「ほっ」と。キャンペーン

c0345705_17012342.jpg

フランスのフノヤキ?コルドン・ブルーのマカロン・ショコラ

funoyaki français? ♥ macaron du Cordon Bleu



今年のバレンタインのチョコレートには、フランスの料理製菓学校、ル・コルドン・ブルーのマカロンを選びました。箱に青のリボン(コルドン・ブルー)がかかっています♡

Le Cordon Bleu (blue ribbon) est un réseau international d'écoles privées dispensant des formations diplômantes dans l'art culinaire français et le management hôtelier.



c0345705_10421462.jpg

「南蛮図屏風」南蛮文化館蔵『南蛮とキリシタンの美術』堺市博物館 

Namban screen (16-17c) Gallery Namban


コンニチワ。私は南蛮屏風のなかに描かれた神父(パードレ)です。いま聖餐式のまっさいちゅう。この円いウエハース(聖餅)は、人間の罪を背負って十字架にかけられたイエス・キリストの体を象徴しています。そして、赤ワインは、人間のために流されたイエス・キリストの血。カトリックの教会では、一つの杯に注がれた葡萄酒を、信者が回し飲みします。ここジパングの南蛮寺でも、髪をちょんまげという形に結った信者たちが、一杯の葡萄酒を分かち合うのです。

Konnichiwa…I am Padre in a Namban folding screen. I am administering Communion. This round wafer is called hostia, the symbol of the body of Jesus Christ crucified for us. And the red wine is the symbol of his blood shed for us. We pass round a cup of wine in the Catholic Church. Here in a Namban temple in Zipangu, Christians of topknot hairstyle share a cup of wine.


c0345705_14574559.jpg

高山右近記念聖堂のステンドグラス(葡萄と小麦)(2014年)



 この聖餐の儀式を、なんと茶会に取り入れた者がいると聞きました。信長・秀吉両公の茶頭であった千利休というお方。彼の茶室には天下人らはもちろん、あまたの武将が集いました。そこには、2017年に福者に列せられた高山右近をはじめ、キリシタン大名も含まれていました。千利休の妻もまたキリシタンだったとか。そんな縁で、ミサの様子を見聞きしていたのでしょう。
 彼はそこに何を感じたのでしょうか。静けさ、厳かさ…たしかに。けれども、それは仏教の法会でも同じではないでしょうか。あるいは、親密さ…一杯のワインを回し飲みする私たちを見て、彼は、一碗の茶を回し飲みする作法を思いついたのかもしれません。そういえば、茶菓子のフノヤキは、どこか聖餅にも似ています。


I heard that a man adopted this way of Communion to the tea ceremony! It was Sen no Rikyu who managed the tea ceremony. Many warriors attended his ceremony, including the rulers (Nobunaga and Hideyoshi), Christian feudal lords such as TAKAYAMA Ukon (beatified in 2017), etc. Rikyu’s second wife also was a Christian. Probably Rikyu had experienced Communion.
https://www.youtube.com/watch?v=KHQtlhlCPik(Ukon)

What did he find there? The serenity and solemnity…indeed, but you can feel that in Buddhist service also, can't you? Or the familiarityperhaps Communion might have inspired him to adopt the way of passing round a cup. And that funoyaki, a kind of crepe produced by Rikyu resembles the hostia.



a0332314_16552211.jpg
Black Raku "Shunkan" by Chojiro* 楽吉左衛門『楽焼創成 楽ってなんだろう』より


 思い出します。私たちが布教を始めたころ、体が大きく鼻の高い宣教師たちは、天狗と恐れられました。聖餐式は人肉を食らい、血を啜る集いと誤解されることさえあったとか。初めは愕然としましたが、よくよく考えてみれば、キリスト教とは、人間という生臭いものを、聖なる世界へ導く宗教とも言えましょう。
 戦国時代の血生臭い日々につかのま挿入される、茶事のひととき…そのひとときを、静かな清らかな時間にしてやりたい、と彼は考えたのでしょうか。キリシタンであろうとなかろうと、その時間は、かけがえのないものになったに違いありません。(あの狭いにじり口は、日常から非日常への「狭き門」だったのでしょうか?)

I rememberwhen we began our mission here, we often were feared as long‐nosed goblins. The communion sometimes were misunderstood as the gathering for eating human flesh and drinking human blood! This misunderstanding perplexed me for the first time, but in a sense, Christianity is the religion to lead the human composed of flesh and blood to the sacred and spiritual land.

 Rikyu’s tea ceremonies were inserted in the bloody days of the warriors. Even if being fleeting hours, they were calm and pure ones. Did Rikyu want to confort the people in a turbulent age? Whether his guests were Christians or not, his tea ceremony must have been irreplaceable and precious for them. Was the crawl-in entrance to the tea room a symbol of ”the strait gate” ?


Img_2419_640x408

青磁水仙盆(北宋時代) (東洋陶磁美術館展覧会パンフレット)
Celadon Narcissus Basin (Northern Song Dynasty) like the blue sky after the rain


雨過の青空と夜更の銀河とがゆきかふ黄沙の大地のうへで


「曜変天目 静嘉堂 pinterest」の画像検索結果

yohen tenmoku teabowl, southern Song dynasty (pinterest) like the starry sky


 茶の湯の始まりに外国の影響?! と驚かれますか。けれども、茶事の様子を聞くと、千利休(宗易)というお方が、たぐいまれな好奇心の持ち主であったことが窺えます。唐渡りの天目茶碗はもとより、高麗茶碗を愛で、華南三彩の瓦職人に自分の茶室のための茶碗を焼かせ…。
 こののち日本は朝鮮を攻め、キリスト教を弾圧します。そして、長い長い鎖国時代が、黒船の来航まで続くことになるのです。彼が死を賜ったのも、その外へ開かれた精神が、時代の流れとぶつかり始めていたからかもしれません。


 There was some influence from the foreign countires on the way of tea in the beginning if I say so, are you surprised? But I think that Rikyu should have been full of curiosity. He not only used Tenmoku tea bowls imported from China but also loved Koryo-dynasty tea bowls, and he made a tiler of sancai in Southern China create the original tea bowls for his tea houses

 Later Zipangu dispatched troops to Korea, and oppressed Christianity in Osaka, Nagasaki, etc. Then the period of the national isolation were to continue for more than two hundred years until the arrival of Black Ships in 1853. It might be Rikyu’s extrovert spirit going against the times that led him to death.


「silence film scorsese」の画像検索結果
映画「沈黙」(遠藤周作原作)(2017年)* Silence (film)(wikipedia)


「茶の湯の世界こそ、客も亭主も、心をひとつに解け合わさねばならぬ世界である。ここには主も従もない。信長も自分も、共に一つの茶碗から茶をすする。その様を胸に描いて、宗易は心のふるえるのを覚えた。それは新しい、余りにも新しい茶の湯の姿であった」(三浦綾子『千利休とその妻たち』)

"The world of the way of tea is the place where both the host and guests should blend their spirits each other (Fraternité). Here is no master and atttendant (Egalité). Both Nobunaga and I sip a bowl of tea together. When imaging that scene, Soeki [Rikyu] felt moved. It was a new, too new world of the way of tea." Sen no Rikyu and his Wives by MIURA Ayako, translation and (supplément) of snowdrop



「ふのやき」の画像検索結果
フノヤキ(菊屋HP)

ところで、2月14日は聖ウァレンティヌスが殉教した日です。なぜか日本では、女性が男性にチョコなどのスイーツを贈るとか…ちなみに、利休のころのスイーツは、フノヤキのほか、センヘイ(煎餅)、氷砂糖、柿などでした。ポルトガル渡りのコンペイト(金平糖)なんぞ、天下人の口にしか入らなかったのです。それに引きかえ21世紀は、昔のお菓子も舶来のお菓子も思いのまま!誰もがみな天下人のようです。


By the way, on Valentine's Day (the day when Saint Valentine martyred) , Japanese women give chocolates to their beloveds. Of course Rikyu did not know the chocolate. He used funoyakicrepe, senbeirice cracker, rock sugar, kaki, etc. in his tea ceremony. Only the rulers could taste the sweets such as confeitoconfetticandy. On the contrary, in the 21th century, we can enjoy both the ancient/medieval sweets and the modern imported ones. Everyone is like the ruler today!



c0345705_17012342.jpg
 ↑ 聖ヴァレンタインのポートレート Portrait of St.Valentine


くれなゐの (ハート)はらはらまき散らしさざん花は散るバレンタイン月

En dispersant des petals rouges, sasanqua caméllia révèle son amour au mois de Valentin.




Img_2846_800x600


All Rights Reserved





[PR]

c0345705_10003535.jpg
「nakahara junichi anne」の画像検索結果  Anne Shirley by Nakahara Jun'ichi(中原淳一)


ヴァレンタイン・デーを前に、ショコラ・プロムナード(大丸心斎橋店)へ出かけました。中原淳一の弟子だった、内藤ルネの少女キャラがいっぱい!レトロ"カワイイ"ですね。


Snowdrop est allée à Chocolat Promenade 2017 dans le Grand Magasin Daimaru de Shinsaibashi, Osaka. NAITO René was a disciple of NAKAHARA Jun'ichi. http://www.junichi-nakahara.com/profile



c0345705_10010190.jpg


大阪の街を見下ろしながら、窓辺のキャンドルのもとでパンフレットを繰ることもできます。


On peut tourner des pages du prospectus aux bougies près des fenêtres qui dominent la ville.


c0345705_10012831.jpg


タンタンなど、海外のキャラクターも大活躍です。


TINTIN collabore avec Goncharoff Seika Co., Ltd.


c0345705_10030219.jpg


ここは、子供のころ母や祖母に連れられてよく出かけた思い出の百貨店でもあります。なつかしい本館はいま建て替え中、この姿を見ることはできなくなりました。


Snowdrop visitait de temps en temps ce magasin avec sa mère et grande mère. Le bâtiment principal est maintenant en reconstruction.


c0345705_10062560.jpg


神戸女学院などを設計したウィリアム・ヴォーリズの建築のひとつです。独特の星のデザインが、天井や照明など、いたるところに見られました。


Le dessinateur du bâtiment principal est William Merrell Vories, qui est connu par Kwansei Gakuin University, Hilltop Hotel,etc. Ses étoiles furent trouvées partout, p.e. des plafonds, des éclairages


c0345705_10022988.jpg


星ひかるエレベーターの行き先が★★年ならうれしからまし


(If the destinations of the elevator with star-design were the years of ★★★★, you could go back to the days you miss.)



c0345705_10033140.jpg



ヴォーリズならではの美しい階段を降りれば、サロン・ド・テ・ヴォーリズで、こんなお菓子を頂くことができました。


Il y avait des beaux escaliers de Vories et Salon de thé VORIES.



c0345705_10050747.jpg
2013年撮影



そういえば、snowdropは今年どんなチョコレートを選んだのでしょう。階段形のスクエア・チョコ? それとも、金箔入りの飴をのせたケーキ「黒船」? それは次回のお楽しみ♡


Quel chocolat a-t-elle choisi cette année? Les chocolats carrés alignés en forme d’ escalier? Un gâteau chocolat N
avire Noir avec bonbon-garniture? À suivre
…♡



c0345705_10332752.jpg

「大丸ですから!」* C'est ça, le Daimaru!

おまけ*大丸のシンボル、ピーコック(孔雀)(左)* 白鳥のステンドグラス(右)
Bonus*Peacock (symbol of Daimaru)*Swan (stained glass)(pinterest)


「stained glass voies daimaru pinterest」の画像検索結果「daimaru stained glass  vories pinterest」の画像検索結果


(All Rights Reserved)



[PR]

c0345705_10581600.jpg
映画「イノセント」(L'innocente by Visconti)DVDより(図版5枚)


男は紅の女に魅せられていた。離婚し、自由を謳歌する女に。ヴィスコンティ監督は、彼女を紅のドレスや紅の壁紙で包む。神秘的な女には、東洋趣味の漆の調度がよく似合う。原作の小説にはほとんど登場しない妖艶な女が、銀幕に立ち上がる。

Un homme était fasciné par une femme rouge qui avait divorcé d’ autre homme. Le directeur Luchino Visconti enroba la femme dans sa robe rouge et le papier peint rouge. Une femme mystérieuse est assortie à un paravent en laque orientale. La femme fatale qui ne appaît guère dans le roman original, elle est présente et vive dans le film.



c0345705_10590245.jpg


男には、青灰色の妻がいた。貞淑な妻。慎ましい妻。妹のように愛らしい妻。

L’homme avait sa femme bleue. Une épouse vertueuse et réservéemignonne comme la petite sœur.



c0345705_10593228.jpg



男は緑色の目をしていた。その瞳は、補色の紅を追い求める。青灰色の妹妻は、いつもそばにいて、放蕩を許してくれると期待している。彼女が睡眠薬を求めるほど苦しんでいることにも気づかずに…

Les yeux verts de l’ homme suivent la femme rouge. Il espère que son épouse bleue soit toujours à ses côtés et lui parodonne son infidélité. Il ne sait pas qu' elle noie son angoisse dans le somnifère.



c0345705_11000867.jpg
après le premier baiser?


青灰色の寝室で夫の浮気話を聞かされた妻は、ときに違う色をまとう。薔薇色の部屋でかむる、うす紫のベール。たっぷりふりかけた姫林檎の香水。鏡に映りこんだ少女の肖像画は、幼な妻の純情さを思わせる。けれども、妻は夫以外の男の愛を知ってしまった。くちづけの余韻を味わっているのだろうか、彼女は鏡を見つめている。


La femme qui écoute son mari de parler sur son petite amie, elle est de temps en temps vêtue d’ autres couleurs en plus de bleu. Dans sa salle rose, elle met le voile mauve et se met du parfum de club apple. Le portait d’ un enfant dans le miroir est le symbole de son ingénuité ? Mais elle a déjà connu l’amour avec un écrivain, qui mourra comme Bergotte dans RTP (
aux vitrines éclairées, ses livres disposés trois par trois veillaient comme des anges aux ailes éployées).



c0345705_11004047.jpg


夫婦は田舎の別宅、リラ荘へ出かけた。罪を知る前の若き日を象徴するような白い部屋。埃をよけるための家具カバーも、束ねられたカーテンも、すべてが白い。白い服を脱ぎ、久しぶりに愛し合う二人。しかし、妻はすでに夫以外の男の子供をみごもっていた。


Le couple partirent à la Villa Lilla dans la campagne après une longue absence. Voici une des chambres blanches dont l' ameublement était couvert des housses blanches pour éviter de la poussière. Le blanc est le symbole de leur jeunesse innocente avant leurs infidélités. Ils firent l’amour après une longue séparation. Mais la femme avait déjà été enceinte.



