カテゴリ:Winter(冬の便り)( 46 )

エジプトで食べたナツメヤシより大きいと思ったら…中に種が入っていました!

These dates are bigger than those we ate in Egypt because of the seeds.


c0345705_14221076.jpg

昭和のわが家で、昭和のフォークでいただきます!
NIKKEI STYLE(神戸モスクと神戸カトリック教会)
Kobe Muslim Mosque and Kobe Chuoh Catholique Church


バイブルで読みかじりたる棗椰子(ナツメヤシ)かじれば かをる埃及(エジプト)の風

the date
I have read in Bible,
which I eat today
which reminds me of
the wind of Egypt in 2010



c0345705_14283041.jpg



モスクのお向かいにはハラル・ショップがありました。
イスラム教で許された食品だけを扱っています。(緑のハラル認証マーク付き↑)
冷蔵庫に入ったお肉は骨付きの牛肉や鶏や羊だけ。豚は禁じられています。

There is a halal food shop right across the street from the mosque.
I saw a refrigerator with beef on the bone, chicken, mutton only.


c0345705_14302305.jpg


お酒もタブー、お茶を置いていました。↑
中国製らしき薄口しょう油が並んでいます。↓
写真はありませんが、いろんな種類の袋入りの香辛料も。

The alcohol as well as pork is not allowed.
There are tea, Chinese soy sauce, various spices, etc.


c0345705_16275234.jpg


アフリカのクスクスや、ギリシアのブドウの葉で包んだドルマ↓
イスラエルのひよこ豆コロッケ、ファラフェルも見かけました。

African couscous, Greek dolma,
and the falafel of the Middle East…


c0345705_14401754.jpg



チキンカレーやチキンのパスタソース
↓ハラル塩ラーメンなんてあります!

Chicken curry, Chicken pasta sauce,
and Halal ramen, Chinese-style noodles !


c0345705_16261809.jpg

ハラル認証マーク入り↑ * halal certification


 ヒジャーブを着けた店員さんが「なんでも聞いてね」とにっこり。
インドネシアから来日したのだそうです。
そういえば、奈良の電車で出会った家族もインドネシア出身でした。

A friendly clerk with hijab smiled and said to me, "Ask anything!"
She was from Indonesia, like a family I had met in a train in Nara.



c0345705_14314013.jpg

(2018年の汽車詠11首から → 🚃

灰色のヒジャーブ着けし赤さんは女の子なのと聞くまでもなく

赤さんの額の髪をくりかへしヒジャブの奥へ入れる母の手

皮つきのバナナのおしやぶり選びしは生後八月の真黒のひとみ 🍌

a dummy
in the shape of a peeled banana
it was the baby herself
who had chosen it
with black eyes of eight months old

(The baby with hijab was needless to say a girl!)


「ロクム オスマン帝国外伝」の画像検索結果

「オスマン帝国外伝」にも出てくるお菓子、ロクム
Turkish delight, locum in The Magnificent Century

(google search)

(All Rights Reserved)










「エミリ・ディキンソン」の画像検索結果「式子内親王」の画像検索結果google search


エミリと式子、国も時代も遠く離れた詩人と歌人が
うた合せをしたなら…(お題は「虫」)

Further in Summer than the Birds Emily Dickinson


Further in Summer than the Birds
Pathetic from the Grass
A minor Nation celebrates
It's unobtrusive Mass.

No Ordinance be seen
So gradual the Grace
A pensive Custom it becomes
Enlarging Loneliness.

Antiquest felt at Noon
When August is burning low
Arise this spectral Canticle
Repose to typify

Remit as yet no Grace
No Furrow on the Glow
Yet a Druidic Difference
Enhances Nature now

鳥たちよりもさらに夏遅く  エミリ・ディキンソン

鳥たちよりもさらに夏遅く
草むらのかげで悲しげに
ちっちゃな群れが挙行する
人目につかぬミサを。

(…)

八月が燃えつきようとする頃
真昼というのにたいそう古めかしく
この幽霊のような聖歌はわき上がり
寂滅を表象する

恩寵はまだ取り消されたわけではなく
輝きにはさしていない
(…)

(亀井俊介の訳から一部を引用)(『対訳 ディキンソン詩集』岩波文庫)



アマーストの秋(O.H.ヒッチコック)(wikipedia)
Autumnal Scenery, lithograph after Orra White Hitchcock


引用部分の最終行で「」と訳されたのは ”Furrow” という単語です。
訳注によれば、furrowとは「畝と畝の間の溝」という意味だとか。
畝の影を光と対照させる感性は型にとらわれず、こまやかです。
この畝にひそんでいるのは、ちっちゃな群れをなすこおろぎです。

"Furrow" means the shadow contrasted with the Glow.
In these furrows live and sing a minor Nation, the cricket.



