人気ブログランキング |

カテゴリ:Spring(春の便り)( 81 )


c0345705_06034705.jpg


白川(カラー写真)
モデルさんでしょうか。道行く人がみなカメラマンに…

usaさん、ありがとう。
皆さん、ありがとう。
花よ、ありがとう。

Merci beaucoup!

c0345705_05433815.jpg

白川のもっこ橋


さくら散らす雨のひびきと目覚むれば 宴のあとの皐月若葉雨

la pluie d' aube
qui font disperser
des petales de cerisier?
c' est la pluie au mois de mai
après la fête de fleurs de cerisier


c0345705_07134363.jpg


雨しぶきのような桜(上賀茂神社)

枝垂桜の陰でひろがる若葉(同上)

c0345705_07182494.jpg



(All Rights Reserved)













c0345705_14295398.jpg


白川

花あふぐ代はりに花のかげを見よ

かげに佇む花守を見よ

au lieu de regarder
des fleurs de cerisier,

regarde l ombre des fleurs!

une guardienne des fleurs!


c0345705_14311074.jpg


🌸 usaさんの桜祭りに参加中です 🌸

Special Thanks to usa-san!

 カラーのおまけ * Bonus ☆彡

この場をお借りして、もう一人、麗人のご紹介を…

フランスに住む俳人の小津夜景さんのトーク・イベント(東京)のお知らせです。




🌸 月餅を むはり ほほばり 花みれば それは あなたと めでし 夜桜 🌸

La manifestation d' OZU Yakei avec des gâteaux de lune(月餅)!

(All Rights Reserved)








c0345705_06582889.jpg
ピンクに縁どられた毛書体の「令和」、すやり霞のような水色の地に白文字の本文。未来を寿ぐような、明るく華やかなイラストです。

 
友人の aster rose から届いた一通の年賀状ならぬ電子メール。
そうでした、今朝から 令和元年でした。
昨夜は「ゆく年くる年」ならぬ「ゆく時代くる時代」が放映され
人々はカウントダウンを楽しんだとか。まるで大晦日から新年!

An e-mail has arrived from aster rose like a New Year's card.
You know, today is the first day of the Reiwa period.
Some people joined the new era's eve count-down last night.


「カウントダウン?知らんがな、寝てたさかいな」 🐈 四天王寺の眠り猫

a0332314_06584924.jpg

Snowdrop was sleeping like this sleeping cat around 0:00 today.


元号が変わって、何か変わるのでしょうか。
昭和、平成、それぞれの時代の変わり目にそれぞれの著名人が旅立ちました。
たとえば昭和から平成の変わり目には手塚治虫が、平成末には梅原猛が…
そんなところに時代の変わり目をみる人もいます。
その一方で、人が元号の切り替わりに合わせて物語を作ってしまうに過ぎない、
と考える人もいます。(中島裕介「星座を編むように」)

The change of the name of an era is to change something?
Some understand it as the change of the era itself.
Others say they only make a story accordingly to the change of era's name.


わらびの水辺に誰かが置いた松ぼっくり。何かの物語?(上賀茂神社)

c0345705_07114442.jpg

freshly budded bracken and pine cone(Kamigamo Shrine)


ハドリアヌス帝やフランソワ1世のような帝王=統治者の時代ならいざ知らず
象徴天皇の時代の日本では…
元号に合わせて物語を作っている、というのが当たっているでしょう。
なぜなら、人間は物語を作らずにはいられない生き物だからです。
大空に無秩序に散らばる星々を選び、つないで星座を編むように。
私自身、行き当たりばったりの支離滅裂な人生に意味を見つけたくて
終りのない歌物語を、ここで、ほそぼそと綴っているのかもしれません…。


「額田王 井上康」の画像検索結果
(google search)

The Japanese emperor is a symbol.
It is not the ruler such as Hadrien and Francis I.
I think the name of an era does not make a story.
It is the people that make a story, because
we humans cannot but make a story while living our lives
just like selecting and connecting stars to make constellations.
I myself tries to make an never-ending tanka story
so as to find a meaning of my inconherent life.


c0345705_08373952.jpg


さわらび(右)青柳(左)(芽吹きがゴマで表されています)
freshly budded bracken(right) sprouting willow(left)


「中宮寺 弥勒」の画像検索結果

ものがたり、ミッツカール君??? わらびみたいなロン毛??(中宮寺弥勒菩薩像)
freshly-budded-bracken-like hairs (google search)


カレンダーを付け替える大晦日の作業が、じつは、あまり好きではありませんでした。
(この一年も思わぬ悲しい出来事があった、新しい年こそ平穏な年でありますように…)
どんな年にも、どんな時代にも、良きことと悪しきことが起きるでしょう。
けれども、良き年(時代)を祈るという行為そのものは尊い。空しくはない。
そう気づいたから、ささやかな言霊にのせて、きたる日々の平和を祈ります。

Every New Year's Eve, while changing calendars,
I always have felt anxious about the new year
while remembering sad accidents in the previous year.
Every year and evey era is to have both good things and bad things.
But it IS precious to pray for the good year and good era.
Today I pray for the peace of our future with my small word-spirit.


c0345705_13295930.jpg

柳の芽吹き(2017年)*sprouting willow


空つぽの函(はこ)としてある新しき日日年年にいやしけ吉事(よごと)

I hope
many good things
will happen
to new days and years
as empty boxes


「剣 ルーン文字 北欧 歴史 槍」の画像検索結果

ルーン文字の石碑 Runestone(wiki)


「口に発して耳に届く言葉は魂だ(…)魂は人を離れてどこまでも行く。動くことで力となる。
すなわち言霊。それに対して、木に書かれ、鉄の剣に刻まれた文字はその場を動かない。
何百年も何千年も後まで残る。これもまた言葉の力」(池澤夏樹『ワカタケル』日経朝刊5月1日)


ネット上の言葉はいつ消えるか分かりませんが… ^^;

c0345705_08461889.jpg


さて、どこへ出かけよう… 🚙 2019年のカレンダー(クレマチス立葵)

I stay home while this vacance except my debut in a tanka-poetry party.
(my calendar 2019 🚙 painting by Peter Motz)


おまけ * Bonus * la fête du muguet en Rouen, 2004

c0345705_15371100.jpg

ルーアンの飾り窓(2004年)


