タグ:Peinture (絵画) ( 127 ) タグの人気記事



c0345705_13395002.jpg
シャクヤク(写真はすべて5月撮影)*pivoine (toutes les photos en mai)


風薫る皐月の甘き涼しさをクリィムにして手指に塗らむ


La fraîcheur douce du moi de mai, j’ en fais de la crème et me mets sur mes doigts.




五月の風をゼリーにして持ってきてください…そう言ったのは立原道造という詩人。五月の花、芍薬をクリームにして…と頼みたいなら、クレープリー・アルションへどうぞ。別のものを注文した友達とシェアして、一つずつ頬ばれば、甘さは二倍に♡♡

C' est un porète TACHIHARA Michizo qui demanda de faire du vent du moi de mai une gelée et l' apporter. Si vous voulez demander de faire une pivoine de la crème, allez à la Creperie Alcyon, s.v.p. Quand je l' ai partagée avec une de mes amies, la douceur a été doublé ♡♡



c0345705_13391856.jpg



wikipediaによると、クレーム・シャンティはお砂糖入りのホイップクリーム。その名の由来は…

「クレーム・シャンティを発明したとして(…)証拠もなく言及される人物であるフランソワ・ヴァテールは、17世紀半ばにシャンティイ城メートル・ドテルを務めていた。しかし、シャンティ(シャンティイ)の名をホイップクリームに結びつけた表現が初出するのは18世紀半ばのこと。」(wiki)

”Les noms « crème chantilly », « crème de Chantilly », « crème à la chantilly », « crème fouettée à la chantilly », ou bien simplement « la chantilly » apparaissent au début du XIXe siècle. La première édition (1806) du Cuisinier impérial de Viard ne mentionne ni la crème fouettée ni la crème chantilly mais l'édition de 1820 les mentionne toutes les deux. Mais ce n'est qu'au milieu du XXe siècle que ces noms deviennent communs.” (wiki)




映画「宮廷料理人ヴァテール」





c0345705_15425447.jpg

シャンティ城に伝わる「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」より(5月)
Les Très Riches Heures du duc de Berry



お城とまではゆきませんが、アルションはフランスの正統派クレープリー。フランス語翻訳者にして通訳ガイドの年上の女性に、むかし教えてもらった、隠れ家ふうのお店です。こちらは難波店。

Cette crêperie est comme une ermitage, où on sert la crêpe authentique. Une traductrice et guide-interprète japonaise m’ a invité ici il y a vingt ans.



c0345705_13405105.jpg
c0345705_13410522.jpg
c0345705_13400994.jpg

ロゼのシードル(りんご酒)とガレット(そば粉のクレ-プ)*cidre rosée

(2017年5月*en mai)



梅田店はこちらの記事の後半に。



(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_10113780.jpg


昨年の紫陽花ドレスを出してきてコロンをふりつ行くあてもなく


(Elle a tiré sa robe en hortensia de l’ an dernier et aspergé d´eau de Cologne sans but.)


Un gros serpent ne sert jamais à sa canne pour être canon !




All Rights Reserved





[PR]

「caravaggio boy bitten pinterest」の画像検索結果
カラヴァッジォ「蜥蜴に咬まれる少年」(pinterest)


家の庭でマムシに右手指を咬まれて入院していました。左手タイピングしかできないので、下書き済みの記事や、過去記事 + α をアップしてゆくつもりです。皆さまのブログも少しずつ訪ねたいです。ぼちぼちとまたどうぞよろしくお願いします。


Snowdrop was bitten by the right hand by a viper (mamushi) and stayed in the hospital.
A vrai dire, elle avait de la chance de ne pas être montée au ciel au WE de l'Ascension.



c0345705_08504137.jpg

竹内栖鳳「艶陽」



虫愛づる心は褪せず吾がうちに 虻(あぶ)もなつかし蛇もなつかし


(The love for the insect is still in my mind. I love both the horsefly and the snake.)  



(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_19550726.jpg
桜重ねの袖のような和菓子「春爛漫」*spring in full swing, full bloom
空に浮かぶ蜘蛛の糸を表した和菓子「糸遊」* shimmering of hot air

c0345705_10310048.jpg
桜重ね(紅に白を重ねると桜色に…)『源氏物語の色』平凡社



 雨の多い春でしたこと…平成二十九年?いいえ、平安のむかし、宮廷きっての風流才子、藤原実方さまがこんな歌を詠んだ春です。

桜がり雨はふりきぬおなじくは濡るとも花のかげにやどらむ

桜重ねや山吹重ねに装った殿上人らが桜狩りをしていたあの日。糸遊がふわふわ浮かぶ空が、にわかに薄墨いろを帯びたと思ったら、ぱらぱらと雨の音がして…狩衣の肩や背に雨しずくが花弁のような染みを作ったと思う間もなく、ざあっと降りかかる雨。たちまち、しとどに濡れた殿方らは、大慌てで物陰へ逃げこみます。ところが、桜木の下にぽつんと一つ、動かない人影が…。
桜狩りに雨が降って来た、同じ濡れるなら花の陰で雨宿りしよう」― 実方の君でした。

この話を聞いた時、思ったんです。まあ、風流な!でも、馬鹿にすかしちゃって…


a0332314_10093350.jpg
桜と山吹*cherry blossom and Japanese rosea


 It was a rainy spring
not in 2017, but in 990s, when FUJIWARA-no-Sanekata sang 🌸
When we were enjoying cherry-viewing excursion, it has begun to rain. If I get wet anyhow, I would rather take shelter from the rain under flowers.

While the courtiers in cherry-blossom-pink or in Japanese-rosea-yellow were viewing cherry blossoms, the shimmering of hot air vanished, the sky became gray and the the sound of falling rain reached their ears. Just when the raindrops fell on their garments like petals, it started to pour and they got drenched. All of them hurried to take shelter save one, who stood still under a cherry tree and sang 🌸. When I heard this episode, I was deeply moved and at the same time slightly embarrassed, “Refined, but…too affected? ”


c0345705_10242774.jpg



 私と同じように感じた方もいらしたのですね。後日、藤原行成さまが「歌はおもしろし、実方は痴(おこ)なり」と批判なさったのです。カッとなった実方さま、口論のあげく、行成さまの烏帽子をパシッと叩き落してしまいました。まあ、大変!烏帽子なしで素頭を露呈するのは、当時、人前で裸になるくらい恥ずかしいことでした。けれども行成さまは動ぜず、烏帽子を随身に拾わせ、ゆっくり身づくろいなさって立ち去ったのです。

この様子をご覧になっていた帝は、実方さまを東北へ左遷しました。「歌枕見てまいれ」と仰せになって…婉曲なお言葉にくるまれた処罰?それとも、ひょっとして、粋な計らい?


