タグ:Poème(短歌/俳句) ( 158 ) タグの人気記事


c0345705_17493033.jpg


ふかぶかと秋になりたる空あひや一枚読みては視線を遠くす 宮英子



 白露に入った金曜日。秋に詠まれた一首の歌を鑑賞したい。
「ふかぶかと」「秋になる」は意表を突く繋がりである。それでも納得してしまうのは、「秋になりたる」空模様、「視線を遠く」へ誘う深い空を、私たちの心が共有しているからだろう。平仮名の「ふかぶか」と、詠嘆の「や」が青の濃さを物語る。では、続く「一枚」とは、何の一枚なのか。本、新聞、それとも木の葉…迷う間、読者は、「読みては視線を遠くす」る時間を共有することになる。
 曖昧さは人の想像力を動かす。とらえどころのない表情を浮かべた肖像画が動き出しそうに見えることがあるが、曖昧な文面もまた、文字の世界のなかに風のような動きを生む。

その後、「一枚」は手紙の一枚であることが明らかになった。便箋数枚におよぶ手紙など、やりとりしなくなって久しい。一枚目から二枚目、二枚目から三枚目へ移るたび、仰ぐ青空。そこに浮かぶのは手紙をくれた大切なひとの面影だろうか。二人が共有する思い出の情景だろうか。そういえば、昔は、レコード盤にA面とB面があって、裏返す間(ま)を味わったものだった…。

 思いは文通をしていた友へと流れてゆく。病院で出会ったとき、私は十代、彼女は二十代だった。互いの退院後も神戸へ旅をし、手紙を交わした。そのころのレターセットがいくつか取ってある。
 時はうつり、友は空へ旅立ち、私は ―
今年、久しぶりの病院のベッドで、友をしのんで少し泣いた。一緒にいて楽しかった時より、離れて寂しい時の方がずいぶん長くなってしまったね。。。忘れないよ。

***
le ciel limpide après la pluie


Deeply   it has become autumn,  the look of the sky  every time I read one leaf   I look away in the distance  (tanka by Miya Hideko, translation of snowdrop)


 “Deeply” and “it has become autumn” do not connect directly. And yet this slight jump persuades the readers because we share the deep sky of Japanese autumn that invites our gaze in the distance. The dash (cutting word “ya” in Japanese) suggests the extraordinary deep blue of the sky. What is “one leaf ” ?A page of a book, a leaf of a newspaper, or a leaf of a tree…? While wondering, the readers share the time to “look away in the distance”.

The ambiguity stimulates our imagination. This ambiguity makes a wind in this tanka like some portraits whose elusiveness leads to the feeling of movement.
 Later I learned that this "leaf" is that of a letter. It is a long time since I quitted writing a letter composed of several leaves. The first leaf, …the second,… and the third…while lifting her eyes, is she gazing at her precious person's image or their precious memory in the blue-sky screen? This tasteful interval reminds me of that while turning a phonograph record from A-side to B-side.
 And I remember one pen pal whom I met in a hospital in my youth. After leaving hospital, we traveled to Kobe and exchanged letters, some of which (unused item) I keep still now.
 Time passed, she passed away, and I ― in this early summer, on a bed in a hospital, remembering her, cried a little. (She had suffered from the joint pain of her collagen disease, far stronger and wider-ranged than mine: probably mental one. I wish I had been able to share it even a little, beyond time and space.) 。。。Je ne t' oublierai jamais, mon amie.


 

c0345705_17501175.jpg
↑ トンボ * dragonfly


空白の便箋入れて心こめて手紙を出そう空の彼方へ

Mettant des papiers à lettres vides et mon cœur fidèle dans une enveloppe, je la jete au-delà des cieux.



c0345705_17505141.jpg

封筒から透けて見える木の葉の便箋

papiers à lettres en forme de feuilles mortes dans une enveloppe transparante



あの子から返事が来たよ泣き笑いしているような朝焼けの空


Une réponse est venue de l’ amie, c’ est le ciel empourpré de l’ aurore comme un sourire entre ses larmes.



c0345705_08520987.jpg

(All Rights Reserved)



[PR]

c0345705_04435510.jpg

礼文島(2014年



ユリシーズ  
ウンベルト・サバ


若いころ俺は

ダルマツィアの岸辺を帆走した

波間から

見え隠れする島々に時おり

鳥が一羽獲物を狙いとまっていた

ぬらつく藻に被われた島々は

エメラルドみたいに綺麗に太陽に耀(かがや)いた

(…)
今日 俺の王国は

あのノー・マンズ・ランド 

港は誰かのために灯をともし 俺は 沖へと

いまだに駆り立てられている

飼いならされていない魂と

人生への痛苦な愛ゆえに

(snowdrop翻訳)



Ulisse
  Umberto Saba


() Oggi il mio regno

è quella terra di nessuno. Il porto

accende ad altri i suoi lumi; me al largo

sospinge ancora il non domato spirito,

e della vita il doloroso amore.


