人気ブログランキング |

タグ:Architecture(建築) ( 32 ) タグの人気記事

c0345705_10080708.jpg


エアメイル風のコーヒーパッケージ(伊勢丹京都)



珈琲は海の向うの異国よりはるばる届く匂ひの手紙

le café
est la lettre d' odeur
qui arrive
du pays étranger
au de-là des mers


c0345705_11351381.jpg


観音開きの白い窓


イノダコーヒを出て二分も歩くと、京都文化博物館に到着。
こちらは打って変わって赤レンガの洋館。昔は銀行でした。
シャルダン展を見に行った三菱一号館美術館を思わせます。

Le Musée de Kyoto est à cinq minutes de marche de Inoda Coffee.
Cet ex-banque est un maison de brique rouge de style occidental.


c0345705_10390891.jpg



中之島公会堂(1918年竣工)と似ているのは、同じ辰野金吾の設計だからです (1906年竣工)。
こちらの方がボリューミーなのは、ともに設計した弟子、長野宇平治の作風でしょうか。

Les desssinateurs de cet immeuble sont Kingo Tatsuno et son disciple.
Il avait fait le tracé de Osaka City Public Hall en Nakanoshima aussi.


c0345705_10375850.jpg



元は営業室だった広い空間は展示スペースになっています。
日本で初めて第九が演奏されたことで有名な
鳴門市の板東俘虜収容所の資料が展示されていました。

Là sont exposés des documents du camp de prisonniers de Bandō,
où les prisonniers chantèrent pour la première fois au Japon
la Neuvième Symphonie de Beethoven. → 📚


c0345705_12071424.jpg




渦潮の町にドイツの友愛の歌はとどろく満ち潮のごと

in den Stadt
von Strudel
" Freude !"
der 9 Sinfonie
klang wie der Flut


c0345705_11401586.jpg


c0345705_12102178.jpg

c0345705_11470629.jpg



ポスターや絵葉書にはウィーン世紀末美術の影響が…
あっ収容所の屋根の上にイースターのウサギさんが!
イースター・エッグの入ったかごを抱えていますね ♪

J' ai trouvé une carte de Pâques.   🐰 ↓

c0345705_07222179.jpg



ギャラリースペースで見つけた小っちゃなフォトカードには、
モンサンミシェルと小羊が…イースターの仔羊を思わせます。

Voici une petite photo-carte de Mont Saint-Michel
et un petit mouton comme l' agneau pascal.  🐑


c0345705_16203780.jpg

↑ 🐈 猫ちゃんの缶に入れてきた飴ちゃん、食べへん?



博物館からSNS発信を勧められたお神輿です(特別展)

D' une exposition spéciale de Sugawara no Michizane.


c0345705_07242380.jpg

神輿*mikoshi*sanctuaire portatif


特別展と展示を見たあと、敷地内別棟の前田珈琲でひと休み。
かつては銀行の金庫室でした。
三菱一号館美術館にも、元金庫室のカフェがありましたっけ。

Maeda Coffee est ex-coffre-fort-maison.


c0345705_10411989.jpg

c0345705_10404601.jpg



特別展のテーマ、天神さまにちなんで、梅のシフォンケーキを…
酸味のきいたケーキには、仄かに梅の香りもします。
菅原道真さまと飛梅の恋物語をつづったこともありましたっけ。

Voici un gâteau dedié à Sugawara no Michizane.


c0345705_10045040.jpg



イノダコーヒと同じように、帆船のオブジェが飾られていました。

Il y avait une maquette de bateau à voile comme au Inoda Coffee.


c0345705_10365621.jpg



そういえば、プルーストの朝ごはんはボル一杯のカフェ・オ・レ。
当時、コーヒーはぜいたく品でした。
小食で虚弱なプルーストが船旅に出ることはありませんでしたが、
海辺の保養地でよく夏を過ごしていました。
あこがれの日本にも来られるとよかったのにね。

Proust ne voyaga pas et passait des été à la station climatiqne
au bord de la mer. (Encore moins au Japon qu' il adorait…)


イノダコーヒ京都本店

c0345705_14410073.jpg
c0345705_10080708.jpg


海辺の避暑地のプルースト(左)*カフェ・オ・レとともに執筆中のプルースト(右)


フランスの小説家、プルーストが亡くなっておよそ100年…
京の三条通には、フランスのチョコレート店が集まっているとか。


Environ 100 ans ont passé depuis la mort de Proust.
Maintenant il y a beaucoup de chocolateries au Rue Sanjo, Kyoto.



c0345705_10441634.jpg

BEL AMER(ベルアメール)の飾り窓


博物館の珈琲店を出て、三条通から寺町通へ。
その途中で、シックなチョコレート店を見つけました。
メモ メモ!
博物館でゲットした「巫女めも」はどこ?