「innocente visconti film moglia」の画像検索結果
「イノセント」DVD(amazon)


「jupiter and io」の画像検索結果
コレッジョ「ゼウスとイオ」*Zeus and Io by Correggio(detail)(pinterest) 


妻が別の男の子供を宿していると知って、なおも、夫は妻を求める。美しい妻の背中は、コレッジョの描いたイオさながらである。雲に変身した異教の神ゼウスのように妻を抱く男。ヴィスコンティ監督は、コレッジョの絵と重ね合わせるように、この場面を撮影したのかもしれない。


Le mari embrasse sa femme encore après avoir su sa conception impardonnable. Le beau dos de sa femme est comme celui d’ Io dans les bras (nuages) de Zeus, un dieu païen peint par Corregio.


「giancarlo giannini l innocente」の画像検索結果「光源氏  源氏物語絵巻 抱く」の画像検索結果
(google search)


 けれども、さしもの監督も、源氏物語絵巻は意識していなかっただろう。光源氏は若き妻、女三宮とその恋人柏木の子を、我が子として抱いた。緑の目の男も、妻の不貞の子を抱いている。色男のありふれた末路?しかし、この後の展開はそれぞれ異なる。
 そういえば『源氏物語』には、女たちにそれぞれの色の衣を選ぶ場面があった。紅梅襲(かさね)はあでやかな紫の上に、柳の織物は、源氏の恋人では珍しく不美人の、末摘花に贈られる。

Mais je ne crois pas que Visconti savait cette peinture japonaise aussi. Hikaru-Genji embrassa le bébé illégitime comme son propre enfant.L’ homme dans le film aussi. La même fin de Don Fans? Non, pas de même

 A propos, il y a un chapitre où Hikaru-Genji donne à chaque femme chaque couleur de robes. Celles rouges à sa belle femme, celles saule-vertes à une vieille petite amie qui est laide, Suetsumu-hana



c0345705_10273661.jpg
c0345705_11015926.jpg
『源氏物語の色』(平凡社)


末摘花、彼女もまた家族という後ろ盾を失った没落貴族だった。初めて光源氏と逢ったとき、彼女は風変わりな皮衣を着けていた。かつて遣唐使が伝えた、唐渡りの毛皮を形見として受け継ぎ、荒れ果てた屋敷で防寒のために重ね着していたのだろう。容姿や才気には恵まれていないが、一途な彼女は、源氏のもとに身を寄せて一生を送ることになる。末摘花はいにしえのローリング・ストーンだったのかもしれない。

Suetsumu-hana aussi était une noble ruinée. Quand elle rencontra Hikaru-Genji dans leur jeunesse, elle mettait la fourrure démodée, probablement un de son heritage, un marchandise d’ outre-mer (Chine) , comme un vêtement chaud dans sa résidence dévasté. Bien qu’ elle n’était ni belle ni pleine d’esprit, elle était sincère et vivait dans un coin de la residence de luxe de Hikaru-Genji. Elle était une “rolling stone” du Japon ancien, je crois.



c0345705_15433782.jpg
平等院鳳凰堂(2015年撮影)


帰去来兮田園将蕪胡不帰―陶淵明
Tornerò a vivere nella campagna Tao Yuanming (A.D. 365 - 427)


ヴィラ・リラへふたりで行かむ清ら花あふるる春へ帰りなむいざ
(帰去来兮)


Andremo a Villa Lilla insieme, a la primavera del fiore innocente, torneremo !


c0345705_17355982.jpg

Schloss Nymphenburg2004)


あのひとの声はあたしの春日なた眠りの国への扉なりしを

( Sa voix toujours me faisait sommeiller comme la lumière chaude du printemps… !



c0345705_21371498.jpg

Cytisus in Osaka (2014)

Bonus * https://www.youtube.com/watch?v=RcZn2-bGXqQ&list=RDRcZn2-bGXqQ (Angie by Rolling Stones)
https://www.youtube.com/watch?v=dbxHL9SmVeE (Angie covered by Julie * ジュリーが歌うローリングストーンズの曲 )


「ジュリ 沢田研二」の画像検索結果

A Presley in Japan, Julie (SAWADA Kenji) https://en.wikipedia.org/wiki/Kenji_Sawada


(All Rights Reserved)




[PR]
c0345705_16312706.jpg


リストの「エステ荘の噴水」は、私のレパートリーでも一番の難曲よ。でも、ほんとうは一番弾きやすい曲でもあるの。超絶技巧のピアニストでもあり、熱心なピアノ教師でもあったリスト。だから、ピアニストがどこで疲労の限界に達するか、よく分かっているの。トレモロが延々と続いた後にスタッカートのフレーズがくれば、指の筋肉の違う部分を使うことになって、一息入れられるってわけ。

Although Liszt's Les jeux d'eau a la Villa d'Este is one of the most difficult pieces in my repertory, in fact, it is easy-to-play also. Beside being a virtuoso, Liszt was an excellent piano teacher. He understood very well when and where the pianist reaches the limit while playing. After long tremolos, the staccatos give our fingers a chance to rest.



「franz liszt piano」の画像検索結果


Young Liszt surrounded by female fans (one of them swoons)
リストのピアノ・コンサート。失神する女性ファンも見える(google search)


もっとも、彼が若かった頃の作品じゃ、こんな斟酌は抜きよ。見てちょうだい、この若き日の得意絶頂のリストの姿!まるで女性ファンに囲まれたジュリーかヒデキね!それが、長年色んな生徒にピアノを教え、歳を重ねるうちに、とんがってた角が取れて、丸くなって…まるで、転がる石のように。

But the pieces in his youth are more hard to play! Look, this young Liszt enjoying his greatest success(above fig.)! He looks like Elvis Presley surrounded by ardent female fans! And while teaching various students and growing old, the edges of his character have been rounded off like a rolling stone.


「liszt franz pinterest」の画像検索結果
老リスト*Old Liszt(pinterest)


リストの人生の後半は、坂道を転げ落ちる石みたいだった。愛しい子供を二人も亡くし、長年愛し合ってきた女性との結婚には横槍が入り、宮廷楽長の職も失って…ついには聖職者になった。甘やかな青年から、苦々しげな老人へ…人生という巡礼は決して楽なものではなかったのね。

 

The later years of Liszt was like the locus of a rolling stone. He lost two of his beloved children, could not marry his longtime lover, resigned from his post of Hofkapellmeister, and became an Abbé in the end. From a sweet handsome youth to a bitter old manthe pilgrimage of the life was never easy for him.



c0345705_16353962.jpg


 なのに、不思議ね。この「エステ荘の噴水」を弾いていると、なんだか両手も、心も、軽くなってくるの。リストは坂道を転がる石というより、波にもまれた石だったんじゃないかしら。丸くなった石には苔もつかず、自由に水のあいだを漂う…ほら、ここの箇所。噴水の水の流れのようなフレーズが、目まぐるしく転調してゆくでしょう?主調や属調といった縛りにとらわれず、自由に、流れのままに…

 聖職者となった音楽家は、この箇所に聖書の言葉を書きこんでいる。「わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る」(ヨハネ書4-14)もっとも、この曲の魅力は、変幻自在な音の戯れそのものにもあるのかも。


 But, it is strange
this piece always sets my hands and heart at ease. I wonder if Liszt was like a stone buffeted by the seas rather than a stone rolling down a slope. A rounded stone drifting on the waves gathers no moss. Listen, in this part, several phrases like streams modulate kaleidoscopically, freely, regardless of the related keys.

 Abbé Liszt wrote in the music a quotation from the Bible, “sed aqua quam ego dabo ei, fiet in eo fons aquae salientis in vitam æternam” Jn 4:14But the charm of this piece exists in les jeux d'eau et des sons (playing water and sounds) themselves, doesn’t it?


リスト「エステ荘の噴水」*イタリアのエステ荘の写真入り動画


私たちイタリア貴族は、それぞれにエステ荘の噴水の思い出を持っている。石の女神像のたくさんの乳房から噴き出す水に目を丸くした子供の頃。心ときめく殿方と隠れん坊した青春時代。ここに集う紳士淑女も、ただ水の音の美しさと、それぞれの追憶に酔っているのではないかしら。未来に何が待っているか夢にも知らずに―。気になる?でも、ここでお話したら、映画のネタバレだって恨まれないかしら(笑)。


We Italian nobles have respectively the memories of Villa d’ Este. I stared at that stone goddess statue with many breasts spouting water with my eyes wide open in my childhood, and I played hide‐and‐seek with handsome gentlemen in the wide garden in my youth (entre nous, j' avais un béguin pour l'un d'eux)
Signore e signori in this salon also are absorbed in the beautiful sounds and in their own memories, without dreaming of their stormy futuredo you become curious? But if I tell you about their future here, will other readers call me a spoiler?(hu hu)



c0345705_16091026.jpg
映画「イノセント」(L'innocente by Visconti)DVDより

明治時代に鍋島榮子が着用した小袖地のバッスル・ドレス(鍋島徴古館HP)
Bustle made of kimono material (c.1890s)
「鍋島栄子  バッスルドレス」の画像検索結果


(つづく)
(To be continued)
(All Rights Reserved)





[PR]

「like a rolling stone di bob dylan」の画像検索結果

ボブ・ディラン「ライク・ア・ローリング・ストーン」(wikipeida)


ローリング・ストーンひとつ転がれば苔むすこともしがらみもなし


One rolling stone neither gathers moss nor has ties.


 

 2016年のノーベル文学賞は、アメリカの歌手ボブ・ディランに贈られた。暮れのある日、「転がる石のように」という歌がテレビから流れてきた。小石のように転落してゆく女性をうたった、ひりつくような歌詞。彼女は破滅してゆくのか、それとも、解放されたのか?

 かつて聴講していたギリシア語の授業の教科書に、「転石苔むさず」という言葉があった。イギリスでは「石の上にも三年」、アメリカでは「活発な者はいつも清新」と逆の意味になるとか。ローリング・ストーンはイギリスのロックバンドだが、そのスタイルは「石の上にも三年」とは真逆だ。Snowdropも後者を採る。転がる石のような境遇におちいった女性は、じつは解放されたのだと…


 The Nobel Prize in Literature 2016 was awarded to Bob Dylan. One of his songs ”Like a Rolling Stone” caught snowdrop’s ears one day in December last. The lyrics shows us a woman who are rolling down in her life like a small stone. ― Has she ruined herself or … freed herself?

 Snowdrop had seen an example sentence, Λίθος κυλινδόμενος το φύκος ου ποιεί (A rolling stone gathers no moss) in her Greek grammar book. While this proverb has negative meaning in England, positive in America. The name of an English rock band, The Rolling Stones has positive meaning! They are active and fresh like rolling stones. Snowdrop also takes it that a rolling stone is free. The woman should have freed herself.



c0345705_20091303.jpg
映画「イノセント」(L'innocente by Visconti)DVDより


映画「ベニスに死す」で知られるヴィスコンティ監督に、「イノセント」という作品がある。初めの方にちらりと、年老いた女性ピアニストが出てくる。絹ずれとささやきに満ちたサロンで、モーツァルトの「トルコ行進曲」も、リストの「エステ荘の噴水」も、淡々と速弾きする老嬢。黒のドレス、黒の装身具、気位の高そうな面長の顔。彼女は、サロンに集うイタリア貴族に先駆けて没落してしまった、元淑女ではないだろうか。いわば、「ローリング・ストーン」のはしりではなかろうか。

L'innocente is one of the films of Luchino Visconti. Do you remember this pianist, an old lady in black? She plays both Turkischer Marsch by Mozart and Les jeux d'eaux a la Villa d'Este by Liszt at high speed, indifferently. Her oval face looks proud and gloomy. Is she one of the first impoverished aristocrat, ahead of signore e signori in this salon? Is she one of the first rolling stones?


c0345705_16180002.jpg


ピアニストの独白

 私にだって、サロンの椅子に腰かけて、ピアニストの指を熱心に眺めていた頃があったものよ。まだお父様が生きていて、何不自由なくピアノのお稽古に打ち込んでいられた頃…色々あって、遺産はほとんど手放したわ。いまはピアノで生計を立てる毎日。音楽は私の喜びだったのに、人前で毎日毎日おなじ曲を弾き、おしゃべりのBGMにされている内に、そんな心弾みはすっかり擦り切れてしまった。

 一張羅の黒いドレスも、ところどころ傷んできたわ。黒は最高のお洒落っていうけど…雨の日も風の日もサロンに足を運ぶ暮らしだと、じつは汚れが目立たなくて重宝するの。第一、サロンのピアニストなんて、黒衣(くろこ)ですもの。

Monologue of the pianist

I also used to sit on a chair in a salon and observed enthusiastically a pianist’s fingers, when my father was still alive and I could practice the piano sans souci. But now I have lost almost all of my inheritance, and make a living as a pianist. Although the piano used to be a source of the pleasure for me, I have lost such a palpitation while playing the same kinds of pieces day by day as the background music for rich people

My Sunday best has partially begun to become threadbare. They say the ladies look best in black…to tell the truth, the black dress is the most convenient and economical, especially for me, a pianist who should go out to work even on rainy or windy days. You know, the salon pianist resembles the Kuro-ko[go]!



c0345705_17330241.jpg
文楽人形をつかう黒衣(『文楽』平凡社)
https://en.wikipedia.org/wiki/Kuroko


喜びあれ!祈る傀儡(くぐつ)をあやつるは姿も声も隠せる黒衣(くろご)


Joyeux PrintempsCe qui manipule cette marionnette,c
est un Kuro-go sans forme, sans voix.


 モーツァルトの「トルコ行進曲」は子供のころに習った曲。もっとゆっくり、表情をつけて、と先生はおしゃったけど、速弾きするのが好きだった。トルコ人の太鼓に合わせて、平原を駆け巡る気がしたわ。
 そういえば、ベートーヴェンのワルトシュタインの冒頭もいいわね。まるで驀進する蒸気機関車みたい!さすがは楽聖、産業革命の時代を見通していたのねえ(笑)
 

Turkischer Marsch by Mozart was my first repertory in my childhood. My piano teacher often told me to play more slowly and expressively, but I liked to "shred" ! I felt as if I had been running in dem schönen Westerwald to Turkish military drums! Waltstein by Beethoven, whose sounds and notes are just like the movement of a steam locomotive's wheels, I like it also. He foresaw the Industrial Revolution. That's worthy of one of the greatest musicians! (hu hu)



「ワルトシュタイン」の楽譜つき動画。音符がそのまま車輪の動きのよう。


私、じつはお転婆だったの。お屋敷の天蓋つきのベッドで目が覚めるたび、まるで金の籠に閉じこめられた雀のような気がしたものよ…

You know, I was a tomboy. Every time I woke up in my canopied bed in our mansion, I felt myself being a sparrow in a golden birdcage


「laura antonelli l innocent」の画像検索結果


ベッド
で刺繍する映画のヒロインL'innocente by Viscontigoogle search



Andremo a Villalilla dopo Pasqua. Sarà tutta fiorita (L' Innocente di Gabriele D'Annunzio)


ヴィラ・リラへふたりで行かん無垢の花あふるる春へ
帰りなんいま


Andremo a Villa Lilla insieme, a la primavera del fiore innocente, torneremo !



