f0374041_14501535.jpg

            むらもみぢ(2016年)


 いっぽう彼女は、薄雲がたちこめるような憂いを感じることが多くなった。しだいに二つの咬み傷が浅くなり、赤い腫れが薄れてゆくのを見れば、喜ばしいはずなのに寂しい。都に戻ったら何をしようという女官どうしのおしゃべりに耳をふさぎたくなる。そんな自分に皇女は戸惑った。

わたくしはもともと神館(こうだて)での一泊が好きであった。それが今年は毎朝、頻(しば)鳴く鵯(ひよどり)や雀の声を聞き分け、昼は雉や小綬鶏の叫びに驚き、夕べには蛙の合唱に聞き入ることができる。まるで草を枕に旅をしているようだ。なのに、わたくしの紙には四十雀の聞きなしも、蛙の声の高低も記されていない。ただ、わずかな言葉をつなぎ合わせた歌のかけらが散らばっているばかり。
十日目の夜、いつもより遅い時刻に男が訪れた。
「まれにこの時期、赤い尿(ゆまり)が出て容体が急変することがございます。今夜はおそばに侍らせて頂きますが、お気づかいなきよう」
男はいつものように、式子の手を取った。浮腫はさらに引き、手の甲と指の関節に膨らみが残るだけである。中指の付け根が、蚊に刺された痕のようにほんのりと赤い。彼はふとその手を、初めて見るもののように見つめた。
― このように小さな手を見るのは初めてだ…十三くらいの童でも、これよりふっくらした大きな手をしている。なんと細い指…扇と筆と箸しか執ったことのない手だ。日にさらされたことのない、白く薄い肌が戻りつつある。これまでは内出血の痣に覆われ気づかなかったが、手首に、流れる涙のしずくのような胡桃(くるみ)色の痣がある。こんな華奢なお身に、よくぞ毒が回ってしまわなかったものだ…
「よくぞここまで回復なさいました。内心、恐れていたのですよ。もしも薬が効かなかったらと…小刀を振るって何とかできればまだよいが、薬は正しく用いた後は、祈るしかありませんからね。これが小さい童だったらと思うと…ぞっとする」
 男の目が光った。式子は己が、幼子を蜘蛛の毒にさらした挙句、ひたすら祈る母であるかのような錯覚をおぼえた。

「祈り…その頭(つむり)はやはり僧を思わせます」
「いいえ、僕(やつがれ)は鄙の医師(くすし)に過ぎません」


この連載は日祝日に更新します。次回は11月26日(日)です。


c0345705_11084726.jpg
かえで(楓)は「かえるで(蛙手)」に由来します(高山寺、2015年5月)


 She came to sink into a fog of melancholy. The shallower and paler her wounds became, the more lonely she got. Hearing the court ladies talking about returning to the capital, she wanted to cover her ears…she was confused by herself.

― I used to like staying at Ko-date even only one night. Especially this year, every day I can listen to sparrows, pheasants, brown-eared bulbuls, Chinese bamboo partridges, and every night a chorus of frogs, Ural owls, etc. I feel as if I was travelling with a grass-pillow. And yet my papers tell nothing about the melodies of tits or frogs…only the fragments of my waka-poems with a little vocabulary.

 On the tenth night, the man visited her later than usual.

“ At this stage, sometimes the colour of urine changes red and the patient’s condition gets worth suddenly. I attend on you tonight, but please do not mind.”

 He took her hand as usual. The swelling has further gone down except the back and joints of the hand. The base of the middle finger is pink like two mosquito bites. He looked at the hand as if he had seen it for the first time.

― For the first time for me to see such a small hand…even a thirteen-year-old child has bigger ones. How thin fingers…Her hand has taken only a fan, a pen, and chopsticks…The white skin is coming back that has never been exposed to the sun. A teardrop-shaped brown mole on the wrist that I have not noticed because of the internal breeding bruises…what a delicate build…what a fortune that the poison has not passed into her system!

“ You have recovered miraculously…I was inwardly afraid, what if the medicine should not work? I would rather use my surgical knife…all I can do is to give you medicines correctly and pray…if the patient was a small child…horrified!”

 His eyes glistened. The princess felt as if she had been the mother whose child had been bitten by a spider.

Pray…your head looks like a monk’s.”

“ No, I am a mere country doctor.”


c0345705_16093198.jpg
淡海(あふみ、おうみ、滋賀)の千鳥のかたちの雲(1990年代)



窓は舞台
書割り雲をひよどりや烏天狗ら ひよいとかすめる


(Une fenêtre est un théâtre avec des nuages à l’ arrière-plan où un bulbul à oreillons bruns et un corbeau-tengu , ils passent.)


(Tobe continued to next Sunday
(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_13170324.jpg
十六夜の月*the moon on the sixteenth night of a lunar month

 

 八日目、腫れはさらに手首まで引いた。手袋をはめたような手が痛々しい。痛みと痺れは、しかし、男の薬のおかげで耐えがたいほどではない。

「ここまでは、医書にあるとおりの経過を辿っています」

「そなたは勉強家なのですね」

「おそれいります…けれども、唐渡りの蜘蛛の毒は、学べば学ぶほど怖くなります」

九日目、女官が運んできた洗顔用の盥(たらい)に式子は目をとめた。水鏡に自分の顔が映っている。ふだんはあまり意識することもないその顔が、満月のように輝いて見えた。曇りなき十六歳の肌はさらに透きとおるように白く、黒い瞳がぱっちりと開いて光を放っている。
 そういえば、夕べは尿(ゆまり)の色が、黄金から黄水晶に変化したと、あの人は喜んでいた。

「お身に注がれた蜘蛛の毒があらかた外へ出た証です。水をよくお飲みになられたのがよかった」と…。
 式子は嬉しかった。初めて男が笑ったからである。蜘蛛が放った毒も、体内に淀んでいた穢(けが)れも、すべてが流れ去り、空っぽの体に彼の魂の光が射しこんできたようだった。
 ― あの人は、本当に、わたくしのためを思ってくれている。皇女だからと遠慮せず叱ってもくれる。医師(くすし)なら当然のこと?でも、少なくともわたくしには初めてのこと…

 生きていたい。生まれて初めて、切ないまでに、そう思った。


この連載は日祝日に更新します。次回は11月23日です。


c0345705_22131950.jpg

十三夜の月*the moon on the thirteenth night of a lunar month


とほき歌ののちの静寂(しじま)をしのびかね木魂(こだま)のごとく啼くほととぎす

2015)(動画)https://www.youtube.com/watch?v=Zm9-TaWCWRM


Le silence après un chant lointain, est si lourd pour un petit coucou qu' il chante comme un écho.... 



c0345705_06023203.jpg
立ち待ちの月*the moon that one waits for while standing:seventeen-day old moon


 On the eighth day, the swelling went down to the wrist. Her hand looked like a glove. But the pain and numbness was tolerable thanks to his medicine.

“ Your recovery is just like as mentioned on my medical books.” “ You are a hard worker.”
“ Thank you for your compliment…but the more I learn about the poison of this spider, the more I feel afraid of it.”

On the ninth day, Shikishi took notice of the basin carried by a court lady. On the glassysurface of water, she recognized her face. The face that she used to beunconscious of, looked shiny like the moon. The skin of a sixteen-year-oldmaiden was immaculate and clear, and the black eyes were brighter than usual.

The night before, he had been pleased that the colour of her urine had turned from gold to citrine.

“ It is a sign of recovery, almost all the poison has been discharged from your body. It was good that you have drunk much water.”

 Shikishi was happy, because he smiled for the first time. After having ejected the poison and wastes in her body, the pure light of his soul straightly shined in.

― He is sincerely worrying about me. He scolds me, a princess, without reserve. Is it natural for a doctor? But for me, it is the first experience…

 I want to live.

 She felt that keenly for the first time in her life. 



(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)




[PR]
「eugene onegin liv tyler」の画像検索結果

文(ふみ)を綴る女(エフゲニー・オネーギン*Onegin)(google s.) https://www.youtube.com/watch?v=ekT8QMAUz-I
The women write and write both in the East and the West...

c0345705_09425585.jpg
筆をもつ女(「浮舟冊子」13世紀、大和文華館所蔵)『古今和歌集 梁塵秘抄』朝日新聞社
lady holding a brush(pen) in the Heian period (Ukifune Book, 13c.)


 式子は焦れていた。紙と筆が欲しくてならない。回復し始めてほどなく式子はそれを訴え、きっぱり却下されていた。

「なりませぬ!お身を起こして左手で文字を書けば、お体に障ります。せっかく食い止めている毒が広がったら、どうなさいます。書き物は無理です!」

しかし、こうして緩やかに回復し始めると、目に映るもの耳にするもの、これまでに体験したこと全てがゆかしく、断片的な走り書きだけでもしておきたい。考えあぐねた式子は命婦に頼んだ。医師(くすし)に尋ねるべきことを記しておきたいからと。
 彼女は数葉のみちのく紙の一枚目に体のことを記し、自由な思いつきは二枚目以降に綴った。もとより左手であるから、自らも判読しがたい覚え書きである。それでも式子は、頭のなかに湧き返る想念の出口を得て、ほっと一息ついた。そして、「なりませぬ!」という直截な響きをなつかしみ、早めに筆を置くのであった。

男は枕もとの紙をちらりと見たが、何も言わなかった。この世に、これほど紙と筆に執着する女人がいるとは思ってもみなかった。口数は少ないが、言葉を返すよりも深いところで思慮をめぐらせている。一見なよやかだが芯が強い。しかも、童のようなみずみずしい好奇心に満ちている。男は、だが、自らも好奇心あふれる瞳で治療に当たっていることに気づいていない。(つづく)


c0345705_07235885.jpg
『王朝かな書道史』芸術新聞社 


あてもなく綴りし文を運びかね空啼きわたる山ほととぎす
  snowdrop

(Not knowing where to carry the letter written aimlessly, a lesser cuckoo creaks across the sky.)

c0345705_10442446.jpg
「北斎―富士を超えて」図録*Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai


Shikishi was irritated. She desperately needed pen and paper. She had already requested them to the man on the first day of her recovery and been rejected.
“No, you cannot. Even if you write with your left hand, it is bad for your body. It is impossible for you to write something now.”
 Now that she has gradually been recovered, everything she was experiencing was so interesting that she wanted to write them down even partially, even in scribbled notes. Being at a loss, she asked Myobu (court lady), on the pretext of noting the questions on her body.
 She got several papers. She wrote the questions on the first sheet, and what she thought on the second and succeeding sheets. They were unreadable memoranda with her left hand. But she felt relieved that she got an outlet for various ideas filling her head. And remembering his straightforward voice, “No, you cannot.”, she laid down her pen as early as possible.
  He glanced at the papers beside her pillow but said nothing. He had never imagined that the woman exists who clings to writing so much. She was a person of few words but of much thoughts in her depth. She looked feeble but was mentally strong. And she was full of curiosity like a child. The man did not know that he himself was full of fresh curiosity.

(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)






[PR]

「上村淳之 時鳥」の画像検索結果

c0345705_18285888.jpg
















上村松園の孫、淳之による「杜鵑(ホトトギス)」(google search)
Lesser Cuckoo (hototogisu) by UEMURA Atsuhi, Shoen's grandson 
杜鵑草(ホトトギス) * 大徳寺(2016年)* toad lily (hototogisu)


 六日が過ぎ、七日が過ぎ、腕の腫れは肩から肘にかけてゆっくりと引いていった。それでも、杜鵑草(ほととぎす)の花弁の模様めいた痣の塊はまだ腕のそこここに広がっている。いつものように控えめに、風のように速やかに触診する男の手がふと二の腕で止まった。

「くびれが戻ってまいりましたね」 

「……」

 式子は首を傾げた。自分ではよく分からなかったのだ。そもそも、そんなところにくびれがあることすら意識したことが無かった。その日はそれから女官に体を拭いてもらい、翌朝、ふたたび訪れた男に皇女は問うた。

「くびれとは、ここにあるものですか」

衣の上から指し示す白い左手指を見ながら、男は頷いた。


c0345705_09481083.jpg


北斎「杜鵑花 (ホトトギス)・子規 (ホトトギス)」(「北斎―富士を超えて」図録)
ツツジも杜鵑と綴られることがあります。「ホトトギス」の共通点は斑点です。
Azalea (hototogisu) and Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai, British Museum
These three kinds of hototogisu have the spotted patern in common.

c0345705_22210833.jpg
(5月撮影)


 Six days have passed, seven days have passed, the swelling began to go down slowly. And yet toad-lily-like bruises still covered the whole arm. The man’s palpating hands, which always moved reservedly and swiftly like a wind, have stopped on her upper arm.

“ The curve has come back.”

……?

 She inclined her head. She had never been conscious of the curves on that body region. After his leaving, she made her court lady wipe her body and asked him the next morning.

“ The curve you mentioned yesterday exists here? ”

 Looking at her white finger pointing at the upper arm from on her white robe, he nodded.


c0345705_10475577.jpg


















「北斎―富士を超えて」図録*
Lesser cuckoo (hototogisu) by Hokusai


朝昧爽(あさまだき)ほのかに鳴きしほととぎす

けふのひとひの予感のやうに
snowdrop 

À l’ aube un petit coucou chanta vaguement
comme un présage du jour...


「上村淳之 時鳥」の画像検索結果

この連載は日祝日に更新します。前回は3日文化の日)、次回は12日)です。
(To be continued to next Sunday)


「マンレイ ヴァイオリン pinterest」の画像検索結果
Le Violon d'Ingres Man Ray (pinterest)

p.s. Translation service by Excite Blog has finished. I wish my translation (English or French only) helps you enough in my three blogues.

