みやこ橋づくし(Bridges in Kyoto)

c0345705_14160550.jpg


近鉄電車から京阪電車に乗り継いで、鴨川を目指しました。途中の駅には歌麿をもじったポスター。三美人が聴いているのは、クリスマス・ソングでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=EHVr--Zw6C0

Changing the trains from Kintetsu to Keihan Railway, snowdrop headed to Kamo-gawa River. At a transfer station she saw a parody of Utamaro! Are the three beauties in this poster listening to a Christmas song? Please keep the volume of the headphones low on the train!


c0345705_14281504.jpg


七条大橋に出ると、つい京都国立博物館へ足が向いてしまいますが、今日は川に沿って歩いてゆきましょう。この橋は、鴨川にかかる現存最古の橋だそうです。

She always goes from Shichijo-ohashi Bridge to Kyoto National Museum, but she began to walk along Kamo-gawa River, because she had already visited Chishakuin Temple the other day. This bridge is said to be the oldest one in existance on Kamo-gawa River.



c0345705_14453174.jpg



擬宝珠がずらりと並ぶこちらの橋は、牛若丸と弁慶が出会ったという五条大橋。柳腰の少年義経は、橋の欄干を蝶のように飛び回り、弁慶を幻惑しました。

This bridge with the ornamental caps is Gojo-ohashi Bridge where Benkei and Ushiwakamaru (childhood name of MINAMOTO no Yoshitsune, the lover of Lady Shizuga) met in the Heian period. Young Yoshitsune was a boy with a willowy figure.


c0345705_04395805.jpg

『文楽 人形のこころ―河原久雄写真集』より * young Yoshitsune (牛若丸)



風変わりな建物が川の左手に見えてきました。ヴォーリズが設計した北京料理店、東華菜館です。銀杏ふる中庭のある神戸女学院キャンパスを設計したのも、彼でした。

An exotic building is on the left side of the river. This is a
Beijing cuisine restaurant designed by William Merrell Vories (1880-1964).


c0345705_16052487.jpg



今日は玄関のタコさんにご挨拶だけして、散歩を続けましょう。

Only greeting the octopuses at the entrance, she continued walking that day.



c0345705_15112177.jpg


四条大橋を隔て、東華菜館と南座が向き合っています。玉三郎の舞う「日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)」を観たのはここ、南座でした。四条河原でかぶき踊りを始めた出雲阿国も、こんな麗人だったのでしょうか。

Minami-za stands on the other side of the river. Snowdrop had seen BANDO Tamasaburo dance at that theater. Was IZUMO-no-Okuni, the first Kabuki dancer a beauty like Tamasaburo? They say that she often danced on this river beach. While Tamasaburo (actor) plays the female role, Okuni (actress) the male role.

https://en.wikipedia.org/wiki/Minami-za(Minami-za)
https://en.wikipedia.org/wiki/Izumo_no_Okuni(Izumo-no-Okuni)

c0345705_15153885.jpg
東華菜館から、四条大橋の向こうの南座をのぞむ(上)*南座公演プログラム表紙(下)
Shijo-ohashi Bridge and Minami-za ( l'Opéra
en Kyoto?)
c0345705_07225049.jpg



おなじみの三条大橋へ。とはいえ、駸々堂や淳久堂の三条店は無くなってしまい、いまは丸善や十字屋レコード店へ立ち寄るくらいです。

Sanjo-ohashi Bridge is the most familiar bridge for snowdrop, but almost all the bookshops were closed except Maruzen.



c0345705_15204010.jpg



人びとは大橋のうへ鳩たちは橋の下にて冬日を過ぐす


(While people pass their time on the bridge, pigeons under the bridge, on a winter day.)




c0345705_15243836.jpg


この季節は、黄色いあんよの鴨の夫婦もたくさんいます。

In this season, there are many ducks also with ginkgo-leaf-like legs.



