タグ:Poème(短歌/俳句) ( 161 ) タグの人気記事


c0345705_21423243.jpg

能「土蜘蛛」(右は源頼光。なお、鵺(ヌエ)を退治した頼政は頼光の家系)* Noh Spider(NHK)


 男は細い竹箸のようなもので式子の指の傷口から蜘蛛の毛を丹念に取り除くと、女官に汲んで来させた奈良の小川の水をざぶざぶとかけた。枕を積み重ねてその上に腕を載せた。ふだんは幾重にも重ねた袖の奥深くに隠れ、人目に触れることのない斎院の腕である。雪のような白さとふくよかさが男の目を射た。しかしそれも束の間、赤い腫れは肘へ、二の腕へ、肩へと昇り、腕全体が丸太のように膨れ上がってゆく。

 男は懐から薬草を取り出し、汁を絞って傷口に塗った。あの赤黒い蜘蛛を見かけて以来、つねに携えていた薬草である。賀茂の里人や童があの蜘蛛に襲われた時は、いつどこにあっても駆けつけ、手当てできるように…御典医や御付きの者たちは男の施術を、ただ口を開けて見守るばかりであった。

「これからお熱が上がりましょう。熱冷ましと痛み止めをさし上げます。万が一、お腕の一部が死ぬると厄介です」

「明日は野宮へ戻られて、賀茂祭を締めくくりあそばすご予定なのだが…」

「なりませぬ!お褥(しとね)より動かすわけには参りません。少なくとも十日はここに留まって頂かねば―。また、人の動く気配がお体に響きます。お人払いを願います」 

 男の気迫に押され、抗弁する者はなかった。


この連載は日祝日に更新します。次回は10月22日です。

c0345705_22005873.jpg


 The man removed the spider’s hairs from her bites with something like bamboo chopsticks and poured the water that a court lady brought from Nara River. He piled several pillows and set her right arm on them. The princess’ arm that should be normally hidden in her robes, whose whiteness flashed before his eyes. But soon a red swelling climbed to her elbow, upper arm, and shoulder to change her right arm into a reddish log.

 He took out some medicinal herbs from his inside pocket and applied the juice to the bites. He had always carried the herbs with him since he had seen that red spider in the forest so that he could heal immediately the villagers or children attacked by the insect. The court doctor and servants were only gazing at his treatments with their mouths open.

“ The fever will heighten. I will give her my painkiller and fever medicine. If her arm should necrose, it would be a matter of life or death.”
“ Tomorrow she is scheduled to go back to Nonomiya and finish the festival
“ Impossible! She MUST rest quietly here at least ten days. May it please your honour, I have to order the room to be cleared so as to avoid even a slight shock to her body. ”
 His spirit made all of them hold their tongues.


(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)





[PR]

f0374041_13201400.jpg

10月8日は「寒露」の始まり(2016年撮影)。。。 Late-autumnal dew's period has begun today.


 斎院式子は朦朧としていた。何が起きたのであろう。年に一度、賀茂祭の夜、ここ神館に泊まることが式子は好きだった。賀茂の社の「みあれ野」に拵えられた一夜限りの宿は、地面に近く、壁も薄く、周囲の森の気配を濃密に伝えてくる。深い吐息のようにざわめく木々。声を合わせて歌う蛙。小鳥の寝言。

その暁、式子はひとり目覚め、寝所の隅をじっと見つめていた。これまで見たことのない小さな蜘蛛が糸を吐き、巣を編むさまに見とれていたのだ。ただ一つ点された燈台の仄かな光のなかで、赤黒い体から不断に銀の糸が伸び、その糸は規則正しく、巧緻に、羅のような同心円を描き出してゆく。不意に、時鳥が啼いた。つねより高らかに、まるで凱歌のように。はっと身を震わせた彼女は体の均衡を崩し、蜘蛛の巣へ右手を突っ込んでしまった。中指に鋭い痛みが走る。
 式子は茫然と指を、指に並んだ二粒の紅を眺め、そして蜘蛛を見た。恐れはなかった。驚かせてしまって…という心持が先に立った。しかし、ほどなく、激しい痛みが訪れた。指から手の甲が火のように熱い。それでいて背筋に悪寒が走る。
 いつも眠りの浅い命婦がいち早く目を覚まし、女主人の腫れあがった手を見て悲鳴を上げた。警護の従者が叫んだ。彼方より駆け来
る跫(あしおと)が近づく。御典医だろうか。しかし、あの老医師がこんなに速く走れるものか…薄らぐ意識のなかで、言い争いの気配がしたと思うと、式子はいきなり右手を取られていた。聞いたことのない男の声がした。

「これは唐渡りの毒蜘蛛の傷です。見たんだ、数日前に、この森で、この蜘蛛を!おそれながら、御典医の手には負えません。僕(やつがれ)にお任せを」


次回は10月15日(日)に更新します。


c0345705_21494332.jpg
Today the late-autumnal dew's period has begun in Japanese calendar(photo in 2016)


Princess Shikishi was being in a hazy state. What is happening? She liked putting up at Koudate once a year, on Kamo Festival night. This residence for one night in Kamo forest, with the lower floor near to the ground, with thinner walls, conducts the feel of the forest in the air. The voices of the trees, the chorus of frogs, a silly song of a sleeping bird

 At the break of dawn, Shikishi was awake alone and staring at a corner of the room. The spider that she had never seen was weaving its fantastic web. In the only spot of dim light, from the small dark red body, silver thread is extended and drawing a concentric circle regularly and elaborately. Suddenly cried a lesser cuckoo. More loudly than usual, like a triumphal song. The princess shivered, off-balanced and thrusted her right hand into the web. A sharp pain shot through her middle finger.

