タグ:Peinture (絵画) ( 146 ) タグの人気記事

c0345705_15083997.jpg



紫陽花はうそつき?
花に見えるのは、じつは萼(がく)。
青い花と蕊(しべ)はこんなに小さい!

The hidrangea is a liar.
What look like flowers are the sepals.
Its blue flowers and stamens are so small!


c0345705_15324074.jpg



ちっちゃな蜂を探してごらん。
ピンクとブルーのひらひらの中じゃなくて、
金平糖みたいな蕊(しべ)の集まったところ。
蜂はちゃぁんと知っている。

Do you find a little bee (in the 2nd fig.)?
Not on the petals but on the star-like stamens.
The bee knows well where the real flowers are.


c0345705_20330298.jpg
c0345705_07041101.jpg

「pompadour madame」の画像検索結果

(google search)



華やかなフリルがついているのは、飾り花。貴婦人のドレスのような。
(ポンパドゥール夫人はフランスの紫式部あるいは清少納言?

The decorative sterile florets look like the frills of a dress of
Madame de Pompadour, French Sei Shonagon or Murasaki Shikibu?



c0345705_15094779.jpg



むかし、日本には萼アジサイしかなかった。
万葉集の紫陽花の歌はわずか二首。
紫式部にも清少納言にも顧みられることはなかった。

山にひっそり咲く紫陽花に魅せられたのは
江戸時代に来日した医師にして自然科学者、シーボルトだった。
ある日彼は、装飾花
に覆われた手毬のようなアジサイを見つけた。

彼はその青い手鞠花をヨーロッパへ持ち帰った。

There were only the lacecap hydrangea in Japan.
Both Murasaki Shikibu and Sei Shonagon ignored it.
It was Siebold who admired it for the first time.
He found a Japanese handball-like one covered with
the decorative sterile florets, which he brought to Europe.


a0332314_04515902.jpg

シーボルト(1796-1866)の "Otakusa" (wikipedia)


彼には日本人の妻がいた。楠本滝、お滝さん、オタキサン
紫陽花は海を渡ったが、お滝さんは日本に残された。
お滝さんは娘のイネと小舟から夫の船を見送った。
きっと少しでも長くシーボルトを見ていたかったのだろう。
シーボルトは帰国後、その紫陽花に日本の妻の名前をつけた。
彼の植物誌に記されたOtakusa
オタクサの文字をみるたび
切なくなる。


He had a Japanese wife, KUSUMOTO Taki, O-Taki-san.
He brought back the hydrangea bur left his wife in Japan.
She and Ine, their daughter saw him off from a small boat
because they wanted to see him as long as possible, I think.
After returning, he named the hydrangea "
Otakusa".



c0345705_15434884.jpg


お滝さんに代はりて詠める * in place of O-Taki-san


紫陽花の海の彼方へ消えてゆく優しい嘘つき…青い瞳の


my gentle liar

who is vanishing

in the hydrangea sea

my gentle blue eyes

just like that hydrangea!


c0345705_14072970.jpg


アジサイと稲田 * hydrangea and rice (Ine) field

イネに代はりて詠める *
in place of Ine, Siebold' s daughtrer


海の果てに橘ありや時じくの香の木の実のあらましものを


overseas
is there Chirtus tachibana
a fruit of the longevity?
I wish I could bring it
to my father


a0332314_15580749.jpg

手毬のような「山あじさい」


イネは父と同じ医師となり、木の実ではなく医術で
人々の命を延ばした。

Ine became a doctor like her father and healed the people
not by the fruit but by the medicine.


今日は父の日です Today is Father's Day in Japan.



c0345705_14001114.jpg



18世紀末に中国経由でヨーロッパに伝わっていた紫陽花から、
そしてシーボルトと海を渡った青い手毬のような山紫陽花から、
色とりどりの西洋アジサイが生まれた。
虹の毬のような花々には、雨を知らないものも多いかもしれない。

From the hydrangea that had been transferred to Europe via China,
and Siebold's blue hydrangea, various colours of flowers were born
in Kew Gardens, London.
Some of those colorful flowers might not know the rain.


c0345705_18132285.jpg


Willebeek le Mair*Little Songs of Long Ago(1912)


(All Rights Reserved)


umiさんの企画に参加中です。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】



[PR]
c0345705_07030469.jpg


むかし友達と「薔薇の名前」という映画を観ました。今日は人の名前をもつ薔薇を、snowdropのアルバムから取り出してみましょう。晴れた日の薔薇は須磨離宮公園(2015年)と中之島バラ園(2016年)、雨上がりの薔薇は靭公園(2018年)で撮影しました。

Le Nom de la Rose…snowdrop vit ce film avec des amies il y a trente ans. Aujourd'hui elle choit quelques photos des roses avec le nom de personne.



c0345705_07183000.jpg

ピエール・ドゥ・ロンサール*Pierre de Ronsard


みんなが大好きな薔薇、ピエール・ドゥ・ロンサール。フランスのルネサンス詩人の名前です。「命短し恋せよ乙女」…彼は薔薇の花を見にゆこうと乙女を誘います。

Pierre de Ronsard(1524~1585) est l'un des poètes français les plus importants du XVIème siècle, et son nom est connu par Japonais comme une rose populaire.


(…)あなたの齢(よわい)が
いまを盛りと花咲いている間に
摘めよ 摘めよ あなたの若さを
この花と同じく 老いが
あなたの美しさを色褪せさせるだろうから
(「カサンドルへの頌歌」snowdropによる抄訳)

(…)Tandis que votre âge fleuronne
En sa plus verte nouveauté,
Cueillez, cueillez votre jeunesse :
Comme à cette fleur, la vieillesse
Fera ternir votre beauté. ― Ode à Cassandre, Pierre de Ronsard



c0345705_07404406.jpg


「命短し恋せよ乙女」とうたったのはロンサール(1524~1585)が初めではありません。ロレンツォ・メディチ(1449~1492)がすでに「薔薇を摘め」という詩を作っていました。「一日の花を摘め」という詩句は、古代ローマの詩人ホラティウスにさかのぼります。

Lorenzo de' Medici(1449~1492)avait chanté "Cogli la rosa, o ninfa, or ch'è il bel tempo," et Horatius Flaccus (65 BC~8 BC), ”Carpe diem".



c0345705_07063624.jpg
ミケランジェロ*Michelangelo ♡ Un coeur au coeur de la fleur


「michelangelo sistina livia piterest」の画像検索結果
システィーナ礼拝堂(pinterest)


ルネサンスは古代ローマやギリシアへの憧れが花開いた時代。フィレンツェを治めていたロレンツィオ・メディチは、若き日のミケランジェロのパトロンでもありました。ミケランジェロは彫刻家にして画家、建築家、そして詩人でした。

Lorenzo fut un patron de Michelangelo. ”Michel più che mortale Angel divino. Pittor, scultore, architettor, poeta.”


十重二十重(とえはたえ)、花また花で織りつづられた花綵(はなづな)は
またなんと匂い晴れやか、金髪の婦人の髪のその上に、
花一輪また一輪としなだれかしぐ、
花々はあい競い君の額に口づける(…)(― ミケランジェロ、平川祐弘訳)

Quanto si gode, lieta e ben contesta
di fior sopra' crin d' or una, grillanda,
che l' altro inanzi l' uno all' altro manda,
come ch' il primo sia a baciar la testa!(…)(― Michelangelo)


c0345705_07074074.jpg
アンリ・トゥールーズ・ロートレック*Henri de Toulouse-Lautrec

「lautrec poster pinterest」の画像検索結果
(pinterest)

ロートレックは19世紀末フランスで、夜の酒場の絵やポスターを手がけた画家です。下のセピアの写真は、「小さな宝石」と呼ばれていた頃のロートレック。なんてかわいい!

Henri de Toulouse-Lautrec (1864~1901), il était appelé Petit Bijou dans son enfance.

a0332314_12215365.jpg

「Anne frank childhood pinterest」の画像検索結果
(amazon)

最後は「アンネ・フランクの思い出」という名の薔薇。この薔薇は靭公園だけでなく、ボランティアによる花壇にもたくさん咲いていました。

Voici Souvenir d’ Anne Frank… il y avait beaucoup de ces roses non seulement au parc mais aussi aux parterres de volontaire.


c0345705_07234261.jpg


しなやかな少女(をとめ)潜みし窓辺にはましろき頬(ほほ)の雀も来しや

la fenêtre
où cachait
une jeune fille sage
un moineau visitait
à joues blanches ?