cricket and
pine cricket




跡もなき庭の浅茅にむすぼほれ露の底なる松虫のこゑ 式子内親王

entangled
in the cogon grass leaves
in the garden without tracks,
in the bottom of the dews
a pine cricket's cry

(Princess Shikishi, tr. by snowdrop)

人の足跡もない庭に茂る浅茅の露の底から
ほろほろとたちのぼる松虫の声…
まつむしはすでに誰をまつことも諦めたかのよう。
詩よりずっと短い和歌の半ばを草の描写が占め
ただか細い声が聞こえてくるばかり。

"Matsumushi (pine cricket)" implies "matsu (wait) ".
While Emily simply depicts "from grass",
Shikishi "entangled in the cogon grass leaves".
The latter's grass encloses the insect.




式子内親王が蜘蛛に咬まれる歌物語を作ったことがあります。
(snowdropのフィクションです)

いっぽう、エミリにも蜘蛛をうたった詩があります。



The Spider holds a Silver Ball (蜘蛛が銀の玉をかかえている)
In unperceived Hands –(目には見えない手で – )
And dancing softly to Himself(そして、そっと一人踊りながら)
His Yarn of Pearl – unwinds – (…)(真珠の糸を繰り出す) (…)

(the first stanza of a poem by Emily Dickinson, tr. by snowdrop)


c0345705_10250961.jpg

(2017年撮影)


華厳経では、微塵のなかに世界がすべて含まれていると説きます。
毘盧遮那仏が帝釈天につくらせた宝網である因陀羅網においては、
「結び目にある珠玉が互いを映し合い、映った珠がまた映し合うという
無限の関係によって、華厳の無尽が説明される」のだとか。
宮沢賢治の「インドラの網」がこれに当たります。
英語では、これをパール・ネットワークと呼ぶそうです (2015年記)。

Avatamska sutra explains that a monado includes whole world.

Indra's net (the net made by Indra by orders of
Vairocana Buddha
to which Miyazawa Kenji refferred) has a multifaceted jewel at each vertex,
and each jewel is reflected in all of the other jewels.
This image shows the infinite world of
Avatamska sutra,
which is called “Pearl network” in English.



(2017年撮影)

 

c0345705_10524505.jpg




空高み真珠(まだま)のやうな白雪は見えぬ糸もて繰り出されくる

Heaven unwinds his yarn of pearl-snow (inspired by Emily)




c0345705_06434919.jpg

Trois Petits Flocons(left)*Neige par Nakatani Ukichiro(right)


(All Rights Reserved)







c0345705_07123736.jpg

















初雪ね ささやきかはす 水仙花 

the first snow
whispering each other
narcissus


c0345705_07154308.jpg


















ドビュッシー*雪は踊っている






ちひさき鳥を教へてくれるものは雪 こゑもすがたも白にうもれて 

birds,
is taught by the snow
hidden in the white
their songs and wings
all the more I miss
(inspired by Emily's poem)

c0345705_15010727.jpg

Emily by Michael Bedard, pictures by Barbara Cooney


山ふかみ春ともしらぬ松の戸にたえだえかかる雪の玉水  式子内親王

deep in mountains
where spring seems to be far behind
on the pine door
snow melting water falls
drop by drop。。。
(Princess Shikishi, tr. by snowdrop)

c0345705_08175997.jpg

白百合 * lilium alb.

『エミリー』(マイケル・ビダード著、掛川添子訳、バーバラ・クーニー絵)


この絵本には、エミリの詩がエミリ自身の文字で引用されています。

A picture book Emily cites her poem with her own handwriting. 


c0345705_15234732.jpg

c0345705_15240069.jpg








掛川添子さんが訳した、マイケル・ビダードの本文もすてきです。日本には

エミリの詩に魅せられ、美しい品々に生まれ変わらせている人たちもいます。

Michael Bedard, inspired by Emily and her house, he writes: "What is poetry? (…) Listen to Mother play [the piano]. She practices and practices a piece, and sometimes a magic happens and it seems the music starts to breathe. It sends a shiver through you. You can't explain it, really; it's a mystery. Well, when words do that, we call it poetry. " ([…] by snowdrop)
There are Japanese also who are inspired by Emily's poems to create beautiful things.


展覧会「永遠の旋律」は去年終了しましたが…(Exhibition in 2018)



海の果てのやまとの友に囲まれてエミリの部屋は光さんさん

surrounded
by Japanese followers
beyond the ocean,
Emily's solitary room
should be filled with sunlight


エミリの部屋(アメリカ)は博物館になっています。→🏠

「emily dickinson  museum room desk」の画像検索結果
Emily Dickinson Museum → 🏠 


ふるき椅子と白き十字の聴き入るは詩人をめぐる永遠の旋律

antique chairs, white crosses
and beautiful accessories
are listening to dateless melodies
for and from Emily Dickinson

展覧会(東京)の写真(by haruchonnsさん)から生まれた歌です


「emily dickinson books 永遠の旋律」の画像検索結果

photo from Books 📚 Special thanks to haruchonns!