 Vacantly she looked at her finger, at two drops of ruby blood, and at the spider. There was no fear. She was sorry that she frightened and disturbed that small insect. But soon a more acute pain attacked her. The finger and the back of the right hand became hot like a fire. And yet she felt a shiver run down her spine.
 A court lady, a light sleeper got up, found her mistress’ swollen hand and screamed. A guard cried. From a distance someone’s footsteps are approaching. The court doctor’s? But can that elderly doctor run so fast? While losing consciousness, she heard a quarrel and felt the wrist held. A stranger’s voice.

“ These are a Chinese venomous spider's bites ! I have seen it in this forest several days ago. May it please your honour, this is beyond the control of the court doctor. Leave it to me, please.”


(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)



[PR]

c0345705_21412948.jpg

バレエ「眠りの森の美女」より * 毒グモを思わせるカラボスとオーロラ姫 (NHK)
Sleeping Beauty, Spider-like Carabosse and Princess Aurora


の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることのよわりもぞする

― 式子内親王 小倉百人一首89番、新古今和歌集 恋一1034

If I live longer I cannot bear to hide this secret love. Jeweled thread of life since you must break ― let it be now. waka by Princess Shikisi
One Hundred Poets, One Poem Eachtranslation of McMillan Peter

a0332314_09571915.jpg

葵祭の斎王代(斎王の代理。5月15日)

この歌物語は、後白河法皇の第三皇女で斎王(斎院)をつとめ、忍ぶる恋の歌で知られる式子内親王をめぐるフィクションです。(なお、その他の実在の人物、実際の出来事、古代及び現代の医学的症例や治療法とも無関係です)
参考文献:馬場あき子『式子内親王』 竹西寛子『式子内親王』 白洲正子『花にもの思う春』

This poem-tale is a fiction regarding Princess Shikisi [Shokushi] (1149–1201), the third daughter of Emperor Go-Shirakawa (1127–1192, reigned 1155–1158). She served as a Saiou [Saiin] in her youth and known by her waka. (There is no relation between other characters appearing, realevents, and the ancient or current medical symptoms and treatments to those that really exist.)

「ホトトギス」の画像検索結果
ホトトギス(Lesser cuckoo)(Nikkei Style)
ホトトギスの声 * https://www.youtube.com/watch?v=JyEYApCY-dM 


ホトトギス。漢字表記は「時鳥、田鵑、杜鵑、霍公鳥、不如帰、沓手鳥、杜宇、蜀魂、子規」など数多い。朝/夏/田植えの時期を告げる鳥、あるいは、死出の田長(死出の山を越えて来る鳥)と呼ばれ、生と死の双方を象徴する。その特徴的な鳴き声は、万葉のむかしは「ホトトギス」、いまは「テッペンカケタカ」「トッキョキョカキョク」などと聞きなされる。

Hototogisu Lesser cuckoo. Symbol of both the life (morning, summer, etc.) and death. Its characteristic note is expressed in onomatopoeia “hototogisu” (in the Tempyo period) , “Tokkyokyokakyoku” (since the Meiji period, meaning ”(Tokyo) Patent Bureau”), etc.

a0332314_09350159.jpg
 

 ホットトギス! いまだ暗いしののめの空を引き裂くように、時鳥(ホトトギス)が啼いた。一声、二声、そして三声。次第に声はすぼまり、最後は口ごもるように朝の大気に溶けてゆく。男は立ち止まり、東の方角へ視線を泳がせた。緑深い賀茂の森、そこをねぐらとする鳥たちのなかで、時鳥ほど早く鳴くものはない。老い鴬も、四十雀も、まだ明け方の眠りを貪っている。木末を縁どるように星々が瞬く。

 白樫、槻、小楢、楠 ― さまざまな樹木が並び立つ森の一角に、慎み深く、しかし気高い人の営みの気配がする。神館(こうだて)か…男は目を凝らした。卯月(旧暦四月)の賀茂祭(葵祭)の夜、斎院が泊まるための仮の住まいが、この先にあるはずだ。ふつうならまだ斎院も、それに仕える人々も寝静まっている時刻。しかし今朝は、湿りけを帯びた空気を縫ってかすかにざわめきが伝わってくる。女官らの、時鳥の遠音めいた甲高い声すら混じっているようだ。何かただならぬことが?その時、叫ぶ声がした。「斎院さまが蜘蛛に咬まれあそばした!医師(くすし)」を呼べ!早く!」

この連載は日祝日に更新します。次回は10月8日(日)です。

 Hottotogisu! A hototogisu, lesser cuckoo shrieked as if it had teared the aurora’s sky. Hottotogisu!,……hototogisu……hototgus… his shrieks little by little became muffled to fade out in the morning atmosphere. A man stopped and looked toward the east. In the green forest of Kamo, the lesser cuckoo always gets up and chirps the earliest. The bush warbler and great tit are still sleeping at dawn. The stars are glistening.

