c0345705_14300053.jpg
ビア・ディ・メディチの肖像(左)、伊東マンショの肖像(右)。神戸市立博物館(4月撮影)
東京富士美術館9月21日から12月3日まで開催

Portrait of Bia de' Medici and that of ITO Mansho, Kobe City Museum(April) 
http://www.fujibi.or.jp/harukanaru/

 わたし、ビア。2017年のジパングに来ているの。右隣りにいるお兄さんのお里なんだって。エリザベスカラーを着けたこの人、わたし、知らないわ。わたしがうんと長生きしていれば、フィレンツェで会えたかもしれないけど…わたし、7つにもならず死んじゃったもの。
 こっち(下図左)がわたしのママと、弟のジョヴァンニ。三人そっくり親子でしょう?でもね、わたしは、ママの本当の子供じゃないの。パパがママと結婚する前に、ママじゃない人に生ませた子なのよ。
 それなのに、背景の色も、ママと私の顔立ちも、表情も、指の形まで、ほとんどおんなじ…わたし、知ってる。ママが、ブロンズィーノとかいう画家さんに、こうささやいてたの。
「あの子を、わたくしそっくりに描きなさい。実の子以上にそっくりに…」

 Sono…soy Bia(Mamá habla Español y yo…).
Now I am in Zipangu in 2017. They say this boy was born here in Zipangu. I do not know this boy with an Elizabethan collar. If I had lived longer, I could have seen him in Firenze. But I died when I was five or six
 Let me introduce my mamma and brother Giovanni (below figure). We three resemble each other, don’t we? But in fact, I am not a daughter of mamma. Babbo let a woman bear me before his marriage.

But these two portraits share the background of lapis lazuli. My facial features and expression resemble those of mamma. Even my handshape and mamma’s are almost the same! I remember…mamma whispered to the painter, Bronz, “Paint Bia similar to me. (monologue:More similar to me than a real daughter…)


c0345705_14241203.jpg
左の絵は出品されていません。(『ブロンズィーノ』同朋舎)


 この時はね、スケッチされてるわたしを、ママが見に来てくれたの。ビア、おりこうさん、疲れない?って…わたし、嬉しくて、ほっぺが火照っちゃった!思わず立ち上がろうとしたら、ママが、ご自分の唇に人差し指を当てて、しぃ…って。
 わたしが死んだ後で描かれた、ママの似顔絵も、きれいでしょう?わたし、お空の上からずっと見てたの。ゴージャスなドレス!おっきな真珠!フィレンツェがどんなに豊かなとこか、一目瞭然ね。でも、ちょっとズン胴すぎない?ドレスもいいけど、わたし、ママの優しいお顔をもっと大きく描いてほしかったなあ。
 でも、ママは満足してたみたい。わたしの遺影になったあの絵とそっくりに仕上がったから…わたしたち、絵のなかで永遠の家族になれたのね。
(snowdrop注*ビアの肖像はデス・マスクをもとに描かれたという説もある。それならば、これら2枚の絵は、ほぼ同時期に完成したのかもしれない。)
 

「bronzino eleonora of toledo」の画像検索結果Textile with Pomegranate Pattern LACMA 60.46.9.jpg

ビアの母、エレオノーラのドレスのザクロ花文様には東方の影響がみられる
Oriental pattern in Eleonora di Toledo's portrait (detail) (pinterest)
Stylized pomegranate flower pattern. Came from Iran and other orient countries (wiki)


 Mamma came to see me while I was being sketched. Bia, good girl, are you not tired on? So excited that my cheeks turned red and I went to get up from the chair, when Mamma put one finger on her lip, Shhh…
 Mamma' s portrait was painted after my death. I was looking down from the sky while she was being sketched. Gorgeous dress! Big pearls! They show clearly you how Florence was rich at that time. But her trunk is too cylindrical, isn't it? I wish Bronz… had painted her gentle face on a larger scale.
 But Mamma looked satisfied, because we were alike as big and small melons. We became an eternal family in the paintings.
(note by snowdrop*Some say that Bia's portait was painted based on her death mask. If so, these two portaits might have been finished at around the same time.)


c0345705_07072520.jpg
参考図*ピアの母(エレオノーラ・ディ・トレド)の礼拝堂の天井画(『ブロンズィーノ』同朋舎)
Agnolo Bronzino - Ceiling of the Chapel of Eleonora of Toledo

 ママはほっそりしてて、胸が弱かった。ママが天に召されたとき、わたし、真っ先にお迎えに出たわ。天国で20年も暮らしてたから、どこへでも案内したげるつもりで…
 ママってば、生まれ育ったスペインやナポリの風景をいっしょけんめい探してるから、オレンジの園へお連れしたの。青空に金色の実がきらきらして、いい匂いがたちこめてた。ザクロも咲いていた。ママ、嬉しそうだった…
「ザクロはエキゾチックね。見たこともないオリエントの香りがするわ。東方三博士が住む国よりも、もっともっと東の果ての…」ママは、「遥かなるジパング」を夢見ていたのかしら。

 Mamma was slender and had a weak chest. As soon as she came to Heaven, I greeted her. I had lived here for twenty years and I wanted to guide her anywhere she wanted.
 As she was looking for the landscapes of Spain and Naple, her native places, I led her to an orchard. Gold ornages were shining in the blue sky and smelled so good. Pomegranate trees were in bloom. Mamma looked so happy…
” The pomegranate is exotic, with the strange oriental perfume. The aroma of the East in the distance… ” Was Mama dreaming of Zipangu in the distance ?
 

c0345705_14383251.jpg
博物館内のカフェで*In the museum-cafe

 ママ、こちらでジェラートはいかが。今じゃジパングにもあるのよ!
 ほら、カトリーヌおばさまがメディチ家からフランスへお嫁に行ったとき、フルーツやナッツがいっぱいのジェラートを伝授したんですってね。義父のフランソワ1世が、トレビアン!って…https://www.nhk.or.jp/kamado/recipe/226.html (NHKグレーテルのかまど)
 あの王様、ヴィーナスとキューピッドがキッスしてる絵も、トレビアン!って喜んでたわ。あの絵はパパが、あたしたちの似顔絵と同じころに、同じ画家さんに描かせて、王様にプレゼントしたんだっけ。…あら、ママ、お顔が赤いわ。あの絵、お嫌いなの?

 Mamma, here is Japanese gelato! You know, our Catherine de Medici introduced the gelato from Italia to France. Her father‐in‐law, Francis I praised it "Tres bien!"
 He praised Bronz…'s Venus and Cupid also, "Tres bien!!" …the painting that Babbo made Bronz…paint and gave the king as a gift. …Oh, Mamma, your cheeks are red, don't you like that painting?



Très très bien! https://www.nhk.or.jp/kamado/recipe/226.html 

「francois premier」の画像検索結果「National gallery bronzino venus pinterest」の画像検索結果「コジモ一世 pinterest」の画像検索結果

フランソワ1世の肖像画(左)ブロンズィーノ「ヴィーナスの寓意画」(中)(部分)コジモ1世のメダル(右)
FRANCOIS 1er (left) Venus Cupid and the Time(detail)(middle) Cosimo 1er (right)

これらの3作品は出品されていません(pinterest)
ビアの父、コジモ1世のメダルは、ビアの肖像の胸元にも描かれています。
A medal of Cosimo I de' Medici is painted in Bia' s portrait. Have you found it?



ヴィーナスとクピドのキスは蜜よりもくらんと甘き禁断の味


Ce baiser de Vénus et Cupidon est le fruit défendu, plus doux que le miel.


 
c0345705_06122106.jpg
























ルネサンス音楽のミニコンサート(神戸市立博物館、4月23日)
Green cembalo on Red carpet and White wall…Tricolore italiano?

 お腹がくちくなったら、音楽はいかが。アカデミア・デル・リチェルカーレが、リコーダーとチェンバロで、なつかしい曲を演奏してくれるわ♪
 ジパングの人たちが160人も、1時間も並んでくれたから、アンコールを予定より2曲も増やしたんですって。ルネサンス音楽って、東洋の人たちからも愛されているのねえ。
 そういえば、あの、エリザベスカラーのお兄さん、彼も西洋音楽をたしなむんですって!仲間たちといっしょに、帰国後、リュートなんかを演奏したらしいわよ。ヒデヨシ公は「アッパレアッパレ!」と仰ったとか、仰らなかったとか…?!(5月記)

How about the music by Academia del Ricelcare? Because 160 People in Zipangu waited for one hour to get the tickets, the players added two more encores!
The boy with Elizabethan collar is said to perform the Western music! He played the lute or something in front of Lord Hideyoshi! Did Hideyoshi say "Bravi, bravi! "? (lol)


c0345705_06121253.jpg

















大小さまざまなリコーダー
アカデミア・デル・リチェルカーレの動画 https://www.youtube.com/watch?v=llwBTUt8RSI


ジョスカン・デ・プレ「千々の悲しみ」(マンショたちが豊臣秀吉の前で演奏したとされる)
https://www.youtube.com/watch?v=GszimTuobSc
Mansho and other three boys are said that they played this piece for Hideyoshi.

(Scheduled to be published on Mother's Day in France and Sweden)

(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_16511530.jpg


雨上がり、射しこむ光のなかでファインダーを覗いたら、既視感(デジャ・ヴ)…どこかで見た構図…?

上村松篁の「青柿」。むだな枝や葉はなく、緑と青の諧調ははるかに豊かで ― まるで花人が白磁の壺へ生けた枝のよう。そして面長な柿!ここは渋柿でなくてはならぬ。

Un déjà-vu après la pluie au crépuscule. La peinture par UEMURA Shoko est plus simple et plus coloré que ma photo, comme une branche arrangée dans une vase en porcelaine blanche. La forme de kaki (fruit) doit être celle de kaki âpre ici.


c0345705_16513532.jpg
(『上村松篁』日本経済新聞社)


濃き緑うすきみどりの葉のかげに柿はしづかに雫をたたへ


雨後のあを夕べの光りに冴えかへる青柿うたふ言の葉のあれ

Si je peux chanter des bleus vives de ces kaki dans la lumière après la pluie comme ce peintre !)



c0345705_09540908.jpg



朝の光でもう1枚。…けれど、描かれた青柿のしずけさ、水をはねかえす枝のしなやかさ ― 1枚の絵の完璧さを新たに発見するばかり。

Un autre photo dans la lumère matinale, elle me montre à nouveau le calme et la souplesse fraîche du kaki dans la peinture ci-dessus.


おまけ  面の歯みたいな雨しずく
Bonus gouttes de pluie comme le bouche de Okina masque


c0345705_10062355.jpg

今日は敬老の日です Today is Respect for the Aged Day (pinterest)

「okina masque pinterest」の画像検索結果


c0345705_10372247.jpg

柿や稲穂に雀の干菓子(2016年10月)


c0345705_20530860.jpg

やまとの雀(2016年4月)

(All Rights Reserved







[PR]

c0345705_17493033.jpg


ふかぶかと秋になりたる空あひや一枚読みては視線を遠くす 宮英子



 白露に入った金曜日。秋に詠まれた一首の歌を鑑賞したい。
「ふかぶかと」「秋になる」は意表を突く繋がりである。それでも納得してしまうのは、「秋になりたる」空模様、「視線を遠く」へ誘う深い空を、私たちの心が共有しているからだろう。平仮名の「ふかぶか」と、詠嘆の「や」が青の濃さを物語る。では、続く「一枚」とは、何の一枚なのか。本、新聞、それとも木の葉…迷う間、読者は、「読みては視線を遠くす」る時間を共有することになる。
 曖昧さは人の想像力を動かす。とらえどころのない表情を浮かべた肖像画が動き出しそうに見えることがあるが、曖昧な文面もまた、文字の世界のなかに風のような動きを生む。

その後、「一枚」は手紙の一枚であることが明らかになった。便箋数枚におよぶ手紙など、やりとりしなくなって久しい。一枚目から二枚目、二枚目から三枚目へ移るたび、仰ぐ青空。そこに浮かぶのは手紙をくれた大切なひとの面影だろうか。二人が共有する思い出の情景だろうか。そういえば、昔は、レコード盤にA面とB面があって、裏返す間(ま)を味わったものだった…。

 思いは文通をしていた友へと流れてゆく。病院で出会ったとき、私は十代、彼女は二十代だった。互いの退院後も神戸へ旅をし、手紙を交わした。そのころのレターセットがいくつか取ってある。
 時はうつり、友は空へ旅立ち、私は ―
今年、久しぶりの病院のベッドで、友をしのんで少し泣いた。一緒にいて楽しかった時より、離れて寂しい時の方がずいぶん長くなってしまったね。。。忘れないよ。

***
le ciel limpide après la pluie


Deeply   it has become autumn,  the look of the sky  every time I read one leaf   I look away in the distance  (tanka by Miya Hideko, translation of snowdrop)


 “Deeply” and “it has become autumn” do not connect directly. And yet this slight jump persuades the readers because we share the deep sky of Japanese autumn that invites our gaze in the distance. The dash (cutting word “ya” in Japanese) suggests the extraordinary deep blue of the sky. What is “one leaf ” ?A page of a book, a leaf of a newspaper, or a leaf of a tree…? While wondering, the readers share the time to “look away in the distance”.

The ambiguity stimulates our imagination. This ambiguity makes a wind in this tanka like some portraits whose elusiveness leads to the feeling of movement.
 Later I learned that this "leaf" is that of a letter. It is a long time since I quitted writing a letter composed of several leaves. The first leaf, …the second,… and the third…while lifting her eyes, is she gazing at her precious person's image or their precious memory in the blue-sky screen? This tasteful interval reminds me of that while turning a phonograph record from A-side to B-side.
 And I remember one pen pal whom I met in a hospital in my youth. After leaving hospital, we traveled to Kobe and exchanged letters, some of which (unused item) I keep still now.
 Time passed, she passed away, and I ― in this early summer, on a bed in a hospital, remembering her, cried a little. (She had suffered from the joint pain of her collagen disease, far stronger and wider-ranged than mine: probably mental one. I wish I had been able to share it even a little, beyond time and space.) 。。。Je ne t' oublierai jamais, mon amie.


 

c0345705_17501175.jpg
↑ トンボ * dragonfly


空白の便箋入れて心こめて手紙を出そう空の彼方へ

Mettant des papiers à lettres vides et mon cœur fidèle dans une enveloppe, je la jete au-delà des cieux.



c0345705_17505141.jpg

封筒から透けて見える木の葉の便箋

papiers à lettres en forme de feuilles mortes dans une enveloppe transparante



あの子から返事が来たよ泣き笑いしているような朝焼けの空


Une réponse est venue de l’ amie, c’ est le ciel empourpré de l’ aurore comme un sourire entre ses larmes.



c0345705_08520987.jpg

(All Rights Reserved)



[PR]
夏の終わりに、ルーアンのホストファミリーから手作りのカードが届きました。春に結婚した長男に赤ちゃんが生まれたのです。おめでとう!M…♡

Avant la fin d'
été, une carte à la main est arrivée de ma famille d' accueil à Rouen. Son fils a eu un enfant! Félicitaions, M…♡

c0345705_10344637.jpg
雑誌「マリ・クレール」とコラージュしてみました
Collage avec Marie Claire par snowdrop


まどろみのうちに葉月はとけてゆく窓べの樹々の潮騒のなか

(Pendant le sommeil, le mois de feuillage, août, il se fond dans le bruit des vagues de feuillage près de la fenêtre.



c0345705_10353478.jpg
Collage avec Marie Claire par snowdrop


snowdropにもこんな時代がありましたっけ…*Voilà bébé snowdrop…(20e siècle)


ゆきのふる しずかなあさに うまれたの


Snowdrop  was born in the snowy,   silent morning




Img_2466_640x471

Img_2467_640x600_2


やはらかき けものの わらべの まどろみは 海も 時間も 種も 越え ひとつ


Des sommeils des bébés mammifères moelleux, ils sont même en franchissant la différence entre des pays, des temps, et des espèces.




bebe_panda

動物園のHPより*https://www.zoobeauval.com/pandas/bebe-panda-ne-a-beauval


フランスのボーバルの動物園では、8月4日にパンダの赤ちゃんが生まれたそうです。これは黒の模様が現れてきたころの写真です(動物園のHPより)。

Au Zooparc de Beauval, la femmelle panda géant Huan Huan a donné naissance le 4 août. Maintenant des taches de la bébé panda, elles sont apparues!



母親シンシンの“腕枕”(?)で休む赤ちゃん(2017年7月25日撮影)

動物園のHPより*http://www.ueno-panda.jp/

上野動物園でもパンダの赤ちゃんが…6月12日生まれの女の子です(HPより)。

Au Zoo de Ueno, Tokyo aussi, Shin Shin a donné naissance le 12 juin.

おまけ ♪ Bonus


♪ bé-bé, bé-bé, -E!!! ♪

ルーアンのホストファミリーと(右端が長男)(2004年) ♪ Je n' oublierai pas notre session ♪

c0345705_15004383.jpg

もひとつ、おまけ*SUPER BONUS

2015年に来日、snowdropの家に滞在した次女のL…に赤ちゃんが宿ったという知らせが届きました。

Selon une autre nouvelle de famille B…, L…, la fille qui est restée chez nous, elle est enceinte!
関連画像

Tare-panda, a popular character in Japan, and her baby

(All Rights Reserved)



[PR]

Img_0003_800x600
「百日紅 特 装 限定 版」の画像検索結果


映画「百日紅」(ヒロインは北斎の娘)(google search)* 北斎の波のようなサルスベリ
Crepe Myrtle(film) * The crepreflower is like the waves painted by her father, Hokusai.