(…)Aujourd'hui mon royaume
est cette terre de personne. Le port
fait briller pour d'autres ses lumières ; moi, vers le large
me pousse encore un esprit indompté
et de la vie le douloureux amour.

la traduction d’ Odette Kaan


c0345705_04583874.jpg

Rebun Island, Hokkaido(2014


海と空のあはひを翔る鳥を見つつ半刻なりとも

吾はノマッド * ノマッド(さすらい人)


(Quand je vois un oiseau volant entre la mer et le ciel, même si demi-heure, je suis nomade.)

 

まだ右手タイピングできない状態なのに、翻訳の仕事が増えてしまって…
しばらくブログをお休みします。
また帰って来ますので、その時はよろしくお願いします。

Although I cannot yet type with the right hand, my workload (translation) has increased. I stay away from my blogues for a while. Salut!


   

ここからは、お時間が許せばどうぞ


 2年前の夏に試訳したイタリアの詩を改訳して、私は、結びの一句から離れられずにいる。「痛苦な愛」とは何か?原詩は il doloroso amore、仏訳は le douloureux amour。
 むかし、フランス文学の恩師がこう言った。douloureux という単語は嫌いだ、長くて重苦しいから。…彼は病がちで、身体の苦痛に敏感な人だった。
 フランス語ではドゥルゥルー、イタリア語ではドロローソ、たしかにどんよりする響きである。手元の『プチ・ロベール』で引いた中身をまとめれば、「肉体的/精神的苦痛を引き起こす(もの)」という意味。痛み、苦しみ、つらさを伴う愛とは何だろう。
 私もまた痛みの諸相を垣間見た。刺痛、疼痛、痺痛、鈍痛、関節痛…。垣間見た、というのは、たいていは薬ですぐに抑えられたからだ。痛みは肉体の異常を知らせるメッセンジャー、役目が終われば不要になる。痛みによる心身への負担は最小限でよい。じっさい、体の痛みが心を傷めてしまうこともある。
 逆もまたしかり。だが、心の痛みは抑えにくい。この詩の「俺」は、おそらくは心に癒しがたい痛みを抱えながら、愛さずにはいられないのだ。人生を、人間を愛し、港を夢見ながら苦しみ、ひとり沖へと駆り立てられる。俺の王国、ノー・マンズ・ランド(無人地帯、荒野)へ。
 飼いならされていない魂が、人への妥協を拒むのか。心を引き裂く愛が、独りの内省を求めるのか。ノー・マンズ・ランド ― 寂しくも誇り高い響き。「孤高」というありふれた言葉が浮かぶ。心の痛みもまた、メッセンジャーなのだ。各人の心の在り方を模索する、迷える使者。つきまとう使者。かけがえのない使者。愛おしい使者。
 タイトルは「ユリシーズ」、海をさすらったギリシアの英雄オデュッセウスを意味する。オデュッセウスはふるさとの家族のもとへ帰っていった。手負いの獣めく「俺」の心は、そんな英雄に憧れているのだろうか。心の痛みが体を傷め、老いさせてしまう前に、魂のふるさとを見つけてほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=rkermyl_JKw

 After having translated again the Italian poem that I once translated two years ago, I am hauted by the last phrase ”il doloroso amore” i.e., “le douloureux amour”.
 My former teacher had said, “ I hate the word douloureux, because it is too long and heavy” . He had to undergo artificial dialysis from youth and was sensitive to the physical pain.
 According to Petit Robert, this adjective means “Qui cause une douleur (physiquemorale)”. What is the love that cause the pain?
 
Although I have experienced various pains (pricking; aching; tingling; dull; joint, etc.) in the hospital and at home, my medicines often have removed them quickly. The pain is a messenger of a physical trouble and he should exit after his turn. Sometimes the physical pain undermines the mental health.
 And sometimes the anxiety causes the physical pain. But it is difficult to remove the mental pain. The hero in this poem suffers from an uncurable pain and yet he cannot but love the life. While loving the life, the people, and even the port, he is alone driven offshore to his realm, no man’s land (a desert or the deserted sea).
 
Does his untamed soul reject the compromise with others? Does the love that tears his heart require the meditation in the silence ? No man’s land, whose sound is solitary and proud. The mental pain also is a messenger, a stray messenger; a haunting messenger; a precious messenger; a beloved messenger who gropes to your own standpoint.
 UlisseOdysseus)finally returned home where his family had been waiting for him. Where will the hero of this poem drift ashore? Does his soul like a wounded beast adore Ulisse? I wish he will find his spiritual home, before his mental pain weakens his body and makes him old.

 
Bonus

Michelangelo' s unfinished Pieta (Milan, 1999) ― Stabat mater dolorosa

c0345705_13453853.jpg

(All Rights Reserved)






[PR]


c0345705_13395002.jpg
シャクヤク(写真はすべて5月撮影)*pivoine (toutes les photos en mai)


風薫る皐月の甘き涼しさをクリィムにして手指に塗らむ


La fraîcheur douce du moi de mai, j’ en fais de la crème et me mets sur mes doigts.




