風をふふむ木(un arbre comporté le vent)

c0345705_10025695.jpg



楓と書いて、「ふう」と読む木があることを知りました。そよ風が吹くと、丸い実がふわふわ揺れて、モビールのようです。


On dit qu' il y a l' arbre “ Altingiaceae : +” , dont le nom comporte le vent. Ses fruits frémissent au vent comme des mobiles.



(ふう)といふ木に ふはふはと まろき実は 秋風を呼ぶ
モビールのやう




f0374041_16285601.jpg



こちらは三角葉楓(さんかくばふう)、または加茂楓(かもかえで)。三つ葉が三つ色づきました。


Voici Altingiaceae à trois feuilles. Trois des trois-feuilles jaunissent!



c0345705_16060977.jpg


いっぽう、紅葉楓(もみじばふう)は楓(かえで)とおなじ五つ葉です。楓(かえで)より一足早く、紅く染まりました。


Voilà Liquidambar styraciflua à cinq feuilles comme celles de l’ érable. Celles-là rougissent un peu avant celles-ci.



f0374041_16300802.jpg


日当りのいいてっぺんから色づいていく楓(ふう)。赤い帽子をかぶった姉妹のようです。


Altingiaceae rougissent des sommets ensoleillés. Elles semblent être des sœurs grandes à chapeaux rouges.



おそろいの赤いシャッポンかぶつてる(ふう)の姉妹は背高のつぽ

フウとカエデについて(万葉集遊楽) http://manyuraku.exblog.jp/12061726//


c0345705_06373333.jpg



こちらは欅(けやき)。隣り合わせでもずいぶん色が違います。


Zelkova serrata aux couleurs variées au même lieu.



遠いほどもみぢは赤く見えるから奥へ奥へと散歩はつづく

Because the leaves are always redder on the other side, I continue to walk further and further.



f0374041_16445316.jpg



天と地の間をつなぐように伸びる木。木の影と光が草の上で戯れています。


Des arbres relient le ciel et la terre. L’ ombre et la lumière jouent sur l' herbe. Comment raconter la lumière ?– Une grâce de l’ombre ―Corinne Pluchart



かげと光ころころあそぶ草の上むかし愛した小犬のやうに


Shadow and light play on the grass just like my dog rolling over and over in my childhood.



c0345705_13495981.jpg


今年の立冬は117日でした。銀杏の葉は飛び立つ前の金いろの小鳥のよう。もうすぐ木枯らしが吹くでしょう。

Le premier jour de l’ hiver tombe le 7 novembre cette année. Les feuilles de ginkgo sont comme des oiseaux dorés qui attendent leur volées. Il souffra un vent sec et froid bientôt.




f0374041_07270434.jpg

イチョウの葉とギンナンの実の和菓子


母おくり初めて聴きし千の風あらたな出会ひを指で
数へつつ


( I heard Thousand Winds for the first time since I had lost my mother, while counting new encounters on my fingers.)



All Rights Reserved



「千の風になって」(Thousand Winds)










[PR]
by snowdrop-momo | 2016-11-13 06:07 | Autumn(秋の便り) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ramages2.exblog.jp/tb/26144034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pikorin77jp at 2016-11-13 14:38
こんにちは! そういわれてみると 紅葉って 遠くにいくほど紅がハッキリしますよね。。。近くで見るより 遠くから眺めたほうが素敵なのは 人と似ていますね^^
あの幼いころ 手をつないで廊下を歩いていらしゃったお母様は もう亡くなられたのですか。。。
干菓子がまた とても奇麗ですね。手前の銀杏の葉までお菓子に見えちゃいました。
Commented by snowdrop-momo at 2016-11-14 17:58
pikoさん、こんばんは。紅葉も、れんげ畑も、遠くほどきれいに見えますね。「夜目、遠目、傘の内」という母の言葉を思い出しました^^
母は春が好きだったので、花畑の向こうにいるのかもしれません。昔は旅行中などは離れ離れでしたが、今はいつも、つかず離れずいてくれる感じです。
さすが、銀杏の葉とお菓子の区別をつけられましたね♪