タグ:Peinture (絵画) ( 151 ) タグの人気記事

c0345705_08403312.jpg


毎年いまごろ庭に咲く白百合、暑さのためか、今年はまだちらほら…。

Lys dans notre jardin, hier.




♪「マリアは天へ昇らせたまいぬ」♪

c0345705_16521687.jpg

ヴァチカンでみた奏楽天使、ヴェネツィアでみた祭壇画(2011年撮影)


8月15日は聖母被昇天の日、そしてsnowdropの母の月命日です。
(記念日反応? 心の準備をしておけば、軽くなるので大丈夫です) ^^
聖母マリアは、先に天に昇っていた我が子イエスの導きで天に昇りました。
ヴェネツィアで見たティツィアーノの祭壇画(手前の本)は
フラーリ教会を包む夕映えと同じに輝いていました


Aujourd'hui, c'est le jour de L'Assomption de la Vierge et
un des jours anniversaires mensuels de la mort de ma mère.
Je me souviens de L'Assomption de la Vierge de Tizian,
Basilica di Santa Maria Gloriosa dei Frari au crépuscule rouge.


フランスの小さな教会(photo par grillon)
c0345705_08261418.jpg


雛罌粟(コクリコ)は祈りの歌の光みつるステンドグラスに永久(とは)に花咲く

inspirée par grillon
kokuriko ha inori no uta no hikari mitsuru
sutendogurasu ni towa-ni hana saku

des coquelicots éphémères
pour toujours en fleur

sur un vitrail de l' église en pierre

pleine de chants et prières
Est-ce que j' ai reussi à rimer ?

Img_0014_800x600(2016年)


いつか訪ねてみたい。。。
い罌粟(ケシ、コクリコ)の玻璃窓のある小さなフランスの教会。
そして、罌粟と矢車菊咲くイタリアの草原、夢の絨毯。。。

snowdrop veut visiter un jour
une petite église en France avec ces vitraux de coquelicots rouges
et un tapis de coquelicots et bluets de Norcia, Italie





青い海こえてき花便りけふも届きぬ ゆめのくにより

au-delà de la mer
des lettres sur des coquelicots
sont arrivées
aujourd'hui aussi
du pays des rêves




↓私のお気に入り♪ my favorites (2015)

c0345705_14173996.jpg



















天と地をきらめく夢の花々は 王子の笑顔 君の咲(え)む声

des fleurs du rêve
scintillants dans les cieux
et sur la terre
c' est mille rires du Petit Prince
et ta voix souriante, charmante

c0345705_17375424.jpg


海越えて「ありがたう!」を届けてよ大正ろまんの罌粟の切手よ

envoyez
mes merci et grazie mille!
une timbre

des coquelicots
de l'ère Taishô!

♥ Merci beaucoup, grillon ! ♥
Bon repos !
☆彡 Grazie mille, naoko-san!★☽

c0345705_09013750.jpg

おまけ*Bonus

これはきっとフランスのニャンコ。。。

Voici un chat par Leonard Fujita 🐈

c0345705_09592336.jpg

コクリコ、ヤグルマギク、小麦柄のタピスリーと猫
「タピストリーの裸婦」(部分) Nude with Tapestry 
『藤田嗣治展
 LEONARD FOUJITA2006年)


「藤田嗣治 猫 切手」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)












[PR]
c0345705_18063885.jpg



今年もゆくあてのない夏帽子…
日曜の朝、新聞をひらいたら、夢二の絵が目に飛び込んできました。
いぜん岡山に泊まった時、夢二郷土美術館に寄りたかったのですが…
ちょうど降り始めた雨に、まっすぐ帰るよう宿の人に勧められました。
岡山の雨はきっとあの頃も激しく降ったのでしょうね。。。
頂き物の「竹久夢二本舗敷島堂」の涼菓、今日はどれにしましょうか。

My straw hat without destination this summer also…
Let's read today's paper including an article on Takehisa Yumeji.
Today's dessert is gelées assorties (Yumeji Hon-po Sikishima-do). 
(written on Sunday)

f0374041_11090504.jpg



夏の宵、ミントの羽飾りをさしたスライスレモンの夏帽子をかぶって
ゼリー嬢は誰を待つのでしょう。デラウェアのブーケをかかえて…
彼女のそばで咲いているのは、レモンいろの待宵草。

In the summer evening, wearing a summer hat of a slice lemon with mint leaves,
with a bouquet of grapes, who are you waiting for, Mademoiselle Gelée ?
Oenothera stricta, lemon yellow flowers are in bloom by your side.



f0374041_05464350.jpg


竹久夢二は「宵待草」の作者として知られます。
待宵草のまちがいでしょうか?
いいえ、夢二は「宵待草」というひびきを愛して、造語したのだと思います。







ニュー・ピオーネのゼリーは紫陽花のお帽子に。

This jelly is like a cloche of a hydrangea.


c0345705_18215619.jpg
「高畠華宵 帽子」の画像検索結果
(google search)


はじめての一人旅は二十歳の夏 倉敷の橋 アイビースクエア

the destination of
my first secret solitary journey
was Kurashiki, Okayama
in the summer when I was twenty
Nakabashi Bridge, Ivy Square Hotel



あのころはカメラを持たず、目に焼きつける旅でした。
「カメラ女子ならぬ目玉焼きガール」◎◎

Snowdrop used to travel without her camera
so as to remember well what she saw…



「エルグレコ 倉敷 」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)


