カテゴリ:Winter(冬の便り)( 37 )

c0345705_16225046.jpg


明日から待降節です。(黒壁スクエア、10月下旬撮影)

Advent 2018 starts on Sundeay, December 2th.

c0345705_15324493.jpg



バタくさき開智学校カフェと化し異国の旗のはたはたと鳴る

Kaichi School
in European style
was renovated into a cafe
where foreign flags
flutter in the wind


c0345705_15360687.jpg



黒壁の国立銀行カラフルな玻璃の館となりにけるかも

a national bank
with a black wall
was remodeled
into a glass museum
with colorful glasswares


c0345705_15415169.jpg



現在はガラス博物館+ガラスショップになっています。
snowdropはショップで何を?それはまたいつか…

What did snowdrop buy in a shop of this glass museum? Chut!


c0345705_15373190.jpg



あこがれの大正ガラスはいつ見ても思つていたより大きく厚い

glasswares
in the Taisho peroid
are always bigger and thicker
than I supposed
in my heart



c0345705_15495821.jpg
c0345705_16043144.jpg

(お客さま用のセッティング*2009年)


母さまもお客さまに出していた脚つきの杯いつかレトロに

glasses with stems
both my mother and I
have served at guests' table
became an old-fashioned
and nostalgic design


c0345705_15521288.jpg



葡萄酒はコップに入れても美味しいねガラスの館で仲間を見たよ

we can taste the wine
in this glasscup instead of the wineglass
I have seen
this kind of cup in our house
in the glass museum also



c0345705_10033527.jpg

(2016年)



なつかしい和のガラスばかりではありません。天井には異国のシャンデリアが…

There are not only Japanese glasswares but also foreing ones in this museum.



c0345705_15454374.jpg



お隣のオルゴール館では、100年前のマホガニーのオルゴールを100円で聴かせてくれます。
R.シュトラウスの「英雄の生涯」、渋い選曲ですね。どんな人の居間に響いていたのでしょう。

A music box shop in Nagahama let you listen to Ein Heldenleben by R. Strauss
played by a mahogany box produced around 100 years ago ♪


c0345705_16155895.jpg



百年前のサロンはきつと大広間 ♪ 野太き音のオルゴオルかな
the salon
where this music box used to be
must have been spacious
because this box plays
Ein Heldenleben dynamically



英雄の生にきらめく星々のやうな出会ひをしのぶ円盤
the disk
makes me imagine
lots of encounters
like lots of stars shining
in the hero's life


c0345705_16183646.jpg



和洋折衷の面白さは黒壁ガラス館だけではありません。
この町家は一階がステンドグラス工房、二階がひょうたんの展示館です。

There are not a few half‐Japanese, half‐Western buildings here.
For example, this traditional townhouse is composed of
a staind glass workshop (1F) and a gourd museum (2F).


c0345705_16191351.jpg



黒壁ガラス館のお向かいのカフェで黒カレーを。
蝶豆で染めた青いハーブライスは今日みた琵琶湖の水の色。
残念ながらハーブの風味は感じられませんでしたが…。

This black curry symbolizes the museum's back wall,
and the blue rice dyed with butterfly pea Lake Biwa's blue water.



c0345705_16221259.jpg



SNS映えを狙いすぎたかな?とどめは濃ゆきブラックコーヒー


関連画像

琵琶湖*Lake Biwa (wikipedia)

(All Rights Reserved)

紅葉の写真が無かったですね!次回は京の紅葉を…

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!






[PR]
c0345705_14404371.jpg



現存する日本最古の駅舎の窓(旧長浜駅)
現在は鉄道博物館になっている。(外からの写真)

Two windows of one of the oldest railway stations.
Nagahama Station became a railway museum.



c0345705_14502650.jpg



一歩入れば、そこは明治の空間。(中からの写真)

Inside two windows, there was a space of the Meiji period.



c0345705_14455229.jpg


























火鉢*braziers


一等待合室には暖炉があった。

There was a fireplace in the first class waiting room.


c0345705_14471827.jpg




火鉢よりあつたかいですねお母さま金沢はもう吹雪でせうか

the fireplace
is warmer than the brazier!
mother,
it already snows
in Kanazawa?




c0345705_14543694.jpg



動いている時計(上)、動かなくなった時計(下


それぞれの時代と時刻凝視しつつ時計は止まる。眼蓋(まなぶた)もなく

while observing
each period
and each time
clocks stops
without eyelids.


c0345705_14550541.jpg



プリシオンの浜で銀河鉄道は20分間停車したつけ

at Pliocene Coast
the train of the Galactic Railroad
of Kenji Miyazawa
stopped for twenty minutes,
I remember


c0345705_14560213.jpg
















銀河鉄道のようなデゴイチ(上)シグナルとシグナレスみたいな腕木式信号機(下)

c0345705_15252988.jpg




























シグナルはひとりぼつちで庭に立つシグナレスの影をもとめて

semaphore Signal
stood alone in the courtyard
while gazing at
the illusion of Signaless,
the shadow of his own


c0345705_14593869.jpg



いかがですお茶を一杯焼き物の汽車土瓶からほつこりと~湯気


赤さんや体の弱い爺さまに歪(いが)んだ硝子の瓶のミルクを


うすあをき硝子の瓶は首かしげ病む子やしなふ牛乳を待つ

a pale blue
glass bottle
tilting his head
waiting for the milk
for a sick child


c0345705_15031240.jpg



陽だまりでタイムトリップしていたら、ガラス瓶の声がした。
これから北国街道から黒壁ガラス館へ行くんじゃなかったの?
” 淡海(おうみ)日帰りの旅 ” でしょ??

My time travel in a sunny spot was broken by a voice of the glass bottle.
"You're going to the Glass Museum via the highway of northern Japan, aren't you?
It is a day-trip in Shiga ! "


c0345705_15074348.jpg


船板塀*fence made of disused ship planks along the highway of northern Japan



みづうみをゆきかふ舟のなれの果て北国街道けふは快晴

the ruin of what the ships were on Lake Biwa ―
it is sunny today on the highway of northern Japan


白き壁 船板塀に囲まれて 遠白波の夢をみるらん

white walls
surrounded by the fence
made of disused ship planks
are they dreaming of
the white waves in the distance?



c0345705_15092509.jpg



(黒壁ガラス館へつづく)

(All Rights Reserved)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!










[PR]
c0345705_15183985.jpg



ヴァレンタイン商戦のころココア農園だったデパートの一角は
立冬を前にイタリアの広場となっていました。(阪急ですから!)

