人気ブログランキング |

タグ:Musique(音楽) ( 44 ) タグの人気記事


c0345705_06273719.jpg
白川の水面(みなも)の光

 四天王寺の「弱法師」は有名ですが、聖書にも、盲目の乞食が登場します。
「一行はエリコの町に着いた。イエスが弟子たちや大勢の群衆と一緒に、エリコを出て行こうとされたとき、ティマイの子で、バルティマイという盲人の物乞いが道端に座っていた。ナザレのイエスだと聞くと、叫んで、『ダビデの子イエスよ、私を憐れんでください。』と言い始めた。多くの人々が叱りつけて黙らせようとしたが、彼はますます、『ダビデの子よ、わたしを憐れんでください』と叫び続けた。



c0345705_06224042.jpg
醍醐池の花筏

イエスは立ち止まって、『あの男を呼んで来なさい』と言われた。人々は盲人を呼んで言った。『安心しなさい。立ちなさい。お呼びだ。』盲人は上着を脱ぎ捨て、躍り上がってイエスのところに来た。イエスは、『何をしてほしいのか』と言われた。盲人は、『先生、目が見えるようになりたいのです』と言った。そこで、イエスは言われた。『行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。』盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。」(新共同訳 マルコによる福音書10章46~52節)

There are blind beggars in the Bible as well as Yoroboshi in a Noh play. Only Bartimaeus' name is written in the Bible(Mark 10-46~52).

c0345705_06400135.jpg

奈良基督教会は宮大工による和風の教会です(2011年)


 新作能には、教会でパイプオルガンを使って上演されるものもあるそうです(「伽羅沙―細川ガラシャ―」など )。そんなお能のまねごとをしてみたくなりました。
 なお、地謡(ぢうたい)とはバック・コーラスです。ナレーションの代わりをしたり、群衆の声を表したり、登場人物の心の声を代弁したりします。

場景 エリコの町。舞台上に棕櫚の葉の作り物  (記事の終りの方にイメージ図版があります)
登場人物 イエス、バルティマイ、町の人(声のみ)

This noh play is to be performed in a church with a pipe organ. The scene setting is Jericho. On the upstage, an artificial palm tree surrounded with a curtain which hides Jesus. Bartimaeus is on the downstage.

c0345705_10133077.jpg

ドイツ、ウェルナー・ボッシュ社製のパイプオルガン


地謡  エルサレムへ、エルサレムへ上るイエスの一行は、ペレヤよりヨルダン川を渡りしのち、棕櫚の町エリコに着きにけり。

バルテマイ
 これは目の見えぬ物乞にて候。町の人々の情けにすがり、日々を過ごしてをり候。今日はなにやら町の空気の騒がしく、いつにも増してよそよそしく候。
地謡  ナザレのイエスがお発ちになる。おのおのかたがた、道をあけたまへ。ナザレのイエスのお通りなるぞ。

chorus   To Jerusalem, to Jerusalem, Jesus and his disciples left Pereya, passed the Jordan, and reached Jericho, the palm town Jericho.
Bartimaeus I am a blind beggar. I live off town people's kindness. Today it is more noisy than usual.
chorus   Jesus of Nazareth leaves this town. Everyone, make way for Jesus and his disciples ! Jesus of Nazareth leaves here!


c0345705_11103938.jpg
ヴェロニカ(犬殖栗)とダビデの星(花韮)(2018年)*Veronica and Star of David


バルテマイ ナザレのイエス?イスラエルの救ひ主と預言されたるダビデの子、イエスがこの町に? メシア(救い主)、イエスがわが町に? 棕櫚生ひ茂るわが町に?!

地謡  
ああ、盲ひの悲しさよ。何も知らずにこの一日(ひとひ)、空しき物乞ひに費やせり。

バルテマイ
 [大声で] ダビデの子、イエスよ。キリエ、エレイソン(主よ、われを憫みたまへ)!

Bartimaeus Jesus of Nazareth? Son of David has been here? Messiah Jesus IS in this town? In the palm town, in my town?!
chorus   Helas! What a miserable beggar! He knew nothing and wasted all day begging.
Bartimaeus Jesus, Son of David, Kyrie eleison [have mercy on me] !




J.S. バッハ「キリエ・エレイソン(主よ、あわれみたまえ)」


地謡   声高に叫びをるは誰(た)そ、聞き苦し。その乞食(こつじき)を黙らせよ。あな、見苦し。
バルテマイ
  いま叫ばねば、ダビデの子は去ってしまふ、永久に。われを憂き瀬に残したるまま。

地謡
  目の見えぬ男の世界は音ばかり。物乞を遠巻きにする音ばかり。たまに近づく足音あれど、その手に小銭を握らせて、そそくさと去る寂しさよ。ときに足音高ければ、手荒く追はるる悲しさよ。

バルテマイ [さらに大声で] キリエ、エレイソン!キリエ、エレイソン!(主よ、憫みたまへ!)

地謡  棕櫚の町エリコはむかしヨシュアらのラッパの音の力にて城壁崩れし町なりき。ヨシュアのラッパの音(ね)のごとく、バルティマイは叫びたり。



参考 ♪ ゴスペル「エリコの戦い」(The Battle of Jericho)

chorus   Who is crying so aloud? Noisy! Shut that beggar up! Ugly!
Bartimaeus If I do not call Him now, He will leave here forever. He will leave me in such harsh circumstances forever and ever!
chorus   The world of the blind man consists of only sounds. The sounds making a wide circle around the beggar. Even when faint footsteps approach, they soon leave after having given him a small coin. When loud footsteps, they always have driven him away.
Bartimaeus Kyrie eleison [have mercy on me] !! Kyrie eleison!!!
chorus   Jericho was the town whose wall fell down because of Joshua's army's trumpets. Bartimaeus' cry was loud like them.


c0345705_08514030.jpg
桜のトンネル 🌸 MIHO MUSEUM(4月中旬)


バルテマイ
 遠くよりわれの方へと迫る足音… 
町の人 心安かれ、起て。ナザレのイエスは汝を呼びたまふ。
バルテマイ おお、わが声は届きたり!ダビデの子へ、われをいざなふ、優しき声!!やれ、うれしや!!
地謡  バネ仕掛けの傀儡(くぐつ=人形)のごとく跳ね起きて、乞食(かたひ)はよろぼひ歩み出す。よろぼひ歩む足取りの、さながら踊るごとくなり。

Bartimaeus Footsteps are coming…!
townsman Be of good cheer. Rise, He is calling you.
Bartimaeus Oh, my voice has reached Him! A gentle voice inviting me to Son of David! How glad!
chorus   The beggar jumped up and began walking totteringly and dancingly for Jesus.


c0345705_11485598.jpg



[棕櫚の葉の作り物の引き回し(カーテン)が外され、イエスが現れる。バルティマイはイエスの方へ歩みつつ上着を脱ぎ捨てる]

バルテマイ
 [独り言つ] 乞食(かたひ)には、あはれ、捨つべき物すらなし。せめて上着を脱ぎ捨てん。
イエス わが汝に何を爲さんことを望むか

地謡
  あたたかき、深き御声よ。この声をいついつまでも聴いてゐたし!この声の主(ぬし)の姿を拝みたし!主(しゅ)を、わが師と拝みたし!

