タグ:Livre*book(本) ( 61 ) タグの人気記事

c0345705_09405469.jpg


相似形のような欅(けやき)若葉*Zelkova serrata



姉さまの真似つこしてるのやうな葉つぱのあさきくれなゐ

comme une petite sœur
imitant sa grande sœur
un brin de feuilles roses est mignon


c0345705_09584616.jpg


夏日になると、外出がおっくうになります。snowdropは冬生まれなので…。
1970年代に父の友人が設計してくれた我が家は昭和モダンのおうち。
ダイニング(サンルーム)のガラス窓が、Π 字形に並んでいます(写真は 部分)。
今年はたと気づきました。この扉って、フランス窓?!子供のころからの憧れの…
知らなんだ!!

Snowdrop reste chez lui parce qu' il fait trente degrés.
Le dessinateur de sa maison (1970s) est un ami de son père.
Sa famille aime le solarium avec des fenêtres à la française.


c0345705_10301106.jpg

Lettres de la Fenêtre à la française (manga en 1970s)
Toujour Chopin dans ma Poche (1980s) , Barcarolle de Chopin



大事なことはみんな少女漫画から教わりました。音楽、バレエ、美術、歴史、etc.
まあ、秋風先生、菱本秘書とうふふしています♡ 締切りは大丈夫なんですか?
まるでモネの絵のような、大堰川(嵐山)風景…

Ce qui est important, elle l’ a rencontré dans manga!
e.g. la musique. le ballet. l' art, l' hisoire, etc.
Elle trouve dans cette scène de la Oui, Arashiyama,
un portrait d' un dessinateur () et une des toiles de Monet.
https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/cast/akikaze_haori.html

c0345705_09304502.jpg



モネの「舟遊び」をショパンの「舟歌」にのせて… ♪ Barcarolle by Chopin



「tazzio venice piano pinterest」の画像検索結果「半分青い タジオ クロッキー」の画像検索結果

左が元祖タジオ(タッツィオ)(映画「ヴェニスに死す」*トーマス・マン原作)
右は朝ドラ「半分、青い。」より(google search)より正人がタジオっぽい…?

Tazzio is a nickname of the heroine's boy friend the above manga artist gave.




映画「ヴェニスに死す(Der Tod in Venedig)」の秋風羽織(アキカゼハオリ)、いえ、アッシェンバッハです。
音楽はマーラーの「アダージェット」、
若き妻への恋文にして亡き母への手紙ともいえる名曲… 名画の映像とともにどうぞ。お時間が許せば…

Adagietto by G. Mahler is a love letter to his young wife and a letter to his mother in Heaven.


c0345705_11580514.jpg

おまけ*ヴェニス(1999年)*Bonus*Die Freude in Venedig von snowdrop

フランス窓からドイツ作家原作のイタリア映画へ、そしてヴェネツィアへ…脱線してすみません。

(All Rights Reserved)



新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】





[PR]
c0345705_07055740.jpg


ドライブを終らせたのは俄か雨それとも戸惑ふ僕らの心 さねかた


C' a été l' averse qui fit finir notre randonnée en voiture
ou nos coeurs
embarrassés ?



雨は降る降る、色あひ深く花房長く咲きたる藤のごとく… 清子
(恋文ペン字)


c0345705_08492988.jpg

この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。



ごめんなさい。本当は知っているのよ。貴方が社長の息子の帽子を素っ飛ばした訳。中宮女史にカノジョを取られて、まるでプルーストの小説だ!ってからかわれたんでしょう?(注*プルースト『失われた時を求めて』では、主人公の男性が、彼女とその女友達との仲に嫉妬する)
 …それに、あの日、真っ赤なポルシェを恥ずかしがってごめんなさい。分かっていたの。私を元気づけたかったのよね。 あんなベタな車、貴方の洗練された美意識とは真逆(まぎゃく)だもの…
 あの頃の私、ちょっと辛かったのよ。中宮編集長を助けてさしあげたいのに力が足らない。ちっぽけな私にとって、未来という時間は藤房のように長すぎて、どう生きたらいいか分からなくなって…

 
Pardonne-moi,
à vrai dire, je sais la raison de ta colère
le fils du general dit “Qui vous a piqué votre petite amie, la rédactrice en chef, ou la France? Vous êtes comme les personnages de RTP, le héros, Albertine et une amoureuse (!) d’ Albertine

Pardonne-moi, je ne devais pas être gêné du Porsche rouge ! Je savais
tu voulais m’ encourager. Ce cabriolet est exactement opposé à ton sens esthétique raffiné !

J’ étais dans une situation dure
Je me sentais si impuissante pour aider Mme Nakamiya. L’ avenir me semblait trop long comme la grappe de glycine.



c0345705_09553651.jpg

白藤紫藤が同時に…


 

そうそう、メイルに添付してくれていた、街角の藤の写真をありがとう。覚えてる?車から降りて、野原でカメラを構える貴方に、私が意地悪を言ったこと。貴方はいつもきれいな所ばかり切り取る。その場の空気が伝わってこない、取り澄ました写真ばかり。世界ってそんな薄っぺらいものじゃないわ。…

ごめんなさい。貴方に濁ったものが見えていなかった訳じゃないのに。貴方はいつもきれいなものだけ選り分けて私に届けようとしていた。私を守ろうとしてくれていた…


Quant à glycine, merci de ton photo annexe des glycines dans ta ville. Tu te souviens? Je te dit mal quand tu prenais des photos dans la prairie. ― Tu prends toujours quelque chose de beau seulement. On ne peut pas sentir l’ atmosphere des lieux par tes photos. Le monde n’ est pas si beau comme ça !

