シューマン「蝶々」


c0345705_09165241.jpg



 虫たちが目覚める啓蟄(けいちつ)のころ読んだ、もうひとつの「語られぬことば」のものがたり。主人公の一人、拓人は幼稚園児。言葉を身に着けるのが遅くて、人間よりもむしろ小さな生き物たちとよく話せる。


「(また?)チョウチョのこえがきこえた。(…)すう、すう、すう、というすきとおったけはいもした。ちいさいけれどかんぺきにじゅうそくし、あんしんしきったけはいだ。しだいにつよまり、あっとうてきになる(…)どこかちかく、いまにもふれそうなばしょに、すう、すう、すうがいる」
「たくとはただうけとめる。めやみみやはなよりもむしろ、はだのけあなやかみのけをつかって。(…)あつい、とか、たのしい、とか、(…)ねむい、とか、(…)どこかへいくとちゅう、とか、ここにいる、とか、あちこちでなにかがゆれたりおちたりうごいたりせいししたりしていて、たくとにはそのぜんぶがいっぺんにわかるのに、わかるのはあたりまえだから、わかるというかんじがしない。(…)」
― 江國香織『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』



An another book on the words that are not spoken…Takuto is a kindergartener who is slow to learn Japanese and good to communicate with insects and small animals. He perceives with his hairs or pores rather than with five senses the presence of such creatures ― "sou sou", " mou mou", "ni ni" , etc. He understands the feeling of creatures, "hot", "sleepy", "content", " on the way to somewhere", "here I am" , etc.


c0345705_11043318.jpg


 本当のことが言えずに表面をつくろう言葉でやりとりする大人は、言葉以前のことばを忘れてしまった。あるいは、封印してしまった。拓人の両親、奈緒と耕作の言葉は、哀しみを隠すための優しい暗号のよう。
 墓石の向こうへ胸の中で呼びかける霊園の管理人や、かつての恋人と心のなかで対話する老女だけが、拓人のことばの近くにいる。


 「奈緒は料理をすこしずつならべる。グラスに氷を入れ、水と焼酎で満たす。
『お。いいぞ、名画だ。風が描けてる』
 拓人の差しだした”自画像”を手にとって、耕作はほめた。(…)
 ごはん、どこでたべてきたの?
 奈緒は、そう訊くことができない。簡単な言葉なのに、どうしても口からだすことができない。
『自画像なんですって』
 かわりに奈緒はそう言う。
『私も草原かと思ったんだけど』
と、ちょっと笑って。」― 『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』

 
Though adults use Japanese, they rarely express their real intention. They have forgotten or sealed "down" the "archetypal language" (my coinage inspired by Goethe's Urpflanze ) like Takuto's "sou sou". Sometimes they use language like the code to conceal their sadness, jealousy, anger, love, etc. … how gentle their code!

Only a cemetery caretaker who speaks silently to the dead beyond gravestones, an old lady to her ex-lover in the distance, they sense Takuto's communication ablility in untold words.



c0345705_17214176.jpg
三室戸寺(2016年4月)


アリちょうちょトカゲはいつもそばにいた
ツツジの香り ハチの羽音
 


fourmis, papillons, lézards

ils sont toujours près de moi

depuis mon enfance

fragrance des rhododendrons

bourdonnement des abeilles


朝明(あさあけ)のうすくれなゐを待ちかねて ひらきそめたり
あけぼの躑躅


des rhododendrons

nommés l’ aurore

ne pouvaient pas

attendre le corail d’ aurore

et se sont ouvertes aujourd’hui


bébé escargot ! *
かたつむりの赤さん!(今朝)

a0332314_17314610.jpg



 同じ作家に、きれいな本がある。作家の好きな曇りの日、サインをもらいに、大阪まで出かけた。萌黄いろのノースリーブを着た彼女は、銀鼠色のインクでやわらかな文字をしるし、そっと薄紙を挟んでくれた。インクがにじんでしまわないように。
 西暦2000年。あの頃は、旅日記以外の何かを自分が書くなんて、思ってもみなかった。

The same author, EKUNI Kaori had published a beautiful book (below fig.). Ona cloudy day she likes, I went to a bookshop in Osaka to get her signature on my book. She wore a fresh green sleeveless dress. She signed in silver gray ink and inserted a thin paper to prevent an ink splotch. I never imagined I would begin to write something (except travel diary) then, A.D. 2000.


c0345705_14581754.jpg


てふてふの かたちに伏せた 本の背に ひらりとおりた げんげの しおり
sur un livre
retourné en forme de papillon
tombé
un signet d' Astragalus sinicus
à la main



おつき合いくださったあなたに… Bonus(2016)

c0345705_15350531.jpg



お洒落なあなたに… Do you find butterflies in the furi-sode ?

a0332314_09124648.jpg

  右の乙女の振袖に蝶々が… 鏑木清方「嫁ぐ人」(部分)『鏑木清方』朝日新聞社

  (All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_11172211.jpg
平安神宮と疎水と染井吉野*Torii & MoMA, Kyoto

 snowdropには染井吉野の写真が少ない。
 子供のころ、近くの小さな神社へみんなでお花見に行った。そこでsnowdropは染井吉野を見た。きれいだった。うすべにの花、花、花…。綿菓子みたい!甘くてやわらかいものだけでできている!ひたすら眺めた。眺めつくした。たぶん一生分を。
 あの日の、あの花より美しいと思える染井吉野に出会ったことがない。

 Snowdrop has taken photographs of Somei Yoshino lesser than other breeds.
 When she was a child, she has gone to see the cherry blossoms at a local shrine with her family. The flowers of Somei Yoshino were beautiful, pale pink and soft like clouds, like cotton candies. She observed, admired, and appreciated probably a lifetime's worth of Somei Yoshino.
 She has never seen since then Somei Yoshino as beautiful as those on that day.



c0345705_11141242.jpg
「二つ折りの座」(京都国立近代美術館)*お花見の座布団にぴったり?
folded-cuchion-like contemporary art object in the garden of MoMA Kyoto


 染井吉野は、江戸彼岸と大島桜が交雑してできた一本の木を祖とするクローンだという。葉が出る前に、花だけがぱっと開く華やかさが好まれた。いちどきに咲いて、いちどきに散る。武士道を思わせるこの花は、武士の世が終りに近づいた江戸末期に生まれ、武士が滅びる明治時代から大量に植えられた。
 染井吉野の名は、江戸の染井村で育成されたことと、花の名所・吉野への憧れとに由来する。

 Somei Yoshino is said to be a kind of clone, whose flowers emerge before the leaves. All the flowers bloom and fall at the same time. Somei Yoshino reminded Japanese people of Bushi-do, the code of the samurai.
 This breed
was born at the end of the Edo period(warriors’ time)and has been planted since the Meiji period when the warrior class was abolished. The name of Somei Yoshino derives from a gardener village in Edo, Somei and the most famous place for cherry blossoms, Mt. Yoshino.



c0345705_11250080.jpg
明治時代のお花見(今月のカレンダーから)


 生長は早いが寿命は短い。いちどきに咲いて、いちどきに散る。もろくあやうい、クローンの桜。第二次大戦中、日本兵の理想にまつり上げられた。
 敗戦後、焦土を覆い隠すように、ふたたび大量の染井吉野が植えられた。それらは今いっせいに老いつつある。

 Somei Yoshino grows fast and lives a shorter life. The fragile clone cherry tree was regarded as a symbol of Japanese soldier’s ideal during the World War II: blooming and falling at the same time.
 After the War, many Somei Yoshino were planted in order to cover the scorched earth. These trees are now growing old at the same time.



c0345705_11120763.jpg


 染井吉野はいつも滅びに立ち会ってきた(武士道、皇国史観)。日本人の美意識と、弱さと、したたかさを背負い、毎年咲いては散り、咲いては散り、生き急ぐかのように老いを迎え…。
 吉野の名を引きながら、吉野の山桜からもっともかけ離れた桜。山桜や枝垂れ桜のように、それだけでは絵になりにくい。誰からも愛されるけれども、偏愛されることが少ない。

 Somei Yoshino has always witnessed the downfall, such as that of Bushi-do, of the historical view that Japan is a country under the eternal reign of living god emperors. This breed has represented the Japanese aesthetic sense, has included Japanese strongnesssometimes slynessand weakness, bloomed and fallen every spring, lived fast and grown old.
 Though its name includes Yoshino, it is the farthest from the wild cherry on Mt. Yoshino. It does not make a lovely picture as well as mountain cherry or weeping cherry. While it is liked by everyone, rarely loved passionately.

 
c0345705_10572043.jpg
「桜花」『小林古径』朝日新聞社(上)* 吉野の山桜(下)
Cherry Blossoms by KOBAYASHI Kokei*mountain cherry in Yoshino
a0332314_06222455.jpg


 明治維新150年。まだ、150年?!なんという嵐の時代をくぐり、嵐を起こしてきたのだろう、日本は!染井吉野は!
 日本語も嵐のなかにあった。文語体から口語体へ、旧仮名遣いから新仮名遣いへ…。いっそローマ字に統一しようという声。いやいや、フランス語を公用語にすべきだという声…(あの志賀直哉が!)。
 いっぽう、琉球や蝦夷のことばを奪い、アジア諸国に日本語を押しつけようとした。果ては『万葉集』までもが戦意高揚のために用いられた。

 
 2018 marks the 150th anniversary of the Meiji Restoration.What 150 years! Japan and Somei Yoshino have lived through the turbulent period.
 Japanese language also has been in the storm. It has changed from literary style to colloquial one. Some maintained to use only Roman letters, some
ex. SHIGA Naoya, a great authorrecommended French as the official language.
 Japan prohibited the use of dialects and ethnic languages, and forced Japanese on Asian countries. Even some poems in Man’yo-shu were used to foster the spirit for the war.



c0345705_17081416.jpg
伝統的な屋形船がこの春、復活した*traditional yakata-bune (private boat)


 合理化をとるか、伝統を守るか。そもそも伝統とは?日本らしさとは?蜻蛉(とんぼ)のかたちをした小さな島国のアイデンティティをどう守ればいいのか。
 明治以来、巌のように圧してくる西欧文明、大戦前後に押し寄せてきたアメリカ文化…激動の百年!その約十分の一は迷妄の十五年戦争。ふりかえれば室町は、平安は、天平は百の十倍の過去、千年の昔…
 染井吉野は、明治維新後150年のすべてを見てきた。
 みずからの美しさを誇るよりもむしろ、日本のふるい景観と新しい町並みの両方に優しく、美しく、寄り添いながら。

 Japanese people discussed. Which should be selected, rationalization or tradition? What is our tradition? What is the Japaneseness? How can we protect the identity of this dragonfly-like small island? The pressure of Western civilization since the Meiji period, the inflow of American culture after the World War IIwhat stormy hundred years! While one-tenth of that is the delusion of wartime (fifteen years), ten times of that is the distance to the Muromachi, Heian, or Tempyo peroids (around thousand years before)….
 Somei Yoshino has seen everything during these 150 years, while gently supporting and beautifying both traditional and modern landscapes rather than manifesting its own beauty.


a0332314_08501750.jpg

















クローンのさくらはかなし青白きLEDの灯に照らされて


des fleurs de Somei-yoshino,

un cerisier cloné,

elles semblent triste

sous la lumière pale
à DELdiode électroluminescentelight emitting diode



Dscn1070_4


「末期の眼」で桜をあふぐ川端へ花の瞳はなに語りけむ


c0345705_05201255.png

















「宵桜」『東山魁夷展』(朝日新聞社)*東山魁夷は、川端康成の本の装丁も手がけている。

Evening cherry blossoms by HIGASHIYAMA Kaii, who bound some of KAWABATA Yasunari's books

(All Rights Reserved)

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



[PR]
c0345705_10034732.jpg

十二単の袖のような「桜衣」とうぐいす餅を枝垂れ桜のお皿にのせて…
crêpes en forme de manches de kimono pour hana-mi et un rossignol-mochi


今年もわが村のうぐいすは訛っています。ライバルがいないからでしょうか。
Un rossignol chez nous chante mal cette année aussi. C'est parce qu' il n'a pas de rival?



ホーホケケキョうつとりなまる(うぐひす)(ひな)(をのこ)の恋うたのやう


c0345705_13540503.jpg
Peter Motzという画家のカレンダー。左には林檎の花とガチョウ、右には姫踊子草が…
pommiers, trois oies, lamier pourpre ("petite danseuse" en japonais) par Peter Motz



「桜衣」を食べていると、杉田久女の「花衣」の俳句を思い出しました。
着付にはたくさんの紐を使います。お花見の晴れ着なら、なおさら…


花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ  杉田久女

kimono pour hana-mi
en se déshabillant s’accrochent
des cordons variés

haïku de SUGITA Hisa-jo, traduction de snowdrop



c0345705_08593670.jpg

色とりどりの紐のような枝垂れ桜(京都府立植物園)
cerisier pleureurs comme des cordons (Kyoto Botanical Garden)


うきよには留めおかじと春風の散らすは花を惜むなりけり 
西行



「浮世に留めおきはしない、と春風が桜を散らすのは、愛しているからだよ…」
と西行は歌いました。もしsnowdropが桜だったら、次の歌を返したことでしょう。

Un waka de Saigyo dit :
Le vent printanier disperse les pétales
pour que des fleurs de cerisier ne restent pas dans ce monde triste,
c'est parce qu' il aime ce cerisier…

Si snowdrop était le cerisier, elle lui aurait répondu par sa tanka…


c0345705_08521265.jpg

雨情枝垂れと仏の座(同植物園)
cerisier pleurer et lamier amplexicaule (siège de Bouddha)


しだれ桜に代はりて
春風よわれを(さら)へよ心あらば 嵐のかたちに咲きたる花を snowdrop

en place du cerisier pleurer

vent printanier,
enleve-moi,

si tu sais l’ amour,

disperse mes fleurs

en forme d’ ouragan


c0345705_09131253.jpg

京都府立植物園の紅枝垂れ(上)とパリの植物園の白妙桜(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanical Garden*Beni-sidare’(pink weeping cherry(upper f.)
Jardin des Plantes de Paris * Groupe Sato-zakura 'Shirotae' (lower f.)

c0345705_09122947.jpg

まるで おっきい盆栽!*bonsai gigantesque ?!
(HP de Jardin des Plantes, Paris)


パリの植物園も、ロンドンの植物園も、まだ訪ねたことがありません。
皆さんとご一緒にエア花見を…

Snowdrop n'a pas visité ni Jardin du museum d'histoire naturelle ni Kew Gardens.
Amuzons-nous ensemble hana-mi par internet !


c0345705_09255513.jpg

京都府立植物園(上)とロンドンのキューガーデン(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanial Gardenupper figure
Kew Gardens, London(lower figure


小雨でもまめに傘さす国びとは小さき桜もまめに目を留む

Japanese people 
that put up an umbrella
even in the thin rain
notice and appreciate
even a thin cherry tree


c0345705_09234657.jpg

(HP of Kew Gardens, London)

All Rights Reserved

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR





[PR]

c0345705_11053109.jpg
京都府立植物園で見かけた子供たち(3月下旬)*Kyoto Botanical Garden (March)


川端康成の『古都』には、主人公の千重子が両親と京都府立植物園を歩く場面があります。

「噴水の右を進んで、つきあたると、左へ行けば、子どもの遊び場などらしい。(…)三人は、木かげを右へ折れた。思いがけなく、チュウリップの畑におりた。千重子は声をあげたほど、みごとな花盛りであった。(…)『ふうん、これでは、新しいきものに、チュウリップを使うはずやな。あほなと思うてたけど…。』と、太吉郎もため息をついた。
 ひまらや杉の若芽の下枝が、孔雀の尾をひろげたようだとするなら、ここに咲き満ちる、いく色ものチュウリップは、なににたとえたものだろうか(…)」― 川端康成『古都』(以下同)

千重子の父、太吉郎は京呉服問屋の主人です。着物のデザインも手がける彼は、チュウリップのモダンな美しさに複雑な思いを抱きます。ときは1961年、連合軍に接収されていた植物園が12年ぶりに再開された年でした。


c0345705_11022660.jpg


The Old Capital by KAWABATA Yasunari (1899-1972) has the scene where the heroine Chieko takes a walk with her parents in Kyoto Botanical Garden. Takichiro, her father, is the master of a kimono fabric shop in Kyoto and kimono designer. He is inspired by the tulips in this garden as well as his daughter's books of paintings by Paul Klee, Marc Chagall, etc. In fact, he does not entirely admire the simple beauty of this flower as a motif of kimono's design. This novel is set in 1961 when the botanical garden was reopened after twelve-year requisition by Allies of World War II.


c0345705_11494282.jpg
ひまらや杉でもなく、北山杉でもない、レバノン杉です*not Himalayan but Lebanon cedar


snowdropが植物園を訪ねた日、ちょうど「アメリカ」という名の桜が花盛りでした。戦後の古き都で、新しい美を模索する太吉郎。彼は、千重子からもらった「クレエ」(パウル・クレー)の画集や、チュウリップの色彩からインスピレーションを得るのです。平成のいま読み返すと、カタカナの使い方も時代を感じさせます。

Takichiro considers what the tulip should be compared to if the Himalayan cedar's branches are to the peacock's tale.
When snowdrop visited the botanical garden, the cherry trees named "America" were in full bloom.


c0345705_11244126.jpg
アメリカ」と木瓜

「アメリカ」は日本から北米に渡った染井吉野が品種改良され、日本へ里帰りした品種です。

"America" is a variety that was bred in North America and returned to Japan.


Japanese quince and ”America”
c0345705_11251228.jpg


京都府立植物園は、日本最初の公立の植物園です(大正13年、1924年開園)。この場面に先立って、千重子が友人と訪ねた平安神宮は、明治の社でした。温室や噴水のある洋風の植物園と純和風の神社…正反対のようでいて、どちらにも、外国を強く意識した近代日本の意気込みが感じられます。明治、大正、昭和、そして平成…日本はつねに新しい日本の在り方を模索してきました。

「三人はがらすごしに、熱帯植物の群れをのぞいただけで、なかには入らなかった。短い時間の散歩なのである。」―『古都』


c0345705_14213395.jpg
三人がスルーした温室には、睡蓮(ブルー・ロータス)が…
"blue lotus" in the green house that Chieko's family passed through


Kyoto Botanical Garden is the first public botanical garden in Japan founded in the Taisho period, 1924. Heian Shrine, which the heroine visited with her childhood friend, is the shrine built in the Meiji period. Though this Western-style botanical garden and that traditional Japanese-style shrine might seem opposite, they share the Japanese self‐identification surrounded by foreign countries. Japan has groped for the new Japan through the Meiji, Taisho, Showa, and Heisei periods, and even the old capital, Kyoto is no exception.


c0345705_11543840.jpg
くすのき並木

『古都』にはこの楠並木が何度も登場します。そのうちの一場面から。

「楠の並木は、木ずえで、左と右の枝が交わしていた。その木ずえの若葉は、まだ、やわらかく薄赤かった。風がないのに、かすかにゆれているところもあった。五人はほとんどものを言わないで、ゆっくり歩いた。めいめいの思いが、木かげでわいてきた。」

The Old Capital refers to the avenue of camphor trees in this garden many times.


c0345705_11534838.jpg
比叡山*Mt. Hiei, the mountain seen from anywhere in the botanical garden like a steeple


京都では「お山」といえば比叡山を指します。植物園のどこからもよく見えます。まるで教会の塔のように…太吉郎らがお山について語らう場面を思い出しました。

「比叡山は、濃いかすみのせいか、なんやら、低う見えるようやおへんか』(…)「春がすみで、やさしいて…」と、太吉郎はしばらくながめていて、「あのかすみに、ゆく春を、お思いやさしまへんか」

川端康成の『古都』は必ずしも名作とは言えないと思います。この作品を新聞連載していたころ、作家は眠り薬を乱用し、夢うつつだったとか。けれども、かな遣いののびやかさや、飛躍の多い詩的な文体は、流石です。極上の年中行事絵巻、名所案内記に酔う贅沢さ!