日本の雀の頬には●(黒まる;ホクロ)が…
moineau japonais à joues noirs●


c0345705_07141899.jpg


敷島のやまとの雀はほくろ美人 吾(あ)のうなじにもほくろがひとつ

moineau japonais
est la belle
avec deux grains de beauté
il y en a un
sur ma nuque aussi


「つけぼくろ ヨーロッパ」の画像検索結果

おまけ * 首筋のほくろをお洒落黒子(おしゃれぼくろ)といいます。
フランス語でほくろは「美の粒、斑」です。むかしの人はつけ黒子も…
Bonus * des mouches (図版はポーラ文化研究所HPより)


coco*さんの企画に参加させていただいています。



「薔薇の名前」のストーリーはほとんど忘れてしまったけれど、こちらの映画は…

(つづく*To be continued)

c0345705_11004858.jpg

(All Rights Reserved)

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】



[PR]

c0345705_11172211.jpg
平安神宮と疎水と染井吉野*Torii & MoMA, Kyoto

 snowdropには染井吉野の写真が少ない。
 子供のころ、近くの小さな神社へみんなでお花見に行った。そこでsnowdropは染井吉野を見た。きれいだった。うすべにの花、花、花…。綿菓子みたい!甘くてやわらかいものだけでできている!ひたすら眺めた。眺めつくした。たぶん一生分を。
 あの日の、あの花より美しいと思える染井吉野に出会ったことがない。

 Snowdrop has taken photographs of Somei Yoshino lesser than other breeds.
 When she was a child, she has gone to see the cherry blossoms at a local shrine with her family. The flowers of Somei Yoshino were beautiful, pale pink and soft like clouds, like cotton candies. She observed, admired, and appreciated probably a lifetime's worth of Somei Yoshino.
 She has never seen since then Somei Yoshino as beautiful as those on that day.



c0345705_11141242.jpg
「二つ折りの座」(京都国立近代美術館)*お花見の座布団にぴったり?
folded-cuchion-like contemporary art object in the garden of MoMA Kyoto


 染井吉野は、江戸彼岸と大島桜が交雑してできた一本の木を祖とするクローンだという。葉が出る前に、花だけがぱっと開く華やかさが好まれた。いちどきに咲いて、いちどきに散る。武士道を思わせるこの花は、武士の世が終りに近づいた江戸末期に生まれ、武士が滅びる明治時代から大量に植えられた。
 染井吉野の名は、江戸の染井村で育成されたことと、花の名所・吉野への憧れとに由来する。

 Somei Yoshino is said to be a kind of clone, whose flowers emerge before the leaves. All the flowers bloom and fall at the same time. Somei Yoshino reminded Japanese people of Bushi-do, the code of the samurai.
 This breed
was born at the end of the Edo period(warriors’ time)and has been planted since the Meiji period when the warrior class was abolished. The name of Somei Yoshino derives from a gardener village in Edo, Somei and the most famous place for cherry blossoms, Mt. Yoshino.



c0345705_11250080.jpg
明治時代のお花見(今月のカレンダーから)


 生長は早いが寿命は短い。いちどきに咲いて、いちどきに散る。もろくあやうい、クローンの桜。第二次大戦中、日本兵の理想にまつり上げられた。
 敗戦後、焦土を覆い隠すように、ふたたび大量の染井吉野が植えられた。それらは今いっせいに老いつつある。

 Somei Yoshino grows fast and lives a shorter life. The fragile clone cherry tree was regarded as a symbol of Japanese soldier’s ideal during the World War II: blooming and falling at the same time.
 After the War, many Somei Yoshino were planted in order to cover the scorched earth. These trees are now growing old at the same time.



c0345705_11120763.jpg


 染井吉野はいつも滅びに立ち会ってきた(武士道、皇国史観)。日本人の美意識と、弱さと、したたかさを背負い、毎年咲いては散り、咲いては散り、生き急ぐかのように老いを迎え…。
 吉野の名を引きながら、吉野の山桜からもっともかけ離れた桜。山桜や枝垂れ桜のように、それだけでは絵になりにくい。誰からも愛されるけれども、偏愛されることが少ない。

 Somei Yoshino has always witnessed the downfall, such as that of Bushi-do, of the historical view that Japan is a country under the eternal reign of living god emperors. This breed has represented the Japanese aesthetic sense, has included Japanese strongnesssometimes slynessand weakness, bloomed and fallen every spring, lived fast and grown old.
 Though its name includes Yoshino, it is the farthest from the wild cherry on Mt. Yoshino. It does not make a lovely picture as well as mountain cherry or weeping cherry. While it is liked by everyone, rarely loved passionately.

 
c0345705_10572043.jpg
「桜花」『小林古径』朝日新聞社(上)* 吉野の山桜(下)
Cherry Blossoms by KOBAYASHI Kokei*mountain cherry in Yoshino
a0332314_06222455.jpg


 明治維新150年。まだ、150年?!なんという嵐の時代をくぐり、嵐を起こしてきたのだろう、日本は!染井吉野は!
 日本語も嵐のなかにあった。文語体から口語体へ、旧仮名遣いから新仮名遣いへ…。いっそローマ字に統一しようという声。いやいや、フランス語を公用語にすべきだという声…(あの志賀直哉が!)。
 いっぽう、琉球や蝦夷のことばを奪い、アジア諸国に日本語を押しつけようとした。果ては『万葉集』までもが戦意高揚のために用いられた。

 
 2018 marks the 150th anniversary of the Meiji Restoration.What 150 years! Japan and Somei Yoshino have lived through the turbulent period.
 Japanese language also has been in the storm. It has changed from literary style to colloquial one. Some maintained to use only Roman letters, some
ex. SHIGA Naoya, a great authorrecommended French as the official language.
 Japan prohibited the use of dialects and ethnic languages, and forced Japanese on Asian countries. Even some poems in Man’yo-shu were used to foster the spirit for the war.



c0345705_17081416.jpg
伝統的な屋形船がこの春、復活した*traditional yakata-bune (private boat)


 合理化をとるか、伝統を守るか。そもそも伝統とは?日本らしさとは?蜻蛉(とんぼ)のかたちをした小さな島国のアイデンティティをどう守ればいいのか。
 明治以来、巌のように圧してくる西欧文明、大戦前後に押し寄せてきたアメリカ文化…激動の百年!その約十分の一は迷妄の十五年戦争。ふりかえれば室町は、平安は、天平は百の十倍の過去、千年の昔…
 染井吉野は、明治維新後150年のすべてを見てきた。
 みずからの美しさを誇るよりもむしろ、日本のふるい景観と新しい町並みの両方に優しく、美しく、寄り添いながら。

 Japanese people discussed. Which should be selected, rationalization or tradition? What is our tradition? What is the Japaneseness? How can we protect the identity of this dragonfly-like small island? The pressure of Western civilization since the Meiji period, the inflow of American culture after the World War IIwhat stormy hundred years! While one-tenth of that is the delusion of wartime (fifteen years), ten times of that is the distance to the Muromachi, Heian, or Tempyo peroids (around thousand years before)….
 Somei Yoshino has seen everything during these 150 years, while gently supporting and beautifying both traditional and modern landscapes rather than manifesting its own beauty.


a0332314_08501750.jpg

















クローンのさくらはかなし青白きLEDの灯に照らされて


des fleurs de Somei-yoshino,

un cerisier cloné,

elles semblent triste

sous la lumière pale
à DELdiode électroluminescentelight emitting diode



Dscn1070_4


「末期の眼」で桜をあふぐ川端へ花の瞳はなに語りけむ


c0345705_05201255.png

















「宵桜」『東山魁夷展』(朝日新聞社)*東山魁夷は、川端康成の本の装丁も手がけている。

Evening cherry blossoms by HIGASHIYAMA Kaii, who bound some of KAWABATA Yasunari's books

(All Rights Reserved)

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



[PR]
c0345705_19503556.jpg
イースターのころ届いたカード &『マリー・クレール』のコラージュ
collage d' une carte de L…et Marie Claire


愛という花輪のなかの赤ちゃんへジャポンのリース四つ贈らむ


À ta petite fille
dans une guirlande d' amour
je voudrais envoyer
quatre guirlandes japonaises
avec des fleurs de cerisier, magnolia, mimosa, et baby's breath spirea



