<   2018年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


c0345705_11180383.jpg



いつもの通い路から一本外れたら、色とりどりの椿と出会った。

Quand j 'ai écarté du chemin habituel,
j' ai rencontré des camélias aux couleurs vives et variées.


c0345705_21415069.jpg



名にし負う白毫寺の五色椿をしのぐ彩り。

Plus magnifique que ceux en Byakugo-ji ?


c0345705_21483088.jpg



それは桜が急に花開いた四月初め。
「昨日、お友達を呼んで観椿の会をしたの」
お庭にいらした奥さまが嬉しそうに話してくれた。

Au début d' avril quand des cerisiers sont en fleur au Japon,
la madame m' a dit qu' elle avait donné une réunion de camélia
pour ses amis le jour précédent.



c0345705_21432135.jpg



美しいものは思いがけず近くに見つかる。
求めていない時でも、与えられる。
顔を上げて、心をひらいていれば、気づかされる。

La beauté, c'est trouvé tout près.
Elle est donnée même si nous ne voulons pas.
Si nous levons notre tête, elle nous appelle.



c0345705_21531086.jpg



スローなsnowdropのように遅咲きの莟(つぼみ)。

A late-bloomer like a slow bloger snowdrop!



Img_1689_800x600_2


白毫寺の藪椿(2016年)


紅椿 苔のしとねに ほつとりと
camélia rouge
sur un coussin de mousse
légèrement


Img_1671_800x473_2



お茶もどうぞ… Voici une tasse de thé.


「白椿に楽茶碗花鋏図」の画像検索結果

鈴木其一「白椿に楽茶碗花鋏図」
White camellia and Raku tea cup by Suzuki Kiitsu

「青磁 東洋陶磁美術館 」の画像検索結果
(google search)


けふの朝青磁の花器に一輪の五色椿の花ぞ静もる snowmarchさん

(All Rights Reserved)





[PR]



 シューマン「蝶々」


c0345705_09165241.jpg



 虫たちが目覚める啓蟄(けいちつ)のころ読んだ、もうひとつの「語られぬことば」のものがたり。主人公の一人、拓人は幼稚園児。言葉を身に着けるのが遅くて、人間よりもむしろ小さな生き物たちとよく話せる。


「(また?)チョウチョのこえがきこえた。(…)すう、すう、すう、というすきとおったけはいもした。ちいさいけれどかんぺきにじゅうそくし、あんしんしきったけはいだ。しだいにつよまり、あっとうてきになる(…)どこかちかく、いまにもふれそうなばしょに、すう、すう、すうがいる」
「たくとはただうけとめる。めやみみやはなよりもむしろ、はだのけあなやかみのけをつかって。(…)あつい、とか、たのしい、とか、(…)ねむい、とか、(…)どこかへいくとちゅう、とか、ここにいる、とか、あちこちでなにかがゆれたりおちたりうごいたりせいししたりしていて、たくとにはそのぜんぶがいっぺんにわかるのに、わかるのはあたりまえだから、わかるというかんじがしない。(…)」
― 江國香織『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』



An another book on the words that are not spoken…Takuto is a kindergartener who is slow to learn Japanese and good to communicate with insects and small animals. He perceives with his hairs or pores rather than with five senses the presence of such creatures ― "sou sou", " mou mou", "ni ni" , etc. He understands the feeling of creatures, "hot", "sleepy", "content", " on the way to somewhere", "here I am" , etc.


c0345705_11043318.jpg


 本当のことが言えずに表面をつくろう言葉でやりとりする大人は、言葉以前のことばを忘れてしまった。あるいは、封印してしまった。拓人の両親、奈緒と耕作の言葉は、哀しみを隠すための優しい暗号のよう。
 墓石の向こうへ胸の中で呼びかける霊園の管理人や、かつての恋人と心のなかで対話する老女だけが、拓人のことばの近くにいる。


 「奈緒は料理をすこしずつならべる。グラスに氷を入れ、水と焼酎で満たす。
『お。いいぞ、名画だ。風が描けてる』
 拓人の差しだした”自画像”を手にとって、耕作はほめた。(…)
 ごはん、どこでたべてきたの?
 奈緒は、そう訊くことができない。簡単な言葉なのに、どうしても口からだすことができない。
『自画像なんですって』
 かわりに奈緒はそう言う。
『私も草原かと思ったんだけど』
と、ちょっと笑って。」― 『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』

 
Though adults use Japanese, they rarely express their real intention. They have forgotten or sealed "down" the "archetypal language" (my coinage inspired by Goethe's Urpflanze ) like Takuto's "sou sou". Sometimes they use language like the code to conceal their sadness, jealousy, anger, love, etc. … how gentle their code!