The Old Capital might be not a masterpiece of this first Japanese recipient of Nobel Prize for literature. While writing this serial story in the newspaper, he abused sleeping pills. And yet this novel's poetic style is beautiful.


c0345705_10545507.jpg
しだれ桜、紫木蓮、白蓮
weeping cherry and magnolia (purple and white)


千万の花の瞳と見つめ合ふ力を秘めし花の国びと

「末期の眼」で桜をあふぐ川端に花の瞳はなに語りけむ

傘の下に人あるごとく花の下に仰ぐ人ある国に生まれて
je suis née

au pays où il y a des personnes

sous chaque cerisier en fleur

comme il y a une personne
sous chaque parapluie


c0345705_15414852.jpg

天城吉野 (大島桜×江戸彼岸)* Amagi-yoshino

(All Rights Reserved)



春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】





[PR]

c0345705_09045566.jpg

花矢倉(上千本)から蔵王堂(中千本)をのぞむ
fleurs de cerisiers comme nuages blancs, Yoshino, Nara


み吉野の千の花びら風にのせ君へ届けん切手に代へて

mille mille petales de
trente mille cerisers de Mont Yoshino
je vous envoyer
par le vent
en guise de mille mille timbres


c0345705_09140259.jpg



三十年ぶりの吉野。上千本・中千本・下千本が咲きそろった稀有の春。
あなたのもとへ、そして海のかなたの友へ、切手のような花景色を届けましょう。

Yoshino, un endroit le plus célèbre pour ses cerisiers au Japon,
snowdrop l' a visité pour la première fois en trente ans!
Voici deux photos comme deux timbres pour vous au Japon et outre-mer.


a0332314_20354024.jpg



桜はほんらい山の神の花、呪力をもつとされました。(桃も)
三十年前と、今年。snowdropにとっては、入院の次の春に当たります。
偶然でしょうか。それとも、花の霊力を心身が求めたのでしょうか。
花から頂いた元気をあなたに、あなたの周りの方々におすそ分けします。

Le cerisier est originellement une fleur des dieux des montagnes.
Snowdrop a visité des cerisiers en Yoshino deux fois,
après ses hospitalisations, comme si elle avait cherché l' énergie de fleurs.
Je voudrais partager cet énergie avec vous!


c0345705_16285577.jpg



義経の千本(ちもと)の桜に分け入らん白き狐の声をもとめて
entrons
dans mille cerisiers
de Yoshitsune senbon-zakura
à la recherche de la voix
du renardeau blanc!


c0345705_09593488.jpg

忠信狐と静御前
吉野山を舞台にした文楽「義経千本桜」* 吉野葛のお干菓子

(All Rights Reserved)


春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



[PR]
c0345705_19503556.jpg
イースターのころ届いたカード &『マリー・クレール』のコラージュ
collage d' une carte de L…et Marie Claire


愛という花輪のなかの赤ちゃんへジャポンのリース四つ贈らむ


À ta petite fille
dans une guirlande d' amour
je voudrais envoyer
quatre guirlandes japonaises
avec des fleurs de cerisier, magnolia, mimosa, et baby's breath spirea



Pour Ma… et trois enfants

c0345705_16551665.jpg


桜の花輪*fleurs de cerisier


c0345705_20030840.jpg


マグノリアの花輪*magnolia

c0345705_07072147.jpg


雪柳*baby's breath spirea(赤ちゃんの吐息のシモツケ花)

c0345705_07055402.jpg


ミモザの花輪*mimosa en 2015


2004年、ノルマンディの復活祭休暇に知り合い、
2015年、ミモザの季節の日本を訪れたL…は、春の女神のように帰ってゆきました。
そして去年、L…は結婚してこの春、ミモザの日より少し前に赤ちゃんを産みました。
アムールを手に入れたL…、おめでとう

L… dont j' ai fait la connaisance pendant les vacances de Pâques en 2004,
elle a voyagé et est partie du Japon à la saison de mimosa il y a trois ans.
Elle s' est mariée l' année dernière et a donné naissance à une petite fille
avant la fête du mimosa cette année.
Tu as ton amour en main ! Félicitaions


Img_0980_800x600


桜の幹にL…が見つけたの形(奈良、2015年3月)
le coeur que tu trouvas en Nara, 2015


Primavera_2

絵のなかのフローラによく似たL…に、マグノリアやミモザ、雪柳の花冠を…
ボッティチェリの「春」はトスカーナの美術館にあります。フローラの左、画面中央に描かれたヴィーナスは、身ごもった聖母のようにも見えます。背景の水色の空が円い頭光に見えるからでしょうか。それとも、頭上にアムールが飛んでいるから、♡形に見えますか?

Pour ma Primavera, L…, je voudrais offrir quatre guirlandes japonaises. Tu est devenue de Primavera à Venus, ou Notre Dame de l'enfantement (selon WAKAKUWA Midori, une historienne d' art italien) dans cette peinture de la Renaissance. Tu trouves un nimbe ou coeur entourant sa tête? Voici Amour planant! ↓



c0345705_13502310.jpg

春(プリマヴェーラ) ボッティチェリ * Millenium Calendar 
部分図(下)は『原寸美術館』(小学館)より

c0345705_16185942.jpg


 女神たちの足元には野の花が咲き乱れています。1980年代にこの絵を修復したイタリアの研究者は、春の花のなかに冬の花がまじっているのに気づき、首をかしげました。クリスマス・ローズ?いいえ、これはきっとレンテン・ローズ。イースター(復活祭)に先だつ四旬節(レント)に開く花です。この絵には、古代神話の春と聖書の復活の春とが二重写しになっているに違いありません。
 若桑みどりも、このヴィーナスに聖母を重ね、薔薇はヴィーナスの花にして聖母の花と述べています(『薔薇のイコノロジー』)。なるほど、聖母の足元に薔薇が描かれていますね。そこから左へ目を移すと、レンテン・ローズがつつましく咲いています。まるで薔薇に一等地をゆずるかのように…

Parmi des fleurs des champs, il y a des roses de carême. Ce fleur fait allusion à deux printemps (mythologique et chrétien). Quel joli mariage !


c0345705_07175697.jpg
(2012年撮影)


友人のaster roseがイラストにしてくれた、レンテン・ローズと水仙。
白い花びらはまるでヴェネツィアのカーニヴァルの天使の翼のよう。
謝肉祭の喧噪から四旬節の静寂へ、そして復活祭の歓喜へ…
中世からルネサンスの春へ思いをはせつつ、今年の春をうれしみましょう。

Voici des roses de carême et narcisses chez nous…
(photo by snowdrop, image processing by aster*rose, mon amie)


c0345705_12012189.jpg

「angelo venezia carnival」の画像検索結果


(Ange de Venice)(google search)


「語られぬことば 下」は延期します。イースター休暇中にお祝いしたかったので

Untold words in a novel 2 is postponed.

(All Rights Reserved)








[PR]
c0345705_09154192.jpg


 品格ある偉大なる執事の道を追求してきたスティーブンスは、ドライブの旅に出る。ルートには、いま話題のソールズベリーも…。イギリスの田園風景は偉大かつ温和なる精神の象徴として、つねに物語の背景にある。そして、物語は彼の回想のなかで、さらに、回想のなかで言葉にされなかった事どもの中で展開する。

 スティーブンスは真面目な男だ。執事は彼の天職かもしれない。だからだろうか、彼は決して執事の仮面を脱がない。執事のお仕着せを脱ぐときも、彼の心は仮面を着けたままだ。少なくとも彼が物語る間は…

「まあ、ミスター・スティーブンス。(…)これは、ただのおセンチな恋愛小説ではありませんか」
スティーブンスは読書中、女中頭のミス・ケントンに本の中身を知られてしまった。彼は読者にこう語る。
「その本は(…)ご婦人のお客様のために、読書室やいくつかの客室に用意してあるうちの一冊でした。私がそれを読んでおりましたのには、明快な理由があります。それは、その種の本を読むことが、英語力を維持し、向上させるのに、ひじょうにすぐれた方法であるからにほかなりません」
 snowdropは鈍い方だが、さすがに突っ込みたくなる。「あなたはミス・ケントンのことが気になるから、そんな本を手に取りたくなったんでしょうに!」― 語られなかった恋

 スティーブンスはけっして本音を語らない。昔の主人が第一次大戦後の窮境にあえぐドイツに手を差し伸べようとし、やがてナチスに利用されてしまった事について、批判めいたことは口にしない。ただ「道徳的巨人」であった主人の高潔な人格を擁護するばかりである。それでいて、「あなたは、ダーリントン卿のもとで働いていたんでしょう?」と問われると、否定する。「いいえ、そうではございません、奥様」彼は自らに問いかける、なぜ否定してしまったのか、と。そして、主人を悪く言う言葉を耳にしたくなかったからだ、と自らを納得させる。
 じつに彼の否認は二度に及ぶ。三度目は描かれていない。思い出されるのは、主イエスを三度否認してしまった弟子ペテロ。…カズオ・イシグロは三度目の否認の場面を描かなかった。― 語られなかった悔恨

Stevens, who had pursued the dignity and greatness of the butler,embarked on a leisure holiday. The landscape of countryside, e.g. Salisbury, is the symbol of the greatness and the warmth of British spirit, always the background of this novel(). The story unfolds in his reminiscence and what has not been told with words in his reminiscence (Snowdrop remembers the difference of the landscapes between “Continentals” and “Celts”: the countrysides without and with rugged mountains!).

Stevens is square. The butler might be his vocation. He always wears the mask of butler. Even when he is not in his uniform, his spirit wears his mask, at least while narrating. For example,

“The book was, true enough, what might be described as a ‘sentimental romance’ one of a number kept in the library, () for the entertainment of lady visitors. There was a simple reason for my having taken to perusing such works, it was an extremely efficient way to maintain and develop one’s command of the English language.”


Even a slow snowdrop wanted to butt in, “Your curiousity about Miss Kenton makes you to choose such a book! ” ― untold love.


Stevens never speaks his mind. He never criticizes his ex-master, Lord Darlington, who was a fair English gentleman and moral statue whose compassion on Germany after Word War I was manoeuvred by the Nazis. And yet he denied that he had served the lord.

“Presumably you must have worked for him [Lord Dalington]””I didn’t, madam, no.”

Why did he deny? He anwers to himself “to avoid any possibility of hearing any further such nonsense concerning his lordship”.


He denied his lord twice. This situation reminds me of three denials by Peter in Bible. The third scene was not written in this novel. untold regret.



c0345705_14090821.jpg

ヘンルーダの花言葉は「悔恨」です(シェイクスピア『冬物語』)
ウォルター. クレイン画『シェイクスピアの花園』より(部分)
According to the language of flowers, Henruda means the rue (regret).


 スティーブンスは気づいていなかったのだろうか。自分の恋に。自分の悔恨に。執事のお仕着せに身も心も固めてしまって、人生が「日の名残り」に到る最後の最後まで、気づかなかったのだろうか。
 否、彼はかなり早い時期に気づいていたと思う。自分が執事の仮面の内に本音を押し殺していることを。それは、第一次大戦後、ダーリントン邸で開かれた国際会議の最終日だった。自分と同じく執事として生きてきた父が、邸内の小さな部屋で亡くなった日だった。父の死に立ち会うこともできず、人々のグラスに酒を注ぎ、足の痛みを訴える客に、父の死を診断した医師を差し向けるスティ-ブンス。彼は何度か、主人や主人の甥に声を掛けられる。
「おや、スティーブンス、気分が悪いのかかい」…
「スティーブンス、どうした?大丈夫か?」…
「なんだか、泣いているように見えたぞ」
彼は笑い、ハンカチを取り出して、手早く顔を拭く。
「はい、なんともございません」
私も、スティーブンスに声を掛けたくなった。
「スティーブンス、本当に大丈夫なの??? 」

 スティーブンスの仮面の下の素顔を垣間見た、ダーリントン卿とその甥のレジナルド。そしてスティーブンスの代わりに父を看取ってくれたミス・ケントン。この三人だけがスティーブンスに本音を漏らす。前の二人は、口の堅いよき聞き手としての彼を信頼して。後の一人は、素顔の彼に心を寄せて…けれども、スティーブンスはよき執事としての理想を優先させてしまった。あるいは、よき執事という仮面の下に逃げ込んでしまった。― 語られなかった真の人生

 スティーブンスを見守る作家の目はあたたかい。カズオ・イシグロは「忘れることが必要なこともある」と述べる。それは前へ進むためだ。スティーブンスはきっと顔を上げるだろう。
 『日の名残り』は読者が参加することで初めて完成する物語である。その風通しのよさは、日本的な「余白の美」に通じるかもしれない。
 

Had not Stevens noticed his love and his regret? Did he notice that for the first time, in the remains of his day? No, he should have noticed that earlier. It was on the last day of the conference hold at Darlington Hall in 1923. It was on the day his own father, an under-butler,died in a small room in the hall. He could not be present at his deathbed. He was serving the guests and led the doctor from his fathers room to the billiard room where a man was waiting with his aching feet. Lord Darlington and his nephew spoke to Stevens several times.


Stevens, are you sure youre all right there?”…

Not feeling unwell, are you?”…

Stevens, are you all right?

Yes, sir. Perfectly.

You look as though youre crying.

I also wanted to ask him, “Stevens, are you really OK? 

Lord Darlington, his nephew Cardinal, and Miss Kenton (who was present at his fathers final moments) : these three persons sometimes speak their mind to Stevens. The two men trusted him as a close-mouthed listner and the woman was recognizing his real face. But he did not pull off his mask. ― untold true life.

The author always seems to watch over Stevens. Kazuo Ishiguro says forgetting is sometimes necessary in general so as to live positively. Stevens will raise his face.
The Remains of the Day is the novel that is completed by every reader. There is a kind of the beauty of the untold blank space characteristic of Japanese culture.

映画「日の名残り」より



新聞にアイロンかける屋敷あれば折り紙のごと畳む汽車あり

While TIMES is ironed in an English manor house,
NIKKEI is folded in a Japanese crowded train.


「新聞 電車折り」の画像検索結果

(google search)
(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_15034230.jpg


雲ひとつない2月のある日、大阪城の梅林へ足を運びました。「黒雲」という名の紅梅が、天守閣を表装、あるいは額縁のように囲んでいます。

Un jour en février sans nuages, je suis allée au jardin de prunier dans le château d'Osaka. Tiens, des fleurs rouges des pruniers nommés "Nuage Noir" encadrent le château!



c0345705_15042731.jpg


さみどりの()

tressons un panier

de brindilles vertes claires

de prunier,

le cadeau d’ aujourd’hui

est ce château-là


c0345705_15052994.jpg
関連画像関連画像

(google search)

ふっくらした梅干になる前の「南高」。すんすん伸びた枝も健やかに…

Les fleurs deviendront des prunes et seront confites dans du sel.


c0345705_15073061.jpg

大坂城にいちばん似合うのは、ひょっとして「古城」でしょうか。

Ce prunier est appelé "Vieux Château".


c0345705_15351065.jpg

浪花の女性歌人、与謝野晶子の歌に似合いそうな「楊貴妃」。京の閨秀画家、上村松園の「楊貴妃」(pinterest)と…

Un prunier et une peinture "Yang Guifei".

「楊貴妃 上村松園」の画像検索結果


梅の花微風を蹴る姿すと朝歩きして思ひけるかな 
晶子『梅花集』



c0345705_15293668.jpg


万葉人が隠れていそうな「月の桂」。これは天平の女子会の歌?それとも早春の宵、恋人と注しつ注されつ…

"Arbre au Caramel dans la Lune" cache des femmes de l' ère Tempyō ? Une poète chanta "Après avoir bu du saké et pétales de fleur de prunier dans une verre avec mes ami(e)s, je ne regretterai pas même si elles toutes tombent." (Man'yo-shu)


酒坏尓 梅花浮 念共 飲而後者 落去登母与之   大伴坂上郎女
酒坏にの花浮かべ思ふどち飲みての後は散りぬともよし 萬葉集巻八1656
酒坏に梅の花を浮かべ、親しい者同士で飲んだあとは、散ってしまってもよい


c0345705_14073949.jpg


そういえば今日はホワイトデー!梅の木の下で女同士(どち)、雛あられとロゼワインを愉しみましょう。春鹿の盃でうすべにいろの葡萄酒を一杯、また一杯…。舟遊びもいいですね。あらら、太閤殿下、女子会へご乱入?!

Aujourd'hui est White Day (Jour Blanc) ! Sous un prunier, je vous sers des hina-arare et du vin rosé à la place des guimauves. Ou on va canoter ensamble? Oh, Seigneur TOYOTOMI Hideyoshi, il nous invade!



c0345705_15514741.jpg


舟遊びもまたよし、よしと声すれば秀吉ごのみの金の屋形船

Un canotage,
c
est si bon, bon!
Le voix

de Seigneur T.Hideyoshi?

Non! Voici un bateau dor!


a0332314_17200562.jpg
「金獅子」* fleur de prunier "Leone d' Oro"


c0345705_15012131.jpg
狩野派好みの梅の枝ぶり*comme un prunier dans le byobu paravent

梅の写真は2月末撮影です。

(All Rights Reserved)

BGM*秀吉好みの南蛮音楽
Bonus*the imported music in Hideyoshi's reign(6:06~)








[PR]

c0345705_06320610.jpg
バッハの平均律第1巻第1番前奏曲は、グノーの「アヴェ・マリア」の伴奏に用いられました ♪


弾き初めは、ピアノの音そのものを味わうためのバッハ、それともモーツァルト。
あるいは、ピアノでしか歌えないものを歌ったショパン…
九カ月ぶりの鍵盤の上、私の指はまだ和音やリズムを覚えていました。

Mon premier jeu du piano en 2018, c' est Bach (pas Th. mais J.S.), Mozart(pour apprécier le son du piano même), et Chopin(pour ce qu' on peut chanter par le piano seulement)…
Mes doigts mémorisent encore des accords et rythmes après neuf mois!


c0345705_06330924.jpg


ショパンのバラッドを氷上でうたったのは、羽生弓弦選手。彼がこの曲を滑った2014年以降、よくこの楽譜を広げたものです。曲がりなりにも通しで弾けたときの嬉しさ!今季、私も右手にお礼を言いながら、軽い音でゆっくり弾きました。昨夏蝮に咬まれてから少しずつ治ってきてくれて、ありがとうね。

Yuzuru H. a choisi ce Ballad de Chopin pour son programme quelques fois. Chaque fois il a patiné avec ce morceau (2014-18), je l' ai joué maladroitement. Cette fois, lentement et légèrement en remerciant mon bras droit comme lui (remerciant sa jambe droite).


c0345705_06343198.jpg
バレンタインのおまけ*Bonus di Godiva (Saint-Valentin, 2000s)


飛行機から大地を見下ろしている気分になるこの箇所、羽生選手のショートプログラムには入っていません。

Cette partie toujours me donne la vision du parachutiste, mais elle est supprimée dans son programme, tant pis !


c0345705_17240863.jpg
エールフランス機内より (de Air France, 2004)


「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」のトリルで、右腕のだるさが戻って来てしまいました。リストは或る意味で、ショパンより弾き手を思いやってくれる作曲家なのですが…。

La fatigue de mon bras droit est revenue par des trilles de St François d'Assise: la prédication aux oiseaux... Mais en fait il est un composer qui pense au pianiste miex que Chopin!


c0345705_09062625.jpg
いつか行きたいアッシジ(2015年撮影)


真っ黒なクジラの白い歯鳴らしたら行けるだろうか海の果ての国
jouant
des dents blanches de la baleine noire
est-ce que
elle va au pays
au-delà de la mer ?



Dscn0207_800x530
初めての発表会*snowdrop’s first recital (1970s) ♪ Variations on "Bienchen Summ Herum!"
Une biche joue de la baleine à queue !