Pardonne-moi, tu voyais quelque chose de sale aussi. Tu essayais de m’ offrir quelque chose de beau seulement, de me protéger



c0345705_14200516.jpg


大丈夫。いま私はここで一人で立っています。編集長の急死を潮に雑誌の世界からは離れたけれど、アート翻訳の仕事が軌道に乗りましたし。…日本へ帰らないのかって?そうね、帰る日も来るかもしれませんね。でも、いまはここでの毎日が楽しくって!
 目に映る、耳に響く、肌で感じる季節のうつろい。ゆかしい街の佇まい。さまざまな人間の営み…日本人の私だからこそ、鮮明に見えてくるものがあるのよ。

Ne t’ inquiéte pas. Maintenant je suis deboute ici, toute seule. Bien que la mort subite de Mme Nakamiya m’ ait éloigné du monde de la revue, j’ ai commencé la traduction dans le domaine de l'artMon retour au Japon? oui,peut-êtreun jour, mais maintenant je suis heureuse ici!
La saison je savoure par mes cinq sens, les amis, mon compagnon chien, une cathédrale en forme de chat
. Il y a quelque chose que une japonaise seule peut trouver ici.


c0345705_09531839.jpg
散りシャクナゲ(室生寺、4月下旬)* rhodos tombés, Murou-ji


 プルーストのリンゴの花、サンザシの花はもちろん、日本を想わせる藤も、石楠花も、姫踊子草も咲くの。花は海を越えて東洋と西洋を結んでいるのよ…
 驚かないでね、私、畑の野菜で七草粥を炊くし、桜餅もこさえるの。日本にいた時は忙しくて、節句にまで気が回らなかったのに。いま、野の花を一針、一針刺繍していると、あの日の草原の風が吹いてくるよう…。

Non seulement l’ aubépine et pommier de Proust mais aussi le paulownia, rhodos, lamier pourpre, etc. ils fleurissent ici comme au JaponLes fleurs nous unissent à travers le monde.

Je cuisine osechi-ryori à la main, brode, et tricote. En brodant des fleurs sauvages sur un mouchoir, je sens le vent vert de la campagne en ce cabriolet.



c0345705_07045189.jpg
「牛車」の画像検索結果
真っ赤な牛車*Porsche in the Heian period (google search)



そうだ、実方さん。時間を作ってフランスへいらっしゃい。私の好きな北原白秋にならって、ココアをお出ししますから。そういえば、今年は雑誌「赤い鳥」百周年…童謡が生まれて
100年になるのね。


Viens en France un jour! Je te servirai une tasse de cocoa, d’ après KITAHARA Hakushu que j’ aime. Le 2018 marque le 100e anniversaire de
la publication de L’ Oiseau Rouge !!





ココアショップ「アカイトリ」は、2018年2月28日に閉店しました。

Cocoa shop Red Bird was closed on February 28th, 2018.

(All Rights Reserved)



新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】



[PR]

f0374041_09280025.jpg

雑誌「マリー・クレール * Marie Claire 」と香水瓶とネクタイ
この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。



実方さん、メールをどうもありがとう。よく分かりましたね。私のブログだと…。早いもので、こちらで暮らすようになってもう十年が過ぎました。お察しのとおり、私はフランスで詩を学び始めました。でも、勉強のためだけにこちらに移り住んだわけではありません。私はそんなに勤勉じゃないから…。


覚えておられますか。私が参加していたアート雑誌「あけぼの」の編集長、中宮定子(なかみやさだこ)さんのこと。彼女、ライバル誌「パープル」に読者を奪われ、数回のリニューアルも空しくとうとう休刊に追い込まれて…本場、フランスで巻き返すことにしたんです。それで私も一緒に…。貴方とドライブしたのは、雑誌の売り上げがじりじり落ち始めた頃でした。


Merci de votre mail. Vous avez bien trouvé mon blogue! Cela fait presque dix ans que j’ habite ici. Comme vous supposez, j’ ai commencé à apprendre la poésie européenne en France. Mais ce n'est pas la unique raison de mon emménagement

Vous souvenez-vous de NAKAMIYA Sadako (中宮定子), la rédactrice en chef de l’arts magazine Aurore que je rédigeais? Notre magazine se fit enlever une partie des lecteurs par un autre,Violet, et enfin suspendit sa publication malgré quelques reprises. Elle essaya à passer à la contre-attaque de Paris, un pays de l’ art, avec moi. Notre magazine avait déjà commencé à decliner avant le jour de notre randonnée en voiture



c0345705_15034897.jpg


父の帽子、
「マリー・クレール」の帽子 * chapeau de mon père



 そういえば、貴方も都落ちしておられたのね。ゴルフ中に社長の息子に何か言われてカッとして、帽子を跳ね飛ばしてしまったんですって?貴方はプライドが高いから…なぜそんなことまで知っているかとお思い?21世紀はネット時代ですよ。目立つ噂はSNSで瞬時に海の向こうまで届くものなの。

でも、よかったですね。平安のむかし都から遠く左遷され、そこで客死した藤原実方や道真公とは違って、貴方はまた地元に戻れて…そして、リラの花を見て思い出したのね、私たちのこと…


On disait que vous vous exiliez en province. Pendant le golf, sous le coup de la colère, vous avait renversé le chapeau d’ un fils du general de votre entreprise. Vous êtes toujours fierLe temps de SNS m’ a donné ce bruit au loin.

Mais tant mieux! Vous êtes retourné à la difference de Fujiwara no Sanekata ou Sugawara no Michizane qui mourut en province. Et des lilas, ils vous ont rappelé de mon parfum



c0345705_14542412.jpg


私の綴ったものをエセーと呼んでくれるのなら、貴方はパンセを書くといいのに。パスカルの『パンセ』風?それともレヴィ₌ストロースの『野生の思考(パンセ)』風?フランス語の「パンセ」には、(花の)パンジーという意味もあるんだ、と貴方はウィンクしましたっけ…
 それとも、ひょっとして、短歌を作っていたりして。見ちゃったのよ。貴方が若草色の手帖に緑のペンで走り書きしていた歌…


Si vous appelez mon écrit essai, vous pouvez écrire vos pensées ! A la manière de Pascal ou de Lévi-Strauss.
“La pensée signifie l’ idée, et la fleur.” Je me souviens de ton mots et ton clin d’ œil ! Ou tu peut-être écris tanka? Je l’ ai vu ! Sur un carnet vert clair…:


Quand le vent passe sur une prairie verte, le monde est devenu un cabriolet.