百日紅(さるすべり)(づき)をまどろむ(をみな)ボディは抱かるるギタアのかたち


Imitando   el contorno de la guitarra,   una mujer   está durmiendo   en los meses de lila de las Indias.

(A woman in a drowse  during the months of crepeflower, whose body has the silhouette  of an acoustic guitar's body  in the arms of a man.)


百日紅月(さるすべり-づき)*7、8、9月のおよそ百日間をsnowdropはこう呼んでみました。百日紅はスペイン語で「インドのライラック」だそうです。

The crepeflower is called sarusuberi (百日) in Japanese because it is in bloom in red during 100 days from summer to autumn.



村治佳織のギターをどうぞ♪


おまけ(2016年連載の歌物語です)

)


a0332314_11094163.jpg

まどろむ北斎の天使 * Voici un ange ↑ dans la méridienne…


より高く翔ぶよりさきに人はより低くうづくまる 天使のごとく

L’ homme s’ accroupit plus bas avant de s’ envoler plus haut comme cet ange.(2016)


もっと、おまけ * Bonus

In the animation, blue waves break, white cranes fly, red poppies sway…

(All Rights Reserved)


[PR]



今日は日本の終戦の日。何年か前、BS-NHKで見た戦争映画を思い出す。舞台は東欧、ポーランド。

カティンの森で、ポーランドの人々は一人、また一人と銃殺されてゆく。「主の祈り」を唱えながら。けれども、あの短い祈りは、無残にも途中で断ち切られる。
「天にまします我らの父よ」(一人目)
「……願わくは御名をあがめさせ給え」(二人目)
「………御国を来たらせ給え」(三人目)
「…………御心の天に成る如く地にもなさせ給え」(四人目)
「……………我等の日用の糧を今日も与え給え」(五人目)

この続きを唱える者はいない。皆、その前に倒れていった。
「………………我等に罪を犯す者を我らが赦す如く我らの罪をも赦し給え」
彼らに対し殺人の罪を犯しているソ連兵たちのために、祈る言葉は発せられない。
祈りは届かない。永遠に。

祈りの届かないところ。ダンテの『神曲』で最も深い地獄にいるのが、キリストを売ったユダである。ユダは後悔して、西洋花蘇芳の木(ユダの木)で縊れた。キリストを否認したもう一人の弟子、ペテロは、改悛してカトリック教会の礎となった。なぜユダだけが?― ユダは神に赦しを請わなかったからだというけれど。…(ユダはキリスト受難の成就のための捨て石ではなかったか)

祈りの届かないところ。そんなところはあってはならない、と思う。ずっと解き切れなかった疑問。いま、それを言葉にしてみたのは、この夏、海の彼方の友らがあの大戦の話をしていたからだ。



Img_1111_800x600

西洋花蘇芳 (セビリア、2007年)

聖痕を持たざる我にうすあかき蘇芳幹より咲(ひら)くかなしも 高野公彦



敵をゆるせと祈るまもなく殺されし人々ありきカティンの森に

KAMIKAZE
とテロを称する国ありて吾らが歴史を日々呼び覚ます
(NHK誌上短歌大会第三回入選作) 





♪ ショパンの前奏曲第4番 ♪




August is the month of the leaves, and the month when World War II ended in Japan. It reminds me of the above film that I have seen on television.

In the Katyn forest, Polishes were shot to death one after another while reciting the Lord's Prayer. But that short prayer is broke off every time.

"Our Father, who art in heaven," (the first victim)
"……Hallowed be thy Name." (the second)
"………Thy kingdom come. " (the third)
"…………Thy will be done, on earth as it is in heaven." (the forth)
"……………Give us this day our daily bread," (the fifth)

There was no sixth to pray as follows, because all the people were killed before reciting the sixth part.

"………………And forgive us our trespasses, As we forgive those who trespass against us."

The prayer for the murderer, Soviet soldiers, was never recited in this film. The prayer never reaches them, forever.

The place where the prayer never reaches, that is the deepest hell where Judas has been since he betrayed Christ(Divina Commedia). While Juda regretted and hung himself on a Judas tree to go to Hell, another disciple who denied Christ, Petros was forgiven to become a founder of Catholic church. Why? They say that it is because Judas did not implore God for forgiveness.…(Wasn't Judas a sacrificed stone so that…?

The place where the prayer never reaches, such a place should not exist, I think. The question that I have considered for a long time ― why do I talk about this to you now ? Because you were talking to each other about the World War II more deeply than before this summer.


Img_3114_800x600

ハナズオウ * Cercis chinensis(奈良、四月)



Il y a eu des gens  qui
furent tués  avant de prier   pour ceux
qui les avaient offensés   au bois de Katyn.

Il y a un pays  qui appelle l' attentat  le KAMIKAZE,  ce mot réveille notre histoire  toutes les fois.
(mon ouvrage sélectionné au 3e coméptition dans une revue de NHK, 2017, traduction de snowdrop)



c0345705_20570164.jpg
『ボッティチェリ』(朝日新聞社)* Paradiso par Botticelli

(All Rights Reserved)


2015年8月に考えたこと



[PR]
c0345705_08150692.jpg
Does Wine Dream of Sunken Ship while sleeping in the bottom of the sea ? Thousands of bottles of wine were discovered in 1998 in a freighter sent to the bottom by German Navy off Swedish coast during World War I. (NIKKEI, July 30th)



珊瑚の骨、真珠の眼をもつ人魚らはひぐらし眺むみづへびの舞ひ


These sea-nymphs with bones of coral and eyes of pearls admire the water snakes' dance all day.




c0345705_08152305.jpg
『テンペスト』(新書房)エドマンド・デュラック 絵*THE TEMPEST illustrated by E. Dulac


「文楽 テンペスト」の画像検索結果
「シンクロナイズドスイミング 蛇 混合デュエット」の画像検索結果「蛇拳 」の画像検索結果

文楽「天変斯止嵐后晴(テンペストあらしのちはれ)」(シェイクスピア原作)
THE TEMPEST, Bunraku version

シンクロナイズドスイミング「蛇」は「蛇拳」みたい?
Synchronized Swimming Duet representing Snakes;Snake in the Eagle's Shadow(film)

(google search)

(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_04435510.jpg

礼文島(2014年



ユリシーズ  
ウンベルト・サバ


若いころ俺は

ダルマツィアの岸辺を帆走した

波間から

見え隠れする島々に時おり

鳥が一羽獲物を狙いとまっていた

ぬらつく藻に被われた島々は

エメラルドみたいに綺麗に太陽に耀(かがや)いた

(…)
今日 俺の王国は

あのノー・マンズ・ランド 

港は誰かのために灯をともし 俺は 沖へと

いまだに駆り立てられている

飼いならされていない魂と

人生への痛苦な愛ゆえに

(snowdrop翻訳)



Ulisse
  Umberto Saba


() Oggi il mio regno

è quella terra di nessuno. Il porto

accende ad altri i suoi lumi; me al largo

sospinge ancora il non domato spirito,

e della vita il doloroso amore.


(…)Aujourd'hui mon royaume
est cette terre de personne. Le port
fait briller pour d'autres ses lumières ; moi, vers le large
me pousse encore un esprit indompté
et de la vie le douloureux amour.

la traduction d’ Odette Kaan


c0345705_04583874.jpg

Rebun Island, Hokkaido(2014


海と空のあはひを翔る鳥を見つつ半刻なりとも

吾はノマッド * ノマッド(さすらい人)


(Quand je vois un oiseau volant entre la mer et le ciel, même si demi-heure, je suis nomade.)

 

まだ右手タイピングできない状態なのに、翻訳の仕事が増えてしまって…
しばらくブログをお休みします。
また帰って来ますので、その時はよろしくお願いします。

Although I cannot yet type with the right hand, my workload (translation) has increased. I stay away from my blogues for a while. Salut!


   

ここからは、お時間が許せばどうぞ


 2年前の夏に試訳したイタリアの詩を改訳して、私は、結びの一句から離れられずにいる。「痛苦な愛」とは何か?原詩は il doloroso amore、仏訳は le douloureux amour。
 むかし、フランス文学の恩師がこう言った。douloureux という単語は嫌いだ、長くて重苦しいから。…彼は病がちで、身体の苦痛に敏感な人だった。
 フランス語ではドゥルゥルー、イタリア語ではドロローソ、たしかにどんよりする響きである。手元の『プチ・ロベール』で引いた中身をまとめれば、「肉体的/精神的苦痛を引き起こす(もの)」という意味。痛み、苦しみ、つらさを伴う愛とは何だろう。
 私もまた痛みの諸相を垣間見た。刺痛、疼痛、痺痛、鈍痛、関節痛…。垣間見た、というのは、たいていは薬ですぐに抑えられたからだ。痛みは肉体の異常を知らせるメッセンジャー、役目が終われば不要になる。痛みによる心身への負担は最小限でよい。じっさい、体の痛みが心を傷めてしまうこともある。
 逆もまたしかり。だが、心の痛みは抑えにくい。この詩の「俺」は、おそらくは心に癒しがたい痛みを抱えながら、愛さずにはいられないのだ。人生を、人間を愛し、港を夢見ながら苦しみ、ひとり沖へと駆り立てられる。俺の王国、ノー・マンズ・ランド(無人地帯、荒野)へ。
 飼いならされていない魂が、人への妥協を拒むのか。心を引き裂く愛が、独りの内省を求めるのか。ノー・マンズ・ランド ― 寂しくも誇り高い響き。「孤高」というありふれた言葉が浮かぶ。心の痛みもまた、メッセンジャーなのだ。各人の心の在り方を模索する、迷える使者。つきまとう使者。かけがえのない使者。愛おしい使者。
 タイトルは「ユリシーズ」、海をさすらったギリシアの英雄オデュッセウスを意味する。オデュッセウスはふるさとの家族のもとへ帰っていった。手負いの獣めく「俺」の心は、そんな英雄に憧れているのだろうか。心の痛みが体を傷め、老いさせてしまう前に、魂のふるさとを見つけてほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=rkermyl_JKw

 After having translated again the Italian poem that I once translated two years ago, I am hauted by the last phrase ”il doloroso amore” i.e., “le douloureux amour”.
 My former teacher had said, “ I hate the word douloureux, because it is too long and heavy” . He had to undergo artificial dialysis from youth and was sensitive to the physical pain.
 According to Petit Robert, this adjective means “Qui cause une douleur (physiquemorale)”. What is the love that cause the pain?
 
Although I have experienced various pains (pricking; aching; tingling; dull; joint, etc.) in the hospital and at home, my medicines often have removed them quickly. The pain is a messenger of a physical trouble and he should exit after his turn. Sometimes the physical pain undermines the mental health.
 And sometimes the anxiety causes the physical pain. But it is difficult to remove the mental pain. The hero in this poem suffers from an uncurable pain and yet he cannot but love the life. While loving the life, the people, and even the port, he is alone driven offshore to his realm, no man’s land (a desert or the deserted sea).
 
Does his untamed soul reject the compromise with others? Does the love that tears his heart require the meditation in the silence ? No man’s land, whose sound is solitary and proud. The mental pain also is a messenger, a stray messenger; a haunting messenger; a precious messenger; a beloved messenger who gropes to your own standpoint.
 UlisseOdysseus)finally returned home where his family had been waiting for him. Where will the hero of this poem drift ashore? Does his soul like a wounded beast adore Ulisse? I wish he will find his spiritual home, before his mental pain weakens his body and makes him old.

 
Bonus

Michelangelo' s unfinished Pieta (Milan, 1999) ― Stabat mater dolorosa

c0345705_13453853.jpg

(All Rights Reserved)






[PR]


c0345705_13395002.jpg
シャクヤク(写真はすべて5月撮影)*pivoine (toutes les photos en mai)


風薫る皐月の甘き涼しさをクリィムにして手指に塗らむ


La fraîcheur douce du moi de mai, j’ en fais de la crème et me mets sur mes doigts.




五月の風をゼリーにして持ってきてください…そう言ったのは立原道造という詩人。五月の花、芍薬をクリームにして…と頼みたいなら、クレープリー・アルションへどうぞ。別のものを注文した友達とシェアして、一つずつ頬ばれば、甘さは二倍に♡♡

C' est un porète TACHIHARA Michizo qui demanda de faire du vent du moi de mai une gelée et l' apporter. Si vous voulez demander de faire une pivoine de la crème, allez à la Creperie Alcyon, s.v.p. Quand je l' ai partagée avec une de mes amies, la douceur a été doublé ♡♡



c0345705_13391856.jpg



wikipediaによると、クレーム・シャンティはお砂糖入りのホイップクリーム。その名の由来は…

「クレーム・シャンティを発明したとして(…)証拠もなく言及される人物であるフランソワ・ヴァテールは、17世紀半ばにシャンティイ城メートル・ドテルを務めていた。しかし、シャンティ(シャンティイ)の名をホイップクリームに結びつけた表現が初出するのは18世紀半ばのこと。」(wiki)

”Les noms « crème chantilly », « crème de Chantilly », « crème à la chantilly », « crème fouettée à la chantilly », ou bien simplement « la chantilly » apparaissent au début du XIXe siècle. La première édition (1806) du Cuisinier impérial de Viard ne mentionne ni la crème fouettée ni la crème chantilly mais l'édition de 1820 les mentionne toutes les deux. Mais ce n'est qu'au milieu du XXe siècle que ces noms deviennent communs.” (wiki)




映画「宮廷料理人ヴァテール」





c0345705_15425447.jpg

シャンティ城に伝わる「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」より(5月)
Les Très Riches Heures du duc de Berry



お城とまではゆきませんが、アルションはフランスの正統派クレープリー。フランス語翻訳者にして通訳ガイドの年上の女性に、むかし教えてもらった、隠れ家ふうのお店です。こちらは難波店。

Cette crêperie est comme une ermitage, où on sert la crêpe authentique. Une traductrice et guide-interprète japonaise m’ a invité ici il y a vingt ans.



c0345705_13405105.jpg
c0345705_13410522.jpg
c0345705_13400994.jpg

ロゼのシードル(りんご酒)とガレット(そば粉のクレ-プ)*cidre rosée

(2017年5月*en mai)



梅田店はこちらの記事の後半に。



(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_10113780.jpg


昨年の紫陽花ドレスを出してきてコロンをふりつ行くあてもなく


(Elle a tiré sa robe en hortensia de l’ an dernier et aspergé d´eau de Cologne sans but.)


Un gros serpent ne sert jamais à sa canne pour être canon !




All Rights Reserved





[PR]

旧友から届いた、晴れた日の紫陽花のお歌で、今年の歌合(うたあわせ)を…明日からは雨ですから。

Here is the uta match with my old friend on the hydrangea in a sunny day because it will be rainy from tomorrow.



c0345705_05412542.jpg
2015年撮影



から梅雨の真昼の空の青あつめ紫陽花しんとわが庭に咲く ― 黒ネコ


Gathering the blue of the midday sky in the dry rainy season, the hydrangeas are silently in bloom in my garden Chat Noir, translation of snowdrop



イタリアの天の(アズーロ)のひとひらが やまとで咲きぬ紫陽花いろに ― snowdrop

A piece of the azure sky in Italia has bloomed in Japan in hydrangeas' colours. ― snowdrop




c0345705_11582514.jpg


2015年撮影

(All Rights Reserved)







[PR]
c0345705_13565469.jpg
Padova, Italia(1999)


 日本の蛙の詩人、草野心平はイタリアの蛙の詩も書いている。生物学者ガルヴァーニによる生物電流実験(生きた蛙は使われなかったようだが…)から着想したらしい。
 外国の詩を元の音で読みたくて、いくつかの外国語をかじってきたsnowdrop。しかし、この詩だけは、イタリア語で聞いてみたいと思う。そうだ、いっそ自分で訳してしまおう。
 
The poet of frogs in Japan ” KUSANO Shinpei(1903-88), wrote a poem on a frog in Italia also. Luigi Galvani
1737-98inspired him. (In fact, the biologist used a dead frog.) Snowdrop loves to read the poem in the original, but she prefers to hear this one in Italian, even in her own unskillful translation…


c0345705_16412183.jpg
(Osaka, 2015)


ケロッケ自伝 草野心平

ボロニア郊外の。
睡蓮の池に私は生まれた。
かいつぶりが逆立ちになって空をけるのを。
私はこわいものみたさに眺めていた。
私の名前はケロッケといふが。
これは私が自分でつけた名前である。
或る日私は網にかかった。
そのまま私は大学へ行った。
カルヴァニの実験室である。
多分学生かなんかだろう。
船唄を鼻でうたひながらとほっていった。
一七八〇年のその日の午後。
私の腹にメスが入った。
世界にはじめて電流の念が生まれたのである。
私は死んだ。
私はいまどこにもゐない。
イタリアの天は美しかった。



c0345705_05573423.jpg
(Roma, 1999)


Autobiografia di Kerokke   KUSANO Shinpei 
traduzione di snowdrop

Io nacqui in un stagno di ninfee

Nei sobborghi di Borogna.

