タグ:Peinture (絵画) ( 156 ) タグの人気記事

c0345705_06435580.jpg

(2013年)



秋篠音楽堂でベートーヴェンの三つのピアノソナタを聴いたのは五年前、
季節は秋だったろうか。



秋篠の夜空に溶けし三曲のソナタに捧ぐ。三本の薔薇

à trois sonata de Beethoven
qui a fondu dans le ciel nocturne
d' Akishino
j' offris trois roses automnales
à
Valery Afanassiev


c0345705_14163816.jpg

(Moe 1992年8月号)


神無月の三連休は、台風一過の涼しさからほど遠い夏なみの暑さ!
snowdropは家でむかしの雑誌を繰っていて、砂漠の薔薇の頁を見つけた。
長野まゆみが雑誌 Moe に連載していた、石をめぐるファンタジー。
のちに『鉱石倶楽部』という本にまとめられた。


Trois jours fériés consécutifs après le typhon…
il fait chaud comme l' été!
Snowdrop a trouvé un article sur le jardin de rose d' été,
sur la rose des sables dans une revue Moe en 1992.
Cet article est publié comme une passage d'un livre en 1994, 2005.


c0345705_14170776.jpg



その本には、美しい石の写真の数々が加えられたけれど
早川司寿乃(はやかわ しずの)のイラストは収録されなかった。
如雨露を手にした有翼の少年と、小さなふたこぶラクダ。垣根の薔薇。
砂漠のオアシスに咲く薔薇は、『星の王子さま』のバラを連想させる。

Beaucoup de belles photos sont ajouté au livre, mais
cet illustration par Hayakawa Shizuno est disparue.
Un garçon ailé, un arrosoir en main. Un petit chameau charmant.
Des rose dans le désert me rappellent celle du Petit Prince.




c0345705_21022687.jpg














(2016年)



砂漠の薔薇(CaSO4・2H2O)は、じつはがないと生まれない。
湖が干上がるとき、水に含まれていたミネラル成分が結晶するという。



水あればこそ生れるとふ沙漠の薔薇 秘めし涙のしづくはいづこ

みずあればこそ あれるとう でざーと・ろーず 
ひめしなみだの しずくはいずこ


the desert rose
is born from minerals
in the water
of a lost lake in a desert
where are its hidden teardrops ?



c0345705_21335652.jpg

法隆寺の飛天(『奈良六大寺大観 法隆寺』)*hiten, Horyu-ji Temple, Japan



いっぽう、早川司寿乃のイラストの少年は
タクラマカン砂漠のミーラン遺跡から見つかった有翼天使をも想起させる。
有翼天使?天使が翼をもつのは当たり前なのに、と思われるかもしれない。
実は、むかし天使には翼が無かった。クピド(キューピッド)ら神話の神と区別するためだ。
しかも、シルクロードのど真ん中、中央アジアの仏教遺跡では
領巾(ひれ)というストールを翻して空を舞う飛天がポピュラーだった。
そこはまさに西洋と東洋が、天使と飛天が出会う場所だったのだ。

Le garçon ailé me rappelle un ange ailé à Miran
dans le désert du Taklamakan aussi.

Un ange ailé ? L' ange est toujour ailé, n' est-ce pas?
Mais il y avait plus de hiten que l' ange dans l' art bouddhist.
La route de la soie a été le lieu où l' ange et l' hiten rencontrent.



c0345705_14470911.jpg

「唐子 人形」の画像検索結果


『ドイツ・トゥルファン探検隊 西域美術展』図録(京都国立博物館、1991年)より

唐子(からこ)の前髪* Chinese child's traditional hair stylegoogle search


c0345705_16351828.jpg



















この楓の実も有翼 (カメラ内蔵の魚眼レンズ加工)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!



おまけ*Bonus(with English summary)



(All Rights Reserved)











[PR]



Chopin ♪ Nocturne No.6 op.15-3

f0374041_11181739.jpg




風草に心づくのはいつも秋 なくした透かしの扇みつけた


c' est toujours l' automne
quand je trouve l'herbe du vent
j' ai trouvé
l' éventail que j' avais perdu
comme cette herbe élaborée



c0345705_19563678.jpg



野にゆるる透かし模様の檀扇は()をさしまねく風の草の穂


un éventail élaboré
secouant dans le vent,

c' est une herbe du vent

qui m' appelle
d' un geste de l' épi




c0345705_19570636.jpg




風草の写真をきれいに撮っていた友は旅に出た。
あれから僕は風草を撮るチャンスをつかまえた。
ずっとずっと待っていたチャンス。
なぜ、いまになって。
見すべき君はもう旅立ったのに。

Mon amie qui prit une belle photo de l' herbe du vent,
elle est partie.
J'ai saisi une occasion attendue de prendre cette herbe
après son départ.
Trop tard.


c0345705_21240526.jpg


金狗尾草(キンエノコロ)



シャッターを押した瞬間ひとつぶの白露ならぬ涙こぼれつ


J’ avais trop de départs et retrouvailles ces derniers temps...
je souris entre mes larmes…un peu épuisant…




c0345705_14470911.jpg

















『ドイツ・トゥルファン探検隊 西域美術展』図録(京都国立博物館、1991年)より


チャンスの神には前髪しかありませぬ中央亜細亜の天使のやうに

Kairos (Καιρός)
a une frange seulement
comme
un ange avec des ailes à Miran,
au sud du désert du Taklamakan



c0345705_20054196.jpg


神無月二日は聖守護天使の日 君の旅路をまもってあげて

October 2 is Guardien Angels Day.

