モンサンミシェルと宮島(厳島)と(comme des soeurs…)

c0345705_11484315.jpg
c0345705_14370445.jpg
2004年4月



浮島てふ菓子は沈めりわがなかに遠き旅路の記憶のうちに


Île flottant au caramela été englouti dans mon estomac et dans mon mémoire du voyage lointain.


c0345705_06212649.jpg
「浮島」という名のお菓子とシードル(ノルマンディ)Île flottant au caramel》(Rouen, 2004)
 ドビュッシー「沈める寺」https://www.youtube.com/watch?v=NsdIkUSjXv8


 フランスにモン・サン=ミシェルあり、日本に厳島神社あり。モン・サン=ミシェルは聖なる岩の上に、厳島神社は聖なる山(弥山)と海との境の浜に建てられました。どちらも夢のお告げから生まれた、水上の祈りの場です。
 ミシェル(ミカエル)は大天使の名。8世紀、大天使ミカエルがある司教の夢に現れ、修道院を建てるよう告げました。
 いっぽう、「厳島(いつくしま)」は水の女神「市杵島姫命(イチキシマヒメ)」、あるいは、「(神に)斎く島(いつくしま)」に由来し、奈良時代から信仰の島でした。平安時代
、平清盛は夢のなかで、厳島の宮を造営するように、というお告げを受けました。

En France, on a l’ abbaye du Mont-Saint-Michel. Et au Japon, le sanctuaire d’ Itsuku-shima. Celui-là est située sur le mont sacré. Celui-ci à la plage, la limite entre le mont sacré (Misen) et la mer. Ils sont les sanctuaires sur l’eau.
 Michel (Micael) est le nom d’ un archange, qui apparut dans un rêve d’ éveque d' Avranches, Aubert et demanda la construction d’ une église sur le mont. Itsuku-shima vient du nom de la déesse de l’eau ”Itsiki-shima hime” et est une île sacrée depuis 6e siècle. Taira no Kiyomori (1118-1181) fut commandé dans son rêve de bâtir un temple là.


c0345705_17034284.jpg
c0345705_17001799.jpg
2011年5月

「平家納経 提婆品」の画像検索結果
平家納経*Heike-nokyo(google search)


 モン・サン=ミシェルは修道院、中庭には瞑想のための柱廊があります。
 厳島神社は寝殿造り、平安貴族の邸宅の様式をもつ社殿です。武家の棟梁、平清盛の貴族文化への憧れが伝わってくるよう。晴れた日には、水上の廻廊には水面の光がゆらめき、竜宮城さながらです。

 L’abbaye du Mont-Saint-Michel a les cours et portiques doubles pour la meditation (une de ”merveilles” de l' abbaye). 
 Le sanctuaire d’ Isuku-shima est
au style architectural développé pour les palais ou les manoirs de l'aristocratie, construits à l'époque de Heian (794-1185). Taira no Kiyomori est un guerrier noble et adorait la culture d’ aristcratie. Il dédia armures, Heike-nokyo (decorative sutras), etc. au sanctuaire.


c0345705_14564521.jpg
モンサンミシェルの柱廊*Cloître de l' Abbaye du Mont-Saint-Michel

c0345705_17061578.jpg
厳島神社の廻廊*Corridor du sanctuaire d' Itsukushima


管弦祭、厳島観月能、…いつかじかに見たいものです。

Snowdrop adore la fête et Noh d’ Itsuku-shima.


「厳島観月能」の画像検索結果

Itsukushima-Noh under the harvest moon (google search)


厳島は神さまの島。琵琶湖の竹生島のように、人が住むことは禁じられていました。厳島神社が海上に造られたのも、聖なる土地だからです。神官たちが島に住むようになったのは、鎌倉時代末から南北朝の頃だとか。

Puisque Itsuku-shima est une île sacrée, comme Chikubu-shima, il était interdit de vivre sur l’ île . C’est pour la même raison que le sanctuaire est situé sur l’ eau. C’ a été depuis 14e siècle que des prêtres habitent sur l’ île.

c0345705_17125670.jpg
神官*prêtre shintoïste


 人間よりはるか昔から住んでいたのが、鹿たちです。春日の鹿も、宮島の鹿も、ともに神鹿として大切にされてきました。そのため、春日の森にも、宮島の森にも、鹿の食べない馬酔木がふさふさと茂っています。
 いっぽう、モン・サン=ミシェルのそばの湿地では、羊たちが塩からい草を食んでいます。彼らはいずれ、塩味の利いた羊料理にされてしまいます。

 Les cerfs vivent depuis plus longtemps que les gens. On protége le cerf de Itsuku-shima comme celui de Kasuga, Nara. Aux bois de Itsuku-shima et de Kasuga, on voit beaucoup de pieris japonica que le cerf ne mange pas.
 
