文月に寄す(To the month of the letter)




1. 手紙を読む青衣の女 (wikipedia)
Woman in blue reading a letter by Vermeer (c.1663)


 七月は「文月」、七夕の短冊に願いを綴り、手紙に思いを託す月です。

 数年前、京都で見た「フェルメールからの手紙」という展覧会を思い出します (図1,2,3) 。ひとつの会場で眺めていると、青衣の女性と黄衣の少女が同じ人物に見えてきました。獅子の飾りのついた青い椅子はフェルメールが好んだ小道具のひとつですが、仮にこれが嫁入り道具だとしたら?あら、青い服の女性が話し始めました。

 July is "the month of the letter", when people write their wishes on the strips of fancy paper or confide their feelings in their letters.
 This month reminds me of an exhibition in 2011 whose topic were three pictures concerning the letter painted by Johannes Vermeer (fig.1,2,3). When I saw two of them in the same place, I could enjoy imagining that the girl writing a letter and the woman reading a letter are the same person. The blue chair with lion-shaped decoration is one of the properties that the painter often used. Suppose that this chair were one of her bridal furniture? Listen, a woman in blue has begun to murmur.






2. フェルメール「手紙を書く女」(wikipedia)
Lady writing a letter by Vermeer(c.1665)


あのひとは海の向こうに旅立ったまま、まだ帰って来ない。壁に掛けられた大きな地図を眺めて、あのひとの知らせてくれた港町の名前を探す、こんな日がどれくらい続いているだろう。むかしは手紙を書くのが楽しみだった。あのひとの心を射止めようと、ペンをもつ時までお洒落して、毛皮で縁どられた黄色いケープをまとったり、リボンを結んだり…真珠の耳飾りや首飾りは、海の男の心にヴィーナスの魔法をかけてくれると信じていた。

魔法は効き目があったのか、私はいまあのひとの家にいる。でも、あのひとはいない。海の向こうから届く手紙にあのひとの面影を求め、無事を祈るばかり。もう額を剃り上げて輝く額を誇ったりしない。年をとって、ずいぶん髪が減ってしまったもの。耳元に揺れる巻き毛だけが、かつての豊かな髪の名残。手の甲は筋張り、指にも節が目立つようになった。心浮き立つ黄色のケープはもういらない。潮の香のするウルトラマリンの服があればいい。真珠の首飾りの上に、無造作に重ねられた本。ええ、私は本を読むようになったの。あのひとの不在をうずめるように。ヴィーナスの魔法を忘れようとするかのように。


「fluctuat nec mergitur medaille」の画像検索結果
たゆたえども沈まず (google search)
https://www.youtube.com/watch?v=zUMR4vZ3_nU 
リスト「水の上を歩くパオラの聖フランチェスコ」

 
 He has not yet returned to me from his voyage. Every day I see a big map on the wall and look for the name of the port towns he mentioned in his letters. I used to like writing a love letter. Even when I did not meet him, I used to dress up with a fur-trimmed yellow cape and ribbonsthe pearl pierces and necklace were the props of Venus for me.

My pearls must have enchanted the seaman! Now I live in his house. But he is not here. I seek for him in his letters from overseas. I pray for his safety every day. I do not shave my forehead any more. My hair has been thinning, and only two ringlets about my ears are the remains of the abundant hair in my youth. My hands have become sinewy. I do not need my yellow cape any more. I am content with this simple ultramarine dress with salty scent. On my pearls, several books are piled up. Yes, I learned to read the book in order to make up for his absence, in order to forget that magic of Venus.






3. 手紙を書く婦人と召使 (wikipedia)
Lady writing a letter with her maid by Vermeer(c.1670)


そして、もう一枚の絵。登場人物は手紙を書く女性と女中の二人。床に散らばる手紙、壁にかけられた絵「モーセの発見」、まるで舞台の一場面のようです。川に捨てられていたモーセをファラオの王女が救ったように、この女性も、打ち捨てた手紙の男性を許し、恋を救おうしているのでしょうか。笑みを含んだ女中の視線をたどると、窓ガラスの中央に青いステンドグラスが…教会のような静謐な光が部屋に差しこんでいます。
 聖と俗が入り混じったこの不思議な絵は、上の二作品より少し後の時期に、やや大きめの画面に描かれました。画家はかつてのように物語のある絵を試みたくなったのでしょうか。あるいは、デルフト市民の好みが変化してきたのでしょうか。一般にはまだ歴史(神話)画の地位が高かった時代、画家は若き日の野心をかなえるチャンスを窺っていたのかもしれません。
 個人的には、この絵は古い北方絵画を下敷きにしていると想像したくなります。画面の左に窓を描いて光源とするのはファン・エイクにさかのぼる手法です。フェルメールと同時代の画家もよくこうした窓を描きますが、フェルメールのしずかな光は、むしろ北方ルネサンスのそれを思わせます。
 かりにステンドグラスを教会の窓、女性と召使を聖母と大天使ガブリエルと「見立て」るのはいかがでしょう。突飛でしょうか?けれども、ステンドグラスが描かれたフェルメールの他の絵に、葡萄酒が出てくるのも気になります。たとえば「ワイングラスをもつ娘」、表向きは節酒節制を説いた絵ですが、ひょっとして聖餐の意味も隠されているとしたら?豊かになったオランダ市民のうち、熱烈なフェルメール・ファンが、仲間内で見立て絵の謎解きをしていた、なんて夢想してみたくなります。