BEL AMER, JEAN-PAUL HÉVIN, etc.


c0345705_17224327.jpg


祖母のこさえた匂い袋、友の旅みやげの梅もようの漆の匙
寺町通の三月書房で貰った「香」がテーマのブックレット

Memo pads of Kitano Tenmangu Shrine

c0345705_14553403.jpg


おまけ*北野天満宮の飛梅(紅梅)(2016年2月)

Red Japanese Spirit Plum in Kitano Tenmangu Shrine

(All Rights Reserved)











c0345705_10100277.jpg



イノダコーヒの朝食は、京都駅からバスに乗って食べに来る旅人もいるそうです。
たとえ日帰りでも、旅気分が味わえるでしょうか?
博物館が開くまでの時間、ゆっくり朝食を頂くことにしました。
お店の飾り窓には船のオブジェが…まあ、さっそく旅気分!

Allons à prendre le petit déjeuner au Inoda Coffee en Kyoto
comme une voyageuse ! Il y a des bateaux dans la vitrine !


c0345705_10161414.jpg



窓から見えた部屋はまだ準備中でした。
窓際(右)に古い扇風機。ベル・エポックのポスター展(2003年、思文閣美術館)でみた
「扇風機」(V. セッサンチ)のポスターを思い出します。こんな形の扇風機の強風に
パオロとフランチェスカ(『神曲』に登場するカップル)があおられていましたっけ…

Cette chambre était en préparation.



c0345705_10172296.jpg



ガラス越しにぱちり。
↓春限定のコーヒーパッケージを眺めていると、別館に案内されました。

Pendant attendant avec des voyageurs, j' ai pris quelques photos.


c0345705_10092127.jpg
















レトロな別館へつづく扉にステンドグラス。アラビアのコーヒー園のモチーフです。
さっきのコーヒーの名前は「アラビアの真珠」でしたっけ。
コーヒー豆はアラビアやコロンビアなど、海の彼方の遠い国からやって来ます。

Le coffee "Perle Arabe" et un vitrail d' un Arabe.



c0345705_10184153.jpg
















c0345705_11334088.jpg




















別館から本館をふりかえる


お待たせしました、春野菜たっぷりの「京の朝食」です。
初めからミルクが入れられたコーヒーを一口飲むと、
前回ここに来た時の記憶がよみがえってきました。

Voici sa spécialité, " le petit déjeuner de Kyoto",
Bon appetit !


c0345705_10274130.jpg



あれは二月の昼下がり。翻訳の仕事の打ち合わせに
共訳者の女性がこの店を選んでくださったのです。
あちらのサンルーム風のコーナー、左端の席でしたっけ。

Je suis venue ici avec mon co-traductrice il y a longtemps.



c0345705_11375680.jpg

c0345705_10291000.jpg



ひとさまがこさへてくれし朝ごはん食めば時間はゆるゆると過ぐ

「こさえる」は「作る」の意の西日本方言です。


朝餉とるお一人様がちらりほらり少し澄まして文庫本繰る


il y a
des femmes qui prennent
le petit déjeuner seule
avec un livre poche
tirées à quatre épingles



c0345705_14410073.jpg


プルーストの朝食しのび珈琲とクロワッサンは最後に食(たう)ぶ


よく見ると、カフェオレ・ボウルしかありません。↓
しもた!プルちゃんは小食やったか…?
調べてみると、かつてはクロワッサンも食べたとか。



petit déjeuner de Proust
c0345705_14431882.jpg



左巻にねぢれば開くとこの手が知る 祖母の家にもありしこの鍵

ma main sait
comment ouvrir cette clef
il y avait
des même clefs
chez ma grand-mère



c0345705_10294294.jpg



















打ち合わせの時は入らなかったお庭。
今日は暖かいから覗いてみましょう。

Le jardin du style semi-japonais.


c0345705_10312690.jpg



















c0345705_10320782.jpg


















亀のいる手水鉢ふうの泉水。まるで坪庭!そう、ここは実は町家なのです。
↓ あの飾り窓の右隣に、こんな古風かつ和風な入口があったのです。

Il a un bassin avec deux tortues.
Inoda Coffee est une maison en bois typique de Kyoto.


c0345705_10340931.jpg



次回は、赤レンガの前田珈琲で 天神さまの梅シフォンケーキを…

(All Rights Reserved)

春の食材を使った料理&スイーツ




c0345705_15512453.jpg


フェルメールからの手紙を待っていた むめの便りのかをる如月

J' attendais
une lettre de Vermeer
au mois de fevrier
quand le prunier
commence à fleurir


c0345705_17004831.jpg



フェルメールをおさめた蔵をのぞいたら浪花のひひな人形も美(は)し

looking in a warehouse
keeping Vermeer's paintings
I found
beautiful hina-dolls also
that had been handed down in Osaka


