タグ:Japon(日本) ( 110 ) タグの人気記事


c0345705_14432393.jpg
ヴァレンタインチョコレート博覧会(阪急百貨店梅田店)(すべて撮影許可を頂いています)
Chocolate EXPO 2018 in Hankyu Department Store (Umeda)


ショコラの国、アムールの国のフランスには、マリー・アントワネットやナポレオンのチョコレートがあります。悲劇の王妃は日本でも人気者。漫画や宝塚歌劇の「ベルばら」だけではありません。昨年12月には、何とお能の「マリー・アントワネット」が上演されました。もとタカラジェンヌの美沙のえるさんらも出演したそうです。

Le pays du chocolat et amour, France conçoit le chocolat de Marie Antoinette ou de Napoleon. Au Japon, il y a Manga (par IKEDA Riyoko, basé sur le roman de Stefan Zweig), Takarazuka Revue, et Noh sur Marie Antoinette. En ce Noh, UMEWAKA Gensho joue la reine et une ex-Takarazienne Misa (Messe) Noël dance.



「ベルばら 漫画 アントワネット  pinterest」の画像検索結果「ベルばら 宝塚 アントワネット  pinterest」の画像検索結果 池田理代子原作*花總まり主演(pinterest)

c0345705_14460261.jpg
シテ 梅若玄祥(日本経済新聞より*NIKKEI, janvier 2018)
UMEWAKA Gensho joua Odyssée aussi dans Noh NEKYIA (ネキアー冥府行)


かつてフランスが統治していた国、ヴェトナムはいまチョコレート産地になっているそうです。

Viêt Nam, une ex-colonie française, est devenu un de pays producteurs de cacao.


c0345705_14400895.jpg
日本の新聞でも、アメリカの新聞でも話題に…*in both Japanese and American papers
c0345705_14412931.jpg


あら、ここは博覧会の会場ではなかったの?snowdropはヴェトナムのココア農園に時空を超えて迷いこんでしまったのでしょうか?

Oh! Est-ce que snowdrop est perdue dans une plantation de cocoa de Viêt Nam?


c0345705_14284082.jpg


いえいえ、ここは吹き抜けの特設会場。せっかくなので、チョコレートの作り方を教えてもらいましょう。

Mais non, ici, c' est une salle spéciale de la Saint-Valentin! On peut apprendre comment fabriquer du chocolat.


c0345705_14362389.jpg

リヤカーで運ばれてきた、ラグビーボールみたいなカカオの実(カカオポッド)を割って…

Des fèves de cacao sont portés par un charrette à bras.

c0345705_14342868.jpg

白いヌルヌルのパルプで覆われた豆を取り出します。箱で発酵させるとパルプが溶けて豆と反応します。

Extraire des fèves de la cabosse comme ballon ovale. La séparation est suivie de fermentation dont le but est d’éliminer la pulpe onctueuse et de réduire l’amertume.

c0345705_14321723.jpg

さらに乾燥させて、チョコレート色になったら麻袋に詰めて出荷します。フランスや日本へ…


Sécher les graines. Les graines brunes sont mis un sac et envoyées au Japon, France, etc.

c0345705_14332109.jpg

焙煎器(下)からは香ばしい匂い! 豆を砕いて殻を風で飛ばし、残った豆の中身(ニブ)をペーストにし、練り上げ、テンパリングし、型に入れて冷やし固め、ようやく完成です。

Snowdrop a trouvé un torrefacteur qui répandait bonne odeur. Il y a encore le processus de la broyage, de la pressage, etc.

c0345705_14423459.jpg


ヴェトナムのカカオ豆を使ったチョコレート屋さんは、ココアも飲ませてくれます。熱々のココアで体はぽかぽか!でも、snowdrop(じつはブラックチョコ派)にも濃厚すぎて、試食が続けられなくなってしまいました。^^; これはジャケ買いに走るしかありません…

…Je voudrais du chocolat chaux…oh, comme le fortifiant, assez riche pour moi, une philo-chocolat-noir! …Elle n' a pu plus essayer du chocolat, elle a donc les choisi par le paquet.



c0345705_14420131.jpg

あつあつの濃ゆ~いココア*chocolat chaux ↑


今年はカカオの風味を際立たせたタブレット(板)チョコレートがブームだとか。そこで、ヴェトナムのカカオ豆を使った「冬の浅間」(左)と、イタリアの「FIAT」(右)に決定!おまけはミニカー、子供のころ家族で乗っていた車みたいな黄色です。

VOILA (Ta-da) !! une tablette de chocolat de cacao en provenance du Vietnam (gauche) et MAJANI FIAT avec BONUS:une petite voiture jaune comme Sunny de ma famille dans mon enfance!


c0345705_14253507.jpg



太陽の色のサニーで旅したね夏の白浜果てしない海
we traveled
by that sun-colored car
Sunny,
to White Beach (Shira-Hama)
of the boundless Pacific

c0345705_14262019.jpg


家族でよく旅した車山高原(今年のカレンダーから)
Chocolat Mont Asama hivernal et
plateau Kurumayama dans mon calendrier, dans mes souvenirs

おまけ * Bonus
♥のかたちのゼラニウム(2月12日撮影)
géraniums-lierre en forme de coeur♥


Dscn0673_800x744

(All Rights Reserved)








[PR]

「雪景色 広重 切手」の画像検索結果

c0345705_07253109.jpg


天からの画家の手紙か寧楽(なら)の雪 (2月1日撮影) (歌川広重の切手*google search)

Est-ce que des lettres du peintre des cieux , la neige en Nara? (le1 février)



ゴッホ「雪景色」*Snowscape by van Gogh


snowdropは、ゴッホの画集を一冊も持っていない数少ない美術愛好家の一人です。
それは、ゴッホの絵を長い間見つめていることができないからです。
それが、或るブログでゴッホの雪景画を見て、展覧会に足を運びたくなりました。

Snowdrop is one of the rare art lovers who do not have a book of paintings of van Gogh, because she cannot observe his paintings for a long time. And yet one of his snow landscapes in one of her favorite blogues made her visit his exhibition in Kyoto.


c0345705_07240186.jpg
c0345705_07274118.jpg


京都へ出かけた1月下旬、雪は降りみ降らずみ…
ゴッホの夢みた日本の青空と、ゴッホの愛した日本の雪とが交互に訪れました。

It snowed off and on when she visited the exhibition in Kyoto in January.
The blue sky Gogh dreamt and the white snow he loved, both of them appeared alternatively.




「mountain village in japan」の画像検索結果

ゴッホ「雪景色」と広重 「東海道五十三次の内蒲原夜の雪」(pinterest)(広重は出品されていません)
snowscape by Gogh(left) and by UTAGAWA Hiroshige (right)


日本の風景を求めて南仏アルルへ旅立ったゴッホを迎えたのは、白一色の雪景色でした。けれど、ゴッホはそこに日本の雪景の版画を連想して感激します。

Gogh traveled to Arles in pursuit of Japanese landscapes, where he saw a white snowscape. It was for him a Japanese woodprint representing the snowscape!


c0345705_07293762.jpg
ゴッホ「糸杉の見える花咲く果樹園」
Orchard in Blossom, Bordered by Cypresses, Gogh


やがて春、白い果樹の花々が咲き始めました。まさに桃源郷!ゴッホの日本の夢はじつは「白」から始まったのです。

The spring has come. The fruit trees began to bloom like Japanese white plum, peach, and cherry blossoms. Here is the Utopia! Gogh's dream of Japan started from "white".


