c0345705_08403312.jpg


毎年いまごろ庭に咲く白百合、暑さのためか、今年はまだちらほら…。

Lys dans notre jardin, hier.




♪「マリアは天へ昇らせたまいぬ」♪

c0345705_16521687.jpg

ヴァチカンでみた奏楽天使、ヴェネツィアでみた祭壇画(2011年撮影)


8月15日は聖母被昇天の日、そしてsnowdropの母の月命日です。
(記念日反応? 心の準備をしておけば、軽くなるので大丈夫です) ^^
聖母マリアは、先に天に昇っていた我が子イエスの導きで天に昇りました。
ヴェネツィアで見たティツィアーノの祭壇画(手前の本)は
フラーリ教会を包む夕映えと同じに輝いていました


Aujourd'hui, c'est le jour de L'Assomption de la Vierge et
un des jours anniversaires mensuels de la mort de ma mère.
Je me souviens de L'Assomption de la Vierge de Tizian,
Basilica di Santa Maria Gloriosa dei Frari au crépuscule rouge.


フランスの小さな教会(photo par grillon)
c0345705_08261418.jpg


雛罌粟(コクリコ)は祈りの歌の光みつるステンドグラスに永久(とは)に花咲く

inspirée par grillon
kokuriko ha inori no uta no hikari mitsuru
sutendogurasu ni towa-ni hana saku

des coquelicots éphémères
pour toujours en fleur

sur un vitrail de l' église en pierre

pleine de chants et prières
Est-ce que j' ai reussi à rimer ?

Img_0014_800x600(2016年)


いつか訪ねてみたい。。。
い罌粟(ケシ、コクリコ)の玻璃窓のある小さなフランスの教会。
そして、罌粟と矢車菊咲くイタリアの草原、夢の絨毯。。。

snowdrop veut visiter un jour
une petite église en France avec ces vitraux de coquelicots rouges
et un tapis de coquelicots et bluets de Norcia, Italie





青い海こえてき花便りけふも届きぬ ゆめのくにより

au-delà de la mer
des lettres sur des coquelicots
sont arrivées
aujourd'hui aussi
du pays des rêves




↓私のお気に入り♪ my favorites (2015)

c0345705_14173996.jpg



















天と地をきらめく夢の花々は 王子の笑顔 君の咲(え)む声

des fleurs du rêve
scintillants dans les cieux
et sur la terre
c' est mille rires du Petit Prince
et ta voix souriante, charmante

c0345705_17375424.jpg


海越えて「ありがたう!」を届けてよ大正ろまんの罌粟の切手よ

envoyez
mes merci et grazie mille!
une timbre

des coquelicots
de l'ère Taishô!

♥ Merci beaucoup, grillon ! ♥
Bon repos !
☆彡 Grazie mille, naoko-san!★☽

c0345705_09013750.jpg

おまけ*Bonus

これはきっとフランスのニャンコ。。。

Voici un chat par Leonard Fujita 🐈

c0345705_09592336.jpg

コクリコ、ヤグルマギク、小麦柄のタピスリーと猫
「タピストリーの裸婦」(部分) Nude with Tapestry 
『藤田嗣治展
 LEONARD FOUJITA2006年)


「藤田嗣治 猫 切手」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)












[PR]

c0345705_19594172.jpg



ももさえずり「紀行編」の扉にぴったりのブルーの文字……↑
snowdropの百日紅をaster roseがイラスト加工してくれました。
スクエアのカード、あなたのもとにも一通届けましょう。
百日紅の切手を貼って…
立秋が過ぎ、ひんやりとした朝風が…このまま涼しくなればいいのですが。

Here is a greeting card to you made by snowdrop & aster rose.
Aster rose selected this blue letters for the tricolore blogue-design.
This square card is delivered by a stamp of Persian lilac.



「百日紅 切手」の画像検索結果

(google search)



夕空に燃ゆるくれなゐ百日紅まなこに沁みる君し想へば

the salmon pink
of the Indian lilac
in the
sunset
moves me deeply
because I miss you


c0345705_07263144.jpg



マンションの十六階より君と見しあの遠花火いまは遠しも

the fireworks above Lake Biwa
you and I saw from the 16th floor of an apartment
now they are
at a long distance
in my memories


About thirty years ago, snowdrop saw the fireworks
from an apartment with a view of Lake Biwa.


c0345705_06450749.jpg

百日紅いろの扇形花火(TV) ☆ fan-formed fireworks on Lake Biwa(BS-TV)

思い出のびわ湖花火

(2018年8月7日*びわ湖ホールより)


↓ 8月9日に追記しました。

bonus ★ book and revue set in Nagasaki

c0345705_07083474.jpg

(All Rights Reserved)


お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】












[PR]
c0345705_13280944.jpg



猫、鶏、アヒルのあそぶ農場の朝ごはんを君と食べたい!
🐈 🐔
the breakfast
of a Finnish farm
where cats, hens, cocks,
and ducks were relaxing
I wanna eat with you!



c0345705_10394659.jpg



1990年代のフィンランドの旅から。
ファームステイ先の朝食はヴァイキング形式でした。
テーブルの下には、食卓の番人、いえ番猫が…
ちなみに、バイキングはスモーガスボードを指す和製英語。
映画「ヴァイキング」の食事場面から生まれた言葉だとか。

Viking(buffets in Japanglish)style breakfast in a Finnish farm.
A cat was keeping watch under the table(1990s).
This style was introduced in Japan at Imeprial Hotel on August 1 in 1958,
based on the Swedish smörgåsbord and the film below,
which includes the herring, Jansson's temptation (?), etc.


c0345705_13263136.jpg
「映画 バイキング」の画像検索結果

(google search)


ヴァイキング、FIFAの応援団でも見かけました。
フィンランドのお隣の国、スウェーデンの猛者たちです。

The Vikings in a neighboring country of Finland, Sweden
are seen today also, for example, the supporters of FIFA.


「fifa2018 sweden viking supporter」の画像検索結果
(google search)


フィンランドのユースホステルのヴァイキング朝食定番のミルク粥。
サンタクロースの国をしのんで、去年の12月にこさえましたっけ…

Snowdrop ate the milk porridge every morning at a YH in Finland,
where she enjoyed the sauna also every day.
She made the porridge by herself in December, the month of St. Claus. 🎅


f0374041_22155705.jpg


夏のベリー摘みて真冬のジャムを煮る(フィンランドの暦とカード)

The berries that are to be the jam in winter (Finnish calendar)


c0345705_10392130.jpg


(All Rights Reserved)

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】

ベリージャムのおはなし ↓


おまけ
Bonus

「hello kitty」の画像検索結果






[PR]

c0345705_21434505.jpg

アンデルセンとヴァイキングの国より、ピーターラビットの村より(1990年代)

c0345705_06490787.jpg


むかし家に送りし旅の絵葉書をいまの私が読みふける夏

des cartes postales
que j' ai envoyé à ma famille
il y a vingt ans
je les lis cet été


c0345705_21401605.jpg


始まりは、青いポストカード ― つのる旅への憧れ。
海へゆきたしと思えど、海はあまりに暑し。せめて海の本を広げ、心は潮風に吹かれん…
『詩とメルヘン』は『赤い鳥』の系譜をひく抒情詩の雑誌です。

Des cartes postales par avion excitent mon aspiration...
Je voudrais aller à la mer, mais il fait chaud trop au bord de la mer.
Poème et Märchen est un magazine qui respecte
Oiseau Rouge.


c0345705_08352987.jpg


ミスターフォックス、今朝の新聞には何が書いてありますか?えっ?
日本の雑誌『赤い鳥』が今年7月に創刊100周年を迎えたって?

Mr. Fox, what are you reading on today's paper? Oh!
Japanese magazine Red Bird was published in July 100 years ago?


c0345705_09043035.jpg





「手袋を買いに 黒井健」の画像検索結果
(google search)
c0345705_08375759.jpg


ミスター・フォックスがしょっているのは、ジギタリスの花。
ジギタリスはラテン語の「指(ディジトゥス)」に由来します。
英名は「フォックス・グローブ」、和名は「狐の手袋」。同じですね!

Mr. Fox is surrounded by the digitalis.
The digitalis derives from a Latin word, "digitus (finger)" .
It is called "Fox glove (kitsune-no-tebukuro)"
both in English and in Japanese.


c0345705_08352987.jpg


新美南吉記念館では、「赤い鳥がくれたもの」という展覧会が開かれているとか。
新美南吉といえば、『ごんぎつね』、それに『手ぶくろを買いに』ですね。
童話 ⇔ 新美南吉 ⇔ 狐の手袋 ⇔ ジギタリス ⇔ ミスター・フォックス ⇔ 絵本
今日もsnowdropの連想ゲームにおつき合いくださり、ありがとうございます。

Nimi Nankichi, a writer from Red Bird,
wrote a story on a fox going to the town to buy a pair of gloves.
c.f. Illustration next to Mr. Fox


c0345705_21013541.jpg



何いろの手ぶくろ買ひにこぎつねはひとりぼつちで山を下りけむ

Quel couleur de moufles
un renardeau voulait?
il descendit du montagne
tout seul
sans sa mère



c0345705_09062216.jpg


ピーターラビットとママとジギタリス
Peter Rabbit, sa mère et des digitalis
(google search)

「digitalis peter rabbit」の画像検索結果

🐇 🐇 🐇 🐇 🐇

voici des petits lapins♡

(All Rights Reserved)














[PR]
c0345705_18063885.jpg



今年もゆくあてのない夏帽子…
日曜の朝、新聞をひらいたら、夢二の絵が目に飛び込んできました。
いぜん岡山に泊まった時、夢二郷土美術館に寄りたかったのですが…
ちょうど降り始めた雨に、まっすぐ帰るよう宿の人に勧められました。
岡山の雨はきっとあの頃も激しく降ったのでしょうね。。。
頂き物の「竹久夢二本舗敷島堂」の涼菓、今日はどれにしましょうか。

My straw hat without destination this summer also…
Let's read today's paper including an article on Takehisa Yumeji.
Today's dessert is gelées assorties (Yumeji Hon-po Sikishima-do). 
(written on Sunday)

f0374041_11090504.jpg



夏の宵、ミントの羽飾りをさしたスライスレモンの夏帽子をかぶって
ゼリー嬢は誰を待つのでしょう。デラウェアのブーケをかかえて…
彼女のそばで咲いているのは、レモンいろの待宵草。

In the summer evening, wearing a summer hat of a slice lemon with mint leaves,
with a bouquet of grapes, who are you waiting for, Mademoiselle Gelée ?
Oenothera stricta, lemon yellow flowers are in bloom by your side.



f0374041_05464350.jpg


竹久夢二は「宵待草」の作者として知られます。
待宵草のまちがいでしょうか?
いいえ、夢二は「宵待草」というひびきを愛して、造語したのだと思います。







ニュー・ピオーネのゼリーは紫陽花のお帽子に。

This jelly is like a cloche of a hydrangea.


c0345705_18215619.jpg
「高畠華宵 帽子」の画像検索結果
(google search)


はじめての一人旅は二十歳の夏 倉敷の橋 アイビースクエア

the destination of
my first secret solitary journey
was Kurashiki, Okayama
in the summer when I was twenty
Nakabashi Bridge, Ivy Square Hotel



あのころはカメラを持たず、目に焼きつける旅でした。
「カメラ女子ならぬ目玉焼きガール」◎◎

Snowdrop used to travel without her camera
so as to remember well what she saw…



「エルグレコ 倉敷 」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)


お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
おすすめ夏レシピ&お出かけ夏グルメ【PR】











[PR]

c0345705_13570028.jpg

海の見えるフランス窓(プルーストゆかりのホテル)
Cabourg(Balbec en RTP), France(2004)


この海を連れて帰ろうわが窓の樹の葉もまねる潮騒のうた

今日は海の日です。
Aujourd'hui, c'est la Journée de la Mer au Japon.

c0345705_16300577.jpg


海を見ながら朝ごはん*mon petit déjener(2004)

🐓🐓🐓




ヴィスコンティ監督による「失われた時を求めて」(プルースト原作)は幻に終わりましたが、
「山猫」や「イノセント」、「ルートヴィヒ」という美しい映画が残されました。

On aurait pu voir RTP par Visconti…

🐈🐈🐈


c0345705_13304197.jpg



風薫る五月、わが家のフランス窓のお話をしました。
観音開きの、床まである窓、シチリア貴族の館にも見っけ!
窓を押し開けているのは、映画「山猫」のサリーナ公爵。
大きな望遠鏡が何本も見えますね。
天体観測が彼の趣味、ソルボンヌでメダルも授与されました。
妻の名はステッラ(星)!


Au mois de mai, snowdrop a parlé sur ses fenêtres à la française.
Elle en a quelques trouvé dans une villa d' un noble sicilien.
Il est notre Duc Sarina dans le film "Le Léopard" .
Son passe-temps est l' observation astronomique.
Il a une medaille de la Sorbonne et sa femme s' appelle Stella☆


c0345705_13295350.jpg



映画はフランス窓をクローズアップしてゆく場面で始まります。
開け放たれた窓に大きく揺れるレースのカーテン。
館の家族が唱和する夕べの祈りが聞こえてきます。
南イタリアの夏の夕べは、貴族の家でも暑いのですね…

Le film commence par une scène de zoomer des fenêtres d'une villa.
Des rideaux en dentelle flottants aux fenêtres ouvertes,
Les vêpres siciliennes……il fait certainement chaud!


c0345705_13285831.jpg



窓からカーテン越しに入ってくるのは夕風だけではありません。
混迷する19世紀末イタリアの様々な事件が流れこんできます。

Non seulement le vent mais aussi des événements du mond
entrent au travers des fenêtres.


c0345705_13302756.jpg



その窓から飛び出し、ガリバルディ軍へ、ついでイタリア王国の政治の世界へ
身を投じる若者、タンクレディ。老公爵が実の息子より目をかけている甥です。

Un jeune homme saute par une des fenêtres au monde.
Il est Tancrède Falconeri, un neveu du prince Fabrizio Corbera de Salina.


c0345705_13305421.jpg



馬車で旅立つタンクレディ。乾いたシチリアの大地の埃に包まれて…
レモンやオレンジの果樹園がどこまでも広がり
赤いバラは灼熱の陽射しに形を崩しながら濃厚な香りを放ちます。

Il partit dans poussière de la terre sicilienne…
des vergers des citronnier et oragner,
des rose rouges déformés et odorantes sous le soleil ardent…


c0345705_13304197.jpg



天体望遠鏡は公爵にとって世界へ、宇宙へ続く窓です。
フランス窓から、望遠鏡のレンズから、魂は遥か宇宙へ…。
古代ローマの皇帝、ハドリアヌスの詩がsnowdropの心に蘇ってきました。

Les lunettes astronomiques sont ses fenêtres au monde et univers.
Son âme part comme celui de l' empereur Hadrian.
Bonne fin de soirée à tous, que la nuit soit belle et étoilée.



c0345705_13493999.jpg

「hadrian yourcenar」の画像検索結果



さまよえる いとおしき魂よ
汝が客なりしわが肉体の伴侶よ
汝はいまこそ辿り着かんとする
青ざめ こわばり 露わなるあの場所に
昔日の戯れも もはやかなわで…

(ユルスナール『ハドリアヌス帝の回想』より。多田智満子による大意)


c0345705_09584616.jpg

notre petite maison construite par un ami de mon père(en mai)


Animula vagula, blandula,
Hospes comesque corporis
Quoe nunc abibis in loca
Pallidula, rigida, nudula,
Nec, ut soles, dabis iocos…
P. AElius Hadrianus, Imp.

