カテゴリ:Spring(春の便り)( 67 )

c0345705_06155696.jpg


平安神宮(Heian-jingu Shrine)

桜以外のものがメインになるので、お蔵入りさせるつもりでしたが…
いまなら、「圧倒的桜。2018」番外編として許されるでしょうか?



c0345705_06162158.jpg


桜色のおみくじ


神さまへ手紙を出そうおみくじの花びらひらり天へ届くよ


nous envoyons

des lettres à dieux
omikuji ,

des pétales en papier rose

arriveront aux cieux



c0345705_06183159.jpg


草木に染められたような、緑色のおみくじ(貴船神社奥宮)

omikuji vert de Kifune Shrine(2014)

(All Rights Reserved)






[PR]

f0374041_20431859.jpg



さくらいろのトゥ・シューズで舞ふパ・ド・ドゥあをきみ空のライトのなかで

sous le feu
des projecteurs du ciel bleu

notre pas de deux
de chaussons de pointe roses
des fleurs de cerisier


f0374041_12104890.jpg

「ballet nijinsky rose costume」の画像検索結果



バレエ「薔薇の精」『舞台芸術の世界―ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン』図録と絵葉書(上)
ニジンスキーの衣裳(下)* Spectre de la Rose's costume, Nijinsky (pinterest)
(All Rights Reserved)

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】

Special thanks to usa-san!





[PR]
c0345705_07055740.jpg


ドライブを終らせたのは俄か雨それとも戸惑ふ僕らの心 さねかた


C' a été l' averse qui fit finir notre randonnée en voiture
ou nos coeurs
embarrassés ?



雨は降る降る、色あひ深く花房長く咲きたる藤のごとく… 清子
(恋文ペン字)


c0345705_08492988.jpg

この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。



ごめんなさい。本当は知っているのよ。貴方が社長の息子の帽子を素っ飛ばした訳。中宮女史にカノジョを取られて、まるでプルーストの小説だ!ってからかわれたんでしょう?(注*プルースト『失われた時を求めて』では、主人公の男性が、彼女とその女友達との仲に嫉妬する)
 …それに、あの日、真っ赤なポルシェを恥ずかしがってごめんなさい。分かっていたの。私を元気づけたかったのよね。 あんなベタな車、貴方の洗練された美意識とは真逆(まぎゃく)だもの…
 あの頃の私、ちょっと辛かったのよ。中宮編集長を助けてさしあげたいのに力が足らない。ちっぽけな私にとって、未来という時間は藤房のように長すぎて、どう生きたらいいか分からなくなって…

 
Pardonne-moi,
à vrai dire, je sais la raison de ta colère
le fils du general dit “Qui vous a piqué votre petite amie, la rédactrice en chef, ou la France? Vous êtes comme les personnages de RTP, le héros, Albertine et une amoureuse (!) d’ Albertine

Pardonne-moi, je ne devais pas être gêné du Porsche rouge ! Je savais
tu voulais m’ encourager. Ce cabriolet est exactement opposé à ton sens esthétique raffiné !

J’ étais dans une situation dure
Je me sentais si impuissante pour aider Mme Nakamiya. L’ avenir me semblait trop long comme la grappe de glycine.



c0345705_09553651.jpg

白藤紫藤が同時に…


 

そうそう、メイルに添付してくれていた、街角の藤の写真をありがとう。覚えてる?車から降りて、野原でカメラを構える貴方に、私が意地悪を言ったこと。貴方はいつもきれいな所ばかり切り取る。その場の空気が伝わってこない、取り澄ました写真ばかり。世界ってそんな薄っぺらいものじゃないわ。…

ごめんなさい。貴方に濁ったものが見えていなかった訳じゃないのに。貴方はいつもきれいなものだけ選り分けて私に届けようとしていた。私を守ろうとしてくれていた…


Quant à glycine, merci de ton photo annexe des glycines dans ta ville. Tu te souviens? Je te dit mal quand tu prenais des photos dans la prairie. ― Tu prends toujours quelque chose de beau seulement. On ne peut pas sentir l’ atmosphere des lieux par tes photos. Le monde n’ est pas si beau comme ça !