五月の風をゼリーにして持ってきてください…そう言ったのは立原道造という詩人。五月の花、芍薬をクリームにして…と頼みたいなら、クレープリー・アルションへどうぞ。別のものを注文した友達とシェアして、一つずつ頬ばれば、甘さは二倍に♡♡

C' est un porète TACHIHARA Michizo qui demanda de faire du vent du moi de mai une gelée et l' apporter. Si vous voulez demander de faire une pivoine de la crème, allez à la Creperie Alcyon, s.v.p. Quand je l' ai partagée avec une de mes amies, la douceur a été doublé ♡♡



c0345705_13391856.jpg



wikipediaによると、クレーム・シャンティはお砂糖入りのホイップクリーム。その名の由来は…

「クレーム・シャンティを発明したとして(…)証拠もなく言及される人物であるフランソワ・ヴァテールは、17世紀半ばにシャンティイ城メートル・ドテルを務めていた。しかし、シャンティ(シャンティイ)の名をホイップクリームに結びつけた表現が初出するのは18世紀半ばのこと。」(wiki)

”Les noms « crème chantilly », « crème de Chantilly », « crème à la chantilly », « crème fouettée à la chantilly », ou bien simplement « la chantilly » apparaissent au début du XIXe siècle. La première édition (1806) du Cuisinier impérial de Viard ne mentionne ni la crème fouettée ni la crème chantilly mais l'édition de 1820 les mentionne toutes les deux. Mais ce n'est qu'au milieu du XXe siècle que ces noms deviennent communs.” (wiki)




映画「宮廷料理人ヴァテール」





c0345705_15425447.jpg

シャンティ城に伝わる「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」より(5月)
Les Très Riches Heures du duc de Berry



お城とまではゆきませんが、アルションはフランスの正統派クレープリー。フランス語翻訳者にして通訳ガイドの年上の女性に、むかし教えてもらった、隠れ家ふうのお店です。こちらは難波店。

Cette crêperie est comme une ermitage, où on sert la crêpe authentique. Une traductrice et guide-interprète japonaise m’ a invité ici il y a vingt ans.



c0345705_13405105.jpg
c0345705_13410522.jpg
c0345705_13400994.jpg

ロゼのシードル(りんご酒)とガレット(そば粉のクレ-プ)*cidre rosée

(2017年5月*en mai)



梅田店はこちらの記事の後半に。



(All Rights Reserved)





[PR]

旧友から届いた、晴れた日の紫陽花のお歌で、今年の歌合(うたあわせ)を…明日からは雨ですから。

Here is the uta match with my old friend on the hydrangea in a sunny day because it will be rainy from tomorrow.



c0345705_05412542.jpg
2015年撮影



から梅雨の真昼の空の青あつめ紫陽花しんとわが庭に咲く ― 黒ネコ


Gathering the blue of the midday sky in the dry rainy season, the hydrangeas are silently in bloom in my garden Chat Noir, translation of snowdrop



イタリアの天の(アズーロ)のひとひらが やまとで咲きぬ紫陽花いろに ― snowdrop

A piece of the azure sky in Italia has bloomed in Japan in hydrangeas' colours. ― snowdrop




c0345705_11582514.jpg


2015年撮影

(All Rights Reserved)







[PR]
c0345705_13565469.jpg
Padova, Italia(1999)


 日本の蛙の詩人、草野心平はイタリアの蛙の詩も書いている。生物学者ガルヴァーニによる生物電流実験(生きた蛙は使われなかったようだが…)から着想したらしい。
 外国の詩を元の音で読みたくて、いくつかの外国語をかじってきたsnowdrop。しかし、この詩だけは、イタリア語で聞いてみたいと思う。そうだ、いっそ自分で訳してしまおう。
 
The poet of frogs in Japan ” KUSANO Shinpei(1903-88), wrote a poem on a frog in Italia also. Luigi Galvani
1737-98inspired him. (In fact, the biologist used a dead frog.) Snowdrop loves to read the poem in the original, but she prefers to hear this one in Italian, even in her own unskillful translation…


c0345705_16412183.jpg
(Osaka, 2015)


ケロッケ自伝 草野心平

ボロニア郊外の。
睡蓮の池に私は生まれた。
かいつぶりが逆立ちになって空をけるのを。
私はこわいものみたさに眺めていた。
私の名前はケロッケといふが。
これは私が自分でつけた名前である。
或る日私は網にかかった。
そのまま私は大学へ行った。
カルヴァニの実験室である。
多分学生かなんかだろう。
船唄を鼻でうたひながらとほっていった。
一七八〇年のその日の午後。
私の腹にメスが入った。
世界にはじめて電流の念が生まれたのである。
私は死んだ。
私はいまどこにもゐない。
イタリアの天は美しかった。



c0345705_05573423.jpg
(Roma, 1999)


Autobiografia di Kerokke   KUSANO Shinpei 
traduzione di snowdrop

Io nacqui in un stagno di ninfee

Nei sobborghi di Borogna.