「大阪市立美術館 ひな人形」の画像検索結果
大阪市立美術館HPよりお借りしています


フェルメール展が東京から大阪へ巡回してきました。
スローな snowdrop、絵のレポートはまた改めて…。

An exhibition 'Making the Difference: Vermeer and The Dutch Art'
has begun in Osaka, following that in Tokyo.
Slow snowdrop's report will be published later.


c0345705_17000616.jpg



展覧会が始まってはや数日、入場券をもとめるのに何分かかるでしょう?
白壁の巨大な蔵をおもわせる美術館の正面に回ると…

How long does it take to buy a ticket of this exhibition ?
Here we are in front of Osaka Municipal Museum of Art
like a huge storehouse …


c0345705_17113552.jpg


行列なし、待ち時間 0!
フェルメール・カラーの黄色のチューリップに彩られた階段を
金髪の女性がゆったり昇ってゆきます。
ほっとして振り返ると、おお、これが名高い通天閣!(右)

No line, no waiting time !
A blonde woman is going up the stairs,
where blue and yellow pansies are lined up.
Turning around, a panoramic view of Osaka!


c0345705_17173845.jpg



知らなんだ通天閣が時計はめHITACHIのゼッケンしよつているとは


大阪の町がお子さまランチなら旗ははためく通天閣に


c0345705_17242959.jpg



このごろ建築関係の翻訳を少々手がけているせいか、
これまでのように絵や彫刻へ突進するだけではなく、
建築の細部にも目がゆきます。

Because I am now translating some documents on the architecture,
not only artworks but also the details of architecture attract my attention.


c0345705_17262718.jpg

大阪市立美術館*Osaka Municipal Museum of Art


バルコニーや尖頭アーチ、絵のない玻璃窓など、
先日入ってみた神戸のモスクを連想させます。

The balcony, ogives and simple stained glasses
remind me of those in Kobe Muslim mosque.


c0345705_20415396.jpg

神戸ムスリムモスク*Kobe Muslim Mosque

c0345705_20405148.jpg

神戸ムスリムモスク*Kobe Muslim Mosque


大阪市立美術館*Osaka Municipal Museum of Art

c0345705_18010575.jpg



美術館の外観は商家の白壁の土蔵を思わせるのですが…。
中国彫刻など東洋美術のコレクションも充実していますから、
こんなオリエンタルな折衷様式がぴったりかもしれません。

While the external appearance is in Japanese style,
the interior design in Oriental syle, which is suitable
for the concept of this museum(collection:HP).


石造 菩薩交脚龕晩秋



北魏の石仏も上村松園も…(大阪市立美術館HPより)

Chinese Bodhisattva statue (5c.) / Japanese style painting

(All Rights Reserved)










c0345705_20415396.jpg



この春めいた卵いろの窓はどこの窓?これはモスクの窓。
snowdrop、ついにTVドラマ「オスマン帝国外伝」の舞台へ?

Where are we? Here we are in Kobe Muslim Mosque(→).




チューリップの季節に始まる展覧会、京都へ巡回するのはバラの季節です。

This exhibition will begin in the season of tulip in Japan.



c0345705_20270159.jpg




















ここは神戸の街なかにあるモスク。
パール・ストリート沿いの北欧カフェから見えています。

The mosque is nearby that cafe markka along Pearl Street!


c0345705_20443215.jpg



三日月の銀にきらめくミナレットやまとの桜のつぼみのなかで

silver crescents shine
on the minarets of Kobe Mosque
surrounded
by lots of buds
of Japanese cherry trees



c0345705_20380487.jpg



神戸ムスリムモスクは、日本最古のイスラム教礼拝所(1935年完成)。
大戦の空襲から焼け残った「奇跡のモスク」です。

This mosque is the oldest in Japan (founded in 1935).
It escaped the fire of airstrikes during the war,
which is called "Miraculous Mosque".



c0345705_20454646.jpg




神戸は「々に門を開く町」。
このモスクと、シナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)と、カトリック神戸中央教会とが
徒歩圏内でほぼ正三角形に位置するといいます。
「平和の象徴、奇跡の三角形」です(NIKKEI STYLE 1月13日)。

Kobe Muslim Mosque, The Jewish Community of Kansai, and
Kobe Chuoh Catholique Church are arranged in triangle by chance.
The NIKKEI calls it "the miraculous triangle, the symbol of the peace".



c0345705_08213091.jpg



ヒジャーブ(スカーフ)は無くても大丈夫?内部の写真を撮ってもいいですか?
フレンドリーな受付の男性いわく、靴を脱いで靴下になればOK。
女性は男性とは別の扉から二階へ上り、ヴェランダから室内を見下ろします。
折しも礼拝時間外で、お祈りしているのは一人だけでした(祈る人は撮影禁止)。

The women should go upstairs and look down the ground floor.



c0345705_20405148.jpg



イスラームの文字はいつ見ても美しいですね。
この文字が読みたくて、ペルシア語をかじったことがあります。
アラビア語のコーランより、ペルシア語の詩集『薔薇園』に惹かれて…