(All Rights Reserved)





c0345705_11210063.jpg


この絵本の主人公は、隣人エミリ(・ディキンソン)を訪ねる少女です。
The heroine visits Emily(Dickinson), her mysterious neighbour.





エミリ・ディキンソン
の詩から生まれた旋律Melody)をどうぞ。歌詞も添えました


Nature -The Gentlest Mother (自然 - もっとも優しき母)  
Twelve poems of Emily Dickinson (エミリ・ディキンソンの12の詩)
music by Aaron Copland (1900-1990)(コープランド作曲)

Nature - the Gentlest Mother,(自然 - もっとも優しき母は)
Impatient of no Child - (どんな子にも忍耐強い -)
The feeblest - or the waywardest -(ひどくか弱い、-或いは強情な子でも –)
Her Admonition mild -(穏やかに諭して聞かせる -)
In Forest - and the Hill -(森で – 丘で -)
By Traveler - is heard -(旅人は聞くだろう -)
Restraining Rampant Squirrel -(勝手気ままなリスや -)
Or too impetuous Bird -(気の荒い鳥を躾けている声を -)
How fair Her Conversation -(なんてフェアなお話だろう -)
A Summer Afternoon(夏の昼下がりに)
Her Household - Her Assembly -(彼女の家で - 円居で -)
And when the Sun goes down -(日が沈むときに、聞こえる -)
Her Voice among the Aisles(教会の側廊で彼女の声は)
Incite the timid prayer(臆病な祈り手を励ます)
of the minutest Cricket -(ちっちゃなコオロギや -)
The most unworthy Flower -(とるに足りない花のような -)
When all the Children sleep -(子供たちが眠りにつくと -)
She turns as long away(明かりを灯しても大丈夫なくらい)
As will suffice to light (十分に遠く)
Her lamps -(自然は身を引いて-)
Then bending from the Sky -(空から身をかがめ -)
With infinite Affection -(限りない愛情と -)
And infiniter Care -(さらに限りない心配りをもって -)
Her Golden finger on her lip -(金の指を唇に当てる -)
Wills Silence - Everywhere ?(お静かに - どこもかしこも)
tr. by snowdrop


「emily dickinson herb」の画像検索結果

エミリの植物標本から睡蓮など (pinterest) * 他の頁はこちら 🍁
Emily Dickinson's Herbarium 🍁
haruchonnsさまから教わりました。)

エミリ・ディキンソン(1830 - 1886)という詩人がいます。
『風と共に去りぬ』の舞台ともなった南北戦争前後の時代、
マサチューセッツ州アマーストの自宅からほとんど出ることなく
1800を超える詩を綴りました。
音節足らずの行とダッシュ( – )の多い詩は、沈黙と余白を感じさせます。

Emily Elizabeth Dickinson is a poet who lived the time of Gone with the Wind.
She did not leave her house and garden to compose more than 800 poems.
Their lines often lack one syllable (8 minus 1) and include many dashes,
which are filled with pauses like her own Conversation – probably.




「emily dickinson book 初版」の画像検索結果「Monotropa uniflora」の画像検索結果


エミリは自然を愛し、庭で花を摘んで押し花にしました。
東洋の私たちにもなつかしい睡蓮の花も…

haruchonnsさまによれば、
彼女の詩集の表紙にあしらわれた青白い花は、日本にもある
「アキノギンリョウソウ(秋の銀竜草)」だそうです。
🍂

She loved Nature and picked flowers in her garden including the waterlily.
Accordin to haruchonns-san,
the front cover of her book of poems is Monotropa uniflora design.
🍂
She gave us the information on Emily Dickinson's Herbarium also. 🍁


「Emily Dickinson poem portrait」の画像検索結果「式子」の画像検索結果

(google search)

ギリシア文学者の沓掛良彦は
エミリと式子内親王に通じるものを見出しています。
式子は一昨年のsnowdropの歌物語の主人公でした。
斎院として、子供時代と青春の日々を賀茂の神に捧げ、
京へ帰った後は多くの時を邸内で過ごし、歌を詠みました。
エミリの詩のように彼女の歌も、静謐と情熱を感じさせます。

Kutsukake Yoshihiko, a scholar of Greek and Latin classics,
finds the similarity between Emily Dickinson and Princess Shikishi.
I agree him.
Her waka-poems are pure and passionate as well as Emily's poems.