Img_2588_800x558_2Img_2598_800x591_3

別の日に、スターバックスのテラスから。広重がこの橋を描いた江戸時代には、スタバは無かったはずですが…ほぼ同じアングルです。


The following photo was taken from a seat on the terrace of Starbucks, which must have not existed in the Edo period when Hiroshige drew the below landscape. Snowdrop and Hiroshige happened to choose almost the same composition nearby Sanjo-ohashi Bridge!


c0345705_15241618.jpg
c0345705_16114195.jpg

東海道五十三次 三条大橋 歌川広重筆 * Sanjo-ohashi Bridge by Hiroshige(wikipedia


鴨川の西側に、高瀬川という小さな運河があります。この流れを行き来していたのが高瀬舟。森鴎外の『高瀬舟』は、安楽死を扱った重厚な短編小説です。


There is Takase-gawa, a shallow ex-canal to the west of Kamo-gawa River. Takase-bune Flatboat used to
transport people or objects. MORI Ogai’s short story Takase-bune is a heavy and deep work dealing with the euthanasia.
https://en.wikipedia.org/wiki/Takasebune (Takase-bune)



c0345705_15383898.jpg



三条小橋に佇むと、あら、あんなところに楽しげな鶏のエクステリアが…カフェの裏庭でしょうか。

When snowdrop stood on Sanjo-kobashi Bridge, she found cheerful cocks at the riverside. Is this a rear garden of a cafe?



c0345705_15460732.jpg


インテリアはすっかり待降節モードです。

Here we are in the middle of Advent ★ ★ ★


c0345705_15524853.jpg



丹波の黒豆のタルトは、和洋折衷の味わい。窓辺にはまぼろしの雪。

Let's order a piece of tart of Tamba Black Soybean, half‐Japanese, half‐Western tastes ● ● ● 
By the window, the snow (fake) has begun to fall ***
 



c0345705_15510778.jpg



近くの花屋さんには、シクラメンや赤い姫りんご、いい色に乾いた紫陽花などが並んでいました。

There were red crabapples, dried hydrangeas, and several pots of cyclamen in a flower shop near the cafe. 🍎 🍎


c0345705_15571631.jpg


p.s. おうちの庭の万両が姫りんごみたい、と家族が言うので、パチリ。

Coralberries in our garden are just like crabapples, aren't they? 
🍎


c0345705_10154162.jpg

(All Rights Reserved)





[PR]
by snowdrop-momo | 2016-12-10 06:24 | Winter(冬の便り) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ramages2.exblog.jp/tb/26215611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pikorin77jp at 2016-12-12 06:10
おはようございます。
夕べ 帰ってきました。
京都をお散歩されたのですね。私も 一度でいいから 南座で
歌舞伎を見てみたいです。南座の前は もう何度も何十回も
通っていたので。(結婚したころは 京都に住んでいました)でも 若い頃って 歌舞伎には興味がなかったんですね、、今は衣装もストーリーも じっくりみてみたいと思います。
スタバからのあのアングルと同じなのですね、、へ~~~広重とほぼ同じ場所、、なんだか いいですよね、そう思いながら 珈琲を飲むのが。
今日も美味しいお菓子がでてきました、、^^丹波の黒豆のタルト  私もこんなところにくると 窓辺の席を探します。
Commented by snowdrop-momo at 2016-12-12 21:41
ぴこさん、お帰りなさい。
ぴこさんは尾道をお散歩されたのですね!
着物のある風景、そのまま映画になりそう…
ぴこさんならきっと着物の出てくる舞台やドラマから
色んなヒントをくみ取れるのでしょうね。
そういえば、文楽のプログラムの表紙は毎回、人形の着物の柄なのです。出し物を見ながら、あ、これこれ!と友達とささやき合ったり…
じつはsnowdropは歌舞伎はあまり見たことがなくて
文楽劇場のほうが思い出がたくさんあります。
南座が暮らしの風景に溶け込んでいたなんて、素敵ですね。
こんど京都に行ったら、茶房の窓辺に遠い日のぴこさんの幻を探してみましょうか。。。