次に弾くときは、ジャズもいいな ♪

Je jouerai du jazz la prochaine fois ♪


c0345705_08355595.jpg


トルコ風ブルーロンドに背(せな)おされ逢ひにゆきたき人のありしを

Blue Rondo a la Turk
would encourage me to go to see
that man
in my youth
(my secret love…)



トルコ風ブルーロンド▲

(All Rights Reserved)



[PR]
c0345705_10220638.jpg
ピョンチャンオリンピック開会式 * Jeux olympiques d'hiver de 2018(NHK)

レバノンの香柏にふる雪はるか*
la neige sur le cèdre du Liban, elle est lointaine


五輪はオリンピック、六花は雪のこと。平昌五輪の、チマチョゴリをアレンジした雪娘のコスチューム、何回見てもうっとりしました。旧暦では昨日から「雨水(うすい)」に入りました。雪がとければ春が来ます。

Un 한복-costume de fille de neige, on l' a vu 92 fois!
Depuis hier la période de Usui(雨水)a commencé. Usui(雨水)veut dire "pluie-eau", quand la neige fond.


「雪 甲骨文字」の画像検索結果「宇野昌磨 ショート 平昌」の画像検索結果「羽生結弦 ショート 平昌」の画像検索結果

=雨+羽(左) *水鳥のような宇野選手(中)* 春水のような羽生選手(右)(google search)
UNO Shoma comme un oiseau aquatique HANYU Yuzuru comme de l' eau



 「」という漢字は「雨」の下に鳥の「羽」を描いていて、凍った水滴が鳥の羽根のように空から舞いおちるさまをかたどった象形文字です。中国の字書『説文解字』によれば、「雪」とは万物を悦ばせるもの。雪の少ない地方で生まれた文字なのでしょうか。
 ハングルでは、漢字語の「雪」は설(ソル)、固有語は눈(ヌン)だそうです。ラジオのハングル語講座、むかし1カ月で挫折しましたっけ。(冬ソナの数年前でした)

 Selon Le Shuōwén Jiězì, un caractères chinois ”雪(neige)” se compose de "雨(pluie)" gelée comme des 羽(plumes)tombantes du ciel, ce qui réjouit tous.
 설 ou 눈 au hangeul, que snowdrop a échoué à apprendre il y a 20 ans, avant de Winter Sonata.


c0345705_20284046.jpg


雪いろの冬帽子とクマのぬいぐるみ(五輪開会式*NHK
羽生結弦選手へのクマのぬいぐるみ*lucky charm of Yuzuru, Pooh(google search)


「平昌 プーさん」の画像検索結果「winnie the pooh first love」の画像検索結果


「winter sonata drama korean」の画像検索結果


« Les premières heures de l’amour sont comme les premiers pas sur la neige. »
de Henri de Régnier (1864-1936)


アンリ・ド・レニエの詩を短歌として詠める


はつ恋は銀世界への第一歩ひかりきらきら足とられても




c0345705_09044188.jpg

雪の笠とサザンカ*
camellia sasanqua (2017)


雪国に生まれし友へ
せつせつとふる白雪を聴かまほし君のからだの内なる
()()


je voudrais écouter

des flocons de neige poudreuse

qui tombent

et s' accumulent

dans ton corps et coeur


c0345705_09263232.jpg


五輪の六華(六弁花の水仙)* five-ring of six petaled flowers



これは寒がりの父の帽子。そんな父のために昔母が手編みしたショール…snowdropが生まれる前のことです。

Voici une chapka de mon père et une couverture de voyage tricolté à la main de ma mère il y a 50 ans!



c0345705_10400129.jpg



無口なりし母が ひと針ひと針を編みしショールよ なにを語るや


cette couverture

à la main de ma mère

qui était taciturne,

qu'est-ce que tu parles

par chaque maille aujourd'hui ?



All Rights Reserved

おまけ*Bonus

「平昌キムヨナ」の画像検索結果「伊藤みどり 聖火」の画像検索結果

キム・ヨナ(Kim Yeon-ah(2018)ITO Midori (伊藤みどり)(1998
(Mainichi NIKKEI










[PR]

c0345705_14432393.jpg
ヴァレンタインチョコレート博覧会(阪急百貨店梅田店)(すべて撮影許可を頂いています)
Chocolate EXPO 2018 in Hankyu Department Store (Umeda)


ショコラの国、アムールの国のフランスには、マリー・アントワネットやナポレオンのチョコレートがあります。悲劇の王妃は日本でも人気者。漫画や宝塚歌劇の「ベルばら」だけではありません。昨年12月には、何とお能の「マリー・アントワネット」が上演されました。もとタカラジェンヌの美沙のえるさんらも出演したそうです。

Le pays du chocolat et amour, France conçoit le chocolat de Marie Antoinette ou de Napoleon. Au Japon, il y a Manga (par IKEDA Riyoko, basé sur le roman de Stefan Zweig), Takarazuka Revue, et Noh sur Marie Antoinette. En ce Noh, UMEWAKA Gensho joue la reine et une ex-Takarazienne Misa (Messe) Noël dance.



「ベルばら 漫画 アントワネット  pinterest」の画像検索結果「ベルばら 宝塚 アントワネット  pinterest」の画像検索結果 池田理代子原作*花總まり主演(pinterest)

c0345705_14460261.jpg
シテ 梅若玄祥(日本経済新聞より*NIKKEI, janvier 2018)
UMEWAKA Gensho joua Odyssée aussi dans Noh NEKYIA (ネキアー冥府行)


かつてフランスが統治していた国、ヴェトナムはいまチョコレート産地になっているそうです。

Viêt Nam, une ex-colonie française, est devenu un de pays producteurs de cacao.


c0345705_14400895.jpg
日本の新聞でも、アメリカの新聞でも話題に…*in both Japanese and American papers
c0345705_14412931.jpg


あら、ここは博覧会の会場ではなかったの?snowdropはヴェトナムのココア農園に時空を超えて迷いこんでしまったのでしょうか?

Oh! Est-ce que snowdrop est perdue dans une plantation de cocoa de Viêt Nam?


c0345705_14284082.jpg


いえいえ、ここは吹き抜けの特設会場。せっかくなので、チョコレートの作り方を教えてもらいましょう。

Mais non, ici, c' est une salle spéciale de la Saint-Valentin! On peut apprendre comment fabriquer du chocolat.


c0345705_14362389.jpg

リヤカーで運ばれてきた、ラグビーボールみたいなカカオの実(カカオポッド)を割って…

Des fèves de cacao sont portés par un charrette à bras.

c0345705_14342868.jpg

白いヌルヌルのパルプで覆われた豆を取り出します。箱で発酵させるとパルプが溶けて豆と反応します。

Extraire des fèves de la cabosse comme ballon ovale. La séparation est suivie de fermentation dont le but est d’éliminer la pulpe onctueuse et de réduire l’amertume.

c0345705_14321723.jpg

さらに乾燥させて、チョコレート色になったら麻袋に詰めて出荷します。フランスや日本へ…


Sécher les graines. Les graines brunes sont mis un sac et envoyées au Japon, France, etc.

c0345705_14332109.jpg

焙煎器(下)からは香ばしい匂い! 豆を砕いて殻を風で飛ばし、残った豆の中身(ニブ)をペーストにし、練り上げ、テンパリングし、型に入れて冷やし固め、ようやく完成です。

Snowdrop a trouvé un torrefacteur qui répandait bonne odeur. Il y a encore le processus de la broyage, de la pressage, etc.

c0345705_14423459.jpg


ヴェトナムのカカオ豆を使ったチョコレート屋さんは、ココアも飲ませてくれます。熱々のココアで体はぽかぽか!でも、snowdrop(じつはブラックチョコ派)にも濃厚すぎて、試食が続けられなくなってしまいました。^^; これはジャケ買いに走るしかありません…

…Je voudrais du chocolat chaux…oh, comme le fortifiant, assez riche pour moi, une philo-chocolat-noir! …Elle n' a pu plus essayer du chocolat, elle a donc les choisi par le paquet.



c0345705_14420131.jpg

あつあつの濃ゆ~いココア*chocolat chaux ↑


今年はカカオの風味を際立たせたタブレット(板)チョコレートがブームだとか。そこで、ヴェトナムのカカオ豆を使った「冬の浅間」(左)と、イタリアの「FIAT」(右)に決定!おまけはミニカー、子供のころ家族で乗っていた車みたいな黄色です。

VOILA (Ta-da) !! une tablette de chocolat de cacao en provenance du Vietnam (gauche) et MAJANI FIAT avec BONUS:une petite voiture jaune comme Sunny de ma famille dans mon enfance!


c0345705_14253507.jpg



太陽の色のサニーで旅したね夏の白浜果てしない海
we traveled
by that sun-colored car
Sunny,
to White Beach (Shira-Hama)
of the boundless Pacific

c0345705_14262019.jpg


家族でよく旅した車山高原(今年のカレンダーから)
Chocolat Mont Asama hivernal et
plateau Kurumayama dans mon calendrier, dans mes souvenirs

おまけ * Bonus
♥のかたちのゼラニウム(2月12日撮影)
géraniums-lierre en forme de coeur♥


Dscn0673_800x744

(All Rights Reserved)








[PR]

「雪景色 広重 切手」の画像検索結果

c0345705_07253109.jpg


天からの画家の手紙か寧楽(なら)の雪 (2月1日撮影) (歌川広重の切手*google search)

Est-ce que des lettres du peintre des cieux , la neige en Nara? (le1 février)



ゴッホ「雪景色」*Snowscape by van Gogh


snowdropは、ゴッホの画集を一冊も持っていない数少ない美術愛好家の一人です。
それは、ゴッホの絵を長い間見つめていることができないからです。
それが、或るブログでゴッホの雪景画を見て、展覧会に足を運びたくなりました。

Snowdrop is one of the rare art lovers who do not have a book of paintings of van Gogh, because she cannot observe his paintings for a long time. And yet one of his snow landscapes in one of her favorite blogues made her visit his exhibition in Kyoto.


c0345705_07240186.jpg
c0345705_07274118.jpg


京都へ出かけた1月下旬、雪は降りみ降らずみ…
ゴッホの夢みた日本の青空と、ゴッホの愛した日本の雪とが交互に訪れました。

It snowed off and on when she visited the exhibition in Kyoto in January.
The blue sky Gogh dreamt and the white snow he loved, both of them appeared alternatively.




「mountain village in japan」の画像検索結果

ゴッホ「雪景色」と広重 「東海道五十三次の内蒲原夜の雪」(pinterest)(広重は出品されていません)
snowscape by Gogh(left) and by UTAGAWA Hiroshige (right)


日本の風景を求めて南仏アルルへ旅立ったゴッホを迎えたのは、白一色の雪景色でした。けれど、ゴッホはそこに日本の雪景の版画を連想して感激します。

Gogh traveled to Arles in pursuit of Japanese landscapes, where he saw a white snowscape. It was for him a Japanese woodprint representing the snowscape!


c0345705_07293762.jpg
ゴッホ「糸杉の見える花咲く果樹園」
Orchard in Blossom, Bordered by Cypresses, Gogh


やがて春、白い果樹の花々が咲き始めました。まさに桃源郷!ゴッホの日本の夢はじつは「白」から始まったのです。

The spring has come. The fruit trees began to bloom like Japanese white plum, peach, and cherry blossoms. Here is the Utopia! Gogh's dream of Japan started from "white".


「じゃがいも を 食べる 人」の画像検索結果
ゴッホ「じゃが芋を食べる人々」(pinterest)(出品されていません)
The Potato Eaters, Gogh


そもそもゴッホは「黒」からスタートした画家でした。牧師を父とし、かつて聖職者を志した青年は、貧しき人々を暗い色で力強く描きました。やがてパリに出た彼は、色とりどりの印象派絵画や日本の浮世絵と出会いました。彼は日本の色彩を求めて、さらに南仏アルルへと旅立ちます。そして、白い雪と花に迎えられたのでした。

Gogh had started with "black" in the first place. A young man whose father was a priest originally aimed to be in holy orders. He painted the poors with dark colours. He went up to Paris and met colorful Impressionist paintings and Ukiyo-e. Moving to Arles after Japanese images, he was greeted by white snow and flowers.


c0345705_09480693.jpg
ゴッホ「アイリスの咲くアルル風景」(上)尾形光琳「燕子花図屏風」(下)(wiki)
c0345705_21220791.jpg
「北斎  燕子花」の画像検索結果

北斎「燕子花」(pinterest)(青が退色し、輪郭線がよく見える)
(光琳と北斎の燕子花は出品されていません)
Iris by Gogh, Korin, or Hokusai. Hokusai's blue is faded and the outlines are seen better.


白い春が過ぎ、青いアイリスの咲く夏がやって来ました。ゴッホが「日本の夢」とたたえたアルル風景、何かに似ていませんか。ほら、手前の青いアイリスと金色の小麦 ― 光琳のカキツバタの金屏風を思わせます。ゴッホは画廊か雑誌のなかで、この屏風を見たことがあったのでしょうか。それとも、輪郭線のくっきりした北斎の版画を見たのでしょうか。輝かしく鮮やかなるジャポン!現実の日本は、透明な空気とは正反対の湿気に包まれた国なのですが…

White spring passed into blue and yellow summer. This landscape of Alres that Gogh praised "a dream of Japan" resembles Iris by Korin or Hokusai ― the former's colour combination of gold and blue, and the latter's outlines of flowers. Brilliant Japon!But in reality, Japan is a humid country far from the clear and transparent air.


c0345705_15305795.jpg
ゴッホ「ひまわり」(部分)*Sunflowers(google search)(出品されていません)


 盛夏、ゴッホは友人のゴーギャンとともに黄金のひまわりを描きました。日本の版画家(画師、彫師、摺師)が共同制作するように、自分たちも芸術の共同体を営んでいるのだ!有頂天になるゴッホ。
 しかし、現実は ― 日本の版画制作は完全な分業体制で、今でいうコラボとは異なっていました。また、ゴーギャンはゴッホのような夢想家ではありませんでした。やがて共同生活は破局を迎え、ゴッホは耳切り事件を起こし、サン・レミの病院に入院します。


 In high summer, Gogh painted a series of sunflowers in yellow with his friend Gauguin. Gogh was in the skies because their cohabitation seemed to him the community of Japanese woodprint artists.
 But in fact, Japanese woodprint was produced not by such a collabration but merely by a division of labor. And Gauguin was not a dreamer like Gogh. Soon their cohabitation collapsed and Gogh entered a mental hospital in St. Remy.


c0345705_10084647.jpg
ゴッホ「草むらの中の幹」(部分)* Tree trunks in the grass by Gogh(detail)


 ゴッホの絵から、黄色が薄れてゆきます。代わりに表に出てきたのが白でした。この絵の草原を埋めるのは白い花ばかり。わずかに木の根元に黄色いたんぽぽが、夢の名残のようにひっそり揺れています。
 白は、しかし、ずっとゴッホに寄り添ってきた色でした。彼のひまわりの連作は、チューブから絞り出した黄の絵具一色ではありません。濃淡さまざまな黄色を操るには、白絵具もたくさん必要だったはずです。

 In Gogh's paintings the yellow began to retreat and the white has emerged in turn.This grass is full of white flowers and only several yellow dandelions bloom around the bottom of a tree like the obscure traces of his dream.
 The white, however, was the colour that had been beside him from the beginning. His sunflowers were painted not only with the yellow but also with the white mixed into the various tones of yellow.


「gogh star moon」の画像検索結果

ゴッホ最晩年の「星月夜」*The Starry Night(MoMA HP)(出品されていません)


 ゴッホは心の奥底ではずっと、白の清らかさ、白の安らぎを求めていたのかもしれません。
 死の一年前に描かれた「星月夜」では、黄色い月と白い星が拮抗しています。左手前には黒々とした糸杉、右奥には青白い教会堂…糸杉は死、教会は救済を象徴しています。
 黒の画家(じゃが芋を食べる人々)から黄の画家(ひまわり)、そして白の画家(星と教会)へ……ひょっとしてゴッホは、失われた聖職者の夢を、無意識のうちに色でかなえようとしていたのでしょうか。

 Gogh might have seeked for the pure and peaceful white at the back of his mind.
 In The Starry Night painted one year before his death, the yellow and white coexist. Black cypresses are the symbol of the death, and a pale church the salvation.
 From a painter of the black(The Potato Eaters), that of the yellow(Sunflowers), and to that of the white(The Starry Night)…Gogh might have wanted to recover his lost dream to take in holy orders through the colours unconsciously?


c0345705_10045207.jpg
平安神宮の大鳥居、雪山の麓の金戒光明寺
Torii (right), Kyoto Municipal Museum of Art (middle), and Temple (left) in the snow


3階のゴッホ展に続き、4階の日本の近代絵画を見ながら、ゴッホの夢の日本と、現実の日本について思いを巡らせました。ああ、ゴッホがもっと長生きしていたら!あるいはフォーヴィズムの先駆者として名声を得、大正時代の日本人画家たちの訪問を受けていたかもしれないのに!(3階には、ゴッホの墓参りをする日本人の写真なども展示されています)

In this exhibition, you see the photographs of Japanese artists who visited his grave since the Taisho period. Snowdrop thought about the non-coincidence between Japan in Gogh's dream and real Japan. Helas, if the painter had lived longer! He might have gotten the fame as a pioneer of Fauvisme and might have received visits from Japanese painters!


c0345705_10051354.jpg
京都国立近代美術館からのぞむ京都市立美術館と南禅寺
Kyoto Municipal Museum of Art (left) and Nanzen-ji Temple (right) from MoMA, Kyoto



ゴッホが日本を夢見てアルルへ旅立ったように、多くの日本人がヨーロッパを夢見て軽井沢などに滞在しました。ゴーギャンから受け入れてもらえなかったゴッホの芸術家の共同体構想は、のちの武者小路実篤や志賀直哉らの「新しい村」に通じるものでした。

While Gogh traveled to Alres seeking for Japan, not a few Japanese stayed in Karuizawa seeking for Europe. The community of the artists that had been rejected by his friends was in some way realized in Japanese "New Village" founded in 1918.▶https://en.wikipedia.org/wiki/Atarashiki-mura

c0345705_10081039.jpg



星ふる夜 天使の声のふりつもり かそけくうたふ日本の雪を
in the starry night
angels' voices also fall
singing faintly
Japanese snow
which van Gogh dreamt
「vincent van gogh sterrennacht」の画像検索結果



立春に詠める*on the first day of spring
あたらしく生(あ)れし命をことほぎて画家の遺せし絵の花の白
celebrating
a new life of his nephew
the painter
painted white flowers
like Japanese cherry blossoms

「アーモンドの花 ゴッホ pinterest」の画像検索結果

ゴッホ「花咲くアーモンドの枝」(出品されていません)
Almond blossoms by Gogh(pinterest)


憧れのジャポンをパッチワークしてゴッホは描く錦絵の夢
patchworking
the admired Japon
the painter, Gogh
painted and painted
his dream like colorful ukiyo-e

c0345705_11063183.jpg

(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_19392467.jpg
日本橋駅*Nippon-bashi Station, Osaka


ミラノスカラ座のオペラシーズンは毎年12月7日に始まるとか。大阪国立文楽劇場の新春公演は1月3日から25日まででした。劇場内に一歩足を踏み入れると、浮き立つような三味線のBGMに包まれます。久々の新春公演!かつて同級生四人で、四天王寺で厄払いしたあと観劇して以来かもしれません。

The opera season of Teatro alla Scala begins on December 7th. The new year's performance of National Bunraku Theater was from January 3th to 25th in 2018. Entering the thearter, the background music of shamisen-lute greets you.


c0345705_10391879.jpg
Img_0916_768x1024












食いだおれ人形*Kuidaore Taro in National Bunraku Theatre


ロビーには大きな頭(かしら)のオブジェが…いつからあるのでしょう?奥に見えるのは食いだおれ人形、文楽人形と似た作りだとか。文楽の人形や衣裳は展示室で見られます。まるでオペラ歌手のコスチュームのディスプレイ !?

When has this giant-kashira (puppet-head) appeared in the lobby? Do you find Kuidaore Taro in the back? The puppet and kimono are displayed in the exhibition room. Just like the display of the costumes of opera singers !?


c0345705_10380696.jpg
c0345705_11103247.jpg
↑あっ、売店にアンパンマンかるたが!*Anpan-man Carta!