c0345705_09425585.jpg

「浮舟冊子」13世紀 大和文華館所蔵『古今和歌集 梁塵秘抄』朝日新聞社


式子内親王(1149-1201)とほぼ同時代の女人。筆をもつ手がはっきり描かれています。
絵本のエミリも鉛筆を握っていますね。額絵の鹿が、彼女の詩の冒頭を思い出させます。
「手負いの鹿はもっとも高く跳びます」(エミリ・ディキンソン)



Emily
and Deer illustrated by Barbara Cooney(detail)
A Wounded Deer – leaps highest – (Emily's poem)

c0345705_15285303.jpg


映画もあるそうですが…見ようかどうか迷っています。



ついでにこれも…(イタリア詩人レオパルディの映画)




(All Rights Reserved)








c0345705_16533773.jpg


c0345705_10594693.jpg

















稲架(はさかけ)(奈良、2015年)* sheaves of rice



読書始めは仕事も兼ねて英語の論文を翻訳しています(12月~)。
「バベルの塔」でおなじみのブリューゲル(父)の「穀物の収穫」。
西洋でも稲棒(ぼっち)の形で小麦を乾かすんですね。

My first reading this year is translating into Japanese
an English essay of the anthropology (since December).
The Harvesters painted by Pieter Bruegel the Elder.
The sheaves are similar to those of the rice in Japan.



c0345705_09101646.jpg


「穀物の収穫」の実物を見たことはありませんが
おなじ「月暦図」シリーズのうち「乾草の収穫」は
1990年に来日しました(最初の図版右上の絵葉書*京都国立近代美術館)
現在ウィーン美術史美術館で展示中です(Nikkei Style*右下、部分)。

Thogh I have never seen the real one,
I have seen The Hay Making in MoMAK in 1990,
which is now exhibited in Natural History Museum, Vienna.


c0345705_15105236.jpg

(2018年12月撮影)

京都国立近代美術館の隣に、京都府立図書館があります。
絵を見て、本を読めば、半日くらいすぐ過ぎてしまいます。

Kyoto Prefectural Library and MoMAK are side by side.


c0345705_14172084.jpg


京都府立図書館の窓(2016年)windows of the library(Kyoto)

建物に記された旧称の文字もそれぞれに趣き深く。。。

「京都圖書館 (Kyoto Prefectural Library) 」in the seal script(篆書体)↑
「大阪図書館(Osaka Prefectural Nakanoshima Library)」(隷書体)↓


c0345705_14443387.jpg

中之島図書館の窓(2018年)*windows of the library(Osaka)


図書館の窓の灯を仰ぐと、今日は何を読もうかとテンションが上がります。
社会人になってからは、京都の図書館で調べ物をすることが多くなりました。

The lights in a library's windows enkindle my desire to read.


c0345705_14481111.jpg

京都の窓の灯(Kyoto)


大阪の図書館に立ち寄ったのは学生時代。
あのころの私が窓辺に佇んでいるのかもしれません。

I would go to the library in Osaka in my school days.
Is this the phantom of young-snowdrop?
Le Fantôme de la Bibliothèque !


c0345705_14492063.jpg

大阪の窓の灯(Osaka)


c0345705_14433278.jpg


桜木の紅葉筏(もみぢいかだ)をふりかへる人影はなく鳥影ひとつ

there is no people
seeing these rafts
of red leaves
of cherry trees
there is only one bird



c0345705_14554104.jpg

京都の図書館は岡崎疎水のそばにあります。
花筏ならぬ紅葉筏を浮かべた流れに逆らって
金黒羽白(キンクロハジロ*tufted duck)が泳いでいました。

Kyoto Prefectural Library is near Okazaki Canal.


c0345705_14510263.jpg

大阪の図書館は淀川のそばにあります。図書館の窓辺に鳩が…

Osaka Prefectural Nakanoshima Library is near Yodo River.

(All Rights Reserved)






c0345705_14300691.jpg

小川洋子『ミーナの行進』に出てくるベーカリーB(ビゴの店)のブッシュドノエル

bûche de Noël de Bourangerie B dans La Marche de Mina de Yoko Ogawa 🎄


「あの1972年が、ローザおばあさんが采配を振るった最後のクリスマスになったことを思うと、そこに立ち会えた幸運を、神様に感謝しないではいられない。もみの木に揺れる数々の飾り、ろうそくの炎、手作りのご馳走、そして慎ましくも願いのこもった贈り物。クリスマスの日、私の触れたものすべてに、ローザおばあさんの温もりが満ちていた」― 小川洋子『ミーナの行進』

