あむばるわりあ(Ambarvalia)

c0345705_07383849.jpg

麦秋(滋賀)(Shiga, Japon, 2011



Ambarvaliaあむばるわりあ)という不思議な名前の詩集があります。ローマの穀物祭を意味するといいます。語源的には、ambi(~の周りを)+arvum(畑)で、清めるべき畑の周りを歩くさまを表わしているとか。五月の終り、麦秋のころのお祭りです。


Il y a un recueil poétique dont le titre est Ambarvalia. Il s' agit d' une fête célébrée à Rome pour favoriser la récolte au mois de mai. Etymologiquement il vient du latin « ambire arva » qui signifie « tourner autour des champs ».



c0345705_07394568.jpg

Campo d' orzo (Shiga, 2011)



ここに集まるすべての人に恵を与えよ。(…)我が穀物と野の清めるバックスよ 我れへ来れ(…)セレースよ 汝の顳顬(こめかみ)を麦の耳で飾れ(…)―西脇順三郎「あむばるわりあ」

Date la benedizione a tutte le genti qui! (…)Bacco che purifica i miei cereali e campi, venite a me! (…)Ceres, ornete i suoi capelli della spiga d' orzo! Ambarvalia, NISHIWAKI Junzaburo (1894-1982) (traduzione di snowdrop)

http://www.allposters.com/-sp/Ancient-Roman-Harvest-Festival-in-Honour-of-Ceres-Posters_i9963908_.htm( 祭りの絵)
https://www.youtube.com/watch?v=X83IYWmcEFg
( 古代ローマの音楽*Anceint Roman Music)


c0345705_07035826.jpg
万葉植物園(Ear of wheat in May, Nara



2016年87日は立秋です。麦秋から二カ月余り、隣村の稲はまだ穂をつけていません。ただ朝露がまるくきらめいているばかり。


Aujourd’hui…la canicule (24° au petit matin, 35° avant midi). Mais le 7 août, 2016 tombe le premier jour de l’ automne au calendrier japonais. La moisson de blé est déjà passée, et le riz n' a que feuilles avec des rosées.


c0345705_07055851.jpg
c0345705_09404300.jpg



夏ふかみ青く茂れる稲の葉におく白露の消ぬべくもおもふ



遠くでにじむ、うすくれないの円い粒は槿(むくげ)の花。近くでゆれるのは野薊。(七月の写真)


L' Hibiscus syriacus, les ronds roses éloignés, avez-vous les trouvé ? Et un chardon avec une coccinelle...(au mois de juillet).




Img_0010_800x600


あけがたの眠りま深き鳥に虫に樹々はささやく潮騒のごと


(A l’ aube, à des oiseaux et insectes qui dorment encore profondément, murmurent les arbres d' été comme le bruit de la mer.)



栗の木は毬(いが)をつけ、栗の実がゆっくり熟れてゆくのを守ろうとしています。葉陰では蝉が朝の眠りを貪っています。


Un châtaignier a des bogues qui protegeront des marrons jusqu’ à l’ automne. Dans son feuillage, il y a une grosse dormeuse, une cigale.



Img_0004_800x471


珊瑚樹茄子(プチトマト)は昼の光をいっぱいに浴びて、みるみる色づいてゆきます。蝉たちは夜明けの光を待たず、順に殻を破り、飛び立ちます。日ごとに増えてゆく空蝉(うつせみ)。


Tomates cerises dans notre petit potager
deviennent vite rouges à cause des coups de soleil pendant la journée. Avant le jour, des cigales éclosent par ordre. Seulement restent leurs utsu-semi (dépouilles).



Img_0002_800x578


La récolte dans le potager est bonne aujourd’hui. Haishi doudou! (=geegee! ≠ hej då !)



太陽の光みなぎる珊瑚樹茄子われらの血となり身内をめぐれ


(Tomates cerises de rouge du soleil, devenez notre sang et circulez dans notre corps! )



さ庭で摘んだプチトマトは、口やお腹のなかと同じぬくもり。


Nos tomates cerises sont aussi chaudes que nos bouches et estomacs.



Img_0004_800x543「」の画像検索結果


伊藤若冲「蔬菜図押絵貼屏風」 * 若冲は京都の青物問屋(八百屋)の主人でした。
L
égumes par ITO Jakuchu, un marchand-de-légumes-peintre (pinterest)



茄子の実は小角(おつの)とおて小やう



隣村の畑では茄子が実っていました。八百屋の茄子でも新しければ、星形の鋭いへたが、人の指をちくりと刺します。

Dans un village voisin, une aubergine a mûri. Son calice comme une étoile aubergine ou les cornes de Bacchus, ça me pique.



