c0345705_14404371.jpg



現存する日本最古の駅舎の窓(旧長浜駅)
現在は鉄道博物館になっている。(外からの写真)

Two windows of one of the oldest railway stations.
Nagahama Station became a railway museum.



c0345705_14502650.jpg



一歩入れば、そこは明治の空間。(中からの写真)

Inside two windows, there was a space of the Meiji period.



c0345705_14455229.jpg


























火鉢*braziers


一等待合室には暖炉があった。

There was a fireplace in the first class waiting room.


c0345705_14471827.jpg




火鉢よりあつたかいですねお母さま金沢はもう吹雪でせうか

the fireplace
is warmer than the brazier!
mother,
it already snows
in Kanazawa?




c0345705_14543694.jpg



動いている時計(上)、動かなくなった時計(下


それぞれの時代と時刻凝視しつつ時計は止まる。眼蓋(まなぶた)もなく

while observing
each period
and each time
clocks stops
without eyelids.


c0345705_14550541.jpg



プリシオンの浜で銀河鉄道は20分間停車したつけ

at Pliocene Coast
the train of the Galactic Railroad
of Kenji Miyazawa
stopped for twenty minutes,
I remember


c0345705_14560213.jpg
















銀河鉄道のようなデゴイチ(上)シグナルとシグナレスみたいな腕木式信号機(下)

c0345705_15252988.jpg




























シグナルはひとりぼつちで庭に立つシグナレスの影をもとめて

semaphore Signal
stood alone in the courtyard
while gazing at
the illusion of Signaless,
the shadow of his own


c0345705_14593869.jpg



いかがですお茶を一杯焼き物の汽車土瓶からほつこりと~湯気


赤さんや体の弱い爺さまに歪(いが)んだ硝子の瓶のミルクを


うすあをき硝子の瓶は首かしげ病む子やしなふ牛乳を待つ

a pale blue
glass bottle
tilting his head
waiting for the milk
for a sick child


c0345705_15031240.jpg



陽だまりでタイムトリップしていたら、ガラス瓶の声がした。
これから北国街道から黒壁ガラス館へ行くんじゃなかったの?
” 淡海(おうみ)日帰りの旅 ” でしょ??

My time travel in a sunny spot was broken by a voice of the glass bottle.
"You're going to the Glass Museum via the highway of northern Japan, aren't you?
It is a day-trip in Shiga ! "


c0345705_15074348.jpg


船板塀*fence made of disused ship planks along the highway of northern Japan



みづうみをゆきかふ舟のなれの果て北国街道けふは快晴

the ruin of what the ships were on Lake Biwa ―
it is sunny today on the highway of northern Japan


白き壁 船板塀に囲まれて 遠白波の夢をみるらん

white walls
surrounded by the fence
made of disused ship planks
are they dreaming of
the white waves in the distance?



c0345705_15092509.jpg



(黒壁ガラス館へつづく)

(All Rights Reserved)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!










c0345705_15183985.jpg



ヴァレンタイン商戦のころココア農園だったデパートの一角は
立冬を前にイタリアの広場となっていました。(阪急ですから!)

That floor of that department store that had been a cocoa farm in February
has changed to piazza d' Italia, before the first winter day(November 7).


c0345705_15212304.jpg



ヴェネツィアでこんなマスケラ見たかしらf字の髭のシニョール・ヴィオリーノ

Have I seen
such a maschera
in Venice ?
Signore Violino
with f-shaped mustache !



c0345705_17052969.jpg
















(1999年)


ハロウィンでヴェニスの仮面をかむるのはいつの頃からどこの国から

when and where
people began to wear
Venetian masks
not only during Carnival
but on Halloween also ?


c0345705_15243200.jpg



ヴェネツィアから出張してこられたマスケラ(仮面)職人さん。
手前には、花粉症マスクならぬ ペスト予防用マスケラが…

I saw a craftman of Venetian mask. Beside him,
there was a mask which inhibits plague bacilli!!!!!