「ハドリアヌス テルマエ」の画像検索結果


Bonus*ハドリアヌス帝の肖像(中)と市村正親(右)*Hadrianus in film&manga
お髭はギリシア風ファッションです。* The beard was a Greek fashion.

「thermae romae」の画像検索結果「テルマエromae ハドリアヌス 漫画」の画像検索結果


Bonus2*Mbappé riant & Modric souriant

「Mbappé  et Modric」の画像検索結果

Bonus3*Another Angelique

「angelique kerber wimbledon 2018」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)














[PR]
c0345705_11434295.jpg



林檎のガトー・アンビジブル(見えないお菓子)を焼いて以来、
南瓜のをこさえてみたい、とずっと思い続けてきました。
やっと見つけた国産の南瓜を使ったのが、チョイ不格好な、これ。
ブランチにもなるようにお砂糖ひかえめ。
南瓜は皮ごと、ほくほく感を残すべく厚切りにしました。
黄色と緑がパイ層のように重なっています。
ガトー・ビジブル、「(層の)見えるお菓子」ですね!
不器用なsnowdropは「見えないお菓子」にたどり着かなくて…。

Voici mon gâteau invisible au potiron cette été,
mais non, un gâteau VISIBLE !


c0345705_11440971.jpg

c0345705_15071722.jpg


































ジャパン・ブルーあるいは
アズーリ(伊)やレ・ブルー(仏)を思わせる青いティーセット。
菊をデザインしたブルー・フルーテッドですが、梅雨明け前にも大活躍。
だって、ほら、取っ手に青いカタツムリが…
それに、睡蓮のかたちのキャンドルホルダーも。


Japan blue, Les Bleus, ou Azzurri ?
Blue Fluted avec chrysanthème motif
va bien avec la saison de pluie parce que…
vous trouvez un escargot et un nymphéa?


c0345705_11444648.jpg



イタリア映画「山猫」には大きなミート・パイが出てきます。
シチリアの田舎町の晩餐会、おフランス風のスープは省略して、
ボリュームたっぷりのメインで始まります。お客は大喜び!

Au dîner du village en Sicilie(Il Gattopardo
il primo piatto n' est pas de potage à la française
mais un grand pâté à la campagne .


c0345705_11451377.jpg



パイを切り分けるのは主人の役目。
サリーナ公爵(バート・ランカスター)がパイのふたを開けると
小鳥のゆで卵、ハム、鶏肉、レバー、トリュフ、マカロニが…
(映画には出てこないので、原作本から抜き書きしました)

Quand le maître ouvrit le pâté, selon Lampedusa,
il y avaient des oeufs d' oiseaux, jambon, truffes, macaroni, etc.
Trop riche pour snowdrop! Bon Appetit, Klaus!


c0345705_11470806.jpg



この日がアンジェリカ(C.カルディナーレ)とタンクレディ(A.ドロン)のなれそめ。
右にはコンチェッタ(L.モルラッキ)、ずっと従兄タンクレディを慕っていた楚々たる乙女…。
左には我らがアンジェリカ、タンクレディのアブナイ話を聞いて高らかに笑っています。
同じヴィスコンティ監督の「ヴェニスに死す」の道化の笑いを思い出します。
滅びゆく貴族階級を笑いのめすような、庶民の、野太い笑い…

Ecoutant une gaillardise de Tancredi,
Angelica rit comme le bouffon d’ un autre film, Der Tod in Venedig.
Le rire populaire et vulgaire comme si on riait la classe tombante…


c0345705_11455161.jpg



タンクレディの話に聞き入るアンジェリカの野性的な美しさ!
舌なめずりするヤマネコのようです。

美しい二人は激動の時代をたくましく泳ぎ切ってゆくことでしょう。

Bellissima Angelica écoutante son futur-mari! Comme une guéparde!
Une couple bien assortie ! Pauvre Concetta…


c0345705_11511711.jpg



サクランボ、つながっているのを見るとイヤリングにしたくなります。
きれいなサンゴの耳飾り、誰に贈りましょうか。(2016年撮影)
🍒🍒


Img_0009_800x600


🍒 Pendants d’ oreilles de cerises comme corail 🍒

Pine sur Ginori  (2015)


c0345705_11484674.jpg






















イタリアの傘松に一目惚れして求めたジノリのカップ(2015年撮影)


おまけ*Bonus

 Allez Les Bleus, dimanche prochain aussi ! 

「coq france fifa spectateur」の画像検索結果    「tour de france 2018」の画像検索結果

(google search)

Tour de France
passera Normandie !

Un Rouennais dit, bon courage aux Japonais contre les inondations !
ルーアンからメッセージです。「日本の方々、水害に勇気を失わないで!」


(All Rights Reserved)

おすすめ夏レシピ&お出かけ夏グルメ【PR】










[PR]
c0345705_05231429.jpg
わが庭の高砂百合(2015年撮影)* 早くこの雨がやみますように…


 漱石の白い百合は西洋の花なのだろうか。もう一度、『それから』と『夢十夜』の百合の場面を読み返してみよう。

「雨は依然として、長く、物に音を立てて降つた。二人は雨の為に、雨の持ち来す音の為に、世間から切り離された。(…)二人は孤立の儘、白百合の香の中に封じ込められた」

「すると石の下から斜(はす)に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。見る間に長くなつて丁度自分の胸のあたり迄来て留まつた。と思ふと、すらりと揺ぐ茎の頂に、心持首を傾(かたぶ)けてゐた細長い一輪の蕾が、ふつくらと瓣(はなびら)を開いた。真白な百合が鼻の先で骨に徹(こた)へる程匂った。そこへ遥の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。(…)」


 ここには、西洋の爽やかな夏とは対照的な日本の湿気が感じられる。


a0332314_15122320.jpg


Soseki' s white lily is Western one? Snowdrop read again Soseki's works. For example, the below scene is full of the humidity typical of Japanese climate, contrary to European one.

"They were cut from the world by the rain, by the rain-falling sound. (…) They were still alone, closed in the smell of white lilies." (And then * trans. by snowdrop)



c0345705_15412473.jpg


 漱石の『虞美人草』には、虞美人草(ヒナゲシ)の銀屏風が出てくることが知られる。これを描いたとされる酒井抱一は、江戸時代後期の琳派画家である。ただし、銀地に真紅の虞美人草を描いた美しい屏風は、じつは現存しない。漱石の空想の産物とも言われる。(NHKの「日曜美術館」で復元作品が紹介されたことがある)
 ここでsnowdropが注目したいのは、現存する酒井抱一の銀屏風、「夏秋草図屏風」の白百合である。

It is known that The Poppy by Soseki refers to a folding screen representing red poppies on the silver ground by SAKAI Hoitsu, a Rinpa painter in the late Edo period. This beautiful screen does not exist. They say that it is propably Soseki's imagination.


a0332314_10240997.jpg
酒井抱一「夏秋草図屏風」(部分)『酒井抱一と江戸琳派の全貌』
Summer and autumn flower plants by Sakai Hoitsu(detail)


 これが抱一の銀屏風に描かれた白百合である。染み一つない白百合。おなじ琳派の鈴木其一が描いた斑入りの山百合(図版は末尾)と比べると、その純白がきわだつ。
 抱一を好んだ漱石は、この有名な銀屏風を見たことがあるに違いない。銀地の虞美人草図屏風も、ここから構想したのかもしれない。

Here are white lilies on the silver ground painted by Hoitsu. These immaculate lilies are different from spotted ones by Suzuki Kiitsu, an another Rinpa painter. Soseki, a Hoitsu-lover, must have seen this famous silver screen. It might have inspired Soseki to imagine that silver screen of red poppies.


c0345705_05282952.jpg


 こちらは大和文華館で今年撮影したササユリである。咲き初めの薄紅色が愛されるが、ひらき切ると白くなる。すくすく伸びれば、胸の高さほどまでになる。漱石はどこかでこの野の百合を見たことがあったかもしれない。『夢十夜』の百合はこちらだろうか。ただし、香りはそれほど強くない。
 それに、三千代が抱えてきた百合は花屋で売られていた。ササユリは花屋に並ぶような花ではなさそうだ。

Here is Lilium japonicum, that turns from pink to white while opening. It grows upward in front of a man's chest. Did the author see this kind of lily in somewhere? Is this the white lily of Ten Dreaming Nights ? But the smell is not so strong as depicted in the novella. As for the lilies that Michiyo (And then) brought to Daisuke, they were the ones in a flower shop. But Lilium japonicum is a wild flower.


c0345705_11033268.jpg


 『それから』の百合も『夢十夜』の百合も、白の色と強い香りが強調されている。けれども、花びらの具体的な描写はない。じつは漱石は写実描写にすぐれた作家であった。たとえば木蓮の白はこのよう表されている。

「徒らに白いのは寒過ぎる。(…)木蓮の色は夫ではない。極度の白きをわざと避けて、あたたかみのある淡黄に、奥床しくも自らを卑下して居る(…)」(『草枕』)


The lilies
in both works have the strong smell and white colour. But there is no realistic depiction of the petals, such as the magnolia in Grass Pillow

“ The pure white looks icy. (…) The white of the magnolia is not so. It declines the extreme white and prefers the warm cream colour humbly. (…) ” (trans. by snowdrop)
 


c0345705_13454166.jpg


 漱石の白い百合は細部が描写されていないため、品種を特定することは難しい。強い香りと白い色が強調された彼の百合は、抱一の描いた日本の百合と、西洋のマドンナ・リリーとが重なって生まれたイメージのなかの百合なのかもしれない。

It is difficult to identify the kind of the white lily in Soseki's works. His lily with white petals and strong smell might be the imaginary one that was born from the Japanese white lily painted by Sakai Hoitsu and from the Madonna lily depicted by Western painters and writers.


c0345705_11365783.jpg

鈴木其一「夏秋渓流図屏風」(部分)『酒井抱一と江戸琳派の全貌』
Suzuki Kiitsu's mountain lily (detail)

(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】









[PR]
a0332314_04144181.jpg
わが庭の高砂百合(2015年撮影)*Formosan lily


 夏目漱石の小説『それから』に出てくる白百合の品種は何か?こう問いかけるのは、『漱石の白くない百合』を著した植物学者、塚本裕一氏である。曰く、
 日本の白百合の代表格、山百合には黄色の筋や赤い蕊があり、間近では純白には見えない。漱石の白百合は遠目のイメージ、あるいは西洋の白百合を思わせる。
 西洋の白百合とはマドンナ・リリー(聖母の百合)である。日本では鉄砲百合がこれに近い。

 The white lily in a novel And then by Natsume Soseki, what kind of lily is that ? A botanist, Tsukamoto Hirokazu asks in his book, Soseki's lily that is not white.
 According to him, Japanese represntative white lily, the mountain lily does not look white because of its yellow spots and red stamens. Soseki's white lily might be the mountain lily(golden‐rayed lily)seen from a distance or the Western lily(Madonna lily). The Madonnna lily is similar to the trumpet lily(Easter lily)in Japan.


「それから 映画 藤谷美和子 百合」の画像検索結果

映画「それから」(google search)*これは鉄砲百合?
trumpet lily(?) *  And then (film)


 snowdropは塚本氏の本を閉じた。『それから』を本棚から出してきて、拾い読みしてゆく。主人公代助と、その友人の妻三千代の心が寄り添うとき、そこにはいつも白百合の香りと雨の音がある。

「三千代は何にも答へずに室の中に這入て来た。セルの単衣の下に襦袢を重ねて、手に大きな百合の花を三本許提げてゐた」
「雨は依然として、長く、物に音を立てて降つた。二人は雨の為に、雨の持ち来す音の為に、世間から切り離された。(…)二人は孤立の儘、白百合の香の中に封じ込められた」


(『それから』より。母の持っていた漱石の本はすべて旧仮名遣いです)


Snowdrop changed her books from the botanist's to Soseki's original, And then in her mother's bookshelf. Whenever the hero Daisuke and heroine Michiyo understand the feelings each other, there are the scent of white lilies and sound of rain.

