タグ:Livre*book(本) ( 76 ) タグの人気記事

小春日の午後、公園の木の椅子に掛けて歌集をひらきました。
栞代わりの木の葉を拾ったり、空を仰いだりする時間のほうが長くて…

Reading weather continues during Reading Week this year.
I spend more time picking up fallen leaves as bookmarks
and looking up the blue sky than reading this book.

c0345705_14473201.jpg



紅葉黄葉も「もみじ(もみぢ)」です。
でも「こうよう」は旧仮名づかいだと、その色によって
こうえふ」「くわうえふ」の二通りになります。

Chinese characters "紅葉" and "黄葉" are read "momiji" in Japanese.
While they are read "Kouyou" also in the modern kana orthography,
"kouefu"(red) and "kuwauefu"(yellow) in the old kana orthography.




c0345705_14520224.jpg

欅(ケヤキ)もみぢ




こもれびのライトを浴びて二重奏 紅葉(こうえふ黄葉(くわうえふ)音色とりどり




c0345705_17424646.jpg



さくら紅葉あふぐはいつも一人きり
いつもだれかと見るさくら花

chaque fois que
je leve les yeux vers des feuilles rouges
de cerisier
je suis seule

chaque fleur de cerisier est salue par des acclamations!


c0345705_14460965.jpg

Questioning and Answering Clouds by Kasuga Izumi



問答雲とは、高さを異にしながら ゆきかう雲のことです。
それでは、この白雲は…

Questioning and answering clouds mean the two groups of clouds
floating at different attitudes, in different directions.



c0345705_14483522.jpg



もみぢ葉楓(モミヂバフウ)の Vネックからのぞくのは
ことしの冬の雪白胸乳(むなぢ)

from V‐necked redgums
you see
the cleavage between breasts
of coming white winter



c0345705_14513716.jpg

トキワサンザシ(ピラカンサス)
「さ丹つらふ」は「丹色の頬(つら)をした」の意の枕詞です


さにつらふ常盤山査子(ピラカンサス)は 黒仮面つけたる百舌のひとみ惑はす

red cheeks of firethorn
seduce the eyes of a butcher-bird
that dresses up for masquerade


「百舌」の画像検索結果関連画像   
   百舌(モズ)(wikipedia)* ヴェネツィアの仮面(google search)


頁めくるたびに、いまは過去となり カメラはいまを追憶となす

chaque fois que
je tourne une page
le présent tourne au passé
mon appareil tourne à son gré
mes photos aux souvenirs


c0345705_14522514.jpg

撮る前からモノクロ気分追憶きぶん


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!


おまけ*Bonus(google search)

関連画像


トルコの大奥ドラマ「オスマン帝国外伝」にはまりかけています…


「Pargalı İbrahim Paşa television」の画像検索結果


ヴェネツィア出身の大宰相、イブラヒムの愛読書はダンテの『神曲』です。

Pargalı İbrahim Paşa reads Divina Commedia.

関連画像

ターバンあれこれ(pinterest)

(All Rights Reserved)













[PR]

10月27日から11月9日は読書週間です。(7月撮影)
Reading Week*October 27th - November 9th

c0345705_20455346.jpg




人生の栞は出逢ひ、別れ、旅、心に刻むやうに詠む歌


le signet de la vie

c ’est la rencontre, la séparation,

le voyage, et

tanka poème que je compose

pour graver dans ma mémoire




c0345705_21424240.jpg



モンゴルの栞には、宵待草の切手と草花の押し花が挟まれています(右上)。
それを真似てこさえたのが、五月の楓と銀杏の押し葉の栞。
その左隣には琵琶湖の栞、さらに隣にはエジプトのパピルスの栞、
室生寺の散華、フィレンツェの紙工房の栞…
展覧会のチケットも裏打ちして、リボンを通して、栞にしていましたっけ。

Like a Mongolian bookmark with a stamp and pressed flower,
snowdrop made several bookmarks with pressed leaves.
The bookmark of Lake Biwa, that of papyrus,
that of marble paper, that in the shape of a lotus petal,
one of the exhibition tickets lined and threaded with ribbon.



c0345705_10053531.jpg

(2011年)


本を読むときは、伴侶となる栞(しおり)を選ぶのも楽しみの一つです。
栞の歴史を、新聞の記事をたよりに繙(ひもと)いてみると…西洋では
修道僧が聖書のみ言葉に直接触れないよう、聖衣の一部を頁に挟んだのが始まりでした。
印刷本が普及すると、仮綴じの本を開くペーパーナイフが栞代わりになりましたが、
錆びると紙を傷めてしまうので、シルクリボンの栞が使われるようになりました。
やがて本の紙が薄くなると、高価な絹に代わって厚紙の栞が普及しました。

The bookmark was originally a part of monks' clothes
in order not to touch the sacred words of the Bible.
When the printed books spread,
the paper knife was used as the bookmark,
whose rust damaged the paper and the silk ribbon replaced it.
Then the expensive silk one was replaced by the thick paper one
as the paper of book became thinner.



c0345705_09372461.jpg


表装の余り布でつくられた栞(2015年)


日本では、『枕草子』に出てくる「けふさん(夾算)」が初出だとか。
薄く削った竹や木を裂いて上部を糸で巻き結んだものだそうです。
江戸時代に仮名草紙などを楽しんだ人々は、こよりを栞としました。
朝顔の花や銀杏の葉を挟む人もいました。
草花は紙魚(しみ)を寄せ付けないと考えられたのです。

In Japan, the bookmark is referred by Sei Shonagon for the first time.
It is said to be the thin chips of bamboo or tree whose upper parts are bound with thread.
In the Edo period, those who enjoyed reading books used the paper string as the bookmark.
Some inserted the pressed flowers (e.g. morning glory) or ginkgo leaves.
They thought the grasses and flowers keep the bookworm off.


