ショパンの国の森で(In a forest in Chopin's country)



今日は日本の終戦の日。何年か前、BS-NHKで見た戦争映画を思い出す。舞台は東欧、ポーランド。

カティンの森で、ポーランドの人々は一人、また一人と銃殺されてゆく。「主の祈り」を唱えながら。けれども、あの短い祈りは、無残にも途中で断ち切られる。
「天にまします我らの父よ」(一人目)
「……願わくは御名をあがめさせ給え」(二人目)
「………御国を来たらせ給え」(三人目)
「…………御心の天に成る如く地にもなさせ給え」(四人目)
「……………我等の日用の糧を今日も与え給え」(五人目)

この続きを唱える者はいない。皆、その前に倒れていった。
「………………我等に罪を犯す者を我らが赦す如く我らの罪をも赦し給え」
彼らに対し殺人の罪を犯しているソ連兵たちのために、祈る言葉は発せられない。
祈りは届かない。永遠に。

祈りの届かないところ。ダンテの『神曲』で最も深い地獄にいるのが、キリストを売ったユダである。ユダは後悔して、西洋花蘇芳の木(ユダの木)で縊れた。キリストを否認したもう一人の弟子、ペテロは、改悛してカトリック教会の礎となった。なぜユダだけが?― ユダは神に赦しを請わなかったからだというけれど。…(ユダはキリスト受難の成就のための捨て石ではなかったか)

祈りの届かないところ。そんなところはあってはならない、と思う。ずっと解き切れなかった疑問。いま、それを言葉にしてみたのは、この夏、海の彼方の友らがあの大戦の話をしていたからだ。



Img_1111_800x600

西洋花蘇芳 (セビリア、2007年)

聖痕を持たざる我にうすあかき蘇芳幹より咲(ひら)くかなしも 高野公彦



敵をゆるせと祈るまもなく殺されし人々ありきカティンの森に

KAMIKAZE
とテロを称する国ありて吾らが歴史を日々呼び覚ます
(NHK誌上短歌大会第三回入選作) 





♪ ショパンの前奏曲第4番 ♪




August is the month of the leaves, and the month when World War II ended in Japan. It reminds me of the above film that I have seen on television.

In the Katyn forest, Polishes were shot to death one after another while reciting the Lord's Prayer. But that short prayer is broke off every time.

"Our Father, who art in heaven," (the first victim)
"……Hallowed be thy Name." (the second)
"………Thy kingdom come. " (the third)
"…………Thy will be done, on earth as it is in heaven." (the forth)
"……………Give us this day our daily bread," (the fifth)

There was no sixth to pray as follows, because all the people were killed before reciting the sixth part.

"………………And forgive us our trespasses, As we forgive those who trespass against us."

The prayer for the murderer, Soviet soldiers, was never recited in this film. The prayer never reaches them, forever.

The place where the prayer never reaches, that is the deepest hell where Judas has been since he betrayed Christ(Divina Commedia). While Juda regretted and hung himself on a Judas tree to go to Hell, another disciple who denied Christ, Petros was forgiven to become a founder of Catholic church. Why? They say that it is because Judas did not implore God for forgiveness.…(Wasn't Judas a sacrificed stone so that…?

The place where the prayer never reaches, such a place should not exist, I think. The question that I have considered for a long time ― why do I talk about this to you now ? Because you were talking to each other about the World War II more deeply than before this summer.


Img_3114_800x600

ハナズオウ * Cercis chinensis(奈良、四月)



Il y a eu des gens  qui
furent tués  avant de prier   pour ceux
qui les avaient offensés   au bois de Katyn.

Il y a un pays  qui appelle l' attentat  le KAMIKAZE,  ce mot réveille notre histoire  toutes les fois.
(mon ouvrage sélectionné au 3e coméptition dans une revue de NHK, 2017, traduction de snowdrop)



c0345705_20570164.jpg
『ボッティチェリ』(朝日新聞社)* Paradiso par Botticelli

(All Rights Reserved)


2015年8月に考えたこと



[PR]
by snowdrop-momo | 2017-08-15 20:33 | Summer(夏の便り) | Trackback
トラックバックURL : http://ramages2.exblog.jp/tb/26892393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。