人気ブログランキング |

タグ:Jardin*garden(庭) ( 22 ) タグの人気記事

c0345705_09210893.jpg



正倉院に伝わる美(は)しき撥鏤(ばちる)の尺(ものさし)。
守田蔵さんによって復元された天平の尺などが展示されます。
会期は来週 4月23日(火)から 5月4日(土)まで
銀座へお越しのときは、ぜひお立ち寄りください。
詳しくは下記の地図等をクリックでご覧ください。

The bachiru(撥鏤 → )works made by MORITA Kura
will be exhibited in Ginza, Tokyo from April 23 to May 4.
(Fujiya Gallery)


f0374041_10181069.jpg

Invitation quoting the impression of Princess Akiko () who visited Mr. Morita's studio


撥鏤(ばちる)作家の守田蔵さんは
浄瑠璃寺のそばに工房「獅子窟」を構えておられます。
「獅子窟」(ししくつ)は吉井勇の短歌に由来するそうです。

酒にがく女みにくしこのごろは心しきりに獅子窟にゆく  吉井勇

(獅子窟寺は、 大阪府交野市にある高野山真言宗の寺院です)

MORITA Kura's studio "Lion Cave" is near Joruri-ji Temple.
The name "Lion Cave" derives from a tanka by Yoshii Isamu:
the sake tastes bitter and the women look ugly, recently,
my heart frequently wanders toward Lion Cave Temple
(tr. by snowdrop)


c0345705_09360105.jpg

浄瑠璃寺*Joruri-ji Temple(4月上旬)


「獅子窟」工房の向かいの浄瑠璃寺には、浄土式庭園があります。
「浄瑠璃」の「瑠璃」は東方の瑠璃光薬師浄土をあらわします。
祝い歌をお届けした日、浄瑠璃寺はさながら花の浄土でした。
山茱萸(サンシュユ)、馬酔木、桜、紫木蓮、三葉躑躅(ミツバツツジ)…

MORITA Kura's Lion Cave is located near Joruri-ji Temple,
which has a famous Pure Land garden.
On the day when I delivered congratulatory forms of tanka,
the garden looked like Pure Land itself.


c0345705_09545939.jpg
東の薬師仏をまつる三重塔


撥鏤尺に撥()ね彫りされし鳳凰を詠める


瑠璃光の天の果てより舞ひ降りし鳳はいま

獅子窟に棲む

(
るりこうの てんの はてより まいおりし おおとりは いま ししくつに すむ)



c0345705_09575123.jpg


瑠璃いろの空と山桜

c0345705_11115931.jpg


鳥の翼のような紫木蓮、染井吉野

c0345705_09375114.jpg


躑躅花むらさきに咲く弁天社 守るは獅子の家族(うから)なるらむ

(All Rights Reserved)







色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!

c0345705_17184772.jpg



大山崎山荘は本館(1912年着工)と新棟(2012年竣工)からなる。
まずは本館へ。
英国チューダー様式の木組の窓を紅葉が彩っている。

Oyamazaki Villa is composed of the main building (20c.) and an annex (21c.).
The windows made in 1930s in Tudor style were surrounded by maple leaves.


c0345705_17195863.jpg




それから約100年後、安藤忠雄が設計した山手館は
ロマネスク様式を思わせる白壁が美しい(夢の箱)。

After 100 years, Tadao Ando added the annex
in Romanesque-like style, "Dream Box".


c0345705_17213197.jpg




さっき美術館の門で迎えてくれたラムプも
安藤忠雄の設計だったのかもしれない。

Were the lamps of the gate also designed by him?


c0345705_17362442.jpg




この日のお目当ては、展覧会「谷崎潤一郎文学の着物を見る」。
↓こちらは『春琴抄』の主人公のイメージ(明治頃のアンティーク着物)。
べっぴんさんの樋口一葉にも着せてあげたくなった。
一葉が着けている幅広の半衿は、当時の流行なのだとか。↓