5月1日はスズランの日。スズランのチョコレート、買いに行きたいな。。。

(All Rights Reserved)





c0345705_06273719.jpg
白川の水面(みなも)の光

 四天王寺の「弱法師」は有名ですが、聖書にも、盲目の乞食が登場します。
「一行はエリコの町に着いた。イエスが弟子たちや大勢の群衆と一緒に、エリコを出て行こうとされたとき、ティマイの子で、バルティマイという盲人の物乞いが道端に座っていた。ナザレのイエスだと聞くと、叫んで、『ダビデの子イエスよ、私を憐れんでください。』と言い始めた。多くの人々が叱りつけて黙らせようとしたが、彼はますます、『ダビデの子よ、わたしを憐れんでください』と叫び続けた。



c0345705_06224042.jpg
醍醐池の花筏

イエスは立ち止まって、『あの男を呼んで来なさい』と言われた。人々は盲人を呼んで言った。『安心しなさい。立ちなさい。お呼びだ。』盲人は上着を脱ぎ捨て、躍り上がってイエスのところに来た。イエスは、『何をしてほしいのか』と言われた。盲人は、『先生、目が見えるようになりたいのです』と言った。そこで、イエスは言われた。『行きなさい。あなたの信仰があなたを救った。』盲人は、すぐ見えるようになり、なお道を進まれるイエスに従った。」(新共同訳 マルコによる福音書10章46~52節)

There are blind beggars in the Bible as well as Yoroboshi in a Noh play. Only Bartimaeus' name is written in the Bible(Mark 10-46~52).

c0345705_06400135.jpg

奈良基督教会は宮大工による和風の教会です(2011年)


 新作能には、教会でパイプオルガンを使って上演されるものもあるそうです(「伽羅沙―細川ガラシャ―」など )。そんなお能のまねごとをしてみたくなりました。
 なお、地謡(ぢうたい)とはバック・コーラスです。ナレーションの代わりをしたり、群衆の声を表したり、登場人物の心の声を代弁したりします。

場景 エリコの町。舞台上に棕櫚の葉の作り物  (記事の終りの方にイメージ図版があります)
登場人物 イエス、バルティマイ、町の人(声のみ)

This noh play is to be performed in a church with a pipe organ. The scene setting is Jericho. On the upstage, an artificial palm tree surrounded with a curtain which hides Jesus. Bartimaeus is on the downstage.

c0345705_10133077.jpg

ドイツ、ウェルナー・ボッシュ社製のパイプオルガン


地謡  エルサレムへ、エルサレムへ上るイエスの一行は、ペレヤよりヨルダン川を渡りしのち、棕櫚の町エリコに着きにけり。

バルテマイ
 これは目の見えぬ物乞にて候。町の人々の情けにすがり、日々を過ごしてをり候。今日はなにやら町の空気の騒がしく、いつにも増してよそよそしく候。
地謡  ナザレのイエスがお発ちになる。おのおのかたがた、道をあけたまへ。ナザレのイエスのお通りなるぞ。

chorus   To Jerusalem, to Jerusalem, Jesus and his disciples left Pereya, passed the Jordan, and reached Jericho, the palm town Jericho.
Bartimaeus I am a blind beggar. I live off town people's kindness. Today it is more noisy than usual.
chorus   Jesus of Nazareth leaves this town. Everyone, make way for Jesus and his disciples ! Jesus of Nazareth leaves here!


c0345705_11103938.jpg
ヴェロニカ(犬殖栗)とダビデの星(花韮)(2018年)*Veronica and Star of David


バルテマイ ナザレのイエス?イスラエルの救ひ主と預言されたるダビデの子、イエスがこの町に? メシア(救い主)、イエスがわが町に? 棕櫚生ひ茂るわが町に?!

地謡  
ああ、盲ひの悲しさよ。何も知らずにこの一日(ひとひ)、空しき物乞ひに費やせり。

バルテマイ
 [大声で] ダビデの子、イエスよ。キリエ、エレイソン(主よ、われを憫みたまへ)!

Bartimaeus Jesus of Nazareth? Son of David has been here? Messiah Jesus IS in this town? In the palm town, in my town?!
chorus   Helas! What a miserable beggar! He knew nothing and wasted all day begging.
Bartimaeus Jesus, Son of David, Kyrie eleison [have mercy on me] !




J.S. バッハ「キリエ・エレイソン(主よ、あわれみたまえ)」


地謡   声高に叫びをるは誰(た)そ、聞き苦し。その乞食(こつじき)を黙らせよ。あな、見苦し。
バルテマイ
  いま叫ばねば、ダビデの子は去ってしまふ、永久に。われを憂き瀬に残したるまま。

地謡
  目の見えぬ男の世界は音ばかり。物乞を遠巻きにする音ばかり。たまに近づく足音あれど、その手に小銭を握らせて、そそくさと去る寂しさよ。ときに足音高ければ、手荒く追はるる悲しさよ。

バルテマイ [さらに大声で] キリエ、エレイソン!キリエ、エレイソン!(主よ、憫みたまへ!)

地謡  棕櫚の町エリコはむかしヨシュアらのラッパの音の力にて城壁崩れし町なりき。ヨシュアのラッパの音(ね)のごとく、バルティマイは叫びたり。



参考 ♪ ゴスペル「エリコの戦い」(The Battle of Jericho)

chorus   Who is crying so aloud? Noisy! Shut that beggar up! Ugly!
Bartimaeus If I do not call Him now, He will leave here forever. He will leave me in such harsh circumstances forever and ever!
chorus   The world of the blind man consists of only sounds. The sounds making a wide circle around the beggar. Even when faint footsteps approach, they soon leave after having given him a small coin. When loud footsteps, they always have driven him away.
Bartimaeus Kyrie eleison [have mercy on me] !! Kyrie eleison!!!
chorus   Jericho was the town whose wall fell down because of Joshua's army's trumpets. Bartimaeus' cry was loud like them.


c0345705_08514030.jpg
桜のトンネル 🌸 MIHO MUSEUM(4月中旬)


バルテマイ
 遠くよりわれの方へと迫る足音… 
町の人 心安かれ、起て。ナザレのイエスは汝を呼びたまふ。
バルテマイ おお、わが声は届きたり!ダビデの子へ、われをいざなふ、優しき声!!やれ、うれしや!!
地謡  バネ仕掛けの傀儡(くぐつ=人形)のごとく跳ね起きて、乞食(かたひ)はよろぼひ歩み出す。よろぼひ歩む足取りの、さながら踊るごとくなり。

Bartimaeus Footsteps are coming…!
townsman Be of good cheer. Rise, He is calling you.
Bartimaeus Oh, my voice has reached Him! A gentle voice inviting me to Son of David! How glad!
chorus   The beggar jumped up and began walking totteringly and dancingly for Jesus.


c0345705_11485598.jpg



[棕櫚の葉の作り物の引き回し(カーテン)が外され、イエスが現れる。バルティマイはイエスの方へ歩みつつ上着を脱ぎ捨てる]

バルテマイ
 [独り言つ] 乞食(かたひ)には、あはれ、捨つべき物すらなし。せめて上着を脱ぎ捨てん。
イエス わが汝に何を爲さんことを望むか

地謡
  あたたかき、深き御声よ。この声をいついつまでも聴いてゐたし!この声の主(ぬし)の姿を拝みたし!主(しゅ)を、わが師と拝みたし!