(All Rights Reserved)





[PR]

a0332314_13384606.jpg

蜘蛛の巣が描かれた打掛*上村松園「焔」* Flame by UEMURA Shoen (detail) 
今日は文化の日。松園は女性として初めての文化勲章受章者です。
UEMURA Shoen is the first female recipient of the Order of Cultural Merit
(on Culture Day, November 3th, 1948)



 幸いなことに、蜘蛛の毒は右肩で止まり、内腑には到らずに済みそうであった。男は式子にできる限り水を飲ませ、体内の毒を排出させた。女官たちが付きっ切りでその世話に当たった。男は彼女らに命じて尿(ゆまり)を甕に溜め、色と量を毎日測った。その量が多ければ、また、稲穂の金色であれば、最悪の事態は避けられる。尿(ゆまり)は皇女の命の緒であった。
 男は日に二、三度、数分ずつ訪れるだけになった。知らず知らずのうちに式子は、その時間を待っている自分に気づいた。

 わたくしは、物語のなかの女のようだ。男が通ってくるのを待ちわびる女のようだ。わたくしの耳は、沢山の足音の中からあの人の俊敏な足音を聞き分けている。あの人が来たら伝えようと、体の様子を自ら吟味しているのに、いざ来られると、言葉が出て来ない。けれどもあの人は、わたくしの傷口を清め、腕にそっと触れ、顔や体が黄を帯びていないか、むくみがないか確かめるだけで、すべて了解したように去ってゆく…そして、眠くなるような安心感がわたくしを包む。

時に、あの人は好奇心あふれる少年のように目を輝かせる。「ほう、五日目にはこんな色になるのですね、なるほど…」
 わたくしの腕は日を追って、灰青色に、紫に、緑に、黄に色を変えた。表に傷はなくとも、体内に血がにじんでいるのだという。
「大がかりな打ち身とでも思ってください。打ち身じたいは、下々にはよくあることです」

 わたくしは何も心配しない。この人に委ねておけば大丈夫だと感じる。そして、自分の体が彼の役に立っていると思うと、なんだか嬉しい。これまでは、自分に肉体があることさえ意識せずに生きてきたのに。五つの歳から十一年、斎院としてすべてを神に捧げてきたのに。そう、まるで人形(ひとがた)のように…
 わたくしは堕落したのであろうか。堕落だとすれば、しかし、堕落とはなんと優しく、あたたかいものであろう。まるで胸のうちを東風(こち)が吹き抜けてゆくようだ。両手(もろて)でこの世をそっと抱きかかえている心地がする。―


c0345705_05345800.jpg

十二単をまとった雛人形
* Hina doll dressed in Heian robe (2015)



堕つるとは人のこころに帰ること ししむら熱きひとの心に  

snowdrop  ししむら


この連載は日祝日に更新します。次回は11月5日(日)です。


c0345705_10250961.jpg


Fortunately, the spider’s poison stopped at the right shoulder and did not reach the internal organs. The man made the princess drink water as much as she could in order to help eject the poison from the body. The court ladies took care of her excretory needs. The man requested them to collect urine and checked the colour and volume. If the urine was much and gold like the ear of rice, she was safe. The urine was her thread of life.

The man visited her several times a day. Shikishi noticed herself waiting for his visits.

― I am like a heroine in the story where she waits for her lover. My ears identify his footsteps among various ones. Though I always enumerate the symptoms so as to report him, I can speak nothing in front of him. He cleans my wounds, touches my arm, checks whether or not my face and white of my eyes turn yellow, and examines the swelling of every part of my body. And then he nods and leaves me again. After the rendez vous médical, a sense of safety envelops me like a warm hug.

Sometimes his eyes shine like a curious boy’s.

Hmmthe patient’s limb changes colour like this, I see…”

My arm turned blue, purple, green, yellow,etc. as the days go by. According to him, there was no wound except the middle finger’s but the the arm’s vessels are bleeding internally.

The internal breeding itself is common for the people. Yours is a larger scale one.

I worry about nothing. I understand that I only have to entrust myself to him. I am even content that my body is useful for him. I have lived without being conscious of my body. I have devoted myself to deities since I was five years old, for more than ten years, like a Hito-gata (sacrifice doll).   
 Have I become corrupted ? If so, how warm and humane the corruption is ! I feel as if I was hugging the whole world softly and tenderly.


c0345705_09234053.jpg


ひとがた
(城南宮、2016年)* Hito-gata (human shape)



Corrupting is returning to the human heart, to the heart inside my warm flesh.  snowdrop



To be continued to November 5th
All Rights Reserved








[PR]
f0374041_20001922.jpg


 眠る式子を見守りながら、男は、この神さびた処女(おとめ)の瞳を思い出していた。隈なく澄んだ瞳の内に、あらゆる感情が透けて見えた。初対面にもかかわらず寄せられる全幅の信頼、童のような好奇心。目を円くして蜘蛛の手わざに見入る皇女の姿が胸に浮かんだ。恐れを知らぬお方だ。悪しきもの、穢(けが)れたものを警戒することがない。
 それにしても…男は式子の腕が次第に黒ずんでくるのを見守りながら、ふたたび嘆息した。もしも腫れが腕の血管をこれ以上圧迫するようなら、腕を一文字に切開せねばならぬ。それは皇女に対して許されざる処置であった。御付きの者たちは決して承諾しないであろう。誰よりも彼自身が、それだけは避けたいと感じていた。大きな傷は体力を奪う。化膿すれば回復が遠のく。何より、この薄くすべらかな肌に刃を入れるのは、堪えがたい。

 ホットトギス!明け方、とろとろとまどろみかけていた男は時鳥の声で目覚めた。その甲高い声は、何かの予兆のように響いた。ひょっとすると、吉兆かもしれぬ…式子の寝息がやや軽くなったのを確かめ、ほのぼのと白みゆく東の空をちらりと仰いで、男は独りごちた。目を覚ました女官たちがこちらへ急ぐ気配がした。そのざわめきに、式子がぽっかりと目を開けた。
「僕(やつがれ)はしばし外します。女官たちに汗など拭いてもらい、お休みなさいませ。また後ほど伺います」
 式子は答えなかった。ただじっと男の目を見つめた。彼は一寸眩しそうに目をしばたたくと、女官らに場所を譲った。それでいて、何か後ろ髪引かれるような、まもなく召されようという幼子を残して立ち去るような思いが、しきりにした。

この連載は日祝日に更新します。次回は11月3日(文化の日)です。

a0332314_21142885.jpg
菖蒲の剣  swords of iris (2015年)


 While watching over the sleeping princess, the man was remembering this mystic maiden’s unclouded eyes. The purest reflections revealed all her emotions. The full confidence in this stranger, the child-like curiosity...he could imagine the scene where she was gazing at the spider’s craft without fear. She is too pure to be wary of what is evil or dirty.

 While observing her arm gradually getting dark, he sighed again. If the swelling would press the blood vessels, he had to incise this arm in a straight line. It was an unpardonable treatment to the noble. The servants would never accept that. He himself wanted to avoid such a situation. The long wound deprives the physical strength of the patient. If it will fester, the recovery will be delayed. Above all, it was intolerable for him to cut this smooth and fine skin.

 Hottotogisu! At daybreak, he waked up from the lightest sleep. That bird’s shriek sounded like a kind of omen. It might be a lucky omenhe said to himself, hearing her lighter breathing and catching a glimpse into the lighter sky. The court ladies were entering the room, whose low sounds awakened her.

“I leave the room.They will wipe your body and make you rest. I will come back later.”

 She did not answer. She only contemplated his eyes. He blinked his eyes and gave way to them. He did not know the reason but he felt as if he had left his heart behind, as if he had left a helpless dying child behind…


(To be continued to November 3th, Culture Day)
(All Rights Reserved)

















[PR]

f0374041_13180426.jpg
(2016年10月撮影)


 式子はされるがままになっていた。腫れの昇る腕に、墨でしるしが入れられる。冷たい川水で絞った布が額に当てられる。熱に乾ききった唇が水滴によって湿らさせ、不思議な味の水薬を飲まされる。はきと見えた訳ではない。感じただけである。ときに痛みを伴う処置も、己が身をいたわられている、大切にされている、と分かるがゆえに、恐れも不快も感じなかった。女官たちに畏るおそる身の世話をされている時とは違う。相手の側にゆるぎない意志を感じる。ただ委ねればよかった。それは後白河院の皇女という貴(あて)なる処女(おとめ)にとって、初めての経験であった。

 誰もが疲れて寝静まった夜半。鵺(ぬえ)と恐れられるトラツグミの遠音だけがときおり、しめやかに響いていた()。そこにひとつの嘆息が重なった。そして、ぽつりと呟く声。
「この薬が効いてくれるとよいのだが…」
 素直な、素朴な、沁み入るような声。
 無理に目を開いてみると、燈台の光のなかに、禿頭(とくとう)の輪郭が認められた。祈祷僧だろうか。それにしては護摩焚きの匂いがしない。
「そなたは、僧侶ですか」
「いいえ、僕(やつがれ)は鄙(ひな)の医師(くすし)です」
 式子は大宮人や神官、僧侶以外の人間をほとんど見たことが無かった。父、後白河院のもとに遊び女や白拍子、傀儡子(くぐつし)などが召されているのを遠くから見かけたことが一、二度あったに過ぎない。男は、会うことも稀な父とも、神仏に仕える者とも、謡(うた)うたう民とも異なっていた。男の目が真正面から式子の顔を見る。その黒い瞳は、月光に照らされた賀茂の水のようにきらきらと輝いた。
「今宵が山となります。できるだけ動かれませぬよう」
 式子は男の目をひたと見つめ、声もなく、かすかに頷いた。

鵺(ヌエ)の鳴き声 *scaly thrush▶ https://www.youtube.com/watch?v=Kt35Pd83m6c

この連載は日祝日に更新します。次回は10月29日です。

a0332314_09423878.jpg
(2015年撮影)

Princess Shikishi left everything to him. Her arm was marked with ink in order to check the speed of the swelling. A cold wet cloth was put on her brow. Her hot and dry lips were moistened with his liquid medicine. She did not see but felt his treatments. Some painful treatments were neither fearful nor unpleasant because she could feel that she was taken care of attentively. It was not the same as timid and nervous services of her court ladies. She felt his unwavering volition. She had only to leave everything to him. It was the first experience for her, the noble virgine, the third princess of the ex-Emperor Go-Shirakawa.
 In the dead of night, everyone was tired and asleep and only a scaly thrush was hooting (whose voice was feared as nue, a kind of chimaera at that time). Another voice and a sigh overlapped.

“I hope this medicine will work

A simple, straight, and touching voice.
 When she opened her eyes, she saw an outline of a bonze-like head in the candlelight. Is he a priest who prays for me? But there is no smell of the fire-offering.

“Are you a priest?” 

“No, I am a country doctor.”

She had never seen the people other than courtiers, Shinto priests and Buddhist monks. One of two times she had seen the country musicians, puppet players, prostitutes, etc. who were singing and dancing in front of her father, ex-Emperor. The man was different from those people and from her father whom she had rarely seen. The man looked straightly at her. His black eyes were shining like the water of Kamo River lightened in the moonlight.

“You are in a critical condition tonight. Please do not move if possible.”

She contemplated his eyes and nodded silently.

(To be continued to next Sunday)
 (All Rights Reserved)





[PR]

c0345705_21423243.jpg

能「土蜘蛛」(右は源頼光。なお、鵺(ヌエ)を退治した頼政は頼光の家系)* Noh Spider(NHK)


 男は細い竹箸のようなもので式子の指の傷口から蜘蛛の毛を丹念に取り除くと、女官に汲んで来させた奈良の小川の水をざぶざぶとかけた。枕を積み重ねてその上に腕を載せた。ふだんは幾重にも重ねた袖の奥深くに隠れ、人目に触れることのない斎院の腕である。雪のような白さとふくよかさが男の目を射た。しかしそれも束の間、赤い腫れは肘へ、二の腕へ、肩へと昇り、腕全体が丸太のように膨れ上がってゆく。

 男は懐から薬草を取り出し、汁を絞って傷口に塗った。あの赤黒い蜘蛛を見かけて以来、つねに携えていた薬草である。賀茂の里人や童があの蜘蛛に襲われた時は、いつどこにあっても駆けつけ、手当てできるように…御典医や御付きの者たちは男の施術を、ただ口を開けて見守るばかりであった。

「これからお熱が上がりましょう。熱冷ましと痛み止めをさし上げます。万が一、お腕の一部が死ぬると厄介です」

「明日は野宮へ戻られて、賀茂祭を締めくくりあそばすご予定なのだが…」

「なりませぬ!お褥(しとね)より動かすわけには参りません。少なくとも十日はここに留まって頂かねば―。また、人の動く気配がお体に響きます。お人払いを願います」 

 男の気迫に押され、抗弁する者はなかった。


この連載は日祝日に更新します。次回は10月22日です。

c0345705_22005873.jpg


 The man removed the spider’s hairs from her bites with something like bamboo chopsticks and poured the water that a court lady brought from Nara River. He piled several pillows and set her right arm on them. The princess’ arm that should be normally hidden in her robes, whose whiteness flashed before his eyes. But soon a red swelling climbed to her elbow, upper arm, and shoulder to change her right arm into a reddish log.

 He took out some medicinal herbs from his inside pocket and applied the juice to the bites. He had always carried the herbs with him since he had seen that red spider in the forest so that he could heal immediately the villagers or children attacked by the insect. The court doctor and servants were only gazing at his treatments with their mouths open.

“ The fever will heighten. I will give her my painkiller and fever medicine. If her arm should necrose, it would be a matter of life or death.”
“ Tomorrow she is scheduled to go back to Nonomiya and finish the festival
“ Impossible! She MUST rest quietly here at least ten days. May it please your honour, I have to order the room to be cleared so as to avoid even a slight shock to her body. ”
 His spirit made all of them hold their tongues.


(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)





[PR]

f0374041_13201400.jpg

10月8日は「寒露」の始まり(2016年撮影)。。。 Late-autumnal dew's period has begun today.


