カテゴリ:Autumn(秋の便り)( 57 )


f0374041_14501535.jpg

            むらもみぢ(2016年)


 いっぽう彼女は、薄雲がたちこめるような憂いを感じることが多くなった。しだいに二つの咬み傷が浅くなり、赤い腫れが薄れてゆくのを見れば、喜ばしいはずなのに寂しい。都に戻ったら何をしようという女官どうしのおしゃべりに耳をふさぎたくなる。そんな自分に皇女は戸惑った。

わたくしはもともと神館(こうだて)での一泊が好きであった。それが今年は毎朝、頻(しば)鳴く鵯(ひよどり)や雀の声を聞き分け、昼は雉や小綬鶏の叫びに驚き、夕べには蛙の合唱に聞き入ることができる。まるで草を枕に旅をしているようだ。なのに、わたくしの紙には四十雀の聞きなしも、蛙の声の高低も記されていない。ただ、わずかな言葉をつなぎ合わせた歌のかけらが散らばっているばかり。
十日目の夜、いつもより遅い時刻に男が訪れた。
「まれにこの時期、赤い尿(ゆまり)が出て容体が急変することがございます。今夜はおそばに侍らせて頂きますが、お気づかいなきよう」
男はいつものように、式子の手を取った。浮腫はさらに引き、手の甲と指の関節に膨らみが残るだけである。中指の付け根が、蚊に刺された痕のようにほんのりと赤い。彼はふとその手を、初めて見るもののように見つめた。
― このように小さな手を見るのは初めてだ…十三くらいの童でも、これよりふっくらした大きな手をしている。なんと細い指…扇と筆と箸しか執ったことのない手だ。日にさらされたことのない、白く薄い肌が戻りつつある。これまでは内出血の痣に覆われ気づかなかったが、手首に、流れる涙のしずくのような胡桃(くるみ)色の痣がある。こんな華奢なお身に、よくぞ毒が回ってしまわなかったものだ…
「よくぞここまで回復なさいました。内心、恐れていたのですよ。もしも薬が効かなかったらと…小刀を振るって何とかできればまだよいが、薬は正しく用いた後は、祈るしかありませんからね。これが小さい童だったらと思うと…ぞっとする」
 男の目が光った。式子は己が、幼子を蜘蛛の毒にさらした挙句、ひたすら祈る母であるかのような錯覚をおぼえた。

「祈り…その頭(つむり)はやはり僧を思わせます」
「いいえ、僕(やつがれ)は鄙の医師(くすし)に過ぎません」


この連載は日祝日に更新します。次回は11月26日(日)です。


c0345705_11084726.jpg
かえで(楓)は「かえるで(蛙手)」に由来します(高山寺、2015年5月)


 She came to sink into a fog of melancholy. The shallower and paler her wounds became, the more lonely she got. Hearing the court ladies talking about returning to the capital, she wanted to cover her ears…she was confused by herself.

― I used to like staying at Ko-date even only one night. Especially this year, every day I can listen to sparrows, pheasants, brown-eared bulbuls, Chinese bamboo partridges, and every night a chorus of frogs, Ural owls, etc. I feel as if I was travelling with a grass-pillow. And yet my papers tell nothing about the melodies of tits or frogs…only the fragments of my waka-poems with a little vocabulary.

 On the tenth night, the man visited her later than usual.

“ At this stage, sometimes the colour of urine changes red and the patient’s condition gets worth suddenly. I attend on you tonight, but please do not mind.”

 He took her hand as usual. The swelling has further gone down except the back and joints of the hand. The base of the middle finger is pink like two mosquito bites. He looked at the hand as if he had seen it for the first time.

― For the first time for me to see such a small hand…even a thirteen-year-old child has bigger ones. How thin fingers…Her hand has taken only a fan, a pen, and chopsticks…The white skin is coming back that has never been exposed to the sun. A teardrop-shaped brown mole on the wrist that I have not noticed because of the internal breeding bruises…what a delicate build…what a fortune that the poison has not passed into her system!

“ You have recovered miraculously…I was inwardly afraid, what if the medicine should not work? I would rather use my surgical knife…all I can do is to give you medicines correctly and pray…if the patient was a small child…horrified!”

 His eyes glistened. The princess felt as if she had been the mother whose child had been bitten by a spider.

Pray…your head looks like a monk’s.”

“ No, I am a mere country doctor.”


c0345705_16093198.jpg
淡海(あふみ、おうみ、滋賀)の千鳥のかたちの雲(1990年代)



窓は舞台
書割り雲をひよどりや烏天狗ら ひよいとかすめる


(Une fenêtre est un théâtre avec des nuages à l’ arrière-plan où un bulbul à oreillons bruns et un corbeau-tengu , ils passent.)