こより(google search)*paper string

「こより 和紙」の画像検索結果

c0345705_09432213.jpg

(2016年秋)


「しおり」という言葉を造ったのは、修学院離宮で知られる後水尾天皇でした。
水戸光圀が絹で包んだ紙を献上し、「本を読むのにどうぞ」と申し上げたところ、
帝は西行の歌を引いて、これを「枝折(
しおり)」と呼んだのだとか。

吉野山去年(こぞ)のしをりの道かへてまだ見ぬかたの花を尋ねむ 西行

しをり(枝折)」とは、道しるべに木の枝を折ることです。
本にしおりを挟むのは、本の奥へと延びてゆく道の半ばでしばし佇むことです。

The word "Shiori (bookmark)" was coined by Emperor Gomizunoo(1596-1680).
The paper covered with silk that Tokugawa Mitsukuni presented to the emperor was called "Shi-ori" based on a waka poem by Saigyo(1118-1190).
In Mt. Yoshino, Saigyo would break branches ("Shi-oru") as the landmarks for next year.
Slipping a bookmark between the pages is
standing still for a while on the way to the last part of the book.


c0345705_20495817.jpg


池大雅が秋雨の夜、西行の枝折の歌を思いながら描いた吉野山
Mount Yoshino that Ike no Taiga (1723-1776) painted
while remembering the waka poem on Shiori by Saigyo


 西行の枝折をふまえたと思しき、素敵な栞の短歌を最後にどうぞ。
 この歌に出てくる『山家集』とは、西行の歌集です。恋の歌は百首以上!
「すぐれし恋のうた」とは、どの歌でしょう…栞がないと分かりませんね!


Here is a tanka by Kawata Jun (1882-1966) based on Saigyo's waka.
Sanka-shu is Saigyo's private anthology including more than 100 love songs!
Which one is the one Kawata Jun chose ? We need his bookmark!


山家集に一首すぐれし恋のうた君に見せむと栞を挿む  川田 順

there is a wonderful love song in Sanka-shu, which
I wanted to show you and slipped a bookmark there
― Kawata Jun


「西行物語絵巻」の画像検索結果

「西行物語絵巻」(google search)
from Illustrated Scroll of the Story of Saigyo

栞の歴史については日本経済新聞の記事を参考にしました。
猪又義孝「世界のしおり形とりどり」(日経文化 7月24日)

c0345705_12281091.jpg



平安時代にたくさん造られた紺紙金字一切経、平安風の栞

Sutra in the Heian period and bookmark of Heian design

(All Rights Reserved)
















[PR]
c0345705_10441016.jpg

60ème Anniversaire du Pacte d'amitié entre Paris et Kyoto



地下鉄を京都市役所前で降り三月書房へ向かふ長月

Descendons à la station de métro de Hôtel de ville de Kyoto
et allons à la librairie mars au mois de septembre!



c0345705_10473306.jpg



修復中の市役所の覆いに、二者二様の後ろ姿。

Chaque vue de dos est charmante !



c0345705_10501176.jpg






















イタリアのパドヴァで見たジォットの天使の背中を思い出す。
大阪の吹田で眺めた太陽の塔のうなじも…(2016年撮影)

Cela me rappelle le dos d' un ange par Girotto, en Padua
et la nuque de la Tour du Soleil par Okamoto Taro en Osaka.

https://fr.wikipedia.org/wiki/Tour_du_Soleil


c0345705_10534494.jpg


















太陽の塔は昭和のアルバムへ ”本当の「あお」”インスタ画面へ

The Tower of the Sun (1969)'s
photos had been put on albums
and "real blue(あお)"
three dimensional frames'
were put on Instagram



c0345705_14434668.jpg
















MoMaK(September)



脱線ついでに、三月書房へ行く前に見た東山魁夷展の写真も。
奈良の唐招提寺の障壁画が立看板に…!(京都での展示は終了)
東京での展示中に記事を書くかも
(10月24日-12月3日、国立新美術館)

Snowdrop a vu cet exhibition de peintures par Higashiyama Kaii
sur le chemin de rue Teramachi.


c0345705_11030602.jpg

















”あお (ao)” est un mot japonais exprimant le vert
et le bleu.