c0345705_15332673.jpg















c0345705_15371135.jpg

(1999年)


ギャラリーまで足をのばせば、あら、電車にも乗らずフィレンツェに到着!
街のシンボルフラワー、アイリス匂うサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の展示場です。
記念撮影スポットを、現実の薬局(1999年)と見比べてみました。 ↑

Without taking a train, I arrived at Florence,
the gallery in the department store exhibiting the products of
Officina profumo-farmaceutica di Santa Maria Novella, Firenze.



c0345705_15350642.jpg















霜月の苔の森へと踏みこめば篝火花(シクラメン)と酸塊(スグリ)のかをり

stepping on the moss
in a Tuscany forest
in November
rises the perfume of
cyclamen and gooseberry


c0345705_16475788.jpg

(10月撮影)


季節は秋から冬へとうつろう頃ですが…

From Autumn(AUTUNNO) to Winter(INVERNO)…


c0345705_15361197.jpg

















アイリスの香水があれば、いつも皐月の国にいられます。
憧れのジネストラ(エニシダ)の香水は乾いた野原の匂い。
イタリアでも香水は「オー・デ・コロン(ケルンの水)」なんですね。

With perfume of iris, you can always stay in May.
In Italia, the perfume is called Eau de Cologne (Acqua di Colonia)!


「botticelli primavera iris」の画像検索結果

ボッティチェリの描いたアイリス * Iris by Botticelli(pinterest)


アイリスの香りを聴けば ディアナの森 聖母の庭へ たゆたふこころ

smelling
the scent of iris
my heart wanders in
Diana's woods and
Madonna's lily garden



c0345705_15311377.jpg



ローマの巨大松ぼっくりをなつかしみつつ階下へ向かいます。
その前に、ちょっとお化粧室へ…

The big pine cones remind me of those in Rome.
Pardon, I would like to go to the restroom.


デパートのパウダールームで目を閉ぢて聴くせせらぎと小鳥の声と


c0345705_15442943.jpg



ティファニーで朝食をとる時間は過ぎていますから、
ローマの休日を楽しみましょう。
ここでもアイリスの香水を聴くことができました。
フィレンツェの爽やかなアイリスよりも甘くロマンティックな香りです。

Because it is too late for breakfast,
let's enjoy Roman Holiday!
Tiffany also has a perfume of iris,
which is sweeter than the fresh fiorentino.


c0345705_15445849.jpg



ティファニーのペンダントより水いろの壁に懸りし写真を見入る


デパートを出て本屋さんへ… 📚 From the department store to a book store…


あたらしき帯ひるがへし水いろのカモメは目指すわうごんの浜


a0332314_20523184.jpg

小津夜景さんに再び拙歌を引用して頂きました。↓
Yakei Ozu's quotation of snowdrop's tanka

そこから更にもう一首、短歌が生まれました。↓
snowdrop's tanka inspired by Yakei Ozu →




おうちで浜ごはん。フィレンツェ風コキール、ダンテのオリーブオイル添え。

Our lunch*Coquille alla fiorentina, DANTE extra virgine oil


c0345705_16262609.jpg


ダンテはフィレンツェ出身です*Dante è Fiorentino.

「dante extra virgin olive oil logo」の画像検索結果

(google search)

「宇野昌磨 月桂冠 2018 NHK杯」の画像検索結果

宇野昌磨選手も月桂冠(NHK杯)

Uno Shoma won his laurels.