My friend and I saw the exhibition of kimono in the Meiji, Taisho, and Showa period.
Higuchi Ichiyo on 5000 yen bill wears a wide neckpiece that was popular in the Meiji period.


c0345705_14321454.jpg

展覧会図録より(以下同)


春ごとに平安神宮でお花見をする『細雪』の三姉妹、
秋の装いも華やかに(昭和初期のアンティーク着物)。

The Makioka Sister 's kimono were like the below ones (early Showa period).


c0345705_14483559.jpg



中庭の池はもみぢの水鏡 姉妹三人(おとどい みたり)影はいづこに

l' étang de la cour
est un miroir de
feuilles rouges
où sont des reflets
des trois soeurs?



c0345705_17235268.jpg

1階から*du rez-de-chaussée

c0345705_17242607.jpg

2階から*du premier étage

c0345705_17265233.jpg



モネの「睡蓮」も美術館に収められている(地中の宝石箱)。

The annex exhibits water lilies painted by Monet ("Jewelry Box").



c0345705_17282188.jpg


















姫池(美術館から徒歩5分)*Lake Princess


姫池の水は真朱(まほそ)の火と燃えて仏蘭西画家のラスト・スイレン

l'eau
de l' Etang Princesse
est embrasée
comme des flammes rouges,
comme les derniers nymphéas de Monet


c0345705_18451060.jpg

田中 良 挿絵(展覧会図録より)
mermaid-costume and Chinese dress



姫沼にすむは人魚か『肉塊』の妖しき挿絵まぶたに浮かぶ

does a mermaid
lives in Lake Princess?
I remember the illustration
of Boule de Chair
in the exhibition



c0345705_17273434.jpg





















(大阪の百貨店のクリスマス飾り。阪急ですから!2016年)


おまけ*美術館を外から見ると…白壁の顔を発見!!
どこか白フクロウにも似ている…?(同行の友人談)

Bonus*Face of a white wall outside of the museum…like a white owl?

(All Rights Reserved)








c0345705_05231429.jpg
わが庭の高砂百合(2015年撮影)* 早くこの雨がやみますように…


 漱石の白い百合は西洋の花なのだろうか。もう一度、『それから』と『夢十夜』の百合の場面を読み返してみよう。

「雨は依然として、長く、物に音を立てて降つた。二人は雨の為に、雨の持ち来す音の為に、世間から切り離された。(…)二人は孤立の儘、白百合の香の中に封じ込められた」

「すると石の下から斜(はす)に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。見る間に長くなつて丁度自分の胸のあたり迄来て留まつた。と思ふと、すらりと揺ぐ茎の頂に、心持首を傾(かたぶ)けてゐた細長い一輪の蕾が、ふつくらと瓣(はなびら)を開いた。真白な百合が鼻の先で骨に徹(こた)へる程匂った。そこへ遥の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。(…)」


 ここには、西洋の爽やかな夏とは対照的な日本の湿気が感じられる。


a0332314_15122320.jpg


Soseki' s white lily is Western one? Snowdrop read again Soseki's works. For example, the below scene is full of the humidity typical of Japanese climate, contrary to European one.

"They were cut from the world by the rain, by the rain-falling sound. (…) They were still alone, closed in the smell of white lilies." (And then * trans. by snowdrop)



c0345705_15412473.jpg


 漱石の『虞美人草』には、虞美人草(ヒナゲシ)の銀屏風が出てくることが知られる。これを描いたとされる酒井抱一は、江戸時代後期の琳派画家である。ただし、銀地に真紅の虞美人草を描いた美しい屏風は、じつは現存しない。漱石の空想の産物とも言われる。(NHKの「日曜美術館」で復元作品が紹介されたことがある)
 ここでsnowdropが注目したいのは、現存する酒井抱一の銀屏風、「夏秋草図屏風」の白百合である。

It is known that The Poppy by Soseki refers to a folding screen representing red poppies on the silver ground by SAKAI Hoitsu, a Rinpa painter in the late Edo period. This beautiful screen does not exist. They say that it is propably Soseki's imagination.