バルテマイ
 わが師よ、見えるやうになりたし。
イエス ゆけ、汝の信仰 汝を救へり。

[The curtain of the palm tree is removed to reveal Jesus. Bartimaeus walks to Jesus while throwing aside his garment.]

Bartimaeus [monologue] A poor beggar has nothing to abandon. I throw away at least my garment.
Jesus    What do you want Me to do for you?
chorus   (Bartimaeus' inner voice) How deep and warm voice! I want to hear this voice forever and ever! I want to see the owner of this voice! I want to worship my Rabboni, my Lord!!
Bartimaeus Rabboni, that I may receive my sight.
Jesus    Go your way; your faith has made you well.


c0345705_15043796.jpg


地謡  バルティマイは直ちに見ることを得たりけり。直ちに光を得たりけり。開きし眼(まなこ)にまづ映りしは主イエスのおん姿。つつましき旅の衣に身を包み、足は埃にまみれをり。双の目ばかりがきらきらと湖のごと輝けり。その湖に映りしは…
バルテマイ 澄みわたる湖(うみ)の瞳に映る吾(あ)をみまもりたまへ なまばたきそ 


chorus   Immediately Bartimaeus received his sight. Immediately he received the light. His pupils relfected Jesus. A man in simple traveling clothes, with dusty feet. Jesus' pupils were shining like lakes, which reflected Bartimaeus.
Bartimaeus please watch over me, / a man who is reflected / on your bright eyes / like clear lakes, / do not blink your eyes, please!


c0345705_10152335.jpg
水面の光 花筏(醍醐池)


地謡  救ひ主イエスの前に佇むバルティマイよ。もはや汝は盲ひにあらず。
町の人 何処(いづこ)へゆくも思ひのまま。何を為すも思ひのまま。
地謡  商ひに手を染めて、町で豊かに暮らすもよし。妻をめとり、家族とともに生きるもよし。画師となり、コクリコ紅く咲く野辺を画布に写し取るもよし。

chorus   Bartimaeus in front of Messiah Jesus, you are no longer a blind man.
townsman
 You can go anywhere. You can do anything.
chorus   You can learn business and live an abundant life in the town. You can marry and live with your own family. You can become a painter and sketch a red coquelicot field.


c0345705_18240611.jpg
白川

町の人 いざ、ゆけ。汝は自由なり。
地謡  いざ、ゆけ、とは何処(いづこ)へか?
バルテマイ わたしは主の目に選ばれてしまつた。
地謡  主の居はします所より他にゆくべき所はなし。主よ、わが手を取りたまへ。
バルテマイ ゆけ、わが心よ、主のもとへ。[イエスとバルティマイの相舞(=二人で一つの舞を舞う)]

Townsman  Go your way, you are free.
chorus Go my way? Where?
Bartimaeus His eyes have chosen me.
chorus    There is nowhere else to go but the places where Jesus is. O Lord, take my hand, please.
Bartimaeus My spirit, go to the Lord (τῷ κυρίῳ) ! [pas de deux of Jesus and Bartimaeus]


c0345705_21331280.jpg
藤原京

地謡  バルティマイはイエスに従ひて途を往けり。ヤコブ、ヨハネが漁網も父も置き去りたるごとく、無一物で、イエスのあとに従ひぬ。
 もはやエルサレムは近し。受難と復活の日は近し。
 棕櫚の葉を 振る人びとに 迎へられ 死と復活へ 到る道行 
 キリストの苦悩と光の道行につき従ひしバルティマイは、その名を聖書に残したり。ティマイの子、バルティマイといふ名をば初期教会史に刻みにけり。

chorus Bartimaeus followed Jesus on the road. Just like James and John who had left their nets, boat, and father, he followed Jesus, having nothing. Jerusalem is now near at hand. The days of Passion and Resurrection approach.
being greeted / by the people / waving palm branches, / He is to be / crucified and resurrected
Bartimaeus who followed Jesus left his name in the Bible. He left his name: Bartimaeus, the son of Timaeus in the history f early Christianity.



「作り物 能 大道具」の画像検索結果


棕櫚の葉の作り物(イメージ)(google search)


主を乗せたるロバもよろぼひ歩みけむ都大路の
棕櫚の葉を踏み  

(しゅを のせたる ろばも よろぼい あゆみけむ みやこおおじの しゅろの はを ふみ)


Jesus' ass also / walked totteringly, / stepping on palm leaves / on the streets / of Jerusalem City?


c0345705_10074683.jpg


この能をわが師、わが父母の師へ捧げます*I dedicate this noh play to our pastor.

(All Rights Reserved)





ノートル・ダム(パリ)のオルガンは無事でした*l' orgue sauvé

ゴスペル・イン・文楽~イエスの生涯と十字架(豊竹呂太夫ほか)















c0345705_08113209.jpg

歌詞対訳のリブレットを自作してコンサートを待ちましたが … ♪  my handmade libretto



 イースター(復活祭)に先立つレント(四旬節)のころ、合唱団に所属する友人から招待状が届いた。「クリスマス・オラトリオ」(J.S.バッハ)、キリストの降誕を物語る合唱曲のコンサートだ。
 なぜ今の時期に?指揮者の福永吉宏氏によれば、キリストの『いのちの旅路』は、「受難(=死)」と「復活(=再生)」を内に秘めて始まった。「降誕」は「受難」と「復活」につながっている…

 I received an invitation from my friend to a concert whose program was Christmas Oratoro. Why the Christmas Oratorio in Lent ? According to the conductor Fukunaga Yoshihiro, Christ's life began with his future Passion and Resurrection.


当日のプログラムにも歌詞対訳が入っていました!(右は自作リブレット、国井健宏訳)

c0345705_08200071.jpg


君の声もとめて友とおとづれむ大阪城をのぞむホールを

I will visit a hall
to listen to your singing voice
with my friend
with a view of
the castle of Osaka

学生時代、オルガンや室内曲を聴きに何度か訪
ねたいずみホール。オラトリオにはパイプオルガンも使われます。

c0345705_08271621.jpg

新作能「伽羅沙(ガラシャ)」も2017年にここで上演されたそうです*Izumi Hall in Osaka


 この曲はクリスマス(12月25日)から東方三博士礼拝の日(1月6日)まで、6回に分けて演奏される教会音楽である。コンサートでは3時間かけて一度に演奏することが多い。誕生を祝う華やかな第一部が終わると、何人かの演奏者がいっとき舞台袖へ去った。

 This work is a church music that was originally played in six parts from Christmas to Adoration of the Magi. Today it is often played at one time for three hours. After the first part, several players left the stage for a while.