薫風が野辺の緑をわたるとき

世界は一つのオープンカーになる


(フォント「恋文ペン字」)


「野生の思考」の画像検索結果


c0345705_20532607.jpg


ごめんなさい。私、本当は知っているのよ。貴方が左遷された訳を…。


Pardonne-moi, à vrai dire, je sais la raison de ton exil


c0345705_09573419.jpg

手を合わせているようなリラ

(つづく*To be continued)

(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】


 



[PR]


♪山口百恵「プレイバックPart2」


()()

五色月(いついろづき)いろさまざまな躑躅(つつじ)君へ贈らん花箱として



c0345705_16063854.jpg


この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。


私は改めて一つ目のブログを開いてみました。いや、清子さんはやはり日本語で綴ったに違いない…このエセーは「草の匂い 雨の匂い」というタイトルから始まる…

 
J’ ai lu le blogue en japonais encore une fois. Malgré tout, Seiko doit avoir écrit celui-ci parce que cet essai commence par "L’ odeur d’ herbe, l’ odeur de la pluie."


c0345705_12023438.jpg


 覚えていますか。私たちがドライブした五月のあの日。オープンカーをレンタルして、萌黄色のネクタイを締めて、朝まだき貴女を迎えに行ったら…

「まあ、実方さん。まるでプレイバックPart2じゃない!いやよ、わたし。悪目立ちするの…」
「大丈夫。暗いうちに町を抜けて、誰もいない草原へ行って、屋根を開けて、風を感じるんだ。きっと気が晴れるよ」
 清子さん、あのころ貴女はあまり元気がなかった。それでも、いざ車に乗り、日が昇り、タンポポ咲く野原へ出ると、貴女のはしゃぎっぷりったらなかった!


Tu te souviens? Le jour du moi de mais quand nous avons fait une randonnée en voiture. Au petit matin je portait une cravate verte claire et te pris en voiture, Porsche Cabriolet. Tu crias.

“ Mais non, Sanekata! Comme les paroles du chanson Playback Part2 !() Tout le monde nous regarderont! ” 

“Pas de problème, nous passons la ville avant le jour et arriverons une prairie déserte. Le vent vert te distraira en cabriolet.”

Seiko, tu étais déprimée en ce temps-là. Cependant tu as commencé à crier joyeusement dans la prairie.



c0345705_11425620.jpg


Les Promenades de Marcel Proust 
de Nadine Beauthéac

真っ赤なポルシェ?a scarlet Porsche running through the green field(paroles)


「まあ、実方さん!なんて、青空!なんて、草の匂い!」

 朝じめりの残ったヨモギやタンポポの葉を車輪が轢いて、青臭い匂いが立ちのぼってきたのです。
「あら、草が車の中へ入ってきたわ、それっ、ああ、取れない…」
 そういえば、清少納言は牛車で山里にあそび、車輪に押しひしがれた蓬の葉が間近にうちかかるさまを『枕草子』第223段に生き生きと綴っていましたっけ…


“ Superbe, Sanekata! Le ciel bleu!! L’ odeur de herbe!!! ” 

L’ odeur montait des feuilles d’ estragon et de pissenlit, humides de rosée et écrasées par roues.

“ Tiens, un brin entre dans la voiturehop! ― zut, je ne peux pas l’atteindre

Comme un des notes par Sei Shonagon! (n. 223)



c0345705_14181594.jpg

♪ドビュッシー「音と香りは夕べの大気にめぐりくる」
♪ Debussy
Les sons et les parfums tournent dans l'air du soir



 湖のほとりで車を降り、古びた木のベンチに並んで座って、目と目が合った時、ふと風がやみました。小鳥の声も遠ざかりました。先ほどから広がっていた雲がすべての音を吸い取ってゆくようです。と、草の匂いにまじって、かすかな香りが…
「香水、つけるようになったの?」

「ええ。旅先で見つけたの。」

「パリ?」

「そう。サン・ルイ島のイギリス化粧品のお店で…」

「ひんやりしてて、清らかで、甘美で……雨上がりのリラの薫りだ」

「ふたたび見出された庭、という名前なの」
「まるでプルーストだね」

 それから、リラは二人にとって特別な花になりました。

Nous descendîme de la voiture au bord d' un lac et assîme sur un vieux banc. Nos yeux se rencontrèrent. Le vent tomba. Le gazouillement cessa. Le ciel est déjà couvert de nuage qui absorbait tous les sons. Alors un parfum léger se mêlait à l’ odeur de herbe

“ Tu as commencé à se parfumer?

“ Ouije l’ai trouvé pendant mon voyage”

“ À Paris? ”

“ Dans un magasin de produits de beauté de l' île Saint-Louis”

“ Frais, pur, suavecomme un parfum de lilas après la pluie ”

“ Il s’ appelle Jardin retrouvé. ”

“ Comme le monde de M. Proust! ”

Depuis le jour, le lilas est devenu notre fleur.



c0345705_11583341.jpg


「清子の返信メイル ― 平成枕草子3」(5月11日)へつづく

(To be continued)
(All Rights Reserved)
   新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】








[PR]
c0345705_10055458.jpg


この歌物語は幾つかのブログからインスピレーションを貰って綴ったフィクションです。

Ce tanka (haiku)- récit est une fiction inspirée par quelques blogues de mes blogue-amies en France.