Pour Ma… et trois enfants

c0345705_16551665.jpg


桜の花輪*fleurs de cerisier


c0345705_20030840.jpg


マグノリアの花輪*magnolia

c0345705_07072147.jpg


雪柳*baby's breath spirea(赤ちゃんの吐息のシモツケ花)

c0345705_07055402.jpg


ミモザの花輪*mimosa en 2015


2004年、ノルマンディの復活祭休暇に知り合い、
2015年、ミモザの季節の日本を訪れたL…は、春の女神のように帰ってゆきました。
そして去年、L…は結婚してこの春、ミモザの日より少し前に赤ちゃんを産みました。
アムールを手に入れたL…、おめでとう

L… dont j' ai fait la connaisance pendant les vacances de Pâques en 2004,
elle a voyagé et est partie du Japon à la saison de mimosa il y a trois ans.
Elle s' est mariée l' année dernière et a donné naissance à une petite fille
avant la fête du mimosa cette année.
Tu as ton amour en main ! Félicitaions


Img_0980_800x600


桜の幹にL…が見つけたの形(奈良、2015年3月)
le coeur que tu trouvas en Nara, 2015


Primavera_2

絵のなかのフローラによく似たL…に、マグノリアやミモザ、雪柳の花冠を…
ボッティチェリの「春」はトスカーナの美術館にあります。フローラの左、画面中央に描かれたヴィーナスは、身ごもった聖母のようにも見えます。背景の水色の空が円い頭光に見えるからでしょうか。それとも、頭上にアムールが飛んでいるから、♡形に見えますか?

Pour ma Primavera, L…, je voudrais offrir quatre guirlandes japonaises. Tu est devenue de Primavera à Venus, ou Notre Dame de l'enfantement (selon WAKAKUWA Midori, une historienne d' art italien) dans cette peinture de la Renaissance. Tu trouves un nimbe ou coeur entourant sa tête? Voici Amour planant! ↓



c0345705_13502310.jpg

春(プリマヴェーラ) ボッティチェリ * Millenium Calendar 
部分図(下)は『原寸美術館』(小学館)より

c0345705_16185942.jpg


 女神たちの足元には野の花が咲き乱れています。1980年代にこの絵を修復したイタリアの研究者は、春の花のなかに冬の花がまじっているのに気づき、首をかしげました。クリスマス・ローズ?いいえ、これはきっとレンテン・ローズ。イースター(復活祭)に先だつ四旬節(レント)に開く花です。この絵には、古代神話の春と聖書の復活の春とが二重写しになっているに違いありません。
 若桑みどりも、このヴィーナスに聖母を重ね、薔薇はヴィーナスの花にして聖母の花と述べています(『薔薇のイコノロジー』)。なるほど、聖母の足元に薔薇が描かれていますね。そこから左へ目を移すと、レンテン・ローズがつつましく咲いています。まるで薔薇に一等地をゆずるかのように…

Parmi des fleurs des champs, il y a des roses de carême. Ce fleur fait allusion à deux printemps (mythologique et chrétien). Quel joli mariage !


c0345705_07175697.jpg
(2012年撮影)


友人のaster roseがイラストにしてくれた、レンテン・ローズと水仙。
白い花びらはまるでヴェネツィアのカーニヴァルの天使の翼のよう。
謝肉祭の喧噪から四旬節の静寂へ、そして復活祭の歓喜へ…
中世からルネサンスの春へ思いをはせつつ、今年の春をうれしみましょう。

Voici des roses de carême et narcisses chez nous…
(photo by snowdrop, image processing by aster*rose, mon amie)


c0345705_12012189.jpg

「angelo venezia carnival」の画像検索結果


(Ange de Venice)(google search)


「語られぬことば 下」は延期します。イースター休暇中にお祝いしたかったので

Untold words in a novel 2 is postponed.

(All Rights Reserved)








[PR]

c0345705_06320610.jpg
バッハの平均律第1巻第1番前奏曲は、グノーの「アヴェ・マリア」の伴奏に用いられました ♪


弾き初めは、ピアノの音そのものを味わうためのバッハ、それともモーツァルト。
あるいは、ピアノでしか歌えないものを歌ったショパン…
九カ月ぶりの鍵盤の上、私の指はまだ和音やリズムを覚えていました。

Mon premier jeu du piano en 2018, c' est Bach (pas Th. mais J.S.), Mozart(pour apprécier le son du piano même), et Chopin(pour ce qu' on peut chanter par le piano seulement)…
Mes doigts mémorisent encore des accords et rythmes après neuf mois!


c0345705_06330924.jpg


ショパンのバラッドを氷上でうたったのは、羽生弓弦選手。彼がこの曲を滑った2014年以降、よくこの楽譜を広げたものです。曲がりなりにも通しで弾けたときの嬉しさ!今季、私も右手にお礼を言いながら、軽い音でゆっくり弾きました。昨夏蝮に咬まれてから少しずつ治ってきてくれて、ありがとうね。

Yuzuru H. a choisi ce Ballad de Chopin pour son programme quelques fois. Chaque fois il a patiné avec ce morceau (2014-18), je l' ai joué maladroitement. Cette fois, lentement et légèrement en remerciant mon bras droit comme lui (remerciant sa jambe droite).


c0345705_06343198.jpg
バレンタインのおまけ*Bonus di Godiva (Saint-Valentin, 2000s)


飛行機から大地を見下ろしている気分になるこの箇所、羽生選手のショートプログラムには入っていません。

Cette partie toujours me donne la vision du parachutiste, mais elle est supprimée dans son programme, tant pis !


c0345705_17240863.jpg
エールフランス機内より (de Air France, 2004)


「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」のトリルで、右腕のだるさが戻って来てしまいました。リストは或る意味で、ショパンより弾き手を思いやってくれる作曲家なのですが…。

La fatigue de mon bras droit est revenue par des trilles de St François d'Assise: la prédication aux oiseaux... Mais en fait il est un composer qui pense au pianiste miex que Chopin!


c0345705_09062625.jpg
いつか行きたいアッシジ(2015年撮影)


真っ黒なクジラの白い歯鳴らしたら行けるだろうか海の果ての国
jouant
des dents blanches de la baleine noire
est-ce que
elle va au pays
au-delà de la mer ?



Dscn0207_800x530
初めての発表会*snowdrop’s first recital (1970s) ♪ Variations on "Bienchen Summ Herum!"
Une biche joue de la baleine à queue !


次に弾くときは、ジャズもいいな ♪

Je jouerai du jazz la prochaine fois ♪


c0345705_08355595.jpg


トルコ風ブルーロンドに背(せな)おされ逢ひにゆきたき人のありしを

Blue Rondo a la Turk
would encourage me to go to see
that man
in my youth
(my secret love…)



トルコ風ブルーロンド▲

(All Rights Reserved)



[PR]

「雪景色 広重 切手」の画像検索結果

c0345705_07253109.jpg


天からの画家の手紙か寧楽(なら)の雪 (2月1日撮影) (歌川広重の切手*google search)

Est-ce que des lettres du peintre des cieux , la neige en Nara? (le1 février)



ゴッホ「雪景色」*Snowscape by van Gogh


snowdropは、ゴッホの画集を一冊も持っていない数少ない美術愛好家の一人です。
それは、ゴッホの絵を長い間見つめていることができないからです。
それが、或るブログでゴッホの雪景画を見て、展覧会に足を運びたくなりました。

Snowdrop is one of the rare art lovers who do not have a book of paintings of van Gogh, because she cannot observe his paintings for a long time. And yet one of his snow landscapes in one of her favorite blogues made her visit his exhibition in Kyoto.


c0345705_07240186.jpg
c0345705_07274118.jpg


京都へ出かけた1月下旬、雪は降りみ降らずみ…
ゴッホの夢みた日本の青空と、ゴッホの愛した日本の雪とが交互に訪れました。

It snowed off and on when she visited the exhibition in Kyoto in January.
The blue sky Gogh dreamt and the white snow he loved, both of them appeared alternatively.