Guardavo un tuffetto fare la verticale sull' acqua e calciare l’ aria

Nonostante la paura, per curiosità.

Mi chiamo Kerokke,

Il nome dato di persona.

Un giorno fui caduto in un retino.

Fui portato all’ università,

Al laboratorio di Galvani.

Forse un student…

Passavo canticchiando una barcarola.

Nel pormeriggio del giorno nell' anno 1780

Un bisturi entrò nella mia pancia.

Nacque l’ idea dell' elettricità biologica per la prima volta della Terra.

Sono morto.

Non ci sono più in nessun posto.

Era bello il cielo d’ Italia!



c0345705_15092631.jpg
イタリア・ルネサンスの画家ジォットの描いた星空
Cappella degli Scrovegni, Padova (Giotto calendar 2000)


草野心平は宮澤賢治のもっとも良き理解者だった。心平のエッセイには『宮澤賢治覚書』が、
賢治の童話には『蛙のゴム靴』がある。

KUSANO Shinpei understood best MIYAZAWA Kenji during the latter's lifetime also.


a0332314_20300918.jpg
蛙のかたちの夕雲 * frog-shaped clouds(Nara, 2015)



夕空にあかね蛙の連れだちて星のともしび点くときを待つ


Dans le ciel deux rainettes roses attendent le temps d’ allumer des réverbères d’ étoiles.



c0345705_14015919.jpg

「逆立ちになって空をける」水鳥(鴨川デルタ、2015年)

… fare la verticale sull' acqua e calciare l’ aria(Kamo River Delta, Kyoto)

(5月下旬記*written in May




(All Rights Reserved)




[PR]

「caravaggio boy bitten pinterest」の画像検索結果
カラヴァッジォ「蜥蜴に咬まれる少年」(pinterest)


家の庭でマムシに右手指を咬まれて入院していました。左手タイピングしかできないので、下書き済みの記事や、過去記事 + α をアップしてゆくつもりです。皆さまのブログも少しずつ訪ねたいです。ぼちぼちとまたどうぞよろしくお願いします。


Snowdrop was bitten by the right hand by a viper (mamushi) and stayed in the hospital.
A vrai dire, elle avait de la chance de ne pas être montée au ciel au WE de l'Ascension.



c0345705_08504137.jpg

竹内栖鳳「艶陽」



虫愛づる心は褪せず吾がうちに 虻(あぶ)もなつかし蛇もなつかし


(The love for the insect is still in my mind. I love both the horsefly and the snake.)  



(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_09244173.jpg

















♩音符デザインの肥後橋を渡って… * Higobashi Bridge with ♩design to Festival Hall, Osaka

c0345705_17045012.jpg
















Pas de tapis rouge de Cannes…


フェスティバルホールのレッドカーペット。ここを昇れば、野村萬斎さまに会えます。この近代的なホールで彼は、ラヴェルの「ボレロ」を舞うのでしょうか。それとも、白黒だんだらの背広で「蚊相撲」を演じるのでしょうか。

Let's walk together on the red carpet of Festival Hall! NOMURA Mansai waits for us. What will he perform in this modern hall? Ravel' s Bolero? Sumo wrestling between a fan and a mosquito in white and black costume?



「野村萬斎ボレロ pinterest」の画像検索結果「野村萬斎 蚊相撲 にほんごであそぼ」の画像検索結果

Mansai, the same person!(pinterest)


蚊ではなく「唐人相撲」、そして「奈須与市語(なすのよいちのかたり)」に萬斎さまは出演します。

It is not a mosquito's sumo but those between a Japanese sumo wrestler and chinese fighters that Mansai appears. He plays The story of NASU-no-Yoichi also.


c0345705_17053300.jpg


能楽堂以外で狂言を見るのは初めてです。おや、広いホールに能舞台がぽつんと浮かんでいます。橋掛かりはふつう1つですが…これは萬斎さま発案の、3つの橋掛かりをもつ特設舞台です。

Snowdrop is going to see Kyogen play (Noh farce) in a different place than usual (Noh theatre) for the first time. Oh, in a large hall, a Noh stage stands alone. While a traditional Noh stage has one bridge passageway, this Mansai's original one has three!


c0345705_17060479.jpg


なるほど、これなら約40人の「唐人相撲」も上演できますね。唐に滞在していた日本の相撲取り(萬斎)が、皇帝(父、万作)の御前で、唐人たちと相撲を取るというお話です。唐音(とういん)という架空の中国語の雄叫びを上げて襲ってくる唐人たち ― まるで組体操!

Indeed, this stage has a capacity of 40 performers of Chinese Sumo Wrestling !

When a Japanese wrestler (Mansai) leaves Tang, he plays farewell-sumo in front of the emperor (Mansaku, Mansai’s father) . Chinese wrestlers attack Mansai with war cry in pseudo-Chinese, butjust like the coordinated group gymnastics? !


c0345705_17082874.jpg


 この舞台は古典的な演目にもぴったり。大蔵流の狂言、「千鳥」も楽しく見られました。太郎冠者の声も朗々と響いていました。
 けれど、萬斎さまの「奈須与市語」はまったくの一人芝居です。大丈夫でしょうか?!

Traditional Kyogen can be performed on this modern stage. Snowdrop enjoyed Plover by Okura school. Next, a monodrama NASU-no-Yoichi by Mansai (Izumi school)!


c0345705_20070872.jpg
海をわたる千鳥(お干菓子)*plover on the waves


この狂言はほんらい能「八島」の間狂言です。萬斎さまは奈須与市(那須与一)、源義経、後藤兵衛実基などを一人で語り分けます。パンフレットに詞章がありました。『平家物語』とほとんど同じテキストです。^^v

This kyogen is originally an interlude:short scene during a noh play, performed by a kyogen actor. Mansai plays plural roles (NASU-no-Yoichi, MINAMOTO-no-Yoshitsune, G. Sanemoto, etc.). The text is based on Tale of the Heike.



a0332314_04261743.jpg
義経が着けていたような赤糸縅鎧
Red-threaded Armor(Hamoto Petit Museum)like Yoshitsune's


 戦い済んで日が暮れて、源平軍がそれぞれ引き退くころ。平家方が小舟に美女を乗せ、赤い扇で手招きさせます。これを射落とせる弓の名手が、源氏方にいるかしら。いるなら射てみよ!と挑発しているのです。義経は実基と相談し、弓の名手、奈須与市を召します。与市、義経の前に畏まり…
 萬斎さまの一人芝居、その忙しいこと!右に左に向きを変え、声色を変え、複数の人物を演じ分けます。彼は「七色の声」をもつと言われます。声の響きが豊かでよく通るからです。けれども、単なる大音声ではありません。とても繊細な濃淡のある声なのです。これぞ「虹色の声」!


c0345705_06442498.jpg
虹色の花菖蒲 *iris irises (2015)


 In the evening when Genji (MINAMOTO) clan army and Heike (TAIRA) clan army withdrew respectively in the twilight, the Heike clan army put a beauty on a small boat and made her beckon with a red fan. She was challenging an expert archer in Genji army to shoot down her fan. Yoshitsune consulted with Sanemoto and summoned Yoichi, the best archer in his army.Yoichi humbled himself in front of Yoshitsune, and

 Mansai’s monodrama was exciting! He turns to the right (Yoshitsune), then to the left (Yoichi), while changing his tones of voice. He is said to have a rainbow-colored voice, because it is a resonant voice. Snowdrop found that it is not the mere loud voice, but a delicate, deep, and rich voicean iris voice!


Img_3157


糸縅の鎧の若武者、与市は、馬に覆輪の鞍を置かせ、手綱を操り弓を握り、渚へ向いて歩みます(『のだめカンタービレ』の「くろきん:黒金」を思い出しますね)。この場面、萬斎さまは正座し、膝を馬に見立て、だんだんだんッと舞台の左から右へ前進します。

Yoichi, a young archer in his black-threaded armor, on the gold-trimmed saddle of the black horse, with the reins and the bow in his hands, proceeds toward the beach. Mansai gets down on his knees (the horse) and carries himself on “the horse” CLOP CLOP CLOP from the left to the right on the stage.




Img_3165_800x750Img_3163_800x713_2
海上の扇のようなつつじ azalea like a red fan on the waves

クライマックスの詞章を、snowdorpが意訳しましょう。
「(…)3月18日の18時ごろ、北風は荒く、波は高く、舟は小さく…浮いたり沈んだり、扇も定かに見えない。青黒く暮れゆく波に、赤い扇がゆらゆら…南無八幡大菩薩!この矢を外させ給うなよ!もし射損じれば、弓を切り折り、この身は海の藻屑とならん!与市は祈り、目を開き、風の弱まった刹那、ひい ぷっつりと射切る!(…)
 扇は春風にもまれ、海にさっと入った。つま紅の扇が白波の上に浮かぶさまは、紅葉が水に散り浮くようだった(…)」

「源平 安田靫彦」の画像検索結果
小堀鞆音「那須宗隆射扇図」(google search)

Here is a free translation of the text by snowdrop:
(…)Around six in the evening on March 18th, the north wind is strong, the waves are high, the boat is small and drifting up and down, the fan is hard to see. On the dark blue evening waves, floating the red fan……O Great God of ArmsPlease don’t let this arrow go off the target! If I miss that fan, I will cut and break my bow and I will drown myself! Yoichi prays, opens his eyes, at the moment the wind becomes weaker, shoots an arrow whizzing to snap at the fan! (…)
 The fan was tossed in the spring wind and quickly sank into the sea. The red fan on the white waves looked like a red maple leaf on the water(…)


c0345705_13521352.jpg
智積院(2016年)


 この扇の赤は、平家の旗色でもありました。波に落ちた赤い扇は、平家の没落を暗示していたのです。そこには、ひょっとすると、平家を悪く言う者を密告させるため、都に放たれた禿(かむろ)たちの赤い衣も重なっていたかもしれません。
 優秀な海軍をもち、瀬戸内海をほしいままに支配していた平家が、源氏に敗れ、滅びることになるとは…しかし、扇を手にした美女を舟に乗せてからかう所にも、平家の貴族化はあらわれていたと言えましょう。
 

The red of the fan was the colour of TAIRA clan also. The fallen flag on the wave was an omen of the fall of Heike. And the red was the colour of the clothes of Kamuro (kid-spy with bobbed hairthat Heike dispatched throughout the capital.

This family had its own strong navy and ruled the the Inland Sea. But the prosperity sophisticated and weakened them enough to make fun of the enemy by a beauty with a red fan (a soft and aristocratic taste)!



c0345705_17142618.jpg
弱草藤(なよくさふじ) * hairy vetch


壇ノ浦の波間に紅く散らばりし平家の旗よ女人の衣よ


(On the waves of Dan-no-ura, the final battle place, red banners and red robes of ladies of TAIRA clan were to be scattered.)



c0345705_20193983.jpg


間狂言は能の一部ですから、笑いは少ないのですが、ラストにこんな言葉が…
「乳すはい 乳すはい」!?!
扇を見事に射た与市を、義経がねぎらう台詞です。「(一息ついて)乳を吸うがよい」― 狂言が生まれた時代、室町の人々の生の言葉、力強い言葉をほうふつとさせます。


Because Ai kyogen is the interlude of Noh, it is less comic than the ordinary kyogen. But this Ai kyogen comes to an end with the phrase ”
suck the breast, suck the breast! ” It is Yoshitsune’s words to reward Yoichi for his great work. It is reminiscent of the real and powerful language of the Muromachi period when the kyogen was born.



おまけ*Bonus


「野村萬斎 乱 pinterest」の画像検索結果

弱法師を思わせる少年、鶴丸(右)(pinterest、以下同)

萬斎さまはまだ十代のころ、黒澤明の映画「乱」に出演していました。朝ドラ「あぐり」では、ヒロインの夫、エイスケ(作家 吉行淳之介の父)を演じました。

Mansai appeared as Tsurumaru in the film Ran (Revolt) directed by KUROSAWA Akira.



「野村萬斎  羽生結弦pinterest」の画像検索結果「陰陽師 羽生結弦pinterest」の画像検索結果



映画「陰陽師」の安倍晴明…フィギュアスケートの羽生結弦選手も滑りましたね。萬斎さまと羽生選手の対談(NHK)、見ごたえ、聞きごたえがありました。

He played Abe no Seimei (a leading specialist in Onmyodo, a traditional esoteric cosmology
) in several films. A top figure skater HANYU Yuzuru played Mansai's Seimei on the ice.



「野村 萬 斎 の ぼう の 城」の画像検索結果


映画「のぼうの城」で炸裂した、溌溂たるユーモア…
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Floating_Castle


「nomura mansai eisuke  pinterest」の画像検索結果「oedipus mansai 」の画像検索結果



 ギリシア悲劇やシェイクスピア劇にも…(彼はイギリスに1年間演劇留学しました)
 個人的には、平安装束の萬斎さまが一番好きです。でも、雅楽師の東儀秀樹さまも素敵なのですよ…まるで光源氏と頭中将です。ああ、究極の選択!(T◇T)
 そういえば、東儀さまは「オイディプス王」で萬斎さまと共演し、舞いを披露していましたっけ…

 He played Oidipus, Othelo, Hamlet, etc.(He had studied the drama in England for one year)
 Snowdrop loves best Mansai in Heian period's costume. And TOGI Hideki in Heian costume also…They look like Hikaru-Genji and his best friend To no Chujo… the ultimate choice!(T◇T)
 They played together in Oidipus, where T. Hideki danced gracefully. He used to be a court musician who should not only play all the traditionnal instruments but also dance.
 

「野村萬斎 のぼうの城 pinterest」の画像検索結果「pinterest 東儀秀樹」の画像検索結果

(All Rights Reserved)



[PR]
c0345705_06042847.jpg


春から初夏にかけて咲いた花々を、花束にしてあなたに…
今日は母の日。あなたが母であっても、母でなくても。

Des fleurs de printemps pour vous
comme le smorgasbord (viking en Japonais)
à la fête des mères au Japon


c0345705_05582965.jpg
c0345705_06144310.jpg





















いまが盛りの木香薔薇(もっこうばら)(上)
イースターの卵が透けてみえるような白い薔薇(下)(2015年)のミニチュアみたい。

Le rosier de Lady Banks comme une rose blanche, Pascali comme l' œuf de Pâques


c0345705_06520996.jpg
c0345705_06523797.jpg


















大手毬、小手毬。
世界史で習った大ピピン、小ピピン
大プリニウス、小プリニウスを思い出す。

Viburnum plicatum (big handball) and Spiraea cantoniensis (small handball)
remind me of
Pliny the Elder (Big, jp.) et Pliny the Younger (Small, jp.).



c0345705_05574170.jpg
Img_3081_800x600


鳥籠みたいな花海棠

Malus halliana comme une cage d' oiseau


c0345705_06013604.jpg
「ドガ 踊り子 ピンク pinterest」の画像検索結果



踊子みたいな石楠花(シャクナゲ)(ドガの絵はpinterestより)

Rhododendron comme une danseuse de Dogat



c0345705_21244277.jpg
「oeillet mucha pinterest」の画像検索結果
L'Œillet par Mucha


和のカーネーション、石竹 & ミュシャのカーネーション

L'Œillet japonais et celui de Mucha





c0345705_10491976.jpg
「射干 能面 やかん 狐 」の画像検索結果
能面「射干https://nohmask21.com/yakan.html


のようなシャガ(胡蝶花射干
狐(射干、やかん)の顔にも似てる?!

Iris japonica comme un papillon ou
comme un renard (un masque de no) ?!



c0345705_06034110.jpg


葉隠れに散りとどまれる花のみぞしのびし人に逢ふ心ちする 西行


葉隠れの花とし見ればてふ一羽 snowdrop

     Une fleur parmi des feuilles ? Non, c' est un papillon.



c0345705_06032887.jpg


雪柳の花枝にとまっていたのは、蝶々みたいな桜の花びら
皆さまも、ご披露したい桜のお写真がまだあれば、520日がチャンスです。^^
詳しくはusaさまのページへ… 🌸

If you have photos of cherry blossoms that you have not yet unveiled, how about participating in the following project toward Tohoku region on May 20th? ↓ 🌸



(All Rights Reserved)


[PR]


c0345705_13323583.jpg











c0345705_15155673.jpg
























京都の南にある三室戸寺へ、躑躅(つつじ)の見おさめに出かけました。紅、薄紅、白の躑躅が満開です。けれども、青のがありません。フランスのブログで見かけて、憧れていたのですが…
リッチリンクでは画像が出なかったので、お写真を一枚だけお借りしました(2012年)。


Nous sommes allées à Temple Mimurodo à voir des dernières azalées rouges, roses, blanches, mais pas de bleuesles azalées bleues que j' adorais depuis que j' avais rencontré votre blogue poétique. Pardonnez-moi, s.v.p, j' ai osé copier-coller une de vos photos ici.

http://doudou.gheerbrant.com/?p=15704 (2012)

c0345705_13335010.jpg















c0345705_13072379.jpg


















なぜそんなことを?どうしても躑躅でトリコロール(三色旗)を作りたかったのです、今日


Parce que je voulais faire un drapeau tricolore avec des azalées aujourd’hui



c0345705_13394517.jpg


躑躅のなかに葉桜と紫陽花の青葉が見えますか。春から晩春、夏へと季節は移り、花も移ろいゆきます。春の桜は散ってしまったけれど、梅雨には紫陽花が咲くでしょう。


Vous trouvez des feuilles vertes de cerisier et de hortensia parmi des azalées? La saison marche vers l’été, et la hortensia sera en fleur.


c0345705_13542335.jpg



紫陽花は秋が過ぎ、冬になっても、枯淡な色で私たちを慰めてくれるでしょう。日本人の私が、一フランス女性から、枯れた草木の美しさを学ばせてもらったのです。―

Même à l' automne et en hiver, la hortensia nous montra ses couleurs riches. Vous savez, une japonaise a appris d’ une française la beauté des herbes et fleurs fanées



c0345705_14031854.jpg
c0345705_15382250.jpg

和傘が三つun, deux, trois parasols!