(google search)

c0345705_08014989.jpg

(All Rights Reserved)












snowdrop、鉄女デビュー?(10月下旬)

c0345705_13543353.jpg



鋼鉄の籠より囁く京都タワー ドコマデダッテ オマエハ ユケル

Kyoto Tower
whispers me from a steal cage
Vous pouvez
aller n' importe où
eg. Kanazawa, Tokyo, etc...


c0345705_13595755.jpg



JRで近江八幡へ向かい、そこから近江鉄道に乗り換えた。
ギャラリートレインにはちびっこアーティストの名画がずらり。

Snowdrop changed trains at Omi-Hachiman, JR.
A gallery train of Omi Railway exhibited little artists' paintings.


c0345705_14004558.jpg



栞より固くちひさき切符もち二両列車へ駆けこむ朝(あした)

with a ticket that was
harder and smaller than a bookmark
I ran into
a two-car train
in that morning

c0345705_13581931.jpg




瓦葺の武佐の駅舎はいにしへの宿場町たる矜持満々

a tile-roofed station of Musa,
that used to be one of the post‐towns
between Kyoto and Edo,
is proud of its history


c0345705_14032224.jpg



はるかなる旧中山道に寄り添ひし線路はやがて単線となる

railroad
along the Edo-Kyoto highway
in a distant time
becomes a single track
here around Musa



c0345705_14050670.jpg


目的地は一面のコスモス畑 * My destination was a cosmos field.


いちめんのこすもす
いちめんのこすもす 
天にはひばり 
地にはこほろぎ

champ de cosmos, champ de cosmos
alouettes vers le ciel , grillons sur le sol


c0345705_14081068.jpg



このなかに未来の画伯の水筒も交じっているかもコスモス日和

dans ces gourdes
il y a celle d' un maestro
de demain ?

aujourd'hui est le beau temps
pour admirer les fleurs de cosmos


c0345705_06323170.jpg



紅組さん白組さんに黄(きい)組さん色とりどりのコスモス慈童(じどう)

red team,
white team, yellow team! colorful cosmos kids!



c0345705_14084423.jpg

関連画像

(google search)


子供たちの帽子をみた父は「旧陸軍の軍帽(※)みたいや」とぽつり。
なるほど、うなじを守る帽垂れが似ている…登山の虫よけにもよさげ。

According to snowdrop's father, their caps are like an army one
with the flap extending over the back of the neck
to protect the neck from direct rays of the sun or from insects.


c0345705_14110823.jpg

「挿頭 ももさへづり 葵 下鴨」の画像検索結果


葵葉の挿頭(かざし)(2017年5月)*hollyhock-hairpin


コスモスを耳の上に挿頭(かざ)した男の子がいた。
秋桜襲(こすもすがさね)の衣が似合いそう。
表は薄紅、裏は白。淡紅色の透け色が平安or平成風。

A boy wore two cosmos like hairpins.
If he had worn the below clothes,
he would have looked like little Hikaru Genji!


Img_0725_1024x768
桜襲(さくらがさね)『源氏物語の色』平凡社

c0345705_14125444.jpg



薄紅と白のコスモス・キッズあり ほっぺとほっぺのキスでさよなら

I saw
a white cosmos
and a pink cosmos
greeting with bises,
cheek-and-cheek kisses !


「bises enfants」の画像検索結果

(google search)

今日は七五三です。ボジョレー・ヌーヴォーでお祝い?早すぎますよ!

Beaujolais Nouveau est trop tôt pour enfants !

https://en.wikipedia.org/wiki/Shichi-Go-San (November 15th, 2018)

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!

おまけ*子供のころの羽生弓弦選手

BONUS*Yuzuru Hanyu in his childhood


「羽生結弦 マッシュルームカット プルシェンコ」の画像検索結果

His dream (olympic champion) has come true.