お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
おすすめ夏レシピ&お出かけ夏グルメ【PR】











[PR]
c0345705_05231429.jpg
わが庭の高砂百合(2015年撮影)* 早くこの雨がやみますように…


 漱石の白い百合は西洋の花なのだろうか。もう一度、『それから』と『夢十夜』の百合の場面を読み返してみよう。

「雨は依然として、長く、物に音を立てて降つた。二人は雨の為に、雨の持ち来す音の為に、世間から切り離された。(…)二人は孤立の儘、白百合の香の中に封じ込められた」

「すると石の下から斜(はす)に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。見る間に長くなつて丁度自分の胸のあたり迄来て留まつた。と思ふと、すらりと揺ぐ茎の頂に、心持首を傾(かたぶ)けてゐた細長い一輪の蕾が、ふつくらと瓣(はなびら)を開いた。真白な百合が鼻の先で骨に徹(こた)へる程匂った。そこへ遥の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。(…)」


 ここには、西洋の爽やかな夏とは対照的な日本の湿気が感じられる。


a0332314_15122320.jpg


Soseki' s white lily is Western one? Snowdrop read again Soseki's works. For example, the below scene is full of the humidity typical of Japanese climate, contrary to European one.

"They were cut from the world by the rain, by the rain-falling sound. (…) They were still alone, closed in the smell of white lilies." (And then * trans. by snowdrop)



c0345705_15412473.jpg


 漱石の『虞美人草』には、虞美人草(ヒナゲシ)の銀屏風が出てくることが知られる。これを描いたとされる酒井抱一は、江戸時代後期の琳派画家である。ただし、銀地に真紅の虞美人草を描いた美しい屏風は、じつは現存しない。漱石の空想の産物とも言われる。(NHKの「日曜美術館」で復元作品が紹介されたことがある)
 ここでsnowdropが注目したいのは、現存する酒井抱一の銀屏風、「夏秋草図屏風」の白百合である。

It is known that The Poppy by Soseki refers to a folding screen representing red poppies on the silver ground by SAKAI Hoitsu, a Rinpa painter in the late Edo period. This beautiful screen does not exist. They say that it is propably Soseki's imagination.


a0332314_10240997.jpg
酒井抱一「夏秋草図屏風」(部分)『酒井抱一と江戸琳派の全貌』
Summer and autumn flower plants by Sakai Hoitsu(detail)


 これが抱一の銀屏風に描かれた白百合である。染み一つない白百合。おなじ琳派の鈴木其一が描いた斑入りの山百合(図版は末尾)と比べると、その純白がきわだつ。
 抱一を好んだ漱石は、この有名な銀屏風を見たことがあるに違いない。銀地の虞美人草図屏風も、ここから構想したのかもしれない。

Here are white lilies on the silver ground painted by Hoitsu. These immaculate lilies are different from spotted ones by Suzuki Kiitsu, an another Rinpa painter. Soseki, a Hoitsu-lover, must have seen this famous silver screen. It might have inspired Soseki to imagine that silver screen of red poppies.


c0345705_05282952.jpg


 こちらは大和文華館で今年撮影したササユリである。咲き初めの薄紅色が愛されるが、ひらき切ると白くなる。すくすく伸びれば、胸の高さほどまでになる。漱石はどこかでこの野の百合を見たことがあったかもしれない。『夢十夜』の百合はこちらだろうか。ただし、香りはそれほど強くない。
 それに、三千代が抱えてきた百合は花屋で売られていた。ササユリは花屋に並ぶような花ではなさそうだ。

Here is Lilium japonicum, that turns from pink to white while opening. It grows upward in front of a man's chest. Did the author see this kind of lily in somewhere? Is this the white lily of Ten Dreaming Nights ? But the smell is not so strong as depicted in the novella. As for the lilies that Michiyo (And then) brought to Daisuke, they were the ones in a flower shop. But Lilium japonicum is a wild flower.


c0345705_11033268.jpg


 『それから』の百合も『夢十夜』の百合も、白の色と強い香りが強調されている。けれども、花びらの具体的な描写はない。じつは漱石は写実描写にすぐれた作家であった。たとえば木蓮の白はこのよう表されている。

「徒らに白いのは寒過ぎる。(…)木蓮の色は夫ではない。極度の白きをわざと避けて、あたたかみのある淡黄に、奥床しくも自らを卑下して居る(…)」(『草枕』)


The lilies
in both works have the strong smell and white colour. But there is no realistic depiction of the petals, such as the magnolia in Grass Pillow

“ The pure white looks icy. (…) The white of the magnolia is not so. It declines the extreme white and prefers the warm cream colour humbly. (…) ” (trans. by snowdrop)
 


c0345705_13454166.jpg


 漱石の白い百合は細部が描写されていないため、品種を特定することは難しい。強い香りと白い色が強調された彼の百合は、抱一の描いた日本の百合と、西洋のマドンナ・リリーとが重なって生まれたイメージのなかの百合なのかもしれない。

It is difficult to identify the kind of the white lily in Soseki's works. His lily with white petals and strong smell might be the imaginary one that was born from the Japanese white lily painted by Sakai Hoitsu and from the Madonna lily depicted by Western painters and writers.


c0345705_11365783.jpg

鈴木其一「夏秋渓流図屏風」(部分)『酒井抱一と江戸琳派の全貌』
Suzuki Kiitsu's mountain lily (detail)

(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】









[PR]
a0332314_04144181.jpg
わが庭の高砂百合(2015年撮影)*Formosan lily


 夏目漱石の小説『それから』に出てくる白百合の品種は何か?こう問いかけるのは、『漱石の白くない百合』を著した植物学者、塚本裕一氏である。曰く、
 日本の白百合の代表格、山百合には黄色の筋や赤い蕊があり、間近では純白には見えない。漱石の白百合は遠目のイメージ、あるいは西洋の白百合を思わせる。
 西洋の白百合とはマドンナ・リリー(聖母の百合)である。日本では鉄砲百合がこれに近い。

 The white lily in a novel And then by Natsume Soseki, what kind of lily is that ? A botanist, Tsukamoto Hirokazu asks in his book, Soseki's lily that is not white.
 According to him, Japanese represntative white lily, the mountain lily does not look white because of its yellow spots and red stamens. Soseki's white lily might be the mountain lily(golden‐rayed lily)seen from a distance or the Western lily(Madonna lily). The Madonnna lily is similar to the trumpet lily(Easter lily)in Japan.