 A master calligrapher later criticized him, “While that waka is interesting, Sanekata himself is silly.” The poet got angry, quarreled, and finally knocked the calligrapher’s headgear. Great Heavens! It used to be shameful to disclose one’s head like being naked in public. But the calligrapher unblinkingly made an attendant pick up the headgear, tidied himself and left calmly.

 The emperor happened to see this scene and demoted the poet to Michinoku, far east from Kyoto, “Go to see the places with poetical associations” an euphemism? Or a special grace?

c0345705_20350081.jpg

みちのくへ旅立たれた実方の君。案外、『伊勢物語』の業平卿の東下りにご自分をなぞらえ、高揚しておられたかもしれません。でも、実方さまが都で返り咲く日は来ませんでした。奥州の道祖神の前で下馬しなかったため、神の怒りに触れて亡くなったのです。

それからおよそ200年…平安末期の風流法師、西行がみちのくの旅へ出ました。彼は実方さまの墓の前で、こんな歌を詠みました。
朽もせぬ其名ばかりをとゞめをきてかれのゝ薄かたみにぞみる

 魂ゆさぶられた実方さまは、老人に姿を変え、西行法師の前に現れます。

In 995, Sanekata traveled east like ARIWARA-no-Narihira, Japanese Don Juan, a great poet in the 9th century. Did he compare himself to Narihira and get excited? But he was destined to die there.

 Around 190 years later, in 1186, a great poet and monk, Saigyo traveled east like Sanekata and Narihira. He sang🍂 in front of Saneatas grave.
It is only the name of the poet that is immortal, and silver grasses in this desolate field are the memento from him.
 This song moved Sanetaka so deeply that he changed into an old and appeared before Saigyo.


a0332314_09310480.jpg

大槻能楽堂パンフレットより。当日は朝倉尉(老人)の面でした。

 これが「実方」というお能の始まり…この演目が1993年に復曲初演されたときは嬉しくって! (*‘∀‘) 今日もはるばる彼岸から観に参りました。

 なぜって、私、実方さまの生き方が他人事と思えないんです。美しいものが大好きで、風流を生きるひと…たとえ「痴(おこ)」と眉をひそめる者がいても、己の美意識を実践せずにはいられない、正直なひと。


This is how Noh Sanekata begins. How about seeing this Noh with me? I have come to see it far from the Heavens
……because I feel as if Sanekata’ s way of life were mine. A person who loved the beautiful things and lived his own aesthetic sense. A straight arrow.


a0332314_21433095.jpg

「雪月花」より「雪」(部分)『上村松園』集英社*Snow by UEMURA Shoen(detail)



私だって、中宮さまの前で「香炉峰の雪」を実際に「簾をかかげて見」たら、あざとい、高慢だ、と陰口を叩かれもしました(『枕草子』第299段)。でも……風流を生きて何が悪いというのッ !! この、定めなき濁世の只中で !!! …あら、つい、ごめんあそばせ。

I also was praised and at the same time criticized as “haughty” when I lifted the sudare-blind to see the snow after Bai Juyi, a Chinese poet (The Pillow Book 299). But……what’s wrong with me practicing my own ideal in this uncertain and corrupt world!!!!!pardon.


「西行」の画像検索結果
西行物語絵巻(部分)*Saigyo(google search)
 

 西行法師だって、風流な歌そのままに生きて、望み通りに死にました ― 望月に照らされた桜の下で。そんな彼だから、しみじみ歌ったのです。「
不朽の名ばかりが残る歌びとよ、枯野の薄をその形見と見よう」と…。そのとき、西行69歳。

薄といえば、私、こう綴ったことがあります。 ― 薄は、秋の野でもっとも趣深い「花」。色とりどりの花が散ったあとも、昔を思い出すような顔をして、白い頭を風になびかせて佇んでいる…まるで人間みたいに。(『枕草子』第67段)

Saigyo also lived the world of his own waka and died at the age of 73 in the way he had wished “I wish to die under cherry blossoms in the spring, around the day of full moon in February”. And when he sang🍂 that waka on silver grasses, he was 69.

Speaking of the silver grass, I wrote in my essay as follows. ”The silver grass is the most tasteful “flower” in the autumn field. Even after falling of other flowers, it stands still with his white hairs fluttering in the wind, as if it were a man who brings back the past.


c0345705_13470688.jpg
武蔵野図屏風(サントリー美術館)薄の原より昇る月
Folding Screen with Design of Musashino Plain (17c.) (Santory Museum of Arts)



すすきを幕に、月をシテに見立てsnowdropの詠める一首


すすき野の幕はひらきて白銀(しろかね)虚空


(The curtain of the silver grass has opened, and the silver moon crosses the bridge in the firmament.)



c0345705_11544481.jpg

五色の揚幕と橋掛かり*Five-coloured curtain and Bridge passageway



清少納言と一緒に能「実方」をご覧になりたい方は、こちらへどうぞ。

http://ramages3.exblog.jp/23850160/ (ももさへづり*やまと編)
この一連の記事は、大槻能楽堂における能「実方」上演に先立つ馬場あき子先生のお話をもとに、『枕草子』も交えて空想をふくらませたものです。

This series is based on a small lecture by BABA Akiko before Noh and The Pillow Book by Sei Shonagon.



c0345705_05201255.png

東山魁夷宵桜」『東山魁夷展』

願はくは花の下にて春死なんそのきさらぎ望月ころ 西行


花に戯れ月にめで雪を廻らす舞の袖  ― 能「実方」詞章より


c0345705_22064847.jpg
平安貴族の衣のような桜、御衣黄(ぎょいこう)(2016年)

(All Rights Reserved)