(google search)

(All Rights Reserved)












小春日の午後、公園の木の椅子に掛けて歌集をひらきました。
栞代わりの木の葉を拾ったり、空を仰いだりする時間のほうが長くて…

Reading weather continues during Reading Week this year.
I spend more time picking up fallen leaves as bookmarks
and looking up the blue sky than reading this book.

c0345705_14473201.jpg



紅葉黄葉も「もみじ(もみぢ)」です。
でも「こうよう」は旧仮名づかいだと、その色によって
こうえふ」「くわうえふ」の二通りになります。

Chinese characters "紅葉" and "黄葉" are read "momiji" in Japanese.
While they are read "Kouyou" also in the modern kana orthography,
"kouefu"(red) and "kuwauefu"(yellow) in the old kana orthography.




c0345705_14520224.jpg

欅(ケヤキ)もみぢ




こもれびのライトを浴びて二重奏 紅葉(こうえふ黄葉(くわうえふ)音色とりどり




c0345705_17424646.jpg



さくら紅葉あふぐはいつも一人きり
いつもだれかと見るさくら花

chaque fois que
je leve les yeux vers des feuilles rouges
de cerisier
je suis seule

chaque fleur de cerisier est salue par des acclamations!


c0345705_14460965.jpg

Questioning and Answering Clouds by Kasuga Izumi



問答雲とは、高さを異にしながら ゆきかう雲のことです。
それでは、この白雲は…

Questioning and answering clouds mean the two groups of clouds
floating at different attitudes, in different directions.



c0345705_14483522.jpg



もみぢ葉楓(モミヂバフウ)の Vネックからのぞくのは
ことしの冬の雪白胸乳(むなぢ)

from V‐necked redgums
you see
the cleavage between breasts
of coming white winter



c0345705_14513716.jpg

トキワサンザシ(ピラカンサス)
「さ丹つらふ」は「丹色の頬(つら)をした」の意の枕詞です


さにつらふ常盤山査子(ピラカンサス)は 黒仮面つけたる百舌のひとみ惑はす

red cheeks of firethorn
seduce the eyes of a butcher-bird
that dresses up for masquerade


「百舌」の画像検索結果関連画像   
   百舌(モズ)(wikipedia)* ヴェネツィアの仮面(google search)


頁めくるたびに、いまは過去となり カメラはいまを追憶となす

chaque fois que
je tourne une page
le présent tourne au passé
mon appareil tourne à son gré
mes photos aux souvenirs


c0345705_14522514.jpg

撮る前からモノクロ気分追憶きぶん


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!


おまけ*Bonus(google search)

関連画像


トルコの大奥ドラマ「オスマン帝国外伝」にはまりかけています…


「Pargalı İbrahim Paşa television」の画像検索結果


ヴェネツィア出身の大宰相、イブラヒムの愛読書はダンテの『神曲』です。

Pargalı İbrahim Paşa reads Divina Commedia.

関連画像

ターバンあれこれ(pinterest)

(All Rights Reserved)













10月27日から11月9日は読書週間です。(7月撮影)
Reading Week*October 27th - November 9th

c0345705_20455346.jpg




人生の栞は出逢ひ、別れ、旅、心に刻むやうに詠む歌


le signet de la vie

c ’est la rencontre, la séparation,

le voyage, et

tanka poème que je compose

pour graver dans ma mémoire




c0345705_21424240.jpg



モンゴルの栞には、宵待草の切手と草花の押し花が挟まれています(右上)。
それを真似てこさえたのが、五月の楓と銀杏の押し葉の栞。
その左隣には琵琶湖の栞、さらに隣にはエジプトのパピルスの栞、
室生寺の散華、フィレンツェの紙工房の栞…
展覧会のチケットも裏打ちして、リボンを通して、栞にしていましたっけ。

Like a Mongolian bookmark with a stamp and pressed flower,
snowdrop made several bookmarks with pressed leaves.
The bookmark of Lake Biwa, that of papyrus,
that of marble paper, that in the shape of a lotus petal,
one of the exhibition tickets lined and threaded with ribbon.



c0345705_10053531.jpg

(2011年)


本を読むときは、伴侶となる栞(しおり)を選ぶのも楽しみの一つです。
栞の歴史を、新聞の記事をたよりに繙(ひもと)いてみると…西洋では
修道僧が聖書のみ言葉に直接触れないよう、聖衣の一部を頁に挟んだのが始まりでした。
印刷本が普及すると、仮綴じの本を開くペーパーナイフが栞代わりになりましたが、
錆びると紙を傷めてしまうので、シルクリボンの栞が使われるようになりました。
やがて本の紙が薄くなると、高価な絹に代わって厚紙の栞が普及しました。

