カテゴリ:Italia(北イタリアの待降節)( 45 )


c0345705_09033532.jpg
ヴァティカンで貰ったヨハネ・パウロ2世の硬貨
the coin of John Paul II that snowdrop got in Vatican in 1999


4番目に踊ったのが私だった。マンショがトスカーナ大公夫人と踊った、あのピサの舞踏会。きらめくシャンデリア、香水の香り、心浮き立つ楽の音…私はすっかりのぼせていた。それで、こちらを見つめていた視線の持ち主に、やみくもにダンスを申し込んだのだ。どっと笑う声がした。マンマ・ミーア!私は足元もおぼつかぬ老婦人を選んでしまったのだ!ああ、どうかあのご婦人が、日本の少年に恥をかかされたと思っていませんように!(*>ω<*)

It was I that danced the lastin that ball where Mancio danced with Bianca Capello. Glittering chandeliers, perfume, musicI was totally beside myself. Someone was gazing at meI invited her to dance without looking at her properly. A peal of laughter!! Mamma mia!! She was an old lady who barely walked!!!! Ah, I wish she was not ashamed because of me!!!!!!!!



c0345705_10440636.jpg


4番目に選ばれたのは私だったのだと思う。正使の二人ほどは身分も高くなく、マルチノのように語学ができるわけでもない。なぜ選ばれたのか、自分でもよく分からない。
 そもそも、なぜ自分がキリスト者になったかもはっきりしないのだ。天狗めいた異国人の思いがけず柔らかな笑顔や、オルガンの響きや、紅茶の香りや、プレゼピオという人形の家に心奪われ、親にせがんでセミナリオに通うようになった。私はのめり込むたちなのだ。

I think it was I that was chosen the lastI was not as noble as two senior commanders and was not good at speaking Portuguese like the other vice commander, MartinoI do not know why I was chosen as a member of Tensho Youth Mission to Europe.

In the first place, I do not know very well why I got baptized. That unexpected sweet smile of tengu-like foreigners, the sounds of an organ, the smell of red tea, the mysterious doll house: presepio, which all charmed me to ask my parents to let me go to semianrio. I was the type of person who concentrates on something attracting.



c0345705_12052013.jpg
戦国のキリシタン大名、高山右近 記念聖堂のプレゼピオ*東方三博士の人形▲(2011年)
マルチノがマカオへ発った翌日、右近はマニラへ出航、その地で没した。

Presepio in Takayama Ukon Memorial Church (2011)
Ukon was deported to Manila on the day following Martino's departure to Macau and died there in 1615. ▶https://en.wikipedia.org/wiki/Dom_Justo_Takayama

 リスボンへ向かう船では、釣りに没頭するあまり、釣り針を壊してしまったっけ。しょげる私を励ましてくれたのは、気の優しい甘えっ子ミゲルだった。あの、はちみつのような笑顔…
ジュリアンは釣りが上手か。さすが海の子ばい。ローマ・カトリック教会の祖、ペトロも漁師だったたい!わいはペトロのごと素直で、ひたむきやん


I was absorbed in fishing and broke a hock on the ship for Lisbon. I blushed for shame. It was gentle Miguel who encouraged me, a mamma’s boy with a honey smile.

“Jurian is a good angler! That's Jurian, a 'child of the sea' all over!” You know, St. Peter also was a man of the sea. You are as honest and single-minded as he.”


c0345705_18364207.jpg

狩野派の画家たちが描いた南蛮船と南蛮人
a ship from Europe and European people painted by Kano school painters


 あるジパングの美術史家は、私がスペアだったのだと述べた。少年は3人しか要らなかったのだ。そのころドイツやオランダがプロテスタントに、イギリスが国教会に改宗し、カトリックから離れて行った。ローマのパパ(教皇)は息子たちを失った…そこへ、はるか東の国から新しい息子がやって来た!それも三人!東方三博士の再来だ!

どうして寄りによってローマで、風邪なんか引いてしまったのだろう。旅の疲れが出たんだ、ゆっくり休んでいなさいと皆が言う。けれど、マンショはトレドで疱瘡になったし、マルチノはマドリッドで不整脈と高熱に苦しんだ。たかが風邪くらい…いやいや、ご高齢の法王様にうつしたら大変だ、ご遠慮しなさい。そして結局、グレゴリウス13世との謁見はおろか、新しく就任したシスト5世の戴冠式にも出席させてもらえなかった。


 A Japanese art historian, WAKAKUWA Midori said that I was a spair member.They needed only THREE boys. Papa in Roman Catholic Church has lost Protestant sons, i.e., Germany, Holland, etc. at that time. But his new sons have arrived from Far East! THREE oriental boys! The Magi’s second advent!

Why did I catch a cold in Rome of all places! Everyone said to me that I was fatigued from the trip. But in Tredo, Mancio had been attacked with the small pox and in Madrid, Martino had had a high fever and an irregular pulse. It was just a cold, butthey persuaded me to stay in bed in order not to give a cold to the aged Pope. In the end, I could not meet officially not only Gregory XIII but also Sixtus V.


c0345705_11410924.jpg
「天正遣欧少年使節がたどったイタリア」展覧会図録


これは正使マンショの肖像画…2年半の船旅と、冬でも強い南欧の陽射しで、私たちは浅黒く日焼けしていた。けれど、ここまで黒くはなかった。それに、マンショは一番年長だったとはいえ、これほど大人びてはいなかった。このもみ上げの男くさいこと!
 この肖像画は、若桑みどりの没後7年目に発見された。ああ、やはり彼女の説は正しかったんだ。ここには年かさの東方博士のイメージが重ねられているに違いない。マンショの絵は、彼女の説を裏付け、彼女の労作に応えたのだ。その赤い唇は、研究半ばにして倒れたイタリア美術史家に微笑みかけているかのようだ。


Here is a portrait of Manciotrue that we have been suntanned during our voyage and stay in Portugal, Spain, and Italy, but not so black! And Mancio did not look so macho. What manly sideburns!

This portrait was discovered seven years after the death of that art historian, 2014. Ah, her hypothesis was correct! The image of senior Magi might be superimposed on his figure. This picture seems to support that hypothesis and smile to the art historian who died halfway through her study on Italian art.


c0345705_10462265.jpg
『天正遣欧少年使節の教皇謁見に関する報告書』の挿絵(同展覧会図録)
Avisi Venuti Novamente da Roma delli XXIII di Marzo M D LXXXV.


どうか私を憐れまないでほしい。きらびやかなパレードに交じることも、カステル・サン・タンジエロ(聖天使城)の橋を渡ることもなく、ただ祝砲の音を遠くから聞くほかなかった私を。法王様にハグされ熱い涙を注がれることもなく、フランスやヴェネツィアの公使とともに華々しく旗をかつぐこともなかった私を。

誰が知ろう、落胆した者、挫折した者、心に空洞をもつ者こそが、それを埋めるために残りの人生を捧げ尽くすことが出来るということを。挫折は強靭なバネとなるのだ。漁村出の一少年だった私が、マンショとともにマカオに留学して司祭となり、迫害を耐え抜き、信仰を全うできたのは、ローマで枕を濡らす悔しさを味わったおかげかもしれない。

 Please do not pity me, the forth boy who could not participate in that flowery parade crossing ponte Sant'Angelo and could only hear the salute of guns from far away. The forth boy who was not hugged by Papa and did not carry the flag with French and Venezian ministers.