「mountain village in japan」の画像検索結果

ゴッホ「雪景色」と広重 「東海道五十三次の内蒲原夜の雪」(pinterest)(広重は出品されていません)
snowscape by Gogh(left) and by UTAGAWA Hiroshige (right)


日本の風景を求めて南仏アルルへ旅立ったゴッホを迎えたのは、白一色の雪景色でした。けれど、ゴッホはそこに日本の雪景の版画を連想して感激します。

Gogh traveled to Arles in pursuit of Japanese landscapes, where he saw a white snowscape. It was for him a Japanese woodprint representing the snowscape!


c0345705_07293762.jpg
ゴッホ「糸杉の見える花咲く果樹園」
Orchard in Blossom, Bordered by Cypresses, Gogh


やがて春、白い果樹の花々が咲き始めました。まさに桃源郷!ゴッホの日本の夢はじつは「白」から始まったのです。

The spring has come. The fruit trees began to bloom like Japanese white plum, peach, and cherry blossoms. Here is the Utopia! Gogh's dream of Japan started from "white".


「じゃがいも を 食べる 人」の画像検索結果
ゴッホ「じゃが芋を食べる人々」(pinterest)(出品されていません)
The Potato Eaters, Gogh


そもそもゴッホは「黒」からスタートした画家でした。牧師を父とし、かつて聖職者を志した青年は、貧しき人々を暗い色で力強く描きました。やがてパリに出た彼は、色とりどりの印象派絵画や日本の浮世絵と出会いました。彼は日本の色彩を求めて、さらに南仏アルルへと旅立ちます。そして、白い雪と花に迎えられたのでした。

Gogh had started with "black" in the first place. A young man whose father was a priest originally aimed to be in holy orders. He painted the poors with dark colours. He went up to Paris and met colorful Impressionist paintings and Ukiyo-e. Moving to Arles after Japanese images, he was greeted by white snow and flowers.


c0345705_09480693.jpg
ゴッホ「アイリスの咲くアルル風景」(上)尾形光琳「燕子花図屏風」(下)(wiki)
c0345705_21220791.jpg
「北斎  燕子花」の画像検索結果

北斎「燕子花」(pinterest)(青が退色し、輪郭線がよく見える)
(光琳と北斎の燕子花は出品されていません)
Iris by Gogh, Korin, or Hokusai. Hokusai's blue is faded and the outlines are seen better.


白い春が過ぎ、青いアイリスの咲く夏がやって来ました。ゴッホが「日本の夢」とたたえたアルル風景、何かに似ていませんか。ほら、手前の青いアイリスと金色の小麦 ― 光琳のカキツバタの金屏風を思わせます。ゴッホは画廊か雑誌のなかで、この屏風を見たことがあったのでしょうか。それとも、輪郭線のくっきりした北斎の版画を見たのでしょうか。輝かしく鮮やかなるジャポン!現実の日本は、透明な空気とは正反対の湿気に包まれた国なのですが…

White spring passed into blue and yellow summer. This landscape of Alres that Gogh praised "a dream of Japan" resembles Iris by Korin or Hokusai ― the former's colour combination of gold and blue, and the latter's outlines of flowers. Brilliant Japon!But in reality, Japan is a humid country far from the clear and transparent air.


c0345705_15305795.jpg
ゴッホ「ひまわり」(部分)*Sunflowers(google search)(出品されていません)


 盛夏、ゴッホは友人のゴーギャンとともに黄金のひまわりを描きました。日本の版画家(画師、彫師、摺師)が共同制作するように、自分たちも芸術の共同体を営んでいるのだ!有頂天になるゴッホ。
 しかし、現実は ― 日本の版画制作は完全な分業体制で、今でいうコラボとは異なっていました。また、ゴーギャンはゴッホのような夢想家ではありませんでした。やがて共同生活は破局を迎え、ゴッホは耳切り事件を起こし、サン・レミの病院に入院します。


 In high summer, Gogh painted a series of sunflowers in yellow with his friend Gauguin. Gogh was in the skies because their cohabitation seemed to him the community of Japanese woodprint artists.
 But in fact, Japanese woodprint was produced not by such a collabration but merely by a division of labor. And Gauguin was not a dreamer like Gogh. Soon their cohabitation collapsed and Gogh entered a mental hospital in St. Remy.


c0345705_10084647.jpg
ゴッホ「草むらの中の幹」(部分)* Tree trunks in the grass by Gogh(detail)


 ゴッホの絵から、黄色が薄れてゆきます。代わりに表に出てきたのが白でした。この絵の草原を埋めるのは白い花ばかり。わずかに木の根元に黄色いたんぽぽが、夢の名残のようにひっそり揺れています。
 白は、しかし、ずっとゴッホに寄り添ってきた色でした。彼のひまわりの連作は、チューブから絞り出した黄の絵具一色ではありません。濃淡さまざまな黄色を操るには、白絵具もたくさん必要だったはずです。

 In Gogh's paintings the yellow began to retreat and the white has emerged in turn.This grass is full of white flowers and only several yellow dandelions bloom around the bottom of a tree like the obscure traces of his dream.
 The white, however, was the colour that had been beside him from the beginning. His sunflowers were painted not only with the yellow but also with the white mixed into the various tones of yellow.


「gogh star moon」の画像検索結果

ゴッホ最晩年の「星月夜」*The Starry Night(MoMA HP)(出品されていません)


 ゴッホは心の奥底ではずっと、白の清らかさ、白の安らぎを求めていたのかもしれません。
 死の一年前に描かれた「星月夜」では、黄色い月と白い星が拮抗しています。左手前には黒々とした糸杉、右奥には青白い教会堂…糸杉は死、教会は救済を象徴しています。
 黒の画家(じゃが芋を食べる人々)から黄の画家(ひまわり)、そして白の画家(星と教会)へ……ひょっとしてゴッホは、失われた聖職者の夢を、無意識のうちに色でかなえようとしていたのでしょうか。

 Gogh might have seeked for the pure and peaceful white at the back of his mind.
 In The Starry Night painted one year before his death, the yellow and white coexist. Black cypresses are the symbol of the death, and a pale church the salvation.
 From a painter of the black(The Potato Eaters), that of the yellow(Sunflowers), and to that of the white(The Starry Night)…Gogh might have wanted to recover his lost dream to take in holy orders through the colours unconsciously?


c0345705_10045207.jpg
平安神宮の大鳥居、雪山の麓の金戒光明寺
Torii (right), Kyoto Municipal Museum of Art (middle), and Temple (left) in the snow


3階のゴッホ展に続き、4階の日本の近代絵画を見ながら、ゴッホの夢の日本と、現実の日本について思いを巡らせました。ああ、ゴッホがもっと長生きしていたら!あるいはフォーヴィズムの先駆者として名声を得、大正時代の日本人画家たちの訪問を受けていたかもしれないのに!(3階には、ゴッホの墓参りをする日本人の写真なども展示されています)

In this exhibition, you see the photographs of Japanese artists who visited his grave since the Taisho period. Snowdrop thought about the non-coincidence between Japan in Gogh's dream and real Japan. Helas, if the painter had lived longer! He might have gotten the fame as a pioneer of Fauvisme and might have received visits from Japanese painters!


c0345705_10051354.jpg
京都国立近代美術館からのぞむ京都市立美術館と南禅寺
Kyoto Municipal Museum of Art (left) and Nanzen-ji Temple (right) from MoMA, Kyoto



ゴッホが日本を夢見てアルルへ旅立ったように、多くの日本人がヨーロッパを夢見て軽井沢などに滞在しました。ゴーギャンから受け入れてもらえなかったゴッホの芸術家の共同体構想は、のちの武者小路実篤や志賀直哉らの「新しい村」に通じるものでした。

While Gogh traveled to Alres seeking for Japan, not a few Japanese stayed in Karuizawa seeking for Europe. The community of the artists that had been rejected by his friends was in some way realized in Japanese "New Village" founded in 1918.▶https://en.wikipedia.org/wiki/Atarashiki-mura

c0345705_10081039.jpg



星ふる夜 天使の声のふりつもり かそけくうたふ日本の雪を
in the starry night
angels' voices also fall
singing faintly
Japanese snow
which van Gogh dreamt
「vincent van gogh sterrennacht」の画像検索結果



立春に詠める*on the first day of spring
あたらしく生(あ)れし命をことほぎて画家の遺せし絵の花の白
celebrating
a new life of his nephew
the painter
painted white flowers
like Japanese cherry blossoms

「アーモンドの花 ゴッホ pinterest」の画像検索結果

ゴッホ「花咲くアーモンドの枝」(出品されていません)
Almond blossoms by Gogh(pinterest)