「gardien angel」の画像検索結果

Franceschini, Marcantonio
The Guardian Angel
(wikimedia)

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!









[PR]

むかしスケッチブックに『十力の金剛石』(宮澤賢治) の挿絵を描いたことを思い出しました。(1987年)

c0345705_17504809.jpg

Diamant de dix Pouvoirs
illustré par snowdrop(1987, signature et tanka 2018)


やまひ癒えまつさらさらのたましひに賢治のことば鮮やけく染む

corps et âme guéris et purifiés furent colorées
par des mots aux couleurs vives de Kenji

 

c0345705_09332472.jpg


「十力の金剛石」は露でした。myイラスト、どこか永田萌ふう?

snowdrop「宮澤賢治の世界」(1987年夏) * サインと短歌は2018年
Le Monde de Miyazawa Kenji par snowdrop (signature en 2018)


国語科の恩師から譲られた絵本『十力の金剛石』
un livre d' images donné par mon ancien professeur



c0345705_10595875.jpg


宮澤賢治『十力の金剛石』より

ほろびのほのほ湧きいでて つちと ひととを つつめども
こは やすらけき くににして ひかりのひとら みちみてり(…) 」

「(…)十力の金剛石は露ばかりではありませんでした
碧いそら、かがやく太陽、丘をかけて行く風、
花のそのかんばしい はなびら や しべ、草のしなやかなからだ、
すべてこれをのせ になふ丘や野原、
王子たちのびろうどの上着や涙にかがやく瞳、
すべてすべて十力の金剛石でした。
あの十力の大宝珠でした。あの十力の尊い舎利でした 」

引用の前半は讃美歌ふう後半は仏典ふうでしょうか。^^


c0345705_11062452.jpg

ロザリオと数珠 * rosaire et chapelet (2015)

リンドウ(銀河鉄道の夜)*Train de nuit dans la Voie lactéeanimation, 1985

c0345705_09362333.jpg


Diamant de dix Pouvoirs(traduction d' extraits par snowdrop)

Bien que des flammes soient nées et aient entouré la terre et les gens,
voici le pays de la paix où il y a beaucoup de gens de lumière(…)

Le diamant de dix Pouvoirs fut non seulement la rosée mais
le ciel bleu, le soleil brillant, le vent qui court sur les collines,

les pétales et étamines de fleurs, les herbes souples,
celles qui portent tous, les collines et campagnes,
leurs vestes de velours, leurs yeux brillant de larmes,
tous furent le diamant de dix pouvoirs,
cette gemme de dix pouvoirs, cette śarīra de dix pourvoirs.

la citation comme un hymne, comme un soutra


c0345705_09390320.jpg

(



白露おく青き花野にこだまして汽笛かなしも

君し送れば


à la saison
de la rosée blanche
dans le champ de fleurs automnales

un sifflet fut triste

parce que je t’ accompagnais


98日から秋分までは白露はくろ)、今日(20日)は彼岸の入りです。。。




「袖ふる ももさへづり 萬葉 装束 見送る 額田」の画像検索結果

()()()

(2010年)



天上のむらさき野ゆき花野ゆき()たれとながめん


永久(とは)黄昏(くわうこん)


je marche

dans le champ de fleurs mauves

dans les cieux

qui regarde avec moi

le crépuscule éternel ?




c0345705_12173694.jpg

賢治の愛した法華経(『王朝絵巻と装飾経』)
Sūtra du Lotus(Saddharma Puṇḍarīka Sūtra) que Kenji aimait
岩手で求めた栞(双子みたいな迦陵頻伽=かりょうびんが=浄土鳥)
mon signet*Kalaviṅkas jumelles ?