You know, those who are dissapointed, discorraged and feel so empty inside CAN devote the rest of their lives to the compensation. You can use the frustration as a springboard! This boy from a fishing village was to study in Macau and become a priest with Mancio and to endure persecution alone to fulfill the faithTHANKS TO the chagrin in Rome, where I drenched my pillow with tears….


c0345705_13151885.jpg

アドベントのパレード(1999年)* Parade in Advent, Firenze (1999)


 4人の少年のうち、殉教したのは私一人だった。寛永10年(1633)、初めての鎖国令が出された年のことだ。私は外国人神父や修道士らとともに、暗黒の穴に逆さ吊りにされた。還暦を越えた老身が何日耐え得たのか、数えるすべもなかった。朦朧として、何も聞こえなくなった耳に、ただ、かすかに、半世紀前に船上で友らと聞いた、山上の説教の朗読がこだましていた。―

「敵をし、迫害する者のために祈りなさい。天にいますあなた方の父の子となれるように…」

それから374年後の20076月、私は教皇ベネディクト16世から福者に列せられた。グレゴリウス13世やシスト5世、そしてペトロに連なる法王様から…。このよき知らせは、その年の10月に亡くなった美術史家の耳にもきっと届いたに違いない。

The forth boy was to be a single martyr out of the four, in 1633, when the first national seclusion order was issued. I was hung upside down over a black hole with foreign priests and monks. How many days did I live, a priest over sixty? In my muffled ears, a phrase was echoing of the Sermon on the Mount I had heard on our deck fifty years before.

love your enemies, and pray for those who persecute you in order that you may be sons of your Father who is in heaven

374 years later, in June 2007, I was beatified by Pope Benedict XVI. This good news should have reached the ears of that Japanese art historian who died in November in that year.



f0374041_10033227.jpg

」の蝋燭*アドベント第4主日(12月24日)
LOVE*Fourth Sunday of Advent(24 December)


こそがすべてと歌ひしビートルズ四本ならぶ蝋燭のごと

All you need is LOVE!  
The Beatles sang
like four Advent canldes
 
in my childhood.





すべての人にとって平和に満たされたクリスマスになりますように。希望喜びに満ちた年が訪れますように

I wish you Christmas filled with PEACE and LOVE, and New Year filled with HOPE and JOY


c0345705_16173353.jpg
おまけ*フィレンツェの街角の二人(1999年) Firenze, Advent in 1999


All Rights Reserved




[PR]


c0345705_16125550.jpg
港町神戸のステンドグラス

玻璃窓を旅せん 長崎 マカオ ゴア リスボン リヴォリ そして羅馬へ

Let's travel in the stained glass from Nagasaki to Macau, Goa, Lisbon, Rivoli and Rome!

c0345705_11551795.jpg
「遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節の見たイタリア」展覧会図録 * French pamphlet (1585)
 

私は死んだ。マカオで。中国最古のヨーロッパ植民地で。マカオの港から海を渡れば、2000キロ彼方に長崎の港がある。しかし、私は鳥ではないから海を越えられない。キリスト教はご法度だから、船で帰ることもかなわない。天平の昔、唐で没した阿倍仲麻呂のように、私は西暦1629年にマカオで客死した。

I died abroad…in Macau, the oldest European colony in China. It is about two thousand kilometers from Macau Harbour to Nagasaki Port. But I cannot cross the ocean because I am not a bird. I cannot return to my country because Christianity has been banned. ― I died in Macau in 1629, like Abe-no-Nakamaro who had died in China in 770.



「阿倍仲麻呂」の画像検索結果 阿倍仲麻呂*Abe-no-Nakamaro on carta(wikipedia)
c0345705_10403183.jpg

 マカオは、しかし、私にとって親しい土地であった。天正少年遣欧使節団の船は、季節風を待って、この港町に10カ月も留め置かれたのだ。大聖堂や修道院、司教館が私たちを迎えた。日本の南蛮寺とは全く異なる壮麗な建築…そこには、まだ見ぬヨーロッパがあった。私たちはレジデンシアに滞在し、そこから宗教儀式に参列し、音楽を学び、語学を鍛えられた。
 これはマンショがのちに綴ったレターだ。流麗かつ几帳面な筆跡であろう?彼はいつも勤勉だった…
「いやいや、マルチノの暗記力と発音、抑揚には脱帽たい…声もてげ良か……われん朗読を聞くと、力ば湧いてくるばい」
 彼は船酔いには強かったが、マカオから出た船の上で熱病に倒れたのだ。
「マンショ、熱はだいぶ下がったけん、きばらんしゃい。ゴアまであと少したい」


 Macau was, however, a familiar place for me. Our ship had to stop there for ten months waiting for the seasonal wind. The Cathedral, seminarios, and churches greeted four boys. They were completely different from Japanese wooden churches. These stone buildings were “the Europe” for us, that we had not seen yet. We stayed in Residence and went to mass, learned music and languages.

 Here is a letter that Mancio wrote later. Flowing and methodical handwriting, isn’t it? He was always diligent

Oh, Martino, YOUR memory, pronunciation, rhythm and intonation are wonderful! …YOU have a fine voice… your recitation always cheers me up…”

 He was a good sailor, but he caught a fever on the ship from Macau for Goa.

“Mancio, your temperature is going down, bon courage! We will arrive in Goa soon!


c0345705_15424999.jpg


 日本にいる時から、私は語学に長けていた。少年使節の副使に選ばれたのはそのためだろう。ゴアでラテン語のオラティオ(演説)を任されたのも私だった。
 生来私は文字というものが好きであった。子供のころから手習いを好んだし、セミナリオでローマ字なるものを見たときは好奇心をかきたてられた。下枝に並んだ小鳥のようなこの不思議な形が、何を意味するのか分かるようになりたい!

I had been already good at languages in Japan. Thanks to that I was chosen as a vice commander. It was I that delivered a long oratio (oration) in Latin in Goa on our way home.

I liked the character by nature. I liked practicing calligraphy since my childhood, and then was excited by European letters, the alphabet. I wanna learn to understand what these mysterious figures mean like a row of birds on a branch!


(ナイチンゲールのさえずり)

 ポルトガル語を習い始めると、その響きにも魅せられた。まるで鳥のさえずりか、音楽を聴いているようだ。琴や琵琶ではない、オルガンやクラヴォの節回しと突き上げるようなリズム…おお、これは我らが馬上で感じるリズムと同じだ。

マルチノ、あなたは耳がいいですね。ああ、聞かせてあげたい…わが故郷イタリアでは、小鳥もメロディアスにさえずるのですよ」
ヴァリニャーノ先生はおっしゃった。イエズス会巡察使にしてセミナリオの創設者、我らを少年使節として送り出した恩人である。


 When I began to learn Portuguese, I was charmed by its sounds. Just like bird’s song or the music, not the koto-harp or biwa-lute, but the organ and cravo’s melody and rythme
Auftakt (up beat) on my horse’s back!

“Martino, you have keen ears. I want to let you listen to our birds’ melodious songs in Italy!” Padre Valignanosaid to me. https://en.wikipedia.org/wiki/Alessandro_Valignano


a0332314_22581114.jpg
百合鷗 (a lily gull with red legs)


 さらにラテン語を学ぶと、ポルトガル語の背骨に触れた気がした。大伽藍のように巧緻で堅牢な、はるか古典古代へとさかのぼる言葉。教会のミサで語られ、歌われ、法王様のもとで日々用いられる言葉…
 じつはポルトガル語とラテン語との距離は、日本語と漢文の距離よりもずっと近いのだ。自らの母語に近しい、ゆるぎない拠り所をもつポルトガルやイタリアの人々がうらやましかった。そんな私にヴァリニャーノ先生はおっしゃった。
「ラテン語も大事だが、日本語も深く学ぶべきです。母語は外国語習得の礎(いしずえ)ですから」

 司祭になるには、ラテン語で神学や哲学を学ばねばならない。その一方で、外国語の書物を翻訳するために、日本語力も求められる。両者は鳥の双の翼のようなものだ。
「日本人は忍耐強く、理性を備え、古代ローマ人のように優秀な民族です。マルチノ、あなたならきっと東西の言語で羽ばたける」

 Latin seemed for me the backbone of Portuguese. This cathedral of language is elaborate and durable going back to the classical antiquity, is the language used in the church and around Papa for everyday conversation

You know, the distance between Portuguese and Latin is nearer than that between Japanese and Chinese. I envied Portuguese and Italian people who have their Urspraphe (root language), a firm foothold. Padre Valignano said to me.

