c0345705_11210063.jpg


この絵本の主人公は、隣人エミリ(・ディキンソン)を訪ねる少女です。
The heroine visits Emily(Dickinson), her mysterious neighbour.





エミリ・ディキンソン
の詩から生まれた旋律Melody)をどうぞ。歌詞も添えました


Nature -The Gentlest Mother (自然 - もっとも優しき母)  
Twelve poems of Emily Dickinson (エミリ・ディキンソンの12の詩)
music by Aaron Copland (1900-1990)(コープランド作曲)

Nature - the Gentlest Mother,(自然 - もっとも優しき母は)
Impatient of no Child - (どんな子にも忍耐強い -)
The feeblest - or the waywardest -(ひどくか弱い、-或いは強情な子でも –)
Her Admonition mild -(穏やかに諭して聞かせる -)
In Forest - and the Hill -(森で – 丘で -)
By Traveler - is heard -(旅人は聞くだろう -)
Restraining Rampant Squirrel -(勝手気ままなリスや -)
Or too impetuous Bird -(気の荒い鳥を躾けている声を -)
How fair Her Conversation -(なんてフェアなお話だろう -)
A Summer Afternoon(夏の昼下がりに)
Her Household - Her Assembly -(彼女の家で - 円居で -)
And when the Sun goes down -(日が沈むときに、聞こえる -)
Her Voice among the Aisles(教会の側廊で彼女の声は)
Incite the timid prayer(臆病な祈り手を励ます)
of the minutest Cricket -(ちっちゃなコオロギや -)
The most unworthy Flower -(とるに足りない花のような -)
When all the Children sleep -(子供たちが眠りにつくと -)
She turns as long away(明かりを灯しても大丈夫なくらい)
As will suffice to light (十分に遠く)
Her lamps -(自然は身を引いて-)
Then bending from the Sky -(空から身をかがめ -)
With infinite Affection -(限りない愛情と -)
And infiniter Care -(さらに限りない心配りをもって -)
Her Golden finger on her lip -(金の指を唇に当てる -)
Wills Silence - Everywhere ?(お静かに - どこもかしこも)
tr. by snowdrop


「emily dickinson herb」の画像検索結果

エミリの植物標本から睡蓮など (pinterest) * 他の頁はこちら 🍁
Emily Dickinson's Herbarium 🍁
haruchonnsさまから教わりました。)

エミリ・ディキンソン(1830 - 1886)という詩人がいます。
『風と共に去りぬ』の舞台ともなった南北戦争前後の時代、
マサチューセッツ州アマーストの自宅からほとんど出ることなく
1800を超える詩を綴りました。
音節足らずの行とダッシュ( – )の多い詩は、沈黙と余白を感じさせます。

Emily Elizabeth Dickinson is a poet who lived the time of Gone with the Wind.
She did not leave her house and garden to compose more than 800 poems.
Their lines often lack one syllable (8 minus 1) and include many dashes,
which are filled with pauses like her own Conversation – probably.




「emily dickinson book 初版」の画像検索結果「Monotropa uniflora」の画像検索結果


エミリは自然を愛し、庭で花を摘んで押し花にしました。
東洋の私たちにもなつかしい睡蓮の花も…

haruchonnsさまによれば、
彼女の詩集の表紙にあしらわれた青白い花は、日本にもある
「アキノギンリョウソウ(秋の銀竜草)」だそうです。
🍂

She loved Nature and picked flowers in her garden including the waterlily.
Accordin to haruchonns-san,
the front cover of her book of poems is Monotropa uniflora design.
🍂
She gave us the information on Emily Dickinson's Herbarium also. 🍁


「Emily Dickinson poem portrait」の画像検索結果「式子」の画像検索結果

(google search)

ギリシア文学者の沓掛良彦は
エミリと式子内親王に通じるものを見出しています。
式子は一昨年のsnowdropの歌物語の主人公でした。
斎院として、子供時代と青春の日々を賀茂の神に捧げ、
京へ帰った後は多くの時を邸内で過ごし、歌を詠みました。
エミリの詩のように彼女の歌も、静謐と情熱を感じさせます。