憧れのジャポンをパッチワークしてゴッホは描く錦絵の夢
patchworking
the admired Japon
the painter, Gogh
painted and painted
his dream like colorful ukiyo-e

c0345705_11063183.jpg

(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_13414012.jpg
lecture sur mon lit

鈴木三重吉編集の雑誌「赤い鳥」は大正7 (1918) 年6月に7月号を創刊号としてこの世に生まれた。(…)「赤い鳥」という名前は複雑な三重構造になっている。
①三重吉の愛着深い自作のタイトル ②若い不倫の恋人への燃える愛 ③日本児童文芸革命のシンボル
(…)ぼくは「詩とメルヘン」を創刊する時「赤い鳥」を目標にした。(…)ぼくのやっていることは鈴木三重吉とはまったくちがう。しかしその精神のある部分は共通するはずだ。それは(…)決して芸術至上主義に走らず、むしろ正当な通俗を目指していることだと思う(…)
― やなせたかし「飛べ!赤い鳥」(「詩とメルヘン」1987年6月号)


「アンパンマン 初代」の画像検索結果

アンパンマンと元祖アンパンマン
Anpanman (animation&original version) (google search)
Anpanman gives his face, anpan (a bun filled with red bean paste) to the fatigued.
Do not worry, his face is soon made again by his baker!


YANASE Takashi, the founder of Japanese magaginze Poem and Maerchen and creator of Anpanman said:

Akai Tori
(Red Bird) , Japanese children's literary magazine editied by SUZUKI Miekichi, was born in June, 1918. The title has three connotations.
①the title of his own novel ②the passion for his young affair-lover ③the symbol of Japanese children's literary revolution
When I first published Poem and Marchen, I set Red Bird as a target. What I am doing is completely different from that SUZUKI Miekichi was doing. But a part of our spirits should share some element. It is the proper popularities. (English summary by snowdrop)


c0345705_13415925.jpg
「詩とメルヘン」1987年6月号(「赤い鳥」特集号)より
Akai Tori (Red Bird) listed in Poem and Maerchen


 2018年は雑誌「赤い鳥」創刊100周年に当たります。赤い鳥の系譜をつぐ雑誌「詩とメルヘン」は1973年創刊・2003年休刊、そして「詩とファンタジー」として2007年に復刊しています。
 こちらは「赤い鳥」に1932年に発表された新美南吉の『ごんぎつね』。「詩とメルヘン」で活躍した黒井健の挿絵で、1986年に絵本になりました。

 The year 2018 marks the 100th anniversary of Akai Tori (Red Bird) , Japanese children's literary magazine. Poem and Maerchen was publshed from 1973-2003 by YANASE Takashi, a Japanese illustrator, cartoonist, and poet who loved Red Bird.https://en.wikipedia.org/wiki/Takashi_Yanase
 Gon, the Little Fox written by NIMI Nankichi is published in Red Bird in 1932. Here is one of the picture books, illustrated by KUROI Ken in 1986, who was popular in Poem and Maerchen.


c0345705_15143472.jpg
『ごんぎつね』(新美南吉作、黒井健絵、偕成社)より


「赤い鳥」を手に取りたくなったら、ココアショップ「アカイトリ」へ出かけます。テーブルや勉強机でバックナンバー(復刻版)を自由に読むことができます。前回訪ねたのは、苺の季節でした。

Red Bird 's back numbers (reprint) are available both at the coffee table and at this writing desk in the cocoa shop Akai Tori.(photo in the strawberry season in 2017)



c0345705_13425181.jpg


「赤い鳥」には日本の物語も…机のそばに飾ってあった土鈴は、大宰府天満宮の鷽(ウソ)だとか。

A Japanese tale in Red Bird and bullfinch-shaped earthenware bells.


c0345705_13445260.jpg


ハイカラな西洋の写真や物語も…カラーの挿絵はスウェーデンのトムテでしょうか。

Swedish photos and fairy tale in Red Bird … is this Tomte? ↓


c0345705_13452294.jpg



どこでせうムーミン谷は スウェーデン?いえいえ それは心のなかに…
https://www.asahi.com/articles/DA3S13314710.html(朝日新聞)
Where is Moominvalley?
in Sweden?
in Finland?
…it is a cartoon question in university exam…
it is in everyone's heart…
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201801160051.html(News in English)


c0345705_13460159.jpg


どこでしょう、アカイトリは? 実は、道頓堀の近くに…
雪印乳業の前身は大正14(1925)年創業、カイゲン(改源)ファーマは大正13(1924)年)創業です。そして、グリコのキャラメルは大正10(1921)年生まれ。みんな雑誌「赤い鳥」と同世代です。↓

Where is Akai Tori(red bird)? Nearby Doton-bori, Shinsaibashi, Osaka, where the regulation of signboard's size is said to be not so strict as in other places.
Snow Brand Milk Products Co., Ltd (*) was founded in 1925, Kaigen Pharma Co., Ltd (Wind God is a symbol of their cold medicine) in 1924, and Glico's caramel (one caramel gives you the stamina for running 300 meters!) was born in 1921. They are all the contemporary of Red Bird !!!! ↓


c0345705_13471799.jpg
Doton-bori, Osaka*How colorful and vivid!


「アカイトリ」のイースターのインテリアや、バードネスト(鳥の巣)ケーキはこちら↓



(All Rights Reserved)



[PR]

チャイコフスキー「炉端で」♪ Au Coin du Feu

c0345705_10395436.jpg


これは西洋で一番古い雪景色といわれる絵です。「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」の「2月」の挿絵。描いたのはランブール兄弟、15世紀前半にさかのぼる細密画です。なんて豪華なカレンダーブック!「2月」に描かれているのは、けれど、フランスの田舎の冬、素朴な農民の暮らし…

On dit que ce peintre est le plus ancien paysage de neige: le mois de février de Les Très Riches Heures du Duc de Berry (1438-1442) par les Frères de Limbourg. Quel riche calendrier! (figs: Bibliothèque de l'Image) Et pourtant cette illustration nous monte la vie paysanne humble.


c0345705_10402880.jpg
Les chasseurs portent guêtres pour chauffer leurs mollets


こちらは小正月(1月15日)のどんど焼き…ではありません。「やまと編」(1月8日)でご紹介した北斎の「百人一首姥がゑとき」(1835-6年)の一枚です。http://ramages3.exblog.jp/238179878/
雪の夕暮れ、猟を終えた男たちが焚火にあたっています。画面右上の色紙形に綴られているのは、百人一首第28番。

「山里は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば」(源宗于)

…さびしさとは真逆(まぎゃく)のにぎやかさ!男たちは草鞋に脚絆を巻いています。殿方もふくらはぎが冷えるんですね。下のフランスの女人みたいに!

"Winter loneliness In a mountain hamlet grows Only deeper, when Guests are gone, and leaves and grass Withered are:―so runs my thought" (The Hundred Poems by One Hundred Poets, Minamoto no Muneyuki, translation of C. MacCauley)
"In this mountain village it is in winter that I feel loneliest―both grasses and visitors dry up." (translation of McMillan Peter)
Hokusai represents the cheerful rest that is contrastive to the loneliness in the waka.


c0345705_10473048.jpg


フランスの山里へ戻ってみると…家の中の女人は青い衣の裾をまくって、ふくらはぎを温めています。足元には、くつろぐ白猫が…。いっぽう庭の家畜小屋、穴の開いた屋根の下では、羊たちが身を寄せ合って暖をとっています。烏は落ち穂をついばみ、蜜蜂は4つ並んだ巣箱の中で、花咲く春を待っています。白い被りものにくるまって赤い衣の女人が帰って来ました。おお寒!凍てつく戸外から、もう一度暖かな室内を眺めてみると… 炉端の幸福感がしみじみと伝わってきます。

Vous trouvez une femme qui trousse sa longue robe bleue pour chauffer ses mollets et un chat blanc? A l' extérieur, des moutons se serrent dans une bergerie avec le toit troué, des abeilles dorment dans quatre ruches en paille. Une femme retourne frileusement. Quel contraste entre la sérénité de l' inxtérieur et le froid de l' extérieur!


c0345705_10491786.jpg


室内で休む人あれば、戸外で働く人あり。敷地の外では木こりが斧をふるい、農夫がロバと歩いています。行くてには、雪山に抱かれた教会と村が見えます。青空と白雪のコントラスト!家の中でぬくぬくしていたら見られない景色です。