これまでのお話。読まなくても楽しめると思います。(2017年5月3日)


 まるで北国の春…どんどんと咲き継ぐ桜、桃、蘇芳、山吹、藤、躑躅(ツツジ)…平安の昔ではありません。平成三十年の春、私が貴女に手紙を出してから一年後の春です。去年の手紙は宛先不明で帰ってきてしまいました。リラは花が散ると枯れ木のようになり、根づかなかったのだ、と私は唇をかみました。
 ところが、桜が一気に開花した四月上旬、私は、あの公園でふたたび出会ったのです。陽光をあびて咲きほこるリラの花に…。

Comme le printemps du pays du nordoù des fleurs variées sont en fleurs presque en même temps. Pas de celui de l' époque de Heian, mais de Heisei, 2018, l’ année suivante du premier lilas dans un jardin de ma ville. La lettre je t’ avait envoyé est retourné : “destinataire inconnu à l' adresse indiquée”. Des lilas sont devenus comme des arbres mortsils n' ont pas raciné, tant pis! Mais au début d’ avril, j’ ai retrouvé des lilas en fleurs, dans le soleil cette fois !!


c0345705_11175377.jpg



 リラは五月の花ではなかったか。帰宅した私は、四月から五月にかけて咲く花をネットで検索してみました。そしたら、フランスに住む日本人女性のブログが出てきたのです。「春は、夕空」「春は、幸せ」― 何てなつかしい文体のエセー…
 これは清少納言の生まれ変わり、清子さんの文章ではないでしょうか。清子さん、貴女はフランスへ渡っていたのですか。


La floraison du lilas est le mois de mai, ou avirl ? J’ai navigué sur Internet, où j’ ai trouv
é un blogue par une japonaise qui habite en France. Il a été un essai du style de Notes de chevet de Sei Shonagon. Par example, "Au printemps, c’est le crépuscule que je préfère."
Seiko, une réincarnation de Sei Shonagon, écrit cet essai ? Seiko, tu es en France maintenant ?



Merci beaucoup, echalote-san!

 手紙を書き直そう。フランスへ、エアメイルを出すべきだったんだ。私は机に向かい、薄い便箋を広げ、万年筆を握ってはたと気づきました。ブログでは住所がわからないじゃないか!
 私はメイルを書き始めました。ノートパソコンを膝に置いて、公園のベンチで…

Je dois écrire à nouveau. J’ aurais dû envoyer ma lettre par avion! Quand j’ ai tenu mon stylo, je me suis aperçu mon erreur. Le blogue est sans domicile actuel ! J’ai commençé à écrire un e-mail, mon ordinateur portable sur mes genoux, sur un banc dans le jardin.


c0345705_11221294.jpg


 ここからは藤のほかに、花水木も見えます。公園の小さな舞台にゆれる白い花…清子さん、貴女が日本の詩歌とフランス詩を交互に朗読したのも、こんな野外の舞台でしたね。

 白いドレス姿の貴女は、ほっそりとした花水木そっくりでした。その白い花がすべて上を向いているように、貴女も胸を張り、夕べの空へ届けとばかりに高らかに朗誦しました。
 詩歌は声に出してうたってこそ、言霊が宿るのよ、貴女はそう語ったものです。

On voit d' ici les lilas et un cornouiller à fleurs, des fleurs blanches sur une petite scène de verdure. Tu déclama des haïku, waka et poèmes français sur une scène comme ça. ― Luth, compagnon de ma calamités (celui que snowdrop déclama en classe)

Tu as été un cornouiller dans la soirée! Tu regardais en haut comme une fleur de cornouiller et lisais à haute voix vers le ciel. Selon toi, le mot déclamé a kotodama (mot-âme).



c0345705_11240146.jpg



天仰ぐ 花ばかりなり 花水木

ten aogu hana bakari nari hanamizuki
vers le ciel bleu
regardant en haut tous les fleurs
d' un cornouiller à fleurs


c0345705_16334053.jpg



 じつは私は遅筆です。数日もたつと、ついつい推敲したくなって…(わが前世の藤原実方のDNAはずいぶん弱まってしまったらしい)。ようやくメイルの下書きを綴り終えた頃、私はもう一つのブログを見つけました。それは何とフランス語の『枕草子Notes de chevet)』!

  清子さん、貴女は日本語もフランス語も同じくらい愛していました。どちらのエセーが貴女のものであってもおかしくありません。姫林檎の咲く窓辺と、躑躅の咲く庭と、そのどちらに貴女はいるのでしょうか。

Quelque semaines après, quand j’ ai fini d’ écrire une lettre, j’ ai trouvé un autre blogue en français, dont le title est Notes de chevet !! Seiko, tu aimais japonais et français. Il est possible que tu écrives celui-ci en japonais ou celui-là en français. Où es tu, près une fenêtre avec un pommier à feuilles de prunier ou dans un jardin d’azalée chinoise et japonaise ?


c0345705_11402644.jpg

もう一つのフランスのブログから図版をお借りしました
http://doudou.gheerbrant.com/?p=24462
un des images du blogue, Notes de Chevet*Merci beaucoup, grillon!

(明日へつづく)
(To be continued)


(All Rights Reserved)





[PR]



 シューマン「蝶々」


c0345705_09165241.jpg



 虫たちが目覚める啓蟄(けいちつ)のころ読んだ、もうひとつの「語られぬことば」のものがたり。主人公の一人、拓人は幼稚園児。言葉を身に着けるのが遅くて、人間よりもむしろ小さな生き物たちとよく話せる。


「(また?)チョウチョのこえがきこえた。(…)すう、すう、すう、というすきとおったけはいもした。ちいさいけれどかんぺきにじゅうそくし、あんしんしきったけはいだ。しだいにつよまり、あっとうてきになる(…)どこかちかく、いまにもふれそうなばしょに、すう、すう、すうがいる」
「たくとはただうけとめる。めやみみやはなよりもむしろ、はだのけあなやかみのけをつかって。(…)あつい、とか、たのしい、とか、(…)ねむい、とか、(…)どこかへいくとちゅう、とか、ここにいる、とか、あちこちでなにかがゆれたりおちたりうごいたりせいししたりしていて、たくとにはそのぜんぶがいっぺんにわかるのに、わかるのはあたりまえだから、わかるというかんじがしない。(…)」
― 江國香織『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』



An another book on the words that are not spoken…Takuto is a kindergartener who is slow to learn Japanese and good to communicate with insects and small animals. He perceives with his hairs or pores rather than with five senses the presence of such creatures ― "sou sou", " mou mou", "ni ni" , etc. He understands the feeling of creatures, "hot", "sleepy", "content", " on the way to somewhere", "here I am" , etc.