Kutsukake Yoshihiko, a scholar of Greek and Latin classics,
finds the similarity between Emily Dickinson and Princess Shikishi.
I agree him.
Her waka-poems are pure and passionate as well as Emily's poems.


c0345705_09425585.jpg

「浮舟冊子」13世紀 大和文華館所蔵『古今和歌集 梁塵秘抄』朝日新聞社


式子内親王(1149-1201)とほぼ同時代の女人。筆をもつ手がはっきり描かれています。
絵本のエミリも鉛筆を握っていますね。額絵の鹿が、彼女の詩の冒頭を思い出させます。
「手負いの鹿はもっとも高く跳びます」(エミリ・ディキンソン)



Emily
and Deer illustrated by Barbara Cooney(detail)
A Wounded Deer – leaps highest – (Emily's poem)

c0345705_15285303.jpg


映画もあるそうですが…見ようかどうか迷っています。



ついでにこれも…(イタリア詩人レオパルディの映画)




(All Rights Reserved)








c0345705_22395937.jpg

Givenchyのお皿でおうちランチ (2018年)

Givenchyのファッション
(パリで一緒に*google search)


「パリで一緒に ジバンシー」の画像検索結果



京都の白川沿いに佇むトレトゥールのお惣菜とお菓子。
トレトゥールとは、お惣菜のテイクアウト店(仏語)のこと。
フォアグラとポークのムース、それにラム酒ケーキ「ババ」。
「ババ」は「あきれた」という意味の俗語でもあります。


Le long de la Shira-kawa, il y a un traiteur.
J' ai choisi une mousse de foie gras et un baba.


c0345705_22390151.jpg



京都府立図書館やMOMAK(京都国立近代美術館)の帰りによく立ち寄るお店。
なのに、ずっとお店の名前を知りませんでした。ババ(あきれた)!!!
「オ・タン・ペルデュ」つまり「失われた時」という名前は
プルーストの『失われた時を求めて』に由来するのです。

Je souvent le visitais sans savoir son nom, Au Temps Perdu.
Je suis BABA!



c0345705_09175997.jpg


さんざしの花とさんざし色のお菓子(コミック『失われた時を求めて』より)
マカロン(中央)とフロマージュ・ア・ラ・クレーム(右)*aubépine


店内のレストランは「オベピン」、つまり「さんざし」という名前です。
こんなステキなことに何年も気づかなかったなんて…
これでもプルースティエンヌ(プルースト・ファン)?ババ(あきれた)!!

Je ne savais pas le nom de la salle à manger, Aubépine.
Quelle Proustienne! BABA!!


c0345705_10041865.jpg


フランスのフロマージュを使って手作りしたさんざし色のお菓子
フロマージュ・ア・ラ・クレーム(ルーアンの庭)

le fromage à la crème fait à la main par snowdrop
(Rouen, 2004)


c0345705_17103550.jpg


失われた時を求めるならこれ!マドレーヌと菩提樹のお茶(エールフランス)
(madelaine et tisane de Air France, 2004)



天と地のあはひを旅した飛行機よ ― 今はみ空を見上げるばかり
l' avion
par lequel nous voyageâmes
entre le ciel et la terre ―
maintenant je regarde le ciel
où tu habites


c0345705_06454639.jpg


背中がぷっくりした本場のマドレーヌ(小説ゆかりのグランド・ホテル)
les vrais madeleines (Grand Hôtel, Cabourg, 2004)


本日のお客さま*client du jour

「ボクのプティット・マドレーヌ、まだ?」

" Pas encore servies, mes petites madeleines… "

「marcel proust the」の画像検索結果

マルセル・プルースト*Proust (google search)


おまけ*フランスにはこんな絵本もあるそうです(amazon)


「dans le baba」の画像検索結果


Elles sont ABBA!!