Tout en haut, un bûcheron, un paysan, et un âne travaillent. On compare le travail de l'extérieur avec le repos de l'intérieur. Et quel contraste du ciel bleu et de la neige blanche! Quel beau paysage avec une église et un village! On ne jamais les voit dans la maison bien chauffée comme chez snowdrop (pas encore la première neige!) …


c0345705_10514738.jpg


 北斎のこの絵には、働いている人はいません。画面の右には、男たちが眠る小屋が見えます。くつろいだ長閑な時間…けれど、ほら、煙の間に……黒いけだものの掌が?!ひょっとして、どこかに人目ならぬ妖かしの目が?!火の周りの平和と、煙の向こうの脅威…この絵もコントラストが効いていますね。えっ、snowodropの深読み?そうだといいんですけど
 あるいは、猟師たちは獲物がなくて、帰るに帰れず小屋で一夜を明かすのでしょうか。明日に望みを託して…それにしては、手前のそっくり返った男のまん円な禿頭のユーモラスなこと!北斎は森羅万象を円と三角で描けると自負していました。

 Les hommes se reposent après leur travail. Ils dormiront dans la cabane à droite. Mais parmi des stries de fumées, vous trouvez des paumes d' une bête noire? Qu'est-ce que c'est, ce monstre? Quel contraste entre la paix et la menace! Ou quelle pessimiste, snowdrop?!
 La pessimiste voit la mauvaise chasse ici…ils ne peuvent pas rentrer sans la chasse? Mais la tête ronde est trop drôle aux premiers plans! Hokusai representait tous les êtres de l' univers avec cercles et triangles.


c0345705_14193165.jpg
Chasseurs dans la neige (1565) par Pieter Brueghel l'Ancien
On voit ici la tradition du Livre d'heures et l' anticipation du paysage panoramique.


思ったように獲物がとれず、すごすご帰る猟師と猟犬たち…これは時祷書の伝統にのっとった、ブリューゲルの「月暦図」の一枚です。近景の丘の侘しさと、遠景の池でスケートに興じる村人の陽気さとが対比されています。通りすがりの宿に上がる焚火の炎。家に着いたら、炉端で休めるといいですね。

Voici des chasseurs et chiens avec peu de chasse…Pieter Brueghel montre le contraste de la mélancolie aux premiers plans et la gaieté aux arrières plans (le patinage) dans ce paysage de neige. Ils passent devant un hôtel où les gens brûlent quelque chose. J' espère que le repos au coin du feu les attend….


「Hendrick Avercamp」の画像検索結果

おまけ(Bonus)*いま気になっている冬景色の画家です。
https://www.youtube.com/watch?v=cCIvQy-lxfE

(All Rights Reserved)






[PR]


c0345705_16125550.jpg
港町神戸のステンドグラス

玻璃窓を旅せん 長崎 マカオ ゴア リスボン リヴォリ そして羅馬へ

Let's travel in the stained glass from Nagasaki to Macau, Goa, Lisbon, Rivoli and Rome!

c0345705_11551795.jpg
「遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節の見たイタリア」展覧会図録 * French pamphlet (1585)
 

私は死んだ。マカオで。中国最古のヨーロッパ植民地で。マカオの港から海を渡れば、2000キロ彼方に長崎の港がある。しかし、私は鳥ではないから海を越えられない。キリスト教はご法度だから、船で帰ることもかなわない。天平の昔、唐で没した阿倍仲麻呂のように、私は西暦1629年にマカオで客死した。

I died abroad…in Macau, the oldest European colony in China. It is about two thousand kilometers from Macau Harbour to Nagasaki Port. But I cannot cross the ocean because I am not a bird. I cannot return to my country because Christianity has been banned. ― I died in Macau in 1629, like Abe-no-Nakamaro who had died in China in 770.



「阿倍仲麻呂」の画像検索結果 阿倍仲麻呂*Abe-no-Nakamaro on carta(wikipedia)
c0345705_10403183.jpg

 マカオは、しかし、私にとって親しい土地であった。天正少年遣欧使節団の船は、季節風を待って、この港町に10カ月も留め置かれたのだ。大聖堂や修道院、司教館が私たちを迎えた。日本の南蛮寺とは全く異なる壮麗な建築…そこには、まだ見ぬヨーロッパがあった。私たちはレジデンシアに滞在し、そこから宗教儀式に参列し、音楽を学び、語学を鍛えられた。
 これはマンショがのちに綴ったレターだ。流麗かつ几帳面な筆跡であろう?彼はいつも勤勉だった…
「いやいや、マルチノの暗記力と発音、抑揚には脱帽たい…声もてげ良か……われん朗読を聞くと、力ば湧いてくるばい」
 彼は船酔いには強かったが、マカオから出た船の上で熱病に倒れたのだ。
「マンショ、熱はだいぶ下がったけん、きばらんしゃい。ゴアまであと少したい」


 Macau was, however, a familiar place for me. Our ship had to stop there for ten months waiting for the seasonal wind. The Cathedral, seminarios, and churches greeted four boys. They were completely different from Japanese wooden churches. These stone buildings were “the Europe” for us, that we had not seen yet. We stayed in Residence and went to mass, learned music and languages.

 Here is a letter that Mancio wrote later. Flowing and methodical handwriting, isn’t it? He was always diligent

Oh, Martino, YOUR memory, pronunciation, rhythm and intonation are wonderful! …YOU have a fine voice… your recitation always cheers me up…”

 He was a good sailor, but he caught a fever on the ship from Macau for Goa.

“Mancio, your temperature is going down, bon courage! We will arrive in Goa soon!


c0345705_15424999.jpg


 日本にいる時から、私は語学に長けていた。少年使節の副使に選ばれたのはそのためだろう。ゴアでラテン語のオラティオ(演説)を任されたのも私だった。
 生来私は文字というものが好きであった。子供のころから手習いを好んだし、セミナリオでローマ字なるものを見たときは好奇心をかきたてられた。下枝に並んだ小鳥のようなこの不思議な形が、何を意味するのか分かるようになりたい!

I had been already good at languages in Japan. Thanks to that I was chosen as a vice commander. It was I that delivered a long oratio (oration) in Latin in Goa on our way home.

I liked the character by nature. I liked practicing calligraphy since my childhood, and then was excited by European letters, the alphabet. I wanna learn to understand what these mysterious figures mean like a row of birds on a branch!


(ナイチンゲールのさえずり)

 ポルトガル語を習い始めると、その響きにも魅せられた。まるで鳥のさえずりか、音楽を聴いているようだ。琴や琵琶ではない、オルガンやクラヴォの節回しと突き上げるようなリズム…おお、これは我らが馬上で感じるリズムと同じだ。

マルチノ、あなたは耳がいいですね。ああ、聞かせてあげたい…わが故郷イタリアでは、小鳥もメロディアスにさえずるのですよ」
ヴァリニャーノ先生はおっしゃった。イエズス会巡察使にしてセミナリオの創設者、我らを少年使節として送り出した恩人である。


 When I began to learn Portuguese, I was charmed by its sounds. Just like bird’s song or the music, not the koto-harp or biwa-lute, but the organ and cravo’s melody and rythme
Auftakt (up beat) on my horse’s back!

“Martino, you have keen ears. I want to let you listen to our birds’ melodious songs in Italy!” Padre Valignanosaid to me. https://en.wikipedia.org/wiki/Alessandro_Valignano


a0332314_22581114.jpg
百合鷗 (a lily gull with red legs)


 さらにラテン語を学ぶと、ポルトガル語の背骨に触れた気がした。大伽藍のように巧緻で堅牢な、はるか古典古代へとさかのぼる言葉。教会のミサで語られ、歌われ、法王様のもとで日々用いられる言葉…
 じつはポルトガル語とラテン語との距離は、日本語と漢文の距離よりもずっと近いのだ。自らの母語に近しい、ゆるぎない拠り所をもつポルトガルやイタリアの人々がうらやましかった。そんな私にヴァリニャーノ先生はおっしゃった。
「ラテン語も大事だが、日本語も深く学ぶべきです。母語は外国語習得の礎(いしずえ)ですから」

 司祭になるには、ラテン語で神学や哲学を学ばねばならない。その一方で、外国語の書物を翻訳するために、日本語力も求められる。両者は鳥の双の翼のようなものだ。
「日本人は忍耐強く、理性を備え、古代ローマ人のように優秀な民族です。マルチノ、あなたならきっと東西の言語で羽ばたける」

 Latin seemed for me the backbone of Portuguese. This cathedral of language is elaborate and durable going back to the classical antiquity, is the language used in the church and around Papa for everyday conversation

You know, the distance between Portuguese and Latin is nearer than that between Japanese and Chinese. I envied Portuguese and Italian people who have their Urspraphe (root language), a firm foothold. Padre Valignano said to me.