a0332314_10240997.jpg
酒井抱一「夏秋草図屏風」(部分)『酒井抱一と江戸琳派の全貌』
Summer and autumn flower plants by Sakai Hoitsu(detail)


 これが抱一の銀屏風に描かれた白百合である。染み一つない白百合。おなじ琳派の鈴木其一が描いた斑入りの山百合(図版は末尾)と比べると、その純白がきわだつ。
 抱一を好んだ漱石は、この有名な銀屏風を見たことがあるに違いない。銀地の虞美人草図屏風も、ここから構想したのかもしれない。

Here are white lilies on the silver ground painted by Hoitsu. These immaculate lilies are different from spotted ones by Suzuki Kiitsu, an another Rinpa painter. Soseki, a Hoitsu-lover, must have seen this famous silver screen. It might have inspired Soseki to imagine that silver screen of red poppies.


c0345705_05282952.jpg


 こちらは大和文華館で今年撮影したササユリである。咲き初めの薄紅色が愛されるが、ひらき切ると白くなる。すくすく伸びれば、胸の高さほどまでになる。漱石はどこかでこの野の百合を見たことがあったかもしれない。『夢十夜』の百合はこちらだろうか。ただし、香りはそれほど強くない。
 それに、三千代が抱えてきた百合は花屋で売られていた。ササユリは花屋に並ぶような花ではなさそうだ。

Here is Lilium japonicum, that turns from pink to white while opening. It grows upward in front of a man's chest. Did the author see this kind of lily in somewhere? Is this the white lily of Ten Dreaming Nights ? But the smell is not so strong as depicted in the novella. As for the lilies that Michiyo (And then) brought to Daisuke, they were the ones in a flower shop. But Lilium japonicum is a wild flower.


c0345705_11033268.jpg


 『それから』の百合も『夢十夜』の百合も、白の色と強い香りが強調されている。けれども、花びらの具体的な描写はない。じつは漱石は写実描写にすぐれた作家であった。たとえば木蓮の白はこのよう表されている。

「徒らに白いのは寒過ぎる。(…)木蓮の色は夫ではない。極度の白きをわざと避けて、あたたかみのある淡黄に、奥床しくも自らを卑下して居る(…)」(『草枕』)


The lilies
in both works have the strong smell and white colour. But there is no realistic depiction of the petals, such as the magnolia in Grass Pillow

“ The pure white looks icy. (…) The white of the magnolia is not so. It declines the extreme white and prefers the warm cream colour humbly. (…) ” (trans. by snowdrop)
 


c0345705_13454166.jpg


 漱石の白い百合は細部が描写されていないため、品種を特定することは難しい。強い香りと白い色が強調された彼の百合は、抱一の描いた日本の百合と、西洋のマドンナ・リリーとが重なって生まれたイメージのなかの百合なのかもしれない。

It is difficult to identify the kind of the white lily in Soseki's works. His lily with white petals and strong smell might be the imaginary one that was born from the Japanese white lily painted by Sakai Hoitsu and from the Madonna lily depicted by Western painters and writers.


c0345705_11365783.jpg

鈴木其一「夏秋渓流図屏風」(部分)『酒井抱一と江戸琳派の全貌』
Suzuki Kiitsu's mountain lily (detail)

(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】









c0345705_15083997.jpg



紫陽花はうそつき?
花に見えるのは、じつは萼(がく)。
青い花と蕊(しべ)はこんなに小さい!

The hidrangea is a liar.
What look like flowers are the sepals.
Its blue flowers and stamens are so small!


c0345705_15324074.jpg



ちっちゃな蜂を探してごらん。
ピンクとブルーのひらひらの中じゃなくて、
金平糖みたいな蕊(しべ)の集まったところ。
蜂はちゃぁんと知っている。

Do you find a little bee (in the 2nd fig.)?
Not on the petals but on the star-like stamens.
The bee knows well where the real flowers are.


c0345705_20330298.jpg
c0345705_07041101.jpg

「pompadour madame」の画像検索結果

(google search)



華やかなフリルがついているのは、飾り花。貴婦人のドレスのような。
(ポンパドゥール夫人はフランスの紫式部あるいは清少納言?