"(…)They were cut from the world by the rain, by the rain-falling sound. (…) They were still alone, closed in the smell of white lilies." (And then * trans. by snowdrop)



c0345705_05352075.jpg


 漱石の百合といえば、『夢十夜』の百合が知られる。黒い瞳の女の墓標から咲いた純白の百合である

「すると石の下から斜(はす)に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。見る間に長くなつて丁度自分の胸のあたり迄来て留まつた。と思ふと、すらりと揺ぐ茎の頂に、心持首を傾(かたぶ)けてゐた細長い一輪の蕾が、ふつくらと瓣(はなびら)を開いた。真白な百合が鼻の先で骨に徹(こた)へる程匂った。そこへ遥の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。(…)」

Soseki's most famous lily appears in Ten Dreaming Nights. It is a white lily opened up from a black-eyed lady's tomb, upward in front of the hero's chest.


c0345705_12120864.jpg


『それから』の三千代と『夢十夜』の女との間には共通点がある。大きな黒い瞳である。

「三千代は美くしい線を綺麗に重ねた鮮かな二重瞼を持ってゐる。眼の恰好は細長い方であるが、瞳を据えて凝(じつ)と物を見るときに、それが何かの具合で大変大きく見える」(『それから』)

「大きな潤(うるほひ)のある眼で、長い睫(まつげ)に包まれた中は、只一面に真黒であつた。」(『夢十夜』)

There is a common element between Michiyo in And then and the lady in Ten Dreaming Nights. ― big, black eyes.


a0332314_11252911.jpg
パレストリーナ(1525-1594)モテトゥス「マリアは天に昇らせたまいぬ」「いばらの中のユリのごとし」
https://www.youtube.com/watch?v=DxezcOzchoI


 漱石には、英国留学中に学んだイギリス文学を翻案した作品もある。アーサー王伝説を題材にした『薤露行(かいろこう)』(1905年)。『夢十夜』(1908年)の3年前に書かれた短編である。

「息絶えて、身の暖かなるうち、右の手にこの文を握らせ給え。(…)隙間なく黒き布しき詰めたる小舟の中にわれを載せ給え。山に野に白き薔薇、白き百合を採り尽くして舟に投げ入れ給え。―船は流し給え」(『薤露行』)

 この少女エレーンのセリフ回しは、『夢十夜』の女のそれとよく似ている。

「死んだら、埋めて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして天から落ちて来る星の破片(かけ)を墓標(はかじるし)に置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて下さい。また逢いに来ますから」(『夢十夜』)

Soseki wrote a novella Kairoko(1905) an adaptation of the legend of King Arthur three years before Ten Dreaming Dreams (1908). Lily Maid's words in the former are similar to those of the lady in the latter. "When I die, …"


「film anne of green gables lady of sharotte boat」の画像検索結果

映画「赤毛のアン」*エレーンごっこをするアン
(google search*film*Anne disguising herself as Elaine, Lily Maid)



 漱石の白い百合をめぐって、『それから』から『夢十夜』へ、そして『薤露行』へとさかのぼる白い糸が見えてきた。原点にはアーサー王伝説が…それでは、漱石の白百合は西洋の花なのだろうか?植物学者ではないsnowdropは、美術史家気分で考えてみよう。(つづく)

Snowdrop has found a white thread from And then to Ten Dreaming Nights and Kairoko, whose origin is the Arthurian legend. Then Soseki' s white lily is Western one? Snowdrop will consider that as if she was an art historian, not a botanist.


a0332314_10395556.jpg

(To be continued)

(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】









[PR]
c0345705_05364651.jpg



6月24日は夏のクリスマス、聖ヨハネの日です。この日、洗礼者ヨハネが生まれました。
イエス・キリストの誕生日、クリスマスが冬至のころの12月25日とされたように、
聖ヨハネの日は夏至のころに定められました。その前夜は夏のクリスマス・イブです。
夏至を境に日が短くなってゆくので、人々は大きな焚火でお日さまを応援します。
夏のクリスマスツリー?

Today is the Nativity of Saint John the Baptist.
While Christmas is around the winter solstice,
Summer Christmas around the summer solstice.
The people try to give the power to the declining sun
by the bonfire on St John's Eve.
Summer Christmas Tree?


c0345705_05444334.jpg



聖ヨハネの火よ燃えあがれめらめらと紅濃ゆき花びらのごと

Feux de la Saint-Jean,
flamboyez!
comme
des pétales rouges
d' iris, Lilium maculatum


c0345705_11002883.jpg



ラファエロ・サンティの描いた「牧場の聖母子と聖ヨハネ」。
お盆と正月が一緒に来たような絵ですね!(右が聖ヨハネ)
兄弟のように描かれた二人が出会うのは、じつは大人になってからです。

The Virgin and Child with St John the Baptist by Raphael.
The painting where two Christmas come at once!
In fact, Jesus and John did not meet in their childhood.


c0345705_06271375.jpg


兄弟のような透百合(柳生花菖蒲園)Lilium maculatum like Jesus and John


スカシユリは園芸品種になりました。野に咲くササユリよりも華やかです。
奈良の率川神社には、笹百合を手にした巫女が舞う百合祭りがあります。

While the above lilium maculatum are the garden species,
Lilium japonicum is
a wild flower.
In Lily Festival since 701, four shrine ladies of the Isakawa Shrine
dance with this lily (photo in 2016).


c0345705_12040149.jpg












ササユリ
(大和文華館)
*Lilium japonicum


Img_2065_800x602


率川神社(2016年6月17日)



巫女(みかんこ)と君がたとえたその日からチェリーセージが和の花に見ゆ

Since the day
when you compared the cherry sage
to the shrine maiden,
these red-and-white flowers
look like Japanese flowers



c0345705_05372879.jpg

チェリーセージ(箕面、5月)



「聖ヨハネの水」というものがイタリアにあることを去年知りました。
草花の夜露や、イブに草花を浸けておいた水を体に浴びるのだとか。
ウンブリア地方には、草花を水に浸して外の月光のなかに一晩おき、
翌朝、花の精気に満ちた香り高い水で顔を洗う慣習があるそうです。
南欧らしい芳しい慣習ですね。
こちらはイタリア在住のNaokoさんお手製の「聖ヨハネの水」です。

I learned there is the water of St. John (l'Acqua di San Giovanni)
by the below article last year.
They immerse wild flowers in the water in the moonlit garden
and wash their faces with that fragrant water the next morning.


L'Acqua di San Giovanni fatta a mano!
Bellissima! Grazie mille, naoko-san!


(2017年)


今年は山で摘んだセイヨウオトギリソウ(聖ヨハネの草)やバラ、
ご自宅のセージやミント、ローズマリー、ラベンダーも加わり
華やかさと薬効がさらにアップしました。
私たちも美しい水の力を分けてもらいましょう。

Here is l'acqua di San Giovanni made by Naoko-san and her husband in 2018.
St. John's wort and roses that she picked with her husband in a mountain,
and the sage, mint, rosemary, lavender in their garden are added.
PARTAGEONS L'ENERGIE DE L'EAU DE JEAN-BAPTISTE !
Bellissime!! Grazie mille, naoko-san!!


(2018年)


そういえば北欧には、夏至の夜に七種類の野花を摘む習慣がありましたっけ。

And Moomin's girl friend picks seven kinds of wild flowers on St John's Eve
so as to divine her future husband...
「Tove seven flowers summer jansson」の画像検索結果
『ムーミン谷の夏祭り』(google search)


おまけ*Bonus

フィレンツェの紋章はアイリス、または百合とされます。
フィレンツェの修道院の石鹸の説明書です(1999年)。
(今年はヨハネの水の花風呂をつかった人もいるとか…)

Fleur-de-lys (Giglio) di Firenze

c0345705_12575698.jpg


(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】













[PR]

c0345705_15083997.jpg



紫陽花はうそつき?
花に見えるのは、じつは萼(がく)。
青い花と蕊(しべ)はこんなに小さい!

The hidrangea is a liar.
What look like flowers are the sepals.
Its blue flowers and stamens are so small!


c0345705_15324074.jpg



ちっちゃな蜂を探してごらん。
ピンクとブルーのひらひらの中じゃなくて、
金平糖みたいな蕊(しべ)の集まったところ。
蜂はちゃぁんと知っている。

Do you find a little bee (in the 2nd fig.)?
Not on the petals but on the star-like stamens.
The bee knows well where the real flowers are.


c0345705_20330298.jpg
c0345705_07041101.jpg

「pompadour madame」の画像検索結果

(google search)



華やかなフリルがついているのは、飾り花。貴婦人のドレスのような。
(ポンパドゥール夫人はフランスの紫式部あるいは清少納言?

The decorative sterile florets look like the frills of a dress of
Madame de Pompadour, French Sei Shonagon or Murasaki Shikibu?



c0345705_15094779.jpg



むかし、日本には萼アジサイしかなかった。
万葉集の紫陽花の歌はわずか二首。
紫式部にも清少納言にも顧みられることはなかった。

山にひっそり咲く紫陽花に魅せられたのは
江戸時代に来日した医師にして自然科学者、シーボルトだった。
ある日彼は、装飾花
に覆われた手毬のようなアジサイを見つけた。

彼はその青い手鞠花をヨーロッパへ持ち帰った。

There were only the lacecap hydrangea in Japan.
Both Murasaki Shikibu and Sei Shonagon ignored it.
It was Siebold who admired it for the first time.
He found a Japanese handball-like one covered with
the decorative sterile florets, which he brought to Europe.


a0332314_04515902.jpg

シーボルト(1796-1866)の "Otakusa" (wikipedia)


彼には日本人の妻がいた。楠本滝、お滝さん、オタキサン
紫陽花は海を渡ったが、お滝さんは日本に残された。
お滝さんは娘のイネと小舟から夫の船を見送った。
きっと少しでも長くシーボルトを見ていたかったのだろう。
シーボルトは帰国後、その紫陽花に日本の妻の名前をつけた。
彼の植物誌に記されたOtakusa
オタクサの文字をみるたび
切なくなる。


He had a Japanese wife, KUSUMOTO Taki, O-Taki-san.
He brought back the hydrangea bur left his wife in Japan.
She and Ine, their daughter saw him off from a small boat
because they wanted to see him as long as possible, I think.
After returning, he named the hydrangea "
Otakusa".



c0345705_15434884.jpg


お滝さんに代はりて詠める * in place of O-Taki-san


紫陽花の海の彼方へ消えてゆく優しい嘘つき…青い瞳の


my gentle liar

who is vanishing

in the hydrangea sea

my gentle blue eyes

just like that hydrangea!


c0345705_14072970.jpg


アジサイと稲田 * hydrangea and rice (Ine) field

イネに代はりて詠める *
in place of Ine, Siebold' s daughtrer


海の果てに橘ありや時じくの香の木の実のあらましものを


overseas
is there Chirtus tachibana
a fruit of the longevity?
I wish I could bring it
to my father


a0332314_15580749.jpg

手毬のような「山あじさい」


イネは父と同じ医師となり、木の実ではなく医術で
人々の命を延ばした。

Ine became a doctor like her father and healed the people
not by the fruit but by the medicine.


今日は父の日です Today is Father's Day in Japan.



c0345705_14001114.jpg



18世紀末に中国経由でヨーロッパに伝わっていた紫陽花から、
そしてシーボルトと海を渡った青い手毬のような山紫陽花から、
色とりどりの西洋アジサイが生まれた。
虹の毬のような花々には、雨を知らないものも多いかもしれない。

From the hydrangea that had been transferred to Europe via China,
and Siebold's blue hydrangea, various colours of flowers were born
in Kew Gardens, London.
Some of those colorful flowers might not know the rain.


c0345705_18132285.jpg


Willebeek le Mair*Little Songs of Long Ago(1912)


(All Rights Reserved)


umiさんの企画に参加中です。

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】



[PR]
c0345705_11174965.jpg
ローテンブルク(2004年)


正三角形を二つ組み合わせると、「ダビデの星」(六芒星)(✡)というしるしになる。これはドイツのローテンブルクで見かけた看板。早朝で入れなかったけれど、蝋燭やさんだろうか。ユダヤ教独特のかたちの燭台などを扱うお店だったのかもしれない。

The hexagram(✡)is called the Star pf David. This signboard in Rothenburg might have been a Jewish chandler's(2004).


c0345705_10022988.jpg
「mentholatum vories」の画像検索結果

ウィリアム・ヴォーリズが設計した建築には、「ダビデの星」のモチーフがちりばめられている。大丸心斎橋店エレベーターの時計にも…(現在建替中)。ヴォーリズは博愛と奉仕の精神に貫かれたクリスチャンだった。メンソレータム(pinterest)を日本に普及させたのも彼だった。

William Merrell Vories often used the Star of David in his architectural design. He was a pious Christian and diffused Mentholatum in Japan.


c0345705_11103938.jpg
オオイヌノフグリ*ハナニラ


花韮(ハナニラ)は「ベツレヘムの星」または「ダビデの星」とも呼ばれるとか。たしかに真上から見ると、六芒星()に見える(京都府立植物園、4月撮影)。

The spring starflower is also called the Star of Bethlehem or Star of David.


c0345705_13415287.jpg


 ダビデは旧約聖書や詩編に登場する古代イスラエルの王。曾祖母はルツ、ミレーの「落穂ひろい」のモデルにもなった賢い女性だった。ミケランジェロのダビデ像は、ペリシテの戦士ゴリアトを倒した若き日の勇姿をあらわしている。(図版は末尾) ダビデの奏でる竪琴はイスラエルの先王サウルの心を癒した。
 しかし晩年、老王ダビデは家臣の美しい妻を我が物にするため、その家臣を戦死させてしまった。聖書の登場人物の多くはこうした弱さを秘めている。

David is the second king of Israel in the Hebrew Bible. His great‐grandmother was Ruth. Young David killed the giant Goliath. Many Psalms have been attributed to him because he played the harp very well. But old King David loved the wife of Uriah, Bathsheba and made him die in the battlefield. Not a few characters in Bible have the mortal weakness.


ハープを弾くダビデ少年*David playing the harp (pinterest)
「david harp psalm」の画像検索結果

映画「さよなら子供たち」でボネが弾くシューベルト(2:11~)
♪ Schubert in the film Au revoir les enfants(2:11~)
c0345705_16032392.jpg


「ダビデの星」は大戦中、ナチスによってユダヤ人の目印にされた。ユダヤ人の家の扉には六芒星がペンキで描かれた。映画「さよなら子供たち」では、ユダヤの少年ボネがカトリックの寄宿学校に匿われるが、最後に見つかってしまう。心弱き一人の男の密告のせいだった。

The Star of David was used by the Nazis as the mark of the Jewish people. In this film, a Jewish boy Jean Bonet was sheltered in a Catholic boarding-school but at last found because of the betrayal of a weak man.


c0345705_13380221.jpg


ボネはピアノが上手だった。寄宿学校の音楽教師の前でシューベルトを弾くと、彼女の顔色が変わった(上の写真)。シンプルだが憂いを湛えた旋律を、子供離れした歌ごころで奏でたからだ。ときには友人ジュリアンといっしょにジャズを立ち弾きした。生きていれば、彼はキース・ジャレットのようなピアニストになったかもしれないのに!