 Quercus myrsinifolia, Zelkova serrata, Quercus serrata, Cinnamomum camphoravarious trees in the forest of Kamo hide a quiet and noble human activity. ― Koudate (the temporary residence for the Saiou-princess on the Kamo Festival night) ? It is still so early that everyone should be asleep. But today a murmur is conveyed through the moist air. Several human shrieks seem to be mixed there. Something extraordinary happened ? A CRY. “Saiou-sama was bitten by a spider! Call the doctor! Hurry!! ”

(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_17493033.jpg


ふかぶかと秋になりたる空あひや一枚読みては視線を遠くす 宮英子



 白露に入った金曜日。秋に詠まれた一首の歌を鑑賞したい。
「ふかぶかと」「秋になる」は意表を突く繋がりである。それでも納得してしまうのは、「秋になりたる」空模様、「視線を遠く」へ誘う深い空を、私たちの心が共有しているからだろう。平仮名の「ふかぶか」と、詠嘆の「や」が青の濃さを物語る。では、続く「一枚」とは、何の一枚なのか。本、新聞、それとも木の葉…迷う間、読者は、「読みては視線を遠くす」る時間を共有することになる。
 曖昧さは人の想像力を動かす。とらえどころのない表情を浮かべた肖像画が動き出しそうに見えることがあるが、曖昧な文面もまた、文字の世界のなかに風のような動きを生む。

その後、「一枚」は手紙の一枚であることが明らかになった。便箋数枚におよぶ手紙など、やりとりしなくなって久しい。一枚目から二枚目、二枚目から三枚目へ移るたび、仰ぐ青空。そこに浮かぶのは手紙をくれた大切なひとの面影だろうか。二人が共有する思い出の情景だろうか。そういえば、昔は、レコード盤にA面とB面があって、裏返す間(ま)を味わったものだった…。

 思いは文通をしていた友へと流れてゆく。病院で出会ったとき、私は十代、彼女は二十代だった。互いの退院後も神戸へ旅をし、手紙を交わした。そのころのレターセットがいくつか取ってある。
 時はうつり、友は空へ旅立ち、私は ―
今年、久しぶりの病院のベッドで、友をしのんで少し泣いた。一緒にいて楽しかった時より、離れて寂しい時の方がずいぶん長くなってしまったね。。。忘れないよ。

***
le ciel limpide après la pluie


Deeply   it has become autumn,  the look of the sky  every time I read one leaf   I look away in the distance  (tanka by Miya Hideko, translation of snowdrop)


 “Deeply” and “it has become autumn” do not connect directly. And yet this slight jump persuades the readers because we share the deep sky of Japanese autumn that invites our gaze in the distance. The dash (cutting word “ya” in Japanese) suggests the extraordinary deep blue of the sky. What is “one leaf ” ?A page of a book, a leaf of a newspaper, or a leaf of a tree…? While wondering, the readers share the time to “look away in the distance”.

The ambiguity stimulates our imagination. This ambiguity makes a wind in this tanka like some portraits whose elusiveness leads to the feeling of movement.
 Later I learned that this "leaf" is that of a letter. It is a long time since I quitted writing a letter composed of several leaves. The first leaf, …the second,… and the third…while lifting her eyes, is she gazing at her precious person's image or their precious memory in the blue-sky screen? This tasteful interval reminds me of that while turning a phonograph record from A-side to B-side.
 And I remember one pen pal whom I met in a hospital in my youth. After leaving hospital, we traveled to Kobe and exchanged letters, some of which (unused item) I keep still now.
 Time passed, she passed away, and I ― in this early summer, on a bed in a hospital, remembering her, cried a little. (She had suffered from the joint pain of her collagen disease, far stronger and wider-ranged than mine: probably mental one. I wish I had been able to share it even a little, beyond time and space.) 。。。Je ne t' oublierai jamais, mon amie.


 

c0345705_17501175.jpg
↑ トンボ * dragonfly


空白の便箋入れて心こめて手紙を出そう空の彼方へ

Mettant des papiers à lettres vides et mon cœur fidèle dans une enveloppe, je la jete au-delà des cieux.



c0345705_17505141.jpg

封筒から透けて見える木の葉の便箋

papiers à lettres en forme de feuilles mortes dans une enveloppe transparante



あの子から返事が来たよ泣き笑いしているような朝焼けの空


Une réponse est venue de l’ amie, c’ est le ciel empourpré de l’ aurore comme un sourire entre ses larmes.



c0345705_08520987.jpg

(All Rights Reserved)



[PR]

c0345705_04435510.jpg

礼文島(2014年



ユリシーズ  
ウンベルト・サバ


若いころ俺は

ダルマツィアの岸辺を帆走した

波間から

見え隠れする島々に時おり

鳥が一羽獲物を狙いとまっていた

ぬらつく藻に被われた島々は

エメラルドみたいに綺麗に太陽に耀(かがや)いた

(…)
今日 俺の王国は

あのノー・マンズ・ランド 

港は誰かのために灯をともし 俺は 沖へと

いまだに駆り立てられている

飼いならされていない魂と

人生への痛苦な愛ゆえに

(snowdrop翻訳)



Ulisse
  Umberto Saba


() Oggi il mio regno

è quella terra di nessuno. Il porto

accende ad altri i suoi lumi; me al largo

sospinge ancora il non domato spirito,

e della vita il doloroso amore.


