転がる石 上(Rolling Stone1)

「like a rolling stone di bob dylan」の画像検索結果

ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」(wikipeida)


ローリング・ストーンひとつ転がれば苔むすこともしがらみもなし


One rolling stone neither gathers moss nor has ties.


 

 2016年のノーベル文学賞は、アメリカの歌手ボブ・ディランに贈られた。暮れのある日、「転がる石のように」という歌がテレビから流れてきた。小石のように転落してゆく女性をうたった、ひりつくような歌詞。彼女は破滅してゆくのか、それとも、解放されたのか?

 かつて聴講していたギリシア語の授業の教科書に、「転石苔むさず」という言葉があった。イギリスでは「石の上にも三年」、アメリカでは「活発な者はいつも清新」と逆の意味になるとか。ローリング・ストーンはイギリスのロックバンドだが、そのスタイルは「石の上にも三年」とは真逆だ。Snowdropも後者を採る。転がる石のような境遇におちいった女性は、じつは解放されたのだと…


 The Nobel Prize in Literature 2016 was awarded to Bob Dylan. One of his songs ”Like a Rolling Stone” caught snowdrop’s ears one day in December last. The lyrics shows us a woman who are rolling down in her life like a small stone. ― Has she ruined herself or … freed herself?

 Snowdrop had seen an example sentence, Λίθος κυλινδόμενος το φύκος ου ποιεί (A rolling stone gathers no moss) in her Greek grammar book. While this proverb has negative meaning in England, positive in America. The name of an English rock band, The Rolling Stones has positive meaning! They are active and fresh like rolling stones. Snowdrop also takes it that a rolling stone is free. The woman should have freed herself.



c0345705_20091303.jpg
映画「イノセント」(L'innocente by Visconti)DVDより


映画「ベニスに死す」で知られるヴィスコンティ監督に、「イノセント」という作品がある。初めの方にちらりと、年老いた女性ピアニストが出てくる。絹ずれとささやきに満ちたサロンで、モーツァルトの「トルコ行進曲」も、リストの「エステ荘の噴水」も、淡々と速弾きする老嬢。黒のドレス、黒の装身具、気位の高そうな面長の顔。彼女は、サロンに集うイタリア貴族に先駆けて没落してしまった、元淑女ではないだろうか。いわば、「ローリング・ストーン」のはしりではなかろうか。

L'innocente is one of the films of Luchino Visconti. Do you remember this pianist, an old lady in black? She plays both Turkischer Marsch by Mozart and Les jeux d'eaux a la Villa d'Este by Liszt at high speed, indifferently. Her oval face looks proud and gloomy. Is she one of the first impoverished aristocrat, ahead of signore e signori in this salon? Is she one of the first rolling stones?


c0345705_16180002.jpg


ピアニストの独白

 私にだって、サロンの椅子に腰かけて、ピアニストの指を熱心に眺めていた頃があったものよ。まだお父様が生きていて、何不自由なくピアノのお稽古に打ち込んでいられた頃…色々あって、遺産はほとんど手放したわ。いまはピアノで生計を立てる毎日。音楽は私の喜びだったのに、人前で毎日毎日おなじ曲を弾き、おしゃべりのBGMにされている内に、そんな心弾みはすっかり擦り切れてしまった。

 一張羅の黒いドレスも、ところどころ傷んできたわ。黒は最高のお洒落っていうけど…雨の日も風の日もサロンに足を運ぶ暮らしだと、じつは汚れが目立たなくて重宝するの。第一、サロンのピアニストなんて、黒衣(くろこ)ですもの。

Monologue of the pianist

I also used to sit on a chair in a salon and observed enthusiastically a pianist’s fingers, when my father was still alive and I could practice the piano sans souci. But now I have lost almost all of my inheritance, and make a living as a pianist. Although the piano used to be a source of the pleasure for me, I have lost such a palpitation while playing the same kinds of pieces day by day as the background music for rich people

My Sunday best has partially begun to become threadbare. They say the ladies look best in black…to tell the truth, the black dress is the most convenient and economical, especially for me, a pianist who should go out to work even on rainy or windy days. You know, the salon pianist resembles the Kuro-ko[go]!



c0345705_17330241.jpg
文楽人形をつかう黒衣(『文楽』平凡社)
https://en.wikipedia.org/wiki/Kuroko


喜びあれ!祈る傀儡(くぐつ)をあやつるは姿も声も隠せる黒衣(くろご)


Joyeux PrintempsCe qui manipule cette marionnette,c
est un Kuro-go sans forme, sans voix.


