雨の花ごもり(Ermitage dans Fleurs, sous la Pluie)

c0345705_14573435.jpg


ぽつぽつとまるい粒、何に見えますか?こういう雨粒が歯に見えると言うフランス人がいます。雨のヴェランダは、桜をうれしみ笑っているのでしょうか。


Qu
'est-ce que vous voyez sur cette photo? Des gouttes de pluie comme ça, elles évoquent la dentition à une française. Est-ce que cette véranda sous la pluie rit en admirant un cerisier en fleur?



c0345705_14575081.jpg


ヴェランダの向こうには、雨にけぶる桜。週末のお花見は見送り、お家で花ごもり…


Le cerisier à travers la véranda console snowdrop qui évite la foule de hana-mi de WE. Elle préfère son ermitage




c0345705_14583409.jpg


あなたの街も雨ですか。桜のお茶を淹れましたよ。桜風味のゴーフルもどうぞ。珍しく、クリームがはみ出しています。ほんのり桜色のクリームは、母の白粉のような匂い…

Il pleut chez vous aussi? Snowdrop a fait du thé, avec une gaufre de FUGETSUDO, qui est inventée comme une friandise originaire avec le nom français. Tu as de la chance, tu VOIS la crème au saveur de feuille de cerisier dans cette gaufre! La crème fleure la poudre de sa mère


「gaufre pinterest」の画像検索結果   ワッフルみたいな 本場のゴーフル(pinterest)

ゴーフルとは、神戸の菓子職人が西欧のゴーフルの名を借りて創作したお菓子です。その一方で、日本人は本場そのままのスコーンを作ったりもします。クロテッドクリームも、苺ジャムも…けれど、小食のsnowdropはヨーグルトを添えるのがせいぜいです。


Le japonais imite fidèlement aussi le gateau comme des scones, clotted cream, confiture de fraises, etc. Snowdrop, qui a un appétit d’ oiseau, préfère le yaourt.



c0345705_14053516.jpg


三時にテレヴィをつけると、ミュシャのポスター「ジスモンダ」が映っていました。女優サラ・ベルナールが手にしたこの葉っぱ、棕櫚(シュロ)だったのですね。今日はイースターに先立つ「棕櫚の日曜日」。キリストがロバに乗ってエルサレムに入城し、人々が棕櫚の葉を振って出迎えた日です。さすがNHK、粋ですね。

À l’ heure du quatre-heures (trois-heures au Japon), Gismonda de Mucha est passé à la télé. Oh, ce rameau dans un main de Sarah est la palme?! Aujourd’hui, c’ est Dimanche des Palmes ! C’ est un choix de programme digne de NHK !




ミュシャの「椿姫」、春日山に連なる高円山麓の白毫寺の五色椿はこちらへ


c0345705_14582010.jpg


春雨を聴きながら、読みたくなる本。弾きたくなる音楽。


En écoutant la bruine, snowdrop lit ce livre et joue ce morceau chaque printemps.

https://www.youtube.com/watch?v=crTylNISgOg(フォーレ「夜想曲」第1番)

和歌のリズムは、かな文字を綴るリズムに通じるといいます。西本願寺の三十六人家集がつくられてから数年後、平清盛が生まれました。彼は武家の棟梁として公家の世を終わらせる一方で、貴族文化に憧れて平家納経を奉納することになります。


SHIRASU Masako dit que le rythme de waka concorde avec celui de calligraphie de kana. Entre
Nishi Honganji Sanju-rokunin Kashu (c.f.wiki) et Heike-nokyo, il existe environ cinquante ans. Celui-ci est produit par Heike et TAIRA-no-Kiyomori, un guerrier clan, qui termina l’ aristocratie, la base de celui-là. C’ a été les temps troublés comme aujourd’hui.



c0345705_14594457.jpg
Nishi Honganji Sanju-rokunin Kashu (ca.1112)  『王朝絵巻と装飾経』講談社
c0345705_16403410.jpg
Heike-nokyo (1164)   『王朝絵巻と装飾経』講談社


 これらの歌集と経典には、ひと連なりの美意識が感じられます。同様に、フォレの夜想曲第1番と、バッハの平均律第18番の前奏曲は似ている気がします。心に沁みるような変ホ短調の旋律や、アルペジオ(琵音)や…。

 フォレはバッハを、いわば本歌取りしたのでしょうか。フォレは教会オルガニストで、バッハにも親しんでいましたから。

Ces deux oeuvres se ressemblent comme deux musiques ci-dessous. Pas seulement leurs tonalités (mi bémol mineur) mais leurs melodies, arpèges etc. Est-ce que G. Fauré a fait honkadori (c.f. wiki) de J.S.Bach ? Il était un organiste comme Bach



On dit que le début de cette fugue représente la Trinité. Jean Christophe la joua pour ses amis. Pour ce Dimanche des Palmes…↓

そろそろ本や楽譜を閉じることにしましょう。暮れなずむ窓辺に立てば、ご近所の花が望めます。桜は東に、桃は西に。桃のそばの白梅だけは三月の写真です。


Elle ferme le livre et les musiques à regarder dehors par la fenêtre. Dans le crépuscule, un cerisier à l’ est, un pêcher à l’ oest. Un prunier était en fleur au mois de mars.



はるさめや暮れなむとしてけふもあり 与謝蕪村


Le crachin de printemps
… lentement le crépuscule approche aujourdhui aussi YOSA Buson, traduction de snowdrop


YOSA(与謝) est le patronyme, et Buson(蕪村) le prénom. Au Japon, 《PATRONYMEPrénom》,c' est l' ordre traditionnel. On souvent l' occidentalise depuis l' ère Meiji(1868-1912).


Img_0060_800x725_2Img_0062_800x758_2











ゆふぐれのほのくれなゐのほのあかり花の国への
幽けきしるべ  
snowdrop


Img_0051_800x600

(All Rights Reserved)






[PR]
by snowdrop-momo | 2017-04-10 22:15 | Spring(春の便り) | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://ramages2.exblog.jp/tb/26573326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HITOHA21 at 2017-04-11 22:11
こんばんは(^^ snowdropさん 初めまして

私は、短歌も俳句も音楽もわかりませんけど、
美味しそうなもの、綺麗なものは少しわかります(^^;;

桜をあしらった綺麗な茶碗に桜のお茶と茶たくが
桜色の敷物に生えて美味しそうでそそられました(^^

目で感じる部分にしかリアクションできず
お恥ずかしい(^^

花籠りという言葉は、短歌とかでは普通に使われる
言葉ですか・・なにか耳に良い響きですね。

Commented by snowdrop-momo at 2017-04-12 06:34
HITOHAさん、ようこそお越しくださいました。
美味しいもの、綺麗なものは元気をくれますね。
とりわけ目は、人間の五感の大部分を占めているそうです。

HITOHAさんの美しいお写真を見ていると
優しい音や清々しい匂いまで伝わってくる気がします。
私はカメラや画像処理のことは何も分からないので、
ただ見てうっとりするばかりですが…

「花ごもり」は一昨年思いついた言葉ですが
いまググってみると、樋口一葉が先に使っていたことが分かりました。あら、HITOHAさんって、漢字だと「一葉」なのでは?偶然ですね!
Commented at 2017-07-31 20:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。