Pardonne-moi, tu voyais quelque chose de sale aussi. Tu essayais de m’ offrir quelque chose de beau seulement, de me protéger



c0345705_14200516.jpg


大丈夫。いま私はここで一人で立っています。編集長の急死を潮に雑誌の世界からは離れたけれど、アート翻訳の仕事が軌道に乗りましたし。…日本へ帰らないのかって?そうね、帰る日も来るかもしれませんね。でも、いまはここでの毎日が楽しくって!
 目に映る、耳に響く、肌で感じる季節のうつろい。ゆかしい街の佇まい。さまざまな人間の営み…日本人の私だからこそ、鮮明に見えてくるものがあるのよ。

Ne t’ inquiéte pas. Maintenant je suis deboute ici, toute seule. Bien que la mort subite de Mme Nakamiya m’ ait éloigné du monde de la revue, j’ ai commencé la traduction dans le domaine de l'artMon retour au Japon? oui,peut-êtreun jour, mais maintenant je suis heureuse ici!
La saison je savoure par mes cinq sens, les amis, mon compagnon chien, une cathédrale en forme de chat
. Il y a quelque chose que une japonaise seule peut trouver ici.


c0345705_09531839.jpg
散りシャクナゲ(室生寺、4月下旬)* rhodos tombés, Murou-ji


 プルーストのリンゴの花、サンザシの花はもちろん、日本を想わせる藤も、石楠花も、姫踊子草も咲くの。花は海を越えて東洋と西洋を結んでいるのよ…
 驚かないでね、私、畑の野菜で七草粥を炊くし、桜餅もこさえるの。日本にいた時は忙しくて、節句にまで気が回らなかったのに。いま、野の花を一針、一針刺繍していると、あの日の草原の風が吹いてくるよう…。

Non seulement l’ aubépine et pommier de Proust mais aussi le paulownia, rhodos, lamier pourpre, etc. ils fleurissent ici comme au JaponLes fleurs nous unissent à travers le monde.

Je cuisine osechi-ryori à la main, brode, et tricote. En brodant des fleurs sauvages sur un mouchoir, je sens le vent vert de la campagne en ce cabriolet.



c0345705_07045189.jpg
「牛車」の画像検索結果
真っ赤な牛車*Porsche in the Heian period (google search)



そうだ、実方さん。時間を作ってフランスへいらっしゃい。私の好きな北原白秋にならって、ココアをお出ししますから。そういえば、今年は雑誌「赤い鳥」百周年…童謡が生まれて
100年になるのね。


Viens en France un jour! Je te servirai une tasse de cocoa, d’ après KITAHARA Hakushu que j’ aime. Le 2018 marque le 100e anniversaire de
la publication de L’ Oiseau Rouge !!





ココアショップ「アカイトリ」は、2018年2月28日に閉店しました。

Cocoa shop Red Bird was closed on February 28th, 2018.

(All Rights Reserved)



新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】



[PR]

f0374041_09280025.jpg

雑誌「マリー・クレール * Marie Claire 」と香水瓶とネクタイ
この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。



実方さん、メールをどうもありがとう。よく分かりましたね。私のブログだと…。早いもので、こちらで暮らすようになってもう十年が過ぎました。お察しのとおり、私はフランスで詩を学び始めました。でも、勉強のためだけにこちらに移り住んだわけではありません。私はそんなに勤勉じゃないから…。


覚えておられますか。私が参加していたアート雑誌「あけぼの」の編集長、中宮定子(なかみやさだこ)さんのこと。彼女、ライバル誌「パープル」に読者を奪われ、数回のリニューアルも空しくとうとう休刊に追い込まれて…本場、フランスで巻き返すことにしたんです。それで私も一緒に…。貴方とドライブしたのは、雑誌の売り上げがじりじり落ち始めた頃でした。


Merci de votre mail. Vous avez bien trouvé mon blogue! Cela fait presque dix ans que j’ habite ici. Comme vous supposez, j’ ai commencé à apprendre la poésie européenne en France. Mais ce n'est pas la unique raison de mon emménagement

Vous souvenez-vous de NAKAMIYA Sadako (中宮定子), la rédactrice en chef de l’arts magazine Aurore que je rédigeais? Notre magazine se fit enlever une partie des lecteurs par un autre,Violet, et enfin suspendit sa publication malgré quelques reprises. Elle essaya à passer à la contre-attaque de Paris, un pays de l’ art, avec moi. Notre magazine avait déjà commencé à decliner avant le jour de notre randonnée en voiture



c0345705_15034897.jpg


父の帽子、
「マリー・クレール」の帽子 * chapeau de mon père



 そういえば、貴方も都落ちしておられたのね。ゴルフ中に社長の息子に何か言われてカッとして、帽子を跳ね飛ばしてしまったんですって?貴方はプライドが高いから…なぜそんなことまで知っているかとお思い?21世紀はネット時代ですよ。目立つ噂はSNSで瞬時に海の向こうまで届くものなの。

でも、よかったですね。平安のむかし都から遠く左遷され、そこで客死した藤原実方や道真公とは違って、貴方はまた地元に戻れて…そして、リラの花を見て思い出したのね、私たちのこと…


On disait que vous vous exiliez en province. Pendant le golf, sous le coup de la colère, vous avait renversé le chapeau d’ un fils du general de votre entreprise. Vous êtes toujours fierLe temps de SNS m’ a donné ce bruit au loin.