(…)Aujourd'hui mon royaume
est cette terre de personne. Le port
fait briller pour d'autres ses lumières ; moi, vers le large
me pousse encore un esprit indompté
et de la vie le douloureux amour.

la traduction d’ Odette Kaan


c0345705_04583874.jpg

Rebun Island, Hokkaido(2014


海と空のあはひを翔る鳥を見つつ半刻なりとも

吾はノマッド * ノマッド(さすらい人)


(Quand je vois un oiseau volant entre la mer et le ciel, même si demi-heure, je suis nomade.)

 

まだ右手タイピングできない状態なのに、翻訳の仕事が増えてしまって…
しばらくブログをお休みします。
また帰って来ますので、その時はよろしくお願いします。

Although I cannot yet type with the right hand, my workload (translation) has increased. I stay away from my blogues for a while. Salut!


   

ここからは、お時間が許せばどうぞ


 2年前の夏に試訳したイタリアの詩を改訳して、私は、結びの一句から離れられずにいる。「痛苦な愛」とは何か?原詩は il doloroso amore、仏訳は le douloureux amour。
 むかし、フランス文学の恩師がこう言った。douloureux という単語は嫌いだ、長くて重苦しいから。…彼は病がちで、身体の苦痛に敏感な人だった。
 フランス語ではドゥルゥルー、イタリア語ではドロローソ、たしかにどんよりする響きである。手元の『プチ・ロベール』で引いた中身をまとめれば、「肉体的/精神的苦痛を引き起こす(もの)」という意味。痛み、苦しみ、つらさを伴う愛とは何だろう。
 私もまた痛みの諸相を垣間見た。刺痛、疼痛、痺痛、鈍痛、関節痛…。垣間見た、というのは、たいていは薬ですぐに抑えられたからだ。痛みは肉体の異常を知らせるメッセンジャー、役目が終われば不要になる。痛みによる心身への負担は最小限でよい。じっさい、体の痛みが心を傷めてしまうこともある。
 逆もまたしかり。だが、心の痛みは抑えにくい。この詩の「俺」は、おそらくは心に癒しがたい痛みを抱えながら、愛さずにはいられないのだ。人生を、人間を愛し、港を夢見ながら苦しみ、ひとり沖へと駆り立てられる。俺の王国、ノー・マンズ・ランド(無人地帯、荒野)へ。
 飼いならされていない魂が、人への妥協を拒むのか。心を引き裂く愛が、独りの内省を求めるのか。ノー・マンズ・ランド ― 寂しくも誇り高い響き。「孤高」というありふれた言葉が浮かぶ。心の痛みもまた、メッセンジャーなのだ。各人の心の在り方を模索する、迷える使者。つきまとう使者。かけがえのない使者。愛おしい使者。
 タイトルは「ユリシーズ」、海をさすらったギリシアの英雄オデュッセウスを意味する。オデュッセウスはふるさとの家族のもとへ帰っていった。手負いの獣めく「俺」の心は、そんな英雄に憧れているのだろうか。心の痛みが体を傷め、老いさせてしまう前に、魂のふるさとを見つけてほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=rkermyl_JKw

 After having translated again the Italian poem that I once translated two years ago, I am hauted by the last phrase ”il doloroso amore” i.e., “le douloureux amour”.
 My former teacher had said, “ I hate the word douloureux, because it is too long and heavy” . He had to undergo artificial dialysis from youth and was sensitive to the physical pain.
 According to Petit Robert, this adjective means “Qui cause une douleur (physiquemorale)”. What is the love that cause the pain?
 
Although I have experienced various pains (pricking; aching; tingling; dull; joint, etc.) in the hospital and at home, my medicines often have removed them quickly. The pain is a messenger of a physical trouble and he should exit after his turn. Sometimes the physical pain undermines the mental health.
 And sometimes the anxiety causes the physical pain. But it is difficult to remove the mental pain. The hero in this poem suffers from an uncurable pain and yet he cannot but love the life. While loving the life, the people, and even the port, he is alone driven offshore to his realm, no man’s land (a desert or the deserted sea).
 
Does his untamed soul reject the compromise with others? Does the love that tears his heart require the meditation in the silence ? No man’s land, whose sound is solitary and proud. The mental pain also is a messenger, a stray messenger; a haunting messenger; a precious messenger; a beloved messenger who gropes to your own standpoint.
 UlisseOdysseus)finally returned home where his family had been waiting for him. Where will the hero of this poem drift ashore? Does his soul like a wounded beast adore Ulisse? I wish he will find his spiritual home, before his mental pain weakens his body and makes him old.

