タグ:Musique(音楽) ( 23 ) タグの人気記事

c0345705_19392467.jpg
日本橋駅*Nippon-bashi Station, Osaka


ミラノスカラ座のオペラシーズンは毎年12月7日に始まるとか。大阪国立文楽劇場の新春公演は1月3日から25日まででした。劇場内に一歩足を踏み入れると、浮き立つような三味線のBGMに包まれます。久々の新春公演!かつて同級生四人で、四天王寺で厄払いしたあと観劇して以来かもしれません。

The opera season of Teatro alla Scala begins on December 7th. The new year's performance of National Bunraku Theater was from January 3th to 25th in 2018. Entering the thearter, the background music of shamisen-lute greets you.


c0345705_10391879.jpg
Img_0916_768x1024












食いだおれ人形*Kuidaore Taro in National Bunraku Theatre


ロビーには大きな頭(かしら)のオブジェが…いつからあるのでしょう?奥に見えるのは食いだおれ人形、文楽人形と似た作りだとか。文楽の人形や衣裳は展示室で見られます。まるでオペラ歌手のコスチュームのディスプレイ !?

When has this giant-kashira (puppet-head) appeared in the lobby? Do you find Kuidaore Taro in the back? The puppet and kimono are displayed in the exhibition room. Just like the display of the costumes of opera singers !?


c0345705_10380696.jpg
c0345705_11103247.jpg
↑あっ、売店にアンパンマンかるたが!*Anpan-man Carta!


一階ではカナッペとカクテルならぬ、お菓子とおうすが頂けます。心惹かれますが…snowdropは客席へ急ぎます。開演15分前の幕あき三番叟、やっぱり今日も観たいから♪

They serve not cocktail and canapes, but maccha tea and sweets. Snowdrop hurries to her seat. Let's enjoy Sanbaso-dance before the rise of the curtain today also!


c0345705_10574002.jpg


喜びあれ!祈る傀儡(くぐつ)をあやつるは姿も声も隠せる黒衣(くろご)


Joyeux PrintempsCe qui manipule cette marionnette,c
est un Kuro-go sans forme, sans voix.(2017)


c0345705_17330241.jpg
文楽人形をつかう黒衣(『文楽』平凡社)https://en.wikipedia.org/wiki/Kuroko


黒衣さんは舞台の始まる前に三味線を運んだり、幕開き前の口上を述べたり、色んなお仕事をします。↓

Kuro-go (assistant-puppeteer) is preparing shamisen-lutes. They prologue every scene. ↓

c0345705_11153704.jpg


舞台の上手の床、独楽のように回る「盆」に乗って、太夫さんと三味線弾きさんが登場します。一度乗ってみたい?メリーゴーラウンドとちゃうで。

Tayu and shamisen player are to appear on the rotating stage. Do you want to take a test ride? Not a carousel!

「文楽 床 太夫 三味線」の画像検索結果
文楽協会HPより


舞台の幕も華やかに…にらみ鯛がおめでたいですね。ミラノスカラ座や、パリオペラ座に負けてへんで!

The screen is so gorgeous as La Scala's and L'Opéra's! ― A pair of sea beams shout!


c0345705_10371224.jpg


紅白のぼんぼりの優しい光、シャンデリアとは一味違います。劇場入口で仰いだ飛天の絵柄ですね。

Red or white bonbori (paper lantern) with Heavenly Maiden design that is common with the entrance curtain's.


c0345705_11143610.jpg
a0332314_10443433.jpg
飛天の足元に餅花と絵看板が…


この日見たのは昼の公演、絵看板の右半分です。

Snowdrop enjoyed the matinee only, the right half of the below signboard depicting scenes from the play. Mochi-hana decorate the lobby.


c0345705_10554200.jpg


 『摂州合邦辻』「合邦住家の段」を拡大しましょう。このクライマックスを、六代目竹本織太夫が語りました。あらすじは…
 年若き後妻の玉手御前は、俊徳丸の義母でありながら、道ならぬ片恋に落ちます。許嫁との仲を割くため、俊徳丸に毒を盛って盲目にし、あられもなく言い寄り…ついに実父に斬られてしまいます。しかし、実は毒を盛ったのは、俊徳丸を家督争いから守るため、いずれは寅の年寅の月寅の日寅の刻生まれの己の肝の生き血で、病を治してやる心づもりだったのです。
https://www.kabuki21.com/gappo.php
▲English synopsis of the below signboard, Sesshu-gappo-ga-tsuji


c0345705_07500670.jpg
『摂州合邦辻』「合邦住家の段」

 荒唐無稽な筋だと思われますか?それが、鶴澤燕三の三味線と一体になった織太夫の大音声の語りを聴き、桐竹勘十郎が遣う人形の狂態を見ていると、ぶっ飛びの面白さ!!周りのお客さんたちも、正面の舞台と右手の床とを交互に眺めています。
 そうえいばオペラでも、瀕死のヒロインが延々とアリアを歌うなど、不自然な場面が…(たとえば「椿姫」)。でも、オペラのシナリオは、歌手の美声を引き立ててなんぼ。文楽も、まずは太夫の浄瑠璃と三味線、そして人形の演技を、理屈抜きでしっぽり楽しんで。文楽はオペラだ !?

Do you find the plot nonsensical? But when you listen to the Oritayu' s joruri on shamisen sounds and see the puppets' performance, you find the scene exciting! In the opera also, sometimes the heroine who is dying sings loooong arias! (ex. La Traviata) The libretto is to bring out the beautiful voice of the opera singer. Let's enjoy visscerally first the harmony of joruri, shamisen-lute, and puppets! The BUNRAKU is the opera?!

c0345705_07522821.jpg
『平家女護島』「鬼界島の段」

 オペラに文学や哲学を持ち込んだのが、ワーグナーの楽劇でした。ワーグナーは、アリアごとに拍手でぶつ切りになるオペラを厭い、音楽と物語が一つになってうねる重厚長大な楽劇を創り出しました。ついにはバイロイトに専用の劇場まで!
 いっぽう、近松門左衛門の浄瑠璃は、太夫の語りだけでも文学として鑑賞に耐えます。これについては、いずれ近松の『平家女護島』「鬼界島の段」をもとにお話ししましょう。この日、この段を語ったのは、『文楽・五感のかなたへ』の六代豊竹呂太夫でした。― 文楽は文学だ !?
 
 R. Wagner did not like the conventional opera that had been interrupted by the applause for each aria. He brought the literature and pholosophy in the opera to creat the Musikdrama and Bayreuther Festspielhaus.
 CHIKAMATSU Monzaemon’s joruri is essentially the independent literature sung by Tayu. The BUNRAKU is the literature?!


a0332314_10422042.jpg
新春限定のお土産 ♪ 飛天・にらみ鯛・松竹梅のお煎餅、お干菓子、金平糖

BUNRAKU Senbei (cookie) in the form of Heavenly Maiden, sea bream, etc.

