星のかたちの花(star-shaped flower)

c0345705_11174965.jpg
ローテンブルク(2004年)


正三角形を二つ組み合わせると、「ダビデの星」(六芒星)(✡)というしるしになる。これはドイツのローテンブルクで見かけた看板。早朝で入れなかったけれど、蝋燭やさんだろうか。ユダヤ教独特のかたちの燭台などを扱うお店だったのかもしれない。

The hexagram(✡)is called the Star pf David. This signboard in Rothenburg might have been a Jewish chandler's(2004).


c0345705_10022988.jpg
「mentholatum vories」の画像検索結果

ウィリアム・ヴォーリズが設計した建築には、「ダビデの星」のモチーフがちりばめられている。大丸心斎橋店エレベーターの時計にも…(現在建替中)。ヴォーリズは博愛と奉仕の精神に貫かれたクリスチャンだった。メンソレータム(pinterest)を日本に普及させたのも彼だった。

William Merrell Vories often used the Star of David in his architectural design. He was a pious Christian and diffused Mentholatum in Japan.


c0345705_11103938.jpg
オオイヌノフグリ*ハナニラ


花韮(ハナニラ)は「ベツレヘムの星」または「ダビデの星」とも呼ばれるとか。たしかに真上から見ると、六芒星()に見える(京都府立植物園、4月撮影)。

The spring starflower is also called the Star of Bethlehem or Star of David.


c0345705_13415287.jpg


 ダビデは旧約聖書や詩編に登場する古代イスラエルの王。曾祖母はルツ、ミレーの「落穂ひろい」のモデルにもなった賢い女性だった。ミケランジェロのダビデ像は、ペリシテの戦士ゴリアトを倒した若き日の勇姿をあらわしている。(図版は末尾) ダビデの奏でる竪琴はイスラエルの先王サウルの心を癒した。
 しかし晩年、老王ダビデは家臣の美しい妻を我が物にするため、その家臣を戦死させてしまった。聖書の登場人物の多くはこうした弱さを秘めている。

David is the second king of Israel in the Hebrew Bible. His great‐grandmother was Ruth. Young David killed the giant Goliath. Many Psalms have been attributed to him because he played the harp very well. But old King David loved the wife of Uriah, Bathsheba and made him die in the battlefield. Not a few characters in Bible have the mortal weakness.


ハープを弾くダビデ少年*David playing the harp (pinterest)
「david harp psalm」の画像検索結果

映画「さよなら子供たち」でボネが弾くシューベルト(2:11~)
♪ Schubert in the film Au revoir les enfants(2:11~)
c0345705_16032392.jpg


「ダビデの星」は大戦中、ナチスによってユダヤ人の目印にされた。ユダヤ人の家の扉には六芒星がペンキで描かれた。映画「さよなら子供たち」では、ユダヤの少年ボネがカトリックの寄宿学校に匿われるが、最後に見つかってしまう。心弱き一人の男の密告のせいだった。

The Star of David was used by the Nazis as the mark of the Jewish people. In this film, a Jewish boy Jean Bonet was sheltered in a Catholic boarding-school but at last found because of the betrayal of a weak man.


c0345705_13380221.jpg


ボネはピアノが上手だった。寄宿学校の音楽教師の前でシューベルトを弾くと、彼女の顔色が変わった(上の写真)。シンプルだが憂いを湛えた旋律を、子供離れした歌ごころで奏でたからだ。ときには友人ジュリアンといっしょにジャズを立ち弾きした。生きていれば、彼はキース・ジャレットのようなピアニストになったかもしれないのに!

Jean played the piano very well. His expressive performance of Moments musicaux D 780 Op.94-2 moved the music teacher. He sometimes enjoyed jazz improvisation with his friend, Jurian. If Jean had survived, he might have become an excellent pianist like Keith Jarrett!


c0345705_14334584.jpg
Marcel Proust nicknamed "Oriental Prince"(photo in 2016)

「anne diary pinterest」の画像検索結果
 (pinterest)