 
Bonus

Michelangelo' s unfinished Pieta (Milan, 1999) ― Stabat mater dolorosa

c0345705_13453853.jpg

(All Rights Reserved)






[PR]


c0345705_13395002.jpg
シャクヤク(写真はすべて5月撮影)*pivoine (toutes les photos en mai)


風薫る皐月の甘き涼しさをクリィムにして手指に塗らむ


La fraîcheur douce du moi de mai, j’ en fais de la crème et me mets sur mes doigts.




五月の風をゼリーにして持ってきてください…そう言ったのは立原道造という詩人。五月の花、芍薬をクリームにして…と頼みたいなら、クレープリー・アルションへどうぞ。別のものを注文した友達とシェアして、一つずつ頬ばれば、甘さは二倍に♡♡

C' est un porète TACHIHARA Michizo qui demanda de faire du vent du moi de mai une gelée et l' apporter. Si vous voulez demander de faire une pivoine de la crème, allez à la Creperie Alcyon, s.v.p. Quand je l' ai partagée avec une de mes amies, la douceur a été doublé ♡♡



c0345705_13391856.jpg



wikipediaによると、クレーム・シャンティはお砂糖入りのホイップクリーム。その名の由来は…

「クレーム・シャンティを発明したとして(…)証拠もなく言及される人物であるフランソワ・ヴァテールは、17世紀半ばにシャンティイ城メートル・ドテルを務めていた。しかし、シャンティ(シャンティイ)の名をホイップクリームに結びつけた表現が初出するのは18世紀半ばのこと。」(wiki)

”Les noms « crème chantilly », « crème de Chantilly », « crème à la chantilly », « crème fouettée à la chantilly », ou bien simplement « la chantilly » apparaissent au début du XIXe siècle. La première édition (1806) du Cuisinier impérial de Viard ne mentionne ni la crème fouettée ni la crème chantilly mais l'édition de 1820 les mentionne toutes les deux. Mais ce n'est qu'au milieu du XXe siècle que ces noms deviennent communs.” (wiki)




映画「宮廷料理人ヴァテール」





c0345705_15425447.jpg

シャンティ城に伝わる「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」より(5月)
Les Très Riches Heures du duc de Berry



お城とまではゆきませんが、アルションはフランスの正統派クレープリー。フランス語翻訳者にして通訳ガイドの年上の女性に、むかし教えてもらった、隠れ家ふうのお店です。こちらは難波店。

Cette crêperie est comme une ermitage, où on sert la crêpe authentique. Une traductrice et guide-interprète japonaise m’ a invité ici il y a vingt ans.



c0345705_13405105.jpg
c0345705_13410522.jpg
c0345705_13400994.jpg

ロゼのシードル(りんご酒)とガレット(そば粉のクレ-プ)*cidre rosée

(2017年5月*en mai)



梅田店はこちらの記事の後半に。



(All Rights Reserved)





[PR]

旧友から届いた、晴れた日の紫陽花のお歌で、今年の歌合(うたあわせ)を…明日からは雨ですから。

Here is the uta match with my old friend on the hydrangea in a sunny day because it will be rainy from tomorrow.



c0345705_05412542.jpg
2015年撮影



から梅雨の真昼の空の青あつめ紫陽花しんとわが庭に咲く ― 黒ネコ


Gathering the blue of the midday sky in the dry rainy season, the hydrangeas are silently in bloom in my garden Chat Noir, translation of snowdrop



イタリアの天の(アズーロ)のひとひらが やまとで咲きぬ紫陽花いろに ― snowdrop

A piece of the azure sky in Italia has bloomed in Japan in hydrangeas' colours. ― snowdrop




c0345705_11582514.jpg


2015年撮影

(All Rights Reserved)







[PR]
c0345705_13565469.jpg
Padova, Italia(1999)


 日本の蛙の詩人、草野心平はイタリアの蛙の詩も書いている。生物学者ガルヴァーニによる生物電流実験(生きた蛙は使われなかったようだが…)から着想したらしい。
 外国の詩を元の音で読みたくて、いくつかの外国語をかじってきたsnowdrop。しかし、この詩だけは、イタリア語で聞いてみたいと思う。そうだ、いっそ自分で訳してしまおう。
 
The poet of frogs in Japan ” KUSANO Shinpei(1903-88), wrote a poem on a frog in Italia also. Luigi Galvani
1737-98inspired him. (In fact, the biologist used a dead frog.) Snowdrop loves to read the poem in the original, but she prefers to hear this one in Italian, even in her own unskillful translation…


c0345705_16412183.jpg
(Osaka, 2015)


ケロッケ自伝 草野心平

ボロニア郊外の。
睡蓮の池に私は生まれた。
かいつぶりが逆立ちになって空をけるのを。
私はこわいものみたさに眺めていた。
私の名前はケロッケといふが。
これは私が自分でつけた名前である。
或る日私は網にかかった。
そのまま私は大学へ行った。
カルヴァニの実験室である。
多分学生かなんかだろう。
船唄を鼻でうたひながらとほっていった。
一七八〇年のその日の午後。
私の腹にメスが入った。
世界にはじめて電流の念が生まれたのである。
私は死んだ。
私はいまどこにもゐない。
イタリアの天は美しかった。



c0345705_05573423.jpg
(Roma, 1999)


Autobiografia di Kerokke   KUSANO Shinpei 
traduzione di snowdrop

Io nacqui in un stagno di ninfee

Nei sobborghi di Borogna.