c0345705_08314852.jpg

花の写真はすべて3月24日(日)に撮りました。


トラムペット・ティンパニ奏者去りてのち羊飼らの夜は始まる

after trumpeters
and a timpanist
left the stage
the shepherds' night
calmly began



c0345705_09140250.jpg


星の名をもつコブシ
☆彡 magnolia stellata


マグダラのマリアの長き髪ゆらゆらゆりかご歌がホールをつつむ


アルト歌手は金褐色のロングヘアでした。


c0345705_09180895.jpg



青空より天使のこゑが降つてくるソプラノ歌手の名前はみづえ

「みずえ」は漢字で「水江」「瑞枝」ともつづります

from the blue sky
an angel's voice
is falling down
the soprano singer's
name is Mizue (young branch)



c0345705_09231591.jpg
茨の冠めいた辛夷の枝ぶり


 印象的だったのは、舞台のソプラノ歌手と、舞台袖のもう一人のソプラノ歌手、そしてオーボエが木霊(こだま)のように同じ節、同じ単語を繰り返すアリア。レコードで聴くよりも音の遠近がはっきりと伝わってくる。
 繰り返される単語は「Nein=ノゥ」と「Ja=イエス」の二つだけ。

 ♪ 主のみ名は恐れの心を芥子粒ほどでも起こさせるでしょうか? ― ノゥ。(ノゥ)
 ♪ 死をいとうべきでしょうか ― ノゥ。あなたの喜びの言葉があります
 ♪ では、死を喜ぶべきなのでしょうか。― イエス。(イエス) 

 ♪ Flößt, mein Heiland, flößt dein Namen
  auch den allerkleinsten Samen
  jenes strengen Schreckens ein?
  Nein, du sagst ja selber nein! (Nein!)
 ♪ Sollt ich nun das Sterben scheuen?
  Nein, dein süßes Wort ist da!
 ♪ Oder sollt ich mich erfreuen?
  Ja, du Heiland sprichst selbst ja! (Ja!)

One soprano on stage, another off stage and an oboe repeated the same melody and word: Nein (No) / Ja (Yes) like echoes.


c0345705_09512903.jpg

















紫は受難の色です*Purple is the colour of Passion.


 受難と死を超えて復活した主によって、死の恐怖は乗り越えられる。それがこのオラトリオの最も伝えたかったことかもしれない。すでに降誕の時から、キリストの受難と復活は約束されていた!
 福永吉宏氏の言葉が思われる。―イエスの『いのちの旅路』は、相対する「受難(=死)」と「復活(=再生)」をその内に秘めて始まった。

 Christ who overcame his passion and death helps us to overcome the fear of death.
 According to the conductor Fukunaga Yoshihiro, Christ's life began with his future Passion and Resurrection.


c0345705_09474825.jpg


 明るく華やかに始まったオラトリオは、降誕の夜を静かにことほぎ、死と復活を深々と歌いあげ、そして、敵への怒りをもって閉じられる。敵とされるのはヘロデ王である。旅立つ東方三博士に「幼子を見つけたら知らせてほしい、私も礼拝しにゆくから」と告げた王は、実は救世主を恐れ、殺すつもりだった。Falscher(偽善者)という強い言葉が、美しい音楽のなかで異様にひびく(下の図版右上)。
 
 The oratorio begins with the joy, celebrates the Christmas night peacefully, preaches the death and resurrection, and ends with the anger against the enemy, Herod the Great. A word "Falscher" is seen on the libretto (on the right page, near the bookmark). ↓
 

c0345705_08200071.jpg


 曲中には出てこないが、このあとヘロデ王はベツレヘムの幼児を皆殺しにした。幸いイエスたちはエジプトへ逃れた後であったが…
 このエピソードは、人の力が神の計画を動かせないことを示すものである。しかし、理不尽に殺された罪のない子らと母らの苦しみを思わずにいられないのは、私だけだろうか。
 キリストの人生の始まりに落ちた、苦しみと悲しみの影。このオラトリオの終り方に、作者バッハの人生への深い洞察を感じる。
 キリストですら、罪無くして誰かを苦しめる悲しみと無縁ではなかった。それは誰かを苦しめずには生きられない悲しき人間への苦い慰めを、赦しと救いを表しているのかもしれない。

 His Massacre of the Innocents tells that the mortal power cannot change God's plan. And I cannot help thinking of the pain and grief of the mothers and innocents.
 The beginning of Christ's life was with the pain and grief. The ending of this oratorio shows J.S. Bach's deep insight into the human life.
 Even Jesus Christ was not separated from the sadness to afflict without malice and sin someone else ? That might be the bitter consolation, remission and salvation of the human being who cannot live without afflicting someone.


「よだか」の画像検索結果

The Nighthawk Star by Miyazawa Kenji (click on the title)


虫を殺め生きるよだかの悲しみを知る人ありきイスラエルの地に

in Israel
there was a man who knew
the grief of a nighthawk
that could not live
without killing insects


f0374041_15264268.jpg

おまけ * 聖木曜日の緑のスープ、レオナルド・ダ・ヴィンチ風?(2013年)

アスパラガスなど春野菜をたっぷり。日本の七草がゆのようなものですね。
レオナルドの「最後の晩餐」にはパンとワイン、魚料理などが描かれています。
よく似たパンとグラスを探しました。ワインはもちろんキァンティのレオナルド!

Bonus * la soupe verde au jeudi de la semaine de la Passion (2013)


追記(4月17日)
c0345705_11552918.jpg
avril, 2004


ふらんすの夜をさまよふ夢を見きノートル・ダムの燃えをりしとき

j' ai vu
une rêve noire
où j' errais
dans la nuit de la France
quand Notre-Dame brûlait

le 16 avril, 2019




イースター(復活祭)は421日(日)です。復活への一歩を踏み出せますように。

de la naissance à la renaissance !! (à la semaine sainte)

関連画像

竣工からおよそ100年、15世紀ごろのノートルダム (Notre Dame en 15 s)

(google search

(All Rights Reserved)














c0345705_07123736.jpg

















初雪ね ささやきかはす 水仙花 

the first snow
whispering each other
narcissus


c0345705_07154308.jpg


















ドビュッシー*雪は踊っている






ちひさき鳥を教へてくれるものは雪 こゑもすがたも白にうもれて 

birds,
is taught by the snow
hidden in the white
their songs and wings
all the more I miss
(inspired by Emily's poem)

c0345705_15010727.jpg

Emily by Michael Bedard, pictures by Barbara Cooney


山ふかみ春ともしらぬ松の戸にたえだえかかる雪の玉水  式子内親王

deep in mountains
where spring seems to be far behind
on the pine door
snow melting water falls
drop by drop。。。
(Princess Shikishi, tr. by snowdrop)

c0345705_08175997.jpg

白百合 * lilium alb.

『エミリー』(マイケル・ビダード著、掛川添子訳、バーバラ・クーニー絵)


この絵本には、エミリの詩がエミリ自身の文字で引用されています。

A picture book Emily cites her poem with her own handwriting. 


c0345705_15234732.jpg

c0345705_15240069.jpg








掛川添子さんが訳した、マイケル・ビダードの本文もすてきです。日本には

エミリの詩に魅せられ、美しい品々に生まれ変わらせている人たちもいます。

Michael Bedard, inspired by Emily and her house, he writes: "What is poetry? (…) Listen to Mother play [the piano]. She practices and practices a piece, and sometimes a magic happens and it seems the music starts to breathe. It sends a shiver through you. You can't explain it, really; it's a mystery. Well, when words do that, we call it poetry. " ([…] by snowdrop)
There are Japanese also who are inspired by Emily's poems to create beautiful things.