バルテマイ
 わが師よ、見えるやうになりたし。
イエス ゆけ、汝の信仰 汝を救へり。

[The curtain of the palm tree is removed to reveal Jesus. Bartimaeus walks to Jesus while throwing aside his garment.]

Bartimaeus [monologue] A poor beggar has nothing to abandon. I throw away at least my garment.
Jesus    What do you want Me to do for you?
chorus   (Bartimaeus' inner voice) How deep and warm voice! I want to hear this voice forever and ever! I want to see the owner of this voice! I want to worship my Rabboni, my Lord!!
Bartimaeus Rabboni, that I may receive my sight.
Jesus    Go your way; your faith has made you well.


c0345705_15043796.jpg


地謡  バルティマイは直ちに見ることを得たりけり。直ちに光を得たりけり。開きし眼(まなこ)にまづ映りしは主イエスのおん姿。つつましき旅の衣に身を包み、足は埃にまみれをり。双の目ばかりがきらきらと湖のごと輝けり。その湖に映りしは…
バルテマイ 澄みわたる湖(うみ)の瞳に映る吾(あ)をみまもりたまへ なまばたきそ 


chorus   Immediately Bartimaeus received his sight. Immediately he received the light. His pupils relfected Jesus. A man in simple traveling clothes, with dusty feet. Jesus' pupils were shining like lakes, which reflected Bartimaeus.
Bartimaeus please watch over me, / a man who is reflected / on your bright eyes / like clear lakes, / do not blink your eyes, please!


c0345705_10152335.jpg
水面の光 花筏(醍醐池)


地謡  救ひ主イエスの前に佇むバルティマイよ。もはや汝は盲ひにあらず。
町の人 何処(いづこ)へゆくも思ひのまま。何を為すも思ひのまま。
地謡  商ひに手を染めて、町で豊かに暮らすもよし。妻をめとり、家族とともに生きるもよし。画師となり、コクリコ紅く咲く野辺を画布に写し取るもよし。

chorus   Bartimaeus in front of Messiah Jesus, you are no longer a blind man.
townsman
 You can go anywhere. You can do anything.
chorus   You can learn business and live an abundant life in the town. You can marry and live with your own family. You can become a painter and sketch a red coquelicot field.


c0345705_18240611.jpg
白川

町の人 いざ、ゆけ。汝は自由なり。
地謡  いざ、ゆけ、とは何処(いづこ)へか?
バルテマイ わたしは主の目に選ばれてしまつた。
地謡  主の居はします所より他にゆくべき所はなし。主よ、わが手を取りたまへ。
バルテマイ ゆけ、わが心よ、主のもとへ。[イエスとバルティマイの相舞(=二人で一つの舞を舞う)]

Townsman  Go your way, you are free.
chorus Go my way? Where?
Bartimaeus His eyes have chosen me.
chorus    There is nowhere else to go but the places where Jesus is. O Lord, take my hand, please.
Bartimaeus My spirit, go to the Lord (τῷ κυρίῳ) ! [pas de deux of Jesus and Bartimaeus]


c0345705_21331280.jpg
藤原京

地謡  バルティマイはイエスに従ひて途を往けり。ヤコブ、ヨハネが漁網も父も置き去りたるごとく、無一物で、イエスのあとに従ひぬ。
 もはやエルサレムは近し。受難と復活の日は近し。
 棕櫚の葉を 振る人びとに 迎へられ 死と復活へ 到る道行 
 キリストの苦悩と光の道行につき従ひしバルティマイは、その名を聖書に残したり。ティマイの子、バルティマイといふ名をば初期教会史に刻みにけり。

chorus Bartimaeus followed Jesus on the road. Just like James and John who had left their nets, boat, and father, he followed Jesus, having nothing. Jerusalem is now near at hand. The days of Passion and Resurrection approach.
being greeted / by the people / waving palm branches, / He is to be / crucified and resurrected
Bartimaeus who followed Jesus left his name in the Bible. He left his name: Bartimaeus, the son of Timaeus in the history f early Christianity.



「作り物 能 大道具」の画像検索結果


棕櫚の葉の作り物(イメージ)(google search)


主を乗せたるロバもよろぼひ歩みけむ都大路の
棕櫚の葉を踏み  

(しゅを のせたる ろばも よろぼい あゆみけむ みやこおおじの しゅろの はを ふみ)


Jesus' ass also / walked totteringly, / stepping on palm leaves / on the streets / of Jerusalem City?


c0345705_10074683.jpg


この能をわが師、わが父母の師へ捧げます*I dedicate this noh play to our pastor.

(All Rights Reserved)





ノートル・ダム(パリ)のオルガンは無事でした*l' orgue sauvé

ゴスペル・イン・文楽~イエスの生涯と十字架(豊竹呂太夫ほか)















c0345705_08113209.jpg

歌詞対訳のリブレットを自作してコンサートを待ちましたが … ♪  my handmade libretto



 イースター(復活祭)に先立つレント(四旬節)のころ、合唱団に所属する友人から招待状が届いた。「クリスマス・オラトリオ」(J.S.バッハ)、キリストの降誕を物語る合唱曲のコンサートだ。
 なぜ今の時期に?指揮者の福永吉宏氏によれば、キリストの『いのちの旅路』は、「受難(=死)」と「復活(=再生)」を内に秘めて始まった。「降誕」は「受難」と「復活」につながっている…

 I received an invitation from my friend to a concert whose program was Christmas Oratoro. Why the Christmas Oratorio in Lent ? According to the conductor Fukunaga Yoshihiro, Christ's life began with his future Passion and Resurrection.