Guardavo un tuffetto fare la verticale sull' acqua e calciare l’ aria

Nonostante la paura, per curiosità.

Mi chiamo Kerokke,

Il nome dato di persona.

Un giorno fui caduto in un retino.

Fui portato all’ università,

Al laboratorio di Galvani.

Forse un student…

Passavo canticchiando una barcarola.

Nel pormeriggio del giorno nell' anno 1780

Un bisturi entrò nella mia pancia.

Nacque l’ idea dell' elettricità biologica per la prima volta della Terra.

Sono morto.

Non ci sono più in nessun posto.

Era bello il cielo d’ Italia!



c0345705_15092631.jpg
イタリア・ルネサンスの画家ジォットの描いた星空
Cappella degli Scrovegni, Padova (Giotto calendar 2000)


草野心平は宮澤賢治のもっとも良き理解者だった。心平のエッセイには『宮澤賢治覚書』が、
賢治の童話には『蛙のゴム靴』がある。

KUSANO Shinpei understood best MIYAZAWA Kenji during the latter's lifetime also.


a0332314_20300918.jpg
蛙のかたちの夕雲 * frog-shaped clouds(Nara, 2015)



夕空にあかね蛙の連れだちて星のともしび点くときを待つ


Dans le ciel deux rainettes roses attendent le temps d’ allumer des réverbères d’ étoiles.



c0345705_14015919.jpg

「逆立ちになって空をける」水鳥(鴨川デルタ、2015年)

… fare la verticale sull' acqua e calciare l’ aria(Kamo River Delta, Kyoto)

(5月下旬記*written in May




(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_17201722.jpg


雨の多い春でした…平安の昔ではありません。平成最後の春、私の住む街の公園にリラが植えられた春のことです。おや、こんなところにリラが…雨上がりの朝、その冷え冷えと芳しい香りをかいだ瞬間、思い出したのです。清子さん、貴女のことを…


C’ a été un printemps pluvieux. Pas de celui de l' époque de Heian, mais de Heisei, 2017, quand des lilas sont planté dans un jardin de mon ville. Tiens! Des lilas ici aussi! Un matin après la pluie, leur parfum frais m’ a rappelé vous, Seiko


c0345705_17223740.jpg



貴女は覚えていますか。私の最後の手紙を。

「…忘れやしない、忘れるものか、煙にむせぶようにむせび泣きながら君を想っている…」(実方)

けれども、貴女の返事はつれなかった。

「…心をいぶす煙は 変わらず消えることはない、ですって。何がそうさせるのでしょうね…(子)


Vous souvenez-vous de ma dernière lettre?

Je ne t’ oublirai jamais, ne t’ oublirai jamais, je te penserai en étant suffoqué par mes larmes comme par la fumée.”(Sanekata)

Et votre réponse froide

Tu dis que ta fumée est constante et inextinguible? Qu’ est ce qui fait comme ça?”(Seiko)



c0345705_17270664.jpg



後になって、こんな歌をやりとりした平安人のことを知りました。


忘れずよまた忘れずよ瓦屋の下たくけぶり下むせびつつ 藤原実方

葦の屋の下たく煙つれなくて絶えざりけるも何によりてぞ少納言


J’ ai connu au jour plus tard deux poètes de l' époque de Heian, Fujiwara-no-Sanekata et Sei Shonagon qui échangèrent des waka comme nos lettres.



c0345705_17355982.jpg


けぶるように咲くリラ
* Lilas comme la fumée (2004)



あるいは私たちは二人の歌人の生まれ変わり?平安と平成の世に、同じ恋の末路を辿ったのでしょうか?もしかして「忘れずよ」のリフレインが横すべりしてしまったのでしょうか。あの時、私たちは元カレと元カノ、久々の再会でしたが…あの、渾身のリフレインが空々しく響いてしまったのでしょうか。


Est-ce que nous somme réincarnations de ces deux poètes? L’ amour de Heian a répété à notre époque? Le refrain
ne t’ oublirai jamais”, il n' a marché pas cette-fois-ci aussi? Nous étions alors ex-amoureux comme Sanetaka et Sei Shonagon



c0345705_17242031.jpg



思い出します。貴女のそっけない手紙からほのかに立ちのぼった、リラの香り。貴女はいつもリラの香水をつけていた。― ひょっとして、あの短い手紙は、長い長い時間をかけて書かれたのではないですか。うすむらさきの紙がところどころ波打っていたのは、涙のあとだったのではないですか。


Je me souviensde la fragrance subtile des lilas de votre lettre. Vous mettiez toujours du parfum des lilas. ― Tiens, tu as écrit cette lettre courte pendant de longues heures? Le papier mauve ondoyait cà et là, c’ a été des signes de tes larmes?