一階ではカナッペとカクテルならぬ、お菓子とおうすが頂けます。心惹かれますが…snowdropは客席へ急ぎます。開演15分前の幕あき三番叟、やっぱり今日も観たいから♪

They serve not cocktail and canapes, but maccha tea and sweets. Snowdrop hurries to her seat. Let's enjoy Sanbaso-dance before the rise of the curtain today also!


c0345705_10574002.jpg


喜びあれ!祈る傀儡(くぐつ)をあやつるは姿も声も隠せる黒衣(くろご)


Joyeux PrintempsCe qui manipule cette marionnette,c
est un Kuro-go sans forme, sans voix.(2017)


c0345705_17330241.jpg
文楽人形をつかう黒衣(『文楽』平凡社)https://en.wikipedia.org/wiki/Kuroko


黒衣さんは舞台の始まる前に三味線を運んだり、幕開き前の口上を述べたり、色んなお仕事をします。↓

Kuro-go (assistant-puppeteer) is preparing shamisen-lutes. They prologue every scene. ↓

c0345705_11153704.jpg


舞台の上手の床、独楽のように回る「盆」に乗って、太夫さんと三味線弾きさんが登場します。一度乗ってみたい?メリーゴーラウンドとちゃうで。

Tayu and shamisen player are to appear on the rotating stage. Do you want to take a test ride? Not a carousel!

「文楽 床 太夫 三味線」の画像検索結果
文楽協会HPより


舞台の幕も華やかに…にらみ鯛がおめでたいですね。ミラノスカラ座や、パリオペラ座に負けてへんで!

The screen is so gorgeous as La Scala's and L'Opéra's! ― A pair of sea beams shout!


c0345705_10371224.jpg


紅白のぼんぼりの優しい光、シャンデリアとは一味違います。劇場入口で仰いだ飛天の絵柄ですね。

Red or white bonbori (paper lantern) with Heavenly Maiden design that is common with the entrance curtain's.


c0345705_11143610.jpg
a0332314_10443433.jpg
飛天の足元に餅花と絵看板が…


この日見たのは昼の公演、絵看板の右半分です。

Snowdrop enjoyed the matinee only, the right half of the below signboard depicting scenes from the play. Mochi-hana decorate the lobby.


c0345705_10554200.jpg


 『摂州合邦辻』「合邦住家の段」を拡大しましょう。このクライマックスを、六代目竹本織太夫が語りました。あらすじは…
 年若き後妻の玉手御前は、俊徳丸の義母でありながら、道ならぬ片恋に落ちます。許嫁との仲を割くため、俊徳丸に毒を盛って盲目にし、あられもなく言い寄り…ついに実父に斬られてしまいます。しかし、実は毒を盛ったのは、俊徳丸を家督争いから守るため、いずれは寅の年寅の月寅の日寅の刻生まれの己の肝の生き血で、病を治してやる心づもりだったのです。
https://www.kabuki21.com/gappo.php
▲English synopsis of the below signboard, Sesshu-gappo-ga-tsuji


c0345705_07500670.jpg
『摂州合邦辻』「合邦住家の段」

 荒唐無稽な筋だと思われますか?それが、鶴澤燕三の三味線と一体になった織太夫の大音声の語りを聴き、桐竹勘十郎が遣う人形の狂態を見ていると、ぶっ飛びの面白さ!!周りのお客さんたちも、正面の舞台と右手の床とを交互に眺めています。
 そうえいばオペラでも、瀕死のヒロインが延々とアリアを歌うなど、不自然な場面が…(たとえば「椿姫」)。でも、オペラのシナリオは、歌手の美声を引き立ててなんぼ。文楽も、まずは太夫の浄瑠璃と三味線、そして人形の演技を、理屈抜きでしっぽり楽しんで。文楽はオペラだ !?

Do you find the plot nonsensical? But when you listen to the Oritayu' s joruri on shamisen sounds and see the puppets' performance, you find the scene exciting! In the opera also, sometimes the heroine who is dying sings loooong arias! (ex. La Traviata) The libretto is to bring out the beautiful voice of the opera singer. Let's enjoy visscerally first the harmony of joruri, shamisen-lute, and puppets! The BUNRAKU is the opera?!

c0345705_07522821.jpg
『平家女護島』「鬼界島の段」

 オペラに文学や哲学を持ち込んだのが、ワーグナーの楽劇でした。ワーグナーは、アリアごとに拍手でぶつ切りになるオペラを厭い、音楽と物語が一つになってうねる重厚長大な楽劇を創り出しました。ついにはバイロイトに専用の劇場まで!
 いっぽう、近松門左衛門の浄瑠璃は、太夫の語りだけでも文学として鑑賞に耐えます。これについては、いずれ近松の『平家女護島』「鬼界島の段」をもとにお話ししましょう。この日、この段を語ったのは、『文楽・五感のかなたへ』の六代豊竹呂太夫でした。― 文楽は文学だ !?
 
 R. Wagner did not like the conventional opera that had been interrupted by the applause for each aria. He brought the literature and pholosophy in the opera to creat the Musikdrama and Bayreuther Festspielhaus.
 CHIKAMATSU Monzaemon’s joruri is essentially the independent literature sung by Tayu. The BUNRAKU is the literature?!


a0332314_10422042.jpg
新春限定のお土産 ♪ 飛天・にらみ鯛・松竹梅のお煎餅、お干菓子、金平糖

BUNRAKU Senbei (cookie) in the form of Heavenly Maiden, sea bream, etc.

(All Rights Reserved)







[PR]
c0345705_13414012.jpg
lecture sur mon lit

鈴木三重吉編集の雑誌「赤い鳥」は大正7 (1918) 年6月に7月号を創刊号としてこの世に生まれた。(…)「赤い鳥」という名前は複雑な三重構造になっている。
①三重吉の愛着深い自作のタイトル ②若い不倫の恋人への燃える愛 ③日本児童文芸革命のシンボル
(…)ぼくは「詩とメルヘン」を創刊する時「赤い鳥」を目標にした。(…)ぼくのやっていることは鈴木三重吉とはまったくちがう。しかしその精神のある部分は共通するはずだ。それは(…)決して芸術至上主義に走らず、むしろ正当な通俗を目指していることだと思う(…)
― やなせたかし「飛べ!赤い鳥」(「詩とメルヘン」1987年6月号)


「アンパンマン 初代」の画像検索結果

アンパンマンと元祖アンパンマン
Anpanman (animation&original version) (google search)
Anpanman gives his face, anpan (a bun filled with red bean paste) to the fatigued.
Do not worry, his face is soon made again by his baker!


YANASE Takashi, the founder of Japanese magaginze Poem and Maerchen and creator of Anpanman said:

Akai Tori
(Red Bird) , Japanese children's literary magazine editied by SUZUKI Miekichi, was born in June, 1918. The title has three connotations.
①the title of his own novel ②the passion for his young affair-lover ③the symbol of Japanese children's literary revolution
When I first published Poem and Marchen, I set Red Bird as a target. What I am doing is completely different from that SUZUKI Miekichi was doing. But a part of our spirits should share some element. It is the proper popularities. (English summary by snowdrop)


c0345705_13415925.jpg
「詩とメルヘン」1987年6月号(「赤い鳥」特集号)より
Akai Tori (Red Bird) listed in Poem and Maerchen


 2018年は雑誌「赤い鳥」創刊100周年に当たります。赤い鳥の系譜をつぐ雑誌「詩とメルヘン」は1973年創刊・2003年休刊、そして「詩とファンタジー」として2007年に復刊しています。
 こちらは「赤い鳥」に1932年に発表された新美南吉の『ごんぎつね』。「詩とメルヘン」で活躍した黒井健の挿絵で、1986年に絵本になりました。

 The year 2018 marks the 100th anniversary of Akai Tori (Red Bird) , Japanese children's literary magazine. Poem and Maerchen was publshed from 1973-2003 by YANASE Takashi, a Japanese illustrator, cartoonist, and poet who loved Red Bird.https://en.wikipedia.org/wiki/Takashi_Yanase
 Gon, the Little Fox written by NIMI Nankichi is published in Red Bird in 1932. Here is one of the picture books, illustrated by KUROI Ken in 1986, who was popular in Poem and Maerchen.


c0345705_15143472.jpg
『ごんぎつね』(新美南吉作、黒井健絵、偕成社)より


「赤い鳥」を手に取りたくなったら、ココアショップ「アカイトリ」へ出かけます。テーブルや勉強机でバックナンバー(復刻版)を自由に読むことができます。前回訪ねたのは、苺の季節でした。

Red Bird 's back numbers (reprint) are available both at the coffee table and at this writing desk in the cocoa shop Akai Tori.(photo in the strawberry season in 2017)



c0345705_13425181.jpg


「赤い鳥」には日本の物語も…机のそばに飾ってあった土鈴は、大宰府天満宮の鷽(ウソ)だとか。

A Japanese tale in Red Bird and bullfinch-shaped earthenware bells.


c0345705_13445260.jpg


ハイカラな西洋の写真や物語も…カラーの挿絵はスウェーデンのトムテでしょうか。

Swedish photos and fairy tale in Red Bird … is this Tomte? ↓


c0345705_13452294.jpg



どこでせうムーミン谷は スウェーデン?いえいえ それは心のなかに…
https://www.asahi.com/articles/DA3S13314710.html(朝日新聞)
Where is Moominvalley?
in Sweden?
in Finland?
…it is a cartoon question in university exam…
it is in everyone's heart…
http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201801160051.html(News in English)


c0345705_13460159.jpg


どこでしょう、アカイトリは? 実は、道頓堀の近くに…
雪印乳業の前身は大正14(1925)年創業、カイゲン(改源)ファーマは大正13(1924)年)創業です。そして、グリコのキャラメルは大正10(1921)年生まれ。みんな雑誌「赤い鳥」と同世代です。↓

Where is Akai Tori(red bird)? Nearby Doton-bori, Shinsaibashi, Osaka, where the regulation of signboard's size is said to be not so strict as in other places.
Snow Brand Milk Products Co., Ltd (*) was founded in 1925, Kaigen Pharma Co., Ltd (Wind God is a symbol of their cold medicine) in 1924, and Glico's caramel (one caramel gives you the stamina for running 300 meters!) was born in 1921. They are all the contemporary of Red Bird !!!! ↓


c0345705_13471799.jpg
Doton-bori, Osaka*How colorful and vivid!


「アカイトリ」のイースターのインテリアや、バードネスト(鳥の巣)ケーキはこちら↓



(All Rights Reserved)



[PR]

チャイコフスキー「炉端で」♪ Au Coin du Feu

c0345705_10395436.jpg


これは西洋で一番古い雪景色といわれる絵です。「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」の「2月」の挿絵。描いたのはランブール兄弟、15世紀前半にさかのぼる細密画です。なんて豪華なカレンダーブック!「2月」に描かれているのは、けれど、フランスの田舎の冬、素朴な農民の暮らし…

On dit que ce peintre est le plus ancien paysage de neige: le mois de février de Les Très Riches Heures du Duc de Berry (1438-1442) par les Frères de Limbourg. Quel riche calendrier! (figs: Bibliothèque de l'Image) Et pourtant cette illustration nous monte la vie paysanne humble.


c0345705_10402880.jpg
Les chasseurs portent guêtres pour chauffer leurs mollets


こちらは小正月(1月15日)のどんど焼き…ではありません。「やまと編」(1月8日)でご紹介した北斎の「百人一首姥がゑとき」(1835-6年)の一枚です。http://ramages3.exblog.jp/238179878/
雪の夕暮れ、猟を終えた男たちが焚火にあたっています。画面右上の色紙形に綴られているのは、百人一首第28番。

「山里は冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬと思へば」(源宗于)

…さびしさとは真逆(まぎゃく)のにぎやかさ!男たちは草鞋に脚絆を巻いています。殿方もふくらはぎが冷えるんですね。下のフランスの女人みたいに!

"Winter loneliness In a mountain hamlet grows Only deeper, when Guests are gone, and leaves and grass Withered are:―so runs my thought" (The Hundred Poems by One Hundred Poets, Minamoto no Muneyuki, translation of C. MacCauley)
"In this mountain village it is in winter that I feel loneliest―both grasses and visitors dry up." (translation of McMillan Peter)
Hokusai represents the cheerful rest that is contrastive to the loneliness in the waka.


c0345705_10473048.jpg


フランスの山里へ戻ってみると…家の中の女人は青い衣の裾をまくって、ふくらはぎを温めています。足元には、くつろぐ白猫が…。いっぽう庭の家畜小屋、穴の開いた屋根の下では、羊たちが身を寄せ合って暖をとっています。烏は落ち穂をついばみ、蜜蜂は4つ並んだ巣箱の中で、花咲く春を待っています。白い被りものにくるまって赤い衣の女人が帰って来ました。おお寒!凍てつく戸外から、もう一度暖かな室内を眺めてみると… 炉端の幸福感がしみじみと伝わってきます。

Vous trouvez une femme qui trousse sa longue robe bleue pour chauffer ses mollets et un chat blanc? A l' extérieur, des moutons se serrent dans une bergerie avec le toit troué, des abeilles dorment dans quatre ruches en paille. Une femme retourne frileusement. Quel contraste entre la sérénité de l' inxtérieur et le froid de l' extérieur!


c0345705_10491786.jpg


室内で休む人あれば、戸外で働く人あり。敷地の外では木こりが斧をふるい、農夫がロバと歩いています。行くてには、雪山に抱かれた教会と村が見えます。青空と白雪のコントラスト!家の中でぬくぬくしていたら見られない景色です。

Tout en haut, un bûcheron, un paysan, et un âne travaillent. On compare le travail de l'extérieur avec le repos de l'intérieur. Et quel contraste du ciel bleu et de la neige blanche! Quel beau paysage avec une église et un village! On ne jamais les voit dans la maison bien chauffée comme chez snowdrop (pas encore la première neige!) …


c0345705_10514738.jpg


 北斎のこの絵には、働いている人はいません。画面の右には、男たちが眠る小屋が見えます。くつろいだ長閑な時間…けれど、ほら、煙の間に……黒いけだものの掌が?!ひょっとして、どこかに人目ならぬ妖かしの目が?!火の周りの平和と、煙の向こうの脅威…この絵もコントラストが効いていますね。えっ、snowodropの深読み?そうだといいんですけど
 あるいは、猟師たちは獲物がなくて、帰るに帰れず小屋で一夜を明かすのでしょうか。明日に望みを託して…それにしては、手前のそっくり返った男のまん円な禿頭のユーモラスなこと!北斎は森羅万象を円と三角で描けると自負していました。

 Les hommes se reposent après leur travail. Ils dormiront dans la cabane à droite. Mais parmi des stries de fumées, vous trouvez des paumes d' une bête noire? Qu'est-ce que c'est, ce monstre? Quel contraste entre la paix et la menace! Ou quelle pessimiste, snowdrop?!
 La pessimiste voit la mauvaise chasse ici…ils ne peuvent pas rentrer sans la chasse? Mais la tête ronde est trop drôle aux premiers plans! Hokusai representait tous les êtres de l' univers avec cercles et triangles.


c0345705_14193165.jpg
Chasseurs dans la neige (1565) par Pieter Brueghel l'Ancien
On voit ici la tradition du Livre d'heures et l' anticipation du paysage panoramique.


思ったように獲物がとれず、すごすご帰る猟師と猟犬たち…これは時祷書の伝統にのっとった、ブリューゲルの「月暦図」の一枚です。近景の丘の侘しさと、遠景の池でスケートに興じる村人の陽気さとが対比されています。通りすがりの宿に上がる焚火の炎。家に着いたら、炉端で休めるといいですね。

Voici des chasseurs et chiens avec peu de chasse…Pieter Brueghel montre le contraste de la mélancolie aux premiers plans et la gaieté aux arrières plans (le patinage) dans ce paysage de neige. Ils passent devant un hôtel où les gens brûlent quelque chose. J' espère que le repos au coin du feu les attend….


「Hendrick Avercamp」の画像検索結果

おまけ(Bonus)*いま気になっている冬景色の画家です。
https://www.youtube.com/watch?v=cCIvQy-lxfE

(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_11014718.jpg
初めてのキラキラ写真 ☆★☆彡 photo through built-in cross filter


 1月6日、あるいは1月第1主日(2018年1月7日)は公現祭。星の光に導かれてベツレヘムまで旅した東方三博士が、幼子イエスを礼拝した日を祝います。ガレット・デ・ロワ(王様のお菓子)の「王様」は、東方の三人の王様のことです。光を表す金色の円いお菓子に、三博士の王冠をのせて。切り分けらてもらったお菓子にフェーヴ(もとは空豆、いまはアーモンドや陶器)が入っていたら、あなたは王様です。
 初めの写真は、京都のとある教会のプレゼピオです。カメラ内蔵のクロスフィルターでキラキラ☆☆☆彡
でも、東方三博士の姿が見えません。。。

Le 6 janvier on célèbre l' Épiphanie, la manifestation de Dieu, la Lumière.
La galette ronde et dorée, elle symbolise le soleil.
La couronne est celles de rois mages, et
celui qui trouve la fève dans sa part de galette est surnommé « roi ».



c0345705_17482106.jpg
ガレット・デ・ロワ(上)フェーヴ(右)*Galette des rois*Dreikönigskuchen


 昨年は東方三博士のように旅した少年達についてお話ししました。http://ramages2.exblog.jp/28448473/
 もう語り尽くしたと思っていたのですが…次のフランス語の俳句を読んで、snowdropは彼らをもっと慰めてあげたかったんだ、と心づきました。
 お能に出てくる僧侶なら、供養のお経を読んであげるところですが…このフランス語の俳句を、やまとことばの短歌へ生まれ変わらせることで、彼らへの手向けといたしましょう。すべての人の心の痛みが雪に包まれて癒されればいいのに。。。

 J' ai parlé sur quatre jeunes hommes quatre fois qui voyagèrent comme les rois mages, pourtant je me suis aperçue par un haïku français que je voulais les consoler plus.
 Un moine bouddhiste dans Noh réciterait un soutra…en revanche, je fais renaître le haïku en français à tanka en japonais pour les consoler. Que le chagrin de tous passe comme des traces dans la neige 。。。

                     
        
                              
Dominiqueのオリジナル俳句*haïku original par Dominique▼ Merci *Thank you 。。。
   *
                       

   *                    
            

つかのまの(きず)のごとくに雪原の足跡は消ゆふりつむ雪に 


tsukanoma no kizu no gotoku ni setsugen no ashiato ha kiyu furitsumu yuki ni                                        

                 
haïku original par Dominique, tanka traduction par snowdrop
                          
                         
「粉引茶碗 雪の曙」の画像検索結果

「雪の曙」という銘の粉引茶碗があるとか。川喜多半泥子(1878-1963)作(石水博物館HP)

On dit qu' il y a un bol " l'aube de la neige" par KAWAKITA Handeishi(1878-1963)

c0345705_13475150.jpg

ヴォーリズ設計の大阪教会に寄付されたというプレゼピオ。右に東方三博士が…▲

https://www.youtube.com/watch?v=FU_Q1-x3AYI&list=RDFU_Q1-x3AYI#t=41
★★https://www.youtube.com/watch?v=dRhxE8Q8IDE

▲新春にお琴はいかが?皆川達夫氏によると、筝曲「六段」()はカトリック教会の「クレド」(★★)に由来するそうです。

▲According to MINAGAWA Tatsuo, Japanese koto-harp piece Rokudan (
) derives from Credo (★★).


c0345705_13502901.jpg
c0345705_05554794.jpg


まるで夕映えに染まる雪山…カトリックの国イタリア、ミラノのドゥオーモの写真(1999年)をaster roseがイラストにしてくれました(2018年)。小春日はイタリア語で「聖
マルチノの夏」といいます。四人の少年の一人はマルチノという洗礼名でした。偶然ですね!