 斎院式子は朦朧としていた。何が起きたのであろう。年に一度、賀茂祭の夜、ここ神館に泊まることが式子は好きだった。賀茂の社の「みあれ野」に拵えられた一夜限りの宿は、地面に近く、壁も薄く、周囲の森の気配を濃密に伝えてくる。深い吐息のようにざわめく木々。声を合わせて歌う蛙。小鳥の寝言。

その暁、式子はひとり目覚め、寝所の隅をじっと見つめていた。これまで見たことのない小さな蜘蛛が糸を吐き、巣を編むさまに見とれていたのだ。ただ一つ点された燈台の仄かな光のなかで、赤黒い体から不断に銀の糸が伸び、その糸は規則正しく、巧緻に、羅のような同心円を描き出してゆく。不意に、時鳥が啼いた。つねより高らかに、まるで凱歌のように。はっと身を震わせた彼女は体の均衡を崩し、蜘蛛の巣へ右手を突っ込んでしまった。中指に鋭い痛みが走る。
 式子は茫然と指を、指に並んだ二粒の紅を眺め、そして蜘蛛を見た。恐れはなかった。驚かせてしまって…という心持が先に立った。しかし、ほどなく、激しい痛みが訪れた。指から手の甲が火のように熱い。それでいて背筋に悪寒が走る。
 いつも眠りの浅い命婦がいち早く目を覚まし、女主人の腫れあがった手を見て悲鳴を上げた。警護の従者が叫んだ。彼方より駆け来
る跫(あしおと)が近づく。御典医だろうか。しかし、あの老医師がこんなに速く走れるものか…薄らぐ意識のなかで、言い争いの気配がしたと思うと、式子はいきなり右手を取られていた。聞いたことのない男の声がした。

「これは唐渡りの毒蜘蛛の傷です。見たんだ、数日前に、この森で、この蜘蛛を!おそれながら、御典医の手には負えません。僕(やつがれ)にお任せを」


次回は10月15日(日)に更新します。


c0345705_21494332.jpg
Today the late-autumnal dew's period has begun in Japanese calendar(photo in 2016)


Princess Shikishi was being in a hazy state. What is happening? She liked putting up at Koudate once a year, on Kamo Festival night. This residence for one night in Kamo forest, with the lower floor near to the ground, with thinner walls, conducts the feel of the forest in the air. The voices of the trees, the chorus of frogs, a silly song of a sleeping bird

 At the break of dawn, Shikishi was awake alone and staring at a corner of the room. The spider that she had never seen was weaving its fantastic web. In the only spot of dim light, from the small dark red body, silver thread is extended and drawing a concentric circle regularly and elaborately. Suddenly cried a lesser cuckoo. More loudly than usual, like a triumphal song. The princess shivered, off-balanced and thrusted her right hand into the web. A sharp pain shot through her middle finger.

 Vacantly she looked at her finger, at two drops of ruby blood, and at the spider. There was no fear. She was sorry that she frightened and disturbed that small insect. But soon a more acute pain attacked her. The finger and the back of the right hand became hot like a fire. And yet she felt a shiver run down her spine.
 A court lady, a light sleeper got up, found her mistress’ swollen hand and screamed. A guard cried. From a distance someone’s footsteps are approaching. The court doctor’s? But can that elderly doctor run so fast? While losing consciousness, she heard a quarrel and felt the wrist held. A stranger’s voice.

“ These are a Chinese venomous spider's bites ! I have seen it in this forest several days ago. May it please your honour, this is beyond the control of the court doctor. Leave it to me, please.”


(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)



[PR]

c0345705_21412948.jpg

バレエ「眠りの森の美女」より * 毒グモを思わせるカラボスとオーロラ姫 (NHK)
Sleeping Beauty, Spider-like Carabosse and Princess Aurora


の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることのよわりもぞする

― 式子内親王 小倉百人一首89番、新古今和歌集 恋一1034

If I live longer I cannot bear to hide this secret love. Jeweled thread of life since you must break ― let it be now. waka by Princess Shikisi
One Hundred Poets, One Poem Eachtranslation of McMillan Peter

a0332314_09571915.jpg

葵祭の斎王代(斎王の代理。5月15日)

この歌物語は、後白河法皇の第三皇女で斎王(斎院)をつとめ、忍ぶる恋の歌で知られる式子内親王をめぐるフィクションです。(なお、その他の実在の人物、実際の出来事、古代及び現代の医学的症例や治療法とも無関係です)
参考文献:馬場あき子『式子内親王』 竹西寛子『式子内親王』 白洲正子『花にもの思う春』

This poem-tale is a fiction regarding Princess Shikisi [Shokushi] (1149–1201), the third daughter of Emperor Go-Shirakawa (1127–1192, reigned 1155–1158). She served as a Saiou [Saiin] in her youth and known by her waka. (There is no relation between other characters appearing, realevents, and the ancient or current medical symptoms and treatments to those that really exist.)

「ホトトギス」の画像検索結果
ホトトギス(Lesser cuckoo)(Nikkei Style)
ホトトギスの声 * https://www.youtube.com/watch?v=JyEYApCY-dM 


ホトトギス。漢字表記は「時鳥、田鵑、杜鵑、霍公鳥、不如帰、沓手鳥、杜宇、蜀魂、子規」など数多い。朝/夏/田植えの時期を告げる鳥、あるいは、死出の田長(死出の山を越えて来る鳥)と呼ばれ、生と死の双方を象徴する。その特徴的な鳴き声は、万葉のむかしは「ホトトギス」、いまは「テッペンカケタカ」「トッキョキョカキョク」などと聞きなされる。

Hototogisu Lesser cuckoo. Symbol of both the life (morning, summer, etc.) and death. Its characteristic note is expressed in onomatopoeia “hototogisu” (in the Tempyo period) , “Tokkyokyokakyoku” (since the Meiji period, meaning ”(Tokyo) Patent Bureau”), etc.

a0332314_09350159.jpg
 

 ホットトギス! いまだ暗いしののめの空を引き裂くように、時鳥(ホトトギス)が啼いた。一声、二声、そして三声。次第に声はすぼまり、最後は口ごもるように朝の大気に溶けてゆく。男は立ち止まり、東の方角へ視線を泳がせた。緑深い賀茂の森、そこをねぐらとする鳥たちのなかで、時鳥ほど早く鳴くものはない。老い鴬も、四十雀も、まだ明け方の眠りを貪っている。木末を縁どるように星々が瞬く。

 白樫、槻、小楢、楠 ― さまざまな樹木が並び立つ森の一角に、慎み深く、しかし気高い人の営みの気配がする。神館(こうだて)か…男は目を凝らした。卯月(旧暦四月)の賀茂祭(葵祭)の夜、斎院が泊まるための仮の住まいが、この先にあるはずだ。ふつうならまだ斎院も、それに仕える人々も寝静まっている時刻。しかし今朝は、湿りけを帯びた空気を縫ってかすかにざわめきが伝わってくる。女官らの、時鳥の遠音めいた甲高い声すら混じっているようだ。何かただならぬことが?その時、叫ぶ声がした。「斎院さまが蜘蛛に咬まれあそばした!医師(くすし)」を呼べ!早く!」

この連載は日祝日に更新します。次回は10月8日(日)です。

 Hottotogisu! A hototogisu, lesser cuckoo shrieked as if it had teared the aurora’s sky. Hottotogisu!,……hototogisu……hototgus… his shrieks little by little became muffled to fade out in the morning atmosphere. A man stopped and looked toward the east. In the green forest of Kamo, the lesser cuckoo always gets up and chirps the earliest. The bush warbler and great tit are still sleeping at dawn. The stars are glistening.

 Quercus myrsinifolia, Zelkova serrata, Quercus serrata, Cinnamomum camphoravarious trees in the forest of Kamo hide a quiet and noble human activity. ― Koudate (the temporary residence for the Saiou-princess on the Kamo Festival night) ? It is still so early that everyone should be asleep. But today a murmur is conveyed through the moist air. Several human shrieks seem to be mixed there. Something extraordinary happened ? A CRY. “Saiou-sama was bitten by a spider! Call the doctor! Hurry!! ”

(To be continued to next Sunday)
(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_14300053.jpg
ビア・ディ・メディチの肖像(左)、伊東マンショの肖像(右)。神戸市立博物館(4月撮影)
東京富士美術館9月21日から12月3日まで開催

Portrait of Bia de' Medici and that of ITO Mansho, Kobe City Museum(April) 
http://www.fujibi.or.jp/harukanaru/

 わたし、ビア。2017年のジパングに来ているの。右隣りにいるお兄さんのお里なんだって。エリザベスカラーを着けたこの人、わたし、知らないわ。わたしがうんと長生きしていれば、フィレンツェで会えたかもしれないけど…わたし、7つにもならず死んじゃったもの。
 こっち(下図左)がわたしのママと、弟のジョヴァンニ。三人そっくり親子でしょう?でもね、わたしは、ママの本当の子供じゃないの。パパがママと結婚する前に、ママじゃない人に生ませた子なのよ。
 それなのに、背景の色も、ママと私の顔立ちも、表情も、指の形まで、ほとんどおんなじ…わたし、知ってる。ママが、ブロンズィーノとかいう画家さんに、こうささやいてたの。
「あの子を、わたくしそっくりに描きなさい。実の子以上にそっくりに…」

 Sono…soy Bia(Mamá habla Español y yo…).
Now I am in Zipangu in 2017. They say this boy was born here in Zipangu. I do not know this boy with an Elizabethan collar. If I had lived longer, I could have seen him in Firenze. But I died when I was five or six
 Let me introduce my mamma and brother Giovanni (below figure). We three resemble each other, don’t we? But in fact, I am not a daughter of mamma. Babbo let a woman bear me before his marriage.

But these two portraits share the background of lapis lazuli. My facial features and expression resemble those of mamma. Even my handshape and mamma’s are almost the same! I remember…mamma whispered to the painter, Bronz, “Paint Bia similar to me. (monologue:More similar to me than a real daughter…)


c0345705_14241203.jpg
左の絵は出品されていません。(『ブロンズィーノ』同朋舎)


 この時はね、スケッチされてるわたしを、ママが見に来てくれたの。ビア、おりこうさん、疲れない?って…わたし、嬉しくて、ほっぺが火照っちゃった!思わず立ち上がろうとしたら、ママが、ご自分の唇に人差し指を当てて、しぃ…って。
 わたしが死んだ後で描かれた、ママの似顔絵も、きれいでしょう?わたし、お空の上からずっと見てたの。ゴージャスなドレス!おっきな真珠!フィレンツェがどんなに豊かなとこか、一目瞭然ね。でも、ちょっとズン胴すぎない?ドレスもいいけど、わたし、ママの優しいお顔をもっと大きく描いてほしかったなあ。
 でも、ママは満足してたみたい。わたしの遺影になったあの絵とそっくりに仕上がったから…わたしたち、絵のなかで永遠の家族になれたのね。
(snowdrop注*ビアの肖像はデス・マスクをもとに描かれたという説もある。それならば、これら2枚の絵は、ほぼ同時期に完成したのかもしれない。)
 

「bronzino eleonora of toledo」の画像検索結果Textile with Pomegranate Pattern LACMA 60.46.9.jpg

ビアの母、エレオノーラのドレスのザクロ花文様には東方の影響がみられる
Oriental pattern in Eleonora di Toledo's portrait (detail) (pinterest)
Stylized pomegranate flower pattern. Came from Iran and other orient countries (wiki)


 Mamma came to see me while I was being sketched. Bia, good girl, are you not tired on? So excited that my cheeks turned red and I went to get up from the chair, when Mamma put one finger on her lip, Shhh…
 Mamma' s portrait was painted after my death. I was looking down from the sky while she was being sketched. Gorgeous dress! Big pearls! They show clearly you how Florence was rich at that time. But her trunk is too cylindrical, isn't it? I wish Bronz… had painted her gentle face on a larger scale.
 But Mamma looked satisfied, because we were alike as big and small melons. We became an eternal family in the paintings.
(note by snowdrop*Some say that Bia's portait was painted based on her death mask. If so, these two portaits might have been finished at around the same time.)


c0345705_07072520.jpg
参考図*ピアの母(エレオノーラ・ディ・トレド)の礼拝堂の天井画(『ブロンズィーノ』同朋舎)
Agnolo Bronzino - Ceiling of the Chapel of Eleonora of Toledo

 ママはほっそりしてて、胸が弱かった。ママが天に召されたとき、わたし、真っ先にお迎えに出たわ。天国で20年も暮らしてたから、どこへでも案内したげるつもりで…
 ママってば、生まれ育ったスペインやナポリの風景をいっしょけんめい探してるから、オレンジの園へお連れしたの。青空に金色の実がきらきらして、いい匂いがたちこめてた。ザクロも咲いていた。ママ、嬉しそうだった…
「ザクロはエキゾチックね。見たこともないオリエントの香りがするわ。東方三博士が住む国よりも、もっともっと東の果ての…」ママは、「遥かなるジパング」を夢見ていたのかしら。

 Mamma was slender and had a weak chest. As soon as she came to Heaven, I greeted her. I had lived here for twenty years and I wanted to guide her anywhere she wanted.
 As she was looking for the landscapes of Spain and Naple, her native places, I led her to an orchard. Gold ornages were shining in the blue sky and smelled so good. Pomegranate trees were in bloom. Mamma looked so happy…
” The pomegranate is exotic, with the strange oriental perfume. The aroma of the East in the distance… ” Was Mama dreaming of Zipangu in the distance ?
 

c0345705_14383251.jpg
博物館内のカフェで*In the museum-cafe

 ママ、こちらでジェラートはいかが。今じゃジパングにもあるのよ!
 ほら、カトリーヌおばさまがメディチ家からフランスへお嫁に行ったとき、フルーツやナッツがいっぱいのジェラートを伝授したんですってね。義父のフランソワ1世が、トレビアン!って…https://www.nhk.or.jp/kamado/recipe/226.html (NHKグレーテルのかまど)
 あの王様、ヴィーナスとキューピッドがキッスしてる絵も、トレビアン!って喜んでたわ。あの絵はパパが、あたしたちの似顔絵と同じころに、同じ画家さんに描かせて、王様にプレゼントしたんだっけ。…あら、ママ、お顔が赤いわ。あの絵、お嫌いなの?