当日のプログラムにも歌詞対訳が入っていました!(右は自作リブレット、国井健宏訳)

c0345705_08200071.jpg


君の声もとめて友とおとづれむ大阪城をのぞむホールを

I will visit a hall
to listen to your singing voice
with my friend
with a view of
the castle of Osaka

学生時代、オルガンや室内曲を聴きに何度か訪
ねたいずみホール。オラトリオにはパイプオルガンも使われます。

c0345705_08271621.jpg

新作能「伽羅沙(ガラシャ)」も2017年にここで上演されたそうです*Izumi Hall in Osaka


 この曲はクリスマス(12月25日)から東方三博士礼拝の日(1月6日)まで、6回に分けて演奏される教会音楽である。コンサートでは3時間かけて一度に演奏することが多い。誕生を祝う華やかな第一部が終わると、何人かの演奏者がいっとき舞台袖へ去った。

 This work is a church music that was originally played in six parts from Christmas to Adoration of the Magi. Today it is often played at one time for three hours. After the first part, several players left the stage for a while.


c0345705_08314852.jpg

花の写真はすべて3月24日(日)に撮りました。


トラムペット・ティンパニ奏者去りてのち羊飼らの夜は始まる

after trumpeters
and a timpanist
left the stage
the shepherds' night
calmly began



c0345705_09140250.jpg


星の名をもつコブシ
☆彡 magnolia stellata


マグダラのマリアの長き髪ゆらゆらゆりかご歌がホールをつつむ


アルト歌手は金褐色のロングヘアでした。


c0345705_09180895.jpg



青空より天使のこゑが降つてくるソプラノ歌手の名前はみづえ

「みずえ」は漢字で「水江」「瑞枝」ともつづります

from the blue sky
an angel's voice
is falling down
the soprano singer's
name is Mizue (young branch)



c0345705_09231591.jpg
茨の冠めいた辛夷の枝ぶり


 印象的だったのは、舞台のソプラノ歌手と、舞台袖のもう一人のソプラノ歌手、そしてオーボエが木霊(こだま)のように同じ節、同じ単語を繰り返すアリア。レコードで聴くよりも音の遠近がはっきりと伝わってくる。
 繰り返される単語は「Nein=ノゥ」と「Ja=イエス」の二つだけ。

 ♪ 主のみ名は恐れの心を芥子粒ほどでも起こさせるでしょうか? ― ノゥ。(ノゥ)
 ♪ 死をいとうべきでしょうか ― ノゥ。あなたの喜びの言葉があります
 ♪ では、死を喜ぶべきなのでしょうか。― イエス。(イエス) 

 ♪ Flößt, mein Heiland, flößt dein Namen
  auch den allerkleinsten Samen
  jenes strengen Schreckens ein?
  Nein, du sagst ja selber nein! (Nein!)
 ♪ Sollt ich nun das Sterben scheuen?
  Nein, dein süßes Wort ist da!
 ♪ Oder sollt ich mich erfreuen?
  Ja, du Heiland sprichst selbst ja! (Ja!)

One soprano on stage, another off stage and an oboe repeated the same melody and word: Nein (No) / Ja (Yes) like echoes.


c0345705_09512903.jpg

















紫は受難の色です*Purple is the colour of Passion.


 受難と死を超えて復活した主によって、死の恐怖は乗り越えられる。それがこのオラトリオの最も伝えたかったことかもしれない。すでに降誕の時から、キリストの受難と復活は約束されていた!
 福永吉宏氏の言葉が思われる。―イエスの『いのちの旅路』は、相対する「受難(=死)」と「復活(=再生)」をその内に秘めて始まった。

 Christ who overcame his passion and death helps us to overcome the fear of death.
 According to the conductor Fukunaga Yoshihiro, Christ's life began with his future Passion and Resurrection.


c0345705_09474825.jpg


 明るく華やかに始まったオラトリオは、降誕の夜を静かにことほぎ、死と復活を深々と歌いあげ、そして、敵への怒りをもって閉じられる。敵とされるのはヘロデ王である。旅立つ東方三博士に「幼子を見つけたら知らせてほしい、私も礼拝しにゆくから」と告げた王は、実は救世主を恐れ、殺すつもりだった。Falscher(偽善者)という強い言葉が、美しい音楽のなかで異様にひびく(下の図版右上)。
 
 The oratorio begins with the joy, celebrates the Christmas night peacefully, preaches the death and resurrection, and ends with the anger against the enemy, Herod the Great. A word "Falscher" is seen on the libretto (on the right page, near the bookmark). ↓
 

c0345705_08200071.jpg


 曲中には出てこないが、このあとヘロデ王はベツレヘムの幼児を皆殺しにした。幸いイエスたちはエジプトへ逃れた後であったが…
 このエピソードは、人の力が神の計画を動かせないことを示すものである。しかし、理不尽に殺された罪のない子らと母らの苦しみを思わずにいられないのは、私だけだろうか。
 キリストの人生の始まりに落ちた、苦しみと悲しみの影。このオラトリオの終り方に、作者バッハの人生への深い洞察を感じる。
 キリストですら、罪無くして誰かを苦しめる悲しみと無縁ではなかった。それは誰かを苦しめずには生きられない悲しき人間への苦い慰めを、赦しと救いを表しているのかもしれない。

 His Massacre of the Innocents tells that the mortal power cannot change God's plan. And I cannot help thinking of the pain and grief of the mothers and innocents.
 The beginning of Christ's life was with the pain and grief. The ending of this oratorio shows J.S. Bach's deep insight into the human life.
 Even Jesus Christ was not separated from the sadness to afflict without malice and sin someone else ? That might be the bitter consolation, remission and salvation of the human being who cannot live without afflicting someone.


「よだか」の画像検索結果

The Nighthawk Star by Miyazawa Kenji (click on the title)


虫を殺め生きるよだかの悲しみを知る人ありきイスラエルの地に

in Israel
there was a man who knew
the grief of a nighthawk
that could not live
without killing insects


f0374041_15264268.jpg

おまけ * 聖木曜日の緑のスープ、レオナルド・ダ・ヴィンチ風?(2013年)

アスパラガスなど春野菜をたっぷり。日本の七草がゆのようなものですね。
レオナルドの「最後の晩餐」にはパンとワイン、魚料理などが描かれています。
よく似たパンとグラスを探しました。ワインはもちろんキァンティのレオナルド!

Bonus * la soupe verde au jeudi de la semaine de la Passion (2013)


追記(4月17日)
c0345705_11552918.jpg
avril, 2004


ふらんすの夜をさまよふ夢を見きノートル・ダムの燃えをりしとき

j' ai vu
une rêve noire
où j' errais
dans la nuit de la France
quand Notre-Dame brûlait

le 16 avril, 2019




イースター(復活祭)は421日(日)です。復活への一歩を踏み出せますように。

de la naissance à la renaissance !! (à la semaine sainte)

関連画像

竣工からおよそ100年、15世紀ごろのノートルダム (Notre Dame en 15 s)

(google search

(All Rights Reserved)














c0345705_09210893.jpg



正倉院に伝わる美(は)しき撥鏤(ばちる)の尺(ものさし)。
守田蔵さんによって復元された天平の尺などが展示されます。
会期は来週 4月23日(火)から 5月4日(土)まで
銀座へお越しのときは、ぜひお立ち寄りください。
詳しくは下記の地図等をクリックでご覧ください。