photo by snowdrop (1999), image processing by aster rose to celebrate snowdrop's entry in International Tanka Society (2018) http://www17.plala.or.jp/ITS117/
"L' estate di San
Martino" reminds me of one of four boys, HARA Martino.


c0345705_15253300.jpg

おまけ*1999年のイタリア旅行記から。綿菓子屋のおじさん ▲

Bonus*Cotton candy, Italia, 1999

(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_15155680.jpg
(すべて12月中旬撮影)

エキサイトブログの写真家たちに触発されて、ハードなショットに挑戦してみました。ここは京都駅ビル。画面中央に伸びてゆく白い飛行機雲を眺めていると…
「駅探(えきたん)せえへん?」と太い声。

Being inspired by several photographers in excite blogs, snowdrop tried the modern photos. When she was looking up at the steel roof and a vapor trail,
"How about exploring the staion?" said a deep voice.

c0345705_14500577.jpg

ふり返ると、巨大なツリーの根元に描かれた、ちょい悪おやじサンタ!
「今日は伊勢丹しか行かないから、乗換案内は要らないけど…」
「ちゃうちゃう、駅の探索やがな。その気になったら色んなもんが見つかるで。今年は京都駅ビル20周年やし」
おや、20周年はエキサイトブログだけではなかったのですね。


Turning to the voice, she found an illustration of rugged Santa Claus on the bottom of the big Christmas tree. He grinned and whispered,
" You know, this year marked the 20th anniversary of Kyoto Station Building! "
" Ho-ho! Just like the excite blog? "

c0345705_14544265.jpg

京都駅の大きなツリーの左隣にも、右手前にも、「20」という数字が見えます。
鉄骨の森の中、ひととき聳え立つ人工の樅の木…なんて広い構内でしょう!
「足が疲れへんか心配か?なんならトナカイ、貸すで。今日は配達の予定あらへんし」
いえ、大丈夫、遠足の子供らも自分で歩いていますもの。ありがとう。

Do you find the number "20" in this photo? In the steel woods, an artificial tree is standing…what a huge station!
"Are you afraid of being tired from walking? If you want, you can use my reindeer because we have no delivery today."
"No, thank you. Even the children are going up the stairs on foot. I am not KO bur OK!"


c0345705_14585600.jpg
馴鹿(トナカイ)タクシー?*Reindeer Taxi?

c0345705_15014214.jpg

ツリーの前で記念撮影する子供たち、階段を昇る子供たち…伊勢丹百貨店は開いたばかり。↑

The children are taking their commemorative pictures or going up the stairs. Isetan Department Store has just opened at 10:00.

c0345705_15001518.jpg

ツリーを見上げつつ、だんだん遠くへ…*The tree is receding from view.

c0345705_15051021.jpg

JRの切符を買えば、金沢だって行けちゃいます*You can go anywhere from Kyoto by JR.

c0345705_20004308.jpg

「無良崇人 オペラ座の怪人」の画像検索結果


無良崇人の「オペラ座の怪人」も凄かった…*MURA Takahito,The Phantom of the Opera(google search)+ The Phantom of the Opera by Four Seasons Theatre Company(upper fig.)

c0345705_15063479.jpg

この鐘を鳴らすのはあなた………♪♪♪ ↓ It is you who will ring this bell………♪♪♪

c0345705_15071827.jpg

鐘とツリーをつなぐ道にもまして、この空中通路の長いこと!まるで一点透視図法の見本です()。どうやら伊勢丹へは戻れそうですが…

Here we are on a looong sky-bridge, just like a sample of the one-point perspective drawing method ().

c0345705_15121310.jpg

★クライスト・チャーチ・カレッジ講堂*Christ Church College (wikipedia)

道中の展望スポットからは、京都タワーと比叡のお山がきれいに見えました。京都タワーは白い和ろうそくのデザインです。

From this passage, you can enjoy the view of Mt. Hiei and Kyoto Tower in the shape of a Japanese candle.

c0345705_15231167.jpg

気がつけば、伊勢丹百貨店内。(そのつど撮影許可を頂いています。帰るまぎわ、店内撮影不可の放送に気づきました。 ^^;)

…Snowdrop found herself in the department store.

c0345705_15400199.jpg

まだお昼前ですが、テラス席で早めのランチ。胡椒入れと京都タワー、意外にいい取り合わせです。あらら、強制フラッシュなのに、光りません。なぜ?

She had the early lunch at a table near window. Let's take a photo of Kyoto Tower and a pepper pot!

c0345705_15450591.jpg

見下ろせば、バスターミナルが見えます。おや、ダブルデッカーが走っています。ロンドンでは乗りましたけれど…

A double-decker in Kyoto as well as in London!


c0345705_15271558.jpg

店内は駅構内と同じく吹き抜けで、エスカレーターが連なっています。snowdropはいつも、この見通しのいいエスカレーターを使います。おや、新年まで使いまわせそうな提灯が…

Isetan is built in wellhole style, where you see Christmas trees and Japanse paper lanterns at the same time: a half‐Japanese, half‐Western interior decoration!


c0345705_15342686.jpg

シックなコートと草鞋(わらじ)のコラボ…このシュールな光景も、新年までこのままでしょうか。

The collaboration of European overcoat and Japanese straw sandales……chic, à la mode! (lol)


c0345705_15333366.jpg

幾つになってもときめく、ステーショナリー(文具)のディスプレイ。snowdropは年賀メールに切り替えてしまいましたが、たまに手作りの年賀状をもらうと嬉しくなります。
2017年はお世話になりました。2018年もどうぞよろしくお願いします。

Snowdrop loves this stationary's diplay. She rarely receives a handmade greeting card recently, in this Internet era.
Thank you for everything last year!!! Best wishes for a Happy New Year!!!!!


c0345705_16225490.jpg

追伸* 国際タンカ協会に入会しました。これからも、日本語と外国語で短歌をつくり続けたいです。

p.s. snowdrop has entered International Tanka Society. She continues to make tanka-poem both in Japanese and in foreign languages.http://www17.plala.or.jp/ITS117/


WATARIDORI鶴はやまとの鳥にして仏蘭西の鳥リトアニアの鳥

WATARIDORI

the crane is

a Japanse bird,

a French bird, and

a Lithuanian bird


Dscn0391_800x491
(All Rights Reserved)


-私の2017-今年を振り返ろう




[PR]

c0345705_09033532.jpg
ヴァティカンで貰ったヨハネ・パウロ2世の硬貨
the coin of John Paul II that snowdrop got in Vatican in 1999


4番目に踊ったのが私だった。マンショがトスカーナ大公夫人と踊った、あのピサの舞踏会。きらめくシャンデリア、香水の香り、心浮き立つ楽の音…私はすっかりのぼせていた。それで、こちらを見つめていた視線の持ち主に、やみくもにダンスを申し込んだのだ。どっと笑う声がした。マンマ・ミーア!私は足元もおぼつかぬ老婦人を選んでしまったのだ!ああ、どうかあのご婦人が、日本の少年に恥をかかされたと思っていませんように!(*>ω<*)

It was I that danced the lastin that ball where Mancio danced with Bianca Capello. Glittering chandeliers, perfume, musicI was totally beside myself. Someone was gazing at meI invited her to dance without looking at her properly. A peal of laughter!! Mamma mia!! She was an old lady who barely walked!!!! Ah, I wish she was not ashamed because of me!!!!!!!!



c0345705_10440636.jpg


4番目に選ばれたのは私だったのだと思う。正使の二人ほどは身分も高くなく、マルチノのように語学ができるわけでもない。なぜ選ばれたのか、自分でもよく分からない。
 そもそも、なぜ自分がキリスト者になったかもはっきりしないのだ。天狗めいた異国人の思いがけず柔らかな笑顔や、オルガンの響きや、紅茶の香りや、プレゼピオという人形の家に心奪われ、親にせがんでセミナリオに通うようになった。私はのめり込むたちなのだ。

I think it was I that was chosen the lastI was not as noble as two senior commanders and was not good at speaking Portuguese like the other vice commander, MartinoI do not know why I was chosen as a member of Tensho Youth Mission to Europe.

In the first place, I do not know very well why I got baptized. That unexpected sweet smile of tengu-like foreigners, the sounds of an organ, the smell of red tea, the mysterious doll house: presepio, which all charmed me to ask my parents to let me go to semianrio. I was the type of person who concentrates on something attracting.



c0345705_12052013.jpg
戦国のキリシタン大名、高山右近 記念聖堂のプレゼピオ*東方三博士の人形▲(2011年)
マルチノがマカオへ発った翌日、右近はマニラへ出航、その地で没した。

Presepio in Takayama Ukon Memorial Church (2011)
Ukon was deported to Manila on the day following Martino's departure to Macau and died there in 1615. ▶https://en.wikipedia.org/wiki/Dom_Justo_Takayama

 リスボンへ向かう船では、釣りに没頭するあまり、釣り針を壊してしまったっけ。しょげる私を励ましてくれたのは、気の優しい甘えっ子ミゲルだった。あの、はちみつのような笑顔…
ジュリアンは釣りが上手か。さすが海の子ばい。ローマ・カトリック教会の祖、ペトロも漁師だったたい!わいはペトロのごと素直で、ひたむきやん


I was absorbed in fishing and broke a hock on the ship for Lisbon. I blushed for shame. It was gentle Miguel who encouraged me, a mamma’s boy with a honey smile.

“Jurian is a good angler! That's Jurian, a 'child of the sea' all over!” You know, St. Peter also was a man of the sea. You are as honest and single-minded as he.”


c0345705_18364207.jpg

狩野派の画家たちが描いた南蛮船と南蛮人
a ship from Europe and European people painted by Kano school painters


 あるジパングの美術史家は、私がスペアだったのだと述べた。少年は3人しか要らなかったのだ。そのころドイツやオランダがプロテスタントに、イギリスが国教会に改宗し、カトリックから離れて行った。ローマのパパ(教皇)は息子たちを失った…そこへ、はるか東の国から新しい息子がやって来た!それも三人!東方三博士の再来だ!

どうして寄りによってローマで、風邪なんか引いてしまったのだろう。旅の疲れが出たんだ、ゆっくり休んでいなさいと皆が言う。けれど、マンショはトレドで疱瘡になったし、マルチノはマドリッドで不整脈と高熱に苦しんだ。たかが風邪くらい…いやいや、ご高齢の法王様にうつしたら大変だ、ご遠慮しなさい。そして結局、グレゴリウス13世との謁見はおろか、新しく就任したシスト5世の戴冠式にも出席させてもらえなかった。


 A Japanese art historian, WAKAKUWA Midori said that I was a spair member.They needed only THREE boys. Papa in Roman Catholic Church has lost Protestant sons, i.e., Germany, Holland, etc. at that time. But his new sons have arrived from Far East! THREE oriental boys! The Magi’s second advent!

Why did I catch a cold in Rome of all places! Everyone said to me that I was fatigued from the trip. But in Tredo, Mancio was attacked with the small pox and Martino had a high fever and an irregular pulse. It was just a cold, butthey persuaded me to stay in bed in order not to give a cold to the aged Pope. In the end, I could not meet officially not only Gregory XIII but also Sixtus V.


c0345705_11410924.jpg
「天正遣欧少年使節がたどったイタリア」展覧会図録


これは正使マンショの肖像画…2年半の船旅と、冬でも強い南欧の陽射しで、私たちは浅黒く日焼けしていた。けれど、ここまで黒くはなかった。それに、マンショは一番年長だったとはいえ、これほど大人びてはいなかった。このもみ上げの男くさいこと!
 この肖像画は、若桑みどりの没後7年目に発見された。ああ、やはり彼女の説は正しかったんだ。ここには年かさの東方博士のイメージが重ねられているに違いない。マンショの絵は、彼女の説を裏付け、彼女の労作に応えたのだ。その赤い唇は、研究半ばにして倒れたイタリア美術史家に微笑みかけているかのようだ。


Here is a portrait of Manciotrue that we have been suntanned during our voyage and stay in Portugal, Spain, and Italy, but not so black! And Mancio did not look so macho. What manly sideburns!

This portrait was discovered seven years after the death of that art historian, 2014. Ah, her hypothesis was correct! The image of senior Magi might be superimposed on his figure. This picture seems to support that hypothesis and smile to the art historian who died halfway through her study on Italian art.


c0345705_10462265.jpg
『天正遣欧少年使節の教皇謁見に関する報告書』の挿絵(同展覧会図録)
Avisi Venuti Novamente da Roma delli XXIII di Marzo M D LXXXV.


どうか私を憐れまないでほしい。きらびやかなパレードに交じることも、カステル・サン・タンジエロ(聖天使城)の橋を渡ることもなく、ただ祝砲の音を遠くから聞くほかなかった私を。法王様にハグされ熱い涙を注がれることもなく、フランスやヴェネツィアの公使とともに華々しく旗をかつぐこともなかった私を。

誰が知ろう、落胆した者、挫折した者、心に空洞をもつ者こそが、それを埋めるために残りの人生を捧げ尽くすことが出来るということを。挫折は強靭なバネとなるのだ。漁村出の一少年だった私が、マンショとともにマカオに留学して司祭となり、迫害を耐え抜き、信仰を全うできたのは、ローマで枕を濡らす悔しさを味わったおかげかもしれない。

 Please do not pity me, the forth boy who could not participate in that flowery parade crossing ponte Sant'Angelo and could only hear the salute of guns from far away. The forth boy who was not hugged by Papa and did not carry the flag with French and Venezian ministers.

You know, those who are dissapointed, discorraged and feel so empty inside CAN devote the rest of their lives to the compensation. You can use the frustration as a springboard! This boy from a fishing village was to study in Macau and become a priest with Mancio and to endure persecution alone to fulfill the faithTHANKS TO the chagrin in Rome, where I drenched my pillow with tears….


c0345705_13151885.jpg

アドベントのパレード(1999年)* Parade in Advent, Firenze (1999)


 4人の少年のうち、殉教したのは私一人だった。寛永10年(1633)、初めての鎖国令が出された年のことだ。私は外国人神父や修道士らとともに、暗黒の穴に逆さ吊りにされた。還暦を越えた老身が何日耐え得たのか、数えるすべもなかった。朦朧として、何も聞こえなくなった耳に、ただ、かすかに、半世紀前に船上で友らと聞いた、山上の説教の朗読がこだましていた。―

「敵をし、迫害する者のために祈りなさい。天にいますあなた方の父の子となれるように…」

それから374年後の20076月、私は教皇ベネディクト16世から福者に列せられた。グレゴリウス13世やシスト5世、そしてペトロに連なる法王様から…。このよき知らせは、その年の10月に亡くなった美術史家の耳にもきっと届いたに違いない。

The forth boy was to be a single martyr out of the four, in 1633, when the first national seclusion order was issued. I was hung upside down over a black hole with foreign priests and monks. How many days did I live, a priest over sixty? In my muffled ears, a phrase was echoing of the Sermon on the Mount I had heard on our deck fifty years before.

love your enemies, and pray for those who persecute you in order that you may be sons of your Father who is in heaven

374 years later, in June 2007, I was beatified by Pope Benedict XVI. This good news should have reached the ears of that Japanese art historian who died in November in that year.



f0374041_10033227.jpg

」の蝋燭*アドベント第4主日(12月24日)
LOVE*Fourth Sunday of Advent(24 December)


こそがすべてと歌ひしビートルズ四本ならぶ蝋燭のごと

All you need is LOVE!  
The Beatles sang
like four Advent canldes
 
in my childhood.





すべての人にとって平和に満たされたクリスマスになりますように。希望喜びに満ちた年が訪れますように

I wish you Christmas filled with PEACE and LOVE, and New Year filled with HOPE and JOY


c0345705_16173353.jpg
おまけ*フィレンツェの街角の二人(1999年) Firenze, Advent in 1999


All Rights Reserved




[PR]


c0345705_16125550.jpg
港町神戸のステンドグラス

玻璃窓を旅せん 長崎 マカオ ゴア リスボン リヴォリ そして羅馬へ

Let's travel in the stained glass from Nagasaki to Macau, Goa, Lisbon, Rivoli and Rome!

c0345705_11551795.jpg
「遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節の見たイタリア」展覧会図録 * French pamphlet (1585)
 

私は死んだ。マカオで。中国最古のヨーロッパ植民地で。マカオの港から海を渡れば、2000キロ彼方に長崎の港がある。しかし、私は鳥ではないから海を越えられない。キリスト教はご法度だから、船で帰ることもかなわない。天平の昔、唐で没した阿倍仲麻呂のように、私は西暦1629年にマカオで客死した。

I died abroad…in Macau, the oldest European colony in China. It is about two thousand kilometers from Macau Harbour to Nagasaki Port. But I cannot cross the ocean because I am not a bird. I cannot return to my country because Christianity has been banned. ― I died in Macau in 1629, like Abe-no-Nakamaro who had died in China in 770.



「阿倍仲麻呂」の画像検索結果 阿倍仲麻呂*Abe-no-Nakamaro on carta(wikipedia)
c0345705_10403183.jpg

 マカオは、しかし、私にとって親しい土地であった。天正少年遣欧使節団の船は、季節風を待って、この港町に10カ月も留め置かれたのだ。大聖堂や修道院、司教館が私たちを迎えた。日本の南蛮寺とは全く異なる壮麗な建築…そこには、まだ見ぬヨーロッパがあった。私たちはレジデンシアに滞在し、そこから宗教儀式に参列し、音楽を学び、語学を鍛えられた。
 これはマンショがのちに綴ったレターだ。流麗かつ几帳面な筆跡であろう?彼はいつも勤勉だった…
「いやいや、マルチノの暗記力と発音、抑揚には脱帽たい…声もてげ良か……われん朗読を聞くと、力ば湧いてくるばい」
 彼は船酔いには強かったが、マカオから出た船の上で熱病に倒れたのだ。
「マンショ、熱はだいぶ下がったけん、きばらんしゃい。ゴアまであと少したい」


 Macau was, however, a familiar place for me. Our ship had to stop there for ten months waiting for the seasonal wind. The Cathedral, seminarios, and churches greeted four boys. They were completely different from Japanese wooden churches. These stone buildings were “the Europe” for us, that we had not seen yet. We stayed in Residence and went to mass, learned music and languages.

 Here is a letter that Mancio wrote later. Flowing and methodical handwriting, isn’t it? He was always diligent

Oh, Martino, YOUR memory, pronunciation, rhythm and intonation are wonderful! …YOU have a fine voice… your recitation always cheers me up…”

 He was a good sailor, but he caught a fever on the ship from Macau for Goa.

“Mancio, your temperature is going down, bon courage! We will arrive in Goa soon!


c0345705_15424999.jpg


 日本にいる時から、私は語学に長けていた。少年使節の副使に選ばれたのはそのためだろう。ゴアでラテン語のオラティオ(演説)を任されたのも私だった。
 生来私は文字というものが好きであった。子供のころから手習いを好んだし、セミナリオでローマ字なるものを見たときは好奇心をかきたてられた。下枝に並んだ小鳥のようなこの不思議な形が、何を意味するのか分かるようになりたい!

I had been already good at languages in Japan. Thanks to that I was chosen as a vice commander. It was I that delivered a long oratio (oration) in Latin in Goa on our way home.

I liked the character by nature. I liked practicing calligraphy since my childhood, and then was excited by European letters, the alphabet. I wanna learn to understand what these mysterious figures mean like a row of birds on a branch!


(ナイチンゲールのさえずり)

 ポルトガル語を習い始めると、その響きにも魅せられた。まるで鳥のさえずりか、音楽を聴いているようだ。琴や琵琶ではない、オルガンやクラヴォの節回しと突き上げるようなリズム…おお、これは我らが馬上で感じるリズムと同じだ。

マルチノ、あなたは耳がいいですね。ああ、聞かせてあげたい…わが故郷イタリアでは、小鳥もメロディアスにさえずるのですよ」
ヴァリニャーノ先生はおっしゃった。イエズス会巡察使にしてセミナリオの創設者、我らを少年使節として送り出した恩人である。


 When I began to learn Portuguese, I was charmed by its sounds. Just like bird’s song or the music, not the koto-harp or biwa-lute, but the organ and cravo’s melody and rythme
Auftakt (up beat) on my horse’s back!