「じゃがいも を 食べる 人」の画像検索結果
ゴッホ「じゃが芋を食べる人々」(pinterest)(出品されていません)
The Potato Eaters, Gogh


そもそもゴッホは「黒」からスタートした画家でした。牧師を父とし、かつて聖職者を志した青年は、貧しき人々を暗い色で力強く描きました。やがてパリに出た彼は、色とりどりの印象派絵画や日本の浮世絵と出会いました。彼は日本の色彩を求めて、さらに南仏アルルへと旅立ちます。そして、白い雪と花に迎えられたのでした。

Gogh had started with "black" in the first place. A young man whose father was a priest originally aimed to be in holy orders. He painted the poors with dark colours. He went up to Paris and met colorful Impressionist paintings and Ukiyo-e. Moving to Arles after Japanese images, he was greeted by white snow and flowers.


c0345705_09480693.jpg
ゴッホ「アイリスの咲くアルル風景」(上)尾形光琳「燕子花図屏風」(下)(wiki)
c0345705_21220791.jpg
「北斎  燕子花」の画像検索結果

北斎「燕子花」(pinterest)(青が退色し、輪郭線がよく見える)
(光琳と北斎の燕子花は出品されていません)
Iris by Gogh, Korin, or Hokusai. Hokusai's blue is faded and the outlines are seen better.


白い春が過ぎ、青いアイリスの咲く夏がやって来ました。ゴッホが「日本の夢」とたたえたアルル風景、何かに似ていませんか。ほら、手前の青いアイリスと金色の小麦 ― 光琳のカキツバタの金屏風を思わせます。ゴッホは画廊か雑誌のなかで、この屏風を見たことがあったのでしょうか。それとも、輪郭線のくっきりした北斎の版画を見たのでしょうか。輝かしく鮮やかなるジャポン!現実の日本は、透明な空気とは正反対の湿気に包まれた国なのですが…

White spring passed into blue and yellow summer. This landscape of Alres that Gogh praised "a dream of Japan" resembles Iris by Korin or Hokusai ― the former's colour combination of gold and blue, and the latter's outlines of flowers. Brilliant Japon!But in reality, Japan is a humid country far from the clear and transparent air.


c0345705_15305795.jpg
ゴッホ「ひまわり」(部分)*Sunflowers(google search)(出品されていません)


 盛夏、ゴッホは友人のゴーギャンとともに黄金のひまわりを描きました。日本の版画家(画師、彫師、摺師)が共同制作するように、自分たちも芸術の共同体を営んでいるのだ!有頂天になるゴッホ。
 しかし、現実は ― 日本の版画制作は完全な分業体制で、今でいうコラボとは異なっていました。また、ゴーギャンはゴッホのような夢想家ではありませんでした。やがて共同生活は破局を迎え、ゴッホは耳切り事件を起こし、サン・レミの病院に入院します。


 In high summer, Gogh painted a series of sunflowers in yellow with his friend Gauguin. Gogh was in the skies because their cohabitation seemed to him the community of Japanese woodprint artists.
 But in fact, Japanese woodprint was produced not by such a collabration but merely by a division of labor. And Gauguin was not a dreamer like Gogh. Soon their cohabitation collapsed and Gogh entered a mental hospital in St. Remy.


c0345705_10084647.jpg
ゴッホ「草むらの中の幹」(部分)* Tree trunks in the grass by Gogh(detail)


 ゴッホの絵から、黄色が薄れてゆきます。代わりに表に出てきたのが白でした。この絵の草原を埋めるのは白い花ばかり。わずかに木の根元に黄色いたんぽぽが、夢の名残のようにひっそり揺れています。
 白は、しかし、ずっとゴッホに寄り添ってきた色でした。彼のひまわりの連作は、チューブから絞り出した黄の絵具一色ではありません。濃淡さまざまな黄色を操るには、白絵具もたくさん必要だったはずです。

 In Gogh's paintings the yellow began to retreat and the white has emerged in turn.This grass is full of white flowers and only several yellow dandelions bloom around the bottom of a tree like the obscure traces of his dream.
 The white, however, was the colour that had been beside him from the beginning. His sunflowers were painted not only with the yellow but also with the white mixed into the various tones of yellow.


「gogh star moon」の画像検索結果

ゴッホ最晩年の「星月夜」*The Starry Night(MoMA HP)(出品されていません)


 ゴッホは心の奥底ではずっと、白の清らかさ、白の安らぎを求めていたのかもしれません。
 死の一年前に描かれた「星月夜」では、黄色い月と白い星が拮抗しています。左手前には黒々とした糸杉、右奥には青白い教会堂…糸杉は死、教会は救済を象徴しています。
 黒の画家(じゃが芋を食べる人々)から黄の画家(ひまわり)、そして白の画家(星と教会)へ……ひょっとしてゴッホは、失われた聖職者の夢を、無意識のうちに色でかなえようとしていたのでしょうか。

 Gogh might have seeked for the pure and peaceful white at the back of his mind.
 In The Starry Night painted one year before his death, the yellow and white coexist. Black cypresses are the symbol of the death, and a pale church the salvation.
 From a painter of the black(The Potato Eaters), that of the yellow(Sunflowers), and to that of the white(The Starry Night)…Gogh might have wanted to recover his lost dream to take in holy orders through the colours unconsciously?


c0345705_10045207.jpg
平安神宮の大鳥居、雪山の麓の金戒光明寺
Torii (right), Kyoto Municipal Museum of Art (middle), and Temple (left) in the snow


3階のゴッホ展に続き、4階の日本の近代絵画を見ながら、ゴッホの夢の日本と、現実の日本について思いを巡らせました。ああ、ゴッホがもっと長生きしていたら!あるいはフォーヴィズムの先駆者として名声を得、大正時代の日本人画家たちの訪問を受けていたかもしれないのに!(3階には、ゴッホの墓参りをする日本人の写真なども展示されています)

In this exhibition, you see the photographs of Japanese artists who visited his grave since the Taisho period. Snowdrop thought about the non-coincidence between Japan in Gogh's dream and real Japan. Helas, if the painter had lived longer! He might have gotten the fame as a pioneer of Fauvisme and might have received visits from Japanese painters!


c0345705_10051354.jpg
京都国立近代美術館からのぞむ京都市立美術館と南禅寺
Kyoto Municipal Museum of Art (left) and Nanzen-ji Temple (right) from MoMA, Kyoto



ゴッホが日本を夢見てアルルへ旅立ったように、多くの日本人がヨーロッパを夢見て軽井沢などに滞在しました。ゴーギャンから受け入れてもらえなかったゴッホの芸術家の共同体構想は、のちの武者小路実篤や志賀直哉らの「新しい村」に通じるものでした。

While Gogh traveled to Alres seeking for Japan, not a few Japanese stayed in Karuizawa seeking for Europe. The community of the artists that had been rejected by his friends was in some way realized in Japanese "New Village" founded in 1918.▶https://en.wikipedia.org/wiki/Atarashiki-mura

c0345705_10081039.jpg



星ふる夜 天使の声のふりつもり かそけくうたふ日本の雪を
in the starry night
angels' voices also fall
singing faintly
Japanese snow
which van Gogh dreamt
「vincent van gogh sterrennacht」の画像検索結果



立春に詠める*on the first day of spring
あたらしく生(あ)れし命をことほぎて画家の遺せし絵の花の白
Celebrating
a new life of his nephew
the painter
painted white flowers
like Japanese cherry blossoms

「アーモンドの花 ゴッホ pinterest」の画像検索結果

ゴッホ「花咲くアーモンドの枝」(出品されていません)
Almond blossoms by Gogh(pinterest)


憧れのジャポンをパッチワークしてゴッホは描く錦絵の夢
patchworking
the admired Japon
the painter, Gogh
painted and painted
his dream like colorful ukiyo-e

c0345705_11063183.jpg

(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_19392467.jpg
日本橋駅*Nippon-bashi Station, Osaka


ミラノスカラ座のオペラシーズンは毎年12月7日に始まるとか。大阪国立文楽劇場の新春公演は1月3日から25日まででした。劇場内に一歩足を踏み入れると、浮き立つような三味線のBGMに包まれます。久々の新春公演!かつて同級生四人で、四天王寺で厄払いしたあと観劇して以来かもしれません。

The opera season of Teatro alla Scala begins on December 7th. The new year's performance of National Bunraku Theater was from January 3th to 25th in 2018. Entering the thearter, the background music of shamisen-lute greets you.


c0345705_10391879.jpg
Img_0916_768x1024












食いだおれ人形*Kuidaore Taro in National Bunraku Theatre


ロビーには大きな頭(かしら)のオブジェが…いつからあるのでしょう?奥に見えるのは食いだおれ人形、文楽人形と似た作りだとか。文楽の人形や衣裳は展示室で見られます。まるでオペラ歌手のコスチュームのディスプレイ !?