Mais tant mieux! Vous êtes retourné à la difference de Fujiwara no Sanekata ou Sugawara no Michizane qui mourut en province. Et des lilas, ils vous ont rappelé de mon parfum



c0345705_14542412.jpg


私の綴ったものをエセーと呼んでくれるのなら、貴方はパンセを書くといいのに。パスカルの『パンセ』風?それともレヴィ₌ストロースの『野生の思考(パンセ)』風?フランス語の「パンセ」には、(花の)パンジーという意味もあるんだ、と貴方はウィンクしましたっけ…
 それとも、ひょっとして、短歌を作っていたりして。見ちゃったのよ。貴方が若草色の手帖に緑のペンで走り書きしていた歌…


Si vous appelez mon écrit essai, vous pouvez écrire vos pensées ! A la manière de Pascal ou de Lévi-Strauss.
“La pensée signifie l’ idée, et la fleur.” Je me souviens de ton mots et ton clin d’ œil ! Ou tu peut-être écris tanka? Je l’ ai vu ! Sur un carnet vert clair…:


Quand le vent passe sur une prairie verte, le monde est devenu un cabriolet.


薫風が野辺の緑をわたるとき

世界は一つのオープンカーになる


(フォント「恋文ペン字」)


「野生の思考」の画像検索結果


c0345705_20532607.jpg


ごめんなさい。私、本当は知っているのよ。貴方が左遷された訳を…。


Pardonne-moi, à vrai dire, je sais la raison de ton exil


c0345705_09573419.jpg

手を合わせているようなリラ

(つづく*To be continued)

(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】


 



[PR]


♪山口百恵「プレイバックPart2」


()()

五色月(いついろづき)いろさまざまな躑躅(つつじ)君へ贈らん花箱として



c0345705_16063854.jpg


この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。


私は改めて一つ目のブログを開いてみました。いや、清子さんはやはり日本語で綴ったに違いない…このエセーは「草の匂い 雨の匂い」というタイトルから始まる…

 
J’ ai lu le blogue en japonais encore une fois. Malgré tout, Seiko doit avoir écrit celui-ci parce que cet essai commence par "L’ odeur d’ herbe, l’ odeur de la pluie."


c0345705_12023438.jpg


 覚えていますか。私たちがドライブした五月のあの日。オープンカーをレンタルして、萌黄色のネクタイを締めて、朝まだき貴女を迎えに行ったら…

「まあ、実方さん。まるでプレイバックPart2じゃない!いやよ、わたし。悪目立ちするの…」
「大丈夫。暗いうちに町を抜けて、誰もいない草原へ行って、屋根を開けて、風を感じるんだ。きっと気が晴れるよ」
 清子さん、あのころ貴女はあまり元気がなかった。それでも、いざ車に乗り、日が昇り、タンポポ咲く野原へ出ると、貴女のはしゃぎっぷりったらなかった!


Tu te souviens? Le jour du moi de mais quand nous avons fait une randonnée en voiture. Au petit matin je portait une cravate verte claire et te pris en voiture, Porsche Cabriolet. Tu crias.

“ Mais non, Sanekata! Comme les paroles du chanson Playback Part2 !() Tout le monde nous regarderont! ” 

“Pas de problème, nous passons la ville avant le jour et arriverons une prairie déserte. Le vent vert te distraira en cabriolet.”

Seiko, tu étais déprimée en ce temps-là. Cependant tu as commencé à crier joyeusement dans la prairie.



c0345705_11425620.jpg


Les Promenades de Marcel Proust 
de Nadine Beauthéac

真っ赤なポルシェ?a scarlet Porsche running through the green field(paroles)


「まあ、実方さん!なんて、青空!なんて、草の匂い!」

 朝じめりの残ったヨモギやタンポポの葉を車輪が轢いて、青臭い匂いが立ちのぼってきたのです。
「あら、草が車の中へ入ってきたわ、それっ、ああ、取れない…」
 そういえば、清少納言は牛車で山里にあそび、車輪に押しひしがれた蓬の葉が間近にうちかかるさまを『枕草子』第223段に生き生きと綴っていましたっけ…


“ Superbe, Sanekata! Le ciel bleu!! L’ odeur de herbe!!! ” 

L’ odeur montait des feuilles d’ estragon et de pissenlit, humides de rosée et écrasées par roues.