にほん語の「あお」は 蒼(あを)をも碧(みどり)をも ふふみて
人のおもひを染める



カラー補正してをらぬのになにとなく古色帯びたるヒマラヤの杉




c0345705_10431003.jpg


(京都市役所*Hôtel de ville de Kyoto, 2016)


パリからやって来たガス灯。上部はかつて共和国広場を照らしていたとか。

Cette réverbère à gaz est venu de Place de la République, Paris ?



c0345705_09181900.jpg


『星の王子さま』の点灯夫 ☆ l'allumeur de réverbères


岩波書店版(2000年)はオリジナル版(1943年)の繊細な色と線を蘇らせた。

en couleurs originals de l'édition 1943(Iwanami Shoten, Publishers. 2000)



c0345705_08334807.jpg



印刷といえば、芸艸堂は日本唯一の手木版和装本出版社。今日は赤い自転車がとめてある。

Unsodo (since 1891) is a specialist of Japanese woodblock printing. Il y a un vélo rouge aujourd'hui…


c0345705_08324452.jpg



寄り道しながらようやく着いた、三月書房。京都は自転車とバスの多い都。

Voici la librairie mars! Deux vélos ici aussi!!Il y a beaucoup de bus aussi...


c0345705_08363464.jpg


レーモン・クノー『文体練習』朝比奈弘治訳 ザジ(Zazie)色の栞?

L'autobus arrive
Un zazou à chapeau monte
Un heurt il y a
Plus tard devant Saint-Lazare
Il est question d'un
bouton

― Exercices De Style, Raymond Queneau
information d' Ozu Yakei. Merci beaucoup!


これは三月書房で求めた本、ではなくて
三月書房に通っていたフランスの俳人さんから教えて頂いた本。
(三月書房で見つけた本は姉妹ブログでご紹介します)

クノーは「地下鉄のザジ(Zazie dans le métro)」の原作者です。





クノーの『文体練習』はたった1つのエピソードを99+αもの文体で語り分けます。
必ず出てくるのがボタン。(たとえば俳句「バスに首さわぎてのちのぼたんかな」)
次回は「ボタンによる世界旅行」へ皆さまをご案内します。


To be continued to Tour du monde par Bouton


c0345705_08392528.jpg



色とりどりの雪 ⁂ snowdropが選んだボタン


色とりどりの紅葉お気に入り秋ショット2018!


c0345705_16405713.jpg















ローマのザジ?(シスターが経営する修道院の宿のsnowdrop)*Zazie en Rome?(1999)

(All Rights Reserved)
















[PR]
c0345705_20344905.jpg


(コンデジでイラスト加工*photo and image-processing by snowdrop)



京都の寺町通には、モダンなお店とレトロなお店が交互に現れる。
(2016年2月ー2018年10月撮影)

Dans la rue Teramachi, en Kyoto,
des boutiques modernes et rétros alternativement apparaissent.


c0345705_20274801.jpg




祇園祭の「放下鉾」とフクロウを表した小さな茅巻(ちまき)が軒下に…↓
さらにその下には

Sous un auvent, il y a un amulette en forme de zongzi
dont la chouette guide vous…


c0345705_20294566.jpg


こんなハイカラなブティック!

… à un boutique à la mode!

c0345705_20282605.jpg




家に帰ると、小津夜景さんの瀟洒な本がポストに届いていた。
『カモメの日の読書』(ほりはたまお+北野太一装丁)
『フラワーズ・カンフー』(しおたまこ装丁)

Quand je rentrai chez moi,
deux livres chics étaient arrivés
par amazon.



c0345705_20330048.jpg


















La Lecture des Jours avec les Goélands
Flowers’ Kung-Fu

c0345705_14283399.jpg


















まるみを帯びたページもお洒落ですね。指先にも優しいです。 
水鳥の羽や 展覧会のチケットは snowdropの栞(私物)です。


フランスで漢詩と暮らす俳人、小津夜景さんのエッセイと俳句集。
夏から読みたいと思っていたのに、本屋に行く元気が出なかった。
九月の終りに寺町通の三月書房へ足を運ぶも、品切れ。
最後の台風が去ったころ、ようやくamazonに注文した。
そのころ、snowdropのささやかな短歌が、海の向こうで、
ほかならぬ小津夜景さんの目に留まっていたなんて
日記帳の一行めいた一首が、彼女のブログで生まれ変わった。


Deux livres de Ozu Yakei, une haiku-poète qui habite en France.
Elle a publié un essai sur la poésie chinoise cet été.
Je ne l'ai pas trouvé dans cette librairie, alors
elle avait trouvé quelques tanka dans mes blogues !
L'un d'eux(from summer to autumn)a été cité
dans son essai-blogue ….



c0345705_10400385.jpg


小津夜景さんも通っておられた三月書房
Librairie Mars (三月書房) que Ozu Yakei aussi fréquentait


小津夜景「日替わりの夢にはいまだ慣れない」―Le Journal Flowers’ Kung-Fu
http://yakeiozu.blogspot.com/2018/10/blog-post_84.html


snowdrop「ジャングルジムから落ちる夢」 ― ココログ * ももさへづり
http://ramages.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-2.html




c0345705_05362604.jpg

『カタツムリの郵便屋さん』*Schneckenpost von Ida Bohatta


じき重陽の節句(旧暦9月9日は新暦10月17日)。中国では敬老の日でもある。
そうだ、海の向こうの高齢の友に、小津夜景さんのことを早く知らせよう。
ブログは超速達! amazonよりも!