When has this giant-kashira (puppet-head) appeared in the lobby? Do you find Kuidaore Taro in the back? The puppet and kimono are displayed in the exhibition room. Just like the display of the costumes of opera singers !?


c0345705_10380696.jpg
c0345705_11103247.jpg
↑あっ、売店にアンパンマンかるたが!*Anpan-man Carta!


一階ではカナッペとカクテルならぬ、お菓子とおうすが頂けます。心惹かれますが…snowdropは客席へ急ぎます。開演15分前の幕あき三番叟、やっぱり今日も観たいから♪

They serve not cocktail and canapes, but maccha tea and sweets. Snowdrop hurries to her seat. Let's enjoy Sanbaso-dance before the rise of the curtain today also!


c0345705_10574002.jpg


喜びあれ!祈る傀儡(くぐつ)をあやつるは姿も声も隠せる黒衣(くろご)


Joyeux PrintempsCe qui manipule cette marionnette,c
est un Kuro-go sans forme, sans voix.(2017)


c0345705_17330241.jpg
文楽人形をつかう黒衣(『文楽』平凡社)https://en.wikipedia.org/wiki/Kuroko


黒衣さんは舞台の始まる前に三味線を運んだり、幕開き前の口上を述べたり、色んなお仕事をします。↓

Kuro-go (assistant-puppeteer) is preparing shamisen-lutes. They prologue every scene. ↓

c0345705_11153704.jpg


舞台の上手の床、独楽のように回る「盆」に乗って、太夫さんと三味線弾きさんが登場します。一度乗ってみたい?メリーゴーラウンドとちゃうで。

Tayu and shamisen player are to appear on the rotating stage. Do you want to take a test ride? Not a carousel!

「文楽 床 太夫 三味線」の画像検索結果
文楽協会HPより


舞台の幕も華やかに…にらみ鯛がおめでたいですね。ミラノスカラ座や、パリオペラ座に負けてへんで!

The screen is so gorgeous as La Scala's and L'Opéra's! ― A pair of sea beams shout!


c0345705_10371224.jpg


紅白のぼんぼりの優しい光、シャンデリアとは一味違います。劇場入口で仰いだ飛天の絵柄ですね。

Red or white bonbori (paper lantern) with Heavenly Maiden design that is common with the entrance curtain's.


c0345705_11143610.jpg
a0332314_10443433.jpg
飛天の足元に餅花と絵看板が…


この日見たのは昼の公演、絵看板の右半分です。

Snowdrop enjoyed the matinee only, the right half of the below signboard depicting scenes from the play. Mochi-hana decorate the lobby.


c0345705_10554200.jpg


 『摂州合邦辻』「合邦住家の段」を拡大しましょう。このクライマックスを、六代目竹本織太夫が語りました。あらすじは…
 年若き後妻の玉手御前は、俊徳丸の義母でありながら、道ならぬ片恋に落ちます。許嫁との仲を割くため、俊徳丸に毒を盛って盲目にし、あられもなく言い寄り…ついに実父に斬られてしまいます。しかし、実は毒を盛ったのは、俊徳丸を家督争いから守るため、いずれは寅の年寅の月寅の日寅の刻生まれの己の肝の生き血で、病を治してやる心づもりだったのです。
https://www.kabuki21.com/gappo.php
▲English synopsis of the below signboard, Sesshu-gappo-ga-tsuji


c0345705_07500670.jpg
『摂州合邦辻』「合邦住家の段」

 荒唐無稽な筋だと思われますか?それが、鶴澤燕三の三味線と一体になった織太夫の大音声の語りを聴き、桐竹勘十郎が遣う人形の狂態を見ていると、ぶっ飛びの面白さ!!周りのお客さんたちも、正面の舞台と右手の床とを交互に眺めています。
 そうえいばオペラでも、瀕死のヒロインが延々とアリアを歌うなど、不自然な場面が…(たとえば「椿姫」)。でも、オペラのシナリオは、歌手の美声を引き立ててなんぼ。文楽も、まずは太夫の浄瑠璃と三味線、そして人形の演技を、理屈抜きでしっぽり楽しんで。文楽はオペラだ !?

Do you find the plot nonsensical? But when you listen to the Oritayu' s joruri on shamisen sounds and see the puppets' performance, you find the scene exciting! In the opera also, sometimes the heroine who is dying sings loooong arias! (ex. La Traviata) The libretto is to bring out the beautiful voice of the opera singer. Let's enjoy visscerally first the harmony of joruri, shamisen-lute, and puppets! The BUNRAKU is the opera?!

c0345705_07522821.jpg
『平家女護島』「鬼界島の段」

 オペラに文学や哲学を持ち込んだのが、ワーグナーの楽劇でした。ワーグナーは、アリアごとに拍手でぶつ切りになるオペラを厭い、音楽と物語が一つになってうねる重厚長大な楽劇を創り出しました。ついにはバイロイトに専用の劇場まで!
 いっぽう、近松門左衛門の浄瑠璃は、太夫の語りだけでも文学として鑑賞に耐えます。これについては、いずれ近松の『平家女護島』「鬼界島の段」をもとにお話ししましょう。この日、この段を語ったのは、『文楽・五感のかなたへ』の六代豊竹呂太夫でした。― 文楽は文学だ !?
 
 R. Wagner did not like the conventional opera that had been interrupted by the applause for each aria. He brought the literature and pholosophy in the opera to creat the Musikdrama and Bayreuther Festspielhaus.
 CHIKAMATSU Monzaemon’s joruri is essentially the independent literature sung by Tayu. The BUNRAKU is the literature?!


a0332314_10422042.jpg
新春限定のお土産 ♪ 飛天・にらみ鯛・松竹梅のお煎餅、お干菓子、金平糖

BUNRAKU Senbei (cookie) in the form of Heavenly Maiden, sea bream, etc.

(All Rights Reserved)







[PR]
c0345705_13414012.jpg
lecture sur mon lit

鈴木三重吉編集の雑誌「赤い鳥」は大正7 (1918) 年6月に7月号を創刊号としてこの世に生まれた。(…)「赤い鳥」という名前は複雑な三重構造になっている。
①三重吉の愛着深い自作のタイトル ②若い不倫の恋人への燃える愛 ③日本児童文芸革命のシンボル
(…)ぼくは「詩とメルヘン」を創刊する時「赤い鳥」を目標にした。(…)ぼくのやっていることは鈴木三重吉とはまったくちがう。しかしその精神のある部分は共通するはずだ。それは(…)決して芸術至上主義に走らず、むしろ正当な通俗を目指していることだと思う(…)
― やなせたかし「飛べ!赤い鳥」(「詩とメルヘン」1987年6月号)


「アンパンマン 初代」の画像検索結果

アンパンマンと元祖アンパンマン
Anpanman (animation&original version) (google search)
Anpanman gives his face, anpan (a bun filled with red bean paste) to the fatigued.
Do not worry, his face is soon made again by his baker!