ヤン・ファン・エイク「受胎告知」(wikipedia)
Annunciation by Jan van Eyck(15c.)

Here is one more painting concerning the letterwhose characters are a lady writing a letter and her maid. Another letter scattered on the floor and a painting on the wall representing Moses saved by Pharaoh's daughterjust like one scene in a drama. Does this lady also intend to save her love by forgiving her lover who sent that letter on the floor? The maid is seeing the stained glass window through which the peaceful light streams in as if they were in a church.
 This mysterious painting with both sacred and profane elements was painted a little later than the above two, on a little larger scale. Did the painter try to create a more eloquent painting than before? Did his customers come to prefer such a story characteristic? And was the painter waiting for an opportunity to advance again into the highest-ranked genre: the historical (mythological) painting?
 Personally I would like to imagine this painting is a kind of parody of the Northern Renaissance paintings. The illuminant window on the left has often been seen since the works such as Jan van Eyck's. It is true that many contemporary painters of Vermeer adopted this composition, but it seems to me that the peacefullness of Vermeer's light resembles that of Northern Renaissance paintings.
 For example, I dare to liken this room to a chapel and these two women to the Virgin Mary and Angel Gabriel. Far-fetched? But Vermeer painted a stained glass and a wine glass in other two paintings. It is said that the figure in the window glass symbolizes the moderation (in drinking). But what if this wine implys also an element
of the Sacrament? Did the Dutch bourgeoisie that became rich (and sometimes favoured Vermeer's paintings) learn to enjoy his "mitate-e" * like Edo people? Too much imagination?



フェルメール「ワイングラスをもつ娘」(pinterest)
The Wine Glass by Vermeer(c.1660)


牛乳を注ぐ女
「まあ、先生!何てすばらしい!私には絵のことはよく分かりませんが、このしずかな明るさ、まるで一枚の聖画のよう。底冷えのする台所できらめく薬缶と、あんか。使いこまれた籠や壺や鉢。白い被りものに青いエプロン。固くなったパンを刻んでミルクで煮る、つつましい暮らしの一場面が、天から祝福されているかのよう」
フェルメール「君はそう思うのかい。僕の描いてきた小さな人物画を、みんな喜んでくれる。けれど、もともと僕が描きたかったのは、大きな物語絵画なんだ。せっかく画家になったからには、輝かしい神話画や歴史画を世に残したい。プロテスタントの町、デルフトでは売れなくても、たとえばフランスで、あるいは後の世で、最高の名声を得られるかもしれないじゃないか」
牛乳を注ぐ女「最高の名声?先生はすでに最高の画家じゃありませんか!私たちの平凡な日々を真珠のように磨いて、ひと連なりの首飾りにしてくださる。なつかしのデルフトの面影をもっともよく残す一角を切り取って、失われた時への扉としてくださる。カメラ・オブスクラを覗くよりもっと真実の、もっと印象深い情景。その光の国への扉は永遠に残り、そこから、後世の人々があなたへの手紙を差し入れることになる…」


「jan vermeer」の画像検索結果

フェルメール「牛乳を注ぐ女」(google search)
Milkmaid
by Vermeer (1658-61)


MilkmaidOh, maestro, wonderfulI don’t know very well about the painting, but I LOVE this peaceful lightwhich makes this picture something like an icon. One scene from a humble life, where a white-hooded and blue-aproned woman cuts some stale breads, pours milk, and simmers themthe moment in a chilly kitchen seems to be blessed by the light from Heaven.

Vermeer : You find that ? My small figure-paintings please everyone. But what I originally wanted to paint on largerer scale was the historical or mythotical scene. Since I became a painter, I desire to produce the brilliant religious paintings. Here in Delft, a Protestant town, such paintings never sell well, but I might win glory in another country such as France or in the future.

MilkmaidGlory? You ARE already one of the most glorious painters! You polish our ordinary days like a chain of pearls. You choose and describe the area preserving most the appearance of our old town and create a door to the lost time. They are more real and impressive scenes than the image through the camera obscura. The door to your empire of light will remain for ever and through which the people in the future will send their love letters to you.