The decorative sterile florets look like the frills of a dress of
Madame de Pompadour, French Sei Shonagon or Murasaki Shikibu?



c0345705_15094779.jpg



むかし、日本には萼アジサイしかなかった。
万葉集の紫陽花の歌はわずか二首。
紫式部にも清少納言にも顧みられることはなかった。

山にひっそり咲く紫陽花に魅せられたのは
江戸時代に来日した医師にして自然科学者、シーボルトだった。
ある日彼は、装飾花
に覆われた手毬のようなアジサイを見つけた。

彼はその青い手鞠花をヨーロッパへ持ち帰った。

There were only the lacecap hydrangea in Japan.
Both Murasaki Shikibu and Sei Shonagon ignored it.
It was Siebold who admired it for the first time.
He found a Japanese handball-like one covered with
the decorative sterile florets, which he brought to Europe.


a0332314_04515902.jpg

シーボルト(1796-1866)の "Otakusa" (wikipedia)


彼には日本人の妻がいた。楠本滝、お滝さん、オタキサン
紫陽花は海を渡ったが、お滝さんは日本に残された。
お滝さんは娘のイネと小舟から夫の船を見送った。
きっと少しでも長くシーボルトを見ていたかったのだろう。
シーボルトは帰国後、その紫陽花に日本の妻の名前をつけた。
彼の植物誌に記されたOtakusa
オタクサの文字をみるたび
切なくなる。


He had a Japanese wife, KUSUMOTO Taki, O-Taki-san.
He brought back the hydrangea bur left his wife in Japan.
She and Ine, their daughter saw him off from a small boat
because they wanted to see him as long as possible, I think.
After returning, he named the hydrangea "
Otakusa".



c0345705_15434884.jpg


お滝さんに代はりて詠める * in place of O-Taki-san


紫陽花の海の彼方へ消えてゆく優しい嘘つき…青い瞳の


my gentle liar

who is vanishing

in the hydrangea sea

my gentle blue eyes

just like that hydrangea!


c0345705_14072970.jpg


アジサイと稲田 * hydrangea and rice (Ine) field

イネに代はりて詠める *
in place of Ine, Siebold' s daughtrer


海の果てに橘ありや時じくの香の木の実のあらましものを


overseas
is there Chirtus tachibana
a fruit of the longevity?
I wish I could bring it
to my father


a0332314_15580749.jpg

手毬のような「山あじさい」


イネは父と同じ医師となり、木の実ではなく医術で
人々の命を延ばした。

Ine became a doctor like her father and healed the people
not by the fruit but by the medicine.


今日は父の日です Today is Father's Day in Japan.



c0345705_14001114.jpg



18世紀末に中国経由でヨーロッパに伝わっていた紫陽花から、
そしてシーボルトと海を渡った青い手毬のような山紫陽花から、
色とりどりの西洋アジサイが生まれた。
虹の毬のような花々には、雨を知らないものも多いかもしれない。

From the hydrangea that had been transferred to Europe via China,
and Siebold's blue hydrangea, various colours of flowers were born
in Kew Gardens, London.
Some of those colorful flowers might not know the rain.


c0345705_18132285.jpg


Willebeek le Mair*Little Songs of Long Ago(1912)


(All Rights Reserved)


umiさんの企画に参加中です。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】



f0374041_06504278.jpg



背高のっぽの桜草 九輪草のお庭を見つけました。(室生寺、卯月 ― 四月撮影)

Il y avait un petit jardin de Primula japonica au Muro-ji


f0374041_06235976.jpg

九輪草 * abeille et Primula japonica


九輪とは、お寺の塔の頂に積み重なった九つの輪()です。写真は室生寺の五重塔。

(英語の図が分かりやすいです

Le nom kurin-so (Primula japonica) est vient du kurin()de la pagode.