双子の星(snowdrop 絵、1987年)
Étoiles jumelles illustré par snowdrop

c0345705_17565729.jpg


おまけ ☆
彡「星めぐりの歌」♪(宮澤賢治作詞、林光作曲)
Bonus ☆彡 Song of Constallations de Étoiles Jumelles
(words by Miyazawa Kenji, music by Hayashi Hikaru






もひとつ、おまけ 🍎 賢治の作品には林檎がよく出てきます


夏りんご
すこしならべてつゝましく
まなこをつむる露店のわかもの
 『宮澤賢治全集第3巻』



🍎 9月21日は賢治の命日、スイスではリンゴの日だそうです 🍎
🍒 桜桃忌」ならぬ 苹果忌」?!🍎

Bonus 🍎🍎 Le Jour de Pomme (le 21 septembre, Suisse)
September 21 is the death anniversary of Miyazawa Kenji.



c0345705_07024457.jpg


(イラストは1987年、サインと写真は2018年)

(illustration in 1987, signature and photo in 2018)

(All Rights Reserved)















[PR]
c0345705_08552548.jpg
梅田地下街の滝(7月)
an artificial waterfall, Umeda underground district, Osaka


七月に恩師の喜寿を祝うため梅田へ出かけました。

This artificial waterfall was photographed on my way to the celebration of our former teacher's 77th anniversary in July.


c0345705_15370413.jpg


 記事は五月にさかのぼります。
 京都国立博物館へ池大雅展を見に行きました。このエリザベス・テーラーのおぢさんが池大雅(1723-76)?いいえ、彼は『随想録(エセー)』で名高いミシェル・ド・モンテーニュ(1533-92)です。ひょっとして彼も清少納言の、あるいは吉田兼好の生まれ変わり…?
 それはさておき、江戸時代の文人画家、池大雅と、ルネサンス期フランスの哲学者、モンテーニュとは意外な接点があります。それは、彼らが子供の頃、母語よりもむしろ外国語の教育を受けたこと、そして旅を愛したことです。


 Snowdrop went to the retrospective exhibition of Ike-no-Taiga in May. This man wearing a ruff is not Taiga but Michel Eyquem de Montaigne who wrote Essais. Is he a reincarnation of Sei Shonagon or of Yoshida Kenkō (1284 – 1350)?
 Both Taiga and Michel received foreign education and loved traveling.


c0345705_20111852.jpg
「ローマの休日」のパンフレット、ゲーテ『イタリア紀行』、モンテーニュ『旅日記』(Journal de voyage par Montaigne)、「真実の口」の白ワイン(2014年撮影)


 モンテーニュは父の教育方針で、フランス語の話せない家庭教師からラテン語を習いました。大雅は3才頃より漢学や書法を学び、宇治にある中国寺、萬福寺にも出入りしていました。外国の文化にどっぷり浸かって育った幼児はどんな大人になるのでしょう。おそらくは、遠つ国を心のふるさとと慕う夢想家になるのでは…
 モンテーニュはラテン語の本場イタリアを旅し、『旅日記』の一部をイタリア語で書きました。一方、大雅は中国ではなく専ら日本を旅し、中国の画法を学びつつ広やかな風景画を描きました。その山水のなかには、しばしば自作の漢詩文がさまざまな書体で書きこまれています。


 Michel learnt Latin from his tutors who could not speak French according to his father's principal. Taiga learned Chinese classics and calligraphy before three years old and was praised by a priest of Manpuku-ji, Chinese-style temple in Kyoto. I wonder what such children will be like when they grow up. A dreamer who longs for a foreign country as his homeland ?
 Michel later traveled in Italy and kept a diary sometimes in Italian. Taiga traveled not in China but in Japan and painted beautiful landscapes sometimes in Chinese style. He often wrote his own Chinese poetry or prose in various forms of characters.


c0345705_20495817.jpg
「芳野山図」(大雅の作品の図版は展覧会図録『池大雅 天衣無縫の旅の画家』から引用)


 たとえば吉野山の絵にも漢詩が…!西行の和歌を思い浮かべながらも、自分が詩作すると漢詩になってしまうのですね!大雅は富士山、立山、白山、浅間山など、多くの霊山を踏破しました。書も絵もできる山男!

 While remembering Saigyo's waka, he composed a Chinese poem for his painting of Mount Yoshino ! 


c0345705_17004651.jpg


 これは「箕山瀑布」という自題と自賛を添えた滝の絵です。この「箕山」とは、大阪の「箕面山」のこと。大雅は滝の名をわざわざ漢語に直して隷書で記し、漢文の自賛を付したのです。   
 いっぽう、古代中国の「箕山」は、隠者の巣父(そうほ)や許由(きょゆう)が住んでいたという由緒ある山です。そんな「箕山」の名前を拝借して、大雅はにんまりしたことでしょう。あるいは、名勝の廬山に見立てたのかもしれません。
 風薫る五月、箕面へほんまもんの滝を見に行きました。大雅の滝は紅葉の秋の絵ですが、形はそっくり!