The beauty of Arabic script and Golestān made me learn Persian.


c0345705_20314096.jpg



「アッラー」や「ムハンマド」、シャハード(信仰告白)が刺繍されています。
図書コーナーにはコーランがずらり!アラビア語はもちろん、英・仏語や日本語版も。
インドネシア語版が目立つ位置にあるのは、インドネシア出身の信者が多いからです。

These embroidery tells Allah, Muhammad, and Shahāda.
In the small library, there were the Koran in Arabic, French,
English, Japanese, Indonesian, etc.


c0345705_20352407.jpg
c0345705_20345589.jpg



「オスマン帝国外伝」の大宰相の名、イブラヒームは、旧約聖書のアブラハムのアラビア語読みです。
小姓頭時代から恋焦がれていたスルタンの妹と、ついに結婚することができたのです♡ が…

In The Magnificent Century, Ibrahim (=Abraham!) 
married the younger sister of Süleyman I(1494-1566).



婚礼衣装のハティジェ(スルタンの妹)* Süleyman’s sister (telerecording)

c0345705_15423369.jpg


お向かいのハラル・ショップは次回とりあげます。
マアッサラーマ(サラーム=平和とともに)(アラビア語で「さようなら」)!
シナゴーグへは、末尾のリンクから「ももさへづり*うた暦」へどうぞ。
シャローム(平和)(ヘブライ語で「こんにちは」)!
「サラーム」と「シャローム」は「s, l, m」という母音が共通しています。
アラビア語とヘブライ語は兄弟のようなものなのですね。

Next time,
I will bring you to a halal food shop in front of the mosque.
مع السلامة (Ma'a salama = Good bye!)
You can visit the synagogue in Kobe in the below article.
שלום (Shalom =Hello !)

Both greetings include the "peace" (salama/shalom)
whose roots are in common √s l m .
Arabic and Hebrew are brother languages !


c0345705_16091211.jpg

















神戸ムスリムモスク(2018年)☽ Kobe Muslim Mosque

神戸ハリストス正教会(2014年)☆彡 Dormition Orthodox Church in Kobe 



c0345705_11021932.jpg

























ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は創造主やアブラハムを共有し、ヘレニズムやヘブライズムから生まれた兄弟のような宗教です。

Judaism, Christianity, Islam are brother-religions having God, Abraham in common, born from Hellenism and Hebraism.





(All Rights Reserved)







c0345705_16533773.jpg


c0345705_10594693.jpg

















稲ぼっち(奈良、2015年)* sheaves of rice



今年の読書始めは文化人類学の論文を…。そこに出てくるのが
「バベルの塔」でおなじみのブリューゲル(父)の「穀物の収穫」。
西洋でも稲棒(ぼっち)の形で小麦を乾かすんですね。

My first reading this year is translating into Japanese
an English essay of the anthropology on
The Harvesters painted by Pieter Bruegel the Elder.
The sheaves are similar to those of the rice in Japan.



c0345705_09101646.jpg


「穀物の収穫」の実物を見たことはありませんが
おなじ「月暦図」シリーズのうち「乾草の収穫」は
1990年に来日しました(最初の図版右上の絵葉書*京都国立近代美術館)
現在ウィーン美術史美術館で展示中です(Nikkei Style*右下、部分)。

Thogh I have never seen the real one,
I have seen The Hay Making in MoMAK in 1990,
which is now exhibited in Natural History Museum, Vienna.


c0345705_15105236.jpg

(2018年12月撮影)

京都国立近代美術館の隣に、京都府立図書館があります。
絵を見て、本を読めば、半日くらいすぐ過ぎてしまいます。

Kyoto Prefectural Library and MoMAK are side by side.


c0345705_14172084.jpg


京都府立図書館の窓(2016年)windows of the library(Kyoto)

建物に記された旧称の文字もそれぞれに趣き深く。。。

「京都圖書館 (Kyoto Prefectural Library) 」in the seal script(篆書体)↑
「大阪図書館(Osaka Prefectural Nakanoshima Library)」(隷書体)↓


c0345705_14443387.jpg

中之島図書館の窓(2018年)*windows of the library(Osaka)


図書館の窓の灯を仰ぐと、今日は何を読もうかとテンションが上がります。
社会人になってからは、京都の図書館で調べ物をすることが多くなりました。

The lights in a library's windows enkindle my desire to read.


c0345705_14481111.jpg

京都の窓の灯(Kyoto)


大阪の図書館に立ち寄ったのは学生時代。
あのころの私が窓辺に佇んでいるのかもしれません。

I would go to the library in Osaka in my school days.
Is this the phantom of young-snowdrop?
Le Fantôme de la Bibliothèque !


c0345705_14492063.jpg

大阪の窓の灯(Osaka)


c0345705_14433278.jpg


桜木の紅葉筏(もみぢいかだ)をふりかへる人影はなく鳥影ひとつ

there is no people
seeing these rafts
of red leaves
of cherry trees
there is only one bird



c0345705_14554104.jpg

京都の図書館は岡崎疎水のそばにあります。
花筏ならぬ紅葉筏を浮かべた流れに逆らって
金黒羽白(キンクロハジロ*tufted duck)が泳いでいました。

Kyoto Prefectural Library is near Okazaki Canal.


c0345705_14510263.jpg

大阪の図書館は淀川のそばにあります。図書館の窓辺に鳩が…

Osaka Prefectural Nakanoshima Library is near Yodo River.