(All Rights Reserved)







[PR]
c0345705_11014718.jpg
初めてのキラキラ写真 ☆★☆彡 photo through built-in cross filter


 1月6日、あるいは1月第1主日(2018年1月7日)は公現祭。星の光に導かれてベツレヘムまで旅した東方三博士が、幼子イエスを礼拝した日を祝います。ガレット・デ・ロワ(王様のお菓子)の「王様」は、東方の三人の王様のことです。光を表す金色の円いお菓子に、三博士の王冠をのせて。切り分けらてもらったお菓子にフェーヴ(もとは空豆、いまはアーモンドや陶器)が入っていたら、あなたは王様です。
 初めの写真は、京都のとある教会のプレゼピオです。カメラ内蔵のクロスフィルターでキラキラ☆☆☆彡
でも、東方三博士の姿が見えません。。。

Le 6 janvier on célèbre l' Épiphanie, la manifestation de Dieu, la Lumière.
La galette ronde et dorée, elle symbolise le soleil.
La couronne est celles de rois mages, et
celui qui trouve la fève dans sa part de galette est surnommé « roi ».



c0345705_17482106.jpg
ガレット・デ・ロワ(上)フェーヴ(右)*Galette des rois*Dreikönigskuchen


 昨年は東方三博士のように旅した少年達についてお話ししました。http://ramages2.exblog.jp/28448473/
 もう語り尽くしたと思っていたのですが…次のフランス語の俳句を読んで、snowdropは彼らをもっと慰めてあげたかったんだ、と心づきました。
 お能に出てくる僧侶なら、供養のお経を読んであげるところですが…このフランス語の俳句を、やまとことばの短歌へ生まれ変わらせることで、彼らへの手向けといたしましょう。すべての人の心の痛みが雪に包まれて癒されればいいのに。。。

 J' ai parlé sur quatre jeunes hommes quatre fois qui voyagèrent comme les rois mages, pourtant je me suis aperçue par un haïku français que je voulais les consoler plus.
 Un moine bouddhiste dans Noh réciterait un soutra…en revanche, je fais renaître le haïku en français à tanka en japonais pour les consoler. Que le chagrin de tous passe comme des traces dans la neige 。。。

                     
        
                              
Dominiqueのオリジナル俳句*haïku original par Dominique▼ Merci *Thank you 。。。
   *
                       

   *                    
            

つかのまの(きず)のごとくに雪原の足跡は消ゆふりつむ雪に 


tsukanoma no kizu no gotoku ni setsugen no ashiato ha kiyu furitsumu yuki ni                                        

                 
haïku original par Dominique, tanka traduction par snowdrop
                          
                         
「粉引茶碗 雪の曙」の画像検索結果

「雪の曙」という銘の粉引茶碗があるとか。川喜多半泥子(1878-1963)作(石水博物館HP)

On dit qu' il y a un bol " l'aube de la neige" par KAWAKITA Handeishi(1878-1963)

c0345705_13475150.jpg

ヴォーリズ設計の大阪教会に寄付されたというプレゼピオ。右に東方三博士が…▲

https://www.youtube.com/watch?v=FU_Q1-x3AYI&list=RDFU_Q1-x3AYI#t=41
★★https://www.youtube.com/watch?v=dRhxE8Q8IDE

▲新春にお琴はいかが?皆川達夫氏によると、筝曲「六段」()はカトリック教会の「クレド」(★★)に由来するそうです。

▲According to MINAGAWA Tatsuo, Japanese koto-harp piece Rokudan (
) derives from Credo (★★).


c0345705_13502901.jpg
c0345705_05554794.jpg


まるで夕映えに染まる雪山…カトリックの国イタリア、ミラノのドゥオーモの写真(1999年)をaster roseがイラストにしてくれました(2018年)。小春日はイタリア語で「聖
マルチノの夏」といいます。四人の少年の一人はマルチノという洗礼名でした。偶然ですね!

photo by snowdrop (1999), image processing by aster rose to celebrate snowdrop's entry in International Tanka Society (2018) http://www17.plala.or.jp/ITS117/
"L' estate di San
Martino" reminds me of one of four boys, HARA Martino.


c0345705_15253300.jpg

おまけ*1999年のイタリア旅行記から。綿菓子屋のおじさん ▲

Bonus*Cotton candy, Italia, 1999

(All Rights Reserved)






[PR]


c0345705_16125550.jpg
港町神戸のステンドグラス

玻璃窓を旅せん 長崎 マカオ ゴア リスボン リヴォリ そして羅馬へ

Let's travel in the stained glass from Nagasaki to Macau, Goa, Lisbon, Rivoli and Rome!

c0345705_11551795.jpg
「遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節の見たイタリア」展覧会図録 * French pamphlet (1585)
 

私は死んだ。マカオで。中国最古のヨーロッパ植民地で。マカオの港から海を渡れば、2000キロ彼方に長崎の港がある。しかし、私は鳥ではないから海を越えられない。キリスト教はご法度だから、船で帰ることもかなわない。天平の昔、唐で没した阿倍仲麻呂のように、私は西暦1629年にマカオで客死した。

I died abroad…in Macau, the oldest European colony in China. It is about two thousand kilometers from Macau Harbour to Nagasaki Port. But I cannot cross the ocean because I am not a bird. I cannot return to my country because Christianity has been banned. ― I died in Macau in 1629, like Abe-no-Nakamaro who had died in China in 770.



「阿倍仲麻呂」の画像検索結果 阿倍仲麻呂*Abe-no-Nakamaro on carta(wikipedia)
c0345705_10403183.jpg

 マカオは、しかし、私にとって親しい土地であった。天正少年遣欧使節団の船は、季節風を待って、この港町に10カ月も留め置かれたのだ。大聖堂や修道院、司教館が私たちを迎えた。日本の南蛮寺とは全く異なる壮麗な建築…そこには、まだ見ぬヨーロッパがあった。私たちはレジデンシアに滞在し、そこから宗教儀式に参列し、音楽を学び、語学を鍛えられた。
 これはマンショがのちに綴ったレターだ。流麗かつ几帳面な筆跡であろう?彼はいつも勤勉だった…
「いやいや、マルチノの暗記力と発音、抑揚には脱帽たい…声もてげ良か……われん朗読を聞くと、力ば湧いてくるばい」
 彼は船酔いには強かったが、マカオから出た船の上で熱病に倒れたのだ。
「マンショ、熱はだいぶ下がったけん、きばらんしゃい。ゴアまであと少したい」


 Macau was, however, a familiar place for me. Our ship had to stop there for ten months waiting for the seasonal wind. The Cathedral, seminarios, and churches greeted four boys. They were completely different from Japanese wooden churches. These stone buildings were “the Europe” for us, that we had not seen yet. We stayed in Residence and went to mass, learned music and languages.

 Here is a letter that Mancio wrote later. Flowing and methodical handwriting, isn’t it? He was always diligent

Oh, Martino, YOUR memory, pronunciation, rhythm and intonation are wonderful! …YOU have a fine voice… your recitation always cheers me up…”

 He was a good sailor, but he caught a fever on the ship from Macau for Goa.

“Mancio, your temperature is going down, bon courage! We will arrive in Goa soon!


c0345705_15424999.jpg


 日本にいる時から、私は語学に長けていた。少年使節の副使に選ばれたのはそのためだろう。ゴアでラテン語のオラティオ(演説)を任されたのも私だった。
 生来私は文字というものが好きであった。子供のころから手習いを好んだし、セミナリオでローマ字なるものを見たときは好奇心をかきたてられた。下枝に並んだ小鳥のようなこの不思議な形が、何を意味するのか分かるようになりたい!

I had been already good at languages in Japan. Thanks to that I was chosen as a vice commander. It was I that delivered a long oratio (oration) in Latin in Goa on our way home.

I liked the character by nature. I liked practicing calligraphy since my childhood, and then was excited by European letters, the alphabet. I wanna learn to understand what these mysterious figures mean like a row of birds on a branch!


(ナイチンゲールのさえずり)

 ポルトガル語を習い始めると、その響きにも魅せられた。まるで鳥のさえずりか、音楽を聴いているようだ。琴や琵琶ではない、オルガンやクラヴォの節回しと突き上げるようなリズム…おお、これは我らが馬上で感じるリズムと同じだ。

マルチノ、あなたは耳がいいですね。ああ、聞かせてあげたい…わが故郷イタリアでは、小鳥もメロディアスにさえずるのですよ」
ヴァリニャーノ先生はおっしゃった。イエズス会巡察使にしてセミナリオの創設者、我らを少年使節として送り出した恩人である。


 When I began to learn Portuguese, I was charmed by its sounds. Just like bird’s song or the music, not the koto-harp or biwa-lute, but the organ and cravo’s melody and rythme
Auftakt (up beat) on my horse’s back!

