タグ:Croquis(スケッチ) ( 1 ) タグの人気記事


c0345705_04435510.jpg

礼文島(2014年



ユリシーズ  
ウンベルト・サバ


若いころ俺は

ダルマツィアの岸辺を帆走した

波間から

見え隠れする島々に時おり

鳥が一羽獲物を狙いとまっていた

ぬらつく藻に被われた島々は

エメラルドみたいに綺麗に太陽に耀(かがや)いた

(…)
今日 俺の王国は

あのノー・マンズ・ランド 

港は誰かのために灯をともし 俺は 沖へと

いまだに駆り立てられている

飼いならされていない魂と

人生への痛苦な愛ゆえに

(snowdrop翻訳)



Ulisse
  Umberto Saba


() Oggi il mio regno

è quella terra di nessuno. Il porto

accende ad altri i suoi lumi; me al largo

sospinge ancora il non domato spirito,

e della vita il doloroso amore.


(…)Aujourd'hui mon royaume
est cette terre de personne. Le port
fait briller pour d'autres ses lumières ; moi, vers le large
me pousse encore un esprit indompté
et de la vie le douloureux amour.

la traduction d’ Odette Kaan


c0345705_04583874.jpg

Rebun Island, Hokkaido(2014


海と空のあはひを翔る鳥を見つつ半刻なりとも

吾はノマッド * ノマッド(さすらい人)


(Quand je vois un oiseau volant entre la mer et le ciel, même si demi-heure, je suis nomade.)

 

まだ右手タイピングできない状態なのに、翻訳の仕事が増えてしまって…
しばらくブログをお休みします。
また帰って来ますので、その時はよろしくお願いします。

Although I cannot yet type with the right hand, my workload (translation) has increased. I stay away from my blogues for a while. Salut!


   

ここからは、お時間が許せばどうぞ


 2年前の夏に試訳したイタリアの詩を改訳して、私は、結びの一句から離れられずにいる。「痛苦な愛」とは何か?原詩は il doloroso amore、仏訳は le douloureux amour。
 むかし、フランス文学の恩師がこう言った。douloureux という単語は嫌いだ、長くて重苦しいから。…彼は病がちで、身体の苦痛に敏感な人だった。
 フランス語ではドゥルゥルー、イタリア語ではドロローソ、たしかにどんよりする響きである。手元の『プチ・ロベール』で引いた中身をまとめれば、「肉体的/精神的苦痛を引き起こす(もの)」という意味。痛み、苦しみ、つらさを伴う愛とは何だろう。
 私もまた痛みの諸相を垣間見た。刺痛、疼痛、痺痛、鈍痛、関節痛…。垣間見た、というのは、たいていは薬ですぐに抑えられたからだ。痛みは肉体の異常を知らせるメッセンジャー、役目が終われば不要になる。痛みによる心身への負担は最小限でよい。じっさい、体の痛みが心を傷めてしまうこともある。
 逆もまたしかり。だが、心の痛みは抑えにくい。この詩の「俺」は、おそらくは心に癒しがたい痛みを抱えながら、愛さずにはいられないのだ。人生を、人間を愛し、港を夢見ながら苦しみ、ひとり沖へと駆り立てられる。俺の王国、ノー・マンズ・ランド(無人地帯、荒野)へ。
 飼いならされていない魂が、人への妥協を拒むのか。心を引き裂く愛が、独りの内省を求めるのか。ノー・マンズ・ランド ― 寂しくも誇り高い響き。「孤高」というありふれた言葉が浮かぶ。心の痛みもまた、メッセンジャーなのだ。各人の心の在り方を模索する、迷える使者。つきまとう使者。かけがえのない使者。愛おしい使者。
 タイトルは「ユリシーズ」、海をさすらったギリシアの英雄オデュッセウスを意味する。オデュッセウスはふるさとの家族のもとへ帰っていった。手負いの獣めく「俺」の心は、そんな英雄に憧れているのだろうか。心の痛みが体を傷め、老いさせてしまう前に、魂のふるさとを見つけてほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=rkermyl_JKw

 After having translated again the Italian poem that I once translated two years ago, I am hauted by the last phrase ”il doloroso amore” i.e., “le douloureux amour”.
 My former teacher had said, “ I hate the word douloureux, because it is too long and heavy” . He had to undergo artificial dialysis from youth and was sensitive to the physical pain.
 According to Petit Robert, this adjective means “Qui cause une douleur (physiquemorale)”. What is the love that cause the pain?
 
Although I have experienced various pains (pricking; aching; tingling; dull; joint, etc.) in the hospital and at home, my medicines often have removed them quickly. The pain is a messenger of a physical trouble and he should exit after his turn. Sometimes the physical pain undermines the mental health.
 And sometimes the anxiety causes the physical pain. But it is difficult to remove the mental pain. The hero in this poem suffers from an uncurable pain and yet he cannot but love the life. While loving the life, the people, and even the port, he is alone driven offshore to his realm, no man’s land (a desert or the deserted sea).
 
Does his untamed soul reject the compromise with others? Does the love that tears his heart require the meditation in the silence ? No man’s land, whose sound is solitary and proud. The mental pain also is a messenger, a stray messenger; a haunting messenger; a precious messenger; a beloved messenger who gropes to your own standpoint.
 UlisseOdysseus)finally returned home where his family had been waiting for him. Where will the hero of this poem drift ashore? Does his soul like a wounded beast adore Ulisse? I wish he will find his spiritual home, before his mental pain weakens his body and makes him old.

 
Bonus

Michelangelo' s unfinished Pieta (Milan, 1999) ― Stabat mater dolorosa

c0345705_13453853.jpg

(All Rights Reserved)






[PR]