“ Tiens, un brin entre dans la voiturehop! ― zut, je ne peux pas l’atteindre

Comme un des notes par Sei Shonagon! (n. 223)



c0345705_14181594.jpg

♪ドビュッシー「音と香りは夕べの大気にめぐりくる」
♪ Debussy
Les sons et les parfums tournent dans l'air du soir



 湖のほとりで車を降り、古びた木のベンチに並んで座って、目と目が合った時、ふと風がやみました。小鳥の声も遠ざかりました。先ほどから広がっていた雲がすべての音を吸い取ってゆくようです。と、草の匂いにまじって、かすかな香りが…
「香水、つけるようになったの?」

「ええ。旅先で見つけたの。」

「パリ?」

「そう。サン・ルイ島のイギリス化粧品のお店で…」

「ひんやりしてて、清らかで、甘美で……雨上がりのリラの薫りだ」

「ふたたび見出された庭、という名前なの」
「まるでプルーストだね」

 それから、リラは二人にとって特別な花になりました。

Nous descendîme de la voiture au bord d' un lac et assîme sur un vieux banc. Nos yeux se rencontrèrent. Le vent tomba. Le gazouillement cessa. Le ciel est déjà couvert de nuage qui absorbait tous les sons. Alors un parfum léger se mêlait à l’ odeur de herbe

“ Tu as commencé à se parfumer?

“ Ouije l’ai trouvé pendant mon voyage”

“ À Paris? ”

“ Dans un magasin de produits de beauté de l' île Saint-Louis”

“ Frais, pur, suavecomme un parfum de lilas après la pluie ”

“ Il s’ appelle Jardin retrouvé. ”

“ Comme le monde de M. Proust! ”

Depuis le jour, le lilas est devenu notre fleur.



c0345705_11583341.jpg


「清子の返信メイル ― 平成枕草子3」(5月11日)へつづく

(To be continued)
(All Rights Reserved)
   新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】








[PR]
c0345705_10055458.jpg


この歌物語は幾つかのブログからインスピレーションを貰って綴ったフィクションです。

Ce tanka (haiku)- récit est une fiction inspirée par quelques blogues de mes blogue-amies en France.



これまでのお話。読まなくても楽しめると思います。(2017年5月3日)


 まるで北国の春…どんどんと咲き継ぐ桜、桃、蘇芳、山吹、藤、躑躅(ツツジ)…平安の昔ではありません。平成三十年の春、私が貴女に手紙を出してから一年後の春です。去年の手紙は宛先不明で帰ってきてしまいました。リラは花が散ると枯れ木のようになり、根づかなかったのだ、と私は唇をかみました。
 ところが、桜が一気に開花した四月上旬、私は、あの公園でふたたび出会ったのです。陽光をあびて咲きほこるリラの花に…。

Comme le printemps du pays du nordoù des fleurs variées sont en fleurs presque en même temps. Pas de celui de l' époque de Heian, mais de Heisei, 2018, l’ année suivante du premier lilas dans un jardin de ma ville. La lettre je t’ avait envoyé est retourné : “destinataire inconnu à l' adresse indiquée”. Des lilas sont devenus comme des arbres mortsils n' ont pas raciné, tant pis! Mais au début d’ avril, j’ ai retrouvé des lilas en fleurs, dans le soleil cette fois !!


c0345705_11175377.jpg



 リラは五月の花ではなかったか。帰宅した私は、四月から五月にかけて咲く花をネットで検索してみました。そしたら、フランスに住む日本人女性のブログが出てきたのです。「春は、夕空」「春は、幸せ」― 何てなつかしい文体のエセー…
 これは清少納言の生まれ変わり、清子さんの文章ではないでしょうか。清子さん、貴女はフランスへ渡っていたのですか。


La floraison du lilas est le mois de mai, ou avirl ? J’ai navigué sur Internet, où j’ ai trouv
é un blogue par une japonaise qui habite en France. Il a été un essai du style de Notes de chevet de Sei Shonagon. Par example, "Au printemps, c’est le crépuscule que je préfère."
Seiko, une réincarnation de Sei Shonagon, écrit cet essai ? Seiko, tu es en France maintenant ?



Merci beaucoup, echalote-san!

 手紙を書き直そう。フランスへ、エアメイルを出すべきだったんだ。私は机に向かい、薄い便箋を広げ、万年筆を握ってはたと気づきました。ブログでは住所がわからないじゃないか!
 私はメイルを書き始めました。ノートパソコンを膝に置いて、公園のベンチで…

Je dois écrire à nouveau. J’ aurais dû envoyer ma lettre par avion! Quand j’ ai tenu mon stylo, je me suis aperçu mon erreur. Le blogue est sans domicile actuel ! J’ai commençé à écrire un e-mail, mon ordinateur portable sur mes genoux, sur un banc dans le jardin.


c0345705_11221294.jpg


 ここからは藤のほかに、花水木も見えます。公園の小さな舞台にゆれる白い花…清子さん、貴女が日本の詩歌とフランス詩を交互に朗読したのも、こんな野外の舞台でしたね。

 白いドレス姿の貴女は、ほっそりとした花水木そっくりでした。その白い花がすべて上を向いているように、貴女も胸を張り、夕べの空へ届けとばかりに高らかに朗誦しました。
 詩歌は声に出してうたってこそ、言霊が宿るのよ、貴女はそう語ったものです。