Only a cemetery caretaker who speaks silently to the dead beyond gravestones, an old lady to her ex-lover in the distance, they sense Takuto's communication ablility in untold words.



c0345705_17214176.jpg
三室戸寺(2016年4月)


アリちょうちょトカゲはいつもそばにいた
ツツジの香り ハチの羽音
 


fourmis, papillons, lézards

ils sont toujours près de moi

depuis mon enfance

fragrance des rhododendrons

bourdonnement des abeilles


朝明(あさあけ)のうすくれなゐを待ちかねて ひらきそめたり
あけぼの躑躅


des rhododendrons

nommés l’ aurore

ne pouvaient pas

attendre le corail d’ aurore

et se sont ouvertes aujourd’hui


bébé escargot ! *
かたつむりの赤さん!(今朝)

a0332314_17314610.jpg



 同じ作家に、きれいな本がある。作家の好きな曇りの日、サインをもらいに、大阪まで出かけた。萌黄いろのノースリーブを着た彼女は、銀鼠色のインクでやわらかな文字をしるし、そっと薄紙を挟んでくれた。インクがにじんでしまわないように。
 西暦2000年。あの頃は、旅日記以外の何かを自分が書くなんて、思ってもみなかった。

The same author, EKUNI Kaori had published a beautiful book (below fig.). Ona cloudy day she likes, I went to a bookshop in Osaka to get her signature on my book. She wore a fresh green sleeveless dress. She signed in silver gray ink and inserted a thin paper to prevent an ink splotch. I never imagined I would begin to write something (except travel diary) then, A.D. 2000.


c0345705_14581754.jpg


てふてふの かたちに伏せた 本の背に ひらりとおりた げんげの しおり
sur un livre
retourné en forme de papillon
tombé
un signet d' Astragalus sinicus
à la main



おつき合いくださったあなたに… Bonus(2016)

c0345705_15350531.jpg



お洒落なあなたに… Do you find butterflies in the furi-sode ?

a0332314_09124648.jpg

  右の乙女の振袖に蝶々が… 鏑木清方「嫁ぐ人」(部分)『鏑木清方』朝日新聞社

  (All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_11172211.jpg
平安神宮と疎水と染井吉野*Torii & MoMA, Kyoto

 snowdropには染井吉野の写真が少ない。
 子供のころ、近くの小さな神社へみんなでお花見に行った。そこでsnowdropは染井吉野を見た。きれいだった。うすべにの花、花、花…。綿菓子みたい!甘くてやわらかいものだけでできている!ひたすら眺めた。眺めつくした。たぶん一生分を。
 あの日の、あの花より美しいと思える染井吉野に出会ったことがない。

 Snowdrop has taken photographs of Somei Yoshino lesser than other breeds.
 When she was a child, she has gone to see the cherry blossoms at a local shrine with her family. The flowers of Somei Yoshino were beautiful, pale pink and soft like clouds, like cotton candies. She observed, admired, and appreciated probably a lifetime's worth of Somei Yoshino.
 She has never seen since then Somei Yoshino as beautiful as those on that day.



c0345705_11141242.jpg
「二つ折りの座」(京都国立近代美術館)*お花見の座布団にぴったり?
folded-cuchion-like contemporary art object in the garden of MoMA Kyoto


 染井吉野は、江戸彼岸と大島桜が交雑してできた一本の木を祖とするクローンだという。葉が出る前に、花だけがぱっと開く華やかさが好まれた。いちどきに咲いて、いちどきに散る。武士道を思わせるこの花は、武士の世が終りに近づいた江戸末期に生まれ、武士が滅びる明治時代から大量に植えられた。
 染井吉野の名は、江戸の染井村で育成されたことと、花の名所・吉野への憧れとに由来する。