Guardavo un tuffetto fare la verticale sull' acqua e calciare l’ aria

Nonostante la paura, per curiosità.

Mi chiamo Kerokke,

Il nome dato di persona.

Un giorno fui caduto in un retino.

Fui portato all’ università,

Al laboratorio di Galvani.

Forse un student…

Passavo canticchiando una barcarola.

Nel pormeriggio del giorno nell' anno 1780

Un bisturi entrò nella mia pancia.

Nacque l’ idea dell' elettricità biologica per la prima volta della Terra.

Sono morto.

Non ci sono più in nessun posto.

Era bello il cielo d’ Italia!



c0345705_15092631.jpg
イタリア・ルネサンスの画家ジォットの描いた星空
Cappella degli Scrovegni, Padova (Giotto calendar 2000)


草野心平は宮澤賢治のもっとも良き理解者だった。心平のエッセイには『宮澤賢治覚書』が、
賢治の童話には『蛙のゴム靴』がある。

KUSANO Shinpei understood best MIYAZAWA Kenji during the latter's lifetime also.


a0332314_20300918.jpg
蛙のかたちの夕雲 * frog-shaped clouds(Nara, 2015)



夕空にあかね蛙の連れだちて星のともしび点くときを待つ


Dans le ciel deux rainettes roses attendent le temps d’ allumer des réverbères d’ étoiles.



c0345705_14015919.jpg

「逆立ちになって空をける」水鳥(鴨川デルタ、2015年)

… fare la verticale sull' acqua e calciare l’ aria(Kamo River Delta, Kyoto)

(5月下旬記*written in May




(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_17201722.jpg


雨の多い春でした…平安の昔ではありません。平成最後の春、私の住む街の公園にリラが植えられた春のことです。おや、こんなところにリラが…雨上がりの朝、その冷え冷えと芳しい香りをかいだ瞬間、思い出したのです。清子さん、貴女のことを…


C’ a été un printemps pluvieux. Pas de celui de l' époque de Heian, mais de Heisei, 2017, quand des lilas sont planté dans un jardin de mon ville. Tiens! Des lilas ici aussi! Un matin après la pluie, leur parfum frais m’ a rappelé vous, Seiko


c0345705_17223740.jpg



貴女は覚えていますか。私の最後の手紙を。

「…忘れやしない、忘れるものか、煙にむせぶようにむせび泣きながら君を想っている…」(実方)

けれども、貴女の返事はつれなかった。

「…心をいぶす煙は 変わらず消えることはない、ですって。何がそうさせるのでしょうね…(子)


Vous souvenez-vous de ma dernière lettre?

Je ne t’ oublirai jamais, ne t’ oublirai jamais, je te penserai en étant suffoqué par mes larmes comme par la fumée.”(Sanekata)

Et votre réponse froide

Tu dis que ta fumée est constante et inextinguible? Qu’ est ce qui fait comme ça?”(Seiko)



c0345705_17270664.jpg



後になって、こんな歌をやりとりした平安人のことを知りました。


忘れずよまた忘れずよ瓦屋の下たくけぶり下むせびつつ 藤原実方

葦の屋の下たく煙つれなくて絶えざりけるも何によりてぞ少納言


J’ ai connu au jour plus tard deux poètes de l' époque de Heian, Fujiwara-no-Sanekata et Sei Shonagon qui échangèrent des waka comme nos lettres.



c0345705_17355982.jpg


けぶるように咲くリラ
* Lilas comme la fumée (2004)



あるいは私たちは二人の歌人の生まれ変わり?平安と平成の世に、同じ恋の末路を辿ったのでしょうか?もしかして「忘れずよ」のリフレインが横すべりしてしまったのでしょうか。あの時、私たちは元カレと元カノ、久々の再会でしたが…あの、渾身のリフレインが空々しく響いてしまったのでしょうか。


Est-ce que nous somme réincarnations de ces deux poètes? L’ amour de Heian a répété à notre époque? Le refrain
ne t’ oublirai jamais”, il n' a marché pas cette-fois-ci aussi? Nous étions alors ex-amoureux comme Sanetaka et Sei Shonagon



c0345705_17242031.jpg



思い出します。貴女のそっけない手紙からほのかに立ちのぼった、リラの香り。貴女はいつもリラの香水をつけていた。― ひょっとして、あの短い手紙は、長い長い時間をかけて書かれたのではないですか。うすむらさきの紙がところどころ波打っていたのは、涙のあとだったのではないですか。


Je me souviensde la fragrance subtile des lilas de votre lettre. Vous mettiez toujours du parfum des lilas. ― Tiens, tu as écrit cette lettre courte pendant de longues heures? Le papier mauve ondoyait cà et là, c’ a été des signes de tes larmes?



c0345705_04123545.jpg



この手紙は、リラの見えるベンチで書きました。むらさきのインクがにじんでいたら、それは下枝(しづえ)から落ちた雨のしずくです。もし心が動かされたなら、久しぶりに私の家へいらっしゃい。君の好きな北原白秋にならって、カステラを出しますから。