YANASE Takashi, the founder of Japanese magaginze Poem and Maerchen and creator of Anpanman said:

Akai Tori
(Red Bird) , Japanese children's literary magazine editied by SUZUKI Miekichi, was born in June, 1918. The title has three connotations.
①the title of his own novel ②the passion for his young affair-lover ③the symbol of Japanese children's literary revolution
When I first published Poem and Marchen, I set Red Bird as a target. What I am doing is completely different from that SUZUKI Miekichi was doing. But a part of our spirits should share some element. It is the proper popularities. (English summary by snowdrop)


c0345705_13415925.jpg
「詩とメルヘン」1987年6月号(「赤い鳥」特集号)より
Akai Tori (Red Bird) listed in Poem and Maerchen


 2018年は雑誌「赤い鳥」創刊100周年に当たります。赤い鳥の系譜をつぐ雑誌「詩とメルヘン」は1973年創刊・2003年休刊、そして「詩とファンタジー」として2007年に復刊しています。
 こちらは「赤い鳥」に1932年に発表された新美南吉の『ごんぎつね』。「詩とメルヘン」で活躍した黒井健の挿絵で、1986年に絵本になりました。

 The year 2018 marks the 100th anniversary of Akai Tori (Red Bird) , Japanese children's literary magazine. Poem and Maerchen was publshed from 1973-2003 by YANASE Takashi, a Japanese illustrator, cartoonist, and poet who loved Red Bird.https://en.wikipedia.org/wiki/Takashi_Yanase
 Gon, the Little Fox written by NIMI Nankichi is published in Red Bird in 1932. Here is one of the picture books, illustrated by KUROI Ken in 1986, who was popular in Poem and Maerchen.


c0345705_15143472.jpg
『ごんぎつね』(新美南吉作、黒井健絵、偕成社)より


「赤い鳥」を手に取りたくなったら、ココアショップ「アカイトリ」へ出かけます。テーブルや勉強机でバックナンバー(復刻版)を自由に読むことができます。前回訪ねたのは、苺の季節でした。

Red Bird 's back numbers (reprint) are available both at the coffee table and at this writing desk in the cocoa shop Akai Tori.(photo in the strawberry season in 2017)



c0345705_13425181.jpg


「赤い鳥」には日本の物語も…机のそばに飾ってあった土鈴は、大宰府天満宮の鷽(ウソ)だとか。

A Japanese tale in Red Bird and bullfinch-shaped earthenware bells.


c0345705_13445260.jpg


ハイカラな西洋の写真や物語も…カラーの挿絵はスウェーデンのトムテでしょうか。

Swedish photos and fairy tale in Red Bird … is this Tomte? ↓


c0345705_13452294.jpg



どこでせうムーミン谷は スウェーデン?いえいえ それは心のなかに…
https://www.asahi.com/articles/DA3S13314710.html(朝日新聞)
Where is Moominvalley?
in Sweden?
in Finland?
…it is a cartoon question in university exam…
it is in everyone's heart…
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201801160051.html(News in English)


c0345705_13460159.jpg


どこでしょう、アカイトリは? 実は、道頓堀の近くに…
雪印乳業の前身は大正14(1925)年創業、カイゲン(改源)ファーマは大正13(1924)年)創業です。そして、グリコのキャラメルは大正10(1921)年生まれ。みんな雑誌「赤い鳥」と同世代です。↓

Where is Akai Tori(red bird)? Nearby Doton-bori, Shinsaibashi, Osaka, where the regulation of signboard's size is said to be not so strict as in other places.
Snow Brand Milk Products Co., Ltd (*) was founded in 1925, Kaigen Pharma Co., Ltd (Wind God is a symbol of their cold medicine) in 1924, and Glico's caramel (one caramel gives you the stamina for running 300 meters!) was born in 1921. They are all the contemporary of Red Bird !!!! ↓


c0345705_13471799.jpg
Doton-bori, Osaka*How colorful and vivid!


「アカイトリ」のイースターのインテリアや、バードネスト(鳥の巣)ケーキはこちら↓



(All Rights Reserved)



[PR]

チャイコフスキー「炉端で」♪ Au Coin du Feu

c0345705_10395436.jpg


これは西洋で一番古い雪景色といわれる絵です。「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」の「2月」の挿絵。描いたのはランブール兄弟、15世紀前半にさかのぼる細密画です。なんて豪華なカレンダーブック!「2月」に描かれているのは、けれど、フランスの田舎の冬、素朴な農民の暮らし…

On dit que ce peintre est le plus ancien paysage de neige: le mois de février de Les Très Riches Heures du Duc de Berry (1438-1442) par les Frères de Limbourg. Quel riche calendrier! (figs: Bibliothèque de l'Image) Et pourtant cette illustration nous monte la vie paysanne humble.


c0345705_10402880.jpg
Les chasseurs portent guêtres pour chauffer leurs mollets


こちらは小正月(1月15日)のどんど焼き…ではありません。「やまと編」(1月8日)でご紹介した北斎の「百人一首姥がゑとき」(1835-6年)の一枚です。http://ramages3.exblog.jp/238179878/
雪の夕暮れ、猟を終えた男たちが焚火にあたっています。画面右上の色紙形に綴られているのは、百人一首第28番。

「山里は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば」(源宗于)

…さびしさとは真逆(まぎゃく)のにぎやかさ!男たちは草鞋に脚絆を巻いています。殿方もふくらはぎが冷えるんですね。下のフランスの女人みたいに!

"Winter loneliness In a mountain hamlet grows Only deeper, when Guests are gone, and leaves and grass Withered are:―so runs my thought" (The Hundred Poems by One Hundred Poets, Minamoto no Muneyuki, translation of C. MacCauley)
"In this mountain village it is in winter that I feel loneliest―both grasses and visitors dry up." (translation of McMillan Peter)
Hokusai represents the cheerful rest that is contrastive to the loneliness in the waka.


c0345705_10473048.jpg


フランスの山里へ戻ってみると…家の中の女人は青い衣の裾をまくって、ふくらはぎを温めています。足元には、くつろぐ白猫が…。いっぽう庭の家畜小屋、穴の開いた屋根の下では、羊たちが身を寄せ合って暖をとっています。烏は落ち穂をついばみ、蜜蜂は4つ並んだ巣箱の中で、花咲く春を待っています。白い被りものにくるまって赤い衣の女人が帰って来ました。おお寒!凍てつく戸外から、もう一度暖かな室内を眺めてみると… 炉端の幸福感がしみじみと伝わってきます。

Vous trouvez une femme qui trousse sa longue robe bleue pour chauffer ses mollets et un chat blanc? A l' extérieur, des moutons se serrent dans une bergerie avec le toit troué, des abeilles dorment dans quatre ruches en paille. Une femme retourne frileusement. Quel contraste entre la sérénité de l' inxtérieur et le froid de l' extérieur!


c0345705_10491786.jpg


室内で休む人あれば、戸外で働く人あり。敷地の外では木こりが斧をふるい、農夫がロバと歩いています。行くてには、雪山に抱かれた教会と村が見えます。青空と白雪のコントラスト!家の中でぬくぬくしていたら見られない景色です。

Tout en haut, un bûcheron, un paysan, et un âne travaillent. On compare le travail de l'extérieur avec le repos de l'intérieur. Et quel contraste du ciel bleu et de la neige blanche! Quel beau paysage avec une église et un village! On ne jamais les voit dans la maison bien chauffée comme chez snowdrop (pas encore la première neige!) …


c0345705_10514738.jpg


 北斎のこの絵には、働いている人はいません。画面の右には、男たちが眠る小屋が見えます。くつろいだ長閑な時間…けれど、ほら、煙の間に……黒いけだものの掌が?!ひょっとして、どこかに人目ならぬ妖かしの目が?!火の周りの平和と、煙の向こうの脅威…この絵もコントラストが効いていますね。えっ、snowodropの深読み?そうだといいんですけど
 あるいは、猟師たちは獲物がなくて、帰るに帰れず小屋で一夜を明かすのでしょうか。明日に望みを託して…それにしては、手前のそっくり返った男のまん円な禿頭のユーモラスなこと!北斎は森羅万象を円と三角で描けると自負していました。