Img_0004_800x600_2

Img_0871_1024x768


友の住む町は
南京終町(みなみきょうばてちょう)れと



かぼちゃは唐茄子ともいいます。関西では南京と呼ばれます。温暖な異国から伝わった野菜です。一昨年の秋、山辺の道で見つけた鳥のかたちの南京さんは瓜の味がしました。


La citrouille est introduite de l’ étranger. Le nom Kabocha vient de
Camboja, Tou-nasu de l’ aubergine chinoise.



Img_0008_800x600


母の乳しらぬわらべは無花果の茎の乳なめ をとめとなりぬ


(Un enfant qui ne savait pas le lait maternel, elle léchait du lait d’ un figuier et est devenue une jeune fille.)



無花果(いちぢく)がふくらんでゆきます。夏休みに、ひよどりと競争で食べました。熟しきる前にもぐと、茎からミルクのような白い汁が出ましたっけ。


Des figues se gonflent peu à peu. Je les mangait en rivalisant avec des bulbuls dans mon enfance. Quand on cueille celle verte, la tige sécréte du lait.



「宇治抹茶かき氷 大正ガラス」の画像検索結果

Shaved ice
with syrup and milk (Added Bonus by ggl)

c0345705_07302587.jpg

五月のアリ(片岡梅林)🐜 Fourmi en Mai (sur une prune)

 

五月のミル(映画)* Milou en Mai (Bonus par ggl search)


「」の画像検索結果


(All Rights Reserved)




[PR]
by snowdrop-momo | 2016-08-07 05:08 | Autumn(秋の便り) | Comments(10)
Commented by pikorin77jp at 2016-08-08 01:20
こんばんは。
毎回 記事に 色のテーマがあるような気がいたします。
今回は 麦の緑。
7日は立秋だったのですね。お写真で 秋を感じました。
わたしの田舎のまわりも 稲がすこしづつ黄色に変わりはじめました。南京の鳥さん これ 本当に鳥に見えます!面白いお写真!そして アザミの写真も素敵ですね。
いちじく 白い汁が茎からでていました。子供のころ 夏休みの絵日記は 兄が無花果の木にのぼり わたしが下で笊もって 無花果をうけてる絵でした。^^
Commented by snowdrop-momo at 2016-08-08 05:26
pikoさま、おはようございます。
お心のこもったコメントをありがとうございます。
立秋とは名のみの、赤鬼みたいな猛暑に、せめて寒色の写真をと…
じつは8月は熱帯夜つづきで、隣村まで行けませんでした。(^^;)
そこで7月の写真を使ったのですが…おかげでアザミにも出番が!
南京の鳥はsnowdrop-momoの筆名にちなんで「ももちゃん」と呼んで飾っていましたが、結局煮つけにして頂きました。
夏休みの絵日記、目に浮かぶようです。セピアの写真の風景もいっしょに。
いつも貴ブログともども、素敵なインスパイアをありがとうございます。
Commented by grillon at 2016-08-08 17:13 x
Très rafraîchissant, délicat, savoureux ! Adorable !
Bel été à toi, chère Snowdrop !
Commented by snowdrop-momo at 2016-08-08 20:18
pikoさまへ追伸:そういえば、テーマ色で統一した記事を、昨年いくつか作りました。カメレオンは同系色でまとめるのが癖なのです。^^
追伸2:コタ君は幸せですね。待ってくれている優しい飼い主と猫ちゃんがいて…。待つ念(おもい)はきっとコタ君の身と心を守るはずです。いつか帰って来てくれますように、私も陰ながら祈っています。
pikoさまの爽やかなお写真にインスパイアされて詠める
朝顔の心(ハート)のかたちの葉のかげでけふも君を待つ心はあをし
Commented by snowdrop-momo at 2016-08-08 20:31
Chère grillon,
Aujourd'hui je suis heureuse de ta commentaire aimable. Tes articles raffinés toujours m’ inspirent. Bel été à toi aussi!
Commented at 2016-08-08 21:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-08-09 06:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pikorin77jp at 2016-08-13 13:33
ももさん コタ君の記事にコメントありがとうございます。
朝顔も見てくださったのですね。嬉しいです。
また 毎日 コタくん探しがはじまりました。 根気よくさがしていこうと思います。
やはり 麦の緑は 目に優しいですね。 何度みても 心も和みます。
Commented by snowdrop-momo at 2016-08-13 20:26
ぴこさん、ご再訪ありがとうございます。
お盆が過ぎても、ひょっとしたらお彼岸が過ぎても暑さの続くこの頃、どうぞお体に気をつけてコタ君を探してくださいね。
浴衣の記事もとても素敵でした。
snowdropの祖母が縫ってくれた芙蓉の浴衣は、長いこと箪笥にしまったままです。
^^
Commented at 2016-08-15 14:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。