 Here is Waterfall at Mount Minoh (箕面山)painted and inscribed by Taiga. He called this Japanese mountain like Chinese one and inscribed in Chinese. He might have used this mountain to resemble Mount Ji(箕山) or Mount Lu(廬山) in China that he had not seen yet.
 Here is the waterfall at Mt. Minoh that snowdrop saw this May! Wow! Just like Taiga's painting !!


c0345705_15570866.jpg


 大雅のころに、モミジの天ぷらは無かったかもしれませんが…
 

 Were there tempra of maple leaves in the Edo period?


c0345705_16174269.jpg


「ももさへづり*やまと編」に出てくる楓(かえで)は架空の登場人物です。
父、五十嵐明(実在の画家)と二人して越後へ帰ってゆく彼女に…… ♬

For Kaede (maple) and her father ♬






朝の風薫る宿屋に客を待つ力車(ちからぐるま)の赤き天鵞絨(ビロード)


a rickshaw

waiting for a passenger

in a traditional inn

in the green morning wind

with the red velvet seat



c0345705_16194456.jpg

箕面の老舗旅館(5月)

人工の滝を縦長構図で…(7月)


Photo

(All Rights Reserved)


「北斎 阿弥陀ヶ滝」の画像検索結果

おまけ*Bonus
葛飾北斎「木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝」

Oku-Amida-ga-taki Falls by Hokusai

(google search)

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】







[PR]
c0345705_09241040.jpg


切手「星を見る女性」(太田聴雨)*stamp(ladies observing stars)

今日は旧暦の七夕ですね。

今月は金星のように大きな火星が見えています

According the lunar calendar, today is Star Festival of Altair and Vega.
This year we can observe the big Mars like Venus until September.





ポール・マッカートニー「金星と火星」


une nuit magnifique pour contempler cette voûte étoilée, le ciel était comme déchiré d’étoiles, nous avons une merveille au dessus de nos têtes Mo…


星々に引き裂かれたる大空よ 二人をわかつ天の河原よ


Le ciel comme déchiré d’étoiles

Voie lactée qui sépare Altair de Véga !



c0345705_21483847.jpg

朝の月(6月)


梅雨が明けたらお見せしようと思っていた、立葵の写真。
気がつけば、木槿や芙蓉の季節です。。。
いつもながらスローなsnowdrop!
白い月と、白い立葵。
立葵は花だけ見ると、白芙蓉そっくりです。
どちらもアオイ科。葉っぱや茎で見分けましょう。
芙蓉は英語で「綿のバラ」、綿の花(アオイ科)にも似ています。

The hollyhock with the moon in June (slow snowdrop!).
The hollyhock and the cotton rose are in the mallow family.
Their flowers are similar, but the leaves and stems are different.


c0345705_22003708.jpg





c0345705_13541358.jpg

































酔芙蓉をもとめて山科のお寺を訪ねたのは、一昨年の九月でした。

Snowdrop visited a temple in Kyoto to see the cotton roses in 2016.


c0345705_09583151.jpg


五輪塔に酔芙蓉(大乗寺)* cotton rose and five-ringed pagoda


『源氏物語』の柏木は光源氏の妻、女三宮を愛し、罪の意識に苛まれて病死しました。
女三宮を葵草にたとえ、神の許した挿頭(かざし、かんざし)の花ではないのに
罪を犯してしまった、と悔やみながら…

In the Tale of Genji, Kashiwagi, a young noble loved one of Hikaru-Genji's wives
and died with the sense of sin. He compared his forbidden lover to the hollyhock.


くやしくぞ つみおかしける あふひ草 神のゆるせる かざしならぬに 柏木


「柏木 源氏物語絵巻 」の画像検索結果
   病床の柏木*「源氏物語絵巻」徳川美術館HP
   Kashiwagi is ill in bed due to his tragic love.


立葵は不思議な花。お寺にも、洋館にも似合います。

フランスの画家が描いたパリの庭の立葵。
パリに憧れたいわさきちひろの栞を添えて。
そうそう、日本画家、鏑木清方が描いた横浜の庭も…

The hollyhock suits both Japanese temple and Western style house.


c0345705_09492642.jpg

















illustrated by Marthe Seguin‐Fontes, Iwasaki Chihiro (bookmark)



夏の日の西洋館をまもるごと門(かど)に並びしタチアオイの花

hollyhocks
standing in a queue
by the door or fence
of Western style houses
during the summer


a0332314_12200678.jpg

鏑木清方「築地川」* Tsukiji-gawa River by Kaburagi Kiyokata


おまけ * Bonus





(All Rights Reserved)


お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
















[PR]
c0345705_08403312.jpg


毎年いまごろ庭に咲く白百合、暑さのためか、今年はまだちらほら…。

Lys dans notre jardin, hier.




♪「マリアは天へ昇らせたまいぬ」♪

c0345705_16521687.jpg

ヴァチカンでみた奏楽天使、ヴェネツィアでみた祭壇画(2011年撮影)


8月15日は聖母被昇天の日、そしてsnowdropの母の月命日です。
(記念日反応? 心の準備をしておけば、軽くなるので大丈夫です) ^^
聖母マリアは、先に天に昇っていた我が子イエスの導きで天に昇りました。
ヴェネツィアで見たティツィアーノの祭壇画(手前の本)は
フラーリ教会を包む夕映えと同じに輝いていました


Aujourd'hui, c'est le jour de L'Assomption de la Vierge et
un des jours anniversaires mensuels de la mort de ma mère.
Je me souviens de L'Assomption de la Vierge de Tizian,
Basilica di Santa Maria Gloriosa dei Frari au crépuscule rouge.