 Les hommes se reposent après leur travail. Ils dormiront dans la cabane à droite. Mais parmi des stries de fumées, vous trouvez des paumes d' une bête noire? Qu'est-ce que c'est, ce monstre? Quel contraste entre la paix et la menace! Ou quelle pessimiste, snowdrop?!
 La pessimiste voit la mauvaise chasse ici…ils ne peuvent pas rentrer sans la chasse? Mais la tête ronde est trop drôle aux premiers plans! Hokusai representait tous les êtres de l' univers avec cercles et triangles.


c0345705_14193165.jpg
Chasseurs dans la neige (1565) par Pieter Brueghel l'Ancien
On voit ici la tradition du Livre d'heures et l' anticipation du paysage panoramique.


思ったように獲物がとれず、すごすご帰る猟師と猟犬たち…これは時祷書の伝統にのっとった、ブリューゲルの「月暦図」の一枚です。近景の丘の侘しさと、遠景の池でスケートに興じる村人の陽気さとが対比されています。通りすがりの宿に上がる焚火の炎。家に着いたら、炉端で休めるといいですね。

Voici des chasseurs et chiens avec peu de chasse…Pieter Brueghel montre le contraste de la mélancolie aux premiers plans et la gaieté aux arrières plans (le patinage) dans ce paysage de neige. Ils passent devant un hôtel où les gens brûlent quelque chose. J' espère que le repos au coin du feu les attend….


「Hendrick Avercamp」の画像検索結果

おまけ(Bonus)*いま気になっている冬景色の画家です。
https://www.youtube.com/watch?v=cCIvQy-lxfE

(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_11014718.jpg
初めてのキラキラ写真 ☆★☆彡 photo through built-in cross filter


 1月6日、あるいは1月第1主日(2018年1月7日)は公現祭。星の光に導かれてベツレヘムまで旅した東方三博士が、幼子イエスを礼拝した日を祝います。ガレット・デ・ロワ(王様のお菓子)の「王様」は、東方の三人の王様のことです。光を表す金色の円いお菓子に、三博士の王冠をのせて。切り分けらてもらったお菓子にフェーヴ(もとは空豆、いまはアーモンドや陶器)が入っていたら、あなたは王様です。
 初めの写真は、京都のとある教会のプレゼピオです。カメラ内蔵のクロスフィルターでキラキラ☆☆☆彡
でも、東方三博士の姿が見えません。。。

Le 6 janvier on célèbre l' Épiphanie, la manifestation de Dieu, la Lumière.
La galette ronde et dorée, elle symbolise le soleil.
La couronne est celles de rois mages, et
celui qui trouve la fève dans sa part de galette est surnommé « roi ».



c0345705_17482106.jpg
ガレット・デ・ロワ(上)フェーヴ(右)*Galette des rois*Dreikönigskuchen


 昨年は東方三博士のように旅した少年達についてお話ししました。http://ramages2.exblog.jp/28448473/
 もう語り尽くしたと思っていたのですが…次のフランス語の俳句を読んで、snowdropは彼らをもっと慰めてあげたかったんだ、と心づきました。
 お能に出てくる僧侶なら、供養のお経を読んであげるところですが…このフランス語の俳句を、やまとことばの短歌へ生まれ変わらせることで、彼らへの手向けといたしましょう。すべての人の心の痛みが雪に包まれて癒されればいいのに。。。

 J' ai parlé sur quatre jeunes hommes quatre fois qui voyagèrent comme les rois mages, pourtant je me suis aperçue par un haïku français que je voulais les consoler plus.
 Un moine bouddhiste dans Noh réciterait un soutra…en revanche, je fais renaître le haïku en français à tanka en japonais pour les consoler. Que le chagrin de tous passe comme des traces dans la neige 。。。

                     
        
                              
Dominiqueのオリジナル俳句*haïku original par Dominique▼ Merci *Thank you 。。。
   *
                       

   *                    
            

つかのまの(きず)のごとくに雪原の足跡は消ゆふりつむ雪に 


tsukanoma no kizu no gotoku ni setsugen no ashiato ha kiyu furitsumu yuki ni                                        

                 
haïku original par Dominique, tanka traduction par snowdrop
                          
                         
「粉引茶碗 雪の曙」の画像検索結果

「雪の曙」という銘の粉引茶碗があるとか。川喜多半泥子(1878-1963)作(石水博物館HP)

On dit qu' il y a un bol " l'aube de la neige" par KAWAKITA Handeishi(1878-1963)

c0345705_13475150.jpg

ヴォーリズ設計の大阪教会に寄付されたというプレゼピオ。右に東方三博士が…▲

https://www.youtube.com/watch?v=FU_Q1-x3AYI&list=RDFU_Q1-x3AYI#t=41
★★https://www.youtube.com/watch?v=dRhxE8Q8IDE

▲新春にお琴はいかが?皆川達夫氏によると、筝曲「六段」()はカトリック教会の「クレド」(★★)に由来するそうです。

▲According to MINAGAWA Tatsuo, Japanese koto-harp piece Rokudan (
) derives from Credo (★★).


c0345705_13502901.jpg
c0345705_05554794.jpg


まるで夕映えに染まる雪山…カトリックの国イタリア、ミラノのドゥオーモの写真(1999年)をaster roseがイラストにしてくれました(2018年)。小春日はイタリア語で「聖
マルチノの夏」といいます。四人の少年の一人はマルチノという洗礼名でした。偶然ですね!

photo by snowdrop (1999), image processing by aster rose to celebrate snowdrop's entry in International Tanka Society (2018) http://www17.plala.or.jp/ITS117/
"L' estate di San
Martino" reminds me of one of four boys, HARA Martino.


c0345705_15253300.jpg

おまけ*1999年のイタリア旅行記から。綿菓子屋のおじさん ▲

Bonus*Cotton candy, Italia, 1999

(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_15155680.jpg
(すべて12月中旬撮影)

エキサイトブログの写真家たちに触発されて、ハードなショットに挑戦してみました。ここは京都駅ビル。画面中央に伸びてゆく白い飛行機雲を眺めていると…
「駅探(えきたん)せえへん?」と太い声。

Being inspired by several photographers in excite blogs, snowdrop tried the modern photos. When she was looking up at the steel roof and a vapor trail,
"How about exploring the staion?" said a deep voice.

c0345705_14500577.jpg

ふり返ると、巨大なツリーの根元に描かれた、ちょい悪おやじサンタ!
「今日は伊勢丹しか行かないから、乗換案内は要らないけど…」
「ちゃうちゃう、駅の探索やがな。その気になったら色んなもんが見つかるで。今年は京都駅ビル20周年やし」
おや、20周年はエキサイトブログだけではなかったのですね。


Turning to the voice, she found an illustration of rugged Santa Claus on the bottom of the big Christmas tree. He grinned and whispered,
" You know, this year marked the 20th anniversary of Kyoto Station Building! "
" Ho-ho! Just like the excite blog? "

c0345705_14544265.jpg

京都駅の大きなツリーの左隣にも、右手前にも、「20」という数字が見えます。
鉄骨の森の中、ひととき聳え立つ人工の樅の木…なんて広い構内でしょう!
「足が疲れへんか心配か?なんならトナカイ、貸すで。今日は配達の予定あらへんし」
いえ、大丈夫、遠足の子供らも自分で歩いていますもの。ありがとう。