 Somei Yoshino is said to be a kind of clone, whose flowers emerge before the leaves. All the flowers bloom and fall at the same time. Somei Yoshino reminded Japanese people of Bushi-do, the code of the samurai.
 This breed
was born at the end of the Edo period(warriors’ time)and has been planted since the Meiji period when the warrior class was abolished. The name of Somei Yoshino derives from a gardener village in Edo, Somei and the most famous place for cherry blossoms, Mt. Yoshino.



c0345705_11250080.jpg
明治時代のお花見(今月のカレンダーから)


 生長は早いが寿命は短い。いちどきに咲いて、いちどきに散る。もろくあやうい、クローンの桜。第二次大戦中、日本兵の理想にまつり上げられた。
 敗戦後、焦土を覆い隠すように、ふたたび大量の染井吉野が植えられた。それらは今いっせいに老いつつある。

 Somei Yoshino grows fast and lives a shorter life. The fragile clone cherry tree was regarded as a symbol of Japanese soldier’s ideal during the World War II: blooming and falling at the same time.
 After the War, many Somei Yoshino were planted in order to cover the scorched earth. These trees are now growing old at the same time.



c0345705_11120763.jpg


 染井吉野はいつも滅びに立ち会ってきた(武士道、皇国史観)。日本人の美意識と、弱さと、したたかさを背負い、毎年咲いては散り、咲いては散り、生き急ぐかのように老いを迎え…。
 吉野の名を引きながら、吉野の山桜からもっともかけ離れた桜。山桜や枝垂れ桜のように、それだけでは絵になりにくい。誰からも愛されるけれども、偏愛されることが少ない。

 Somei Yoshino has always witnessed the downfall, such as that of Bushi-do, of the historical view that Japan is a country under the eternal reign of living god emperors. This breed has represented the Japanese aesthetic sense, has included Japanese strongnesssometimes slynessand weakness, bloomed and fallen every spring, lived fast and grown old.
 Though its name includes Yoshino, it is the farthest from the wild cherry on Mt. Yoshino. It does not make a lovely picture as well as mountain cherry or weeping cherry. While it is liked by everyone, rarely loved passionately.

 
c0345705_10572043.jpg
「桜花」『小林古径』朝日新聞社(上)* 吉野の山桜(下)
Cherry Blossoms by KOBAYASHI Kokei*mountain cherry in Yoshino
a0332314_06222455.jpg


 明治維新150年。まだ、150年?!なんという嵐の時代をくぐり、嵐を起こしてきたのだろう、日本は!染井吉野は!
 日本語も嵐のなかにあった。文語体から口語体へ、旧仮名遣いから新仮名遣いへ…。いっそローマ字に統一しようという声。いやいや、フランス語を公用語にすべきだという声…(あの志賀直哉が!)。
 いっぽう、琉球や蝦夷のことばを奪い、アジア諸国に日本語を押しつけようとした。果ては『万葉集』までもが戦意高揚のために用いられた。

 
 2018 marks the 150th anniversary of the Meiji Restoration.What 150 years! Japan and Somei Yoshino have lived through the turbulent period.
 Japanese language also has been in the storm. It has changed from literary style to colloquial one. Some maintained to use only Roman letters, some
ex. SHIGA Naoya, a great authorrecommended French as the official language.
 Japan prohibited the use of dialects and ethnic languages, and forced Japanese on Asian countries. Even some poems in Man’yo-shu were used to foster the spirit for the war.



c0345705_17081416.jpg
伝統的な屋形船がこの春、復活した*traditional yakata-bune (private boat)


 合理化をとるか、伝統を守るか。そもそも伝統とは?日本らしさとは?蜻蛉(とんぼ)のかたちをした小さな島国のアイデンティティをどう守ればいいのか。
 明治以来、巌のように圧してくる西欧文明、大戦前後に押し寄せてきたアメリカ文化…激動の百年!その約十分の一は迷妄の十五年戦争。ふりかえれば室町は、平安は、天平は百の十倍の過去、千年の昔…
 染井吉野は、明治維新後150年のすべてを見てきた。
 みずからの美しさを誇るよりもむしろ、日本のふるい景観と新しい町並みの両方に優しく、美しく、寄り添いながら。