鈴木春信「見立て琴高仙人」(pinterest)
Courtesan in the guise of Kinkoh Hermit by Harunobu
(18c.
The carp is the emblem of the courage to get over a difficulty.


 「見立て」といえば鈴木春信、フェルメールから約百年後の浮世絵師の絵もご覧ください。「見立て琴高」とは?鯉に跨る琴高仙人に身をやつした浮世の美女です。聖と俗をこきまぜた、遊び心あふれる絵ですね。鶴に坐る「見立て福禄寿」も手紙を広げています。    
 恋文は遊女につきものの小道具。けれども七夕の夜は、しばし彼女らを織女に見立ててみましょう。川を越える鯉、空を渡る鶴に乗った織女は、牽牛の君の熱い文面にほろりとして会いに行くところなのです。

 Mitate-Kinkoh Hermit (
Xian) by Suzuki Harunobu, whose unique composition ofa beauty sitting on a carp derives from that of Kinkoh Hermit riding on that fish. Mitate, i.e., "mitate-e" * is a picture that appears to describe the mode of life in fashion, but actually describes Japanese or Chinese classics and historical events, legends, etc. Here the beauty is likened to a Chinese hermit. The beauty (courtesan) is reading a love letter from one of her customers. Mitate-Fukurokuju is also a courtesan reading a letter. The combination of Sacred and Profane again!
 On the Star Festival night, I would like to liken these courtesans to Vega. Vega riding on a carp (crane) is going to see Altair who sent her a passionate letter.



c0345705_11252136.jpg

「鶴に乗った遊女(見立て福禄寿)」『春信』(至文堂)
Courtesan in the guise of Fukurokuju by Harunobu (18c.)



うづまける波越え水なき空わたり君を運ばむ な泣きそ
今宵は

I bring you to your Artair beyond the whirling waves or through the vault of heaven, so that do not cry tonight, Vega!




a0332314_11504140.jpg


星合(金銀箔)の和菓子
On the middle wa-gashi, Milky way and gold/silverstar (Vega/Altair) are represented by pieces of gold/silver leaf. (photo in 2015)

(All Rights Reserved)






[PR]
by snowdrop-momo | 2016-07-17 05:16 | Summer(夏の便り) | Comments(7)
Commented by desire_san at 2016-07-17 09:45 x
私のブログにコメントをありがとうございました。
「フェルメールのしずかな光は、むしろ北方ルネサンスのそれを思わせる」ということは今まで気が付かなかったですが、共感致しました。フェルメールはレンブラントと同時代の画家なので、あまり光のことに気をかけていませんでしたが、ご指摘のように、静かで柔らかい光がフェルメールの作品に温かみを与えているのですね。勉強になりました。ありがとうございます。
Commented at 2016-07-17 12:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by snowdrop-momo at 2016-07-18 06:12
desireさん、トラックバックとコメントをどうもありがとうございます。desireさんのフェルメールについての記事は折に触れて読ませて頂いてきましたが、そのつど勉強になりました。これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by pikorin77jp at 2016-07-18 23:55
こんばんは!一周年の記事に 素敵な真珠の歌 贈ってくださり ありがとうございます。 私 宝石類には まったく興味がないのですが ただひとつ 真珠だけは とっても好きなんです。真珠のピアスは いつも つけています。

>三百と六十五粒の真珠玉君に贈らむ首飾りにして

勿体にようなお祝の歌  ありがとうございます。

今日の手紙の記事 リストを聴きながら 読みすすんでいきました。

フェルメールも浮世絵の女性も 七月 文月に 手紙という ひとつのテーマで 選ばれてること  素晴らしいなあと思いました。
そして 今回も 和菓子、、、 これほんとにお菓子ですか。。あそび心いっぱい! こんな お菓子を作られる方がいらっしゃるのですね。
Commented by snowdrop-momo at 2016-07-19 05:57
ぴこさま、一周年で何かとお忙しい中、ご訪問くださってありがとうございます。日を改めてコメント差し上げようかとも思ったのですが、海の日にちなんだ祝い歌ができてしまったので、昨日中に残すことにしました。

日々の暮らしを、朝、顔を洗ってタオルに顔を埋める瞬間から愛おしむ(大島弓子のマンガから ^^)のは、実はエネルギーが要りますが、ぴこさまのように、一日一日を真珠のように紡ぐ方を見ていると、できそうな気がしてきます。

和菓子職人さんも季節を大切に味わっておられるのでしょうね。今年は水色の空にピンクとブルーの星合のデザインでしたが、この浮世絵には、昨年のを取り合わせたくなりました。
Commented at 2016-07-26 11:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-07-26 15:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。