いまはまだ、山滴る季節。春の躑躅は明日は萎れるでしょうが、立夏は一昨日過ぎたばかりです。つつじは「映山とも書くんですって。い和傘と似合いますね。


Mais maintenant nous sommes à la saison de la montagne dégouttante de la nouvelle verdure. Bien que l’ azalée, une fleur de printemps, elle aille se flétrir demain, le premier jour de l’ été vient de passer avant-hier.


c0345705_14034374.jpg


くれなゐの和傘のかげでうぐひすの声を聴きつつ映山紅
召しませ


Sous un parasol rouge, en écoutant le chant des rossignols, savourez une friandise en forme d’ azalée, s’ il vous plaît.



c0345705_19044891.jpg

















岩つつじ * azalée (2016)



All Rights Reserved






[PR]
c0345705_18130398.jpg

初夏の週末、『赤い鳥』を読みながら、ココアはいかが。夏日になれば、アイスココアもお勧めです。白い鳥籠をかぶせられ、しずしずと運ばれてきたのは…バードネスト(鳥籠)ケーキです。


At the early summer weekend, how about having a cup of cocoa while reading the magazine Akai tori at AKAI TORI? When it is a little hot, you can choose a glass of ice cocoa. BEHOLD! The owner of the cocoa shop brings you a “Bird’s nest cake” in a white bird cage !


Img_3081_800x600

Img_3080_800x597_3Img_3085_800x591_3



止まり木の上から赤い鳥が見下ろしているのは、ココアケーキの巣におさまった小鳥のクッキー。小鳥が巣を留守にすると、そこにはココアアイスの卵が…食べちゃうよ!

A red bird on the perch is looking down at another bird in the nest of a cocoa cake. When the bird-shaped cookie is out, an egg-shaped chocolate ice cream appears. I'll eat you up, I love you so

                ココアを運ぶメイドのポスター↓

c0345705_18171624.jpg
「strauss rosenkavalier chocolat opera」の画像検索結果
奥さまが年下の恋人とココアを…(オペラ「ばらの騎士」)
Please, just feed me all the chocolate,(Rosenkavalier)(google search)



お店のなかはまるでココア博物館。あのポスター、見たことがあります。むかしはココアは滋養強壮薬、メイドが毎朝、奥さまのベッドまで運んで行ったものでした。

This cocoa shop is like a cocoa museum. I have seen the above poster, which tells us that the cocoa originally was a nutrient and a maid would bring it to her mistress in the bed every morning.



c0345705_18181474.jpg



海外(上)や日本(下)のココアパッケージがずらりと並んでいます。外国のお客さんも日本のお客さんも、それぞれに懐かしいことでしょう。


When you look up, you will find the arrays of foreign and Japanese cocoa cans. They bring back memories, don't they ?


c0345705_10290832.jpg



天井には鳥籠や卵がたくさん!このココアショップの名前は「アカイトリ」。大正から昭和初期に刊行された児童雑誌『赤い鳥』にちなんでいるのです。


On the ceiling, there are many bird cages and eggs! This cocoa shop’s name is AKAI (RED) TORI (BIRD), after the title of Japanese children's literary magazine Red Bird (1918-1936).


c0345705_10472746.jpg


c0345705_10464630.jpg

































snowdropのような本好きは、この勉強机に座りましょう。『赤い鳥』のバックナンバー(復刻版)などを自由に読むことができます。


Snowdrop, a book lover, would like to sit at this writing desk so that she can concentrate on reading the back numbers (reprint) of Red Bird and other books.



c0345705_18195774.jpg

『赤い鳥』には、北原白秋も参加していました。「赤い鳥小鳥、なぜなぜ赤い…」(童謡)が有名ですね。彼はココアの短歌も詠んでいます。

KITAHARA Hakushu joined the Red Bird and made a famous children’s song “Red bird, little bird, why are you red? Because you ate a red berry(…)"(translation of snowdrop He made a tanka on the cocoa also.

「菱田 春草 黒き 猫」の画像検索結果
菱田春草「黒き猫」(部分)(pinterest)

よき椅子に黒き猫さへ来てなげく初夏晩春の濃きココアかな 白秋 


(Sur une bonne chaise un chat noir aussi vient et pleure, au fin de printemps et début de l’ été, on boit du chocolat fort.
Hakushu, traduction de snowdrop)


フォト  
snowdropも、未来から飛び入りで投歌しちゃいました。
Snowdrop also contributes from the future!



秋ふかみ手指の先の冷ゆるころ黒猫いろのココアなつかし 
snowdrop


Quand l 'automne est fort avancé, le chocolat chaud comme un chat noir, il me fait envie. snowdrop



c0345705_10431645.jpg


白秋の歌う「よき椅子」に座って開くのは、俳人、久保田万太郎の創作童話です。イースター前だったからでしょうか、小鳥だけでなく兎のグッズもたくさん♪(4月撮影)


Sur une bonne chaise, snowdrop reads a fairy tale by KUBOTA Mantaro, a haiku poet. Not only birds but also bunnies join me because it is just before Easter (April).



c0345705_18245141.jpg

「ふくろ」はフクロウのことです。窓の外にもいましたよ。

Fukuro means the owl. Oh, another one is outside the window!


c0345705_07175272.jpg

このお店じたいが、まるで鳥籠のようです。


This cocoa shop itself looks like a big bird cage. Un croissant et chocolat chaud…mon petit dejeuner!

c0345705_07172319.jpg


アカイトリは、心斎橋と難波のあいだで、隠れ家のようにひっそりとあなたを待っています。


AKAI TORI waits for you between Shinsaibashi and Namba like a hermitage in a megalopolis, Osaka.





お店を出れば、巨大な ‘アカイカニ' や食いだおれ人形の看板が…心斎橋は、店の看板の大きさ規制が緩いと聞いたことがあります。


When you leave the hermitage, you will be surrounded by a giant red crab (akai kani !), Kuidaore Taro, etc. They say that the regulation of signboard's size in this area is not so strict as in other places.

c0345705_11424277.jpg
Img_0916_768x1024












文楽劇場の食いだおれ人形*Kuidaore Taro in National Bunraku Theatre (2014)


母や祖母に連れられて、高島屋難波店と大丸心斎橋店とを梯子したことを思い出します。


We, my mother, grandmother, and I would go from Takashimaya Osaka Store to Daimaru Shinsaibashi, two of the department stores in Osaka.



c0345705_11005673.jpg
高島屋難波店*Takashimaya Osaka Store

c0345705_10030219.jpg
大丸心斎橋店(2010年撮影。現在建て替え中)*今年のバレンタイン・チョコはここで…
Daimaru Shinsaibashi where snowdrop bought Valentine chocolates this year.


お店のチョコレートをお土産にすれば、お家でも「アカイトリ」気分 chick


If you buy these cocoa balls in AKAI TORI, you can reproduce the atmosphere of the shop in your house also.



c0345705_18255558.jpg


Red Bird, Little Bird
by KITAHARA Hakushu (You Tube)
Japanese children's literary magazine Red Bird
 (児童雑誌『赤い鳥』)(wiki)
                                      



(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_17201722.jpg


雨の多い春でした…平安の昔ではありません。平成最後の春、私の住む街の公園にリラが植えられた春のことです。おや、こんなところにリラが…雨上がりの朝、その冷え冷えと芳しい香りをかいだ瞬間、思い出したのです。清子さん、貴女のことを…


C’ a été un printemps pluvieux. Pas de celui de l' époque de Heian, mais de Heisei, 2017, quand des lilas sont planté dans un jardin de mon ville. Tiens! Des lilas ici aussi! Un matin après la pluie, leur parfum frais m’ a rappelé vous, Seiko


c0345705_17223740.jpg



貴女は覚えていますか。私の最後の手紙を。

「…忘れやしない、忘れるものか、煙にむせぶようにむせび泣きながら君を想っている…」(実方)

けれども、貴女の返事はつれなかった。

「…心をいぶす煙は 変わらず消えることはない、ですって。何がそうさせるのでしょうね…(子)


Vous souvenez-vous de ma dernière lettre?

Je ne t’ oublirai jamais, ne t’ oublirai jamais, je te penserai en étant suffoqué par mes larmes comme par la fumée.”(Sanekata)

Et votre réponse froide

Tu dis que ta fumée est constante et inextinguible? Qu’ est ce qui fait comme ça?”(Seiko)



c0345705_17270664.jpg



後になって、こんな歌をやりとりした平安人のことを知りました。


忘れずよまた忘れずよ瓦屋の下たくけぶり下むせびつつ 藤原実方

葦の屋の下たく煙つれなくて絶えざりけるも何によりてぞ少納言


J’ ai connu au jour plus tard deux poètes de l' époque de Heian, Fujiwara-no-Sanekata et Sei Shonagon qui échangèrent des waka comme nos lettres.



c0345705_17355982.jpg


けぶるように咲くリラ
* Lilas comme la fumée (2004)



あるいは私たちは二人の歌人の生まれ変わり?平安と平成の世に、同じ恋の末路を辿ったのでしょうか?もしかして「忘れずよ」のリフレインが横すべりしてしまったのでしょうか。あの時、私たちは元カレと元カノ、久々の再会でしたが…あの、渾身のリフレインが空々しく響いてしまったのでしょうか。


Est-ce que nous somme réincarnations de ces deux poètes? L’ amour de Heian a répété à notre époque? Le refrain
ne t’ oublirai jamais”, il n' a marché pas cette-fois-ci aussi? Nous étions alors ex-amoureux comme Sanetaka et Sei Shonagon



c0345705_17242031.jpg



思い出します。貴女のそっけない手紙からほのかに立ちのぼった、リラの香り。貴女はいつもリラの香水をつけていた。― ひょっとして、あの短い手紙は、長い長い時間をかけて書かれたのではないですか。うすむらさきの紙がところどころ波打っていたのは、涙のあとだったのではないですか。


Je me souviensde la fragrance subtile des lilas de votre lettre. Vous mettiez toujours du parfum des lilas. ― Tiens, tu as écrit cette lettre courte pendant de longues heures? Le papier mauve ondoyait cà et là, c’ a été des signes de tes larmes?



c0345705_04123545.jpg



この手紙は、リラの見えるベンチで書きました。むらさきのインクがにじんでいたら、それは下枝(しづえ)から落ちた雨のしずくです。もし心が動かされたなら、久しぶりに私の家へいらっしゃい。君の好きな北原白秋にならって、カステラを出しますから。


J’ai écrit cette lettre sur un banc où je vois les lilas. Si l’ encre violet bave sur le papier, c’ est à cause des gouttes d' eau des feuilles des arbres. Si cette lettre te touche, tu viendrais chez moi après une longue absenceJe te servirais une castella au mois de paulownia, d’ après KITAHARA Hakushu que tu aimes.




c0345705_09073522.jpg

天平時代の撥鏤(ばちる)の意匠の珠(右)



「短歌は一箇の小さい緑の古宝玉である。(…)その小さい緑の古宝玉はよく香料のうつり香の新しい汗のにじんだ私の掌にも載り、ウイスキイや黄色いカステラの付いた指のさきにも触れる。而して時と処と私の気分の相違により、ある時は桐の花の淡い匂を反射し、また草わかばの淡緑にも映り、或いはあるかなきかの刺のあとから赤い血の一滴をすら点ぜられる。(…)」(北原白秋「桐の花」)


“ Le tanka est une petite perle verte ancienne () , que touche mon doigt taché des poudres d’ une castella jaune, qui réfléchit le parfum subtil de paulownia, qui s’ harmonize avec la verte jeune de herbes () ” ― Fleur de Paulownia, KITAHARA Hakushu



c0345705_08595642.jpg

桐の花paulownia, Nara, 2016

「paulownia seabold」の画像検索結果
シーボルトによる桐の花(wiki)

(All Rights Reserved)







[PR]

c0345705_19550726.jpg
桜重ねの袖のような和菓子「春爛漫」*spring in full swing, full bloom
空に浮かぶ蜘蛛の糸を表した和菓子「糸遊」* shimmering of hot air

c0345705_10310048.jpg
桜重ね(紅に白を重ねると桜色に…)『源氏物語の色』平凡社



 雨の多い春でしたこと…平成二十九年?いいえ、平安のむかし、宮廷きっての風流才子、藤原実方さまがこんな歌を詠んだ春です。

桜がり雨はふりきぬおなじくは濡るとも花のかげにやどらむ

桜重ねや山吹重ねに装った殿上人らが桜狩りをしていたあの日。糸遊がふわふわ浮かぶ空が、にわかに薄墨いろを帯びたと思ったら、ぱらぱらと雨の音がして…狩衣の肩や背に雨しずくが花弁のような染みを作ったと思う間もなく、ざあっと降りかかる雨。たちまち、しとどに濡れた殿方らは、大慌てで物陰へ逃げこみます。ところが、桜木の下にぽつんと一つ、動かない人影が…。
桜狩りに雨が降って来た、同じ濡れるなら花の陰で雨宿りしよう」― 実方の君でした。

この話を聞いた時、思ったんです。まあ、風流な!でも、馬鹿にすかしちゃって…


a0332314_10093350.jpg
桜と山吹*cherry blossom and Japanese rosea


 It was a rainy spring
not in 2017, but in 990s, when FUJIWARA-no-Sanekata sang 🌸
When we were enjoying cherry-viewing excursion, it has begun to rain. If I get wet anyhow, I would rather take shelter from the rain under flowers.

While the courtiers in cherry-blossom-pink or in Japanese-rosea-yellow were viewing cherry blossoms, the shimmering of hot air vanished, the sky became gray and the the sound of falling rain reached their ears. Just when the raindrops fell on their garments like petals, it started to pour and they got drenched. All of them hurried to take shelter save one, who stood still under a cherry tree and sang 🌸. When I heard this episode, I was deeply moved and at the same time slightly embarrassed, “Refined, but…too affected? ”


c0345705_10242774.jpg



 私と同じように感じた方もいらしたのですね。後日、藤原行成さまが「歌はおもしろし、実方は痴(おこ)なり」と批判なさったのです。カッとなった実方さま、口論のあげく、行成さまの烏帽子をパシッと叩き落してしまいました。まあ、大変!烏帽子なしで素頭を露呈するのは、当時、人前で裸になるくらい恥ずかしいことでした。けれども行成さまは動ぜず、烏帽子を随身に拾わせ、ゆっくり身づくろいなさって立ち去ったのです。

この様子をご覧になっていた帝は、実方さまを東北へ左遷しました。「歌枕見てまいれ」と仰せになって…婉曲なお言葉にくるまれた処罰?それとも、ひょっとして、粋な計らい?


 A master calligrapher later criticized him, “While that waka is interesting, Sanekata himself is silly.” The poet got angry, quarreled, and finally knocked the calligrapher’s headgear. Great Heavens! It used to be shameful to disclose one’s head like being naked in public. But the calligrapher unblinkingly made an attendant pick up the headgear, tidied himself and left calmly.

 The emperor happened to see this scene and demoted the poet to Michinoku, far east from Kyoto, “Go to see the places with poetical associations” an euphemism? Or a special grace?

c0345705_20350081.jpg

みちのくへ旅立たれた実方の君。案外、『伊勢物語』の業平卿の東下りにご自分をなぞらえ、高揚しておられたかもしれません。でも、実方さまが都で返り咲く日は来ませんでした。奥州の道祖神の前で下馬しなかったため、神の怒りに触れて亡くなったのです。

それからおよそ200年…平安末期の風流法師、西行がみちのくの旅へ出ました。彼は実方さまの墓の前で、こんな歌を詠みました。
朽もせぬ其名ばかりをとゞめをきてかれのゝ薄かたみにぞみる

 魂ゆさぶられた実方さまは、老人に姿を変え、西行法師の前に現れます。

In 995, Sanekata traveled east like ARIWARA-no-Narihira, Japanese Don Juan, a great poet in the 9th century. Did he compare himself to Narihira and get excited? But he was destined to die there.