(Tobe continued to next Sunday
(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_13170324.jpg
十六夜の月*the moon on the sixteenth night of a lunar month

 

 八日目、腫れはさらに手首まで引いた。手袋をはめたような手が痛々しい。痛みと痺れは、しかし、男の薬のおかげで耐えがたいほどではない。

「ここまでは、医書にあるとおりの経過を辿っています」

「そなたは勉強家なのですね」

「おそれいります…けれども、唐渡りの蜘蛛の毒は、学べば学ぶほど怖くなります」

九日目、女官が運んできた洗顔用の盥(たらい)に式子は目をとめた。水鏡に自分の顔が映っている。ふだんはあまり意識することもないその顔が、満月のように輝いて見えた。曇りなき十六歳の肌はさらに透きとおるように白く、黒い瞳がぱっちりと開いて光を放っている。
 そういえば、夕べは尿(ゆまり)の色が、黄金から黄水晶に変化したと、あの人は喜んでいた。

「お身に注がれた蜘蛛の毒があらかた外へ出た証です。水をよくお飲みになられたのがよかった」と…。
 式子は嬉しかった。初めて男が笑ったからである。蜘蛛が放った毒も、体内に淀んでいた穢(けが)れも、すべてが流れ去り、空っぽの体に彼の魂の光が射しこんできたようだった。
 ― あの人は、本当に、わたくしのためを思ってくれている。皇女だからと遠慮せず叱ってもくれる。医師(くすし)なら当然のこと?でも、少なくともわたくしには初めてのこと…

 生きていたい。生まれて初めて、切ないまでに、そう思った。


この連載は日祝日に更新します。次回は11月23日です。


c0345705_22131950.jpg

十三夜の月*the moon on the thirteenth night of a lunar month


とほき歌ののちの静寂(しじま)をしのびかね木魂(こだま)のごとく啼くほととぎす

2015)(動画)https://www.youtube.com/watch?v=Zm9-TaWCWRM


Le silence après un chant lointain, est si lourd pour un petit coucou qu' il chante comme un écho.... 



c0345705_06023203.jpg
立ち待ちの月*the moon that one waits for while standing:seventeen-day old moon


 On the eighth day, the swelling went down to the wrist. Her hand looked like a glove. But the pain and numbness was tolerable thanks to his medicine.

“ Your recovery is just like as mentioned on my medical books.” “ You are a hard worker.”
“ Thank you for your compliment…but the more I learn about the poison of this spider, the more I feel afraid of it.”

On the ninth day, Shikishi took notice of the basin carried by a court lady. On the glassysurface of water, she recognized her face. The face that she used to beunconscious of, looked shiny like the moon. The skin of a sixteen-year-oldmaiden was immaculate and clear, and the black eyes were brighter than usual.

The night before, he had been pleased that the colour of her urine had turned from gold to citrine.

“ It is a sign of recovery, almost all the poison has been discharged from your body. It was good that you have drunk much water.”

 Shikishi was happy, because he smiled for the first time. After having ejected the poison and wastes in her body, the pure light of his soul straightly shined in.

― He is sincerely worrying about me. He scolds me, a princess, without reserve. Is it natural for a doctor? But for me, it is the first experience…

 I want to live.

 She felt that keenly for the first time in her life. 



(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)




[PR]

f0374041_13180426.jpg
(2016年10月撮影)


 式子はされるがままになっていた。腫れの昇る腕に、墨でしるしが入れられる。冷たい川水で絞った布が額に当てられる。熱に乾ききった唇が水滴によって湿らさせ、不思議な味の水薬を飲まされる。はきと見えた訳ではない。感じただけである。ときに痛みを伴う処置も、己が身をいたわられている、大切にされている、と分かるがゆえに、恐れも不快も感じなかった。女官たちに畏るおそる身の世話をされている時とは違う。相手の側にゆるぎない意志を感じる。ただ委ねればよかった。それは後白河院の皇女という貴(あて)なる処女(おとめ)にとって、初めての経験であった。

 誰もが疲れて寝静まった夜半。鵺(ぬえ)と恐れられるトラツグミの遠音だけがときおり、しめやかに響いていた()。そこにひとつの嘆息が重なった。そして、ぽつりと呟く声。
「この薬が効いてくれるとよいのだが…」
 素直な、素朴な、沁み入るような声。
 無理に目を開いてみると、燈台の光のなかに、禿頭(とくとう)の輪郭が認められた。祈祷僧だろうか。それにしては護摩焚きの匂いがしない。
「そなたは、僧侶ですか」
「いいえ、僕(やつがれ)は鄙(ひな)の医師(くすし)です」
 式子は大宮人や神官、僧侶以外の人間をほとんど見たことが無かった。父、後白河院のもとに遊び女や白拍子、傀儡子(くぐつし)などが召されているのを遠くから見かけたことが一、二度あったに過ぎない。男は、会うことも稀な父とも、神仏に仕える者とも、謡(うた)うたう民とも異なっていた。男の目が真正面から式子の顔を見る。その黒い瞳は、月光に照らされた賀茂の水のようにきらきらと輝いた。
「今宵が山となります。できるだけ動かれませぬよう」
 式子は男の目をひたと見つめ、声もなく、かすかに頷いた。