 Mamma, here is Japanese gelato! You know, our Catherine de Medici introduced the gelato from Italia to France. Her father‐in‐law, Francis I praised it "Tres bien!"
 He praised Bronz…'s Venus and Cupid also, "Tres bien!!" …the painting that Babbo made Bronz…paint and gave the king as a gift. …Oh, Mamma, your cheeks are red, don't you like that painting?



Très très bien! https://www.nhk.or.jp/kamado/recipe/226.html 

「francois premier」の画像検索結果「National gallery bronzino venus pinterest」の画像検索結果「コジモ一世 pinterest」の画像検索結果

フランソワ1世の肖像画(左)ブロンズィーノ「ヴィーナスの寓意画」(中)(部分)コジモ1世のメダル(右)
FRANCOIS 1er (left) Venus Cupid and the Time(detail)(middle) Cosimo 1er (right)

これらの3作品は出品されていません(pinterest)
ビアの父、コジモ1世のメダルは、ビアの肖像の胸元にも描かれています。
A medal of Cosimo I de' Medici is painted in Bia' s portrait. Have you found it?



ヴィーナスとクピドのキスは蜜よりもくらんと甘き禁断の味


Ce baiser de Vénus et Cupidon est le fruit défendu, plus doux que le miel.


 
c0345705_06122106.jpg
























ルネサンス音楽のミニコンサート(神戸市立博物館、4月23日)
Green cembalo on Red carpet and White wall…Tricolore italiano?

 お腹がくちくなったら、音楽はいかが。アカデミア・デル・リチェルカーレが、リコーダーとチェンバロで、なつかしい曲を演奏してくれるわ♪
 ジパングの人たちが160人も、1時間も並んでくれたから、アンコールを予定より2曲も増やしたんですって。ルネサンス音楽って、東洋の人たちからも愛されているのねえ。
 そういえば、あの、エリザベスカラーのお兄さん、彼も西洋音楽をたしなむんですって!仲間たちといっしょに、帰国後、リュートなんかを演奏したらしいわよ。ヒデヨシ公は「アッパレアッパレ!」と仰ったとか、仰らなかったとか…?!(5月記)

How about the music by Academia del Ricelcare? Because 160 People in Zipangu waited for one hour to get the tickets, the players added two more encores!
The boy with Elizabethan collar is said to perform the Western music! He played the lute or something in front of Lord Hideyoshi! Did Hideyoshi say "Bravi, bravi! "? (lol)


c0345705_06121253.jpg

















大小さまざまなリコーダー
アカデミア・デル・リチェルカーレの動画 https://www.youtube.com/watch?v=llwBTUt8RSI


ジョスカン・デ・プレ「千々の悲しみ」(マンショたちが豊臣秀吉の前で演奏したとされる)
https://www.youtube.com/watch?v=GszimTuobSc
Mansho and other three boys are said that they played this piece for Hideyoshi.

(Scheduled to be published on Mother's Day in France and Sweden)

(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_16511530.jpg


雨上がり、射しこむ光のなかでファインダーを覗いたら、既視感(デジャ・ヴ)…どこかで見た構図…?

上村松篁の「青柿」。むだな枝や葉はなく、緑と青の諧調ははるかに豊かで ― まるで花人が白磁の壺へ生けた枝のよう。そして面長な柿!ここは渋柿でなくてはならぬ。

Un déjà-vu après la pluie au crépuscule. La peinture par UEMURA Shoko est plus simple et plus coloré que ma photo, comme une branche arrangée dans une vase en porcelaine blanche. La forme de kaki (fruit) doit être celle de kaki âpre ici.


c0345705_16513532.jpg
(『上村松篁』日本経済新聞社)


濃き緑うすきみどりの葉のかげに柿はしづかに雫をたたへ


雨後のあを夕べの光りに冴えかへる青柿うたふ言の葉のあれ

Si je peux chanter des bleus vives de ces kaki dans la lumière après la pluie comme ce peintre !)



c0345705_09540908.jpg



朝の光でもう1枚。…けれど、描かれた青柿のしずけさ、水をはねかえす枝のしなやかさ ― 1枚の絵の完璧さを新たに発見するばかり。

Un autre photo dans la lumère matinale, elle me montre à nouveau le calme et la souplesse fraîche du kaki dans la peinture ci-dessus.


おまけ  面の歯みたいな雨しずく
Bonus gouttes de pluie comme le bouche de Okina masque


c0345705_10062355.jpg

今日は敬老の日です Today is Respect for the Aged Day (pinterest)

「okina masque pinterest」の画像検索結果


c0345705_10372247.jpg

柿や稲穂に雀の干菓子(2016年10月)


c0345705_20530860.jpg

やまとの雀(2016年4月)

(All Rights Reserved







[PR]

c0345705_17493033.jpg


ふかぶかと秋になりたる空あひや一枚読みては視線を遠くす 宮英子



 白露に入った金曜日。秋に詠まれた一首の歌を鑑賞したい。
「ふかぶかと」「秋になる」は意表を突く繋がりである。それでも納得してしまうのは、「秋になりたる」空模様、「視線を遠く」へ誘う深い空を、私たちの心が共有しているからだろう。平仮名の「ふかぶか」と、詠嘆の「や」が青の濃さを物語る。では、続く「一枚」とは、何の一枚なのか。本、新聞、それとも木の葉…迷う間、読者は、「読みては視線を遠くす」る時間を共有することになる。
 曖昧さは人の想像力を動かす。とらえどころのない表情を浮かべた肖像画が動き出しそうに見えることがあるが、曖昧な文面もまた、文字の世界のなかに風のような動きを生む。

その後、「一枚」は手紙の一枚であることが明らかになった。便箋数枚におよぶ手紙など、やりとりしなくなって久しい。一枚目から二枚目、二枚目から三枚目へ移るたび、仰ぐ青空。そこに浮かぶのは手紙をくれた大切なひとの面影だろうか。二人が共有する思い出の情景だろうか。そういえば、昔は、レコード盤にA面とB面があって、裏返す間(ま)を味わったものだった…。

 思いは文通をしていた友へと流れてゆく。病院で出会ったとき、私は十代、彼女は二十代だった。互いの退院後も神戸へ旅をし、手紙を交わした。そのころのレターセットがいくつか取ってある。
 時はうつり、友は空へ旅立ち、私は ―
今年、久しぶりの病院のベッドで、友をしのんで少し泣いた。一緒にいて楽しかった時より、離れて寂しい時の方がずいぶん長くなってしまったね。。。忘れないよ。

***
le ciel limpide après la pluie


Deeply   it has become autumn,  the look of the sky  every time I read one leaf   I look away in the distance  (tanka by Miya Hideko, translation of snowdrop)


 “Deeply” and “it has become autumn” do not connect directly. And yet this slight jump persuades the readers because we share the deep sky of Japanese autumn that invites our gaze in the distance. The dash (cutting word “ya” in Japanese) suggests the extraordinary deep blue of the sky. What is “one leaf ” ?A page of a book, a leaf of a newspaper, or a leaf of a tree…? While wondering, the readers share the time to “look away in the distance”.

The ambiguity stimulates our imagination. This ambiguity makes a wind in this tanka like some portraits whose elusiveness leads to the feeling of movement.
 Later I learned that this "leaf" is that of a letter. It is a long time since I quitted writing a letter composed of several leaves. The first leaf, …the second,… and the third…while lifting her eyes, is she gazing at her precious person's image or their precious memory in the blue-sky screen? This tasteful interval reminds me of that while turning a phonograph record from A-side to B-side.
 And I remember one pen pal whom I met in a hospital in my youth. After leaving hospital, we traveled to Kobe and exchanged letters, some of which (unused item) I keep still now.
 Time passed, she passed away, and I ― in this early summer, on a bed in a hospital, remembering her, cried a little. (She had suffered from the joint pain of her collagen disease, far stronger and wider-ranged than mine: probably mental one. I wish I had been able to share it even a little, beyond time and space.) 。。。Je ne t' oublierai jamais, mon amie.


 

c0345705_17501175.jpg
↑ トンボ * dragonfly


空白の便箋入れて心こめて手紙を出そう空の彼方へ

Mettant des papiers à lettres vides et mon cœur fidèle dans une enveloppe, je la jete au-delà des cieux.



c0345705_17505141.jpg

封筒から透けて見える木の葉の便箋

papiers à lettres en forme de feuilles mortes dans une enveloppe transparante



あの子から返事が来たよ泣き笑いしているような朝焼けの空


Une réponse est venue de l’ amie, c’ est le ciel empourpré de l’ aurore comme un sourire entre ses larmes.



c0345705_08520987.jpg

(All Rights Reserved)



[PR]
夏の終わりに、ルーアンのホストファミリーから手作りのカードが届きました。春に結婚した長男に赤ちゃんが生まれたのです。おめでとう!M…♡

Avant la fin d'
été, une carte à la main est arrivée de ma famille d' accueil à Rouen. Son fils a eu un enfant! Félicitaions, M…♡

c0345705_10344637.jpg
雑誌「マリ・クレール」とコラージュしてみました
Collage avec Marie Claire par snowdrop


まどろみのうちに葉月はとけてゆく窓べの樹々の潮騒のなか

(Pendant le sommeil, le mois de feuillage, août, il se fond dans le bruit des vagues de feuillage près de la fenêtre.



c0345705_10353478.jpg
Collage avec Marie Claire par snowdrop


snowdropにもこんな時代がありましたっけ…*Voilà bébé snowdrop…(20e siècle)


ゆきのふる しずかなあさに うまれたの


Snowdrop  was born in the snowy,   silent morning




Img_2466_640x471

Img_2467_640x600_2


やはらかき けものの わらべの まどろみは 海も 時間も 種も 越え ひとつ


Des sommeils des bébés mammifères moelleux, ils sont même en franchissant la différence entre des pays, des temps, et des espèces.




bebe_panda

動物園のHPより*https://www.zoobeauval.com/pandas/bebe-panda-ne-a-beauval


フランスのボーバルの動物園では、8月4日にパンダの赤ちゃんが生まれたそうです。これは黒の模様が現れてきたころの写真です(動物園のHPより)。

Au Zooparc de Beauval, la femmelle panda géant Huan Huan a donné naissance le 4 août. Maintenant des taches de la bébé panda, elles sont apparues!



母親シンシンの“腕枕”(?)で休む赤ちゃん(2017年7月25日撮影)

動物園のHPより*http://www.ueno-panda.jp/

上野動物園でもパンダの赤ちゃんが…6月12日生まれの女の子です(HPより)。

Au Zoo de Ueno, Tokyo aussi, Shin Shin a donné naissance le 12 juin.

おまけ ♪ Bonus


♪ bé-bé, bé-bé, -E!!! ♪

ルーアンのホストファミリーと(右端が長男)(2004年) ♪ Je n' oublierai pas notre session ♪

c0345705_15004383.jpg

もひとつ、おまけ*SUPER BONUS

2015年に来日、snowdropの家に滞在した次女のL…に赤ちゃんが宿ったという知らせが届きました。

Selon une autre nouvelle de famille B…, L…, la fille qui est restée chez nous, elle est enceinte!
関連画像

Tare-panda, a popular character in Japan, and her baby

(All Rights Reserved)



[PR]

Img_0003_800x600
「百日紅 特 装 限定 版」の画像検索結果


映画「百日紅」(ヒロインは北斎の娘)(google search)* 北斎の波のようなサルスベリ
Crepe Myrtle(film) * The crepreflower is like the waves painted by her father, Hokusai.




百日紅(さるすべり)(づき)をまどろむ(をみな)ボディは抱かるるギタアのかたち


Imitando   el contorno de la guitarra,   una mujer   está durmiendo   en los meses de lila de las Indias.

(A woman in a drowse  during the months of crepeflower, whose body has the silhouette  of an acoustic guitar's body  in the arms of a man.)


百日紅月(さるすべり-づき)*7、8、9月のおよそ百日間をsnowdropはこう呼んでみました。百日紅はスペイン語で「インドのライラック」だそうです。

The crepeflower is called sarusuberi (百日) in Japanese because it is in bloom in red during 100 days from summer to autumn.



村治佳織のギターをどうぞ♪


おまけ(2016年連載の歌物語です)

)


a0332314_11094163.jpg

まどろむ北斎の天使 * Voici un ange ↑ dans la méridienne…


より高く翔ぶよりさきに人はより低くうづくまる 天使のごとく

L’ homme s’ accroupit plus bas avant de s’ envoler plus haut comme cet ange.(2016)


もっと、おまけ * Bonus

In the animation, blue waves break, white cranes fly, red poppies sway…

(All Rights Reserved)


[PR]



今日は日本の終戦の日。何年か前、BS-NHKで見た戦争映画を思い出す。舞台は東欧、ポーランド。

カティンの森で、ポーランドの人々は一人、また一人と銃殺されてゆく。「主の祈り」を唱えながら。けれども、あの短い祈りは、無残にも途中で断ち切られる。
「天にまします我らの父よ」(一人目)
「……願わくは御名をあがめさせ給え」(二人目)
「………御国を来たらせ給え」(三人目)
「…………御心の天に成る如く地にもなさせ給え」(四人目)
「……………我等の日用の糧を今日も与え給え」(五人目)

この続きを唱える者はいない。皆、その前に倒れていった。
「………………我等に罪を犯す者を我らが赦す如く我らの罪をも赦し給え」
彼らに対し殺人の罪を犯しているソ連兵たちのために、祈る言葉は発せられない。
祈りは届かない。永遠に。

祈りの届かないところ。ダンテの『神曲』で最も深い地獄にいるのが、キリストを売ったユダである。ユダは後悔して、西洋花蘇芳の木(ユダの木)で縊れた。キリストを否認したもう一人の弟子、ペテロは、改悛してカトリック教会の礎となった。なぜユダだけが?― ユダは神に赦しを請わなかったからだというけれど。…(ユダはキリスト受難の成就のための捨て石ではなかったか)

祈りの届かないところ。そんなところはあってはならない、と思う。ずっと解き切れなかった疑問。いま、それを言葉にしてみたのは、この夏、海の彼方の友らがあの大戦の話をしていたからだ。



Img_1111_800x600

西洋花蘇芳 (セビリア、2007年)

聖痕を持たざる我にうすあかき蘇芳幹より咲(ひら)くかなしも 高野公彦



敵をゆるせと祈るまもなく殺されし人々ありきカティンの森に

KAMIKAZE
とテロを称する国ありて吾らが歴史を日々呼び覚ます
(NHK誌上短歌大会第三回入選作) 





♪ ショパンの前奏曲第4番 ♪




August is the month of the leaves, and the month when World War II ended in Japan. It reminds me of the above film that I have seen on television.

