タグ:ゆるっと紫陽花fes ( 3 ) タグの人気記事

c0345705_15083997.jpg



紫陽花はうそつき?
花に見えるのは、じつは萼(がく)。
青い花と蕊(しべ)はこんなに小さい!

The hidrangea is a liar.
What look like flowers are the sepals.
Its blue flowers and stamens are so small!


c0345705_15324074.jpg



ちっちゃな蜂を探してごらん。
ピンクとブルーのひらひらの中じゃなくて、
金平糖みたいな蕊(しべ)の集まったところ。
蜂はちゃぁんと知っている。

Do you find a little bee (in the 2nd fig.)?
Not on the petals but on the star-like stamens.
The bee knows well where the real flowers are.


c0345705_20330298.jpg
c0345705_07041101.jpg

「pompadour madame」の画像検索結果

(google search)



華やかなフリルがついているのは、飾り花。貴婦人のドレスのような。
(ポンパドゥール夫人はフランスの紫式部あるいは清少納言?

The decorative sterile florets look like the frills of a dress of
Madame de Pompadour, French Sei Shonagon or Murasaki Shikibu?



c0345705_15094779.jpg



むかし、日本には萼アジサイしかなかった。
万葉集の紫陽花の歌はわずか二首。
紫式部にも清少納言にも顧みられることはなかった。

山にひっそり咲く紫陽花に魅せられたのは
江戸時代に来日した医師にして自然科学者、シーボルトだった。
ある日彼は、装飾花
に覆われた手毬のようなアジサイを見つけた。

彼はその青い手鞠花をヨーロッパへ持ち帰った。

There were only the lacecap hydrangea in Japan.
Both Murasaki Shikibu and Sei Shonagon ignored it.
It was Siebold who admired it for the first time.
He found a Japanese handball-like one covered with
the decorative sterile florets, which he brought to Europe.


a0332314_04515902.jpg

シーボルト(1796-1866)の "Otakusa" (wikipedia)


彼には日本人の妻がいた。楠本滝、お滝さん、オタキサン
紫陽花は海を渡ったが、お滝さんは日本に残された。
お滝さんは娘のイネと小舟から夫の船を見送った。
きっと少しでも長くシーボルトを見ていたかったのだろう。
シーボルトは帰国後、その紫陽花に日本の妻の名前をつけた。
彼の植物誌に記されたOtakusa
オタクサの文字をみるたび
切なくなる。


He had a Japanese wife, KUSUMOTO Taki, O-Taki-san.
He brought back the hydrangea bur left his wife in Japan.
She and Ine, their daughter saw him off from a small boat
because they wanted to see him as long as possible, I think.
After returning, he named the hydrangea "
Otakusa".



c0345705_15434884.jpg


お滝さんに代はりて詠める * in place of O-Taki-san


紫陽花の海の彼方へ消えてゆく優しい嘘つき…青い瞳の


my gentle liar

who is vanishing

in the hydrangea sea

my gentle blue eyes

just like that hydrangea!


c0345705_14072970.jpg


アジサイと稲田 * hydrangea and rice (Ine) field

イネに代はりて詠める *
in place of Ine, Siebold' s daughtrer


海の果てに橘ありや時じくの香の木の実のあらましものを


overseas
is there Chirtus tachibana
a fruit of the longevity?
I wish I could bring it
to my father


a0332314_15580749.jpg

手毬のような「山あじさい」


イネは父と同じ医師となり、木の実ではなく医術で
人々の命を延ばした。

Ine became a doctor like her father and healed the people
not by the fruit but by the medicine.


今日は父の日です Today is Father's Day in Japan.



c0345705_14001114.jpg



18世紀末に中国経由でヨーロッパに伝わっていた紫陽花から、
そしてシーボルトと海を渡った青い手毬のような山紫陽花から、
色とりどりの西洋アジサイが生まれた。
虹の毬のような花々には、雨を知らないものも多いかもしれない。

From the hydrangea that had been transferred to Europe via China,
and Siebold's blue hydrangea, various colours of flowers were born
in Kew Gardens, London.
Some of those colorful flowers might not know the rain.


c0345705_18132285.jpg


Willebeek le Mair*Little Songs of Long Ago(1912)


(All Rights Reserved)


umiさんの企画に参加中です。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】



[PR]
c0345705_10113780.jpg


昨年の紫陽花ドレスを出してきてコロンをふりつ行くあてもなく


(Elle a tiré sa robe en hortensia de l’ an dernier et aspergé d´eau de Cologne sans but.)


Un gros serpent ne sert jamais à sa canne pour être canon !




All Rights Reserved





[PR]

旧友から届いた、晴れた日の紫陽花のお歌で、今年の歌合(うたあわせ)を…明日からは雨ですから。

Here is the uta match with my old friend on the hydrangea in a sunny day because it will be rainy from tomorrow.



c0345705_05412542.jpg
2015年撮影



から梅雨の真昼の空の青あつめ紫陽花しんとわが庭に咲く ― 黒ネコ


Gathering the blue of the midday sky in the dry rainy season, the hydrangeas are silently in bloom in my garden Chat Noir, translation of snowdrop



イタリアの天の(アズーロ)のひとひらが やまとで咲きぬ紫陽花いろに ― snowdrop

A piece of the azure sky in Italia has bloomed in Japan in hydrangeas' colours. ― snowdrop




c0345705_11582514.jpg


2015年撮影

(All Rights Reserved)







[PR]