Le blogue est comme Extrapost pour mon Freund-ami…
Je voudrais lui annoncer cette bonne nouvelle aujourd'hui.
Fête des personnes âgées en Chine est le 17 octobre, mais
plus tôt est meilleur que plus tard, n'est-ce pas?


c0345705_20182687.jpg


cotton rose(道中撮影)



長かりし夏の名残の芙蓉花 寒露を帯びて けふを咲きつぐ


🌹 ローズつながりのおまけ 🌹

芙蓉は英語でコットン・ローズ(cotton rose)
砂漠の薔薇はデザート・ローズ(desert rose)

砂漠の薔薇(CaSO4・2H2O)は、じつはがないと生まれない。
湖が干上がるとき、水に含まれていたミネラル成分が結晶するという。



水あればこそ生れるとふ沙漠の薔薇 花弁のかげのひとつぶ。涙

みずあればこそ あれるとう デザート・ローズ
かべんのかげの ひとつぶ。なみだ


the desert rose
is born from minerals

in the water
of a lost lake in a desert
it hides in petals one teardrop


c0345705_04583874.jpg

Rebun Island(2014


もひとつ、おまけ**Bonus

カンフーより水兵服に惚れましたジャッキー・チェンは永久の青年

Snowdrop aimait Jackie Chan, un Kung-fu acteur portant
un costume marin comme le goéland d'une chanson japonaise.


 

(image processing*ver.2)

c0345705_16462141.jpg













次回は寺町通のパン屋さんと、90才のリケ歌人の『パン屋のパンセ』を…

To be continued to the article on a 90-year-old poet's Pensée de


(All Rights Reserved)




















[PR]

c0345705_06435580.jpg

(2013年)



秋篠音楽堂でベートーヴェンの三つのピアノソナタを聴いたのは五年前、
季節は秋だったろうか。



秋篠の夜空に溶けし三曲のソナタに捧ぐ。三本の薔薇

à trois sonata de Beethoven
qui a fondu dans le ciel nocturne
d' Akishino
j' offris trois roses automnales
à
Valery Afanassiev


c0345705_14163816.jpg

(Moe 1992年8月号)


神無月の三連休は、台風一過の涼しさからほど遠い夏なみの暑さ!
snowdropは家でむかしの雑誌を繰っていて、砂漠の薔薇の頁を見つけた。
長野まゆみが雑誌 Moe に連載していた、石をめぐるファンタジー。
のちに『鉱石倶楽部』という本にまとめられた。


Trois jours fériés consécutifs après le typhon…
il fait chaud comme l' été!
Snowdrop a trouvé un article sur le jardin de rose d' été,
sur la rose des sables dans une revue Moe en 1992.
Cet article est publié comme une passage d'un livre en 1994, 2005.


c0345705_14170776.jpg



その本には、美しい石の写真の数々が加えられたけれど
早川司寿乃(はやかわ しずの)のイラストは収録されなかった。
如雨露を手にした有翼の少年と、小さなふたこぶラクダ。垣根の薔薇。
砂漠のオアシスに咲く薔薇は、『星の王子さま』のバラを連想させる。

Beaucoup de belles photos sont ajouté au livre, mais
cet illustration par Hayakawa Shizuno est disparue.
Un garçon ailé, un arrosoir en main. Un petit chameau charmant.
Des rose dans le désert me rappellent celle du Petit Prince.




c0345705_21022687.jpg














(2016年)



砂漠の薔薇(CaSO4・2H2O)は、じつはがないと生まれない。
湖が干上がるとき、水に含まれていたミネラル成分が結晶するという。



水あればこそ生れるとふ沙漠の薔薇 秘めし涙のしづくはいづこ

みずあればこそ あれるとう でざーと・ろーず 
ひめしなみだの しずくはいずこ


the desert rose
is born from minerals
in the water
of a lost lake in a desert
where are its hidden teardrops ?



c0345705_21335652.jpg

法隆寺の飛天(『奈良六大寺大観 法隆寺』)*hiten, Horyu-ji Temple, Japan



いっぽう、早川司寿乃のイラストの少年は
タクラマカン砂漠のミーラン遺跡から見つかった有翼天使をも想起させる。
有翼天使?天使が翼をもつのは当たり前なのに、と思われるかもしれない。
実は、むかし天使には翼が無かった。クピド(キューピッド)ら神話の神と区別するためだ。
しかも、シルクロードのど真ん中、中央アジアの仏教遺跡では
領巾(ひれ)というストールを翻して空を舞う飛天がポピュラーだった。
そこはまさに西洋と東洋が、天使と飛天が出会う場所だったのだ。

Le garçon ailé me rappelle un ange ailé à Miran
dans le désert du Taklamakan aussi.