“Martino, you have keen ears. I want to let you listen to our birds’ melodious songs in Italy!” Padre Valignanosaid to me. https://en.wikipedia.org/wiki/Alessandro_Valignano


a0332314_22581114.jpg
百合鷗 (a lily gull with red legs)


 さらにラテン語を学ぶと、ポルトガル語の背骨に触れた気がした。大伽藍のように巧緻で堅牢な、はるか古典古代へとさかのぼる言葉。教会のミサで語られ、歌われ、法王様のもとで日々用いられる言葉…
 じつはポルトガル語とラテン語との距離は、日本語と漢文の距離よりもずっと近いのだ。自らの母語に近しい、ゆるぎない拠り所をもつポルトガルやイタリアの人々がうらやましかった。そんな私にヴァリニャーノ先生はおっしゃった。
「ラテン語も大事だが、日本語も深く学ぶべきです。母語は外国語習得の礎(いしずえ)ですから」

 司祭になるには、ラテン語で神学や哲学を学ばねばならない。その一方で、外国語の書物を翻訳するために、日本語力も求められる。両者は鳥の双の翼のようなものだ。
「日本人は忍耐強く、理性を備え、古代ローマ人のように優秀な民族です。マルチノ、あなたならきっと東西の言語で羽ばたける」

 Latin seemed for me the backbone of Portuguese. This cathedral of language is elaborate and durable going back to the classical antiquity, is the language used in the church and around Papa for everyday conversation

You know, the distance between Portuguese and Latin is nearer than that between Japanese and Chinese. I envied Portuguese and Italian people who have their Urspraphe (root language), a firm foothold. Padre Valignano said to me.

“True that Latin is important, but you should master Japanese first of all. The mother language is the basis for learning foreign ones.”

 While we should learn theology and philosophy in Latin to become a priest, we should translate books in foreing languages into correct and clear Japanese. Japanese and foreign languages are like a pair of wings of a bird crossing the ocean.

”Japanese people are patient, rational, and excellent like the ancient Romans. Martino, you can fly with that pair of wings.”


c0345705_14083722.jpg

少年使節の署名入りの書状*You find four boys' signatures on this letter.



 少年使節団とともに帰国したのが、グーテンベルクの活版印刷機だ。これでポルトガル語の辞典を印刷できる!キリスト教の本はもちろん、日本語版『イソップ寓話集』やポルトガル語版『平家物語』『和漢朗詠集』なんてどうだろう?私たちが印刷する本は、日本とヨーロッパの架け橋になるのだ。

 私はコレジオを出た後、なつかしいマカオに留学し、帰国後マンショやジュリアンとともに司祭になった。ラテン・ポルトガル・日本語辞典を編纂し、『こんてんむつすむん地』を出版した。また、通詞として様々な政治交渉に立ち会い、顔が知られるようになった。皮肉にもそれが我が身の国外追放へとつながった。

The Gutenberg-style letterpress printing machine arrived in Japan with us! Now wecan print the Portuguese dictionary! Not only the books on Christianity but alsofor example, how about Aesop's Fables in Japanese, Tale of Heike in Portuguese, etc.!? The books that we are going to translate will serve as a bridge between Japan and Europe.

After graduating the collegio (Jesuit-founded Japanese college), I studied in fondly‐remembered Macau and became a priest with Mancio and Jurian after returning home. I compiled a Latin-Portuguese-Japanese dictionary and published CONTEMPTVS MVNDI in Japanese. I attended not a few political negotiations as an interpreter, which ironically led to my deportation with my companions in 1614.



c0345705_10392195.jpg

マカオ大聖堂のファサードのマリア像は、日本の菊の浮彫で飾られているそうです (google search)
Santa Maria of Saint Paul's Church
in Macau decorated with chrysanthemums (Japanese national flower)



 みたびマカオへ…東洋と西洋の交わる町へ!仲間とともに国を追われてからも、フランシスコ・ザビエルの伝記を日本語で出版し、『日本教会史』を共同執筆した。日本の同胞の無事を祈りつつ、無我夢中で働いているうち、あっと思うと私は病で天に召されていた。
 語学という天職に一生を捧げ、思い出深いマカオの大聖堂地下墓室に、ヴァリニャーノ先生とともに眠る私。故郷へは帰れなかったが、私は、4人の中でいちばん喜び多き人生を送ったのかも
しれない。(つづく)

Again to Macau, the town of intersection of the East and the West, where I published Japanese biography of Francis Xavier, collaborated in writing Japanese Church History. While praying safety of my "brothers" in Japan, I worked hard to fall sick and find myself drawn up to Heaven.

I devoted myself to my vocation, translation, and have slept in the catacombs of Saint Paul's Church with Padre Valignano. Although died abroad, I might have led the most joyful life among us, four boys.


f0374041_08525983.jpg
喜び」の蝋燭*アドベント第3主日(1217日)

JOYThird Sunday of Advent17 December)



歓喜(フロイデ)!千の聴衆とわが友と歌ひし第九の季節ふたたび

FREUDE
einmal sang ich die Neun 
mit tausend Zuhören
und meiner Freundin…
 
die Zeit kommt
dieses Jahr auch

und die Zeit von Santa Claus 。。。
「santa claus ももさへづり」の画像検索結果

c0345705_14182426.jpg
おまけ*パドヴァのクリスマス飾り(1999年)*パドヴァ大学はヴァリニャーノの母校です
Bonus
Padova, Advent in 1999Alessandro Valignano is a graduate of Padova University.


参考文献*
若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』(集英社)
鈴木範久『聖書の日本語―翻訳の歴史』(岩波書店)
皆川達夫『キリシタン音楽入門』(日本キリスト教団出版局)

To be continued


もひとつ、おまけ*今日は最終回Bonuson the horse's back
http://www.nhk.or.jp/naotora/
関連画像

かしらを乗せた南蛮船は…
c0345705_07012169.jpg

All Rights Reserved





[PR]

-私の2017-今年を振り返ろう

c0345705_10311442.jpg
日本経済新聞(左)(NIKKEI, left)

20171月、遠藤周作原作の映画「沈黙」が日本で公開された。また、「遥かなるルネサンス 天正少年遣欧使節がたどったイタリア」展が4月から12月まで、神戸、青森、東京を巡回した。菊の節句(9月9日)の朝、新聞にこんな記事が載っていたのをご記憶の方はおられるだろうか。少年使節の一人、千々石(ちぢわ)ミゲルの墓から、ロザリオの一部が見つかったというのだ。彼はキリスト教を棄てたとされていたのだが…

ミゲルは仲間とともにローマ法王との謁見を果たし、イタリア各地やスペイン、ポルトガルで歓待を受け、それらの見聞を伝えるべく帰国した。日本を神の国に変えようと夢見て…  
 しかし、故国は変わり果てていた。彼らが旅立って数か月後、本能寺の変で信長が倒れ、彼らが帰国する3年前に秀吉がバテレン追放令を出していた。江戸幕府もキリスト教を禁じ、弾圧が厳しさを増してゆく…彼らの没後、島原の乱が起き、『沈黙』の時代が訪れることになる。

 

Scorsese's film Silence was published in Japan on January 21th in 2017. And the exhibition Sol Levante nel Rinascimento Italiano traveled in Kobe, Aomori, and Tokyo. A news was reported on one of the boys of the Tensho Youth Mission to Europe in Japanese newspapers on 8-9 in September. A part of Miguel CHIJIWA’s rosary was discovered in his grave. It had been said that he renounced Christianity early.

He and other two boys had papal audiences, were welcomed in Italy, Spain and Portugal, and returned to Japan in order to report their experiences. But during their trip, Japan was changed. After their departure, Nobunaga was assasined, Hideyoshi promulgated the Purge Directive Order to the Jesuits, and Edo bakufu began the Ban on Christianity and suppression of Christians. After the boys’ death, the time of “Silence” came.
「市川 海老蔵 織田 信長」の画像検索結果「おんな 城主 直 虎 信長」の画像検索結果
信長(市川海老蔵)「今夜は本能寺!」Nobunaga (ICHIKAWA Ebizou)(google search)

c0345705_10443852.jpg
『遥かなるルネサンス』展覧会図録より(以下同)

ミゲルの独白
 私もまた天正遣欧少年使節団の正使だった。天正10年(1582)、晴れがましい船出の日、母は涙をこらえていた。私たちは母一人子一人だった。これから命がけの航海になるのだ。母にしてみれば人身御供に出す思いだったろう。出発の前夜、私は母にこう言った。

「そいけん母上、たとえこん身は海の藻屑と消えるとも、それは犠牲の子羊となる事たい。行かんばならん。漁師ペテロが網ば捨て、親ば捨ててイエス様について行ったごと…さんたマリヤ様ば拝むたび、私はきっと母上ば思い出しますけん」

Monologue of Miguel

 I also was a senior commander of the Tensho Youth Mission to Europe. On the day of my departure, my mother was trying to hold back her tears. She was a single mother and I was her only child. She should have felt like she offered her irreplaceable son as a human sacrifice to the dangerous trip. I said to her the night before that.

“Mother, even if I will be swallowed by the sea, I should go as a sacrificial lamb. I should leave you like Peter, a fisher who left his family and followed Jesus. Every time I pray to Santa Maria, I will remember you, mamma...”

「roma mosaic octopus」の画像検索結果
タコのモザイク*Roman mosaic of an octopus,Villa Giulia, Rome (pinterest)

 長い船旅はときに苦しかったが、楽しく充実していた。私たちはラテン語をみっちり学び、チェスで遊び、釣りをした。副使の中浦ジュリアンは海辺の村の出だったから、鰹や鯛を釣りまくり、釣針を壊してしまった。私は生まれて初めて生きた蛸を間近に見た。ぬらぬらした、いぼだらけの、八本足の不思議な生物…こんな醜悪な海獣も、主が創造した物だとは!
「ひどかぁ、ミゲル。わいもゆで蛸、食べるやろー?」
蛸をわしづかみにしたジュリアンが、白い歯を見せて笑った。


 Our long voyage was sometimes hard and yet joyful and fulfilling. We practiced Latin, played the game of chess, and enjoyed fishing. A vice commander from a fishing village, Jurian NAKAURA would fish bonitos, sea breams, etc. enough to break a hock. I saw a live octopus so close up for the first time. A slimy, warty marine creature with eight legsis this ugly monster also created by God?

“That's not fair, Miguel! You also eat the boiled octopus, don't you?!” 

Jurian laughed while grabbing a slippery octopus!

c0345705_10353021.jpg
メダルに表されたグレゴリウス13世(上、図版)
snowdropがヴァチカンで貰ったコインには、ヨハネ・パウロ2世の横顔が…(下、実物)
Do you find a real coin of John Paul II that snowdrop got in Vatican in 1999?


 天正13年(1585)、私たちはローマでグレゴリウス13世に謁見した。法王様は感涙にむせびながら一人一人を抱擁してくださった。そして、我らのローマ到着からわずか18日目に亡くなった…。なぜだか、法王様は私たちを見つめながら、どこか更に遠いところを見ておられた気がする。

 いっぽうで、人々が私たちをみる眼差しには、奇異なものへの好奇心が隠れていた。彼らは我々が白い人なのか黒い人なのか思案している。キリスト教会が異人種の崇める寺院や神仏を排斥していたことを、私は知らなかったわけではない。黒い人を醜悪とする偏見に気づかなかったわけではない。

 We THREE had papal audiences in Rome in 1585. Pope Gregory XIII was moved to tears while hugging each of us.And he died eighteen days later than our arrival in RomeI do not know why, but the Pope seemed to see somewhere far away through us

 On the other hand, the people’s eyes hid the curiosity to us, the stranger. They were wondering whether we were black or white. I noticed that they were expelling other religions of the black people, of the ugly people for them…




秀吉の前で演奏されたとされる、ジョスカン・デ・プレ「千々の悲しみ」(舞踏会版)


 天正18年(1590)に帰国した時、私たちは少年ではなく紳士になっていた。8年間で背は伸び、面差しは変わり、母上さえ私を見分けられなかったほどだ。私たちは秀吉公に旅の報告をし、クラヴォ、ハープ、リュート、ヴィオラを御前演奏した。喜んだ秀吉公は我らを召し抱えようとしたが、全員が辞退し、イエズス会に入った。
 最初にドロップアウトしたのが私だ。あんなに勉強したのに、マカオに留学できず、司祭になれなかった。私が日本人だから?ゆえなき疑念が心を蝕む。ヨーロッパで浴びた視線のなかに、冷んやりしたものが交じっていたことを思い出す。…いや、人のせいにはするまい。私の信仰が薄かったのだ。母親っ子の私は聖母マリアを慕っても、イエスを神(偉人ではなく)と信じ切ることができなかった。

 When we returned home in 1590, we were no longer ragazzi but signori. Even my mother could not distinguish me from the others. We met Lord Hideyoshi andplayed the clavichord, harp, lute, and viol. He was so moved that he tried to hire us, but we excused ourselves to enter the Society of Jesus.

 It was I that dropped out first. Though I studied hard, I was not chosen as a student to study in Macau and could not become a priest. Is it because I am a Japanese? I remember the peoples eyes to us in Europeno! It’s my fault. My faith was fragile. I mixed up my mother’s image with Mary and could not belive in Christ, as God (not as a great man).


c0345705_13594334.jpg

棄教し、法華宗徒になると、更にやり切れぬ日々が待っていた。これまで学んだ知識を逆手に持ち替え、キリスト教を攻撃する武器にせよと…。ああ、どの宗教も同じだ。なぜ互いを拒み、否定し、飲み込もうとするのだ。なぜ互いの自由を尊重しないのだ。

私は何も信じぬ者となった。無神論者となったのだ。私はパライゾ(天国)からも極楽からも遠ざかり、仕官した藩からも追放され、長崎の町をさまよった。夜ごとの浅い眠りに夢見たものは、遥かなるイタリアでの栄光の日々。目が覚めるたび、故国でよるべない身となっている己を見出し、暗然とした。―


 After having renounced Christianity, I had to live a more unbearable life. I was recommended to turn my knowledge into the sword against Christianity! Ai, all the religions are the same! Why does every religion reject, deny, and try to swallow each other? Why don’t they respect the freedom of worship each other ?

I came to believe in nothing. I became an atheist. I stayed away from both Heaven and Buddhist paradise, being exiled from the domain, wandered through Nagasaki's streets. Every time I had a light sleep, I dreamt of our glorious days in Europe. Every time I awoke, I was shocked to find myself helpless in my own country.―


c0345705_11062452.jpg

なぜ私は、あのロザリオを棄てなかったのか。墓の中まで携えていったのか。それは、数珠玉の一つ一つに、未来へのエスペランサ(希望)のまぼろしが映っていたからだ。玉を指でたぐるたびに、一つ、また一つと、友と過ごした8年の歳月が甦って来たからだ。
 トビウオが銀の軌跡を描いた青い海、甲板上で聞いた山上の説教の朗読、ともに爪弾いたリュートの音色、初めての舞踏会、庭園で浴びた噴水の水しぶき、ムラノ島の職人が飴細工のように拵えるガラス、壮麗なる石の街、動物園、植物園…。すべてが希望の光に包まれていた。
 神をも仏をも裏切ったが、友を裏切りはしなかった。このロザリオを握りしめていれば、パライゾ(天国)の友らをインヘルノ(地獄)から垣間見ることがあるやもしれぬ。ああ、もしも平和な信仰の許される日本に帰国していたならば…!

Why did not I throw away that rosary but brought it to my grave? Because the illusion of esperança (hope) in the future was reflected on every bead. Because counting the beads reminded me of the days during that eight-year-trip with my friends.

The azure ocean where a school of flying fish drew silver curves, the recitation of the Sermon on the Mount on our deck, the sounds of the lute that we played, the first ball, the splash of fountains in Pratolino, a flexible heated glass like a candy to make forms of animals or birds in Murano, botanical gardens, zoos, …everything was wrapped up in the light of esperança (hope).

While I betrayed both God and Buddha, I have never betrayed my friends. If I keep this rosary in my fist, I might catch a glimpse of my friends in Paradiso, from Inferno. Ai, if only we had returned to Japan where the faith in the peace was accepted!

c0345705_17383699.jpg

日本地図(1602年、初版1595年)『遥かなるルネサンス』図録より
the first map of Japan in the Atlas, 1602 edition (1595, the first edition)

ミゲル「ああ、不死の神が長い生命を与えてくれて、そういう(平和な)日本に住む幸福がわれわれにも与えられますように。日本の戦乱の火を消すには、それ以外にどうすることもできないのだから」(デ・サンデ『見聞録』より)(若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』より引用)


f0374041_08572502.jpg

平和」の蝋燭*アドベント第2主日(12月10日)
PEACE*Second Sunday of Advent(10 December)


地に平和ことしも祈る待降節いくさと地震(なゐ)とやむ日
知らねど

in terra PAX  
prego quest’ anno ancora
 
quando cessarano  
le guerre e terremoti
 
nel mondo ?


c0345705_13225439.jpg

おまけ*お地蔵さんのような修道僧の祠*ヴェネツィア(1999年)
Bonus*Monk statue like Jizo-Bosatsu in Japan (Venezia, 1999)

(つづく)
(To be continued)




もひとつ、おまけ*ノーベル賞晩餐会で「ヘイワ(平和)」を語るカズオ・イシグロ氏
(日本語のNHKニュース▶)http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171211/k10011254031000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001
Bonus 2 * Kazuo Ishiguro’ s speech on
PEACE on December 11.

(All Rights Reserved)




[PR]
2017年、ジパングを巡った展覧会
c0345705_15545869.jpg
東京展は12月3日までhttp://www.fujibi.or.jp/harukanaru/

 「あの美魔女と踊ったのは、この少年」ですって!ずいぶんなキャッチコピーですこと。そう、あたくしがビアンカ・カペッロ(1548-87)。16世紀のフィレンツェでは知らぬ者のなかった、スキャンダラスなセレブ…
 トスカーナ大公、フランチェスコ1世の妻だったあたくしは、はるばる東方からやって来た少年公子らをもてなし、正使のドン・マンショ(1570-1612)の腕をとって踊ったの。3月の夜のピサはまだ肌寒かったけれど、彼の頬は燃えるように赤かった―。

Here is the boy who danced with that beautiful witch.” …what an advertising slogan! Yes, io sono Bianca Capello1548-87, a scandal-tainted 16-century Italian celebrity! (★) In our ball, I took an arm of Mancio ITO(1570-1612), one of the senior envoys of the Tensho Youth Mission to Europe, and danced. Although it was still chilly in Pisa at night, his cheeks were burning red.


c0345705_10143053.jpg
「ビアンカ・カペッロの肖像」(1578年)『遥かなるルネサンス』図録より(以下同)
Portrait of Bianca Capello(1578) (museum catalogue) https://en.wikipedia.org/wiki/Bianca_Cappello


ジパングの男たちは21世紀でもダンスが苦手だとか。ましてや彼はダンスを稽古したこともない、東方の十代の少年。床に足裏をすりつけるように歩を進めるんですもの、驚いたわ。あたくしは彼の耳元でささやいた。
「足を引きずらないで、音楽に合わせて、ほら、このように、ステップを踏んで…」
「おそれいります。わたくしどもの国では ”すり足”で舞いますゆえ…」
「まあ、真逆(まぎゃく)なのね!」
 けれど、彼は顔色一つ変えず、すぐにこちらの動きに合わせて右へ、左へ…。堂々たる紳士!もっとも、あたくしの豊かなバストを前に、目のやり場に困っていたようだけど…うぶな小公子!ふふっ。まだ華奢な肩に故郷を背負って、海を越えてきたのねえ。2年半もの月日をかけて、命を懸けて…
 

 They say that most Japanese people are not good at dancing even in the 21th century. He was a teenager who had never practiced dancing. He shuffled his feet when dancing! I whispered in his ear.

“Please do not drag the feet, step like this to the music.”