「gwen john window」の画像検索結果

クヴェン・ジョン「画家の部屋」
Bonus*A Corner of the Artist's Room by Gwen John(wikiart)

(つづく)
(To be continued)

(All Rights Reserved)








[PR]

c0345705_09044188.jpg


君ねむる朝の窓ベにふはふはと(にこげ)のやうに雪はふりつむ


À la fenêtre près du lit où tu dors, la neige tombe froufrou, comme des duvets.



太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。―三好達治「雪」


Putting Taro to sleep, on the roof of Taro’s house falls snow.

Putting Jiro to sleep, on the roof of Jiro’s house falls snow.
Snow by MIYOSHI Tatsuji,translation of snowdrop


a0332314_13272250.jpg

与謝蕪村「夜色楼台図」Tower at Night by YOSA Buson 



夜に入って、わが家にも雪がふり始めた。
翌日は、降りみ降らずみ。君の住む土地の雪はまだ降り続いているだろうか。極北から運ばれてきた、おなじ雪が。


À la nuit, il a commencé à neiger chez moi aussi. Le lendemain matin, il neige par intermittence. Est-ce qu’ il continue de neiger encore chez toi ? La même neige boréale ―



Img_0909_1024x712_2


クリスマスの窓辺の雪の飾りひとつ外し忘れて水仙月くる

Pendant qu’ elle oubliait d’ enlever un neige d’ ornement de Noël sur une fenêtre, le mois de narcissus est venu.




Img_0063_800x600


日本の子供は雪をまるめて雪兎をこさえる。庭の南天や万両の葉と実を、耳と目にして…こんな兎を額にのせたら、熱もはやく下がるかもしれない。


Des enfants japonais font le lapin des neiges avec des feuilles et fruits du
bambou sacré ou du coral ardisia (Christmas berry). Si ton enfant attrape un rhume et tu le mets sur son front, la fièvre tombera plus tôt.


c0345705_13160608.jpg
歌川広重「雪中椿に雀」HIROSHIGE Calendar (January 2007)


小庭の「
雪中山茶花」

Img_0062_800x600_2


All Rights Reserved


「雪合戦」の画像検索結果

Bonus Snowball Fight (google search)

リヨン(フランス)の雪合戦 ↓





[PR]

c0345705_14044396.jpg


冬牡丹、寒牡丹、葉牡丹…日本では、薔薇に似たこんな花が咲きます。葉牡丹の緑は食べてしまいたい美しさです。


La pivoine en hiver, la pivone en froid, le chou ornementalau Japon, il y a des fleurs comme la rose en hiver. Le vert du chou ornamental est beau et ouvrit l’ appétit!


c0345705_14024226.jpg



葉牡丹そっくりのキャベツを見つけました。サヴォイ・キャベツ(仏サヴォア地方のキャベツ)といいます。あちらでしか手に入らないと思っていたら、これは京都産ですって!前に見かけたキャベツのお料理、さっそく作ってみましょう。


Snowdrop a trouvé un chou comme celui ornamental. Il s’ appelle le chou de Savoie, mais il est cultivé en Kyoto aussi! Maintenant qu’ elle l’ a acheté, elle peut le cuisiner avec une recette qu’ elle avait vu dans un blogue en France!



c0345705_20301812.jpg


サヴォイ・キャベツ、玉葱、紅玉林檎、じゃが芋、豚肉、大蒜、鶏のスープ、シードルをお鍋でことこと煮込みました。大好きなシードルがお料理に使えるなんて…わくわくします。おせち料理で重たかったお腹、七草粥で復活?それなら、一皿よそいましょうね。

http://blog.goo.ne.jp/fleurdesel/e/40c4b9b108ca673b23ec01ac3efc8b7e  * 塩の華(日本語のレシピ)
http://ramages.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-f427.html *
snowdropの定番お節料理



Un
chou de Savoie,un ognion, une pomme Jonathan, du porc, du bouillon, du cidre, on les mijote dans une marmite. Est-ce que vous prenez froid ? Je vais remplir une assiette pour vous aussi.




c0345705_21022687.jpg

砂漠の薔薇 * Rose des sables




星の王子さまで学びしフランス語ジェラール・フィリップを声より知りぬ


J’ ai appris le français par Le Petit Prince, et j’ ai connu Gérard Philipe de son voix.


https://www.youtube.com/watch?v=UDCIoTe6xng Le Petit Prince Gérard Philipe


c0345705_14052507.jpg



ばらの咲く夏遠ければ砂の薔薇とふ石ひとつ
()にのせてみる


Puisque la saison des roses est encore loin, je mets une rose des sables sur ma paume.)



c0345705_21485166.jpg
「peter rabbit」の画像検索結果


レタスで眠くなるピーター(wiki)に、スズシロがまるごと入った七草がゆを♪(2015年撮影)

For a philolettuce, my rice porridge with seven spring herbs, e.g. white Oriental radish.
And a cup of camomile tea for Peter that caught a cold! 



こしひかりま白く匂ふかゆ皿に萌えいづる春の七つのみどり



c0345705_09295072.jpg

陶器のフェーヴと白い冠(これまでは金のユリ冠でした)Nos fèves de faïence

c0345705_13144787.jpg


1月6日は、東方三博士の礼拝にちなんだガレット・デ・ロワを…葉っぱのショコラもどうぞ☆彡 Galette et Chocolat en forme de feuille



All Rights Reserved)




()


[PR]

c0345705_11325629.jpg

Sake (rice wine) named White Deer in a hotel in Osaka



新しい年は同窓会で始まりました。国語科の恩師がスピーチで引用なさった啄木の歌のような、穏やかな日和でした。


The new year has started with my high school reunion. It was a calm day just like that in Takuboku’ s tanka quoted by one of our former teachers in his speech.



何となく、

今年はよい事あるごとし。

元日の朝、晴れて風無し。  石川啄木


Somehow,

I feel like something good will happen this year.

In the morning of the New Year’s Day, sunny and wind still

ISHIKAWA Takuboku, translation of snowdrop


c0345705_11331162.jpg
Good fortune Girl



年玉折りの札も交じれり新年の同窓会の会費の箱に



キラキラのネイルを琴の爪のごと外し笑む友「家事もするから」



「こんにちは」と「ハロー」の手話の違ひ聞く聾学校の英語教諭に



三十年前の校舎の映像は昭和の終りの名画のごとし



給水器の増えし学舎でうさぎ跳びする生徒らは今や無からん



オカリナの喜寿コンサートの計画を語る恩師や頬あかく染め


哲学する教師と弟子を描きたる彼に捧げんデューラーの帽子




c0345705_11352783.jpg


Some bills were folded
suitable for an envelope in which

you put étrennes (bills of New Year's gift for children),
in the fee box for Reunion
in the New Year 2017.


A classmate put off
one of her decorative nails
like a koto plectrum
and smiled attractively,
“ I do housework also, you know.”



There is a difference between

Konnichiwa and Hello of the sign languages.

A classmate who has been

an English teacher in a deaf school for five years

showed me that with eloquent gestures.



The original movie
that had been filmed by our schoolmates
thirty years ago
looked like one film classic
around the end of the Showa period (1926–89).



Our former teacher

talked about the plan

of his ocarina concert

for celebrating his 77th birthday

with a little blush in his face.


To this painter

who had studied in Germany and

painted the staues
of Plato (teacher) and Aristotle (student) in our courtyard,

let’s dedicate the hat in one of Dürer’s self-portraits !




Img_2766_656x800
夜の空彩る星の電飾のやうに集ひし学び舎の友
Like colorful illuminations in the night sky, my schoolmates gathered☆彡

(All Rights Reserved)




[PR]
c0345705_12212717.jpg


スミレてふ店で見つけし世界一ちさき鹿すむ国の葡萄酒



「野生の思考」の画像検索結果

『野生の思考』の「思考(仏語でパンセ:pensée)」は「スミレ(パンジー)」と同じ綴りです。



「イオン(AEON)」はスミレという意味のギリシア語、「イオン(ION)」に似ています。イオンで、菫ほどの小さき人…ならぬ、世界一小さな鹿のワインを見つけました。冬なので、あたたかそうな帽子とマフラーを着けています。このプーズー・プダやアルパカは、南米のチリに生息しています。

AEON, a Japanse super market's name resembles ION, a violet in Greek. snowdrop has found there a bottle of wine with the design of Pudu Puda, the smallest deer in the world (Il met un chapeau et cache-nez en hiver, sans cacher son nez!). The deer and alpaca live in Chili.



c0345705_15535596.jpg
(2014年撮影)


 日本では1226日にクリスマスの飾りつけを外し、お正月の準備にかかります。けれども、わが家は16日まで、クリスマスの余韻を味わうことにしています。
 今年は見つからなかった飾りもあります。WELCOMEの文字の前に吊るした麦わらの天使、snowdropの手作りなのに…クリスマス・ブーツ代わりの靴も、どこへしまいこんだのかしら?まあ、二階のクローゼットの中にありました!

 We Japanese generally changes Xmas decorations to New Year' s ones on December 26. But Xmas in our house continues until January 6.
 This year I could not find several decorations,for example, a handmade straw angel in front of the characters WELCOME (upper fig.). Where is my looong booots serving as Xmas ones ? Oh, in our closet upstairs!


c0345705_22513360.jpg
錦市場で Nishiki Market in Kyoto



snowdropは七五三のとき以来、メークが大の苦手です。だから、こんなつけまつ毛を見かけてびっくり!そこで一首。


Snowdrop does not like wearing makeup since Festival for girls of three and seven years of age. When she found such false eyelashes in the town, she was so astonished that made one tanka as follows:


真四角の台紙にならぶつけまつ毛まだ見ぬ日々におののきながら

(日本経済新聞歌壇入選作)

  


(Several sets of false eyelashes are lined up on a rectangular mount while trembling with their unknown following days.)

(made by snowdrop, selected by HOMURA Hiroshi for The Nikkei)




「穂 村 弘」の画像検索結果

(馬場あき子先生と穂村弘先生*紀伊国屋HP)

 (BABA Akiko & HOMURA Hiroshi)



 日経歌壇選者の穂村弘先生と、亡き母を詠い続けてこられた馬場あき子先生の対談集が、今年出版されました。テーマは馬場先生の人生のあゆみ。今年の読書おさめの一冊になりました。素晴らしい歌の先達に敬意を表しつつ…
 そして、いつも素敵なインスピレーションを下さるブロ友の皆さま、ご訪問くださる読者の皆さま、心の底からありがとうございます。来年もどうぞよろしくお願いします。まだ見ぬ2017年の日々が、皆さまにとって良きものでありますように!

I would like to THANK YOU for your rich inspirations and encouraging visits. I wish you future days full of happiness in 2017!


 
 「寂しさが歌の源だから」の画像検索結果


Because the Lonliness is the Source of My Tanka ―Autobiography of BABA Akiko , interviewed by HOMURA Hiroshi (published in 2016) (amazon HP)
She is a tanka poet who has sung her deceased mother and wrote Study on Demon.



スミレ、ヒール、つけまつ毛、歌とくれば…タカラヅカです♪
Violet+ High heels+False eyelashes+Song=The Takarazuka Review♪

https://kageki.hankyu.co.jp/english/index.html (The Takarazuka Review)

「すみれの花咲く頃」の原曲は「リラの花咲く頃」です。

Wenn der weiße Flieder wieder blüht
Quand refleuriront les lilas blancs → Sumire no hana saku koro(When the violets bloom)

水仙の花咲く頃、わが家には初雪が…
Quand refleurissent les narcisses blancs, la première neige aux six pétales tombe dans notre jardin, le 28 décembre 2016.


c0345705_12414806.jpg


水仙の花咲くころにふうはりと六弁の華はじめての雪



c0345705_14045824.jpg

All Rights Reserved


Merci beaucoup, je peux les copier un a un seulement…****





[PR]

c0345705_16300778.jpg


 12月1日から毎日、一つずつ開けてきた、アドベント・カレンダーの窓もあと一つ。冬至はすでに過ぎ、日ごとに夜は長くなってゆきます。クリスマス(クリストの降誕祭)が冬至の頃なのは、北欧やケルトの古い風習に由来するといいます。じつはイエスさまは夏生まれ?!

 今年は家族の希望に応えて、クリスマスの飾りを少しずつ出してきました。よろしければお菓子をつまみながら、お付き合いを…


f0374041_12243442.jpg


Here is our Advent calendar. After the winter solstice, the day is getting longer. According to Lévi-Strauss, Christmas is set around this season based on the ancient Scandinavian and Celtic religions.

 Il ne reste qu’ une fenêtre à ouvrir du
calendrier de l'Avent. Le solstice d’ hiver a déjà passé, et des jours s’allongent. Selon Claude Lévi-Strauss, le Noël est lié originellement à la renaissance du soleil lors du solstice d' hiver sur la base des anciennes religions scandinave et celtique.

 Pour satisfaire la demande de ma famille, j' ai tiré petit à petit presque tous les objets décoratifs de Noël cette année.



c0345705_15333292.jpg


まずはsnowdropの選んだ飾りから…宿り木のかたちの薬玉を、わら細工の雪といっしょに灯りにくっつけてみました。オーナメントって、自然の美しさを人間がまねるところから生まれてきたのですね。


I added an ornament in the shape of a mistletoe this year.

Un
objet en forme de gui et des neiges de pailles, ils me montrent que les objets décoratifs sont nés de la beauté de la nature.



f0374041_14375702.jpg



12
4日はアドベント第二日曜日。アドベント・キャンドル二本に火を灯しました。麦わらの星はsnowdropの手作りです。


On December 4 (the second Sunday of Advent), we light two of Advent Candles. You see my handmade straw stars.

Le 4 décembre (le deuxième dimanche d’Avent), on allume deux des chandriers. Des étoiles de paille sont faites à la main de snowdrop.



c0345705_15454243.jpg


12月6日はサンタクロースの日。北欧に住む友の誕生日でもあるので、バイキングの台所グッズと組み合わせてみました。おお、しっくり馴染みますね!どちらも母のチョイスだから?^^

Santa Claus and Viking harmonize each other, don' t they? These are my deceased mother's favorites.^^

Le 6 décembre (le jour pour
Père Noël) tombe l’ anniversaire d’ une Suédoise, et j’ ai arrangé comme ça. Mariage de Père Noël et Viking! Ma mère les choisit…^^



c0345705_16244125.jpg


庭のマンリョウを小さなツリーにあしらいます。窓の外には山茶花の紅。この天使は金の斧をふるって、ちっちゃな樅の木を切ってきました。雪が積もる前にいいのが見つかって、よかったね!