“True that Latin is important, but you should master Japanese first of all. The mother language is the basis for learning foreign ones.”

 While we should learn theology and philosophy in Latin to become a priest, we should translate books in foreing languages into correct and clear Japanese. Japanese and foreign languages are like a pair of wings of a bird crossing the ocean.

”Japanese people are patient, rational, and excellent like the ancient Romans. Martino, you can fly with that pair of wings.”


c0345705_14083722.jpg

少年使節の署名入りの書状*You find four boys' signatures on this letter.



 少年使節団とともに帰国したのが、グーテンベルクの活版印刷機だ。これでポルトガル語の辞典を印刷できる!キリスト教の本はもちろん、日本語版『イソップ寓話集』やポルトガル語版『平家物語』『和漢朗詠集』なんてどうだろう?私たちが印刷する本は、日本とヨーロッパの架け橋になるのだ。

 私はコレジオを出た後、なつかしいマカオに留学し、帰国後マンショやジュリアンとともに司祭になった。ラテン・ポルトガル・日本語辞典を編纂し、『こんてんむつすむん地』を出版した。また、通詞として様々な政治交渉に立ち会い、顔が知られるようになった。皮肉にもそれが我が身の国外追放へとつながった。

The Gutenberg-style letterpress printing machine arrived in Japan with us! Now wecan print the Portuguese dictionary! Not only the books on Christianity but alsofor example, how about Aesop's Fables in Japanese, Tale of Heike in Portuguese, etc.!? The books that we are going to translate will serve as a bridge between Japan and Europe.

After graduating the collegio (Jesuit-founded Japanese college), I studied in fondly‐remembered Macau and became a priest with Mancio and Jurian after returning home. I compiled a Latin-Portuguese-Japanese dictionary and published CONTEMPTVS MVNDI in Japanese. I attended not a few political negotiations as an interpreter, which ironically led to my deportation with my companions in 1614.



c0345705_10392195.jpg

マカオ大聖堂のファサードのマリア像は、日本の菊の浮彫で飾られているそうです (google search)
Santa Maria of Saint Paul's Church
in Macau decorated with chrysanthemums (Japanese national flower)



 みたびマカオへ…東洋と西洋の交わる町へ!仲間とともに国を追われてからも、フランシスコ・ザビエルの伝記を日本語で出版し、『日本教会史』を共同執筆した。日本の同胞の無事を祈りつつ、無我夢中で働いているうち、あっと思うと私は病で天に召されていた。
 語学という天職に一生を捧げ、思い出深いマカオの大聖堂地下墓室に、ヴァリニャーノ先生とともに眠る私。故郷へは帰れなかったが、私は、4人の中でいちばん喜び多き人生を送ったのかも
しれない。(つづく)

Again to Macau, the town of intersection of the East and the West, where I published Japanese biography of Francis Xavier, collaborated in writing Japanese Church History. While praying safety of my "brothers" in Japan, I worked hard to fall sick and find myself drawn up to Heaven.

I devoted myself to my vocation, translation, and have slept in the catacombs of Saint Paul's Church with Padre Valignano. Although died abroad, I might have led the most joyful life among us, four boys.


f0374041_08525983.jpg
喜び」の蝋燭*アドベント第3主日(1217日)

JOYThird Sunday of Advent17 December)



歓喜(フロイデ)!千の聴衆とわが友と歌ひし第九の季節ふたたび

FREUDE
einmal sang ich die Neun 
mit tausend Zuhören
und meiner Freundin…
 
die Zeit kommt
dieses Jahr auch

und die Zeit von Santa Claus 。。。
「santa claus ももさへづり」の画像検索結果

c0345705_14182426.jpg
おまけ*パドヴァのクリスマス飾り(1999年)*パドヴァ大学はヴァリニャーノの母校です
Bonus
Padova, Advent in 1999Alessandro Valignano is a graduate of Padova University.


参考文献*
若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』(集英社)
鈴木範久『聖書の日本語―翻訳の歴史』(岩波書店)
皆川達夫『キリシタン音楽入門』(日本キリスト教団出版局)

To be continued


もひとつ、おまけ*今日は最終回Bonuson the horse's back
http://www.nhk.or.jp/naotora/
関連画像

かしらを乗せた南蛮船は…
c0345705_07012169.jpg

All Rights Reserved





[PR]
2017年、ジパングを巡った展覧会
c0345705_15545869.jpg
東京展は12月3日までhttp://www.fujibi.or.jp/harukanaru/

 「あの美魔女と踊ったのは、この少年」ですって!ずいぶんなキャッチコピーですこと。そう、あたくしがビアンカ・カペッロ(1548-87)。16世紀のフィレンツェでは知らぬ者のなかった、スキャンダラスなセレブ…
 トスカーナ大公、フランチェスコ1世の妻だったあたくしは、はるばる東方からやって来た少年公子らをもてなし、正使のドン・マンショ(1570-1612)の腕をとって踊ったの。3月の夜のピサはまだ肌寒かったけれど、彼の頬は燃えるように赤かった―。

Here is the boy who danced with that beautiful witch.” …what an advertising slogan! Yes, io sono Bianca Capello1548-87, a scandal-tainted 16-century Italian celebrity! (★) In our ball, I took an arm of Mancio ITO(1570-1612), one of the senior envoys of the Tensho Youth Mission to Europe, and danced. Although it was still chilly in Pisa at night, his cheeks were burning red.


c0345705_10143053.jpg
「ビアンカ・カペッロの肖像」(1578年)『遥かなるルネサンス』図録より(以下同)
Portrait of Bianca Capello(1578) (museum catalogue) https://en.wikipedia.org/wiki/Bianca_Cappello


ジパングの男たちは21世紀でもダンスが苦手だとか。ましてや彼はダンスを稽古したこともない、東方の十代の少年。床に足裏をすりつけるように歩を進めるんですもの、驚いたわ。あたくしは彼の耳元でささやいた。
「足を引きずらないで、音楽に合わせて、ほら、このように、ステップを踏んで…」
「おそれいります。わたくしどもの国では ”すり足”で舞いますゆえ…」
「まあ、真逆(まぎゃく)なのね!」
 けれど、彼は顔色一つ変えず、すぐにこちらの動きに合わせて右へ、左へ…。堂々たる紳士!もっとも、あたくしの豊かなバストを前に、目のやり場に困っていたようだけど…うぶな小公子!ふふっ。まだ華奢な肩に故郷を背負って、海を越えてきたのねえ。2年半もの月日をかけて、命を懸けて…
 

 They say that most Japanese people are not good at dancing even in the 21th century. He was a teenager who had never practiced dancing. He shuffled his feet when dancing! I whispered in his ear.

“Please do not drag the feet, step like this to the music.”

“Pardon, Madam. We always shuffle in a Noh dance.”

“Oh, totally opposite!”