「それから 映画 藤谷美和子 百合」の画像検索結果

映画「それから」(google search)*これは鉄砲百合?
trumpet lily(?) *  And then (film)


 snowdropは塚本氏の本を閉じた。『それから』を本棚から出してきて、拾い読みしてゆく。主人公代助と、その友人の妻三千代の心が寄り添うとき、そこにはいつも白百合の香りと雨の音がある。

「三千代は何にも答へずに室の中に這入て来た。セルの単衣の下に襦袢を重ねて、手に大きな百合の花を三本許提げてゐた」
「雨は依然として、長く、物に音を立てて降つた。二人は雨の為に、雨の持ち来す音の為に、世間から切り離された。(…)二人は孤立の儘、白百合の香の中に封じ込められた」


(『それから』より。母の持っていた漱石の本はすべて旧仮名遣いです)


Snowdrop changed her books from the botanist's to Soseki's original, And then in her mother's bookshelf. Whenever the hero Daisuke and heroine Michiyo understand the feelings each other, there are the scent of white lilies and sound of rain.

"(…)They were cut from the world by the rain, by the rain-falling sound. (…) They were still alone, closed in the smell of white lilies." (And then * trans. by snowdrop)



c0345705_05352075.jpg


 漱石の百合といえば、『夢十夜』の百合が知られる。黒い瞳の女の墓標から咲いた純白の百合である

「すると石の下から斜(はす)に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。見る間に長くなつて丁度自分の胸のあたり迄来て留まつた。と思ふと、すらりと揺ぐ茎の頂に、心持首を傾(かたぶ)けてゐた細長い一輪の蕾が、ふつくらと瓣(はなびら)を開いた。真白な百合が鼻の先で骨に徹(こた)へる程匂った。そこへ遥の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。(…)」

Soseki's most famous lily appears in Ten Dreaming Nights. It is a white lily opened up from a black-eyed lady's tomb, upward in front of the hero's chest.


c0345705_12120864.jpg


『それから』の三千代と『夢十夜』の女との間には共通点がある。大きな黒い瞳である。

「三千代は美くしい線を綺麗に重ねた鮮かな二重瞼を持ってゐる。眼の恰好は細長い方であるが、瞳を据えて凝(じつ)と物を見るときに、それが何かの具合で大変大きく見える」(『それから』)

「大きな潤(うるほひ)のある眼で、長い睫(まつげ)に包まれた中は、只一面に真黒であつた。」(『夢十夜』)

There is a common element between Michiyo in And then and the lady in Ten Dreaming Nights. ― big, black eyes.


a0332314_11252911.jpg
パレストリーナ(1525-1594)モテトゥス「マリアは天に昇らせたまいぬ」「いばらの中のユリのごとし」
https://www.youtube.com/watch?v=DxezcOzchoI


 漱石には、英国留学中に学んだイギリス文学を翻案した作品もある。アーサー王伝説を題材にした『薤露行(かいろこう)』(1905年)。『夢十夜』(1908年)の3年前に書かれた短編である。

「息絶えて、身の暖かなるうち、右の手にこの文を握らせ給え。(…)隙間なく黒き布しき詰めたる小舟の中にわれを載せ給え。山に野に白き薔薇、白き百合を採り尽くして舟に投げ入れ給え。―船は流し給え」(『薤露行』)

 この少女エレーンのセリフ回しは、『夢十夜』の女のそれとよく似ている。

「死んだら、埋めて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして天から落ちて来る星の破片(かけ)を墓標(はかじるし)に置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて下さい。また逢いに来ますから」(『夢十夜』)

Soseki wrote a novella Kairoko(1905) an adaptation of the legend of King Arthur three years before Ten Dreaming Dreams (1908). Lily Maid's words in the former are similar to those of the lady in the latter. "When I die, …"


「film anne of green gables lady of sharotte boat」の画像検索結果

映画「赤毛のアン」*エレーンごっこをするアン
(google search*film*Anne disguising herself as Elaine, Lily Maid)



 漱石の白い百合をめぐって、『それから』から『夢十夜』へ、そして『薤露行』へとさかのぼる白い糸が見えてきた。原点にはアーサー王伝説が…それでは、漱石の白百合は西洋の花なのだろうか?植物学者ではないsnowdropは、美術史家気分で考えてみよう。(つづく)

Snowdrop has found a white thread from And then to Ten Dreaming Nights and Kairoko, whose origin is the Arthurian legend. Then Soseki' s white lily is Western one? Snowdrop will consider that as if she was an art historian, not a botanist.


a0332314_10395556.jpg

(To be continued)

(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】









[PR]
c0345705_05364651.jpg



6月24日は夏のクリスマス、聖ヨハネの日です。この日、洗礼者ヨハネが生まれました。
イエス・キリストの誕生日、クリスマスが冬至のころの12月25日とされたように、
聖ヨハネの日は夏至のころに定められました。その前夜は夏のクリスマス・イブです。
夏至を境に日が短くなってゆくので、人々は大きな焚火でお日さまを応援します。
夏のクリスマスツリー?