The bachiru(撥鏤 → )works made by MORITA Kura
will be exhibited in Ginza, Tokyo from April 23 to May 4.
(Fujiya Gallery)


f0374041_10181069.jpg

Invitation quoting the impression of Princess Akiko () who visited Mr. Morita's studio


撥鏤(ばちる)作家の守田蔵さんは
浄瑠璃寺のそばに工房「獅子窟」を構えておられます。
「獅子窟」(ししくつ)は吉井勇の短歌に由来するそうです。

酒にがく女みにくしこのごろは心しきりに獅子窟にゆく  吉井勇

(獅子窟寺は、 大阪府交野市にある高野山真言宗の寺院です)

MORITA Kura's studio "Lion Cave" is near Joruri-ji Temple.
The name "Lion Cave" derives from a tanka by Yoshii Isamu:
the sake tastes bitter and the women look ugly, recently,
my heart frequently wanders toward Lion Cave Temple
(tr. by snowdrop)


c0345705_09360105.jpg

浄瑠璃寺*Joruri-ji Temple(4月上旬)


「獅子窟」工房の向かいの浄瑠璃寺には、浄土式庭園があります。
「浄瑠璃」の「瑠璃」は東方の瑠璃光薬師浄土をあらわします。
祝い歌をお届けした日、浄瑠璃寺はさながら花の浄土でした。
山茱萸(サンシュユ)、馬酔木、桜、紫木蓮、三葉躑躅(ミツバツツジ)…

MORITA Kura's Lion Cave is located near Joruri-ji Temple,
which has a famous Pure Land garden.
On the day when I delivered congratulatory forms of tanka,
the garden looked like Pure Land itself.


c0345705_09545939.jpg
東の薬師仏をまつる三重塔


撥鏤尺に撥()ね彫りされし鳳凰を詠める


瑠璃光の天の果てより舞ひ降りし鳳はいま

獅子窟に棲む

(
るりこうの てんの はてより まいおりし おおとりは いま ししくつに すむ)



c0345705_09575123.jpg


瑠璃いろの空と山桜

c0345705_11115931.jpg


鳥の翼のような紫木蓮、染井吉野

c0345705_09375114.jpg


躑躅花むらさきに咲く弁天社 守るは獅子の家族(うから)なるらむ

(All Rights Reserved)







c0345705_10080708.jpg


エアメイル風のコーヒーパッケージ(伊勢丹京都)



珈琲は海の向うの異国よりはるばる届く匂ひの手紙

le café
est la lettre d' odeur
qui arrive
du pays étranger
au de-là des mers


c0345705_11351381.jpg


観音開きの白い窓


イノダコーヒを出て二分も歩くと、京都文化博物館に到着。
こちらは打って変わって赤レンガの洋館。昔は銀行でした。
シャルダン展を見に行った三菱一号館美術館を思わせます。

Le Musée de Kyoto est à cinq minutes de marche de Inoda Coffee.
Cet ex-banque est un maison de brique rouge de style occidental.


c0345705_10390891.jpg



中之島公会堂(1918年竣工)と似ているのは、同じ辰野金吾の設計だからです (1906年竣工)。
こちらの方がボリューミーなのは、ともに設計した弟子、長野宇平治の作風でしょうか。

Les desssinateurs de cet immeuble sont Kingo Tatsuno et son disciple.
Il avait fait le tracé de Osaka City Public Hall en Nakanoshima aussi.


c0345705_10375850.jpg



元は営業室だった広い空間は展示スペースになっています。
日本で初めて第九が演奏されたことで有名な
鳴門市の板東俘虜収容所の資料が展示されていました。

Là sont exposés des documents du camp de prisonniers de Bandō,
où les prisonniers chantèrent pour la première fois au Japon
la Neuvième Symphonie de Beethoven. → 📚


c0345705_12071424.jpg




渦潮の町にドイツの友愛の歌はとどろく満ち潮のごと

in den Stadt
von Strudel
" Freude !"
der 9 Sinfonie
klang wie der Flut


c0345705_11401586.jpg


c0345705_12102178.jpg

c0345705_11470629.jpg



ポスターや絵葉書にはウィーン世紀末美術の影響が…
あっ収容所の屋根の上にイースターのウサギさんが!
イースター・エッグの入ったかごを抱えていますね ♪

J' ai trouvé une carte de Pâques.   🐰 ↓

c0345705_07222179.jpg



ギャラリースペースで見つけた小っちゃなフォトカードには、
モンサンミシェルと小羊が…イースターの仔羊を思わせます。

Voici une petite photo-carte de Mont Saint-Michel
et un petit mouton comme l' agneau pascal.  🐑


c0345705_16203780.jpg

↑ 🐈 猫ちゃんの缶に入れてきた飴ちゃん、食べへん?



博物館からSNS発信を勧められたお神輿です(特別展)

D' une exposition spéciale de Sugawara no Michizane.


c0345705_07242380.jpg

神輿*mikoshi*sanctuaire portatif


特別展と展示を見たあと、敷地内別棟の前田珈琲でひと休み。
かつては銀行の金庫室でした。
三菱一号館美術館にも、元金庫室のカフェがありましたっけ。

Maeda Coffee est ex-coffre-fort-maison.


c0345705_10411989.jpg

c0345705_10404601.jpg



特別展のテーマ、天神さまにちなんで、梅のシフォンケーキを…
酸味のきいたケーキには、仄かに梅の香りもします。
菅原道真さまと飛梅の恋物語をつづったこともありましたっけ。

Voici un gâteau dedié à Sugawara no Michizane.


c0345705_10045040.jpg



イノダコーヒと同じように、帆船のオブジェが飾られていました。

Il y avait une maquette de bateau à voile comme au Inoda Coffee.


c0345705_10365621.jpg



そういえば、プルーストの朝ごはんはボル一杯のカフェ・オ・レ。
当時、コーヒーはぜいたく品でした。
小食で虚弱なプルーストが船旅に出ることはありませんでしたが、
海辺の保養地でよく夏を過ごしていました。
あこがれの日本にも来られるとよかったのにね。

Proust ne voyaga pas et passait des été à la station climatiqne
au bord de la mer. (Encore moins au Japon qu' il adorait…)


イノダコーヒ京都本店

c0345705_14410073.jpg
c0345705_10080708.jpg


海辺の避暑地のプルースト(左)*カフェ・オ・レとともに執筆中のプルースト(右)


フランスの小説家、プルーストが亡くなっておよそ100年…
京の三条通には、フランスのチョコレート店が集まっているとか。


Environ 100 ans ont passé depuis la mort de Proust.
Maintenant il y a beaucoup de chocolateries au Rue Sanjo, Kyoto.



c0345705_10441634.jpg

BEL AMER(ベルアメール)の飾り窓


博物館の珈琲店を出て、三条通から寺町通へ。
その途中で、シックなチョコレート店を見つけました。
メモ メモ!
博物館でゲットした「巫女めも」はどこ?