“Martino, you have keen ears. I want to let you listen to our birds’ melodious songs in Italy!” Padre Valignanosaid to me. https://en.wikipedia.org/wiki/Alessandro_Valignano


a0332314_22581114.jpg
百合鷗 (a lily gull with red legs)


 さらにラテン語を学ぶと、ポルトガル語の背骨に触れた気がした。大伽藍のように巧緻で堅牢な、はるか古典古代へとさかのぼる言葉。教会のミサで語られ、歌われ、法王様のもとで日々用いられる言葉…
 じつはポルトガル語とラテン語との距離は、日本語と漢文の距離よりもずっと近いのだ。自らの母語に近しい、ゆるぎない拠り所をもつポルトガルやイタリアの人々がうらやましかった。そんな私にヴァリニャーノ先生はおっしゃった。
「ラテン語も大事だが、日本語も深く学ぶべきです。母語は外国語習得の礎(いしずえ)ですから」

 司祭になるには、ラテン語で神学や哲学を学ばねばならない。その一方で、外国語の書物を翻訳するために、日本語力も求められる。両者は鳥の双の翼のようなものだ。
「日本人は忍耐強く、理性を備え、古代ローマ人のように優秀な民族です。マルチノ、あなたならきっと東西の言語で羽ばたける」

 Latin seemed for me the backbone of Portuguese. This cathedral of language is elaborate and durable going back to the classical antiquity, is the language used in the church and around Papa for everyday conversation

You know, the distance between Portuguese and Latin is nearer than that between Japanese and Chinese. I envied Portuguese and Italian people who have their Urspraphe (root language), a firm foothold. Padre Valignano said to me.

“True that Latin is important, but you should master Japanese first of all. The mother language is the basis for learning foreign ones.”

 While we should learn theology and philosophy in Latin to become a priest, we should translate books in foreing languages into correct and clear Japanese. Japanese and foreign languages are like a pair of wings of a bird crossing the ocean.

”Japanese people are patient, rational, and excellent like the ancient Romans. Martino, you can fly with that pair of wings.”


c0345705_14083722.jpg

少年使節の署名入りの書状*You find four boys' signatures on this letter.



 少年使節団とともに帰国したのが、グーテンベルクの活版印刷機だ。これでポルトガル語の辞典を印刷できる!キリスト教の本はもちろん、日本語版『イソップ寓話集』やポルトガル語版『平家物語』『和漢朗詠集』なんてどうだろう?私たちが印刷する本は、日本とヨーロッパの架け橋になるのだ。

 私はコレジオを出た後、なつかしいマカオに留学し、帰国後マンショやジュリアンとともに司祭になった。ラテン・ポルトガル・日本語辞典を編纂し、『こんてんむつすむん地』を出版した。また、通詞として様々な政治交渉に立ち会い、顔が知られるようになった。皮肉にもそれが我が身の国外追放へとつながった。

The Gutenberg-style letterpress printing machine arrived in Japan with us! Now wecan print the Portuguese dictionary! Not only the books on Christianity but alsofor example, how about Aesop's Fables in Japanese, Tale of Heike in Portuguese, etc.!? The books that we are going to translate will serve as a bridge between Japan and Europe.

After graduating the collegio (Jesuit-founded Japanese college), I studied in fondly‐remembered Macau and became a priest with Mancio and Jurian after returning home. I compiled a Latin-Portuguese-Japanese dictionary and published CONTEMPTVS MVNDI in Japanese. I attended not a few political negotiations as an interpreter, which ironically led to my deportation with my companions in 1614.



c0345705_10392195.jpg

マカオ大聖堂のファサードのマリア像は、日本の菊の浮彫で飾られているそうです (google search)
Santa Maria of Saint Paul's Church
in Macau decorated with chrysanthemums (Japanese national flower)



 みたびマカオへ…東洋と西洋の交わる町へ!仲間とともに国を追われてからも、フランシスコ・ザビエルの伝記を日本語で出版し、『日本教会史』を共同執筆した。日本の同胞の無事を祈りつつ、無我夢中で働いているうち、あっと思うと私は病で天に召されていた。
 語学という天職に一生を捧げ、思い出深いマカオの大聖堂地下墓室に、ヴァリニャーノ先生とともに眠る私。故郷へは帰れなかったが、私は、4人の中でいちばん喜び多き人生を送ったのかも
しれない。(つづく)

Again to Macau, the town of intersection of the East and the West, where I published Japanese biography of Francis Xavier, collaborated in writing Japanese Church History. While praying safety of my "brothers" in Japan, I worked hard to fall sick and find myself drawn up to Heaven.

I devoted myself to my vocation, translation, and have slept in the catacombs of Saint Paul's Church with Padre Valignano. Although died abroad, I might have led the most joyful life among us, four boys.


f0374041_08525983.jpg
喜び」の蝋燭*アドベント第3主日(1217日)

JOYThird Sunday of Advent17 December)



歓喜(フロイデ)!千の聴衆とわが友と歌ひし第九の季節ふたたび

FREUDE
einmal sang ich die Neun 
mit tausend Zuhören
und meiner Freundin…
 
die Zeit kommt
dieses Jahr auch

und die Zeit von Santa Claus 。。。
「santa claus ももさへづり」の画像検索結果

c0345705_14182426.jpg
おまけ*パドヴァのクリスマス飾り(1999年)*パドヴァ大学はヴァリニャーノの母校です
Bonus
Padova, Advent in 1999Alessandro Valignano is a graduate of Padova University.


参考文献*
若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』(集英社)
鈴木範久『聖書の日本語―翻訳の歴史』(岩波書店)
皆川達夫『キリシタン音楽入門』(日本キリスト教団出版局)

To be continued


もひとつ、おまけ*今日は最終回Bonuson the horse's back
http://www.nhk.or.jp/naotora/
関連画像

かしらを乗せた南蛮船は…
c0345705_07012169.jpg

All Rights Reserved





[PR]

-私の2017-今年を振り返ろう

c0345705_10311442.jpg
日本経済新聞(左)(NIKKEI, left)

20171月、遠藤周作原作の映画「沈黙」が日本で公開された。また、「遥かなるルネサンス 天正少年遣欧使節がたどったイタリア」展が4月から12月まで、神戸、青森、東京を巡回した。菊の節句(9月9日)の朝、新聞にこんな記事が載っていたのをご記憶の方はおられるだろうか。少年使節の一人、千々石(ちぢわ)ミゲルの墓から、ロザリオの一部が見つかったというのだ。彼はキリスト教を棄てたとされていたのだが…

ミゲルは仲間とともにローマ法王との謁見を果たし、イタリア各地やスペイン、ポルトガルで歓待を受け、それらの見聞を伝えるべく帰国した。日本を神の国に変えようと夢見て…  
 しかし、故国は変わり果てていた。彼らが旅立って数か月後、本能寺の変で信長が倒れ、彼らが帰国する3年前に秀吉がバテレン追放令を出していた。江戸幕府もキリスト教を禁じ、弾圧が厳しさを増してゆく…彼らの没後、島原の乱が起き、『沈黙』の時代が訪れることになる。

 

Scorsese's film Silence was published in Japan on January 21th in 2017. And the exhibition Sol Levante nel Rinascimento Italiano traveled in Kobe, Aomori, and Tokyo. A news was reported on one of the boys of the Tensho Youth Mission to Europe in Japanese newspapers on 8-9 in September. A part of Miguel CHIJIWA’s rosary was discovered in his grave. It had been said that he renounced Christianity early.