鵺(ヌエ)の鳴き声 *scaly thrush▶ https://www.youtube.com/watch?v=Kt35Pd83m6c

この連載は日祝日に更新します。次回は10月29日です。

a0332314_09423878.jpg
(2015年撮影)

Princess Shikishi left everything to him. Her arm was marked with ink in order to check the speed of the swelling. A cold wet cloth was put on her brow. Her hot and dry lips were moistened with his liquid medicine. She did not see but felt his treatments. Some painful treatments were neither fearful nor unpleasant because she could feel that she was taken care of attentively. It was not the same as timid and nervous services of her court ladies. She felt his unwavering volition. She had only to leave everything to him. It was the first experience for her, the noble virgine, the third princess of the ex-Emperor Go-Shirakawa.
 In the dead of night, everyone was tired and asleep and only a scaly thrush was hooting (whose voice was feared as nue, a kind of chimaera at that time). Another voice and a sigh overlapped.

“I hope this medicine will work

A simple, straight, and touching voice.
 When she opened her eyes, she saw an outline of a bonze-like head in the candlelight. Is he a priest who prays for me? But there is no smell of the fire-offering.

“Are you a priest?” 

“No, I am a country doctor.”

She had never seen the people other than courtiers, Shinto priests and Buddhist monks. One of two times she had seen the country musicians, puppet players, prostitutes, etc. who were singing and dancing in front of her father, ex-Emperor. The man was different from those people and from her father whom she had rarely seen. The man looked straightly at her. His black eyes were shining like the water of Kamo River lightened in the moonlight.

“You are in a critical condition tonight. Please do not move if possible.”

She contemplated his eyes and nodded silently.

(To be continued to next Sunday)
 (All Rights Reserved)





[PR]

f0374041_13201400.jpg

10月8日は「寒露」の始まり(2016年撮影)。。。 Late-autumnal dew's period has begun today.


 斎院式子は朦朧としていた。何が起きたのであろう。年に一度、賀茂祭の夜、ここ神館に泊まることが式子は好きだった。賀茂の社の「みあれ野」に拵えられた一夜限りの宿は、地面に近く、壁も薄く、周囲の森の気配を濃密に伝えてくる。深い吐息のようにざわめく木々。声を合わせて歌う蛙。小鳥の寝言。

その暁、式子はひとり目覚め、寝所の隅をじっと見つめていた。これまで見たことのない小さな蜘蛛が糸を吐き、巣を編むさまに見とれていたのだ。ただ一つ点された燈台の仄かな光のなかで、赤黒い体から不断に銀の糸が伸び、その糸は規則正しく、巧緻に、羅のような同心円を描き出してゆく。不意に、時鳥が啼いた。つねより高らかに、まるで凱歌のように。はっと身を震わせた彼女は体の均衡を崩し、蜘蛛の巣へ右手を突っ込んでしまった。中指に鋭い痛みが走る。
 式子は茫然と指を、指に並んだ二粒の紅を眺め、そして蜘蛛を見た。恐れはなかった。驚かせてしまって…という心持が先に立った。しかし、ほどなく、激しい痛みが訪れた。指から手の甲が火のように熱い。それでいて背筋に悪寒が走る。
 いつも眠りの浅い命婦がいち早く目を覚まし、女主人の腫れあがった手を見て悲鳴を上げた。警護の従者が叫んだ。彼方より駆け来
る跫(あしおと)が近づく。御典医だろうか。しかし、あの老医師がこんなに速く走れるものか…薄らぐ意識のなかで、言い争いの気配がしたと思うと、式子はいきなり右手を取られていた。聞いたことのない男の声がした。

「これは唐渡りの毒蜘蛛の傷です。見たんだ、数日前に、この森で、この蜘蛛を!おそれながら、御典医の手には負えません。僕(やつがれ)にお任せを」


次回は10月15日(日)に更新します。


c0345705_21494332.jpg
Today the late-autumnal dew's period has begun in Japanese calendar(photo in 2016)


Princess Shikishi was being in a hazy state. What is happening? She liked putting up at Koudate once a year, on Kamo Festival night. This residence for one night in Kamo forest, with the lower floor near to the ground, with thinner walls, conducts the feel of the forest in the air. The voices of the trees, the chorus of frogs, a silly song of a sleeping bird

 At the break of dawn, Shikishi was awake alone and staring at a corner of the room. The spider that she had never seen was weaving its fantastic web. In the only spot of dim light, from the small dark red body, silver thread is extended and drawing a concentric circle regularly and elaborately. Suddenly cried a lesser cuckoo. More loudly than usual, like a triumphal song. The princess shivered, off-balanced and thrusted her right hand into the web. A sharp pain shot through her middle finger.