フランスの小さな教会(photo par grillon)
c0345705_08261418.jpg


雛罌粟(コクリコ)は祈りの歌の光みつるステンドグラスに永久(とは)に花咲く

inspirée par grillon
kokuriko ha inori no uta no hikari mitsuru
sutendogurasu ni towa-ni hana saku

des coquelicots éphémères
pour toujours en fleur

sur un vitrail de l' église en pierre

pleine de chants et prières
Est-ce que j' ai reussi à rimer ?

Img_0014_800x600(2016年)


いつか訪ねてみたい。。。
い罌粟(ケシ、コクリコ)の玻璃窓のある小さなフランスの教会。
そして、罌粟矢車菊咲くイタリアの草原、夢の絨毯。。。

snowdrop veut visiter un jour
une petite église en France avec ces vitraux de coquelicots rouges
et un tapis de coquelicots et bluets de Norcia, Italie





青い海こえてき花便りけふも届きぬ ゆめのくにより

au-delà de la mer
des lettres sur des coquelicots
sont arrivées
aujourd'hui aussi
du pays des rêves




↓私のお気に入り♪ my favorites (2015)

c0345705_14173996.jpg



















天と地をきらめく夢の花々は 王子の笑顔 君の咲(え)む声

des fleurs du rêve
scintillants dans les cieux
et sur la terre
c' est mille rires du Petit Prince
et ta voix souriante, charmante

c0345705_17375424.jpg


海越えて「ありがたう!」を届けてよ大正ろまんの罌粟の切手よ

envoyez
mes merci et grazie mille!
une timbre

des coquelicots
de l'ère Taishô!

♥ Merci beaucoup, grillon ! ♥
Bon repos !
☆彡 Grazie mille, naoko-san!★☽

c0345705_09013750.jpg

おまけ*Bonus

これはきっとフランスのニャンコ。。。

Voici un chat par Leonard Fujita 🐈

c0345705_09592336.jpg

コクリコ、ヤグルマギク、小麦柄のタピスリーと猫
「タピストリーの裸婦」(部分) Nude with Tapestry 
『藤田嗣治展
 LEONARD FOUJITA2006年)


「藤田嗣治 猫 切手」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)























[PR]
c0345705_18063885.jpg



今年もゆくあてのない夏帽子…
日曜の朝、新聞をひらいたら、夢二の絵が目に飛び込んできました。
いぜん岡山に泊まった時、夢二郷土美術館に寄りたかったのですが…
ちょうど降り始めた雨に、まっすぐ帰るよう宿の人に勧められました。
岡山の雨はきっとあの頃も激しく降ったのでしょうね。。。
頂き物の「竹久夢二本舗敷島堂」の涼菓、今日はどれにしましょうか。

My straw hat without destination this summer also…
Let's read today's paper including an article on Takehisa Yumeji.
Today's dessert is gelées assorties (Yumeji Hon-po Sikishima-do). 
(written on Sunday)

f0374041_11090504.jpg



夏の宵、ミントの羽飾りをさしたスライスレモンの夏帽子をかぶって
ゼリー嬢は誰を待つのでしょう。デラウェアのブーケをかかえて…
彼女のそばで咲いているのは、レモンいろの待宵草。

In the summer evening, wearing a summer hat of a slice lemon with mint leaves,
with a bouquet of grapes, who are you waiting for, Mademoiselle Gelée ?
Oenothera stricta, lemon yellow flowers are in bloom by your side.



f0374041_05464350.jpg


竹久夢二は「宵待草」の作者として知られます。
待宵草のまちがいでしょうか?
いいえ、夢二は「宵待草」というひびきを愛して、造語したのだと思います。







ニュー・ピオーネのゼリーは紫陽花のお帽子に。

This jelly is like a cloche of a hydrangea.


c0345705_18215619.jpg
「高畠華宵 帽子」の画像検索結果
(google search)


はじめての一人旅は二十歳の夏 倉敷の橋 アイビースクエア

the destination of
my first secret solitary journey
was Kurashiki, Okayama
in the summer when I was twenty
Nakabashi Bridge, Ivy Square Hotel



あのころはカメラを持たず、目に焼きつける旅でした。
「カメラ女子ならぬ目玉焼きガール」◎◎

Snowdrop used to travel without her camera
so as to remember well what she saw…



「エルグレコ 倉敷 」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)


お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
おすすめ夏レシピ&お出かけ夏グルメ【PR】











[PR]
c0345705_05231429.jpg
わが庭の高砂百合(2015年撮影)* 早くこの雨がやみますように…


 漱石の白い百合は西洋の花なのだろうか。もう一度、『それから』と『夢十夜』の百合の場面を読み返してみよう。

「雨は依然として、長く、物に音を立てて降つた。二人は雨の為に、雨の持ち来す音の為に、世間から切り離された。(…)二人は孤立の儘、白百合の香の中に封じ込められた」

「すると石の下から斜(はす)に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。見る間に長くなつて丁度自分の胸のあたり迄来て留まつた。と思ふと、すらりと揺ぐ茎の頂に、心持首を傾(かたぶ)けてゐた細長い一輪の蕾が、ふつくらと瓣(はなびら)を開いた。真白な百合が鼻の先で骨に徹(こた)へる程匂った。そこへ遥の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。(…)」


 ここには、西洋の爽やかな夏とは対照的な日本の湿気が感じられる。


a0332314_15122320.jpg


Soseki' s white lily is Western one? Snowdrop read again Soseki's works. For example, the below scene is full of the humidity typical of Japanese climate, contrary to European one.