展覧会「永遠の旋律」は去年終了しましたが…(Exhibition in 2018)



海の果てのやまとの友に囲まれてエミリの部屋は光さんさん

surrounded
by Japanese followers
beyond the ocean,
Emily's solitary room
should be filled with sunlight


エミリの部屋(アメリカ)は博物館になっています。→🏠

「emily dickinson  museum room desk」の画像検索結果
Emily Dickinson Museum → 🏠 


ふるき椅子と白き十字の聴き入るは詩人をめぐる永遠の旋律

antique chairs, white crosses
and beautiful accessories
are listening to dateless melodies
for and from Emily Dickinson

展覧会(東京)の写真(by haruchonnsさん)から生まれた歌です


「emily dickinson books 永遠の旋律」の画像検索結果

photo from Books 📚 Special thanks to haruchonns!

(All Rights Reserved)





c0345705_11210063.jpg


この絵本の主人公は、隣人エミリ(・ディキンソン)を訪ねる少女です。
The heroine visits Emily(Dickinson), her mysterious neighbour.





エミリ・ディキンソン
の詩から生まれた旋律Melody)をどうぞ。歌詞も添えました


Nature -The Gentlest Mother (自然 - もっとも優しき母)  
Twelve poems of Emily Dickinson (エミリ・ディキンソンの12の詩)
music by Aaron Copland (1900-1990)(コープランド作曲)

Nature - the Gentlest Mother,(自然 - もっとも優しき母は)
Impatient of no Child - (どんな子にも忍耐強い -)
The feeblest - or the waywardest -(ひどくか弱い、-或いは強情な子でも –)
Her Admonition mild -(穏やかに諭して聞かせる -)
In Forest - and the Hill -(森で – 丘で -)
By Traveler - is heard -(旅人は聞くだろう -)
Restraining Rampant Squirrel -(勝手気ままなリスや -)
Or too impetuous Bird -(気の荒い鳥を躾けている声を -)
How fair Her Conversation -(なんてフェアなお話だろう -)
A Summer Afternoon(夏の昼下がりに)
Her Household - Her Assembly -(彼女の家で - 円居で -)
And when the Sun goes down -(日が沈むときに、聞こえる -)
Her Voice among the Aisles(教会の側廊で彼女の声は)
Incite the timid prayer(臆病な祈り手を励ます)
of the minutest Cricket -(ちっちゃなコオロギや -)
The most unworthy Flower -(とるに足りない花のような -)
When all the Children sleep -(子供たちが眠りにつくと -)
She turns as long away(明かりを灯しても大丈夫なくらい)
As will suffice to light (十分に遠く)
Her lamps -(自然は身を引いて-)
Then bending from the Sky -(空から身をかがめ -)
With infinite Affection -(限りない愛情と -)
And infiniter Care -(さらに限りない心配りをもって -)
Her Golden finger on her lip -(金の指を唇に当てる -)
Wills Silence - Everywhere ?(お静かに - どこもかしこも)
tr. by snowdrop


「emily dickinson herb」の画像検索結果

エミリの植物標本から睡蓮など (pinterest) * 他の頁はこちら 🍁
Emily Dickinson's Herbarium 🍁
haruchonnsさまから教わりました。)

エミリ・ディキンソン(1830 - 1886)という詩人がいます。
『風と共に去りぬ』の舞台ともなった南北戦争前後の時代、
マサチューセッツ州アマーストの自宅からほとんど出ることなく
1800を超える詩を綴りました。
音節足らずの行とダッシュ( – )の多い詩は、沈黙と余白を感じさせます。

Emily Elizabeth Dickinson is a poet who lived the time of Gone with the Wind.
She did not leave her house and garden to compose more than 800 poems.
Their lines often lack one syllable (8 minus 1) and include many dashes,
which are filled with pauses like her own Conversation – probably.




「emily dickinson book 初版」の画像検索結果「Monotropa uniflora」の画像検索結果


エミリは自然を愛し、庭で花を摘んで押し花にしました。
東洋の私たちにもなつかしい睡蓮の花も…

haruchonnsさまによれば、
彼女の詩集の表紙にあしらわれた青白い花は、日本にもある
「アキノギンリョウソウ(秋の銀竜草)」だそうです。
🍂

She loved Nature and picked flowers in her garden including the waterlily.
Accordin to haruchonns-san,
the front cover of her book of poems is Monotropa uniflora design.
🍂
She gave us the information on Emily Dickinson's Herbarium also. 🍁


「Emily Dickinson poem portrait」の画像検索結果「式子」の画像検索結果

(google search)

ギリシア文学者の沓掛良彦は
エミリと式子内親王に通じるものを見出しています。
式子は一昨年のsnowdropの歌物語の主人公でした。
斎院として、子供時代と青春の日々を賀茂の神に捧げ、
京へ帰った後は多くの時を邸内で過ごし、歌を詠みました。
エミリの詩のように彼女の歌も、静謐と情熱を感じさせます。

Kutsukake Yoshihiko, a scholar of Greek and Latin classics,
finds the similarity between Emily Dickinson and Princess Shikishi.
I agree him.
Her waka-poems are pure and passionate as well as Emily's poems.


c0345705_09425585.jpg

「浮舟冊子」13世紀 大和文華館所蔵『古今和歌集 梁塵秘抄』朝日新聞社


式子内親王(1149-1201)とほぼ同時代の女人。筆をもつ手がはっきり描かれています。
絵本のエミリも鉛筆を握っていますね。額絵の鹿が、彼女の詩の冒頭を思い出させます。
「手負いの鹿はもっとも高く跳びます」(エミリ・ディキンソン)



Emily
and Deer illustrated by Barbara Cooney(detail)
A Wounded Deer – leaps highest – (Emily's poem)

c0345705_15285303.jpg


映画もあるそうですが…見ようかどうか迷っています。



ついでにこれも…(イタリア詩人レオパルディの映画)




(All Rights Reserved)








c0345705_07075020.jpg



京都の寺町通のアドベント(待降節)。
ボタン屋「エクラン」さんの飾り窓もクリスマスしています☆彡

Advent on Teramachi Street in Kyoto!
Ecrin's show window is Christmassy!!


c0345705_07044622.jpg



お花屋さんのヒヤシンスが春を待ちかねています。
ヒヤシンス色のクリスマス・オーナメントが素敵。

The hyacinths in this flower shop wait for spring to come.
Hyacinth-colored Christmas ornaments are refined and chic.


c0345705_07064346.jpg


いかめしい町家造りのお酒屋さんも…

This traditional trademan's house…

c0345705_07033546.jpg



今年のボジョレにサンタ帽をかぶらせて、やる気まんまん!
帽子といえば、「冬支度」の記事に歌をちょい足ししたんです。

…sells Beaujolais nouveau with Santa Claus hats !
Speaking of the hat,
snowdrop added tanka on a hat in an article
"Carte de Noël de Suède".


a0332314_07144322.jpg




















snowdropもやがてこの祖母の歳…昭和の女は老けづくり!
my grandmother around the same age as snowdrop !