That floor of that department store that had been a cocoa farm in February
has changed to piazza d' Italia, before the first winter day(November 7).


c0345705_15212304.jpg



ヴェネツィアでこんなマスケラ見たかしらf字の髭のシニョール・ヴィオリーノ

Have I seen
such a maschera
in Venice ?
Signore Violino
with f-shaped mustache !



c0345705_17052969.jpg
















(1999年)


ハロウィンでヴェニスの仮面をかむるのはいつの頃からどこの国から

when and where
people began to wear
Venetian masks
not only during Carnival
but on Halloween also ?


c0345705_15243200.jpg



ヴェネツィアから出張してこられたマスケラ(仮面)職人さん。
手前には、花粉症マスクならぬ ペスト予防用マスケラが…

I saw a craftman of Venetian mask. Beside him,
there was a mask which inhibits plague bacilli!!!!!




c0345705_15332673.jpg















c0345705_15371135.jpg

(1999年)


ギャラリーまで足をのばせば、あら、電車にも乗らずフィレンツェに到着!
街のシンボルフラワー、アイリス匂うサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の展示場です。
記念撮影スポットを、現実の薬局(1999年)と見比べてみました。 ↑

Without taking a train, I arrived at Florence,
the gallery in the department store exhibiting the products of
Officina profumo-farmaceutica di Santa Maria Novella, Firenze.



c0345705_15350642.jpg















霜月の苔の森へと踏みこめば篝火花(シクラメン)と酸塊(スグリ)のかをり

stepping on the moss
in a Tuscany forest
in November
rises the perfume of
cyclamen and gooseberry


c0345705_16475788.jpg

(10月撮影)


季節は秋から冬へとうつろう頃ですが…

From Autumn(AUTUNNO) to Winter(INVERNO)…


c0345705_15361197.jpg

















アイリスの香水があれば、いつも皐月の国にいられます。
憧れのジネストラ(エニシダ)の香水は乾いた野原の匂い。
イタリアでも香水は「オー・デ・コロン(ケルンの水)」なんですね。

With perfume of iris, you can always stay in May.
In Italia, the perfume is called Eau de Cologne (Acqua di Colonia)!


「botticelli primavera iris」の画像検索結果

ボッティチェリの描いたアイリス * Iris by Botticelli(pinterest)


アイリスの香りを聴けば ディアナの森 聖母の庭へ たゆたふこころ

smelling
the scent of iris
my heart wanders in
Diana's woods and
Madonna's lily garden



c0345705_15311377.jpg



ローマの巨大松ぼっくりをなつかしみつつ階下へ向かいます。
その前に、ちょっとお化粧室へ…

The big pine cones remind me of those in Rome.
Pardon, I would like to go to the restroom.


デパートのパウダールームで目を閉ぢて聴くせせらぎと小鳥の声と


c0345705_15442943.jpg



ティファニーで朝食をとる時間は過ぎていますから、
ローマの休日を楽しみましょう。
ここでもアイリスの香水を聴くことができました。
フィレンツェの爽やかなアイリスよりも甘くロマンティックな香りです。

Because it is too late for breakfast,
let's enjoy Roman Holiday!
Tiffany also has a perfume of iris,
which is sweeter than the fresh fiorentino.


c0345705_15445849.jpg



ティファニーのペンダントより水いろの壁に懸りし写真を見入る


デパートを出て本屋さんへ… 📚 From the department store to a book store…


あたらしき帯ひるがへし水いろのカモメは目指すわうごんの浜


a0332314_20523184.jpg

小津夜景さんに再び拙歌を引用して頂きました。↓
Yakei Ozu's quotation of snowdrop's tanka

そこから更にもう一首、短歌が生まれました。↓
snowdrop's tanka inspired by Yakei Ozu →




おうちで浜ごはん。フィレンツェ風コキール、ダンテのオリーブオイル添え。

Our lunch*Coquille alla fiorentina, DANTE extra virgine oil


c0345705_16262609.jpg


ダンテはフィレンツェ出身です*Dante è Fiorentino.

「dante extra virgin olive oil logo」の画像検索結果

(google search)

「宇野昌磨 月桂冠 2018 NHK杯」の画像検索結果

宇野昌磨選手も月桂冠(NHK杯)

Uno Shoma won his laurels.

(google search)

c0345705_08014989.jpg

(All Rights Reserved)












[PR]
c0345705_10220638.jpg
ピョンチャンオリンピック開会式 * Jeux olympiques d'hiver de 2018(NHK)

レバノンの香柏にふる雪はるか*
la neige sur le cèdre du Liban, elle est lointaine


五輪はオリンピック、六花は雪のこと。平昌五輪の、チマチョゴリをアレンジした雪娘のコスチューム、何回見てもうっとりしました。旧暦では昨日から「雨水(うすい)」に入りました。雪がとければ春が来ます。

Un 한복-costume de fille de neige, on l' a vu 92 fois!
Depuis hier la période de Usui(雨水)a commencé. Usui(雨水)veut dire "pluie-eau", quand la neige fond.


「雪 甲骨文字」の画像検索結果「宇野昌磨 ショート 平昌」の画像検索結果「羽生結弦 ショート 平昌」の画像検索結果

=雨+羽(左) *水鳥のような宇野選手(中)* 春水のような羽生選手(右)(google search)
UNO Shoma comme un oiseau aquatique HANYU Yuzuru comme de l' eau



 「」という漢字は「雨」の下に鳥の「羽」を描いていて、凍った水滴が鳥の羽根のように空から舞いおちるさまをかたどった象形文字です。中国の字書『説文解字』によれば、「雪」とは万物を悦ばせるもの。雪の少ない地方で生まれた文字なのでしょうか。
 ハングルでは、漢字語の「雪」は설(ソル)、固有語は눈(ヌン)だそうです。ラジオのハングル語講座、むかし1カ月で挫折しましたっけ。(冬ソナの数年前でした)

 Selon Le Shuōwén Jiězì, un caractères chinois ”雪(neige)” se compose de "雨(pluie)" gelée comme des 羽(plumes)tombantes du ciel, ce qui réjouit tous.
 설 ou 눈 au hangeul, que snowdrop a échoué à apprendre il y a 20 ans, avant de Winter Sonata.


c0345705_20284046.jpg


雪いろの冬帽子とクマのぬいぐるみ(五輪開会式*NHK
羽生結弦選手へのクマのぬいぐるみ*lucky charm of Yuzuru, Pooh(google search)


「平昌 プーさん」の画像検索結果「winnie the pooh first love」の画像検索結果


「winter sonata drama korean」の画像検索結果


« Les premières heures de l’amour sont comme les premiers pas sur la neige. »
de Henri de Régnier (1864-1936)


アンリ・ド・レニエの詩を短歌として詠める


はつ恋は銀世界への第一歩ひかりきらきら足とられても




c0345705_09044188.jpg

雪の笠とサザンカ*
camellia sasanqua (2017)


雪国に生まれし友へ
せつせつとふる白雪を聴かまほし君のからだの内なる
()()


je voudrais écouter

des flocons de neige poudreuse

qui tombent

et s' accumulent

dans ton corps et coeur


c0345705_09263232.jpg


五輪の六華(六弁花の水仙)* five-ring of six petaled flowers



これは寒がりの父の帽子。そんな父のために昔母が手編みしたショール…snowdropが生まれる前のことです。

Voici une chapka de mon père et une couverture de voyage tricolté à la main de ma mère il y a 50 ans!



c0345705_10400129.jpg



無口なりし母が ひと針ひと針を編みしショールよ なにを語るや


cette couverture

à la main de ma mère

qui était taciturne,

qu'est-ce que tu parles

par chaque maille aujourd'hui ?