c0345705_11043318.jpg


 本当のことが言えずに表面をつくろう言葉でやりとりする大人は、言葉以前のことばを忘れてしまった。あるいは、封印してしまった。拓人の両親、奈緒と耕作の言葉は、哀しみを隠すための優しい暗号のよう。
 墓石の向こうへ胸の中で呼びかける霊園の管理人や、かつての恋人と心のなかで対話する老女だけが、拓人のことばの近くにいる。


 「奈緒は料理をすこしずつならべる。グラスに氷を入れ、水と焼酎で満たす。
『お。いいぞ、名画だ。風が描けてる』
 拓人の差しだした”自画像”を手にとって、耕作はほめた。(…)
 ごはん、どこでたべてきたの?
 奈緒は、そう訊くことができない。簡単な言葉なのに、どうしても口からだすことができない。
『自画像なんですって』
 かわりに奈緒はそう言う。
『私も草原かと思ったんだけど』
と、ちょっと笑って。」― 『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』

 
Though adults use Japanese, they rarely express their real intention. They have forgotten or sealed "down" the "archetypal language" (my coinage inspired by Goethe's Urpflanze ) like Takuto's "sou sou". Sometimes they use language like the code to conceal their sadness, jealousy, anger, love, etc. … how gentle their code!

Only a cemetery caretaker who speaks silently to the dead beyond gravestones, an old lady to her ex-lover in the distance, they sense Takuto's communication ablility in untold words.



c0345705_17214176.jpg
三室戸寺(2016年4月)


アリちょうちょトカゲはいつもそばにいた
ツツジの香り ハチの羽音
 


fourmis, papillons, lézards

ils sont toujours près de moi

depuis mon enfance

fragrance des rhododendrons

bourdonnement des abeilles


朝明(あさあけ)のうすくれなゐを待ちかねて ひらきそめたり
あけぼの躑躅


des rhododendrons

nommés l’ aurore

ne pouvaient pas

attendre le corail d’ aurore

et se sont ouvertes aujourd’hui


bébé escargot ! *
かたつむりの赤さん!(今朝)

a0332314_17314610.jpg



 同じ作家に、きれいな本がある。作家の好きな曇りの日、サインをもらいに、大阪まで出かけた。萌黄いろのノースリーブを着た彼女は、銀鼠色のインクでやわらかな文字をしるし、そっと薄紙を挟んでくれた。インクがにじんでしまわないように。
 西暦2000年。あの頃は、旅日記以外の何かを自分が書くなんて、思ってもみなかった。

The same author, EKUNI Kaori had published a beautiful book (below fig.). Ona cloudy day she likes, I went to a bookshop in Osaka to get her signature on my book. She wore a fresh green sleeveless dress. She signed in silver gray ink and inserted a thin paper to prevent an ink splotch. I never imagined I would begin to write something (except travel diary) then, A.D. 2000.


c0345705_14581754.jpg


てふてふの かたちに伏せた 本の背に ひらりとおりた げんげの しおり
sur un livre
retourné en forme de papillon
tombé
un signet d' Astragalus sinicus
à la main



おつき合いくださったあなたに… Bonus(2016)

c0345705_15350531.jpg



お洒落なあなたに… Do you find butterflies in the furi-sode ?

a0332314_09124648.jpg

  右の乙女の振袖に蝶々が… 鏑木清方「嫁ぐ人」(部分)『鏑木清方』朝日新聞社

  (All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_10034732.jpg

十二単の袖のような「桜衣」とうぐいす餅を枝垂れ桜のお皿にのせて…
crêpes en forme de manches de kimono pour hana-mi et un rossignol-mochi


今年もわが村のうぐいすは訛っています。ライバルがいないからでしょうか。
Un rossignol chez nous chante mal cette année aussi. C'est parce qu' il n'a pas de rival?



ホーホケケキョうつとりなまる(うぐひす)(ひな)(をのこ)の恋うたのやう


c0345705_13540503.jpg
Peter Motzという画家のカレンダー。左には林檎の花とガチョウ、右には姫踊子草が…
pommiers, trois oies, lamier pourpre ("petite danseuse" en japonais) par Peter Motz



「桜衣」を食べていると、杉田久女の「花衣」の俳句を思い出しました。
着付にはたくさんの紐を使います。お花見の晴れ着なら、なおさら…


花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ  杉田久女

kimono pour hana-mi
en se déshabillant s’accrochent
des cordons variés

haïku de SUGITA Hisa-jo, traduction de snowdrop



c0345705_08593670.jpg

色とりどりの紐のような枝垂れ桜(京都府立植物園)
cerisier pleureurs comme des cordons (Kyoto Botanical Garden)


うきよには留めおかじと春風の散らすは花を惜むなりけり 
西行



「浮世に留めおきはしない、と春風が桜を散らすのは、愛しているからだよ…」
と西行は歌いました。もしsnowdropが桜だったら、次の歌を返したことでしょう。

Un waka de Saigyo dit :
Le vent printanier disperse les pétales
pour que des fleurs de cerisier ne restent pas dans ce monde triste,
c'est parce qu' il aime ce cerisier…

Si snowdrop était le cerisier, elle lui aurait répondu par sa tanka…


c0345705_08521265.jpg

雨情枝垂れと仏の座(同植物園)
cerisier pleurer et lamier amplexicaule (siège de Bouddha)


しだれ桜に代はりて
春風よわれを(さら)へよ心あらば 嵐のかたちに咲きたる花を snowdrop

en place du cerisier pleurer

vent printanier,
enleve-moi,

si tu sais l’ amour,

disperse mes fleurs

en forme d’ ouragan


c0345705_09131253.jpg

京都府立植物園の紅枝垂れ(上)とパリの植物園の白妙桜(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanical Garden*Beni-sidare’(pink weeping cherry(upper f.)
Jardin des Plantes de Paris * Groupe Sato-zakura 'Shirotae' (lower f.)

c0345705_09122947.jpg

まるで おっきい盆栽!*bonsai gigantesque ?!
(HP de Jardin des Plantes, Paris)


パリの植物園も、ロンドンの植物園も、まだ訪ねたことがありません。
皆さんとご一緒にエア花見を…

Snowdrop n'a pas visité ni Jardin du museum d'histoire naturelle ni Kew Gardens.
Amuzons-nous ensemble hana-mi par internet !