[PR]
c0345705_14573435.jpg


ぽつぽつとまるい粒、何に見えますか?こういう雨粒が歯に見えると言うフランス人がいます。雨のヴェランダは、桜をうれしみ笑っているのでしょうか。


Qu
'est-ce que vous voyez sur cette photo? Des gouttes de pluie comme ça, elles évoquent la dentition à une française. Est-ce que cette véranda sous la pluie rit en admirant un cerisier en fleur?



c0345705_14575081.jpg


ヴェランダの向こうには、雨にけぶる桜。週末のお花見は見送り、お家で花ごもり…


Le cerisier à travers la véranda console snowdrop qui évite la foule de hana-mi de WE. Elle préfère son ermitage




c0345705_14583409.jpg


あなたの街も雨ですか。桜のお茶を淹れましたよ。桜風味のゴーフルもどうぞ。珍しく、クリームがはみ出しています。ほんのり桜色のクリームは、母の白粉のような匂い…

Il pleut chez vous aussi? Snowdrop a fait du thé, avec une gaufre de FUGETSUDO, qui est inventée comme une friandise originaire avec le nom français. Tu as de la chance, tu VOIS la crème au saveur de feuille de cerisier dans cette gaufre! La crème fleure la poudre de sa mère


「gaufre pinterest」の画像検索結果   ワッフルみたいな 本場のゴーフル(pinterest)

ゴーフルとは、神戸の菓子職人が西欧のゴーフルの名を借りて創作したお菓子です。その一方で、日本人は本場そのままのスコーンを作ったりもします。クロテッドクリームも、苺ジャムも…けれど、小食のsnowdropはヨーグルトを添えるのがせいぜいです。


Le japonais imite fidèlement aussi le gateau comme des scones, clotted cream, confiture de fraises, etc. Snowdrop, qui a un appétit d’ oiseau, préfère le yaourt.



c0345705_14053516.jpg


三時にテレヴィをつけると、ミュシャのポスター「ジスモンダ」が映っていました。女優サラ・ベルナールが手にしたこの葉っぱ、棕櫚(シュロ)だったのですね。今日はイースターに先立つ「棕櫚の日曜日」。キリストがロバに乗ってエルサレムに入城し、人々が棕櫚の葉を振って出迎えた日です。さすがNHK、粋ですね。

À l’ heure du quatre-heures (trois-heures au Japon), Gismonda de Mucha est passé à la télé. Oh, ce rameau dans un main de Sarah est la palme?! Aujourd’hui, c’ est Dimanche des Palmes ! C’ est un choix de programme digne de NHK !




ミュシャの「椿姫」、春日山に連なる高円山麓の白毫寺の五色椿はこちらへ


c0345705_14582010.jpg


春雨を聴きながら、読みたくなる本。弾きたくなる音楽。


En écoutant la bruine, snowdrop lit ce livre et joue ce morceau chaque printemps.

https://www.youtube.com/watch?v=crTylNISgOg(フォーレ「夜想曲」第1番)

和歌のリズムは、かな文字を綴るリズムに通じるといいます。西本願寺の三十六人家集がつくられてから数年後、平清盛が生まれました。彼は武家の棟梁として公家の世を終わらせる一方で、貴族文化に憧れて平家納経を奉納することになります。


SHIRASU Masako dit que le rythme de waka concorde avec celui de calligraphie de kana. Entre
Nishi Honganji Sanju-rokunin Kashu (c.f.wiki) et Heike-nokyo, il existe environ cinquante ans. Celui-ci est produit par Heike et TAIRA-no-Kiyomori, un guerrier clan, qui termina l’ aristocratie, la base de celui-là. C’ a été les temps troublés comme aujourd’hui.



c0345705_14594457.jpg
Nishi Honganji Sanju-rokunin Kashu (ca.1112)  『王朝絵巻と装飾経』講談社
c0345705_16403410.jpg
Heike-nokyo (1164)   『王朝絵巻と装飾経』講談社


 これらの歌集と経典には、ひと連なりの美意識が感じられます。同様に、フォレの夜想曲第1番と、バッハの平均律第18番の前奏曲は似ている気がします。心に沁みるような変ホ短調の旋律や、アルペジオ(琵音)や…。

 フォレはバッハを、いわば本歌取りしたのでしょうか。フォレは教会オルガニストで、バッハにも親しんでいましたから。

Ces deux oeuvres se ressemblent comme deux musiques ci-dessous. Pas seulement leurs tonalités (mi bémol mineur) mais leurs melodies, arpèges etc. Est-ce que G. Fauré a fait honkadori (c.f. wiki) de J.S.Bach ? Il était un organiste comme Bach



On dit que le début de cette fugue représente la Trinité. Jean Christophe la joua pour ses amis. Pour ce Dimanche des Palmes…↓

そろそろ本や楽譜を閉じることにしましょう。暮れなずむ窓辺に立てば、ご近所の花が望めます。桜は東に、桃は西に。桃のそばの白梅だけは三月の写真です。


Elle ferme le livre et les musiques à regarder dehors par la fenêtre. Dans le crépuscule, un cerisier à l’ est, un pêcher à l’ oest. Un prunier était en fleur au mois de mars.



はるさめや暮れなむとしてけふもあり 与謝蕪村


Le crachin de printemps
… lentement le crépuscule approche aujourdhui aussi YOSA Buson, traduction de snowdrop


YOSA(与謝) est le patronyme, et Buson(蕪村) le prénom. Au Japon, 《PATRONYMEPrénom》,c' est l' ordre traditionnel. On souvent l' occidentalise depuis l' ère Meiji(1868-1912).