Jean played the piano very well. His expressive performance of Moments musicaux D 780 Op.94-2 moved the music teacher. He sometimes enjoyed jazz improvisation with his friend, Jurian. If Jean had survived, he might have become an excellent pianist like Keith Jarrett!


c0345705_14334584.jpg
Marcel Proust nicknamed "Oriental Prince"(photo in 2016)

「anne diary pinterest」の画像検索結果
 (pinterest)

ボネはもう一人のアンネ・フランクだった。アンネも大人になれば、プルースト()のように、独自の視点で物事を鋭く観察する文筆家になったかもしれないのに!
プルーストはユダヤ系の母をもち「東洋の貴公子」とあだ名されたフランス作家。『失われた時を求めて』において、19世紀末から第1次世界大戦頃までのフランス社会を活写し、弱くも複雑な人間の心理を深く掘り下げた。

Jean was an another Anne Frank.
If Anne had become an adult, she might have become a writer with the acute power of observation, just like M. Proust!


c0345705_07231198.jpg

アンネ・フランクの思い出*Souvenir d’ Anne Frank


さまざまな色の花びらは、アンネが秘めていたさまざまな可能性をあらわしている。
Various tints of this rose represent various possibilities of Anne if she had survived
.


c0345705_18290620.jpg

むかしキャンパスでよく見た庭石菖 (賀茂川、2017年)Sisyrinchium rosulatum


フランス語の「さようなら」は「また会おう」…友から聞きし二十歳(はたとせ)のころ

"sayonara" is

"au revoir" in French !
both I and my friend
who taught me that
were around twenty years old

*第2外国語がドイツ語だったsnowdropに、フラ語選択の友達が教えてくれました。
ちなみに、永遠の別れの言葉は「アデュー(adieu)」です。


また会おう子供たち」*Au revoir les enfantsc0345705_15485778.jpg

















「david michelangelo」の画像検索結果「落穂ひろい ミレー」の画像検索結果
ミケランジェロ「ダビデ」ミレー「落穂ひろい」(google search)

おまけ*Bonus

「シャーロット・ランプリング バラ」の画像検索結果「mill and cross film rampling maria pinterest」の画像検索結果

薔薇の名前はシャーロット・ランプリング*映画「ブリューゲルの動く絵」にも出演

Carlotte Rampling and film Mill and Cross(pinterest)


「rose proust pinterest」の画像検索結果「 proust  pinterest」の画像検索結果

マルセル・プルーストの思い出*Souvenir de Marcel Proust(pinterest)


「la rose moisture hand cream house rose」の画像検索結果

いまはメンソレータムよりも… 🌹 aujourd'hui, plutôt que Mentholatum…
(google search)
(All Rights Reserved)







[PR]
c0345705_07030469.jpg


むかし友達と「薔薇の名前」という映画を観ました。今日は人の名前をもつ薔薇を、snowdropのアルバムから取り出してみましょう。晴れた日の薔薇は須磨離宮公園(2015年)と中之島バラ園(2016年)、雨上がりの薔薇は靭公園(2018年)で撮影しました。

Le Nom de la Rose…snowdrop vit ce film avec des amies il y a trente ans. Aujourd'hui elle choit quelques photos des roses avec le nom de personne.



c0345705_07183000.jpg

ピエール・ドゥ・ロンサール*Pierre de Ronsard


みんなが大好きな薔薇、ピエール・ドゥ・ロンサール。フランスのルネサンス詩人の名前です。「命短し恋せよ乙女」…彼は薔薇の花を見にゆこうと乙女を誘います。

Pierre de Ronsard(1524~1585) est l'un des poètes français les plus importants du XVIème siècle, et son nom est connu par Japonais comme une rose populaire.


(…)あなたの齢(よわい)が
いまを盛りと花咲いている間に
摘めよ 摘めよ あなたの若さを
この花と同じく 老いが
あなたの美しさを色褪せさせるだろうから
(「カサンドルへの頌歌」snowdropによる抄訳)

(…)Tandis que votre âge fleuronne
En sa plus verte nouveauté,
Cueillez, cueillez votre jeunesse :
Comme à cette fleur, la vieillesse
Fera ternir votre beauté. ― Ode à Cassandre, Pierre de Ronsard



c0345705_07404406.jpg


「命短し恋せよ乙女」とうたったのはロンサール(1524~1585)が初めではありません。ロレンツォ・メディチ(1449~1492)がすでに「薔薇を摘め」という詩を作っていました。「一日の花を摘め」という詩句は、古代ローマの詩人ホラティウスにさかのぼります。

Lorenzo de' Medici(1449~1492)avait chanté "Cogli la rosa, o ninfa, or ch'è il bel tempo," et Horatius Flaccus (65 BC~8 BC), ”Carpe diem".



c0345705_07063624.jpg
ミケランジェロ*Michelangelo ♡ Un coeur au coeur de la fleur


「michelangelo sistina livia piterest」の画像検索結果
システィーナ礼拝堂(pinterest)


ルネサンスは古代ローマやギリシアへの憧れが花開いた時代。フィレンツェを治めていたロレンツィオ・メディチは、若き日のミケランジェロのパトロンでもありました。ミケランジェロは彫刻家にして画家、建築家、そして詩人でした。

Lorenzo fut un patron de Michelangelo. ”Michel più che mortale Angel divino. Pittor, scultore, architettor, poeta.”


十重二十重(とえはたえ)、花また花で織りつづられた花綵(はなづな)は
またなんと匂い晴れやか、金髪の婦人の髪のその上に、
花一輪また一輪としなだれかしぐ、
花々はあい競い君の額に口づける(…)(― ミケランジェロ、平川祐弘訳)

Quanto si gode, lieta e ben contesta
di fior sopra' crin d' or una, grillanda,
che l' altro inanzi l' uno all' altro manda,
come ch' il primo sia a baciar la testa!(…)(― Michelangelo)


c0345705_07074074.jpg
アンリ・トゥールーズ・ロートレック*Henri de Toulouse-Lautrec

「lautrec poster pinterest」の画像検索結果
(pinterest)

ロートレックは19世紀末フランスで、夜の酒場の絵やポスターを手がけた画家です。下のセピアの写真は、「小さな宝石」と呼ばれていた頃のロートレック。なんてかわいい!

Henri de Toulouse-Lautrec (1864~1901), il était appelé Petit Bijou dans son enfance.

a0332314_12215365.jpg

「Anne frank childhood pinterest」の画像検索結果
(amazon)

最後は「アンネ・フランクの思い出」という名の薔薇。この薔薇は靭公園だけでなく、ボランティアによる花壇にもたくさん咲いていました。

Voici Souvenir d’ Anne Frank… il y avait beaucoup de ces roses non seulement au parc mais aussi aux parterres de volontaire.


c0345705_07234261.jpg


しなやかな少女(をとめ)潜みし窓辺にはましろき頬(ほほ)の雀も来しや

la fenêtre
où cachait
une jeune fille sage
un moineau visitait
à joues blanches ?



日本の雀の頬には●(黒まる;ホクロ)が…
moineau japonais à joues noirs●


c0345705_07141899.jpg


敷島のやまとの雀はほくろ美人 吾(あ)のうなじにもほくろがひとつ

moineau japonais
est la belle
avec deux grains de beauté
il y en a un
sur ma nuque aussi


「つけぼくろ ヨーロッパ」の画像検索結果

おまけ * 首筋のほくろをお洒落黒子(おしゃれぼくろ)といいます。
フランス語でほくろは「美の粒、斑」です。むかしの人はつけ黒子も…
Bonus * des mouches (図版はポーラ文化研究所HPより)


coco*さんの企画に参加させていただいています。



「薔薇の名前」のストーリーはほとんど忘れてしまったけれど、こちらの映画は…

(つづく*To be continued)

c0345705_11004858.jpg

(All Rights Reserved)

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】



[PR]

f0374041_06504278.jpg



背高のっぽの桜草 九輪草のお庭を見つけました。(室生寺、卯月 ― 四月撮影)

Il y avait un petit jardin de Primula japonica au Muro-ji


f0374041_06235976.jpg

九輪草 * abeille et Primula japonica


九輪とは、お寺の塔の頂に積み重なった九つの輪()です。写真は室生寺の五重塔。

(英語の図が分かりやすいですhttps://en.wikipedia.org/wiki/S%C5%8Drin

Le nom kurin-so (Primula japonica) est vient du kurin()de la pagode.


f0374041_06330027.jpg

f0374041_06441250.jpg


九輪草 庭の緑をゆく虫へ 花のみ寺のありかを示す

kurin-so
la fleur qui indique
la place du temple
d' insecte dans le jardin
comme le kurin de la pagode


c0345705_15152544.jpg



お寺の塔も、教会の尖塔も、旅人、巡礼者、街の住人の目印であり、心のよりどころです。

La pagode et le clocher sont toujours le poteau indicateur
et l'appui pour les pèlerins et habitants.


c0345705_09143996.jpg

おまけ♪「田舎の教会の鐘」を思わせるショパンの前奏曲

Chopin said this prelude represents a bell of a church in a village.





(All Rights Reserved)

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】





[PR]
c0345705_09405469.jpg


相似形のような欅(けやき)若葉*Zelkova serrata



姉さまの真似つこしてるのやうな葉つぱのあさきくれなゐ

comme une petite sœur
imitant sa grande sœur
un brin de feuilles roses est mignon


c0345705_09584616.jpg


♪ 窓を開ければ…洗濯機へ続くレンガ道


夏日になると、外出がおっくうになります。冬生まれは暑さに弱くて…。
1970年代に父の友人が設計してくれた我が家は、昭和モダンの小さなおうち。
ダイニング(サンルーム)のガラス窓が、Π 字形に並んでいます(写真は 部分)。
今年はたと気づきました。この扉って、フランス窓?!子供のころからの憧れの…
知らなんだ!!

Snowdrop reste chez lui parce qu' il fait trente degrés.
Le dessinateur de sa maison (1970s) est un ami de son père.
Sa famille aime le solarium avec des fenêtres à la française.


c0345705_10301106.jpg

Lettres de la Fenêtre à la française (manga en 1970s)
Toujour Chopin dans ma Poche (1980s) , Barcarolle de Chopin



大事なことはみんな少女漫画から教わりました。音楽、バレエ、美術、歴史、etc.
まあ、秋風先生、菱本秘書とうふふしています♡ 締切りは大丈夫なんですか?
まるでモネの絵のような、大堰川(嵐山)風景…

Ce qui est important, elle l’ a rencontré dans manga!
e.g. la musique. le ballet. l' art, l' hisoire, etc.
Elle trouve dans cette scène de la Oui, Arashiyama,
un portrait d' un dessinateur () et une des toiles de Monet.
https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/cast/akikaze_haori.html

c0345705_09304502.jpg



モネの「舟遊び」をショパンの「舟歌」にのせて… ♪ Barcarolle by Chopin



「tazzio venice piano pinterest」の画像検索結果「半分青い タジオ クロッキー」の画像検索結果「オルフェウスの窓 ユリウス pinterest」の画像検索結果

右は池田理代子『オルフェウスの窓』(google search)
左が元祖タジオ(タッツィオ)(映画「ヴェニスに死す」*トーマス・マン原作)
中は朝ドラ「半分、青い。」より*より正人がタジオっぽい…?

Tazzio is a nickname of the heroine's boy friend the above manga artist gave(




映画「ヴェニスに死す(Der Tod in Venedig)」の秋風羽織(アキカゼハオリ)、いえ、アッシェンバッハです。
音楽はマーラーの「アダージェット」、
若き妻への恋文にして亡き母への手紙ともいえる名曲… 名画の映像とともにどうぞ。お時間が許せば…

Adagietto by G. Mahler is a love letter to his young wife and a letter to his mother in Heaven.


c0345705_11580514.jpg

おまけ*ヴェニス(1999年)*Bonus*Die Freude in Venedig von snowdrop

フランス窓からドイツ作家原作のイタリア映画へ、そしてヴェネツィアへ…脱線してすみません。

(All Rights Reserved)



新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】





[PR]
c0345705_06155696.jpg


平安神宮(Heian-jingu Shrine)

桜以外のものがメインになるので、お蔵入りさせるつもりでしたが…
いまなら、「圧倒的桜。2018」番外編として許されるでしょうか?



c0345705_06162158.jpg


桜色のおみくじ


神さまへ手紙を出そうおみくじの花びらひらり天へ届くよ


nous envoyons

des lettres à dieux
omikuji ,

des pétales en papier rose

arriveront aux cieux



c0345705_06183159.jpg


草木に染められたような、緑色のおみくじ(貴船神社奥宮)

omikuji vert de Kifune Shrine(2014)

(All Rights Reserved)






[PR]

f0374041_20431859.jpg



さくらいろのトゥ・シューズで舞ふパ・ド・ドゥあをきみ空のライトのなかで

sous le feu
des projecteurs du ciel bleu

notre pas de deux
de chaussons de pointe roses
des fleurs de cerisier


f0374041_12104890.jpg

「ballet nijinsky rose costume」の画像検索結果



バレエ「薔薇の精」『舞台芸術の世界―ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン』図録と絵葉書(上)
ニジンスキーの衣裳(下)* Spectre de la Rose's costume, Nijinsky (pinterest)
(All Rights Reserved)

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】

Special thanks to usa-san!





[PR]
c0345705_07055740.jpg


ドライブを終らせたのは俄か雨それとも戸惑ふ僕らの心 さねかた


C' a été l' averse qui fit finir notre randonnée en voiture
ou nos coeurs
embarrassés ?



雨は降る降る、色あひ深く花房長く咲きたる藤のごとく… 清子
(恋文ペン字)


c0345705_08492988.jpg

この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。



ごめんなさい。本当は知っているのよ。貴方が社長の息子の帽子を素っ飛ばした訳。中宮女史にカノジョを取られて、まるでプルーストの小説だ!ってからかわれたんでしょう?(注*プルースト『失われた時を求めて』では、主人公の男性が、彼女とその女友達との仲に嫉妬する)
 …それに、あの日、真っ赤なポルシェを恥ずかしがってごめんなさい。分かっていたの。私を元気づけたかったのよね。 あんなベタな車、貴方の洗練された美意識とは真逆(まぎゃく)だもの…
 あの頃の私、ちょっと辛かったのよ。中宮編集長を助けてさしあげたいのに力が足らない。ちっぽけな私にとって、未来という時間は藤房のように長すぎて、どう生きたらいいか分からなくなって…

 
Pardonne-moi,
à vrai dire, je sais la raison de ta colère
le fils du general dit “Qui vous a piqué votre petite amie, la rédactrice en chef, ou la France? Vous êtes comme les personnages de RTP, le héros, Albertine et une amoureuse (!) d’ Albertine

Pardonne-moi, je ne devais pas être gêné du Porsche rouge ! Je savais
tu voulais m’ encourager. Ce cabriolet est exactement opposé à ton sens esthétique raffiné !