 Japanese people discussed. Which should be selected, rationalization or tradition? What is our tradition? What is the Japaneseness? How can we protect the identity of this dragonfly-like small island? The pressure of Western civilization since the Meiji period, the inflow of American culture after the World War IIwhat stormy hundred years! While one-tenth of that is the delusion of wartime (fifteen years), ten times of that is the distance to the Muromachi, Heian, or Tempyo peroids (around thousand years before)….
 Somei Yoshino has seen everything during these 150 years, while gently supporting and beautifying both traditional and modern landscapes rather than manifesting its own beauty.


a0332314_08501750.jpg

















クローンのさくらはかなし青白きLEDの灯に照らされて


des fleurs de Somei-yoshino,

un cerisier cloné,

elles semblent triste

sous la lumière pale
à DELdiode électroluminescentelight emitting diode



Dscn1070_4


「末期の眼」で桜をあふぐ川端へ花の瞳はなに語りけむ


c0345705_05201255.png

















「宵桜」『東山魁夷展』(朝日新聞社)*東山魁夷は、川端康成の本の装丁も手がけている。

Evening cherry blossoms by HIGASHIYAMA Kaii, who bound some of KAWABATA Yasunari's books

(All Rights Reserved)

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



[PR]
c0345705_10034732.jpg

十二単の袖のような「桜衣」とうぐいす餅を枝垂れ桜のお皿にのせて…
crêpes en forme de manches de kimono pour hana-mi et un rossignol-mochi


今年もわが村のうぐいすは訛っています。ライバルがいないからでしょうか。
Un rossignol chez nous chante mal cette année aussi. C'est parce qu' il n'a pas de rival?



ホーホケケキョうつとりなまる(うぐひす)(ひな)(をのこ)の恋うたのやう


c0345705_13540503.jpg
Peter Motzという画家のカレンダー。左には林檎の花とガチョウ、右には姫踊子草が…
pommiers, trois oies, lamier pourpre ("petite danseuse" en japonais) par Peter Motz



「桜衣」を食べていると、杉田久女の「花衣」の俳句を思い出しました。
着付にはたくさんの紐を使います。お花見の晴れ着なら、なおさら…


花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ  杉田久女

kimono pour hana-mi
en se déshabillant s’accrochent
des cordons variés

haïku de SUGITA Hisa-jo, traduction de snowdrop



c0345705_08593670.jpg

色とりどりの紐のような枝垂れ桜(京都府立植物園)
cerisier pleureurs comme des cordons (Kyoto Botanical Garden)


うきよには留めおかじと春風の散らすは花を惜むなりけり 
西行



「浮世に留めおきはしない、と春風が桜を散らすのは、愛しているからだよ…」
と西行は歌いました。もしsnowdropが桜だったら、次の歌を返したことでしょう。

Un waka de Saigyo dit :
Le vent printanier disperse les pétales
pour que des fleurs de cerisier ne restent pas dans ce monde triste,
c'est parce qu' il aime ce cerisier…

Si snowdrop était le cerisier, elle lui aurait répondu par sa tanka…


c0345705_08521265.jpg

雨情枝垂れと仏の座(同植物園)
cerisier pleurer et lamier amplexicaule (siège de Bouddha)


しだれ桜に代はりて
春風よわれを(さら)へよ心あらば 嵐のかたちに咲きたる花を snowdrop

en place du cerisier pleurer

vent printanier,
enleve-moi,

si tu sais l’ amour,

disperse mes fleurs

en forme d’ ouragan


c0345705_09131253.jpg

京都府立植物園の紅枝垂れ(上)とパリの植物園の白妙桜(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanical Garden*Beni-sidare’(pink weeping cherry(upper f.)
Jardin des Plantes de Paris * Groupe Sato-zakura 'Shirotae' (lower f.)

c0345705_09122947.jpg

まるで おっきい盆栽!*bonsai gigantesque ?!
(HP de Jardin des Plantes, Paris)


パリの植物園も、ロンドンの植物園も、まだ訪ねたことがありません。
皆さんとご一緒にエア花見を…

Snowdrop n'a pas visité ni Jardin du museum d'histoire naturelle ni Kew Gardens.
Amuzons-nous ensemble hana-mi par internet !