Un ange ailé ? L' ange est toujour ailé, n' est-ce pas?
Mais il y avait plus de hiten que l' ange dans l' art bouddhist.
La route de la soie a été le lieu où l' ange et l' hiten rencontrent.



c0345705_14470911.jpg

「唐子 人形」の画像検索結果


『ドイツ・トゥルファン探検隊 西域美術展』図録(京都国立博物館、1991年)より

唐子(からこ)の前髪* Chinese child's traditional hair stylegoogle search


c0345705_16351828.jpg



















この楓の実も有翼 (カメラ内蔵の魚眼レンズ加工)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!



おまけ*Bonus(with English summary)



(All Rights Reserved)











[PR]
c0345705_13260781.jpg
















ようやく
涼しくなって、アメトリンと母のブラウスを取り合わせる元気が。。。

Voici mon amétrine et deux chemisiers de ma mère 。。。


c0345705_11580396.jpg

















板谷英紀『賢治博物誌』より ☆ L'améthyste est le fossile du vin?

c0345705_15072096.jpg


(2017年12月)

Img_0546


アメトリンという石を見たことがありますか。
アメジスト(紫水晶)トリン(黄水晶)がひとつになった石です。
石に詳しい友人が、snowdropの誕生日に贈ってくれました。
いろの黄昏の空が、しずかに胸元に揺れます。

Connaissez-vous l' amétrine
C' est un mélange d' améthyste
et de citrine .
Une des mes amis m' a offert celui en vrac à mon annivaisare.
Comme le crépuscule violet et jaune sur ma poitrine!


c0345705_09001435.jpg


瑪瑙 
水晶 真珠 蛍石 紫水晶 アメトリン 土耳古石 青玉髄 (2013)



暮れやらぬ 黄水晶のそらに
青みわびて 木は立てり

あめ、まつすぐに降り  
宮澤賢治 (大正七年*1918年5月)

「黄水晶」は「シトリン」と読みます。
啄木風の三行書きの短歌ですね。



c0345705_14251146.jpg

東逸子「十力の金剛石」(部分)(『宮澤賢治の宇宙』)
Diamant de dix Pouvoirs de Miyazawa Kenji, illustré par Azuma Itsuko



いろとりどりの宝石の玻璃窓のぞく黒曜石の目


des yeux d' une fillette
en obsidienne
observants des bijoux
rouges, bleus, verts, dorés, etc.

en vitrine



c0345705_14471435.jpg

chouette en pierre! ↑(illustré par Masumura Hiroshi
ますむらひろし『銀河鉄道の夜』☆ Train de nuit dans la Voie lactée


snowdropが子供のころ好きだったのは、
宝石屋さんの飾り窓を眺めながら母を待つことでした。
そこは幼心にとって、色とりどりの宝石の野原…
店員さんのお声がけもなく、黒曜石の目を何十分でも遊ばせました。

Petite snowdrop aimait voir des bijoux en vitrine
en attendant sa mère sans être dérangé
par un employé de magasin, puisque trop petite!



c0345705_13191947.jpg


紫水晶の原石を小さな栞にして(ますむらひろし『十力の金剛石』)
Diamant de dix Pouvoirs illustré par Masumura Hiroshi


賢治は「石っ子賢さん」と呼ばれるほどの石好きでした。
宝石屋さんを開きたいと考えた時期もあったのだとか。
『十力の金剛石』という童話には、紫水晶をはじめ宝石がたくさん出てきます。

Miyazawa Kenji aimait les pierres et bijoux.
Il voulait une fois devenir un bijoutier!


c0345705_13315115.jpg


宝石のパレットのような野原で王子たちを導くのは蜂雀です。
「ザッ、ザ、ザ、ザザァザ、ザザァザ、ザザァ」は風の又三郎のうたと同じリズム ♪

Deux moro-sphinx guident le prince et son suivant
dans le champ comme une palette de bijoux.


c0345705_10130770.jpg

雨が小粒の真珠なら… ♪(2016年)



「トッパァズのつゆはツァランツァリルリン、
こぼれてきらめく、サング、サンガリン」

トパァズを盛った りんだう は『銀河鉄道の夜』にも出てきたでしょうか。

Gentiana scabra est vu dans Train de nuit dans la Voie lactée aussi.


c0345705_13333995.jpg

Train de nuit dans la Voie lactée illustré par Masumura Hiroshi


「河原の礫(こいし)は、みんなすきとほつて、たしかに水晶や黄玉や、
(…)
稜から霧のやうな青白い光を出す鋼玉
やらでした」『銀河鉄道の夜』

Des graviers de la Voie lacteé sont transparents, cristaux, les saphirs étoilés, etc.

この鋼玉は、スター・サファイアですね。サファイアは9月の誕生石です。
♪ この広い夜空いっぱい咲く星を一つ残らずあなたにあげる… ♪


「スターサファイア」の画像検索結果
(google search)


♪ この広い野原いっぱい咲く花を一つ残らずあなたにあげる… ♪
賢治の野原なら、大金持ち? でも、十力の金剛石は露なんです。

♪♪ Tous les étoiles dans le ciel,
tous les fleurs dans ce champs,
je te les offrir… ♪♪(vidéo)
Si le champs est celui de Kenji, te seras riche!
Mais le diamant de dix pouvoirs est une rosée!!