"They were cut from the world by the rain, by the rain-falling sound. (…) They were still alone, closed in the smell of white lilies." (And then * trans. by snowdrop)



c0345705_15412473.jpg


 漱石の『虞美人草』には、虞美人草(ヒナゲシ)の銀屏風が出てくることが知られる。これを描いたとされる酒井抱一は、江戸時代後期の琳派画家である。ただし、銀地に真紅の虞美人草を描いた美しい屏風は、じつは現存しない。漱石の空想の産物とも言われる。(NHKの「日曜美術館」で復元作品が紹介されたことがある)
 ここでsnowdropが注目したいのは、現存する酒井抱一の銀屏風、「夏秋草図屏風」の白百合である。

It is known that The Poppy by Soseki refers to a folding screen representing red poppies on the silver ground by SAKAI Hoitsu, a Rinpa painter in the late Edo period. This beautiful screen does not exist. They say that it is propably Soseki's imagination.


a0332314_10240997.jpg
酒井抱一「夏秋草図屏風」(部分)『酒井抱一と江戸琳派の全貌』
Summer and autumn flower plants by Sakai Hoitsu(detail)


 これが抱一の銀屏風に描かれた白百合である。染み一つない白百合。おなじ琳派の鈴木其一が描いた斑入りの山百合(図版は末尾)と比べると、その純白がきわだつ。
 抱一を好んだ漱石は、この有名な銀屏風を見たことがあるに違いない。銀地の虞美人草図屏風も、ここから構想したのかもしれない。

Here are white lilies on the silver ground painted by Hoitsu. These immaculate lilies are different from spotted ones by Suzuki Kiitsu, an another Rinpa painter. Soseki, a Hoitsu-lover, must have seen this famous silver screen. It might have inspired Soseki to imagine that silver screen of red poppies.


c0345705_05282952.jpg


 こちらは大和文華館で今年撮影したササユリである。咲き初めの薄紅色が愛されるが、ひらき切ると白くなる。すくすく伸びれば、胸の高さほどまでになる。漱石はどこかでこの野の百合を見たことがあったかもしれない。『夢十夜』の百合はこちらだろうか。ただし、香りはそれほど強くない。
 それに、三千代が抱えてきた百合は花屋で売られていた。ササユリは花屋に並ぶような花ではなさそうだ。

Here is Lilium japonicum, that turns from pink to white while opening. It grows upward in front of a man's chest. Did the author see this kind of lily in somewhere? Is this the white lily of Ten Dreaming Nights ? But the smell is not so strong as depicted in the novella. As for the lilies that Michiyo (And then) brought to Daisuke, they were the ones in a flower shop. But Lilium japonicum is a wild flower.


c0345705_11033268.jpg


 『それから』の百合も『夢十夜』の百合も、白の色と強い香りが強調されている。けれども、花びらの具体的な描写はない。じつは漱石は写実描写にすぐれた作家であった。たとえば木蓮の白はこのよう表されている。

「徒らに白いのは寒過ぎる。(…)木蓮の色は夫ではない。極度の白きをわざと避けて、あたたかみのある淡黄に、奥床しくも自らを卑下して居る(…)」(『草枕』)


The lilies
in both works have the strong smell and white colour. But there is no realistic depiction of the petals, such as the magnolia in Grass Pillow

“ The pure white looks icy. (…) The white of the magnolia is not so. It declines the extreme white and prefers the warm cream colour humbly. (…) ” (trans. by snowdrop)
 


c0345705_13454166.jpg


 漱石の白い百合は細部が描写されていないため、品種を特定することは難しい。強い香りと白い色が強調された彼の百合は、抱一の描いた日本の百合と、西洋のマドンナ・リリーとが重なって生まれたイメージのなかの百合なのかもしれない。

It is difficult to identify the kind of the white lily in Soseki's works. His lily with white petals and strong smell might be the imaginary one that was born from the Japanese white lily painted by Sakai Hoitsu and from the Madonna lily depicted by Western painters and writers.


c0345705_11365783.jpg

鈴木其一「夏秋渓流図屏風」(部分)『酒井抱一と江戸琳派の全貌』
Suzuki Kiitsu's mountain lily (detail)