c0345705_09255513.jpg

京都府立植物園(上)とロンドンのキューガーデン(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanial Gardenupper figure
Kew Gardens, London(lower figure


小雨でもまめに傘さす国びとは小さき桜もまめに目を留む

Japanese people 
that put up an umbrella
even in the thin rain
notice and appreciate
even a thin cherry tree


c0345705_09234657.jpg

(HP of Kew Gardens, London)

All Rights Reserved

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR





[PR]

c0345705_11053109.jpg
京都府立植物園で見かけた子供たち(3月下旬)*Kyoto Botanical Garden (March)


川端康成の『古都』には、主人公の千重子が両親と京都府立植物園を歩く場面があります。

「噴水の右を進んで、つきあたると、左へ行けば、子どもの遊び場などらしい。(…)三人は、木かげを右へ折れた。思いがけなく、チュウリップの畑におりた。千重子は声をあげたほど、みごとな花盛りであった。(…)『ふうん、これでは、新しいきものに、チュウリップを使うはずやな。あほなと思うてたけど…。』と、太吉郎もため息をついた。
 ひまらや杉の若芽の下枝が、孔雀の尾をひろげたようだとするなら、ここに咲き満ちる、いく色ものチュウリップは、なににたとえたものだろうか(…)」― 川端康成『古都』(以下同)

千重子の父、太吉郎は京呉服問屋の主人です。着物のデザインも手がける彼は、チュウリップのモダンな美しさに複雑な思いを抱きます。ときは1961年、連合軍に接収されていた植物園が12年ぶりに再開された年でした。


c0345705_11022660.jpg


The Old Capital by KAWABATA Yasunari (1899-1972) has the scene where the heroine Chieko takes a walk with her parents in Kyoto Botanical Garden. Takichiro, her father, is the master of a kimono fabric shop in Kyoto and kimono designer. He is inspired by the tulips in this garden as well as his daughter's books of paintings by Paul Klee, Marc Chagall, etc. In fact, he does not entirely admire the simple beauty of this flower as a motif of kimono's design. This novel is set in 1961 when the botanical garden was reopened after twelve-year requisition by Allies of World War II.


c0345705_11494282.jpg
ひまらや杉でもなく、北山杉でもない、レバノン杉です*not Himalayan but Lebanon cedar


snowdropが植物園を訪ねた日、ちょうど「アメリカ」という名の桜が花盛りでした。戦後の古き都で、新しい美を模索する太吉郎。彼は、千重子からもらった「クレエ」(パウル・クレー)の画集や、チュウリップの色彩からインスピレーションを得るのです。平成のいま読み返すと、カタカナの使い方も時代を感じさせます。

Takichiro considers what the tulip should be compared to if the Himalayan cedar's branches are to the peacock's tale.
When snowdrop visited the botanical garden, the cherry trees named "America" were in full bloom.


c0345705_11244126.jpg
アメリカ」と木瓜

「アメリカ」は日本から北米に渡った染井吉野が品種改良され、日本へ里帰りした品種です。

"America" is a variety that was bred in North America and returned to Japan.


Japanese quince and ”America”
c0345705_11251228.jpg


京都府立植物園は、日本最初の公立の植物園です(大正13年、1924年開園)。この場面に先立って、千重子が友人と訪ねた平安神宮は、明治の社でした。温室や噴水のある洋風の植物園と純和風の神社…正反対のようでいて、どちらにも、外国を強く意識した近代日本の意気込みが感じられます。明治、大正、昭和、そして平成…日本はつねに新しい日本の在り方を模索してきました。

「三人はがらすごしに、熱帯植物の群れをのぞいただけで、なかには入らなかった。短い時間の散歩なのである。」―『古都』


c0345705_14213395.jpg
三人がスルーした温室には、睡蓮(ブルー・ロータス)が…
"blue lotus" in the green house that Chieko's family passed through


Kyoto Botanical Garden is the first public botanical garden in Japan founded in the Taisho period, 1924. Heian Shrine, which the heroine visited with her childhood friend, is the shrine built in the Meiji period. Though this Western-style botanical garden and that traditional Japanese-style shrine might seem opposite, they share the Japanese self‐identification surrounded by foreign countries. Japan has groped for the new Japan through the Meiji, Taisho, Showa, and Heisei periods, and even the old capital, Kyoto is no exception.