♪ ♪ ♪ ♪

c0345705_13350183.jpg

陸奥A子「黄色いリボンの花束にして」(1975年)



月刊誌『りぼん』で活躍していた陸奥A子さん
さくらもも子さんの画風に影響を与えたという説も。。。


c0345705_08364903.jpg


ここまで来て、snowdrop 絵「十力の金剛石」(1988年)を発見!
次回もみてね ♪(まるちゃんふうに)

「ちびまる子ちゃん*イタリアから来た少年」(9月15日)もみてね ♪


イタリアのマルコじぃじと友蔵と天で会えるね敬老の日に(9月17日追記)

Italian grandpa Marco
and Maruko's grandpa Tomozo (Tomo:Friend)
do they meet
in Paradise today,
Respect-for-the-Aged Day Holiday ?



Bonus*Un Ragazzo dall' Italia (Chibi Marucko-chanPiccola Maruko)


小学校の図書室で出会った味戸ケイコのイラスト

『ひかりのリフレエン 味戸ケイコ自選複製画集』より

Refrain of the Light, Illustration of Ajito Keiko



「白菊 ももさえずり」の画像検索結果



の花火揚がるとき想ふひとあり人それぞれに

dans chaque fusée
rouge, bleue, dorée, verte
chacun voit
ceux que lui manquent



c0345705_06450749.jpg












1998年、母とながめた黄水晶と紫水晶のような遠花火(びわ湖花火*BS-TV*2018年)



c0345705_11441269.jpg


















夜空と花火(2016年)

(All Rights Reserved)









[PR]
c0345705_08552548.jpg
梅田地下街の滝(7月)
an artificial waterfall, Umeda underground district, Osaka


七月に恩師の喜寿を祝うため梅田へ出かけました。

This artificial waterfall was photographed on my way to the celebration of our former teacher's 77th anniversary in July.


c0345705_15370413.jpg


 記事は五月にさかのぼります。
 京都国立博物館へ池大雅展を見に行きました。このエリザベス・テーラーのおぢさんが池大雅(1723-76)?いいえ、彼は『随想録(エセー)』で名高いミシェル・ド・モンテーニュ(1533-92)です。ひょっとして彼も清少納言の、あるいは吉田兼好の生まれ変わり…?
 それはさておき、江戸時代の文人画家、池大雅と、ルネサンス期フランスの哲学者、モンテーニュとは意外な接点があります。それは、彼らが子供の頃、母語よりもむしろ外国語の教育を受けたこと、そして旅を愛したことです。


 Snowdrop went to the retrospective exhibition of Ike-no-Taiga in May. This man wearing a ruff is not Taiga but Michel Eyquem de Montaigne who wrote Essais. Is he a reincarnation of Sei Shonagon or of Yoshida Kenkō (1284 – 1350)?
 Both Taiga and Michel received foreign education and loved traveling.


c0345705_20111852.jpg
「ローマの休日」のパンフレット、ゲーテ『イタリア紀行』、モンテーニュ『旅日記』(Journal de voyage par Montaigne)、「真実の口」の白ワイン(2014年撮影)


 モンテーニュは父の教育方針で、フランス語の話せない家庭教師からラテン語を習いました。大雅は3才頃より漢学や書法を学び、宇治にある中国寺、萬福寺にも出入りしていました。外国の文化にどっぷり浸かって育った幼児はどんな大人になるのでしょう。おそらくは、遠つ国を心のふるさとと慕う夢想家になるのでは…
 モンテーニュはラテン語の本場イタリアを旅し、『旅日記』の一部をイタリア語で書きました。一方、大雅は中国ではなく専ら日本を旅し、中国の画法を学びつつ広やかな風景画を描きました。その山水のなかには、しばしば自作の漢詩文がさまざまな書体で書きこまれています。


 Michel learnt Latin from his tutors who could not speak French according to his father's principal. Taiga learned Chinese classics and calligraphy before three years old and was praised by a priest of Manpuku-ji, Chinese-style temple in Kyoto. I wonder what such children will be like when they grow up. A dreamer who longs for a foreign country as his homeland ?
 Michel later traveled in Italy and kept a diary sometimes in Italian. Taiga traveled not in China but in Japan and painted beautiful landscapes sometimes in Chinese style. He often wrote his own Chinese poetry or prose in various forms of characters.


c0345705_20495817.jpg
「芳野山図」(大雅の作品の図版は展覧会図録『池大雅 天衣無縫の旅の画家』から引用)


 たとえば吉野山の絵にも漢詩が…!西行の和歌を思い浮かべながらも、自分が詩作すると漢詩になってしまうのですね!大雅は富士山、立山、白山、浅間山など、多くの霊山を踏破しました。書も絵もできる山男!