Outside the window, coralberries and camellia sasanqua are red even in December. We rarely enjoy White Christmas.

Et mariage d’un petit sapin et fruits rouges d’
Ardisia crenata. Des fleurs rouges dehors sont Camélia de Noël. Cet ange a coupé un petit sapin avec une hache d’ or. Tu as de la chance de l’ avoir trouvé avant l’ enneigement!




c0345705_15343083.jpg

Our Christmas Tree and Crib


わが家のツリーは白木のシンプルなもの。厩(うまや)の代わりにして、馬や牛、羊、ラクダ、天使を並べています。


わが母の白木のツリーの聖家族囲むいのちを今年も足さむ

Notre crèche est un sapin en bois blanc preferé de ma mère, dont la fille a augmenté chaque année des animaux autour de Sainte famille.(2015)



c0345705_16340901.jpg



今年は、顔の黒い羊さんが仲間入りしました。羊さんが覗いているのは、オリーブの木でできた小さな厩。頭を垂れた敬虔な黒牛は、スペイン・ワインについていたマスコット(闘牛!)です。

This year a black-faced sheep joined our crib. He peeks into a smaller crib made of Italian olive wood. Two black Spanish bulls look pious here.


Un mouton avec visage noir est débutant chez nous. Il regarde une autre presepio (crèhe) en bois d’ olivier. Deux taureaux de combat (comme ceux
dans la grotte de Lascaux) paraissent pieux ici. Un cerf dans la grotte est entre ces rameaux d’ olivier et de sapin.




c0345705_21162005.jpg



地に平和ことしも祈る待降節ろうそく四本燃えつきるまで


In terra pax , I pray this Advent also until four candles burn out.



 

c0345705_16350801.jpg

フィンランドから届いたカードと和風カード*Xmas card from Finland and Japanese style one



アドベント第四日曜日の1218日には、アドベント・キャンドル四本すべてに火を灯しました。
 この土曜日はイブ、日曜日はクリスマス、よい日並びです。のどかなクリスマスでありますように。

On December 18 (the forth Sunday of Advent), we light all four Advent Candles. I wish you all Peaceful Christmas!

Le 18 décembre (le quatrième dimanche d’Avent), on allume quatre chandriers. Noël en Paix!



Est-ce qu' Otto Brendel et Alfred Brendel ont un lien de parenté ? emoticon-0133-wait.gif



De tous les animaux je suis. Celui dont on se moque

De tous les animaux je suis. Le plus doux le plus humble


たれよりも馬鹿にさるるが驢馬(ろば)なれど
たれより優し たれより慎まし


(歌詞の一部を短歌に翻訳しました♪
translation into tanka by snowdrop


All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_10423176.jpg
仮面とタンバリンのある壁面(部分) Parete con maschera e tamburello(detail), Boscoreale



 クリスマス・ガーランドにしてはどこか変?これは古代ローマの壁画の一部です。日伊国交樹立150周年を記念し、全国を巡回中の「ポンペイの壁画展」が、1225日まで兵庫県立美術館で開催中です。(図版はすべて展覧会図録から撮影)

古代ローマの祝祭のイメージとくれば、酒の神ディオニュソスここでは眷属の女性マイナスの仮面と、タンバリンとが、木蔦の花綱に吊るされています。
 ポンペイの壁画は、漆喰浮彫で大理石を模すという、実用的な第一様式(紀元前2世紀)から始まりました。上記の壁画は、花綱で奥行きを加え、だまし絵遊びを始めた、第二様式(紀元前1世紀)初期のものです。

 A little bizarre Christmas garland? This is a part of a wall painting of the ancient Rome. “Roman Wall Painting in Pompeii” is now open at Hyogo Prefectural Museum of Art until the 25 December, which marks the 150th anniversary of the establishment of diplomatic relations between Italia and Japan.

The festival in the ancient Rome was often for Dionysus. Here you see one of his attendants Menade’s mask and her tambourine suspended from the ivy garland. This wall painting is in the Second style (c. B.C.1c), where walls are decorated not only with practical architectural features with stucco in the First style (c. B.C. 2c) but also with trompe l'oeil (trick of the eye) compositions.



c0345705_10444275.jpg
踊るマイナス(部分) Menade in volo(detail), Pomepi, Casa del Naviglio



マイナスは酒に酔って恍惚とすると、タンバリンを叩いて踊りながら山野をさまよいます。手にしているのは、松かさや木蔦をつけた杖(テュルソス)。なんだか、クリスマスの宿り木や松ぼっくりに通じるものがありますね。体が透けて見える薄いキトンやマントの優美なこと!これは第三様式(紀元前1世紀末)の壁画の一部です。

When Menade gets intoxicated, she wanders in hills and valleys while dancing and beating her tambrine. She holds a thyrsos also, whose pine cones reminds me of those in Christmas ornaments. The expression of her body, translucent chiton and himation deserves appreciation as one painting. This work was a part of a wall painting in the Third style (late in the first century).



c0345705_11140753.jpg
詩人のタブロー画がある壁画断片(部分) Decorazione parietale(detail), Pompei, Casa del Bracciale d' Oro

 第三様式の壁画は、建築だけでなく庭園や風景、神話の情景でにぎやかに彩られるようになります。帝政期の「ローマの平和」の豊かさが反映しているのでしょう。この艶々しいおじさんはシレノス、マイナスとおなじくディオニュソスの眷属で、馬の耳と尾をもち、歌と踊りが大好きです。牧神パンのシュリンクス(葦笛)も描かれていますね♪
 細密な筆致、的確な立体表現、壁画のどの部分を切り取っても、一枚の静物画になりそうです。なお、所どころ細かな縦線が入っているのは、補筆であることを明らかにするためです。根気強い修復の努力があってこそ、展覧会で多くの人の目に触れることが可能になるのですね。


The wall painting in the Third style illustrates mithology, scenery, gardens, kitchen still lifes, etc. They reflect the opulent society of Roman Empire, “Pax Romana”. This old man with a bright complexion is Silenus, who is also an attendant of Dyonisus, having the attributes of a horse. He likes singing and dancing, and you see here a syrinx of Pan also. How delicate brushworks and how skillful volumetric representation!


c0345705_11360190.jpg
c0345705_11362045.jpg

赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス(部分)*Eracle e Telefo(detail), Elcolano, Augusteum


こちらの大作は、神話の一場面を絵物語のように描き出しています。英雄ヘラクレスが、捨てられた我が子テレフォスを見つけた決定的瞬間です。ヘラクレスの隣で麦穂を差し出し、子供の所在を示しているのは、天使でしょうか。いいえ、翼をもつ精霊です。牝鹿の乳を飲むテレフォスの生き生きした姿態といったら!その上で、あらぬ方に視線を泳がせている人物は山の精、ここがアルカディア地方であることを示す擬人像です。山の精の背後からは、アルカディア生まれの牧神パンが、父子の再会を興味津々で見つめています。
 

This painting represents one scene of mythology,the decisive moment when Hercules discovered his lost son Telephus. Not an angel but a winged spirit indicates the son to his father with an ear of wheat. The depiction of Telephus taking the breast ofa doe is fresh and vivid. Allegory of Arcadia is looking far off into the distance. From her behind, Pan is observing the father and son with great interest.


 
c0345705_12051685.jpg
鳩を抱く子供*Bambino con colomba (Adone bambino), Pompei, Casa di Successus


テレフォスとヘラクレスの絵は第四様式(紀元50年頃)に属します。あの皇帝ネロが黄金宮を造らせた頃です。紀元というと…、そう、イエス・キリストは紀元前後のおよそ30年間を生きました。けれども、第三様式の絵にも、第四様式の絵にも、キリスト教を思わせるものは何もありません。キリスト教は偶像を禁じていたため、初期キリスト教美術の誕生は紀元3世紀を待たねばならないのです。この鳩を抱く愛らしい子供も、天使ではなく、幼いころの英雄アドニスです。

The above two paintings belong to the Forth style (c.A.D.50) , when the Domus Aurea was built by Emperor Nero. Speaking of Anno Domini,yes, Jesus Christ lived about thirty years around Anno Domini. But you do not find the Chrisitian elements in the Third~Forth-style paintings. Because Christianity had prohibited the idolatry, it was not until the third century that Early Christian art appeared. The above lovery little boy is not an angel but Adonis in his childhood.


c0345705_10404650.jpg
Prolegomena to the Study of Roman Art by Otto Brendel, Japanese edition (left)

酒宴で歌う皇帝ネロ(映画「クォ・ヴァディス」より)

c0345705_12101287.jpg
日本の伎楽面を思わせる仮面が右上に…
The above mask resembles an ancient Japanese one for Gigaku (ancient masked drama)…

「伎楽面 王」の画像検索結果
酔胡従法隆寺献納宝物)*Drunk Persian attendant(7c.)(wikipedia)


古代ローマの裕福な人々は、街中の家のほかに、郊外に別荘を持っていました。農園別荘で農作業をするのは小作人や奴隷で、主人は時おり農園を見回り、美しい壁画の部屋でくつろぎました。壁には果物や狩りの獲物といった静物画が描かれています。宴の客はイチジクやリンゴなどをお土産にもらったのでしょうか。


The rich ancient Romans had not only their town houses but country houses (villa rustica). It was the tenant farmers and slaves who worked in the farms, and the master sometimes inspected his farms and relaxed with his guests surrounded by beautiful wall paintings. Did he give his guests various souvenirs (fruits, meat, fish, etc.) like those painted in his triclinium (dining room)? The mask at the upper right of the figure reminds me of Gigaku mask in the ancient Japan, at the end of the silk road.



c0345705_12112794.jpg
Carmiano Villa rustica, Triclinio
L' Arte del Convito nella Roma Antica by Eugenia Salza Prina Ricotti



古代ローマの宴会の豪勢なことは日本でも知られています。ここは農園別荘の大食堂、酒神ディオニュソスや豊穣の女神ケレスなどが描かれ、葡萄酒を造っていた事がうかがえます。どんな食材を料理していたかは、文庫本の表紙から想像してください。青いのはアスパラガスの束ですね。なお、当時トマトはまだ食されていませんでした。


The Lucullan banquet in Roman empire (including the peacocks!) is famous in Japan also. Here we are in a triclinium of a villa rustica, where Dyonisus and Ceres are painted. This villa might have been a winery. Do you find fresh green asparagus on the front cover of my paperback? But the Romans could not enjoy tomatoes!



c0345705_12105785.jpg



こちらはエルコラーノ郊外のソーラ地区の海浜別荘です。窓の外には青い海、家のなかにはエジプト青の壁画や天井画…浮世の憂さを忘れられそうです。


Here we are in a villa in contrada Sora! The blue sea outside the window, the Egyptian blue walls and ceilings in the rooms…How refreshing villa it is!


「Amen blue egypt」の画像検索結果

アメン神*Amengoogle search


エジプシャン・ブルーの部屋でまどろめば青き(はだへ)のアメンを夢む


When I take a siesta in an Egyptian blue room, I dream of Amen with blue skin.



c0345705_11473835.jpg
水鏡を見つめるナルシスとアモル(クピド)*Narciso e Amor (Cupido), Pompei


これらのフレスコ画は、紀元後1世紀半ばに描かれました。イエスさまが昇天してしばらくした頃でしょうか。キリスト教は、こんな豊かな古代の暮らしと宗教に、復活というシンプルな教え一つで立ち向かったのですね ―
 そして、やがてキリスト教美術は、幾多の曲折を経つつ、古代ギリシア・ローマの美の遺産を種として花ひらくことになるのです。たとえば、愛らしいアドニスやクピド(アモル)の姿を借りて、天使が生まれました。

These frescos were painted in the middle of the first century, little later than the Ascension of Jesus. He had confronted such rich lives and religion with only one simple doctrine, the Resurrection.

Later Early Christian art would bloom from the seeds of Greek and Roman art after much trouble. For example, charming Adonis or Cupido (ex. upper figs.) are the model of the angel.



c0345705_16325656.jpg
フェニックスと二羽のクジャク*Fenice e due pavoni, Pompei, Casa e Caupona di Euxinus


 ある食堂のフレスコ画には、こう書かれています「フェニックスは幸せだ。君もまたそうでありますように」お客さまが楽しく過ごせることを願う、あたたかな言葉です。さまざまな信仰のかたちはあっても、隣人を思う心はひとつだと思います。
 来年は酉年、snowdropもこう申し上げます。「不死鳥は幸せです。読者の方々もまたそうでありますように」
 展覧会場のトリがこの絵でした。粋ですね!


There is an inscription in one fresco of a caupona. PHOENIX FELIX ET TV” (phoenix felix et tu) The owner wanted his customers to enjoy eating and drinking in his caupona. This kind of warmheartness is universal beyond the difference of the religions and values.

Year 2016 is that of the cock in Asia. Snowdrop also would like to say to you “PHOENIX FELIX ET TV” !!!



c0345705_15543944.jpg
おまけ 犬のシンクレトゥス(画中に名前が…) 
Bonus Cane SINCLETUS, Pompei, Casa degli Epigrammi



吾輩は犬なりその名もシンクレトゥスわんこのシンと
()
を呼びたまへ


Io sono un cane, SINCLETUS. Mi chiami cagnolino Sin, per favore!