Img_0060_800x725_2Img_0062_800x758_2











ゆふぐれのほのくれなゐのほのあかり花の国への
幽けきしるべ  
snowdrop


Img_0051_800x600

(All Rights Reserved)






[PR]

c0345705_17080002.jpg
木蓮とヒヨドリ*Magnolia et Bulbul

「ヒヨドリは賑やかで、頭がボサボサして、腕白だ。ツグミは圧倒されて、地面で土を掘り返してた」(小川洋子『ことり』)

「私は、ひよどりのくちばしがこんなに長いとは思わなかった。この鳥が庭に来るようになってから、どのくらいたつだろう。」(庄野潤三『イソップとひよどり』)

“Le bulbul est joyeux, il a la tête ébouriffée, il est fripon. La grive est restée à l’ écart, à gratter la terre.” Petits oiseaux par OGAWA Yoko,traduction de Rose-Marie Makino-Fayolle


“ Je
n'aurais pensé pas que le bec du bulbul soit long comme ça. Combien de temps s' est écoulé depuis que cet oiseau vient à ce jardin?” Ésope et Bulbul par SHONO Junzo, traduction de snowdrop


Img_0001_5
ツグミ * une grive à la terre2016)


今年は春の訪れが遅く、3月に気温が20度に届いたのは一日だけでした。フランスの北部も、南部も、イギリスさえも、春めいているようなのに…でも、春はすぐそこ。数日もすれば、日の当たりにくい奥のほうのミモザも花ひらくでしょう。

Le printemps est en retard cet année ici, c’ est une fois seulement qu’ il a fait vingt degrés au mois de mars. On jouit le printemps en France et Angleterreest-ce que le printemps vraiment viendra à Nara aussi ? Oui, absolument! Ce mimosa dans l’ ombre aussi fleurira au bout de quelques jours.



c0345705_11383857.jpg


日のかげのミモザの卵も孵るべしお日さま色のまろきその花


(L’
œufs mimosa écloront dans l’ ombre aussi, les fleurs rondes de couleur soleil.)





c0345705_12052860.jpg
3月27日


電線にとまっているのは白文鳥
いいえ、これらは木蓮のつぼみ。三日後、翼をひろげた水鳥のように咲きました。

Sur des fils électriques percent des moineaux de Javanon, ce sont des boutons de magnolia blanches. Ils sont éclos trois jours après comme des oiseaux aquatiques battants des ailes.



c0345705_11355683.jpg


水銀(みづかね)の花冠を捧げたし よみがへりの春もたらす風へ


(
Offrons un stephanos de couleur argent au vent qui nous apport le printemps de résurrection! )


(はく)(れん)の淡くにほへる卯月の夕 花の翼に想ひをのせて


(
Va, pensiero, sull' ali di fiore pallido della magnolia alla sera d' aprile!



c0345705_15134429.jpg
鴨川の水鳥2015年)


三輪山に春
鳴けりたまきはるわれのいのちをいのる人あり 前登志夫


たまきはる(なれ)のいのちをいのらむとけふも(とよ)めり朝鳥のこゑ


Pour vous souhaiter une meilleure santé, chantent des oiseaux ce matin aussi.


ほとほとと戸を叩くのはかの人か否 木の幹をたたく啄木鳥(きつつき)


(hoto-hoto-to  to wo tataku no ha  kano hito ka ina  ki no miki wo  tataku kitsutsuki)
(...toc toc toc... ce qui toque à la porte est ma chérie? Non, c’ est un
pic kisuki toquant au tronc d’un arbre.)



a0332314_02064950.jpg
わが庭の小啄木鳥(コゲラ)* Japanese Pygmy Woodpecker by my window (2010)


春を呼び出す拍子木のような、小啄木鳥(コゲラ)のドラミング。

Le drumming du Pic kisuki résemble au simandron du monastère.



c0345705_18112591.jpg

(あんず)の花 (4月3日) * abricotier en fleur


牧童遥指杏花村 杜牧

A cowherd boy points, far away, to Apricot Blossom Village. ― Du Mu


隣村のゆふべの鐘の一時間おくれし日より季節の動く


(
Depuis le jour où l’ Angélus au village voisin sonne en retard d’ une heur, notre heure d’ été commence.)




c0345705_15435924.jpg
2015年



君と逢ひし春より萌ゆる花草の
(こん)(たん)(りょく)()この春もまた


(Blue, red, green and purple flowers and grasses that have sprung up since the spring when we met, we will see them again this spring also.)


c0345705_15504043.jpg

上村松篁「万葉の春」(部分)菫を摘む万葉びと

All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_10012143.jpg



 ここは、どこ?この銀の翼のようなモダンな建物は、国立国際美術館(大阪)です。4月13日まで「クラーナハ展―500年後の誘惑」展を開催中です。

 いったい何の「500年後」でしょうか?今年は宗教改革の始まりから500年後に当たります。1517年、マルティン・ルターは、ヴィッテンベルク大聖堂の扉に95か条の論題を打ちつけ、ローマ・カトリック教会を批判しました。ルターの肖像画、歴史の教科書にも載っていましたっけ。彼の肖像を多数描いたのが、ルカス・クラーナハです。snowdropが学生の頃は、ルーカス・クラナッハと呼ばれていました。いずれも画家が生まれた町の名、クローナハに由来します。


 Where are we now? Here is theNational Museum of Art, Osaka. This metallic and modern building holds an exhibition: LUCAS CRANACH THE ELDER: 500 Years of the Power of Temptation.

 As you know, the current year 2017 is the five hundredth year of Reformation. The portraits of Martin Luther by Lucas Cranach are well known in Japan also through the world history texts.




「クラーナハ 展」の画像検索結果

「クラーナハ展―500年後の誘惑」公式twitterアカウント


 「マルティン・ルターとカタリナ・フォン・ボラ」は、ルター夫妻の肖像画です。クラーナハはルターの結婚に立ち合うなど、二人と親密な関係にありました。
 クラーナハは若くしてヴィッテンブルクに招かれ、宮廷画家となりました。彼が仕えたザクセン選帝侯フリードリヒ賢明公は、ヴィッテンブルク大学を創設し、ルターを保護しています。そんな縁で、クラーナハはルターの肖像や、ルターのドイツ語訳聖書の挿絵などを多数手がけました。
 この「子供たちを祝福するキリスト
」は、子供の多い公共建築のために発注されたのかもしれません。いまでもミッション系の幼稚園や教会などで見かける構図です。

 Martin Luther and Katharina von Bora was painted by Cranach. The painter was present as a witness at their betrothal festival and had an intimate relationship with them.