He and other two boys had papal audiences, were welcomed in Italy, Spain and Portugal, and returned to Japan in order to report their experiences. But during their trip, Japan was changed. After their departure, Nobunaga was assasined, Hideyoshi promulgated the Purge Directive Order to the Jesuits, and Edo bakufu began the Ban on Christianity and suppression of Christians. After the boys’ death, the time of “Silence” came.
「市川 海老蔵 織田 信長」の画像検索結果「おんな 城主 直 虎 信長」の画像検索結果
信長(市川海老蔵)「今夜は本能寺!」Nobunaga (ICHIKAWA Ebizou)(google search)

c0345705_10443852.jpg
『遥かなるルネサンス』展覧会図録より(以下同)

ミゲルの独白
 私もまた天正遣欧少年使節団の正使だった。天正10年(1582)、晴れがましい船出の日、母は涙をこらえていた。私たちは母一人子一人だった。これから命がけの航海になるのだ。母にしてみれば人身御供に出す思いだったろう。出発の前夜、私は母にこう言った。

「そいけん母上、たとえこん身は海の藻屑と消えるとも、それは犠牲の子羊となる事たい。行かんばならん。漁師ペテロが網ば捨て、親ば捨ててイエス様について行ったごと…さんたマリヤ様ば拝むたび、私はきっと母上ば思い出しますけん」

Monologue of Miguel

 I also was a senior commander of the Tensho Youth Mission to Europe. On the day of my departure, my mother was trying to hold back her tears. She was a single mother and I was her only child. She should have felt like she offered her irreplaceable son as a human sacrifice to the dangerous trip. I said to her the night before that.

“Mother, even if I will be swallowed by the sea, I should go as a sacrificial lamb. I should leave you like Peter, a fisher who left his family and followed Jesus. Every time I pray to Santa Maria, I will remember you, mamma...”

「roma mosaic octopus」の画像検索結果
タコのモザイク*Roman mosaic of an octopus,Villa Giulia, Rome (pinterest)

 長い船旅はときに苦しかったが、楽しく充実していた。私たちはラテン語をみっちり学び、チェスで遊び、釣りをした。副使の中浦ジュリアンは海辺の村の出だったから、鰹や鯛を釣りまくり、釣針を壊してしまった。私は生まれて初めて生きた蛸を間近に見た。ぬらぬらした、いぼだらけの、八本足の不思議な生物…こんな醜悪な海獣も、主が創造した物だとは!
「ひどかぁ、ミゲル。わいもゆで蛸、食べるやろー?」
蛸をわしづかみにしたジュリアンが、白い歯を見せて笑った。


 Our long voyage was sometimes hard and yet joyful and fulfilling. We practiced Latin, played the game of chess, and enjoyed fishing. A vice commander from a fishing village, Jurian NAKAURA would fish bonitos, sea breams, etc. enough to break a hock. I saw a live octopus so close up for the first time. A slimy, warty marine creature with eight legsis this ugly monster also created by God?

“That's not fair, Miguel! You also eat the boiled octopus, don't you?!” 

Jurian laughed while grabbing a slippery octopus!

c0345705_10353021.jpg
メダルに表されたグレゴリウス13世(上、図版)
snowdropがヴァチカンで貰ったコインには、ヨハネ・パウロ2世の横顔が…(下、実物)
Do you find a real coin of John Paul II that snowdrop got in Vatican in 1999?


 天正13年(1585)、私たちはローマでグレゴリウス13世に謁見した。法王様は感涙にむせびながら一人一人を抱擁してくださった。そして、我らのローマ到着からわずか18日目に亡くなった…。なぜだか、法王様は私たちを見つめながら、どこか更に遠いところを見ておられた気がする。

 いっぽうで、人々が私たちをみる眼差しには、奇異なものへの好奇心が隠れていた。彼らは我々が白い人なのか黒い人なのか思案している。キリスト教会が異人種の崇める寺院や神仏を排斥していたことを、私は知らなかったわけではない。黒い人を醜悪とする偏見に気づかなかったわけではない。

 We THREE had papal audiences in Rome in 1585. Pope Gregory XIII was moved to tears while hugging each of us.And he died eighteen days later than our arrival in RomeI do not know why, but the Pope seemed to see somewhere far away through us

 On the other hand, the people’s eyes hid the curiosity to us, the stranger. They were wondering whether we were black or white. I noticed that they were expelling other religions of the black people, of the ugly people for them…




秀吉の前で演奏されたとされる、ジョスカン・デ・プレ「千々の悲しみ」(舞踏会版)


 天正18年(1590)に帰国した時、私たちは少年ではなく紳士になっていた。8年間で背は伸び、面差しは変わり、母上さえ私を見分けられなかったほどだ。私たちは秀吉公に旅の報告をし、クラヴォ、ハープ、リュート、ヴィオラを御前演奏した。喜んだ秀吉公は我らを召し抱えようとしたが、全員が辞退し、イエズス会に入った。
 最初にドロップアウトしたのが私だ。あんなに勉強したのに、マカオに留学できず、司祭になれなかった。私が日本人だから?ゆえなき疑念が心を蝕む。ヨーロッパで浴びた視線のなかに、冷んやりしたものが交じっていたことを思い出す。…いや、人のせいにはするまい。私の信仰が薄かったのだ。母親っ子の私は聖母マリアを慕っても、イエスを神(偉人ではなく)と信じ切ることができなかった。

 When we returned home in 1590, we were no longer ragazzi but signori. Even my mother could not distinguish me from the others. We met Lord Hideyoshi andplayed the clavichord, harp, lute, and viol. He was so moved that he tried to hire us, but we excused ourselves to enter the Society of Jesus.

 It was I that dropped out first. Though I studied hard, I was not chosen as a student to study in Macau and could not become a priest. Is it because I am a Japanese? I remember the peoples eyes to us in Europeno! It’s my fault. My faith was fragile. I mixed up my mother’s image with Mary and could not belive in Christ, as God (not as a great man).


c0345705_13594334.jpg

棄教し、法華宗徒になると、更にやり切れぬ日々が待っていた。これまで学んだ知識を逆手に持ち替え、キリスト教を攻撃する武器にせよと…。ああ、どの宗教も同じだ。なぜ互いを拒み、否定し、飲み込もうとするのだ。なぜ互いの自由を尊重しないのだ。

私は何も信じぬ者となった。無神論者となったのだ。私はパライゾ(天国)からも極楽からも遠ざかり、仕官した藩からも追放され、長崎の町をさまよった。夜ごとの浅い眠りに夢見たものは、遥かなるイタリアでの栄光の日々。目が覚めるたび、故国でよるべない身となっている己を見出し、暗然とした。―


 After having renounced Christianity, I had to live a more unbearable life. I was recommended to turn my knowledge into the sword against Christianity! Ai, all the religions are the same! Why does every religion reject, deny, and try to swallow each other? Why don’t they respect the freedom of worship each other ?

I came to believe in nothing. I became an atheist. I stayed away from both Heaven and Buddhist paradise, being exiled from the domain, wandered through Nagasaki's streets. Every time I had a light sleep, I dreamt of our glorious days in Europe. Every time I awoke, I was shocked to find myself helpless in my own country.―


c0345705_11062452.jpg

なぜ私は、あのロザリオを棄てなかったのか。墓の中まで携えていったのか。それは、数珠玉の一つ一つに、未来へのエスペランサ(希望)のまぼろしが映っていたからだ。玉を指でたぐるたびに、一つ、また一つと、友と過ごした8年の歳月が甦って来たからだ。
 トビウオが銀の軌跡を描いた青い海、甲板上で聞いた山上の説教の朗読、ともに爪弾いたリュートの音色、初めての舞踏会、庭園で浴びた噴水の水しぶき、ムラノ島の職人が飴細工のように拵えるガラス、壮麗なる石の街、動物園、植物園…。すべてが希望の光に包まれていた。
 神をも仏をも裏切ったが、友を裏切りはしなかった。このロザリオを握りしめていれば、パライゾ(天国)の友らをインヘルノ(地獄)から垣間見ることがあるやもしれぬ。ああ、もしも平和な信仰の許される日本に帰国していたならば…!