f0374041_06330027.jpg

f0374041_06441250.jpg


九輪草 庭の緑をゆく虫へ 花のみ寺のありかを示す

kurin-so
la fleur qui indique
la place du temple
d' insecte dans le jardin
comme le kurin de la pagode


c0345705_15152544.jpg



お寺の塔も、教会の尖塔も、旅人、巡礼者、街の住人の目印であり、心のよりどころです。

La pagode et le clocher sont toujours le poteau indicateur
et l'appui pour les pèlerins et habitants.


c0345705_09143996.jpg

おまけ♪「田舎の教会の鐘」を思わせるショパンの前奏曲

Chopin said this prelude represents a bell of a church in a village.





(All Rights Reserved)

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】





c0345705_06155696.jpg


平安神宮(Heian-jingu Shrine)

桜以外のものがメインになるので、お蔵入りさせるつもりでしたが…
いまなら、「圧倒的桜。2018」番外編として許されるでしょうか?



c0345705_06162158.jpg


桜色のおみくじ


神さまへ手紙を出そうおみくじの花びらひらり天へ届くよ


nous envoyons

des lettres à dieux
omikuji ,

des pétales en papier rose

arriveront aux cieux



c0345705_06183159.jpg


草木に染められたような、緑色のおみくじ(貴船神社奥宮)

omikuji vert de Kifune Shrine(2014)

(All Rights Reserved)






c0345705_10034732.jpg

十二単の袖のような「桜衣」とうぐいす餅を枝垂れ桜のお皿にのせて…
crêpes en forme de manches de kimono pour hana-mi et un rossignol-mochi


今年もわが村のうぐいすは訛っています。ライバルがいないからでしょうか。
Un rossignol chez nous chante mal cette année aussi. C'est parce qu' il n'a pas de rival?



ホーホケケキョうつとりなまる(うぐひす)(ひな)(をのこ)の恋うたのやう


c0345705_13540503.jpg
Peter Motzという画家のカレンダー。左には林檎の花とガチョウ、右には姫踊子草が…
pommiers, trois oies, lamier pourpre ("petite danseuse" en japonais) par Peter Motz



「桜衣」を食べていると、杉田久女の「花衣」の俳句を思い出しました。
着付にはたくさんの紐を使います。お花見の晴れ着なら、なおさら…


花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ  杉田久女

kimono pour hana-mi
en se déshabillant s’accrochent
des cordons variés

haïku de SUGITA Hisa-jo, traduction de snowdrop



c0345705_08593670.jpg

色とりどりの紐のような枝垂れ桜(京都府立植物園)
cerisier pleureurs comme des cordons (Kyoto Botanical Garden)


うきよには留めおかじと春風の散らすは花を惜むなりけり 
西行



「浮世に留めおきはしない、と春風が桜を散らすのは、愛しているからだよ…」
と西行は歌いました。もしsnowdropが桜だったら、次の歌を返したことでしょう。

Un waka de Saigyo dit :
Le vent printanier disperse les pétales
pour que des fleurs de cerisier ne restent pas dans ce monde triste,
c'est parce qu' il aime ce cerisier…

Si snowdrop était le cerisier, elle lui aurait répondu par sa tanka…


c0345705_08521265.jpg

雨情枝垂れと仏の座(同植物園)
cerisier pleurer et lamier amplexicaule (siège de Bouddha)


しだれ桜に代はりて
春風よわれを(さら)へよ心あらば 嵐のかたちに咲きたる花を snowdrop

en place du cerisier pleurer

vent printanier,
enleve-moi,

si tu sais l’ amour,

disperse mes fleurs

en forme d’ ouragan


c0345705_09131253.jpg

京都府立植物園の紅枝垂れ(上)とパリの植物園の白妙桜(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanical Garden*Beni-sidare’(pink weeping cherry(upper f.)
Jardin des Plantes de Paris * Groupe Sato-zakura 'Shirotae' (lower f.)