(All Rights Reserved)






あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
Happy New Year !
(今年もスローなsnowdropです…)

c0345705_14514862.jpg


大阪市中央公会堂(中之島)(2018年11月)



箱から取り出したのは、公会堂開館100年記念切手。
今年はどの切手で皆さまへお便りを出しましょうか…

Which commemorative stamps do you like for my articles to you?
(Osaka City Central Public Hall was established in 1918.)


c0345705_14485335.jpg



大阪市中央公会堂は昔からの思い出がつまった宝石箱です。
むかしの振袖の写真でも蔵出しして、春を寿ぎましょう。

Osaka City Central Public Hall is a jewel box
full of various memories from my school days.
↓Here is our photo at the graduation ceremony.


c0345705_14482063.jpg
c0345705_16290890.jpg



この薄紅色の振袖は袖を切って
葡萄(えび)色に染め返してもらいました。
振袖と訪問着、それぞれの端切れです。↑

My pink furisode was re-dyed dark purple
and its long sleeves were shortened
to be a semi-formal kimono for the adult.


c0345705_09140099.jpg















c0345705_05155416.jpg




























観世清和「羽衣 彩色伝」(日経新聞およびNHK-Eテレ新春能)
金雲たなびく茜色の空に羽ばたくのは鳳凰です。
(紅地鳳凰縫箔腰巻、白地藤花蝶文様長絹)(某ブロ友さんのご教示による)

phoenix and gold clouds in the red sky


c0345705_07241926.jpg



















鴎とぶ浪華の海の薔薇の波


rose waves
of the sea of Naniwa (wave flower)
above which a gull flies

c0345705_16410034.jpg


水都 大阪のステンドグラスに澪標(みおつくし)
stained glass with a design of a mark in a waterchanel
Osaka is a city of water.

帆船(南蛮船でしょうか?)
A ship from Portugal?

c0345705_07222356.jpg




おまけ 🐗 今年はカモメ年ではなく亥年ですから…
「南蛮図屏風」の猪をどうぞ。中央の黒い動物が猪です。

Bonus 🐗 This is the year of the boar(not of the gull).
Here is the one in Namban screens.
Do you recognize a black piglet in the middle?



c0345705_05325187.jpg

南蛮文化館蔵「南蛮屏風」(部分)『南蛮美術の光と影』より


恩師の旅を思ひて

フロイスが南蛮船より降り立ちし港にひびく風と鴎と


in the harbor
where Luís Fróis
disembarked
from a ship from Portugal
you hear seagulls and wind



坂本花織の「ピアノ・レッスン」からはカモメの声が…
原作はこちら(pinterest)


「The piano movie」の画像検索結果


(All Rights Reserved)




c0345705_14300691.jpg

小川洋子『ミーナの行進』に出てくるベーカリーB(ビゴの店)のブッシュドノエル

bûche de Noël de Bourangerie B dans La Marche de Mina de Yoko Ogawa 🎄


「あの1972年が、ローザおばあさんが采配を振るった最後のクリスマスになったことを思うと、そこに立ち会えた幸運を、神様に感謝しないではいられない。もみの木に揺れる数々の飾り、ろうそくの炎、手作りのご馳走、そして慎ましくも願いのこもった贈り物。クリスマスの日、私の触れたものすべてに、ローザおばあさんの温もりが満ちていた」― 小川洋子『ミーナの行進』

" Quand je pense que cette année 1972 fut celle du dernier Noël dont grand-mère Rosa prit la direction, je ne peux m' empêcher d' être reconnaissante à Dieu d' avoir eu la chance d' y assister. Les différentes décorations qui tremblotaient dans le sapin, la flamme des bougies, les délices maison, et les modestes cadeaux pleins de délicatesse. Le jour de Noël, tout ce que j' ai touché débordait de sa chaleur."
― La Marche de Mina de Yoko Ogawa, traduit par Rose-marie Makino avec la participation de Yukari Kometani et Yutaka Makino)


c0345705_14324911.jpg


業平橋東詰を右折してフランスパンのビゴのお店へ



 芦屋カトリック教会から川沿いに山の方へ歩き、業平橋で右折すると、やがてビゴの店へ出ます。
 フランス人ブーランジェの開いたパン屋さん。小川洋子の小説にもちらりと出てくるお店です。(物語のあらすじはこちら↓)

 L’ Église Catholique d' Ashiya est dans le voisinage de Boulangerie Bigot, qui est Bakery B dans le roman.