On voit d' ici les lilas et un cornouiller à fleurs, des fleurs blanches sur une petite scène de verdure. Tu déclama des haïku, waka et poèmes français sur une scène comme ça. ― Luth, compagnon de ma calamités (celui que snowdrop déclama en classe)

Tu as été un cornouiller dans la soirée! Tu regardais en haut comme une fleur de cornouiller et lisais à haute voix vers le ciel. Selon toi, le mot déclamé a kotodama (mot-âme).



c0345705_11240146.jpg



天仰ぐ 花ばかりなり 花水木

ten aogu hana bakari nari hanamizuki
vers le ciel bleu
regardant en haut tous les fleurs
d' un cornouiller à fleurs


c0345705_16334053.jpg



 じつは私は遅筆です。数日もたつと、ついつい推敲したくなって…(わが前世の藤原実方のDNAはずいぶん弱まってしまったらしい)。ようやくメイルの下書きを綴り終えた頃、私はもう一つのブログを見つけました。それは何とフランス語の『枕草子Notes de chevet)』!

  清子さん、貴女は日本語もフランス語も同じくらい愛していました。どちらのエセーが貴女のものであってもおかしくありません。姫林檎の咲く窓辺と、躑躅の咲く庭と、そのどちらに貴女はいるのでしょうか。

Quelque semaines après, quand j’ ai fini d’ écrire une lettre, j’ ai trouvé un autre blogue en français, dont le title est Notes de chevet !! Seiko, tu aimais japonais et français. Il est possible que tu écrives celui-ci en japonais ou celui-là en français. Où es tu, près une fenêtre avec un pommier à feuilles de prunier ou dans un jardin d’azalée chinoise et japonaise ?


c0345705_11402644.jpg

もう一つのフランスのブログから図版をお借りしました
http://doudou.gheerbrant.com/?p=24462
un des images du blogue, Notes de Chevet*Merci beaucoup, grillon!

(明日へつづく)
(To be continued)


(All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_11180383.jpg



いつもの通い路から一本外れたら、色とりどりの椿と出会った。

Quand j 'ai écarté du chemin habituel,
j' ai rencontré des camélias aux couleurs vives et variées.


c0345705_21415069.jpg



名にし負う白毫寺の五色椿をしのぐ彩り。

Plus magnifique que ceux en Byakugo-ji ?


c0345705_21483088.jpg



それは桜が急に花開いた四月初め。
「昨日、お友達を呼んで観椿の会をしたの」
お庭にいらした奥さまが嬉しそうに話してくれた。

Au début d' avril quand des cerisiers sont en fleur au Japon,
la madame m' a dit qu' elle avait donné une réunion de camélia
pour ses amis le jour précédent.



c0345705_21432135.jpg



美しいものは思いがけず近くに見つかる。
求めていない時でも、与えられる。
顔を上げて、心をひらいていれば、気づかされる。

La beauté, c'est trouvé tout près.
Elle est donnée même si nous ne voulons pas.
Si nous levons notre tête, elle nous appelle.



c0345705_21531086.jpg



スローなsnowdropのように遅咲きの莟(つぼみ)。

A late-bloomer like a slow bloger snowdrop!



Img_1689_800x600_2


白毫寺の藪椿(2016年)


紅椿 苔のしとねに ほつとりと
camélia rouge
sur un coussin de mousse
légèrement


Img_1671_800x473_2



お茶もどうぞ… Voici une tasse de thé.


「白椿に楽茶碗花鋏図」の画像検索結果

鈴木其一「白椿に楽茶碗花鋏図」
White camellia and Raku tea cup by Suzuki Kiitsu

「青磁 東洋陶磁美術館 」の画像検索結果
(google search)


けふの朝青磁の花器に一輪の五色椿の花ぞ静もる snowmarchさん

(All Rights Reserved)





[PR]



 シューマン「蝶々」


c0345705_09165241.jpg



 虫たちが目覚める啓蟄(けいちつ)のころ読んだ、もうひとつの「語られぬことば」のものがたり。主人公の一人、拓人は幼稚園児。言葉を身に着けるのが遅くて、人間よりもむしろ小さな生き物たちとよく話せる。


「(また?)チョウチョのこえがきこえた。(…)すう、すう、すう、というすきとおったけはいもした。ちいさいけれどかんぺきにじゅうそくし、あんしんしきったけはいだ。しだいにつよまり、あっとうてきになる(…)どこかちかく、いまにもふれそうなばしょに、すう、すう、すうがいる」
「たくとはただうけとめる。めやみみやはなよりもむしろ、はだのけあなやかみのけをつかって。(…)あつい、とか、たのしい、とか、(…)ねむい、とか、(…)どこかへいくとちゅう、とか、ここにいる、とか、あちこちでなにかがゆれたりおちたりうごいたりせいししたりしていて、たくとにはそのぜんぶがいっぺんにわかるのに、わかるのはあたりまえだから、わかるというかんじがしない。(…)」
― 江國香織『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』