c0345705_09122947.jpg

まるで おっきい盆栽!*bonsai gigantesque ?!
(HP de Jardin des Plantes, Paris)


パリの植物園も、ロンドンの植物園も、まだ訪ねたことがありません。
皆さんとご一緒にエア花見を…

Snowdrop n'a pas visité ni Jardin du museum d'histoire naturelle ni Kew Gardens.
Amuzons-nous ensemble hana-mi par internet !


c0345705_09255513.jpg

京都府立植物園(上)とロンドンのキューガーデン(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanial Gardenupper figure
Kew Gardens, London(lower figure


小雨でもまめに傘さす国びとは小さき桜もまめに目を留む

Japanese people 
that put up an umbrella
even in the thin rain
notice and appreciate
even a thin cherry tree


c0345705_09234657.jpg

(HP of Kew Gardens, London)

All Rights Reserved

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR





c0345705_15034230.jpg


雲ひとつない2月のある日、大阪城の梅林へ足を運びました。「黒雲」という名の紅梅が、天守閣を表装、あるいは額縁のように囲んでいます。

Un jour en février sans nuages, je suis allée au jardin de prunier dans le château d'Osaka. Tiens, des fleurs rouges des pruniers nommés "Nuage Noir" encadrent le château!



c0345705_15042731.jpg


さみどりの()

tressons un panier

de brindilles vertes claires

de prunier,

le cadeau d’ aujourd’hui

est ce château-là


c0345705_15052994.jpg
関連画像関連画像

(google search)

ふっくらした梅干になる前の「南高」。すんすん伸びた枝も健やかに…

Les fleurs deviendront des prunes et seront confites dans du sel.


c0345705_15073061.jpg

大坂城にいちばん似合うのは、ひょっとして「古城」でしょうか。

Ce prunier est appelé "Vieux Château".


c0345705_15351065.jpg

浪花の女性歌人、与謝野晶子の歌に似合いそうな「楊貴妃」。京の閨秀画家、上村松園の「楊貴妃」(pinterest)と…

Un prunier et une peinture "Yang Guifei".

「楊貴妃 上村松園」の画像検索結果


梅の花微風を蹴る姿すと朝歩きして思ひけるかな 
晶子『梅花集』



c0345705_15293668.jpg


万葉人が隠れていそうな「月の桂」。これは天平の女子会の歌?それとも早春の宵、恋人と注しつ注されつ…

"Arbre au Caramel dans la Lune" cache des femmes de l' ère Tempyō ? Une poète chanta "Après avoir bu du saké et pétales de fleur de prunier dans une verre avec mes ami(e)s, je ne regretterai pas même si elles toutes tombent." (Man'yo-shu)


酒坏尓 梅花浮 念共 飲而後者 落去登母与之   大伴坂上郎女
酒坏にの花浮かべ思ふどち飲みての後は散りぬともよし 萬葉集巻八1656
酒坏に梅の花を浮かべ、親しい者同士で飲んだあとは、散ってしまってもよい


c0345705_14073949.jpg


そういえば今日はホワイトデー!梅の木の下で女同士(どち)、雛あられとロゼワインを愉しみましょう。春鹿の盃でうすべにいろの葡萄酒を一杯、また一杯…。舟遊びもいいですね。あらら、太閤殿下、女子会へご乱入?!

Aujourd'hui est White Day (Jour Blanc) ! Sous un prunier, je vous sers des hina-arare et du vin rosé à la place des guimauves. Ou on va canoter ensamble? Oh, Seigneur TOYOTOMI Hideyoshi, il nous invade!



c0345705_15514741.jpg


舟遊びもまたよし、よしと声すれば秀吉ごのみの金の屋形船

Un canotage,
c
est si bon, bon!
Le voix

de Seigneur T.Hideyoshi?

