タグ:ポンペイの壁画展 ( 1 ) タグの人気記事


c0345705_10423176.jpg
仮面とタンバリンのある壁面(部分) Parete con maschera e tamburello(detail), Boscoreale



 クリスマス・ガーランドにしてはどこか変?これは古代ローマの壁画の一部です。日伊国交樹立150周年を記念し、全国を巡回中の「ポンペイの壁画展」が、1225日まで兵庫県立美術館で開催中です。(図版はすべて展覧会図録から撮影)

古代ローマの祝祭のイメージとくれば、酒の神ディオニュソスここでは眷属の女性マイナスの仮面と、タンバリンとが、木蔦の花綱に吊るされています。
 ポンペイの壁画は、漆喰浮彫で大理石を模すという、実用的な第一様式(紀元前2世紀)から始まりました。上記の壁画は、花綱で奥行きを加え、だまし絵遊びを始めた、第二様式(紀元前1世紀)初期のものです。

 A little bizarre Christmas garland? This is a part of a wall painting of the ancient Rome. “Roman Wall Painting in Pompeii” is now open at Hyogo Prefectural Museum of Art until the 25 December, which marks the 150th anniversary of the establishment of diplomatic relations between Italia and Japan.

The festival in the ancient Rome was often for Dionysus. Here you see one of his attendants Menade’s mask and her tambourine suspended from the ivy garland. This wall painting is in the Second style (c. B.C.1c), where walls are decorated not only with practical architectural features with stucco in the First style (c. B.C. 2c) but also with trompe l'oeil (trick of the eye) compositions.



c0345705_10444275.jpg
踊るマイナス(部分) Menade in volo(detail), Pomepi, Casa del Naviglio



マイナスは酒に酔って恍惚とすると、タンバリンを叩いて踊りながら山野をさまよいます。手にしているのは、松かさや木蔦をつけた杖(テュルソス)。なんだか、クリスマスの宿り木や松ぼっくりに通じるものがありますね。体が透けて見える薄いキトンやマントの優美なこと!これは第三様式(紀元前1世紀末)の壁画の一部です。

When Menade gets intoxicated, she wanders in hills and valleys while dancing and beating her tambrine. She holds a thyrsos also, whose pine cones reminds me of those in Christmas ornaments. The expression of her body, translucent chiton and himation deserves appreciation as one painting. This work was a part of a wall painting in the Third style (late in the first century).



c0345705_11140753.jpg
詩人のタブロー画がある壁画断片(部分) Decorazione parietale(detail), Pompei, Casa del Bracciale d' Oro

 第三様式の壁画は、建築だけでなく庭園や風景、神話の情景でにぎやかに彩られるようになります。帝政期の「ローマの平和」の豊かさが反映しているのでしょう。この艶々しいおじさんはシレノス、マイナスとおなじくディオニュソスの眷属で、馬の耳と尾をもち、歌と踊りが大好きです。牧神パンのシュリンクス(葦笛)も描かれていますね♪
 細密な筆致、的確な立体表現、壁画のどの部分を切り取っても、一枚の静物画になりそうです。なお、所どころ細かな縦線が入っているのは、補筆であることを明らかにするためです。根気強い修復の努力があってこそ、展覧会で多くの人の目に触れることが可能になるのですね。


The wall painting in the Third style illustrates mithology, scenery, gardens, kitchen still lifes, etc. They reflect the opulent society of Roman Empire, “Pax Romana”. This old man with a bright complexion is Silenus, who is also an attendant of Dyonisus, having the attributes of a horse. He likes singing and dancing, and you see here a syrinx of Pan also. How delicate brushworks and how skillful volumetric representation!


c0345705_11360190.jpg
c0345705_11362045.jpg

赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス(部分)*Eracle e Telefo(detail), Elcolano, Augusteum


こちらの大作は、神話の一場面を絵物語のように描き出しています。英雄ヘラクレスが、捨てられた我が子テレフォスを見つけた決定的瞬間です。ヘラクレスの隣で麦穂を差し出し、子供の所在を示しているのは、天使でしょうか。いいえ、翼をもつ精霊です。牝鹿の乳を飲むテレフォスの生き生きした姿態といったら!その上で、あらぬ方に視線を泳がせている人物は山の精、ここがアルカディア地方であることを示す擬人像です。山の精の背後からは、アルカディア生まれの牧神パンが、父子の再会を興味津々で見つめています。
 

This painting represents one scene of mythology,the decisive moment when Hercules discovered his lost son Telephus. Not an angel but a winged spirit indicates the son to his father with an ear of wheat. The depiction of Telephus taking the breast ofa doe is fresh and vivid. Allegory of Arcadia is looking far off into the distance. From her behind, Pan is observing the father and son with great interest.


 
c0345705_12051685.jpg
鳩を抱く子供*Bambino con colomba (Adone bambino), Pompei, Casa di Successus


テレフォスとヘラクレスの絵は第四様式(紀元50年頃)に属します。あの皇帝ネロが黄金宮を造らせた頃です。紀元というと…、そう、イエス・キリストは紀元前後のおよそ30年間を生きました。けれども、第三様式の絵にも、第四様式の絵にも、キリスト教を思わせるものは何もありません。キリスト教は偶像を禁じていたため、初期キリスト教美術の誕生は紀元3世紀を待たねばならないのです。この鳩を抱く愛らしい子供も、天使ではなく、幼いころの英雄アドニスです。

The above two paintings belong to the Forth style (c.A.D.50) , when the Domus Aurea was built by Emperor Nero. Speaking of Anno Domini,yes, Jesus Christ lived about thirty years around Anno Domini. But you do not find the Chrisitian elements in the Third~Forth-style paintings. Because Christianity had prohibited the idolatry, it was not until the third century that Early Christian art appeared. The above lovery little boy is not an angel but Adonis in his childhood.


