 フェルメールはこの一枚で何かをつかんだんだよ。おそらくは画家としての自覚と自信、そして、自分が描きたいものが何なのか…
 ここで人間の内面の探究めざして舵を取っていれば、レンブラントを越える肖像画が描けたかもしれないのに!……年寄りの繰り言、無いものねだりかねえ。

 The Procuress by D. van Baburen appears several times in Vermeer's paintings. In order to deliver an admonition against the prodigality? So as to remember his original intention as a painter ? Or his usual reuse ?
 Let's get back to Vermeer's Procuress!At first glance, it might look like out of his style, but I like it. It is not because I am the title role, but this old woman's portrait is chouette, she should have seen the world !
 This painting might be his turning point. He gained the self-awareness and self-confidence as a painter while painting this. He found what he want to paint.
 If he had begun to aim at the pursuit of the inner world of a human being, he might have painted a more excellent portrait than those of Rembrandt ! Is this the complaint of an old woman or crying for the moon ?
 

c0345705_09524186.jpg


フェルメールが描きたかったもの、それは光と影、色と形、つまりは美しい絵だった。「取り持ち女」の画面の大部分を占めるのは、トルコからの輸入品とおぼしきタペストリーだ。幾何学性と装飾性をあわせもつ文様の色と形、それから質感の表現にフェルメールは熱中した。そののち何枚もの絵の中で、テーブル掛けとして、あるいは舞台の幕のように、色とりどりの毛織物が描かれた。

What Vermeer wanted to paint was the light and shadow, colours and figures, that is, the beautiful painting. For example, this Usak tapestry occupies a large area of his Procuress. The geometrical and decorative pattern and texture fascinated the painter. He was to paint various tapestries as a table cover or a drop curtain.


c0345705_09563375.jpg
『絨毯 シルクロードの華』(国立民族博物館展覧会図録、朝日新聞社)より
c0345705_09573158.jpg
c0345705_11043778.jpg
フェルメールの描いた緞帳のようなタペストリー
(左の絵は出品されていません。ちなみにこの絵はsnowdropが初めて実見したフェルメールです。ウィーン美術史美術館蔵)


 色と形、そしてストーリー(物語性)を志向するフェルメールの画風は、仮名・漢字づかいと音のひびき、そして歌物語を大事にするsnowdropの短歌に通じるのかもしれない…
 あるいは、タペストリー、真珠、黄色いガウン、鋲付きの椅子、楽器など、限られたモチーフを組み合わせて幾通りもの絵を描いたところは、少ない言葉を組み合わせて珠玉の和歌を詠んだ式子内親王を思わせる。

 Vermeer's style orienting to the colours, figures and stories mighr have something common with snowdrop's style of tanka-poem orienting to the appearance of written characters and sounds.
 And Vermeer's method making various compositions with limited motifs such as tapestries, pearls, a yellow gown, musical instruments, etc. reminds me of pearls of waka-poems with limited vocabulary by Princess Shikishi.


📚 参考文献(注*「真珠の耳飾りの少女」は今回の展覧会で出品されていません)

c0345705_13240945.jpg

「青いターバンの少女(真珠の耳飾りの少女)」を大阪市立美術館で見たのは西暦2000年でした。
I saw this girl with a blue turban in Osaka in 2000.



海いろのターバン真珠のイヤリング 少女(をとめ)は夢む ツリパの国を
🌷 ツリパ = トルコ人のターバン。チューリップの語源

portant
une perle à l'oreille
et turban ultramarine
une jeune fille rêve
du pays de la tulipa


c0345705_14562435.jpg

(馬見丘陵公園*2017年4月)

ここから、おまけ(「オスマン帝国外伝」TVドラマの録画より)*Bonus

c0345705_09580781.jpg


フェルメールの時代から遡ること100年余り。オスマン・トルコの宮廷ドラマを見ると、どの部屋にもトルコ絨毯が敷き詰められている。絨毯の上に座布団とちゃぶ台、まるで日本のお茶の間!スルタンもプライベートではターバンを外してくつろぐ。

Here is a Turkish carpet in Magnificent Century ! Sultan takes off his turban in a private room !

「スレイマン 1世」の画像検索結果
スレイマン1世の肖像画(wikipeida)
Süleyman I(1494-1566)

スレイマン1世(左)と大宰相イブラヒーム(右)* ↓İbrahim Paşa (1493-1536)

c0345705_09583997.jpg

ターバンはトルコ人のツリパ、チューリップの語源である。なるほど、この白いターバンはチューリップのつぼみによく似ている

The name tulip derives from "tulipa (turban)" . His white turban looks like a white tulip bud ! 🌷

c0345705_14390128.jpg


オスマン帝国ではチューリップの花が好まれた。夕日の方角へチューリップがお辞儀する、そのさまが皇帝たちの心をくすぐったとか。「世界よ、朕の前にひれ伏せ!!」

This movement of the tulip was called "Tulip's bow" by Sultans of Ottoman Empire. They compared this flower to all the people in and out of the empire.


c0345705_14371100.jpg


オリエントの荒れ野に生(あ)れしチューリップ小砂利まじりの花壇にゆるる

tulips that were born
on a desert in Orient,
they swing
on a gravel-covered
flower bed in Japan



a0332314_09014172.jpg
チューリップは中近東ではラーレと呼ばれる(トルコ語:lale, ペルシア語:لاله

オマル・ハイヤーム『ルバーイヤート』(黒柳恒男訳注*ペルシア詩)Rubáiyát
c0345705_06481780.jpg
a0332314_09023727.jpg
「トプカプ宮殿 チューリップ タイル」の画像検索結果
トルコ至宝展HPより)