J’ étais dans une situation dure
Je me sentais si impuissante pour aider Mme Nakamiya. L’ avenir me semblait trop long comme la grappe de glycine.



c0345705_09553651.jpg

白藤紫藤が同時に…


 

そうそう、メイルに添付してくれていた、街角の藤の写真をありがとう。覚えてる?車から降りて、野原でカメラを構える貴方に、私が意地悪を言ったこと。貴方はいつもきれいな所ばかり切り取る。その場の空気が伝わってこない、取り澄ました写真ばかり。世界ってそんな薄っぺらいものじゃないわ。…

ごめんなさい。貴方に濁ったものが見えていなかった訳じゃないのに。貴方はいつもきれいなものだけ選り分けて私に届けようとしていた。私を守ろうとしてくれていた…


Quant à glycine, merci de ton photo annexe des glycines dans ta ville. Tu te souviens? Je te dit mal quand tu prenais des photos dans la prairie. ― Tu prends toujours quelque chose de beau seulement. On ne peut pas sentir l’ atmosphere des lieux par tes photos. Le monde n’ est pas si beau comme ça !

Pardonne-moi, tu voyais quelque chose de sale aussi. Tu essayais de m’ offrir quelque chose de beau seulement, de me protéger



c0345705_14200516.jpg


大丈夫。いま私はここで一人で立っています。編集長の急死を潮に雑誌の世界からは離れたけれど、アート翻訳の仕事が軌道に乗りましたし。…日本へ帰らないのかって?そうね、帰る日も来るかもしれませんね。でも、いまはここでの毎日が楽しくって!
 目に映る、耳に響く、肌で感じる季節のうつろい。ゆかしい街の佇まい。さまざまな人間の営み…日本人の私だからこそ、鮮明に見えてくるものがあるのよ。

Ne t’ inquiéte pas. Maintenant je suis deboute ici, toute seule. Bien que la mort subite de Mme Nakamiya m’ ait éloigné du monde de la revue, j’ ai commencé la traduction dans le domaine de l'artMon retour au Japon? oui,peut-êtreun jour, mais maintenant je suis heureuse ici!
La saison je savoure par mes cinq sens, les amis, mon compagnon chien, une cathédrale en forme de chat
. Il y a quelque chose que une japonaise seule peut trouver ici.


c0345705_09531839.jpg
散りシャクナゲ(室生寺、4月下旬)* rhodos tombés, Murou-ji


 プルーストのリンゴの花、サンザシの花はもちろん、日本を想わせる藤も、石楠花も、姫踊子草も咲くの。花は海を越えて東洋と西洋を結んでいるのよ…
 驚かないでね、私、畑の野菜で七草粥を炊くし、桜餅もこさえるの。日本にいた時は忙しくて、節句にまで気が回らなかったのに。いま、野の花を一針、一針刺繍していると、あの日の草原の風が吹いてくるよう…。

Non seulement l’ aubépine et pommier de Proust mais aussi le paulownia, rhodos, lamier pourpre, etc. ils fleurissent ici comme au JaponLes fleurs nous unissent à travers le monde.

Je cuisine osechi-ryori à la main, brode, et tricote. En brodant des fleurs sauvages sur un mouchoir, je sens le vent vert de la campagne en ce cabriolet.



c0345705_07045189.jpg
「牛車」の画像検索結果
真っ赤な牛車*Porsche in the Heian period (google search)



そうだ、実方さん。時間を作ってフランスへいらっしゃい。私の好きな北原白秋にならって、ココアをお出ししますから。そういえば、今年は雑誌「赤い鳥」百周年…童謡が生まれて百
年になるのね。


Viens en France un jour! Je te servirai une tasse de cocoa, d’ après KITAHARA Hakushu que j’ aime. Le 2018 marque le 100e anniversaire de
la publication de L’ Oiseau Rouge !!





ココアショップ「アカイトリ」は、2018年2月28日に閉店しました。

Cocoa shop Red Bird was closed on February 28th, 2018.

(All Rights Reserved)



新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】



[PR]

f0374041_09280025.jpg

雑誌「マリー・クレール * Marie Claire 」と香水瓶とネクタイ
この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。



実方さん、メールをどうもありがとう。よく分かりましたね。私のブログだと…。早いもので、こちらで暮らすようになってもう十年が過ぎました。お察しのとおり、私はフランスで詩を学び始めました。でも、勉強のためだけにこちらに移り住んだわけではありません。私はそんなに勤勉じゃないから…。


覚えておられますか。私が参加していたアート雑誌「あけぼの」の編集長、中宮定子(なかみやさだこ)さんのこと。彼女、ライバル誌「パープル」に読者を奪われ、数回のリニューアルも空しくとうとう休刊に追い込まれて…本場、フランスで巻き返すことにしたんです。それで私も一緒に…。貴方とドライブしたのは、雑誌の売り上げがじりじり落ち始めた頃でした。


Merci de votre mail. Vous avez bien trouvé mon blogue! Cela fait presque dix ans que j’ habite ici. Comme vous supposez, j’ ai commencé à apprendre la poésie européenne en France. Mais ce n'est pas la unique raison de mon emménagement

Vous souvenez-vous de NAKAMIYA Sadako (中宮定子), la rédactrice en chef de l’arts magazine Aurore que je rédigeais? Notre magazine se fit enlever une partie des lecteurs par un autre,Violet, et enfin suspendit sa publication malgré quelques reprises. Elle essaya à passer à la contre-attaque de Paris, un pays de l’ art, avec moi. Notre magazine avait déjà commencé à decliner avant le jour de notre randonnée en voiture



c0345705_15034897.jpg


父の帽子、
「マリー・クレール」の帽子 * chapeau de mon père



 そういえば、貴方も都落ちしておられたのね。ゴルフ中に社長の息子に何か言われてカッとして、帽子を跳ね飛ばしてしまったんですって?貴方はプライドが高いから…なぜそんなことまで知っているかとお思い?21世紀はネット時代ですよ。目立つ噂はSNSで瞬時に海の向こうまで届くものなの。

でも、よかったですね。平安のむかし都から遠く左遷され、そこで客死した藤原実方や道真公とは違って、貴方はまた地元に戻れて…そして、リラの花を見て思い出したのね、私たちのこと…


On disait que vous vous exiliez en province. Pendant le golf, sous le coup de la colère, vous avait renversé le chapeau d’ un fils du general de votre entreprise. Vous êtes toujours fierLe temps de SNS m’ a donné ce bruit au loin.

Mais tant mieux! Vous êtes retourné à la difference de Fujiwara no Sanekata ou Sugawara no Michizane qui mourut en province. Et des lilas, ils vous ont rappelé de mon parfum



c0345705_14542412.jpg


私の綴ったものをエセーと呼んでくれるのなら、貴方はパンセを書くといいのに。パスカルの『パンセ』風?それともレヴィ₌ストロースの『野生の思考(パンセ)』風?フランス語の「パンセ」には、(花の)パンジーという意味もあるんだ、と貴方はウィンクしましたっけ…
 それとも、ひょっとして、短歌を作っていたりして。見ちゃったのよ。貴方が若草色の手帖に緑のペンで走り書きしていた歌…


Si vous appelez mon écrit essai, vous pouvez écrire vos pensées ! A la manière de Pascal ou de Lévi-Strauss.
“La pensée signifie l’ idée, et la fleur.” Je me souviens de ton mots et ton clin d’ œil ! Ou tu peut-être écris tanka? Je l’ ai vu ! Sur un carnet vert clair…:


Quand le vent passe sur une prairie verte, le monde est devenu un cabriolet.


薫風が野辺の緑をわたるとき

世界は一つのオープンカーになる


(フォント「恋文ペン字」)


「野生の思考」の画像検索結果


c0345705_20532607.jpg


ごめんなさい。私、本当は知っているのよ。貴方が左遷された訳を…。


Pardonne-moi, à vrai dire, je sais la raison de ton exil


c0345705_09573419.jpg

手を合わせているようなリラ

(つづく*To be continued)

(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】


 



[PR]


♪山口百恵「プレイバックPart2」


()()

五色月(いついろづき)いろさまざまな躑躅(つつじ)君へ贈らん花箱として



c0345705_16063854.jpg


この歌物語は清少納言と藤原実方の史実に基づくフィクションです。


私は改めて一つ目のブログを開いてみました。いや、清子さんはやはり日本語で綴ったに違いない…このエセーは「草の匂い 雨の匂い」というタイトルから始まる…

 
J’ ai lu le blogue en japonais encore une fois. Malgré tout, Seiko doit avoir écrit celui-ci parce que cet essai commence par "L’ odeur d’ herbe, l’ odeur de la pluie."


c0345705_12023438.jpg


 覚えていますか。私たちがドライブした五月のあの日。オープンカーをレンタルして、萌黄色のネクタイを締めて、朝まだき貴女を迎えに行ったら…

「まあ、実方さん。まるでプレイバックPart2じゃない!いやよ、わたし。悪目立ちするの…」
「大丈夫。暗いうちに町を抜けて、誰もいない草原へ行って、屋根を開けて、風を感じるんだ。きっと気が晴れるよ」
 清子さん、あのころ貴女はあまり元気がなかった。それでも、いざ車に乗り、日が昇り、タンポポ咲く野原へ出ると、貴女のはしゃぎっぷりったらなかった!


Tu te souviens? Le jour du moi de mais quand nous avons fait une randonnée en voiture. Au petit matin je portait une cravate verte claire et te pris en voiture, Porsche Cabriolet. Tu crias.

“ Mais non, Sanekata! Comme les paroles du chanson Playback Part2 !() Tout le monde nous regarderont! ” 

“Pas de problème, nous passons la ville avant le jour et arriverons une prairie déserte. Le vent vert te distraira en cabriolet.”

Seiko, tu étais déprimée en ce temps-là. Cependant tu as commencé à crier joyeusement dans la prairie.



c0345705_11425620.jpg


Les Promenades de Marcel Proust 
de Nadine Beauthéac

真っ赤なポルシェ?a scarlet Porsche running through the green field(paroles)


「まあ、実方さん!なんて、青空!なんて、草の匂い!」

 朝じめりの残ったヨモギやタンポポの葉を車輪が轢いて、青臭い匂いが立ちのぼってきたのです。
「あら、草が車の中へ入ってきたわ、それっ、ああ、取れない…」
 そういえば、清少納言は牛車で山里にあそび、車輪に押しひしがれた蓬の葉が間近にうちかかるさまを『枕草子』第223段に生き生きと綴っていましたっけ…


“ Superbe, Sanekata! Le ciel bleu!! L’ odeur de herbe!!! ” 

L’ odeur montait des feuilles d’ estragon et de pissenlit, humides de rosée et écrasées par roues.

“ Tiens, un brin entre dans la voiturehop! ― zut, je ne peux pas l’atteindre

Comme un des notes par Sei Shonagon! (n. 223)



c0345705_14181594.jpg

♪ドビュッシー「音と香りは夕べの大気にめぐりくる」
♪ Debussy
Les sons et les parfums tournent dans l'air du soir



 湖のほとりで車を降り、古びた木のベンチに並んで座って、目と目が合った時、ふと風がやみました。小鳥の声も遠ざかりました。先ほどから広がっていた雲がすべての音を吸い取ってゆくようです。と、草の匂いにまじって、かすかな香りが…
「香水、つけるようになったの?」

「ええ。旅先で見つけたの。」

「パリ?」

「そう。サン・ルイ島のイギリス化粧品のお店で…」

「ひんやりしてて、清らかで、甘美で……雨上がりのリラの薫りだ」

「ふたたび見出された庭、という名前なの」
「まるでプルーストだね」

 それから、リラは二人にとって特別な花になりました。

Nous descendîme de la voiture au bord d' un lac et assîme sur un vieux banc. Nos yeux se rencontrèrent. Le vent tomba. Le gazouillement cessa. Le ciel est déjà couvert de nuage qui absorbait tous les sons. Alors un parfum léger se mêlait à l’ odeur de herbe

“ Tu as commencé à se parfumer?

“ Ouije l’ai trouvé pendant mon voyage”

“ À Paris? ”

“ Dans un magasin de produits de beauté de l' île Saint-Louis”

“ Frais, pur, suavecomme un parfum de lilas après la pluie ”

“ Il s’ appelle Jardin retrouvé. ”

“ Comme le monde de M. Proust! ”

Depuis le jour, le lilas est devenu notre fleur.



c0345705_11583341.jpg


「清子の返信メイル ― 平成枕草子3」(5月11日)へつづく

(To be continued)
(All Rights Reserved)
   新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】








[PR]
c0345705_10055458.jpg


この歌物語は幾つかのブログからインスピレーションを貰って綴ったフィクションです。

Ce tanka (haiku)- récit est une fiction inspirée par quelques blogues de mes blogue-amies en France.



これまでのお話。読まなくても楽しめると思います。(2017年5月3日)


 まるで北国の春…どんどんと咲き継ぐ桜、桃、蘇芳、山吹、藤、躑躅(ツツジ)…平安の昔ではありません。平成三十年の春、私が貴女に手紙を出してから一年後の春です。去年の手紙は宛先不明で帰ってきてしまいました。リラは花が散ると枯れ木のようになり、根づかなかったのだ、と私は唇をかみました。
 ところが、桜が一気に開花した四月上旬、私は、あの公園でふたたび出会ったのです。陽光をあびて咲きほこるリラの花に…。

Comme le printemps du pays du nordoù des fleurs variées sont en fleurs presque en même temps. Pas de celui de l' époque de Heian, mais de Heisei, 2018, l’ année suivante du premier lilas dans un jardin de ma ville. La lettre je t’ avait envoyé est retourné : “destinataire inconnu à l' adresse indiquée”. Des lilas sont devenus comme des arbres mortsils n' ont pas raciné, tant pis! Mais au début d’ avril, j’ ai retrouvé des lilas en fleurs, dans le soleil cette fois !!


c0345705_11175377.jpg



 リラは五月の花ではなかったか。帰宅した私は、四月から五月にかけて咲く花をネットで検索してみました。そしたら、フランスに住む日本人女性のブログが出てきたのです。「春は、夕空」「春は、幸せ」― 何てなつかしい文体のエセー…
 これは清少納言の生まれ変わり、清子さんの文章ではないでしょうか。清子さん、貴女はフランスへ渡っていたのですか。


La floraison du lilas est le mois de mai, ou avirl ? J’ai navigué sur Internet, où j’ ai trouv
é un blogue par une japonaise qui habite en France. Il a été un essai du style de Notes de chevet de Sei Shonagon. Par example, "Au printemps, c’est le crépuscule que je préfère."
Seiko, une réincarnation de Sei Shonagon, écrit cet essai ? Seiko, tu es en France maintenant ?