J’ai écrit cette lettre sur un banc où je vois les lilas. Si l’ encre violet bave sur le papier, c’ est à cause des gouttes d' eau des feuilles des arbres. Si cette lettre te touche, tu viendrais chez moi après une longue absenceJe te servirais une castella au mois de paulownia, d’ après KITAHARA Hakushu que tu aimes.




c0345705_09073522.jpg

天平時代の撥鏤(ばちる)の意匠の珠(右)



「短歌は一箇の小さい緑の古宝玉である。(…)その小さい緑の古宝玉はよく香料のうつり香の新しい汗のにじんだ私の掌にも載り、ウイスキイや黄色いカステラの付いた指のさきにも触れる。而して時と処と私の気分の相違により、ある時は桐の花の淡い匂を反射し、また草わかばの淡緑にも映り、或いはあるかなきかの刺のあとから赤い血の一滴をすら点ぜられる。(…)」(北原白秋「桐の花」)


“ Le tanka est une petite perle verte ancienne () , que touche mon doigt taché des poudres d’ une castella jaune, qui réfléchit le parfum subtil de paulownia, qui s’ harmonize avec la verte jeune de herbes () ” ― Fleur de Paulownia, KITAHARA Hakushu



c0345705_08595642.jpg

桐の花paulownia, Nara, 2016

「paulownia seabold」の画像検索結果
シーボルトによる桐の花(wiki)

(All Rights Reserved)







[PR]

c0345705_19550726.jpg
桜重ねの袖のような和菓子「春爛漫」*spring in full swing, full bloom
空に浮かぶ蜘蛛の糸を表した和菓子「糸遊」* shimmering of hot air

c0345705_10310048.jpg
桜重ね(紅に白を重ねると桜色に…)『源氏物語の色』平凡社



 雨の多い春でしたこと…平成二十九年?いいえ、平安のむかし、宮廷きっての風流才子、藤原実方さまがこんな歌を詠んだ春です。

桜がり雨はふりきぬおなじくは濡るとも花のかげにやどらむ

桜重ねや山吹重ねに装った殿上人らが桜狩りをしていたあの日。糸遊がふわふわ浮かぶ空が、にわかに薄墨いろを帯びたと思ったら、ぱらぱらと雨の音がして…狩衣の肩や背に雨しずくが花弁のような染みを作ったと思う間もなく、ざあっと降りかかる雨。たちまち、しとどに濡れた殿方らは、大慌てで物陰へ逃げこみます。ところが、桜木の下にぽつんと一つ、動かない人影が…。
桜狩りに雨が降って来た、同じ濡れるなら花の陰で雨宿りしよう」― 実方の君でした。

この話を聞いた時、思ったんです。まあ、風流な!でも、馬鹿にすかしちゃって…


a0332314_10093350.jpg
桜と山吹*cherry blossom and Japanese rosea


 It was a rainy spring
not in 2017, but in 990s, when FUJIWARA-no-Sanekata sang 🌸
When we were enjoying cherry-viewing excursion, it has begun to rain. If I get wet anyhow, I would rather take shelter from the rain under flowers.

While the courtiers in cherry-blossom-pink or in Japanese-rosea-yellow were viewing cherry blossoms, the shimmering of hot air vanished, the sky became gray and the the sound of falling rain reached their ears. Just when the raindrops fell on their garments like petals, it started to pour and they got drenched. All of them hurried to take shelter save one, who stood still under a cherry tree and sang 🌸. When I heard this episode, I was deeply moved and at the same time slightly embarrassed, “Refined, but…too affected? ”


c0345705_10242774.jpg



 私と同じように感じた方もいらしたのですね。後日、藤原行成さまが「歌はおもしろし、実方は痴(おこ)なり」と批判なさったのです。カッとなった実方さま、口論のあげく、行成さまの烏帽子をパシッと叩き落してしまいました。まあ、大変!烏帽子なしで素頭を露呈するのは、当時、人前で裸になるくらい恥ずかしいことでした。けれども行成さまは動ぜず、烏帽子を随身に拾わせ、ゆっくり身づくろいなさって立ち去ったのです。

この様子をご覧になっていた帝は、実方さまを東北へ左遷しました。「歌枕見てまいれ」と仰せになって…婉曲なお言葉にくるまれた処罰?それとも、ひょっとして、粋な計らい?


 A master calligrapher later criticized him, “While that waka is interesting, Sanekata himself is silly.” The poet got angry, quarreled, and finally knocked the calligrapher’s headgear. Great Heavens! It used to be shameful to disclose one’s head like being naked in public. But the calligrapher unblinkingly made an attendant pick up the headgear, tidied himself and left calmly.