「シャッポンをかぶって行きや」母の母が 母へかけたる声し思ほゆ
             ”            声し遠しも
              ”            はるかなる声

Porte ton chappon (chapeau) !
la mère de ma mère
disait à ma mère
dans son enfance
il y a longtemps


a0332314_07145415.jpg


天使幼稚園の帽子と庭のバラ*hat of Angel Kindergarten



ひっそり数日遅れで追記した小さな歌に目をとめて
小津夜景さんがブログで引用してくださいました。
迷ったまんま載せた3つのヴァリエーションを
「3つの梨」にたとえてくださって…→ 🍎🍎🍎 
とても光栄です。ありがとうございます。

A haiku-poet Yakei Ozu found
these tanka additionally written several days later,
which quoted in her blog.
She compares three variations to three pears!→ 🍎🍎🍎


サティ「梨の形をした3つの小品」🍎🍎🍎




梨ではなく青林檎ですが…岸田劉生の静物画を思い出しました。

three apples painted by Kishida Ryusei(google search)


「湯呑と茶碗 劉生 」の画像検索結果



小津さんからうれしいお知らせを頂いたまさにその日、
帰宅したら、フィンランドの友からクリスマス・カードと
友の住む村のオリジナル・カレンダーとが届いていました。
友とその家族の幸せな一年を知らせる
よき便りです。

On the very day that I received her notification (the first news),
my friend's Christmas card and calendar were
delivered to my house from Finland this year also.
They had traveled in Sweden this winter,
so that this is Carte de Noël de Suède (
the second news) !



c0345705_10185333.jpg


クリスマスの一週前のよき便り福音といふ言の葉どおり

「たより(便り)」と「たよる(頼る)」は
つながりのある言葉です(『古典基礎語辞典』)


good news
have arrived at the house
one week before Christmas
they seemed to me

GOSPELS : wonderful news


c0345705_17494537.jpg
「常に自分自身であれ(Always be yourself !)」


フィンランドといえば、ムーミン、サンタ、ノキア、マリメッコ!
マリメッコの社長さんは、カードの子供たちのママの1人(友)に
どこか似ています…(NIKKEI STYLE)

Finland is a country of Moomin, Nokia, and Marimekko!
She resembles my friend, one of the mothers of the above children…


c0345705_07053005.jpg

↑Mr. Homma will appear on TV on Christmas day (the third news).


もうひとつ、クリスマスうれしいお知らせが…
ボタン屋「エクラン」さんがTVに映るそうです。

12月25日 午前9:50 関西TV「ヨーイドン:人間国宝」

↑ご主人(本間さん)もご出演なさるとか。楽しみにしています!

(All Rights Reserved)

お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!




c0345705_16225046.jpg


明日から待降節です。(黒壁スクエア、10月下旬撮影)

Advent 2018 starts on Sundeay, December 2th.

c0345705_15324493.jpg



バタくさき開智学校カフェと化し異国の旗のはたはたと鳴る

Kaichi School
in European style
was renovated into a cafe
where foreign flags
flutter in the wind


c0345705_15360687.jpg



黒壁の国立銀行カラフルな玻璃の館となりにけるかも

a national bank
with a black wall
was remodeled
into a glass museum
with colorful glasswares


c0345705_15415169.jpg



現在はガラス博物館+ガラスショップになっています。
snowdropはショップで何を?それはまたいつか…

What did snowdrop buy in a shop of this glass museum? Chut!


c0345705_15373190.jpg



あこがれの大正ガラスはいつ見ても思つていたより大きく厚い

glasswares
in the Taisho peroid
are always bigger and thicker
than I supposed
in my heart



c0345705_15495821.jpg
c0345705_16043144.jpg

(お客さま用のセッティング*2009年)


母さまもお客さまに出していた脚つきの杯いつかレトロに

glasses with stems
both my mother and I
have served at guests' table
became an old-fashioned
and nostalgic design


c0345705_15521288.jpg



葡萄酒はコップに入れても美味しいねガラスの館で仲間を見たよ

we can taste the wine
in this glasscup instead of the wineglass
I have seen
this kind of cup in our house
in the glass museum also



c0345705_10033527.jpg

(2016年)



なつかしい和のガラスばかりではありません。天井には異国のシャンデリアが…

There are not only Japanese glasswares but also foreing ones in this museum.



c0345705_15454374.jpg



お隣のオルゴール館では、100年前のマホガニーのオルゴールを100円で聴かせてくれます。
R.シュトラウスの「英雄の生涯」、渋い選曲ですね。どんな人の居間に響いていたのでしょう。

A music box shop in Nagahama let you listen to Ein Heldenleben by R. Strauss
played by a mahogany box produced around 100 years ago ♪


c0345705_16155895.jpg



百年前のサロンはきつと大広間 ♪ 野太き音のオルゴオルかな
the salon
where this music box used to be
must have been spacious
because this box plays
Ein Heldenleben dynamically



英雄の生にきらめく星々のやうな出会ひをしのぶ円盤
the disk
makes me imagine
lots of encounters
like lots of stars shining
in the hero's life


c0345705_16183646.jpg



和洋折衷の面白さは黒壁ガラス館だけではありません。
この町家は一階がステンドグラス工房、二階がひょうたんの展示館です。

There are not a few half‐Japanese, half‐Western buildings here.
For example, this traditional townhouse is composed of
a staind glass workshop (1F) and a gourd museum (2F).


c0345705_16191351.jpg



黒壁ガラス館のお向かいのカフェで黒カレーを。
蝶豆で染めた青いハーブライスは今日みた琵琶湖の水の色。
残念ながらハーブの風味は感じられませんでしたが…。

This black curry symbolizes the museum's back wall,
and the blue rice dyed with butterfly pea Lake Biwa's blue water.



c0345705_16221259.jpg



SNS映えを狙いすぎたかな?とどめは濃ゆきブラックコーヒー


関連画像

琵琶湖*Lake Biwa (wikipedia)

(All Rights Reserved)

紅葉の写真が無かったですね!次回は京の紅葉を…

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!






c0345705_15013414.jpg


ボタン屋、エクラン(Écrin)さんのブログはこちら →


c0345705_15032471.jpg



三月書房へ向かうたび気になっていたボタン屋さん。
ある朝、思い切ってドアを開けました。
壁いちめんにボタン、ボタン、ボタン!!!
そこはボタンの ’ 宝石箱(エクラン)’ でした。

Une boutique sur le chemain vers la librairie mars,
elle a été un Écrin à boutons ! Quel boutonnier!


c0345705_15053865.jpg



お店のご主人とお嬢さんは、ちょうど取材を受けておられました。
お目当てのボタンを探しながらも、
お二方の興味深いお話に耳はダンボ!ついに合流させて頂くことに…
上のボタンには、Cの組み文字が…シャネル製、ハンドメイドです。