国立新美術館(東京)にて3月20日から開催

(All Rights Reserved)











c0345705_16165259.jpg

大阪ではフェルメールの作品が6点 展示されています → 🌷
東京展の記事(desire photo&art フェルメールの芸術)→ 🌷


チューリップの国から届きし六輪の花はやまとの春のさきぶれ

たとふればそれは原種のチューリップ内へと閉づる真珠の女

just like
ancestors of the tulip
that close
into the interior,
Vermeer's women with pearl accessories


c0345705_17113552.jpg
大阪市立美術館を飾るチューリップ


オランダのチューリップ・バブルが弾けたのは1636年。それからおよそ30年後、オランダ第4の町デルフトで、一人の画家の作品が開花した。ヨハネス・フェルメール(1632-1675)。静寂の画家は、幼いころの町の喧騒を覚えていただろうか。

In 1636, the tulipomania ended. About thirty years later, the talent of one painter bloomed. His name was Johannes Vermeer (1632-1675). Did this painter of the silence remember the fever in his country in his childhood ?


c0345705_16150650.jpg

フェルメールの独白(snowdropによるフィクションです)

 チューリップ・フィーバー?花の色なら覚えているよ。珍しい花が生まれるたび、みんな目を輝かせていた。だんだらの斑入りの花弁、レースのような皺くちゃの花弁…なぜ、誰も気づかなかったんだろう。どれも病葉(わくらば)そっくりの花だったのに。
 あの妖しい美しさに人々は心奪われているのだと、子供心に思っていた。知らなかったんだ。ちっぽけな球根にうつつを抜かすのは、それを売り払えば家が一軒建つくらい儲かるからだってこと。
 
Monologue of Vermeer
 The tulipomania? I have only a dim memory of that. Adults were all excited by the tulip bulbs of strange varieties. Some petals were mottled, some jagged … why did nobody noice that they looked like diseased leaves ?! I did not know they were charmed not by the beauty but by the high price.


c0345705_16154693.jpg
(左)  158.5×141.5cm, 1654-55年頃  / (右)  71.1×60.5cm, 1670-71年頃
絵画図版はすべて展覧会パンフレットを撮影

 
 僕らの国はカトリックの大国スペインから独立したところだった。プロテスタントは商業に寛容な宗派だ。裕福な商人たちが絵画の新たな顧客となった。
 野心に燃えた僕は、大きな宗教画に挑戦した(左)。マルタ・マリア姉妹と語らうイエス・キリスト。僕にしては粗い筆致だって?薄暗い教会堂で、遠くから観賞するには、これくらいのタッチが丁度いいんだ。画面左のトルコ絨毯の柄はついつい細かく描きたくなってしまったけれど。(僕にはテクスタイル・フェチの気があるんだ)
 注目してほしいのは、光の使い方。スポットライトめいた光の中でまめまめしく給仕する姉マルタと、陰の中に座り込んでキリストの話を聞いている妹マリア。どちらが神の心にかなったと思う?じつは何もせず話を聞いていた妹の方だった。けれども、僕はあえて働き者のマルタに光を当てた。だって、デルフトの勤勉なご婦人方が、内心マルタに同情しているのに僕は気づいていたから。
 それからおよそ十数年後に描いた、恋文を綴る婦人、同じ画家の絵に見えるだろうか(右)。 一見当世ふうの風俗画だけれど、窓のステンドグラスから神々しいまでの光が差し込んでいる。壁に掛かった絵は、幼児モーセがファラオの娘に拾われる場面を表したもの。これは旧約聖書における「和解」を象徴するのだとか。僕の絵のなかで「和解」するのは恋人たち!神の愛、人の愛…聖俗二つの世界が重なり合う。

 Our country had become independent from Spain in 1609. The rich middle class became the new customer of paintings.
 I, an ambitious young painter challenged a large religious painting: Christ in the House of Martha and Mary. Rather rough touch for Vermeer? This touch is right for a dim church where people look up the painting from a distance. And this detailed pattern of a Turkish carpet…you know, I have been a sort of fetish for textile since my debut.
 I painted Martha in the light, a sister who was occupied by entertaining Christ and Mary in the shadow, a sister who was absorbed in listening to him. True it was Mary who had pleased Christ, but it was Martha who aroused the sympathy of the diligent women in Delft !
 About few years or decades later, I painted Woman Writing a Letter with Her Maid. It is an up-to-date genre painting, and yet the stained glass and this painting representing baby Moses imply the holy reconciliation. Human love, God's love…


c0345705_17042356.jpg
「リュートを調弦する女」1663年頃


 モチーフの少ない小品もよく描いた。一つには注文が増えたからだし、一つには、それらを描くのが性に合っていたからだ。上の「リュートを調弦する女」も、自分では気に入っている。窓から差し込む光が女の白い額を照らし、高い鼻筋をくっきりと際立たせる…。まるでギリシアの芝居の仮面のようじゃないか?じつは、市場で見かけたギリシア系の少女の面影を重ねたんだ。
 壁に掛かった地図は、商業国家オランダの栄光を表している。海へ漕ぎ出せば、西欧文明のふるさと、ギリシアへ行ける!かつて我が国へチューリップをもたらした異教国トルコへも!この女はどこから来て、窓の彼方のどこを望み、どこへ行こうとしているのだろう。
 
 I often painted small paintings because many townspeople ordered them and I myself loved painting them. The face of this woman with a lute is in the light, and it looks like a Greek mask because of the high brow and Grecian nose, doesn't it ? I had seen a Greek girl in the town several days before.
 A map on the wall symbolizes the glory of our mercantile nation! Going to sea, we can reach both Greece and Turkey, an Islamic state that brought us the tulip! From where did this woman come, what is she looking out of the window, and where will she go?


c0345705_16161756.jpg
(左)51.4×45.7cm, 1663年頃 / (右) 44×38.5cm, 1669-70年頃
 

 僕はストーリーのある絵が好きだ。右の絵の女もリュートを持っているけれど、ここでストーリーの鍵になるのは、もう片方の手のなかの恋文だ。洗濯場の奥で交わされるひそひそ話…。どうだい、扉の隙間から二人をのぞき見している気がしない?手前に黒い箒を描いたのは、家事放棄への戒めや遠近表現というより、臨場感を感じてもらいたかったのさ。