 But this poker‐faced dancer soon learned to follow me. A dignified gentleman! And yet he seemed to be embarrassed with my full bosom. A naive little lord! This boy with delicate shoulders has crossed the Pacific for two and half years…one small island country on his shoulders, and at the risk of his life in tempests !



c0345705_17032649.jpg

ヴェネツィアの思い出(1999年)* souvenirs of Venice


 あたくしも、早く大人になったわ。ヴェネツィア貴族の娘で、15の年にフィレンツェ人の銀行支店員と駆け落ちしたの。フィレンツェの町で隠れ住んでいた私を見そめたのが、支配者、フランチェスコ1世だった。しがない銀行員の隠し妻から、トスカーナ大公の愛人へ…。スキャンダラスなメロドラマに町中が、いいえ、北イタリア中が湧きかえった。色々あったけれど、互いの夫と妻が他界し、二人はおよそ十年かけてゴールインしたの。
 わが肖像の首飾りをご覧あそばせ。真珠はあたくしのお気に入り。こんな長い首飾りは大公妃でもなければ着けられなかったわ。19世紀末にミキモト真珠の養殖が成功するまではね!でも、富なんてはかないもの。跡継ぎ息子が生まれなければ、夫に何かあった時、あっという間に蹴落とされてしまう。

I also became an adult hurringly. I am blue blooded in Venice, eloped with a bank clerk at the age of fifteen to Firenze, where I was found and loved by Francesco I de' Medici. From a bank clerk’s hidden wife to a lover of Grand Duke of Tuscanythis scandal ran through the northern Italy. We married after the death of his wife and of my husband over ten-odd years.

Look, my pearl necklace! The pearl is my favorite. Such a long necklace was avalable for only the rich, before the arrival of the Mikimoto cultured pearl at the end of 19 century! But the wealth is short-lived. If I cannot have my child, I will go to ruin in case anything should happen to my Francesco.

c0345705_15573730.jpg


 夫のフランチェスコはオタクだった。実験室や工房にこもって、錬金術や薬物研究三昧…フィレンツェで貴石象嵌細工がさかんになったのには、彼も一役買っているわ。この貴石モザイクのテーブル、見事でしょう?これはマンショたちも寄港した、リヴォルノの港を表しているの。

彼はパラッツィオ・ヴェッキオの書斎(ストゥディオーロ)を飾り立て、芸術品や珍しい宝物を並べ立てた。ウフィツィ美術館の原形は、彼の書斎なのよ。それに、噴水や水からくりでいっぱいのプラトリーノの庭…フランスの哲人モンテーニュも目をまるくしたわ。でも、ここの別荘に夫が閉じこもるようになると、大公が実験室でこしらえた毒薬を、魔女のビアンカが使っている、と噂されたことも!失礼ね‼でも、世間なんてこんなもの。自分の見たいように、面白おかしくしか物事を見ないのよ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Studiolo_of_Francesco_I
 My husband Francesco I
1541-1587was OTAKU, who would shut himself in his laboratory and workshop, being absorbed in the alchemy and pharmacy. The famous precious stone picture in Firenze became prosperous partially thanks to his study. For example, this fantastic talbe represents the harbor of Livorno, which Mancio’s ship also called at…(above fig.)
 My husband decorated his studiolo and exhibited his and his family’s collection. Uffizi’s prototype is this studiolo! The Park of Pratolino surprised even Michel Montaigne (1533-1592). But when my husband began to cloister himself in Villa di Pratolino, a rumor was spread that Grand Duke produced the poisons and his witch-wife Bianca used themHow rude!!!! But such is the worldFere libenter homines id quod volunt credunt. (In most cases men willingly believe what they wish. Caesar, wikisource)


c0345705_16001208.jpg

 ごめんあそばせ、ドン・マンショに話を戻しましょう。彼は、そう、一言で言って、超真面目…感情をあまり顔に出さないし、口数は少ないし。ダンスの後で、葡萄酒の入った杯を手渡しながら、何気なく尋ねたの。

「こんな遠い異国へわが子を送り出して、お母様はさぞご心配なことでしょう」

すると彼は、外した帽子を手にもったまま、切れ長の目を伏せ、静かに答えた。

「わたくしは母のことも、父のこともよく知りませぬゆえ…」

 それまで端然としていた彼のポルトガル語に、初めて生の感情がにじんだ。そういえば、彼らはラテン語もできるのだとか!でも、それよりあたくしを驚かせたのは、黒い瞳に宿る真摯な光だった。迷いも曇りもない眼差し。目の前の女の醜聞など知らず、知ろうともしない清潔な眼差し。
 あたくしのなかで、何かが目覚める気配がした。海の彼方の小島から波濤を越えてやって来た、二十年下の少年…あたくしはその時、望んでも得られなかった、りりしい跡継ぎ息子の幻を、彼に重ねたのかもしれない。

Scusi, let’s return to the story of Don Mancio. He was earnest, a little serious, a person of few words, and rarely showed his emotions. After dancing, handing a grass of cold drink, I asked him.

“Your mother should be concerned about you as you are now in such a far country.”

He answered quietly with a hat in his hand, with lowered slit eyes.

“I do not know well my mother, my father

His perfect Portuguese became emotional for the first time. They said that these boys could speak in Latin also. But what surprised me was the sincere light in his black eyes. The look without doubt, without impurity. The look that does not know, won’t know about the scandal of the woman in front of him.

Something awoke in my heart. A boy who is twenty years younger than me, who had overcome various hardships before and during the trip I might have projeted the image of my unborn, gallant son on that boy.



c0345705_16480366.jpg
「ビアンカ・カペッロの肖像」(1578-87年頃)『遥かなるルネサンス』図録*portrait of Bianca Capello(c.1578-87)

 
p.s.のマンショの絵、ティントレット工房で肖像画を得意とするドメニコ・ティントレットが描いたんですって。あの工房はヴェネツィアでも一流ですもの、巧いものだけれど…私の見たマンショは、こんなに色黒じゃなかった。航海中に日焼けしたと言ってはいたけれど。それに、もっとあどけなさが残っていたわ。きりっと結んだ唇が何かの弾みにふと、心細げに震えたりして… 
 手練れの肖像画家は、目の前の東洋人をありのままに描いたのではなく、あえて何かのイメージと重ねて描いたのではないかしら…元ヴェネツィアっ子の勘よ。この先は、深読みっぺのsnowdropがクリスマスまでに語ってくれることを希望して…。(つづく)


p.s.This portrait of Mancio is painted by Domenico Tintoretto, a good portrait painter in the workshop of famous Jacopo Comin in Venice. But Mancio was not so black like this, even after the long voyage in the sun. And he looked younger and more innocent for me. I remember his soft lips sometimes trembled like a child' s ones.

  I wonder if the painter expressed not his real figure but another personage’s imageJust a veneziese’s intuition!I HOPE snowdrop will tell you about this matter until Christmas…
(To be continued)


c0345705_11410924.jpg

「伊東マンショの肖像」(1585年)『遥かなるルネサンス』図録 * portrait of Mancio ITO1585


展覧会図録以外の参考文献*

小佐野重利『《伊藤マンショの肖像》の謎に迫る―1585年のヴェネツィア』(三元社)

森田義之『メディチ家』(講談社)

若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ―天正少年使節と世界帝国』(集英社)


c0345705_16125550.jpg
港町、神戸の博物館のステンドグラス(左)、少年使節の映像(右)
stained glass in Kobe City Museum, the video of Tensho Youth Mission to Europe


今年は12月3日から待降節(アドベント)です。天正遣欧使節の4人の少年に寄せて、4人の天使のアドベントキャンドルを点してゆきましょう。飾りつけもだんだん賑やかに…。写真と歌は2016年のものです。

Four Advent candles (2016) for four boys of the Tensho Youth Mission to Europe!


f0374041_09474639.jpg
希望」の蝋燭*アドベント第1主日(12月3日)
HOPE*First Sunday of Advent(3 December)


希望(エスポワール)といふ言の葉はため息のやうに

ふはりと心を包む

la prononciation 
du mot ESPOIR
 
comme un soupir,  
elle envelope  
mon âme doucement



c0345705_13220272.jpg

おまけ*ヴェネツィアの旅から(1999年12月)*Bonus*Venezia, Advent in 1999

(All Rightgs Rereserved)