 ランチのパンを探すつもりが、飾り窓の赤い箱に目が吸い寄せられました。ビゴの店はパティスリ・ブランジェリ、お菓子とパンの両方を作っているのです。

 J'ai trouvé beaucoup de boîtes rouges dans sa vitrine. C'est une Pâtisserie-Boulangerie!



c0345705_14503461.jpg


 生前のビゴさん にお目にかかる機会はありませんでしたが、フランス語の先輩からガレット・デ・ロアの集い(クリスマス最後の日、公現祭の催し)の様子などを聞いていました。ビゴの店で大切に守られてきた、ルヴァン種のパンを、クリスマスの夕餉用に求めました。噛めば噛むほど味わい深いパンです。

 
Phillippe Bigot (1942-2018) est venu de Normandie. Une des mes devanciers de français lui connaissait. Selon elle, il était "le roi de galette" chaque année ! Son levain est du raisin.


c0345705_14523647.jpg





c0345705_14531069.jpg






























 久々に神戸の方へ足が向いたのは、もしかしたらNHK朝ドラの再放送のせいかもしれません。「べっぴんさん」のヒロインが育ったお屋敷(昭和9年以前築)は、まさにミーナの家(昭和2年築)のイメージなのです。スパニッシュ様式の洋館は英国チューダー様式のものと同様、昭和初期に数多く建てられました。

「玄関ポーチやテラスに多用されるアーチ、南東の角に設けられた半円形のサンルーム、オレンジ色の瓦屋根など、スパニッシュ特有のスタイルは、豪勢さよりも明朗な優しさを発している」
「南側の庭は日光がたっぷりと降り注ぐよう、なだらかに傾斜しながら海に向かって開けている。(…)周囲は常緑樹に囲まれ、町のざわめきははるかに遠い」
(同上)

 Ces photos d' une maison dans le style espagnol transmet l' atomosphère de la maison de Mina(complétée en 1927).


c0345705_06165794.jpg

c0345705_06172248.jpg
c0345705_06200994.jpg
















「べっぴんさん」より(昭和9年の一場面)(TV drama set in 1934)


「ローザおばあさんと米田さんは、ミーナの伴奏でクリスマスの歌をたくさん歌ってくれた。相変わらずの見事なハーモニーは、皆をうっとりさせた。長年決して離れることのなかった二つの歌声は、生まれる前からずっとそうであったかのように、寄り添い合っていた。いつもでもクリスマスが終わらなければいいのに、と私は、かなうはずもないお願いを神様にしていた」(同上)
 ローザおばあさんはドイツから来日しました。1972年はドイツのミュンヘンで五輪が開催された年でもありました。
 
"Elle [grand-mère Rosa] et madame Yoneda, accompagnées par Mina, ont bien voulu nous interpéter beaucoup de chants de Noël. (…) Les deux voix qui ne se séparaient plus depuis de longues années étaient proches comme s' il en était ainsi bien avant leur naissance.(…) " (id.)

 Grand-mère Rosa est venue d' Allemagne. L' année 1972 fut celle de Jeux de la XXe olympiade à Munich.





♪ ドイツのクリスマス歌曲「高き天より我は来たれり」
♪ Vom Himmel hoch, da komm ich her


 クリスマスの翌朝、主人公の芦屋での幸せな暮らしはゆるやかに終りへ向かいます。次の二枚目の写真は芦屋警察署(玄関は昭和2年築)です。ファサードのフクロウはあの夜の出来事を覚えているでしょうか。

 Le lendemain matin de Noël, le séjour heureux de l' héroïne chez Mina se mit à finir. Est-ce que ce hibou de la façade (complétée en 1927)du Police de Ashiya connaît l' évènement de la nuit ? 


c0345705_06203495.jpg















「べっぴんさん」の家の玄関は芦屋警察署のと似ています。フクロウ以外は…



c0345705_05483607.jpg




















 さて、このキルシュ風味のケーキのお味は…?ひと口食べた瞬間、子供のころ白いクリームのケーキが苦手だったことを思い出しました。大人になって食べられるようになったと思い込んでいましたが…じつは昭和風のケーキは、snowdropにはどっしり重すぎるんですね!
 少ない家族で食べ切れるかしら…不安になったところで、家族から「美味しい!おかわり!」という声が!なつかしい味がお口に合ってよかった!!