BEL AMER, JEAN-PAUL HÉVIN, etc.


c0345705_17224327.jpg


祖母のこさえた匂い袋、友の旅みやげの梅もようの漆の匙
寺町通の三月書房で貰った「香」がテーマのブックレット

Memo pads of Kitano Tenmangu Shrine

c0345705_14553403.jpg


おまけ*北野天満宮の飛梅(紅梅)(2016年2月)

Red Japanese Spirit Plum in Kitano Tenmangu Shrine

(All Rights Reserved)











c0345705_10100277.jpg



イノダコーヒの朝食は、京都駅からバスに乗って食べに来る旅人もいるそうです。
たとえ日帰りでも、旅気分が味わえるでしょうか?
博物館が開くまでの時間、ゆっくり朝食を頂くことにしました。
お店の飾り窓には船のオブジェが…まあ、さっそく旅気分!

Allons à prendre le petit déjeuner au Inoda Coffee en Kyoto
comme une voyageuse ! Il y a des bateaux dans la vitrine !


c0345705_10161414.jpg



窓から見えた部屋はまだ準備中でした。
窓際(右)に古い扇風機。ベル・エポックのポスター展(2003年、思文閣美術館)でみた
「扇風機」(V. セッサンチ)のポスターを思い出します。こんな形の扇風機の強風に
パオロとフランチェスカ(『神曲』に登場するカップル)があおられていましたっけ…

Cette chambre était en préparation.



c0345705_10172296.jpg



ガラス越しにぱちり。
↓春限定のコーヒーパッケージを眺めていると、別館に案内されました。

Pendant attendant avec des voyageurs, j' ai pris quelques photos.


c0345705_10092127.jpg
















レトロな別館へつづく扉にステンドグラス。アラビアのコーヒー園のモチーフです。
さっきのコーヒーの名前は「アラビアの真珠」でしたっけ。
コーヒー豆はアラビアやコロンビアなど、海の彼方の遠い国からやって来ます。

Le coffee "Perle Arabe" et un vitrail d' un Arabe.



c0345705_10184153.jpg
















c0345705_11334088.jpg




















別館から本館をふりかえる


お待たせしました、春野菜たっぷりの「京の朝食」です。
初めからミルクが入れられたコーヒーを一口飲むと、
前回ここに来た時の記憶がよみがえってきました。

Voici sa spécialité, " le petit déjeuner de Kyoto",
Bon appetit !


c0345705_10274130.jpg



あれは二月の昼下がり。翻訳の仕事の打ち合わせに
共訳者の女性がこの店を選んでくださったのです。
あちらのサンルーム風のコーナー、左端の席でしたっけ。

Je suis venue ici avec mon co-traductrice il y a longtemps.



c0345705_11375680.jpg

c0345705_10291000.jpg



ひとさまがこさへてくれし朝ごはん食めば時間はゆるゆると過ぐ

「こさえる」は「作る」の意の西日本方言です。


朝餉とるお一人様がちらりほらり少し澄まして文庫本繰る


il y a
des femmes qui prennent
le petit déjeuner seule
avec un livre poche
tirées à quatre épingles



c0345705_14410073.jpg


プルーストの朝食しのび珈琲とクロワッサンは最後に食(たう)ぶ


よく見ると、カフェオレ・ボウルしかありません。↓
しもた!プルちゃんは小食やったか…?
調べてみると、かつてはクロワッサンも食べたとか。



petit déjeuner de Proust
c0345705_14431882.jpg



左巻にねぢれば開くとこの手が知る 祖母の家にもありしこの鍵

ma main sait
comment ouvrir cette clef
il y avait
des même clefs
chez ma grand-mère



c0345705_10294294.jpg



















打ち合わせの時は入らなかったお庭。
今日は暖かいから覗いてみましょう。

Le jardin du style semi-japonais.


c0345705_10312690.jpg



















c0345705_10320782.jpg


















亀のいる手水鉢ふうの泉水。まるで坪庭!そう、ここは実は町家なのです。
↓ あの飾り窓の右隣に、こんな古風かつ和風な入口があったのです。

Il a un bassin avec deux tortues.
Inoda Coffee est une maison en bois typique de Kyoto.


c0345705_10340931.jpg



次回は、赤レンガの前田珈琲で 天神さまの梅シフォンケーキを…

(All Rights Reserved)

春の食材を使った料理&スイーツ



c0345705_15460526.jpg
喫茶室「オべピーヌ(さんざし)」のディプロマット
Diplomate d’ Aubepine, Au Temps Perdu, Kyoto


「赤い縁どりのクロスをかけたテーブルには、ガレットや、ノルマンディ風のパイや、
珊瑚の色をした真珠のようにサクランボのつまった船の形のタルトや、
ディプロマット ”と呼ばれるプディングなどがおかれている。」
『失われた時を求めて』第8巻「ソドムとゴモラ」II 鈴木道彦訳、集英社

Vous vous souvenez un diplomate dans Sodom and Gomorrah (RTP) ?


c0345705_14034737.jpg

ウィーンデザインの月暦(上)* プルーストの手帖(下)
Au MoMAK (en haut) * Carnets de Proust (pinterest)

「proust carnets」の画像検索結果


西暦1900年前後のウィーン・デザイン展を見てから
同時代のフランスの作家、プルーストゆかりのお店
オ・タン・ペルデュ(失われた時に)」でお茶を。。。
お菓子はディプロマット(外交官の意)、英国風パンプディングです。
当時、フランスでは英国風のトーストやお茶が流行していました。


Après avoir vu une exposition de Secession au MoMAK,
j' ai bu du thé Au Temps Perdu en Kyoto.
Voici un diplomate dans Sodom and Gomorrah (RTP) !
Le thé à l'anglaise était en vague à l'époque en France.



c0345705_14374060.jpg
写真集には、ディプロマットの出てくる「ラ・ラプスリエール荘」
を思わせる、典型的なノルマンディー地方のお屋敷が写っています



じつはsnowdropはプルちゃんとツーショットで
さくらんぼのディプロマットでお茶したことが…
ナンチャッテ♪
プルーストゆかりのノルマンディを旅した後の写真です。
プルースティエンヌ(プルースト・ファン f.)ですから!