Merci beaucoup, echalote-san!

 手紙を書き直そう。フランスへ、エアメイルを出すべきだったんだ。私は机に向かい、薄い便箋を広げ、万年筆を握ってはたと気づきました。ブログでは住所がわからないじゃないか!
 私はメイルを書き始めました。ノートパソコンを膝に置いて、公園のベンチで…

Je dois écrire à nouveau. J’ aurais dû envoyer ma lettre par avion! Quand j’ ai tenu mon stylo, je me suis aperçu mon erreur. Le blogue est sans domicile actuel ! J’ai commençé à écrire un e-mail, mon ordinateur portable sur mes genoux, sur un banc dans le jardin.


c0345705_11221294.jpg


 ここからは藤のほかに、花水木も見えます。公園の小さな舞台にゆれる白い花…清子さん、貴女が日本の詩歌とフランス詩を交互に朗読したのも、こんな野外の舞台でしたね。

 白いドレス姿の貴女は、ほっそりとした花水木そっくりでした。その白い花がすべて上を向いているように、貴女も胸を張り、夕べの空へ届けとばかりに高らかに朗誦しました。
 詩歌は声に出してうたってこそ、言霊が宿るのよ、貴女はそう語ったものです。

On voit d' ici les lilas et un cornouiller à fleurs, des fleurs blanches sur une petite scène de verdure. Tu déclama des haïku, waka et poèmes français sur une scène comme ça. ― Luth, compagnon de ma calamités (celui que snowdrop déclama en classe)

Tu as été un cornouiller dans la soirée! Tu regardais en haut comme une fleur de cornouiller et lisais à haute voix vers le ciel. Selon toi, le mot déclamé a kotodama (mot-âme).



c0345705_11240146.jpg



天仰ぐ 花ばかりなり 花水木

ten aogu hana bakari nari hanamizuki
vers le ciel bleu
regardant en haut tous les fleurs
d' un cornouiller à fleurs


c0345705_16334053.jpg



 じつは私は遅筆です。数日もたつと、ついつい推敲したくなって…(わが前世の藤原実方のDNAはずいぶん弱まってしまったらしい)。ようやくメイルの下書きを綴り終えた頃、私はもう一つのブログを見つけました。それは何とフランス語の『枕草子Notes de chevet)』!

  清子さん、貴女は日本語もフランス語も同じくらい愛していました。どちらのエセーが貴女のものであってもおかしくありません。姫林檎の咲く窓辺と、躑躅の咲く庭と、そのどちらに貴女はいるのでしょうか。

Quelque semaines après, quand j’ ai fini d’ écrire une lettre, j’ ai trouvé un autre blogue en français, dont le title est Notes de chevet !! Seiko, tu aimais japonais et français. Il est possible que tu écrives celui-ci en japonais ou celui-là en français. Où es tu, près une fenêtre avec un pommier à feuilles de prunier ou dans un jardin d’azalée chinoise et japonaise ?


c0345705_11402644.jpg

もう一つのフランスのブログから図版をお借りしました
http://doudou.gheerbrant.com/?p=24462
un des images du blogue, Notes de Chevet*Merci beaucoup, grillon!

(明日へつづく)
(To be continued)


(All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_11180383.jpg



いつもの通い路から一本外れたら、色とりどりの椿と出会った。

Quand j 'ai écarté du chemin habituel,
j' ai rencontré des camélias aux couleurs vives et variées.


c0345705_21415069.jpg



名にし負う白毫寺の五色椿をしのぐ彩り。

Plus magnifique que ceux en Byakugo-ji ?


c0345705_21483088.jpg



それは桜が急に花開いた四月初め。
「昨日、お友達を呼んで観椿の会をしたの」
お庭にいらした奥さまが嬉しそうに話してくれた。

Au début d' avril quand des cerisiers sont en fleur au Japon,
la madame m' a dit qu' elle avait donné une réunion de camélia
pour ses amis le jour précédent.



c0345705_21432135.jpg



美しいものは思いがけず近くに見つかる。
求めていない時でも、与えられる。
顔を上げて、心をひらいていれば、気づかされる。

La beauté, c'est trouvé tout près.
Elle est donnée même si nous ne voulons pas.
Si nous levons notre tête, elle nous appelle.



c0345705_21531086.jpg



スローなsnowdropのように遅咲きの莟(つぼみ)。

A late-bloomer like a slow bloger snowdrop!



Img_1689_800x600_2


白毫寺の藪椿(2016年)


紅椿 苔のしとねに ほつとりと
camélia rouge
sur un coussin de mousse
légèrement


Img_1671_800x473_2



お茶もどうぞ… Voici une tasse de thé.


「白椿に楽茶碗花鋏図」の画像検索結果

鈴木其一「白椿に楽茶碗花鋏図」
White camellia and Raku tea cup by Suzuki Kiitsu

「青磁 東洋陶磁美術館 」の画像検索結果
(google search)


けふの朝青磁の花器に一輪の五色椿の花ぞ静もる snowmarchさん

(All Rights Reserved)





[PR]



 シューマン「蝶々」


c0345705_09165241.jpg



 虫たちが目覚める啓蟄(けいちつ)のころ読んだ、もうひとつの「語られぬことば」のものがたり。主人公の一人、拓人は幼稚園児。言葉を身に着けるのが遅くて、人間よりもむしろ小さな生き物たちとよく話せる。


「(また?)チョウチョのこえがきこえた。(…)すう、すう、すう、というすきとおったけはいもした。ちいさいけれどかんぺきにじゅうそくし、あんしんしきったけはいだ。しだいにつよまり、あっとうてきになる(…)どこかちかく、いまにもふれそうなばしょに、すう、すう、すうがいる」
「たくとはただうけとめる。めやみみやはなよりもむしろ、はだのけあなやかみのけをつかって。(…)あつい、とか、たのしい、とか、(…)ねむい、とか、(…)どこかへいくとちゅう、とか、ここにいる、とか、あちこちでなにかがゆれたりおちたりうごいたりせいししたりしていて、たくとにはそのぜんぶがいっぺんにわかるのに、わかるのはあたりまえだから、わかるというかんじがしない。(…)」
― 江國香織『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』



An another book on the words that are not spoken…Takuto is a kindergartener who is slow to learn Japanese and good to communicate with insects and small animals. He perceives with his hairs or pores rather than with five senses the presence of such creatures ― "sou sou", " mou mou", "ni ni" , etc. He understands the feeling of creatures, "hot", "sleepy", "content", " on the way to somewhere", "here I am" , etc.


c0345705_11043318.jpg


 本当のことが言えずに表面をつくろう言葉でやりとりする大人は、言葉以前のことばを忘れてしまった。あるいは、封印してしまった。拓人の両親、奈緒と耕作の言葉は、哀しみを隠すための優しい暗号のよう。
 墓石の向こうへ胸の中で呼びかける霊園の管理人や、かつての恋人と心のなかで対話する老女だけが、拓人のことばの近くにいる。


 「奈緒は料理をすこしずつならべる。グラスに氷を入れ、水と焼酎で満たす。
『お。いいぞ、名画だ。風が描けてる』
 拓人の差しだした”自画像”を手にとって、耕作はほめた。(…)
 ごはん、どこでたべてきたの?
 奈緒は、そう訊くことができない。簡単な言葉なのに、どうしても口からだすことができない。
『自画像なんですって』
 かわりに奈緒はそう言う。
『私も草原かと思ったんだけど』
と、ちょっと笑って。」― 『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』

 
Though adults use Japanese, they rarely express their real intention. They have forgotten or sealed "down" the "archetypal language" (my coinage inspired by Goethe's Urpflanze ) like Takuto's "sou sou". Sometimes they use language like the code to conceal their sadness, jealousy, anger, love, etc. … how gentle their code!

Only a cemetery caretaker who speaks silently to the dead beyond gravestones, an old lady to her ex-lover in the distance, they sense Takuto's communication ablility in untold words.



c0345705_17214176.jpg
三室戸寺(2016年4月)


アリちょうちょトカゲはいつもそばにいた
ツツジの香り ハチの羽音
 


fourmis, papillons, lézards

ils sont toujours près de moi

depuis mon enfance

fragrance des rhododendrons

bourdonnement des abeilles


朝明(あさあけ)のうすくれなゐを待ちかねて ひらきそめたり
あけぼの躑躅


des rhododendrons

nommés l’ aurore

ne pouvaient pas

attendre le corail d’ aurore

et se sont ouvertes aujourd’hui


bébé escargot ! *
かたつむりの赤さん!(今朝)

a0332314_17314610.jpg



 同じ作家に、きれいな本がある。作家の好きな曇りの日、サインをもらいに、大阪まで出かけた。萌黄いろのノースリーブを着た彼女は、銀鼠色のインクでやわらかな文字をしるし、そっと薄紙を挟んでくれた。インクがにじんでしまわないように。
 西暦2000年。あの頃は、旅日記以外の何かを自分が書くなんて、思ってもみなかった。

The same author, EKUNI Kaori had published a beautiful book (below fig.). Ona cloudy day she likes, I went to a bookshop in Osaka to get her signature on my book. She wore a fresh green sleeveless dress. She signed in silver gray ink and inserted a thin paper to prevent an ink splotch. I never imagined I would begin to write something (except travel diary) then, A.D. 2000.


c0345705_14581754.jpg


てふてふの かたちに伏せた 本の背に ひらりとおりた げんげの しおり
sur un livre
retourné en forme de papillon
tombé
un signet d' Astragalus sinicus
à la main



おつき合いくださったあなたに… Bonus(2016)

c0345705_15350531.jpg



お洒落なあなたに… Do you find butterflies in the furi-sode ?

a0332314_09124648.jpg

  右の乙女の振袖に蝶々が… 鏑木清方「嫁ぐ人」(部分)『鏑木清方』朝日新聞社

  (All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_11172211.jpg
平安神宮と疎水と染井吉野*Torii & MoMA, Kyoto

 snowdropには染井吉野の写真が少ない。
 子供のころ、近くの小さな神社へみんなでお花見に行った。そこでsnowdropは染井吉野を見た。きれいだった。うすべにの花、花、花…。綿菓子みたい!甘くてやわらかいものだけでできている!ひたすら眺めた。眺めつくした。たぶん一生分を。
 あの日の、あの花より美しいと思える染井吉野に出会ったことがない。

 Snowdrop has taken photographs of Somei Yoshino lesser than other breeds.
 When she was a child, she has gone to see the cherry blossoms at a local shrine with her family. The flowers of Somei Yoshino were beautiful, pale pink and soft like clouds, like cotton candies. She observed, admired, and appreciated probably a lifetime's worth of Somei Yoshino.
 She has never seen since then Somei Yoshino as beautiful as those on that day.



c0345705_11141242.jpg
「二つ折りの座」(京都国立近代美術館)*お花見の座布団にぴったり?
folded-cuchion-like contemporary art object in the garden of MoMA Kyoto


 染井吉野は、江戸彼岸と大島桜が交雑してできた一本の木を祖とするクローンだという。葉が出る前に、花だけがぱっと開く華やかさが好まれた。いちどきに咲いて、いちどきに散る。武士道を思わせるこの花は、武士の世が終りに近づいた江戸末期に生まれ、武士が滅びる明治時代から大量に植えられた。
 染井吉野の名は、江戸の染井村で育成されたことと、花の名所・吉野への憧れとに由来する。

 Somei Yoshino is said to be a kind of clone, whose flowers emerge before the leaves. All the flowers bloom and fall at the same time. Somei Yoshino reminded Japanese people of Bushi-do, the code of the samurai.
 This breed
was born at the end of the Edo period(warriors’ time)and has been planted since the Meiji period when the warrior class was abolished. The name of Somei Yoshino derives from a gardener village in Edo, Somei and the most famous place for cherry blossoms, Mt. Yoshino.



c0345705_11250080.jpg
明治時代のお花見(今月のカレンダーから)


 生長は早いが寿命は短い。いちどきに咲いて、いちどきに散る。もろくあやうい、クローンの桜。第二次大戦中、日本兵の理想にまつり上げられた。
 敗戦後、焦土を覆い隠すように、ふたたび大量の染井吉野が植えられた。それらは今いっせいに老いつつある。

 Somei Yoshino grows fast and lives a shorter life. The fragile clone cherry tree was regarded as a symbol of Japanese soldier’s ideal during the World War II: blooming and falling at the same time.
 After the War, many Somei Yoshino were planted in order to cover the scorched earth. These trees are now growing old at the same time.



c0345705_11120763.jpg


 染井吉野はいつも滅びに立ち会ってきた(武士道、皇国史観)。日本人の美意識と、弱さと、したたかさを背負い、毎年咲いては散り、咲いては散り、生き急ぐかのように老いを迎え…。
 吉野の名を引きながら、吉野の山桜からもっともかけ離れた桜。山桜や枝垂れ桜のように、それだけでは絵になりにくい。誰からも愛されるけれども、偏愛されることが少ない。

 Somei Yoshino has always witnessed the downfall, such as that of Bushi-do, of the historical view that Japan is a country under the eternal reign of living god emperors. This breed has represented the Japanese aesthetic sense, has included Japanese strongnesssometimes slynessand weakness, bloomed and fallen every spring, lived fast and grown old.
 Though its name includes Yoshino, it is the farthest from the wild cherry on Mt. Yoshino. It does not make a lovely picture as well as mountain cherry or weeping cherry. While it is liked by everyone, rarely loved passionately.

 
c0345705_10572043.jpg
「桜花」『小林古径』朝日新聞社(上)* 吉野の山桜(下)
Cherry Blossoms by KOBAYASHI Kokei*mountain cherry in Yoshino
a0332314_06222455.jpg