ちょっとウンチク 「主の犬」と自称する一人の修道士が、ドミニコ会を始めるのは13世紀のことです。

 Dominicans<Domini canes (主の犬)  



ポンペイ展の帰りに、電車から見えた芦屋カトリック教会へ。待降節(クリスマス前の4週間)だったので、まだイエスさまは生まれていませんでした。空っぽの乾草のベッドを羊たちがのぞきこんでいます。



c0345705_15343414.jpg

Catholic Church of Ashiya, on my way home from the exhibition
                
    
(All Rights Reserved)


[PR]
c0345705_14160550.jpg


近鉄電車から京阪電車に乗り継いで、鴨川を目指しました。途中の駅には歌麿をもじったポスター。三美人が聴いているのは、クリスマス・ソングでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=EHVr--Zw6C0

Changing the trains from Kintetsu to Keihan Railway, snowdrop headed to Kamo-gawa River. At a transfer station she saw a parody of Utamaro! Are the three beauties in this poster listening to a Christmas song? Please keep the volume of the headphones low on the train!


c0345705_14281504.jpg


七条大橋に出ると、つい京都国立博物館へ足が向いてしまいますが、今日は川に沿って歩いてゆきましょう。この橋は、鴨川にかかる現存最古の橋だそうです。

She always goes from Shichijo-ohashi Bridge to Kyoto National Museum, but she began to walk along Kamo-gawa River, because she had already visited Chishakuin Temple the other day. This bridge is said to be the oldest one in existance on Kamo-gawa River.



c0345705_14453174.jpg



擬宝珠がずらりと並ぶこちらの橋は、牛若丸と弁慶が出会ったという五条大橋。柳腰の少年義経は、橋の欄干を蝶のように飛び回り、弁慶を幻惑しました。

This bridge with the ornamental caps is Gojo-ohashi Bridge where Benkei and Ushiwakamaru (childhood name of MINAMOTO no Yoshitsune, the lover of Lady Shizuga) met in the Heian period. Young Yoshitsune was a boy with a willowy figure.


c0345705_04395805.jpg

『文楽 人形のこころ―河原久雄写真集』より * young Yoshitsune (牛若丸)



風変わりな建物が川の左手に見えてきました。ヴォーリズが設計した北京料理店、東華菜館です。銀杏ふる中庭のある神戸女学院キャンパスを設計したのも、彼でした。

An exotic building is on the left side of the river. This is a
Beijing cuisine restaurant designed by William Merrell Vories (1880-1964).


c0345705_16052487.jpg



今日は玄関のタコさんにご挨拶だけして、散歩を続けましょう。

Only greeting the octopuses at the entrance, she continued walking that day.



c0345705_15112177.jpg


四条大橋を隔て、東華菜館と南座が向き合っています。玉三郎の舞う「日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)」を観たのはここ、南座でした。四条河原でかぶき踊りを始めた出雲阿国も、こんな麗人だったのでしょうか。

Minami-za stands on the other side of the river. Snowdrop had seen BANDO Tamasaburo dance at that theater. Was IZUMO-no-Okuni, the first Kabuki dancer a beauty like Tamasaburo? They say that she often danced on this river beach. While Tamasaburo (actor) plays the female role, Okuni (actress) the male role.

https://en.wikipedia.org/wiki/Minami-za(Minami-za)
https://en.wikipedia.org/wiki/Izumo_no_Okuni(Izumo-no-Okuni)

c0345705_15153885.jpg
東華菜館から、四条大橋の向こうの南座をのぞむ(上)*南座公演プログラム表紙(下)
Shijo-ohashi Bridge and Minami-za ( l'Opéra
en Kyoto?)
c0345705_07225049.jpg



おなじみの三条大橋へ。とはいえ、駸々堂や淳久堂の三条店は無くなってしまい、いまは丸善や十字屋レコード店へ立ち寄るくらいです。

Sanjo-ohashi Bridge is the most familiar bridge for snowdrop, but almost all the bookshops were closed except Maruzen.



c0345705_15204010.jpg



人びとは大橋のうへ鳩たちは橋の下にて冬日を過ぐす


(While people pass their time on the bridge, pigeons under the bridge, on a winter day.)




c0345705_15243836.jpg


この季節は、黄色いあんよの鴨の夫婦もたくさんいます。

In this season, there are many ducks also with ginkgo-leaf-like legs.



Img_2588_800x558_2Img_2598_800x591_3

別の日に、スターバックスのテラスから。広重がこの橋を描いた江戸時代には、スタバは無かったはずですが…ほぼ同じアングルです。


The following photo was taken from a seat on the terrace of Starbucks, which must have not existed in the Edo period when Hiroshige drew the below landscape. Snowdrop and Hiroshige happened to choose almost the same composition nearby Sanjo-ohashi Bridge!


c0345705_15241618.jpg
c0345705_16114195.jpg

東海道五十三次 三条大橋 歌川広重筆 * Sanjo-ohashi Bridge by Hiroshige(wikipedia


鴨川の西側に、高瀬川という小さな運河があります。この流れを行き来していたのが高瀬舟。森鴎外の『高瀬舟』は、安楽死を扱った重厚な短編小説です。


There is Takase-gawa, a shallow ex-canal to the west of Kamo-gawa River. Takase-bune Flatboat used to
transport people or objects. MORI Ogai’s short story Takase-bune is a heavy and deep work dealing with the euthanasia.
https://en.wikipedia.org/wiki/Takasebune (Takase-bune)



c0345705_15383898.jpg



三条小橋に佇むと、あら、あんなところに楽しげな鶏のエクステリアが…カフェの裏庭でしょうか。

When snowdrop stood on Sanjo-kobashi Bridge, she found cheerful cocks at the riverside. Is this a rear garden of a cafe?



c0345705_15460732.jpg


インテリアはすっかり待降節モードです。

Here we are in the middle of Advent ★ ★ ★


c0345705_15524853.jpg



丹波の黒豆のタルトは、和洋折衷の味わい。窓辺にはまぼろしの雪。

Let's order a piece of tart of Tamba Black Soybean, half‐Japanese, half‐Western tastes ● ● ● 
By the window, the snow (fake) has begun to fall ***
 



c0345705_15510778.jpg



近くの花屋さんには、シクラメンや赤い姫りんご、いい色に乾いた紫陽花などが並んでいました。

There were red crabapples, dried hydrangeas, and several pots of cyclamen in a flower shop near the cafe. 🍎 🍎


c0345705_15571631.jpg


p.s. おうちの庭の万両が姫りんごみたい、と家族が言うので、パチリ。

Coralberries in our garden are just like crabapples, aren't they? 
🍎


c0345705_10154162.jpg

(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_13400559.jpg



うなぎの寝床と称される京の町家、その一軒に足を踏み入れると、主(あるじ)が「巴里庭」と呼んでいた庭が隠れていました。ここは並河靖之七宝記念館。近代七宝の作家、並河靖之(1845-1927)の元住居兼アトリエです。

Une machiya, une maison en bois typique des centres-villes japonais, notamment à Kyoto, elle cache un jardin que le maître appelait Paris-Jardin. Ici, c’est Namikawa Cloisonné Museum, la musée qui était jadis la maison et atelier de NAMIKAWA Yasuyuki (1845–1927), un artiste d’ émail.



c0345705_13424798.jpg



でも、この和風庭園がなぜ「巴里庭」なのでしょう。並河靖之は生涯で12回万博に参加しました。うち3回のパリ万博で並河七宝は即刻完売、その収益で造られたから「巴里庭」なのです。設計したのは隣家の造園家、七代目小川治兵衛。琵琶湖疎水の水を引きこんだ南禅寺界隈別荘群の庭園や、平安神宮神苑で知られます。おや、庭の蛙が何か言いたげですね。ここからは彼に案内してもらいましょう。


Mais pourquoi est ce jardin japonais Paris-Jardin? NAMIKAWA Yasuyuki participa à
Expositions universelles douze fois, et à celles de Paris trois fois, où tous ses ouvrages se vendirent. Il consacra les bénéfices à la reconstruction de sa maison et la production du jardin. L’ architecte fut OGAWA Jihei VII (1860-1933), qui est connu par quelques jardins de l’ eau du canal du lac Biwa. Ah ! Une grenouille coasse, elle veut vous servir de guide !


c0345705_13434102.jpg


この庭が作られた時はにぎやかどしたなあ。お屋敷の新築も同時進行してましたから、槌音やら地面を掘る音やらが、一日中響いてました。その合間に、おっとりした施主はんの声。
「昔ながらの数寄屋建てやったら、外国のお客はんが鴨居に頭をぶつけてしまう、何とかならへんか」
パリ万博の出品作が好評を博してから、ここへ注文に来はる外国の方も増えましたよって…なんで蛙の分際でパリ万博なんか知ってるんかって?わては井の中の蛙ならぬ、京の蛙どすえ!この庭ができて数年後の1900年、竹内栖鳳いう京の画家はんは、自らパリ万博へ乗りこまはったとか。


Il était animé et bruyant pendant que ce jardin était en construction. Les uns pelletaient le sol ici, d’ autres clouait des planches là. La maison aussi était en reconstruction. J’ écoutait de temps en temps le voix du maître,
“La machiya traditionelle serait trop étroite pour un grand étranger. N’ avez-vous pas d’ idée?”

Oui, cette maison avait plus de clients étrangers depuis Expositions universelles de Paris! Vous questionnez pourquoi une grenouille sait Expo? Parce que je suis celle en Kyoto! Un peintre de cette ville TAKEUCHI Seiho a visité Expo 1900 à Paris, quelques ans après la construction de ce jardin!


Img_2247_800x600
c0345705_13525942.jpg
竹内栖鳳「緑池」*Green Pond by Seiho (c.1927)


目玉はなんと言うても、治兵衛さん十八番の琵琶湖疎水の引きこみどす。この庭の水は、でも、ただの飾りと違います。ここは七宝工房、七宝を研磨するのに、きれいな水がぎょうさん要りましてん。これぞ職住一体いうもんどすなあ。


L’ architecte OGAWA Jihei a entraîné de l’eau du canal du lac Biwa dans le jardin ! Mais cet étang n’ est pas purement décoratif ! L’ atelier de l' émail a besoin de l’eau pour polissage. C’ est un vrais living and working at the same location”!



c0345705_13551439.jpg

c0345705_14044096.jpg


ご主人が心を配ったかいあって、このお屋敷は外国のお客はんにも大好評どした。モダンなガラス障子から差しこむ光のなか、洋間のテーブルで、あるいは縁側で、色とりどりの七宝を細かいとこまでじっくり鑑賞できます。

Grâce à la considération du maître, cette maison a gagné la faveur auprès des clients étrangers. Un des clients l' a appelée "Petit Paradis"! Dans la salle d’ accueil remplie de la lumière à travers les shoji en verre, ou à la véranda en bois, on pouvait observer l’ émail minutieux.



c0345705_14061899.jpg



「小さな楽園」にいらしたお客はんを、ご主人は手ずからの煎茶でもてなしました。うすみどりのお茶が七宝の茶器のなかで、ええ香りの湯気を立ててましたわ。夏から秋の初めには、そこに蚊取り線香の煙がまざったもんどす。「オオ、アレは、カメ?」「本物と違いますえ。石の亀が、ひねもす甲羅干ししてるんどす」^^


Le
maître servait du thé soi-même au Petit Paradis. Le sencha (thé infusé) vert embaumait dans des tasses en émail. L’ odeur d’ encens anti-moustique se mélangait de l’ été au début de l’ automne. Oh, c’ est une tortue ?” “Pas de vraie tortue. Celle en pierre prend un bain de soleil toute la journée ^^


c0345705_14083286.jpg
Pig-shaped mosquito coil holder (Il ne fume pas!)



線香と木犀の香をこきまぜて京の町家の秋あたたかし



c0345705_14081084.jpg


1900年のパリ万博で銀賞を貰うた花瓶は、もう下画しか残ってまへんけど…それに似た物やったらここで見られますえ。花瓶の肩の丸みを生かして、滝のように藤が流れています。曲面は平面より難しい分、腕の見せ所やとか。下絵をもとに金属線を植線し、その区切りのなかにガラス釉を差し、焼きつけ、水をかけて研磨し…気ぃの遠くなるような工程どすなあ。


La vase couronn
é à Expo 1900 à Paris, elle se vendit mais vous pouvez voir celle semblable ici. C’ est comme la treille de glycine en émail ! Il est difficile de cerner le contour des motifs avec une mince bandelette métallique soudée sur le champ du métal et de remplir les intérieurs des contours, surtout sur une surface incurvée. On le cuit et ponce en versant de l'eau. Cela prend du temps !



c0345705_14121125.jpg


香炉とか、煙草入れとか、小品にも技の粋が詰まってます。人気の高いのが紫陽花と蝶をあしらったお皿。秋やというのに、絵葉書が売り切れてました。お隣の花野の壺も結構なお品で…どうどす、ひとつお土産に…。


Des petit ouvrages comme un brûle-parfum ou un tabatière, ils aussi prennent la meilleure de la technique
. Vous voulez l'un ou l'autre? Une carte postale de cette assiette avec le motif d' hortensia est la plus populaire même en automne!



c0345705_14130015.jpg


七宝の(たくみ)の巴里庭見しのちはパリ万博の本を探さむ


Après voir Paris-Jardin d’un artiste d’ émail, je vais chercher un livre sur Exposition universelle de Paris.




Img_2259_800x678
京都府立図書館(Kyoto Prefectural Library)

参考文献 :武藤由佳里「並河靖之と万国博覧会」(『万国博覧会と人間の歴史』思文閣出版)

(All Rights Reserved)



お庭にご興味のある方は、よろしければこちらもどうぞ。今週は庭園ウィークです(*^^*)





[PR]

c0345705_13521352.jpg



星のような楓もみじが、星屑のような青苔の上にひとひら落ちた。

A red star-like maple leave has fallen on the stardust-like green mosses.


c0345705_13542759.jpg


「影」も「光」も、「ひかり」と「かげ」の両方に読める。影は光、光は影。「星影のワルツ」という曲があったっけ。

Chinese characters “光” and “影
” mean both “hikari (light)” and “kage (shadow)” in Japanese (specially in the poem). The shadow is the light, and the light is the shadow. Fair is foul, and foul is fair.


c0345705_13562455.jpg


思い出すね。春の襲(かさね)の色を。

Do you remember a pair of colours in the spring?


c0345705_13574795.jpg
c0345705_14530487.jpg



欅(けやき)も、銀杏(いちょう)も、名も知らぬ葉も…散り敷いた葉はそれぞれに美しい。黄落という言の葉を味わう。

Japanese zelkova, Ginkgo biloba, etc, etc.every fallen leave has its own beauty. There is a season word "kouraku (falling yellow)" .



c0345705_14400803.jpg

c0345705_14365677.jpg
c0345705_14014079.jpg



銀杏の葉(をのこ)は袴スカートを穿くのは(をみな)と祖母は示し


(My grandmother showed me the leave of the male plant of ginkgo wears a pair of pants and that of the female a skirt.)


c0345705_15223417.jpg




むかし学校で習った詩を思い出す。こんなしずかな中庭で読み返してみたい。

I remember one poem that I learnt in my schooldays. I want to read it again in a calm courtyard like this.


c0345705_14284847.jpg

奥に小さなクリスマスツリーが …(神戸女学院 2011年)



秋  リルケ 高安国世訳

木の葉が散る、遠いところからのように散る、

どこか空の遥かな園が冬枯れてゆくように。
木の葉は否むような身振りで散ってくる。

そして夜々、重い大地は
星々の間から寂寥の中へ落ちてゆく。

私たちはみな落ちる。ここにあるこの手からも落ちる。
そうして他の人々を見るがいい。落下はすべてにある。

だがこの落下を限りなくおだやかに
その手に受け止めてる一人のひとがある。



Herbst


Die Blätter fallen, fallen wie von weit,
als welkten in den Himmeln ferne Gärten;
sie fallen mit verneinender Gebärde.

Und in den Nächten fällt die schwere Erde
aus allen Sternen in die Einsamkeit.