 The emperor happened to see this scene and demoted the poet to Michinoku, far east from Kyoto, “Go to see the places with poetical associations” an euphemism? Or a special grace?

c0345705_20350081.jpg

みちのくへ旅立たれた実方の君。案外、『伊勢物語』の業平卿の東下りにご自分をなぞらえ、高揚しておられたかもしれません。でも、実方さまが都で返り咲く日は来ませんでした。奥州の道祖神の前で下馬しなかったため、神の怒りに触れて亡くなったのです。

それからおよそ200年…平安末期の風流法師、西行がみちのくの旅へ出ました。彼は実方さまの墓の前で、こんな歌を詠みました。
朽もせぬ其名ばかりをとゞめをきてかれのゝ薄かたみにぞみる

 魂ゆさぶられた実方さまは、老人に姿を変え、西行法師の前に現れます。

In 995, Sanekata traveled east like ARIWARA-no-Narihira, Japanese Don Juan, a great poet in the 9th century. Did he compare himself to Narihira and get excited? But he was destined to die there.

 Around 190 years later, in 1186, a great poet and monk, Saigyo traveled east like Sanekata and Narihira. He sang🍂 in front of Saneatas grave.
It is only the name of the poet that is immortal, and silver grasses in this desolate field are the memento from him.
 This song moved Sanetaka so deeply that he changed into an old and appeared before Saigyo.


a0332314_09310480.jpg

大槻能楽堂パンフレットより。当日は朝倉尉(老人)の面でした。

 これが「実方」というお能の始まり…この演目が1993年に復曲初演されたときは嬉しくって! (*‘∀‘) 今日もはるばる彼岸から観に参りました。

 なぜって、私、実方さまの生き方が他人事と思えないんです。美しいものが大好きで、風流を生きるひと…たとえ「痴(おこ)」と眉をひそめる者がいても、己の美意識を実践せずにはいられない、正直なひと。


This is how Noh Sanekata begins. How about seeing this Noh with me? I have come to see it far from the Heavens
……because I feel as if Sanekata’ s way of life were mine. A person who loved the beautiful things and lived his own aesthetic sense. A straight arrow.


a0332314_21433095.jpg

「雪月花」より「雪」(部分)『上村松園』集英社*Snow by UEMURA Shoen(detail)



私だって、中宮さまの前で「香炉峰の雪」を実際に「簾をかかげて見」たら、あざとい、高慢だ、と陰口を叩かれもしました(『枕草子』第299段)。でも……風流を生きて何が悪いというのッ !! この、定めなき濁世の只中で !!! …あら、つい、ごめんあそばせ。

I also was praised and at the same time criticized as “haughty” when I lifted the sudare-blind to see the snow after Bai Juyi, a Chinese poet (The Pillow Book 299). But……what’s wrong with me practicing my own ideal in this uncertain and corrupt world!!!!!pardon.


「西行」の画像検索結果
西行物語絵巻(部分)*Saigyo(google search)
 

 西行法師だって、風流な歌そのままに生きて、望み通りに死にました ― 望月に照らされた桜の下で。そんな彼だから、しみじみ歌ったのです。「
不朽の名ばかりが残る歌びとよ、枯野の薄をその形見と見よう」と…。そのとき、西行69歳。

薄といえば、私、こう綴ったことがあります。 ― 薄は、秋の野でもっとも趣深い「花」。色とりどりの花が散ったあとも、昔を思い出すような顔をして、白い頭を風になびかせて佇んでいる…まるで人間みたいに。(『枕草子』第67段)

Saigyo also lived the world of his own waka and died at the age of 73 in the way he had wished “I wish to die under cherry blossoms in the spring, around the day of full moon in February”. And when he sang🍂 that waka on silver grasses, he was 69.

Speaking of the silver grass, I wrote in my essay as follows. ”The silver grass is the most tasteful “flower” in the autumn field. Even after falling of other flowers, it stands still with his white hairs fluttering in the wind, as if it were a man who brings back the past.


c0345705_13470688.jpg
武蔵野図屏風(サントリー美術館)薄の原より昇る月
Folding Screen with Design of Musashino Plain (17c.) (Santory Museum of Arts)



すすきを幕に、月をシテに見立てsnowdropの詠める一首


すすき野の幕はひらきて白銀(しろかね)虚空


(The curtain of the silver grass has opened, and the silver moon crosses the bridge in the firmament.)



c0345705_11544481.jpg

五色の揚幕と橋掛かり*Five-coloured curtain and Bridge passageway



清少納言と一緒に能「実方」をご覧になりたい方は、こちらへどうぞ。

http://ramages3.exblog.jp/23850160/ (ももさへづり*やまと編)
この一連の記事は、大槻能楽堂における能「実方」上演に先立つ馬場あき子先生のお話をもとに、『枕草子』も交えて空想をふくらませたものです。

This series is based on a small lecture by BABA Akiko before Noh and The Pillow Book by Sei Shonagon.



c0345705_05201255.png

東山魁夷宵桜」『東山魁夷展』

願はくは花の下にて春死なんそのきさらぎ望月ころ 西行


花に戯れ月にめで雪を廻らす舞の袖  ― 能「実方」詞章より


c0345705_22064847.jpg
平安貴族の衣のような桜、御衣黄(ぎょいこう)(2016年)

(All Rights Reserved)