(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】









[PR]
a0332314_04144181.jpg
わが庭の高砂百合(2015年撮影)*Formosan lily


 夏目漱石の小説『それから』に出てくる白百合の品種は何か?こう問いかけるのは、『漱石の白くない百合』を著した植物学者、塚本裕一氏である。曰く、
 日本の白百合の代表格、山百合には黄色の筋や赤い蕊があり、間近では純白には見えない。漱石の白百合は遠目のイメージ、あるいは西洋の白百合を思わせる。
 西洋の白百合とはマドンナ・リリー(聖母の百合)である。日本では鉄砲百合がこれに近い。

 The white lily in a novel And then by Natsume Soseki, what kind of lily is that ? A botanist, Tsukamoto Hirokazu asks in his book, Soseki's lily that is not white.
 According to him, Japanese represntative white lily, the mountain lily does not look white because of its yellow spots and red stamens. Soseki's white lily might be the mountain lily(golden‐rayed lily)seen from a distance or the Western lily(Madonna lily). The Madonnna lily is similar to the trumpet lily(Easter lily)in Japan.


「それから 映画 藤谷美和子 百合」の画像検索結果

映画「それから」(google search)*これは鉄砲百合?
trumpet lily(?) *  And then (film)


 snowdropは塚本氏の本を閉じた。『それから』を本棚から出してきて、拾い読みしてゆく。主人公代助と、その友人の妻三千代の心が寄り添うとき、そこにはいつも白百合の香りと雨の音がある。

「三千代は何にも答へずに室の中に這入て来た。セルの単衣の下に襦袢を重ねて、手に大きな百合の花を三本許提げてゐた」
「雨は依然として、長く、物に音を立てて降つた。二人は雨の為に、雨の持ち来す音の為に、世間から切り離された。(…)二人は孤立の儘、白百合の香の中に封じ込められた」


(『それから』より。母の持っていた漱石の本はすべて旧仮名遣いです)


Snowdrop changed her books from the botanist's to Soseki's original, And then in her mother's bookshelf. Whenever the hero Daisuke and heroine Michiyo understand the feelings each other, there are the scent of white lilies and sound of rain.

"(…)They were cut from the world by the rain, by the rain-falling sound. (…) They were still alone, closed in the smell of white lilies." (And then * trans. by snowdrop)



c0345705_05352075.jpg


 漱石の百合といえば、『夢十夜』の百合が知られる。黒い瞳の女の墓標から咲いた純白の百合である

「すると石の下から斜(はす)に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。見る間に長くなつて丁度自分の胸のあたり迄来て留まつた。と思ふと、すらりと揺ぐ茎の頂に、心持首を傾(かたぶ)けてゐた細長い一輪の蕾が、ふつくらと瓣(はなびら)を開いた。真白な百合が鼻の先で骨に徹(こた)へる程匂った。そこへ遥の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。(…)」

Soseki's most famous lily appears in Ten Dreaming Nights. It is a white lily opened up from a black-eyed lady's tomb, upward in front of the hero's chest.


c0345705_12120864.jpg


『それから』の三千代と『夢十夜』の女との間には共通点がある。大きな黒い瞳である。

「三千代は美くしい線を綺麗に重ねた鮮かな二重瞼を持ってゐる。眼の恰好は細長い方であるが、瞳を据えて凝(じつ)と物を見るときに、それが何かの具合で大変大きく見える」(『それから』)

「大きな潤(うるほひ)のある眼で、長い睫(まつげ)に包まれた中は、只一面に真黒であつた。」(『夢十夜』)

There is a common element between Michiyo in And then and the lady in Ten Dreaming Nights. ― big, black eyes.


a0332314_11252911.jpg
パレストリーナ(1525-1594)モテトゥス「マリアは天に昇らせたまいぬ」「いばらの中のユリのごとし」
https://www.youtube.com/watch?v=DxezcOzchoI


 漱石には、英国留学中に学んだイギリス文学を翻案した作品もある。アーサー王伝説を題材にした『薤露行(かいろこう)』(1905年)。『夢十夜』(1908年)の3年前に書かれた短編である。

「息絶えて、身の暖かなるうち、右の手にこの文を握らせ給え。(…)隙間なく黒き布しき詰めたる小舟の中にわれを載せ給え。山に野に白き薔薇、白き百合を採り尽くして舟に投げ入れ給え。―船は流し給え」(『薤露行』)

 この少女エレーンのセリフ回しは、『夢十夜』の女のそれとよく似ている。

「死んだら、埋めて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして天から落ちて来る星の破片(かけ)を墓標(はかじるし)に置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて下さい。また逢いに来ますから」(『夢十夜』)

Soseki wrote a novella Kairoko(1905) an adaptation of the legend of King Arthur three years before Ten Dreaming Dreams (1908). Lily Maid's words in the former are similar to those of the lady in the latter. "When I die, …"


「film anne of green gables lady of sharotte boat」の画像検索結果

映画「赤毛のアン」*エレーンごっこをするアン
(google search*film*Anne disguising herself as Elaine, Lily Maid)