" Quand je pense que cette année 1972 fut celle du dernier Noël dont grand-mère Rosa prit la direction, je ne peux m' empêcher d' être reconnaissante à Dieu d' avoir eu la chance d' y assister. Les différentes décorations qui tremblotaient dans le sapin, la flamme des bougies, les délices maison, et les modestes cadeaux pleins de délicatesse. Le jour de Noël, tout ce que j' ai touché débordait de sa chaleur."
― La Marche de Mina de Yoko Ogawa, traduit par Rose-marie Makino avec la participation de Yukari Kometani et Yutaka Makino)


c0345705_14324911.jpg


業平橋東詰を右折してフランスパンのビゴのお店へ



 芦屋カトリック教会から川沿いに山の方へ歩き、業平橋で右折すると、やがてビゴの店へ出ます。
 フランス人ブーランジェの開いたパン屋さん。小川洋子の小説にもちらりと出てくるお店です。(物語のあらすじはこちら↓)

 L’ Église Catholique d' Ashiya est dans le voisinage de Boulangerie Bigot, qui est Bakery B dans le roman.



 ランチのパンを探すつもりが、飾り窓の赤い箱に目が吸い寄せられました。ビゴの店はパティスリ・ブランジェリ、お菓子とパンの両方を作っているのです。

 J'ai trouvé beaucoup de boîtes rouges dans sa vitrine. C'est une Pâtisserie-Boulangerie!



c0345705_14503461.jpg


 生前のビゴさん にお目にかかる機会はありませんでしたが、フランス語の先輩からガレット・デ・ロアの集い(クリスマス最後の日、公現祭の催し)の様子などを聞いていました。ビゴの店で大切に守られてきた、ルヴァン種のパンを、クリスマスの夕餉用に求めました。噛めば噛むほど味わい深いパンです。

 
Phillippe Bigot (1942-2018) est venu de Normandie. Une des mes devanciers de français lui connaissait. Selon elle, il était "le roi de galette" chaque année ! Son levain est du raisin.


c0345705_14523647.jpg





c0345705_14531069.jpg






























 久々に神戸の方へ足が向いたのは、もしかしたらNHK朝ドラの再放送のせいかもしれません。「べっぴんさん」のヒロインが育ったお屋敷(昭和9年以前築)は、まさにミーナの家(昭和2年築)のイメージなのです。スパニッシュ様式の洋館は英国チューダー様式のものと同様、昭和初期に数多く建てられました。

「玄関ポーチやテラスに多用されるアーチ、南東の角に設けられた半円形のサンルーム、オレンジ色の瓦屋根など、スパニッシュ特有のスタイルは、豪勢さよりも明朗な優しさを発している」
「南側の庭は日光がたっぷりと降り注ぐよう、なだらかに傾斜しながら海に向かって開けている。(…)周囲は常緑樹に囲まれ、町のざわめきははるかに遠い」
(同上)

 Ces photos d' une maison dans le style espagnol transmet l' atomosphère de la maison de Mina(complétée en 1927).


c0345705_06165794.jpg

c0345705_06172248.jpg
c0345705_06200994.jpg
















「べっぴんさん」より(昭和9年の一場面)(TV drama set in 1934)


「ローザおばあさんと米田さんは、ミーナの伴奏でクリスマスの歌をたくさん歌ってくれた。相変わらずの見事なハーモニーは、皆をうっとりさせた。長年決して離れることのなかった二つの歌声は、生まれる前からずっとそうであったかのように、寄り添い合っていた。いつもでもクリスマスが終わらなければいいのに、と私は、かなうはずもないお願いを神様にしていた」(同上)
 ローザおばあさんはドイツから来日しました。1972年はドイツのミュンヘンで五輪が開催された年でもありました。
 
"Elle [grand-mère Rosa] et madame Yoneda, accompagnées par Mina, ont bien voulu nous interpéter beaucoup de chants de Noël. (…) Les deux voix qui ne se séparaient plus depuis de longues années étaient proches comme s' il en était ainsi bien avant leur naissance.(…) " (id.)

 Grand-mère Rosa est venue d' Allemagne. L' année 1972 fut celle de Jeux de la XXe olympiade à Munich.





♪ ドイツのクリスマス歌曲「高き天より我は来たれり」
♪ Vom Himmel hoch, da komm ich her


 クリスマスの翌朝、主人公の芦屋での幸せな暮らしはゆるやかに終りへ向かいます。次の二枚目の写真は芦屋警察署(玄関は昭和2年築)です。ファサードのフクロウはあの夜の出来事を覚えているでしょうか。

 Le lendemain matin de Noël, le séjour heureux de l' héroïne chez Mina se mit à finir. Est-ce que ce hibou de la façade (complétée en 1927)du Police de Ashiya connaît l' évènement de la nuit ? 


c0345705_06203495.jpg















「べっぴんさん」の家の玄関は芦屋警察署のと似ています。フクロウ以外は…



c0345705_05483607.jpg




















 さて、このキルシュ風味のケーキのお味は…?ひと口食べた瞬間、子供のころ白いクリームのケーキが苦手だったことを思い出しました。大人になって食べられるようになったと思い込んでいましたが…じつは昭和風のケーキは、snowdropにはどっしり重すぎるんですね!
 少ない家族で食べ切れるかしら…不安になったところで、家族から「美味しい!おかわり!」という声が!なつかしい味がお口に合ってよかった!!