“True that Latin is important, but you should master Japanese first of all. The mother language is the basis for learning foreign ones.”

 While we should learn theology and philosophy in Latin to become a priest, we should translate books in foreing languages into correct and clear Japanese. Japanese and foreign languages are like a pair of wings of a bird crossing the ocean.

”Japanese people are patient, rational, and excellent like the ancient Romans. Martino, you can fly with that pair of wings.”


c0345705_14083722.jpg

少年使節の署名入りの書状*You find four boys' signatures on this letter.



 少年使節団とともに帰国したのが、グーテンベルクの活版印刷機だ。これでポルトガル語の辞典を印刷できる!キリスト教の本はもちろん、日本語版『イソップ寓話集』やポルトガル語版『平家物語』『和漢朗詠集』なんてどうだろう?私たちが印刷する本は、日本とヨーロッパの架け橋になるのだ。

 私はコレジオを出た後、なつかしいマカオに留学し、帰国後マンショやジュリアンとともに司祭になった。ラテン・ポルトガル・日本語辞典を編纂し、『こんてんむつすむん地』を出版した。また、通詞として様々な政治交渉に立ち会い、顔が知られるようになった。皮肉にもそれが我が身の国外追放へとつながった。

The Gutenberg-style letterpress printing machine arrived in Japan with us! Now wecan print the Portuguese dictionary! Not only the books on Christianity but alsofor example, how about Aesop's Fables in Japanese, Tale of Heike in Portuguese, etc.!? The books that we are going to translate will serve as a bridge between Japan and Europe.

After graduating the collegio (Jesuit-founded Japanese college), I studied in fondly‐remembered Macau and became a priest with Mancio and Jurian after returning home. I compiled a Latin-Portuguese-Japanese dictionary and published CONTEMPTVS MVNDI in Japanese. I attended not a few political negotiations as an interpreter, which ironically led to my deportation with my companions in 1614.



c0345705_10392195.jpg

マカオ大聖堂のファサードのマリア像は、日本の菊の浮彫で飾られているそうです (google search)
Santa Maria of Saint Paul's Church
in Macau decorated with chrysanthemums (Japanese national flower)



 みたびマカオへ…東洋と西洋の交わる町へ!仲間とともに国を追われてからも、フランシスコ・ザビエルの伝記を日本語で出版し、『日本教会史』を共同執筆した。日本の同胞の無事を祈りつつ、無我夢中で働いているうち、あっと思うと私は病で天に召されていた。
 語学という天職に一生を捧げ、思い出深いマカオの大聖堂地下墓室に、ヴァリニャーノ先生とともに眠る私。故郷へは帰れなかったが、私は、4人の中でいちばん喜び多き人生を送ったのかも
しれない。(つづく)

Again to Macau, the town of intersection of the East and the West, where I published Japanese biography of Francis Xavier, collaborated in writing Japanese Church History. While praying safety of my "brothers" in Japan, I worked hard to fall sick and find myself drawn up to Heaven.

I devoted myself to my vocation, translation, and have slept in the catacombs of Saint Paul's Church with Padre Valignano. Although died abroad, I might have led the most joyful life among us, four boys.


f0374041_08525983.jpg
喜び」の蝋燭*アドベント第3主日(1217日)

JOYThird Sunday of Advent17 December)



歓喜(フロイデ)!千の聴衆とわが友と歌ひし第九の季節ふたたび

FREUDE
einmal sang ich die Neun 
mit tausend Zuhören
und meiner Freundin…
 
die Zeit kommt
dieses Jahr auch

und die Zeit von Santa Claus 。。。
「santa claus ももさへづり」の画像検索結果

c0345705_14182426.jpg
おまけ*パドヴァのクリスマス飾り(1999年)*パドヴァ大学はヴァリニャーノの母校です
Bonus
Padova, Advent in 1999Alessandro Valignano is a graduate of Padova University.


参考文献*
若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』(集英社)
鈴木範久『聖書の日本語―翻訳の歴史』(岩波書店)
皆川達夫『キリシタン音楽入門』(日本キリスト教団出版局)

To be continued


もひとつ、おまけ*今日は最終回Bonuson the horse's back
http://www.nhk.or.jp/naotora/
関連画像

かしらを乗せた南蛮船は…
c0345705_07012169.jpg

All Rights Reserved





[PR]

-私の2017-今年を振り返ろう

c0345705_10311442.jpg
日本経済新聞(左)(NIKKEI, left)

20171月、遠藤周作原作の映画「沈黙」が日本で公開された。また、「遥かなるルネサンス 天正少年遣欧使節がたどったイタリア」展が4月から12月まで、神戸、青森、東京を巡回した。菊の節句(9月9日)の朝、新聞にこんな記事が載っていたのをご記憶の方はおられるだろうか。少年使節の一人、千々石(ちぢわ)ミゲルの墓から、ロザリオの一部が見つかったというのだ。彼はキリスト教を棄てたとされていたのだが…

ミゲルは仲間とともにローマ法王との謁見を果たし、イタリア各地やスペイン、ポルトガルで歓待を受け、それらの見聞を伝えるべく帰国した。日本を神の国に変えようと夢見て…  
 しかし、故国は変わり果てていた。彼らが旅立って数か月後、本能寺の変で信長が倒れ、彼らが帰国する3年前に秀吉がバテレン追放令を出していた。江戸幕府もキリスト教を禁じ、弾圧が厳しさを増してゆく…彼らの没後、島原の乱が起き、『沈黙』の時代が訪れることになる。

 

Scorsese's film Silence was published in Japan on January 21th in 2017. And the exhibition Sol Levante nel Rinascimento Italiano traveled in Kobe, Aomori, and Tokyo. A news was reported on one of the boys of the Tensho Youth Mission to Europe in Japanese newspapers on 8-9 in September. A part of Miguel CHIJIWA’s rosary was discovered in his grave. It had been said that he renounced Christianity early.

He and other two boys had papal audiences, were welcomed in Italy, Spain and Portugal, and returned to Japan in order to report their experiences. But during their trip, Japan was changed. After their departure, Nobunaga was assasined, Hideyoshi promulgated the Purge Directive Order to the Jesuits, and Edo bakufu began the Ban on Christianity and suppression of Christians. After the boys’ death, the time of “Silence” came.
「市川 海老蔵 織田 信長」の画像検索結果「おんな 城主 直 虎 信長」の画像検索結果
信長(市川海老蔵)「今夜は本能寺!」Nobunaga (ICHIKAWA Ebizou)(google search)

c0345705_10443852.jpg
『遥かなるルネサンス』展覧会図録より(以下同)

ミゲルの独白
 私もまた天正遣欧少年使節団の正使だった。天正10年(1582)、晴れがましい船出の日、母は涙をこらえていた。私たちは母一人子一人だった。これから命がけの航海になるのだ。母にしてみれば人身御供に出す思いだったろう。出発の前夜、私は母にこう言った。

「そいけん母上、たとえこん身は海の藻屑と消えるとも、それは犠牲の子羊となる事たい。行かんばならん。漁師ペテロが網ば捨て、親ば捨ててイエス様について行ったごと…さんたマリヤ様ば拝むたび、私はきっと母上ば思い出しますけん」

Monologue of Miguel

 I also was a senior commander of the Tensho Youth Mission to Europe. On the day of my departure, my mother was trying to hold back her tears. She was a single mother and I was her only child. She should have felt like she offered her irreplaceable son as a human sacrifice to the dangerous trip. I said to her the night before that.

“Mother, even if I will be swallowed by the sea, I should go as a sacrificial lamb. I should leave you like Peter, a fisher who left his family and followed Jesus. Every time I pray to Santa Maria, I will remember you, mamma...”