“Pardon, Madam. We always shuffle in a Noh dance.”

“Oh, totally opposite!”

 But this poker‐faced dancer soon learned to follow me. A dignified gentleman! And yet he seemed to be embarrassed with my full bosom. A naive little lord! This boy with delicate shoulders has crossed the Pacific for two and half years…one small island country on his shoulders, and at the risk of his life in tempests !



c0345705_17032649.jpg

ヴェネツィアの思い出(1999年)* souvenirs of Venice


 あたくしも、早く大人になったわ。ヴェネツィア貴族の娘で、15の年にフィレンツェ人の銀行支店員と駆け落ちしたの。フィレンツェの町で隠れ住んでいた私を見そめたのが、支配者、フランチェスコ1世だった。しがない銀行員の隠し妻から、トスカーナ大公の愛人へ…。スキャンダラスなメロドラマに町中が、いいえ、北イタリア中が湧きかえった。色々あったけれど、互いの夫と妻が他界し、二人はおよそ十年かけてゴールインしたの。
 わが肖像の首飾りをご覧あそばせ。真珠はあたくしのお気に入り。こんな長い首飾りは大公妃でもなければ着けられなかったの。19世紀末にミキモト真珠の養殖が成功するまではね!でも、富なんてはかないもの。跡継ぎ息子が生まれなければ、夫に何かあった時、あっという間に蹴落とされてしまう。

I also became an adult hurringly. I am blue blooded in Venice, eloped with a bank clerk at the age of fifteen to Firenze, where I was found and loved by Francesco I de' Medici. From a bank clerk’s hidden wife to a lover of Grand Duke of Tuscanythis scandal ran through the northern Italy. We married after the death of his wife and of my husband over ten-odd years.

Look, my pearl necklace! The pearl is my favorite. Such a long necklace was avalable for only the rich, before the arrival of the Mikimoto cultured pearl at the end of 19 century! But the wealth is short-lived. If I cannot have my child, I will go to ruin in case anything should happen to my Francesco.

c0345705_15573730.jpg


 夫のフランチェスコはオタクだった。実験室や工房にこもって、錬金術や薬物研究三昧…フィレンツェで貴石象嵌細工がさかんになったのには、彼も一役買っているわ。この貴石モザイクのテーブル、見事でしょう?これはマンショたちも寄港した、リヴォルノの港を表しているの。

彼はパラッツィオ・ヴェッキオの書斎(ストゥディオーロ)を飾り立て、芸術品や珍しい宝物を並べ立てた。ウフィツィ美術館の原形は、彼の書斎なのよ。それに、噴水や水からくりでいっぱいのプラトリーノの庭…フランスの哲人モンテーニュも目をまるくしたわ。でも、ここの別荘に夫が閉じこもるようになると、大公が実験室でこしらえた毒薬を、魔女のビアンカが使っている、と噂されたことも!失礼ね‼でも、世間なんてこんなもの。自分の見たいように、面白おかしくしか物事を見ないのよ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Studiolo_of_Francesco_I
 My husband Francesco I
1541-1587was OTAKU, who would shut himself in his laboratory and workshop, being absorbed in the alchemy and pharmacy. The famous precious stone picture in Firenze became prosperous partially thanks to his study. For example, this fantastic talbe represents the harbor of Livorno, which Mancio’s ship also called at…(above fig.)
 My husband decorated his studiolo and exhibited his and his family’s collection. Uffizi’s prototype is this studiolo! The Park of Pratolino surprised even Michel Montaigne (1533-1592). But when my husband began to cloister himself in Villa di Pratolino, a rumor was spread that Grand Duke produced the poisons and his witch-wife Bianca used themHow rude!!!! But such is the worldFere libenter homines id quod volunt credunt. (In most cases men willingly believe what they wish. Caesar, wikisource)


c0345705_16001208.jpg

 ごめんあそばせ、ドン・マンショに話を戻しましょう。彼は、そう、一言で言って、超真面目…感情をあまり顔に出さないし、口数は少ないし。ダンスの後で、葡萄酒の入った杯を手渡しながら、何気なく尋ねたの。

「こんな遠い異国へわが子を送り出して、お母様はさぞご心配なことでしょう」

すると彼は、外した帽子を手にもったまま、切れ長の目を伏せ、静かに答えた。

「わたくしは母のことも、父のこともよく知りませぬゆえ…」

 それまで端然としていた彼のポルトガル語に、初めて生の感情がにじんだ。そういえば、彼らはラテン語もできるのだとか!でも、それよりあたくしを驚かせたのは、黒い瞳に宿る真摯な光だった。迷いも曇りもない眼差し。目の前の女の醜聞など知らず、知ろうともしない清潔な眼差し。
 あたくしのなかで、何かが目覚める気配がした。海の彼方の小島から波濤を越えてやって来た、二十年下の少年…あたくしはその時、望んでも得られなかった、りりしい跡継ぎ息子の幻を、彼に重ねたのかもしれない。

Scusi, let’s return to the story of Don Mancio. He was earnest, a little serious, a person of few words, and rarely showed his emotions. After dancing, handing a grass of cold drink, I asked him.

“Your mother should be concerned about you as you are now in such a far country.”

He answered quietly with a hat in his hand, with lowered slit eyes.

“I do not know well my mother, my father

His perfect Portuguese became emotional for the first time. They said that these boys could speak in Latin also. But what surprised me was the sincere light in his black eyes. The look without doubt, without impurity. The look that does not know, won’t know about the scandal of the woman in front of him.

Something awoke in my heart. A boy who is twenty years younger than me, who had overcome various hardships before and during the trip I might have projeted the image of my unborn, gallant son on that boy.



c0345705_16480366.jpg
「ビアンカ・カペッロの肖像」(1578-87年頃)『遥かなるルネサンス』図録*portrait of Bianca Capello(c.1578-87)

 
p.s.のマンショの絵、ティントレット工房で肖像画を得意とするドメニコ・ティントレットが描いたんですって。あの工房はヴェネツィアでも一流ですもの、巧いものだけれど…私の見たマンショは、こんなに色黒じゃなかった。航海中に日焼けしたと言ってはいたけれど。それに、もっとあどけなさが残っていたわ。きりっと結んだ唇が何かの弾みにふと、心細げに震えたりして… 
 手練れの肖像画家は、目の前の東洋人をありのままに描いたのではなく、あえて何かのイメージと重ねて描いたのではないかしら…元ヴェネツィアっ子の勘よ。この先は、深読みっぺのsnowdropがクリスマスまでに語ってくれることを希望して…。(つづく)


p.s.This portrait of Mancio is painted by Domenico Tintoretto, a good portrait painter in the workshop of famous Jacopo Comin in Venice. But Mancio was not so black like this, even after the long voyage in the sun. And he looked younger and more innocent for me. I remember his soft lips sometimes trembled like a child' s ones.

  I wonder if the painter expressed not his real figure but another personage’s imageJust a veneziese’s intuition!I HOPE snowdrop will tell you about this matter until Christmas…
(To be continued)


c0345705_11410924.jpg

「伊東マンショの肖像」(1585年)『遥かなるルネサンス』図録 * portrait of Mancio ITO1585


展覧会図録以外の参考文献*

小佐野重利『《伊藤マンショの肖像》の謎に迫る―1585年のヴェネツィア』(三元社)

森田義之『メディチ家』(講談社)

若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ―天正少年使節と世界帝国』(集英社)


c0345705_16125550.jpg
港町、神戸の博物館のステンドグラス(左)、少年使節の映像(右)
stained glass in Kobe City Museum, the video of Tensho Youth Mission to Europe


今年は12月3日から待降節(アドベント)です。天正遣欧使節の4人の少年に寄せて、4人の天使のアドベントキャンドルを点してゆきましょう。飾りつけもだんだん賑やかに…。写真と歌は2016年のものです。

Four Advent candles (2016) for four boys of the Tensho Youth Mission to Europe!


f0374041_09474639.jpg
希望」の蝋燭*アドベント第1主日(12月3日)
HOPE*First Sunday of Advent(3 December)


希望(エスポワール)といふ言の葉はため息のやうに

ふはりと心を包む

la prononciation 
du mot ESPOIR
 
comme un soupir,  
elle envelope  
mon âme doucement



c0345705_13220272.jpg

おまけ*ヴェネツィアの旅から(1999年12月)*Bonus*Venezia, Advent in 1999

(All Rightgs Rereserved)




[PR]
「durer praying hands wiki」の画像検索結果


デューラー「祈る手」*Betende HändePraying HandsAlbrecht Dürer(wikipedia)



 式子も男の手を見つめていた。いつもは己の傷ついた手ばかり見ていたが、その日は時間をかけた見立てだったので、彼の手にも注意を引かれたのだ。

― この人の手はなんと繊細なのであろう。女の命婦でも、もっといかつい手をしている。わたくしのように小さく愛らしい手をした者はいないと命婦は言ってくれるけど…わたくしの右手をとる彼の右手は、まるでわたくしの左手のようだ。わたくしの手よりひと回り大きいだけで、すうっと伸びた指は、わたくしのより長いけれど、同じくらい細い。なんと貴(あて)なる手!医師(くすし)の小刀や書巻しか執ったことのない手。鄙住まいゆえ、浅黒く日に灼けてはいるけれど…

式子の頭にひらめくものがあった。

「そなた、ただの鄙の医師(くすし)ではありませんね」
「いきなり何をおっしゃいます」
「そなたほどの医師なら、御典医はおろか典薬頭にまでも昇りつめうるはず」
「望んだこともありません」
「いつか聞いたことがあります。洛北には野に下った若き元御典医がいて、宋よりの船を通じ密かに医書を取り寄せ、新しい医術で民を癒していると。天平の行基菩薩の生まれ変わりだと人々が崇めていると」
「お人違いにございます」
「では、名を名乗りなさい」
「ご容赦を」
 その刹那、式子の目から珠を連ねたようにはらはらと涙が零れた。
「興奮なさるとお体に障ります。お願いですからお休みになってください」

式子は床に伏しながら、なおも涙を流した。
― 容赦…わたくしにそなたの何を許せというのか。わたくしはそんなに、そなたを困らせてしまったのか ―
しかし皇女は、思いを口に出すことにも、涙をみずからの手で拭うことにも慣れてはいなかった。

男は、水晶の数珠を思わせる皇女の涙から目をそらしながら、眠り薬を取り出し、それを己の指から彼女の指へそっと滑りこませた。


c0345705_14182776.jpg

「眠れる森の美女」* Sleeping Beauty (NHK Educational Television)



She also was observing his hands. While she had always paid attention to her wounded hand only during the brief medical examinations, that night she had enough time to look at his hands.

― How delicate his hands are! Even Myoubu, a court lady, has more rugged hands. She sometimes says that no one has such small and lovely hands like mines… His right hand taking mine looks like my left one. Though a size larger, whose fingers are as thin as mines. What a noble hand! The hand that has taken only a surgical knife, scrolls, and books. Though dark-colored because of the rural sunlight…
 An idea crossed her mind.

“ You are not a mere country doctor.”
“ What are you saying abruptly? ”
“ An excellent doctor like you would have gone to the top such as a court doctor, even the head doctor.”
“ I have never hoped for that.”
“ I have heard there is a young ex-court doctor in the north of the capital who left the government service and has got the medical books through trading ships from Song Dynasty China to heal the people. He is worshipped as the reincarnation of Gyoki (行基) Bosatsu in the Tempyo period.”
“ That’s not me.”
“ Then, tell me your name! ”
“ I’m sorry, I can’t.”
 At the moment, beads-like teardrops fell down her cheeks.
“ You are too excited, please make calm so that your fever does not rise.”

She was still shedding tears in bed.

― I made him say sorry, my questions troubled him…

But the princess was not used to expressing herself and wiping her own tears with her own hands. 
 He turned his eyes away from her crystal-rosary-like tears and handed a sleeping drug from his fingers to hers gently.


c0345705_11062452.jpg



祈ることをいまだ知らざる
さんの手から飛びたつ
の竹とんぼ


(Bamboo-dragonfly-like seeds take the air from fresh maple leaves like palms of the baby who does not know how to pray.)


c0345705_20502944.jpg
「竹虎」の画像検索結果

楓(かえで)の実(2017年5月、三室戸寺)* maple seeds in May, 2017
bamboo dragonfly*Japanese (Chinese) toy(google search)



「ほととぎす」は次回より「ももさへづり*やまと編」へ移り、土曜連載とします。第12回は12月2日()です。http://ramages3.exblog.jp/


(To be continued to next Saturday, at another bloguehttp://ramages3.exblog.jp/


(All Rights Reserved)




[PR]


f0374041_14501535.jpg

            むらもみぢ(2016年)


 いっぽう彼女は、薄雲がたちこめるような憂いを感じることが多くなった。しだいに二つの咬み傷が浅くなり、赤い腫れが薄れてゆくのを見れば、喜ばしいはずなのに寂しい。都に戻ったら何をしようという女官どうしのおしゃべりに耳をふさぎたくなる。そんな自分に皇女は戸惑った。

わたくしはもともと神館(こうだて)での一泊が好きであった。それが今年は毎朝、頻(しば)鳴く鵯(ひよどり)や雀の声を聞き分け、昼は雉や小綬鶏の叫びに驚き、夕べには蛙の合唱に聞き入ることができる。まるで草を枕に旅をしているようだ。なのに、わたくしの紙には四十雀の聞きなしも、蛙の声の高低も記されていない。ただ、わずかな言葉をつなぎ合わせた歌のかけらが散らばっているばかり。
十日目の夜、いつもより遅い時刻に男が訪れた。
「まれにこの時期、赤い尿(ゆまり)が出て容体が急変することがございます。今夜はおそばに侍らせて頂きますが、お気づかいなきよう」
男はいつものように、式子の手を取った。浮腫はさらに引き、手の甲と指の関節に膨らみが残るだけである。中指の付け根が、蚊に刺された痕のようにほんのりと赤い。彼はふとその手を、初めて見るもののように見つめた。
― このように小さな手を見るのは初めてだ…十三くらいの童でも、これよりふっくらした大きな手をしている。なんと細い指…扇と筆と箸しか執ったことのない手だ。日にさらされたことのない、白く薄い肌が戻りつつある。これまでは内出血の痣に覆われ気づかなかったが、手首に、流れる涙のしずくのような胡桃(くるみ)色の痣がある。こんな華奢なお身に、よくぞ毒が回ってしまわなかったものだ…
「よくぞここまで回復なさいました。内心、恐れていたのですよ。もしも薬が効かなかったらと…小刀を振るって何とかできればまだよいが、薬は正しく用いた後は、祈るしかありませんからね。これが小さい童だったらと思うと…ぞっとする」
 男の目が光った。式子は己が、幼子を蜘蛛の毒にさらした挙句、ひたすら祈る母であるかのような錯覚をおぼえた。

「祈り…その頭(つむり)はやはり僧を思わせます」
「いいえ、僕(やつがれ)は鄙の医師(くすし)に過ぎません」


この連載は日祝日に更新します。次回は11月26日(日)です。


c0345705_11084726.jpg
かえで(楓)は「かえるで(蛙手)」に由来します(高山寺、2015年5月)


 She came to sink into a fog of melancholy. The shallower and paler her wounds became, the more lonely she got. Hearing the court ladies talking about returning to the capital, she wanted to cover her ears…she was confused by herself.

― I used to like staying at Ko-date even only one night. Especially this year, every day I can listen to sparrows, pheasants, brown-eared bulbuls, Chinese bamboo partridges, and every night a chorus of frogs, Ural owls, etc. I feel as if I was travelling with a grass-pillow. And yet my papers tell nothing about the melodies of tits or frogs…only the fragments of my waka-poems with a little vocabulary.

 On the tenth night, the man visited her later than usual.

“ At this stage, sometimes the colour of urine changes red and the patient’s condition gets worth suddenly. I attend on you tonight, but please do not mind.”

 He took her hand as usual. The swelling has further gone down except the back and joints of the hand. Two pink spots on her middle finger were like two mosquito bites. He looked at the hand as if he had seen it for the first time.

― For the first time for me to see such a small hand…even a thirteen-year-old child has bigger ones. How thin fingers…Her hand has taken only a fan, a pen, and chopsticks…The white skin is coming back that has never been exposed to the sun. A teardrop-shaped brown mole on the wrist that I have not noticed because of the internal breeding bruises…what a delicate build…what a fortune that the poison has not passed into her system!

“ You have recovered miraculously…I was inwardly afraid, what if the medicine should not work? I would rather use my surgical knife…all I can do is to give you medicines correctly and to pray…if the patient was a small child…horrible!”

 His eyes glistened. The princess felt as if she had been a mother whose child had been bitten by a spider.

Pray…your head looks like a monk’s.”

“ No, I am a mere country doctor.”


c0345705_16093198.jpg
淡海(あふみ、おうみ、滋賀)の千鳥のかたちの雲(1990年代)



窓は舞台
書割り雲をひよどりや烏天狗ら
ひよいとかすめる


Une fenêtre, c' est un théâtre
avec des nuages à l’ arrière-plan
où un bulbul à oreillons bruns
et un corbeau-tengu,
ils passent.


(To be continued to next Sunday
(All Rights Reserved)


「烏天狗 pinterest」の画像検索結果
* bonus * pinterest *






[PR]
c0345705_13170324.jpg
十六夜の月*the moon on the sixteenth night of a lunar month

 

 八日目、腫れはさらに手首まで引いた。手袋をはめたような手が痛々しい。痛みと痺れは、しかし、男の薬のおかげで耐えがたいほどではない。

「ここまでは、医書にあるとおりの経過を辿っています」

「そなたは勉強家なのですね」

「おそれいります…けれども、唐渡りの蜘蛛の毒は、学べば学ぶほど怖くなります」

九日目、女官が運んできた洗顔用の盥(たらい)に式子は目をとめた。水鏡に自分の顔が映っている。ふだんはあまり意識することもないその顔が、満月のように輝いて見えた。曇りなき十六歳の肌はさらに透きとおるように白く、黒い瞳がぱっちりと開いて光を放っている。
 そういえば、夕べは尿(ゆまり)の色が、黄金から黄水晶に変化したと、あの人は喜んでいた。

「お身に注がれた蜘蛛の毒があらかた外へ出た証です。水をよくお飲みになられたのがよかった」と…。
 式子は嬉しかった。初めて男が笑ったからである。蜘蛛が放った毒も、体内に淀んでいた穢(けが)れも、すべてが流れ去り、空っぽの体に彼の魂の光が射しこんできたようだった。
 ― あの人は、本当に、わたくしのためを思ってくれている。皇女だからと遠慮せず叱ってもくれる。医師(くすし)なら当然のこと?でも、少なくともわたくしには初めてのこと…

 生きていたい。生まれて初めて、切ないまでに、そう思った。


この連載は日祝日に更新します。次回は11月23日です。


c0345705_22131950.jpg

十三夜の月*the moon on the thirteenth night of a lunar month


とほき歌ののちの静寂(しじま)をしのびかね木魂(こだま)のごとく啼くほととぎす

2015)(動画)https://www.youtube.com/watch?v=Zm9-TaWCWRM


Le silence après un chant lointain, est si lourd pour un petit coucou qu' il chante comme un écho.... 



c0345705_06023203.jpg
立ち待ちの月*the moon that one waits for while standing:seventeen-day old moon


 On the eighth day, the swelling went down to the wrist. Her hand looked like a glove. But the pain and numbness was tolerable thanks to his medicine.

“ Your recovery is just like as mentioned on my medical books.” “ You are a hard worker.”
“ Thank you for your compliment…but the more I learn about the poison of this spider, the more I feel afraid of it.”

On the ninth day, Shikishi took notice of the basin carried by a court lady. On the glassysurface of water, she recognized her face. The face that she used to beunconscious of, looked shiny like the moon. The skin of a sixteen-year-oldmaiden was immaculate and clear, and the black eyes were brighter than usual.

The night before, he had been pleased that the colour of her urine had turned from gold to citrine.

“ It is a sign of recovery, almost all the poison has been discharged from your body. It was good that you have drunk much water.”