Do you find the number "20" in this photo? In the steel woods, an artificial tree is standing…what a huge station!
"Are you afraid of being tired from walking? If you want, you can use my reindeer because we have no delivery today."
"No, thank you. Even the children are going up the stairs on foot. I am not KO bur OK!"


c0345705_14585600.jpg
馴鹿(トナカイ)タクシー?*Reindeer Taxi?

c0345705_15014214.jpg

ツリーの前で記念撮影する子供たち、階段を昇る子供たち…伊勢丹百貨店は開いたばかり。↑

The children are taking their commemorative pictures or going up the stairs. Isetan Department Store has just opened at 10:00.

c0345705_15001518.jpg

ツリーを見上げつつ、だんだん遠くへ…*The tree is receding from view.

c0345705_15051021.jpg

JRの切符を買えば、金沢だって行けちゃいます*You can go anywhere from Kyoto by JR.

c0345705_20004308.jpg

「無良崇人 オペラ座の怪人」の画像検索結果


無良崇人の「オペラ座の怪人」も凄かった…*MURA Takahito,The Phantom of the Opera(google search)+ The Phantom of the Opera by Four Seasons Theatre Company(upper fig.)

c0345705_15063479.jpg

この鐘を鳴らすのはあなた………♪♪♪ ↓ It is you who will ring this bell………♪♪♪

c0345705_15071827.jpg

鐘とツリーをつなぐ道にもまして、この空中通路の長いこと!まるで一点透視図法の見本です()。どうやら伊勢丹へは戻れそうですが…

Here we are on a looong sky-bridge, just like a sample of the one-point perspective drawing method ().

c0345705_15121310.jpg

★クライスト・チャーチ・カレッジ講堂*Christ Church College (wikipedia)

道中の展望スポットからは、京都タワーと比叡のお山がきれいに見えました。京都タワーは白い和ろうそくのデザインです。

From this passage, you can enjoy the view of Mt. Hiei and Kyoto Tower in the shape of a Japanese candle.

c0345705_15231167.jpg

気がつけば、伊勢丹百貨店内。(そのつど撮影許可を頂いています。帰るまぎわ、店内撮影不可の放送に気づきました。 ^^;)

…Snowdrop found herself in the department store.

c0345705_15400199.jpg

まだお昼前ですが、テラス席で早めのランチ。胡椒入れと京都タワー、意外にいい取り合わせです。あらら、強制フラッシュなのに、光りません。なぜ?

She had the early lunch at a table near window. Let's take a photo of Kyoto Tower and a pepper pot!

c0345705_15450591.jpg

見下ろせば、バスターミナルが見えます。おや、ダブルデッカーが走っています。ロンドンでは乗りましたけれど…

A double-decker in Kyoto as well as in London!


c0345705_15271558.jpg

店内は駅構内と同じく吹き抜けで、エスカレーターが連なっています。snowdropはいつも、この見通しのいいエスカレーターを使います。おや、新年まで使いまわせそうな提灯が…

Isetan is built in wellhole style, where you see Christmas trees and Japanse paper lanterns at the same time: a half‐Japanese, half‐Western interior decoration!


c0345705_15342686.jpg

シックなコートと草鞋(わらじ)のコラボ…このシュールな光景も、新年までこのままでしょうか。

The collaboration of European overcoat and Japanese straw sandales……chic, à la mode! (lol)


c0345705_15333366.jpg

幾つになってもときめく、ステーショナリー(文具)のディスプレイ。snowdropは年賀メールに切り替えてしまいましたが、たまに手作りの年賀状をもらうと嬉しくなります。
2017年はお世話になりました。2018年もどうぞよろしくお願いします。

Snowdrop loves this stationary's diplay. She rarely receives a handmade greeting card recently, in this Internet era.
Thank you for everything last year!!! Best wishes for a Happy New Year!!!!!


c0345705_16225490.jpg

追伸* 国際タンカ協会に入会しました。これからも、日本語と外国語で短歌をつくり続けたいです。

p.s. snowdrop has entered International Tanka Society. She continues to make tanka-poem both in Japanese and in foreign languages.http://www17.plala.or.jp/ITS117/


WATARIDORI鶴はやまとの鳥にして仏蘭西の鳥リトアニアの鳥

WATARIDORI

the crane is

a Japanse bird,

a French bird, and

a Lithuanian bird


Dscn0391_800x491
(All Rights Reserved)


-私の2017-今年を振り返ろう




[PR]

c0345705_09033532.jpg
ヴァティカンで貰ったヨハネ・パウロ2世の硬貨
the coin of John Paul II that snowdrop got in Vatican in 1999


4番目に踊ったのが私だった。マンショがトスカーナ大公夫人と踊った、あのピサの舞踏会。きらめくシャンデリア、香水の香り、心浮き立つ楽の音…私はすっかりのぼせていた。それで、こちらを見つめていた視線の持ち主に、やみくもにダンスを申し込んだのだ。どっと笑う声がした。マンマ・ミーア!私は足元もおぼつかぬ老婦人を選んでしまったのだ!ああ、どうかあのご婦人が、日本の少年に恥をかかされたと思っていませんように!(*>ω<*)

It was I that danced the lastin that ball where Mancio danced with Bianca Capello. Glittering chandeliers, perfume, musicI was totally beside myself. Someone was gazing at meI invited her to dance without looking at her properly. A peal of laughter!! Mamma mia!! She was an old lady who barely walked!!!! Ah, I wish she was not ashamed because of me!!!!!!!!



c0345705_10440636.jpg


4番目に選ばれたのは私だったのだと思う。正使の二人ほどは身分も高くなく、マルチノのように語学ができるわけでもない。なぜ選ばれたのか、自分でもよく分からない。
 そもそも、なぜ自分がキリスト者になったかもはっきりしないのだ。天狗めいた異国人の思いがけず柔らかな笑顔や、オルガンの響きや、紅茶の香りや、プレゼピオという人形の家に心奪われ、親にせがんでセミナリオに通うようになった。私はのめり込むたちなのだ。

I think it was I that was chosen the lastI was not as noble as two senior commanders and was not good at speaking Portuguese like the other vice commander, MartinoI do not know why I was chosen as a member of Tensho Youth Mission to Europe.

In the first place, I do not know very well why I got baptized. That unexpected sweet smile of tengu-like foreigners, the sounds of an organ, the smell of red tea, the mysterious doll house: presepio, which all charmed me to ask my parents to let me go to semianrio. I was the type of person who concentrates on something attracting.



c0345705_12052013.jpg
戦国のキリシタン大名、高山右近 記念聖堂のプレゼピオ*東方三博士の人形▲(2011年)
マルチノがマカオへ発った翌日、右近はマニラへ出航、その地で没した。

Presepio in Takayama Ukon Memorial Church (2011)
Ukon was deported to Manila on the day following Martino's departure to Macau and died there in 1615. ▶https://en.wikipedia.org/wiki/Dom_Justo_Takayama

 リスボンへ向かう船では、釣りに没頭するあまり、釣り針を壊してしまったっけ。しょげる私を励ましてくれたのは、気の優しい甘えっ子ミゲルだった。あの、はちみつのような笑顔…
ジュリアンは釣りが上手か。さすが海の子ばい。ローマ・カトリック教会の祖、ペトロも漁師だったたい!わいはペトロのごと素直で、ひたむきやん


I was absorbed in fishing and broke a hock on the ship for Lisbon. I blushed for shame. It was gentle Miguel who encouraged me, a mamma’s boy with a honey smile.