 Around 190 years later, in 1186, a great poet and monk, Saigyo traveled east like Sanekata and Narihira. He sang🍂 in front of Saneatas grave.
It is only the name of the poet that is immortal, and silver grasses in this desolate field are the memento from him.
 This song moved Sanetaka so deeply that he changed into an old and appeared before Saigyo.


a0332314_09310480.jpg

大槻能楽堂パンフレットより。当日は朝倉尉(老人)の面でした。

 これが「実方」というお能の始まり…この演目が1993年に復曲初演されたときは嬉しくって! (*‘∀‘) 今日もはるばる彼岸から観に参りました。

 なぜって、私、実方さまの生き方が他人事と思えないんです。美しいものが大好きで、風流を生きるひと…たとえ「痴(おこ)」と眉をひそめる者がいても、己の美意識を実践せずにはいられない、正直なひと。


This is how Noh Sanekata begins. How about seeing this Noh with me? I have come to see it far from the Heavens
……because I feel as if Sanekata’ s way of life were mine. A person who loved the beautiful things and lived his own aesthetic sense. A straight arrow.


a0332314_21433095.jpg

「雪月花」より「雪」(部分)『上村松園』集英社*Snow by UEMURA Shoen(detail)



私だって、中宮さまの前で「香炉峰の雪」を実際に「簾をかかげて見」たら、あざとい、高慢だ、と陰口を叩かれもしました(『枕草子』第299段)。でも……風流を生きて何が悪いというのッ !! この、定めなき濁世の只中で !!! …あら、つい、ごめんあそばせ。

I also was praised and at the same time criticized as “haughty” when I lifted the sudare-blind to see the snow after Bai Juyi, a Chinese poet (The Pillow Book 299). But……what’s wrong with me practicing my own ideal in this uncertain and corrupt world!!!!!pardon.


「西行」の画像検索結果
西行物語絵巻(部分)*Saigyo(google search)
 

 西行法師だって、風流な歌そのままに生きて、望み通りに死にました ― 望月に照らされた桜の下で。そんな彼だから、しみじみ歌ったのです。「
不朽の名ばかりが残る歌びとよ、枯野の薄をその形見と見よう」と…。そのとき、西行69歳。

薄といえば、私、こう綴ったことがあります。 ― 薄は、秋の野でもっとも趣深い「花」。色とりどりの花が散ったあとも、昔を思い出すような顔をして、白い頭を風になびかせて佇んでいる…まるで人間みたいに。(『枕草子』第67段)

Saigyo also lived the world of his own waka and died at the age of 73 in the way he had wished “I wish to die under cherry blossoms in the spring, around the day of full moon in February”. And when he sang🍂 that waka on silver grasses, he was 69.

Speaking of the silver grass, I wrote in my essay as follows. ”The silver grass is the most tasteful “flower” in the autumn field. Even after falling of other flowers, it stands still with his white hairs fluttering in the wind, as if it were a man who brings back the past.


c0345705_13470688.jpg
武蔵野図屏風(サントリー美術館)薄の原より昇る月
Folding Screen with Design of Musashino Plain (17c.) (Santory Museum of Arts)



すすきを幕に、月をシテに見立てsnowdropの詠める一首


すすき野の幕はひらきて白銀(しろかね)虚空


(The curtain of the silver grass has opened, and the silver moon crosses the bridge in the firmament.)



c0345705_11544481.jpg

五色の揚幕と橋掛かり*Five-coloured curtain and Bridge passageway



清少納言と一緒に能「実方」をご覧になりたい方は、こちらへどうぞ。

http://ramages3.exblog.jp/23850160/ (ももさへづり*やまと編)
この一連の記事は、大槻能楽堂における能「実方」上演に先立つ馬場あき子先生のお話をもとに、『枕草子』も交えて空想をふくらませたものです。

This series is based on a small lecture by BABA Akiko before Noh and The Pillow Book by Sei Shonagon.



c0345705_05201255.png

東山魁夷宵桜」『東山魁夷展』

願はくは花の下にて春死なんそのきさらぎ望月ころ 西行


花に戯れ月にめで雪を廻らす舞の袖  ― 能「実方」詞章より


c0345705_22064847.jpg
平安貴族の衣のような桜、御衣黄(ぎょいこう)(2016年)

(All Rights Reserved)



[PR]

c0345705_10181624.jpg


 2004年にsnowdropがホームステイしたB…家から、嬉しい便りが届きました。この春、おめでたいことが三つ重なるのだとか。
 今週末は、次女L…の結婚式。2015年にsnowdropの奈良の家を訪れ、ミモザの精のように旅立って行ったL…、ご結婚おめでとう!家族ともどもお喜び申し上げます。

Snowdrop a reçu triple bonnes nouvelles de la famille B qui l'accueillit en 2004. D' abord, à une seconde fille qui était venue chez nous et se marie ce weekend, Félicitations pour votre mariage! Ma famille est heureuse que tu et ton petit ami charmant, vous êtes reliés ce printemps. Je me souviens de toi comme Primavera à la saison de mimosa au Japon en 2015






石造りの教会遺跡をともに訪ねた長女には、二人目の赤ちゃんが生まれました。森と湖の国スウェーデンに住む美しい母に、上村松園の絵を贈りましょう。


Ensuite, la fille aînée qui visita ensemble Saint-Jacques de Mont-Saint-Aignan, elle a eu une deuxième fille. Je voudrais lui offrir cette peinture d' une mère et deux enfants. Elle est toujours une belle femme comme cette belle japonaise.


「上村松園 志ゃぼん玉」の画像検索結果

Bulle de savon par UEMURA Shoen(google search)

Elle m' a montré sa traduction en anglais de Une partie de campagne de Maupassant. Et j' essaie maintenant cette blogue en anglais / français…

Cliquez cette cartouche, s.v.p. 

c0345705_07491801.jpg


ドラム上手で、snowdropの下手なピアノとセッションしてくれた長男。彼は若き日のプルーストのような素敵な男性になり、もうすぐパパになります。雪柳のように幸福が家族に降り注ぎますように!

Et enfin…le fils qui avait fait une séance musicale (Take Five) avec moi à un mercredi après-midi, il est devenu un gentleman comme jeune Pourst et sera un père. Je vous souhaite des bonheurs comme des mille fleurs de Spiraea thunbergii !

Cliquez cette cartouche, s.v.p. 



スズランの季節には少し早いので…snowdropとも呼ばれる花をブーケにして、B…家へ送ります。

Puisque le muguet n' est pas encore ouvert, snowdrop voudrait offrir un bouquet de snowdrop à la famille B…. Tous mes voeux de bonheur!



c0345705_07484009.jpg
snowflake (snowdrop) , Umami-Hill-Park, Nara (2017)


()林檎鈴蘭()三つ色のひかりに満つる家族(うから)しうるはし


sakura-bana ringo suzuran mitsuiro-no hikari ni mitsuru ukara shi uruwasi

Félicitaions à tes familles pleine de lumière des fleurs tricolores: cerisier, pommier, et muguet!




Cliquez cette cartouche, s.v.p.↑


Je joue ce morceau chaque printemps....♪

(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_16343193.jpg
c0345705_16383807.jpg
チューリップと桜がコラボしていた馬見丘陵公園(4月12日)


咲いた、咲いた ♪ チューリップの花が? これがチューリップ?!
これは原種系のステラータ。本当に星(ステラ)のようです。横から見ると百合にも見えます。一説によると、イエスさまが愛した「野の百合」はチューリップだったとか。労せず、紡がず、ただに可憐な花は、キリストだけでなく、オスマン・トルコのスルタン達をも魅了しました。(…でも、荒野の強風のなかで咲くのは、大変な労苦ですよね?!)

Ecloses, écloses ♪ ― Quoi écloses? Des tulipes se sont écloses ?!
Ces sont des tulipes Stellata, comme des étoiles (stella).
Stellata is a liliaceous flower. John Gerard, an English botanist considered that "the lilies of the field" loved by Jesus was the tulip. The flowers that neither toil nor spin fascinated both Jesus and Sultans of the Ottoman Empire. (But…it is a great toil to bloom in a storng wind of the desert, isn't it?)


Ecloses, écloses, des tulipes se sont écloses
Alignées, alignées, en rouge, blanche, et jaune.
N’importe laquelle fleur on voit, c’est très très jolie ♪(traduction de snowdrop)

チューリップが太陽の方角へおじぎしています。太陽が移ると花の向きも移り……開いていた花びらもゆっくり閉じてゆきます。スルタンらはこの「チューリップの踊り」を愛し、王宮の庭で品種改良を始めました。

The tulips are bowing toward the sun. When the sun moves, these flowers follow it and … BEHOLD! The petals have closed! This open/close movement is called "Tulip's Dance" by the sultans, who transplanted and bred them in their palace gardens.



c0345705_14371100.jpg
c0345705_23075206.jpg


白いチューリップが閉じると、卵そっくりになります。こんなところにイースターエッグを落としたら、そしてそれが白なら、見つかりっこありません。

When the white tulips close, they look like white eggs. If you drop a white Easter egg there, you will never find it again! Attention!


c0345705_14381649.jpg
c0345705_14390128.jpg


チューリップの和名は鬱金香鬱金いろの卵のなかに隠れているのは、親指姫?それとも…

What is hiding in this deep and vivid yellow egg, is it Thumbelina? A Londoner? Or…


c0345705_14405676.jpg


季節外れのサンタのプレゼントが入っていたりして?ニューサンタというこのチューリップ、サンタのおじさんそっくりの、白で縁取られた赤い服をまとっています。

… a present from Santa Claus out of season? This tulip is called New Santa, which wears a red Santa costume with white fringes.


c0345705_14440792.jpg
ニューサンタ*New Santa*Viens valser avec papy !

『赤毛のアン』に出てくるレアーケーキのように、層(レアー)になった花々。

"Layer tulips" like the layer cake in Anne of Green Gables.


c0345705_14514450.jpg

「anne's layer cake pinterest」の画像検索結果
(pinterest)
c0345705_14433069.jpg


こちらはモネの絵に出てきそうな風景。風車や農家の代わりに並んでいるのは、満開の桜木です。ゴッホ好みの青と黄色の畑もあります。

Here is Le Chef-d'œuvre inconnu painted by Monet…. Cherry trees are pretending that they are a windmill and farmhouses. Or do you prefer the yellow-and-blue field in Van Gogh style?


c0345705_14541185.jpg
「monet tulip doudou grillon」の画像検索結果
モネ「チューリップ畑」*Monet, Tulip Fields With The Rijnsburg Windmill(wiki)

c0345705_14562435.jpg


春の野のパレットひろげ虹いろの鬱金香(うこんこう)の絵具をならべむ


Ouvrons une palette de champs au printemps et mettons sept couleurs de tulipes comme un arc-en-ciel!



c0345705_15030271.jpg


今年は紫の花が元気なようです。野原や田園でも、烏の豌豆や仏の座が目立ちます。


(むらさき)の絵の具をおおめに絞りだし(ゆかり)の姫の()顔えがかむ

Je prépare assez de couleur purple et peindrai le visage souriant de Princesse Purple.

a0332314_10002274.jpg

ツルニチニチソウとすみれ*Violette et Pervenche

c0345705_16380615.jpg


Bonus*La tulipe est importeé des Pays-Bas au Japon au 19e siècle. On l’ appela ukon-kou (
鬱金), ça veut dire perfume (kou) de curcuma (鬱金 ukon) puisque la tulipe sent un peu mal.
(鬱 est un des caractères chinois le plus compliqués et pourtant bien connu au Japon parce qu’ il représente la dépression, le nom de la maladie commune à notre époque.
Maintenant beaucoup de tulipes sont cultivés au Japon.

桜(鬱金)*Cerisier nommé Ukon(造幣局、2016年)

c0345705_12041893.jpg


おまけ*馬見丘陵公園のうぐいすのようなソプラノの友へ…
Bonus*To my friend who sings like a bush warbler in Umami-Hill-Park


(All Rights Reserved)














[PR]
c0345705_14573435.jpg


ぽつぽつとまるい粒、何に見えますか?こういう雨粒が歯に見えると言うフランス人がいます。雨のヴェランダは、桜をうれしみ笑っているのでしょうか。


Qu
'est-ce que vous voyez sur cette photo? Des gouttes de pluie comme ça, elles évoquent la dentition à une française. Est-ce que cette véranda sous la pluie rit en admirant un cerisier en fleur?



c0345705_14575081.jpg


ヴェランダの向こうには、雨にけぶる桜。週末のお花見は見送り、お家で花ごもり…


Le cerisier à travers la véranda console snowdrop qui évite la foule de hana-mi de WE. Elle préfère son ermitage




c0345705_14583409.jpg


あなたの街も雨ですか。桜のお茶を淹れましたよ。桜風味のゴーフルもどうぞ。珍しく、クリームがはみ出しています。ほんのり桜色のクリームは、母の白粉のような匂い…

Il pleut chez vous aussi? Snowdrop a fait du thé, avec une gaufre de FUGETSUDO, qui est inventée comme une friandise originaire avec le nom français. Tu as de la chance, tu VOIS la crème au saveur de feuille de cerisier dans cette gaufre! La crème fleure la poudre de sa mère


「gaufre pinterest」の画像検索結果   ワッフルみたいな 本場のゴーフル(pinterest)

ゴーフルとは、神戸の菓子職人が西欧のゴーフルの名を借りて創作したお菓子です。その一方で、日本人は本場そのままのスコーンを作ったりもします。クロテッドクリームも、苺ジャムも…けれど、小食のsnowdropはヨーグルトを添えるのがせいぜいです。


Le japonais imite fidèlement aussi le gateau comme des scones, clotted cream, confiture de fraises, etc. Snowdrop, qui a un appétit d’ oiseau, préfère le yaourt.



c0345705_14053516.jpg


三時にテレヴィをつけると、ミュシャのポスター「ジスモンダ」が映っていました。女優サラ・ベルナールが手にしたこの葉っぱ、棕櫚(シュロ)だったのですね。今日はイースターに先立つ「棕櫚の日曜日」。キリストがロバに乗ってエルサレムに入城し、人々が棕櫚の葉を振って出迎えた日です。さすがNHK、粋ですね。

À l’ heure du quatre-heures (trois-heures au Japon), Gismonda de Mucha est passé à la télé. Oh, ce rameau dans un main de Sarah est la palme?! Aujourd’hui, c’ est Dimanche des Palmes ! C’ est un choix de programme digne de NHK !




ミュシャの「椿姫」、春日山に連なる高円山麓の白毫寺の五色椿はこちらへ


c0345705_14582010.jpg


春雨を聴きながら、読みたくなる本。弾きたくなる音楽。


En écoutant la bruine, snowdrop lit ce livre et joue ce morceau chaque printemps.

https://www.youtube.com/watch?v=crTylNISgOg(フォーレ「夜想曲」第1番)

和歌のリズムは、かな文字を綴るリズムに通じるといいます。西本願寺の三十六人家集がつくられてから数年後、平清盛が生まれました。彼は武家の棟梁として公家の世を終わらせる一方で、貴族文化に憧れて平家納経を奉納することになります。


SHIRASU Masako dit que le rythme de waka concorde avec celui de calligraphie de kana. Entre
Nishi Honganji Sanju-rokunin Kashu (c.f.wiki) et Heike-nokyo, il existe environ cinquante ans. Celui-ci est produit par Heike et TAIRA-no-Kiyomori, un guerrier clan, qui termina l’ aristocratie, la base de celui-là. C’ a été les temps troublés comme aujourd’hui.



c0345705_14594457.jpg
Nishi Honganji Sanju-rokunin Kashu (ca.1112)  『王朝絵巻と装飾経』講談社
c0345705_16403410.jpg
Heike-nokyo (1164)   『王朝絵巻と装飾経』講談社


 これらの歌集と経典には、ひと連なりの美意識が感じられます。同様に、フォレの夜想曲第1番と、バッハの平均律第18番の前奏曲は似ている気がします。心に沁みるような変ホ短調の旋律や、アルペジオ(琵音)や…。

 フォレはバッハを、いわば本歌取りしたのでしょうか。フォレは教会オルガニストで、バッハにも親しんでいましたから。

Ces deux oeuvres se ressemblent comme deux musiques ci-dessous. Pas seulement leurs tonalités (mi bémol mineur) mais leurs melodies, arpèges etc. Est-ce que G. Fauré a fait honkadori (c.f. wiki) de J.S.Bach ? Il était un organiste comme Bach



On dit que le début de cette fugue représente la Trinité. Jean Christophe la joua pour ses amis. Pour ce Dimanche des Palmes…↓

そろそろ本や楽譜を閉じることにしましょう。暮れなずむ窓辺に立てば、ご近所の花が望めます。桜は東に、桃は西に。桃のそばの白梅だけは三月の写真です。


Elle ferme le livre et les musiques à regarder dehors par la fenêtre. Dans le crépuscule, un cerisier à l’ est, un pêcher à l’ oest. Un prunier était en fleur au mois de mars.



はるさめや暮れなむとしてけふもあり 与謝蕪村


Le crachin de printemps
… lentement le crépuscule approche aujourdhui aussi YOSA Buson, traduction de snowdrop


YOSA(与謝) est le patronyme, et Buson(蕪村) le prénom. Au Japon, 《PATRONYMEPrénom》,c' est l' ordre traditionnel. On souvent l' occidentalise depuis l' ère Meiji(1868-1912).


