散りもみぢ(Fallen red, yellow, and golden leaves)


c0345705_13521352.jpg



星のような楓もみじが、星屑のような青苔の上にひとひら落ちた。

A red star-like maple leave has fallen on the stardust-like green mosses.


c0345705_13542759.jpg


「影」も「光」も、「ひかり」と「かげ」の両方に読める。影は光、光は影。「星影のワルツ」という曲があったっけ。

Chinese characters “光” and “影
” mean both “hikari (light)” and “kage (shadow)” in Japanese (specially in the poem). The shadow is the light, and the light is the shadow. Fair is foul, and foul is fair.


c0345705_13562455.jpg


思い出すね。春の襲(かさね)の色を。

Do you remember a pair of colours in the spring?


c0345705_13574795.jpg
c0345705_14530487.jpg



欅(けやき)も、銀杏(いちょう)も、名も知らぬ葉も…散り敷いた葉はそれぞれに美しい。黄落という言の葉を味わう。

Japanese zelkova, Ginkgo biloba, etc, etc.every fallen leave has its own beauty. There is a season word "kouraku (falling yellow)" .



c0345705_14400803.jpg

c0345705_14365677.jpg
c0345705_14014079.jpg



銀杏の葉(をのこ)は袴スカートを穿くのは(をみな)と祖母は示し


(My grandmother showed me the leave of the male plant of ginkgo wears a pair of pants and that of the female a skirt.)


c0345705_15223417.jpg




むかし学校で習った詩を思い出す。こんなしずかな中庭で読み返してみたい。

I remember one poem that I learnt in my schooldays. I want to read it again in a calm courtyard like this.


c0345705_14284847.jpg

奥に小さなクリスマスツリーが …(神戸女学院 2011年)



秋  リルケ 高安国世訳

木の葉が散る、遠いところからのように散る、

どこか空の遥かな園が冬枯れてゆくように。
木の葉は否むような身振りで散ってくる。

そして夜々、重い大地は
星々の間から寂寥の中へ落ちてゆく。

私たちはみな落ちる。ここにあるこの手からも落ちる。
そうして他の人々を見るがいい。落下はすべてにある。

だがこの落下を限りなくおだやかに
その手に受け止めてる一人のひとがある。



Herbst


Die Blätter fallen, fallen wie von weit,
als welkten in den Himmeln ferne Gärten;
sie fallen mit verneinender Gebärde.

Und in den Nächten fällt die schwere Erde
aus allen Sternen in die Einsamkeit.

Wir alle fallen. Diese Hand da fällt.
Und sieh dir andre an: es ist in allen.

Und doch ist Einer, welcher dieses Fallen
unendlich sanft in seinen Händen hält.

Rainer Maria Rilke, 1902, Paris



Autumn     (translation of wikisource)

The leaves fall, fall as from far,
Like distant gardens withered in the heavens;
They fall with slow and lingering descent.


And in the nights the heavy Earth, too, falls
From out the stars into the Solitude.


Thus all doth fall. This hand of mine must fall
And lo! the other one:—it is the law.

But there is One who holds this falling
Infinitely softly in His hands.


c0345705_13530377.jpg



この詩は、
サンタクロースと同じ名の或るドイツ系フランス人への贈りものでもある。

This poem is my little gift for our haribo whose name derives from Saint Nicholas.
(^<) = (^_-)-☆ =  ;-)



Et encore pour notre savant
https://www.youtube.com/watch?v=JVqUdRdiJTk


(All Rights Reserved)





[PR]
by snowdrop-momo | 2016-11-26 23:20 | Autumn(秋の便り) | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://ramages2.exblog.jp/tb/26181423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-11-27 22:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pikorin77jp at 2016-11-27 23:05
こんばんは! 
美しい銀杏の葉っぱ 私は この時期の落葉した銀杏の香りがとても好きです。この葉っぱの上で 幼い頃 おままごとしていました。銀杏の葉のお皿 テーブルは 銀杏のの幹 樹齢500年と言われていた 大きな銀杏の大木は いつも子供たちの遊びの木でもありました。おばあ様の袴とスカートのお話も 思わず微笑んでしまいました。

娘のお誕生日の記事に温かいコメントありがとうございました。 こんなに可愛い動画があったなんて おしえていただかないと知りませんでした。 素敵な短歌もはりつけさせていただきました。娘もこのブログを見ていますので とても喜ぶと思います。素敵なプレゼントありがとうございました。
Commented by snowdrop-momo at 2016-11-28 06:54
pikoさん、丁寧なコメントをどうもありがとうございます。
銀杏の葉っぱをお皿に、おままごとしていたのですね。大木の下にはいくつもの小さなおうちができて、お隣さんを訪ねたりしていたのでしょう。樹齢500年!寿命の長い木は、ずっと私たちを見守ってくれる安心感がありますね。

動画と拙い歌を快く受け取ってくださって、どうもありがとうございます。
動画まで貼りつけてくださったのですね!ぐうぜんyoutubeで見つけたかいがありました♪
こちらこそ、いつも素敵なお母さまとお嬢さんの、あたたかな時間を垣間見させていただいて、ありがとうございます。