An another book on the words that are not spoken…Takuto is a kindergartener who is slow to learn Japanese and good to communicate with insects and small animals. He perceives with his hairs or pores rather than with five senses the presence of such creatures ― "sou sou", " mou mou", "ni ni" , etc. He understands the feeling of creatures, "hot", "sleepy", "content", " on the way to somewhere", "here I am" , etc.


c0345705_11043318.jpg


 本当のことが言えずに表面をつくろう言葉でやりとりする大人は、言葉以前のことばを忘れてしまった。あるいは、封印してしまった。拓人の両親、奈緒と耕作の言葉は、哀しみを隠すための優しい暗号のよう。
 墓石の向こうへ胸の中で呼びかける霊園の管理人や、かつての恋人と心のなかで対話する老女だけが、拓人のことばの近くにいる。


 「奈緒は料理をすこしずつならべる。グラスに氷を入れ、水と焼酎で満たす。
『お。いいぞ、名画だ。風が描けてる』
 拓人の差しだした”自画像”を手にとって、耕作はほめた。(…)
 ごはん、どこでたべてきたの?
 奈緒は、そう訊くことができない。簡単な言葉なのに、どうしても口からだすことができない。
『自画像なんですって』
 かわりに奈緒はそう言う。
『私も草原かと思ったんだけど』
と、ちょっと笑って。」― 『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』

 
Though adults use Japanese, they rarely express their real intention. They have forgotten or sealed "down" the "archetypal language" (my coinage inspired by Goethe's Urpflanze ) like Takuto's "sou sou". Sometimes they use language like the code to conceal their sadness, jealousy, anger, love, etc. … how gentle their code!

Only a cemetery caretaker who speaks silently to the dead beyond gravestones, an old lady to her ex-lover in the distance, they sense Takuto's communication ablility in untold words.



c0345705_17214176.jpg
三室戸寺(2016年4月)


アリちょうちょトカゲはいつもそばにいた
ツツジの香り ハチの羽音
 


fourmis, papillons, lézards

ils sont toujours près de moi

depuis mon enfance

fragrance des rhododendrons

bourdonnement des abeilles


朝明(あさあけ)のうすくれなゐを待ちかねて ひらきそめたり
あけぼの躑躅


des rhododendrons

nommés l’ aurore

ne pouvaient pas

attendre le corail d’ aurore

et se sont ouvertes aujourd’hui


bébé escargot ! *
かたつむりの赤さん!(今朝)

a0332314_17314610.jpg



 同じ作家に、きれいな本がある。作家の好きな曇りの日、サインをもらいに、大阪まで出かけた。萌黄いろのノースリーブを着た彼女は、銀鼠色のインクでやわらかな文字をしるし、そっと薄紙を挟んでくれた。インクがにじんでしまわないように。
 西暦2000年。あの頃は、旅日記以外の何かを自分が書くなんて、思ってもみなかった。

The same author, EKUNI Kaori had published a beautiful book (below fig.). Ona cloudy day she likes, I went to a bookshop in Osaka to get her signature on my book. She wore a fresh green sleeveless dress. She signed in silver gray ink and inserted a thin paper to prevent an ink splotch. I never imagined I would begin to write something (except travel diary) then, A.D. 2000.


c0345705_14581754.jpg


てふてふの かたちに伏せた 本の背に ひらりとおりた げんげの しおり
sur un livre
retourné en forme de papillon
tombé
un signet d' Astragalus sinicus
à la main



おつき合いくださったあなたに… Bonus(2016)

c0345705_15350531.jpg



お洒落なあなたに… Do you find butterflies in the furi-sode ?

a0332314_09124648.jpg

  右の乙女の振袖に蝶々が… 鏑木清方「嫁ぐ人」(部分)『鏑木清方』朝日新聞社

  (All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_11172211.jpg
平安神宮と疎水と染井吉野*Torii & MoMA, Kyoto

 snowdropには染井吉野の写真が少ない。
 子供のころ、近くの小さな神社へみんなでお花見に行った。そこでsnowdropは染井吉野を見た。きれいだった。うすべにの花、花、花…。綿菓子みたい!甘くてやわらかいものだけでできている!ひたすら眺めた。眺めつくした。たぶん一生分を。
 あの日の、あの花より美しいと思える染井吉野に出会ったことがない。

 Snowdrop has taken photographs of Somei Yoshino lesser than other breeds.
 When she was a child, she has gone to see the cherry blossoms at a local shrine with her family. The flowers of Somei Yoshino were beautiful, pale pink and soft like clouds, like cotton candies. She observed, admired, and appreciated probably a lifetime's worth of Somei Yoshino.
 She has never seen since then Somei Yoshino as beautiful as those on that day.