 Cette bûche de Noël me rappelle la saveur du gâteau de mon enfance.


c0345705_15065373.jpg



雪の積もった薪の右端にキノコ 🍄 が… 右は芦屋カトリック教会で頂いた日曜のミサの案内

Sunday Liturgy of Catholic Church of Ashiya, snowdrop's calendar


聖菓には可愛い茸をのせませう

冬を耐へぬく命のしるし


on met
un champignon mignon
sur la
bûche de Noël

c' est le symbole
de la vie contre l' hiver



ハイカラでどこかなつかし薪の菓子


おせちのなかの伊達巻と似て




「swiss roll buche de noel」の画像検索結果 VS 「伊達巻 ブッシュドノエル」の画像検索結果
  
(pinterest/ル・クルーゼレシピサイト)

Datemaki (right), sweet rolled omelette mixed with fish paste or mashed shrimp.
They symbolize a wish for many auspicious days. On auspicious days,
Japanese people traditionally wear fine clothing as a part of enjoying themselves.
(from wikipedia, Osechi )

(All Rights Reserved)






f0374041_15452830.jpg



数年前、ひとりで聖アグネス教会(京都)を訪ねました。
待降節の平日の礼拝堂には、光と静けさだけがありました。


I visited alone St. Agnes' Episcopal Church several years ago.
The chapel on a weekday of Advent was full of light and silence.


c0345705_13575581.jpg


祭壇にはイエス・キリストの厩(うまや)。
その後ろに、正倉院の
葡萄唐草文の掛布が見えます。
聖餐の葡萄酒にゆかりの文様です。

The alter with a cloth of grapevine arabesque pattern,
whose original is in the Shosoin Treasure.


f0374041_15480284.jpg



この葡萄唐草文を思い出したのは、今年
馬場あき子先生の短歌集「葡萄唐草」を
翻訳・連載し始めたからです(International Tanka)。
一茶は葡萄を天の甘露にたとえました(5首目)。


I remembered this pattern because this autumn
I had begun to translate
Grapevine Arabesque by Akiko Baba
for International Tanka (from no.4~)


f0374041_09270774.jpg



長浜の黒壁の館で葡萄色のガラスペンを選んだのは
葡萄唐草」の余韻からだと 後で気づきました。
(締め切りは秋でした。)

I chose a wine red glass pen in Glass Museum of Nagahama
because that colour reminds me of the grapevine arabesque.
This pen is made in Italy, but the glass pen was born in Japan.


c0345705_13351845.jpg



葡萄酒のくれなゐを知る玻璃窓はしづかに注ぐ めぐみのひかり

stained glasses
knowing the purple
of the wine
are pouring silently
the light of the grace



f0374041_16535702.jpg


主祭壇にも葡萄唐草文


返り花よ聖母の百合よ咲ける間(あひ)返したまへよ私の母を

reflowering Madonna lily,
let my mother return home
until you withers…
(2014年)

この秋のかえり花 * Reflowering lily in this autumn



c0345705_13372422.jpg


馬場あき子先生は御母上の享年(28)をはるかに越えて
なお母恋の歌を詠み続けておられます。

Akiko Baba's mother died at the age of twenty-eight.


Akiko Baba (google search)


「馬場あき子」の画像検索結果


馬場先生から翻訳のご許可を頂きました(大槻能楽堂、6月)

She gave me the permission of my translation
at Otsuki Noh Theater in summer.

(All Rights Reserved)






色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!

c0345705_17184772.jpg



大山崎山荘は本館(1912年着工)と新棟(2012年竣工)からなる。
まずは本館へ。
英国チューダー様式の木組の窓を紅葉が彩っている。

Oyamazaki Villa is composed of the main building (20c.) and an annex (21c.).
The windows made in 1930s in Tudor style were surrounded by maple leaves.


c0345705_17195863.jpg




それから約100年後、安藤忠雄が設計した山手館は
ロマネスク様式を思わせる白壁が美しい(夢の箱)。

After 100 years, Tadao Ando added the annex
in Romanesque-like style, "Dream Box".


c0345705_17213197.jpg




さっき美術館の門で迎えてくれたラムプも
安藤忠雄の設計だったのかもしれない。

Were the lamps of the gate also designed by him?


c0345705_17362442.jpg




この日のお目当ては、展覧会「谷崎潤一郎文学の着物を見る」。
↓こちらは『春琴抄』の主人公のイメージ(明治頃のアンティーク着物)。
べっぴんさんの樋口一葉にも着せてあげたくなった。
一葉が着けている幅広の半衿は、当時の流行なのだとか。↓

My friend and I saw the exhibition of kimono in the Meiji, Taisho, and Showa period.
Higuchi Ichiyo on 5000 yen bill wears a wide neckpiece that was popular in the Meiji period.


c0345705_14321454.jpg

展覧会図録より(以下同)


春ごとに平安神宮でお花見をする『細雪』の三姉妹、
秋の装いも華やかに(昭和初期のアンティーク着物)。

The Makioka Sister 's kimono were like the below ones (early Showa period).