All Rights Reserved

おまけ*Bonus

「平昌キムヨナ」の画像検索結果「伊藤みどり 聖火」の画像検索結果

キム・ヨナ(Kim Yeon-ah(2018)ITO Midori (伊藤みどり)(1998
(Mainichi NIKKEI










[PR]

c0345705_14432393.jpg
ヴァレンタインチョコレート博覧会(阪急百貨店梅田店)(すべて撮影許可を頂いています)
Chocolate EXPO 2018 in Hankyu Department Store (Umeda)


ショコラの国、アムールの国のフランスには、マリー・アントワネットやナポレオンのチョコレートがあります。悲劇の王妃は日本でも人気者。漫画や宝塚歌劇の「ベルばら」だけではありません。昨年12月には、何とお能の「マリー・アントワネット」が上演されました。もとタカラジェンヌの美沙のえるさんらも出演したそうです。

Le pays du chocolat et amour, France conçoit le chocolat de Marie Antoinette ou de Napoleon. Au Japon, il y a Manga (par IKEDA Riyoko, basé sur le roman de Stefan Zweig), Takarazuka Revue, et Noh sur Marie Antoinette. En ce Noh, UMEWAKA Gensho joue la reine et une ex-Takarazienne Misa (Messe) Noël dance.



「ベルばら 漫画 アントワネット  pinterest」の画像検索結果「ベルばら 宝塚 アントワネット  pinterest」の画像検索結果 池田理代子原作*花總まり主演(pinterest)

c0345705_14460261.jpg
シテ 梅若玄祥(日本経済新聞より*NIKKEI, janvier 2018)
UMEWAKA Gensho joua Odyssée aussi dans Noh NEKYIA (ネキアー冥府行)


かつてフランスが統治していた国、ヴェトナムはいまチョコレート産地になっているそうです。

Viêt Nam, une ex-colonie française, est devenu un de pays producteurs de cacao.



c0345705_14400895.jpg
日本の新聞でも、アメリカの新聞でも話題に…*in both Japanese and American papers
c0345705_14412931.jpg


あら、ここは博覧会の会場ではなかったの?snowdropはヴェトナムのココア農園に時空を超えて迷いこんでしまったのでしょうか?

Oh! Est-ce que snowdrop est perdue dans une plantation de cocoa de Viêt Nam?


c0345705_14284082.jpg


いえいえ、ここは吹き抜けの特設会場。せっかくなので、チョコレートの作り方を教えてもらいましょう。

Mais non, ici, c' est une salle spéciale de la Saint-Valentin! On peut apprendre comment fabriquer du chocolat.


c0345705_14362389.jpg

リヤカーで運ばれてきた、ラグビーボールみたいなカカオの実(カカオポッド)を割って…

Des fèves de cacao sont portés par un charrette à bras.

c0345705_14342868.jpg

白いヌルヌルのパルプで覆われた豆を取り出します。箱で発酵させるとパルプが溶けて豆と反応します。

Extraire des fèves de la cabosse comme ballon ovale. La séparation est suivie de fermentation dont le but est d’éliminer la pulpe onctueuse et de réduire l’amertume.


c0345705_14315058.jpg

さらに乾燥させて、チョコレート色になったら麻袋に詰めて出荷します。フランスや日本へ…


Sécher les graines. Les graines brunes sont mis un sac et envoyées au Japon, France, etc.

c0345705_14332109.jpg

焙煎器(下)からは香ばしい匂い! 豆を砕いて殻を風で飛ばし、残った豆の中身(ニブ)をペーストにし、練り上げ、テンパリングし、型に入れて冷やし固め、ようやく完成です。

Snowdrop a trouvé un torrefacteur qui répandait bonne odeur. Il y a encore le processus de la broyage, de la pressage, etc.

c0345705_14423459.jpg


ヴェトナムのカカオ豆を使ったチョコレート屋さんは、ココアも飲ませてくれます。熱々のココアで体はぽかぽか!でも、snowdrop(じつはブラックチョコ派)にも濃厚すぎて、試食が続けられなくなってしまいました。^^; これはジャケ買いに走るしかありません…

…Je voudrais du chocolat chaux…oh, comme le fortifiant, assez riche pour moi, une philo-chocolat-noir! …Elle n' a pu plus essayer du chocolat, elle a donc les choisi par le paquet.



c0345705_14420131.jpg

あつあつの濃ゆ~いココア*chocolat chaux ↑


今年はカカオの風味を際立たせたタブレット(板)チョコレートがブームだとか。そこで、ヴェトナムのカカオ豆を使った「冬の浅間」(左)と、イタリアの「FIAT」(右)に決定!おまけはミニカー、子供のころ家族で乗っていた車みたいな黄色です。

VOILA (Ta-da) !! une tablette de chocolat de cacao en provenance du Vietnam (gauche) et MAJANI FIAT avec BONUS:une petite voiture jaune comme Sunny de ma famille dans mon enfance!


c0345705_14253507.jpg



太陽の色のサニーで旅したね夏の白浜果てしない海
we traveled
by that sun-colored car
Sunny,
to White Beach (Shira-Hama)
of the boundless Pacific

c0345705_14262019.jpg


家族でよく旅した車山高原(今年のカレンダーから)
Chocolat Mont Asama hivernal et
plateau Kurumayama dans mon calendrier, dans mes souvenirs

おまけ * Bonus
♥のかたちのゼラニウム(2月12日撮影)
géraniums-lierre en forme de coeur♥


Dscn0673_800x744

(All Rights Reserved)








[PR]

「雪景色 広重 切手」の画像検索結果

c0345705_07253109.jpg


天からの画家の手紙か寧楽(なら)の雪 (2月1日撮影) (歌川広重の切手*google search)

Est-ce que des lettres du peintre des cieux , la neige en Nara? (le1 février)



ゴッホ「雪景色」*Snowscape by van Gogh


snowdropは、ゴッホの画集を一冊も持っていない数少ない美術愛好家の一人です。
それは、ゴッホの絵を長い間見つめていることができないからです。
それが、或るブログでゴッホの雪景画を見て、展覧会に足を運びたくなりました。

Snowdrop is one of the rare art lovers who do not have a book of paintings of van Gogh, because she cannot observe his paintings for a long time. And yet one of his snow landscapes in one of her favorite blogues made her visit his exhibition in Kyoto.


c0345705_07240186.jpg
c0345705_07274118.jpg


京都へ出かけた1月下旬、雪は降りみ降らずみ…
ゴッホの夢みた日本の青空と、ゴッホの愛した日本の雪とが交互に訪れました。

It snowed off and on when she visited the exhibition in Kyoto in January.
The blue sky Gogh dreamt and the white snow he loved, both of them appeared alternatively.




「mountain village in japan」の画像検索結果

ゴッホ「雪景色」と広重 「東海道五十三次の内蒲原夜の雪」(pinterest)(広重は出品されていません)
snowscape by Gogh(left) and by UTAGAWA Hiroshige (right)


日本の風景を求めて南仏アルルへ旅立ったゴッホを迎えたのは、白一色の雪景色でした。けれど、ゴッホはそこに日本の雪景の版画を連想して感激します。

Gogh traveled to Arles in pursuit of Japanese landscapes, where he saw a white snowscape. It was for him a Japanese woodprint representing the snowscape!


c0345705_07293762.jpg
ゴッホ「糸杉の見える花咲く果樹園」
Orchard in Blossom, Bordered by Cypresses, Gogh


やがて春、白い果樹の花々が咲き始めました。まさに桃源郷!ゴッホの日本の夢はじつは「白」から始まったのです。

The spring has come. The fruit trees began to bloom like Japanese white plum, peach, and cherry blossoms. Here is the Utopia! Gogh's dream of Japan started from "white".