“Jurian is a good angler! That's Jurian, a 'child of the sea' all over!” You know, St. Peter also was a man of the sea. You are as honest and single-minded as he.”


c0345705_18364207.jpg

狩野派の画家たちが描いた南蛮船と南蛮人
a ship from Europe and European people painted by Kano school painters


 あるジパングの美術史家は、私がスペアだったのだと述べた。少年は3人しか要らなかったのだ。そのころドイツやオランダがプロテスタントに、イギリスが国教会に改宗し、カトリックから離れて行った。ローマのパパ(教皇)は息子たちを失った…そこへ、はるか東の国から新しい息子がやって来た!それも三人!東方三博士の再来だ!

どうして寄りによってローマで、風邪なんか引いてしまったのだろう。旅の疲れが出たんだ、ゆっくり休んでいなさいと皆が言う。けれど、マンショはトレドで疱瘡になったし、マルチノはマドリッドで不整脈と高熱に苦しんだ。たかが風邪くらい…いやいや、ご高齢の法王様にうつしたら大変だ、ご遠慮しなさい。そして結局、グレゴリウス13世との謁見はおろか、新しく就任したシスト5世の戴冠式にも出席させてもらえなかった。


 A Japanese art historian, WAKAKUWA Midori said that I was a spair member.They needed only THREE boys. Papa in Roman Catholic Church has lost Protestant sons, i.e., Germany, Holland, etc. at that time. But his new sons have arrived from Far East! THREE oriental boys! The Magi’s second advent!

Why did I catch a cold in Rome of all places! Everyone said to me that I was fatigued from the trip. But in Tredo, Mancio was attacked with the small pox and Martino had a high fever and an irregular pulse. It was just a cold, butthey persuaded me to stay in bed in order not to give a cold to the aged Pope. In the end, I could not meet officially not only Gregory XIII but also Sixtus V.


c0345705_11410924.jpg
「天正遣欧少年使節がたどったイタリア」展覧会図録


これは正使マンショの肖像画…2年半の船旅と、冬でも強い南欧の陽射しで、私たちは浅黒く日焼けしていた。けれど、ここまで黒くはなかった。それに、マンショは一番年長だったとはいえ、これほど大人びてはいなかった。このもみ上げの男くさいこと!
 この肖像画は、若桑みどりの没後7年目に発見された。ああ、やはり彼女の説は正しかったんだ。ここには年かさの東方博士のイメージが重ねられているに違いない。マンショの絵は、彼女の説を裏付け、彼女の労作に応えたのだ。その赤い唇は、研究半ばにして倒れたイタリア美術史家に微笑みかけているかのようだ。


Here is a portrait of Manciotrue that we have been suntanned during our voyage and stay in Portugal, Spain, and Italy, but not so black! And Mancio did not look so macho. What manly sideburns!

This portrait was discovered seven years after the death of that art historian, 2014. Ah, her hypothesis was correct! The image of senior Magi might be superimposed on his figure. This picture seems to support that hypothesis and smile to the art historian who died halfway through her study on Italian art.


c0345705_10462265.jpg
『天正遣欧少年使節の教皇謁見に関する報告書』の挿絵(同展覧会図録)
Avisi Venuti Novamente da Roma delli XXIII di Marzo M D LXXXV.


どうか私を憐れまないでほしい。きらびやかなパレードに交じることも、カステル・サン・タンジエロ(聖天使城)の橋を渡ることもなく、ただ祝砲の音を遠くから聞くほかなかった私を。法王様にハグされ熱い涙を注がれることもなく、フランスやヴェネツィアの公使とともに華々しく旗をかつぐこともなかった私を。

誰が知ろう、落胆した者、挫折した者、心に空洞をもつ者こそが、それを埋めるために残りの人生を捧げ尽くすことが出来るということを。挫折は強靭なバネとなるのだ。漁村出の一少年だった私が、マンショとともにマカオに留学して司祭となり、迫害を耐え抜き、信仰を全うできたのは、ローマで枕を濡らす悔しさを味わったおかげかもしれない。

 Please do not pity me, the forth boy who could not participate in that flowery parade crossing ponte Sant'Angelo and could only hear the salute of guns from far away. The forth boy who was not hugged by Papa and did not carry the flag with French and Venezian ministers.

You know, those who are dissapointed, discorraged and feel so empty inside CAN devote the rest of their lives to the compensation. You can use the frustration as a springboard! This boy from a fishing village was to study in Macau and become a priest with Mancio and to endure persecution alone to fulfill the faithTHANKS TO the chagrin in Rome, where I drenched my pillow with tears….


c0345705_13151885.jpg

アドベントのパレード(1999年)* Parade in Advent, Firenze (1999)


 4人の少年のうち、殉教したのは私一人だった。寛永10年(1633)、初めての鎖国令が出された年のことだ。私は外国人神父や修道士らとともに、暗黒の穴に逆さ吊りにされた。還暦を越えた老身が何日耐え得たのか、数えるすべもなかった。朦朧として、何も聞こえなくなった耳に、ただ、かすかに、半世紀前に船上で友らと聞いた、山上の説教の朗読がこだましていた。―

「敵をし、迫害する者のために祈りなさい。天にいますあなた方の父の子となれるように…」

それから374年後の20076月、私は教皇ベネディクト16世から福者に列せられた。グレゴリウス13世やシスト5世、そしてペトロに連なる法王様から…。このよき知らせは、その年の10月に亡くなった美術史家の耳にもきっと届いたに違いない。

The forth boy was to be a single martyr out of the four, in 1633, when the first national seclusion order was issued. I was hung upside down over a black hole with foreign priests and monks. How many days did I live, a priest over sixty? In my muffled ears, a phrase was echoing of the Sermon on the Mount I had heard on our deck fifty years before.

love your enemies, and pray for those who persecute you in order that you may be sons of your Father who is in heaven

374 years later, in June 2007, I was beatified by Pope Benedict XVI. This good news should have reached the ears of that Japanese art historian who died in November in that year.



f0374041_10033227.jpg

」の蝋燭*アドベント第4主日(12月24日)
LOVE*Fourth Sunday of Advent(24 December)


こそがすべてと歌ひしビートルズ四本ならぶ蝋燭のごと

All you need is LOVE!  
The Beatles sang
like four Advent canldes
 
in my childhood.





すべての人にとって平和に満たされたクリスマスになりますように。希望喜びに満ちた年が訪れますように

I wish you Christmas filled with PEACE and LOVE, and New Year filled with HOPE and JOY


c0345705_16173353.jpg
おまけ*フィレンツェの街角の二人(1999年) Firenze, Advent in 1999


All Rights Reserved




[PR]
「durer praying hands wiki」の画像検索結果


デューラー「祈る手」*Betende HändePraying HandsAlbrecht Dürer(wikipedia)



 式子も男の手を見つめていた。いつもは己の傷ついた手ばかり見ていたが、その日は時間をかけた見立てだったので、彼の手にも注意を引かれたのだ。

― この人の手はなんと繊細なのであろう。女の命婦でも、もっといかつい手をしている。わたくしのように小さく愛らしい手をした者はいないと命婦は言ってくれるけど…わたくしの右手をとる彼の右手は、まるでわたくしの左手のようだ。わたくしの手よりひと回り大きいだけで、すうっと伸びた指は、わたくしのより長いけれど、同じくらい細い。なんと貴(あて)なる手!医師(くすし)の小刀や書巻しか執ったことのない手。鄙住まいゆえ、浅黒く日に灼けてはいるけれど…

式子の頭にひらめくものがあった。

「そなた、ただの鄙の医師(くすし)ではありませんね」
「いきなり何をおっしゃいます」
「そなたほどの医師なら、御典医はおろか典薬頭にまでも昇りつめうるはず」
「望んだこともありません」
「いつか聞いたことがあります。洛北には野に下った若き元御典医がいて、宋よりの船を通じ密かに医書を取り寄せ、新しい医術で民を癒していると。天平の行基菩薩の生まれ変わりだと人々が崇めていると」
「お人違いにございます」
「では、名を名乗りなさい」
「ご容赦を」
 その刹那、式子の目から珠を連ねたようにはらはらと涙が零れた。
「興奮なさるとお体に障ります。お願いですからお休みになってください」

式子は床に伏しながら、なおも涙を流した。
― 容赦…わたくしにそなたの何を許せというのか。わたくしはそんなに、そなたを困らせてしまったのか ―
しかし皇女は、思いを口に出すことにも、涙をみずからの手で拭うことにも慣れてはいなかった。

男は、水晶の数珠を思わせる皇女の涙から目をそらしながら、眠り薬を取り出し、それを己の指から彼女の指へそっと滑りこませた。


c0345705_14182776.jpg

「眠れる森の美女」* Sleeping Beauty (NHK Educational Television)



She also was observing his hands. While she had always paid attention to her wounded hand only during the brief medical examinations, that night she had enough time to look at his hands.