c0345705_11141242.jpg
「二つ折りの座」(京都国立近代美術館)*お花見の座布団にぴったり?
folded-cuchion-like contemporary art object in the garden of MoMA Kyoto


 染井吉野は、江戸彼岸と大島桜が交雑してできた一本の木を祖とするクローンだという。葉が出る前に、花だけがぱっと開く華やかさが好まれた。いちどきに咲いて、いちどきに散る。武士道を思わせるこの花は、武士の世が終りに近づいた江戸末期に生まれ、武士が滅びる明治時代から大量に植えられた。
 染井吉野の名は、江戸の染井村で育成されたことと、花の名所・吉野への憧れとに由来する。

 Somei Yoshino is said to be a kind of clone, whose flowers emerge before the leaves. All the flowers bloom and fall at the same time. Somei Yoshino reminded Japanese people of Bushi-do, the code of the samurai.
 This breed
was born at the end of the Edo period(warriors’ time)and has been planted since the Meiji period when the warrior class was abolished. The name of Somei Yoshino derives from a gardener village in Edo, Somei and the most famous place for cherry blossoms, Mt. Yoshino.



c0345705_11250080.jpg
明治時代のお花見(今月のカレンダーから)


 生長は早いが寿命は短い。いちどきに咲いて、いちどきに散る。もろくあやうい、クローンの桜。第二次大戦中、日本兵の理想にまつり上げられた。
 敗戦後、焦土を覆い隠すように、ふたたび大量の染井吉野が植えられた。それらは今いっせいに老いつつある。

 Somei Yoshino grows fast and lives a shorter life. The fragile clone cherry tree was regarded as a symbol of Japanese soldier’s ideal during the World War II: blooming and falling at the same time.
 After the War, many Somei Yoshino were planted in order to cover the scorched earth. These trees are now growing old at the same time.



c0345705_11120763.jpg


 染井吉野はいつも滅びに立ち会ってきた(武士道、皇国史観)。日本人の美意識と、弱さと、したたかさを背負い、毎年咲いては散り、咲いては散り、生き急ぐかのように老いを迎え…。
 吉野の名を引きながら、吉野の山桜からもっともかけ離れた桜。山桜や枝垂れ桜のように、それだけでは絵になりにくい。誰からも愛されるけれども、偏愛されることが少ない。

 Somei Yoshino has always witnessed the downfall, such as that of Bushi-do, of the historical view that Japan is a country under the eternal reign of living god emperors. This breed has represented the Japanese aesthetic sense, has included Japanese strongnesssometimes slynessand weakness, bloomed and fallen every spring, lived fast and grown old.
 Though its name includes Yoshino, it is the farthest from the wild cherry on Mt. Yoshino. It does not make a lovely picture as well as mountain cherry or weeping cherry. While it is liked by everyone, rarely loved passionately.

 
c0345705_10572043.jpg
「桜花」『小林古径』朝日新聞社(上)* 吉野の山桜(下)
Cherry Blossoms by KOBAYASHI Kokei*mountain cherry in Yoshino
a0332314_06222455.jpg


 明治維新150年。まだ、150年?!なんという嵐の時代をくぐり、嵐を起こしてきたのだろう、日本は!染井吉野は!
 日本語も嵐のなかにあった。文語体から口語体へ、旧仮名遣いから新仮名遣いへ…。いっそローマ字に統一しようという声。いやいや、フランス語を公用語にすべきだという声…(あの志賀直哉が!)。
 いっぽう、琉球や蝦夷のことばを奪い、アジア諸国に日本語を押しつけようとした。果ては『万葉集』までもが戦意高揚のために用いられた。

 
 2018 marks the 150th anniversary of the Meiji Restoration.What 150 years! Japan and Somei Yoshino have lived through the turbulent period.
 Japanese language also has been in the storm. It has changed from literary style to colloquial one. Some maintained to use only Roman letters, some
ex. SHIGA Naoya, a great authorrecommended French as the official language.
 Japan prohibited the use of dialects and ethnic languages, and forced Japanese on Asian countries. Even some poems in Man’yo-shu were used to foster the spirit for the war.



c0345705_17081416.jpg
伝統的な屋形船がこの春、復活した*traditional yakata-bune (private boat)


 合理化をとるか、伝統を守るか。そもそも伝統とは?日本らしさとは?蜻蛉(とんぼ)のかたちをした小さな島国のアイデンティティをどう守ればいいのか。
 明治以来、巌のように圧してくる西欧文明、大戦前後に押し寄せてきたアメリカ文化…激動の百年!その約十分の一は迷妄の十五年戦争。ふりかえれば室町は、平安は、天平は百の十倍の過去、千年の昔…
 染井吉野は、明治維新後150年のすべてを見てきた。
 みずからの美しさを誇るよりもむしろ、日本のふるい景観と新しい町並みの両方に優しく、美しく、寄り添いながら。