Why did not I throw away that rosary but brought it to my grave? Because the illusion of esperança (hope) in the future was reflected on every bead. Because counting the beads reminded me of the days during that eight-year-trip with my friends.

The azure ocean where a school of flying fish drew silver curves, the recitation of the Sermon on the Mount on our deck, the sounds of the lute that we played, the first ball, the splash of fountains in Pratolino, a flexible heated glass like a candy to make forms of animals or birds in Murano, botanical gardens, zoos, …everything was wrapped up in the light of esperança (hope).

While I betrayed both God and Buddha, I have never betrayed my friends. If I keep this rosary in my fist, I might catch a glimpse of my friends in Paradiso, from Inferno. Ai, if only we had returned to Japan where the faith in the peace was accepted!

c0345705_17383699.jpg

日本地図(1602年、初版1595年)『遥かなるルネサンス』図録より
the first map of Japan in the Atlas, 1602 edition (1595, the first edition)

ミゲル「ああ、不死の神が長い生命を与えてくれて、そういう(平和な)日本に住む幸福がわれわれにも与えられますように。日本の戦乱の火を消すには、それ以外にどうすることもできないのだから」(デ・サンデ『見聞録』より)(若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』より引用)


f0374041_08572502.jpg

平和」の蝋燭*アドベント第2主日(12月10日)
PEACE*Second Sunday of Advent(10 December)


地に平和ことしも祈る待降節いくさと地震(なゐ)とやむ日
知らねど

in terra PAX  
prego quest’ anno ancora
 
quando cessarano  
le guerre e terremoti
 
nel mondo ?


c0345705_13225439.jpg

おまけ*お地蔵さんのような修道僧の祠*ヴェネツィア(1999年)
Bonus*Monk statue like Jizo-Bosatsu in Japan (Venezia, 1999)

(つづく)
(To be continued)




もひとつ、おまけ*ノーベル賞晩餐会で「ヘイワ(平和)」を語るカズオ・イシグロ氏
(日本語のNHKニュース▶)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171211/k10011254031000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
Bonus 2 * Kazuo Ishiguro’ s speech on
PEACE on December 11.

(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_14300053.jpg
ビア・ディ・メディチの肖像(左)、伊東マンショの肖像(右)。神戸市立博物館(4月撮影)
東京富士美術館9月21日から12月3日まで開催

Portrait of Bia de' Medici and that of ITO Mansho, Kobe City Museum(April) 
http://www.fujibi.or.jp/harukanaru/

 わたし、ビア。2017年のジパングに来ているの。右隣りにいるお兄さんのお里なんだって。エリザベスカラーを着けたこの人、わたし、知らないわ。わたしがうんと長生きしていれば、フィレンツェで会えたかもしれないけど…わたし、7つにもならず死んじゃったもの。
 こっち(下図左)がわたしのママと、弟のジョヴァンニ。三人そっくり親子でしょう?でもね、わたしは、ママの本当の子供じゃないの。パパがママと結婚する前に、ママじゃない人に生ませた子なのよ。
 それなのに、背景の色も、ママと私の顔立ちも、表情も、指の形まで、ほとんどおんなじ…わたし、知ってる。ママが、ブロンズィーノとかいう画家さんに、こうささやいてたの。
「あの子を、わたくしそっくりに描きなさい。実の子以上にそっくりに…」

 Sono…soy Bia(Mamá habla Español y yo…).
Now I am in Zipangu in 2017. They say this boy was born here in Zipangu. I do not know this boy with an Elizabethan collar. If I had lived longer, I could have seen him in Firenze. But I died when I was five or six
 Let me introduce my mamma and brother Giovanni (below figure). We three resemble each other, don’t we? But in fact, I am not a daughter of mamma. Babbo let a woman bear me before his marriage.

But these two portraits share the background of lapis lazuli. My facial features and expression resemble those of mamma. Even my handshape and mamma’s are almost the same! I remember…mamma whispered to the painter, Bronz, “Paint Bia similar to me. (monologue:More similar to me than a real daughter…)


c0345705_14241203.jpg
左の絵は出品されていません。(『ブロンズィーノ』同朋舎)


 この時はね、スケッチされてるわたしを、ママが見に来てくれたの。ビア、おりこうさん、疲れない?って…わたし、嬉しくて、ほっぺが火照っちゃった!思わず立ち上がろうとしたら、ママが、ご自分の唇に人差し指を当てて、しぃ…って。
 わたしが死んだ後で描かれた、ママの似顔絵も、きれいでしょう?わたし、お空の上からずっと見てたの。ゴージャスなドレス!おっきな真珠!フィレンツェがどんなに豊かなとこか、一目瞭然ね。でも、ちょっとズン胴すぎない?ドレスもいいけど、わたし、ママの優しいお顔をもっと大きく描いてほしかったなあ。
 でも、ママは満足してたみたい。わたしの遺影になったあの絵とそっくりに仕上がったから…わたしたち、絵のなかで永遠の家族になれたのね。
(snowdrop注*ビアの肖像はデス・マスクをもとに描かれたという説もある。それならば、これら2枚の絵は、ほぼ同時期に完成したのかもしれない。)
 

「bronzino eleonora of toledo」の画像検索結果Textile with Pomegranate Pattern LACMA 60.46.9.jpg

ビアの母、エレオノーラのドレスのザクロ花文様には東方の影響がみられる
Oriental pattern in Eleonora di Toledo's portrait (detail) (pinterest)
Stylized pomegranate flower pattern. Came from Iran and other orient countries (wiki)


 Mamma came to see me while I was being sketched. Bia, good girl, are you not tired on? So excited that my cheeks turned red and I went to get up from the chair, when Mamma put one finger on her lip, Shhh…
 Mamma' s portrait was painted after my death. I was looking down from the sky while she was being sketched. Gorgeous dress! Big pearls! They show clearly you how Florence was rich at that time. But her trunk is too cylindrical, isn't it? I wish Bronz… had painted her gentle face on a larger scale.
 But Mamma looked satisfied, because we were alike as big and small melons. We became an eternal family in the paintings.
(note by snowdrop*Some say that Bia's portait was painted based on her death mask. If so, these two portaits might have been finished at around the same time.)


c0345705_07072520.jpg
参考図*ピアの母(エレオノーラ・ディ・トレド)の礼拝堂の天井画(『ブロンズィーノ』同朋舎)
Agnolo Bronzino - Ceiling of the Chapel of Eleonora of Toledo

 ママはほっそりしてて、胸が弱かった。ママが天に召されたとき、わたし、真っ先にお迎えに出たわ。天国で20年も暮らしてたから、どこへでも案内したげるつもりで…
 ママってば、生まれ育ったスペインやナポリの風景をいっしょけんめい探してるから、オレンジの園へお連れしたの。青空に金色の実がきらきらして、いい匂いがたちこめてた。ザクロも咲いていた。ママ、嬉しそうだった…
「ザクロはエキゾチックね。見たこともないオリエントの香りがするわ。東方三博士が住む国よりも、もっともっと東の果ての…」ママは、「遥かなるジパング」を夢見ていたのかしら。

 Mamma was slender and had a weak chest. As soon as she came to Heaven, I greeted her. I had lived here for twenty years and I wanted to guide her anywhere she wanted.
 As she was looking for the landscapes of Spain and Naple, her native places, I led her to an orchard. Gold ornages were shining in the blue sky and smelled so good. Pomegranate trees were in bloom. Mamma looked so happy…
” The pomegranate is exotic, with the strange oriental perfume. The aroma of the East in the distance… ” Was Mama dreaming of Zipangu in the distance ?
 

c0345705_14383251.jpg
博物館内のカフェで*In the museum-cafe

 ママ、こちらでジェラートはいかが。今じゃジパングにもあるのよ!
 ほら、カトリーヌおばさまがメディチ家からフランスへお嫁に行ったとき、フルーツやナッツがいっぱいのジェラートを伝授したんですってね。義父のフランソワ1世が、トレビアン!って…https://www.nhk.or.jp/kamado/recipe/226.html (NHKグレーテルのかまど)
 あの王様、ヴィーナスとキューピッドがキッスしてる絵も、トレビアン!って喜んでたわ。あの絵はパパが、あたしたちの似顔絵と同じころに、同じ画家さんに描かせて、王様にプレゼントしたんだっけ。…あら、ママ、お顔が赤いわ。あの絵、お嫌いなの?