[PR]
c0345705_13551045.jpg
Firenze


 この旅で、自分だけの天使は見つかったのだろうか。天使探しの旅はまだ終わっていない。いま始まったばかりという気さえする。
 たった一度の旅で、すべての天使を訪ねられるはずもなかった。1997年の震災のため99年末まで聖堂が閉鎖され、会えなかったアッシジの聖フランチェスコや天使たち。修復中だったレオナルドの「受胎告知」(ウフィツィ美術館)。その他にも、思わぬ場所が修理中だったり、予定が立たなかったりして、見られなかった天使は数知れない。

 一方、飛天や菩薩など、東洋の「天使」があちこちで顔を出すのには驚いた。ときおり脱線したそんな箇所を読んで、こんな角度から天使を見るのも悪くない、と思ってくださる方がいればうれしい。

 また、守護天使のように優しい人もたくさんいた。ローマの宿のシスター、ラヴェンナの街の人々、ヴェネツィアで絵のモデルになってくれた少女、待降節のフィレンツェの人々、ミラノの空港の階段でスーツケースを運んでくれた父子。どの街にもあたたかな出会いがあって、ここには書き尽くせない。

 いま、私は日本にいて、イタリア美術の本の翻訳に参加させて頂いている。「小鳥に説教する聖フランチェスコ」というピアノ曲を、回らない指で稽古している。いつかふたたび訪ねたい。天使のささやきと音楽に満ちた、あの美しい国を…。

(2014年の待降節に)



c0345705_14234073.jpg
Fiesoleの丘をのぞむ



フィエーゾレに双びし丘をしのぶれば二上山にもかたぶく夕日


(ふぃえーぞれに ならびし おかを しのぶれば ふたかみやまにも かたぶく ゆうひ)




c0345705_14270009.jpg
 Siena



わがやどの栴檀坊主鈴こ生り待降節の玉飾りに似て


(わがやどの せんだんぼうず すずこなり たいこうせつの たまかざりに にて)



c0345705_11463243.jpg




クリスマスローズたんぽぽ苺咲く小庭に向かひて掛くるプリマヴェーラ


(くりすますろーず たんぽぽ いちご さく さにわに むかいて かくる プリマヴェーラ)


Every spring we hang copies of Primavera in the dining room facing the garden where blooms lenten roses, dandelions, and strawberries.




c0345705_14411804.jpg



ももさへづりに応ふるアッシジの聖人のとつとつ深く甘き声音よ 


(ももさえずりに こたうる あっしじの せいじんの とつとつ ふかく あまき こわねよ)


La voix du Saint d’Assise répondant à ramages – un peu balbutiante mais profonde et douce




c0345705_18400499.jpg



「鉄道員」という映画にもギルランダイオの絵にも出てくる藁巻ボトル

(てつどういん という えいがにも ぎるらんだいおの えにも でてくる わらまき ぼとる)


One finds this straw-wrapped Chianti bottle in some films (e.g. Il Ferroviere ; Roman Holiday ), or in the Birth of Saint John the Baptist paintedby Ghirlandaio.

(最後から2枚目の画像の瓶と比べてみてください)



(All Rights Reserved)
















[PR]
c0345705_10355904.jpg
ステファニアに似た街角のマリア(Fiesole)


 金髪のステファニアは、フィレンツェの宿に風のように現れた。石造りのロビーがぱっと花が咲いたように明るくなった。
 フィレンツェ郊外に生まれ育ち、大学でイタリア彫刻史を学んだ現地ガイド。奈良育ちで仏教美術を勉強していた私とは興味の方向が似ていた。二人ともインド美術やプルーストが好きだった。イタリアの詩人について尋ねると、ダンヌンツィオやパスコリを勧めてくれた。
 トラットリアでの夕食後、サンタ・マリア・デル・フィオーレに寄り道し、洗礼堂や鐘楼ともども解説してもらった夜は忘れがたい。長身を折り曲げるようにして語る熱っぽい声に、冷たい夜気も忘れてしまった。



八角堂は彼岸のかたちと聞く夜の石畳に舞ふ紙屑しろし


(はっかくどうは ひがんの かたちと きく よるの いしだたみに まう かみくず しろし)





c0345705_15433668.jpg


 サン・ミニアート・アル・モンテ教会の、真珠のような美しさを教えてくれたのも彼女だった。冬の夕暮れ、白と黒緑のシンプルなファサードが深い水色の空を切り取り、輝きはじめた月が寄り添っていた。
 細密な象嵌をほどこした大理石の床を見ながら、インドのタージ・マハルの話をした。17世紀のアグラで王の愛妃のための墓廟が建造されたとき、イタリア人貴石工も参加していたという。純白の墓を彩っていた色とりどりの石の花と、この教会の石の獣たちとは、どこかでつながっているのかもしれない…暗い堂内に二人の声と足音だけが響いていた。



c0345705_12591063.jpg


 ステファニアの家は郊外の丘の中腹にある。彼女の運転する小さな銀色の車で、フィエーゾレに出かけたとき、遠い丘を指さしてそう教えてくれた。古代の劇場跡を歩く彼女は、ボッティチェリの描く春の女神めいている。真冬だというのに、足元の緑の草にはひな菊がぽつりぽつり咲き、透明な陽射しにオリーブの葉がきらめく。
 その銀色を帯びた緑の小枝を、彼女は手折り、差し出した。光をなくした夕空のようなピエトラ・セレナのかけらを拾い、手にのせてくれた。広い劇場に私たちのほか人影は見えず、風が通り過ぎるばかり。俳優の代わりに小鳥たちが、澄んだ歌声を響かせていた。


c0345705_13030740.jpg


 あの「プリマヴェーラ」を描いたボッティチェリも、ここに来たことがあるのだろうか。そういえば、画家の生涯を描いた小説『春の戴冠』では、フィエーゾレの風景がくり返し描かれていた。ボッティチェリが冬晴れの古代劇場を歩く場面もあったはずだ。

「森のなかを抜けると、丘は北に向って急な下りとなっていて、糸杉に囲まれたその斜面に美しい古代ローマの円形劇場がひらけていた。(…)午後の太陽はいくらか光を弱めた感じだった。山々の遠くに銀白色に冷たく光る雲がゆっくりと動いていた。時どき石の角をかすめた風が、息をつくような音を立てた」(辻邦夫『春の戴冠』新潮社)


c0345705_13132879.jpg


 遺跡を一回りしてから、丘を登り、フィレンツェの方角を眺めた。雲ひとつない青空は、強い陽射しに白っぽく霞んでいる。ゆるやかな丘陵の懐に抱かれた町は、銀色の小石の列のよう。大聖堂のクーポラも逆光に青ざめ、銀灰色のシルエットがかすかに見分けられるだけだ。ふり返ると、小さな修道院がひっそりと佇んでいる。


c0345705_13124207.jpg


 「丘の斜面には、いたるところにローマ時代の柱頭や大理石台座や彫刻の破片が半ば土に埋れていた。季節はずれのせいか、尖った丘の頂上に黄褐色の壁に囲まれた小さな修道院が見えるだけだった。」(同上)

 訪れる人もない教会に近づいてみたが、入り口は閉ざされている。戸口の上に聖母子像が浮彫りされ、その左右に絵姿の天使が跪いていた。


 
c0345705_13190197.jpg


 『春の戴冠』を書いた作家は1996年の夏に逝った。しばらくして、彼の著作が京都の書店に平積みにされた。そのなかでほのかな光を放つように、ひときわ美しい本があった。青い夕空に森のシルエットが浮かび上がり、金色の野の花がいちめんに散らばっている。ぱらぱらと頁をくると、こんな言葉が目にとまった。