 漱石の白い百合をめぐって、『それから』から『夢十夜』へ、そして『薤露行』へとさかのぼる白い糸が見えてきた。原点にはアーサー王伝説が…それでは、漱石の白百合は西洋の花なのだろうか?植物学者ではないsnowdropは、美術史家気分で考えてみよう。(つづく)

Snowdrop has found a white thread from And then to Ten Dreaming Nights and Kairoko, whose origin is the Arthurian legend. Then Soseki' s white lily is Western one? Snowdrop will consider that as if she was an art historian, not a botanist.


a0332314_10395556.jpg

(To be continued)

(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】









[PR]
c0345705_05364651.jpg



6月24日は夏のクリスマス、聖ヨハネの日です。この日、洗礼者ヨハネが生まれました。
イエス・キリストの誕生日、クリスマスが冬至のころの12月25日とされたように、
聖ヨハネの日は夏至のころに定められました。その前夜は夏のクリスマス・イブです。
夏至を境に日が短くなってゆくので、人々は大きな焚火でお日さまを応援します。
夏のクリスマスツリー?

Today is the Nativity of Saint John the Baptist.
While Christmas is around the winter solstice,
Summer Christmas around the summer solstice.
The people try to give the power to the declining sun
by the bonfire on St John's Eve.
Summer Christmas Tree?


c0345705_05444334.jpg



聖ヨハネの火よ燃えあがれめらめらと紅濃ゆき花びらのごと

Feux de la Saint-Jean,
flamboyez!
comme
des pétales rouges
d' iris, Lilium maculatum


c0345705_11002883.jpg



ラファエロ・サンティの描いた「牧場の聖母子と聖ヨハネ」。
お盆と正月が一緒に来たような絵ですね!(右が聖ヨハネ)
兄弟のように描かれた二人が出会うのは、じつは大人になってからです。

The Virgin and Child with St John the Baptist by Raphael.
The painting where two Christmas come at once!
In fact, Jesus and John did not meet in their childhood.


c0345705_06271375.jpg


兄弟のような透百合(柳生花菖蒲園)Lilium maculatum like Jesus and John


スカシユリは園芸品種になりました。野に咲くササユリよりも華やかです。
奈良の率川神社には、笹百合を手にした巫女が舞う百合祭りがあります。

While the above lilium maculatum are the garden species,
Lilium japonicum is
a wild flower.
In Lily Festival since 701, four shrine ladies of the Isakawa Shrine
dance with this lily (photo in 2016).


c0345705_12040149.jpg












ササユリ
(大和文華館)
*Lilium japonicum


Img_2065_800x602


率川神社(2016年6月17日)



巫女(みかんこ)と君がたとえたその日からチェリーセージが和の花に見ゆ

Since the day
when you compared the cherry sage
to the shrine maiden,
these red-and-white flowers
look like Japanese flowers



c0345705_05372879.jpg

チェリーセージ(箕面、5月)



「聖ヨハネの水」というものがイタリアにあることを去年知りました。
草花の夜露や、イブに草花を浸けておいた水を体に浴びるのだとか。
ウンブリア地方には、草花を水に浸して外の月光のなかに一晩おき、
翌朝、花の精気に満ちた香り高い水で顔を洗う慣習があるそうです。
南欧らしい芳しい慣習ですね。
こちらはイタリア在住のNaokoさんお手製の「聖ヨハネの水」です。

I learned there is the water of St. John (l'Acqua di San Giovanni)
by the below article last year.
They immerse wild flowers in the water in the moonlit garden
and wash their faces with that fragrant water the next morning.


L'Acqua di San Giovanni fatta a mano!
Bellissima! Grazie mille, naoko-san!


(2017年)


今年は山で摘んだセイヨウオトギリソウ(聖ヨハネの草)やバラ、
ご自宅のセージやミント、ローズマリー、ラベンダーも加わり
華やかさと薬効がさらにアップしました。
私たちも美しい水の力を分けてもらいましょう。

Here is l'acqua di San Giovanni made by Naoko-san and her husband in 2018.
St. John's wort and roses that she picked with her husband in a mountain,
and the sage, mint, rosemary, lavender in their garden are added.
PARTAGEONS L'ENERGIE DE L'EAU DE JEAN-BAPTISTE !
Bellissime!! Grazie mille, naoko-san!!


(2018年)


そういえば北欧には、夏至の夜に七種類の野花を摘む習慣がありましたっけ。

And Moomin's girl friend picks seven kinds of wild flowers on St John's Eve
so as to divine her future husband...
「Tove seven flowers summer jansson」の画像検索結果
『ムーミン谷の夏祭り』(google search)


おまけ*Bonus

フィレンツェの紋章はアイリス、または百合とされます。
フィレンツェの修道院の石鹸の説明書です(1999年)。
(今年はヨハネの水の花風呂をつかった人もいるとか…)

Fleur-de-lys (Giglio) di Firenze

c0345705_12575698.jpg


(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】













[PR]