 明治維新150年。まだ、150年?!なんという嵐の時代をくぐり、嵐を起こしてきたのだろう、日本は!染井吉野は!
 日本語も嵐のなかにあった。文語体から口語体へ、旧仮名遣いから新仮名遣いへ…。いっそローマ字に統一しようという声。いやいや、フランス語を公用語にすべきだという声…(あの志賀直哉が!)。
 いっぽう、琉球や蝦夷のことばを奪い、アジア諸国に日本語を押しつけようとした。果ては『万葉集』までもが戦意高揚のために用いられた。

 
 2018 marks the 150th anniversary of the Meiji Restoration.What 150 years! Japan and Somei Yoshino have lived through the turbulent period.
 Japanese language also has been in the storm. It has changed from literary style to colloquial one. Some maintained to use only Roman letters, some
ex. SHIGA Naoya, a great authorrecommended French as the official language.
 Japan prohibited the use of dialects and ethnic languages, and forced Japanese on Asian countries. Even some poems in Man’yo-shu were used to foster the spirit for the war.



c0345705_17081416.jpg
伝統的な屋形船がこの春、復活した*traditional yakata-bune (private boat)


 合理化をとるか、伝統を守るか。そもそも伝統とは?日本らしさとは?蜻蛉(とんぼ)のかたちをした小さな島国のアイデンティティをどう守ればいいのか。
 明治以来、巌のように圧してくる西欧文明、大戦前後に押し寄せてきたアメリカ文化…激動の百年!その約十分の一は迷妄の十五年戦争。ふりかえれば室町は、平安は、天平は百の十倍の過去、千年の昔…
 染井吉野は、明治維新後150年のすべてを見てきた。
 みずからの美しさを誇るよりもむしろ、日本のふるい景観と新しい町並みの両方に優しく、美しく、寄り添いながら。

 Japanese people discussed. Which should be selected, rationalization or tradition? What is our tradition? What is the Japaneseness? How can we protect the identity of this dragonfly-like small island? The pressure of Western civilization since the Meiji period, the inflow of American culture after the World War IIwhat stormy hundred years! While one-tenth of that is the delusion of wartime (fifteen years), ten times of that is the distance to the Muromachi, Heian, or Tempyo peroids (around thousand years before)….
 Somei Yoshino has seen everything during these 150 years, while gently supporting and beautifying both traditional and modern landscapes rather than manifesting its own beauty.


a0332314_08501750.jpg

















クローンのさくらはかなし青白きLEDの灯に照らされて


des fleurs de Somei-yoshino,

un cerisier cloné,

elles semblent triste

sous la lumière pale
à DELdiode électroluminescentelight emitting diode



Dscn1070_4


「末期の眼」で桜をあふぐ川端へ花の瞳はなに語りけむ


c0345705_05201255.png

















「宵桜」『東山魁夷展』(朝日新聞社)*東山魁夷は、川端康成の本の装丁も手がけている。

Evening cherry blossoms by HIGASHIYAMA Kaii, who bound some of KAWABATA Yasunari's books

(All Rights Reserved)

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



[PR]
c0345705_10034732.jpg

十二単の袖のような「桜衣」とうぐいす餅を枝垂れ桜のお皿にのせて…
crêpes en forme de manches de kimono pour hana-mi et un rossignol-mochi


今年もわが村のうぐいすは訛っています。ライバルがいないからでしょうか。
Un rossignol chez nous chante mal cette année aussi. C'est parce qu' il n'a pas de rival?



ホーホケケキョうつとりなまる(うぐひす)(ひな)(をのこ)の恋うたのやう


c0345705_13540503.jpg
Peter Motzという画家のカレンダー。左には林檎の花とガチョウ、右には姫踊子草が…
pommiers, trois oies, lamier pourpre ("petite danseuse" en japonais) par Peter Motz



「桜衣」を食べていると、杉田久女の「花衣」の俳句を思い出しました。
着付にはたくさんの紐を使います。お花見の晴れ着なら、なおさら…


花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ  杉田久女

kimono pour hana-mi
en se déshabillant s’accrochent
des cordons variés

haïku de SUGITA Hisa-jo, traduction de snowdrop



c0345705_08593670.jpg

色とりどりの紐のような枝垂れ桜(京都府立植物園)
cerisier pleureurs comme des cordons (Kyoto Botanical Garden)


うきよには留めおかじと春風の散らすは花を惜むなりけり 
西行



「浮世に留めおきはしない、と春風が桜を散らすのは、愛しているからだよ…」
と西行は歌いました。もしsnowdropが桜だったら、次の歌を返したことでしょう。

Un waka de Saigyo dit :
Le vent printanier disperse les pétales
pour que des fleurs de cerisier ne restent pas dans ce monde triste,
c'est parce qu' il aime ce cerisier…

Si snowdrop était le cerisier, elle lui aurait répondu par sa tanka…


c0345705_08521265.jpg

雨情枝垂れと仏の座(同植物園)
cerisier pleurer et lamier amplexicaule (siège de Bouddha)


しだれ桜に代はりて
春風よわれを(さら)へよ心あらば 嵐のかたちに咲きたる花を snowdrop

en place du cerisier pleurer

vent printanier,
enleve-moi,

si tu sais l’ amour,

disperse mes fleurs

en forme d’ ouragan


c0345705_09131253.jpg

京都府立植物園の紅枝垂れ(上)とパリの植物園の白妙桜(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanical Garden*Beni-sidare’(pink weeping cherry(upper f.)
Jardin des Plantes de Paris * Groupe Sato-zakura 'Shirotae' (lower f.)

c0345705_09122947.jpg

まるで おっきい盆栽!*bonsai gigantesque ?!
(HP de Jardin des Plantes, Paris)


パリの植物園も、ロンドンの植物園も、まだ訪ねたことがありません。
皆さんとご一緒にエア花見を…

Snowdrop n'a pas visité ni Jardin du museum d'histoire naturelle ni Kew Gardens.
Amuzons-nous ensemble hana-mi par internet !


c0345705_09255513.jpg

京都府立植物園(上)とロンドンのキューガーデン(下、植物園のHPより)
Kyoto Botanial Gardenupper figure
Kew Gardens, London(lower figure


小雨でもまめに傘さす国びとは小さき桜もまめに目を留む

Japanese people 
that put up an umbrella
even in the thin rain
notice and appreciate
even a thin cherry tree


c0345705_09234657.jpg

(HP of Kew Gardens, London)

All Rights Reserved

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR





[PR]

c0345705_11053109.jpg
京都府立植物園で見かけた子供たち(3月下旬)*Kyoto Botanical Garden (March)


川端康成の『古都』には、主人公の千重子が両親と京都府立植物園を歩く場面があります。

「噴水の右を進んで、つきあたると、左へ行けば、子どもの遊び場などらしい。(…)三人は、木かげを右へ折れた。思いがけなく、チュウリップの畑におりた。千重子は声をあげたほど、みごとな花盛りであった。(…)『ふうん、これでは、新しいきものに、チュウリップを使うはずやな。あほなと思うてたけど…。』と、太吉郎もため息をついた。
 ひまらや杉の若芽の下枝が、孔雀の尾をひろげたようだとするなら、ここに咲き満ちる、いく色ものチュウリップは、なににたとえたものだろうか(…)」― 川端康成『古都』(以下同)

千重子の父、太吉郎は京呉服問屋の主人です。着物のデザインも手がける彼は、チュウリップのモダンな美しさに複雑な思いを抱きます。ときは1961年、連合軍に接収されていた植物園が12年ぶりに再開された年でした。


c0345705_11022660.jpg


The Old Capital by KAWABATA Yasunari (1899-1972) has the scene where the heroine Chieko takes a walk with her parents in Kyoto Botanical Garden. Takichiro, her father, is the master of a kimono fabric shop in Kyoto and kimono designer. He is inspired by the tulips in this garden as well as his daughter's books of paintings by Paul Klee, Marc Chagall, etc. In fact, he does not entirely admire the simple beauty of this flower as a motif of kimono's design. This novel is set in 1961 when the botanical garden was reopened after twelve-year requisition by Allies of World War II.


c0345705_11494282.jpg
ひまらや杉でもなく、北山杉でもない、レバノン杉です*not Himalayan but Lebanon cedar


snowdropが植物園を訪ねた日、ちょうど「アメリカ」という名の桜が花盛りでした。戦後の古き都で、新しい美を模索する太吉郎。彼は、千重子からもらった「クレエ」(パウル・クレー)の画集や、チュウリップの色彩からインスピレーションを得るのです。平成のいま読み返すと、カタカナの使い方も時代を感じさせます。

Takichiro considers what the tulip should be compared to if the Himalayan cedar's branches are to the peacock's tale.
When snowdrop visited the botanical garden, the cherry trees named "America" were in full bloom.


c0345705_11244126.jpg
アメリカ」と木瓜

「アメリカ」は日本から北米に渡った染井吉野が品種改良され、日本へ里帰りした品種です。

"America" is a variety that was bred in North America and returned to Japan.


Japanese quince and ”America”
c0345705_11251228.jpg


京都府立植物園は、日本最初の公立の植物園です(大正13年、1924年開園)。この場面に先立って、千重子が友人と訪ねた平安神宮は、明治の社でした。温室や噴水のある洋風の植物園と純和風の神社…正反対のようでいて、どちらにも、外国を強く意識した近代日本の意気込みが感じられます。明治、大正、昭和、そして平成…日本はつねに新しい日本の在り方を模索してきました。

「三人はがらすごしに、熱帯植物の群れをのぞいただけで、なかには入らなかった。短い時間の散歩なのである。」―『古都』


c0345705_14213395.jpg
三人がスルーした温室には、睡蓮(ブルー・ロータス)が…
"blue lotus" in the green house that Chieko's family passed through


Kyoto Botanical Garden is the first public botanical garden in Japan founded in the Taisho period, 1924. Heian Shrine, which the heroine visited with her childhood friend, is the shrine built in the Meiji period. Though this Western-style botanical garden and that traditional Japanese-style shrine might seem opposite, they share the Japanese self‐identification surrounded by foreign countries. Japan has groped for the new Japan through the Meiji, Taisho, Showa, and Heisei periods, and even the old capital, Kyoto is no exception.


c0345705_11543840.jpg
くすのき並木

『古都』にはこの楠並木が何度も登場します。そのうちの一場面から。

「楠の並木は、木ずえで、左と右の枝が交わしていた。その木ずえの若葉は、まだ、やわらかく薄赤かった。風がないのに、かすかにゆれているところもあった。五人はほとんどものを言わないで、ゆっくり歩いた。めいめいの思いが、木かげでわいてきた。」

The Old Capital refers to the avenue of camphor trees in this garden many times.


c0345705_11534838.jpg
比叡山*Mt. Hiei, the mountain seen from anywhere in the botanical garden like a steeple


京都では「お山」といえば比叡山を指します。植物園のどこからもよく見えます。まるで教会の塔のように…太吉郎らがお山について語らう場面を思い出しました。

「比叡山は、濃いかすみのせいか、なんやら、低う見えるようやおへんか』(…)「春がすみで、やさしいて…」と、太吉郎はしばらくながめていて、「あのかすみに、ゆく春を、お思いやさしまへんか」

川端康成の『古都』は必ずしも名作とは言えないと思います。この作品を新聞連載していたころ、作家は眠り薬を乱用し、夢うつつだったとか。けれども、かな遣いののびやかさや、飛躍の多い詩的な文体は、流石です。極上の年中行事絵巻、名所案内記に酔う贅沢さ!

The Old Capital might be not a masterpiece of this first Japanese recipient of Nobel Prize for literature. While writing this serial story in the newspaper, he abused sleeping pills. And yet this novel's poetic style is beautiful.


c0345705_10545507.jpg
しだれ桜、紫木蓮、白蓮
weeping cherry and magnolia (purple and white)


千万の花の瞳と見つめ合ふ力を秘めし花の国びと

「末期の眼」で桜をあふぐ川端に花の瞳はなに語りけむ

傘の下に人あるごとく花の下に仰ぐ人ある国に生まれて
je suis née

au pays où il y a des personnes

sous chaque cerisier en fleur

comme il y a une personne
sous chaque parapluie


c0345705_15414852.jpg

天城吉野 (大島桜×江戸彼岸)* Amagi-yoshino

(All Rights Reserved)



春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】





[PR]

c0345705_09045566.jpg

花矢倉(上千本)から蔵王堂(中千本)をのぞむ
fleurs de cerisiers comme nuages blancs, Yoshino, Nara


み吉野の千の花びら風にのせ君へ届けん切手に代へて

mille mille petales de
trente mille cerisers de Mont Yoshino
je vous envoyer
par le vent
en guise de mille mille timbres


c0345705_09140259.jpg



三十年ぶりの吉野。上千本・中千本・下千本が咲きそろった稀有の春。
あなたのもとへ、そして海のかなたの友へ、切手のような花景色を届けましょう。

Yoshino, un endroit le plus célèbre pour ses cerisiers au Japon,
snowdrop l' a visité pour la première fois en trente ans!
Voici deux photos comme deux timbres pour vous au Japon et outre-mer.


a0332314_20354024.jpg



桜はほんらい山の神の花、呪力をもつとされました。(桃も)
三十年前と、今年。snowdropにとっては、入院の次の春に当たります。
偶然でしょうか。それとも、花の霊力を心身が求めたのでしょうか。
花から頂いた元気をあなたに、あなたの周りの方々におすそ分けします。

Le cerisier est originellement une fleur des dieux des montagnes.
Snowdrop a visité des cerisiers en Yoshino deux fois,
après ses hospitalisations, comme si elle avait cherché l' énergie de fleurs.
Je voudrais partager cet énergie avec vous!


c0345705_16285577.jpg



義経の千本(ちもと)の桜に分け入らん白き狐の声をもとめて
entrons
dans mille cerisiers
de Yoshitsune senbon-zakura
à la recherche de la voix
du renardeau blanc!


c0345705_09593488.jpg

忠信狐と静御前
吉野山を舞台にした文楽「義経千本桜」* 吉野葛のお干菓子

(All Rights Reserved)


春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



[PR]
c0345705_19503556.jpg
イースターのころ届いたカード &『マリー・クレール』のコラージュ
collage d' une carte de L…et Marie Claire


愛という花輪のなかの赤ちゃんへジャポンのリース四つ贈らむ


À ta petite fille
dans une guirlande d' amour
je voudrais envoyer
quatre guirlandes japonaises
avec des fleurs de cerisier, magnolia, mimosa, et baby's breath spirea



Pour Ma… et trois enfants

c0345705_16551665.jpg


桜の花輪*fleurs de cerisier


c0345705_20030840.jpg


マグノリアの花輪*magnolia

c0345705_07072147.jpg


雪柳*baby's breath spirea(赤ちゃんの吐息のシモツケ花)

c0345705_07055402.jpg


ミモザの花輪*mimosa en 2015


2004年、ノルマンディの復活祭休暇に知り合い、
2015年、ミモザの季節の日本を訪れたL…は、春の女神のように帰ってゆきました。
そして去年、L…は結婚してこの春、ミモザの日より少し前に赤ちゃんを産みました。
アムールを手に入れたL…、おめでとう

L… dont j' ai fait la connaisance pendant les vacances de Pâques en 2004,
elle a voyagé et est partie du Japon à la saison de mimosa il y a trois ans.
Elle s' est mariée l' année dernière et a donné naissance à une petite fille
avant la fête du mimosa cette année.
Tu as ton amour en main ! Félicitaions


Img_0980_800x600


桜の幹にL…が見つけたの形(奈良、2015年3月)
le coeur que tu trouvas en Nara, 2015


Primavera_2

絵のなかのフローラによく似たL…に、マグノリアやミモザ、雪柳の花冠を…
ボッティチェリの「春」はトスカーナの美術館にあります。フローラの左、画面中央に描かれたヴィーナスは、身ごもった聖母のようにも見えます。背景の水色の空が円い頭光に見えるからでしょうか。それとも、頭上にアムールが飛んでいるから、♡形に見えますか?