Today is the Nativity of Saint John the Baptist.
While Christmas is around the winter solstice,
Summer Christmas around the summer solstice.
The people try to give the power to the declining sun
by the bonfire on St John's Eve.
Summer Christmas Tree?


c0345705_05444334.jpg



聖ヨハネの火よ燃えあがれめらめらと紅濃ゆき花びらのごと

Feux de la Saint-Jean,
flamboyez!
comme
des pétales rouges
d' iris, Lilium maculatum


c0345705_11002883.jpg



ラファエロ・サンティの描いた「牧場の聖母子と聖ヨハネ」。
お盆と正月が一緒に来たような絵ですね!(右が聖ヨハネ)
兄弟のように描かれた二人が出会うのは、じつは大人になってからです。

The Virgin and Child with St John the Baptist by Raphael.
The painting where two Christmas come at once!
In fact, Jesus and John did not meet in their childhood.


c0345705_06271375.jpg


兄弟のような透百合(柳生花菖蒲園)Lilium maculatum like Jesus and John


スカシユリは園芸品種になりました。野に咲くササユリよりも華やかです。
奈良の率川神社には、笹百合を手にした巫女が舞う百合祭りがあります。

While the above lilium maculatum are the garden species,
Lilium japonicum is
a wild flower.
In Lily Festival since 701, four shrine ladies of the Isakawa Shrine
dance with this lily (photo in 2016).


c0345705_12040149.jpg












ササユリ
(大和文華館)
*Lilium japonicum


Img_2065_800x602


率川神社(2016年6月17日)



巫女(みかんこ)と君がたとえたその日からチェリーセージが和の花に見ゆ

Since the day
when you compared the cherry sage
to the shrine maiden,
these red-and-white flowers
look like Japanese flowers



c0345705_05372879.jpg

チェリーセージ(箕面、5月)



「聖ヨハネの水」というものがイタリアにあることを去年知りました。
草花の夜露や、イブに草花を浸けておいた水を体に浴びるのだとか。
ウンブリア地方には、草花を水に浸して外の月光のなかに一晩おき、
翌朝、花の精気に満ちた香り高い水で顔を洗う慣習があるそうです。
南欧らしい芳しい慣習ですね。
こちらはイタリア在住のNaokoさんお手製の「聖ヨハネの水」です。

I learned there is the water of St. John (l'Acqua di San Giovanni)
by the below article last year.
They immerse wild flowers in the water in the moonlit garden
and wash their faces with that fragrant water the next morning.


L'Acqua di San Giovanni fatta a mano!
Bellissima! Grazie mille, naoko-san!


(2017年)


今年は山で摘んだセイヨウオトギリソウ(聖ヨハネの草)やバラ、
ご自宅のセージやミント、ローズマリー、ラベンダーも加わり
華やかさと薬効がさらにアップしました。
私たちも美しい水の力を分けてもらいましょう。

Here is l'acqua di San Giovanni made by Naoko-san and her husband in 2018.
St. John's wort and roses that she picked with her husband in a mountain,
and the sage, mint, rosemary, lavender in their garden are added.
PARTAGEONS L'ENERGIE DE L'EAU DE JEAN-BAPTISTE !
Bellissime!! Grazie mille, naoko-san!!


(2018年)


そういえば北欧には、夏至の夜に七種類の野花を摘む習慣がありましたっけ。

And Moomin's girl friend picks seven kinds of wild flowers on St John's Eve
so as to divine her future husband...
「Tove seven flowers summer jansson」の画像検索結果
『ムーミン谷の夏祭り』(google search)


おまけ*Bonus

フィレンツェの紋章はアイリス、または百合とされます。
フィレンツェの修道院の石鹸の説明書です(1999年)。
(今年はヨハネの水の花風呂をつかった人もいるとか…)

Fleur-de-lys (Giglio) di Firenze

c0345705_12575698.jpg


(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】













[PR]

c0345705_15083997.jpg



紫陽花はうそつき?
花に見えるのは、じつは萼(がく)。
青い花と蕊(しべ)はこんなに小さい!

The hidrangea is a liar.
What look like flowers are the sepals.
Its blue flowers and stamens are so small!


c0345705_15324074.jpg



ちっちゃな蜂を探してごらん。
ピンクとブルーのひらひらの中じゃなくて、
金平糖みたいな蕊(しべ)の集まったところ。
蜂はちゃぁんと知っている。

Do you find a little bee (in the 2nd fig.)?
Not on the petals but on the star-like stamens.
The bee knows well where the real flowers are.


c0345705_20330298.jpg
c0345705_07041101.jpg

「pompadour madame」の画像検索結果

(google search)



華やかなフリルがついているのは、飾り花。貴婦人のドレスのような。
(ポンパドゥール夫人はフランスの紫式部あるいは清少納言?