In the Katyn forest, Polishes were shot to death one after another while reciting the Lord's Prayer. But that short prayer is broke off every time.

"Our Father, who art in heaven," (the first victim)
"……Hallowed be thy Name." (the second)
"………Thy kingdom come. " (the third)
"…………Thy will be done, on earth as it is in heaven." (the forth)
"……………Give us this day our daily bread," (the fifth)

There was no sixth to pray as follows, because all the people were killed before reciting the sixth part.

"………………And forgive us our trespasses, As we forgive those who trespass against us."

The prayer for the murderer, Soviet soldiers, was never recited in this film. The prayer never reaches them, forever.

The place where the prayer never reaches, that is the deepest hell where Judas has been since he betrayed Christ(Divina Commedia). While Juda regretted and hung himself on a Judas tree to go to Hell, another disciple who denied Christ, Petros was forgiven to become a founder of Catholic church. Why? They say that it is because Judas did not implore God for forgiveness.…(Wasn't Judas a sacrificed stone so that…?

The place where the prayer never reaches, such a place should not exist, I think. The question that I have considered for a long time ― why do I talk about this to you now ? Because you were talking to each other about the World War II more deeply than before this summer.


Img_3114_800x600

ハナズオウ * Cercis chinensis(奈良、四月)



Il y a eu des gens  qui
furent tués  avant de prier   pour ceux
qui les avaient offensés   au bois de Katyn.

Il y a un pays  qui appelle l' attentat  le KAMIKAZE,  ce mot réveille notre histoire  toutes les fois.
(mon ouvrage sélectionné au 3e coméptition dans une revue de NHK, 2017, traduction de snowdrop)



c0345705_20570164.jpg
『ボッティチェリ』(朝日新聞社)* Paradiso par Botticelli

(All Rights Reserved)


2015年8月に考えたこと



[PR]
c0345705_08150692.jpg
Does Wine Dream of Sunken Ship while sleeping in the bottom of the sea ? Thousands of bottles of wine were discovered in 1998 in a freighter sent to the bottom by German Navy off Swedish coast during World War I. (NIKKEI, July 30th)



珊瑚の骨、真珠の眼をもつ人魚らはひぐらし眺むみづへびの舞ひ


These sea-nymphs with bones of coral and eyes of pearls admire the water snakes' dance all day.




c0345705_08152305.jpg
『テンペスト』(新書房)エドマンド・デュラック 絵*THE TEMPEST illustrated by E. Dulac


「文楽 テンペスト」の画像検索結果
「シンクロナイズドスイミング 蛇 混合デュエット」の画像検索結果「蛇拳 」の画像検索結果

文楽「天変斯止嵐后晴(テンペストあらしのちはれ)」(シェイクスピア原作)
THE TEMPEST, Bunraku version

シンクロナイズドスイミング「蛇」は「蛇拳」みたい?
Synchronized Swimming Duet representing Snakes;Snake in the Eagle's Shadow(film)

(google search)

(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_04435510.jpg

礼文島(2014年



ユリシーズ  
ウンベルト・サバ


若いころ俺は

ダルマツィアの岸辺を帆走した

波間から

見え隠れする島々に時おり

鳥が一羽獲物を狙いとまっていた

ぬらつく藻に被われた島々は

エメラルドみたいに綺麗に太陽に耀(かがや)いた

(…)
今日 俺の王国は

あのノー・マンズ・ランド 

港は誰かのために灯をともし 俺は 沖へと

いまだに駆り立てられている

飼いならされていない魂と

人生への痛苦な愛ゆえに

(snowdrop翻訳)



Ulisse
  Umberto Saba


() Oggi il mio regno

è quella terra di nessuno. Il porto

accende ad altri i suoi lumi; me al largo

sospinge ancora il non domato spirito,

e della vita il doloroso amore.


(…)Aujourd'hui mon royaume
est cette terre de personne. Le port
fait briller pour d'autres ses lumières ; moi, vers le large
me pousse encore un esprit indompté
et de la vie le douloureux amour.

la traduction d’ Odette Kaan


c0345705_04583874.jpg

Rebun Island, Hokkaido(2014


海と空のあはひを翔る鳥を見つつ半刻なりとも

吾はノマッド * ノマッド(さすらい人)


(Quand je vois un oiseau volant entre la mer et le ciel, même si demi-heure, je suis nomade.)

 

まだ右手タイピングできない状態なのに、翻訳の仕事が増えてしまって…
しばらくブログをお休みします。
また帰って来ますので、その時はよろしくお願いします。

Although I cannot yet type with the right hand, my workload (translation) has increased. I stay away from my blogues for a while. Salut!


   

ここからは、お時間が許せばどうぞ


 2年前の夏に試訳したイタリアの詩を改訳して、私は、結びの一句から離れられずにいる。「痛苦な愛」とは何か?原詩は il doloroso amore、仏訳は le douloureux amour。
 むかし、フランス文学の恩師がこう言った。douloureux という単語は嫌いだ、長くて重苦しいから。…彼は病がちで、身体の苦痛に敏感な人だった。
 フランス語ではドゥルゥルー、イタリア語ではドロローソ、たしかにどんよりする響きである。手元の『プチ・ロベール』で引いた中身をまとめれば、「肉体的/精神的苦痛を引き起こす(もの)」という意味。痛み、苦しみ、つらさを伴う愛とは何だろう。
 私もまた痛みの諸相を垣間見た。刺痛、疼痛、痺痛、鈍痛、関節痛…。垣間見た、というのは、たいていは薬ですぐに抑えられたからだ。痛みは肉体の異常を知らせるメッセンジャー、役目が終われば不要になる。痛みによる心身への負担は最小限でよい。じっさい、体の痛みが心を傷めてしまうこともある。
 逆もまたしかり。だが、心の痛みは抑えにくい。この詩の「俺」は、おそらくは心に癒しがたい痛みを抱えながら、愛さずにはいられないのだ。人生を、人間を愛し、港を夢見ながら苦しみ、ひとり沖へと駆り立てられる。俺の王国、ノー・マンズ・ランド(無人地帯、荒野)へ。
 飼いならされていない魂が、人への妥協を拒むのか。心を引き裂く愛が、独りの内省を求めるのか。ノー・マンズ・ランド ― 寂しくも誇り高い響き。「孤高」というありふれた言葉が浮かぶ。心の痛みもまた、メッセンジャーなのだ。各人の心の在り方を模索する、迷える使者。つきまとう使者。かけがえのない使者。愛おしい使者。
 タイトルは「ユリシーズ」、海をさすらったギリシアの英雄オデュッセウスを意味する。オデュッセウスはふるさとの家族のもとへ帰っていった。手負いの獣めく「俺」の心は、そんな英雄に憧れているのだろうか。心の痛みが体を傷め、老いさせてしまう前に、魂のふるさとを見つけてほしい。

https://www.youtube.com/watch?v=rkermyl_JKw

 After having translated again the Italian poem that I once translated two years ago, I am hauted by the last phrase ”il doloroso amore” i.e., “le douloureux amour”.
 My former teacher had said, “ I hate the word douloureux, because it is too long and heavy” . He had to undergo artificial dialysis from youth and was sensitive to the physical pain.
 According to Petit Robert, this adjective means “Qui cause une douleur (physiquemorale)”. What is the love that cause the pain?
 
Although I have experienced various pains (pricking; aching; tingling; dull; joint, etc.) in the hospital and at home, my medicines often have removed them quickly. The pain is a messenger of a physical trouble and he should exit after his turn. Sometimes the physical pain undermines the mental health.
 And sometimes the anxiety causes the physical pain. But it is difficult to remove the mental pain. The hero in this poem suffers from an uncurable pain and yet he cannot but love the life. While loving the life, the people, and even the port, he is alone driven offshore to his realm, no man’s land (a desert or the deserted sea).
 
Does his untamed soul reject the compromise with others? Does the love that tears his heart require the meditation in the silence ? No man’s land, whose sound is solitary and proud. The mental pain also is a messenger, a stray messenger; a haunting messenger; a precious messenger; a beloved messenger who gropes to your own standpoint.
 UlisseOdysseus)finally returned home where his family had been waiting for him. Where will the hero of this poem drift ashore? Does his soul like a wounded beast adore Ulisse? I wish he will find his spiritual home, before his mental pain weakens his body and makes him old.

 
Bonus

Michelangelo' s unfinished Pieta (Milan, 1999) ― Stabat mater dolorosa

c0345705_13453853.jpg

(All Rights Reserved)






[PR]


c0345705_13395002.jpg
シャクヤク(写真はすべて5月撮影)*pivoine (toutes les photos en mai)


風薫る皐月の甘き涼しさをクリィムにして手指に塗らむ


La fraîcheur douce du moi de mai, j’ en fais de la crème et me mets sur mes doigts.




五月の風をゼリーにして持ってきてください…そう言ったのは立原道造という詩人。五月の花、芍薬をクリームにして…と頼みたいなら、クレープリー・アルションへどうぞ。別のものを注文した友達とシェアして、一つずつ頬ばれば、甘さは二倍に♡♡

C' est un porète TACHIHARA Michizo qui demanda de faire du vent du moi de mai une gelée et l' apporter. Si vous voulez demander de faire une pivoine de la crème, allez à la Creperie Alcyon, s.v.p. Quand je l' ai partagée avec une de mes amies, la douceur a été doublé ♡♡



c0345705_13391856.jpg



wikipediaによると、クレーム・シャンティはお砂糖入りのホイップクリーム。その名の由来は…

「クレーム・シャンティを発明したとして(…)証拠もなく言及される人物であるフランソワ・ヴァテールは、17世紀半ばにシャンティイ城メートル・ドテルを務めていた。しかし、シャンティ(シャンティイ)の名をホイップクリームに結びつけた表現が初出するのは18世紀半ばのこと。」(wiki)

”Les noms « crème chantilly », « crème de Chantilly », « crème à la chantilly », « crème fouettée à la chantilly », ou bien simplement « la chantilly » apparaissent au début du XIXe siècle. La première édition (1806) du Cuisinier impérial de Viard ne mentionne ni la crème fouettée ni la crème chantilly mais l'édition de 1820 les mentionne toutes les deux. Mais ce n'est qu'au milieu du XXe siècle que ces noms deviennent communs.” (wiki)




映画「宮廷料理人ヴァテール」





c0345705_15425447.jpg

シャンティ城に伝わる「ベリー公のいとも豪華なる時祷書」より(5月)
Les Très Riches Heures du duc de Berry



お城とまではゆきませんが、アルションはフランスの正統派クレープリー。フランス語翻訳者にして通訳ガイドの年上の女性に、むかし教えてもらった、隠れ家ふうのお店です。こちらは難波店。

Cette crêperie est comme une ermitage, où on sert la crêpe authentique. Une traductrice et guide-interprète japonaise m’ a invité ici il y a vingt ans.



c0345705_13405105.jpg
c0345705_13410522.jpg
c0345705_13400994.jpg

ロゼのシードル(りんご酒)とガレット(そば粉のクレ-プ)*cidre rosée

(2017年5月*en mai)



梅田店はこちらの記事の後半に。



(All Rights Reserved)





[PR]
c0345705_10113780.jpg


昨年の紫陽花ドレスを出してきてコロンをふりつ行くあてもなく


(Elle a tiré sa robe en hortensia de l’ an dernier et aspergé d´eau de Cologne sans but.)


Un gros serpent ne sert jamais à sa canne pour être canon !




All Rights Reserved





[PR]

旧友から届いた、晴れた日の紫陽花のお歌で、今年の歌合(うたあわせ)を…明日からは雨ですから。

Here is the uta match with my old friend on the hydrangea in a sunny day because it will be rainy from tomorrow.



c0345705_05412542.jpg
2015年撮影



から梅雨の真昼の空の青あつめ紫陽花しんとわが庭に咲く ― 黒ネコ


Gathering the blue of the midday sky in the dry rainy season, the hydrangeas are silently in bloom in my garden Chat Noir, translation of snowdrop



イタリアの天の(アズーロ)のひとひらが やまとで咲きぬ紫陽花いろに ― snowdrop

A piece of the azure sky in Italia has bloomed in Japan in hydrangeas' colours. ― snowdrop




c0345705_11582514.jpg


2015年撮影

(All Rights Reserved)







[PR]
c0345705_13565469.jpg
Padova, Italia(1999)


 日本の蛙の詩人、草野心平はイタリアの蛙の詩も書いている。生物学者ガルヴァーニによる生物電流実験(生きた蛙は使われなかったようだが…)から着想したらしい。
 外国の詩を元の音で読みたくて、いくつかの外国語をかじってきたsnowdrop。しかし、この詩だけは、イタリア語で聞いてみたいと思う。そうだ、いっそ自分で訳してしまおう。
 
The poet of frogs in Japan ” KUSANO Shinpei(1903-88), wrote a poem on a frog in Italia also. Luigi Galvani
1737-98inspired him. (In fact, the biologist used a dead frog.) Snowdrop loves to read the poem in the original, but she prefers to hear this one in Italian, even in her own unskillful translation…


c0345705_16412183.jpg
(Osaka, 2015)


ケロッケ自伝 草野心平

ボロニア郊外の。
睡蓮の池に私は生まれた。
かいつぶりが逆立ちになって空をけるのを。
私はこわいものみたさに眺めていた。
私の名前はケロッケといふが。
これは私が自分でつけた名前である。
或る日私は網にかかった。
そのまま私は大学へ行った。
カルヴァニの実験室である。
多分学生かなんかだろう。
船唄を鼻でうたひながらとほっていった。
一七八〇年のその日の午後。
私の腹にメスが入った。
世界にはじめて電流の念が生まれたのである。
私は死んだ。
私はいまどこにもゐない。
イタリアの天は美しかった。



c0345705_05573423.jpg
(Roma, 1999)


Autobiografia di Kerokke   KUSANO Shinpei 
traduzione di snowdrop

Io nacqui in un stagno di ninfee

Nei sobborghi di Borogna.