「roma mosaic octopus」の画像検索結果
タコのモザイク*Roman mosaic of an octopus,Villa Giulia, Rome (pinterest)

 長い船旅はときに苦しかったが、楽しく充実していた。私たちはラテン語をみっちり学び、チェスで遊び、釣りをした。副使の中浦ジュリアンは海辺の村の出だったから、鰹や鯛を釣りまくり、釣針を壊してしまった。私は生まれて初めて生きた蛸を間近に見た。ぬらぬらした、いぼだらけの、八本足の不思議な生物…こんな醜悪な海獣も、主が創造した物だとは!
「ひどかぁ、ミゲル。わいもゆで蛸、食べるやろー?」
蛸をわしづかみにしたジュリアンが、白い歯を見せて笑った。


 Our long voyage was sometimes hard and yet joyful and fulfilling. We practiced Latin, played the game of chess, and enjoyed fishing. A vice commander from a fishing village, Jurian NAKAURA would fish bonitos, sea breams, etc. enough to break a hock. I saw a live octopus so close up for the first time. A slimy, warty marine creature with eight legsis this ugly monster also created by God?

“That's not fair, Miguel! You also eat the boiled octopus, don't you?!” 

Jurian laughed while grabbing a slippery octopus!

c0345705_10353021.jpg
メダルに表されたグレゴリウス13世(上、図版)
snowdropがヴァチカンで貰ったコインには、ヨハネ・パウロ2世の横顔が…(下、実物)
Do you find a real coin of John Paul II that snowdrop got in Vatican in 1999?


 天正13年(1585)、私たちはローマでグレゴリウス13世に謁見した。法王様は感涙にむせびながら一人一人を抱擁してくださった。そして、我らのローマ到着からわずか18日目に亡くなった…。なぜだか、法王様は私たちを見つめながら、どこか更に遠いところを見ておられた気がする。

 いっぽうで、人々が私たちをみる眼差しには、奇異なものへの好奇心が隠れていた。彼らは我々が白い人なのか黒い人なのか思案している。キリスト教会が異人種の崇める寺院や神仏を排斥していたことを、私は知らなかったわけではない。黒い人を醜悪とする偏見に気づかなかったわけではない。

 We THREE had papal audiences in Rome in 1585. Pope Gregory XIII was moved to tears while hugging each of us.And he died eighteen days later than our arrival in RomeI do not know why, but the Pope seemed to see somewhere far away through us

 On the other hand, the people’s eyes hid the curiosity to us, the stranger. They were wondering whether we were black or white. I noticed that they were expelling other religions of the black people, of the ugly people for them…




秀吉の前で演奏されたとされる、ジョスカン・デ・プレ「千々の悲しみ」(舞踏会版)


 天正18年(1590)に帰国した時、私たちは少年ではなく紳士になっていた。8年間で背は伸び、面差しは変わり、母上さえ私を見分けられなかったほどだ。私たちは秀吉公に旅の報告をし、クラヴォ、ハープ、リュート、ヴィオラを御前演奏した。喜んだ秀吉公は我らを召し抱えようとしたが、全員が辞退し、イエズス会に入った。
 最初にドロップアウトしたのが私だ。あんなに勉強したのに、マカオに留学できず、司祭になれなかった。私が日本人だから?ゆえなき疑念が心を蝕む。ヨーロッパで浴びた視線のなかに、冷んやりしたものが交じっていたことを思い出す。…いや、人のせいにはするまい。私の信仰が薄かったのだ。母親っ子の私は聖母マリアを慕っても、イエスを神(偉人ではなく)と信じ切ることができなかった。

 When we returned home in 1590, we were no longer ragazzi but signori. Even my mother could not distinguish me from the others. We met Lord Hideyoshi andplayed the clavichord, harp, lute, and viol. He was so moved that he tried to hire us, but we excused ourselves to enter the Society of Jesus.

 It was I that dropped out first. Though I studied hard, I was not chosen as a student to study in Macau and could not become a priest. Is it because I am a Japanese? I remember the peoples eyes to us in Europeno! It’s my fault. My faith was fragile. I mixed up my mother’s image with Mary and could not belive in Christ, as God (not as a great man).


c0345705_13594334.jpg

棄教し、法華宗徒になると、更にやり切れぬ日々が待っていた。これまで学んだ知識を逆手に持ち替え、キリスト教を攻撃する武器にせよと…。ああ、どの宗教も同じだ。なぜ互いを拒み、否定し、飲み込もうとするのだ。なぜ互いの自由を尊重しないのだ。

私は何も信じぬ者となった。無神論者となったのだ。私はパライゾ(天国)からも極楽からも遠ざかり、仕官した藩からも追放され、長崎の町をさまよった。夜ごとの浅い眠りに夢見たものは、遥かなるイタリアでの栄光の日々。目が覚めるたび、故国でよるべない身となっている己を見出し、暗然とした。―


 After having renounced Christianity, I had to live a more unbearable life. I was recommended to turn my knowledge into the sword against Christianity! Ai, all the religions are the same! Why does every religion reject, deny, and try to swallow each other? Why don’t they respect the freedom of worship each other ?

I came to believe in nothing. I became an atheist. I stayed away from both Heaven and Buddhist paradise, being exiled from the domain, wandered through Nagasaki's streets. Every time I had a light sleep, I dreamt of our glorious days in Europe. Every time I awoke, I was shocked to find myself helpless in my own country.―


c0345705_11062452.jpg

なぜ私は、あのロザリオを棄てなかったのか。墓の中まで携えていったのか。それは、数珠玉の一つ一つに、未来へのエスペランサ(希望)のまぼろしが映っていたからだ。玉を指でたぐるたびに、一つ、また一つと、友と過ごした8年の歳月が甦って来たからだ。
 トビウオが銀の軌跡を描いた青い海、甲板上で聞いた山上の説教の朗読、ともに爪弾いたリュートの音色、初めての舞踏会、庭園で浴びた噴水の水しぶき、ムラノ島の職人が飴細工のように拵えるガラス、壮麗なる石の街、動物園、植物園…。すべてが希望の光に包まれていた。
 神をも仏をも裏切ったが、友を裏切りはしなかった。このロザリオを握りしめていれば、パライゾ(天国)の友らをインヘルノ(地獄)から垣間見ることがあるやもしれぬ。ああ、もしも平和な信仰の許される日本に帰国していたならば…!

Why did not I throw away that rosary but brought it to my grave? Because the illusion of esperança (hope) in the future was reflected on every bead. Because counting the beads reminded me of the days during that eight-year-trip with my friends.

The azure ocean where a school of flying fish drew silver curves, the recitation of the Sermon on the Mount on our deck, the sounds of the lute that we played, the first ball, the splash of fountains in Pratolino, a flexible heated glass like a candy to make forms of animals or birds in Murano, botanical gardens, zoos, …everything was wrapped up in the light of esperança (hope).

While I betrayed both God and Buddha, I have never betrayed my friends. If I keep this rosary in my fist, I might catch a glimpse of my friends in Paradiso, from Inferno. Ai, if only we had returned to Japan where the faith in the peace was accepted!

c0345705_17383699.jpg

日本地図(1602年、初版1595年)『遥かなるルネサンス』図録より
the first map of Japan in the Atlas, 1602 edition (1595, the first edition)

ミゲル「ああ、不死の神が長い生命を与えてくれて、そういう(平和な)日本に住む幸福がわれわれにも与えられますように。日本の戦乱の火を消すには、それ以外にどうすることもできないのだから」(デ・サンデ『見聞録』より)(若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』より引用)


f0374041_08572502.jpg

平和」の蝋燭*アドベント第2主日(12月10日)
PEACE*Second Sunday of Advent(10 December)


地に平和ことしも祈る待降節いくさと地震(なゐ)とやむ日
知らねど

in terra PAX  
prego quest’ anno ancora
 
quando cessarano  
le guerre e terremoti
 
nel mondo ?


c0345705_13225439.jpg

おまけ*お地蔵さんのような修道僧の祠*ヴェネツィア(1999年)
Bonus*Monk statue like Jizo-Bosatsu in Japan (Venezia, 1999)

(つづく)
(To be continued)




もひとつ、おまけ*ノーベル賞晩餐会で「ヘイワ(平和)」を語るカズオ・イシグロ氏
(日本語のNHKニュース▶)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171211/k10011254031000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
Bonus 2 * Kazuo Ishiguro’ s speech on
PEACE on December 11.

(All Rights Reserved)




[PR]