(All Rights Reserved)







c0345705_16533773.jpg


c0345705_10594693.jpg

















稲架(はさかけ)(奈良、2015年)* sheaves of rice



読書始めは仕事も兼ねて英語の論文を翻訳しています(12月~)。
「バベルの塔」でおなじみのブリューゲル(父)の「穀物の収穫」。
西洋でも稲棒(ぼっち)の形で小麦を乾かすんですね。

My first reading this year is translating into Japanese
an English essay of the anthropology (since December).
The Harvesters painted by Pieter Bruegel the Elder.
The sheaves are similar to those of the rice in Japan.



c0345705_09101646.jpg


「穀物の収穫」の実物を見たことはありませんが
おなじ「月暦図」シリーズのうち「乾草の収穫」は
1990年に来日しました(最初の図版右上の絵葉書*京都国立近代美術館)
現在ウィーン美術史美術館で展示中です(Nikkei Style*右下、部分)。

Thogh I have never seen the real one,
I have seen The Hay Making in MoMAK in 1990,
which is now exhibited in Natural History Museum, Vienna.


c0345705_15105236.jpg

(2018年12月撮影)

京都国立近代美術館の隣に、京都府立図書館があります。
絵を見て、本を読めば、半日くらいすぐ過ぎてしまいます。

Kyoto Prefectural Library and MoMAK are side by side.


c0345705_14172084.jpg


京都府立図書館の窓(2016年)windows of the library(Kyoto)

建物に記された旧称の文字もそれぞれに趣き深く。。。

「京都圖書館 (Kyoto Prefectural Library) 」in the seal script(篆書体)↑
「大阪図書館(Osaka Prefectural Nakanoshima Library)」(隷書体)↓


c0345705_14443387.jpg

中之島図書館の窓(2018年)*windows of the library(Osaka)


図書館の窓の灯を仰ぐと、今日は何を読もうかとテンションが上がります。
社会人になってからは、京都の図書館で調べ物をすることが多くなりました。

The lights in a library's windows enkindle my desire to read.


c0345705_14481111.jpg

京都の窓の灯(Kyoto)


大阪の図書館に立ち寄ったのは学生時代。
あのころの私が窓辺に佇んでいるのかもしれません。

I would go to the library in Osaka in my school days.
Is this the phantom of young-snowdrop?
Le Fantôme de la Bibliothèque !


c0345705_14492063.jpg

大阪の窓の灯(Osaka)


c0345705_14433278.jpg


桜木の紅葉筏(もみぢいかだ)をふりかへる人影はなく鳥影ひとつ

there is no people
seeing these rafts
of red leaves
of cherry trees
there is only one bird



c0345705_14554104.jpg

京都の図書館は岡崎疎水のそばにあります。
花筏ならぬ紅葉筏を浮かべた流れに逆らって
金黒羽白(キンクロハジロ*tufted duck)が泳いでいました。

Kyoto Prefectural Library is near Okazaki Canal.


c0345705_14510263.jpg

大阪の図書館は淀川のそばにあります。図書館の窓辺に鳩が…

Osaka Prefectural Nakanoshima Library is near Yodo River.

(All Rights Reserved)






あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
Happy New Year !
(今年もスローなsnowdropです…)

c0345705_14514862.jpg


大阪市中央公会堂(中之島)(2018年11月)



箱から取り出したのは、公会堂開館100年記念切手。
今年はどの切手で皆さまへお便りを出しましょうか…

Which commemorative stamps do you like for my articles to you?
(Osaka City Central Public Hall was established in 1918.)


c0345705_14485335.jpg



大阪市中央公会堂は昔からの思い出がつまった宝石箱です。
むかしの振袖の写真でも蔵出しして、春を寿ぎましょう。

Osaka City Central Public Hall is a jewel box
full of various memories from my school days.
↓Here is our photo at the graduation ceremony.


c0345705_14482063.jpg
c0345705_16290890.jpg



この薄紅色の振袖は袖を切って
葡萄(えび)色に染め返してもらいました。
振袖と訪問着、それぞれの端切れです。↑

My pink furisode was re-dyed dark purple
and its long sleeves were shortened
to be a semi-formal kimono for the adult.


c0345705_09140099.jpg















c0345705_05155416.jpg




























観世清和「羽衣 彩色伝」(日経新聞およびNHK-Eテレ新春能)
金雲たなびく茜色の空に羽ばたくのは鳳凰です。
(紅地鳳凰縫箔腰巻、白地藤花蝶文様長絹)(某ブロ友さんのご教示による)

phoenix and gold clouds in the red sky


c0345705_07241926.jpg



















鴎とぶ浪華の海の薔薇の波


rose waves
of the sea of Naniwa (wave flower)
above which a gull flies

c0345705_16410034.jpg


水都 大阪のステンドグラスに澪標(みおつくし)
stained glass with a design of a mark in a waterchanel
Osaka is a city of water.