Autours du Mont-Saint-Michel les moutons sont connus, qui mangent des herbs salés et seront mangé par l’ homme parce que leur viande est pré-salée et savoureuse.

c0345705_20460351.jpg

奈良の鹿の写真集と、モンサンミシェルの絵葉書

Img_0341_768x1024_4
厳島の大鳥居と鹿

Grand torii flottant du sanctuaire d' Itsukushima et un cerf


ジャポニスムのポスター主役はオレ、牡鹿

Voici une affiche du japonisme, le héros c’est moi, un cerf divin.)

Img_0340_525x800


宮島の宿のポスター*à l'hôtel


 豊臣秀吉が建立を命じた豊国神社(千畳閣)には、絵馬ならぬ鹿の絵が…。857畳敷の広い板の間に映る若葉は、緑茶を流したようです。戦国武将の頂点に立った秀吉が憧れたのは、茶道や能楽でした。平安時代の武士の棟梁、平清盛のつくらせた厳島神社や平家納経は、秀吉の目にどのように映ったことでしょう。
 そういえば、モン・サン=ミシェルは難攻不落の砦でもありました。聖ミカエルは戦う大天使です(『笑う大天使 (ミカエル)』という漫画がありましたっけ)。文と武が切り結び、火花のような美を生む時代が、西洋にも東洋にもあったのです。

 Voici le sanctuaire construit par TOYOTOMI Hideyoshi (en 1587, inachevé). Hideyoshi, la tête de guerrier qui fut sorti de paysan adorait la voie du thé et le Noh.
 Au fait, le Mont-Saint-Michel était une forteresse aussi et Saint Michel est le chef des forces du ciel.
 La force et la culture étaient liées en heurtant mutuellement dans le temps passé.

c0345705_17114649.jpg

千畳閣* Sanctuaire construit par Hideyoshi (1587)
https://en.wikipedia.org/wiki/Toyotomi_Hideyoshi


千枚の畳も千本(ちもと)の桜にも届かざりけり天下びとの夢


(Thousand tatami mats and thousand cherry trees ― neither goals of a ruler, Hideyoshi, were to be reached.)



c0345705_14464648.jpg

醍醐の花見には、秀吉の命でおよそ700本の桜が集められました。(2015年のお花見)
Only 700 cherry trees were transplanted in Daigo-ji Temple under the order from Hideyoshi in 1598, the year of his death.


モン・サン=ミシェルと宮島は、2009年から姉妹都市です。

Mont San Michel et Miyajima sont jumelés depuis 2009.

「日本、フランス、こうゆう関係ー日仏交流150周年」(google search)


関連画像

(All Rights Reserved)




[PR]
by snowdrop-momo | 2017-03-05 06:36 | Spring(春の便り) | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://ramages2.exblog.jp/tb/26475410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pikorin77jp at 2017-03-05 21:33
こんばんは!猫たちの記事にコメントありがとうございます。

身近な宮島でも snowdrop さんの記事を読んでると知らないことが たくさんあるんだなと感じました。鹿と羊  snowdrop さんが 動物に生まれかわるなら鹿になりたい、と言われた気持ちは ここにあったのでしょうか。聖なる地 厳島 宮島を こんな視点から こんなに素敵に紹介してくださって これを読まれた 外国の方たちも 宮島に行ってみたいと思われるのではないでしょうか。
Commented by snowdrop-momo at 2017-03-06 06:42
pikoさん
お越しくださって、とても嬉しいです。貴ブログの記事も、とっても勉強になりました。そして、乙姫さまのいる竜宮城みたいなお写真のワンダフルなこと…

猫ちゃんのドラマもわくわく拝見しています。
snowdropは暑がりで怖がり故、動物に生まれ変わるなら、大仏池の鹿がいいです。
…暑くなったら、池に浸かって涼みながら、ぷちぷちした菱の実を食べよう…ここには人間も犬もやって来ないから…
いいな~
Commented by desire_san at 2017-03-07 20:07 x
こんばんは。 厳島神社は何度か行きましたが、モンサンミシェルを連想した経験はありませんでした。 「フランスにモン・サン=ミシェルあり、日本に厳島神社あり。モン・サン=ミシェルは聖なる岩の上に、厳島神社は聖なる山(弥山)と海との境の浜に建てられました。どちらも夢のお告げから生まれた、水上の祈りの場です。」 と書かれておられるのを読んで、目からウロコというか、なんとなく納得してしまいました。 興味深いお話、楽しく読ませていただきました。ありがとうございます。
Commented by snowdrop-momo at 2017-03-07 20:57
desireさん、何度も宮島にお越しなんですね。私は二回だけですが、日差しが足りず、竜宮城のような水の反映は見られませんでした。その頃はまだモンサンミシェルと姉妹都市ではなかったのですが、今回、このことを知って驚きました。宮島の宿でジャポニズム風のポスターを見かけ、フランスとのご縁を感じたのを思い出します。久々に貴ブログの広やかな宮島のお写真も拝見しました。オーストリアの記事のお知らせも、ありがとうございます。
Commented at 2017-05-07 21:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。