ボネはもう一人のアンネ・フランクだった。アンネも大人になれば、プルースト()のように、独自の視点で物事を鋭く観察する文筆家になったかもしれないのに!
プルーストはユダヤ系の母をもち「東洋の貴公子」とあだ名されたフランス作家。『失われた時を求めて』において、19世紀末から第1次世界大戦頃までのフランス社会を活写し、弱くも複雑な人間の心理を深く掘り下げた。

Jean was an another Anne Frank.
If Anne had become an adult, she might have become a writer with the acute power of observation, just like M. Proust!


c0345705_07231198.jpg

アンネ・フランクの思い出*Souvenir d’ Anne Frank


さまざまな色の花びらは、アンネが秘めていたさまざまな可能性をあらわしている。
Various tints of this rose represent various possibilities of Anne if she had survived
.


c0345705_18290620.jpg

むかしキャンパスでよく見た庭石菖 (賀茂川、2017年)Sisyrinchium rosulatum


フランス語の「さようなら」は「また会おう」…友から聞きし二十歳(はたとせ)のころ

"sayonara" is

"au revoir" in French !
both I and my friend
who taught me that
were around twenty years old

*第2外国語がドイツ語だったsnowdropに、フラ語選択の友達が教えてくれました。
ちなみに、永遠の別れの言葉は「アデュー(adieu)」です。


また会おう子供たち」*Au revoir les enfantsc0345705_15485778.jpg

















「david michelangelo」の画像検索結果「落穂ひろい ミレー」の画像検索結果
ミケランジェロ「ダビデ」ミレー「落穂ひろい」(google search)

おまけ*Bonus

「シャーロット・ランプリング バラ」の画像検索結果「mill and cross film rampling maria pinterest」の画像検索結果

薔薇の名前はシャーロット・ランプリング*映画「ブリューゲルの動く絵」にも出演

Carlotte Rampling and film Mill and Cross(pinterest)


「rose proust pinterest」の画像検索結果「 proust  pinterest」の画像検索結果

マルセル・プルーストの思い出*Souvenir de Marcel Proust(pinterest)


「la rose moisture hand cream house rose」の画像検索結果

いまはメンソレータムよりも… 🌹 aujourd'hui, plutôt que Mentholatum…
(google search)
(All Rights Reserved)







[PR]
by snowdrop-momo | 2018-06-11 06:40 | Summer(夏の便り) | Comments(4)
Commented by 1go1ex at 2018-06-13 09:06
六芒星は安倍晴明の印、晴明桔梗と同じ意匠だと思っていましたが、違うのでしょうか。
晴明桔梗は我が家の家紋でもあります。
神社出身の家には多いらしいです。

花韮、綺麗ですね!
後ろに見えるのは露草でしょうか。
Commented by snowdrop-momo at 2018-06-13 20:41
*1go1exさん
惜しいです!晴明桔梗は桔梗の五弁の花びらに準じ、五芒星なんです。
晴明桔梗が家紋だなんて、かっこいいですね!
神社にゆかりのお家なのでしょうか。

花韮の後ろの青い花はイヌノフグリです。U^^U
ついでながら、紀行編のアバターのスノードロップ・アネモネは
六弁が基本ですが、五弁に変異することも多いアバウトな花です**
Commented by blackfacesheep2 at 2018-06-14 23:44
ダビデの星はイスラエルの国旗が有名ですね。
ユダヤのシンボルみたいになってますが、キリスト教でも使われてますよね。
ローテンブルク、2年前の今頃の季節にも行きましたが、これは気がつかなかったなあ・・・
フランス語のさようならは「また会おう」ですか。
日本語の「さようなら」はConditionalですかね、"If it is so...time to say good bye."みたいな。^^。
Commented by snowdrop-momo at 2018-06-15 06:57
*黒顔羊さん
イスラエルの国旗、こないだのオリンピックでも見ました。
こんな感じで。 ^^ /~
そうですね、ユダヤ教は旧約聖書を、
キリスト教は旧約・新約聖書の両方を聖典としますものね。
6月のローテンブルク、爽やかでしょうね☆☆☆

日本語の「さようなら」、
「左様なら、お別れしなくては…」という諦めの言葉だと思っていたんです。寂しい言葉だなあと。
でも「左様なら、おいとまします」の略ならば、やわらかい婉曲表現、優しい言葉かもしれないと思いついて、和みました。
気づきをありがとうございます。^^