 Mamma, here is Japanese gelato! You know, our Catherine de Medici introduced the gelato from Italia to France. Her father‐in‐law, Francis I praised it "Tres bien!"
 He praised Bronz…'s Venus and Cupid also, "Tres bien!!" …the painting that Babbo made Bronz…paint and gave the king as a gift. …Oh, Mamma, your cheeks are red, don't you like that painting?



Très très bien! https://www.nhk.or.jp/kamado/recipe/226.html 

「francois premier」の画像検索結果「National gallery bronzino venus pinterest」の画像検索結果「コジモ一世 pinterest」の画像検索結果

フランソワ1世の肖像画(左)ブロンズィーノ「ヴィーナスの寓意画」(中)(部分)コジモ1世のメダル(右)
FRANCOIS 1er (left) Venus Cupid and the Time(detail)(middle) Cosimo 1er (right)

これらの3作品は出品されていません(pinterest)
ビアの父、コジモ1世のメダルは、ビアの肖像の胸元にも描かれています。
A medal of Cosimo I de' Medici is painted in Bia' s portrait. Have you found it?



ヴィーナスとクピドのキスは蜜よりもくらんと甘き禁断の味


Ce baiser de Vénus et Cupidon est le fruit défendu, plus doux que le miel.


 
c0345705_06122106.jpg
























ルネサンス音楽のミニコンサート(神戸市立博物館、4月23日)
Green cembalo on Red carpet and White wall…Tricolore italiano?

 お腹がくちくなったら、音楽はいかが。アカデミア・デル・リチェルカーレが、リコーダーとチェンバロで、なつかしい曲を演奏してくれるわ♪
 ジパングの人たちが160人も、1時間も並んでくれたから、アンコールを予定より2曲も増やしたんですって。ルネサンス音楽って、東洋の人たちからも愛されているのねえ。
 そういえば、あの、エリザベスカラーのお兄さん、彼も西洋音楽をたしなむんですって!仲間たちといっしょに、帰国後、リュートなんかを演奏したらしいわよ。ヒデヨシ公は「アッパレアッパレ!」と仰ったとか、仰らなかったとか…?!(5月記)

How about the music by Academia del Ricelcare? Because 160 People in Zipangu waited for one hour to get the tickets, the players added two more encores!
The boy with Elizabethan collar is said to perform the Western music! He played the lute or something in front of Lord Hideyoshi! Did Hideyoshi say "Bravi, bravi! "? (lol)


c0345705_06121253.jpg

















大小さまざまなリコーダー
アカデミア・デル・リチェルカーレの動画 https://www.youtube.com/watch?v=llwBTUt8RSI


ジョスカン・デ・プレ「千々の悲しみ」(マンショたちが豊臣秀吉の前で演奏したとされる)
https://www.youtube.com/watch?v=GszimTuobSc
Mansho and other three boys are said that they played this piece for Hideyoshi.

(Scheduled to be published on Mother's Day in France and Sweden)

(All Rights Reserved)




[PR]

Img_0003_800x600
「百日紅 特 装 限定 版」の画像検索結果


映画「百日紅」(ヒロインは北斎の娘)(google search)* 北斎の波のようなサルスベリ
Crepe Myrtle(film) * The crepreflower is like the waves painted by her father, Hokusai.




百日紅(さるすべり)(づき)をまどろむ(をみな)ボディは抱かるるギタアのかたち


Imitando   el contorno de la guitarra,   una mujer   está durmiendo   en los meses de lila de las Indias.

(A woman in a drowse  during the months of crepeflower, whose body has the silhouette  of an acoustic guitar's body  in the arms of a man.)

百日紅月(さるすべり-づき)*7、8、9月のおよそ百日間をsnowdropはこう呼んでみました。百日紅はスペイン語で「インドのライラック」だそうです。

The crepeflower is called sarusuberi (百日) in Japanese because it is in bloom in red during 100 days from summer to autumn.

)

a0332314_11094163.jpg

まどろむ北斎の天使 * Voici un ange ↑ dans la méridienne…


より高く翔ぶよりさきに人はより低くうづくまる 天使のごとく

L’ homme s’ accroupit plus bas avant de s’ envoler plus haut comme cet ange.(2016)

おまけ * Bonus

In the animation, blue waves break, white cranes fly, red poppies sway…

(All Rights Reserved)


[PR]



今日は日本の終戦の日。何年か前、BS-NHKで見た戦争映画を思い出す。舞台は東欧、ポーランド。

カティンの森で、ポーランドの人々は一人、また一人と銃殺されてゆく。「主の祈り」を唱えながら。けれども、あの短い祈りは、無残にも途中で断ち切られる。
「天にまします我らの父よ」(一人目)
「……願わくは御名をあがめさせ給え」(二人目)
「………御国を来たらせ給え」(三人目)
「…………御心の天に成る如く地にもなさせ給え」(四人目)
「……………我等の日用の糧を今日も与え給え」(五人目)

この続きを唱える者はいない。皆、その前に倒れていった。
「………………我等に罪を犯す者を我らが赦す如く我らの罪をも赦し給え」
彼らに対し殺人の罪を犯しているソ連兵たちのために、祈る言葉は発せられない。
祈りは届かない。永遠に。

祈りの届かないところ。ダンテの『神曲』で最も深い地獄にいるのが、キリストを売ったユダである。ユダは後悔して、西洋花蘇芳の木(ユダの木)で縊れた。キリストを否認したもう一人の弟子、ペテロは、改悛してカトリック教会の礎となった。なぜユダだけが?― ユダは神に赦しを請わなかったからだというけれど。…(ユダはキリスト受難の成就のための捨て石ではなかったか)

祈りの届かないところ。そんなところはあってはならない、と思う。ずっと解き切れなかった疑問。いま、それを言葉にしてみたのは、この夏、海の彼方の友らがあの大戦の話をしていたからだ。



Img_1111_800x600

西洋花蘇芳 (セビリア、2007年)

聖痕を持たざる我にうすあかき蘇芳幹より咲(ひら)くかなしも 高野公彦




敵をゆるせと祈るまもなく殺されし人々ありきカティンの森に

KAMIKAZE
とテロを称する国ありて吾らが歴史を日々呼び覚ます
(NHK誌上短歌大会第三回入選作) 




ショパンの前奏曲第4番


August is the month of the leaves, and the month when World War II ended in Japan. It reminds me of the above film that I have seen on television.

In the Katyn forest, Polishes were shot to death one after another while reciting the Lord's Prayer. But that short prayer is broke off every time.

"Our Father, who art in heaven," (the first victim)
"……Hallowed be thy Name." (the second)
"………Thy kingdom come. " (the third)
"…………Thy will be done, on earth as it is in heaven." (the forth)
"……………Give us this day our daily bread," (the fifth)

There was no sixth to pray as follows, because all the people were killed before reciting the sixth part.

"………………And forgive us our trespasses, As we forgive those who trespass against us."

The prayer for the murderer, Soviet soldiers, was never recited in this film. The prayer never reaches them, forever.

The place where the prayer never reaches, that is the deepest hell where Judas has been since he betrayed Christ(Divina Commedia). While Juda regretted and hung himself on a Judas tree to go to Hell, another disciple who denied Christ, Petros was forgiven to become a founder of Catholic church. Why? They say that it is because Judas did not implore God for forgiveness.…(Wasn't Judas a sacrificed stone so that…?