 I like the painting with a story. The right woman with a lute holds a letter and is whispering with her servant in a laundry. Do you feel as if you were peeping at them? A black broom is not only a symbol of the abandonment of housework but a small tool for giving a you-are-there feeling. 


c0345705_17035659.jpg
「手紙を書く女」45×39.9cm, 1665年頃 


 その一方で、ストーリー性よりも、色と形の美しさを追求するのも好きだ。この絵では、壁の額絵(画中画)にテキストとしての意味はない。ただし、彼女の髪に結んだひらひらのリボンを引き立てるには、この暗い四角い画面がどうしても必要だった。彼女の黄色いマントと白い毛皮の縁取り、そしてテーブルの青い掛け布を美しく浮かび上がらせるためにも…
 この絵で一番描きたかったのは、星のような光だ。彼女の両目の輝き、鼻と唇のハイライト、真珠の耳飾りのきらめき、テーブルの真珠の首飾りのつぶつぶの光…。それに手箱や椅子の鋲の光、ガラスの杯の光!それぞれ星座のように規則正しく並んだ光の粒が、画面全体に統一感を与えているだろう?!
 この子が誰に手紙を書いているのか、それはどうでもいいことだ。どうでもよくなってしまったんだ、僕には!

 On the other hand, I like to pursue the colours and forms in the painting. In A Lady Writing, a picture on the wall has no meaning as a text. But this black space was necessary to emphasize her ribbons, yellow coat and blue desk cover.
 What I wanted to paint were these star-like lights. Her shining eyes, the highlights on her nose and lips, her pearl accessories, the rivets on a casket and on a chair, all the lights look like constellations and unify the whole painting !
 For me, it no longer matters whom this girl is writing to !


c0345705_14562435.jpg
フェルメール・カラー?(2017年4月)


 僕は画家だ。流行や注文に応じて、それなりに色んな絵を描いてきた。それでも、本当は、小さなカンバスに、ぎりぎりまで少ないモチーフを並べて、息をつめて筆を進めるのが大好きだ。時間を忘れ、家の中の喧騒を忘れ、窓の外の欲と金にまみれた世界を忘れ…絵のなかの小宇宙にこもっていると、カメラ・オブスクラの精になったような気がする。そこは、ヴァージナルやリュートがかそけく響くだけの静かな世界。―
 かつてチューリップの夢を見たことのある土地に、僕は生まれた。色とりどりのチューリップにひっそりと混ざっていた原種のチューリップが、僕は忘れられない。オランダ絵画黄金期に咲き競ったチューリップのように賑々しい世俗画のなかで、僕の絵は原種のチューリップのように目立たないかもしれない。けれども、そのしずけさを愛する人々が、この世のどこかに、未来のどこかに、常にいるはずだ…

 I am a painter. I have painted various paintings according to the orders and trends. To tell the truth, I like painting minimum motifs on a small canvas while holding my breath. I forget the time, the noises in my house, the greedy world out of the window, and I feel as if I were a silent spirit of the camera obscura. Only the murmur of the lute, virginal, …
 I was born on the land that had dreamt of the tulip. I remember an illustraion of an ancestor of the tulip among colorful garden species in a pictorial book. Among the colorful and cheerful genre paintings of Dutch Golden Age such as Jan Steen, Pieter de Hooch, etc. , my paintings might be too quiet and simple. But those who appreciates my silent paintings should exist and will exist, forever and ever.


c0345705_16343193.jpg

原種のチューリップ*ancestor of the tulip(2017年4月)

(All Rights Reserved)






c0345705_15512453.jpg


フェルメールからの手紙を待っていた むめの便りのかをる如月

J' attendais
une lettre de Vermeer
au mois de fevrier
quand le prunier
commence à fleurir


c0345705_17004831.jpg



フェルメールをおさめた蔵をのぞいたら浪花のひひな人形も美(は)し

looking in a warehouse
keeping Vermeer's paintings
I found
beautiful hina-dolls also
that had been handed down in Osaka


「大阪市立美術館 ひな人形」の画像検索結果
大阪市立美術館HPよりお借りしています


フェルメール展が東京から大阪へ巡回してきました。
スローな snowdrop、絵のレポートはまた改めて…。

An exhibition 'Making the Difference: Vermeer and The Dutch Art'
has begun in Osaka, following that in Tokyo.
Slow snowdrop's report will be published later.


c0345705_17000616.jpg



展覧会が始まってはや数日、入場券をもとめるのに何分かかるでしょう?
白壁の巨大な蔵をおもわせる美術館の正面に回ると…

How long does it take to buy a ticket of this exhibition ?
Here we are in front of Osaka Municipal Museum of Art
like a huge storehouse …


c0345705_17113552.jpg


行列なし、待ち時間 0!
フェルメール・カラーの黄色のチューリップに彩られた階段を
金髪の女性がゆったり昇ってゆきます。
ほっとして振り返ると、おお、これが名高い通天閣!(右)

No line, no waiting time !
A blonde woman is going up the stairs,
where blue and yellow pansies are lined up.
Turning around, a panoramic view of Osaka!


c0345705_17173845.jpg



知らなんだ通天閣が時計はめHITACHIのゼッケンしよつているとは


大阪の町がお子さまランチなら旗ははためく通天閣に


c0345705_17242959.jpg



このごろ建築関係の翻訳を少々手がけているせいか、
これまでのように絵や彫刻へ突進するだけではなく、
建築の細部にも目がゆきます。

Because I am now translating some documents on the architecture,
not only artworks but also the details of architecture attract my attention.


c0345705_17262718.jpg

大阪市立美術館*Osaka Municipal Museum of Art


バルコニーや尖頭アーチ、絵のない玻璃窓など、
先日入ってみた神戸のモスクを連想させます。

The balcony, ogives and simple stained glasses
remind me of those in Kobe Muslim mosque.


c0345705_20415396.jpg

神戸ムスリムモスク*Kobe Muslim Mosque

c0345705_20405148.jpg

神戸ムスリムモスク*Kobe Muslim Mosque


大阪市立美術館*Osaka Municipal Museum of Art

c0345705_18010575.jpg



美術館の外観は商家の白壁の土蔵を思わせるのですが…。
中国彫刻など東洋美術のコレクションも充実していますから、
こんなオリエンタルな折衷様式がぴったりかもしれません。

While the external appearance is in Japanese style,
the interior design in Oriental syle, which is suitable
for the concept of this museum(collection:HP).