[PR]
c0345705_14573435.jpg


ぽつぽつとまるい粒、何に見えますか?こういう雨粒が歯に見えると言うフランス人がいます。雨のヴェランダは、桜をうれしみ笑っているのでしょうか。


Qu
'est-ce que vous voyez sur cette photo? Des gouttes de pluie comme ça, elles évoquent la dentition à une française. Est-ce que cette véranda sous la pluie rit en admirant un cerisier en fleur?



c0345705_14575081.jpg


ヴェランダの向こうには、雨にけぶる桜。週末のお花見は見送り、お家で花ごもり…


Le cerisier à travers la véranda console snowdrop qui évite la foule de hana-mi de WE. Elle préfère son ermitage




c0345705_14583409.jpg


あなたの街も雨ですか。桜のお茶を淹れましたよ。桜風味のゴーフルもどうぞ。珍しく、クリームがはみ出しています。ほんのり桜色のクリームは、母の白粉のような匂い…

Il pleut chez vous aussi? Snowdrop a fait du thé, avec une gaufre de FUGETSUDO, qui est inventée comme une friandise originaire avec le nom français. Tu as de la chance, tu VOIS la crème au saveur de feuille de cerisier dans cette gaufre! La crème fleure la poudre de sa mère


「gaufre pinterest」の画像検索結果   ワッフルみたいな 本場のゴーフル(pinterest)

ゴーフルとは、神戸の菓子職人が西欧のゴーフルの名を借りて創作したお菓子です。その一方で、日本人は本場そのままのスコーンを作ったりもします。クロテッドクリームも、苺ジャムも…けれど、小食のsnowdropはヨーグルトを添えるのがせいぜいです。


Le japonais imite fidèlement aussi le gateau comme des scones, clotted cream, confiture de fraises, etc. Snowdrop, qui a un appétit d’ oiseau, préfère le yaourt.



c0345705_14053516.jpg


三時にテレヴィをつけると、ミュシャのポスター「ジスモンダ」が映っていました。女優サラ・ベルナールが手にしたこの葉っぱ、棕櫚(シュロ)だったのですね。今日はイースターに先立つ「棕櫚の日曜日」。キリストがロバに乗ってエルサレムに入城し、人々が棕櫚の葉を振って出迎えた日です。さすがNHK、粋ですね。

À l’ heure du quatre-heures (trois-heures au Japon), Gismonda de Mucha est passé à la télé. Oh, ce rameau dans un main de Sarah est la palme?! Aujourd’hui, c’ est Dimanche des Palmes ! C’ est un choix de programme digne de NHK !




ミュシャの「椿姫」、春日山に連なる高円山麓の白毫寺の五色椿はこちらへ


c0345705_14582010.jpg


春雨を聴きながら、読みたくなる本。弾きたくなる音楽。


En écoutant la bruine, snowdrop lit ce livre et joue ce morceau chaque printemps.

https://www.youtube.com/watch?v=crTylNISgOg(フォーレ「夜想曲」第1番)

和歌のリズムは、かな文字を綴るリズムに通じるといいます。西本願寺の三十六人家集がつくられてから数年後、平清盛が生まれました。彼は武家の棟梁として公家の世を終わらせる一方で、貴族文化に憧れて平家納経を奉納することになります。


SHIRASU Masako dit que le rythme de waka concorde avec celui de calligraphie de kana. Entre
Nishi Honganji Sanju-rokunin Kashu (c.f.wiki) et Heike-nokyo, il existe environ cinquante ans. Celui-ci est produit par Heike et TAIRA-no-Kiyomori, un guerrier clan, qui termina l’ aristocratie, la base de celui-là. C’ a été les temps troublés comme aujourd’hui.



c0345705_14594457.jpg
Nishi Honganji Sanju-rokunin Kashu (ca.1112)  『王朝絵巻と装飾経』講談社
c0345705_16403410.jpg
Heike-nokyo (1164)   『王朝絵巻と装飾経』講談社


 これらの歌集と経典には、ひと連なりの美意識が感じられます。同様に、フォレの夜想曲第1番と、バッハの平均律第18番の前奏曲は似ている気がします。心に沁みるような変ホ短調の旋律や、アルペジオ(琵音)や…。

 フォレはバッハを、いわば本歌取りしたのでしょうか。フォレは教会オルガニストで、バッハにも親しんでいましたから。

Ces deux oeuvres se ressemblent comme deux musiques ci-dessous. Pas seulement leurs tonalités (mi bémol mineur) mais leurs melodies, arpèges etc. Est-ce que G. Fauré a fait honkadori (c.f. wiki) de J.S.Bach ? Il était un organiste comme Bach



On dit que le début de cette fugue représente la Trinité. Jean Christophe la joua pour ses amis. Pour ce Dimanche des Palmes…↓

そろそろ本や楽譜を閉じることにしましょう。暮れなずむ窓辺に立てば、ご近所の花が望めます。桜は東に、桃は西に。桃のそばの白梅だけは三月の写真です。


Elle ferme le livre et les musiques à regarder dehors par la fenêtre. Dans le crépuscule, un cerisier à l’ est, un pêcher à l’ oest. Un prunier était en fleur au mois de mars.