Guardavo un tuffetto fare la verticale sull' acqua e calciare l’ aria

Nonostante la paura, per curiosità.

Mi chiamo Kerokke,

Il nome dato di persona.

Un giorno fui caduto in un retino.

Fui portato all’ università,

Al laboratorio di Galvani.

Forse un student…

Passavo canticchiando una barcarola.

Nel pormeriggio del giorno nell' anno 1780

Un bisturi entrò nella mia pancia.

Nacque l’ idea dell' elettricità biologica per la prima volta della Terra.

Sono morto.

Non ci sono più in nessun posto.

Era bello il cielo d’ Italia!



c0345705_15092631.jpg
イタリア・ルネサンスの画家ジォットの描いた星空
Cappella degli Scrovegni, Padova (Giotto calendar 2000)


草野心平は宮澤賢治のもっとも良き理解者だった。心平のエッセイには『宮澤賢治覚書』が、
賢治の童話には『蛙のゴム靴』がある。

KUSANO Shinpei understood best MIYAZAWA Kenji during the latter's lifetime also.


a0332314_20300918.jpg
蛙のかたちの夕雲 * frog-shaped clouds(Nara, 2015)



夕空にあかね蛙の連れだちて星のともしび点くときを待つ


Dans le ciel deux rainettes roses attendent le temps d’ allumer des réverbères d’ étoiles.



c0345705_14015919.jpg

「逆立ちになって空をける」水鳥(鴨川デルタ、2015年)

… fare la verticale sull' acqua e calciare l’ aria(Kamo River Delta, Kyoto)

(5月下旬記*written in May




(All Rights Reserved)




[PR]

「caravaggio boy bitten pinterest」の画像検索結果
カラヴァッジォ「蜥蜴に咬まれる少年」(pinterest)


家の庭でマムシに右手指を咬まれて入院していました。左手タイピングしかできないので、下書き済みの記事や、過去記事 + α をアップしてゆくつもりです。皆さまのブログも少しずつ訪ねたいです。ぼちぼちとまたどうぞよろしくお願いします。


Snowdrop was bitten by the right hand by a viper (mamushi) and stayed in the hospital.
A vrai dire, elle avait de la chance de ne pas être montée au ciel au WE de l'Ascension.



c0345705_08504137.jpg

竹内栖鳳「艶陽」



虫愛づる心は褪せず吾がうちに 虻(あぶ)もなつかし蛇もなつかし


(The love for the insect is still in my mind. I love both the horsefly and the snake.)  



(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_09244173.jpg

















♩音符デザインの肥後橋を渡って… * Higobashi Bridge with ♩design to Festival Hall, Osaka

c0345705_17045012.jpg
















Pas de tapis rouge de Cannes…


フェスティバルホールのレッドカーペット。ここを昇れば、野村萬斎さまに会えます。この近代的なホールで彼は、ラヴェルの「ボレロ」を舞うのでしょうか。それとも、白黒だんだらの背広で「蚊相撲」を演じるのでしょうか。

Let's walk together on the red carpet of Festival Hall! NOMURA Mansai waits for us. What will he perform in this modern hall? Ravel' s Bolero? Sumo wrestling between a fan and a mosquito in white and black costume?



「野村萬斎ボレロ pinterest」の画像検索結果「野村萬斎 蚊相撲 にほんごであそぼ」の画像検索結果

Mansai, the same person!(pinterest)


蚊ではなく「唐人相撲」、そして「奈須与市語(なすのよいちのかたり)」に萬斎さまは出演します。

It is not a mosquito's sumo but those between a Japanese sumo wrestler and chinese fighters that Mansai appears. He plays The story of NASU-no-Yoichi also.


c0345705_17053300.jpg


能楽堂以外で狂言を見るのは初めてです。おや、広いホールに能舞台がぽつんと浮かんでいます。橋掛かりはふつう1つですが…これは萬斎さま発案の、3つの橋掛かりをもつ特設舞台です。

Snowdrop is going to see Kyogen play (Noh farce) in a different place than usual (Noh theatre) for the first time. Oh, in a large hall, a Noh stage stands alone. While a traditional Noh stage has one bridge passageway, this Mansai's original one has three!


c0345705_17060479.jpg


なるほど、これなら約40人の「唐人相撲」も上演できますね。唐に滞在していた日本の相撲取り(萬斎)が、皇帝(父、万作)の御前で、唐人たちと相撲を取るというお話です。唐音(とういん)という架空の中国語の雄叫びを上げて襲ってくる唐人たち ― まるで組体操!

Indeed, this stage has a capacity of 40 performers of Chinese Sumo Wrestling !

When a Japanese wrestler (Mansai) leaves Tang, he plays farewell-sumo in front of the emperor (Mansaku, Mansai’s father) . Chinese wrestlers attack Mansai with war cry in pseudo-Chinese, butjust like the coordinated group gymnastics? !


c0345705_17082874.jpg


 この舞台は古典的な演目にもぴったり。大蔵流の狂言、「千鳥」も楽しく見られました。太郎冠者の声も朗々と響いていました。
 けれど、萬斎さまの「奈須与市語」はまったくの一人芝居です。大丈夫でしょうか?!

Traditional Kyogen can be performed on this modern stage. Snowdrop enjoyed Plover by Okura school. Next, a monodrama NASU-no-Yoichi by Mansai (Izumi school)!


c0345705_20070872.jpg
海をわたる千鳥(お干菓子)*plover on the waves


この狂言はほんらい能「八島」の間狂言です。萬斎さまは奈須与市(那須与一)、源義経、後藤兵衛実基などを一人で語り分けます。パンフレットに詞章がありました。『平家物語』とほとんど同じテキストです。^^v

This kyogen is originally an interlude:short scene during a noh play, performed by a kyogen actor. Mansai plays plural roles (NASU-no-Yoichi, MINAMOTO-no-Yoshitsune, G. Sanemoto, etc.). The text is based on Tale of the Heike.



a0332314_04261743.jpg
義経が着けていたような赤糸縅鎧
Red-threaded Armor(Hamoto Petit Museum)like Yoshitsune's


 戦い済んで日が暮れて、源平軍がそれぞれ引き退くころ。平家方が小舟に美女を乗せ、赤い扇で手招きさせます。これを射落とせる弓の名手が、源氏方にいるかしら。いるなら射てみよ!と挑発しているのです。義経は実基と相談し、弓の名手、奈須与市を召します。与市、義経の前に畏まり…
 萬斎さまの一人芝居、その忙しいこと!右に左に向きを変え、声色を変え、複数の人物を演じ分けます。彼は「七色の声」をもつと言われます。声の響きが豊かでよく通るからです。けれども、単なる大音声ではありません。とても繊細な濃淡のある声なのです。これぞ「虹色の声」!


c0345705_06442498.jpg
虹色の花菖蒲 *iris irises (2015)


 In the evening when Genji (MINAMOTO) clan army and Heike (TAIRA) clan army withdrew respectively in the twilight, the Heike clan army put a beauty on a small boat and made her beckon with a red fan. She was challenging an expert archer in Genji army to shoot down her fan. Yoshitsune consulted with Sanemoto and summoned Yoichi, the best archer in his army.Yoichi humbled himself in front of Yoshitsune, and

 Mansai’s monodrama was exciting! He turns to the right (Yoshitsune), then to the left (Yoichi), while changing his tones of voice. He is said to have a rainbow-colored voice, because it is a resonant voice. Snowdrop found that it is not the mere loud voice, but a delicate, deep, and rich voicean iris voice!


Img_3157


糸縅の鎧の若武者、与市は、馬に覆輪の鞍を置かせ、手綱を操り弓を握り、渚へ向いて歩みます(『のだめカンタービレ』の「くろきん:黒金」を思い出しますね)。この場面、萬斎さまは正座し、膝を馬に見立て、だんだんだんッと舞台の左から右へ前進します。

Yoichi, a young archer in his black-threaded armor, on the gold-trimmed saddle of the black horse, with the reins and the bow in his hands, proceeds toward the beach. Mansai gets down on his knees (the horse) and carries himself on “the horse” CLOP CLOP CLOP from the left to the right on the stage.




Img_3165_800x750Img_3163_800x713_2
海上の扇のようなつつじ azalea like a red fan on the waves

クライマックスの詞章を、snowdorpが意訳しましょう。
「(…)3月18日の18時ごろ、北風は荒く、波は高く、舟は小さく…浮いたり沈んだり、扇も定かに見えない。青黒く暮れゆく波に、赤い扇がゆらゆら…南無八幡大菩薩!この矢を外させ給うなよ!もし射損じれば、弓を切り折り、この身は海の藻屑とならん!与市は祈り、目を開き、風の弱まった刹那、ひい ぷっつりと射切る!(…)
 扇は春風にもまれ、海にさっと入った。つま紅の扇が白波の上に浮かぶさまは、紅葉が水に散り浮くようだった(…)」

「源平 安田靫彦」の画像検索結果
小堀鞆音「那須宗隆射扇図」(google search)

Here is a free translation of the text by snowdrop:
(…)Around six in the evening on March 18th, the north wind is strong, the waves are high, the boat is small and drifting up and down, the fan is hard to see. On the dark blue evening waves, floating the red fan……O Great God of ArmsPlease don’t let this arrow go off the target! If I miss that fan, I will cut and break my bow and I will drown myself! Yoichi prays, opens his eyes, at the moment the wind becomes weaker, shoots an arrow whizzing to snap at the fan! (…)
 The fan was tossed in the spring wind and quickly sank into the sea. The red fan on the white waves looked like a red maple leaf on the water(…)


c0345705_13521352.jpg
智積院(2016年)


 この扇の赤は、平家の旗色でもありました。波に落ちた赤い扇は、平家の没落を暗示していたのです。そこには、ひょっとすると、平家を悪く言う者を密告させるため、都に放たれた禿(かむろ)たちの赤い衣も重なっていたかもしれません。
 優秀な海軍をもち、瀬戸内海をほしいままに支配していた平家が、源氏に敗れ、滅びることになるとは…しかし、扇を手にした美女を舟に乗せてからかう所にも、平家の貴族化はあらわれていたと言えましょう。
 

The red of the fan was the colour of TAIRA clan also. The fallen flag on the wave was an omen of the fall of Heike. And the red was the colour of the clothes of Kamuro (kid-spy with bobbed hairthat Heike dispatched throughout the capital.

This family had its own strong navy and ruled the the Inland Sea. But the prosperity sophisticated and weakened them enough to make fun of the enemy by a beauty with a red fan (a soft and aristocratic taste)!



c0345705_17142618.jpg
弱草藤(なよくさふじ) * hairy vetch


壇ノ浦の波間に紅く散らばりし平家の旗よ女人の衣よ


(On the waves of Dan-no-ura, the final battle place, red banners and red robes of ladies of TAIRA clan were to be scattered.)



c0345705_20193983.jpg


間狂言は能の一部ですから、笑いは少ないのですが、ラストにこんな言葉が…
「乳すはい 乳すはい」!?!
扇を見事に射た与市を、義経がねぎらう台詞です。「(一息ついて)乳を吸うがよい」― 狂言が生まれた時代、室町の人々の生の言葉、力強い言葉をほうふつとさせます。


Because Ai kyogen is the interlude of Noh, it is less comic than the ordinary kyogen. But this Ai kyogen comes to an end with the phrase ”
suck the breast, suck the breast! ” It is Yoshitsune’s words to reward Yoichi for his great work. It is reminiscent of the real and powerful language of the Muromachi period when the kyogen was born.



おまけ*Bonus


「野村萬斎 乱 pinterest」の画像検索結果

弱法師を思わせる少年、鶴丸(右)(pinterest、以下同)

萬斎さまはまだ十代のころ、黒澤明の映画「乱」に出演していました。朝ドラ「あぐり」では、ヒロインの夫、エイスケ(作家 吉行淳之介の父)を演じました。

Mansai appeared as Tsurumaru in the film Ran (Revolt) directed by KUROSAWA Akira.



「野村萬斎  羽生結弦pinterest」の画像検索結果「陰陽師 羽生結弦pinterest」の画像検索結果



映画「陰陽師」の安倍晴明…フィギュアスケートの羽生結弦選手も滑りましたね。萬斎さまと羽生選手の対談(NHK)、見ごたえ、聞きごたえがありました。

He played Abe no Seimei (a leading specialist in Onmyodo, a traditional esoteric cosmology
) in several films. A top figure skater HANYU Yuzuru played Mansai's Seimei on the ice.



「野村 萬 斎 の ぼう の 城」の画像検索結果


映画「のぼうの城」で炸裂した、溌溂たるユーモア…
https://en.wikipedia.org/wiki/The_Floating_Castle


「nomura mansai eisuke  pinterest」の画像検索結果「oedipus mansai 」の画像検索結果



 ギリシア悲劇やシェイクスピア劇にも…(彼はイギリスに1年間演劇留学しました)
 個人的には、平安装束の萬斎さまが一番好きです。でも、雅楽師の東儀秀樹さまも素敵なのですよ…まるで光源氏と頭中将です。ああ、究極の選択!(T◇T)
 そういえば、東儀さまは「オイディプス王」で萬斎さまと共演し、舞いを披露していましたっけ…

 He played Oidipus, Othelo, Hamlet, etc.(He had studied the drama in England for one year)
 Snowdrop loves best Mansai in Heian period's costume. And TOGI Hideki in Heian costume also…They look like Hikaru-Genji and his best friend To no Chujo… the ultimate choice!(T◇T)
 They played together in Oidipus, where T. Hideki danced gracefully. He used to be a court musician who should not only play all the traditionnal instruments but also dance.
 