「私ね、息がつまりそうなほど、沢山の素晴らしいものに囲まれているのが感じられるんです。家や、庭や、早春の気配や、青空や、遠くの光や、赤く煙っている木立や…」
 
 語り手はシモネッタ・ヴェスプッチ。「春」や「ヴィーナスの誕生」のモデルと言われる貴婦人、la bella Simonetta(美しきシモネッタ)である。彼女の言葉は、作家がさまざまな著作のなかで、さまざまな登場人物を通し繰り返し綴ってきたメッセージでもある。
 今は亡き二人の作家、須賀敦子と辻邦夫への思い。旅の初めと終わりを彩ってくれた二人のステファニアの記憶。カラヴァッジォの天使とフィエーゾレの天使は、それを静かに見守っている。

(1999,12,25)


二人の会話より


レオナルドが好き、でも部屋にはボッティチェリ飾るわと言うフィオレンティーナ


(れおなるどが すき でも へやには ぼってぃちぇり かざるわ という ふぃおれんてぃーな)



レオナルドを書斎に掛けてボッティチェリは居間で誰かと語らい眺めん


(れおなるどを しょさいに かけて ぼってぃちぇりは いまで たれかと かたらいながめん)













[PR]


 旅の初めと終わりをともに過ごしたステファニア。一人ではなく、二人いる。ローマのアヴェンティーノの丘で、猫と戯れる黒髪のステファニア。フィレンツェ郊外へ自分の車で連れて行ってくれた金髪のステファニア。現地ガイドの二人に導かれ訪ねた教会や古代遺跡は、いまもひときわ鮮やかに心に刻まれている。


c0345705_10342945.jpg


 黒髪のステファニアはしっかり者。天使の絵にぼんやり見入る私を急き立て、町なかの細い抜け道を通って目的地へ案内してくれる。朝早い日は手作りのパニーノを持ってきてくれたり、空き時間にボーイフレンドに携帯電話をかけたり、女らしい一面もある。


Ciao,Ciao
と仔猫の声音で彼氏との電話を切れる黒髪のella(彼女)


(チャオ チャオ と こねこの こわねで かれしとの でんわを きれる くろかみの エッラ)



 
 サン・ルイージ・デイ・フランチェージ聖堂を訪れたときのこと。
 堂宇に入ると、聖マタイの生涯を描いた三枚の絵が、三方から祭壇を取り囲んでいる。描いたのはカラヴァッジォ、劇的な明暗表現でバロック絵画への扉を開いた画家である。



c0345705_11432248.jpg
カラヴァッジォ「聖マタイの霊感」Wikipediaより


 正面の絵では、聖マタイが福音書を執筆している。ペンを握りしめたまま振り返っているのは、頭上から不意に天使が舞い降りてきたからだ。
 身にまとった白い布が漆黒の虚空に翻り、ストップモーションのように凝固している。天使の肩や腕は、少年にしては筋肉が盛り上がり力強い。仏教の転法輪印にも似たしなやかな指先とあいまって、「アダムの創造」をはじめとする、ミケランジェロのフレスコ画を思わせる。

 この絵の左隣が有名な「聖マタイの召命」である。収税人だったマタイがキリストに呼び出され、生き方を変える場面だ。須賀敦子に、この絵に言及した随筆がある。
 作家は薄闇のなか、照明装置に硬貨を入れながら絵に見入る。おそらく、今ここにある箱型の装置と同じものだったろう。お金を入れて明かりが点くと同時に、ガチャンと鈍い音が堂内に響きわたる。



c0345705_11044376.jpg
「聖マタイの召命」Wikipediaより

「右手の戸口から入ってきたキリストが、しなやかに手をのばして収税人のマッテオを指さしている。(…)マッテオは(…)自分の胸を指さしている中年の男だ。(…)私は、キリストの対極である左端に描かれた、すべての光から拒まれたような、ひとりの人物に気づいた。(…)そのテーブルにのせた、醜く変形した男の両手だけが克明に描かれ、その手のまえには、まるで銀三十枚でキリストを売ったユダを彷彿させるような銀貨が何枚かころがっていて、彼の周囲は、深い闇にとざされている。カラヴァッジョだ。とっさに私は思った」(『トリエステの坂道』)

  画面の片隅にひっそり坐った男の手が、作家の目を引いたのはなぜか。彼女と同じ場所に立ってみて、すぐに分かった。この絵は祭壇の左壁に位置するので、見る者にとっては画面の右が一番奥に、画面の左が一番手前にくる。だから、左端の男の手が目に飛び込んでくるのだ 
 反対に、画面の右端に立つキリストはひどく遠い。二人のちょうど中間にいるのは、「光を顔に受けた少年」である。この少年もまた画家の自画像ではないかと作家は考える。犯罪や暴力と縁の切れなかった画家の、光と闇の部分を、二人の人物を通して描いたのではないか、と。

 一方、この歪んだ手をもつ左端の人物をマタイとみる説もあるらしい。キリストの手の届かぬところで、両手を握りしめ俯く男。この醜い自画像が次の瞬間、聖なる人物への一歩を踏み出すのだろうか。「最後の審判」の聖バルトロマイの抜け殻に扮したミケランジェロを思い出す。




c0345705_11480039.jpg


 この随筆には、もうひとつの手の記憶が記されている。ローマのカンポ・マルツィオ広場のそばに、作家の敬愛するイタリア女流作家が住んでいた。その黄色い家に、須賀は何度かあたたかく迎えられる。あるとき、主人のナタリア・ギンズブルグは体を悪くしていて、疲れたよわよわしい手でコーヒーをいれてくれた。それが二人で過ごした最後の時間になった。

「もう二度と、ナタリアの声を聞くことはないのだし、あの階段を上がることもないだろう。雨のカンポ・マルツィオ広場で、私は重い現実を支えきれないでいた」(『トリエステの坂道』)
 そう記した作家もまたこの世にいない。今から一年前の春浅い日に旅立った。
 
 そのとき私の目に涙があふれてきたのはなぜだったのか。明かりが消え、絵の前を離れた私の肩をステファニアがそっと抱いてくれた。
「連れて来てくれてありがとう」
そう言うと
「お礼はカラヴァッジォに…」
ささやきが耳に落ちた。

(「天使と金髪のステファニア」に続く)


c0345705_11335523.jpg

 http://ramages.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-67ab.html















 
 


 

[PR]

c0345705_09551192.jpg

 東方三博士の礼拝 ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ ウフィツィ美術館 Wikipedia



幼子を礼拝せしのち博士らのたどる家路のやすけきうねり


(おさなごを らいはいせし のち はかせらの たどる いえじの やすけき うねり)

The peaceful winding road the Magi retraced after having worshipped the Child



c0345705_14472670.jpg

聖母の戴冠 フラ・アンジェリコ サン・マルコ美術館 Fra Angelico 東京書籍



聖母の戴冠ことほぎ舞ふ天使翼に青衣に煌めく截金


(マドンナの たいかん ことほぎ まう てんし つばさに しょうえに きらめく きりかね)




c0345705_13502310.jpg

春(プリマヴェーラ) ボッティチェリ Millenium Calendar (2図とも)



オレンジの光輪いただくヴィーナスを聖母と見立てむフィオレンツァの春


(おれんじの こうりん いただく ヴィーナスを せいぼと みたてむ ふぃおれんつぁの はる)

(I dare to compare this Venus to Virgin Mary with the nimbus of orange branches in primavera, Fiorenza.) 