 While remembering Saigyo's waka, he composed a Chinese poem for his painting of Mount Yoshino ! 


c0345705_17004651.jpg


 これは「箕山瀑布」という自題と自賛を添えた滝の絵です。この「箕山」とは、大阪の「箕面山」のこと。大雅は滝の名をわざわざ漢語に直して隷書で記し、漢文の自賛を付したのです。   
 いっぽう、古代中国の「箕山」は、隠者の巣父(そうほ)や許由(きょゆう)が住んでいたという由緒ある山です。そんな「箕山」の名前を拝借して、大雅はにんまりしたことでしょう。あるいは、名勝の廬山に見立てたのかもしれません。
 風薫る五月、箕面へほんまもんの滝を見に行きました。大雅の滝は紅葉の秋の絵ですが、形はそっくり!

 Here is Waterfall at Mount Minoh (箕面山)painted and inscribed by Taiga. He called this Japanese mountain like Chinese one and inscribed in Chinese. He might have used this mountain to resemble Mount Ji(箕山) or Mount Lu(廬山) in China that he had not seen yet.
 Here is the waterfall at Mt. Minoh that snowdrop saw this May! Wow! Just like Taiga's painting !!


c0345705_15570866.jpg


 大雅のころに、モミジの天ぷらは無かったかもしれませんが…
 

 Were there tempra of maple leaves in the Edo period?


c0345705_16174269.jpg


「ももさへづり*やまと編」に出てくる楓(かえで)は架空の登場人物です。
父、五十嵐明(実在の画家)と二人して越後へ帰ってゆく彼女に…… ♬

For Kaede (maple) and her father ♬






朝の風薫る宿屋に客を待つ力車(ちからぐるま)の赤き天鵞絨(ビロード)


a rickshaw

waiting for a passenger

in a traditional inn

in the green morning wind

with the red velvet seat



c0345705_16194456.jpg

箕面の老舗旅館(5月)

人工の滝を縦長構図で…(7月)


Photo

(All Rights Reserved)


「北斎 阿弥陀ヶ滝」の画像検索結果

おまけ*Bonus
葛飾北斎「木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝」

Oku-Amida-ga-taki Falls by Hokusai

(google search)

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】







[PR]
c0345705_09241040.jpg


切手「星を見る女性」(太田聴雨)*stamp(ladies observing stars)

今日は旧暦の七夕ですね。

今月は金星のように大きな火星が見えています

According the lunar calendar, today is Star Festival of Altair and Vega.
This year we can observe the big Mars like Venus until September.





ポール・マッカートニー「金星と火星」


une nuit magnifique pour contempler cette voûte étoilée, le ciel était comme déchiré d’étoiles, nous avons une merveille au dessus de nos têtes Mo…


星々に引き裂かれたる大空よ 二人をわかつ天の河原よ


Le ciel comme déchiré d’étoiles

Voie lactée qui sépare Altair de Véga !



c0345705_21483847.jpg

朝の月(6月)


梅雨が明けたらお見せしようと思っていた、立葵の写真。
気がつけば、木槿や芙蓉の季節です。。。
いつもながらスローなsnowdrop!
白い月と、白い立葵。
立葵は花だけ見ると、白芙蓉そっくりです。
どちらもアオイ科。葉っぱや茎で見分けましょう。
芙蓉は英語で「綿のバラ」、綿の花(アオイ科)にも似ています。

The hollyhock with the moon in June (slow snowdrop!).
The hollyhock and the cotton rose are in the mallow family.
Their flowers are similar, but the leaves and stems are different.


c0345705_22003708.jpg





c0345705_13541358.jpg

































酔芙蓉をもとめて山科のお寺を訪ねたのは、一昨年の九月でした。

Snowdrop visited a temple in Kyoto to see the cotton roses in 2016.


c0345705_09583151.jpg


五輪塔に酔芙蓉(大乗寺)* cotton rose and five-ringed pagoda


『源氏物語』の柏木は光源氏の妻、女三宮を愛し、罪の意識に苛まれて病死しました。
女三宮を葵草にたとえ、神の許した挿頭(かざし、かんざし)の花ではないのに
罪を犯してしまった、と悔やみながら…

In the Tale of Genji, Kashiwagi, a young noble loved one of Hikaru-Genji's wives
and died with the sense of sin. He compared his forbidden lover to the hollyhock.


くやしくぞ つみおかしける あふひ草 神のゆるせる かざしならぬに 柏木


「柏木 源氏物語絵巻 」の画像検索結果
   病床の柏木*「源氏物語絵巻」徳川美術館HP
   Kashiwagi is ill in bed due to his tragic love.


立葵は不思議な花。お寺にも、洋館にも似合います。

フランスの画家が描いたパリの庭の立葵。
パリに憧れたいわさきちひろの栞を添えて。
そうそう、日本画家、鏑木清方が描いた横浜の庭も…

The hollyhock suits both Japanese temple and Western style house.


c0345705_09492642.jpg

















illustrated by Marthe Seguin‐Fontes, Iwasaki Chihiro (bookmark)



夏の日の西洋館をまもるごと門(かど)に並びしタチアオイの花

hollyhocks
standing in a queue
by the door or fence
of Western style houses
during the summer


a0332314_12200678.jpg

鏑木清方「築地川」* Tsukiji-gawa River by Kaburagi Kiyokata


おまけ * Bonus





(All Rights Reserved)