c0345705_09255513.jpg

京都府立植物園(上)とロンドンのキューガーデン(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanial Gardenupper figure
Kew Gardens, London(lower figure


小雨でもまめに傘さす国びとは小さき桜もまめに目を留む

Japanese people 
that put up an umbrella
even in the thin rain
notice and appreciate
even a thin cherry tree


c0345705_09234657.jpg

(HP of Kew Gardens, London)

All Rights Reserved

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR





[PR]

c0345705_11053109.jpg
京都府立植物園で見かけた子供たち(3月下旬)*Kyoto Botanical Garden (March)


川端康成の『古都』には、主人公の千重子が両親と京都府立植物園を歩く場面があります。

「噴水の右を進んで、つきあたると、左へ行けば、子どもの遊び場などらしい。(…)三人は、木かげを右へ折れた。思いがけなく、チュウリップの畑におりた。千重子は声をあげたほど、みごとな花盛りであった。(…)『ふうん、これでは、新しいきものに、チュウリップを使うはずやな。あほなと思うてたけど…。』と、太吉郎もため息をついた。
 ひまらや杉の若芽の下枝が、孔雀の尾をひろげたようだとするなら、ここに咲き満ちる、いく色ものチュウリップは、なににたとえたものだろうか(…)」― 川端康成『古都』(以下同)

千重子の父、太吉郎は京呉服問屋の主人です。着物のデザインも手がける彼は、チュウリップのモダンな美しさに複雑な思いを抱きます。ときは1961年、連合軍に接収されていた植物園が12年ぶりに再開された年でした。


c0345705_11022660.jpg


The Old Capital by KAWABATA Yasunari (1899-1972) has the scene where the heroine Chieko takes a walk with her parents in Kyoto Botanical Garden. Takichiro, her father, is the master of a kimono fabric shop in Kyoto and kimono designer. He is inspired by the tulips in this garden as well as his daughter's books of paintings by Paul Klee, Marc Chagall, etc. In fact, he does not entirely admire the simple beauty of this flower as a motif of kimono's design. This novel is set in 1961 when the botanical garden was reopened after twelve-year requisition by Allies of World War II.


c0345705_11494282.jpg
ひまらや杉でもなく、北山杉でもない、レバノン杉です*not Himalayan but Lebanon cedar


snowdropが植物園を訪ねた日、ちょうど「アメリカ」という名の桜が花盛りでした。戦後の古き都で、新しい美を模索する太吉郎。彼は、千重子からもらった「クレエ」(パウル・クレー)の画集や、チュウリップの色彩からインスピレーションを得るのです。平成のいま読み返すと、カタカナの使い方も時代を感じさせます。

Takichiro considers what the tulip should be compared to if the Himalayan cedar's branches are to the peacock's tale.
When snowdrop visited the botanical garden, the cherry trees named "America" were in full bloom.


c0345705_11244126.jpg
アメリカ」と木瓜

「アメリカ」は日本から北米に渡った染井吉野が品種改良され、日本へ里帰りした品種です。

"America" is a variety that was bred in North America and returned to Japan.


Japanese quince and ”America”
c0345705_11251228.jpg


京都府立植物園は、日本最初の公立の植物園です(大正13年、1924年開園)。この場面に先立って、千重子が友人と訪ねた平安神宮は、明治の社でした。温室や噴水のある洋風の植物園と純和風の神社…正反対のようでいて、どちらにも、外国を強く意識した近代日本の意気込みが感じられます。明治、大正、昭和、そして平成…日本はつねに新しい日本の在り方を模索してきました。

「三人はがらすごしに、熱帯植物の群れをのぞいただけで、なかには入らなかった。短い時間の散歩なのである。」―『古都』


c0345705_14213395.jpg
三人がスルーした温室には、睡蓮(ブルー・ロータス)が…
"blue lotus" in the green house that Chieko's family passed through


Kyoto Botanical Garden is the first public botanical garden in Japan founded in the Taisho period, 1924. Heian Shrine, which the heroine visited with her childhood friend, is the shrine built in the Meiji period. Though this Western-style botanical garden and that traditional Japanese-style shrine might seem opposite, they share the Japanese self‐identification surrounded by foreign countries. Japan has groped for the new Japan through the Meiji, Taisho, Showa, and Heisei periods, and even the old capital, Kyoto is no exception.


c0345705_11543840.jpg
くすのき並木

『古都』にはこの楠並木が何度も登場します。そのうちの一場面から。

「楠の並木は、木ずえで、左と右の枝が交わしていた。その木ずえの若葉は、まだ、やわらかく薄赤かった。風がないのに、かすかにゆれているところもあった。五人はほとんどものを言わないで、ゆっくり歩いた。めいめいの思いが、木かげでわいてきた。」

The Old Capital refers to the avenue of camphor trees in this garden many times.


c0345705_11534838.jpg
比叡山*Mt. Hiei, the mountain seen from anywhere in the botanical garden like a steeple


京都では「お山」といえば比叡山を指します。植物園のどこからもよく見えます。まるで教会の塔のように…太吉郎らがお山について語らう場面を思い出しました。

「比叡山は、濃いかすみのせいか、なんやら、低う見えるようやおへんか』(…)「春がすみで、やさしいて…」と、太吉郎はしばらくながめていて、「あのかすみに、ゆく春を、お思いやさしまへんか」

川端康成の『古都』は必ずしも名作とは言えないと思います。この作品を新聞連載していたころ、作家は眠り薬を乱用し、夢うつつだったとか。けれども、かな遣いののびやかさや、飛躍の多い詩的な文体は、流石です。極上の年中行事絵巻、名所案内記に酔う贅沢さ!

