久々のピアノ(mon jeu du piano après une longue cessation)


c0345705_06320610.jpg
バッハの平均律第1巻第1番前奏曲は、グノーの「アヴェ・マリア」の伴奏に用いられました ♪


弾き初めは、ピアノの音そのものを味わうためのバッハ、それともモーツァルト。
あるいは、ピアノでしか歌えないものを歌ったショパン…
九カ月ぶりの鍵盤の上、私の指はまだ和音やリズムを覚えていました。

Mon premier jeu du piano en 2018, c' est Bach (pas Th. mais J.S.), Mozart(pour apprécier le son du piano même), et Chopin(pour ce qu' on peut chanter par le piano seulement)…
Mes doigts mémorisent encore des accords et rythmes après neuf mois!


c0345705_06330924.jpg


ショパンのバラッドを氷上でうたったのは、羽生弓弦選手。彼がこの曲を滑った2014年以降、よくこの楽譜を広げたものです。曲がりなりにも通しで弾けたときの嬉しさ!今季、私も右手にお礼を言いながら、軽い音でゆっくり弾きました。昨夏蝮に咬まれてから少しずつ治ってきてくれて、ありがとうね。

Yuzuru H. a choisi ce Ballad de Chopin pour son programme quelques fois. Chaque fois il a patiné avec ce morceau (2014-18), je l' ai joué maladroitement. Cette fois, lentement et légèrement en remerciant mon bras droit comme lui (remerciant sa jambe droite).


c0345705_06343198.jpg
バレンタインのおまけ*Bonus di Godiva (Saint-Valentin, 2000s)


飛行機から大地を見下ろしている気分になるこの箇所、羽生選手のショートプログラムには入っていません。

Cette partie toujours me donne la vision du parachutiste, mais elle est supprimée dans son programme, tant pis !


c0345705_17240863.jpg
エールフランス機内より (de Air France, 2004)


「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」のトリルで、右腕のだるさが戻って来てしまいました。リストは或る意味で、ショパンより弾き手を思いやってくれる作曲家なのですが…。

La fatigue de mon bras droit est revenue par des trilles de St François d'Assise: la prédication aux oiseaux... Mais en fait il est un composer qui pense au pianiste miex que Chopin!


c0345705_09062625.jpg
いつか行きたいアッシジ(2015年撮影)


真っ黒なクジラの白い歯鳴らしたら行けるだろうか海の果ての国
jouant
des dents blanches de la baleine noire
est-ce que
elle va au pays
au-delà de la mer ?



Dscn0207_800x530
初めての発表会*snowdrop’s first recital (1970s) ♪ Variations on "Bienchen Summ Herum!"
Une biche joue de la baleine à queue !


次に弾くときは、ジャズもいいな ♪

Je jouerai du jazz la prochaine fois ♪


c0345705_08355595.jpg


トルコ風ブルーロンドに背(せな)おされ逢ひにゆきたき人のありしを

Blue Rondo a la Turk
would encourage me to go to see
that man
in my youth
(my secret love…)



トルコ風ブルーロンド▲

(All Rights Reserved)



[PR]
by snowdrop-momo | 2018-02-28 06:54 | Spring(春の便り) | Comments(8)
Commented by pikorin77jp at 2018-02-28 17:38
こんにちは!
指先で ショパンやリストを感じる、、、素晴らしいことをしていたのに 私はどうしてもピアノレッスンが好きになれなくて しかたなく我慢して通っていた3年間。でも 今思えば 、、続けておけばよかったと後悔しています。^^snowdrop さん 今でも弾けるんですね、、、そういう方を羨ましく思います。苦痛でしかなかった、、、(笑)
ピアノの発表会 可愛いお嬢ちゃん時代。
楽譜の写真素敵ですね。
Commented by snowdrop-momo at 2018-03-01 05:52
*pikoさん
「指先でショパンやリストを感じる」…素敵な表現ですね。
本当に、作曲家たちと話している心地になることもあります。
子供にとってピアノのお稽古は退屈なことも多いですね。
じつはsnowdropも、高校の三年間はやめてしまったんです。
でも、ある日FMから聴こえてきたシューマンの「飛翔」やベートーヴェンの「月光」に魅せられて…一人でブルグミュラーからやり直したんです。
その後、何年か先生に習って、とても楽しかったのですが
発表会が避けられないようなので止め、それからは我流でほそぼそ続けてきました。
この写真のころは、ステージであがることもなくて、よかったなあ。。。
楽譜あそびも楽しんでくださったようで嬉しいです♬
Commented by 1go1ex at 2018-03-01 20:24
そうでした、羽生結弦のフリー演技がいつもにも増して楽しめた理由の一つは、音楽が大好きなショパンのバラードだったからなのでした。
私はクラシックではショパンが大好きなんです。
そしてジャズも昔から好きです。
その両方がこの記事に出てきたので、嬉しくなってしまいました。