Non! Voici un bateau dor!


a0332314_17200562.jpg
「金獅子」* fleur de prunier "Leone d' Oro"


c0345705_15012131.jpg
狩野派好みの梅の枝ぶり*comme un prunier dans le byobu paravent

梅の写真は2月末撮影です。

(All Rights Reserved)

BGM*秀吉好みの南蛮音楽
Bonus*the imported music in Hideyoshi's reign(6:06~)









c0345705_13323583.jpg











c0345705_15155673.jpg
























京都の南にある三室戸寺へ、躑躅(つつじ)の見おさめに出かけました。紅、薄紅、白の躑躅が満開です。けれども、青のがありません。フランスのブログで見かけて、憧れていたのですが…
リッチリンクでは画像が出なかったので、お写真を一枚だけお借りしました(2012年)。


Nous sommes allées à Temple Mimuroto à voir des dernières azalées rouges, roses, blanches, mais pas de bleuesles azalées bleues que j' adorais depuis que j' avais rencontré votre blogue poétique. Pardonnez-moi, s.v.p, j' ai osé copier-coller une de vos photos ici.(Merci beaucoup, grillon!)


c0345705_13335010.jpg















c0345705_13072379.jpg


















なぜそんなことを?どうしても躑躅でトリコロール(三色旗)を作りたかったのです、今日


Parce que je voulais faire un drapeau tricolore avec des azalées aujourd’hui



c0345705_13394517.jpg


躑躅のなかに葉桜と紫陽花の青葉が見えますか。春から晩春、夏へと季節は移り、花も移ろいゆきます。春の桜は散ってしまったけれど、梅雨には紫陽花が咲くでしょう。


Vous trouvez des feuilles vertes de cerisier et de hortensia parmi des azalées? La saison marche vers l’été, et la hortensia sera en fleur.


c0345705_13542335.jpg



紫陽花は秋が過ぎ、冬になっても、枯淡な色で私たちを慰めてくれるでしょう。日本人の私が、一フランス女性から、枯れた草木の美しさを学ばせてもらったのです。―

Même à l' automne et en hiver, la hortensia nous montra ses couleurs riches. Vous savez, une japonaise a appris d’ une française la beauté des herbes et fleurs fanées



c0345705_14031854.jpg
c0345705_15382250.jpg

和傘が三つun, deux, trois parasols!



いまはまだ、山滴る季節。春の躑躅は明日は萎れるでしょうが、立夏は一昨日過ぎたばかりです。つつじは「映山とも書くんですって。い和傘と似合いますね。


Mais maintenant nous sommes à la saison de la montagne dégouttante de la nouvelle verdure. Bien que l’ azalée, une fleur de printemps, elle aille se flétrir demain, le premier jour de l’ été vient de passer avant-hier.


c0345705_14034374.jpg


くれなゐの和傘のかげでうぐひすの声を聴きつつ映山紅
召しませ


Sous un parasol rouge, en écoutant le chant des rossignols, savourez une friandise en forme d’ azalée, s’ il vous plaît.



c0345705_19044891.jpg


















岩つつじ * azalée (2016
)



All Rights Reserved









c0345705_16312706.jpg


リストの「エステ荘の噴水」は、私のレパートリーでも一番の難曲よ。でも、ほんとうは一番弾きやすい曲でもあるの。超絶技巧のピアニストでもあり、熱心なピアノ教師でもあったリスト。だから、ピアニストがどこで疲労の限界に達するか、よく分かっているの。トレモロが延々と続いた後にスタッカートのフレーズがくれば、指の筋肉の違う部分を使うことになって、一息入れられるってわけ。

Although Liszt's Les jeux d'eau a la Villa d'Este is one of the most difficult pieces in my repertory, in fact, it is easy-to-play also. Beside being a virtuoso, Liszt was an excellent piano teacher. He understood very well when and where the pianist reaches the limit while playing. After long tremolos, the staccatos give our fingers a chance to rest.