The bookmark was originally a part of monks' clothes
in order not to touch the sacred words of the Bible.
When the printed books spread,
the paper knife was used as the bookmark,
whose rust damaged the paper and the silk ribbon replaced it.
Then the expensive silk one was replaced by the thick paper one
as the paper of book became thinner.



c0345705_09372461.jpg


表装の余り布でつくられた栞(2015年)


日本では、『枕草子』に出てくる「けふさん(夾算)」が初出だとか。
薄く削った竹や木を裂いて上部を糸で巻き結んだものだそうです。
江戸時代に仮名草紙などを楽しんだ人々は、こよりを栞としました。
朝顔の花や銀杏の葉を挟む人もいました。
草花は紙魚(しみ)を寄せ付けないと考えられたのです。

In Japan, the bookmark is referred by Sei Shonagon for the first time.
It is said to be the thin chips of bamboo or tree whose upper parts are bound with thread.
In the Edo period, those who enjoyed reading books used the paper string as the bookmark.
Some inserted the pressed flowers (e.g. morning glory) or ginkgo leaves.
They thought the grasses and flowers keep the bookworm off.


こより(google search)*paper string

「こより 和紙」の画像検索結果

c0345705_09432213.jpg

(2016年秋)


「しおり」という言葉を造ったのは、修学院離宮で知られる後水尾天皇でした。
水戸光圀が絹で包んだ紙を献上し、「本を読むのにどうぞ」と申し上げたところ、
帝は西行の歌を引いて、これを「枝折(
しおり)」と呼んだのだとか。

吉野山去年(こぞ)のしをりの道かへてまだ見ぬかたの花を尋ねむ 西行

しをり(枝折)」とは、道しるべに木の枝を折ることです。
本にしおりを挟むのは、本の奥へと延びてゆく道の半ばでしばし佇むことです。

The word "Shiori (bookmark)" was coined by Emperor Gomizunoo(1596-1680).
The paper covered with silk that Tokugawa Mitsukuni presented to the emperor was called "Shi-ori" based on a waka poem by Saigyo(1118-1190).
In Mt. Yoshino, Saigyo would break branches ("Shi-oru") as the landmarks for next year.
Slipping a bookmark between the pages is
standing still for a while on the way to the last part of the book.


c0345705_20495817.jpg


池大雅が秋雨の夜、西行の枝折の歌を思いながら描いた吉野山
Mount Yoshino that Ike no Taiga (1723-1776) painted
while remembering the waka poem on Shiori by Saigyo


 西行の枝折をふまえたと思しき、素敵な栞の短歌を最後にどうぞ。
 この歌に出てくる『山家集』とは、西行の歌集です。恋の歌は百首以上!
「すぐれし恋のうた」とは、どの歌でしょう…栞がないと分かりませんね!


Here is a tanka by Kawata Jun (1882-1966) based on Saigyo's waka.
Sanka-shu is Saigyo's private anthology including more than 100 love songs!
Which one is the one Kawata Jun chose ? We need his bookmark!


山家集に一首すぐれし恋のうた君に見せむと栞を挿む  川田 順

there is a wonderful love song in Sanka-shu, which
I wanted to show you and slipped a bookmark there
― Kawata Jun


「西行物語絵巻」の画像検索結果

「西行物語絵巻」(google search)
from Illustrated Scroll of the Story of Saigyo

栞の歴史については日本経済新聞の記事を参考にしました。
猪又義孝「世界のしおり形とりどり」(日経文化 7月24日)

c0345705_12281091.jpg



平安時代にたくさん造られた紺紙金字一切経、平安風の栞

Sutra in the Heian period and bookmark of Heian design

(All Rights Reserved)