― How delicate his hands are! Even Myoubu, a court lady, has more rugged hands. She sometimes says that no one has such small and lovely hands like mines… His right hand taking mine looks like my left one. Though a size larger, whose fingers are as thin as mines. What a noble hand! The hand that has taken only a surgical knife, scrolls, and books. Though dark-colored because of the rural sunlight…
 An idea crossed her mind.

“ You are not a mere country doctor.”
“ What are you saying abruptly? ”
“ An excellent doctor like you would have gone to the top such as a court doctor, even the head doctor.”
“ I have never hoped for that.”
“ I have heard there is a young ex-court doctor in the north of the capital who left the government service and has got the medical books through trading ships from Song Dynasty China to heal the people. He is worshipped as the reincarnation of Gyoki (行基) Bosatsu in the Tempyo period.”
“ That’s not me.”
“ Then, tell me your name! ”
“ I’m sorry, I can’t.”
 At the moment, beads-like teardrops fell down her cheeks.
“ You are too excited, please make calm so that your fever does not rise.”

She was still shedding tears in bed.

― I made him say sorry, my questions troubled him…

But the princess was not used to expressing herself and wiping her own tears with her own hands. 
 He turned his eyes away from her crystal-rosary-like tears and handed a sleeping drug from his fingers to hers gently.


c0345705_11062452.jpg



祈ることをいまだ知らざる
さんの手から飛びたつ
の竹とんぼ


(Bamboo-dragonfly-like seeds take the air from fresh maple leaves like palms of the baby who does not know how to pray.)


c0345705_20502944.jpg
「竹虎」の画像検索結果

楓(かえで)の実(2017年5月、三室戸寺)* maple seeds in May, 2017
bamboo dragonfly*Japanese (Chinese) toy(google search)



「ほととぎす」は次回より「ももさへづり*やまと編」へ移り、土曜連載とします。第12回は12月2日()です。http://ramages3.exblog.jp/


(To be continued to next Saturday, at another bloguehttp://ramages3.exblog.jp/


(All Rights Reserved)




[PR]


f0374041_14501535.jpg

            むらもみぢ(2016年)


 いっぽう彼女は、薄雲がたちこめるような憂いを感じることが多くなった。しだいに二つの咬み傷が浅くなり、赤い腫れが薄れてゆくのを見れば、喜ばしいはずなのに寂しい。都に戻ったら何をしようという女官どうしのおしゃべりに耳をふさぎたくなる。そんな自分に皇女は戸惑った。

わたくしはもともと神館(こうだて)での一泊が好きであった。それが今年は毎朝、頻(しば)鳴く鵯(ひよどり)や雀の声を聞き分け、昼は雉や小綬鶏の叫びに驚き、夕べには蛙の合唱に聞き入ることができる。まるで草を枕に旅をしているようだ。なのに、わたくしの紙には四十雀の聞きなしも、蛙の声の高低も記されていない。ただ、わずかな言葉をつなぎ合わせた歌のかけらが散らばっているばかり。
十日目の夜、いつもより遅い時刻に男が訪れた。
「まれにこの時期、赤い尿(ゆまり)が出て容体が急変することがございます。今夜はおそばに侍らせて頂きますが、お気づかいなきよう」
男はいつものように、式子の手を取った。浮腫はさらに引き、手の甲と指の関節に膨らみが残るだけである。中指の付け根が、蚊に刺された痕のようにほんのりと赤い。彼はふとその手を、初めて見るもののように見つめた。
― このように小さな手を見るのは初めてだ…十三くらいの童でも、これよりふっくらした大きな手をしている。なんと細い指…扇と筆と箸しか執ったことのない手だ。日にさらされたことのない、白く薄い肌が戻りつつある。これまでは内出血の痣に覆われ気づかなかったが、手首に、流れる涙のしずくのような胡桃(くるみ)色の痣がある。こんな華奢なお身に、よくぞ毒が回ってしまわなかったものだ…
「よくぞここまで回復なさいました。内心、恐れていたのですよ。もしも薬が効かなかったらと…小刀を振るって何とかできればまだよいが、薬は正しく用いた後は、祈るしかありませんからね。これが小さい童だったらと思うと…ぞっとする」
 男の目が光った。式子は己が、幼子を蜘蛛の毒にさらした挙句、ひたすら祈る母であるかのような錯覚をおぼえた。

「祈り…その頭(つむり)はやはり僧を思わせます」
「いいえ、僕(やつがれ)は鄙の医師(くすし)に過ぎません」


この連載は日祝日に更新します。次回は11月26日(日)です。


c0345705_11084726.jpg
かえで(楓)は「かえるで(蛙手)」に由来します(高山寺、2015年5月)


 She came to sink into a fog of melancholy. The shallower and paler her wounds became, the more lonely she got. Hearing the court ladies talking about returning to the capital, she wanted to cover her ears…she was confused by herself.

― I used to like staying at Ko-date even only one night. Especially this year, every day I can listen to sparrows, pheasants, brown-eared bulbuls, Chinese bamboo partridges, and every night a chorus of frogs, Ural owls, etc. I feel as if I was travelling with a grass-pillow. And yet my papers tell nothing about the melodies of tits or frogs…only the fragments of my waka-poems with a little vocabulary.

 On the tenth night, the man visited her later than usual.

“ At this stage, sometimes the colour of urine changes red and the patient’s condition gets worth suddenly. I attend on you tonight, but please do not mind.”

 He took her hand as usual. The swelling has further gone down except the back and joints of the hand. Two pink spots on her middle finger were like two mosquito bites. He looked at the hand as if he had seen it for the first time.

― For the first time for me to see such a small hand…even a thirteen-year-old child has bigger ones. How thin fingers…Her hand has taken only a fan, a pen, and chopsticks…The white skin is coming back that has never been exposed to the sun. A teardrop-shaped brown mole on the wrist that I have not noticed because of the internal breeding bruises…what a delicate build…what a fortune that the poison has not passed into her system!

“ You have recovered miraculously…I was inwardly afraid, what if the medicine should not work? I would rather use my surgical knife…all I can do is to give you medicines correctly and to pray…if the patient was a small child…horrible!”

 His eyes glistened. The princess felt as if she had been a mother whose child had been bitten by a spider.

Pray…your head looks like a monk’s.”

“ No, I am a mere country doctor.”


c0345705_16093198.jpg
淡海(あふみ、おうみ、滋賀)の千鳥のかたちの雲(1990年代)



窓は舞台
書割り雲をひよどりや烏天狗ら
ひよいとかすめる


Une fenêtre, c' est un théâtre
avec des nuages à l’ arrière-plan
où un bulbul à oreillons bruns
et un corbeau-tengu,
ils passent.


(To be continued to next Sunday
(All Rights Reserved)


「烏天狗 pinterest」の画像検索結果
* bonus * pinterest *






[PR]