「coco chanel」の画像検索結果「Lucie Rie portrait」の画像検索結果
ココ・シャネル(google search)    ルーシー・リー(flickr)


手作りのシャネルのボタンのCの文字 足踏みミシンの記憶をとどめ

Les boutons à la main
avec le logo de Coco Chanel,
ils ont des mémoires
du temps de la machine
à coudre à pédale ?


c0345705_15193208.jpg




ルーシー・リーのオリジナルボタン(左)。図録(右)のと同じデザインです。
ルーシーは20世紀後期の英国で活躍した陶芸家。モダンなお茶碗などで知られます。

↑Des boutons dessiné par Lucie Rie,
qui est connu par ses tasses, bols, etc.↓


c0345705_15205292.jpg




↓ 左側はカラフルで華奢なフランス製。右側は重厚なドイツ製。↓

boutons français(gauche), boutons allemands(droite)


c0345705_15115661.jpg




がつしりと独逸の釦カラフルなふらんすぼたん国境はどこ?

voici
boutons allemands graves
boutons français élégants
où est la frontière ?


c0345705_15151055.jpg


c0345705_15140245.jpg























↑un bouton de la Marine nationale, France
(google search↓)

「marin francais uniform」の画像検索結果

百年前のフランス海軍服のボタン。どんな軍人さんが身に着けていたのでしょうか。
21世紀のいま、ご主人手作りの木の棚に収まって、波の夢を見ているのでしょうか…



c0345705_09460022.jpg



仏蘭西の貝の釦はなにを聴くレェスの波の泡のうた聴く

qu’est-ce que des boutons de coquillage écoutent ?
ils écoutent des chansons de vagues de la broderie


c0345705_09452175.jpg



イタリアのガラスのボタンはさすが洗練されています(下図)。

Des boutons en verre italiens sont raffinés.


カトラリー先進国のイタリーの釦はシャープなフォルムを誇る

the buttons made in Italy,
an advanced country of the cutlery
have sharp forms and designs



c0345705_15163567.jpg


16世紀ヴェネツィアの画家、ヴェロッキオの「カナの婚礼」(部分)にみるカトラリー
The Cutlery in The Wedding Feast at Cana by Paolo Veronese (detail)(1563)
(wikipedia)

c0345705_18383383.jpg




ヴェネチアン・ガラスのボタン(下図右)はさらに華麗に…


ヴェネツィアの玻璃の釦がまとふのはカナル・グランデ(大運河)の金のさざ波

bottoni di vetro veneziano
vestiti d'onde
d'oro sul Canal Grande


c0345705_20133506.jpg




根付の国、日本も負けてはいられません。ルージュの形のボタンはダッフルコートにぴったり。

These rouge-formed buttons are made in Japan, the country of netsuke.


スモーキー・ピンクのルージュの伝言はやまとの根付の職人宛てよ

the message
written by a smoky pink botton
in the shape of a lipstick
is for a craftman
of netsuke in Japan



c0345705_15173344.jpg




黒一色のボタンが並べば、そこは宝塚歌劇の舞台さながら…


黒ボタンずらりと並ぶ !!!!!!!!!!! 宝塚大階段の燕尾服のごと

black buttons
lining up like the actors
in tuxedos of
Takarazuka Revue at
Takarazuka Grand Theater


c0345705_14090177.jpg

「宝塚 黒 燕尾 群舞 大階段」の画像検索結果

宝塚歌劇*Scala di Takarazuka(google search)


ミラーワークやビーズの刺繍ボタンはインド製。
旧宗主国イギリスより人件費が安かったため、大量生産されたそうです。


天竺の人が作りし釦、そは英吉利統治の歴史のかけら

the buttons
made by Indians are
fragments of
Indian history,
British rule in India.



c0345705_15044634.jpg



ボタンは、タヌキ眼(上の黒いの)とネコ眼(下のベージュの)に分かれるとか。
👀     Ф Ф
The buttons are divided into those with raccoon dog's eyes and cat's eyes.


c0345705_15220986.jpg



人間の衣服あるところ、かならずボタンがあります。
世界中の人々がボタンで寒さをしのぎ、あるいは身を飾ってきました。

The button is indispensable to the human's clothes.
People all over the world have kept off the cold and adorned themselves with it.


c0345705_15233976.jpg

「karajan」の画像検索結果
(gettyimages)


この鋭い眼力(メヂカラ 👀)で世界中のボタンを買付けてこられたのが
ご主人の本間邦亮さんです。どこかカラヤンを思わせるご風貌…
ほら、カラヤンみたいな鷲のベルトを締めておられます。
ジーンズとご自慢のシューズ、爪先が少し切れてしまいました…。

The owner of this shop, HOMMA Kunisuke-san
has selected these buttons from all over the world.
He resembles Herbert von Karajan, doesn't he ?
He has a deep knowledge of classical music also !

Merci beaucoup, HOMMA-san!

c0345705_15244900.jpg




クラシック音楽にも造詣が深い本間さん。コンサートのお話も拝聴し
お礼を申し上げて店を出ようとすると、こんな鳥さんのお見送りが…
この鳥さんも何かに似ています。

When leaving the shop, this bird saw me off.
It resembles…


c0345705_15261868.jpg



これ!すくなカボチャです!
そういえば、今日はハロウィーン。カボチャのゆかりのお祭りですね。
丹波のヌーヴォーワインでも開けましょうか?
 
It resembles the sukuna-pumpkin, doesn't it ?
Today is Halloween, the pumpkin festival !
How about opening Tamba Nouveau ?


c0345705_15303071.jpg


宿儺南瓜(すくなカボチャ)(2014年撮影)



百万個のボタンを君にあげたいな ♪ エクラン・ワールド・ツアーへようこそ!

million million million boutons
je te donne ♪
ici, à Écrin, voyageons dans le monde entier !



c0345705_08392528.jpg



snowdropの選んだボタンフランスではもう初雪が ****

Voici mes boutons ****** Il neige déjà en France!