「じゃがいも を 食べる 人」の画像検索結果
ゴッホ「じゃが芋を食べる人々」(pinterest)(出品されていません)
The Potato Eaters, Gogh


そもそもゴッホは「黒」からスタートした画家でした。牧師を父とし、かつて聖職者を志した青年は、貧しき人々を暗い色で力強く描きました。やがてパリに出た彼は、色とりどりの印象派絵画や日本の浮世絵と出会いました。彼は日本の色彩を求めて、さらに南仏アルルへと旅立ちます。そして、白い雪と花に迎えられたのでした。

Gogh had started with "black" in the first place. A young man whose father was a priest originally aimed to be in holy orders. He painted the poors with dark colours. He went up to Paris and met colorful Impressionist paintings and Ukiyo-e. Moving to Arles after Japanese images, he was greeted by white snow and flowers.


c0345705_09480693.jpg
ゴッホ「アイリスの咲くアルル風景」(上)尾形光琳「燕子花図屏風」(下)(wiki)
c0345705_21220791.jpg
「北斎  燕子花」の画像検索結果

北斎「燕子花」(pinterest)(青が退色し、輪郭線がよく見える)
(光琳と北斎の燕子花は出品されていません)
Iris by Gogh, Korin, or Hokusai. Hokusai's blue is faded and the outlines are seen better.


白い春が過ぎ、青いアイリスの咲く夏がやって来ました。ゴッホが「日本の夢」とたたえたアルル風景、何かに似ていませんか。ほら、手前の青いアイリスと金色の小麦 ― 光琳のカキツバタの金屏風を思わせます。ゴッホは画廊か雑誌のなかで、この屏風を見たことがあったのでしょうか。それとも、輪郭線のくっきりした北斎の版画を見たのでしょうか。輝かしく鮮やかなるジャポン!現実の日本は、透明な空気とは正反対の湿気に包まれた国なのですが…

White spring passed into blue and yellow summer. This landscape of Alres that Gogh praised "a dream of Japan" resembles Iris by Korin or Hokusai ― the former's colour combination of gold and blue, and the latter's outlines of flowers. Brilliant Japon!But in reality, Japan is a humid country far from the clear and transparent air.


c0345705_15305795.jpg
ゴッホ「ひまわり」(部分)*Sunflowers(google search)(出品されていません)


 盛夏、ゴッホは友人のゴーギャンとともに黄金のひまわりを描きました。日本の版画家(画師、彫師、摺師)が共同制作するように、自分たちも芸術の共同体を営んでいるのだ!有頂天になるゴッホ。
 しかし、現実は ― 日本の版画制作は完全な分業体制で、今でいうコラボとは異なっていました。また、ゴーギャンはゴッホのような夢想家ではありませんでした。やがて共同生活は破局を迎え、ゴッホは耳切り事件を起こし、サン・レミの病院に入院します。


 In high summer, Gogh painted a series of sunflowers in yellow with his friend Gauguin. Gogh was in the skies because their cohabitation seemed to him the community of Japanese woodprint artists.
 But in fact, Japanese woodprint was produced not by such a collabration but merely by a division of labor. And Gauguin was not a dreamer like Gogh. Soon their cohabitation collapsed and Gogh entered a mental hospital in St. Remy.


c0345705_10084647.jpg
ゴッホ「草むらの中の幹」(部分)* Tree trunks in the grass by Gogh(detail)


 ゴッホの絵から、黄色が薄れてゆきます。代わりに表に出てきたのが白でした。この絵の草原を埋めるのは白い花ばかり。わずかに木の根元に黄色いたんぽぽが、夢の名残のようにひっそり揺れています。
 白は、しかし、ずっとゴッホに寄り添ってきた色でした。彼のひまわりの連作は、チューブから絞り出した黄の絵具一色ではありません。濃淡さまざまな黄色を操るには、白絵具もたくさん必要だったはずです。

 In Gogh's paintings the yellow began to retreat and the white has emerged in turn.This grass is full of white flowers and only several yellow dandelions bloom around the bottom of a tree like the obscure traces of his dream.
 The white, however, was the colour that had been beside him from the beginning. His sunflowers were painted not only with the yellow but also with the white mixed into the various tones of yellow.


「gogh star moon」の画像検索結果

ゴッホ最晩年の「星月夜」*The Starry Night(MoMA HP)(出品されていません)


 ゴッホは心の奥底ではずっと、白の清らかさ、白の安らぎを求めていたのかもしれません。
 死の一年前に描かれた「星月夜」では、黄色い月と白い星が拮抗しています。左手前には黒々とした糸杉、右奥には青白い教会堂…糸杉は死、教会は救済を象徴しています。
 黒の画家(じゃが芋を食べる人々)から黄の画家(ひまわり)、そして白の画家(星と教会)へ……ひょっとしてゴッホは、失われた聖職者の夢を、無意識のうちに色でかなえようとしていたのでしょうか。

 Gogh might have seeked for the pure and peaceful white at the back of his mind.
 In The Starry Night painted one year before his death, the yellow and white coexist. Black cypresses are the symbol of the death, and a pale church the salvation.
 From a painter of the black(The Potato Eaters), that of the yellow(Sunflowers), and to that of the white(The Starry Night)…Gogh might have wanted to recover his lost dream to take in holy orders through the colours unconsciously?


c0345705_10045207.jpg
平安神宮の大鳥居、雪山の麓の金戒光明寺
Torii (right), Kyoto Municipal Museum of Art (middle), and Temple (left) in the snow


3階のゴッホ展に続き、4階の日本の近代絵画を見ながら、ゴッホの夢の日本と、現実の日本について思いを巡らせました。ああ、ゴッホがもっと長生きしていたら!あるいはフォーヴィズムの先駆者として名声を得、大正時代の日本人画家たちの訪問を受けていたかもしれないのに!(3階には、ゴッホの墓参りをする日本人の写真なども展示されています)

In this exhibition, you see the photographs of Japanese artists who visited his grave since the Taisho period. Snowdrop thought about the non-coincidence between Japan in Gogh's dream and real Japan. Helas, if the painter had lived longer! He might have gotten the fame as a pioneer of Fauvisme and might have received visits from Japanese painters!


c0345705_10051354.jpg
京都国立近代美術館からのぞむ京都市立美術館と南禅寺
Kyoto Municipal Museum of Art (left) and Nanzen-ji Temple (right) from MoMA, Kyoto



ゴッホが日本を夢見てアルルへ旅立ったように、多くの日本人がヨーロッパを夢見て軽井沢などに滞在しました。ゴーギャンから受け入れてもらえなかったゴッホの芸術家の共同体構想は、のちの武者小路実篤や志賀直哉らの「新しい村」に通じるものでした。