石造 菩薩交脚龕晩秋



北魏の石仏も上村松園も…(大阪市立美術館HPより)

Chinese Bodhisattva statue (5c.) / Japanese style painting

(All Rights Reserved)










「エミリ・ディキンソン」の画像検索結果「式子内親王」の画像検索結果google search


エミリと式子、国も時代も遠く離れた詩人と歌人が
うた合せをしたなら…(お題は「虫」)

Further in Summer than the Birds Emily Dickinson


Further in Summer than the Birds
Pathetic from the Grass
A minor Nation celebrates
It's unobtrusive Mass.

No Ordinance be seen
So gradual the Grace
A pensive Custom it becomes
Enlarging Loneliness.

Antiquest felt at Noon
When August is burning low
Arise this spectral Canticle
Repose to typify

Remit as yet no Grace
No Furrow on the Glow
Yet a Druidic Difference
Enhances Nature now

鳥たちよりもさらに夏遅く  エミリ・ディキンソン

鳥たちよりもさらに夏遅く
草むらのかげで悲しげに
ちっちゃな群れが挙行する
人目につかぬミサを。

(…)

八月が燃えつきようとする頃
真昼というのにたいそう古めかしく
この幽霊のような聖歌はわき上がり
寂滅を表象する

恩寵はまだ取り消されたわけではなく
輝きにはさしていない
(…)

(亀井俊介の訳から一部を引用)(『対訳 ディキンソン詩集』岩波文庫)



アマーストの秋(O.H.ヒッチコック)(wikipedia)
Autumnal Scenery, lithograph after Orra White Hitchcock


引用部分の最終行で「」と訳されたのは ”Furrow” という単語です。
訳注によれば、furrowとは「畝と畝の間の溝」という意味だとか。
畝の影を光と対照させる感性は型にとらわれず、こまやかです。
この畝にひそんでいるのは、ちっちゃな群れをなすこおろぎです。

"Furrow" means the shadow contrasted with the Glow.
In these furrows live and sing a minor Nation, the cricket.



cricket and
pine cricket




跡もなき庭の浅茅にむすぼほれ露の底なる松虫のこゑ 式子内親王

entangled
in the cogon grass leaves
in the garden without tracks,
in the bottom of the dews
a pine cricket's cry

(Princess Shikishi, tr. by snowdrop)

人の足跡もない庭に茂る浅茅の露の底から
ほろほろとたちのぼる松虫の声…
まつむしはすでに誰をまつことも諦めたかのよう。
詩よりずっと短い和歌の半ばを草の描写が占め
ただか細い声が聞こえてくるばかり。

"Matsumushi (pine cricket)" implies "matsu (wait) ".
While Emily simply depicts "from grass",
Shikishi "entangled in the cogon grass leaves".
The latter's grass encloses the insect.




式子内親王が蜘蛛に咬まれる歌物語を作ったことがあります。
(snowdropのフィクションです)

いっぽう、エミリにも蜘蛛をうたった詩があります。



The Spider holds a Silver Ball (蜘蛛が銀の玉をかかえている)
In unperceived Hands –(目には見えない手で – )
And dancing softly to Himself(そして、そっと一人踊りながら)
His Yarn of Pearl – unwinds – (…)(真珠の糸を繰り出す) (…)

(the first stanza of a poem by Emily Dickinson, tr. by snowdrop)


c0345705_10250961.jpg

(2017年撮影)


華厳経では、微塵のなかに世界がすべて含まれていると説きます。
毘盧遮那仏が帝釈天につくらせた宝網である因陀羅網においては、
「結び目にある珠玉が互いを映し合い、映った珠がまた映し合うという
無限の関係によって、華厳の無尽が説明される」のだとか。
宮沢賢治の「インドラの網」がこれに当たります。
英語では、これをパール・ネットワークと呼ぶそうです (2015年記)。

Avatamska sutra explains that a monado includes whole world.

Indra's net (the net made by Indra by orders of
Vairocana Buddha
to which Miyazawa Kenji refferred) has a multifaceted jewel at each vertex,
and each jewel is reflected in all of the other jewels.
This image shows the infinite world of
Avatamska sutra,
which is called “Pearl network” in English.



(2017年撮影)

 

c0345705_10524505.jpg




空高み真珠(まだま)のやうな白雪は見えぬ糸もて繰り出されくる

Heaven unwinds his yarn of pearl-snow (inspired by Emily)




c0345705_06434919.jpg

Trois Petits Flocons(left)*Neige par Nakatani Ukichiro(right)


(All Rights Reserved)







c0345705_11210063.jpg


この絵本の主人公は、隣人エミリ(・ディキンソン)を訪ねる少女です。
The heroine visits Emily(Dickinson), her mysterious neighbour.