The decorative sterile florets look like the frills of a dress of
Madame de Pompadour, French Sei Shonagon or Murasaki Shikibu?



c0345705_15094779.jpg



むかし、日本には萼アジサイしかなかった。
万葉集の紫陽花の歌はわずか二首。
紫式部にも清少納言にも顧みられることはなかった。

山にひっそり咲く紫陽花に魅せられたのは
江戸時代に来日した医師にして自然科学者、シーボルトだった。
ある日彼は、装飾花
に覆われた手毬のようなアジサイを見つけた。

彼はその青い手鞠花をヨーロッパへ持ち帰った。

There were only the lacecap hydrangea in Japan.
Both Murasaki Shikibu and Sei Shonagon ignored it.
It was Siebold who admired it for the first time.
He found a Japanese handball-like one covered with
the decorative sterile florets, which he brought to Europe.


a0332314_04515902.jpg

シーボルト(1796-1866)の "Otakusa" (wikipedia)


彼には日本人の妻がいた。楠本滝、お滝さん、オタキサン
紫陽花は海を渡ったが、お滝さんは日本に残された。
お滝さんは娘のイネと小舟から夫の船を見送った。
きっと少しでも長くシーボルトを見ていたかったのだろう。
シーボルトは帰国後、その紫陽花に日本の妻の名前をつけた。
彼の植物誌に記されたOtakusa
オタクサの文字をみるたび
切なくなる。


He had a Japanese wife, KUSUMOTO Taki, O-Taki-san.
He brought back the hydrangea bur left his wife in Japan.
She and Ine, their daughter saw him off from a small boat
because they wanted to see him as long as possible, I think.
After returning, he named the hydrangea "
Otakusa".



c0345705_15434884.jpg


お滝さんに代はりて詠める * in place of O-Taki-san


紫陽花の海の彼方へ消えてゆく優しい嘘つき…青い瞳の


my gentle liar

who is vanishing

in the hydrangea sea

my gentle blue eyes

just like that hydrangea!


c0345705_14072970.jpg


アジサイと稲田 * hydrangea and rice (Ine) field

イネに代はりて詠める *
in place of Ine, Siebold' s daughtrer


海の果てに橘ありや時じくの香の木の実のあらましものを


overseas
is there Chirtus tachibana
a fruit of the longevity?
I wish I could bring it
to my father


a0332314_15580749.jpg

手毬のような「山あじさい」


イネは父と同じ医師となり、木の実ではなく医術で
人々の命を延ばした。

Ine became a doctor like her father and healed the people
not by the fruit but by the medicine.


今日は父の日です Today is Father's Day in Japan.



c0345705_14001114.jpg



18世紀末に中国経由でヨーロッパに伝わっていた紫陽花から、
そしてシーボルトと海を渡った青い手毬のような山紫陽花から、
色とりどりの西洋アジサイが生まれた。
虹の毬のような花々には、雨を知らないものも多いかもしれない。

From the hydrangea that had been transferred to Europe via China,
and Siebold's blue hydrangea, various colours of flowers were born
in Kew Gardens, London.
Some of those colorful flowers might not know the rain.


c0345705_18132285.jpg


Willebeek le Mair*Little Songs of Long Ago(1912)


(All Rights Reserved)


umiさんの企画に参加中です。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】



[PR]
c0345705_07030469.jpg


むかし友達と「薔薇の名前」という映画を観ました。今日は人の名前をもつ薔薇を、snowdropのアルバムから取り出してみましょう。晴れた日の薔薇は須磨離宮公園(2015年)と中之島バラ園(2016年)、雨上がりの薔薇は靭公園(2018年)で撮影しました。

Le Nom de la Rose…snowdrop vit ce film avec des amies il y a trente ans. Aujourd'hui elle choit quelques photos des roses avec le nom de personne.



c0345705_07183000.jpg

ピエール・ドゥ・ロンサール*Pierre de Ronsard


みんなが大好きな薔薇、ピエール・ドゥ・ロンサール。フランスのルネサンス詩人の名前です。「命短し恋せよ乙女」…彼は薔薇の花を見にゆこうと乙女を誘います。

Pierre de Ronsard(1524~1585) est l'un des poètes français les plus importants du XVIème siècle, et son nom est connu par Japonais comme une rose populaire.


(…)あなたの齢(よわい)が
いまを盛りと花咲いている間に
摘めよ 摘めよ あなたの若さを
この花と同じく 老いが
あなたの美しさを色褪せさせるだろうから
(「カサンドルへの頌歌」snowdropによる抄訳)

(…)Tandis que votre âge fleuronne
En sa plus verte nouveauté,
Cueillez, cueillez votre jeunesse :
Comme à cette fleur, la vieillesse
Fera ternir votre beauté. ― Ode à Cassandre, Pierre de Ronsard



c0345705_07404406.jpg


「命短し恋せよ乙女」とうたったのはロンサール(1524~1585)が初めではありません。ロレンツォ・メディチ(1449~1492)がすでに「薔薇を摘め」という詩を作っていました。「一日の花を摘め」という詩句は、古代ローマの詩人ホラティウスにさかのぼります。

Lorenzo de' Medici(1449~1492)avait chanté "Cogli la rosa, o ninfa, or ch'è il bel tempo," et Horatius Flaccus (65 BC~8 BC), ”Carpe diem".



c0345705_07063624.jpg
ミケランジェロ*Michelangelo ♡ Un coeur au coeur de la fleur


「michelangelo sistina livia piterest」の画像検索結果
システィーナ礼拝堂(pinterest)


ルネサンスは古代ローマやギリシアへの憧れが花開いた時代。フィレンツェを治めていたロレンツィオ・メディチは、若き日のミケランジェロのパトロンでもありました。ミケランジェロは彫刻家にして画家、建築家、そして詩人でした。

Lorenzo fut un patron de Michelangelo. ”Michel più che mortale Angel divino. Pittor, scultore, architettor, poeta.”