 Cette bûche de Noël me rappelle la saveur du gâteau de mon enfance.


c0345705_15065373.jpg



雪の積もった薪の右端にキノコ 🍄 が… 右は芦屋カトリック教会で頂いた日曜のミサの案内

Sunday Liturgy of Catholic Church of Ashiya, snowdrop's calendar


聖菓には可愛い茸をのせませう

冬を耐へぬく命のしるし


on met
un champignon mignon
sur la
bûche de Noël

c' est le symbole
de la vie contre l' hiver



ハイカラでどこかなつかし薪の菓子


おせちのなかの伊達巻と似て




「swiss roll buche de noel」の画像検索結果 VS 「伊達巻 ブッシュドノエル」の画像検索結果
  
(pinterest/ル・クルーゼレシピサイト)

Datemaki (right), sweet rolled omelette mixed with fish paste or mashed shrimp.
They symbolize a wish for many auspicious days. On auspicious days,
Japanese people traditionally wear fine clothing as a part of enjoying themselves.
(from wikipedia, Osechi )

(All Rights Reserved)





お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!

c0345705_09311361.jpg



ふくろうカフェでプレゼントされたハンカチ☆
クリスマスのバッグに入れて持ち帰りました★

Voici un mouchoir du Café Chouette en Nara
sur un sac de Royal Copenhagen de snowdrop.


c0345705_09325901.jpg



ここは南都銀行に面したカフェ入口の窓辺。
フクロウの置物目線で通りを眺めていたら…
白い翼のそばで何か動きました!
「あたしは、置物でも剥製でもないのよ」

C' est une fenêtre du café
qui fait face à une banque blanche.
Un des ornaments se bouge!


c0345705_09341235.jpg



「うちも、ほんまもんどすえ!右後ろのは置きもんどすけど」↓
はい、お見それしました……いいけど、ここは奈良ですよ~

Je suis une chouette vivante !


c0345705_09363182.jpg



店内ではまず両手を消毒。そして
指1本で、フクロウの頭をなでなで♪
これは男の子の手です。

On doit désinfecter ses mains
pour caresser le front des chouettes
avec un doigt.

C' est la main d' un garçon.


c0345705_09393703.jpg




フクロウのなかから一羽を選んで、腕に乗せてもらえます。
この女の子はどんどんフクロウと仲良しに!

On peut choisir une de chouettes et
faire la rester sur son bras.
Cette fillette est intime avec cette chouette!


c0345705_09414783.jpg


c0345705_09433042.jpg


































やや、君はいったい何を?

Qu'est-ce que tu fais ?

c0345705_09535613.jpg



ハイ、羽づくろいです~。

Mon toilettage !



c0345705_09523431.jpg




この2羽は爆睡中…
1日に18時間眠るとか。
1本足は熟睡の証拠!!

Deux chouettes sont dormantes…(18 heures par jour)
Elle sont deboutes sur un pied parce qu' elles sont détendues.


c0345705_08491783.jpg



生まれたときから人間に飼われ、爪を切られ、躾られ、
狩りをすることもなく冷凍のネズミちゃんを食べて
ただ人間を喜ばせるためだけに生きるフクロウたち…
おかげで臆病なsnowdropも彼らと触れ合えた訳ですが。

Elles se sont apprivoisés depuis la naissance,
se faisent couper les ongles,
mangent des souris congelés,
vivent seulement pour amuser les hommes
… comme une chouettienne snowdrop



マイ・アバター * one of snowdrop's avatars


そう、最後にsnowdropもチャレンジ!
エガケという分厚い革手袋をお貸りして…

Un gant épais est offert pour snowdrop aussi.


c0345705_09385601.jpg



手にはめしエガケに一羽のせたれば人梟(きょう)一体 われは梟匠

un hibou
sur ma main
dans gant en cuir
je me sens
un falconer



c0345705_09495619.jpg



こちらは鷹匠です。エガケには穴が開くとか(falconer dans NIKKEI STYLE)

snowdropのクリスマスは毎年フィギュアスケートとともに…

Noël avec Patinage en 2018 aussi…




宮原知子演じるのは白フクロウでも白鷹でもなく、小雀。
シャンソン歌手の名前、ピアフは「雀」という意味です。

Satoko Miyahara skated for PIAF, not for CHOUETTE.


「edith piaf moineau」の画像検索結果
(amazon fr.)