Pour ma Primavera, L…, je voudrais offrir quatre guirlandes japonaises. Tu est devenue de Primavera à Venus, ou Notre Dame de l'enfantement (selon WAKAKUWA Midori, une historienne d' art italien) dans cette peinture de la Renaissance. Tu trouves un nimbe ou coeur entourant sa tête? Voici Amour planant! ↓



c0345705_13502310.jpg

春(プリマヴェーラ) ボッティチェリ * Millenium Calendar 
部分図(下)は『原寸美術館』(小学館)より

c0345705_16185942.jpg


 女神たちの足元には野の花が咲き乱れています。1980年代にこの絵を修復したイタリアの研究者は、春の花のなかに冬の花がまじっているのに気づき、首をかしげました。クリスマス・ローズ?いいえ、これはきっとレンテン・ローズ。イースター(復活祭)に先だつ四旬節(レント)に開く花です。この絵には、古代神話の春と聖書の復活の春とが二重写しになっているに違いありません。
 若桑みどりも、このヴィーナスに聖母を重ね、薔薇はヴィーナスの花にして聖母の花と述べています(『薔薇のイコノロジー』)。なるほど、聖母の足元に薔薇が描かれていますね。そこから左へ目を移すと、レンテン・ローズがつつましく咲いています。まるで薔薇に一等地をゆずるかのように…

Parmi des fleurs des champs, il y a des roses de carême. Ce fleur fait allusion à deux printemps (mythologique et chrétien). Quel joli mariage !


c0345705_07175697.jpg
(2012年撮影)


友人のaster roseがイラストにしてくれた、レンテン・ローズと水仙。
白い花びらはまるでヴェネツィアのカーニヴァルの天使の翼のよう。
謝肉祭の喧噪から四旬節の静寂へ、そして復活祭の歓喜へ…
中世からルネサンスの春へ思いをはせつつ、今年の春をうれしみましょう。

Voici des roses de carême et narcisses chez nous…
(photo by snowdrop, image processing by aster*rose, mon amie)


c0345705_12012189.jpg

「angelo venezia carnival」の画像検索結果


(Ange de Venice)(google search)


「語られぬことば 下」は延期します。イースター休暇中にお祝いしたかったので

Untold words in a novel 2 is postponed.

(All Rights Reserved)








[PR]
c0345705_09154192.jpg


 品格ある偉大なる執事の道を追求してきたスティーブンスは、ドライブの旅に出る。ルートには、いま話題のソールズベリーも…。イギリスの田園風景は偉大かつ温和なる精神の象徴として、つねに物語の背景にある。そして、物語は彼の回想のなかで、さらに、回想のなかで言葉にされなかった事どもの中で展開する。

 スティーブンスは真面目な男だ。執事は彼の天職かもしれない。だからだろうか、彼は決して執事の仮面を脱がない。執事のお仕着せを脱ぐときも、彼の心は仮面を着けたままだ。少なくとも彼が物語る間は…

「まあ、ミスター・スティーブンス。(…)これは、ただのおセンチな恋愛小説ではありませんか」
スティーブンスは読書中、女中頭のミス・ケントンに本の中身を知られてしまった。彼は読者にこう語る。
「その本は(…)ご婦人のお客様のために、読書室やいくつかの客室に用意してあるうちの一冊でした。私がそれを読んでおりましたのには、明快な理由があります。それは、その種の本を読むことが、英語力を維持し、向上させるのに、ひじょうにすぐれた方法であるからにほかなりません」
 snowdropは鈍い方だが、さすがに突っ込みたくなる。「あなたはミス・ケントンのことが気になるから、そんな本を手に取りたくなったんでしょうに!」― 語られなかった恋

 スティーブンスはけっして本音を語らない。昔の主人が第一次大戦後の窮境にあえぐドイツに手を差し伸べようとし、やがてナチスに利用されてしまった事について、批判めいたことは口にしない。ただ「道徳的巨人」であった主人の高潔な人格を擁護するばかりである。それでいて、「あなたは、ダーリントン卿のもとで働いていたんでしょう?」と問われると、否定する。「いいえ、そうではございません、奥様」彼は自らに問いかける、なぜ否定してしまったのか、と。そして、主人を悪く言う言葉を耳にしたくなかったからだ、と自らを納得させる。
 じつに彼の否認は二度に及ぶ。三度目は描かれていない。思い出されるのは、主イエスを三度否認してしまった弟子ペテロ。…カズオ・イシグロは三度目の否認の場面を描かなかった。― 語られなかった悔恨

Stevens, who had pursued the dignity and greatness of the butler,embarked on a leisure holiday. The landscape of countryside, e.g. Salisbury, is the symbol of the greatness and the warmth of British spirit, always the background of this novel(). The story unfolds in his reminiscence and what has not been told with words in his reminiscence (Snowdrop remembers the difference of the landscapes between “Continentals” and “Celts”: the countrysides without and with rugged mountains!).

Stevens is square. The butler might be his vocation. He always wears the mask of butler. Even when he is not in his uniform, his spirit wears his mask, at least while narrating. For example,

“The book was, true enough, what might be described as a ‘sentimental romance’ one of a number kept in the library, () for the entertainment of lady visitors. There was a simple reason for my having taken to perusing such works, it was an extremely efficient way to maintain and develop one’s command of the English language.”


Even a slow snowdrop wanted to butt in, “Your curiousity about Miss Kenton makes you to choose such a book! ” ― untold love.


Stevens never speaks his mind. He never criticizes his ex-master, Lord Darlington, who was a fair English gentleman and moral statue whose compassion on Germany after Word War I was manoeuvred by the Nazis. And yet he denied that he had served the lord.

“Presumably you must have worked for him [Lord Dalington]””I didn’t, madam, no.”

Why did he deny? He anwers to himself “to avoid any possibility of hearing any further such nonsense concerning his lordship”.


He denied his lord twice. This situation reminds me of three denials by Peter in Bible. The third scene was not written in this novel. untold regret.



c0345705_14090821.jpg

ヘンルーダの花言葉は「悔恨」です(シェイクスピア『冬物語』)
ウォルター. クレイン画『シェイクスピアの花園』より(部分)
According to the language of flowers, Henruda means the rue (regret).


 スティーブンスは気づいていなかったのだろうか。自分の恋に。自分の悔恨に。執事のお仕着せに身も心も固めてしまって、人生が「日の名残り」に到る最後の最後まで、気づかなかったのだろうか。
 否、彼はかなり早い時期に気づいていたと思う。自分が執事の仮面の内に本音を押し殺していることを。それは、第一次大戦後、ダーリントン邸で開かれた国際会議の最終日だった。自分と同じく執事として生きてきた父が、邸内の小さな部屋で亡くなった日だった。父の死に立ち会うこともできず、人々のグラスに酒を注ぎ、足の痛みを訴える客に、父の死を診断した医師を差し向けるスティ-ブンス。彼は何度か、主人や主人の甥に声を掛けられる。
「おや、スティーブンス、気分が悪いのかかい」…
「スティーブンス、どうした?大丈夫か?」…
「なんだか、泣いているように見えたぞ」
彼は笑い、ハンカチを取り出して、手早く顔を拭く。
「はい、なんともございません」
私も、スティーブンスに声を掛けたくなった。
「スティーブンス、本当に大丈夫なの??? 」

 スティーブンスの仮面の下の素顔を垣間見た、ダーリントン卿とその甥のレジナルド。そしてスティーブンスの代わりに父を看取ってくれたミス・ケントン。この三人だけがスティーブンスに本音を漏らす。前の二人は、口の堅いよき聞き手としての彼を信頼して。後の一人は、素顔の彼に心を寄せて…けれども、スティーブンスはよき執事としての理想を優先させてしまった。あるいは、よき執事という仮面の下に逃げ込んでしまった。― 語られなかった真の人生

 スティーブンスを見守る作家の目はあたたかい。カズオ・イシグロは「忘れることが必要なこともある」と述べる。それは前へ進むためだ。スティーブンスはきっと顔を上げるだろう。
 『日の名残り』は読者が参加することで初めて完成する物語である。その風通しのよさは、日本的な「余白の美」に通じるかもしれない。
 

Had not Stevens noticed his love and his regret? Did he notice that for the first time, in the remains of his day? No, he should have noticed that earlier. It was on the last day of the conference hold at Darlington Hall in 1923. It was on the day his own father, an under-butler,died in a small room in the hall. He could not be present at his deathbed. He was serving the guests and led the doctor from his fathers room to the billiard room where a man was waiting with his aching feet. Lord Darlington and his nephew spoke to Stevens several times.


Stevens, are you sure youre all right there?”…

Not feeling unwell, are you?”…

Stevens, are you all right?

Yes, sir. Perfectly.

You look as though youre crying.

I also wanted to ask him, “Stevens, are you really OK? 

Lord Darlington, his nephew Cardinal, and Miss Kenton (who was present at his fathers final moments) : these three persons sometimes speak their mind to Stevens. The two men trusted him as a close-mouthed listner and the woman was recognizing his real face. But he did not pull off his mask. ― untold true life.

The author always seems to watch over Stevens. Kazuo Ishiguro says forgetting is sometimes necessary in general so as to live positively. Stevens will raise his face.
The Remains of the Day is the novel that is completed by every reader. There is a kind of the beauty of the untold blank space characteristic of Japanese culture.

映画「日の名残り」より



新聞にアイロンかける屋敷あれば折り紙のごと畳む汽車あり

While TIMES is ironed in an English manor house,
NIKKEI is folded in a Japanese crowded train.


「新聞 電車折り」の画像検索結果

(google search)
(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_15034230.jpg


雲ひとつない2月のある日、大阪城の梅林へ足を運びました。「黒雲」という名の紅梅が、天守閣を表装、あるいは額縁のように囲んでいます。

Un jour en février sans nuages, je suis allée au jardin de prunier dans le château d'Osaka. Tiens, des fleurs rouges des pruniers nommés "Nuage Noir" encadrent le château!



c0345705_15042731.jpg


さみどりの()

tressons un panier

de brindilles vertes claires

de prunier,

le cadeau d’ aujourd’hui

est ce château-là


c0345705_15052994.jpg
関連画像関連画像

(google search)

ふっくらした梅干になる前の「南高」。すんすん伸びた枝も健やかに…

Les fleurs deviendront des prunes et seront confites dans du sel.


c0345705_15073061.jpg

大坂城にいちばん似合うのは、ひょっとして「古城」でしょうか。

Ce prunier est appelé "Vieux Château".


c0345705_15351065.jpg

浪花の女性歌人、与謝野晶子の歌に似合いそうな「楊貴妃」。京の閨秀画家、上村松園の「楊貴妃」(pinterest)と…

Un prunier et une peinture "Yang Guifei".

「楊貴妃 上村松園」の画像検索結果


梅の花微風を蹴る姿すと朝歩きして思ひけるかな 
晶子『梅花集』



c0345705_15293668.jpg


万葉人が隠れていそうな「月の桂」。これは天平の女子会の歌?それとも早春の宵、恋人と注しつ注されつ…

"Arbre au Caramel dans la Lune" cache des femmes de l' ère Tempyō ? Une poète chanta "Après avoir bu du saké et pétales de fleur de prunier dans une verre avec mes ami(e)s, je ne regretterai pas même si elles toutes tombent." (Man'yo-shu)


酒坏尓 梅花浮 念共 飲而後者 落去登母与之   大伴坂上郎女
酒坏にの花浮かべ思ふどち飲みての後は散りぬともよし 萬葉集巻八1656
酒坏に梅の花を浮かべ、親しい者同士で飲んだあとは、散ってしまってもよい


c0345705_14073949.jpg


そういえば今日はホワイトデー!梅の木の下で女同士(どち)、雛あられとロゼワインを愉しみましょう。春鹿の盃でうすべにいろの葡萄酒を一杯、また一杯…。舟遊びもいいですね。あらら、太閤殿下、女子会へご乱入?!

Aujourd'hui est White Day (Jour Blanc) ! Sous un prunier, je vous sers des hina-arare et du vin rosé à la place des guimauves. Ou on va canoter ensamble? Oh, Seigneur TOYOTOMI Hideyoshi, il nous invade!



c0345705_15514741.jpg


舟遊びもまたよし、よしと声すれば秀吉ごのみの金の屋形船

Un canotage,
c
est si bon, bon!
Le voix

de Seigneur T.Hideyoshi?

Non! Voici un bateau dor!


a0332314_17200562.jpg
「金獅子」* fleur de prunier "Leone d' Oro"


c0345705_15012131.jpg
狩野派好みの梅の枝ぶり*comme un prunier dans le byobu paravent

梅の写真は2月末撮影です。

(All Rights Reserved)

BGM*秀吉好みの南蛮音楽
Bonus*the imported music in Hideyoshi's reign(6:06~)








[PR]