 Vacantly she looked at her finger, at two drops of ruby blood, and at the spider. There was no fear. She was sorry that she frightened and disturbed that small insect. But soon a more acute pain attacked her. The finger and the back of the right hand became hot like a fire. And yet she felt a shiver run down her spine.
 A court lady, a light sleeper got up, found her mistress’ swollen hand and screamed. A guard cried. From a distance someone’s footsteps are approaching. The court doctor’s? But can that elderly doctor run so fast? While losing consciousness, she heard a quarrel and felt the wrist held. A stranger’s voice.

“ These are a Chinese venomous spider's bites ! I have seen it in this forest several days ago. May it please your honour, this is beyond the control of the court doctor. Leave it to me, please.”


(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)



[PR]

c0345705_16511530.jpg


雨上がり、射しこむ光のなかでファインダーを覗いたら、既視感(デジャ・ヴ)…どこかで見た構図…?

上村松篁の「青柿」。むだな枝や葉はなく、緑と青の諧調ははるかに豊かで ― まるで花人が白磁の壺へ生けた枝のよう。そして面長な柿!ここは渋柿でなくてはならぬ。

Un déjà-vu après la pluie au crépuscule. La peinture par UEMURA Shoko est plus simple et plus coloré que ma photo, comme une branche arrangée dans une vase en porcelaine blanche. La forme de kaki (fruit) doit être celle de kaki âpre ici.


c0345705_16513532.jpg
(『上村松篁』日本経済新聞社)


濃き緑うすきみどりの葉のかげに柿はしづかに雫をたたへ


雨後のあを夕べの光りに冴えかへる青柿うたふ言の葉のあれ

Si je peux chanter des bleus vives de ces kaki dans la lumière après la pluie comme ce peintre !)



c0345705_09540908.jpg



朝の光でもう1枚。…けれど、描かれた青柿のしずけさ、水をはねかえす枝のしなやかさ ― 1枚の絵の完璧さを新たに発見するばかり。

Un autre photo dans la lumère matinale, elle me montre à nouveau le calme et la souplesse fraîche du kaki dans la peinture ci-dessus.


おまけ  面の歯みたいな雨しずく
Bonus gouttes de pluie comme le bouche de Okina masque


c0345705_10062355.jpg

今日は敬老の日です Today is Respect for the Aged Day (pinterest)

「okina masque pinterest」の画像検索結果


c0345705_10372247.jpg

柿や稲穂に雀の干菓子(2016年10月)


c0345705_20530860.jpg

やまとの雀(2016年4月)

(All Rights Reserved







[PR]

c0345705_17493033.jpg


ふかぶかと秋になりたる空あひや一枚読みては視線を遠くす 宮英子



 白露に入った金曜日。秋に詠まれた一首の歌を鑑賞したい。
「ふかぶかと」「秋になる」は意表を突く繋がりである。それでも納得してしまうのは、「秋になりたる」空模様、「視線を遠く」へ誘う深い空を、私たちの心が共有しているからだろう。平仮名の「ふかぶか」と、詠嘆の「や」が青の濃さを物語る。では、続く「一枚」とは、何の一枚なのか。本、新聞、それとも木の葉…迷う間、読者は、「読みては視線を遠くす」る時間を共有することになる。
 曖昧さは人の想像力を動かす。とらえどころのない表情を浮かべた肖像画が動き出しそうに見えることがあるが、曖昧な文面もまた、文字の世界のなかに風のような動きを生む。

その後、「一枚」は手紙の一枚であることが明らかになった。便箋数枚におよぶ手紙など、やりとりしなくなって久しい。一枚目から二枚目、二枚目から三枚目へ移るたび、仰ぐ青空。そこに浮かぶのは手紙をくれた大切なひとの面影だろうか。二人が共有する思い出の情景だろうか。そういえば、昔は、レコード盤にA面とB面があって、裏返す間(ま)を味わったものだった…。

 思いは文通をしていた友へと流れてゆく。病院で出会ったとき、私は十代、彼女は二十代だった。互いの退院後も神戸へ旅をし、手紙を交わした。そのころのレターセットがいくつか取ってある。
 時はうつり、友は空へ旅立ち、私は ―
今年、久しぶりの病院のベッドで、友をしのんで少し泣いた。一緒にいて楽しかった時より、離れて寂しい時の方がずいぶん長くなってしまったね。。。忘れないよ。

***
le ciel limpide après la pluie


Deeply   it has become autumn,  the look of the sky  every time I read one leaf   I look away in the distance  (tanka by Miya Hideko, translation of snowdrop)


 “Deeply” and “it has become autumn” do not connect directly. And yet this slight jump persuades the readers because we share the deep sky of Japanese autumn that invites our gaze in the distance. The dash (cutting word “ya” in Japanese) suggests the extraordinary deep blue of the sky. What is “one leaf ” ?A page of a book, a leaf of a newspaper, or a leaf of a tree…? While wondering, the readers share the time to “look away in the distance”.