c0345705_11543840.jpg
くすのき並木

『古都』にはこの楠並木が何度も登場します。そのうちの一場面から。

「楠の並木は、木ずえで、左と右の枝が交わしていた。その木ずえの若葉は、まだ、やわらかく薄赤かった。風がないのに、かすかにゆれているところもあった。五人はほとんどものを言わないで、ゆっくり歩いた。めいめいの思いが、木かげでわいてきた。」

The Old Capital refers to the avenue of camphor trees in this garden many times.


c0345705_11534838.jpg
比叡山*Mt. Hiei, the mountain seen from anywhere in the botanical garden like a steeple


京都では「お山」といえば比叡山を指します。植物園のどこからもよく見えます。まるで教会の塔のように…太吉郎らがお山について語らう場面を思い出しました。

「比叡山は、濃いかすみのせいか、なんやら、低う見えるようやおへんか』(…)「春がすみで、やさしいて…」と、太吉郎はしばらくながめていて、「あのかすみに、ゆく春を、お思いやさしまへんか」

川端康成の『古都』は必ずしも名作とは言えないと思います。この作品を新聞連載していたころ、作家は眠り薬を乱用し、夢うつつだったとか。けれども、かな遣いののびやかさや、飛躍の多い詩的な文体は、流石です。極上の年中行事絵巻、名所案内記に酔う贅沢さ!

The Old Capital might be not a masterpiece of this first Japanese recipient of Nobel Prize for literature. While writing this serial story in the newspaper, he abused sleeping pills. And yet this novel's poetic style is beautiful.


c0345705_10545507.jpg
しだれ桜、紫木蓮、白蓮
weeping cherry and magnolia (purple and white)


千万の花の瞳と見つめ合ふ力を秘めし花の国びと

「末期の眼」で桜をあふぐ川端に花の瞳はなに語りけむ

傘の下に人あるごとく花の下に仰ぐ人ある国に生まれて
je suis née

au pays où il y a des personnes

sous chaque cerisier en fleur

comme il y a une personne
sous chaque parapluie


c0345705_15414852.jpg

天城吉野 (大島桜×江戸彼岸)* Amagi-yoshino

(All Rights Reserved)



春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】





[PR]

c0345705_09045566.jpg

花矢倉(上千本)から蔵王堂(中千本)をのぞむ
fleurs de cerisiers comme nuages blancs, Yoshino, Nara


み吉野の千の花びら風にのせ君へ届けん切手に代へて

mille mille petales de
trente mille cerisers de Mont Yoshino
je vous envoyer
par le vent
en guise de mille mille timbres


c0345705_09140259.jpg



三十年ぶりの吉野。上千本・中千本・下千本が咲きそろった稀有の春。
あなたのもとへ、そして海のかなたの友へ、切手のような花景色を届けましょう。

Yoshino, un endroit le plus célèbre pour ses cerisiers au Japon,
snowdrop l' a visité pour la première fois en trente ans!
Voici deux photos comme deux timbres pour vous au Japon et outre-mer.


a0332314_20354024.jpg



桜はほんらい山の神の花、呪力をもつとされました。(桃も)
三十年前と、今年。snowdropにとっては、入院の次の春に当たります。
偶然でしょうか。それとも、花の霊力を心身が求めたのでしょうか。
花から頂いた元気をあなたに、あなたの周りの方々におすそ分けします。

Le cerisier est originellement une fleur des dieux des montagnes.
Snowdrop a visité des cerisiers en Yoshino deux fois,
après ses hospitalisations, comme si elle avait cherché l' énergie de fleurs.
Je voudrais partager cet énergie avec vous!


c0345705_16285577.jpg



義経の千本(ちもと)の桜に分け入らん白き狐の声をもとめて
entrons
dans mille cerisiers
de Yoshitsune senbon-zakura
à la recherche de la voix
du renardeau blanc!


c0345705_09593488.jpg

忠信狐と静御前
吉野山を舞台にした文楽「義経千本桜」* 吉野葛のお干菓子

(All Rights Reserved)


春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



[PR]
c0345705_19503556.jpg
イースターのころ届いたカード &『マリー・クレール』のコラージュ
collage d' une carte de L…et Marie Claire