c0345705_14483559.jpg



中庭の池はもみぢの水鏡 姉妹三人(おとどい みたり)影はいづこに

l' étang de la cour
est un miroir de
feuilles rouges
où sont des reflets
des trois soeurs?



c0345705_17235268.jpg

1階から*du rez-de-chaussée

c0345705_17242607.jpg

2階から*du premier étage

c0345705_17265233.jpg



モネの「睡蓮」も美術館に収められている(地中の宝石箱)。

The annex exhibits water lilies painted by Monet ("Jewelry Box").



c0345705_17282188.jpg


















姫池(美術館から徒歩5分)*Lake Princess


姫池の水は真朱(まほそ)の火と燃えて仏蘭西画家のラスト・スイレン

l'eau
de l' Etang Princesse
est embrasée
comme des flammes rouges,
comme les derniers nymphéas de Monet


c0345705_18451060.jpg

田中 良 挿絵(展覧会図録より)
mermaid-costume and Chinese dress



姫沼にすむは人魚か『肉塊』の妖しき挿絵まぶたに浮かぶ

does a mermaid
lives in Lake Princess?
I remember the illustration
of Boule de Chair
in the exhibition



c0345705_17273434.jpg





















(大阪の百貨店のクリスマス飾り。阪急ですから!2016年)


おまけ*美術館を外から見ると…白壁の顔を発見!!
どこか白フクロウにも似ている…?(同行の友人談)

Bonus*Face of a white wall outside of the museum…like a white owl?

(All Rights Reserved)








c0345705_16225046.jpg


明日から待降節です。(黒壁スクエア、10月下旬撮影)

Advent 2018 starts on Sundeay, December 2th.

c0345705_15324493.jpg



バタくさき開智学校カフェと化し異国の旗のはたはたと鳴る

Kaichi School
in European style
was renovated into a cafe
where foreign flags
flutter in the wind


c0345705_15360687.jpg



黒壁の国立銀行カラフルな玻璃の館となりにけるかも

a national bank
with a black wall
was remodeled
into a glass museum
with colorful glasswares


c0345705_15415169.jpg



現在はガラス博物館+ガラスショップになっています。
snowdropはショップで何を?それはまたいつか…

What did snowdrop buy in a shop of this glass museum? Chut!


c0345705_15373190.jpg



あこがれの大正ガラスはいつ見ても思つていたより大きく厚い

glasswares
in the Taisho peroid
are always bigger and thicker
than I supposed
in my heart



c0345705_15495821.jpg
c0345705_16043144.jpg

(お客さま用のセッティング*2009年)


母さまもお客さまに出していた脚つきの杯いつかレトロに

glasses with stems
both my mother and I
have served at guests' table
became an old-fashioned
and nostalgic design


c0345705_15521288.jpg



葡萄酒はコップに入れても美味しいねガラスの館で仲間を見たよ

we can taste the wine
in this glasscup instead of the wineglass
I have seen
this kind of cup in our house
in the glass museum also



c0345705_10033527.jpg

(2016年)



なつかしい和のガラスばかりではありません。天井には異国のシャンデリアが…

There are not only Japanese glasswares but also foreing ones in this museum.



c0345705_15454374.jpg



お隣のオルゴール館では、100年前のマホガニーのオルゴールを100円で聴かせてくれます。
R.シュトラウスの「英雄の生涯」、渋い選曲ですね。どんな人の居間に響いていたのでしょう。

A music box shop in Nagahama let you listen to Ein Heldenleben by R. Strauss
played by a mahogany box produced around 100 years ago ♪


c0345705_16155895.jpg



百年前のサロンはきつと大広間 ♪ 野太き音のオルゴオルかな
the salon
where this music box used to be
must have been spacious
because this box plays
Ein Heldenleben dynamically



英雄の生にきらめく星々のやうな出会ひをしのぶ円盤
the disk
makes me imagine
lots of encounters
like lots of stars shining
in the hero's life


c0345705_16183646.jpg



和洋折衷の面白さは黒壁ガラス館だけではありません。
この町家は一階がステンドグラス工房、二階がひょうたんの展示館です。

There are not a few half‐Japanese, half‐Western buildings here.
For example, this traditional townhouse is composed of
a staind glass workshop (1F) and a gourd museum (2F).


c0345705_16191351.jpg



黒壁ガラス館のお向かいのカフェで黒カレーを。
蝶豆で染めた青いハーブライスは今日みた琵琶湖の水の色。
残念ながらハーブの風味は感じられませんでしたが…。

This black curry symbolizes the museum's back wall,
and the blue rice dyed with butterfly pea Lake Biwa's blue water.



c0345705_16221259.jpg



SNS映えを狙いすぎたかな?とどめは濃ゆきブラックコーヒー


関連画像

琵琶湖*Lake Biwa (wikipedia)

(All Rights Reserved)

紅葉の写真が無かったですね!次回は京の紅葉を…

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!