エミリ・ディキンソン
の詩から生まれた旋律Melody)をどうぞ。歌詞も添えました


Nature -The Gentlest Mother (自然 - もっとも優しき母)  
Twelve poems of Emily Dickinson (エミリ・ディキンソンの12の詩)
music by Aaron Copland (1900-1990)(コープランド作曲)

Nature - the Gentlest Mother,(自然 - もっとも優しき母は)
Impatient of no Child - (どんな子にも忍耐強い -)
The feeblest - or the waywardest -(ひどくか弱い、-或いは強情な子でも –)
Her Admonition mild -(穏やかに諭して聞かせる -)
In Forest - and the Hill -(森で – 丘で -)
By Traveler - is heard -(旅人は聞くだろう -)
Restraining Rampant Squirrel -(勝手気ままなリスや -)
Or too impetuous Bird -(気の荒い鳥を躾けている声を -)
How fair Her Conversation -(なんてフェアなお話だろう -)
A Summer Afternoon(夏の昼下がりに)
Her Household - Her Assembly -(彼女の家で - 円居で -)
And when the Sun goes down -(日が沈むときに、聞こえる -)
Her Voice among the Aisles(教会の側廊で彼女の声は)
Incite the timid prayer(臆病な祈り手を励ます)
of the minutest Cricket -(ちっちゃなコオロギや -)
The most unworthy Flower -(とるに足りない花のような -)
When all the Children sleep -(子供たちが眠りにつくと -)
She turns as long away(明かりを灯しても大丈夫なくらい)
As will suffice to light (十分に遠く)
Her lamps -(自然は身を引いて-)
Then bending from the Sky -(空から身をかがめ -)
With infinite Affection -(限りない愛情と -)
And infiniter Care -(さらに限りない心配りをもって -)
Her Golden finger on her lip -(金の指を唇に当てる -)
Wills Silence - Everywhere ?(お静かに - どこもかしこも)
tr. by snowdrop


「emily dickinson herb」の画像検索結果

エミリの植物標本から睡蓮など (pinterest) * 他の頁はこちら 🍁
Emily Dickinson's Herbarium 🍁
haruchonnsさまから教わりました。)

エミリ・ディキンソン(1830 - 1886)という詩人がいます。
『風と共に去りぬ』の舞台ともなった南北戦争前後の時代、
マサチューセッツ州アマーストの自宅からほとんど出ることなく
1800を超える詩を綴りました。
音節足らずの行とダッシュ( – )の多い詩は、沈黙と余白を感じさせます。

Emily Elizabeth Dickinson is a poet who lived the time of Gone with the Wind.
She did not leave her house and garden to compose more than 800 poems.
Their lines often lack one syllable (8 minus 1) and include many dashes,
which are filled with pauses like her own Conversation – probably.




「emily dickinson book 初版」の画像検索結果「Monotropa uniflora」の画像検索結果


エミリは自然を愛し、庭で花を摘んで押し花にしました。
東洋の私たちにもなつかしい睡蓮の花も…

haruchonnsさまによれば、
彼女の詩集の表紙にあしらわれた青白い花は、日本にもある
「アキノギンリョウソウ(秋の銀竜草)」だそうです。
🍂

She loved Nature and picked flowers in her garden including the waterlily.
Accordin to haruchonns-san,
the front cover of her book of poems is Monotropa uniflora design.
🍂
She gave us the information on Emily Dickinson's Herbarium also. 🍁


「Emily Dickinson poem portrait」の画像検索結果「式子」の画像検索結果

(google search)

ギリシア文学者の沓掛良彦は
エミリと式子内親王に通じるものを見出しています。
式子は一昨年のsnowdropの歌物語の主人公でした。
斎院として、子供時代と青春の日々を賀茂の神に捧げ、
京へ帰った後は多くの時を邸内で過ごし、歌を詠みました。
エミリの詩のように彼女の歌も、静謐と情熱を感じさせます。

Kutsukake Yoshihiko, a scholar of Greek and Latin classics,
finds the similarity between Emily Dickinson and Princess Shikishi.
I agree him.
Her waka-poems are pure and passionate as well as Emily's poems.


c0345705_09425585.jpg

「浮舟冊子」13世紀 大和文華館所蔵『古今和歌集 梁塵秘抄』朝日新聞社


式子内親王(1149-1201)とほぼ同時代の女人。筆をもつ手がはっきり描かれています。
絵本のエミリも鉛筆を握っていますね。額絵の鹿が、彼女の詩の冒頭を思い出させます。
「手負いの鹿はもっとも高く跳びます」(エミリ・ディキンソン)



Emily
and Deer illustrated by Barbara Cooney(detail)
A Wounded Deer – leaps highest – (Emily's poem)

c0345705_15285303.jpg


映画もあるそうですが…見ようかどうか迷っています。



ついでにこれも…(イタリア詩人レオパルディの映画)




(All Rights Reserved)








c0345705_16533773.jpg


c0345705_10594693.jpg

















稲ぼっち(奈良、2015年)* sheaves of rice



今年の読書始めは文化人類学の論文を…。そこに出てくるのが
「バベルの塔」でおなじみのブリューゲル(父)の「穀物の収穫」。
西洋でも稲棒(ぼっち)の形で小麦を乾かすんですね。

My first reading this year is translating into Japanese
an English essay of the anthropology on
The Harvesters painted by Pieter Bruegel the Elder.
The sheaves are similar to those of the rice in Japan.



c0345705_09101646.jpg


「穀物の収穫」の実物を見たことはありませんが
おなじ「月暦図」シリーズのうち「乾草の収穫」は
1990年に来日しました(最初の図版右上の絵葉書*京都国立近代美術館)
現在ウィーン美術史美術館で展示中です(Nikkei Style*右下、部分)。

Thogh I have never seen the real one,
I have seen The Hay Making in MoMAK in 1990,
which is now exhibited in Natural History Museum, Vienna.


c0345705_15105236.jpg

(2018年12月撮影)

京都国立近代美術館の隣に、京都府立図書館があります。
絵を見て、本を読めば、半日くらいすぐ過ぎてしまいます。

Kyoto Prefectural Library and MoMAK are side by side.


c0345705_14172084.jpg


京都府立図書館の窓(2016年)windows of the library(Kyoto)