(All Rights Reserved)








c0345705_07075020.jpg



京都の寺町通のアドベント(待降節)。
ボタン屋「エクラン」さんの飾り窓もクリスマスしています☆彡

Advent on Teramachi Street in Kyoto!
Ecrin's show window is Christmassy!!


c0345705_07044622.jpg



お花屋さんのヒヤシンスが春を待ちかねています。
ヒヤシンス色のクリスマス・オーナメントが素敵。

The hyacinths in this flower shop wait for spring to come.
Hyacinth-colored Christmas ornaments are refined and chic.


c0345705_07064346.jpg


いかめしい町家造りのお酒屋さんも…

This traditional trademan's house…

c0345705_07033546.jpg



今年のボジョレにサンタ帽をかぶらせて、やる気まんまん!
帽子といえば、「冬支度」の記事に歌をちょい足ししたんです。

…sells Beaujolais nouveau with Santa Claus hats !
Speaking of the hat,
snowdrop added tanka on a hat in an article
"Carte de Noël de Suède".


a0332314_07144322.jpg




















snowdropもやがてこの祖母の歳…昭和の女は老けづくり!
my grandmother around the same age as snowdrop !



「シャッポンをかぶって行きや」母の母が 母へかけたる声し思ほゆ
             ”            声し遠しも
              ”            はるかなる声

Porte ton chappon (chapeau) !
la mère de ma mère
disait à ma mère
dans son enfance
il y a longtemps


a0332314_07145415.jpg


天使幼稚園の帽子と庭のバラ*hat of Angel Kindergarten



ひっそり数日遅れで追記した小さな歌に目をとめて
小津夜景さんがブログで引用してくださいました。
迷ったまんま載せた3つのヴァリエーションを
「3つの梨」にたとえてくださって…→ 🍎🍎🍎 
とても光栄です。ありがとうございます。

A haiku-poet Yakei Ozu found
these tanka additionally written several days later,
which quoted in her blog.
She compares three variations to three pears!→ 🍎🍎🍎


サティ「梨の形をした3つの小品」🍎🍎🍎




梨ではなく青林檎ですが…岸田劉生の静物画を思い出しました。

three apples painted by Kishida Ryusei(google search)


「湯呑と茶碗 劉生 」の画像検索結果



小津さんからうれしいお知らせを頂いたまさにその日、
帰宅したら、フィンランドの友からクリスマス・カードと
友の住む村のオリジナル・カレンダーとが届いていました。
友とその家族の幸せな一年を知らせる
よき便りです。

On the very day that I received her notification (the first news),
my friend's Christmas card and calendar were
delivered to my house from Finland this year also.
They had traveled in Sweden this winter,
so that this is Carte de Noël de Suède (
the second news) !



c0345705_10185333.jpg


クリスマスの一週前のよき便り福音といふ言の葉どおり

「たより(便り)」と「たよる(頼る)」は
つながりのある言葉です(『古典基礎語辞典』)


good news
have arrived at the house
one week before Christmas
they seemed to me

GOSPELS : wonderful news


c0345705_17494537.jpg
「常に自分自身であれ(Always be yourself !)」


フィンランドといえば、ムーミン、サンタ、ノキア、マリメッコ!
マリメッコの社長さんは、カードの子供たちのママの1人(友)に
どこか似ています…(NIKKEI STYLE)

Finland is a country of Moomin, Nokia, and Marimekko!
She resembles my friend, one of the mothers of the above children…


c0345705_07053005.jpg

↑Mr. Homma will appear on TV on Christmas day (the third news).


もうひとつ、クリスマスうれしいお知らせが…
ボタン屋「エクラン」さんがTVに映るそうです。

12月25日 午前9:50 関西TV「ヨーイドン:人間国宝」

↑ご主人(本間さん)もご出演なさるとか。楽しみにしています!

(All Rights Reserved)

お気に入りイルミネーション&私のhappyクリスマス!





f0374041_15452830.jpg



数年前、ひとりで聖アグネス教会(京都)を訪ねました。
待降節の平日の礼拝堂には、光と静けさだけがありました。


I visited alone St. Agnes' Episcopal Church several years ago.
The chapel on a weekday of Advent was full of light and silence.


c0345705_13575581.jpg


祭壇にはイエス・キリストの厩(うまや)。
その後ろに、正倉院の
葡萄唐草文の掛布が見えます。
聖餐の葡萄酒にゆかりの文様です。

The alter with a cloth of grapevine arabesque pattern,
whose original is in the Shosoin Treasure.


f0374041_15480284.jpg



この葡萄唐草文を思い出したのは、今年
馬場あき子先生の短歌集「葡萄唐草」を
翻訳・連載し始めたからです(International Tanka)。
一茶は葡萄を天の甘露にたとえました(5首目)。