The Old Capital might be not a masterpiece of this first Japanese recipient of Nobel Prize for literature. While writing this serial story in the newspaper, he abused sleeping pills. And yet this novel's poetic style is beautiful.


c0345705_10545507.jpg
しだれ桜、紫木蓮、白蓮
weeping cherry and magnolia (purple and white)


千万の花の瞳と見つめ合ふ力を秘めし花の国びと

「末期の眼」で桜をあふぐ川端に花の瞳はなに語りけむ

傘の下に人あるごとく花の下に仰ぐ人ある国に生まれて
je suis née

au pays où il y a des personnes

sous chaque cerisier en fleur

comme il y a une personne
sous chaque parapluie


c0345705_15414852.jpg

天城吉野 (大島桜×江戸彼岸)* Amagi-yoshino

(All Rights Reserved)



春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】





[PR]
c0345705_19503556.jpg
イースターのころ届いたカード &『マリー・クレール』のコラージュ
collage d' une carte de L…et Marie Claire


愛という花輪のなかの赤ちゃんへジャポンのリース四つ贈らむ


À ta petite fille
dans une guirlande d' amour
je voudrais envoyer
quatre guirlandes japonaises
avec des fleurs de cerisier, magnolia, mimosa, et baby's breath spirea



Pour Ma… et trois enfants

c0345705_16551665.jpg


桜の花輪*fleurs de cerisier


c0345705_20030840.jpg


マグノリアの花輪*magnolia

c0345705_07072147.jpg


雪柳*baby's breath spirea(赤ちゃんの吐息のシモツケ花)

c0345705_07055402.jpg


ミモザの花輪*mimosa en 2015


2004年、ノルマンディの復活祭休暇に知り合い、
2015年、ミモザの季節の日本を訪れたL…は、春の女神のように帰ってゆきました。
そして去年、L…は結婚してこの春、ミモザの日より少し前に赤ちゃんを産みました。
アムールを手に入れたL…、おめでとう

L… dont j' ai fait la connaisance pendant les vacances de Pâques en 2004,
elle a voyagé et est partie du Japon à la saison de mimosa il y a trois ans.
Elle s' est mariée l' année dernière et a donné naissance à une petite fille
avant la fête du mimosa cette année.
Tu as ton amour en main ! Félicitaions


Img_0980_800x600


桜の幹にL…が見つけたの形(奈良、2015年3月)
le coeur que tu trouvas en Nara, 2015


Primavera_2

絵のなかのフローラによく似たL…に、マグノリアやミモザ、雪柳の花冠を…
ボッティチェリの「春」はトスカーナの美術館にあります。フローラの左、画面中央に描かれたヴィーナスは、身ごもった聖母のようにも見えます。背景の水色の空が円い頭光に見えるからでしょうか。それとも、頭上にアムールが飛んでいるから、♡形に見えますか?

Pour ma Primavera, L…, je voudrais offrir quatre guirlandes japonaises. Tu est devenue de Primavera à Venus, ou Notre Dame de l'enfantement (selon WAKAKUWA Midori, une historienne d' art italien) dans cette peinture de la Renaissance. Tu trouves un nimbe ou coeur entourant sa tête? Voici Amour planant! ↓



c0345705_13502310.jpg

春(プリマヴェーラ) ボッティチェリ * Millenium Calendar 
部分図(下)は『原寸美術館』(小学館)より

c0345705_16185942.jpg


 女神たちの足元には野の花が咲き乱れています。1980年代にこの絵を修復したイタリアの研究者は、春の花のなかに冬の花がまじっているのに気づき、首をかしげました。クリスマス・ローズ?いいえ、これはきっとレンテン・ローズ。イースター(復活祭)に先だつ四旬節(レント)に開く花です。この絵には、古代神話の春と聖書の復活の春とが二重写しになっているに違いありません。
 若桑みどりも、このヴィーナスに聖母を重ね、薔薇はヴィーナスの花にして聖母の花と述べています(『薔薇のイコノロジー』)。なるほど、聖母の足元に薔薇が描かれていますね。そこから左へ目を移すと、レンテン・ローズがつつましく咲いています。まるで薔薇に一等地をゆずるかのように…

Parmi des fleurs des champs, il y a des roses de carême. Ce fleur fait allusion à deux printemps (mythologique et chrétien). Quel joli mariage !


c0345705_07175697.jpg
(2012年撮影)


友人のaster roseがイラストにしてくれた、レンテン・ローズと水仙。
白い花びらはまるでヴェネツィアのカーニヴァルの天使の翼のよう。
謝肉祭の喧噪から四旬節の静寂へ、そして復活祭の歓喜へ…
中世からルネサンスの春へ思いをはせつつ、今年の春をうれしみましょう。

Voici des roses de carême et narcisses chez nous…
(photo by snowdrop, image processing by aster*rose, mon amie)


c0345705_12012189.jpg

「angelo venezia carnival」の画像検索結果


(Ange de Venice)(google search)


「語られぬことば 下」は延期します。イースター休暇中にお祝いしたかったので

Untold words in a novel 2 is postponed.

(All Rights Reserved)








[PR]
c0345705_09154192.jpg


 品格ある偉大なる執事の道を追求してきたスティーブンスは、ドライブの旅に出る。ルートには、いま話題のソールズベリーも…。イギリスの田園風景は偉大かつ温和なる精神の象徴として、つねに物語の背景にある。そして、物語は彼の回想のなかで、さらに、回想のなかで言葉にされなかった事どもの中で展開する。

 スティーブンスは真面目な男だ。執事は彼の天職かもしれない。だからだろうか、彼は決して執事の仮面を脱がない。執事のお仕着せを脱ぐときも、彼の心は仮面を着けたままだ。少なくとも彼が物語る間は…

「まあ、ミスター・スティーブンス。(…)これは、ただのおセンチな恋愛小説ではありませんか」
スティーブンスは読書中、女中頭のミス・ケントンに本の中身を知られてしまった。彼は読者にこう語る。
「その本は(…)ご婦人のお客様のために、読書室やいくつかの客室に用意してあるうちの一冊でした。私がそれを読んでおりましたのには、明快な理由があります。それは、その種の本を読むことが、英語力を維持し、向上させるのに、ひじょうにすぐれた方法であるからにほかなりません」
 snowdropは鈍い方だが、さすがに突っ込みたくなる。「あなたはミス・ケントンのことが気になるから、そんな本を手に取りたくなったんでしょうに!」― 語られなかった恋