 Cranach was the court painter to the electors of Saxonyin Wittenberg, and one of his patrons Frederick the Wise founded Wittenberg University and supported Luther. This is why Cranach painted lots of portraits of Luther and illustrated Luther’s german language bible. Suffer the Little Children to Come unto Me is a popular subject in churches, mission schools, etc.


c0345705_20542258.jpg
子供を祝福するキリスト(Suffer the Little Children to Come unto Me)
c0345705_20544158.jpg
ヘラクレスとオンファレ(Hercles and Omphale)

一見この絵と似た構図の「ヘラクレスとオンファレ」を隣に置いてみましょう。英雄ヘラクレスが罪を償うため、リュディアの女王オンファレのもとで、糸紬の労働をさせられている場面です。たくましい狩人があらまあ、おでこ美人たちにめろめろの態!(当時は生え際を剃って額を広く見せるのが流行でした。)右端の女性は、絵を見る者を誘惑するように微笑んでいます。そう、まさに「500年後の誘惑」!「祝福するキリスト」のなかの母親たちと何という隔たりでしょう。


Let’s compare
Hercles and Omphale with Suffer the Little Children to Come unto Me. The similar compositions, but the contrasting contents! That divine hero Heraclesserves as her slave of Omphal of Lydia as penalty for a murder. He was forced to do women's work but in this painting he is rather far gone on high-browed ladies. It was the fashion to shave the hairline to make the forehead look wider. The one at the right end is smiling as if she was seducing us. Can you resist this Power of Temptation? What a contrast with the modest mothers in the upper painting!


c0345705_15171294.jpg
「durer portrait friedrich」の画像検索結果「Portrait of Elector Frederick the Wise of Saxony cranach」の画像検索結果


参考:デューラー(左)/クラーナハ(右)「ザクセン選帝侯フリードリヒ賢明公」
c.f. Portrait of Elector Frederick the Wise of Saxony by Dürer/Cranach(wiki)


 クラーナハは大工房を率いる宮廷画家でした。プロテスタントだけでなくカトリックの注文も受け、偶像破壊運動が始まれば、教訓画の形を借りた裸体画も数多く描きました。頼まれれば何でも描く、やり手のマイスター(親方)…
 もっとも、画家としての彼は、宗教画よりも肖像画、肖像画よりも美人画に意欲を燃やしたように感じられます。イタリアの裸体画をドイツに持ちこむという新機軸も、彼の野心をかき立てたことでしょう。
 また、大工房で技術を共有し、短期間で大量生産するために、北方絵画特有の細密描写にはこだわっていません。一年違いで生まれた北方ルネサンスの巨匠、デューラーとは対照的です。デューラーは、ルターの肖像を描きたいと願いながら叶わなかったとか。実現していれば、どんな肖像になっていたでしょう。

 Cranach,a capable court painter had a large workshop. He had a talent for politics that enabled him to work for catholic as well as protestant clients. When the iconoclastic movements took place, he painted the nude paintings in the form of mythological and moral ones. He seems to be a painter who was passionate more about the nude than the portrait, or religious paintings. And he had an ambition to introduce and arrange the Italian nude into German one.
 Above all, he was a Meister. In order to share the techniques in his workshop and to produce numbers of paintings in a short period, he did not pursue the minute depiction characteristic of
the Northern Renaissance paintings such as Dürer’s.They say that Dürer wanted to portray Luther! I wish I could see this seminal figure's portrait painted by this great painter!



「martin luther and katharina von bora」の画像検索結果
マルティン・ルターとカタリナ・フォン・ボラ(部分)(google serach)

c0345705_10451971.jpg
ホロフェルネスの首を持つユディト(部分)(Judith with the Head of Holofernes, detail)

c0345705_11254399.jpg

能「求塚」の菟名日処女(うないおとめ)(『能面変妖』朝日新聞社)

Unai-otome in Noh Motome-zuka 



「ホロフェルネスの首を持つユディト」は、クラーナハが描いた最も美しく恐ろしい女性の一人です。豪奢な衣装、陶器のように滑らかな肌、冷たい微笑…「洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ」も同じ趣旨の絵です。ユディトは善玉、サロメは悪玉ですが、クラーナハは善悪と関わりなく、同様の「ファム・ファタル(魔性の女)」として描いています。
 さらに、snowdropは、まったく別の所でこれと似たものを見たことがあります。能「求塚」に登場する菟名日処女(うないおとめ)です。
ここでは能の内容には触れず、ただその顔だけを比べてみましょう。能面もユディトも、目鼻口がまったく左右対称です。そのため、表情から生身の人間らしさが消えているのです。
 ところが、クラーナハは肖像画では、顔の左右を非対称にし、生き生きした個性を表しています(カタリナ・フォン・ボラの肖像が一例です)。さすがプロフェッショナル、主題によって表現を使い分けていたのですね。この使い分けは、同時代のヴェネツィア派の画家、ティツィアーノをはじめ多くの画家に認められます。


 
「スペイン カルロス 1 世」の画像検索結果「charles v holy roman emperor」の画像検索結果

参考:ティツィアーノ「カール5世」(左) クラーナハ「カール5世」(右)
c.f. Karl V by Tiziano/Cranach(pinterest


Judith with the Head of Holofernes is one of the most beautiful and horrible women painted by Cranach. Gorgeous dress and ornaments, the smooth skin like the pottery, and her cool smileSalome with the Head of St. John Baptist also has the same smile. It does not matter for this painter whether the heroine is good or evil. They both are the “femme fatale”.

I have seen the same expression in a Noh mask. Both Judith [Salome] and the mask have the symmetrical face rack of the human emotions. 

When Cranach does a portrait, he depicts two different personalities in the right and left halves of the face (ex. Katharina von Bora). This professional technique is seen in the portraits by Tiziano, a contemporary Venetian painter and others.