While Gogh traveled to Alres seeking for Japan, not a few Japanese stayed in Karuizawa seeking for Europe. The community of the artists that had been rejected by his friends was in some way realized in Japanese "New Village" founded in 1918.▶https://en.wikipedia.org/wiki/Atarashiki-mura

c0345705_10081039.jpg



星ふる夜 天使の声のふりつもり かそけくうたふ日本の雪を
in the starry night
angels' voices also fall
singing faintly
Japanese snow
which van Gogh dreamt
「vincent van gogh sterrennacht」の画像検索結果



立春に詠める*on the first day of spring
あたらしく生(あ)れし命をことほぎて画家の遺せし絵の花の白
celebrating
a new life of his nephew
the painter
painted white flowers
like Japanese cherry blossoms

「アーモンドの花 ゴッホ pinterest」の画像検索結果

ゴッホ「花咲くアーモンドの枝」(出品されていません)
Almond blossoms by Gogh(pinterest)


憧れのジャポンをパッチワークしてゴッホは描く錦絵の夢
patchworking
the admired Japon
the painter, Gogh
painted and painted
his dream like colorful ukiyo-e

c0345705_11063183.jpg

(All Rights Reserved)





[PR]

チャイコフスキー「炉端で」♪ Au Coin du Feu

c0345705_10395436.jpg


これは西洋で一番古い雪景色といわれる絵です。「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」の「2月」の挿絵。描いたのはランブール兄弟、15世紀前半にさかのぼる細密画です。なんて豪華なカレンダーブック!「2月」に描かれているのは、けれど、フランスの田舎の冬、素朴な農民の暮らし…

On dit que ce peintre est le plus ancien paysage de neige: le mois de février de Les Très Riches Heures du Duc de Berry (1438-1442) par les Frères de Limbourg. Quel riche calendrier! (figs: Bibliothèque de l'Image) Et pourtant cette illustration nous monte la vie paysanne humble.


c0345705_10402880.jpg
Les chasseurs portent guêtres pour chauffer leurs mollets


こちらは小正月(1月15日)のどんど焼き…ではありません。「やまと編」(1月8日)でご紹介した北斎の「百人一首姥がゑとき」(1835-6年)の一枚です。http://ramages3.exblog.jp/238179878/
雪の夕暮れ、猟を終えた男たちが焚火にあたっています。画面右上の色紙形に綴られているのは、百人一首第28番。

「山里は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば」(源宗于)

…さびしさとは真逆(まぎゃく)のにぎやかさ!男たちは草鞋に脚絆を巻いています。殿方もふくらはぎが冷えるんですね。下のフランスの女人みたいに!

"Winter loneliness In a mountain hamlet grows Only deeper, when Guests are gone, and leaves and grass Withered are:―so runs my thought" (The Hundred Poems by One Hundred Poets, Minamoto no Muneyuki, translation of C. MacCauley)
"In this mountain village it is in winter that I feel loneliest―both grasses and visitors dry up." (translation of McMillan Peter)
Hokusai represents the cheerful rest that is contrastive to the loneliness in the waka.


c0345705_10473048.jpg


フランスの山里へ戻ってみると…家の中の女人は青い衣の裾をまくって、ふくらはぎを温めています。足元には、くつろぐ白猫が…。いっぽう庭の家畜小屋、穴の開いた屋根の下では、羊たちが身を寄せ合って暖をとっています。烏は落ち穂をついばみ、蜜蜂は4つ並んだ巣箱の中で、花咲く春を待っています。白い被りものにくるまって赤い衣の女人が帰って来ました。おお寒!凍てつく戸外から、もう一度暖かな室内を眺めてみると… 炉端の幸福感がしみじみと伝わってきます。

Vous trouvez une femme qui trousse sa longue robe bleue pour chauffer ses mollets et un chat blanc? A l' extérieur, des moutons se serrent dans une bergerie avec le toit troué, des abeilles dorment dans quatre ruches en paille. Une femme retourne frileusement. Quel contraste entre la sérénité de l' inxtérieur et le froid de l' extérieur!


c0345705_10491786.jpg


室内で休む人あれば、戸外で働く人あり。敷地の外では木こりが斧をふるい、農夫がロバと歩いています。行くてには、雪山に抱かれた教会と村が見えます。青空と白雪のコントラスト!家の中でぬくぬくしていたら見られない景色です。

Tout en haut, un bûcheron, un paysan, et un âne travaillent. On compare le travail de l'extérieur avec le repos de l'intérieur. Et quel contraste du ciel bleu et de la neige blanche! Quel beau paysage avec une église et un village! On ne jamais les voit dans la maison bien chauffée comme chez snowdrop (pas encore la première neige!) …


c0345705_10514738.jpg


 北斎のこの絵には、働いている人はいません。画面の右には、男たちが眠る小屋が見えます。くつろいだ長閑な時間…けれど、ほら、煙の間に……黒いけだものの掌が?!ひょっとして、どこかに人目ならぬ妖かしの目が?!火の周りの平和と、煙の向こうの脅威…この絵もコントラストが効いていますね。えっ、snowodropの深読み?そうだといいんですけど
 あるいは、猟師たちは獲物がなくて、帰るに帰れず小屋で一夜を明かすのでしょうか。明日に望みを託して…それにしては、手前のそっくり返った男のまん円な禿頭のユーモラスなこと!北斎は森羅万象を円と三角で描けると自負していました。

 Les hommes se reposent après leur travail. Ils dormiront dans la cabane à droite. Mais parmi des stries de fumées, vous trouvez des paumes d' une bête noire? Qu'est-ce que c'est, ce monstre? Quel contraste entre la paix et la menace! Ou quelle pessimiste, snowdrop?!
 La pessimiste voit la mauvaise chasse ici…ils ne peuvent pas rentrer sans la chasse? Mais la tête ronde est trop drôle aux premiers plans! Hokusai representait tous les êtres de l' univers avec cercles et triangles.


c0345705_14193165.jpg
Chasseurs dans la neige (1565) par Pieter Brueghel l'Ancien
On voit ici la tradition du Livre d'heures et l' anticipation du paysage panoramique.


思ったように獲物がとれず、すごすご帰る猟師と猟犬たち…これは時祷書の伝統にのっとった、ブリューゲルの「月暦図」の一枚です。近景の丘の侘しさと、遠景の池でスケートに興じる村人の陽気さとが対比されています。通りすがりの宿に上がる焚火の炎。家に着いたら、炉端で休めるといいですね。

Voici des chasseurs et chiens avec peu de chasse…Pieter Brueghel montre le contraste de la mélancolie aux premiers plans et la gaieté aux arrières plans (le patinage) dans ce paysage de neige. Ils passent devant un hôtel où les gens brûlent quelque chose. J' espère que le repos au coin du feu les attend….