The ambiguity stimulates our imagination. This ambiguity makes a wind in this tanka like some portraits whose elusiveness leads to the feeling of movement.
 Later I learned that this "leaf" is that of a letter. It is a long time since I quitted writing a letter composed of several leaves. The first leaf, …the second,… and the third…while lifting her eyes, is she gazing at her precious person's image or their precious memory in the blue-sky screen? This tasteful interval reminds me of that while turning a phonograph record from A-side to B-side.
 And I remember one pen pal whom I met in a hospital in my youth. After leaving hospital, we traveled to Kobe and exchanged letters, some of which (unused item) I keep still now.
 Time passed, she passed away, and I ― in this early summer, on a bed in a hospital, remembering her, cried a little. (She had suffered from the joint pain of her collagen disease, far stronger and wider-ranged than mine: probably mental one. I wish I had been able to share it even a little, beyond time and space.) 。。。Je ne t' oublierai jamais, mon amie.


 

c0345705_17501175.jpg
↑ トンボ * dragonfly


空白の便箋入れて心こめて手紙を出そう空の彼方へ

Mettant des papiers à lettres vides et mon cœur fidèle dans une enveloppe, je la jete au-delà des cieux.



c0345705_17505141.jpg

封筒から透けて見える木の葉の便箋

papiers à lettres en forme de feuilles mortes dans une enveloppe transparante



あの子から返事が来たよ泣き笑いしているような朝焼けの空


Une réponse est venue de l’ amie, c’ est le ciel empourpré de l’ aurore comme un sourire entre ses larmes.



c0345705_08520987.jpg

(All Rights Reserved)



[PR]
c0345705_13400559.jpg



うなぎの寝床と称される京の町家、その一軒に足を踏み入れると、主(あるじ)が「巴里庭」と呼んでいた庭が隠れていました。ここは並河靖之七宝記念館。近代七宝の作家、並河靖之(1845-1927)の元住居兼アトリエです。

Une machiya, une maison en bois typique des centres-villes japonais, notamment à Kyoto, elle cache un jardin que le maître appelait Paris-Jardin. Ici, c’est Namikawa Cloisonné Museum, la musée qui était jadis la maison et atelier de NAMIKAWA Yasuyuki (1845–1927), un artiste d’ émail.



c0345705_13424798.jpg



でも、この和風庭園がなぜ「巴里庭」なのでしょう。並河靖之は生涯で12回万博に参加しました。うち3回のパリ万博で並河七宝は即刻完売、その収益で造られたから「巴里庭」なのです。設計したのは隣家の造園家、七代目小川治兵衛。琵琶湖疎水の水を引きこんだ南禅寺界隈別荘群の庭園や、平安神宮神苑で知られます。おや、庭の蛙が何か言いたげですね。ここからは彼に案内してもらいましょう。


Mais pourquoi est ce jardin japonais Paris-Jardin? NAMIKAWA Yasuyuki participa à
Expositions universelles douze fois, et à celles de Paris trois fois, où tous ses ouvrages se vendirent. Il consacra les bénéfices à la reconstruction de sa maison et la production du jardin. L’ architecte fut OGAWA Jihei VII (1860-1933), qui est connu par quelques jardins de l’ eau du canal du lac Biwa. Ah ! Une grenouille coasse, elle veut vous servir de guide !


c0345705_13434102.jpg


この庭が作られた時はにぎやかどしたなあ。お屋敷の新築も同時進行してましたから、槌音やら地面を掘る音やらが、一日中響いてました。その合間に、おっとりした施主はんの声。
「昔ながらの数寄屋建てやったら、外国のお客はんが鴨居に頭をぶつけてしまう、何とかならへんか」
パリ万博の出品作が好評を博してから、ここへ注文に来はる外国の方も増えましたよって…なんで蛙の分際でパリ万博なんか知ってるんかって?わては井の中の蛙ならぬ、京の蛙どすえ!この庭ができて数年後の1900年、竹内栖鳳いう京の画家はんは、自らパリ万博へ乗りこまはったとか。


Il était animé et bruyant pendant que ce jardin était en construction. Les uns pelletaient le sol ici, d’ autres clouait des planches là. La maison aussi était en reconstruction. J’ écoutait de temps en temps le voix du maître,
“La machiya traditionelle serait trop étroite pour un grand étranger. N’ avez-vous pas d’ idée?”