c0345705_14100037.jpg
ヴィーナスの誕生 ボッティチェリ ウフィツィ美術館


薔薇は舞ひ潮騒うたひ金いろの靄のつつめる異教の受洗図


(ばらは まい しおさい うたい きんいろの もやの つつめる いきょうの じゅせんず)




c0345705_16303932.jpg

聖母子と二天使 フィリッポ・リッピ ウフィツィ美術館 Wikipedia



還俗せし尼に残れる浄らかさ高き額に真珠つらねて


(げんぞくせし あまに のこれる きよらかさ たかき ひたいに しんじゅ つらねて)




c0345705_14210732.jpg

聖母子と聖アンナの生涯 フィリッポ・リッピ ピッティ美術館 Filippo Lippi, Scala



こっちのリッピがもっと好きといふ彼女もの憂い瞳がマリアに似ていた


(こっちの りっぴが もっと すき と いう かのじょ ものうい ひとみが まりあに にていた)

“I prefer this Lippi than that one”, she said, whose melancholic eyes resembled those of this Virgin Mary.





c0345705_17051388.jpg

ウルビーノのヴィーナス ティツィアーノ ウフィツィ美術館 Wikipedia



チチアンのヴェヌスに触るれば天鵞絨そ敷布の仔犬の囁く秘めごと


(ちちあんの ヴェヌスに ふるれば びろーどそ しきふの こいぬの ささやく ひめごと)




c0345705_14251040.jpg

最後の晩餐 ギルランダイオ サン・マルコ美術館 Wikipedia



ユダひとり仲間外れの晩餐を猫も見ていた孔雀も空も


(ゆだ ひとり なかまはずれの ばんさんを ねこも みていた くじゃくも そらも)



フィレンツェの小鳥は飛びぬ弾丸のユダのたましひ打ち抜くごとく


(ふぃれんつぇの ことりは とびぬ だんがんの ゆだの たましい うちぬく ごとく)


c0345705_09253839.jpg
最後の晩餐(部分) ギルランダイオ オンニサンティ教会 Wikipedia



儂の名もミケランジェロと笑いつつダヴィデの間に吾をいざなう職員


(わしのなも みけらんじぇろと わらいつつ ダヴィデの まに あを いざなう しょくいん)

(“Mi chiamo Michelangelo, ” un guardiano m'ha condotto alla sala di Davide ridando gloriosamente.)



ダヴィデ像の臀部の素描をのぞき見て飴缶くれしカメリエーレもあり


(ダヴィデぞうの でんぶの そびょうを のぞきみて あめかん くれし かめりえーれも あり)


In a café, a cameriere glanced down my drawing of the buttocks of Davide , and gave me a peppermint candy can.














[PR]

c0345705_16083644.jpg
フィレンツェのトラットリアで


 キッチンのないホテルや街角では、皮をむくだけでいい果物、たとえばバナナやオレンジが重宝だ。降りそそぐ陽光に恵まれたイタリアでは、とりわけオレンジがおいしい。イタリア語でアランチャ(arancia)という響きもいい。
 オレンジは食用だけでなく、観賞用のもある。たいていの街角にオレンジの木が植えられ、真冬に鮮やかな色の実をつけている。ローマのブティック街、ヴェネト通りのオレンジ並木を見て、パスコリという詩人がレモンの並木を歌っているのを思い出した。


c0345705_10551441.jpg
メディチ・リッカルディ宮の中庭


 オレンジの国イタリアにはクリスマスツリーは似合わない。雪の積もった樅の木は、むしろ北ヨーロッパにぴったりだ。じっさい、イタリアにおけるツリーの歴史は、西洋ではもっとも浅いらしい。
 カトリック総本山のイタリアには、プロテスタント国のドイツで始まったツリーは新参者なのだろう。イタリアで盛んなのはむしろ、プレゼピオと呼ばれる厩の置物だ。ドールハウスのような厩に、聖家族、牛やロバ、羊飼いの人形がにぎやかに並び、天使が飛び交うさまを見ると、ほのぼのした気分になる。




c0345705_16252749.jpg
Presepio Casa &Giardino (1999)より


 プレゼピオならともかく、青空の下で眺めるツリーはあまりぱっとしない。いっそ樅の木にオレンジでも飾ればいいのに、そう友人と言い合っていたら、フィレンツェでその手の装飾をいくつも目にすることになった。



c0345705_10364021.jpg


 メディチ・リッカルディ宮の中庭に立っていた、オレンジだけで飾られたツリー。ヴェッキオ橋の土産物屋の庇に架けわたした緑のガーラントにあしらわれた、作りもののオレンジとレモン。ストロッツィ通りの気さくなトラットリアでは、カボチャ、アボガド、果物をカウンターに山積みにしていたが、真ん中にそびえるツリーの飾りがオレンジだった。



c0345705_14133545.jpg
Kina Italiaより


 キリスト教では、オレンジは純潔と寛容のシンボルだという。メディチ・リッカルディ宮にあるゴッツォーリの「東方三博士の行列」には、オレンジの実る天の園が描かれている。クリスマスをオレンジで飾るのはそんなところにも由来するのかもしれない。ゴッツォーリのオレンジの園では、晴れ着をまとった天使たちが楽しげに空を舞っている。

1999,12,24




Sienaのカンポ広場の貝縞に坐り手でむく温州蜜柑

(シエナの かんぽひろばの かいじまに すわり てで むく うんしゅうみかん)











[PR]

c0345705_17032619.jpg
Mantegna, Madonna della vittoria  Wikipediaより



Il dolce (デザート)

 バールやトラットリアの窓辺や店内には、野菜や果物を山積みにしているところが多い。オーナメントになったオレンジやレモンを見かけるたび、上の絵のような果物に彩られた聖母子像を連想したものだ。
 ドイツなど北ヨーロッパに比べて、イタリアでは果物が簡単に手に入る。たとえオレンジ一個、バナナ一本でも、いやな顔一つせず売ってくれるのが嬉しい。シェナの八百屋では、道を尋ねがてら小さなオレンジを二つ買った。カンポ広場で日向ぼっこしながら、友人と食べたオレンジは、温州ミカンと同じ味がした。ひょっとすると日本からの輸入品だったのか。

 フィレンツェのサン・ガロ通りの果物屋でバナナを一本買うと、茶色い紙袋に包んでくれようとする。歩きながら食べるからと断ったけれど、そんなことが旅の間何度もあった。八百屋に限らず、食料品店や土産物屋でも包装がていねいで、二重、三重に包んでくれることも珍しくない。観光国だからか、あるいはドイツほどはエコ意識が強くないからだろうか。


c0345705_07580240.jpg
 


 面白かったのは、露店の焼き栗の紙袋。栗の入った袋にもうひとつ小さな袋が糊づけしてあって、栗の殻を入れるようになっている。なかなかこまやかな心遣いだ。
 バールではたいてい小さなジューサーがあって、オレンジやグレープフルーツをぎゅっと絞ってくれる。純潔のシンボル、オレンジは天の園にも描かれている。天使たちは聖なるオレンジでも口にしないのだろか。もしかすると、天国に生えているのは、観賞用の苦いオレンジなのかもしれない。

 イタリアは空気が乾燥しているためか、ジェラートをよく食べた。暮れ方の冷えこむ街路を、大人も子供もジェラート片手に歩いている。店先には円錐形のコーンが何十個も重なりうねうね蛇行している。木苺、はちみつ、ピスタチオ、柿のジェラートまである。柿色のクリームに果肉がぷつぷつ混じっていて、列車の窓から見た柿畑を思い出す。名札にはKAKIとあり、日本から伝わったらしい。



Gerateria
の丹のジェラートに“Kaki”とあり 奈良伊太利の風土や近し


(ジェラテリアの にの じぇらーとに かき とあり なら いたりいの ふうどや ちかし)



 カフェに入れば、色とりどりのお菓子がショーウィンドーに並んでいる。スポンジケーキは卵と砂糖が多いのか、黄色くて甘みが強い。フィレンツェのチョコレート専門店で食べたケーキは、ウィーンのザッハートルテのように甘さが濃厚だった。一方、名物のホットチョコレートはぐっと甘さが抑えてあり、滑らかな舌触りがいまも忘れがたい。
 フィレンツェにはふわふわに泡だったカプチーノで有名な老舗カフェもある。カメリエーレお勧めのカンノーロ(コルネパイ)にはリコッタのクリームが詰まっていた。リコッタはチーズを取った後の乳清から作られる。天使が食べるマナという雪のようなお菓子も、こんな感じなのかもしれない。


フィレンツェでなにゆえ勧めるカンノーロ?カメリエーレはシチリアーノか?