「Hendrick Avercamp」の画像検索結果

おまけ(Bonus)*いま気になっている冬景色の画家です。
https://www.youtube.com/watch?v=cCIvQy-lxfE

(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_11014718.jpg
初めてのキラキラ写真 ☆★☆彡 photo through built-in cross filter


 1月6日、あるいは1月第1主日(2018年1月7日)は公現祭。星の光に導かれてベツレヘムまで旅した東方三博士が、幼子イエスを礼拝した日を祝います。ガレット・デ・ロワ(王様のお菓子)の「王様」は、東方の三人の王様のことです。光を表す金色の円いお菓子に、三博士の王冠をのせて。切り分けらてもらったお菓子にフェーヴ(もとは空豆、いまはアーモンドや陶器)が入っていたら、あなたは王様です。
 初めの写真は、京都のとある教会のプレゼピオです。カメラ内蔵のクロスフィルターでキラキラ☆☆☆彡
でも、東方三博士の姿が見えません。。。

Le 6 janvier on célèbre l' Épiphanie, la manifestation de Dieu, la Lumière.
La galette ronde et dorée, elle symbolise le soleil.
La couronne est celles de rois mages, et
celui qui trouve la fève dans sa part de galette est surnommé « roi ».



c0345705_17482106.jpg
ガレット・デ・ロワ(上)フェーヴ(右)*Galette des rois*Dreikönigskuchen


 昨年は東方三博士のように旅した少年達についてお話ししました。http://ramages2.exblog.jp/28448473/
 もう語り尽くしたと思っていたのですが…次のフランス語の俳句を読んで、snowdropは彼らをもっと慰めてあげたかったんだ、と心づきました。
 お能に出てくる僧侶なら、供養のお経を読んであげるところですが…このフランス語の俳句を、やまとことばの短歌へ生まれ変わらせることで、彼らへの手向けといたしましょう。すべての人の心の痛みが雪に包まれて癒されればいいのに。。。

 J' ai parlé sur quatre jeunes hommes quatre fois qui voyagèrent comme les rois mages, pourtant je me suis aperçue par un haïku français que je voulais les consoler plus.
 Un moine bouddhiste dans Noh réciterait un soutra…en revanche, je fais renaître le haïku en français à tanka en japonais pour les consoler. Que le chagrin de tous passe comme des traces dans la neige 。。。

                     
        
                              
Dominiqueのオリジナル俳句*haïku original par Dominique▼ Merci *Thank you 。。。
   *
                       

   *                    
            

つかのまの(きず)のごとくに雪原の足跡は消ゆふりつむ雪に 


tsukanoma no kizu no gotoku ni setsugen no ashiato ha kiyu furitsumu yuki ni                                        

                 
haïku original par Dominique, tanka traduction par snowdrop
                          
                         
「粉引茶碗 雪の曙」の画像検索結果

「雪の曙」という銘の粉引茶碗があるとか。川喜多半泥子(1878-1963)作(石水博物館HP)

On dit qu' il y a un bol " l'aube de la neige" par KAWAKITA Handeishi(1878-1963)

c0345705_13475150.jpg

ヴォーリズ設計の大阪教会に寄付されたというプレゼピオ。右に東方三博士が…▲

https://www.youtube.com/watch?v=FU_Q1-x3AYI&list=RDFU_Q1-x3AYI#t=41
★★https://www.youtube.com/watch?v=dRhxE8Q8IDE

▲新春にお琴はいかが?皆川達夫氏によると、筝曲「六段」()はカトリック教会の「クレド」(★★)に由来するそうです。

▲According to MINAGAWA Tatsuo, Japanese koto-harp piece Rokudan (
) derives from Credo (★★).


c0345705_13502901.jpg
c0345705_05554794.jpg


まるで夕映えに染まる雪山…カトリックの国イタリア、ミラノのドゥオーモの写真(1999年)をaster roseがイラストにしてくれました(2018年)。小春日はイタリア語で「聖
マルチノの夏」といいます。四人の少年の一人はマルチノという洗礼名でした。偶然ですね!

photo by snowdrop (1999), image processing by aster rose to celebrate snowdrop's entry in International Tanka Society (2018) http://www17.plala.or.jp/ITS117/
"L' estate di San
Martino" reminds me of one of four boys, HARA Martino.


c0345705_15253300.jpg

おまけ*1999年のイタリア旅行記から。綿菓子屋のおじさん ▲

Bonus*Cotton candy, Italia, 1999

(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_15155680.jpg
(すべて12月中旬撮影)

エキサイトブログの写真家たちに触発されて、ハードなショットに挑戦してみました。ここは京都駅ビル。画面中央に伸びてゆく白い飛行機雲を眺めていると…
「駅探(えきたん)せえへん?」と太い声。

Being inspired by several photographers in excite blogs, snowdrop tried the modern photos. When she was looking up at the steel roof and a vapor trail,
"How about exploring the staion?" said a deep voice.

c0345705_14500577.jpg

ふり返ると、巨大なツリーの根元に描かれた、ちょい悪おやじサンタ!
「今日は伊勢丹しか行かないから、乗換案内は要らないけど…」
「ちゃうちゃう、駅の探索やがな。その気になったら色んなもんが見つかるで。今年は京都駅ビル20周年やし」
おや、20周年はエキサイトブログだけではなかったのですね。


Turning to the voice, she found an illustration of rugged Santa Claus on the bottom of the big Christmas tree. He grinned and whispered,
" You know, this year marked the 20th anniversary of Kyoto Station Building! "
" Ho-ho! Just like the excite blog? "

c0345705_14544265.jpg

京都駅の大きなツリーの左隣にも、右手前にも、「20」という数字が見えます。
鉄骨の森の中、ひととき聳え立つ人工の樅の木…なんて広い構内でしょう!
「足が疲れへんか心配か?なんならトナカイ、貸すで。今日は配達の予定あらへんし」
いえ、大丈夫、遠足の子供らも自分で歩いていますもの。ありがとう。

Do you find the number "20" in this photo? In the steel woods, an artificial tree is standing…what a huge station!
"Are you afraid of being tired from walking? If you want, you can use my reindeer because we have no delivery today."
"No, thank you. Even the children are going up the stairs on foot. I am not KO bur OK!"


c0345705_14585600.jpg
馴鹿(トナカイ)タクシー?*Reindeer Taxi?

c0345705_15014214.jpg

ツリーの前で記念撮影する子供たち、階段を昇る子供たち…伊勢丹百貨店は開いたばかり。↑

The children are taking their commemorative pictures or going up the stairs. Isetan Department Store has just opened at 10:00.

c0345705_15001518.jpg

ツリーを見上げつつ、だんだん遠くへ…*The tree is receding from view.

c0345705_15051021.jpg

JRの切符を買えば、金沢だって行けちゃいます*You can go anywhere from Kyoto by JR.

c0345705_20004308.jpg

「無良崇人 オペラ座の怪人」の画像検索結果


無良崇人の「オペラ座の怪人」も凄かった…*MURA Takahito,The Phantom of the Opera(google search)+ The Phantom of the Opera by Four Seasons Theatre Company(upper fig.)

c0345705_15063479.jpg

この鐘を鳴らすのはあなた………♪♪♪ ↓ It is you who will ring this bell………♪♪♪

c0345705_15071827.jpg

鐘とツリーをつなぐ道にもまして、この空中通路の長いこと!まるで一点透視図法の見本です()。どうやら伊勢丹へは戻れそうですが…

Here we are on a looong sky-bridge, just like a sample of the one-point perspective drawing method ().

c0345705_15121310.jpg

★クライスト・チャーチ・カレッジ講堂*Christ Church College (wikipedia)

道中の展望スポットからは、京都タワーと比叡のお山がきれいに見えました。京都タワーは白い和ろうそくのデザインです。

From this passage, you can enjoy the view of Mt. Hiei and Kyoto Tower in the shape of a Japanese candle.

c0345705_15231167.jpg

気がつけば、伊勢丹百貨店内。(そのつど撮影許可を頂いています。帰るまぎわ、店内撮影不可の放送に気づきました。 ^^;)

…Snowdrop found herself in the department store.

c0345705_15400199.jpg

まだお昼前ですが、テラス席で早めのランチ。胡椒入れと京都タワー、意外にいい取り合わせです。あらら、強制フラッシュなのに、光りません。なぜ?