 Japanese people discussed. Which should be selected, rationalization or tradition? What is our tradition? What is the Japaneseness? How can we protect the identity of this dragonfly-like small island? The pressure of Western civilization since the Meiji period, the inflow of American culture after the World War IIwhat stormy hundred years! While one-tenth of that is the delusion of wartime (fifteen years), ten times of that is the distance to the Muromachi, Heian, or Tempyo peroids (around thousand years before)….
 Somei Yoshino has seen everything during these 150 years, while gently supporting and beautifying both traditional and modern landscapes rather than manifesting its own beauty.


a0332314_08501750.jpg

















クローンのさくらはかなし青白きLEDの灯に照らされて


des fleurs de Somei-yoshino,

un cerisier cloné,

elles semblent triste

sous la lumière pale
à DELdiode électroluminescentelight emitting diode



Dscn1070_4


「末期の眼」で桜をあふぐ川端へ花の瞳はなに語りけむ


c0345705_05201255.png

















「宵桜」『東山魁夷展』(朝日新聞社)*東山魁夷は、川端康成の本の装丁も手がけている。

Evening cherry blossoms by HIGASHIYAMA Kaii, who bound some of KAWABATA Yasunari's books

(All Rights Reserved)

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



[PR]
c0345705_10034732.jpg

十二単の袖のような「桜衣」とうぐいす餅を枝垂れ桜のお皿にのせて…
crêpes en forme de manches de kimono pour hana-mi et un rossignol-mochi


今年もわが村のうぐいすは訛っています。ライバルがいないからでしょうか。
Un rossignol chez nous chante mal cette année aussi. C'est parce qu' il n'a pas de rival?



ホーホケケキョうつとりなまる(うぐひす)(ひな)(をのこ)の恋うたのやう


c0345705_13540503.jpg
Peter Motzという画家のカレンダー。左には林檎の花とガチョウ、右には姫踊子草が…
pommiers, trois oies, lamier pourpre ("petite danseuse" en japonais) par Peter Motz



「桜衣」を食べていると、杉田久女の「花衣」の俳句を思い出しました。
着付にはたくさんの紐を使います。お花見の晴れ着なら、なおさら…


花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ  杉田久女

kimono pour hana-mi
en se déshabillant s’accrochent
des cordons variés

haïku de SUGITA Hisa-jo, traduction de snowdrop



c0345705_08593670.jpg

色とりどりの紐のような枝垂れ桜(京都府立植物園)
cerisier pleureurs comme des cordons (Kyoto Botanical Garden)


うきよには留めおかじと春風の散らすは花を惜むなりけり 
西行



「浮世に留めおきはしない、と春風が桜を散らすのは、愛しているからだよ…」
と西行は歌いました。もしsnowdropが桜だったら、次の歌を返したことでしょう。

Un waka de Saigyo dit :
Le vent printanier disperse les pétales
pour que des fleurs de cerisier ne restent pas dans ce monde triste,
c'est parce qu' il aime ce cerisier…

Si snowdrop était le cerisier, elle lui aurait répondu par sa tanka…


c0345705_08521265.jpg

雨情枝垂れと仏の座(同植物園)
cerisier pleurer et lamier amplexicaule (siège de Bouddha)


しだれ桜に代はりて
春風よわれを(さら)へよ心あらば 嵐のかたちに咲きたる花を snowdrop

en place du cerisier pleurer

vent printanier,
enleve-moi,

si tu sais l’ amour,

disperse mes fleurs

en forme d’ ouragan


c0345705_09131253.jpg

京都府立植物園の紅枝垂れ(上)とパリの植物園の白妙桜(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanical Garden*Beni-sidare’(pink weeping cherry(upper f.)
Jardin des Plantes de Paris * Groupe Sato-zakura 'Shirotae' (lower f.)

c0345705_09122947.jpg

まるで おっきい盆栽!*bonsai gigantesque ?!
(HP de Jardin des Plantes, Paris)


パリの植物園も、ロンドンの植物園も、まだ訪ねたことがありません。
皆さんとご一緒にエア花見を…

Snowdrop n'a pas visité ni Jardin du museum d'histoire naturelle ni Kew Gardens.
Amuzons-nous ensemble hana-mi par internet !


c0345705_09255513.jpg

京都府立植物園(上)とロンドンのキューガーデン(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanial Gardenupper figure
Kew Gardens, London(lower figure


小雨でもまめに傘さす国びとは小さき桜もまめに目を留む

Japanese people 
that put up an umbrella
even in the thin rain
notice and appreciate
even a thin cherry tree


c0345705_09234657.jpg

(HP of Kew Gardens, London)

All Rights Reserved

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR





[PR]