c0345705_04123545.jpg



この手紙は、リラの見えるベンチで書きました。むらさきのインクがにじんでいたら、それは下枝(しづえ)から落ちた雨のしずくです。もし心が動かされたなら、久しぶりに私の家へいらっしゃい。君の好きな北原白秋にならって、カステラを出しますから。


J’ai écrit cette lettre sur un banc où je vois les lilas. Si l’ encre violet bave sur le papier, c’ est à cause des gouttes d' eau des feuilles des arbres. Si cette lettre te touche, tu viendrais chez moi après une longue absenceJe te servirais une castella au mois de paulownia, d’ après KITAHARA Hakushu que tu aimes.




c0345705_09073522.jpg

天平時代の撥鏤(ばちる)の意匠の珠(右)



「短歌は一箇の小さい緑の古宝玉である。(…)その小さい緑の古宝玉はよく香料のうつり香の新しい汗のにじんだ私の掌にも載り、ウイスキイや黄色いカステラの付いた指のさきにも触れる。而して時と処と私の気分の相違により、ある時は桐の花の淡い匂を反射し、また草わかばの淡緑にも映り、或いはあるかなきかの刺のあとから赤い血の一滴をすら点ぜられる。(…)」(北原白秋「桐の花」)


“ Le tanka est une petite perle verte ancienne () , que touche mon doigt taché des poudres d’ une castella jaune, qui réfléchit le parfum subtil de paulownia, qui s’ harmonize avec la verte jeune de herbes () ” ― Fleur de Paulownia, KITAHARA Hakushu



c0345705_08595642.jpg

桐の花paulownia, Nara, 2016

「paulownia seabold」の画像検索結果
シーボルトによる桐の花(wiki)

(All Rights Reserved)







[PR]

c0345705_19550726.jpg
桜重ねの袖のような和菓子「春爛漫」*spring in full swing, full bloom
空に浮かぶ蜘蛛の糸を表した和菓子「糸遊」* shimmering of hot air

c0345705_10310048.jpg
桜重ね(紅に白を重ねると桜色に…)『源氏物語の色』平凡社



 雨の多い春でしたこと…平成二十九年?いいえ、平安のむかし、宮廷きっての風流才子、藤原実方さまがこんな歌を詠んだ春です。

桜がり雨はふりきぬおなじくは濡るとも花のかげにやどらむ

桜重ねや山吹重ねに装った殿上人らが桜狩りをしていたあの日。糸遊がふわふわ浮かぶ空が、にわかに薄墨いろを帯びたと思ったら、ぱらぱらと雨の音がして…狩衣の肩や背に雨しずくが花弁のような染みを作ったと思う間もなく、ざあっと降りかかる雨。たちまち、しとどに濡れた殿方らは、大慌てで物陰へ逃げこみます。ところが、桜木の下にぽつんと一つ、動かない人影が…。
桜狩りに雨が降って来た、同じ濡れるなら花の陰で雨宿りしよう」― 実方の君でした。

この話を聞いた時、思ったんです。まあ、風流な!でも、馬鹿にすかしちゃって…


a0332314_10093350.jpg
桜と山吹*cherry blossom and Japanese rosea


 It was a rainy spring
not in 2017, but in 990s, when FUJIWARA-no-Sanekata sang 🌸
When we were enjoying cherry-viewing excursion, it has begun to rain. If I get wet anyhow, I would rather take shelter from the rain under flowers.

While the courtiers in cherry-blossom-pink or in Japanese-rosea-yellow were viewing cherry blossoms, the shimmering of hot air vanished, the sky became gray and the the sound of falling rain reached their ears. Just when the raindrops fell on their garments like petals, it started to pour and they got drenched. All of them hurried to take shelter save one, who stood still under a cherry tree and sang 🌸. When I heard this episode, I was deeply moved and at the same time slightly embarrassed, “Refined, but…too affected? ”


c0345705_10242774.jpg



 私と同じように感じた方もいらしたのですね。後日、藤原行成さまが「歌はおもしろし、実方は痴(おこ)なり」と批判なさったのです。カッとなった実方さま、口論のあげく、行成さまの烏帽子をパシッと叩き落してしまいました。まあ、大変!烏帽子なしで素頭を露呈するのは、当時、人前で裸になるくらい恥ずかしいことでした。けれども行成さまは動ぜず、烏帽子を随身に拾わせ、ゆっくり身づくろいなさって立ち去ったのです。

この様子をご覧になっていた帝は、実方さまを東北へ左遷しました。「歌枕見てまいれ」と仰せになって…婉曲なお言葉にくるまれた処罰?それとも、ひょっとして、粋な計らい?


 A master calligrapher later criticized him, “While that waka is interesting, Sanekata himself is silly.” The poet got angry, quarreled, and finally knocked the calligrapher’s headgear. Great Heavens! It used to be shameful to disclose one’s head like being naked in public. But the calligrapher unblinkingly made an attendant pick up the headgear, tidied himself and left calmly.