はるさめや暮れなむとしてけふもあり 与謝蕪村


Le crachin de printemps
… lentement le crépuscule approche aujourdhui aussi YOSA Buson, traduction de snowdrop


YOSA(与謝) est le patronyme, et Buson(蕪村) le prénom. Au Japon, 《PATRONYMEPrénom》,c' est l' ordre traditionnel. On souvent l' occidentalise depuis l' ère Meiji(1868-1912).


Img_0060_800x725_2Img_0062_800x758_2











ゆふぐれのほのくれなゐのほのあかり花の国への
幽けきしるべ  
snowdrop


Img_0051_800x600

(All Rights Reserved)






[PR]

c0345705_09044188.jpg


君ねむる朝の窓ベにふはふはと(にこげ)のやうに雪はふりつむ


À la fenêtre près du lit où tu dors, la neige tombe froufrou, comme des duvets.



太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。―三好達治「雪」


Putting Taro to sleep, on the roof of Taro’s house falls snow.

Putting Jiro to sleep, on the roof of Jiro’s house falls snow.
Snow by MIYOSHI Tatsuji,translation of snowdrop


a0332314_13272250.jpg

与謝蕪村「夜色楼台図」Tower at Night by YOSA Buson 



夜に入って、わが家にも雪がふり始めた。
翌日は、降りみ降らずみ。君の住む土地の雪はまだ降り続いているだろうか。極北から運ばれてきた、おなじ雪が。


À la nuit, il a commencé à neiger chez moi aussi. Le lendemain matin, il neige par intermittence. Est-ce qu’ il continue de neiger encore chez toi ? La même neige boréale ―



Img_0909_1024x712_2


クリスマスの窓辺の雪の飾りひとつ外し忘れて水仙月くる

Pendant qu’ elle oubliait d’ enlever un neige d’ ornement de Noël sur une fenêtre, le mois de narcissus est venu.




Img_0063_800x600


日本の子供は雪をまるめて雪兎をこさえる。庭の南天や万両の葉と実を、耳と目にして…こんな兎を額にのせたら、熱もはやく下がるかもしれない。


Des enfants japonais font le lapin des neiges avec des feuilles et fruits du
bambou sacré ou du coral ardisia (Christmas berry). Si ton enfant attrape un rhume et tu le mets sur son front, la fièvre tombera plus tôt.


c0345705_13160608.jpg
歌川広重「雪中椿に雀」HIROSHIGE Calendar (January 2007)


小庭の「
雪中山茶花」

Img_0062_800x600_2


All Rights Reserved


「雪合戦」の画像検索結果

Bonus Snowball Fight (google search)

リヨン(フランス)の雪合戦 ↓





[PR]

c0345705_11325629.jpg

Sake (rice wine) named White Deer in a hotel in Osaka



新しい年は同窓会で始まりました。国語科の恩師がスピーチで引用なさった啄木の歌のような、穏やかな日和でした。


The new year has started with my high school reunion. It was a calm day just like that in Takuboku’ s tanka quoted by one of our former teachers in his speech.



何となく、

今年はよい事あるごとし。

元日の朝、晴れて風無し。  石川啄木


Somehow,

I feel like something good will happen this year.

In the morning of the New Year’s Day, sunny and wind still

ISHIKAWA Takuboku, translation of snowdrop


c0345705_11331162.jpg
Good fortune Girl



年玉折りの札も交じれり新年の同窓会の会費の箱に



キラキラのネイルを琴の爪のごと外してにこり「家事もするから」



「こんにちは」と「ハロー」の手話の違ひいふ聾学校の英語の先生



三十年前の校舎の映像は昭和の終りの名画のごとし



給水器の増えし学舎でうさぎ跳びする生徒らは今や無からん



オカリナの喜寿コンサートの計画を語る恩師や頬あかく染め


哲学する教師と弟子を描きたる彼に捧げんデューラーの帽子




c0345705_11352783.jpg


Some bills were folded
suitable for an envelope in which

you put étrennes (bills of New Year's gift for children),
in the fee box for Reunion
in the New Year 2017.


A classmate put off
one of her decorative nails
like a koto plectrum
and smiled attractively,
“ I do housework also, you know.”



There is a difference between

Konnichiwa and Hello of the sign languages.

A classmate who has been

an English teacher in a deaf school for five years

showed me that with eloquent gestures.



The original movie
that had been filmed by our schoolmates
thirty years ago
looked like one film classic
around the end of the Showa period (1926–89).



Our former teacher

talked about the plan

of his ocarina concert

for celebrating his 77th birthday

with a little blush in his face.


To this painter

who had studied in Germany and

painted the staues
of Plato (teacher) and Aristotle (student) in our courtyard,

let’s dedicate the hat in one of Dürer’s self-portraits !




Img_2766_656x800
夜の空彩る星の電飾のやうに集ひし学び舎の友
Like colorful illuminations in the night sky, my schoolmates gathered☆彡

(All Rights Reserved)




[PR]