十重二十重(とえはたえ)、花また花で織りつづられた花綵(はなづな)は
またなんと匂い晴れやか、金髪の婦人の髪のその上に、
花一輪また一輪としなだれかしぐ、
花々はあい競い君の額に口づける(…)(― ミケランジェロ、平川祐弘訳)

Quanto si gode, lieta e ben contesta
di fior sopra' crin d' or una, grillanda,
che l' altro inanzi l' uno all' altro manda,
come ch' il primo sia a baciar la testa!(…)(― Michelangelo)


c0345705_07074074.jpg
アンリ・トゥールーズ・ロートレック*Henri de Toulouse-Lautrec

「lautrec poster pinterest」の画像検索結果
(pinterest)

ロートレックは19世紀末フランスで、夜の酒場の絵やポスターを手がけた画家です。下のセピアの写真は、「小さな宝石」と呼ばれていた頃のロートレック。なんてかわいい!

Henri de Toulouse-Lautrec (1864~1901), il était appelé Petit Bijou dans son enfance.

a0332314_12215365.jpg

「Anne frank childhood pinterest」の画像検索結果
(amazon)

最後は「アンネ・フランクの思い出」という名の薔薇。この薔薇は靭公園だけでなく、ボランティアによる花壇にもたくさん咲いていました。

Voici Souvenir d’ Anne Frank… il y avait beaucoup de ces roses non seulement au parc mais aussi aux parterres de volontaire.


c0345705_07234261.jpg


しなやかな少女(をとめ)潜みし窓辺にはましろき頬(ほほ)の雀も来しや

la fenêtre
où cachait
une jeune fille sage
un moineau visitait
à joues blanches ?



日本の雀の頬には●(黒まる;ホクロ)が…
moineau japonais à joues noirs●


c0345705_07141899.jpg


敷島のやまとの雀はほくろ美人 吾(あ)のうなじにもほくろがひとつ

moineau japonais
est la belle
avec deux grains de beauté
il y en a un
sur ma nuque aussi


「つけぼくろ ヨーロッパ」の画像検索結果

おまけ * 首筋のほくろをお洒落黒子(おしゃれぼくろ)といいます。
フランス語でほくろは「美の粒、斑」です。むかしの人はつけ黒子も…
Bonus * des mouches (図版はポーラ文化研究所HPより)


coco*さんの企画に参加させていただいています。



「薔薇の名前」のストーリーはほとんど忘れてしまったけれど、こちらの映画は…

(つづく*To be continued)

c0345705_11004858.jpg

(All Rights Reserved)

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】



[PR]

c0345705_11172211.jpg
平安神宮と疎水と染井吉野*Torii & MoMA, Kyoto

 snowdropには染井吉野の写真が少ない。
 子供のころ、近くの小さな神社へみんなでお花見に行った。そこでsnowdropは染井吉野を見た。きれいだった。うすべにの花、花、花…。綿菓子みたい!甘くてやわらかいものだけでできている!ひたすら眺めた。眺めつくした。たぶん一生分を。
 あの日の、あの花より美しいと思える染井吉野に出会ったことがない。

 Snowdrop has taken photographs of Somei Yoshino lesser than other breeds.
 When she was a child, she has gone to see the cherry blossoms at a local shrine with her family. The flowers of Somei Yoshino were beautiful, pale pink and soft like clouds, like cotton candies. She observed, admired, and appreciated probably a lifetime's worth of Somei Yoshino.
 She has never seen since then Somei Yoshino as beautiful as those on that day.



c0345705_11141242.jpg
「二つ折りの座」(京都国立近代美術館)*お花見の座布団にぴったり?
folded-cuchion-like contemporary art object in the garden of MoMA Kyoto


 染井吉野は、江戸彼岸と大島桜が交雑してできた一本の木を祖とするクローンだという。葉が出る前に、花だけがぱっと開く華やかさが好まれた。いちどきに咲いて、いちどきに散る。武士道を思わせるこの花は、武士の世が終りに近づいた江戸末期に生まれ、武士が滅びる明治時代から大量に植えられた。
 染井吉野の名は、江戸の染井村で育成されたことと、花の名所・吉野への憧れとに由来する。

 Somei Yoshino is said to be a kind of clone, whose flowers emerge before the leaves. All the flowers bloom and fall at the same time. Somei Yoshino reminded Japanese people of Bushi-do, the code of the samurai.
 This breed
was born at the end of the Edo period(warriors’ time)and has been planted since the Meiji period when the warrior class was abolished. The name of Somei Yoshino derives from a gardener village in Edo, Somei and the most famous place for cherry blossoms, Mt. Yoshino.



c0345705_11250080.jpg
明治時代のお花見(今月のカレンダーから)


 生長は早いが寿命は短い。いちどきに咲いて、いちどきに散る。もろくあやうい、クローンの桜。第二次大戦中、日本兵の理想にまつり上げられた。
 敗戦後、焦土を覆い隠すように、ふたたび大量の染井吉野が植えられた。それらは今いっせいに老いつつある。

 Somei Yoshino grows fast and lives a shorter life. The fragile clone cherry tree was regarded as a symbol of Japanese soldier’s ideal during the World War II: blooming and falling at the same time.
 After the War, many Somei Yoshino were planted in order to cover the scorched earth. These trees are now growing old at the same time.



c0345705_11120763.jpg


 染井吉野はいつも滅びに立ち会ってきた(武士道、皇国史観)。日本人の美意識と、弱さと、したたかさを背負い、毎年咲いては散り、咲いては散り、生き急ぐかのように老いを迎え…。
 吉野の名を引きながら、吉野の山桜からもっともかけ離れた桜。山桜や枝垂れ桜のように、それだけでは絵になりにくい。誰からも愛されるけれども、偏愛されることが少ない。