お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
















[PR]

c0345705_21434505.jpg

アンデルセンとヴァイキングの国より、ピーターラビットの村より(1990年代)

c0345705_06490787.jpg


むかし家に送りし旅の絵葉書をいまの私が読みふける夏

des cartes postales
que j' ai envoyé à ma famille
il y a vingt ans
je les lis cet été


c0345705_21401605.jpg


始まりは、青いポストカード ― つのる旅への憧れ。
海へゆきたしと思えど、海はあまりに暑し。せめて海の本を広げ、心は潮風に吹かれん…
『詩とメルヘン』は『赤い鳥』の系譜をひく抒情詩の雑誌です。

Des cartes postales par avion excitent mon aspiration...
Je voudrais aller à la mer, mais il fait chaud trop au bord de la mer.
Poème et Märchen est un magazine qui respecte
Oiseau Rouge.


c0345705_08352987.jpg


ミスターフォックス、今朝の新聞には何が書いてありますか?えっ?
日本の雑誌『赤い鳥』が今年7月に創刊100周年を迎えたって?

Mr. Fox, what are you reading on today's paper? Oh!
Japanese magazine Red Bird was published in July 100 years ago?


c0345705_09043035.jpg





「手袋を買いに 黒井健」の画像検索結果
(google search)
c0345705_08375759.jpg


ミスター・フォックスがしょっているのは、ジギタリスの花。
ジギタリスはラテン語の「指(ディジトゥス)」に由来します。
英名は「フォックス・グローブ」、和名は「狐の手袋」。同じですね!

Mr. Fox is surrounded by the digitalis.
The digitalis derives from a Latin word, "digitus (finger)" .
It is called "Fox glove (kitsune-no-tebukuro)"
both in English and in Japanese.


c0345705_08352987.jpg


新美南吉記念館では、「赤い鳥がくれたもの」という展覧会が開かれているとか。
新美南吉といえば、『ごんぎつね』、それに『手ぶくろを買いに』ですね。
童話 ⇔ 新美南吉 ⇔ 狐の手袋 ⇔ ジギタリス ⇔ ミスター・フォックス ⇔ 絵本
今日もsnowdropの連想ゲームにおつき合いくださり、ありがとうございます。

Nimi Nankichi, a writer from Red Bird,
wrote a story on a fox going to the town to buy a pair of gloves.
c.f. Illustration next to Mr. Fox


c0345705_21013541.jpg



何いろの手ぶくろ買ひにこぎつねはひとりぼつちで山を下りけむ

Quel couleur de moufles
un renardeau voulait?
il descendit du montagne
tout seul
sans sa mère



c0345705_09062216.jpg


ピーターラビットとママとジギタリス
Peter Rabbit, sa mère et des digitalis
(google search)

「digitalis peter rabbit」の画像検索結果

🐇 🐇 🐇 🐇 🐇

voici des petits lapins♡

(All Rights Reserved)














[PR]
c0345705_18063885.jpg



今年もゆくあてのない夏帽子…
日曜の朝、新聞をひらいたら、夢二の絵が目に飛び込んできました。
いぜん岡山に泊まった時、夢二郷土美術館に寄りたかったのですが…
ちょうど降り始めた雨に、まっすぐ帰るよう宿の人に勧められました。
岡山の雨はきっとあの頃も激しく降ったのでしょうね。。。
頂き物の「竹久夢二本舗敷島堂」の涼菓、今日はどれにしましょうか。

My straw hat without destination this summer also…
Let's read today's paper including an article on Takehisa Yumeji.
Today's dessert is gelées assorties (Yumeji Hon-po Sikishima-do). 
(written on Sunday)

f0374041_11090504.jpg



夏の宵、ミントの羽飾りをさしたスライスレモンの夏帽子をかぶって
ゼリー嬢は誰を待つのでしょう。デラウェアのブーケをかかえて…
彼女のそばで咲いているのは、レモンいろの待宵草。

In the summer evening, wearing a summer hat of a slice lemon with mint leaves,
with a bouquet of grapes, who are you waiting for, Mademoiselle Gelée ?
Oenothera stricta, lemon yellow flowers are in bloom by your side.



f0374041_05464350.jpg


竹久夢二は「宵待草」の作者として知られます。
待宵草のまちがいでしょうか?
いいえ、夢二は「宵待草」というひびきを愛して、造語したのだと思います。







ニュー・ピオーネのゼリーは紫陽花のお帽子に。

This jelly is like a cloche of a hydrangea.


c0345705_18215619.jpg
「高畠華宵 帽子」の画像検索結果
(google search)


はじめての一人旅は二十歳の夏 倉敷の橋 アイビースクエア

the destination of
my first secret solitary journey
was Kurashiki, Okayama
in the summer when I was twenty
Nakabashi Bridge, Ivy Square Hotel



あのころはカメラを持たず、目に焼きつける旅でした。
「カメラ女子ならぬ目玉焼きガール」◎◎

Snowdrop used to travel without her camera
so as to remember well what she saw…



「エルグレコ 倉敷 」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)


お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
おすすめ夏レシピ&お出かけ夏グルメ【PR】











[PR]