She had the early lunch at a table near window. Let's take a photo of Kyoto Tower and a pepper pot!

c0345705_15450591.jpg

見下ろせば、バスターミナルが見えます。おや、ダブルデッカーが走っています。ロンドンでは乗りましたけれど…

A double-decker in Kyoto as well as in London!


c0345705_15271558.jpg

店内は駅構内と同じく吹き抜けで、エスカレーターが連なっています。snowdropはいつも、この見通しのいいエスカレーターを使います。おや、新年まで使いまわせそうな提灯が…

Isetan is built in wellhole style, where you see Christmas trees and Japanse paper lanterns at the same time: a half‐Japanese, half‐Western interior decoration!


c0345705_15342686.jpg

シックなコートと草鞋(わらじ)のコラボ…このシュールな光景も、新年までこのままでしょうか。

The collaboration of European overcoat and Japanese straw sandales……chic, à la mode! (lol)


c0345705_15333366.jpg

幾つになってもときめく、ステーショナリー(文具)のディスプレイ。snowdropは年賀メールに切り替えてしまいましたが、たまに手作りの年賀状をもらうと嬉しくなります。
2017年はお世話になりました。2018年もどうぞよろしくお願いします。

Snowdrop loves this stationary's diplay. She rarely receives a handmade greeting card recently, in this Internet era.
Thank you for everything last year!!! Best wishes for a Happy New Year!!!!!


c0345705_16225490.jpg

追伸* 国際タンカ協会に入会しました。これからも、日本語と外国語で短歌をつくり続けたいです。

p.s. snowdrop has entered International Tanka Society. She continues to make tanka-poem both in Japanese and in foreign languages.http://www17.plala.or.jp/ITS117/


WATARIDORI鶴はやまとの鳥にして仏蘭西の鳥リトアニアの鳥

WATARIDORI

the crane is

a Japanse bird,

a French bird, and

a Lithuanian bird


Dscn0391_800x491
(All Rights Reserved)


-私の2017-今年を振り返ろう




[PR]

-私の2017-今年を振り返ろう

c0345705_10311442.jpg
日本経済新聞(左)(NIKKEI, left)

20171月、遠藤周作原作の映画「沈黙」が日本で公開された。また、「遥かなるルネサンス 天正少年遣欧使節がたどったイタリア」展が4月から12月まで、神戸、青森、東京を巡回した。菊の節句(9月9日)の朝、新聞にこんな記事が載っていたのをご記憶の方はおられるだろうか。少年使節の一人、千々石(ちぢわ)ミゲルの墓から、ロザリオの一部が見つかったというのだ。彼はキリスト教を棄てたとされていたのだが…

ミゲルは仲間とともにローマ法王との謁見を果たし、イタリア各地やスペイン、ポルトガルで歓待を受け、それらの見聞を伝えるべく帰国した。日本を神の国に変えようと夢見て…  
 しかし、故国は変わり果てていた。彼らが旅立って数か月後、本能寺の変で信長が倒れ、彼らが帰国する3年前に秀吉がバテレン追放令を出していた。江戸幕府もキリスト教を禁じ、弾圧が厳しさを増してゆく…彼らの没後、島原の乱が起き、『沈黙』の時代が訪れることになる。

 

Scorsese's film Silence was published in Japan on January 21th in 2017. And the exhibition Sol Levante nel Rinascimento Italiano traveled in Kobe, Aomori, and Tokyo. A news was reported on one of the boys of the Tensho Youth Mission to Europe in Japanese newspapers on 8-9 in September. A part of Miguel CHIJIWA’s rosary was discovered in his grave. It had been said that he renounced Christianity early.

He and other two boys had papal audiences, were welcomed in Italy, Spain and Portugal, and returned to Japan in order to report their experiences. But during their trip, Japan was changed. After their departure, Nobunaga was assasined, Hideyoshi promulgated the Purge Directive Order to the Jesuits, and Edo bakufu began the Ban on Christianity and suppression of Christians. After the boys’ death, the time of “Silence” came.
「市川 海老蔵 織田 信長」の画像検索結果「おんな 城主 直 虎 信長」の画像検索結果
信長(市川海老蔵)「今夜は本能寺!」Nobunaga (ICHIKAWA Ebizou)(google search)

c0345705_10443852.jpg
『遥かなるルネサンス』展覧会図録より(以下同)

ミゲルの独白
 私もまた天正遣欧少年使節団の正使だった。天正10年(1582)、晴れがましい船出の日、母は涙をこらえていた。私たちは母一人子一人だった。これから命がけの航海になるのだ。母にしてみれば人身御供に出す思いだったろう。出発の前夜、私は母にこう言った。

「そいけん母上、たとえこん身は海の藻屑と消えるとも、それは犠牲の子羊となる事たい。行かんばならん。漁師ペテロが網ば捨て、親ば捨ててイエス様について行ったごと…さんたマリヤ様ば拝むたび、私はきっと母上ば思い出しますけん」

Monologue of Miguel

 I also was a senior commander of the Tensho Youth Mission to Europe. On the day of my departure, my mother was trying to hold back her tears. She was a single mother and I was her only child. She should have felt like she offered her irreplaceable son as a human sacrifice to the dangerous trip. I said to her the night before that.

“Mother, even if I will be swallowed by the sea, I should go as a sacrificial lamb. I should leave you like Peter, a fisher who left his family and followed Jesus. Every time I pray to Santa Maria, I will remember you, mamma...”

「roma mosaic octopus」の画像検索結果
タコのモザイク*Roman mosaic of an octopus,Villa Giulia, Rome (pinterest)

 長い船旅はときに苦しかったが、楽しく充実していた。私たちはラテン語をみっちり学び、チェスで遊び、釣りをした。副使の中浦ジュリアンは海辺の村の出だったから、鰹や鯛を釣りまくり、釣針を壊してしまった。私は生まれて初めて生きた蛸を間近に見た。ぬらぬらした、いぼだらけの、八本足の不思議な生物…こんな醜悪な海獣も、主が創造した物だとは!
「ひどかぁ、ミゲル。わいもゆで蛸、食べるやろー?」
蛸をわしづかみにしたジュリアンが、白い歯を見せて笑った。


 Our long voyage was sometimes hard and yet joyful and fulfilling. We practiced Latin, played the game of chess, and enjoyed fishing. A vice commander from a fishing village, Jurian NAKAURA would fish bonitos, sea breams, etc. enough to break a hock. I saw a live octopus so close up for the first time. A slimy, warty marine creature with eight legsis this ugly monster also created by God?

“That's not fair, Miguel! You also eat the boiled octopus, don't you?!” 