Img_0060_800x725_2Img_0062_800x758_2











ゆふぐれのほのくれなゐのほのあかり花の国への
幽けきしるべ  
snowdrop


Img_0051_800x600

(All Rights Reserved)






[PR]

c0345705_17080002.jpg
木蓮とヒヨドリ*Magnolia et Bulbul

「ヒヨドリは賑やかで、頭がボサボサして、腕白だ。ツグミは圧倒されて、地面で土を掘り返してた」(小川洋子『ことり』)

「私は、ひよどりのくちばしがこんなに長いとは思わなかった。この鳥が庭に来るようになってから、どのくらいたつだろう。」(庄野潤三『イソップとひよどり』)

“Le bulbul est joyeux, il a la tête ébouriffée, il est fripon. La grive est restée à l’ écart, à gratter la terre.” Petits oiseaux par OGAWA Yoko,traduction de Rose-Marie Makino-Fayolle


“ Je
n'aurais pensé pas que le bec du bulbul soit long comme ça. Combien de temps s' est écoulé depuis que cet oiseau vient à ce jardin?” Ésope et Bulbul par SHONO Junzo, traduction de snowdrop


Img_0001_5
ツグミ * une grive à la terre2016)


今年は春の訪れが遅く、3月に気温が20度に届いたのは一日だけでした。フランスの北部も、南部も、イギリスさえも、春めいているようなのに…でも、春はすぐそこ。数日もすれば、日の当たりにくい奥のほうのミモザも花ひらくでしょう。

Le printemps est en retard cet année ici, c’ est une fois seulement qu’ il a fait vingt degrés au mois de mars. On jouit le printemps en France et Angleterreest-ce que le printemps vraiment viendra à Nara aussi ? Oui, absolument! Ce mimosa dans l’ ombre aussi fleurira au bout de quelques jours.



c0345705_11383857.jpg


日のかげのミモザの卵も孵るべしお日さま色のまろきその花


(L’
œufs mimosa écloront dans l’ ombre aussi, les fleurs rondes de couleur soleil.)





c0345705_12052860.jpg
3月27日


電線にとまっているのは白文鳥
いいえ、これらは木蓮のつぼみ。三日後、翼をひろげた水鳥のように咲きました。

Sur des fils électriques percent des moineaux de Javanon, ce sont des boutons de magnolia blanches. Ils sont éclos trois jours après comme des oiseaux aquatiques battants des ailes.



c0345705_11355683.jpg


水銀(みづかね)の花冠を捧げたし よみがへりの春もたらす風へ


(
Offrons un stephanos de couleur argent au vent qui nous apport le printemps de résurrection! )


(はく)(れん)の淡くにほへる卯月の夕 花の翼に想ひをのせて


(
Va, pensiero, sull' ali di fiore pallido della magnolia alla sera d' aprile!



c0345705_15134429.jpg
鴨川の水鳥2015年)


三輪山に春
鳴けりたまきはるわれのいのちをいのる人あり 前登志夫


たまきはる(なれ)のいのちをいのらむとけふも(とよ)めり朝鳥のこゑ


Pour vous souhaiter une meilleure santé, chantent des oiseaux ce matin aussi.


ほとほとと戸を叩くのはかの人か否 木の幹をたたく啄木鳥(きつつき)


(hoto-hoto-to  to wo tataku no ha  kano hito ka ina  ki no miki wo  tataku kitsutsuki)
(...toc toc toc... ce qui toque à la porte est ma chérie? Non, c’ est un
pic kisuki toquant au tronc d’un arbre.)



a0332314_02064950.jpg
わが庭の小啄木鳥(コゲラ)* Japanese Pygmy Woodpecker by my window (2010)


春を呼び出す拍子木のような、小啄木鳥(コゲラ)のドラミング。

Le drumming du Pic kisuki résemble au simandron du monastère.



c0345705_18112591.jpg

(あんず)の花 (4月3日) * abricotier en fleur


牧童遥指杏花村 杜牧

A cowherd boy points, far away, to Apricot Blossom Village. ― Du Mu


隣村のゆふべの鐘の一時間おくれし日より季節の動く


(
Depuis le jour où l’ Angélus au village voisin sonne en retard d’ une heur, notre heure d’ été commence.)




c0345705_15435924.jpg
2015年



君と逢ひし春より萌ゆる花草の
(こん)(たん)(りょく)()この春もまた


(Blue, red, green and purple flowers and grasses that have sprung up since the spring when we met, we will see them again this spring also.)


c0345705_15504043.jpg

上村松篁「万葉の春」(部分)菫を摘む万葉びと

All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_10143981.jpg
桃の節句の修道院(un petit couvent au Japon, 2014)


 兄弟の空想旅行は、きわめて具体的なものでした。バンガローでラジオの電波は入るか、修道院の床の材質は何か、孤島行きのフェリーに乗り物酔いの薬は置いてあるか…
 snowdropはときどき思うのです。旅に出る前にあれこれ空想した土地のイメージ、あれはどこへ行ってしまうのだろう。現実の旅で上書きされ、塗り替えられた空想のなかの土地は、心のどこかで眠りについたのだろうか、と…

Leurs voyages imaginaires étaient très concrets. Les ondes de la radio arrivaient au bungalow? Quel était le matériau du sol du monastère? Y avait-il des médicaments contre le mal de mer dans le ferry qui effectuait la liaison avec l’ île?

Je pense de temps à autredes idées du pays que je imaginais avant le voyage, où vont-ils après le voyage? Le pays dans mon imagination qui est repeint par le voyage réel, où dort-il dans mon cœur?



c0345705_18430393.jpg


ちょこっと道草*プルーストの「土地の名・土地」(『失われた時を求めて』)には、病弱な少年が、旅したことのない土地の名からイメージを紡ぐ場面があります。

「(…)ポントルソンの町、詩的なあの水郷へと向かう道の上に、散乱している白い羽根と黄色のくちばし。(…)ポンタヴェン、運河の緑の水の面に震えながら映る軽やかな婦人帽の縁が、白くまたバラ色に、ひらりと飛んで消えてゆく。(…)」(鈴木道彦訳)

”(…)Questambert, Pontorson, risibles et naïfs, plumes blanches et becs jaunes éparpillés sur la route de ces lieux fluviatiles et poétiques(…) Pont-Aven, envolée blanche et rose de l'aile d'une coiffe légère qui se reflète en tremblant dans une eau verdie de canal.” ― Noms de pays: le nom, A la recherche du temps perdu, M. Proust


「chouette blanche pinterest」の画像検索結果

c0345705_11271043.jpg
白フクロウ
(pinterest)みたいなレンテンローズ
Rentenrose comme Chouette blanche(pinterest)(pas de Chouette de Tengmalm…)


兄を亡くし、バラ園で二人の午後を過ごした司書もいなくなり、幼稚園の小鳥の世話もやめてしまった小父さんは、ある日、ケガをした目白の面倒を見ることになります。傷が癒え、ぎこちなくさえずり始めた目白に、小父さんは、むかし兄から聞いた目白のさえずりを口伝えで教えてやります。小父さんが亡くなったとき、胸には、目白の籠が抱かれていました。

Après la mort de l’ aîné et la separation de la bibliothécaire, et l’ arrêt du travail à la volière d’un jardin d’enfants, un jour, le monsieur aux petits oiseaux a trouvé un oiseau à lunettes blessé. Il le soignait et ensegnait le chant d’ amour que l aîné avait reproduit. Quand le monsieur aux petits oiseaux est mort, il tenait le cage de l’ oiseau guérri sur son sein.


c0345705_15012438.jpg
ジォット「小鳥に説教する聖フランチェスコ」(部分)『ジォット』同朋舎
La predica agli uccelli di San Francesco (detail) (Giotto)


 この兄弟から連想されるのが、よく明恵上人と対にされるアッシジの聖フランチェスコ。そして、須賀敦子の『ユルスナールの靴』に出てくるブヌワ・ラブレです。
 ブヌワはいくつかの修道院を渡り歩き、どこに行っても役に立たず、乞食同然になって行き倒れてしまいました。彼が路上で息を引き取ったとき、「ブヌワさんが死んだ」という子供たちの歓声に似た叫びが、復活祭の前のローマの街路にあふれ、木々では雀がさえずり始めたといいます。

Ces frères m’ évoquent Myoe1173–1232), François d' Assise1182-1226, et Benoît Labre (1748-1783).

Benoît, « Vagabond de Dieu », il est mort dans la rue en Rome avant Pâques, quand les enfants criaient « È morto il santo ! », et les moineaux ont commencé à gazouiller dans tous les arbres.



c0345705_09261438.jpg
明恵上人樹上座禅像(高山寺蔵)(部分。四十雀が見える)『縁起絵と似絵』講談社
Myoe dans la méditation sur l' arbre (détail, mésonge) Kozan-ji Temple


小父さんが胸に抱いていた鳥籠には、元気になった目白がいました。

「(…)不意にさえずりが響き渡った。そこにいる全員が籠の中を見やった。庭の隅々にまで染み渡る、澄んだ小川のようなその声が、本当に目の前の小さな生き物から発せられているのかどうか、確かめるような思いでじっと見つめた。
 小鳥は長く鳴き続けた。そうして鳴いていれば、いつしか死んだものがよみがえると信じているかのようだった」


Il y avait l’ oiseau guérri dans le cage sur le sein du monsieur aux petits oiseaux.

“(…)l’oiseau se mit soudain à gazouiller. Tous ceux qui étaient présents se tournèrent vers la cage. Ils ne la quittaient pas des yeux, incrédules, se demandant si ce chant qui s’ élevait, aussi pur que celui d’ un ruisseau qui aurait traversé le jardin de part en part, émanait vraiment d’ une creature aussi petite.

L’ oiseau continua longtemps à chanter. Comme s’ il croyait pouvoir ainsi ressusciter le défunt.” ― Petits oiseaux



c0345705_09321555.jpg
四十雀(明恵ゆかりの高山寺)*mésonge(Kozan-ji Temple, 2015)


snowdropが本を閉じると、庭に四十雀がやって来ました。黒いネクタイとグレイの上着、緑のスカーフでめかしこみ、シチピーシチピーとさえずります。ルーアンでは目覚まし時計の代わりに、シチピーシチピーと鳴いてくれましたっけ。この「シチピー」の節は、ブルックナーの交響曲No.4「ロマンティック」に出てきます(動画の14分20秒~)。

Quand j’ ai fermé le livre, un mésonge est venu dans le jardin. Sa cravate noire, sa veste grise, son foulard vert, et son chant “shichi-, shichi-” ! À Rouen, il chantait “shíchi-pi, shíchi-pi”, cette mélodie apparaît dans « Romantique » de Bruckner (14’ 20”~↓).



春には窓を開けて、バッハの短いフーガを弾きます。ピアノに合わせて庭の小鳥が鳴き騒ぐのが可笑しくて…



春の窓開けてピアノを奏でれば小鳥も歌ふ仲間と

()思ひて


Au printemps, quand je joue cette fugue à côté de la fenêtre ouverte, des oiseaux piaillent en la confondant avec des camarades.


c0345705_20530860.jpg

奈良仏教美術資料研究センター(2016年)

(To be continued)
(
All Rights Reserved





[PR]
c0345705_18142954.jpg


ももさえずり(百囀り)の季節、『ことり』という本を読みました。人間の言葉は話せないけれど、小鳥のさえずりを理解する兄と、ただひとり兄の言葉が分かる弟。やがて兄は亡くなり、弟は「小鳥の小父さん」と呼ばれるようになります。

A la saison de cent chants des oiseaux, snowdrop a lu Petits oiseaux par Yoko Ogawa. Un frère aîné qui ne parle que le langage des oiseaux, et son frère cadet qui comprend ce qu’ il dit. Après la mort de l' aîné, le cadet est appelé “Monsieur aux petits oiseaux” par les enfants.


c0345705_10352284.jpg



お兄さんはこんなことを言っていました。
「鳥の目は顔の両側に付いてる。だからものをじっと見ようと思ったら、首をかしげなくちゃならない。生まれつき、考える生き物だ」(小川洋子『ことり』)
なるほど、snowdropの庭の生垣で首をかしげていたヒヨドリは、万両の実に狙いを定めていたのですね!

L' aîné dit, “Les yeux des oiseaux sont placés sur le côté. C’est pourquoi,
(…) (upper fig.)
C’ est pourquoi des bulbuls penchaient la tête
dans notre jardin, où ils donnaient des ardisie crénelée !


c0345705_10345403.jpg
リボンという名のオカメインコ ↑ calopsitte brodée
本の表紙の小鳥たち*snowdropの本棚から


 小父さんの仕事はゲストハウスの管理人です。空いた時間には幼稚園の鳥小屋の掃除をし、図書館へ通います。小父さんが借りるのは、どこかに鳥の出てくる本ばかり。しまいに司書の女性にも気づかれてしまいます。
「一体どこまで鳥の法則は続くのだろうかと、ずっとどきどきしていました」
 ある日小父さんは、ゲストハウスに彼女を招待します。ちょうど庭はバラが満開でした。「やっぱりそうだった。ここは秘密の花園なのよ」


Le cadet est un régisseur de la résidence d une société. Il passe ses loisirs à nettoyer la volière d’ un jardin d’ enfants et à lire des livres à la bibliothèque. Il y empruntait invariablement des livres sur les oiseaux. Enfin une bibliothécaire jeune s’ en est aperçue. ”Je me demandais le cœur battant jusqu’ où vous alliez continuer à suivre les oiseaux.”
 Un jour il l’ a invitée à la résidence, quand les roses dans le jardin étaient en pleine floraison. Elle dit, “C’ est bien ce que je pensais. Ici c’ est bien un jardin de fleurs secret.” (note*The Secret Garden is popular in Japan also.)



c0345705_09425623.jpg
木香薔薇(モッコウバラ)*Lady Banks (2015)
a0332314_16165298.jpg
目白* Zosterops japonicus*Oiseau à lunettes (2016)



バラ園では、その日も目白が鳴いていました。『ことり』には、目白のさえずりが繰り返し出てきます。

「チィーチュルチィーチュルチチルチチルチィー、チュルチチルチチルチュルチィー」
メジロは水よりもガラスよりも、この世にある何よりも澄んだ声を持ち、奏でる歌は透き通った声で編まれたレースそのもので、目を凝らせば光の中に模様が浮かび上がって見えてきそうだった」


Tchiitchuru tchii tchuru tchitchiru tchitchiru tchii, tchuru tchitchiru tchitchirutchuru tchii

Les oiseaux à lunettes avaient un chant encore plus pur que celui de l’ eau, du cristal ou de toute autre chose au monde, ils élaboraient une dentelle de voix cristalline, dont en se concentrant on aurait presque puvoir se détacher les motifs dans la lumière.” ― Petits oiseaux par OGAWA Yoko, traduction de Rose-Marie Makino-Fayolle


Chant d’or de l’ oiseau à lunettes

むかしお兄さんは、レモン色の小鳥のブローチを手作りして、母親に贈りました。

L' aîné avait offert à leur mère une broche à la main en forme de petit oiseau jaune citron dans son enfance.

c0345705_10351383.jpg
レモン色のレンテンローズ * Lentenrose jaune citron


小父さんがお兄さんと暮らしていた頃、二人はよく旅支度をしたものでした。高原のバンガローで野鳥観察、山奥の修道院見学、孤島で海水浴…。でも、三つのボストンバックに中身を詰めてファスナーを閉めたところで、旅はお終い。お兄さんは遠出に耐えられないので、二人は空想の旅を楽しむだけでした。まるで鳥籠の小鳥のように…。

Quand le cadet vivait avec l’ aîné, ils préparaient pour le voyage une ou deux fois par an. Observation d'oiseaux à un bungalow sur un plateau montagneux; visite d’ un monastère au find fond des montagnes; bains de mer sur une île déserte. Mais quand ils mettaient les bagages dans trois sacs et tiraient sur les fermeture à glissière, leur voyage finissait. Parce que l’ aîné ne pouvait supporter pas l’ excursion, ils voyagaient dans l’ imagination comme deux oiseaux dans le cage.


f0374041_18001736.jpg
Turku, Finland (1997)


鸚鵡(あうむ)、いとあはれなり。人の言ふらむことをまねぶらむよ ― 枕草子

タラララランぴあのを真似ぶ白鸚鵡(オウム) 籠にカーテン引かるる夜まで

(The parrot is interesting. It imitates what a man says. ―The Pillow Book by Sei Shonagon)

TarararararanThat parrot was imitating the piano until the cage was covered by the curtain at night.



おまけ*「となりのトトロ」を歌うオカメインコ
Merci de nouveau, notre ornithologiste...

「cockatiel pinterest」の画像検索結果「okame pinterest」の画像検索結果「オードリー ジバンシィ」の画像検索結果

Okame
-inko(calopsitte)et Okame (Femme laide ou Funny Face) (pinterest)


(To be continued)
(All Rights Reserved)






[PR]
c0345705_10012143.jpg



 ここは、どこ?この銀の翼のようなモダンな建物は、国立国際美術館(大阪)です。4月13日まで「クラーナハ展―500年後の誘惑」展を開催中です。

 いったい何の「500年後」でしょうか?今年は宗教改革の始まりから500年後に当たります。1517年、マルティン・ルターは、ヴィッテンベルク大聖堂の扉に95か条の論題を打ちつけ、ローマ・カトリック教会を批判しました。ルターの肖像画、歴史の教科書にも載っていましたっけ。彼の肖像を多数描いたのが、ルカス・クラーナハです。snowdropが学生の頃は、ルーカス・クラナッハと呼ばれていました。いずれも画家が生まれた町の名、クローナハに由来します。


 Where are we now? Here is theNational Museum of Art, Osaka. This metallic and modern building holds an exhibition: LUCAS CRANACH THE ELDER: 500 Years of the Power of Temptation.