 イタリアのカフェはカウンター席とテーブル席に分かれ、料金が倍ほど違う。カウンターでさっとお菓子を決め、立ったまま頂いてもいいし、テーブルでゆっくりコーヒーを啜りながら、街ゆく人々を眺めることもできる。日記をつけていると、カメリエーレがのぞこんできたり。片方のページにスケッチしたフラ・アンジェリコの天使のスケッチを見つけ、ミント飴の小さな缶をサービスしてくれたこともあったっけ。


c0345705_08075301.jpg


 リストランテでは、食後のドルチェがワゴンで運ばれてくる。カメリエーレの説明を聞きながら、どれにしようか迷う甘いひととき。フルーツカクテルや洋ナシの赤ワイン煮など、果物を上手に使ったものが多い。
 気さくなトラットリアのビスコッティも捨てがたい。この二度焼きのハードビスケットは、デザートワインに浸して食べる。ひんやりした甘さと香ばしさに、ついあと一つ、と手が出てしまう。ワインの名はヴィーノ・サンティ(聖なるワイン)、かなり甘めで、きれいな橙色をしていた。

(1999,12,25)

c0345705_07363356.jpg



Vino santi
に浸して齧るBiscotti童子天使の甘き囁き


(ヴィーノ サンティに ひたして かじる ビスコッティ どうじてんしの あまき ささやき)













 



[PR]
c0345705_13334278.jpg
by Ediz. Salbaroli

 天使は霊魂だけの存在なので、食事はしない。ただ天上から降りそそぐ雪のようなお菓子、マナを口にするだけという。ラヴェンナのサン・ヴィターレ教会に、天使がアブラハムの食卓に招かれる場面があるが、このときはアブラハムをがっかりさせないよう、食べるふりだけしたらしい。画面の上方には天使が二人、脚の曲線もなまめかしく、円板を捧げ持って浮かんでいる。「リストランテ+クルス」の看板かメニューに見えなくもない。


Il primo Piatto(第一の皿)

 天使の主食がマナならば、イタリア人の主食はもちろんパスタ。その起源には面白い話がある。パスタを作ったのは魔法使いだが、その様子を隣家の女がのぞいていた。女は、夢で天使が作り方を教えてくれたと言い張り、手柄を横取りしてしまったという。そういえば、スープの浮き実に使われる極細の麺カッペッリーニは、英語でエンゼルヘア(天使の髪の毛)と呼ばれていたっけ…

 髪のような細麺もあれば、讃岐うどん風の太麺ピーチもある。卵入りの平打ち麺フェットッチーネは、一見着色料入りかと思うほど真っ黄色だが、かじれば黄味の風味が口中に広がる。蝶々形のパスタ、ファルファッレは天使の翼のよう。ただ、この二枚の翼の間にセラフィムやケルビムの顔を想像すると、食欲が減退してしまうのだけれど。

c0345705_14242361.jpg
ピーチと付合せのパン

 パンもポピュラーな主食のひとつ。パニーノは歯ごたえのある丸パンを使ったサンドイッチでボリュームがある。食パンを使ったトラメッツィーノはお腹に優しく、疲れたときにお勧め。ラヴェンナのサンルーム風のカフェで頬ばった卵サンドのまろやかさは忘れがたい。

 そしてピッツァ。ピッツェーリアには、前もって焼いたピッツァを切って温めてくれる所と、一から焼いてくれる所とがある。ヴェネツィアの小運河沿いのピッツェーリアでは、陽気なお兄さんが二人、並んで生地をこねていた。ほんのり塩味のきいた香ばしい生地にシンプルなトマトソース。店内にはピッツァ生地でこしらえたクリスマス飾りがぶら下がっていた。

c0345705_14244389.jpg

 お米が恋しくなれば、リゾットの本場ミラノで黄金色のサフラン・リゾットを。カボチャの黄色いリゾットは高級感はないものの、カロチンやビタミンが補給できる。米でも一筋芯の残ったアルデンテは、日本でも定着しつつある。
 もっとも、ヴェネツィアのイカ墨リゾットは歯ごたえがなくぼやけた味がした。見回せば、お客は私と友人の二人だけ。向こうのテーブルでにぎやかに食事を始めたのは、暇そうなコックやカメリエーラたちだった。

c0345705_14363380.jpg
魚介のリゾット

 同じヴェネツィアの主食でも、ポレンタはやさしい味がした。トウモロコシの粉を練って焼き色をつけてある。ほんのりした甘みがどんな料理にも合う。フィレンツェではリボッリータというパン入りのリゾットが、凍えた体を温めてくれた。


Il sedondo piatto(第二の皿)

 ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)は最上のスタミナ源。炭火で焼いた骨付きのキアーナ牛は切り口が真っ赤で柔らかい。とろけんばかりの旨みを、ハーフ・ボトルのキャンティ・ワインが引き立ててくれる。それでも私たちには二人で一皿が精一杯だ。隣のテーブルではおじさんが巨大な肉塊と格闘中。ラヴェンナのモザイク画を思い出す。アブラハムが天使に出した皿に、仔牛が一頭まるまる載っていた。(この記事のトップ、画面向左) 
 ゆるやかな丘陵に囲まれたフィレンツェには兎料理もある。トラットリアのミートソースパスタには兎の挽肉が使ってあった。ふつうの合挽き肉と近い味だが、骨か腱のかけらがコリコリ歯に当たる。トスカーナの野山を駆ける兎のしなやかな脚を想像した。

c0345705_14461983.jpg
Bistecca alla fiorentina


 海や川のある町では魚も豊富だ。海の都ヴェネツィアの人気トラットリアで注文した舌平目のムニエル。無口な老カメリエーレが魚の皿をワゴンで運んできて、目の前で鮮やかに骨を外してくれる。そういえば魚はキリストの象徴、にこりともしないカメリエーレは、キリストの遺体を清める天使に見えなくもない。優雅に盛り付けられた皿を前に友人と嘆声をもらすと、空気の和らぐ気配。見ると、彼は口元に浮かぶ笑みを抑えていた。

c0345705_15070827.jpg
舌平目と焼きポレンタと、cameriere, Nicoに似た肖像画の切り抜きと


Il terzo piatto (第三の皿)

 『農耕詩』の国イタリアでは、旅の野菜不足に悩むことがない。豆の種類が多く、どれもふっくら柔らかい。エンドウ豆のスープや、インゲン豆のトマト煮は、何度食べても飽きないmamma(ママ)の味だ(ウェルギリウスの『農耕詩』の時代にトマトはなかったけれど)。
 フィレンツェのトラットリアでグリーンサラダを頼むと、ボール鉢に山盛りのレタスが出てきた。イタリア人は冬に生野菜を食べないらしい。ひょっとして調理場に余ったレタスを大盤振る舞いしてくれたのだろうか。大量の葉をひたすら咀嚼していると、レタス色の虫が一匹出現!きっと農薬の少ないレタスなのだろう。 

(1999.12.25)


c0345705_15310146.jpg
キアーナ牛のソテーと青虫入り(?)サラダ



















[PR]