 Somei Yoshino has always witnessed the downfall, such as that of Bushi-do, of the historical view that Japan is a country under the eternal reign of living god emperors. This breed has represented the Japanese aesthetic sense, has included Japanese strongnesssometimes slynessand weakness, bloomed and fallen every spring, lived fast and grown old.
 Though its name includes Yoshino, it is the farthest from the wild cherry on Mt. Yoshino. It does not make a lovely picture as well as mountain cherry or weeping cherry. While it is liked by everyone, rarely loved passionately.

 
c0345705_10572043.jpg
「桜花」『小林古径』朝日新聞社(上)* 吉野の山桜(下)
Cherry Blossoms by KOBAYASHI Kokei*mountain cherry in Yoshino
a0332314_06222455.jpg


 明治維新150年。まだ、150年?!なんという嵐の時代をくぐり、嵐を起こしてきたのだろう、日本は!染井吉野は!
 日本語も嵐のなかにあった。文語体から口語体へ、旧仮名遣いから新仮名遣いへ…。いっそローマ字に統一しようという声。いやいや、フランス語を公用語にすべきだという声…(あの志賀直哉が!)。
 いっぽう、琉球や蝦夷のことばを奪い、アジア諸国に日本語を押しつけようとした。果ては『万葉集』までもが戦意高揚のために用いられた。

 
 2018 marks the 150th anniversary of the Meiji Restoration.What 150 years! Japan and Somei Yoshino have lived through the turbulent period.
 Japanese language also has been in the storm. It has changed from literary style to colloquial one. Some maintained to use only Roman letters, some
ex. SHIGA Naoya, a great authorrecommended French as the official language.
 Japan prohibited the use of dialects and ethnic languages, and forced Japanese on Asian countries. Even some poems in Man’yo-shu were used to foster the spirit for the war.



c0345705_17081416.jpg
伝統的な屋形船がこの春、復活した*traditional yakata-bune (private boat)


 合理化をとるか、伝統を守るか。そもそも伝統とは?日本らしさとは?蜻蛉(とんぼ)のかたちをした小さな島国のアイデンティティをどう守ればいいのか。
 明治以来、巌のように圧してくる西欧文明、大戦前後に押し寄せてきたアメリカ文化…激動の百年!その約十分の一は迷妄の十五年戦争。ふりかえれば室町は、平安は、天平は百の十倍の過去、千年の昔…
 染井吉野は、明治維新後150年のすべてを見てきた。
 みずからの美しさを誇るよりもむしろ、日本のふるい景観と新しい町並みの両方に優しく、美しく、寄り添いながら。

 Japanese people discussed. Which should be selected, rationalization or tradition? What is our tradition? What is the Japaneseness? How can we protect the identity of this dragonfly-like small island? The pressure of Western civilization since the Meiji period, the inflow of American culture after the World War IIwhat stormy hundred years! While one-tenth of that is the delusion of wartime (fifteen years), ten times of that is the distance to the Muromachi, Heian, or Tempyo peroids (around thousand years before)….
 Somei Yoshino has seen everything during these 150 years, while gently supporting and beautifying both traditional and modern landscapes rather than manifesting its own beauty.


a0332314_08501750.jpg

















クローンのさくらはかなし青白きLEDの灯に照らされて


des fleurs de Somei-yoshino,

un cerisier cloné,

elles semblent triste

sous la lumière pale
à DELdiode électroluminescentelight emitting diode



Dscn1070_4


「末期の眼」で桜をあふぐ川端へ花の瞳はなに語りけむ


c0345705_05201255.png

















「宵桜」『東山魁夷展』(朝日新聞社)*東山魁夷は、川端康成の本の装丁も手がけている。

Evening cherry blossoms by HIGASHIYAMA Kaii, who bound some of KAWABATA Yasunari's books

(All Rights Reserved)

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



[PR]
c0345705_19503556.jpg
イースターのころ届いたカード &『マリー・クレール』のコラージュ
collage d' une carte de L…et Marie Claire


愛という花輪のなかの赤ちゃんへジャポンのリース四つ贈らむ


À ta petite fille
dans une guirlande d' amour
je voudrais envoyer
quatre guirlandes japonaises
avec des fleurs de cerisier, magnolia, mimosa, et baby's breath spirea



Pour Ma… et trois enfants

c0345705_16551665.jpg


桜の花輪*fleurs de cerisier


c0345705_20030840.jpg


マグノリアの花輪*magnolia

c0345705_07072147.jpg


雪柳*baby's breath spirea(赤ちゃんの吐息のシモツケ花)

c0345705_07055402.jpg


ミモザの花輪*mimosa en 2015


2004年、ノルマンディの復活祭休暇に知り合い、
2015年、ミモザの季節の日本を訪れたL…は、春の女神のように帰ってゆきました。
そして去年、L…は結婚してこの春、ミモザの日より少し前に赤ちゃんを産みました。
アムールを手に入れたL…、おめでとう

L… dont j' ai fait la connaisance pendant les vacances de Pâques en 2004,
elle a voyagé et est partie du Japon à la saison de mimosa il y a trois ans.
Elle s' est mariée l' année dernière et a donné naissance à une petite fille
avant la fête du mimosa cette année.
Tu as ton amour en main ! Félicitaions


Img_0980_800x600


桜の幹にL…が見つけたの形(奈良、2015年3月)
le coeur que tu trouvas en Nara, 2015


Primavera_2

絵のなかのフローラによく似たL…に、マグノリアやミモザ、雪柳の花冠を…
ボッティチェリの「春」はトスカーナの美術館にあります。フローラの左、画面中央に描かれたヴィーナスは、身ごもった聖母のようにも見えます。背景の水色の空が円い頭光に見えるからでしょうか。それとも、頭上にアムールが飛んでいるから、♡形に見えますか?