Oui, cette maison avait plus de clients étrangers depuis Expositions universelles de Paris! Vous questionnez pourquoi une grenouille sait Expo? Parce que je suis celle en Kyoto! Un peintre de cette ville TAKEUCHI Seiho a visité Expo 1900 à Paris, quelques ans après la construction de ce jardin!


Img_2247_800x600
c0345705_13525942.jpg
竹内栖鳳「緑池」*Green Pond by Seiho (c.1927)


目玉はなんと言うても、治兵衛さん十八番の琵琶湖疎水の引きこみどす。この庭の水は、でも、ただの飾りと違います。ここは七宝工房、七宝を研磨するのに、きれいな水がぎょうさん要りましてん。これぞ職住一体いうもんどすなあ。


L’ architecte OGAWA Jihei a entraîné de l’eau du canal du lac Biwa dans le jardin ! Mais cet étang n’ est pas purement décoratif ! L’ atelier de l' émail a besoin de l’eau pour polissage. C’ est un vrais living and working at the same location”!



c0345705_13551439.jpg

c0345705_14044096.jpg


ご主人が心を配ったかいあって、このお屋敷は外国のお客はんにも大好評どした。モダンなガラス障子から差しこむ光のなか、洋間のテーブルで、あるいは縁側で、色とりどりの七宝を細かいとこまでじっくり鑑賞できます。

Grâce à la considération du maître, cette maison a gagné la faveur auprès des clients étrangers. Un des clients l' a appelée "Petit Paradis"! Dans la salle d’ accueil remplie de la lumière à travers les shoji en verre, ou à la véranda en bois, on pouvait observer l’ émail minutieux.



c0345705_14061899.jpg



「小さな楽園」にいらしたお客はんを、ご主人は手ずからの煎茶でもてなしました。うすみどりのお茶が七宝の茶器のなかで、ええ香りの湯気を立ててましたわ。夏から秋の初めには、そこに蚊取り線香の煙がまざったもんどす。「オオ、アレは、カメ?」「本物と違いますえ。石の亀が、ひねもす甲羅干ししてるんどす」^^


Le
maître servait du thé soi-même au Petit Paradis. Le sencha (thé infusé) vert embaumait dans des tasses en émail. L’ odeur d’ encens anti-moustique se mélangait de l’ été au début de l’ automne. Oh, c’ est une tortue ?” “Pas de vraie tortue. Celle en pierre prend un bain de soleil toute la journée ^^


c0345705_14083286.jpg
Pig-shaped mosquito coil holder (Il ne fume pas!)



線香と木犀の香をこきまぜて京の町家の秋あたたかし



c0345705_14081084.jpg


1900年のパリ万博で銀賞を貰うた花瓶は、もう下画しか残ってまへんけど…それに似た物やったらここで見られますえ。花瓶の肩の丸みを生かして、滝のように藤が流れています。曲面は平面より難しい分、腕の見せ所やとか。下絵をもとに金属線を植線し、その区切りのなかにガラス釉を差し、焼きつけ、水をかけて研磨し…気ぃの遠くなるような工程どすなあ。


La vase couronn
é à Expo 1900 à Paris, elle se vendit mais vous pouvez voir celle semblable ici. C’ est comme la treille de glycine en émail ! Il est difficile de cerner le contour des motifs avec une mince bandelette métallique soudée sur le champ du métal et de remplir les intérieurs des contours, surtout sur une surface incurvée. On le cuit et ponce en versant de l'eau. Cela prend du temps !



c0345705_14121125.jpg


香炉とか、煙草入れとか、小品にも技の粋が詰まってます。人気の高いのが紫陽花と蝶をあしらったお皿。秋やというのに、絵葉書が売り切れてました。お隣の花野の壺も結構なお品で…どうどす、ひとつお土産に…。


Des petit ouvrages comme un brûle-parfum ou un tabatière, ils aussi prennent la meilleure de la technique
. Vous voulez l'un ou l'autre? Une carte postale de cette assiette avec le motif d' hortensia est la plus populaire même en automne!



c0345705_14130015.jpg


七宝の(たくみ)の巴里庭見しのちはパリ万博の本を探さむ


Après voir Paris-Jardin d’un artiste d’ émail, je vais chercher un livre sur Exposition universelle de Paris.