「ティツィアーノ と ヴェネツィア 派 展」の画像検索結果
参考:ティツィアーノ「フローラ」*c.f. Flora by Tiziano(pinterest)


 ところで、ティツィアーノはかつて日本でチチアンと呼ばれていました。『赤毛のアン』には、主人公アン・シャーリーが「チチアンの髪をした少女」と呼ばれる場面があります。ティツィアーノは赤みがかった金髪の美女を数多く描きましたから…。
 そういえば、アンがグリン・ゲイブルスの客間で見た絵は、「子供たちを祝福するキリスト」という題でした。もう一度、クラーナハの同じ題の絵を眺めましょう。(注:この絵はクラーナハの息子の絵ともいわれます。)


In Anne of Green Gables, a man said admiring Anne’s recitation, “Who is that girl on the platform with the splendid Titian hair?” And the picture that Anne was moved in Green Gables was entitled “Christ Blessing Little Children”.



c0345705_20542258.jpg
子供たちを祝福するキリスト
Suffer the Little Children to Come unto Me by Cranach the Elder or Younger



「あたしも、あの中のひとりだと想像していたの。(…)あの子はさびしそうで、悲しそうに見えるでしょう?きっと、お父さんもお母さんもないんだと思うわ。でも、自分も祝福してもらいたいもんで、おずおずと、みんなのそばに近づいていくの(…)あの絵をかいた人が、イエスさまをあんなに悲しそうにかかなければいいのにと思うわ。(…)ほんとうは、あんな悲しそうなようすはしていないと思うの。そうでないと、子どもたちは、イエスさまをこわいと思うでしょうもの。」『赤毛のアン』(モンゴメリ作、村岡花子訳)

and I was just imagining I was one of them () She looks lonely and sad, don’t you think? I guess she hadn’t any father or mother of her own. But she wanted to be blessed, too, so she just crept shyly up on the outside of the crowd, () But I wish the artist hadn’t painted Him so sorrowful-looking. All His pictures are like that, () But I don’t believe He could really have looked so sad or the children would have been afraid of Him.” ― Anne of Green Gables by L.M. Montgomery



c0345705_14195114.jpg
snowdropの友の手製のアン人形と、村岡花子が訳した『赤毛のアン』(抄訳版)
Anne-doll made by my friend and Anne of Green Gables traslated by MURAOKA Hanako



天使舞ふカーニヴァルの過ぎしのちレンテンローズは
ひつそりと咲く

Le carnival qui avait commencé avec le vol de l’Ange, il a fini et au lendemain s’ est ouverte une lenten rose silencieusement.



c0345705_20554970.jpg

レント(四旬節)* イースター(復活祭)の前の日曜を除く40日間。
初咲きのレンテンローズ * the first lentenrose in our garden (February 2017)

c0345705_15290972.jpg


おまけ*アルブレヒト・ヴォン・ブランデンブルク枢機卿(クラーナハ)(左)
映画「わが命つきるとも」の枢機卿(中)(ホルバインの絵のような映画です)
カーディナル(枢機卿)という名の小鳥(右)


Bonus
Portrait of Cardinal Albrecht of Brandenburg by Cranach(wikipedia)
Cardinal in a filmpinterest)* This film is like H.Holbein's paintings…
Bird named Cardinal (wikipedia)


「cardinal cranach」の画像検索結果「man for all seasons」の画像検索結果「cardinal bird wiki」の画像検索結果



(All Rights Reserved)







[PR]

c0345705_10581600.jpg
映画「イノセント」(L'innocente by Visconti)DVDより(図版5枚)


男は紅の女に魅せられていた。離婚し、自由を謳歌する女に。ヴィスコンティ監督は、彼女を紅のドレスや紅の壁紙で包む。神秘的な女には、東洋趣味の漆の調度がよく似合う。原作の小説にはほとんど登場しない妖艶な女が、銀幕に立ち上がる。

Un homme était fasciné par une femme rouge qui avait divorcé d’ autre homme. Le directeur Luchino Visconti enroba la femme dans sa robe rouge et le papier peint rouge. Une femme mystérieuse est assortie à un paravent en laque orientale. La femme fatale qui ne appaît guère dans le roman original, elle est présente et vive dans le film.



c0345705_10590245.jpg


男には、青灰色の妻がいた。貞淑な妻。慎ましい妻。妹のように愛らしい妻。

L’homme avait sa femme bleue. Une épouse vertueuse et réservéemignonne comme la petite sœur.



c0345705_10593228.jpg



男は緑色の目をしていた。その瞳は、補色の紅を追い求める。青灰色の妹妻は、いつもそばにいて、放蕩を許してくれると期待している。彼女が睡眠薬を求めるほど苦しんでいることにも気づかずに…

Les yeux verts de l’ homme suivent la femme rouge. Il espère que son épouse bleue soit toujours à ses côtés et lui parodonne son infidélité. Il ne sait pas qu' elle noie son angoisse dans le somnifère.



c0345705_11000867.jpg
après le premier baiser?


青灰色の寝室で夫の浮気話を聞かされた妻は、ときに違う色をまとう。薔薇色の部屋でかむる、うす紫のベール。たっぷりふりかけた姫林檎の香水。鏡に映りこんだ少女の肖像画は、幼な妻の純情さを思わせる。けれども、妻は夫以外の男の愛を知ってしまった。くちづけの余韻を味わっているのだろうか、彼女は鏡を見つめている。


La femme qui écoute son mari de parler sur son petite amie, elle est de temps en temps vêtue d’ autres couleurs en plus de bleu. Dans sa salle rose, elle met le voile mauve et se met du parfum de club apple. Le portait d’ un enfant dans le miroir est le symbole de son ingénuité ? Mais elle a déjà connu l’amour avec un écrivain, qui mourra comme Bergotte dans RTP (
aux vitrines éclairées, ses livres disposés trois par trois veillaient comme des anges aux ailes éployées).



c0345705_11004047.jpg


夫婦は田舎の別宅、リラ荘へ出かけた。罪を知る前の若き日を象徴するような白い部屋。埃をよけるための家具カバーも、束ねられたカーテンも、すべてが白い。白い服を脱ぎ、久しぶりに愛し合う二人。しかし、妻はすでに夫以外の男の子供をみごもっていた。


Le couple partirent à la Villa Lilla dans la campagne après une longue absence. Voici une des chambres blanches dont l' ameublement était couvert des housses blanches pour éviter de la poussière. Le blanc est le symbole de leur jeunesse innocente avant leurs infidélités. Ils firent l’amour après une longue séparation. Mais la femme avait déjà été enceinte.