右腕がだるくなるのは、ひょっとしてマムシに噛まれた後遺症ではないのですか?
Commented by snowdrop-momo at 2018-03-02 06:20
*1go1exさん
羽生選手がショパンに乗せて滑ったショートプログラムも素敵でしたね。
音楽の音符一つ一つまで全身で表現して滑るスケーターを見ていると
ピアノが弾きたくなることが多いんです。
ジャズはどんなのがお好きですか?

そうなんです。通院が終わるころ、左手だけで稽古を再開したら
両腕とも(!)痛みに襲われて、以来ずっとピアノに触れるのを控えてきたんです。
神経は一日約一ミリしか治らないので、右腕全体が全快するのはほぼ一年かかるらしく
ぼちぼち弾くならいいですよ、とかかりつけのお医者さんから言われています。
今はだるさで済んでいるのですから、御の字ですね!



Commented by 1go1ex at 2018-03-02 22:28
ショパンはフリーじゃなくてショートプログラムでしたね。
マムシの毒はやはりきついんですね。
ほぼ一年かかるとは、大変!
順調に快癒されますよう祈っております。

ジャズは、以前はピアノが好きで、キース・ジャレットのファンでした。
最近はトリオの方が好きです。
それと、女性のボーカル。
古いですがサラ・ヴォーンだとか。
あとは特にどの人、どのグループということもなく、
ただジャズが流れているだけで気持ちが良くなります。
Commented by snowdrop-momo at 2018-03-03 20:38
*1go1exさん
励ましのお言葉、ありがとうございます。
少しずつでも、治る一方なので有難いです。^^

サラ・ヴォーンのミスティ、カッコいいですね♪
https://www.youtube.com/watch?v=sMJZZJqXRiM
キース・ジャレット、カセットに録音したのがあるはずですが…
ソロもいいし、セッションもいいですね。

「うた暦」のブランコの歌に、
ジャズという単語(swing music)をしのばせておきました。
またお手すきの日にでも覗いてみてください♪
Commented by desire_san at 2018-03-14 00:24
こんばんは。

snowdropさんは、ピアノ演奏もされるのです。

楽器が演奏できて楽譜が読める友達、演奏会などを聴きに行っても、楽譜の読めない私が気が付かないような視点で、楽器の音を感じ取っているようです。楽器を演奏しないもも者に音楽をほんとうに理解することはできないのかもしれないと思うこともあります。 今から楽器の演奏を習い始めるのはちょっと無理なので、演奏家の友人の意見から学ぶのみですが。

私のブログにコメントとトラックバックいただきありがとうございます。大変さんこみぅになりました。
私は、久しぶりに仏像の美しさについて考察してみました。ご笑覧頂ければ幸いです。
Commented by snowdrop-momo at 2018-03-14 06:44
*desireさん
夜更けにようこそお越しくださいました。
コメントをどうもありがとうございます。

なぜ音楽が美しいのか知りたくて、ピアノを再開したり
楽典やアナリーゼの本を読んだりしてきました。
でも、つまるところ一番大切なのは、自分の耳で聴いた時の感動なのかもしれません。
(じつは、演奏しながら自分の音に耳を澄ますのは結構大変なのです。
とりわけ私のように拙い演奏者には…)

嬉しいお招きをありがとうございます。
お水取りもそろそろ終り、暖かくなった古都へ
そろそろ仏像を見に行きたくなっていたところです。
まずはdesireさんのブログへ伺います。

よろしければお帰りに、
今朝アップした大阪城の梅の記事をご笑覧ください。
女子会ですが、秀吉公もいらっしゃいます。