「franz liszt piano」の画像検索結果


Young Liszt surrounded by female fans (one of them swoons)
リストのピアノ・コンサート。失神する女性ファンも見える(google search)


もっとも、彼が若かった頃の作品じゃ、こんな斟酌は抜きよ。見てちょうだい、この若き日の得意絶頂のリストの姿!まるで女性ファンに囲まれたジュリーかヒデキね!それが、長年色んな生徒にピアノを教え、歳を重ねるうちに、とんがってた角が取れて、丸くなって…まるで、転がる石のように。

But the pieces in his youth are more hard to play! Look, this young Liszt enjoying his greatest success(above fig.)! He looks like Elvis Presley surrounded by ardent female fans! And while teaching various students and growing old, the edges of his character have been rounded off like a rolling stone.


「liszt franz pinterest」の画像検索結果
老リスト*Old Liszt(pinterest)


リストの人生の後半は、坂道を転げ落ちる石みたいだった。愛しい子供を二人も亡くし、長年愛し合ってきた女性との結婚には横槍が入り、宮廷楽長の職も失って…ついには聖職者になった。甘やかな青年から、苦々しげな老人へ…人生という巡礼は決して楽なものではなかったのね。

 

The later years of Liszt was like the locus of a rolling stone. He lost two of his beloved children, could not marry his longtime lover, resigned from his post of Hofkapellmeister, and became an Abbé in the end. From a sweet handsome youth to a bitter old manthe pilgrimage of the life was never easy for him.



c0345705_16353962.jpg


 なのに、不思議ね。この「エステ荘の噴水」を弾いていると、なんだか両手も、心も、軽くなってくるの。リストは坂道を転がる石というより、波にもまれた石だったんじゃないかしら。丸くなった石には苔もつかず、自由に水のあいだを漂う…ほら、ここの箇所。噴水の水の流れのようなフレーズが、目まぐるしく転調してゆくでしょう?主調や属調といった縛りにとらわれず、自由に、流れのままに…

 聖職者となった音楽家は、この箇所に聖書の言葉を書きこんでいる。「わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」(ヨハネ書4-14)もっとも、この曲の魅力は、変幻自在な音の戯れそのものにもあるのかも。


 But, it is strange
this piece always sets my hands and heart at ease. I wonder if Liszt was like a stone buffeted by the seas rather than a stone rolling down a slope. A rounded stone drifting on the waves gathers no moss. Listen, in this part, several phrases like streams modulate kaleidoscopically, freely, regardless of the related keys.

 Abbé Liszt wrote in the music a quotation from the Bible, “sed aqua quam ego dabo ei, fiet in eo fons aquae salientis in vitam æternam” Jn 4:14But the charm of this piece exists in les jeux d'eau et des sons (playing water and sounds) themselves, doesn’t it?




リスト「エステ荘の噴水」*イタリアのエステ荘の写真入り動画


私たちイタリア貴族は、それぞれにエステ荘の噴水の思い出を持っている。石の女神像のたくさんの乳房から噴き出す水に目を丸くした子供の頃。心ときめく殿方と隠れん坊した青春時代。ここに集う紳士淑女も、ただ水の音の美しさと、それぞれの追憶に酔っているのではないかしら。未来に何が待っているか夢にも知らずに―。気になる?でも、ここでお話したら、映画のネタバレだって恨まれないかしら(笑)。


We Italian nobles have respectively the memories of Villa d’ Este. I stared at that stone goddess statue with many breasts spouting water with my eyes wide open in my childhood, and I played hide‐and‐seek with handsome gentlemen in the wide garden in my youth (entre nous, j' avais un béguin pour l'un d'eux)
Signore e signori in this salon also are absorbed in the beautiful sounds and in their own memories, without dreaming of their stormy futuredo you become curious? But if I tell you about their future here, will other readers call me a spoiler?(hu hu)



c0345705_16091026.jpg
映画「イノセント」(L'innocente by Visconti)DVDより

明治時代に鍋島榮子が着用した小袖地のバッスル・ドレス(鍋島徴古館HP)
Bustle made of kimono material (c.1890s)
「鍋島栄子  バッスルドレス」の画像検索結果


(つづく)
(To be continued)
(All Rights Reserved)