 モーツァルトの「トルコ行進曲」は子供のころに習った曲。もっとゆっくり、表情をつけて、と先生はおしゃったけど、速弾きするのが好きだった。トルコ人の太鼓に合わせて、平原を駆け巡る気がしたわ。
 そういえば、ベートーヴェンのワルトシュタインの冒頭もいいわね。まるで驀進する蒸気機関車みたい!さすがは楽聖、産業革命の時代を見通していたのねえ(笑)
 

Turkischer Marsch by Mozart was my first repertory in my childhood. My piano teacher often told me to play more slowly and expressively, but I liked to "shred" ! I felt as if I had been running in dem schönen Westerwald to Turkish military drums! Waltstein by Beethoven, whose sounds and notes are just like the movement of a steam locomotive's wheels, I like it also. He foresaw the Industrial Revolution. That's worthy of one of the greatest musicians! (hu hu)



「ワルトシュタイン」の楽譜つき動画。音符がそのまま車輪の動きのよう。


私、じつはお転婆だったの。お屋敷の天蓋つきのベッドで目が覚めるたび、まるで金の籠に閉じこめられた雀のような気がしたものよ…

You know, I was a tomboy. Every time I woke up in my canopied bed in our mansion, I felt myself being a sparrow in a golden birdcage


「laura antonelli l innocent」の画像検索結果


ベッド
で刺繍する映画のヒロインL'innocente by Viscontigoogle search



Andremo a Villalilla dopo Pasqua. Sarà tutta fiorita (L' Innocente di Gabriele D'Annunzio)


ヴィラ・リラへふたりで行かん無垢の花あふるる春へ
帰りなんいま


Andremo a Villa Lilla insieme, a la primavera del fiore innocente, torneremo !



「gwen john window」の画像検索結果

クヴェン・ジョン「画家の部屋」
Bonus*A Corner of the Artist's Room by Gwen John(wikiart)

(つづく)
(To be continued)

(All Rights Reserved)








[PR]
by snowdrop-momo | 2017-01-22 07:07 | Winter(冬の便り) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ramages2.exblog.jp/tb/26339842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-01-22 22:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-01-26 21:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by desire_san at 2017-01-27 09:21 x
ヴィスコンティ監督の「イノセント」は以前見たことがあります。ヴィスコンティ監督の映画は、「郵便配達は二度ベルを鳴らす 」「白夜」「地獄に堕ちた勇者ども」「ベニスに死す」「ルートヴィヒ」など、心に響く作品ばかりですね。
最近の映画でこのような体験をすることがほとんどなくなりました。英雄伝やサクセスストーリーは面白くできていますが、心に響かないので、劇場に足を運ぶことは少なくなりました、最近の日本アカデミー賞受賞作も、映画としてはよくできていますが、面白かったとは思っても、観てよかった、もう一度観たい、という映画に出会うことがなく残念です。
私は何年かぶりに映画を劇場で見る予定です。「沈黙・サイレント」と「エゴン・シーレ」、久しぶりに映画館に見に行きたくなりました。来月のブログは、オペラ「カルメン」から始めます。海外旅行レポートは、やっと一昨年秋に行ったオーストリアに入ります。気が向いた時で結構ですので、時々覗いてください。
Commented by snowdrop-momo at 2017-01-27 20:06
desireさん、コメントをありがとうございます。ヴィスコンティ監督の映画、desireさんもお好きなのですね。どれも印象的な作品ばかり…マーラーなど、クラシック音楽もうまく使われていますね。

「沈黙・サイレント」はNHKの番組で紹介されていました。遠藤周作の原作に基づく、深く重厚な作品になっているようです。エゴン・シーレ、ネットで予告編を見ましたが、とても興味深いです。オーストリアの旅を思い出しながらの映画鑑賞、きっと感動が深まることとお察しします。

ルクセンブルクの旅行記も、楽しく拝読しています。来月以降もお力のこもった記事を心待ちにしています。