Tea Time de Snowdrop et Marcel avec un Diplomate (2000s)
Je suis Proustienne!


c0345705_14272542.jpg


プルーストといえばマドレーヌ、
「オ・トン・ペルデュ」のディプロマットはマドレーヌ入りのオリジナルです。
春色のグレープフルーツに、まったりクリーム・ドゥーブルをのせて。

Diplomate à la madeleine d' Au Temps Perdu
Quelle mariage de la crème double et le pamplemousse !


c0345705_14301359.jpg


















プルースト、マドレーヌとくれば菩提樹のお茶です。
透明なポットに漂う菩提樹の花が見えるでしょうか。
(次回、もう少し詳しくお見せします)
カモミール・ティーに似た穏やかな色と味わいです。

Et une théière de tisane, bien sûr !


c0345705_14314588.jpg


プルーストが住んでいたパリの一角のリトグラフが
店内(オベピーヌ)に飾られています。
オーナーは相当なプルースティアン(プルースト・ファン m.)!
赤いベレー帽をかぶって、テラス席を行き来しておられます。

Cette lithographie représente le coin où Proust habitait.
Le propriétaire avec son beret rouge est Proustien !




c0345705_14342592.jpg

パリのサン・マルタン運河を思わせる白川沿いに
「オ・タン・ペルデュ」はひっそりと佇んでいます。



とぎれたる皐月の巴里のゆめひとつ続きは白き川のほとりで

une rêve interrompue
de Paris au mois de mai,
dont la continuation
est au Canal Shirakawa
comme Canal Saint-Martin


Canal Shirakawa comme Canal Saint-Martin

c0345705_14361835.jpg


おまけ*プルーストはフェルメールの絵を愛しました。
「デルフトの眺望」は「見出された時」に出てきます。

Bonus*Proust aimait Vermeer.
「デルフトの眺望 wiki」の画像検索結果


フェルメール「デルフトの眺望」* View of Delft by Vermeer(wiki)
おまけ*Bonus
テニスのラケットをギターのように抱えたプルースト(google search)


「marcel proust the」の画像検索結果「リュートを調弦する女」の画像検索結果


この記事のフェルメールの絵(2枚)は来日していません

「正しいマドレーヌの食べ方」へつづく

(To be continued)

(All Rights Reserved)

春の食材を使った料理&スイーツ



フェルメールの「取り持ち女」、初来日(大阪市立美術館の展示は5月12日まで)

c0345705_09441628.jpg


ちょいと!あたしのことをお忘れでないかね?3月8日はミモザの日、国際女性デーだってのに、この仕打ちはないだろう。あたしはフェルメールのやりて婆(ばばあ)。年は食っても女だよ!日本初公開のフェルメール作品だってのに、snowdropはあっさりスルー? 許せないね!
(snowdrop注*フェルメールの他の出品作については前回の記事へ)

Hey, you, snowdrop! Don' t ignore me ! Because March 8th is International Women's Day, you should remember me and give mimosa ! Though I am the procuress painted by Vermeer and have been exhibited in Japan for the first time, you have omitted me in the previous article ?! Unforgivable!!!


c0345705_09524186.jpg
フェルメール「取り持ち女」(1656年)The Procuress by Vermeer
主な絵画図版は『フェルメール』(同朋舎)を撮影

 「やりてばばあ」じゃあんまりだと思われたのかねえ、いつしか「取り持ち女」と呼ばれるようになった。まあ、客に娼婦を世話することに変わりはないがね。ほろ酔いの赤い頬の女を抱きすくめた赤い服の男が、彼女の右手に金貨を手渡している。つかのまのカップル成立、とにんまりしている黒衣の婆があたしさ。
 主役のあたしを黒子(くろご)みたいに陰に沈めるなんて、若いのに機知に富んだ画家だねえ。あたしの隣でグラス片手に笑っている男、案外フェルメールの自画像かもしれないよ。どうです、僕の絵、一枚いかが?なあんて声が聞こえてきそうだ。

 In the above painting, a man in red is handing a coin over a drunken prostitute with red cheeks. I am an old woman in black who is smiling complacently. The young painter was so smart that he dared to set me, the title role, in the darkness. Is this smiling man in black a self-portrait of Vermeer? This figure might say "Hey, would you like one of my paintings ? "


c0345705_09531643.jpg



















ファン・バビューレン「やりて婆」(出品されていません) 
The Procuress by D. van Baburen (c.1594-1624)



 もっとも、フェルメールはゼロからこの絵を描いたわけじゃあない。妻の母親が持っていたファン・バビューレンの「やりて婆」(上図)を手本にしたと言われている。フェルメールの妻は裕福な家の出だった。カトリックのお嬢様がプロテスタントの画家と結婚!よほど将来有望な画家と見込まれていたんだろう。姑が婿殿にはっぱをかけている様子が目に浮かぶよ。

「あなたも所帯持ちになって三年、そろそろもっと売れる絵を描いてもらわなくては!さ、先日の注文、わたくしの秘蔵の絵を手本にして仕上げなさいな。
 こんな享楽的なテーマは気が進まないですって?子供のころ、親父が営んでいた居酒屋の喧騒を思い出してうんざりだ、ですって?!でも、この女たらしがルカ福音書の”放蕩息子”だとしたら、どう?
 何が描かれているかにとらわれてはダメ。どう描かれているかをよくご覧なさい。このカラヴァッジョばりの光と影の使い方、生き生きした人物描写。学ぶことはどっさりあるはずですよ!」

 They say that Vermeer painted his Procuress in reference to that by D. van Baburen, a possession of his mother-in-law. His wife was from a rich Catholic family. This young Protestant should have been a hopeful painter. From this painting, I hear a voice of his mother-in-law…
" Now that you have been married for three years, it is about time you painted more paintings that sell better. Here is a model for you to finish your recent order. Oh, you say that you do not feel like imitating such a voluptuary one? That reminds you of your father's noisy tavern? But what if this man was the Prodigal Son in Luke ? You must not think about only what is painted, but should observe how it is painted ! This chiaroscuro of a Caravaggest, these lively gestures…you will find lots of things to learn! "



c0345705_09524186.jpg
「Pieter Claesz wiki still life」の画像検索結果「Pieter Claesz」の画像検索結果

参考*ピーテル・クラース「静物」*Still Life by Piter Claesz(1630-40s)(wiki)(出品されていません)

 そして、数か月後…
「まあ、いい絵になりましたね。娼婦の手のグラスやデルフト焼のワイン差しの見事な質感…これで押しも押されぬ聖ルカ画家組合員ね。それにしても、このタペストリーを描くのにずいぶん時間をかけていたこと。そういえば、マルタとマリアの家のキリストを描いた時も、すみっこの織物に熱中していたそうね…」
 やれやれ、婿殿はやっと姑のお説教から解放されたようだ。