(All Rights Reserved)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!












c0345705_06435580.jpg

(2013年)



秋篠音楽堂でベートーヴェンの三つのピアノソナタを聴いたのは五年前、
季節は秋だったろうか。



秋篠の夜空に溶けし三曲のソナタに捧ぐ。三本の薔薇

à trois sonata de Beethoven
qui a fondu dans le ciel nocturne
d' Akishino
j' offris trois roses automnales
à
Valery Afanassiev


c0345705_14163816.jpg

(Moe 1992年8月号)


神無月の三連休は、台風一過の涼しさからほど遠い夏なみの暑さ!
snowdropは家でむかしの雑誌を繰っていて、砂漠の薔薇の頁を見つけた。
長野まゆみが雑誌 Moe に連載していた、石をめぐるファンタジー。
のちに『鉱石倶楽部』という本にまとめられた。


Trois jours fériés consécutifs après le typhon…
il fait chaud comme l' été!
Snowdrop a trouvé un article sur le jardin de rose d' été,
sur la rose des sables dans une revue Moe en 1992.
Cet article est publié comme une passage d'un livre en 1994, 2005.


c0345705_14170776.jpg



その本には、美しい石の写真の数々が加えられたけれど
早川司寿乃(はやかわ しずの)のイラストは収録されなかった。
如雨露を手にした有翼の少年と、小さなふたこぶラクダ。垣根の薔薇。
砂漠のオアシスに咲く薔薇は、『星の王子さま』のバラを連想させる。

Beaucoup de belles photos sont ajouté au livre, mais
cet illustration par Hayakawa Shizuno est disparue.
Un garçon ailé, un arrosoir en main. Un petit chameau charmant.
Des rose dans le désert me rappellent celle du Petit Prince.




c0345705_21022687.jpg














(2016年)



砂漠の薔薇(CaSO4・2H2O)は、じつはがないと生まれない。
湖が干上がるとき、水に含まれていたミネラル成分が結晶するという。



水あればこそ生れるとふ沙漠の薔薇 秘めし涙のしづくはいづこ

みずあればこそ あれるとう でざーと・ろーず 
ひめしなみだの しずくはいずこ


the desert rose
is born from minerals
in the water
of a lost lake in a desert
where are its hidden teardrops ?



c0345705_21335652.jpg

法隆寺の飛天(『奈良六大寺大観 法隆寺』)*hiten, Horyu-ji Temple, Japan



いっぽう、早川司寿乃のイラストの少年は
タクラマカン砂漠のミーラン遺跡から見つかった有翼天使をも想起させる。
有翼天使?天使が翼をもつのは当たり前なのに、と思われるかもしれない。
実は、むかし天使には翼が無かった。クピド(キューピッド)ら神話の神と区別するためだ。
しかも、シルクロードのど真ん中、中央アジアの仏教遺跡では
領巾(ひれ)というストールを翻して空を舞う飛天がポピュラーだった。
そこはまさに西洋と東洋が、天使と飛天が出会う場所だったのだ。

Le garçon ailé me rappelle un ange ailé à Miran
dans le désert du Taklamakan aussi.

Un ange ailé ? L' ange est toujour ailé, n' est-ce pas?
Mais il y avait plus de hiten que l' ange dans l' art bouddhist.
La route de la soie a été le lieu où l' ange et l' hiten rencontrent.



c0345705_14470911.jpg

「唐子 人形」の画像検索結果


『ドイツ・トゥルファン探検隊 西域美術展』図録(京都国立博物館、1991年)より

唐子(からこ)の前髪* Chinese child's traditional hair stylegoogle search


c0345705_16351828.jpg



















この楓の実も有翼 (カメラ内蔵の魚眼レンズ加工)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!



おまけ*Bonus(with English summary)



(All Rights Reserved)











c0345705_13260781.jpg
















ようやく
涼しくなって、アメトリンと母のブラウスを取り合わせる元気が。。。

Voici mon amétrine et deux chemisiers de ma mère 。。。


c0345705_11580396.jpg

















板谷英紀『賢治博物誌』より ☆ L'améthyste est le fossile du vin?

c0345705_15072096.jpg


(2017年12月)

Img_0546


アメトリンという石を見たことがありますか。
アメジスト(紫水晶)トリン(黄水晶)がひとつになった石です。
石に詳しい友人が、snowdropの誕生日に贈ってくれました。
いろの黄昏の空が、しずかに胸元に揺れます。

Connaissez-vous l' amétrine
C' est un mélange d' améthyste
et de citrine .
Une des mes amis m' a offert celui en vrac à mon annivaisare.
Comme le crépuscule violet et jaune sur ma poitrine!


c0345705_09001435.jpg


瑪瑙 
水晶 真珠 蛍石 紫水晶 アメトリン 土耳古石 青玉髄 (2013)



暮れやらぬ 黄水晶のそらに
青みわびて 木は立てり

あめ、まつすぐに降り  
宮澤賢治 (大正七年*1918年5月)

「黄水晶」は「シトリン」と読みます。
啄木風の三行書きの短歌ですね。



c0345705_14251146.jpg

東逸子「十力の金剛石」(部分)(『宮澤賢治の宇宙』)
Diamant de dix Pouvoirs de Miyazawa Kenji, illustré par Azuma Itsuko



いろとりどりの宝石の玻璃窓のぞく黒曜石の目


des yeux d' une fillette
en obsidienne
observants des bijoux
rouges, bleus, verts, dorés, etc.

en vitrine



c0345705_14471435.jpg

chouette en pierre! ↑(illustré par Masumura Hiroshi
ますむらひろし『銀河鉄道の夜』☆ Train de nuit dans la Voie lactée


snowdropが子供のころ好きだったのは、
宝石屋さんの飾り窓を眺めながら母を待つことでした。
そこは幼心にとって、色とりどりの宝石の野原…
店員さんのお声がけもなく、黒曜石の目を何十分でも遊ばせました。

Petite snowdrop aimait voir des bijoux en vitrine
en attendant sa mère sans être dérangé
par un employé de magasin, puisque trop petite!



c0345705_13191947.jpg


紫水晶の原石を小さな栞にして(ますむらひろし『十力の金剛石』)
Diamant de dix Pouvoirs illustré par Masumura Hiroshi


賢治は「石っ子賢さん」と呼ばれるほどの石好きでした。
宝石屋さんを開きたいと考えた時期もあったのだとか。
『十力の金剛石』という童話には、紫水晶をはじめ宝石がたくさん出てきます。

Miyazawa Kenji aimait les pierres et bijoux.
Il voulait une fois devenir un bijoutier!


c0345705_13315115.jpg


宝石のパレットのような野原で王子たちを導くのは蜂雀です。
「ザッ、ザ、ザ、ザザァザ、ザザァザ、ザザァ」は風の又三郎のうたと同じリズム ♪

Deux moro-sphinx guident le prince et son suivant
dans le champ comme une palette de bijoux.


c0345705_10130770.jpg

雨が小粒の真珠なら… ♪(2016年)



「トッパァズのつゆはツァランツァリルリン、
こぼれてきらめく、サング、サンガリン」

トパァズを盛った りんだう は『銀河鉄道の夜』にも出てきたでしょうか。

Gentiana scabra est vu dans Train de nuit dans la Voie lactée aussi.


c0345705_13333995.jpg

Train de nuit dans la Voie lactée illustré par Masumura Hiroshi


「河原の礫(こいし)は、みんなすきとほつて、たしかに水晶や黄玉や、
(…)
稜から霧のやうな青白い光を出す鋼玉
やらでした」『銀河鉄道の夜』

Des graviers de la Voie lacteé sont transparents, cristaux, les saphirs étoilés, etc.

この鋼玉は、スター・サファイアですね。サファイアは9月の誕生石です。
♪ この広い夜空いっぱい咲く星を一つ残らずあなたにあげる… ♪


「スターサファイア」の画像検索結果
(google search)


♪ この広い野原いっぱい咲く花を一つ残らずあなたにあげる… ♪
賢治の野原なら、大金持ち? でも、十力の金剛石は露なんです。

♪♪ Tous les étoiles dans le ciel,
tous les fleurs dans ce champs,
je te les offrir… ♪♪(vidéo)
Si le champs est celui de Kenji, te seras riche!
Mais le diamant de dix pouvoirs est une rosée!!