The place where the prayer never reaches, such a place should not exist, I think. The question that I have considered for a long time ― why do I talk about this to you now ? Because you were talking to each other about the World War II more deeply than before this summer.


Img_3114_800x600

ハナズオウ * Cercis chinensis(奈良、四月)



Il y a eu des gens  qui
furent tués  avant de prier   pour ceux
qui les avaient offensés   au bois de Katyn.

Il y a un pays  qui appelle l' attentat  le KAMIKAZE,  ce mot réveille notre histoire  toutes les fois.
(mon ouvrage sélectionné au 3e coméptition dans une revue de NHK, 2017, traduction de snowdrop)



c0345705_20570164.jpg
『ボッティチェリ』(朝日新聞社)* Paradiso par Botticelli

(All Rights Reserved)




映画「鯨の中のヨナ」詩編23番による歌
Jona che visse nella balena (film) (Psaume23 de David)





[PR]

c0345705_17201722.jpg


雨の多い春でした…平安の昔ではありません。平成最後の春、私の住む街の公園にリラが植えられた春のことです。おや、こんなところにリラが…雨上がりの朝、その冷え冷えと芳しい香りをかいだ瞬間、思い出したのです。清子さん、貴女のことを…


C’ a été un printemps pluvieux. Pas de celui de l' époque de Heian, mais de Heisei, 2017, quand des lilas sont planté dans un jardin de mon ville. Tiens! Des lilas ici aussi! Un matin après la pluie, leur parfum frais m’ a rappelé vous, Seiko


c0345705_17223740.jpg



貴女は覚えていますか。私の最後の手紙を。

「…忘れやしない、忘れるものか、煙にむせぶようにむせび泣きながら君を想っている…」(実方)

けれども、貴女の返事はつれなかった。

「…心をいぶす煙は 変わらず消えることはない、ですって。何がそうさせるのでしょうね…(子)


Vous souvenez-vous de ma dernière lettre?

Je ne t’ oublirai jamais, ne t’ oublirai jamais, je te penserai en étant suffoqué par mes larmes comme par la fumée.”(Sanekata)

Et votre réponse froide

Tu dis que ta fumée est constante et inextinguible? Qu’ est ce qui fait comme ça?”(Seiko)



c0345705_17270664.jpg



後になって、こんな歌をやりとりした平安人のことを知りました。


忘れずよまた忘れずよ瓦屋の下たくけぶり下むせびつつ 藤原実方

葦の屋の下たく煙つれなくて絶えざりけるも何によりてぞ少納言


J’ ai connu au jour plus tard deux poètes de l' époque de Heian, Fujiwara-no-Sanekata et Sei Shonagon qui échangèrent des waka comme nos lettres.



c0345705_17355982.jpg


けぶるように咲くリラ
* Lilas comme la fumée (2004)



あるいは私たちは二人の歌人の生まれ変わり?平安と平成の世に、同じ恋の末路を辿ったのでしょうか?もしかして「忘れずよ」のリフレインが横すべりしてしまったのでしょうか。あの時、私たちは元カレと元カノ、久々の再会でしたが…あの、渾身のリフレインが空々しく響いてしまったのでしょうか。


Est-ce que nous somme réincarnations de ces deux poètes? L’ amour de Heian a répété à notre époque? Le refrain
ne t’ oublirai jamais”, il n' a marché pas cette-fois-ci aussi? Nous étions alors ex-amoureux comme Sanetaka et Sei Shonagon



c0345705_17242031.jpg



思い出します。貴女のそっけない手紙からほのかに立ちのぼった、リラの香り。貴女はいつもリラの香水をつけていた。― ひょっとして、あの短い手紙は、長い長い時間をかけて書かれたのではないですか。うすむらさきの紙がところどころ波打っていたのは、涙のあとだったのではないですか。


Je me souviensde la fragrance subtile des lilas de votre lettre. Vous mettiez toujours du parfum des lilas. ― Tiens, tu as écrit cette lettre courte pendant de longues heures? Le papier mauve ondoyait cà et là, c’ a été des signes de tes larmes?



c0345705_04123545.jpg



この手紙は、リラの見えるベンチで書きました。むらさきのインクがにじんでいたら、それは下枝(しづえ)から落ちた雨のしずくです。もし心が動かされたなら、久しぶりに私の家へいらっしゃい。君の好きな北原白秋にならって、カステラを出しますから。


J’ai écrit cette lettre sur un banc où je vois les lilas. Si l’ encre violet bave sur le papier, c’ est à cause des gouttes d' eau des feuilles des arbres. Si cette lettre te touche, tu viendrais chez moi après une longue absenceJe te servirais une castella au mois de paulownia, d’ après KITAHARA Hakushu que tu aimes.




c0345705_09073522.jpg

天平時代の撥鏤(ばちる)の意匠の珠(右)



「短歌は一箇の小さい緑の古宝玉である。(…)その小さい緑の古宝玉はよく香料のうつり香の新しい汗のにじんだ私の掌にも載り、ウイスキイや黄色いカステラの付いた指のさきにも触れる。而して時と処と私の気分の相違により、ある時は桐の花の淡い匂を反射し、また草わかばの淡緑にも映り、或いはあるかなきかの刺のあとから赤い血の一滴をすら点ぜられる。(…)」(北原白秋「桐の花」)


“ Le tanka est une petite perle verte ancienne () , que touche mon doigt taché des poudres d’ une castella jaune, qui réfléchit le parfum subtil de paulownia, qui s’ harmonize avec la verte jeune de herbes () ” ― Fleur de Paulownia, KITAHARA Hakushu



c0345705_08595642.jpg

桐の花paulownia, Nara, 2016

「paulownia seabold」の画像検索結果
シーボルトによる桐の花(wiki)

(All Rights Reserved)







[PR]

c0345705_10181624.jpg


 2004年にsnowdropがホームステイしたB…家から、嬉しい便りが届きました。この春、おめでたいことが三つ重なるのだとか。
 今週末は、次女L…の結婚式。2015年にsnowdropの奈良の家を訪れ、ミモザの精のように旅立って行ったL…、ご結婚おめでとう!家族ともどもお喜び申し上げます。

Snowdrop a reçu triple bonnes nouvelles de la famille B qui l'accueillit en 2004. D' abord, à une seconde fille qui était venue chez nous et se marie ce weekend, Félicitations pour votre mariage! Ma famille est heureuse que tu et ton petit ami charmant, vous êtes reliés ce printemps. Je me souviens de toi comme Primavera à la saison de mimosa au Japon en 2015






石造りの教会遺跡をともに訪ねた長女には、二人目の赤ちゃんが生まれました。森と湖の国スウェーデンに住む美しい母に、上村松園の絵を贈りましょう。


Ensuite, la fille aînée qui visita ensemble Saint-Jacques de Mont-Saint-Aignan, elle a eu une deuxième fille. Je voudrais lui offrir cette peinture d' une mère et deux enfants. Elle est toujours une belle femme comme cette belle japonaise.


「上村松園 志ゃぼん玉」の画像検索結果

Bulle de savon par UEMURA Shoen(google search)

Elle m' a montré sa traduction en anglais de Une partie de campagne de Maupassant. Et j' essaie maintenant cette blogue en anglais / français…

Cliquez cette cartouche, s.v.p. 

c0345705_07491801.jpg


ドラム上手で、snowdropの下手なピアノとセッションしてくれた長男。彼は若き日のプルーストのような素敵な男性になり、もうすぐパパになります。雪柳のように幸福が家族に降り注ぎますように!

Et enfin…le fils qui avait fait une séance musicale (Take Five) avec moi à un mercredi après-midi, il est devenu un gentleman comme jeune Pourst et sera un père. Je vous souhaite des bonheurs comme des mille fleurs de Spiraea thunbergii !