Jurian laughed while grabbing a slippery octopus!

c0345705_10353021.jpg
メダルに表されたグレゴリウス13世(上、図版)
snowdropがヴァチカンで貰ったコインには、ヨハネ・パウロ2世の横顔が…(下、実物)
Do you find a real coin of John Paul II that snowdrop got in Vatican in 1999?


 天正13年(1585)、私たちはローマでグレゴリウス13世に謁見した。法王様は感涙にむせびながら一人一人を抱擁してくださった。そして、我らのローマ到着からわずか18日目に亡くなった…。なぜだか、法王様は私たちを見つめながら、どこか更に遠いところを見ておられた気がする。

 いっぽうで、人々が私たちをみる眼差しには、奇異なものへの好奇心が隠れていた。彼らは我々が白い人なのか黒い人なのか思案している。キリスト教会が異人種の崇める寺院や神仏を排斥していたことを、私は知らなかったわけではない。黒い人を醜悪とする偏見に気づかなかったわけではない。

 We THREE had papal audiences in Rome in 1585. Pope Gregory XIII was moved to tears while hugging each of us.And he died eighteen days later than our arrival in RomeI do not know why, but the Pope seemed to see somewhere far away through us

 On the other hand, the people’s eyes hid the curiosity to us, the stranger. They were wondering whether we were black or white. I noticed that they were expelling other religions of the black people, of the ugly people for them…




秀吉の前で演奏されたとされる、ジョスカン・デ・プレ「千々の悲しみ」(舞踏会版)


 天正18年(1590)に帰国した時、私たちは少年ではなく紳士になっていた。8年間で背は伸び、面差しは変わり、母上さえ私を見分けられなかったほどだ。私たちは秀吉公に旅の報告をし、クラヴォ、ハープ、リュート、ヴィオラを御前演奏した。喜んだ秀吉公は我らを召し抱えようとしたが、全員が辞退し、イエズス会に入った。
 最初にドロップアウトしたのが私だ。あんなに勉強したのに、マカオに留学できず、司祭になれなかった。私が日本人だから?ゆえなき疑念が心を蝕む。ヨーロッパで浴びた視線のなかに、冷んやりしたものが交じっていたことを思い出す。…いや、人のせいにはするまい。私の信仰が薄かったのだ。母親っ子の私は聖母マリアを慕っても、イエスを神(偉人ではなく)と信じ切ることができなかった。

 When we returned home in 1590, we were no longer ragazzi but signori. Even my mother could not distinguish me from the others. We met Lord Hideyoshi andplayed the clavichord, harp, lute, and viol. He was so moved that he tried to hire us, but we excused ourselves to enter the Society of Jesus.

 It was I that dropped out first. Though I studied hard, I was not chosen as a student to study in Macau and could not become a priest. Is it because I am a Japanese? I remember the peoples eyes to us in Europeno! It’s my fault. My faith was fragile. I mixed up my mother’s image with Mary and could not belive in Christ, as God (not as a great man).


c0345705_13594334.jpg

棄教し、法華宗徒になると、更にやり切れぬ日々が待っていた。これまで学んだ知識を逆手に持ち替え、キリスト教を攻撃する武器にせよと…。ああ、どの宗教も同じだ。なぜ互いを拒み、否定し、飲み込もうとするのだ。なぜ互いの自由を尊重しないのだ。

私は何も信じぬ者となった。無神論者となったのだ。私はパライゾ(天国)からも極楽からも遠ざかり、仕官した藩からも追放され、長崎の町をさまよった。夜ごとの浅い眠りに夢見たものは、遥かなるイタリアでの栄光の日々。目が覚めるたび、故国でよるべない身となっている己を見出し、暗然とした。―


 After having renounced Christianity, I had to live a more unbearable life. I was recommended to turn my knowledge into the sword against Christianity! Ai, all the religions are the same! Why does every religion reject, deny, and try to swallow each other? Why don’t they respect the freedom of worship each other ?

I came to believe in nothing. I became an atheist. I stayed away from both Heaven and Buddhist paradise, being exiled from the domain, wandered through Nagasaki's streets. Every time I had a light sleep, I dreamt of our glorious days in Europe. Every time I awoke, I was shocked to find myself helpless in my own country.―


c0345705_11062452.jpg

なぜ私は、あのロザリオを棄てなかったのか。墓の中まで携えていったのか。それは、数珠玉の一つ一つに、未来へのエスペランサ(希望)のまぼろしが映っていたからだ。玉を指でたぐるたびに、一つ、また一つと、友と過ごした8年の歳月が甦って来たからだ。
 トビウオが銀の軌跡を描いた青い海、甲板上で聞いた山上の説教の朗読、ともに爪弾いたリュートの音色、初めての舞踏会、庭園で浴びた噴水の水しぶき、ムラノ島の職人が飴細工のように拵えるガラス、壮麗なる石の街、動物園、植物園…。すべてが希望の光に包まれていた。
 神をも仏をも裏切ったが、友を裏切りはしなかった。このロザリオを握りしめていれば、パライゾ(天国)の友らをインヘルノ(地獄)から垣間見ることがあるやもしれぬ。ああ、もしも平和な信仰の許される日本に帰国していたならば…!

Why did not I throw away that rosary but brought it to my grave? Because the illusion of esperança (hope) in the future was reflected on every bead. Because counting the beads reminded me of the days during that eight-year-trip with my friends.

The azure ocean where a school of flying fish drew silver curves, the recitation of the Sermon on the Mount on our deck, the sounds of the lute that we played, the first ball, the splash of fountains in Pratolino, a flexible heated glass like a candy to make forms of animals or birds in Murano, botanical gardens, zoos, …everything was wrapped up in the light of esperança (hope).

While I betrayed both God and Buddha, I have never betrayed my friends. If I keep this rosary in my fist, I might catch a glimpse of my friends in Paradiso, from Inferno. Ai, if only we had returned to Japan where the faith in the peace was accepted!

c0345705_17383699.jpg

日本地図(1602年、初版1595年)『遥かなるルネサンス』図録より
the first map of Japan in the Atlas, 1602 edition (1595, the first edition)

ミゲル「ああ、不死の神が長い生命を与えてくれて、そういう(平和な)日本に住む幸福がわれわれにも与えられますように。日本の戦乱の火を消すには、それ以外にどうすることもできないのだから」(デ・サンデ『見聞録』より)(若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』より引用)


f0374041_08572502.jpg

平和」の蝋燭*アドベント第2主日(12月10日)
PEACE*Second Sunday of Advent(10 December)


地に平和ことしも祈る待降節いくさと地震(なゐ)とやむ日
知らねど

in terra PAX  
prego quest’ anno ancora
 
quando cessarano  
le guerre e terremoti
 
nel mondo ?


c0345705_13225439.jpg

おまけ*お地蔵さんのような修道僧の祠*ヴェネツィア(1999年)
Bonus*Monk statue like Jizo-Bosatsu in Japan (Venezia, 1999)

(つづく)
(To be continued)




もひとつ、おまけ*ノーベル賞晩餐会で「ヘイワ(平和)」を語るカズオ・イシグロ氏
(日本語のNHKニュース▶)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171211/k10011254031000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
Bonus 2 * Kazuo Ishiguro’ s speech on
PEACE on December 11.

(All Rights Reserved)




[PR]