 スティーブンスはけっして本音を語らない。昔の主人が第一次大戦後の窮境にあえぐドイツに手を差し伸べようとし、やがてナチスに利用されてしまった事について、批判めいたことは口にしない。ただ「道徳的巨人」であった主人の高潔な人格を擁護するばかりである。それでいて、「あなたは、ダーリントン卿のもとで働いていたんでしょう?」と問われると、否定する。「いいえ、そうではございません、奥様」彼は自らに問いかける、なぜ否定してしまったのか、と。そして、主人を悪く言う言葉を耳にしたくなかったからだ、と自らを納得させる。
 じつに彼の否認は二度に及ぶ。三度目は描かれていない。思い出されるのは、主イエスを三度否認してしまった弟子ペテロ。…カズオ・イシグロは三度目の否認の場面を描かなかった。― 語られなかった悔恨

Stevens, who had pursued the dignity and greatness of the butler,embarked on a leisure holiday. The landscape of countryside, e.g. Salisbury, is the symbol of the greatness and the warmth of British spirit, always the background of this novel(). The story unfolds in his reminiscence and what has not been told with words in his reminiscence (Snowdrop remembers the difference of the landscapes between “Continentals” and “Celts”: the countrysides without and with rugged mountains!).

Stevens is square. The butler might be his vocation. He always wears the mask of butler. Even when he is not in his uniform, his spirit wears his mask, at least while narrating. For example,

“The book was, true enough, what might be described as a ‘sentimental romance’ one of a number kept in the library, () for the entertainment of lady visitors. There was a simple reason for my having taken to perusing such works, it was an extremely efficient way to maintain and develop one’s command of the English language.”


Even a slow snowdrop wanted to butt in, “Your curiousity about Miss Kenton makes you to choose such a book! ” ― untold love.


Stevens never speaks his mind. He never criticizes his ex-master, Lord Darlington, who was a fair English gentleman and moral statue whose compassion on Germany after Word War I was manoeuvred by the Nazis. And yet he denied that he had served the lord.

“Presumably you must have worked for him [Lord Dalington]””I didn’t, madam, no.”

Why did he deny? He anwers to himself “to avoid any possibility of hearing any further such nonsense concerning his lordship”.


He denied his lord twice. This situation reminds me of three denials by Peter in Bible. The third scene was not written in this novel. untold regret.



c0345705_14090821.jpg

ヘンルーダの花言葉は「悔恨」です(シェイクスピア『冬物語』)
ウォルター. クレイン画『シェイクスピアの花園』より(部分)
According to the language of flowers, Henruda means the rue (regret).


 スティーブンスは気づいていなかったのだろうか。自分の恋に。自分の悔恨に。執事のお仕着せに身も心も固めてしまって、人生が「日の名残り」に到る最後の最後まで、気づかなかったのだろうか。
 否、彼はかなり早い時期に気づいていたと思う。自分が執事の仮面の内に本音を押し殺していることを。それは、第一次大戦後、ダーリントン邸で開かれた国際会議の最終日だった。自分と同じく執事として生きてきた父が、邸内の小さな部屋で亡くなった日だった。父の死に立ち会うこともできず、人々のグラスに酒を注ぎ、足の痛みを訴える客に、父の死を診断した医師を差し向けるスティ-ブンス。彼は何度か、主人や主人の甥に声を掛けられる。
「おや、スティーブンス、気分が悪いのかかい」…
「スティーブンス、どうした?大丈夫か?」…
「なんだか、泣いているように見えたぞ」
彼は笑い、ハンカチを取り出して、手早く顔を拭く。
「はい、なんともございません」
私も、スティーブンスに声を掛けたくなった。
「スティーブンス、本当に大丈夫なの??? 」

 スティーブンスの仮面の下の素顔を垣間見た、ダーリントン卿とその甥のレジナルド。そしてスティーブンスの代わりに父を看取ってくれたミス・ケントン。この三人だけがスティーブンスに本音を漏らす。前の二人は、口の堅いよき聞き手としての彼を信頼して。後の一人は、素顔の彼に心を寄せて…けれども、スティーブンスはよき執事としての理想を優先させてしまった。あるいは、よき執事という仮面の下に逃げ込んでしまった。― 語られなかった真の人生

 スティーブンスを見守る作家の目はあたたかい。カズオ・イシグロは「忘れることが必要なこともある」と述べる。それは前へ進むためだ。スティーブンスはきっと顔を上げるだろう。
 『日の名残り』は読者が参加することで初めて完成する物語である。その風通しのよさは、日本的な「余白の美」に通じるかもしれない。
 

Had not Stevens noticed his love and his regret? Did he notice that for the first time, in the remains of his day? No, he should have noticed that earlier. It was on the last day of the conference hold at Darlington Hall in 1923. It was on the day his own father, an under-butler,died in a small room in the hall. He could not be present at his deathbed. He was serving the guests and led the doctor from his fathers room to the billiard room where a man was waiting with his aching feet. Lord Darlington and his nephew spoke to Stevens several times.


Stevens, are you sure youre all right there?”…

Not feeling unwell, are you?”…

Stevens, are you all right?

Yes, sir. Perfectly.

You look as though youre crying.

I also wanted to ask him, “Stevens, are you really OK? 

Lord Darlington, his nephew Cardinal, and Miss Kenton (who was present at his fathers final moments) : these three persons sometimes speak their mind to Stevens. The two men trusted him as a close-mouthed listner and the woman was recognizing his real face. But he did not pull off his mask. ― untold true life.

The author always seems to watch over Stevens. Kazuo Ishiguro says forgetting is sometimes necessary in general so as to live positively. Stevens will raise his face.
The Remains of the Day is the novel that is completed by every reader. There is a kind of the beauty of the untold blank space characteristic of Japanese culture.

映画「日の名残り」より



新聞にアイロンかける屋敷あれば折り紙のごと畳む汽車あり

While TIMES is ironed in an English manor house,
NIKKEI is folded in a Japanese crowded train.


「新聞 電車折り」の画像検索結果

(google search)
(All Rights Reserved)





[PR]