Wir alle fallen. Diese Hand da fällt.
Und sieh dir andre an: es ist in allen.

Und doch ist Einer, welcher dieses Fallen
unendlich sanft in seinen Händen hält.

Rainer Maria Rilke, 1902, Paris



Autumn     (translation of wikisource)

The leaves fall, fall as from far,
Like distant gardens withered in the heavens;
They fall with slow and lingering descent.


And in the nights the heavy Earth, too, falls
From out the stars into the Solitude.


Thus all doth fall. This hand of mine must fall
And lo! the other one:—it is the law.

But there is One who holds this falling
Infinitely softly in His hands.


c0345705_13530377.jpg



この詩は、
サンタクロースと同じ名の或るドイツ系フランス人への贈りものでもある。

This poem is my little gift for our haribo whose name derives from Saint Nicholas.
(^<) = (^_-)-☆ =  ;-)



Et encore pour notre savant
https://www.youtube.com/watch?v=JVqUdRdiJTk


(All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_13472988.jpg



デコな帽子をかぶっているのは、かつて遣唐使が運んできた唐菓物(からくだもの)。甘くない揚げ菓子のなかに、香り高い餡が隠れています。おやつというより、滋養に富んだ薬という感じです。

What is this with such a decorative hat or Victorian bonnet? This is one of the oldest sweets in Japan that was imported from Tang and Sung. It is like a non-sugar donut containing sweet and fragrant bean jam. It might have been an enrichment rather than a confectionery.



c0345705_13480414.jpg


こんな薬箱みたいなパッケージに収められていました。密教寺院のお供え物だったのですね。

This donut is in this box like a medicine box. It used to be an offering in Shingon or Tendai temples.


c0345705_13483614.jpg



せっかくなので、花手毬のような中国茶を淹れましょう。今日は祝日ですし。


Japanese esoteric Buddhism is based on Chinese one, so that I make us my reserved Chinese flower tea…besides, it is Japanese (Labor) thanksgiving Day today.





明 唐寅 画班姫団扇 軸 (New window)
唐寅「班団扇図」(部分)(国立故宮博物院HP



こんな中国美人にぴったりのお茶の時間です。彼女のもっている円い扇、どこかで見たことがあると思ったら…


I wish I could invite a Chinese beauty to our teatime! She would join us with a round fan in this painting, which I have seen before somewhere


c0345705_10130770.jpg


きれいに色づいた南京櫨(なんきんはぜ)の葉でした。時雨に濡れているのは、コペンハーゲンで見つけたブローチです。こちらは山蕗(つわぶき)の葉っぱかもしれません。

Ah, yesI remember the round leaves of Chinese tallow! The middle one with a raindrop is my brooch that I found in Copenhagen.



c0345705_13543121.jpg



安土桃山時代には、南蛮菓子も日本に伝わりました。カステラ、ボーロ、金平糖…。花のかたちの蕎麦ボーロ、円いのは型で抜いた花芯部分ですね。

Western-style confectionery were introduced during the Azuchi-Momoyama period (1573-1603). Spanish and Portuguese missionaries have brought the castella (Spanish cake), confeito (Portuguese candy), bolo (Portuguese small round cookie), etc. Japanese bolo is in the shape of a flower, and round one is from its center ― economic!



c0345705_13534055.jpg


カステラのもとになったのは、スペインやポルトガル、イタリアの黄金のパン(パンデロー)です。修道院でさかんに造られていたワイン、その澱を取るのに卵白を使ったため、たくさんの卵黄が残りました。それを活用して、シスターが金色のお菓子を焼いたとか。


The castella is a kind of
Pão-de-ló (Pão de Castela) . In the convent they have made the wine since the middle ages, and used the white of an egg to remove the lees. The nuns made good use of yellow of an egg to make cakes, for example, the pandoro.



c0345705_09545937.jpg
2015年の待降節


日本に来た宣教師たちも、ふるさとで黄金のパンを食べていたのでしょうか。もうすぐアドベント(待降節)、クリスマスを待つ四週間の始まりです。この時期、パンデローには雪のような粉砂糖が振りかけられます。

Probably the missionaries in Japan would eat the pandoro in their homelands. Advent is coming soon. They dust snowy sugar on this cake during this period.




c0345705_10421462.jpg

南蛮屏風(南蛮文化館)『南蛮とキリシタンの美術』堺市博物館*円くて白いのが聖餅
Namban Screen (17c.) representing Namban Church in Japan



ジパングの南蛮寺で聖餅を手に神父(パードレ)はパンデロー()


(In a Christian church built in the Azuchi-Momoyama period, a padre might miss the pandoro with a hostia in his hand.)




c0345705_09531673.jpg
ナンキンハゼ Chinese tallow


All Rights Reserved







[PR]

c0345705_09553065.jpg



旅茶碗をもって日帰りの旅に出よう。小さなお重には金平糖とお干菓子。桜もみじを愛でながら、野点なんかどうだろう。


Let’s go on a day trip with a travel cup! How about an open-air teaceremony viewing scarlet cherry leaves?



c0345705_14065613.jpg
c0345705_15254001.jpg




染井吉野は上向き、枝垂れ桜は下向きの枝ぶり。あたりまえだけど。


The branches of Yoshino cherry turn upward, those of the weeping cherry downward.




c0345705_13501281.jpg



空の青みづのあをにも冴えかへる桜もみぢを知るひとぞ知る


(Les feuilles rougies de cerisiers brillent au bleu du ciel et de l’ eau, que sait ce qui aime la beauté des feuilles.)



c0345705_14051114.jpg


 吉野より京奈良のほうが、京都よりも大阪のほうが、桜紅葉は鮮やかだ。日に当たる時間が長くて風が少ないから?
 今年のイギリスは黄葉も紅葉もきれいだと、BBCが言っていた。例年のように冷たい雨風に散らされないからだとか。スーパームーンも見られたし、この秋のロンドンっ子はツイている。

 The scarlet of cherry leaves is morevivid in Osaka than in Kyoto and Nara. Is it because of more sunshine and less windswept?
 
BBC said in October that the British can enjoy not only yellow leaves but red ones this autumn, because they have not been blown around by the cold wind and rain. Colorful leaves, Super moon(it was cloudy in Nara on 14th)…Londoners are in luck this autumn !


c0345705_15315769.jpg


苔の毛氈の上で光と影が戯れている。「木洩れ日」という言葉は、英語やフランス語にないらしい。モネは木洩れ日の美しさを自ら発見したんだろうか。


「春 絵画」の画像検索結果

モネ「本を読む女」* Claude Monet, La Liseuse (pinterest)


Sur le tapis de la mousse la lumière et l’ ombre jouent au chat et à la souris. On dit qu’ il n’ y a pas de mot “komorebi : la lumière fuit à travers les branches et feuilles” en français et anglais. Est-ce que Monet a trouvé la beauté de komorebi par soi-même?



f0374041_16511127.jpg



銀杏(いちょう)の下もぱっと明るくていいね。でも、銀杏(ぎんなん)の実で滑らないように…この中からお干菓子の葉と実を見つけたら、お口に入れてもいいよ
^^


Do you prefer the bright place under a ginkgo? But be careful not to slip on its fruits! If you find dry sweets in the shape of ginkgo’s leaves and fruit in the following figure, you can eat them. ^^




f0374041_16533737.jpg



しましまの帽子を風にさらはれてつるべ落としに団栗ころころ


(Le vent a emporté le chapeau d’ un gland, qui roule comme un seau de puits assimilé à les crépuscules en automne au Japon.


Gland Roulant ♪ ↓


https://www.youtube.com/watch?v=KhYuk3QmPy4 (Bonus)



遠き日の銀杏の大樹をなつかしみ友をさそひて池のほとりへ


En ayant la nostalgie d’ un ginkgo que j’ aimait dans ma jeunesse, j’ ai invité une amie au bord de l’ étang.



c0345705_16473419.jpg


(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_10025695.jpg



楓と書いて、「ふう」と読む木があることを知りました。そよ風が吹くと、丸い実がふわふわ揺れて、モビールのようです。


On dit qu' il y a l' arbre “ Altingiaceae : +” , dont le nom comporte le vent. Ses fruits frémissent au vent comme des mobiles.



(ふう)といふ木に ふはふはと まろき実は 秋風を呼ぶ
モビールのやう




f0374041_16285601.jpg



こちらは三角葉楓(さんかくばふう)、または加茂楓(かもかえで)。三つ葉が三つ色づきました。


Voici Altingiaceae à trois feuilles. Trois des trois-feuilles jaunissent!



c0345705_16060977.jpg


いっぽう、紅葉楓(もみじばふう)は楓(かえで)とおなじ五つ葉です。楓(かえで)より一足早く、紅く染まりました。


Voilà Liquidambar styraciflua à cinq feuilles comme celles de l’ érable. Celles-là rougissent un peu avant celles-ci.



f0374041_16300802.jpg


日当りのいいてっぺんから色づいていく楓(ふう)。赤い帽子をかぶった姉妹のようです。


Altingiaceae rougissent des sommets ensoleillés. Elles semblent être des sœurs grandes à chapeaux rouges.



おそろいの赤いシャッポンかぶつてる(ふう)の姉妹は背高のつぽ

フウとカエデについて(万葉集遊楽) http://manyuraku.exblog.jp/12061726//


c0345705_06373333.jpg



こちらは欅(けやき)。隣り合わせでもずいぶん色が違います。


Zelkova serrata aux couleurs variées au même lieu.



遠いほどもみぢは赤く見えるから奥へ奥へと散歩はつづく

Because the leaves are always redder on the other side, I continue to walk further and further.



f0374041_16445316.jpg



天と地の間をつなぐように伸びる木。木の影と光が草の上で戯れています。


Des arbres relient le ciel et la terre. L’ ombre et la lumière jouent sur l' herbe. Comment raconter la lumière ?– Une grâce de l’ombre ―Corinne Pluchart



かげと光ころころあそぶ草の上むかし愛した小犬のやうに


Shadow and light play on the grass just like my dog rolling over and over in my childhood.



c0345705_13495981.jpg


今年の立冬は117日でした。銀杏の葉は飛び立つ前の金いろの小鳥のよう。もうすぐ木枯らしが吹くでしょう。

Le premier jour de l’ hiver tombe le 7 novembre cette année. Les feuilles de ginkgo sont comme des oiseaux dorés qui attendent leur volées. Il souffra un vent sec et froid bientôt.




f0374041_07270434.jpg

イチョウの葉とギンナンの実の和菓子


母おくり初めて聴きし千の風あらたな出会ひを指で
数へつつ


( I heard Thousand Winds for the first time since I had lost my mother, while counting new encounters on my fingers.)



All Rights Reserved



「千の風になって」(Thousand Winds)










[PR]
c0345705_07473042.jpg
「百鬼夜行絵巻」大徳寺真珠庵(16世紀)『大妖怪展』図録より
c0345705_07461307.jpg



まだハロウィーンの仮装行列?いいえ、これは室町時代に描かれた百鬼夜行絵巻です。妖怪や付喪神(古い器物が変じたもの)が真夜中の都大路を練り歩いています。琵琶、琴、沓、鍋、五徳…


Halloween parade still has continued in Japan? Oh no, this is Night Parade of a Hundred Demons painted in the sixteenth century (Shinjuan Subtemple of Daitoku-ji Temple).
Various demons including household objects transformed such as a biwa-lute, shoes, pots, trivets, etc. are walking on the main street at midnight.


c0345705_07481292.jpg



超名画ながらマジ怖い幽霊や地獄絵も多い「大妖怪展」、図録は見送るつもりでしたが…なんてポップな装丁
! いま流行りの妖怪の漫画と並べても、ぜんぜん違和感がありません。


Though I was hesitating to buy the catalogue of this exhibition because of not a few paintings of the hell and hair-raising ghosts, I was charmed by the poppy book design! The right one is a recent manga on the monsters including Satan, Beelzebub,etc.(Hozuki's Coolheadedness )
https://www.youtube.com/watch?v=NeYQOpMCt2k(むかし流行りの「ゲゲゲの鬼太郎」*old manga-cartoon)
https://www.youtube.com/watch?v=juOgGSNn_dA (新バージョン*newer vergion)

c0345705_07583709.jpg



美術館の上には日本一の展望台、ハルカス
300があります。空飛ぶ天狗の気分を味わいたくて昇ってみると…ハロウィーンの帽子をかぶったのっぺらぼうの家族が記念撮影していました。


The museum and Abeno HARUKAS Observatory are in the same building. From the observatory, you can enjoy the visual field of a long‐nosed goblin flying at 300 meters above ground (the tallest building in Japan). An unfaced Addams Family with Halloween huts were photographed in commemoration.



c0345705_08033253.jpg



はるかに青い海と六甲山が見えます。河口の近くに赤や白の橋が輝いています。近くに視線を移すと、ビルの谷間のなかに大阪城が…


Look! The blue sea and Rokko Mountains in the distance! Around
an estuary, a red bridge and white bridge are shining. In front, you recognize Osaka Castle in a valley between tall buildings, on a green belt.              ↓



c0345705_08080444.jpg


大坂城を取り囲む夏の陣の陣構えが一望できます。ビルの森つはものどもが夢の跡。


You command the panorama surrounding the castle, where the summer campaign of the siege of Osaka took place (1615). " The woods of tall buildings ― The aftermath of brave soldiers' dreams. " (my parody of Basho)


c0345705_08041782.jpg
c0345705_08044658.jpg
「ほろ 母衣 合戦 」の画像検索結果

母衣ほろ)Awning of Samurai warrior* https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%8D%E8%A1%A3

母衣ほろ)のような雲と生駒山*Clouds like awnings of Samurai and Mount Ikoma

c0345705_08101405.jpg

c0345705_08112402.jpg


生駒山は母衣(ほろ)のような雲をしたがえ、二上山と吉野山は青く霞んでいます。

Mount Ikoma was accompanied by floccus like awnings of samurai warriors (upper fig.). The blue mountains (Mt. Futakami and Yoshino) are misted (lower fig.).


c0345705_17563032.jpg



忍者?いえ、吹き抜けで階下はカフェなんです。さあ、雲の向こうの奈良へ帰って、お化けパンとかぼちゃパイでおやつにしましょう。お皿のトトロも妖怪の一種でしたっけ。

Ninja (highly-trained spies)? No, here is a restaurant area built in wellhole style. Now I go back to Nara behind the clouds and eat a loaf of bread in the shape of a ghost and a laughing pumpkin pie!


↓  Totoro (Studio Ghibli)

Img_2326_800x444_3

わが庭には真昼から妖怪が出没?


Beelzebubs in our garden in broad daylight?



Img_0005_640x520_4Img_0001_640x480

なんかようかい?