「野村萬斎 のぼうの城 pinterest」の画像検索結果「pinterest 東儀秀樹」の画像検索結果

(All Rights Reserved)



[PR]
c0345705_06042847.jpg


春から初夏にかけて咲いた花々を、花束にしてあなたに…
今日は母の日。あなたが母であっても、母でなくても。

Des fleurs de printemps pour vous
comme le smorgasbord (viking en Japonais)
à la fête des mères au Japon


c0345705_05582965.jpg
c0345705_06144310.jpg





















いまが盛りの木香薔薇(もっこうばら)(上)
イースターの卵が透けてみえるような白い薔薇(下)(2015年)のミニチュアみたい。

Le rosier de Lady Banks comme une rose blanche, Pascali comme l' œuf de Pâques


c0345705_06520996.jpg
c0345705_06523797.jpg


















大手毬、小手毬。
世界史で習った大ピピン、小ピピン
大プリニウス、小プリニウスを思い出す。

Viburnum plicatum (big handball) and Spiraea cantoniensis (small handball)
remind me of
Pliny the Elder (Big, jp.) et Pliny the Younger (Small, jp.).



c0345705_05574170.jpg
Img_3081_800x600


鳥籠みたいな花海棠

Malus halliana comme une cage d' oiseau


c0345705_06013604.jpg
「ドガ 踊り子 ピンク pinterest」の画像検索結果



踊子みたいな石楠花(シャクナゲ)(ドガの絵はpinterestより)

Rhododendron comme une danseuse de Dogat



c0345705_21244277.jpg
「oeillet mucha pinterest」の画像検索結果
L'Œillet par Mucha


和のカーネーション、石竹 & ミュシャのカーネーション

L'Œillet japonais et celui de Mucha





c0345705_10491976.jpg
「射干 能面 やかん 狐 」の画像検索結果
能面「射干https://nohmask21.com/yakan.html


のようなシャガ(胡蝶花射干
狐(射干、やかん)の顔にも似てる?!

Iris japonica comme un papillon ou
comme un renard (un masque de no) ?!



c0345705_06034110.jpg


葉隠れに散りとどまれる花のみぞしのびし人に逢ふ心ちする 西行


葉隠れの花とし見ればてふ一羽 snowdrop

     Une fleur parmi des feuilles ? Non, c' est un papillon.



c0345705_06032887.jpg


雪柳の花枝にとまっていたのは、蝶々みたいな桜の花びら
皆さまも、ご披露したい桜のお写真がまだあれば、520日がチャンスです。^^
詳しくはusaさまのページへ… 🌸

If you have photos of cherry blossoms that you have not yet unveiled, how about participating in the following project toward Tohoku region on May 20th? ↓ 🌸



(All Rights Reserved)


[PR]


c0345705_13323583.jpg











c0345705_15155673.jpg
























京都の南にある三室戸寺へ、躑躅(つつじ)の見おさめに出かけました。紅、薄紅、白の躑躅が満開です。けれども、青のがありません。フランスのブログで見かけて、憧れていたのですが…
リッチリンクでは画像が出なかったので、お写真を一枚だけお借りしました(2012年)。


Nous sommes allées à Temple Mimurodo à voir des dernières azalées rouges, roses, blanches, mais pas de bleuesles azalées bleues que j' adorais depuis que j' avais rencontré votre blogue poétique. Pardonnez-moi, s.v.p, j' ai osé copier-coller une de vos photos ici.

http://doudou.gheerbrant.com/?p=15704 (2012)

c0345705_13335010.jpg















c0345705_13072379.jpg


















なぜそんなことを?どうしても躑躅でトリコロール(三色旗)を作りたかったのです、今日


Parce que je voulais faire un drapeau tricolore avec des azalées aujourd’hui



c0345705_13394517.jpg


躑躅のなかに葉桜と紫陽花の青葉が見えますか。春から晩春、夏へと季節は移り、花も移ろいゆきます。春の桜は散ってしまったけれど、梅雨には紫陽花が咲くでしょう。


Vous trouvez des feuilles vertes de cerisier et de hortensia parmi des azalées? La saison marche vers l’été, et la hortensia sera en fleur.


c0345705_13542335.jpg



紫陽花は秋が過ぎ、冬になっても、枯淡な色で私たちを慰めてくれるでしょう。日本人の私が、一フランス女性から、枯れた草木の美しさを学ばせてもらったのです。―

Même à l' automne et en hiver, la hortensia nous montra ses couleurs riches. Vous savez, une japonaise a appris d’ une française la beauté des herbes et fleurs fanées



c0345705_14031854.jpg
c0345705_15382250.jpg

和傘が三つun, deux, trois parasols!



いまはまだ、山滴る季節。春の躑躅は明日は萎れるでしょうが、立夏は一昨日過ぎたばかりです。つつじは「映山とも書くんですって。い和傘と似合いますね。


Mais maintenant nous sommes à la saison de la montagne dégouttante de la nouvelle verdure. Bien que l’ azalée, une fleur de printemps, elle aille se flétrir demain, le premier jour de l’ été vient de passer avant-hier.


c0345705_14034374.jpg


くれなゐの和傘のかげでうぐひすの声を聴きつつ映山紅
召しませ


Sous un parasol rouge, en écoutant le chant des rossignols, savourez une friandise en forme d’ azalée, s’ il vous plaît.



c0345705_19044891.jpg

















岩つつじ * azalée (2016)



All Rights Reserved






[PR]
c0345705_18130398.jpg

初夏の週末、『赤い鳥』を読みながら、ココアはいかが。夏日になれば、アイスココアもお勧めです。白い鳥籠をかぶせられ、しずしずと運ばれてきたのは…バードネスト(鳥籠)ケーキです。


At the early summer weekend, how about having a cup of cocoa while reading the magazine Akai tori at AKAI TORI? When it is a little hot, you can choose a glass of ice cocoa. BEHOLD! The owner of the cocoa shop brings you a “Bird’s nest cake” in a white bird cage !


Img_3081_800x600

Img_3080_800x597_3Img_3085_800x591_3



止まり木の上から赤い鳥が見下ろしているのは、ココアケーキの巣におさまった小鳥のクッキー。小鳥が巣を留守にすると、そこにはココアアイスの卵が…食べちゃうよ!

A red bird on the perch is looking down at another bird in the nest of a cocoa cake. When the bird-shaped cookie is out, an egg-shaped chocolate ice cream appears. I'll eat you up, I love you so

                ココアを運ぶメイドのポスター↓

c0345705_18171624.jpg
「strauss rosenkavalier chocolat opera」の画像検索結果
奥さまが年下の恋人とココアを…(オペラ「ばらの騎士」)
Please, just feed me all the chocolate,(Rosenkavalier)(google search)



お店のなかはまるでココア博物館。あのポスター、見たことがあります。むかしはココアは滋養強壮薬、メイドが毎朝、奥さまのベッドまで運んで行ったものでした。

This cocoa shop is like a cocoa museum. I have seen the above poster, which tells us that the cocoa originally was a nutrient and a maid would bring it to her mistress in the bed every morning.



c0345705_18181474.jpg



海外(上)や日本(下)のココアパッケージがずらりと並んでいます。外国のお客さんも日本のお客さんも、それぞれに懐かしいことでしょう。


When you look up, you will find the arrays of foreign and Japanese cocoa cans. They bring back memories, don't they ?


c0345705_10290832.jpg



天井には鳥籠や卵がたくさん!このココアショップの名前は「アカイトリ」。大正から昭和初期に刊行された児童雑誌『赤い鳥』にちなんでいるのです。


On the ceiling, there are many bird cages and eggs! This cocoa shop’s name is AKAI (RED) TORI (BIRD), after the title of Japanese children's literary magazine Red Bird (1918-1936).


c0345705_10472746.jpg


c0345705_10464630.jpg

































snowdropのような本好きは、この勉強机に座りましょう。『赤い鳥』のバックナンバー(復刻版)などを自由に読むことができます。


Snowdrop, a book lover, would like to sit at this writing desk so that she can concentrate on reading the back numbers (reprint) of Red Bird and other books.



c0345705_18195774.jpg

『赤い鳥』には、北原白秋も参加していました。「赤い鳥小鳥、なぜなぜ赤い…」(童謡)が有名ですね。彼はココアの短歌も詠んでいます。

KITAHARA Hakushu joined the Red Bird and made a famous children’s song “Red bird, little bird, why are you red? Because you ate a red berry(…)"(translation of snowdrop He made a tanka on the cocoa also.

「菱田 春草 黒き 猫」の画像検索結果
菱田春草「黒き猫」(部分)(pinterest)

よき椅子に黒き猫さへ来てなげく初夏晩春の濃きココアかな 白秋 


(Sur une bonne chaise un chat noir aussi vient et pleure, au fin de printemps et début de l’ été, on boit du chocolat fort.
Hakushu, traduction de snowdrop)


フォト  
snowdropも、未来から飛び入りで投歌しちゃいました。
Snowdrop also contributes from the future!



秋ふかみ手指の先の冷ゆるころ黒猫いろのココアなつかし 
snowdrop


Quand l 'automne est fort avancé, le chocolat chaud comme un chat noir, il me fait envie. snowdrop



c0345705_10431645.jpg


白秋の歌う「よき椅子」に座って開くのは、俳人、久保田万太郎の創作童話です。イースター前だったからでしょうか、小鳥だけでなく兎のグッズもたくさん♪(4月撮影)


Sur une bonne chaise, snowdrop reads a fairy tale by KUBOTA Mantaro, a haiku poet. Not only birds but also bunnies join me because it is just before Easter (April).



c0345705_18245141.jpg

「ふくろ」はフクロウのことです。窓の外にもいましたよ。

Fukuro means the owl. Oh, another one is outside the window!


c0345705_07175272.jpg

このお店じたいが、まるで鳥籠のようです。


This cocoa shop itself looks like a big bird cage. Un croissant et chocolat chaud…mon petit dejeuner!

c0345705_07172319.jpg


アカイトリは、心斎橋と難波のあいだで、隠れ家のようにひっそりとあなたを待っています。


AKAI TORI waits for you between Shinsaibashi and Namba like a hermitage in a megalopolis, Osaka.





お店を出れば、巨大な ‘アカイカニ' や食いだおれ人形の看板が…心斎橋は、店の看板の大きさ規制が緩いと聞いたことがあります。


When you leave the hermitage, you will be surrounded by a giant red crab (akai kani !), Kuidaore Taro, etc. They say that the regulation of signboard's size in this area is not so strict as in other places.

c0345705_11424277.jpg
Img_0916_768x1024












文楽劇場の食いだおれ人形*Kuidaore Taro in National Bunraku Theatre (2014)


母や祖母に連れられて、高島屋難波店と大丸心斎橋店とを梯子したことを思い出します。


We, my mother, grandmother, and I would go from Takashimaya Osaka Store to Daimaru Shinsaibashi, two of the department stores in Osaka.



c0345705_11005673.jpg
高島屋難波店*Takashimaya Osaka Store

c0345705_10030219.jpg
大丸心斎橋店(2010年撮影。現在建て替え中)*今年のバレンタイン・チョコはここで…
Daimaru Shinsaibashi where snowdrop bought Valentine chocolates this year.


お店のチョコレートをお土産にすれば、お家でも「アカイトリ」気分 chick


If you buy these cocoa balls in AKAI TORI, you can reproduce the atmosphere of the shop in your house also.



c0345705_18255558.jpg


Red Bird, Little Bird
by KITAHARA Hakushu (You Tube)
Japanese children's literary magazine Red Bird
 (児童雑誌『赤い鳥』)(wiki)
                                      



(All Rights Reserved)




[PR]

c0345705_17201722.jpg


雨の多い春でした…平安の昔ではありません。平成最後の春、私の住む街の公園にリラが植えられた春のことです。おや、こんなところにリラが…雨上がりの朝、その冷え冷えと芳しい香りをかいだ瞬間、思い出したのです。清子さん、貴女のことを…


C’ a été un printemps pluvieux. Pas de celui de l' époque de Heian, mais de Heisei, 2017, quand des lilas sont planté dans un jardin de mon ville. Tiens! Des lilas ici aussi! Un matin après la pluie, leur parfum frais m’ a rappelé vous, Seiko


c0345705_17223740.jpg



貴女は覚えていますか。私の最後の手紙を。

「…忘れやしない、忘れるものか、煙にむせぶようにむせび泣きながら君を想っている…」(実方)

けれども、貴女の返事はつれなかった。

「…心をいぶす煙は 変わらず消えることはない、ですって。何がそうさせるのでしょうね…(子)


Vous souvenez-vous de ma dernière lettre?