「innocente visconti film moglia」の画像検索結果
「イノセント」DVD(amazon)


「jupiter and io」の画像検索結果
コレッジョ「ゼウスとイオ」*Zeus and Io by Correggio(detail)(pinterest) 


妻が別の男の子供を宿していると知って、なおも、夫は妻を求める。美しい妻の背中は、コレッジョの描いたイオさながらである。雲に変身した異教の神ゼウスのように妻を抱く男。ヴィスコンティ監督は、コレッジョの絵と重ね合わせるように、この場面を撮影したのかもしれない。


Le mari embrasse sa femme encore après avoir su sa conception impardonnable. Le beau dos de sa femme est comme celui d’ Io dans les bras (nuages) de Zeus, un dieu païen peint par Corregio.


「giancarlo giannini l innocente」の画像検索結果「光源氏  源氏物語絵巻 抱く」の画像検索結果
(google search)


 けれども、さしもの監督も、源氏物語絵巻は意識していなかっただろう。光源氏は若き妻、女三宮とその恋人柏木の子を、我が子として抱いた。緑の目の男も、妻の不貞の子を抱いている。色男のありふれた末路?しかし、この後の展開はそれぞれ異なる。
 そういえば『源氏物語』には、女たちにそれぞれの色の衣を選ぶ場面があった。紅梅襲(かさね)はあでやかな紫の上に、柳の織物は、源氏の恋人では珍しく不美人の、末摘花に贈られる。

Mais je ne crois pas que Visconti savait cette peinture japonaise aussi. Hikaru-Genji embrassa le bébé illégitime comme son propre enfant.L’ homme dans le film aussi. La même fin de Don Fans? Non, pas de même

 A propos, il y a un chapitre où Hikaru-Genji donne à chaque femme chaque couleur de robes. Celles rouges à sa belle femme, celles saule-vertes à une vieille petite amie qui est laide, Suetsumu-hana



c0345705_10273661.jpg
c0345705_11015926.jpg
『源氏物語の色』(平凡社)


末摘花、彼女もまた家族という後ろ盾を失った没落貴族だった。初めて光源氏と逢ったとき、彼女は風変わりな皮衣を着けていた。かつて遣唐使が伝えた、唐渡りの毛皮を形見として受け継ぎ、荒れ果てた屋敷で防寒のために重ね着していたのだろう。容姿や才気には恵まれていないが、一途な彼女は、源氏のもとに身を寄せて一生を送ることになる。末摘花はいにしえのローリング・ストーンだったのかもしれない。

Suetsumu-hana aussi était une noble ruinée. Quand elle rencontra Hikaru-Genji dans leur jeunesse, elle mettait la fourrure démodée, probablement un de son heritage, un marchandise d’ outre-mer (Chine) , comme un vêtement chaud dans sa résidence dévasté. Bien qu’ elle n’était ni belle ni pleine d’esprit, elle était sincère et vivait dans un coin de la residence de luxe de Hikaru-Genji. Elle était une “rolling stone” du Japon ancien, je crois.



c0345705_15433782.jpg
平等院鳳凰堂(2015年撮影)


帰去来兮田園将蕪胡不帰―陶淵明
Tornerò a vivere nella campagna Tao Yuanming (A.D. 365 - 427)


ヴィラ・リラへふたりで行かむ清ら花あふるる春へ帰りなむいざ
(帰去来兮)


Andremo a Villa Lilla insieme, a la primavera del fiore innocente, torneremo !


c0345705_17355982.jpg

Schloss Nymphenburg2004)


あのひとの声はあたしの春日なた眠りの国への扉なりしを

( Sa voix toujours me faisait sommeiller comme la lumière chaude du printemps… !



c0345705_21371498.jpg

Cytisus in Osaka (2014)

Bonus * https://www.youtube.com/watch?v=RcZn2-bGXqQ&list=RDRcZn2-bGXqQ (Angie by Rolling Stones)
https://www.youtube.com/watch?v=dbxHL9SmVeE (Angie covered by Julie * ジュリーが歌うローリングストーンズの曲 )


「ジュリ 沢田研二」の画像検索結果

A Presley in Japan, Julie (SAWADA Kenji) https://en.wikipedia.org/wiki/Kenji_Sawada


(All Rights Reserved)




[PR]

「like a rolling stone di bob dylan」の画像検索結果

ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」(wikipeida)


ローリング・ストーンひとつ転がれば苔むすこともしがらみもなし


One rolling stone neither gathers moss nor has ties.


 

 2016年のノーベル文学賞は、アメリカの歌手ボブ・ディランに贈られた。暮れのある日、「転がる石のように」という歌がテレビから流れてきた。小石のように転落してゆく女性をうたった、ひりつくような歌詞。彼女は破滅してゆくのか、それとも、解放されたのか?

 かつて聴講していたギリシア語の授業の教科書に、「転石苔むさず」という言葉があった。イギリスでは「石の上にも三年」、アメリカでは「活発な者はいつも清新」と逆の意味になるとか。ローリング・ストーンはイギリスのロックバンドだが、そのスタイルは「石の上にも三年」とは真逆だ。Snowdropも後者を採る。転がる石のような境遇におちいった女性は、じつは解放されたのだと…


 The Nobel Prize in Literature 2016 was awarded to Bob Dylan. One of his songs ”Like a Rolling Stone” caught snowdrop’s ears one day in December last. The lyrics shows us a woman who are rolling down in her life like a small stone. ― Has she ruined herself or … freed herself?

 Snowdrop had seen an example sentence, Λίθος κυλινδόμενος το φύκος ου ποιεί (A rolling stone gathers no moss) in her Greek grammar book. While this proverb has negative meaning in England, positive in America. The name of an English rock band, The Rolling Stones has positive meaning! They are active and fresh like rolling stones. Snowdrop also takes it that a rolling stone is free. The woman should have freed herself.



c0345705_20091303.jpg
映画「イノセント」(L'innocente by Visconti)DVDより


映画「ベニスに死す」で知られるヴィスコンティ監督に、「イノセント」という作品がある。初めの方にちらりと、年老いた女性ピアニストが出てくる。絹ずれとささやきに満ちたサロンで、モーツァルトの「トルコ行進曲」も、リストの「エステ荘の噴水」も、淡々と速弾きする老嬢。黒のドレス、黒の装身具、気位の高そうな面長の顔。彼女は、サロンに集うイタリア貴族に先駆けて没落してしまった、元淑女ではないだろうか。いわば、「ローリング・ストーン」のはしりではなかろうか。