蟷螂(たうらう)の小さき斧と笑ふなかれ身を投げうてば戦車も止まるを

Do not laugh at the ax of mantis as what is courageous but doomed resistance! When a small man throws himself in front of a heavy tank, he can stop it.



c0345705_06501896.jpg

デジャ・ヴ?(déjà-vu?) どこかで見たポーズですが…

a0332314_07302423.jpg

酒井抱一「四季花鳥図巻」より(部分)
Flowers and Birds in Four Seasons painted by Sakai Hoitsu (mantis and chrysanthemum, detail)

(All Rights Reserved)



[PR]

c0345705_18293620.jpg



クリスマス・イブにクリスマスが続くように、ハロウィーンにはハローマスが続きます。
111日は万聖節(諸聖人の日)、2日は万霊節(死者の日)で、キリスト教圏ではこの時期、お墓参りをします。聖人といえば、今年はマザー・テレサが列聖されました。


While Christmas Eve is the preceding day (night) of Christmas Day, Halloween is that of Hallowmas, i.e., All Saints' Day (November 1th. The 2th is All Souls' Day). In Christian nations, many families visit graves in this period. Speaking of the Saint, Mother Teresa was canonized in 2016.



a0332314_17374266.jpg



11月初めに大徳寺という禅寺を訪ねました。ここは戦国武将ゆかりの塔頭が多いことでも知られています。九州のキリシタン大名、大友宗麟が創建した瑞峯院へ。中庭にはキリシタン灯篭を中心に、重森三玲が設計した庭があります。


Snowdrop visited a Zen Temple, Daitoku-ji in this period. There are many subtemples of warlords in the wide precincts. Zuihoin was open from early morning. This subtemple was founded by a warlord OTOMO Sorin (1530-1587), a Christian feudal lord in Kyushu. In the courtyard you find a Christian lantern, that hides an image of the Virgin Mary in the ground (made after Persecution of Christians in Japan).



c0345705_18185504.jpg


この灯篭の地中部分に、マリア像が隠されているのだとか。閑眠庭という禅庭は七個の石組からなり、縦に四個、横に三個の石が十字架を表しています。

Surrounding this stone lantern, SHIGEMORI Mirei (1896-1975) designed the zen gardens. Seven stones in Kanmi-tei (peaceful sleep) Garden symbolize the cross (c.f. seven stones and seven chrisanthemum-shaped dry candies in following two figs.).



c0345705_18194480.jpg
閑眠庭の石組分かりにくければ、菊のお干菓子による図解をどうぞ。
c0345705_18325339.jpg


独坐庭も禅の庭で、蓬莱山に打ち寄せる荒波が表されています。石橋の向こう、茶室の前では入り海となり、茶事にふさわしい静けさを見せます。禅に、キリスト教に、心の平安を求め続けた戦国大名の心を推しはかるような設計です。


Dokuza-tei (Sitting Alone) is also a zen garden, which represents the high waves dashing against Mount Horai-san. Beyond a small stone bridge, the waves become calm in front of the tea room, because the tea ceremony needs the tranquility. This design has an insight into the soul of a warlord who sought for the peace of mind to become a believer of Zen, and then of Christianity.



c0345705_18235578.jpg
茶室*Tea room
c0345705_18225232.jpg
独坐庭の蓬莱山*Mount Horai-san


大徳寺には茶道の祖、千利休の墓もあります(非公開)。彼がこの寺の山門に自らの木像を置いて秀吉への不敬を問われ、切腹に追い込まれたことは有名です。


In this temple, there is a grave of Sen no Rikyu (
1522-1591), the most important master of tea ceremony. He put his portrait statue on the main gate of this temple, which is said to be one of the reasons of his death
(harakiri).




c0345705_18262488.jpg




もののふのごとく逝きたる
茶人(ちゃのひと)柏槇(びゃくしん)の葉は白数珠を()


À un maître de thé japonais qui mourut comme un guerrier, des feuilles d' un genévrier de Chine, elles égrenent un chapelet blanc.



c0345705_18253723.jpg


利休好みの茶室「閑隠席」を聚光院で見ました。天井が低く、三畳の狭い空間に、黒く真っすぐな床柱。利休は、世の中とは隔絶された空間で心を鎮め、茶を喫することを求めました。

I saw a tea room in another subtemple, Jukoin. Rikyu liked a tea room like this, which has the low ceiling, a black straight alcove post, and is only three-mat size. He proposed to calm down in an enclosed space isolated from the world and to concentrate on the tea.


c0345705_18272294.jpg
閑隠席(postcard)聚光院は利休の菩提寺


濃茶の回し飲みはキリスト教の聖餐式(ワイン)に由来するとも言われます。利休はどこかの切支丹寺で、親密な静謐さに触れ、憧れたのでしょうか。

Drinking in turn from one cup of thick tea is said to come from the manners of the
sacramental wine. Did Rikyu see Holy Communion in a Christian church in Azuchi or somewhere and admire the intimate and peaceful atmosphere?



c0345705_10421462.jpg

南蛮屏風(南蛮文化館)『南蛮とキリシタンの美術』堺市博物館*ワインの杯や円い聖餅がみえる
Namban Screen (17c.) representing Namban Church in Japan 



大友宗麟も、千利休も、戦(いくさ)の世にあって、静けさと平安を求めずにはいられなかったのかもしれません。仏教には僧兵、キリスト教には十字軍と、戦と縁が切れないのが人の性なのですが…

Both Otomo Sorin and Rikyu, who were aesthetic persons, might have desired the peace and serenity in the turbulent times. But the religion is not always the sanctuary from the war, you know, there were monk soldiers in some Japanese temples and the religious wars by Christian churches.
 


c0345705_18285888.jpg


茶人(ちゃのひと)の血汐のいろを忘れずに今年も咲ける杜鵑(ホトトギス)の花


En se rappelant du couleur de sangue d’ un maître de thé japonais, les tricyrtis sont épanouis cet automne aussi.





c0345705_18173097.jpg








縁側の木目と日向ぼこすれば(ワレ)融けゆく禅のみ庭に


Quand je me réchauffe au soleil avec des veines de bois d’un véranda, le moi est fondu à un jardin du zen.



c0345705_18245313.jpg

保護色?(l’ homochromie?


狩野松栄・永徳父子の障壁画についてはまたいつかお話しましょう。

I will talk about the paintings by KANO Eitoku and his father Shoei some day.

c0345705_16073694.jpg


All Rights Reserved








[PR]
c0345705_08422665.jpg


明日はハロウィーン。10月に入ってから、お店にはか
ぼちゃのお菓子、かぼちゃのパン、かぼちゃのおかずが並んでいます。かぼちゃ好きのsnowdropがよくこさえるスープ、今日は三日月を浮かべました。

Tomorrow is Happy Holloween. Snowdrop has been excited because she loves the pumpkin! You can enjoy the various pumpkin dishes and sweets during about one month in Japan. Why don’t you order the above array of pumpkin-centric dishes! Do you find my crescent?


Img_2099_800x600ドイツの魔女人形 * Hexe von Wernigerode


たった三個のクッキーでもお洒落なパッケージに入っているのが日本風です。ティッシュの箱までハロウィーン・デザイン!二枚目の写真の黒リボンは、コウモリの翼でしょうか。


In Japan, even only three cookies are in a chic paper box. A tissue box also is of Halloween design! (1st fig.)
Does this black ribbon represent a bat's wings? (2nd fig.)



c0345705_14093760.jpg
柿くへば鐘が鳴るなり…
c0345705_14123924.jpg
現行犯(Red-billed!)


Tricks or Treats
(ごちそうするか、いたずらか)! わが家の木守り柿、今年もヒヨドリにごちそうしましょう。黒茶色のヒヨドリは英語でbrown-eared bubulといいます。Bulbulはペルシア語でウグイスです。


Tricks or Treats This autumn also we treat to kaki for birds such as brown-eared bulbul. Bulbul means the nightingale or bush warbler in Persian.



c0345705_21111248.jpg
http://www.narahaku.go.jp/english/exhibition/2016toku/shosoin/2016shosoin_e.html (Nara national Museum)


ハロウィーンのころ開かれるのが正倉院展。今年の目玉は漆胡瓶、鳥の頭を頂く水瓶です。この形はササン朝ペルシアで、ついで中国で流行しました。正倉院の漆胡瓶は唐から伝わった舶来品ともいわれます。ペルシアらしい華麗な形に、黒と銀の中国らしい渋い色彩。二つの文化が美しく融け合っています。天平人のため息が聞こえてきそうです。


The Annual Exhibitionof Shōsō-in Treasures is held in this season. One of the most famous treasures this year is Persian Style Lacquer Ewer (upper fig, right). The bird-shaped vessels were popular in Sasanian Empire and Tang Dynasty. This ewer in Shōsō-in is said to be imported from China. Persian exotic shape and Chinese sophisticated black-silver colour
two cultures are merged in this ewer. Japanese nobles in Nara period should have been enchanted with this beauty.


c0345705_21161827.jpg



黒地に銀平脱の文様をよく見ると、草花や蝶、鹿や羚羊、羊などがちりばめられています。まるでモノクロームのペルシア絨毯のよう。砂漠の国ペルシアには、花野原に鳥獣が憩うオアシスを、天国として表す伝統があります。

Observing the silver-sheets’ pattern on black-lacquer ground, you find the shapes of animals, birds, insects, and plants. Just like a black and white Persian carpet! A desert country Persia traditionally expresses Paradise as the oasis full of the flora and fauna.



「khosrow and shirin」の画像検索結果



恋うたを(かな)る胡弓と()(へい)(ざけ)いづれに酔はむうるはしの野で


The love song by Persian fiddle or the wine in Persian ewer, which of them will intoxicate me in this heavenly field?



酌人(サーキー)(のんど)を鳴らしつつ()媚薬


Is the wine gurgled out of the cock-shaped ewer by a saki : ساقی
a philter?



「khosrow and shirin wine」の画像検索結果


Two Miniatures of Nizami Ganjavi (1141−1209)'s Khosrow and Shirin (wikipedia)



ペルシアの恋物語、『ホスローとシーリーン』の挿絵を二枚ご覧ください。二人が出会ったのは、花咲く野の泉のほとりでした。本文には「雄鶏の形をした酒壺」も出てきます。


Khosrow and Shirin met by a fountain in a field. Another miniature shows you a Persian ewer. The text refers to "a cock-shaped wine pitcher"(Part 21).



c0345705_21230077.jpg
正倉院展リーフレットより



それぞれに翼や尾っぽの角度の違う、赤や青の小鳥たち。天平人の佩飾(はいしょく)、今でいうストラップに用いられていたのでしょうか。こんな可愛い鳥になら、柿でも水でもお酒でも、ごちそうしたくなります。


Two red birds and one blue bird with bachiru decoration. They might have been a portion of ornamental strap of a Tempyo noble. I want to treat for such cute birds to a drink also!



c0345705_21300943.jpg

『大唐長安展』京都文化博物館(1994年)*鳳(鶏)首形の水瓶でしょうか?

Pottery Ewer with Phoenix(Cock)Head made in Tang Dynasty

(All Rights Reserved)





[PR]


c0345705_09560055.jpg

柿もみぢ(1026日は柿の日です)

Persimmon LeaveOctober 26th falls on Persimmon's Day.



これは小さな秋の地図…。緑の水たまりをよけながら径(こみち)をたどれば、街中の金木犀に出会えます。道しるべになるのは、花の杯からあふれる香りです。


Vioci une carte d’ automne de snowdrop…Quand on suit des sentiers en évitant des flaques d’ eau vertes, on peut rencontre des oliviers odorants dans toute la ville. Le fil d’ Ariane est le parfum des coupes florales.



c0345705_10265860.jpg
c0345705_10080599.jpg
金木犀Olivier Odorant


柿もみぢ地図とし香りの細道を踏み迷ひつつ子供に帰る


Une carte de feuille rouge de plaquemine, dont les sentiers odorants je suis en errant à mon enfance.



Img_2241_800x593並河靖之七宝記念館(Namikawa Cloisonne Museum of Kyoto

Img_2287_1024x852_3

わが家のサンルームに本物が…



金木犀は丸く刈りこむことが多いのですが、こんな風に剪定することもあります。石灯籠をかすめる蜻蛉(とんぼ)のようです。


On souvent taille l’ olivier odorant en rond, mais de temps à autre élague comme ça. Une branche paraît une libellule effrôlant une lanterne de jardin en pierre. Voici une libellule qui s' est perdue chez nous ().




Img_0685_800x576

ドビュッシー「音と香りは夕暮れの大気にただよう」*  https://www.youtube.com/watch?v=5z-FTY_QeoM

Debussy- Les sons et les parfums tournent dans l'air du soir


 今年も金木犀が二度ひらきました。年々気温の高くなる地球。澄んだ冷たい風のなかでこの花を探すことは少なくなりつつあります。

 この秋は聴きそびれていた「音と香りは夕暮れの大気に漂う(*)」、晴れた日に弾くことができました。


L’ olivier odorant fleurit deux fois cet année aussi à cause du réchauffement climatique. Un jour de beau temps, j' ai joué ce morceau que je manquait d' écouter cet automne.



c0345705_10033527.jpg



ちょっぴり気取った夕ごはん。金木犀とおなじ色の柿を、薔薇色の生ハムで包んでみました。酔芙蓉に酔いしれて以来、午後の芙蓉の色をしたロゼ・ワインがマイブームです。


J' ai énvelopé des kaki couleur d’ olivier odorant avec des jambons crus rose. Depuis que je me grisai des
Hibiscus mutabilis, le vin rosé est mon favori. Un mariage parfait!



c0345705_09550035.jpg

マグリット「絶対の探求」La recherche de l’ absolu par Magritte



 木の葉はみな、木の姿のミニチュアのよう。そういえば、シュルレアリスムの画家、マグリットにこんな絵があります。

 彼とのコラボレーションをもうひとつ。シュールすぎるでしょうか。


 Tous les feuilles semblent d' être des arbres en miniatures. Est-ce que c’ est une fractale? https://www.ted.com/talks/benoit_mandelbrot_fractals_the_art_of_roughness?language=ja (Mandelbrot in TED) 
Magritte peignit un tableau comme ça.