 The emperor happened to see this scene and demoted the poet to Michinoku, far east from Kyoto, “Go to see the places with poetical associations” an euphemism? Or a special grace?

c0345705_20350081.jpg

みちのくへ旅立たれた実方の君。案外、『伊勢物語』の業平卿の東下りにご自分をなぞらえ、高揚しておられたかもしれません。でも、実方さまが都で返り咲く日は来ませんでした。奥州の道祖神の前で下馬しなかったため、神の怒りに触れて亡くなったのです。

それからおよそ200年…平安末期の風流法師、西行がみちのくの旅へ出ました。彼は実方さまの墓の前で、こんな歌を詠みました。
朽もせぬ其名ばかりをとゞめをきてかれのゝ薄かたみにぞみる

 魂ゆさぶられた実方さまは、老人に姿を変え、西行法師の前に現れます。

In 995, Sanekata traveled east like ARIWARA-no-Narihira, Japanese Don Juan, a great poet in the 9th century. Did he compare himself to Narihira and get excited? But he was destined to die there.

 Around 190 years later, in 1186, a great poet and monk, Saigyo traveled east like Sanekata and Narihira. He sang🍂 in front of Saneatas grave.
It is only the name of the poet that is immortal, and silver grasses in this desolate field are the memento from him.
 This song moved Sanetaka so deeply that he changed into an old and appeared before Saigyo.


a0332314_09310480.jpg

大槻能楽堂パンフレットより。当日は朝倉尉(老人)の面でした。

 これが「実方」というお能の始まり…この演目が1993年に復曲初演されたときは嬉しくって! (*‘∀‘) 今日もはるばる彼岸から観に参りました。

 なぜって、私、実方さまの生き方が他人事と思えないんです。美しいものが大好きで、風流を生きるひと…たとえ「痴(おこ)」と眉をひそめる者がいても、己の美意識を実践せずにはいられない、正直なひと。


This is how Noh Sanekata begins. How about seeing this Noh with me? I have come to see it far from the Heavens
……because I feel as if Sanekata’ s way of life were mine. A person who loved the beautiful things and lived his own aesthetic sense. A straight arrow.


a0332314_21433095.jpg

「雪月花」より「雪」(部分)『上村松園』集英社*Snow by UEMURA Shoen(detail)



私だって、中宮さまの前で「香炉峰の雪」を実際に「簾をかかげて見」たら、あざとい、高慢だ、と陰口を叩かれもしました(『枕草子』第299段)。でも……風流を生きて何が悪いというのッ !! この、定めなき濁世の只中で !!! …あら、つい、ごめんあそばせ。

I also was praised and at the same time criticized as “haughty” when I lifted the sudare-blind to see the snow after Bai Juyi, a Chinese poet (The Pillow Book 299). But……what’s wrong with me practicing my own ideal in this uncertain and corrupt world!!!!!pardon.


「西行」の画像検索結果
西行物語絵巻(部分)*Saigyo(google search)
 

 西行法師だって、風流な歌そのままに生きて、望み通りに死にました ― 望月に照らされた桜の下で。そんな彼だから、しみじみ歌ったのです。「
不朽の名ばかりが残る歌びとよ、枯野の薄をその形見と見よう」と…。そのとき、西行69歳。

薄といえば、私、こう綴ったことがあります。 ― 薄は、秋の野でもっとも趣深い「花」。色とりどりの花が散ったあとも、昔を思い出すような顔をして、白い頭を風になびかせて佇んでいる…まるで人間みたいに。(『枕草子』第67段)

Saigyo also lived the world of his own waka and died at the age of 73 in the way he had wished “I wish to die under cherry blossoms in the spring, around the day of full moon in February”. And when he sang🍂 that waka on silver grasses, he was 69.

Speaking of the silver grass, I wrote in my essay as follows. ”The silver grass is the most tasteful “flower” in the autumn field. Even after falling of other flowers, it stands still with his white hairs fluttering in the wind, as if it were a man who brings back the past.


c0345705_13470688.jpg
武蔵野図屏風(サントリー美術館)薄の原より昇る月
Folding Screen with Design of Musashino Plain (17c.) (Santory Museum of Arts)



すすきを幕に、月をシテに見立てsnowdropの詠める一首


すすき野の幕はひらきて白銀(しろかね)虚空


(The curtain of the silver grass has opened, and the silver moon crosses the bridge in the firmament.)



c0345705_11544481.jpg

五色の揚幕と橋掛かり*Five-coloured curtain and Bridge passageway



清少納言と一緒に能「実方」をご覧になりたい方は、こちらへどうぞ。

http://ramages3.exblog.jp/23850160/ (ももさへづり*やまと編)
この一連の記事は、大槻能楽堂における能「実方」上演に先立つ馬場あき子先生のお話をもとに、『枕草子』も交えて空想をふくらませたものです。

This series is based on a small lecture by BABA Akiko before Noh and The Pillow Book by Sei Shonagon.



c0345705_05201255.png

東山魁夷宵桜」『東山魁夷展』

願はくは花の下にて春死なんそのきさらぎ望月ころ 西行


花に戯れ月にめで雪を廻らす舞の袖  ― 能「実方」詞章より


c0345705_22064847.jpg
平安貴族の衣のような桜、御衣黄(ぎょいこう)(2016年)

(All Rights Reserved)



[PR]