c0345705_10404650.jpg
Prolegomena to the Study of Roman Art by Otto Brendel, Japanese edition (left)

酒宴で歌う皇帝ネロ(映画「クォ・ヴァディス」より)

c0345705_12101287.jpg
日本の伎楽面を思わせる仮面が右上に…
The above mask resembles an ancient Japanese one for Gigaku (ancient masked drama)…

「伎楽面 王」の画像検索結果
酔胡従法隆寺献納宝物)*Drunk Persian attendant(7c.)(wikipedia)


古代ローマの裕福な人々は、街中の家のほかに、郊外に別荘を持っていました。農園別荘で農作業をするのは小作人や奴隷で、主人は時おり農園を見回り、美しい壁画の部屋でくつろぎました。壁には果物や狩りの獲物といった静物画が描かれています。宴の客はイチジクやリンゴなどをお土産にもらったのでしょうか。


The rich ancient Romans had not only their town houses but country houses (villa rustica). It was the tenant farmers and slaves who worked in the farms, and the master sometimes inspected his farms and relaxed with his guests surrounded by beautiful wall paintings. Did he give his guests various souvenirs (fruits, meat, fish, etc.) like those painted in his triclinium (dining room)? The mask at the upper right of the figure reminds me of Gigaku mask in the ancient Japan, at the end of the silk road.



c0345705_12112794.jpg
Carmiano Villa rustica, Triclinio
L' Arte del Convito nella Roma Antica by Eugenia Salza Prina Ricotti



古代ローマの宴会の豪勢なことは日本でも知られています。ここは農園別荘の大食堂、酒神ディオニュソスや豊穣の女神ケレスなどが描かれ、葡萄酒を造っていた事がうかがえます。どんな食材を料理していたかは、文庫本の表紙から想像してください。青いのはアスパラガスの束ですね。なお、当時トマトはまだ食されていませんでした。


The Lucullan banquet in Roman empire (including the peacocks!) is famous in Japan also. Here we are in a triclinium of a villa rustica, where Dyonisus and Ceres are painted. This villa might have been a winery. Do you find fresh green asparagus on the front cover of my paperback? But the Romans could not enjoy tomatoes!



c0345705_12105785.jpg



こちらはエルコラーノ郊外のソーラ地区の海浜別荘です。窓の外には青い海、家のなかにはエジプト青の壁画や天井画…浮世の憂さを忘れられそうです。


Here we are in a villa in contrada Sora! The blue sea outside the window, the Egyptian blue walls and ceilings in the rooms…How refreshing villa it is!


「Amen blue egypt」の画像検索結果

アメン神*Amengoogle search


エジプシャン・ブルーの部屋でまどろめば青き(はだへ)のアメンを夢む


When I take a siesta in an Egyptian blue room, I dream of Amen with blue skin.



c0345705_11473835.jpg
水鏡を見つめるナルシスとアモル(クピド)*Narciso e Amor (Cupido), Pompei


これらのフレスコ画は、紀元後1世紀半ばに描かれました。イエスさまが昇天してしばらくした頃でしょうか。キリスト教は、こんな豊かな古代の暮らしと宗教に、復活というシンプルな教え一つで立ち向かったのですね ―
 そして、やがてキリスト教美術は、幾多の曲折を経つつ、古代ギリシア・ローマの美の遺産を種として花ひらくことになるのです。たとえば、愛らしいアドニスやクピド(アモル)の姿を借りて、天使が生まれました。

These frescos were painted in the middle of the first century, little later than the Ascension of Jesus. He had confronted such rich lives and religion with only one simple doctrine, the Resurrection.

Later Early Christian art would bloom from the seeds of Greek and Roman art after much trouble. For example, charming Adonis or Cupido (ex. upper figs.) are the model of the angel.



c0345705_16325656.jpg
フェニックスと二羽のクジャク*Fenice e due pavoni, Pompei, Casa e Caupona di Euxinus


 ある食堂のフレスコ画には、こう書かれています「フェニックスは幸せだ。君もまたそうでありますように」お客さまが楽しく過ごせることを願う、あたたかな言葉です。さまざまな信仰のかたちはあっても、隣人を思う心はひとつだと思います。
 来年は酉年、snowdropもこう申し上げます。「不死鳥は幸せです。読者の方々もまたそうでありますように」
 展覧会場のトリがこの絵でした。粋ですね!


There is an inscription in one fresco of a caupona. PHOENIX FELIX ET TV” (phoenix felix et tu) The owner wanted his customers to enjoy eating and drinking in his caupona. This kind of warmheartness is universal beyond the difference of the religions and values.

Year 2016 is that of the cock in Asia. Snowdrop also would like to say to you “PHOENIX FELIX ET TV” !!!



c0345705_15543944.jpg
おまけ 犬のシンクレトゥス(画中に名前が…) 
Bonus Cane SINCLETUS, Pompei, Casa degli Epigrammi



吾輩は犬なりその名もシンクレトゥスわんこのシンと
()
を呼びたまへ


Io sono un cane, SINCLETUS. Mi chiami cagnolino Sin, per favore!



ちょっとウンチク 「主の犬」と自称する一人の修道士が、ドミニコ会を始めるのは13世紀のことです。

 Dominicans<Domini canes (主の犬)  



ポンペイ展の帰りに、電車から見えた芦屋カトリック教会へ。待降節(クリスマス前の4週間)だったので、まだイエスさまは生まれていませんでした。空っぽの乾草のベッドを羊たちがのぞきこんでいます。



c0345705_15343414.jpg

Catholic Church of Ashiya, on my way home from the exhibition
                
    
(All Rights Reserved)


[PR]