建物に記された旧称の文字もそれぞれに趣き深く。。。

「京都圖書館 (Kyoto Prefectural Library) 」in the seal script(篆書体)↑
「大阪図書館(Osaka Prefectural Nakanoshima Library)」(隷書体)↓


c0345705_14443387.jpg

中之島図書館の窓(2018年)*windows of the library(Osaka)


図書館の窓の灯を仰ぐと、今日は何を読もうかとテンションが上がります。
社会人になってからは、京都の図書館で調べ物をすることが多くなりました。

The lights in a library's windows enkindle my desire to read.


c0345705_14481111.jpg

京都の窓の灯(Kyoto)


大阪の図書館に立ち寄ったのは学生時代。
あのころの私が窓辺に佇んでいるのかもしれません。

I would go to the library in Osaka in my school days.
Is this the phantom of young-snowdrop?
Le Fantôme de la Bibliothèque !


c0345705_14492063.jpg

大阪の窓の灯(Osaka)


c0345705_14433278.jpg


桜木の紅葉筏(もみぢいかだ)をふりかへる人影はなく鳥影ひとつ

there is no people
seeing these rafts
of red leaves
of cherry trees
there is only one bird



c0345705_14554104.jpg

京都の図書館は岡崎疎水のそばにあります。
花筏ならぬ紅葉筏を浮かべた流れに逆らって
金黒羽白(キンクロハジロ*tufted duck)が泳いでいました。

Kyoto Prefectural Library is near Okazaki Canal.


c0345705_14510263.jpg

大阪の図書館は淀川のそばにあります。図書館の窓辺に鳩が…

Osaka Prefectural Nakanoshima Library is near Yodo River.

(All Rights Reserved)






あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
Happy New Year !
(今年もスローなsnowdropです…)

c0345705_14514862.jpg


大阪市中央公会堂(中之島)(2018年11月)



箱から取り出したのは、公会堂開館100年記念切手。
今年はどの切手で皆さまへお便りを出しましょうか…

Which commemorative stamps do you like for my articles to you?
(Osaka City Central Public Hall was established in 1918.)


c0345705_14485335.jpg



大阪市中央公会堂は昔からの思い出がつまった宝石箱です。
むかしの振袖の写真でも蔵出しして、春を寿ぎましょう。

Osaka City Central Public Hall is a jewel box
full of various memories from my school days.
↓Here is our photo at the graduation ceremony.


c0345705_14482063.jpg
c0345705_16290890.jpg



この薄紅色の振袖は袖を切って
葡萄(えび)色に染め返してもらいました。
振袖と訪問着、それぞれの端切れです。↑

My pink furisode was re-dyed dark purple
and its long sleeves were shortened
to be a semi-formal kimono for the adult.


c0345705_09140099.jpg















c0345705_05155416.jpg




























観世清和「羽衣 彩色伝」(日経新聞およびNHK-Eテレ新春能)
金雲たなびく茜色の空に羽ばたくのは鳳凰です。
(紅地鳳凰縫箔腰巻、白地藤花蝶文様長絹)(某ブロ友さんのご教示による)

phoenix and gold clouds in the red sky


c0345705_07241926.jpg



















鴎とぶ浪華の海の薔薇の波


rose waves
of the sea of Naniwa (wave flower)
above which a gull flies

c0345705_16410034.jpg


水都 大阪のステンドグラスに澪標(みおつくし)
stained glass with a design of a mark in a waterchanel
Osaka is a city of water.

帆船(南蛮船でしょうか?)
A ship from Portugal?

c0345705_07222356.jpg




おまけ 🐗 今年はカモメ年ではなく亥年ですから…
「南蛮図屏風」の猪をどうぞ。中央の黒い動物が猪です。

Bonus 🐗 This is the year of the boar(not of the gull).
Here is the one in Namban screens.
Do you recognize a black piglet in the middle?



c0345705_05325187.jpg

南蛮文化館蔵「南蛮屏風」(部分)『南蛮美術の光と影』より


恩師の旅を思ひて

フロイスが南蛮船より降り立ちし港にひびく風と鴎と


in the harbor
where Luís Fróis
disembarked
from a ship from Portugal
you hear seagulls and wind



坂本花織の「ピアノ・レッスン」からはカモメの声が…

Voice of seagulls in The Piano (1:57~2:00)





(All Rights Reserved)




c0345705_07075020.jpg



京都の寺町通のアドベント(待降節)。
ボタン屋「エクラン」さんの飾り窓もクリスマスしています☆彡

Advent on Teramachi Street in Kyoto!
Ecrin's show window is Christmassy!!


c0345705_07044622.jpg



お花屋さんのヒヤシンスが春を待ちかねています。
ヒヤシンス色のクリスマス・オーナメントが素敵。

The hyacinths in this flower shop wait for spring to come.
Hyacinth-colored Christmas ornaments are refined and chic.


c0345705_07064346.jpg


いかめしい町家造りのお酒屋さんも…

This traditional trademan's house…

c0345705_07033546.jpg



今年のボジョレにサンタ帽をかぶらせて、やる気まんまん!
帽子といえば、「冬支度」の記事に歌をちょい足ししたんです。

…sells Beaujolais nouveau with Santa Claus hats !
Speaking of the hat,
snowdrop added tanka on a hat in an article
"Carte de Noël de Suède".


a0332314_07144322.jpg




















snowdropもやがてこの祖母の歳…昭和の女は老けづくり!
my grandmother around the same age as snowdrop !