 Several month later…
” You have painted an excellent one ! These wine glass and wine picther look like those by Piter Claesz ! You are now in reality and in name a member(master painter)of Guild of Saint Luke! …And you took a long time to paint his tapestry…are you a tapestry-mania? ”
 At last he was freed from her surveillance !


c0345705_09531643.jpg

c0345705_09541348.jpg


















ファン・バビューレン
「やりて婆」
(出品されず)







フェルメール「ヴァージナルの前に座る女」(部分)
(出品されず)


 フェルメールの絵の中に、義母の持っていた「やりて婆」はくり返し登場する(↑ 例:右の画中画)。享楽への戒めを暗示するためだろうか。画家としての初心を忘れないため?それとも、いつもの使いまわしかねえ。
 フェルメールの「取り持ち女」に戻ろう。一見、彼らしくない絵かもしれないが、あたしはこの絵が好きさ。何も自分が主役だからってんじゃないよ。でも、このいかにも苦労人らしい陰のある婆さん、いいねえ。
 フェルメールはこの一枚で何かをつかんだんだよ。おそらくは画家としての自覚と自信、そして、自分が描きたいものが何なのか…
 ここで人間の内面の探究めざして舵を取っていれば、レンブラントを越える肖像画が描けたかもしれないのに!……年寄りの繰り言、無いものねだりかねえ。

 The Procuress by D. van Baburen appears several times in Vermeer's paintings. In order to deliver an admonition against the prodigality? So as to remember his original intention as a painter ? Or his usual reuse ?
 Let's get back to Vermeer's Procuress!At first glance, it might look like out of his style, but I like it. It is not because I am the title role, but this old woman's portrait is chouette, she should have seen the world !
 This painting might be his turning point. He gained the self-awareness and self-confidence as a painter while painting this. He found what he want to paint.
 If he had begun to aim at the pursuit of the inner world of a human being, he might have painted a more excellent portrait than those of Rembrandt ! Is this the complaint of an old woman or crying for the moon ?
 

c0345705_09524186.jpg


フェルメールが描きたかったもの、それは光と影、色と形、つまりは美しい絵だった。「取り持ち女」の画面の大部分を占めるのは、トルコからの輸入品とおぼしきタペストリーだ。幾何学性と装飾性をあわせもつ文様の色と形、それから質感の表現にフェルメールは熱中した。そののち何枚もの絵の中で、テーブル掛けとして、あるいは舞台の幕のように、色とりどりの毛織物が描かれた。

What Vermeer wanted to paint was the light and shadow, colours and figures, that is, the beautiful painting. For example, this Usak tapestry occupies a large area of his Procuress. The geometrical and decorative pattern and texture fascinated the painter. He was to paint various tapestries as a table cover or a drop curtain.


c0345705_09563375.jpg
『絨毯 シルクロードの華』(国立民族博物館展覧会図録、朝日新聞社)より
c0345705_09573158.jpg
c0345705_11043778.jpg
フェルメールの描いた緞帳のようなタペストリー
(左の絵は出品されていません。ちなみにこの絵はsnowdropが初めて実見したフェルメールです。ウィーン美術史美術館蔵)


 色と形、そしてストーリー(物語性)を志向するフェルメールの画風は、仮名・漢字づかいと音のひびき、そして歌物語を大事にするsnowdropの短歌に通じるのかもしれない…
 あるいは、タペストリー、真珠、黄色いガウン、鋲付きの椅子、楽器など、限られたモチーフを組み合わせて幾通りもの絵を描いたところは、少ない言葉を組み合わせて珠玉の和歌を詠んだ式子内親王を思わせる。

 Vermeer's style orienting to the colours, figures and stories mighr have something common with snowdrop's style of tanka-poem orienting to the appearance of written characters and sounds.
 And Vermeer's method making various compositions with limited motifs such as tapestries, pearls, a yellow gown, musical instruments, etc. reminds me of pearls of waka-poems with limited vocabulary by Princess Shikishi.


📚 参考文献(注*「真珠の耳飾りの少女」は今回の展覧会で出品されていません)

c0345705_13240945.jpg

「青いターバンの少女(真珠の耳飾りの少女)」を大阪市立美術館で見たのは西暦2000年でした。
I saw this girl with a blue turban in Osaka in 2000.



海いろのターバン真珠のイヤリング 少女(をとめ)は夢む ツリパの国を
🌷 ツリパ = トルコ人のターバン。チューリップの語源

portant
une perle à l'oreille
et turban ultramarine
une jeune fille rêve
du pays de la tulipa


c0345705_14562435.jpg

(馬見丘陵公園*2017年4月)

ここから、おまけ(「オスマン帝国外伝」TVドラマの録画より)*Bonus

c0345705_09580781.jpg


フェルメールの時代から遡ること100年余り。オスマン・トルコの宮廷ドラマを見ると、どの部屋にもトルコ絨毯が敷き詰められている。絨毯の上に座布団とちゃぶ台、まるで日本のお茶の間!スルタンもプライベートではターバンを外してくつろぐ。

Here is a Turkish carpet in Magnificent Century ! Sultan takes off his turban in a private room !

「スレイマン 1世」の画像検索結果
スレイマン1世の肖像画(wikipeida)
Süleyman I(1494-1566)

スレイマン1世(左)と大宰相イブラヒーム(右)* ↓İbrahim Paşa (1493-1536)

c0345705_09583997.jpg

ターバンはトルコ人のツリパ、チューリップの語源である。なるほど、この白いターバンはチューリップのつぼみによく似ている

The name tulip derives from "tulipa (turban)" . His white turban looks like a white tulip bud ! 🌷

c0345705_14390128.jpg


オスマン帝国ではチューリップの花が好まれた。夕日の方角へチューリップがお辞儀する、そのさまが皇帝たちの心をくすぐったとか。「世界よ、朕の前にひれ伏せ!!」

This movement of the tulip was called "Tulip's bow" by Sultans of Ottoman Empire. They compared this flower to all the people in and out of the empire.


c0345705_14371100.jpg


オリエントの荒れ野に生(あ)れしチューリップ小砂利まじりの花壇にゆるる

tulips that were born
on a desert in Orient,
they swing
on a gravel-covered
flower bed in Japan



a0332314_09014172.jpg
チューリップは中近東ではラーレと呼ばれる(トルコ語:lale, ペルシア語:لاله

オマル・ハイヤーム『ルバーイヤート』(黒柳恒男訳注*ペルシア詩)Rubáiyát
c0345705_06481780.jpg
a0332314_09023727.jpg
「トプカプ宮殿 チューリップ タイル」の画像検索結果
トルコ至宝展HPより)

国立新美術館(東京)にて3月20日から開催

(All Rights Reserved)