Img_2259_800x678
京都府立図書館(Kyoto Prefectural Library)

参考文献 :武藤由佳里「並河靖之と万国博覧会」(『万国博覧会と人間の歴史』思文閣出版)

(All Rights Reserved)



お庭にご興味のある方は、よろしければこちらもどうぞ。今週は庭園ウィークです(*^^*)





[PR]

c0345705_13521352.jpg



星のような楓もみじが、星屑のような青苔の上にひとひら落ちた。

A red star-like maple leave has fallen on the stardust-like green mosses.


c0345705_13542759.jpg


「影」も「光」も、「ひかり」と「かげ」の両方に読める。影は光、光は影。「星影のワルツ」という曲があったっけ。

Chinese characters “光” and “影
” mean both “hikari (light)” and “kage (shadow)” in Japanese (specially in the poem). The shadow is the light, and the light is the shadow. Fair is foul, and foul is fair.


c0345705_13562455.jpg


思い出すね。春の襲(かさね)の色を。

Do you remember a pair of colours in the spring?


c0345705_13574795.jpg
c0345705_14530487.jpg



欅(けやき)も、銀杏(いちょう)も、名も知らぬ葉も…散り敷いた葉はそれぞれに美しい。黄落という言の葉を味わう。

Japanese zelkova, Ginkgo biloba, etc, etc.every fallen leave has its own beauty. There is a season word "kouraku (falling yellow)" .



c0345705_14400803.jpg

c0345705_14365677.jpg
c0345705_14014079.jpg



銀杏の葉(をのこ)は袴スカートを穿くのは(をみな)と祖母は示し


(My grandmother showed me the leave of the male plant of ginkgo wears a pair of pants and that of the female a skirt.)


c0345705_15223417.jpg




むかし学校で習った詩を思い出す。こんなしずかな中庭で読み返してみたい。

I remember one poem that I learnt in my schooldays. I want to read it again in a calm courtyard like this.


c0345705_14284847.jpg

奥に小さなクリスマスツリーが …(神戸女学院 2011年)



秋  リルケ 高安国世訳

木の葉が散る、遠いところからのように散る、

どこか空の遥かな園が冬枯れてゆくように。
木の葉は否むような身振りで散ってくる。

そして夜々、重い大地は
星々の間から寂寥の中へ落ちてゆく。

私たちはみな落ちる。ここにあるこの手からも落ちる。
そうして他の人々を見るがいい。落下はすべてにある。

だがこの落下を限りなくおだやかに
その手に受け止めてる一人のひとがある。



Herbst


Die Blätter fallen, fallen wie von weit,
als welkten in den Himmeln ferne Gärten;
sie fallen mit verneinender Gebärde.

Und in den Nächten fällt die schwere Erde
aus allen Sternen in die Einsamkeit.

Wir alle fallen. Diese Hand da fällt.
Und sieh dir andre an: es ist in allen.

Und doch ist Einer, welcher dieses Fallen
unendlich sanft in seinen Händen hält.

Rainer Maria Rilke, 1902, Paris



Autumn     (translation of wikisource)

The leaves fall, fall as from far,
Like distant gardens withered in the heavens;
They fall with slow and lingering descent.


And in the nights the heavy Earth, too, falls
From out the stars into the Solitude.


Thus all doth fall. This hand of mine must fall
And lo! the other one:—it is the law.

But there is One who holds this falling
Infinitely softly in His hands.


c0345705_13530377.jpg



この詩は、
サンタクロースと同じ名の或るドイツ系フランス人への贈りものでもある。

This poem is my little gift for our haribo whose name derives from Saint Nicholas.
(^<) = (^_-)-☆ =  ;-)



Et encore pour notre savant
https://www.youtube.com/watch?v=JVqUdRdiJTk


(All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_09553065.jpg



旅茶碗をもって日帰りの旅に出よう。小さなお重には金平糖とお干菓子。桜もみじを愛でながら、野点なんかどうだろう。


Let’s go on a day trip with a travel cup! How about an open-air teaceremony viewing scarlet cherry leaves?



c0345705_14065613.jpg
c0345705_15254001.jpg




染井吉野は上向き、枝垂れ桜は下向きの枝ぶり。あたりまえだけど。


The branches of Yoshino cherry turn upward, those of the weeping cherry downward.




c0345705_13501281.jpg



空の青みづのあをにも冴えかへる桜もみぢを知るひとぞ知る


(Les feuilles rougies de cerisiers brillent au bleu du ciel et de l’ eau, que sait ce qui aime la beauté des feuilles.)



c0345705_14051114.jpg


 吉野より京奈良のほうが、京都よりも大阪のほうが、桜紅葉は鮮やかだ。日に当たる時間が長くて風が少ないから?
 今年のイギリスは黄葉も紅葉もきれいだと、BBCが言っていた。例年のように冷たい雨風に散らされないからだとか。スーパームーンも見られたし、この秋のロンドンっ子はツイている。

 The scarlet of cherry leaves is morevivid in Osaka than in Kyoto and Nara. Is it because of more sunshine and less windswept?
 