Cliquez cette cartouche, s.v.p. 



スズランの季節には少し早いので…snowdropとも呼ばれる花をブーケにして、B…家へ送ります。

Puisque le muguet n' est pas encore ouvert, snowdrop voudrait offrir un bouquet de snowdrop à la famille B…. Tous mes voeux de bonheur!



c0345705_07484009.jpg
snowflake (snowdrop) , Umami-Hill-Park, Nara (2017)


()林檎鈴蘭()三つ色のひかりに満つる家族(うから)しうるはし


sakura-bana ringo suzuran mitsuiro-no hikari ni mitsuru ukara shi uruwasi

Félicitaions à tes familles pleine de lumière des fleurs tricolores: cerisier, pommier, et muguet!




Cliquez cette cartouche, s.v.p.↑




Je joue ce morceau chaque printemps....♪

(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_10143981.jpg
桃の節句の修道院(un petit couvent au Japon, 2014)


 兄弟の空想旅行は、きわめて具体的なものでした。バンガローでラジオの電波は入るか、修道院の床の材質は何か、孤島行きのフェリーに乗り物酔いの薬は置いてあるか…
 snowdropはときどき思うのです。旅に出る前にあれこれ空想した土地のイメージ、あれはどこへ行ってしまうのだろう。現実の旅で上書きされ、塗り替えられた空想のなかの土地は、心のどこかで眠りについたのだろうか、と…

Leurs voyages imaginaires étaient très concrets. Les ondes de la radio arrivaient au bungalow? Quel était le matériau du sol du monastère? Y avait-il des médicaments contre le mal de mer dans le ferry qui effectuait la liaison avec l’ île?

Je pense de temps à autredes idées du pays que je imaginais avant le voyage, où vont-ils après le voyage? Le pays dans mon imagination qui est repeint par le voyage réel, où dort-il dans mon cœur?



c0345705_18430393.jpg


ちょこっと道草*プルーストの「土地の名・土地」(『失われた時を求めて』)には、病弱な少年が、旅したことのない土地の名からイメージを紡ぐ場面があります。

「(…)ポントルソンの町、詩的なあの水郷へと向かう道の上に、散乱している白い羽根と黄色のくちばし。(…)ポンタヴェン、運河の緑の水の面に震えながら映る軽やかな婦人帽の縁が、白くまたバラ色に、ひらりと飛んで消えてゆく。(…)」(鈴木道彦訳)

”(…)Questambert, Pontorson, risibles et naïfs, plumes blanches et becs jaunes éparpillés sur la route de ces lieux fluviatiles et poétiques(…) Pont-Aven, envolée blanche et rose de l'aile d'une coiffe légère qui se reflète en tremblant dans une eau verdie de canal.” ― Noms de pays: le nom, A la recherche du temps perdu, M. Proust


「chouette blanche pinterest」の画像検索結果

c0345705_11271043.jpg
白フクロウ
(pinterest)みたいなレンテンローズ
Rentenrose comme Chouette blanche(pinterest)(pas de Chouette de Tengmalm…)


兄を亡くし、バラ園で二人の午後を過ごした司書もいなくなり、幼稚園の小鳥の世話もやめてしまった小父さんは、ある日、ケガをした目白の面倒を見ることになります。傷が癒え、ぎこちなくさえずり始めた目白に、小父さんは、むかし兄から聞いた目白のさえずりを口伝えで教えてやります。小父さんが亡くなったとき、胸には、目白の籠が抱かれていました。

Après la mort de l’ aîné et la separation de la bibliothécaire, et l’ arrêt du travail à la volière d’un jardin d’enfants, un jour, le monsieur aux petits oiseaux a trouvé un oiseau à lunettes blessé. Il le soignait et ensegnait le chant d’ amour que l aîné avait reproduit. Quand le monsieur aux petits oiseaux est mort, il tenait le cage de l’ oiseau guérri sur son sein.


c0345705_15012438.jpg
ジォット「小鳥に説教する聖フランチェスコ」(部分)『ジォット』同朋舎
La predica agli uccelli di San Francesco (detail) (Giotto)


 この兄弟から連想されるのが、よく明恵上人と対にされるアッシジの聖フランチェスコ。そして、須賀敦子の『ユルスナールの靴』に出てくるブヌワ・ラブレです。
 ブヌワはいくつかの修道院を渡り歩き、どこに行っても役に立たず、乞食同然になって行き倒れてしまいました。彼が路上で息を引き取ったとき、「ブヌワさんが死んだ」という子供たちの歓声に似た叫びが、復活祭の前のローマの街路にあふれ、木々では雀がさえずり始めたといいます。

Ces frères m’ évoquent Myoe1173–1232), François d' Assise1182-1226, et Benoît Labre (1748-1783).

Benoît, « Vagabond de Dieu », il est mort dans la rue en Rome avant Pâques, quand les enfants criaient « È morto il santo ! », et les moineaux ont commencé à gazouiller dans tous les arbres.



c0345705_09261438.jpg
明恵上人樹上座禅像(高山寺蔵)(部分。四十雀が見える)『縁起絵と似絵』講談社
Myoe dans la méditation sur l' arbre (détail, mésonge) Kozan-ji Temple


小父さんが胸に抱いていた鳥籠には、元気になった目白がいました。

「(…)不意にさえずりが響き渡った。そこにいる全員が籠の中を見やった。庭の隅々にまで染み渡る、澄んだ小川のようなその声が、本当に目の前の小さな生き物から発せられているのかどうか、確かめるような思いでじっと見つめた。
 小鳥は長く鳴き続けた。そうして鳴いていれば、いつしか死んだものがよみがえると信じているかのようだった」


Il y avait l’ oiseau guérri dans le cage sur le sein du monsieur aux petits oiseaux.

“(…)l’oiseau se mit soudain à gazouiller. Tous ceux qui étaient présents se tournèrent vers la cage. Ils ne la quittaient pas des yeux, incrédules, se demandant si ce chant qui s’ élevait, aussi pur que celui d’ un ruisseau qui aurait traversé le jardin de part en part, émanait vraiment d’ une creature aussi petite.

L’ oiseau continua longtemps à chanter. Comme s’ il croyait pouvoir ainsi ressusciter le défunt.” ― Petits oiseaux



c0345705_09321555.jpg
四十雀(明恵ゆかりの高山寺)*mésonge(Kozan-ji Temple, 2015)


snowdropが本を閉じると、庭に四十雀がやって来ました。黒いネクタイとグレイの上着、緑のスカーフでめかしこみ、シチピーシチピーとさえずります。ルーアンでは目覚まし時計の代わりに、シチピーシチピーと鳴いてくれましたっけ。この「シチピー」の節は、ブルックナーの交響曲No.4「ロマンティック」に出てきます(動画の14分20秒~)。

Quand j’ ai fermé le livre, un mésonge est venu dans le jardin. Sa cravate noire, sa veste grise, son foulard vert, et son chant “shichi-, shichi-” ! À Rouen, il chantait “shíchi-pi, shíchi-pi”, cette mélodie apparaît dans « Romantique » de Bruckner (14’ 20”~↓).
https://www.youtube.com/watch?v=-MiYzU8HQZQ


春には窓を開けて、バッハの短いフーガを弾きます。ピアノに合わせて庭の小鳥が鳴き騒ぐのが可笑しくて…
https://www.youtube.com/watch?v=o3eHqtZoKog


春の窓開けてピアノを奏でれば小鳥も歌ふ仲間と
()思ひて


Au printemps, quand je joue cette fugue à côté de la fenêtre ouverte, des oiseaux piaillent en la confondant avec des camarades.

c0345705_20530860.jpg


奈良仏教美術資料研究センター(2016年)

(To be continued)
(
All Rights Reserved





[PR]