♪ ♪ ♪ ♪

c0345705_13350183.jpg

陸奥A子「黄色いリボンの花束にして」(1975年)



月刊誌『りぼん』で活躍していた陸奥A子さん
さくらもも子さんの画風に影響を与えたという説も。。。


c0345705_08364903.jpg


ここまで来て、snowdrop 絵「十力の金剛石」(1988年)を発見!
次回もみてね ♪(まるちゃんふうに)

「ちびまる子ちゃん*イタリアから来た少年」(9月15日)もみてね ♪


イタリアのマルコじぃじと友蔵と天で会えるね敬老の日に(9月17日追記)

Italian grandpa Marco
and Maruko's grandpa Tomozo (Tomo:Friend)
do they meet
in Paradise today,
Respect-for-the-Aged Day Holiday ?



Bonus*Un Ragazzo dall' Italia (Chibi Marucko-chanPiccola Maruko)


小学校の図書室で出会った味戸ケイコのイラスト

『ひかりのリフレエン 味戸ケイコ自選複製画集』より

Refrain of the Light, Illustration of Ajito Keiko



「白菊 ももさえずり」の画像検索結果



の花火揚がるとき想ふひとあり人それぞれに

dans chaque fusée
rouge, bleue, dorée, verte
chacun voit
ceux que lui manquent



c0345705_06450749.jpg












1998年、母とながめた黄水晶と紫水晶のような遠花火(びわ湖花火*BS-TV*2018年)



c0345705_11441269.jpg


















夜空と花火(2016年)

(All Rights Reserved)









c0345705_08552548.jpg
梅田地下街の滝(7月)
an artificial waterfall, Umeda underground district, Osaka


七月に恩師の喜寿を祝うため梅田へ出かけました。

This artificial waterfall was photographed on my way to the celebration of our former teacher's 77th anniversary in July.


c0345705_15370413.jpg


 記事は五月にさかのぼります。
 京都国立博物館へ池大雅展を見に行きました。このエリザベス・テーラーのおぢさんが池大雅(1723-76)?いいえ、彼は『随想録(エセー)』で名高いミシェル・ド・モンテーニュ(1533-92)です。ひょっとして彼も清少納言の、あるいは吉田兼好の生まれ変わり…?
 それはさておき、江戸時代の文人画家、池大雅と、ルネサンス期フランスの哲学者、モンテーニュとは意外な接点があります。それは、彼らが子供の頃、母語よりもむしろ外国語の教育を受けたこと、そして旅を愛したことです。


 Snowdrop went to the retrospective exhibition of Ike-no-Taiga in May. This man wearing a ruff is not Taiga but Michel Eyquem de Montaigne who wrote Essais. Is he a reincarnation of Sei Shonagon or of Yoshida Kenkō (1284 – 1350)?
 Both Taiga and Michel received foreign education and loved traveling.


c0345705_20111852.jpg
「ローマの休日」のパンフレット、ゲーテ『イタリア紀行』、モンテーニュ『旅日記』(Journal de voyage par Montaigne)、「真実の口」の白ワイン(2014年撮影)


 モンテーニュは父の教育方針で、フランス語の話せない家庭教師からラテン語を習いました。大雅は3才頃より漢学や書法を学び、宇治にある中国寺、萬福寺にも出入りしていました。外国の文化にどっぷり浸かって育った幼児はどんな大人になるのでしょう。おそらくは、遠つ国を心のふるさとと慕う夢想家になるのでは…
 モンテーニュはラテン語の本場イタリアを旅し、『旅日記』の一部をイタリア語で書きました。一方、大雅は中国ではなく専ら日本を旅し、中国の画法を学びつつ広やかな風景画を描きました。その山水のなかには、しばしば自作の漢詩文がさまざまな書体で書きこまれています。


 Michel learnt Latin from his tutors who could not speak French according to his father's principal. Taiga learned Chinese classics and calligraphy before three years old and was praised by a priest of Manpuku-ji, Chinese-style temple in Kyoto. I wonder what such children will be like when they grow up. A dreamer who longs for a foreign country as his homeland ?
 Michel later traveled in Italy and kept a diary sometimes in Italian. Taiga traveled not in China but in Japan and painted beautiful landscapes sometimes in Chinese style. He often wrote his own Chinese poetry or prose in various forms of characters.


c0345705_20495817.jpg
「芳野山図」(大雅の作品の図版は展覧会図録『池大雅 天衣無縫の旅の画家』から引用)


 たとえば吉野山の絵にも漢詩が…!西行の和歌を思い浮かべながらも、自分が詩作すると漢詩になってしまうのですね!大雅は富士山、立山、白山、浅間山など、多くの霊山を踏破しました。書も絵もできる山男!

 While remembering Saigyo's waka, he composed a Chinese poem for his painting of Mount Yoshino ! 


c0345705_17004651.jpg


 これは「箕山瀑布」という自題と自賛を添えた滝の絵です。この「箕山」とは、大阪の「箕面山」のこと。大雅は滝の名をわざわざ漢語に直して隷書で記し、漢文の自賛を付したのです。   
 いっぽう、古代中国の「箕山」は、隠者の巣父(そうほ)や許由(きょゆう)が住んでいたという由緒ある山です。そんな「箕山」の名前を拝借して、大雅はにんまりしたことでしょう。あるいは、名勝の廬山に見立てたのかもしれません。
 風薫る五月、箕面へほんまもんの滝を見に行きました。大雅の滝は紅葉の秋の絵ですが、形はそっくり!

 Here is Waterfall at Mount Minoh (箕面山)painted and inscribed by Taiga. He called this Japanese mountain like Chinese one and inscribed in Chinese. He might have used this mountain to resemble Mount Ji(箕山) or Mount Lu(廬山) in China that he had not seen yet.
 Here is the waterfall at Mt. Minoh that snowdrop saw this May! Wow! Just like Taiga's painting !!


c0345705_15570866.jpg


 大雅のころに、モミジの天ぷらは無かったかもしれませんが…
 

 Were there tempra of maple leaves in the Edo period?


c0345705_16174269.jpg


「ももさへづり*やまと編」に出てくる楓(かえで)は架空の登場人物です。
父、五十嵐明(実在の画家)と二人して越後へ帰ってゆく彼女に…… ♬

For Kaede (maple) and her father ♬






朝の風薫る宿屋に客を待つ力車(ちからぐるま)の赤き天鵞絨(ビロード)


a rickshaw

waiting for a passenger

in a traditional inn

in the green morning wind

with the red velvet seat



c0345705_16194456.jpg

箕面の老舗旅館(5月)

人工の滝を縦長構図で…(7月)


Photo

(All Rights Reserved)


「北斎 阿弥陀ヶ滝」の画像検索結果

おまけ*Bonus
葛飾北斎「木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝」

Oku-Amida-ga-taki Falls by Hokusai

(google search)

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】