BBC said in October that the British can enjoy not only yellow leaves but red ones this autumn, because they have not been blown around by the cold wind and rain. Colorful leaves, Super moon(it was cloudy in Nara on 14th)…Londoners are in luck this autumn !


c0345705_15315769.jpg


苔の毛氈の上で光と影が戯れている。「木洩れ日」という言葉は、英語やフランス語にないらしい。モネは木洩れ日の美しさを自ら発見したんだろうか。


「春 絵画」の画像検索結果

モネ「本を読む女」* Claude Monet, La Liseuse (pinterest)


Sur le tapis de la mousse la lumière et l’ ombre jouent au chat et à la souris. On dit qu’ il n’ y a pas de mot “komorebi : la lumière fuit à travers les branches et feuilles” en français et anglais. Est-ce que Monet a trouvé la beauté de komorebi par soi-même?



f0374041_16511127.jpg



銀杏(いちょう)の下もぱっと明るくていいね。でも、銀杏(ぎんなん)の実で滑らないように…この中からお干菓子の葉と実を見つけたら、お口に入れてもいいよ
^^


Do you prefer the bright place under a ginkgo? But be careful not to slip on its fruits! If you find dry sweets in the shape of ginkgo’s leaves and fruit in the following figure, you can eat them. ^^




f0374041_16533737.jpg



しましまの帽子を風にさらはれてつるべ落としに団栗ころころ


(Le vent a emporté le chapeau d’ un gland, qui roule comme un seau de puits assimilé à les crépuscules en automne au Japon.


Gland Roulant ♪ ↓


https://www.youtube.com/watch?v=KhYuk3QmPy4 (Bonus)



遠き日の銀杏の大樹をなつかしみ友をさそひて池のほとりへ


En ayant la nostalgie d’ un ginkgo que j’ aimait dans ma jeunesse, j’ ai invité une amie au bord de l’ étang.



c0345705_16473419.jpg


(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_10025695.jpg



楓と書いて、「ふう」と読む木があることを知りました。そよ風が吹くと、丸い実がふわふわ揺れて、モビールのようです。


On dit qu' il y a l' arbre “ Altingiaceae : +” , dont le nom comporte le vent. Ses fruits frémissent au vent comme des mobiles.



(ふう)といふ木に ふはふはと まろき実は 秋風を呼ぶ
モビールのやう




f0374041_16285601.jpg



こちらは三角葉楓(さんかくばふう)、または加茂楓(かもかえで)。三つ葉が三つ色づきました。


Voici Altingiaceae à trois feuilles. Trois des trois-feuilles jaunissent!



c0345705_16060977.jpg


いっぽう、紅葉楓(もみじばふう)は楓(かえで)とおなじ五つ葉です。楓(かえで)より一足早く、紅く染まりました。


Voilà Liquidambar styraciflua à cinq feuilles comme celles de l’ érable. Celles-là rougissent un peu avant celles-ci.



f0374041_16300802.jpg


日当りのいいてっぺんから色づいていく楓(ふう)。赤い帽子をかぶった姉妹のようです。


Altingiaceae rougissent des sommets ensoleillés. Elles semblent être des sœurs grandes à chapeaux rouges.



おそろいの赤いシャッポンかぶつてる(ふう)の姉妹は背高のつぽ

フウとカエデについて(万葉集遊楽) http://manyuraku.exblog.jp/12061726//


c0345705_06373333.jpg



こちらは欅(けやき)。隣り合わせでもずいぶん色が違います。


Zelkova serrata aux couleurs variées au même lieu.



遠いほどもみぢは赤く見えるから奥へ奥へと散歩はつづく

Because the leaves are always redder on the other side, I continue to walk further and further.



f0374041_16445316.jpg



天と地の間をつなぐように伸びる木。木の影と光が草の上で戯れています。


Des arbres relient le ciel et la terre. L’ ombre et la lumière jouent sur l' herbe. Comment raconter la lumière ?– Une grâce de l’ombre ―Corinne Pluchart



かげと光ころころあそぶ草の上むかし愛した小犬のやうに


Shadow and light play on the grass just like my dog rolling over and over in my childhood.



c0345705_13495981.jpg


今年の立冬は117日でした。銀杏の葉は飛び立つ前の金いろの小鳥のよう。もうすぐ木枯らしが吹くでしょう。

Le premier jour de l’ hiver tombe le 7 novembre cette année. Les feuilles de ginkgo sont comme des oiseaux dorés qui attendent leur volées. Il souffra un vent sec et froid bientôt.




f0374041_07270434.jpg

イチョウの葉とギンナンの実の和菓子


母おくり初めて聴きし千の風あらたな出会ひを指で
数へつつ


( I heard Thousand Winds for the first time since I had lost my mother, while counting new encounters on my fingers.)



All Rights Reserved



「千の風になって」(Thousand Winds)










[PR]