もう二つ寝ると…(New Year's Eve's Eve)

c0345705_12212717.jpg


スミレてふ店で見つけし世界一ちさき鹿すむ国の葡萄酒



「野生の思考」の画像検索結果

『野生の思考』の「思考(仏語でパンセ:pensée)」は「スミレ(パンジー)」と同じ綴りです。



「イオン(AEON)」はスミレという意味のギリシア語、「イオン(ION)」に似ています。イオンで、菫ほどの小さき人…ならぬ、世界一小さな鹿のワインを見つけました。冬なので、あたたかそうな帽子とマフラーを着けています。このプーズー・プダやアルパカは、南米のチリに生息しています。

AEON, a Japanse super market's name resembles ION, a violet in Greek. snowdrop has found there a bottle of wine with the design of Pudu Puda, the smallest deer in the world (Il met un chapeau et cache-nez en hiver, sans cacher son nez!). The deer and alpaca live in Chili.



c0345705_15535596.jpg
(2014年撮影)


 日本では1226日にクリスマスの飾りつけを外し、お正月の準備にかかります。けれども、わが家は16日まで、クリスマスの余韻を味わうことにしています。
 今年は見つからなかった飾りもあります。WELCOMEの文字の前に吊るした麦わらの天使、snowdropの手作りなのに…クリスマス・ブーツ代わりの靴も、どこへしまいこんだのかしら?まあ、二階のクローゼットの中にありました!

 We Japanese generally changes Xmas decorations to New Year' s ones on December 26. But Xmas in our house continues until January 6.
 This year I could not find several decorations,for example, a handmade straw angel in front of the characters WELCOME (upper fig.). Where is my looong booots serving as Xmas ones ? Oh, in our closet upstairs!


c0345705_22513360.jpg
錦市場で Nishiki Market in Kyoto



snowdropは七五三のとき以来、メークが大の苦手です。だから、こんなつけまつ毛を見かけてびっくり!そこで一首。


Snowdrop does not like wearing makeup since Festival for girls of three and seven years of age. When she found such false eyelashes in the town, she was so astonished that made one tanka as follows:


真四角の台紙にならぶつけまつ毛まだ見ぬ日々におののきながら

(日本経済新聞歌壇入選作)

  


(Several sets of false eyelashes are lined up on a rectangular mount while trembling with their unknown following days.)

(made by snowdrop, selected by HOMURA Hiroshi for The Nikkei)




「穂 村 弘」の画像検索結果

(馬場あき子先生と穂村弘先生*紀伊国屋HP)

 (BABA Akiko & HOMURA Hiroshi)



 日経歌壇選者の穂村弘先生と、亡き母を詠い続けてこられた馬場あき子先生の対談集が、今年出版されました。テーマは馬場先生の人生のあゆみ。今年の読書おさめの一冊になりました。素晴らしい歌の先達に敬意を表しつつ…
 そして、いつも素敵なインスピレーションを下さるブロ友の皆さま、ご訪問くださる読者の皆さま、心の底からありがとうございます。来年もどうぞよろしくお願いします。まだ見ぬ2017年の日々が、皆さまにとって良きものでありますように!

I would like to THANK YOU for your rich inspirations and encouraging visits. I wish you future days full of happiness in 2017!


 
 「寂しさが歌の源だから」の画像検索結果


Because the Lonliness is the Source of My Tanka ―Autobiography of BABA Akiko , interviewed by HOMURA Hiroshi (published in 2016) (amazon HP)
She is a tanka poet who has sung her deceased mother and wrote Study on Demon.



スミレ、ヒール、つけまつ毛、歌とくれば…タカラヅカです♪
Violet+ High heels+False eyelashes+Song=The Takarazuka Review♪

https://kageki.hankyu.co.jp/english/index.html (The Takarazuka Review)

「すみれの花咲く頃」の原曲は「リラの花咲く頃」です。

Wenn der weiße Flieder wieder blüht
Quand refleuriront les lilas blancs → Sumire no hana saku koro(When the violets bloom)

水仙の花咲く頃、わが家には初雪が…
Quand refleurissent les narcisses blancs, la première neige aux six pétales tombe dans notre jardin, le 28 décembre 2016.


c0345705_12414806.jpg


水仙の花咲くころにふうはりと六弁の華はじめての雪



c0345705_14045824.jpg

All Rights Reserved


Merci beaucoup, je peux les copier un a un seulement…****





[PR]
by snowdrop-momo | 2016-12-30 20:00 | Winter(冬の便り) | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://ramages2.exblog.jp/tb/26278624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pikorin77jp at 2016-12-30 23:36
snowdropさん こんばんは。
今 猫たちお膝にPCからコメントです。
今回も素敵なものをたくさん見せていただきました。
私は snowdropさんとつけまつ毛は どうしても ピンとこなかったのですが やはり ほとんどメイクはされないのですね。イメージ通りです。きっと 色白 美肌のsnowdropさんだと思います。宝塚の動画 これも華やかで素晴らしく懐かしいです。子供の頃 母が宝塚にハマっていまして 幼い私の手を引き 山陽本線の特急で宝塚まで行き 舞台を見ていました。何故だか その時 母はいつも殻つきの胡桃を持って行き
 胡桃を割って 私に食べさせながら宝塚を見ていました。何故 胡桃だったのか、、、、今でもよくわかりません^^
もう半世紀以昔のことです。(小学生の頃)
懐かしい動画を見させていただきました。

来年も どうか 私を刺激してくださいね。
今年 素晴らしい記事をかかれるsnowdropさんに
出会えて とてもラッキーでした。
来年もどうぞ よろしくお願いいたします。
Commented at 2016-12-31 20:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by snowdrop-momo at 2016-12-31 22:21
ぴこさん、はるばる新幹線で宝塚に通っておられたのですね!
お母さまがむいてくださる胡桃の殻の匂いを一瞬かいだ気がしました。
素敵な思い出をまたひとつ教えてくださってありがとうございます。
ひょっとして初めの頃のベルばらも生でご覧になっていたりして…?
snowdropが母とベルばらを観たのは二十年以上前のことです♪

ぴこさんのブログもいつも素晴らしいものであふれています。
こちらこそ、ぴこさんに見つけて頂いて、そして色んなインスピレーションを頂戴できるようになって、とってもラッキーでした。
これからぴこさんのようなお洒落で落ち着いた、それでいて初々しさを失わない女性に近づけるでしょうか?*^^*
2017年もどうぞよろしくお願いいたします。