Je ne t’ oublirai jamais, ne t’ oublirai jamais, je te penserai en étant suffoqué par mes larmes comme par la fumée.”(Sanekata)

Et votre réponse froide

Tu dis que ta fumée est constante et inextinguible? Qu’ est ce qui fait comme ça?”(Seiko)



c0345705_17270664.jpg



後になって、こんな歌をやりとりした平安人のことを知りました。


忘れずよまた忘れずよ瓦屋の下たくけぶり下むせびつつ 藤原実方

葦の屋の下たく煙つれなくて絶えざりけるも何によりてぞ少納言


J’ ai connu au jour plus tard deux poètes de l' époque de Heian, Fujiwara-no-Sanekata et Sei Shonagon qui échangèrent des waka comme nos lettres.



c0345705_17355982.jpg


けぶるように咲くリラ
* Lilas comme la fumée (2004)



あるいは私たちは二人の歌人の生まれ変わり?平安と平成の世に、同じ恋の末路を辿ったのでしょうか?もしかして「忘れずよ」のリフレインが横すべりしてしまったのでしょうか。あの時、私たちは元カレと元カノ、久々の再会でしたが…あの、渾身のリフレインが空々しく響いてしまったのでしょうか。


Est-ce que nous somme réincarnations de ces deux poètes? L’ amour de Heian a répété à notre époque? Le refrain
ne t’ oublirai jamais”, il n' a marché pas cette-fois-ci aussi? Nous étions alors ex-amoureux comme Sanetaka et Sei Shonagon



c0345705_17242031.jpg



思い出します。貴女のそっけない手紙からほのかに立ちのぼった、リラの香り。貴女はいつもリラの香水をつけていた。― ひょっとして、あの短い手紙は、長い長い時間をかけて書かれたのではないですか。うすむらさきの紙がところどころ波打っていたのは、涙のあとだったのではないですか。


Je me souviensde la fragrance subtile des lilas de votre lettre. Vous mettiez toujours du parfum des lilas. ― Tiens, tu as écrit cette lettre courte pendant de longues heures? Le papier mauve ondoyait cà et là, c’ a été des signes de tes larmes?



c0345705_04123545.jpg



この手紙は、リラの見えるベンチで書きました。むらさきのインクがにじんでいたら、それは下枝(しづえ)から落ちた雨のしずくです。もし心が動かされたなら、久しぶりに私の家へいらっしゃい。君の好きな北原白秋にならって、カステラを出しますから。


J’ai écrit cette lettre sur un banc où je vois les lilas. Si l’ encre violet bave sur le papier, c’ est à cause des gouttes d' eau des feuilles des arbres. Si cette lettre te touche, tu viendrais chez moi après une longue absenceJe te servirais une castella au mois de paulownia, d’ après KITAHARA Hakushu que tu aimes.




c0345705_09073522.jpg

天平時代の撥鏤(ばちる)の意匠の珠(右)



「短歌は一箇の小さい緑の古宝玉である。(…)その小さい緑の古宝玉はよく香料のうつり香の新しい汗のにじんだ私の掌にも載り、ウイスキイや黄色いカステラの付いた指のさきにも触れる。而して時と処と私の気分の相違により、ある時は桐の花の淡い匂を反射し、また草わかばの淡緑にも映り、或いはあるかなきかの刺のあとから赤い血の一滴をすら点ぜられる。(…)」(北原白秋「桐の花」)


“ Le tanka est une petite perle verte ancienne () , que touche mon doigt taché des poudres d’ une castella jaune, qui réfléchit le parfum subtil de paulownia, qui s’ harmonize avec la verte jeune de herbes () ” ― Fleur de Paulownia, KITAHARA Hakushu



c0345705_08595642.jpg

桐の花paulownia, Nara, 2016

「paulownia seabold」の画像検索結果
シーボルトによる桐の花(wiki)

(All Rights Reserved)







[PR]

c0345705_19550726.jpg
桜重ねの袖のような和菓子「春爛漫」*spring in full swing, full bloom
空に浮かぶ蜘蛛の糸を表した和菓子「糸遊」* shimmering of hot air

c0345705_10310048.jpg
桜重ね(紅に白を重ねると桜色に…)『源氏物語の色』平凡社



 雨の多い春でしたこと…平成二十九年?いいえ、平安のむかし、宮廷きっての風流才子、藤原実方さまがこんな歌を詠んだ春です。

桜がり雨はふりきぬおなじくは濡るとも花のかげにやどらむ

桜重ねや山吹重ねに装った殿上人らが桜狩りをしていたあの日。糸遊がふわふわ浮かぶ空が、にわかに薄墨いろを帯びたと思ったら、ぱらぱらと雨の音がして…狩衣の肩や背に雨しずくが花弁のような染みを作ったと思う間もなく、ざあっと降りかかる雨。たちまち、しとどに濡れた殿方らは、大慌てで物陰へ逃げこみます。ところが、桜木の下にぽつんと一つ、動かない人影が…。
桜狩りに雨が降って来た、同じ濡れるなら花の陰で雨宿りしよう」― 実方の君でした。

この話を聞いた時、思ったんです。まあ、風流な!でも、馬鹿にすかしちゃって…


a0332314_10093350.jpg
桜と山吹*cherry blossom and Japanese rosea


 It was a rainy spring
not in 2017, but in 990s, when FUJIWARA-no-Sanekata sang 🌸
When we were enjoying cherry-viewing excursion, it has begun to rain. If I get wet anyhow, I would rather take shelter from the rain under flowers.

While the courtiers in cherry-blossom-pink or in Japanese-rosea-yellow were viewing cherry blossoms, the shimmering of hot air vanished, the sky became gray and the the sound of falling rain reached their ears. Just when the raindrops fell on their garments like petals, it started to pour and they got drenched. All of them hurried to take shelter save one, who stood still under a cherry tree and sang 🌸. When I heard this episode, I was deeply moved and at the same time slightly embarrassed, “Refined, but…too affected? ”


c0345705_10242774.jpg



 私と同じように感じた方もいらしたのですね。後日、藤原行成さまが「歌はおもしろし、実方は痴(おこ)なり」と批判なさったのです。カッとなった実方さま、口論のあげく、行成さまの烏帽子をパシッと叩き落してしまいました。まあ、大変!烏帽子なしで素頭を露呈するのは、当時、人前で裸になるくらい恥ずかしいことでした。けれども行成さまは動ぜず、烏帽子を随身に拾わせ、ゆっくり身づくろいなさって立ち去ったのです。

この様子をご覧になっていた帝は、実方さまを東北へ左遷しました。「歌枕見てまいれ」と仰せになって…婉曲なお言葉にくるまれた処罰?それとも、ひょっとして、粋な計らい?


 A master calligrapher later criticized him, “While that waka is interesting, Sanekata himself is silly.” The poet got angry, quarreled, and finally knocked the calligrapher’s headgear. Great Heavens! It used to be shameful to disclose one’s head like being naked in public. But the calligrapher unblinkingly made an attendant pick up the headgear, tidied himself and left calmly.

 The emperor happened to see this scene and demoted the poet to Michinoku, far east from Kyoto, “Go to see the places with poetical associations” an euphemism? Or a special grace?

c0345705_20350081.jpg

みちのくへ旅立たれた実方の君。案外、『伊勢物語』の業平卿の東下りにご自分をなぞらえ、高揚しておられたかもしれません。でも、実方さまが都で返り咲く日は来ませんでした。奥州の道祖神の前で下馬しなかったため、神の怒りに触れて亡くなったのです。

それからおよそ200年…平安末期の風流法師、西行がみちのくの旅へ出ました。彼は実方さまの墓の前で、こんな歌を詠みました。
朽もせぬ其名ばかりをとゞめをきてかれのゝ薄かたみにぞみる

 魂ゆさぶられた実方さまは、老人に姿を変え、西行法師の前に現れます。

In 995, Sanekata traveled east like ARIWARA-no-Narihira, Japanese Don Juan, a great poet in the 9th century. Did he compare himself to Narihira and get excited? But he was destined to die there.

 Around 190 years later, in 1186, a great poet and monk, Saigyo traveled east like Sanekata and Narihira. He sang🍂 in front of Saneatas grave.
It is only the name of the poet that is immortal, and silver grasses in this desolate field are the memento from him.
 This song moved Sanetaka so deeply that he changed into an old and appeared before Saigyo.


a0332314_09310480.jpg

大槻能楽堂パンフレットより。当日は朝倉尉(老人)の面でした。

 これが「実方」というお能の始まり…この演目が1993年に復曲初演されたときは嬉しくって! (*‘∀‘) 今日もはるばる彼岸から観に参りました。

 なぜって、私、実方さまの生き方が他人事と思えないんです。美しいものが大好きで、風流を生きるひと…たとえ「痴(おこ)」と眉をひそめる者がいても、己の美意識を実践せずにはいられない、正直なひと。


This is how Noh Sanekata begins. How about seeing this Noh with me? I have come to see it far from the Heavens
……because I feel as if Sanekata’ s way of life were mine. A person who loved the beautiful things and lived his own aesthetic sense. A straight arrow.


a0332314_21433095.jpg

「雪月花」より「雪」(部分)『上村松園』集英社*Snow by UEMURA Shoen(detail)



私だって、中宮さまの前で「香炉峰の雪」を実際に「簾をかかげて見」たら、あざとい、高慢だ、と陰口を叩かれもしました(『枕草子』第299段)。でも……風流を生きて何が悪いというのッ !! この、定めなき濁世の只中で !!! …あら、つい、ごめんあそばせ。

I also was praised and at the same time criticized as “haughty” when I lifted the sudare-blind to see the snow after Bai Juyi, a Chinese poet (The Pillow Book 299). But……what’s wrong with me practicing my own ideal in this uncertain and corrupt world!!!!!pardon.


「西行」の画像検索結果
西行物語絵巻(部分)*Saigyo(google search)
 

 西行法師だって、風流な歌そのままに生きて、望み通りに死にました ― 望月に照らされた桜の下で。そんな彼だから、しみじみ歌ったのです。「
不朽の名ばかりが残る歌びとよ、枯野の薄をその形見と見よう」と…。そのとき、西行69歳。

薄といえば、私、こう綴ったことがあります。 ― 薄は、秋の野でもっとも趣深い「花」。色とりどりの花が散ったあとも、昔を思い出すような顔をして、白い頭を風になびかせて佇んでいる…まるで人間みたいに。(『枕草子』第67段)

Saigyo also lived the world of his own waka and died at the age of 73 in the way he had wished “I wish to die under cherry blossoms in the spring, around the day of full moon in February”. And when he sang🍂 that waka on silver grasses, he was 69.

Speaking of the silver grass, I wrote in my essay as follows. ”The silver grass is the most tasteful “flower” in the autumn field. Even after falling of other flowers, it stands still with his white hairs fluttering in the wind, as if it were a man who brings back the past.


c0345705_13470688.jpg
武蔵野図屏風(サントリー美術館)薄の原より昇る月
Folding Screen with Design of Musashino Plain (17c.) (Santory Museum of Arts)



すすきを幕に、月をシテに見立てsnowdropの詠める一首


すすき野の幕はひらきて白銀(しろかね)虚空


(The curtain of the silver grass has opened, and the silver moon crosses the bridge in the firmament.)



c0345705_11544481.jpg

五色の揚幕と橋掛かり*Five-coloured curtain and Bridge passageway



清少納言と一緒に能「実方」をご覧になりたい方は、こちらへどうぞ。

http://ramages3.exblog.jp/23850160/ (ももさへづり*やまと編)
この一連の記事は、大槻能楽堂における能「実方」上演に先立つ馬場あき子先生のお話をもとに、『枕草子』も交えて空想をふくらませたものです。

This series is based on a small lecture by BABA Akiko before Noh and The Pillow Book by Sei Shonagon.



c0345705_05201255.png

東山魁夷宵桜」『東山魁夷展』

願はくは花の下にて春死なんそのきさらぎ望月ころ 西行


花に戯れ月にめで雪を廻らす舞の袖  ― 能「実方」詞章より


c0345705_22064847.jpg
平安貴族の衣のような桜、御衣黄(ぎょいこう)(2016年)

(All Rights Reserved)



[PR]

c0345705_10181624.jpg


 2004年にsnowdropがホームステイしたB…家から、嬉しい便りが届きました。この春、おめでたいことが三つ重なるのだとか。
 今週末は、次女L…の結婚式。2015年にsnowdropの奈良の家を訪れ、ミモザの精のように旅立って行ったL…、ご結婚おめでとう!家族ともどもお喜び申し上げます。

Snowdrop a reçu triple bonnes nouvelles de la famille B qui l'accueillit en 2004. D' abord, à une seconde fille qui était venue chez nous et se marie ce weekend, Félicitations pour votre mariage! Ma famille est heureuse que tu et ton petit ami charmant, vous êtes reliés ce printemps. Je me souviens de toi comme Primavera à la saison de mimosa au Japon en 2015






石造りの教会遺跡をともに訪ねた長女には、二人目の赤ちゃんが生まれました。森と湖の国スウェーデンに住む美しい母に、上村松園の絵を贈りましょう。


Ensuite, la fille aînée qui visita ensemble Saint-Jacques de Mont-Saint-Aignan, elle a eu une deuxième fille. Je voudrais lui offrir cette peinture d' une mère et deux enfants. Elle est toujours une belle femme comme cette belle japonaise.


「上村松園 志ゃぼん玉」の画像検索結果

Bulle de savon par UEMURA Shoen(google search)

Elle m' a montré sa traduction en anglais de Une partie de campagne de Maupassant. Et j' essaie maintenant cette blogue en anglais / français…

Cliquez cette cartouche, s.v.p. 

c0345705_07491801.jpg


ドラム上手で、snowdropの下手なピアノとセッションしてくれた長男。彼は若き日のプルーストのような素敵な男性になり、もうすぐパパになります。雪柳のように幸福が家族に降り注ぎますように!

Et enfin…le fils qui avait fait une séance musicale (Take Five) avec moi à un mercredi après-midi, il est devenu un gentleman comme jeune Pourst et sera un père. Je vous souhaite des bonheurs comme des mille fleurs de Spiraea thunbergii !

Cliquez cette cartouche, s.v.p. 



スズランの季節には少し早いので…snowdropとも呼ばれる花をブーケにして、B…家へ送ります。

Puisque le muguet n' est pas encore ouvert, snowdrop voudrait offrir un bouquet de snowdrop à la famille B…. Tous mes voeux de bonheur!



c0345705_07484009.jpg
snowflake (snowdrop) , Umami-Hill-Park, Nara (2017)


()林檎鈴蘭()三つ色のひかりに満つる家族(うから)しうるはし


sakura-bana ringo suzuran mitsuiro-no hikari ni mitsuru ukara shi uruwasi

Félicitaions à tes familles pleine de lumière des fleurs tricolores: cerisier, pommier, et muguet!




Cliquez cette cartouche, s.v.p.↑


Je joue ce morceau chaque printemps....♪

(All Rights Reserved)






[PR]