 Une autre collaboration avec ce peintreun mariage unique, ou trop surréaliste?



c0345705_11041846.jpg
『ルネ・マグリット展』朝日新聞社 (図版2点)

(All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_10093993.jpg

モネ「積みわら」『大原美術館 I 西洋の近代絵画と彫刻』

Meules par Monet, Ohara Museum of Art, Kurashiki (http://www.ohara.or.jp/201001/jp/index.html)

c0345705_10594693.jpg

山辺の道の積みわら * Meules, Yamanobe, Nara2014



収穫後の畑に積まれた藁…モネの「積みわら」は、snowdropが初めての一人旅で訪れた美術館の所蔵品です。日本の田畑でも、積み藁はよく見かけます。


Meules dans un champce tableau de Monet est au musée que snowdropa visité pendant son premier voyage en solitaire. On trouve des meules souvent au champs japonais aussi.



c0345705_10225489.jpg

小さな案山子(左)、中くらいの案山子(中)、大きな案山子(右)明日香 

Petit (gauche), moyen (centre), et grand (droit) epouvantail, Asuka, Nara2008)


c0345705_10164196.jpg
稲架(はさ) Séchoirs à épi de riz en boi, Yamanobe, Nara2014


どーん!…どーん!なんの音?ご安心ください。これは空砲、田畑に群れる雀をおどろかせるための音です。でも雀は利口なので、空砲にも案山子にもすぐ慣れてしまいます。

BOUM ! , BOUM! , quoi boum boum? Ne vous inquiétez pas. C’ est le coup à blanc pour disperser des moineaux sur les rizières et champs. Mais ils sont intelligents et se sont bientôt habitués à la détonation et à des épouvantails. Vilain moineau?


c0345705_10111155.jpg

竹内栖鳳「田家喜雀」Delightful Sparrows and Rural Cottage by Seiho

c0345705_10290271.jpg



 栖鳳の雀は農家の周りで、てんでばらばらに戯れています。こちらは稲架でしょうか?稲架(はさ)とは、
竹や木を組んで、刈った稲穂を挟(はさ)み掛けて乾かす台のことです。
 いっぽう
若冲の雀は、みんな揃ってパレード飛行しているよう。一羽の白が効いています。


Des moineaux paints par Seiho jouent librement autour de fermes ou séchoirs à épi de riz en bambou. Ceux par Jakuchu sont comme les avions monoplans à la parade. Celui blanc rehausse le tableau.


c0345705_17231258.jpg

Autumn Millet and Sparrows by Jakuchu

c0345705_10340635.jpg



田んぼのそばで、赤飯(あかのまま)がひっそり咲いています。葉っぱのお皿にのせれば、おままごとの赤飯(せきはん)になります。今日は柿の葉の上に、お干菓子を並べてみましょう。お宅への手土産(家づと)にもできますから。

Persicaria longiseta est en fleur. Si un enfant le sert sur une feuille, il deviendra riz glutineux cuit avec des haricots rouges de la dînette. Aujourd’hui j’ arrange des confiseries sur une feuille de kaki pour que vous puissiez les rapporter.



c0345705_10362092.jpg




秋の日は柿もみぢ葉でちさき菓子つつみてくれき家づとに

せよと



c0345705_10372247.jpg

雀のかたちのお干菓子も…
Dry sweets in the shape of Moon and Wild geece, ears of rice, kaki, mushroom, and sparrow



snowdropがよく通りかかる孝謙天皇陵の稲田も、収穫の季節を迎えました。夏には水面に逆さ鳥居が映っていましたっけ。


Voici la rizière du mausolée de l’ i
mpératrice Koken cet automne, où on ne voit plus l’ image renversée du torii sur l’ eau au mois de mai.



c0345705_10400457.jpg

秋のみささぎ(上)、夏のみささぎ(下)
Mausoleum in autumn (upper fig.) and in early summer (lower fig.)

a0332314_07395576.jpg


















秋の田の逆さ蟷螂(かまきり)どや顔で

(


)


(In a rice field
an inverted mantis
in triumph)



c0345705_10485003.jpg


















百日草にカマキリ*Zinnia and Mantis


All Rights Reserved





[PR]

c0345705_08261179.jpg
Ce tableau toujours me rappelle Bernadette de F. Jammes.

https://www.youtube.com/watch?v=YcTm0LQCrE0 (フォーレ「夜想曲第4番」* Gabriel Fauré Nocturne no.4, Op.36)



あなたにとって初めての展覧会を覚えていますか。snowdropはメアリー・カサットの個展でした。同じクラスの親友と、それぞれの母親に連れられて…。そのカサットの展覧会がこの秋、京都で開かれています。ひょっとして、35年前に見た絵にも会えるでしょうか。
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2016/416.html(京都国立近代美術館HP)


Do you remember the first exhibition you have visited? For snowdrop, it was Mary Cassatt’s. She and her classmate were brought to a museum in Nara by their mothers. This autumn, the same painter’s exhibition has been held in MoMAK. Could she meet again some of paintings she had seen in 1981? http://www.momak.go.jp/English/ (MoMAK)



c0345705_11104402.jpg 
















カサット「母のキス」*Mother' s Kiss by Cassatt (postcards)

「Raphaël tempi」の画像検索結果

ラファエロ「テンピの聖母」*Tempi Madonna par Raphaël (wikipedia


カサットの油絵のマチエールはなつかしく、そして記憶していたよりも力強く、snowdropに迫りました。けれど今回は、銅版画(ドライポイント)により強く惹かれました。繊細でいて鋼のような力を秘めた、その輪郭線。口づける母の左手は不自然なまでに大きく、赤ん坊の背中をしっかりと支えています。あたたかな母子の情感はルネサンス以来の聖母子の系譜に、誇張された造形はマニエリスムに連なるようです。

The texture (matiere) of Cassatt’ s oil paintings was more rough and powerful than that in my memory. And this time, I was fascinated by her drypoint (aquatint) etchings. Their contour lines are delicate and strong like the steel. The mother’ s left hand is a little too big but holding her child tightly. The heart-warming affection between the mother and child follows the tradition since Renaissance paintings, and the exaggeration the Mannierism ones.


「メアリー カサット 展」の画像検索結果

カサット「眠たい子供を沐浴させる母親」足の長さが誇張されている
Mother About to Wash Her Sleepy Child (with looong legs!) by Cassatt
(wikipedia)

カサット「湯あみ(たらい)」 The Child's Bath by Cassattc0345705_11125295.jpg「浮世絵 入浴 母子」の画像検索結果
「寒泉 歌麿」の画像検索結果

歌麿「母子図(たらい遊び)」「清泉入浴図」Bath painted by Utamaro(google search)

いっぽう、カサットは浮世絵に描かれた庶民の母子にも魅せられていました。「湯あみ(たらい)」の構図は浮世絵風ですが、お湯の温度をたしかめる母親のこまやかな心配りは、カサットならではの描写でしょう。


Cassatt was attracted by the mother and child in Ukiyo-e also. The composition of The Child's Bath is like that of Ukiyo-e, but the maternal
attentiveness to examine the temperature of the hot water is porobably her own description.


c0345705_11141143.jpg

カサット「沐浴する女性」*Woman Bathing by Cassatt1890-91

c0345705_11165982.jpg

Black Hair by ITO Shinsui (c.1947) 『伊東深水』集英社


 浮世絵の伝統は洋の東西でそれぞれに引き継がれ、発展してゆきました。カサットの「沐浴する女性」と伊東深水の「黒髪」の背中は、驚くほどよく似ています。まるで歌麿の茶髪の娘と、黒髪の孫とが、海を隔てて育ったという感じ。
 茶髪の女性のスカートは爽やかな縞柄です。じつは縞柄は、西洋では旅芸人など、アウトローのしるしでした。けれどもカサットの縞柄は、むしろ日本の粋(いき)を連想させます。

You might be surprised that the outlines of the lady’s back are similar to each other in Bathing Woman by Cassatt and in Black Hair by Shinsui. Just like a brown-haired daughter and a black-haired granddaughter of Utamaro’s beauty!

 And this Westerner wears a vertical-striped skirt. The stripes used to be a sign of the derro such as an itinerant entertainer in the West. But Cassatt’s remind us of Japanese stripes as a chic pattern.

c0345705_20573178.jpg

Mother and Child by UEMURA Shoen 『上村松園』集英社 



 こちらは上村松園の「母子」です。きりっとした縞柄の着物に、優しい花柄の簾。松園は息子を生みましたが、絵の制作に忙しい彼女に代わり面倒を見ていたのは、松園の母だったといいます。彼女の描く「母と子」は、実際は「祖母と孫」を写したものでした。

 カサットには子供はいませんでした。彼女が家族や友人をモデルに描いた母子の仕草は、距離をおいてこそ見えてくる、繊細な情愛に満ちています。そういえば、平安の昔に子供の姿を生き生きと描写した清少納言も、子供のない女性でした。


 I would like to show you a mother wearing a vertical-striped kimono painted by UEMURA Shoen. Though Shoen had a son, she was so busy as a painter that she left him in her mother's care. Her Mother and Child was in fact Grandmother and Child.

 Cassatt did not have her own child. And yet her lots of Mother and Child include details that represent very well the mother’s attentiveness, which the mother herself often does not notice. This painter is like the essayist in the Heian period, Sei-Shonagon (c.966-1025), who had no child and all the more depicted children with keen powers of observation.


c0345705_11013121.jpg

「井戸汲水図」扇面法華経冊子(四天王寺)『王朝絵巻と装飾経』講談社
Mother and Child by Well painted in a Lotus Sutra Booklet on a Fan (12c.)



うつくしきもの(…)二つ三つばかりなるちごの、急ぎてはひくる道に、いと小さきちりのありけるを目ざとに見つけて、いとをかしげなる指にとらへて、大人などに見せたる。いとうつくし。

(…)八つ、九つ、十ばかりなどの男児の、声はをさなげにて書読みたる、いとうつくし。(…)清少納言『枕草子』第151

What is charming (…) a child around two or three years old, while crawling in a hurry, it finds a small dust or something, catches it between its small fingers, and shows it to an adult. (…) a boy around eight, nine, or ten reads a book with childish voice (…) 
Sei-Shonagon's Pillow Book, Chapter151, translation of snowdrop



c0345705_08362544.jpg

カサット「孫に本を読み聞かせる祖母」(1981年に展示された作品)
Grandmother reading to Children by Cassatt (exhibited in 1981)(pinterest)



晩年の松園におもざしの似た祖母は本好きで、孫のねだる伊東深水の大型画集を買ってくれました。祖母の住む土地を離れ、引っ越した先の奈良で見た油絵の展覧会。とりわけ心に残っているのは、孫に本を読み聞かせる祖母の肖像です。


My grandmother (similar to Shoen) loved books and she bought a picture book of Shinsui responding to her granddaughter's request. Soon my family left the hometown where my grandmother lived, and moved to Nara, where I visited the exhibition of Mary Cassatt. Grandmother reading to Children was one of the most impressive paintings for me.


「いわさきちひろ 赤ちゃん」の画像検索結果

   安曇野ちひろ美術館HP*Baby after Bathing by Chihiro


 

 最後に、いわさきちひろの赤ちゃんをどうぞ。ちひろは息子を自分の手で育てながらスケッチしました。その絵は、赤ちゃんの手がきゅっとこちらの指を握り返してくる握力まで描き出しています。
 カサットのように友人の子供たちを見ていると、snowdropにも色んな発見があります。そして、自分でも驚くほど愛しさがこみあげてくることもしばしばです。あの日、いっしょにカサットの絵を眺めた友は、ちひろのウェディングカードをsnowdropから贈られ、やがて母となりました。
https://www.youtube.com/watch?v=V4aJMa-Livo  (カーペンターズ「遥かなる影」 * We loved Carpenter's LP.)

 Finally, I would like to show you IWASAKI Chihiro’s paintings. She had a son and sketched him while taking care of him. Her paintings represent even the grasping power of a baby when you stretch out your finger to his/her hand.

 Snowdrop likes observing her friends’ children and often feels surprisingly deep mother-like love. A friend who saw Cassatt' s paintings together and loved Chihiro' s illustrations has become a mother.
https://www.youtube.com/watch?v=gUj72XU_iV8 (Sweet and low by Tennyson)

いわさきちひろ 水仙のある母子像 1972年

ちひろ美術館東京HP*Mother and Child with Narcissus



母とその母とが愛でし白き花なにとも知らずわらべは愛でき


Les fleurs blanches que la mère et la grand-mère aimaient, que la bébé aussi aimait sans le savoir.



Img_0916_1024x950


(All Rights Reserved)


Je te remercie, Grillon * 
http://doudou.gheerbrant.com/?cat=28







[PR]

c0345705_07190977.jpg

日本の遣唐使船復元模型Model of Ship of Envoy to the Tang『大唐長安展』


熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな
 額田王
『萬葉集』巻一8

When we have waitedfor the moon at Nikitatsu harvor, not only the moon but the tide have risen,now lets put out to the sea! (Nukata-no-Okimi Manyo-shuI-8 translation of snowdrop

「みささぎ吟行帖」で、額田王の歌をご紹介しました。けれども、夜の船出に危険はなかったのでしょうか。遣唐使船のような大きな船もなかった時代に…そう思っていたら、万葉文化館(明日香)で『夜の船出』という本を見つけました。ホメロスの『オデュッセイア』にも、夜の潮風を待って船出する場面があるのだそうです。地中海も瀬戸内海も、難所とされる多島海。たとえ暗闇でも、陸風を逃してはなりません。古代のギリシアと日本が、意外なところでつながりました

Snowdrop introduced Nukata’s poem in Ginko-hiking. Wasn’t it dangerous to sail out in the darkness in the time there was no ship of Envoy to the Sui or Tang? Soon she found a book titled Departure of Ship in the Night at a library in Aska, Nara. According to this book, Homer' s Odyssey refers to the departures of ships in the night. Both the Mediterranean and the Inland Sea Seto are the archipelagos, where one should not miss the favorable wind even in the darkness. The ancient Greek and the ancient Japan have linked at an unexpected point!



c0345705_07232350.jpg

オデュッセウスの船*Odysseus’ Ship(『ギリシア神話』朝日新聞社)


「陽は落ちて道はすべて陰になった。わたしたちは急いで進み、フェニキア人の速い船がとまっている名高い港に着いた。すると、彼らは船に乗り組み、わたしたち二人を乗せ、海原の道を渡って進むと、ゼウスは追い風を送られた」(ホメロス『オデュッセイア』第15歌、高津春繁訳)

δύσετό τ έλιος,   σκιόωντό τε πσαι ἀγυιαί:
μες  δ ς   λιμένα   κλυτν  λθομεν  κα   κιόντες,
νθ  ρα   Φοινίκων νδρν ν  κύαλος νης.
ο μν  πειτ   ναβάντες   πέπλεον   γρ  κέλευθα,
ν  ναβησάμενοι:   π  δ  Ζες  ορον  αλλεν.
   ―Homer, Odyssey 15- 471~475




言の葉の海へ漕ぎ出す方舟は国さまざまの頼もしき辞書


My ark is the dictionaries of various languages rowing far out to the sea of the words.


pinterest「frases positivas de motivacion」の画像検索結果

c0345705_07265724.jpg












稲の海
枝豆 Rice field like the sea and green soybeans https://fr.wikipedia.org/wiki/Edamame