帆船(南蛮船でしょうか?)
A ship from Portugal?

c0345705_07222356.jpg




おまけ 🐗 今年はカモメ年ではなく亥年ですから…
「南蛮図屏風」の猪をどうぞ。中央の黒い動物が猪です。

Bonus 🐗 This is the year of the boar(not of the gull).
Here is the one in Namban screens.
Do you recognize a black piglet in the middle?



c0345705_05325187.jpg

南蛮文化館蔵「南蛮屏風」(部分)『南蛮美術の光と影』より


恩師の旅を思ひて

フロイスが南蛮船より降り立ちし港にひびく風と鴎と


in the harbor
where Luís Fróis
disembarked
from a ship from Portugal
you hear seagulls and wind



坂本花織の「ピアノ・レッスン」からはカモメの声が…

Voice of seagulls in The Piano (1:57~2:00)





(All Rights Reserved)




c0345705_14300691.jpg

小川洋子『ミーナの行進』に出てくるベーカリーB(ビゴの店)のブッシュドノエル

bûche de Noël de Bourangerie B dans La Marche de Mina de Yoko Ogawa 🎄


「あの1972年が、ローザおばあさんが采配を振るった最後のクリスマスになったことを思うと、そこに立ち会えた幸運を、神様に感謝しないではいられない。もみの木に揺れる数々の飾り、ろうそくの炎、手作りのご馳走、そして慎ましくも願いのこもった贈り物。クリスマスの日、私の触れたものすべてに、ローザおばあさんの温もりが満ちていた」― 小川洋子『ミーナの行進』

" Quand je pense que cette année 1972 fut celle du dernier Noël dont grand-mère Rosa prit la direction, je ne peux m' empêcher d' être reconnaissante à Dieu d' avoir eu la chance d' y assister. Les différentes décorations qui tremblotaient dans le sapin, la flamme des bougies, les délices maison, et les modestes cadeaux pleins de délicatesse. Le jour de Noël, tout ce que j' ai touché débordait de sa chaleur."
― La Marche de Mina de Yoko Ogawa, traduit par Rose-marie Makino avec la participation de Yukari Kometani et Yutaka Makino)


c0345705_14324911.jpg


業平橋東詰を右折してフランスパンのビゴのお店へ



 芦屋カトリック教会から川沿いに山の方へ歩き、業平橋で右折すると、やがてビゴの店へ出ます。
 フランス人ブーランジェの開いたパン屋さん。小川洋子の小説にもちらりと出てくるお店です。(物語のあらすじはこちら↓)

 L’ Église Catholique d' Ashiya est dans le voisinage de Boulangerie Bigot, qui est Bakery B dans le roman.



 ランチのパンを探すつもりが、飾り窓の赤い箱に目が吸い寄せられました。ビゴの店はパティスリ・ブランジェリ、お菓子とパンの両方を作っているのです。

 J'ai trouvé beaucoup de boîtes rouges dans sa vitrine. C'est une Pâtisserie-Boulangerie!



c0345705_14503461.jpg


 生前のビゴさん にお目にかかる機会はありませんでしたが、フランス語の先輩からガレット・デ・ロアの集い(クリスマス最後の日、公現祭の催し)の様子などを聞いていました。ビゴの店で大切に守られてきた、ルヴァン種のパンを、クリスマスの夕餉用に求めました。噛めば噛むほど味わい深いパンです。

 
Phillippe Bigot (1942-2018) est venu de Normandie. Une des mes devanciers de français lui connaissait. Selon elle, il était "le roi de galette" chaque année ! Son levain est du raisin.


c0345705_14523647.jpg





c0345705_14531069.jpg






























 久々に神戸の方へ足が向いたのは、もしかしたらNHK朝ドラの再放送のせいかもしれません。「べっぴんさん」のヒロインが育ったお屋敷(昭和9年以前築)は、まさにミーナの家(昭和2年築)のイメージなのです。スパニッシュ様式の洋館は英国チューダー様式のものと同様、昭和初期に数多く建てられました。