 As you know, the current year 2017 is the five hundredth year of Reformation. The portraits of Martin Luther by Lucas Cranach are well known in Japan also through the world history texts.




「クラーナハ 展」の画像検索結果

「クラーナハ展―500年後の誘惑」公式twitterアカウント


 「マルティン・ルターとカタリナ・フォン・ボラ」は、ルター夫妻の肖像画です。クラーナハはルターの結婚に立ち合うなど、二人と親密な関係にありました。
 クラーナハは若くしてヴィッテンブルクに招かれ、宮廷画家となりました。彼が仕えたザクセン選帝侯フリードリヒ賢明公は、ヴィッテンブルク大学を創設し、ルターを保護しています。そんな縁で、クラーナハはルターの肖像や、ルターのドイツ語訳聖書の挿絵などを多数手がけました。
 この「子供たちを祝福するキリスト
」は、子供の多い公共建築のために発注されたのかもしれません。いまでもミッション系の幼稚園や教会などで見かける構図です。

 Martin Luther and Katharina von Bora was painted by Cranach. The painter was present as a witness at their betrothal festival and had an intimate relationship with them.

 Cranach was the court painter to the electors of Saxonyin Wittenberg, and one of his patrons Frederick the Wise founded Wittenberg University and supported Luther. This is why Cranach painted lots of portraits of Luther and illustrated Luther’s german language bible. Suffer the Little Children to Come unto Me is a popular subject in churches, mission schools, etc.


c0345705_20542258.jpg
子供を祝福するキリスト(Suffer the Little Children to Come unto Me)
c0345705_20544158.jpg
ヘラクレスとオンファレ(Hercles and Omphale)

一見この絵と似た構図の「ヘラクレスとオンファレ」を隣に置いてみましょう。英雄ヘラクレスが罪を償うため、リュディアの女王オンファレのもとで、糸紬の労働をさせられている場面です。たくましい狩人があらまあ、おでこ美人たちにめろめろの態!(当時は生え際を剃って額を広く見せるのが流行でした。)右端の女性は、絵を見る者を誘惑するように微笑んでいます。そう、まさに「500年後の誘惑」!「祝福するキリスト」のなかの母親たちと何という隔たりでしょう。


Let’s compare
Hercles and Omphale with Suffer the Little Children to Come unto Me. The similar compositions, but the contrasting contents! That divine hero Heraclesserves as her slave of Omphal of Lydia as penalty for a murder. He was forced to do women's work but in this painting he is rather far gone on high-browed ladies. It was the fashion to shave the hairline to make the forehead look wider. The one at the right end is smiling as if she was seducing us. Can you resist this Power of Temptation? What a contrast with the modest mothers in the upper painting!


c0345705_15171294.jpg
「durer portrait friedrich」の画像検索結果「Portrait of Elector Frederick the Wise of Saxony cranach」の画像検索結果


参考:デューラー(左)/クラーナハ(右)「ザクセン選帝侯フリードリヒ賢明公」
c.f. Portrait of Elector Frederick the Wise of Saxony by Dürer/Cranach(wiki)


 クラーナハは大工房を率いる宮廷画家でした。プロテスタントだけでなくカトリックの注文も受け、偶像破壊運動が始まれば、教訓画の形を借りた裸体画も数多く描きました。頼まれれば何でも描く、やり手のマイスター(親方)…
 もっとも、画家としての彼は、宗教画よりも肖像画、肖像画よりも美人画に意欲を燃やしたように感じられます。イタリアの裸体画をドイツに持ちこむという新機軸も、彼の野心をかき立てたことでしょう。
 また、大工房で技術を共有し、短期間で大量生産するために、北方絵画特有の細密描写にはこだわっていません。一年違いで生まれた北方ルネサンスの巨匠、デューラーとは対照的です。デューラーは、ルターの肖像を描きたいと願いながら叶わなかったとか。実現していれば、どんな肖像になっていたでしょう。

 Cranach,a capable court painter had a large workshop. He had a talent for politics that enabled him to work for catholic as well as protestant clients. When the iconoclastic movements took place, he painted the nude paintings in the form of mythological and moral ones. He seems to be a painter who was passionate more about the nude than the portrait, or religious paintings. And he had an ambition to introduce and arrange the Italian nude into German one.
 Above all, he was a Meister. In order to share the techniques in his workshop and to produce numbers of paintings in a short period, he did not pursue the minute depiction characteristic of
the Northern Renaissance paintings such as Dürer’s.They say that Dürer wanted to portray Luther! I wish I could see this seminal figure's portrait painted by this great painter!



「martin luther and katharina von bora」の画像検索結果
マルティン・ルターとカタリナ・フォン・ボラ(部分)(google serach)

c0345705_10451971.jpg
ホロフェルネスの首を持つユディト(部分)(Judith with the Head of Holofernes, detail)

c0345705_11254399.jpg

能「求塚」の菟名日処女(うないおとめ)(『能面変妖』朝日新聞社)

Unai-otome in Noh Motome-zuka 



「ホロフェルネスの首を持つユディト」は、クラーナハが描いた最も美しく恐ろしい女性の一人です。豪奢な衣装、陶器のように滑らかな肌、冷たい微笑…「洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ」も同じ趣旨の絵です。ユディトは善玉、サロメは悪玉ですが、クラーナハは善悪と関わりなく、同様の「ファム・ファタル(魔性の女)」として描いています。
 さらに、snowdropは、まったく別の所でこれと似たものを見たことがあります。能「求塚」に登場する菟名日処女(うないおとめ)です。
ここでは能の内容には触れず、ただその顔だけを比べてみましょう。能面もユディトも、目鼻口がまったく左右対称です。そのため、表情から生身の人間らしさが消えているのです。
 ところが、クラーナハは肖像画では、顔の左右を非対称にし、生き生きした個性を表しています(カタリナ・フォン・ボラの肖像が一例です)。さすがプロフェッショナル、主題によって表現を使い分けていたのですね。この使い分けは、同時代のヴェネツィア派の画家、ティツィアーノをはじめ多くの画家に認められます。


 
「スペイン カルロス 1 世」の画像検索結果「charles v holy roman emperor」の画像検索結果

参考:ティツィアーノ「カール5世」(左) クラーナハ「カール5世」(右)
c.f. Karl V by Tiziano/Cranach(pinterest


Judith with the Head of Holofernes is one of the most beautiful and horrible women painted by Cranach. Gorgeous dress and ornaments, the smooth skin like the pottery, and her cool smileSalome with the Head of St. John Baptist also has the same smile. It does not matter for this painter whether the heroine is good or evil. They both are the “femme fatale”.

I have seen the same expression in a Noh mask. Both Judith [Salome] and the mask have the symmetrical face rack of the human emotions. 

When Cranach does a portrait, he depicts two different personalities in the right and left halves of the face (ex. Katharina von Bora). This professional technique is seen in the portraits by Tiziano, a contemporary Venetian painter and others.



「ティツィアーノ と ヴェネツィア 派 展」の画像検索結果
参考:ティツィアーノ「フローラ」*c.f. Flora by Tiziano(pinterest)


 ところで、ティツィアーノはかつて日本でチチアンと呼ばれていました。『赤毛のアン』には、主人公アン・シャーリーが「チチアンの髪をした少女」と呼ばれる場面があります。ティツィアーノは赤みがかった金髪の美女を数多く描きましたから…。
 そういえば、アンがグリン・ゲイブルスの客間で見た絵は、「子供たちを祝福するキリスト」という題でした。もう一度、クラーナハの同じ題の絵を眺めましょう。(注:この絵はクラーナハの息子の絵ともいわれます。)


In Anne of Green Gables, a man said admiring Anne’s recitation, “Who is that girl on the platform with the splendid Titian hair?” And the picture that Anne was moved in Green Gables was entitled “Christ Blessing Little Children”.



c0345705_20542258.jpg
子供たちを祝福するキリスト
Suffer the Little Children to Come unto Me by Cranach the Elder or Younger



「あたしも、あの中のひとりだと想像していたの。(…)あの子はさびしそうで、悲しそうに見えるでしょう?きっと、お父さんもお母さんもないんだと思うわ。でも、自分も祝福してもらいたいもんで、おずおずと、みんなのそばに近づいていくの(…)あの絵をかいた人が、イエスさまをあんなに悲しそうにかかなければいいのにと思うわ。(…)ほんとうは、あんな悲しそうなようすはしていないと思うの。そうでないと、子どもたちは、イエスさまをこわいと思うでしょうもの。」『赤毛のアン』(モンゴメリ作、村岡花子訳)

and I was just imagining I was one of them () She looks lonely and sad, don’t you think? I guess she hadn’t any father or mother of her own. But she wanted to be blessed, too, so she just crept shyly up on the outside of the crowd, () But I wish the artist hadn’t painted Him so sorrowful-looking. All His pictures are like that, () But I don’t believe He could really have looked so sad or the children would have been afraid of Him.” ― Anne of Green Gables by L.M. Montgomery



c0345705_14195114.jpg
snowdropの友の手製のアン人形と、村岡花子が訳した『赤毛のアン』(抄訳版)
Anne-doll made by my friend and Anne of Green Gables traslated by MURAOKA Hanako



天使舞ふカーニヴァルの過ぎしのちレンテンローズは
ひつそりと咲く

Le carnival qui avait commencé avec le vol de l’Ange, il a fini et au lendemain s’ est ouverte une lenten rose silencieusement.



c0345705_20554970.jpg

レント(四旬節)* イースター(復活祭)の前の日曜を除く40日間。
初咲きのレンテンローズ * the first lentenrose in our garden (February 2017)

c0345705_15290972.jpg


おまけ*アルブレヒト・ヴォン・ブランデンブルク枢機卿(クラーナハ)(左)
映画「わが命つきるとも」の枢機卿(中)(ホルバインの絵のような映画です)
カーディナル(枢機卿)という名の小鳥(右)


Bonus
Portrait of Cardinal Albrecht of Brandenburg by Cranach(wikipedia)
Cardinal in a filmpinterest)* This film is like H.Holbein's paintings…
Bird named Cardinal (wikipedia)


「cardinal cranach」の画像検索結果「man for all seasons」の画像検索結果「cardinal bird wiki」の画像検索結果



(All Rights Reserved)







[PR]

c0345705_14084538.jpg
雪のなかの菫(2月11日撮影)*le 11 février

菫の和菓子()、どちらの向きがいいでしょうか。奈良で咲いたのはまだ三色菫だけ()。フランスでは、三色菫はビオラ・トリコロールと呼ばれるそうです。すみれ村(南仏)にも、ウィーンにも、菫の花の砂糖づけがあるとか。もうすぐホワイト・デイ。誰か春色のスイーツを届けてくれないかしら。


a0332314_09514230.jpg
a0332314_09361244.jpg

Quelle direction est meilleure, pour cette friandise en forme de violette? En Nara, on ne voit pas encore la violette, mais la pensée seulement. (Celle-ci est appelée “viola tricolor” aussi.) Il y a la violette cristallisée à Tourrettes Sur Loup et en Vienne. Et vous savez?Le 14 mars est le white day au Japon.https://fr.wikipedia.org/wiki/White_Day

「demel violet」の画像検索結果


すみれの花の砂糖づけ(pinterest


ハコベは雪の日から二週間後に、花を開きました。春の七草のひとつです。


Stellaria s’ est ouverte deux semaines après le jour de la neige. Il est une des sept herbes printanières.


a0332314_09545042.jpg
2月25日*le 25 février


イヌノフグリも青い星のようにまたたき始めました。ヨーロッパでは、ベロニカと呼ばれます。

Veronica polita
a commencé à scintiller. Veronica est le nom d' une sainte. On va voir un tapis à fleurettes bleues ou la Voix lactée bleue ici.


c0345705_13182275.jpg


ホトケノザはバレリーナのように腰をかがめてご挨拶。パ・ド・ドゥのお相手は気まぐれな春風でしょうか。

Lamium amplexicaule s’ incline comme une ballerine. Est-ce que son partenaire du pas de deux, il est la brise printanière capricieuse? (masculin ou féminin??)



a0332314_09553822.jpg


(きそ)吹きし春の嵐はふりかへり けふシベリアの雪を運び() 


(The first spring storm of yesterday has turned around today and brings us the snowflakes over Shiberia.)


a0332314_09551544.jpg
211日*le 11 février

雪や霜にあい、ひとしお紅を鮮やかにする草もあります。


La neige et la gelée colorent quelques herbes en rouge vif.



a0332314_10172771.jpg


雪霜のなかでわが身をぬくめんと燃ゆるくれなゐ見れば
かなしも


In the snow and frost, some grasses burns up so as to heat up themselves, whose scarlet is heart-moving.


a0332314_10175547.jpg


雪のむら消えが作る、不思議なかたち。

Des formes drôles par la neige dégelante.



a0332314_09590455.jpg
一時停止線(barrier line)?
a0332314_09592369.jpg
カモメ(swallow)?
a0332314_10003069.jpg
三角標(triangle sign)?


マスクをつけたようなスミレ。花粉症に備えているのでしょうか?

週明けにお水取りが終われば、春本番です。皆さま、お健やかにお過ごしください。


Une pensée met un masque. Quand Omizu-tori finit, le printemps doux vient en Nara. Attention à
la pollinose (l' allergie au pollen), s.v.p.!



a0332314_10010778.jpg

「はくしょん!」*"Atishoo!" When she sneezes, does she need "A tissue"?


All Rights Reserved




[PR]
c0345705_11484315.jpg
c0345705_14370445.jpg
2004年4月



浮島てふ菓子は沈めりわがなかに遠き旅路の記憶のうちに


Île flottant au caramela été englouti dans mon estomac et dans mon mémoire du voyage lointain.


c0345705_06212649.jpg
「浮島」という名のお菓子とシードル(ノルマンディ)Île flottant au caramel》(Rouen, 2004)
 ドビュッシー「沈める寺」https://www.youtube.com/watch?v=NsdIkUSjXv8


 フランスにモン・サン=ミシェルあり、日本に厳島神社あり。モン・サン=ミシェルは聖なる岩の上に、厳島神社は聖なる山(弥山)と海との境の浜に建てられました。どちらも夢のお告げから生まれた、水上の祈りの場です。
 ミシェル(ミカエル)は大天使の名。8世紀、大天使ミカエルがある司教の夢に現れ、修道院を建てるよう告げました。
 いっぽう、「厳島(いつくしま)」は水の女神「市杵島姫命(イチキシマヒメ)」、あるいは、「(神に)斎く島(いつくしま)」に由来し、奈良時代から信仰の島でした。平安時代
、平清盛は夢のなかで、厳島の宮を造営するように、というお告げを受けました。

En France, on a l’ abbaye du Mont-Saint-Michel. Et au Japon, le sanctuaire d’ Itsuku-shima. Celui-là est située sur le mont sacré. Celui-ci à la plage, la limite entre le mont sacré (Misen) et la mer. Ils sont les sanctuaires sur l’eau.
 Michel (Micael) est le nom d’ un archange, qui apparut dans un rêve d’ éveque d' Avranches, Aubert et demanda la construction d’ une église sur le mont. Itsuku-shima vient du nom de la déesse de l’eau ”Itsiki-shima hime” et est une île sacrée depuis 6e siècle. Taira no Kiyomori (1118-1181) fut commandé dans son rêve de bâtir un temple là.


c0345705_17034284.jpg
c0345705_17001799.jpg
2011年5月

「平家納経 提婆品」の画像検索結果
平家納経*Heike-nokyo(google search)


 モン・サン=ミシェルは修道院、中庭には瞑想のための柱廊があります。
 厳島神社は寝殿造り、平安貴族の邸宅の様式をもつ社殿です。武家の棟梁、平清盛の貴族文化への憧れが伝わってくるよう。晴れた日には、水上の廻廊には水面の光がゆらめき、竜宮城さながらです。

 L’abbaye du Mont-Saint-Michel a les cours et portiques doubles pour la meditation (une de ”merveilles” de l' abbaye). 
 Le sanctuaire d’ Isuku-shima est
au style architectural développé pour les palais ou les manoirs de l'aristocratie, construits à l'époque de Heian (794-1185). Taira no Kiyomori est un guerrier noble et adorait la culture d’ aristcratie. Il dédia armures, Heike-nokyo (decorative sutras), etc. au sanctuaire.


c0345705_14564521.jpg
モンサンミシェルの柱廊*Cloître de l' Abbaye du Mont-Saint-Michel

c0345705_17061578.jpg
厳島神社の廻廊*Corridor du sanctuaire d' Itsukushima


管弦祭、厳島観月能、…いつかじかに見たいものです。

Snowdrop adore la fête et Noh d’ Itsuku-shima.