愛という花輪のなかの赤ちゃんへジャポンのリース四つ贈らむ


À ta petite fille
dans une guirlande d' amour
je voudrais envoyer
quatre guirlandes japonaises
avec des fleurs de cerisier, magnolia, mimosa, et baby's breath spirea



Pour Ma… et trois enfants

c0345705_16551665.jpg


桜の花輪*fleurs de cerisier


c0345705_20030840.jpg


マグノリアの花輪*magnolia

c0345705_07072147.jpg


雪柳*baby's breath spirea(赤ちゃんの吐息のシモツケ花)

c0345705_07055402.jpg


ミモザの花輪*mimosa en 2015


2004年、ノルマンディの復活祭休暇に知り合い、
2015年、ミモザの季節の日本を訪れたL…は、春の女神のように帰ってゆきました。
そして去年、L…は結婚してこの春、ミモザの日より少し前に赤ちゃんを産みました。
アムールを手に入れたL…、おめでとう

L… dont j' ai fait la connaisance pendant les vacances de Pâques en 2004,
elle a voyagé et est partie du Japon à la saison de mimosa il y a trois ans.
Elle s' est mariée l' année dernière et a donné naissance à une petite fille
avant la fête du mimosa cette année.
Tu as ton amour en main ! Félicitaions


Img_0980_800x600


桜の幹にL…が見つけたの形(奈良、2015年3月)
le coeur que tu trouvas en Nara, 2015


Primavera_2

絵のなかのフローラによく似たL…に、マグノリアやミモザ、雪柳の花冠を…
ボッティチェリの「春」はトスカーナの美術館にあります。フローラの左、画面中央に描かれたヴィーナスは、身ごもった聖母のようにも見えます。背景の水色の空が円い頭光に見えるからでしょうか。それとも、頭上にアムールが飛んでいるから、♡形に見えますか?

Pour ma Primavera, L…, je voudrais offrir quatre guirlandes japonaises. Tu est devenue de Primavera à Venus, ou Notre Dame de l'enfantement (selon WAKAKUWA Midori, une historienne d' art italien) dans cette peinture de la Renaissance. Tu trouves un nimbe ou coeur entourant sa tête? Voici Amour planant! ↓



c0345705_13502310.jpg

春(プリマヴェーラ) ボッティチェリ * Millenium Calendar 
部分図(下)は『原寸美術館』(小学館)より

c0345705_16185942.jpg


 女神たちの足元には野の花が咲き乱れています。1980年代にこの絵を修復したイタリアの研究者は、春の花のなかに冬の花がまじっているのに気づき、首をかしげました。クリスマス・ローズ?いいえ、これはきっとレンテン・ローズ。イースター(復活祭)に先だつ四旬節(レント)に開く花です。この絵には、古代神話の春と聖書の復活の春とが二重写しになっているに違いありません。
 若桑みどりも、このヴィーナスに聖母を重ね、薔薇はヴィーナスの花にして聖母の花と述べています(『薔薇のイコノロジー』)。なるほど、聖母の足元に薔薇が描かれていますね。そこから左へ目を移すと、レンテン・ローズがつつましく咲いています。まるで薔薇に一等地をゆずるかのように…

Parmi des fleurs des champs, il y a des roses de carême. Ce fleur fait allusion à deux printemps (mythologique et chrétien). Quel joli mariage !


c0345705_07175697.jpg
(2012年撮影)


友人のaster roseがイラストにしてくれた、レンテン・ローズと水仙。
白い花びらはまるでヴェネツィアのカーニヴァルの天使の翼のよう。
謝肉祭の喧噪から四旬節の静寂へ、そして復活祭の歓喜へ…
中世からルネサンスの春へ思いをはせつつ、今年の春をうれしみましょう。

Voici des roses de carême et narcisses chez nous…
(photo by snowdrop, image processing by aster*rose, mon amie)


c0345705_12012189.jpg

「angelo venezia carnival」の画像検索結果


(Ange de Venice)(google search)


「語られぬことば 下」は延期します。イースター休暇中にお祝いしたかったので

Untold words in a novel 2 is postponed.

(All Rights Reserved)








[PR]