I remembered this pattern because this autumn
I had begun to translate
Grapevine Arabesque by Akiko Baba
for International Tanka (from no.4~)


f0374041_09270774.jpg



長浜の黒壁の館で葡萄色のガラスペンを選んだのは
葡萄唐草」の余韻からだと 後で気づきました。
(締め切りは秋でした。)

I chose a wine red glass pen in Glass Museum of Nagahama
because that colour reminds me of the grapevine arabesque.
This pen is made in Italy, but the glass pen was born in Japan.


c0345705_13351845.jpg



葡萄酒のくれなゐを知る玻璃窓はしづかに注ぐ めぐみのひかり

stained glasses
knowing the purple
of the wine
are pouring silently
the light of the grace



f0374041_16535702.jpg


主祭壇にも葡萄唐草文


返り花よ聖母の百合よ咲ける間(あひ)返したまへよ私の母を

reflowering Madonna lily,
let my mother return home
until you withers…
(2014年)

この秋のかえり花 * Reflowering lily in this autumn



c0345705_13372422.jpg


馬場あき子先生は御母上の享年(28)をはるかに越えて
なお母恋の歌を詠み続けておられます。

Akiko Baba's mother died at the age of twenty-eight.


Akiko Baba (google search)


「馬場あき子」の画像検索結果


馬場先生から翻訳のご許可を頂きました(大槻能楽堂、6月)

She gave me the permission of my translation
at Otsuki Noh Theater in summer.

(All Rights Reserved)






c0345705_16225046.jpg


明日から待降節です。(黒壁スクエア、10月下旬撮影)

Advent 2018 starts on Sundeay, December 2th.

c0345705_15324493.jpg



バタくさき開智学校カフェと化し異国の旗のはたはたと鳴る

Kaichi School
in European style
was renovated into a cafe
where foreign flags
flutter in the wind


c0345705_15360687.jpg



黒壁の国立銀行カラフルな玻璃の館となりにけるかも

a national bank
with a black wall
was remodeled
into a glass museum
with colorful glasswares


c0345705_15415169.jpg



現在はガラス博物館+ガラスショップになっています。
snowdropはショップで何を?それはまたいつか…

What did snowdrop buy in a shop of this glass museum? Chut!


c0345705_15373190.jpg



あこがれの大正ガラスはいつ見ても思つていたより大きく厚い

glasswares
in the Taisho peroid
are always bigger and thicker
than I supposed
in my heart



c0345705_15495821.jpg
c0345705_16043144.jpg

(お客さま用のセッティング*2009年)


母さまもお客さまに出していた脚つきの杯いつかレトロに

glasses with stems
both my mother and I
have served at guests' table
became an old-fashioned
and nostalgic design


c0345705_15521288.jpg



葡萄酒はコップに入れても美味しいねガラスの館で仲間を見たよ

we can taste the wine
in this glasscup instead of the wineglass
I have seen
this kind of cup in our house
in the glass museum also



c0345705_10033527.jpg

(2016年)



なつかしい和のガラスばかりではありません。天井には異国のシャンデリアが…

There are not only Japanese glasswares but also foreing ones in this museum.



c0345705_15454374.jpg



お隣のオルゴール館では、100年前のマホガニーのオルゴールを100円で聴かせてくれます。
R.シュトラウスの「英雄の生涯」、渋い選曲ですね。どんな人の居間に響いていたのでしょう。

A music box shop in Nagahama let you listen to Ein Heldenleben by R. Strauss
played by a mahogany box produced around 100 years ago ♪


c0345705_16155895.jpg



百年前のサロンはきつと大広間 ♪ 野太き音のオルゴオルかな
the salon
where this music box used to be
must have been spacious
because this box plays
Ein Heldenleben dynamically



英雄の生にきらめく星々のやうな出会ひをしのぶ円盤
the disk
makes me imagine
lots of encounters
like lots of stars shining
in the hero's life


c0345705_16183646.jpg



和洋折衷の面白さは黒壁ガラス館だけではありません。
この町家は一階がステンドグラス工房、二階がひょうたんの展示館です。

There are not a few half‐Japanese, half‐Western buildings here.
For example, this traditional townhouse is composed of
a staind glass workshop (1F) and a gourd museum (2F).


c0345705_16191351.jpg



黒壁ガラス館のお向かいのカフェで黒カレーを。
蝶豆で染めた青いハーブライスは今日みた琵琶湖の水の色。
残念ながらハーブの風味は感じられませんでしたが…。

This black curry symbolizes the museum's back wall,
and the blue rice dyed with butterfly pea Lake Biwa's blue water.



c0345705_16221259.jpg



SNS映えを狙いすぎたかな?とどめは濃ゆきブラックコーヒー


関連画像

琵琶湖*Lake Biwa (wikipedia)

(All Rights Reserved)

紅葉の写真が無かったですね!次回は京の紅葉を…

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!