L'innocente is one of the films of Luchino Visconti. Do you remember this pianist, an old lady in black? She plays both Turkischer Marsch by Mozart and Les jeux d'eaux a la Villa d'Este by Liszt at high speed, indifferently. Her oval face looks proud and gloomy. Is she one of the first impoverished aristocrat, ahead of signore e signori in this salon? Is she one of the first rolling stones?


c0345705_16180002.jpg


ピアニストの独白

 私にだって、サロンの椅子に腰かけて、ピアニストの指を熱心に眺めていた頃があったものよ。まだお父様が生きていて、何不自由なくピアノのお稽古に打ち込んでいられた頃…色々あって、遺産はほとんど手放したわ。いまはピアノで生計を立てる毎日。音楽は私の喜びだったのに、人前で毎日毎日おなじ曲を弾き、おしゃべりのBGMにされている内に、そんな心弾みはすっかり擦り切れてしまった。

 一張羅の黒いドレスも、ところどころ傷んできたわ。黒は最高のお洒落っていうけど…雨の日も風の日もサロンに足を運ぶ暮らしだと、じつは汚れが目立たなくて重宝するの。第一、サロンのピアニストなんて、黒衣(くろこ)ですもの。

Monologue of the pianist

I also used to sit on a chair in a salon and observed enthusiastically a pianist’s fingers, when my father was still alive and I could practice the piano sans souci. But now I have lost almost all of my inheritance, and make a living as a pianist. Although the piano used to be a source of the pleasure for me, I have lost such a palpitation while playing the same kinds of pieces day by day as the background music for rich people

My Sunday best has partially begun to become threadbare. They say the ladies look best in black…to tell the truth, the black dress is the most convenient and economical, especially for me, a pianist who should go out to work even on rainy or windy days. You know, the salon pianist resembles the Kuro-ko[go]!



c0345705_17330241.jpg
文楽人形をつかう黒衣(『文楽』平凡社)
https://en.wikipedia.org/wiki/Kuroko


喜びあれ!祈る傀儡(くぐつ)をあやつるは姿も声も隠せる黒衣(くろご)


Joyeux PrintempsCe qui manipule cette marionnette,c
est un Kuro-go sans forme, sans voix.


 モーツァルトの「トルコ行進曲」は子供のころに習った曲。もっとゆっくり、表情をつけて、と先生はおしゃったけど、速弾きするのが好きだった。トルコ人の太鼓に合わせて、平原を駆け巡る気がしたわ。
 そういえば、ベートーヴェンのワルトシュタインの冒頭もいいわね。まるで驀進する蒸気機関車みたい!さすがは楽聖、産業革命の時代を見通していたのねえ(笑)
 

Turkischer Marsch by Mozart was my first repertory in my childhood. My piano teacher often told me to play more slowly and expressively, but I liked to "shred" ! I felt as if I had been running in dem schönen Westerwald to Turkish military drums! Waltstein by Beethoven, whose sounds and notes are just like the movement of a steam locomotive's wheels, I like it also. He foresaw the Industrial Revolution. That's worthy of one of the greatest musicians! (hu hu)



「ワルトシュタイン」の楽譜つき動画。音符がそのまま車輪の動きのよう。


私、じつはお転婆だったの。お屋敷の天蓋つきのベッドで目が覚めるたび、まるで金の籠に閉じこめられた雀のような気がしたものよ…

You know, I was a tomboy. Every time I woke up in my canopied bed in our mansion, I felt myself being a sparrow in a golden birdcage


「laura antonelli l innocent」の画像検索結果


ベッド
で刺繍する映画のヒロインL'innocente by Viscontigoogle search



Andremo a Villalilla dopo Pasqua. Sarà tutta fiorita (L' Innocente di Gabriele D'Annunzio)


ヴィラ・リラへふたりで行かん無垢の花あふるる春へ
帰りなんいま


Andremo a Villa Lilla insieme, a la primavera del fiore innocente, torneremo !



「gwen john window」の画像検索結果

クヴェン・ジョン「画家の部屋」
Bonus*A Corner of the Artist's Room by Gwen John(wikiart)

(つづく)
(To be continued)

(All Rights Reserved)








[PR]

c0345705_09044188.jpg


君ねむる朝の窓ベにふはふはと(にこげ)のやうに雪はふりつむ


À la fenêtre près du lit où tu dors, la neige tombe froufrou, comme des duvets.



太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。―三好達治「雪」


Putting Taro to sleep, on the roof of Taro’s house falls snow.

Putting Jiro to sleep, on the roof of Jiro’s house falls snow.
Snow by MIYOSHI Tatsuji,translation of snowdrop


a0332314_13272250.jpg

与謝蕪村「夜色楼台図」Tower at Night by YOSA Buson 



夜に入って、わが家にも雪がふり始めた。
翌日は、降りみ降らずみ。君の住む土地の雪はまだ降り続いているだろうか。極北から運ばれてきた、おなじ雪が。


À la nuit, il a commencé à neiger chez moi aussi. Le lendemain matin, il neige par intermittence. Est-ce qu’ il continue de neiger encore chez toi ? La même neige boréale ―



Img_0909_1024x712_2


クリスマスの窓辺の雪の飾りひとつ外し忘れて水仙月くる

Pendant qu’ elle oubliait d’ enlever un neige d’ ornement de Noël sur une fenêtre, le mois de narcissus est venu.




Img_0063_800x600


日本の子供は雪をまるめて雪兎をこさえる。庭の南天や万両の葉と実を、耳と目にして…こんな兎を額にのせたら、熱もはやく下がるかもしれない。


Des enfants japonais font le lapin des neiges avec des feuilles et fruits du
bambou sacré ou du coral ardisia (Christmas berry). Si ton enfant attrape un rhume et tu le mets sur son front, la fièvre tombera plus tôt.


c0345705_13160608.jpg
歌川広重「雪中椿に雀」HIROSHIGE Calendar (January 2007)


小庭の「
雪中山茶花」

Img_0062_800x600_2


All Rights Reserved


「雪合戦」の画像検索結果

Bonus Snowball Fight (google search)

リヨン(フランス)の雪合戦 ↓





[PR]