 Shikishi was happy, because he smiled for the first time. After having ejected the poison and wastes in her body, the pure light of his soul straightly shined in.

― He is sincerely worrying about me. He scolds me, a princess, without reserve. Is it natural for a doctor? But for me, it is the first experience…

 I want to live.

 She felt that keenly for the first time in her life. 



(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)




[PR]
「eugene onegin liv tyler」の画像検索結果

文(ふみ)を綴る女(エフゲニー・オネーギン*Onegin)(google s.) https://www.youtube.com/watch?v=ekT8QMAUz-I
The women write and write both in the East and the West...

c0345705_09425585.jpg
筆をもつ女(「浮舟冊子」13世紀、大和文華館所蔵)『古今和歌集 梁塵秘抄』朝日新聞社
lady holding a brush(pen) in the Heian period (Ukifune Book, 13c.)


 式子は焦れていた。紙と筆が欲しくてならない。回復し始めてほどなく式子はそれを訴え、きっぱり却下されていた。

「なりませぬ!お身を起こして左手で文字を書けば、お体に障ります。せっかく食い止めている毒が広がったら、どうなさいます。書き物は無理です!」

しかし、こうして緩やかに回復し始めると、目に映るもの耳にするもの、これまでに体験したこと全てがゆかしく、断片的な走り書きだけでもしておきたい。考えあぐねた式子は命婦に頼んだ。医師(くすし)に尋ねるべきことを記しておきたいからと。
 彼女は数葉のみちのく紙の一枚目に体のことを記し、自由な思いつきは二枚目以降に綴った。もとより左手であるから、自らも判読しがたい覚え書きである。それでも式子は、頭のなかに湧き返る想念の出口を得て、ほっと一息ついた。そして、「なりませぬ!」という直截な響きをなつかしみ、早めに筆を置くのであった。

男は枕もとの紙をちらりと見たが、何も言わなかった。この世に、これほど紙と筆に執着する女人がいるとは思ってもみなかった。口数は少ないが、言葉を返すよりも深いところで思慮をめぐらせている。一見なよやかだが芯が強い。しかも、童のようなみずみずしい好奇心に満ちている。男は、だが、自らも好奇心あふれる瞳で治療に当たっていることに気づいていない。(つづく)


c0345705_07235885.jpg
『王朝かな書道史』芸術新聞社 


あてもなく綴りし文を運びかね空啼きわたる山ほととぎす
  snowdrop

(Not knowing where to carry the letter written aimlessly, a lesser cuckoo creaks across the sky.)

c0345705_10442446.jpg
「北斎―富士を超えて」図録*Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai


Shikishi was irritated. She desperately needed pen and paper. She had already requested them to the man on the first day of her recovery and been rejected.
“No, you cannot. Even if you write with your left hand, it is bad for your body. It is impossible for you to write something now.”
 Now that she has gradually been recovered, everything she was experiencing was so interesting that she wanted to write them down even partially, even in scribbled notes. Being at a loss, she asked Myobu (court lady), on the pretext of noting the questions on her body.
 She got several papers. She wrote the questions on the first sheet, and what she thought on the second and succeeding sheets. They were unreadable memoranda with her left hand. But she felt relieved that she got an outlet for various ideas filling her head. And remembering his straightforward voice, “No, you cannot.”, she laid down her pen as early as possible.
  He glanced at the papers beside her pillow but said nothing. He had never imagined that the woman exists who clings to writing so much. She was a person of few words but of much thoughts in her depth. She looked feeble but was mentally strong. And she was full of curiosity like a child. The man did not know that he himself was full of fresh curiosity.

(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)






[PR]

「上村淳之 時鳥」の画像検索結果

c0345705_18285888.jpg
















上村松園の孫、淳之による「杜鵑(ホトトギス)」(google search)
Lesser Cuckoo (hototogisu) by UEMURA Atsuhi, Shoen's grandson 
杜鵑草(ホトトギス) * 大徳寺(2016年)* toad lily (hototogisu)


 六日が過ぎ、七日が過ぎ、腕の腫れは肩から肘にかけてゆっくりと引いていった。それでも、杜鵑草(ほととぎす)の花弁の模様めいた痣の塊はまだ腕のそこここに広がっている。いつものように控えめに、風のように速やかに触診する男の手がふと二の腕で止まった。

「くびれが戻ってまいりましたね」 

「……」

 式子は首を傾げた。自分ではよく分からなかったのだ。そもそも、そんなところにくびれがあることすら意識したことが無かった。その日はそれから女官に体を拭いてもらい、翌朝、ふたたび訪れた男に皇女は問うた。

「くびれとは、ここにあるものですか」

衣の上から指し示す白い左手指を見ながら、男は頷いた。


c0345705_09481083.jpg


北斎「杜鵑花 (ホトトギス)・子規 (ホトトギス)」(「北斎―富士を超えて」図録)
ツツジも杜鵑と綴られることがあります。「ホトトギス」の共通点は斑点です。
Azalea (hototogisu) and Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai, British Museum
These three kinds of hototogisu have the spotted patern in common.

c0345705_22210833.jpg
(5月撮影)


 Six days have passed, seven days have passed, the swelling began to go down slowly. And yet toad-lily-like bruises still covered the whole arm. The man’s palpating hands, which always moved reservedly and swiftly like a wind, have stopped on her upper arm.

“ The curve has come back.”

……?

 She inclined her head. She had never been conscious of the curves on that body region. After his leaving, she made her court lady wipe her body and asked him the next morning.

“ The curve you mentioned yesterday exists here? ”

 Looking at her white finger pointing at the upper arm from on her white robe, he nodded.


c0345705_10475577.jpg


















「北斎―富士を超えて」図録*
Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai


朝昧爽(あさまだき)ほのかに鳴きしほととぎす

けふのひとひの予感のやうに
snowdrop 

À l’ aube un petit coucou chanta vaguement
comme un présage du jour...


「上村淳之 時鳥」の画像検索結果

この連載は日祝日に更新します。前回は3日文化の日)、次回は12日)です。
(To be continued to next Sunday)


「マンレイ ヴァイオリン pinterest」の画像検索結果
Le Violon d'Ingres Man Ray (pinterest)

p.s. Translation service by Excite Blog has finished. I wish my translation (English or French only) helps you enough in my three blogues.

(All Rights Reserved)





[PR]

a0332314_13384606.jpg

蜘蛛の巣が描かれた打掛*上村松園「焔」* Flame by UEMURA Shoen (detail) 
今日は文化の日。松園は女性として初めての文化勲章受章者です。
UEMURA Shoen is the first female recipient of the Order of Cultural Merit
(on Culture Day, November 3th, 1948)



 幸いなことに、蜘蛛の毒は右肩で止まり、内腑には到らずに済みそうであった。男は式子にできる限り水を飲ませ、体内の毒を排出させた。女官たちが付きっ切りでその世話に当たった。男は彼女らに命じて尿(ゆまり)を甕に溜め、色と量を毎日測った。その量が多ければ、また、稲穂の金色であれば、最悪の事態は避けられる。尿(ゆまり)は皇女の命の緒であった。
 男は日に二、三度、数分ずつ訪れるだけになった。知らず知らずのうちに式子は、その時間を待っている自分に気づいた。

 わたくしは、物語のなかの女のようだ。男が通ってくるのを待ちわびる女のようだ。わたくしの耳は、沢山の足音の中からあの人の俊敏な足音を聞き分けている。あの人が来たら伝えようと、体の様子を自ら吟味しているのに、いざ来られると、言葉が出て来ない。けれどもあの人は、わたくしの傷口を清め、腕にそっと触れ、顔や体が黄を帯びていないか、むくみがないか確かめるだけで、すべて了解したように去ってゆく…そして、眠くなるような安心感がわたくしを包む。

時に、あの人は好奇心あふれる少年のように目を輝かせる。「ほう、五日目にはこんな色になるのですね、なるほど…」
 わたくしの腕は日を追って、灰青色に、紫に、緑に、黄に色を変えた。表に傷はなくとも、体内に血がにじんでいるのだという。
「大がかりな打ち身とでも思ってください。打ち身じたいは、下々にはよくあることです」

 わたくしは何も心配しない。この人に委ねておけば大丈夫だと感じる。そして、自分の体が彼の役に立っていると思うと、なんだか嬉しい。これまでは、自分に肉体があることさえ意識せずに生きてきたのに。五つの歳から十一年、斎院としてすべてを神に捧げてきたのに。そう、まるで人形(ひとがた)のように…
 わたくしは堕落したのであろうか。堕落だとすれば、しかし、堕落とはなんと優しく、あたたかいものであろう。まるで胸のうちを東風(こち)が吹き抜けてゆくようだ。両手(もろて)でこの世をそっと抱きかかえている心地がする。―


c0345705_05345800.jpg

十二単をまとった雛人形
* Hina doll dressed in Heian robe (2015)



堕つるとは人のこころに帰ること ししむら熱きひとの心に  

snowdrop  ししむら


この連載は日祝日に更新します。次回は11月5日(日)です。


c0345705_10250961.jpg


Fortunately, the spider’s poison stopped at the right shoulder and did not reach the internal organs. The man made the princess drink water as much as she could in order to help eject the poison from the body. The court ladies took care of her excretory needs. The man requested them to collect urine and checked the colour and volume. If the urine was much and gold like the ear of rice, she was safe. The urine was her thread of life.

The man visited her several times a day. Shikishi noticed herself waiting for his visits.

― I am like a heroine in the story where she waits for her lover. My ears identify his footsteps among various ones. Though I always enumerate the symptoms so as to report him, I can speak nothing in front of him. He cleans my wounds, touches my arm, checks whether or not my face and white of my eyes turn yellow, and examines the swelling of every part of my body. And then he nods and leaves me again. After the rendez vous médical, a sense of safety envelops me like a warm hug.

Sometimes his eyes shine like a curious boy’s.

Hmmthe patient’s limb changes colour like this, I see…”

My arm turned blue, purple, green, yellow,etc. as the days go by. According to him, there was no wound except the middle finger’s but the the arm’s vessels are bleeding internally.

The internal breeding itself is common for the people. Yours is a larger scale one.

I worry about nothing. I understand that I only have to entrust myself to him. I am even content that my body is useful for him. I have lived without being conscious of my body. I have devoted myself to deities since I was five years old, for more than ten years, like a Hito-gata (sacrifice doll).   
 Have I become corrupted ? If so, how warm and humane the corruption is ! I feel as if I was hugging the whole world softly and tenderly.


c0345705_09234053.jpg


ひとがた
(城南宮、2016年)* Hito-gata (human shape)



Corrupting is returning to the human heart, to the heart inside my warm flesh.  snowdrop



To be continued to November 5th
All Rights Reserved








[PR]
f0374041_20001922.jpg


 眠る式子を見守りながら、男は、この神さびた処女(おとめ)の瞳を思い出していた。隈なく澄んだ瞳の内に、あらゆる感情が透けて見えた。初対面にもかかわらず寄せられる全幅の信頼、童のような好奇心。目を円くして蜘蛛の手わざに見入る皇女の姿が胸に浮かんだ。恐れを知らぬお方だ。悪しきもの、穢(けが)れたものを警戒することがない。
 それにしても…男は式子の腕が次第に黒ずんでくるのを見守りながら、ふたたび嘆息した。もしも腫れが腕の血管をこれ以上圧迫するようなら、腕を一文字に切開せねばならぬ。それは皇女に対して許されざる処置であった。御付きの者たちは決して承諾しないであろう。誰よりも彼自身が、それだけは避けたいと感じていた。大きな傷は体力を奪う。化膿すれば回復が遠のく。何より、この薄くすべらかな肌に刃を入れるのは、堪えがたい。

 ホットトギス!明け方、とろとろとまどろみかけていた男は時鳥の声で目覚めた。その甲高い声は、何かの予兆のように響いた。ひょっとすると、吉兆かもしれぬ…式子の寝息がやや軽くなったのを確かめ、ほのぼのと白みゆく東の空をちらりと仰いで、男は独りごちた。目を覚ました女官たちがこちらへ急ぐ気配がした。そのざわめきに、式子がぽっかりと目を開けた。
「僕(やつがれ)はしばし外します。女官たちに汗など拭いてもらい、お休みなさいませ。また後ほど伺います」
 式子は答えなかった。ただじっと男の目を見つめた。彼は一寸眩しそうに目をしばたたくと、女官らに場所を譲った。それでいて、何か後ろ髪引かれるような、まもなく召されようという幼子を残して立ち去るような思いが、しきりにした。

この連載は日祝日に更新します。次回は11月3日(文化の日)です。

a0332314_21142885.jpg
菖蒲の剣  swords of iris (2015年)


 While watching over the sleeping princess, the man was remembering this mystic maiden’s unclouded eyes. The purest reflections revealed all her emotions. The full confidence in this stranger, the child-like curiosity...he could imagine the scene where she was gazing at the spider’s craft without fear. She is too pure to be wary of what is evil or dirty.

 While observing her arm gradually getting dark, he sighed again. If the swelling would press the blood vessels, he had to incise this arm in a straight line. It was an unpardonable treatment to the noble. The servants would never accept that. He himself wanted to avoid such a situation. The long wound deprives the physical strength of the patient. If it will fester, the recovery will be delayed. Above all, it was intolerable for him to cut this smooth and fine skin.

 Hottotogisu! At daybreak, he waked up from the lightest sleep. That bird’s shriek sounded like a kind of omen. It might be a lucky omenhe said to himself, hearing her lighter breathing and catching a glimpse into the lighter sky. The court ladies were entering the room, whose low sounds awakened her.

“I leave the room.They will wipe your body and make you rest. I will come back later.”

 She did not answer. She only contemplated his eyes. He blinked his eyes and gave way to them. He did not know the reason but he felt as if he had left his heart behind, as if he had left a helpless dying child behind…


(To be continued to November 3th, Culture Day)
(All Rights Reserved)

















[PR]

f0374041_13180426.jpg
(2016年10月撮影)


 式子はされるがままになっていた。腫れの昇る腕に、墨でしるしが入れられる。冷たい川水で絞った布が額に当てられる。熱に乾ききった唇が水滴によって湿らさせ、不思議な味の水薬を飲まされる。はきと見えた訳ではない。感じただけである。ときに痛みを伴う処置も、己が身をいたわられている、大切にされている、と分かるがゆえに、恐れも不快も感じなかった。女官たちに畏るおそる身の世話をされている時とは違う。相手の側にゆるぎない意志を感じる。ただ委ねればよかった。それは後白河院の皇女という貴(あて)なる処女(おとめ)にとって、初めての経験であった。

 誰もが疲れて寝静まった夜半。鵺(ぬえ)と恐れられるトラツグミの遠音だけがときおり、しめやかに響いていた()。そこにひとつの嘆息が重なった。そして、ぽつりと呟く声。
「この薬が効いてくれるとよいのだが…」
 素直な、素朴な、沁み入るような声。
 無理に目を開いてみると、燈台の光のなかに、禿頭(とくとう)の輪郭が認められた。祈祷僧だろうか。それにしては護摩焚きの匂いがしない。
「そなたは、僧侶ですか」
「いいえ、僕(やつがれ)は鄙(ひな)の医師(くすし)です」
 式子は大宮人や神官、僧侶以外の人間をほとんど見たことが無かった。父、後白河院のもとに遊び女や白拍子、傀儡子(くぐつし)などが召されているのを遠くから見かけたことが一、二度あったに過ぎない。男は、会うことも稀な父とも、神仏に仕える者とも、謡(うた)うたう民とも異なっていた。男の目が真正面から式子の顔を見る。その黒い瞳は、月光に照らされた賀茂の水のようにきらきらと輝いた。
「今宵が山となります。できるだけ動かれませぬよう」
 式子は男の目をひたと見つめ、声もなく、かすかに頷いた。

鵺(ヌエ)の鳴き声 *scaly thrush▶ https://www.youtube.com/watch?v=Kt35Pd83m6c

この連載は日祝日に更新します。次回は10月29日です。

a0332314_09423878.jpg
(2015年撮影)

Princess Shikishi left everything to him. Her arm was marked with ink in order to check the speed of the swelling. A cold wet cloth was put on her brow. Her hot and dry lips were moistened with his liquid medicine. She did not see but felt his treatments. Some painful treatments were neither fearful nor unpleasant because she could feel that she was taken care of attentively. It was not the same as timid and nervous services of her court ladies. She felt his unwavering volition. She had only to leave everything to him. It was the first experience for her, the noble virgine, the third princess of the ex-Emperor Go-Shirakawa.
 In the dead of night, everyone was tired and asleep and only a scaly thrush was hooting (whose voice was feared as nue, a kind of chimaera at that time). Another voice and a sigh overlapped.

“I hope this medicine will work

A simple, straight, and touching voice.
 When she opened her eyes, she saw an outline of a bonze-like head in the candlelight. Is he a priest who prays for me? But there is no smell of the fire-offering.

“Are you a priest?” 

“No, I am a country doctor.”

She had never seen the people other than courtiers, Shinto priests and Buddhist monks. One of two times she had seen the country musicians, puppet players, prostitutes, etc. who were singing and dancing in front of her father, ex-Emperor. The man was different from those people and from her father whom she had rarely seen. The man looked straightly at her. His black eyes were shining like the water of Kamo River lightened in the moonlight.

“You are in a critical condition tonight. Please do not move if possible.”

She contemplated his eyes and nodded silently.

(To be continued to next Sunday)
 (All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_21423243.jpg

能「土蜘蛛」(右は源頼光。なお、鵺(ヌエ)を退治した頼政は頼光の家系)
Noh Spider(NHK Educational Television)



 男は細い竹箸のようなもので式子の指の傷口から蜘蛛の毛を丹念に取り除くと、女官に汲んで来させた奈良の小川の水をざぶざぶとかけた。枕を積み重ねてその上に腕を載せた。ふだんは幾重にも重ねた袖の奥深くに隠れ、人目に触れることのない斎院の腕である。雪のような白さとふくよかさが男の目を射た。しかしそれも束の間、赤い腫れは肘へ、二の腕へ、肩へと昇り、腕全体が丸太のように膨れ上がってゆく。

 男は懐から薬草を取り出し、汁を絞って傷口に塗った。あの赤黒い蜘蛛を見かけて以来、つねに携えていた薬草である。賀茂の里人や童があの蜘蛛に襲われた時は、いつどこにあっても駆けつけ、手当てできるように…御典医や御付きの者たちは男の施術を、ただ口を開けて見守るばかりであった。

「これからお熱が上がりましょう。熱冷ましと痛み止めをさし上げます。万が一、お腕の一部が死ぬると厄介です」

「明日は野宮へ戻られて、賀茂祭を締めくくりあそばすご予定なのだが…」

「なりませぬ!お褥(しとね)より動かすわけには参りません。少なくとも十日はここに留まって頂かねば―。また、人の動く気配がお体に響きます。お人払いを願います」 

 男の気迫に押され、抗弁する者はなかった。


この連載は日祝日に更新します。次回は10月22日です。

c0345705_22005873.jpg


 The man removed the spider’s hairs from her bites with something like bamboo chopsticks and poured the water that a court lady brought from Nara River. He piled several pillows and set her right arm on them. The princess’ arm that should be normally hidden in her robes, whose whiteness flashed before his eyes. But soon a red swelling climbed to her elbow, upper arm, and shoulder to change her right arm into a reddish log.

 He took out some medicinal herbs from his inside pocket and applied the juice to the bites. He had always carried the herbs with him since he had seen that red spider in the forest so that he could heal immediately the villagers or children attacked by the insect. The court doctor and servants were only gazing at his treatments with their mouths open.

“ The fever will heighten. I will give her my painkiller and fever medicine. If her arm should necrose, it would be a matter of life or death.”
“ Tomorrow she is scheduled to go back to Nonomiya and finish the festival
“ Impossible! She MUST rest quietly here at least ten days. May it please your honour, I have to order the room to be cleared so as to avoid even a slight shock to her body. ”
 His spirit made all of them hold their tongues.


(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)





[PR]