「シャッポンをかぶって行きや」母の母が 母へかけたる声し思ほゆ
             ”            声し遠しも
              ”            はるかなる声

Porte ton chappon (chapeau) !
la mère de ma mère
disait à ma mère
dans son enfance
il y a longtemps


a0332314_07145415.jpg


天使幼稚園の帽子と庭のバラ*hat of Angel Kindergarten



ひっそり数日遅れで追記した小さな歌に目をとめて
小津夜景さんがブログで引用してくださいました。
迷ったまんま載せた3つのヴァリエーションを
「3つの梨」にたとえてくださって…→ 🍎🍎🍎 
とても光栄です。ありがとうございます。

A haiku-poet Yakei Ozu found
these tanka additionally written several days later,
which quoted in her blog.
She compares three variations to three pears!→ 🍎🍎🍎


サティ「梨の形をした3つの小品」🍎🍎🍎




梨ではなく青林檎ですが…岸田劉生の静物画を思い出しました。

three apples painted by Kishida Ryusei(google search)


「湯呑と茶碗 劉生 」の画像検索結果



小津さんからうれしいお知らせを頂いたまさにその日、
帰宅したら、フィンランドの友からクリスマス・カードと
友の住む村のオリジナル・カレンダーとが届いていました。
友とその家族の幸せな一年を知らせる
よき便りです。

On the very day that I received her notification (the first news),
my friend's Christmas card and calendar were
delivered to my house from Finland this year also.
They had traveled in Sweden this winter,
so that this is Carte de Noël de Suède (
the second news) !



c0345705_10185333.jpg


クリスマスの一週前のよき便り福音といふ言の葉どおり

「たより(便り)」と「たよる(頼る)」は
つながりのある言葉です(『古典基礎語辞典』)


good news
have arrived at the house
one week before Christmas
they seemed to me

GOSPELS : wonderful news


c0345705_17494537.jpg
「常に自分自身であれ(Always be yourself !)」


フィンランドといえば、ムーミン、サンタ、ノキア、マリメッコ!
マリメッコの社長さんは、カードの子供たちのママの1人(友)に
どこか似ています…(NIKKEI STYLE)

Finland is a country of Moomin, Nokia, and Marimekko!
She resembles my friend, one of the mothers of the above children…


c0345705_07053005.jpg

↑Mr. Homma will appear on TV on Christmas day (the third news).


もうひとつ、クリスマスうれしいお知らせが…
ボタン屋「エクラン」さんがTVに映るそうです。

12月25日 午前9:50 関西TV「ヨーイドン:人間国宝」

↑ご主人(本間さん)もご出演なさるとか。楽しみにしています!

(All Rights Reserved)

お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!




10月27日から11月9日は読書週間です。(7月撮影)
Reading Week*October 27th - November 9th

c0345705_20455346.jpg




人生の栞は出逢ひ、別れ、旅、心に刻むやうに詠む歌


le signet de la vie

c ’est la rencontre, la séparation,

le voyage, et

tanka poème que je compose

pour graver dans ma mémoire




c0345705_21424240.jpg



モンゴルの栞には、宵待草の切手と草花の押し花が挟まれています(右上)。
それを真似てこさえたのが、五月の楓と銀杏の押し葉の栞。
その左隣には琵琶湖の栞、さらに隣にはエジプトのパピルスの栞、
室生寺の散華、フィレンツェの紙工房の栞…
展覧会のチケットも裏打ちして、リボンを通して、栞にしていましたっけ。

Like a Mongolian bookmark with a stamp and pressed flower,
snowdrop made several bookmarks with pressed leaves.
The bookmark of Lake Biwa, that of papyrus,
that of marble paper, that in the shape of a lotus petal,
one of the exhibition tickets lined and threaded with ribbon.



c0345705_10053531.jpg

(2011年)


本を読むときは、伴侶となる栞(しおり)を選ぶのも楽しみの一つです。
栞の歴史を、新聞の記事をたよりに繙(ひもと)いてみると…西洋では
修道僧が聖書のみ言葉に直接触れないよう、聖衣の一部を頁に挟んだのが始まりでした。
印刷本が普及すると、仮綴じの本を開くペーパーナイフが栞代わりになりましたが、
錆びると紙を傷めてしまうので、シルクリボンの栞が使われるようになりました。
やがて本の紙が薄くなると、高価な絹に代わって厚紙の栞が普及しました。

The bookmark was originally a part of monks' clothes
in order not to touch the sacred words of the Bible.
When the printed books spread,
the paper knife was used as the bookmark,
whose rust damaged the paper and the silk ribbon replaced it.
Then the expensive silk one was replaced by the thick paper one
as the paper of book became thinner.



c0345705_09372461.jpg


表装の余り布でつくられた栞(2015年)


日本では、『枕草子』に出てくる「けふさん(夾算)」が初出だとか。
薄く削った竹や木を裂いて上部を糸で巻き結んだものだそうです。
江戸時代に仮名草紙などを楽しんだ人々は、こよりを栞としました。
朝顔の花や銀杏の葉を挟む人もいました。
草花は紙魚(しみ)を寄せ付けないと考えられたのです。

In Japan, the bookmark is referred by Sei Shonagon for the first time.
It is said to be the thin chips of bamboo or tree whose upper parts are bound with thread.
In the Edo period, those who enjoyed reading books used the paper string as the bookmark.
Some inserted the pressed flowers (e.g. morning glory) or ginkgo leaves.
They thought the grasses and flowers keep the bookworm off.