Pour ma Primavera, L…, je voudrais offrir quatre guirlandes japonaises. Tu est devenue de Primavera à Venus, ou Notre Dame de l'enfantement (selon WAKAKUWA Midori, une historienne d' art italien) dans cette peinture de la Renaissance. Tu trouves un nimbe ou coeur entourant sa tête? Voici Amour planant! ↓



c0345705_13502310.jpg

春(プリマヴェーラ) ボッティチェリ * Millenium Calendar 
部分図(下)は『原寸美術館』(小学館)より

c0345705_16185942.jpg


 女神たちの足元には野の花が咲き乱れています。1980年代にこの絵を修復したイタリアの研究者は、春の花のなかに冬の花がまじっているのに気づき、首をかしげました。クリスマス・ローズ?いいえ、これはきっとレンテン・ローズ。イースター(復活祭)に先だつ四旬節(レント)に開く花です。この絵には、古代神話の春と聖書の復活の春とが二重写しになっているに違いありません。
 若桑みどりも、このヴィーナスに聖母を重ね、薔薇はヴィーナスの花にして聖母の花と述べています(『薔薇のイコノロジー』)。なるほど、聖母の足元に薔薇が描かれていますね。そこから左へ目を移すと、レンテン・ローズがつつましく咲いています。まるで薔薇に一等地をゆずるかのように…

Parmi des fleurs des champs, il y a des roses de carême. Ce fleur fait allusion à deux printemps (mythologique et chrétien). Quel joli mariage !


c0345705_07175697.jpg
(2012年撮影)


友人のaster roseがイラストにしてくれた、レンテン・ローズと水仙。
白い花びらはまるでヴェネツィアのカーニヴァルの天使の翼のよう。
謝肉祭の喧噪から四旬節の静寂へ、そして復活祭の歓喜へ…
中世からルネサンスの春へ思いをはせつつ、今年の春をうれしみましょう。

Voici des roses de carême et narcisses chez nous…
(photo by snowdrop, image processing by aster*rose, mon amie)


c0345705_12012189.jpg

「angelo venezia carnival」の画像検索結果


(Ange de Venice)(google search)


「語られぬことば 下」は延期します。イースター休暇中にお祝いしたかったので

Untold words in a novel 2 is postponed.

(All Rights Reserved)








[PR]

c0345705_06320610.jpg
バッハの平均律第1巻第1番前奏曲は、グノーの「アヴェ・マリア」の伴奏に用いられました ♪


弾き初めは、ピアノの音そのものを味わうためのバッハ、それともモーツァルト。
あるいは、ピアノでしか歌えないものを歌ったショパン…
九カ月ぶりの鍵盤の上、私の指はまだ和音やリズムを覚えていました。

Mon premier jeu du piano en 2018, c' est Bach (pas Th. mais J.S.), Mozart(pour apprécier le son du piano même), et Chopin(pour ce qu' on peut chanter par le piano seulement)…
Mes doigts mémorisent encore des accords et rythmes après neuf mois!


c0345705_06330924.jpg


ショパンのバラッドを氷上でうたったのは、羽生弓弦選手。彼がこの曲を滑った2014年以降、よくこの楽譜を広げたものです。曲がりなりにも通しで弾けたときの嬉しさ!今季、私も右手にお礼を言いながら、軽い音でゆっくり弾きました。昨夏蝮に咬まれてから少しずつ治ってきてくれて、ありがとうね。

Yuzuru H. a choisi ce Ballad de Chopin pour son programme quelques fois. Chaque fois il a patiné avec ce morceau (2014-18), je l' ai joué maladroitement. Cette fois, lentement et légèrement en remerciant mon bras droit comme lui (remerciant sa jambe droite).


c0345705_06343198.jpg
バレンタインのおまけ*Bonus di Godiva (Saint-Valentin, 2000s)


飛行機から大地を見下ろしている気分になるこの箇所、羽生選手のショートプログラムには入っていません。

Cette partie toujours me donne la vision du parachutiste, mais elle est supprimée dans son programme, tant pis !


c0345705_17240863.jpg
エールフランス機内より (de Air France, 2004)


「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」のトリルで、右腕のだるさが戻って来てしまいました。リストは或る意味で、ショパンより弾き手を思いやってくれる作曲家なのですが…。

La fatigue de mon bras droit est revenue par des trilles de St François d'Assise: la prédication aux oiseaux... Mais en fait il est un composer qui pense au pianiste miex que Chopin!


c0345705_09062625.jpg
いつか行きたいアッシジ(2015年撮影)


真っ黒なクジラの白い歯鳴らしたら行けるだろうか海の果ての国
jouant
des dents blanches de la baleine noire
est-ce que
elle va au pays
au-delà de la mer ?



Dscn0207_800x530
初めての発表会*snowdrop’s first recital (1970s) ♪ Variations on "Bienchen Summ Herum!"
Une biche joue de la baleine à queue !


次に弾くときは、ジャズもいいな ♪

Je jouerai du jazz la prochaine fois ♪


c0345705_08355595.jpg


トルコ風ブルーロンドに背(せな)おされ逢ひにゆきたき人のありしを

Blue Rondo a la Turk
would encourage me to go to see
that man
in my youth
(my secret love…)



トルコ風ブルーロンド▲

(All Rights Reserved)



[PR]