「厳島観月能」の画像検索結果

Itsukushima-Noh under the harvest moon (google search)


厳島は神さまの島。琵琶湖の竹生島のように、人が住むことは禁じられていました。厳島神社が海上に造られたのも、聖なる土地だからです。神官たちが島に住むようになったのは、鎌倉時代末から南北朝の頃だとか。

Puisque Itsuku-shima est une île sacrée, comme Chikubu-shima, il était interdit de vivre sur l’ île . C’est pour la même raison que le sanctuaire est situé sur l’ eau. C’ a été depuis 14e siècle que des prêtres habitent sur l’ île.

c0345705_17125670.jpg
神官*prêtre shintoïste


 人間よりはるか昔から住んでいたのが、鹿たちです。春日の鹿も、宮島の鹿も、ともに神鹿として大切にされてきました。そのため、春日の森にも、宮島の森にも、鹿の食べない馬酔木がふさふさと茂っています。
 いっぽう、モン・サン=ミシェルのそばの湿地では、羊たちが塩からい草を食んでいます。彼らはいずれ、塩味の利いた羊料理にされてしまいます。

 Les cerfs vivent depuis plus longtemps que les gens. On protége le cerf de Itsuku-shima comme celui de Kasuga, Nara. Aux bois de Itsuku-shima et de Kasuga, on voit beaucoup de pieris japonica que le cerf ne mange pas.
 
Autours du Mont-Saint-Michel les moutons sont connus, qui mangent des herbs salés et seront mangé par l’ homme parce que leur viande est pré-salée et savoureuse.

c0345705_20460351.jpg

奈良の鹿の写真集と、モンサンミシェルの絵葉書

Img_0341_768x1024_4
厳島の大鳥居と鹿

Grand torii flottant du sanctuaire d' Itsukushima et un cerf


ジャポニスムのポスター主役はオレ、牡鹿

Voici une affiche du japonisme, le héros c’est moi, un cerf divin.)

Img_0340_525x800


宮島の宿のポスター*à l'hôtel


 豊臣秀吉が建立を命じた豊国神社(千畳閣)には、絵馬ならぬ鹿の絵が…。857畳敷の広い板の間に映る若葉は、緑茶を流したようです。戦国武将の頂点に立った秀吉が憧れたのは、茶道や能楽でした。平安時代の武士の棟梁、平清盛のつくらせた厳島神社や平家納経は、秀吉の目にどのように映ったことでしょう。
 そういえば、モン・サン=ミシェルは難攻不落の砦でもありました。聖ミカエルは戦う大天使です(『笑う大天使 (ミカエル)』という漫画がありましたっけ)。文と武が切り結び、火花のような美を生む時代が、西洋にも東洋にもあったのです。

 Voici le sanctuaire construit par TOYOTOMI Hideyoshi (en 1587, inachevé). Hideyoshi, la tête de guerrier qui fut sorti de paysan adorait la voie du thé et le Noh.
 Au fait, le Mont-Saint-Michel était une forteresse aussi et Saint Michel est le chef des forces du ciel.
 La force et la culture étaient liées en heurtant mutuellement dans le temps passé.

c0345705_17114649.jpg

千畳閣* Sanctuaire construit par Hideyoshi (1587)
https://en.wikipedia.org/wiki/Toyotomi_Hideyoshi


千枚の畳も千本(ちもと)の桜にも届かざりけり天下びとの夢


(Thousand tatami mats and thousand cherry trees ― neither goals of a ruler, Hideyoshi, were to be reached.)



c0345705_14464648.jpg

醍醐の花見には、秀吉の命でおよそ700本の桜が集められました。(2015年のお花見)
Only 700 cherry trees were transplanted in Daigo-ji Temple under the order from Hideyoshi in 1598, the year of his death.


モン・サン=ミシェルと宮島は、2009年から姉妹都市です。

Mont San Michel et Miyajima sont jumelés depuis 2009.

「日本、フランス、こうゆう関係ー日仏交流150周年」(google search)


関連画像

(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_17134474.jpg
『薔薇の雨』(田辺聖子)に出てくる丸福珈琲店(2014年)
Marufuku Coffee that appears in Rose Rain by Tanabe Seiko. How about reading this book on Rosenmontag?


イギリスやアイルランドには、パンケーキ・デイがあります)。
カーニバルの最後の火曜日(今年は2月28日)に、卵たっぷりのパンケーキを食べるのですって。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A4

パンケーキ、この洒落た名前のお菓子は、日本でもすっかりお馴染みになりました。snowdropが子供のころは、ホットケーキが全盛でしたが…こちらも、焼きたてほかほかのイメージで、ときめきます。


On Pancake Tuesday (Februrary 28 this year), people in England or Ireland used to eat pancakes made with butter and egg to get over the Lenten season. In Japan, while the pancake became popular recently, the hotcake (American pancake) was already familiar in my childhood. (of course through four seasons)


c0345705_17143717.jpg


「おしゃとうにゅきで」と頼むミルクとホットケーキ
ママが買い物しているあいだ


I would order hotcake and milk “wijuout shugyar” in my childhood, while mama was shopping.)



c0345705_11283274.jpg



昭和のホットケーキを頂くなら、丸福珈琲へ!ここは田辺聖子の小説『薔薇の雨』にも出てくる、老舗の喫茶店です。久しぶりに読み返してみたら…


If you want to eat the hotcake in Showa style, please come to Marufuku Coffee in Osaka! This is a long‐established coffeehouse since 1934 (Showa 9) that appears in Rose Rain, a short story written by TANABE Seiko.



Img_0907_768x1024



”「丸福の店でコーヒーを飲んだあと、二人だけで、千日前をぶらぶらした。それで何というたか、ぼくは、彼女に。 理想の女房論をぶった。ぼくは惚れっぽいから、少々の浮気はみとめてほしい、と」「アハ」留禰は鼻で嗤う。” ―田辺聖子『薔薇の雨』より


映画『イノセント』のイタリア男みたいなことを言ってますね!大阪弁がイタリア語に似ていると言ったのは、小米朝のころの桂米團治です(笑)。


“After having draank in MARUFUKU, we hung around Sennichimae. And, well, what did I sayI, taalked to her about my theory of the ideal wife. Becaause I faall in love so easily, please overlook my little caapriciousness! ” “Aha” Rene sneered. ― Rose Rain (1989) by Tanabe Seiko, translation of snowdrop


This man is just like that Italian Hikaru Genji in L'innocnente (film in 1976)! In fact, Osaka dialect is similar to Italian language to cantaaare e mangiaaare.


 
Img_0901_768x1024


珈琲店のつきあたりにて人々を眺めて暮らす石炭ストーブ


At the end of the coffeeshop, an old-fashioned coal stove passes his days observing the customers.




Img_0916_768x1024Img_0914_768x1024

国立文楽劇場のくいだおれ太郎(左) *  道頓堀のくいだおれ太郎(右)
Kuidaore Taro in tricolore(made by Bunraku doll maker)(2014)


 
丸福珈琲店から足をのばして、文楽劇場で浄瑠璃を楽しんだり、文楽人形師のこさえた「くいだおれ人形」を見たり…なんだかトリコロールな衣装だこと。


くいだおれ太郎はいまでも現役や女子高生のスマホで
ツーショット
 

「たこ焼き 女の子」の画像検索結果 takoyaki-maker (google search) https://en.wikipedia.org/wiki/Takoyaki
c0345705_20535323.jpg
林檎酒(シードル)*シャンデレール(梅田)                  ↑クレープ焼き器


ところで、トリコロールの国フランスのお菓子といえば、クレープ!シャンドゥルール(聖燭祭*2月2日)やマルディ・グラ(パンケーキ・デイ。今年は228日)のお菓子でもあります。ソバ粉のクレープ(ガレット)は、辛口のリンゴ酒とぴったり。モンサンミシェルで知られるブルターニュ地方の名物です。大阪のお家にタコ焼き器があるように、ブルターニュのお家にはクレープ焼き器があるとか。フレンチ「粉もん」?
2月最後の日のおやつ、パンケーキか、クレープか…悩みますね!


By the way, the country of the tricolore, France is known by the crepe, which is the sweets for Chandeleur and Mardi gras. The Breton galette is the one made with buckwheat flour. Which do you choose, the pancake or the crepe for your quatre-heures on the last day of February in 2017?


c0345705_20494493.jpg

↑ランチにもなる、ボリュームたっぷりのガレット(Galette and Cidre in Chandeleur, Osaka

↓ロシアではブリヌイ(Блины)と呼ばれます(pinterest)


「блины с красной икрой」の画像検索結果

「ふのやき」の画像検索結果


おまけ*秀吉の時代の茶菓子、フノヤキ(新潮社HP)
Bonus*funoyaki in crepe style?



(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_17012342.jpg

フランスのフノヤキ?コルドン・ブルーのマカロン・ショコラ

funoyaki français? ♥ macaron du Cordon Bleu



今年のバレンタインのチョコレートには、フランスの料理製菓学校、ル・コルドン・ブルーのマカロンを選びました。箱に青のリボン(コルドン・ブルー)がかかっています♡

Le Cordon Bleu (blue ribbon) est un réseau international d'écoles privées dispensant des formations diplômantes dans l'art culinaire français et le management hôtelier.



c0345705_10421462.jpg

「南蛮図屏風」南蛮文化館蔵『南蛮とキリシタンの美術』堺市博物館 

Namban screen (16-17c) Gallery Namban


コンニチワ。私は南蛮屏風のなかに描かれた神父(パードレ)です。いま聖餐式のまっさいちゅう。この円いウエハース(聖餅)は、人間の罪を背負って十字架にかけられたイエス・キリストの体を象徴しています。そして、赤ワインは、人間のために流されたイエス・キリストの血。カトリックの教会では、一つの杯に注がれた葡萄酒を、信者が回し飲みします。ここジパングの南蛮寺でも、髪をちょんまげという形に結った信者たちが、一杯の葡萄酒を分かち合うのです。

Konnichiwa…I am Padre in a Namban folding screen. I am administering Communion. This round wafer is called hostia, the symbol of the body of Jesus Christ crucified for us. And the red wine is the symbol of his blood shed for us. We pass round a cup of wine in the Catholic Church. Here in a Namban temple in Zipangu, Christians of topknot hairstyle share a cup of wine.


c0345705_14574559.jpg

高山右近記念聖堂のステンドグラス(葡萄と小麦)(2014年)



 この聖餐の儀式を、なんと茶会に取り入れた者がいると聞きました。信長・秀吉両公の茶頭であった千利休というお方。彼の茶室には天下人らはもちろん、あまたの武将が集いました。そこには、2017年に福者に列せられた高山右近をはじめ、キリシタン大名も含まれていました。千利休の妻もまたキリシタンだったとか。そんな縁で、ミサの様子を見聞きしていたのでしょう。
 彼はそこに何を感じたのでしょうか。静けさ、厳かさ…たしかに。けれども、それは仏教の法会でも同じではないでしょうか。あるいは、親密さ…一杯のワインを回し飲みする私たちを見て、彼は、一碗の茶を回し飲みする作法を思いついたのかもしれません。そういえば、茶菓子のフノヤキは、どこか聖餅にも似ています。


I heard that a man adopted this way of Communion to the tea ceremony! It was Sen no Rikyu who managed the tea ceremony. Many warriors attended his ceremony, including the rulers (Nobunaga and Hideyoshi), Christian feudal lords such as TAKAYAMA Ukon (beatified in 2017), etc. Rikyu’s second wife also was a Christian. Probably Rikyu had experienced Communion.
https://www.youtube.com/watch?v=KHQtlhlCPik(Ukon)

What did he find there? The serenity and solemnity…indeed, but you can feel that in Buddhist service also, can't you? Or the familiarityperhaps Communion might have inspired him to adopt the way of passing round a cup. And that funoyaki, a kind of crepe produced by Rikyu resembles the hostia.



a0332314_16552211.jpg
Black Raku "Shunkan" by Chojiro* 楽吉左衛門『楽焼創成 楽ってなんだろう』より


 思い出します。私たちが布教を始めたころ、体が大きく鼻の高い宣教師たちは、天狗と恐れられました。聖餐式は人肉を食らい、血を啜る集いと誤解されることさえあったとか。初めは愕然としましたが、よくよく考えてみれば、キリスト教とは、人間という生臭いものを、聖なる世界へ導く宗教とも言えましょう。
 戦国時代の血生臭い日々につかのま挿入される、茶事のひととき…そのひとときを、静かな清らかな時間にしてやりたい、と彼は考えたのでしょうか。キリシタンであろうとなかろうと、その時間は、かけがえのないものになったに違いありません。(あの狭いにじり口は、日常から非日常への「狭き門」だったのでしょうか?)

「天狗 お 面」の画像検索結果
Tengu mask (google search) https://en.wikipedia.org/wiki/Tengu

I rememberwhen we began our mission here, we often were feared as long‐nosed goblins (Tengu). The communion sometimes were misunderstood as the gathering for eating human flesh and drinking human blood! This misunderstanding perplexed me for the first time, but in a sense, Christianity is the religion to lead the human composed of flesh and blood to the sacred and spiritual land.

 Rikyu’s tea ceremonies were inserted in the bloody days of the warriors. Even if being fleeting hours, they were calm and pure ones. Did Rikyu want to confort the people in a turbulent age? Whether his guests were Christians or not, his tea ceremony must have been irreplaceable and precious for them. Was the crawl-in entrance to the tea room a symbol of ”the strait gate” ?


Img_2419_640x408

青磁水仙盆(北宋時代) (東洋陶磁美術館展覧会パンフレット)
Celadon Narcissus Basin (Northern Song Dynasty) like the blue sky after the rain


雨過の青空と夜更の銀河とがゆきかふ黄沙の大地のうへで


「曜変天目 静嘉堂 pinterest」の画像検索結果

yohen tenmoku teabowl, southern Song dynasty (pinterest) like the starry sky


 茶の湯の始まりに外国の影響?! と驚かれますか。けれども、茶事の様子を聞くと、千利休(宗易)というお方が、たぐいまれな好奇心の持ち主であったことが窺えます。唐渡りの天目茶碗はもとより、高麗茶碗を愛で、華南三彩の瓦職人に自分の茶室のための茶碗を焼かせ…。
 こののち日本は朝鮮を攻め、キリスト教を弾圧します。そして、長い長い鎖国時代が、黒船の来航まで続くことになるのです。彼が死を賜ったのも、その外へ開かれた精神が、時代の流れとぶつかり始めていたからかもしれません。


 There was some influence from the foreign countires on the way of tea in the beginning if I say so, are you surprised? But I think that Rikyu should have been full of curiosity. He not only used Tenmoku tea bowls imported from China but also loved Koryo-dynasty tea bowls, and he made a tiler of sancai in Southern China create the original tea bowls for his tea houses

 Later Zipangu dispatched troops to Korea, and oppressed Christianity in Osaka, Nagasaki, etc. Then the period of the national isolation were to continue for more than two hundred years until the arrival of Black Ships in 1853. It might be Rikyu’s extrovert spirit going against the times that led him to death.


「silence film scorsese」の画像検索結果
映画「沈黙」(遠藤周作原作)(2017年)* Silence (film)(wikipedia)


「茶の湯の世界こそ、客も亭主も、心をひとつに解け合わさねばならぬ世界である。ここには主も従もない。信長も自分も、共に一つの茶碗から茶をすする。その様を胸に描いて、宗易は心のふるえるのを覚えた。それは新しい、余りにも新しい茶の湯の姿であった」(三浦綾子『千利休とその妻たち』)

"The world of the way of tea is the place where both the host and guests should blend their spirits each other (Fraternité). Here is no master and atttendant (Egalité). Both Nobunaga and I sip a bowl of tea together. When imaging that scene, Soeki [Rikyu] felt moved. It was a new, too new world of the way of tea." Sen no Rikyu and his Wives by MIURA Ayako, translation and (supplément) of snowdrop



「ふのやき」の画像検索結果
フノヤキ(菊屋HP)* funoyaki

ところで、2月14日は聖ウァレンティヌスが殉教した日です。なぜか日本では、女性が男性にチョコなどのスイーツを贈るとか…ちなみに、利休のころのスイーツは、フノヤキのほか、センヘイ(煎餅)、氷砂糖、柿などでした。ポルトガル渡りのコンペイト(金平糖)なんぞ、天下人の口にしか入らなかったのです。それに引きかえ21世紀は、昔のお菓子も舶来のお菓子も思いのまま!誰もがみな天下人のようです。


By the way, on Valentine's Day (the day when Saint Valentine martyred) , Japanese women give chocolates to their beloveds. Of course Rikyu did not know the chocolate. He used funoyakicrepe, senbeirice cracker, rock sugar, kaki, etc. in his tea ceremony. Only the rulers could taste the sweets such as confeitoconfetticandy. On the contrary, in the 21th century, we can enjoy both the ancient/medieval sweets and the modern imported ones. Everyone is like the ruler today!



c0345705_17012342.jpg
 ↑ 聖ヴァレンタインのポートレート Portrait of St.Valentine


くれなゐの (ハート)はらはらまき散らしさざん花は散るバレンタイン月

En dispersant des petals rouges, sasanqua caméllia révèle son amour au mois de Valentin.




Img_2846_800x600


All Rights Reserved





[PR]