こより(google search)*paper string

「こより 和紙」の画像検索結果

c0345705_09432213.jpg

(2016年秋)


「しおり」という言葉を造ったのは、修学院離宮で知られる後水尾天皇でした。
水戸光圀が絹で包んだ紙を献上し、「本を読むのにどうぞ」と申し上げたところ、
帝は西行の歌を引いて、これを「枝折(
しおり)」と呼んだのだとか。

吉野山去年(こぞ)のしをりの道かへてまだ見ぬかたの花を尋ねむ 西行

しをり(枝折)」とは、道しるべに木の枝を折ることです。
本にしおりを挟むのは、本の奥へと延びてゆく道の半ばでしばし佇むことです。

The word "Shiori (bookmark)" was coined by Emperor Gomizunoo(1596-1680).
The paper covered with silk that Tokugawa Mitsukuni presented to the emperor was called "Shi-ori" based on a waka poem by Saigyo(1118-1190).
In Mt. Yoshino, Saigyo would break branches ("Shi-oru") as the landmarks for next year.
Slipping a bookmark between the pages is
standing still for a while on the way to the last part of the book.


c0345705_20495817.jpg


池大雅が秋雨の夜、西行の枝折の歌を思いながら描いた吉野山
Mount Yoshino that Ike no Taiga (1723-1776) painted
while remembering the waka poem on Shiori by Saigyo


 西行の枝折をふまえたと思しき、素敵な栞の短歌を最後にどうぞ。
 この歌に出てくる『山家集』とは、西行の歌集です。恋の歌は百首以上!
「すぐれし恋のうた」とは、どの歌でしょう…栞がないと分かりませんね!


Here is a tanka by Kawata Jun (1882-1966) based on Saigyo's waka.
Sanka-shu is Saigyo's private anthology including more than 100 love songs!
Which one is the one Kawata Jun chose ? We need his bookmark!


山家集に一首すぐれし恋のうた君に見せむと栞を挿む  川田 順

there is a wonderful love song in Sanka-shu, which
I wanted to show you and slipped a bookmark there
― Kawata Jun


「西行物語絵巻」の画像検索結果

「西行物語絵巻」(google search)
from Illustrated Scroll of the Story of Saigyo

栞の歴史については日本経済新聞の記事を参考にしました。
猪又義孝「世界のしおり形とりどり」(日経文化 7月24日)

c0345705_12281091.jpg



平安時代にたくさん造られた紺紙金字一切経、平安風の栞

Sutra in the Heian period and bookmark of Heian design

(All Rights Reserved)
















c0345705_10441016.jpg

60ème Anniversaire du Pacte d'amitié entre Paris et Kyoto



地下鉄を京都市役所前で降り三月書房へ向かふ長月

Descendons à la station de métro de Hôtel de ville de Kyoto
et allons à la librairie mars au mois de septembre!



c0345705_10473306.jpg



修復中の市役所の覆いに、二者二様の後ろ姿。

Chaque vue de dos est charmante !



c0345705_10501176.jpg






















イタリアのパドヴァで見たジォットの天使の背中を思い出す。
大阪の吹田で眺めた太陽の塔のうなじも…(2016年撮影)

Cela me rappelle le dos d' un ange par Girotto, en Padua
et la nuque de la Tour du Soleil par Okamoto Taro en Osaka.



c0345705_10534494.jpg


















太陽の塔は昭和のアルバムへ ”本当の「あお」”インスタ画面へ

The Tower of the Sun (1969)'s
photos had been put on albums
and "real blue(あお)"
three dimensional frames'
were put on Instagram



c0345705_14434668.jpg
















MoMAK(September)



脱線ついでに、三月書房へ行く前に見た東山魁夷展の写真も。
奈良の唐招提寺の障壁画が立看板に…!(京都での展示は終了)
東京での展示中に記事を書くかも
(10月24日-12月3日、国立新美術館)

Snowdrop a vu cet exhibition de peintures par Higashiyama Kaii
sur le chemin de rue Teramachi.


c0345705_11030602.jpg

















”あお (ao)” est un mot japonais exprimant le vert
et le bleu.



にほん語の「あお」は 蒼(あを)をも碧(みどり)をも ふふみて
人のおもひを染める



カラー補正してをらぬのになにとなく古色帯びたるヒマラヤの杉




c0345705_10431003.jpg


(京都市役所*Hôtel de ville de Kyoto, 2016)


パリからやって来たガス灯。上部はかつて共和国広場を照らしていたとか。

Cette réverbère à gaz est venu de Place de la République, Paris ?



c0345705_09181900.jpg


『星の王子さま』の点灯夫 ☆ l'allumeur de réverbères


岩波書店版(2000年)はオリジナル版(1943年)の繊細な色と線を蘇らせた。

en couleurs originals de l'édition 1943(Iwanami Shoten, Publishers. 2000)



c0345705_08334807.jpg



印刷といえば、芸艸堂は日本唯一の手木版和装本出版社。今日は赤い自転車がとめてある。

Unsodo (since 1891) is a specialist of Japanese woodblock printing. Il y a un vélo rouge aujourd'hui…


c0345705_08324452.jpg



寄り道しながらようやく着いた、三月書房。京都は自転車とバスの多い都。

Voici la librairie mars! Deux vélos ici aussi!!Il y a beaucoup de bus aussi...


c0345705_08363464.jpg


レーモン・クノー『文体練習』朝比奈弘治訳 ザジ(Zazie)色の栞?

L'autobus arrive
Un zazou à chapeau monte
Un heurt il y a
Plus tard devant Saint-Lazare
Il est question d'un
bouton

― Exercices De Style, Raymond Queneau
information d' Ozu Yakei. Merci beaucoup!


これは三月書房で求めた本、ではなくて
三月書房に通っていたフランスの俳人さんから教えて頂いた本。
(三月書房で見つけた本は姉妹ブログでご紹介します)

クノーは「地下鉄のザジ(Zazie dans le métro)」の原作者です。





クノーの『文体練習』はたった1つのエピソードを99+αもの文体で語り分けます。
必ず出てくるのがボタン。(たとえば俳句「バスに首さわぎてのちのぼたんかな」)
次回は「ボタンによる世界旅行」へ皆さまをご案内します。


To be continued to Tour du monde par Bouton


c0345705_08392528.jpg



色とりどりの雪 ⁂ snowdropが選んだボタン


色とりどりの紅葉お気に入り秋ショット2018!


c0345705_16405713.jpg















ローマのザジ?(シスターが経営する修道院の宿のsnowdrop)*Zazie en Rome?(1999)

(All Rights Reserved)