「玄関ポーチやテラスに多用されるアーチ、南東の角に設けられた半円形のサンルーム、オレンジ色の瓦屋根など、スパニッシュ特有のスタイルは、豪勢さよりも明朗な優しさを発している」
「南側の庭は日光がたっぷりと降り注ぐよう、なだらかに傾斜しながら海に向かって開けている。(…)周囲は常緑樹に囲まれ、町のざわめきははるかに遠い」
(同上)

 Ces photos d' une maison dans le style espagnol transmet l' atomosphère de la maison de Mina(complétée en 1927).


c0345705_06165794.jpg

c0345705_06172248.jpg
c0345705_06200994.jpg
















「べっぴんさん」より(昭和9年の一場面)(TV drama set in 1934)


「ローザおばあさんと米田さんは、ミーナの伴奏でクリスマスの歌をたくさん歌ってくれた。相変わらずの見事なハーモニーは、皆をうっとりさせた。長年決して離れることのなかった二つの歌声は、生まれる前からずっとそうであったかのように、寄り添い合っていた。いつもでもクリスマスが終わらなければいいのに、と私は、かなうはずもないお願いを神様にしていた」(同上)
 ローザおばあさんはドイツから来日しました。1972年はドイツのミュンヘンで五輪が開催された年でもありました。
 
"Elle [grand-mère Rosa] et madame Yoneda, accompagnées par Mina, ont bien voulu nous interpéter beaucoup de chants de Noël. (…) Les deux voix qui ne se séparaient plus depuis de longues années étaient proches comme s' il en était ainsi bien avant leur naissance.(…) " (id.)

 Grand-mère Rosa est venue d' Allemagne. L' année 1972 fut celle de Jeux de la XXe olympiade à Munich.





♪ ドイツのクリスマス歌曲「高き天より我は来たれり」
♪ Vom Himmel hoch, da komm ich her


 クリスマスの翌朝、主人公の芦屋での幸せな暮らしはゆるやかに終りへ向かいます。次の二枚目の写真は芦屋警察署(玄関は昭和2年築)です。ファサードのフクロウはあの夜の出来事を覚えているでしょうか。

 Le lendemain matin de Noël, le séjour heureux de l' héroïne chez Mina se mit à finir. Est-ce que ce hibou de la façade (complétée en 1927)du Police de Ashiya connaît l' évènement de la nuit ? 


c0345705_06203495.jpg















「べっぴんさん」の家の玄関は芦屋警察署のと似ています。フクロウ以外は…



c0345705_05483607.jpg




















 さて、このキルシュ風味のケーキのお味は…?ひと口食べた瞬間、子供のころ白いクリームのケーキが苦手だったことを思い出しました。大人になって食べられるようになったと思い込んでいましたが…じつは昭和風のケーキは、snowdropにはどっしり重すぎるんですね!
 少ない家族で食べ切れるかしら…不安になったところで、家族から「美味しい!おかわり!」という声が!なつかしい味がお口に合ってよかった!!

 Cette bûche de Noël me rappelle la saveur du gâteau de mon enfance.


c0345705_15065373.jpg



雪の積もった薪の右端にキノコ 🍄 が… 右は芦屋カトリック教会で頂いた日曜のミサの案内

Sunday Liturgy of Catholic Church of Ashiya, snowdrop's calendar


聖菓には可愛い茸をのせませう

冬を耐へぬく命のしるし


on met
un champignon mignon
sur la
bûche de Noël

c' est le symbole
de la vie contre l' hiver



ハイカラでどこかなつかし薪の菓子


おせちのなかの伊達巻と似て




「swiss roll buche de noel」の画像検索結果 VS 「伊達巻 ブッシュドノエル」の画像検索結果
  
(pinterest/ル・クルーゼレシピサイト)

Datemaki (right), sweet rolled omelette mixed with fish paste or mashed shrimp.
They symbolize a wish for many auspicious days. On auspicious days,
Japanese people traditionally wear fine clothing as a part of enjoying themselves.
(from wikipedia, Osechi )

(All Rights Reserved)